TOP

【モバマス】幸子 「助けてください美玲さん」 美玲 「何かあったのか?」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:24:46.62 ID:QSY+GKxJ0

幸子 「あったというか、今まさにというか」

まゆ 「あら美玲ちゃん。お疲れ様」

美玲 「ああ、まゆ。お疲れ様」

まゆ 「今日はもう終わりですか?」

美玲 「ああ。まゆは今日レッスンだけだったのか?」

まゆ 「はい。まゆももう終わりましたけど」

美玲 「そっか」




2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:25:23.65 ID:QSY+GKxJ0

幸子 「あの、まゆさんそろそろ・・・」

まゆ 「ふふっ。もうちょっとだけお願い、幸子ちゃん」

幸子 「さっきからずっとその調子じゃないですか」

美玲 「幸子、そういえばさっき助けてって言ってなかったか?」

幸子 「はい。見てのとおり・・・」

幸子 「まゆさんがボクを膝枕したまま離しません!」グデー

美玲 「・・・なるほど」

幸子 「はい」

美玲 「幸子とまゆは仲いいなー、くらいでスルーしてた」

幸子 「いやいや」




3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:25:55.80 ID:QSY+GKxJ0

まゆ 「帰ってたら幸子ちゃんが寝てたからつい・・・」ナデナデ

美玲 「最初からじゃないのか」

幸子 「なぜか起きたらこうなってました」

美玲 「そうか。まぁ幸子にはよくあることだな」

幸子 「そうですね」

幸子 「・・・いやいや、よくあったら困りますけど」

美玲 「気づいたか」

まゆ 「幸子ちゃん困ってますか?」ナデナデ

幸子 「い、いえ、困ってはないです。むしろまゆさんがカワイイボクを膝枕したいのは当然だったかもしれないですね!」

美玲 「このへんはいつも通りの幸子だな」

まゆ 「可愛いですねぇ」ナデナデ




4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:26:29.48 ID:QSY+GKxJ0

美玲 「てゆーか本気で起きれば抜け出せるだろ?」

幸子 「そ、それはそうですが・・・」

まゆ 「えっ」ウルウル

幸子 「まゆさんが悲しむので」

美玲 「お人よしか!」

まゆ 「ふふっ」コロッ

美玲 「しかも嘘泣き!」




5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:27:08.68 ID:QSY+GKxJ0

====

まゆ 「ところで美玲ちゃん、今日は乃々ちゃんは一緒じゃないんですか?」

美玲 「あれ、まゆ見てないか?結構前に事務所に帰ったハズだぞ」

まゆ 「まゆが帰ってきたときは幸子ちゃんだけでしたよ」

幸子 「ボクが帰ってきたときは誰もいませんでしたね」

美玲 「そうか」

美玲 「・・・・そこだ!」バッ

乃々 「あう!・・・。び、びっくりするんですけど」ヒョコッ

幸子 「わっ、乃々さんいたんですか」

乃々 「じ、実は幸子さんたちが帰る前からいましたけど」

幸子 「そうなんですか!?」

乃々 「はい」




6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:27:45.10 ID:QSY+GKxJ0

幸子 「何で隠れてたんですか?」

乃々 「えっと、幸子さんは帰ってすぐソファーで寝てしまいましたし・・・」

幸子 「そうですね。ちょっと疲れたので横になろうかと」

乃々 「ま、まゆさんは、その・・・幸子さんと2人きりでとても上機嫌だったので・・・」

まゆ 「えっ」

幸子 「?」

美玲 「?」

まゆ 「の、乃々ちゃん・・・ひょっとして全部聞こえちゃいましたか?」アセアセ

乃々 「えっと・・・。もりくぼに聞こえたのは「幸子ちゃん寝てる・・・キスしちゃおっかな♪」とか「可愛いなぁ幸子ちゃん、妹にしたい」とかですが・・・///」

まゆ 「わー!わー!///」

乃々 「(かわいい)」

幸子 「(かわいい)」

美玲 「(かわいい)」




7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:28:27.56 ID:QSY+GKxJ0

まゆ 「ち、違うの!キスしたいって思っただけでホントにはしてないし!い、妹っていうのも娘より妹のほうがいいかなって思っただけで!///」

美玲 「落ち着けまゆ。あとあんまり言い訳になってないぞ」

乃々 「なんで膝枕は恥ずかしがらないのに、これは恥ずかしがるんでしょう」

幸子 「落ち着いてください、まゆさん」

まゆ 「幸子ちゃん・・・」

幸子 「そういうイタズラは小梅さんや輝子さんで慣れてます」

美玲 「何やってんだアイツらは」

乃々 「も、もりくぼ的にはそっちの方が妄想がはかどりますけど///」

美玲 「日菜子か!」

乃々 「・・・・い、今のは身内以外には分かりづらいツッコミですね」

美玲 「ほっとけ!」




8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:29:04.07 ID:QSY+GKxJ0

幸子 「まあボクは気にしませんので。ボクを妹にしたいとかもボクがカワイイからですよね!」

まゆ 「うんうん」ナデナデ

乃々 「ちなみにまゆさんが帰ってからの様子は録画してありますけど。もりくぼに抜かりはありません」キリッ

美玲 「そのやる気を仕事に活かせよ」

乃々 「むぅーりぃー」

まゆ 「・・・・」

まゆ 「の・の・ちゃん」ニコッ

乃々 「え、な、なんでしょうか?ちなみにこの動画を消すくらいなら美玲さんを差し出しますけど・・・」

美玲 「ウチは生贄かなんかか!」

まゆ 「そ、そうじゃなくてね・・・」

乃々 「?」

まゆ 「あ、あとでその動画、まゆにも送ってほしいな、って」

乃々 「!も、もちろんですけど、どうぞどうぞ」

幸子 「あの、ボクが寝てる動画なんて恥ずかしいんですが」

美玲 「現在進行形で膝枕されてるやつが何言ってんだ」

幸子 「忘れてました!」グデー




9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:29:54.40 ID:QSY+GKxJ0

====

まゆ 「美玲ちゃんは今日は何のお仕事だったんですか?」

美玲 「ウチか?今日はモデルの仕事だったぞ」

乃々 「モデルですか」

幸子 「いいですね。何の雑誌ですか?」

美玲 「うーん。けっこうマイナーな雑誌だから知らないと思うぞ」

まゆ 「そうなんですか?」

美玲 「主に爪と眼帯について紹介してる雑誌だ」

乃々 「・・・もりくぼはわからないですね」

幸子 「ボクも知らないです」

まゆ 「爪と・・・眼帯?」

美玲 「まぁ、普通はそういう反応だな」




10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:30:50.05 ID:QSY+GKxJ0

幸子 「なんというか、美玲さんのセンスは独特ですからね」

美玲 「そうだな」

美玲 「少なくとも昔は周りの目が気になって今みたいな服は着にくかったな」

乃々 「そうなんですか?」

美玲 「ああ。でも今は全然気にならないし。むしろウチのセンスとかを好きになってくれる人がいるからな」

美玲 「みんなにはウチの好きなものも好きになってほしいんだ。だからウチはアイドルやってるのかもな」

幸子 「なるほど」

乃々 「いい話ですね」

まゆ 「ふふっ。まゆは今のままの美玲ちゃんが好きですよ」

美玲 「うん、ありがとな」

美玲 「・・・それにしてもウチが結構いい話してるのに」

まゆ 「?」

乃々 「?」

幸子 「?」

美玲 「幸子ときたら寝ながら聞いてるからな」

幸子 「忘れてました!」グデー

乃々 「幸子さん・・・」

まゆ 「幸子ちゃん・・・」ナデナデ

幸子 「いや、少なくともまゆさんは言っちゃダメですからね!?」ガーン

まゆ 「あらあら」

美玲 「ふふっ」

美玲 「まあ、こういう光景もアイドルやってなかったら見れなかったけどな」




11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:31:34.31 ID:QSY+GKxJ0

====

乃々 「そ、そういえばもりくぼ、幸子さんたちに聞きたいことがあるんですけど」

幸子 「なんでしょう?」

まゆ 「?」

乃々 「えっと、あのですね・・・」

幸子 「はい」

乃々 「ま、まゆさんと幸子さんが一緒に住んでる、という話を聞いたんですけど」

幸子 「!」

まゆ 「!」

乃々 「本当でしょうか?」

美玲 「なんだそれ?初耳だぞ」




12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:32:13.28 ID:QSY+GKxJ0

幸子 「えーと、その・・・た、確かに一緒に住んでますね」

まゆ 「あのですね、まゆは半分・・・いえ3割くらいは冗談だったんですけど・・・」

乃々 「わくわく、てかてか」

美玲 「お前こういうときだけ活き活きしてるな。てか一緒に住んでるのか!?」

まゆ 「えっと、今、大体1週間くらいでしょうか」

美玲 「1週間!?」

幸子 「そうですね、まゆさんに監禁されてることになってます」

美玲 「監禁!?」

乃々 「kwsk!」

美玲 「落ち着け。あと日本語しゃべれ」




13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:33:19.37 ID:QSY+GKxJ0

幸子 「えーと、確か1週間ちょっと前にまゆさんがボクを監禁したい、という話になって」

美玲 「出だしがすでに」

幸子 「でボクが「監禁されたら学校も仕事も遊びにも行けないじゃないですか!」って言ったら」

美玲 「もっと根本的にツッコむとこがあるけどな」

幸子 「まゆさんが「それなら学校も仕事も遊びに行ってもいいので監禁しますね」って言って」

美玲 「えぇ・・・」

幸子 「それからずっとまゆさんの家にいますね」

美玲 「いますねって。・・・てかそれ監禁っていうのか?」

幸子 「言っててアレですが監禁じゃない気がします」




14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:34:13.47 ID:QSY+GKxJ0

幸子 「杏さんには「それって同棲じゃない?」って言われました」

美玲 「まさにそれだな」

まゆ 「冗談まじりだったんですけど、幸子ちゃんがいると妹ができたみたいで嬉しくて、つい・・・///」

乃々 「キ、キマシ・・・い、いや、でも妹みたいって・・・いやいや、それはそれで///」

美玲 「おーい乃々―、帰ってこーい」

乃々 「はっ、もりくぼとしたことがつい妄想に」

美玲 「いやいつも通りだけどな」

まゆ 「ち、違うんですよ?まゆもさすがにこのままじゃマズイと思ってるんですが」アセアセ

まゆ 「もう1日くらいならいいかな、もう1日くらいって思ってるうちに1週間も・・・」

幸子 「わかります。ボクがカワイイからですよね!」

まゆ 「う、うん。そうだけど・・・///」

幸子 「あう///」

美玲 「恥ずかしいなら言うなよ!」

乃々 「キターッ!!」

美玲 「乃々はちょっと落ち着け」




15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:35:18.84 ID:QSY+GKxJ0

幸子 「でもまゆさんの家すごいんですよ?」

美玲 「何がだ?」

幸子 「気づいたら洗濯がされていて、気づいたら掃除がしてあって、気づいたら御飯が出てくるんです」

美玲 「ダメ人間まっしぐらじゃないか」

乃々 「ものすごく甘やかされてますね。も、もりくぼも住みたいんですけど・・・」

まゆ 「乃々ちゃんも来る?」

乃々 「いいんですか?」パアア

美玲 「いいわけあるか。これ以上話をややこしくすんな」パフッ

乃々 「あうっ、じょ、冗談ですよ」

美玲 「ホントかよ」

まゆ 「うふふ」

美玲 「それにしてもウチは全然知らなかったぞ」

幸子 「そうですね。あまり人に言ってませんでしたから」

美玲 「1週間も住んでるのにか?」

幸子 「まゆさんも言いましたが最初は1、2日の予定だったんです」

幸子 「ですが居心地が良すぎて、ついそのまま・・・」

美玲 「なるほどな」




18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:38:10.40 ID:QSY+GKxJ0

乃々 「さ、幸子さん寮でしたよね?大丈夫なんですか?寮には何か言ってあるんですか?」

幸子 「少し友達の家にお泊りします、って言ってあります」

美玲 「少しってレベルじゃないけどな。何も言われないのか?」

幸子 「みくさんとりーなさんの例もありますからね。多少のことは大目に見てくれるっぽいです」

美玲 「良く言えばおおらかだな」

まゆ 「でも、さすがにそろそろ心配されそうですねぇ」

幸子 「そうですね。今日あたり寮にもどりますか」

まゆ 「えっ」ウルウル

幸子 「やっぱりもう少し居ますね」

美玲 「それだよ!幸子もまゆに甘いからそうなるんだよ!」

幸子 「そ、そうですか?」

乃々 「甘々な幸子さんもアリだと思います!」

美玲 「乃々はちょっと黙れ。つーかさっきまで心配してたろ」

乃々 「うっ、記憶が」

美玲 「永遠に消してやろうか?」




20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:56:37.28 ID:QSY+GKxJ0

まゆ 「うふふ。まあ冗談は置いておいて、明日あたりには寮に戻ったほうがよさそうですねぇ」

幸子 「大丈夫ですか?まゆさん泣きませんか?」

まゆ 「嘘泣きなので大丈夫ですよ」ニコッ

幸子 「ええ!?」

美玲 「ピュアか!ちょっとは疑え!」

まゆ 「そういうとこも可愛いですねぇ」フフッ

乃々 「えっと、つ、つまり今日か明日くらいにまゆさち生活は終わってしまうんですか?もりくぼが余計なこと聞いたから・・・」

幸子 「なんですかまゆさち生活って」

幸子 「まあそうですね。そろそろ寮に戻らないといけないですし」

乃々 「くっ、もりくぼが余計なことを言わなければ」

まゆ 「いえいえ。元々まゆが無理言って幸子ちゃんを引き留めてましたから」

まゆ 「むしろ言ってもらえてちょうどよかったです」

幸子 「まあボクもまゆさんに甘えすぎてましたね」

幸子 「明日あたり寮に戻るとします」




21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:57:13.23 ID:QSY+GKxJ0

美玲 「今日荷物まとめるのか?」

幸子 「はい。といっても荷物はそんなにないですが」

乃々 「着替えとかはどうしてたんですか?」

幸子 「ボクが持って行ったのを洗濯してましたね。たまにまゆさんの服を借りてましたが」

美玲 「なるほどな」

乃々 「・・・・」

乃々 「あのちょっといいですか?」

美玲 「?」

まゆ 「?」

幸子 「?」

乃々 「も、もりくぼ、今日まゆさんと幸子さんの家に行きたいんですけど」

まゆ幸子美玲 「「・・・・」」

まゆ幸子美玲 「「え?」」




22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:58:10.80 ID:QSY+GKxJ0

~~~~~

まゆ 「どうぞあがってください」

乃々 「お、おじゃまします」

美玲 「けっこう広いなー」

幸子 「ただいまです」

美玲 「ただいまかよ」

幸子 「はっ、つい」

乃々 「だいぶ染まってるんですけど」

幸子 「自分でも驚きです」

まゆ 「ふふっ。それにしても乃々ちゃんが来たいって言ったときは驚いちゃいました」

乃々 「ふ、2人が一緒に住んでるって聞いて、ちょっと興味があっただけですけど」

美玲 「確かにな。一緒に住んでるって聞いたときはウチも気になったぞ」

幸子 「まあ1週間ですから、長いお泊りと言えなくもないですね」

まゆ 「そうかもしれませんねぇ」ニコッ

乃々 「・・・・あれ?そういえばまゆさん女子寮・・・」

まゆ 「2人で住むには狭かったので」ニコッ

乃々 「え、でも・・・」

まゆ 「ここなら2、3人は一緒に住めるので」ニコニコ

乃々 「・・・・」

乃々 「も、もりくぼは何も聞かなかったことにしますけど」

美玲 「あきらめんなよ。いや、ウチも聞きにくいけどさ」

幸子 「まゆさんですからね。深く考えてはいけません」

乃々 「幸子さんが思考を放棄してるんですけど・・・」




23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:58:52.10 ID:QSY+GKxJ0

====

美玲 「よしっ、じゃあ作るか!」

幸子 「カレー、ですか?」

まゆ 「楽しみですねぇ」フフッ

乃々 「できたら呼んでほしいんですけど」

美玲 「いやお前も手伝えよ」

乃々 「ノーと言える日本人、もりくぼ」

美玲 「言うのは大体ダメなときだけどな」

まゆ 「でも、実際キッチンに4人は狭いですねぇ」

乃々 「そうですよね。というわけでもりくぼは座って・・・」

美玲 「待て待て。そうだな、ジャンケンして勝った2人で作るとかどうだ?」

幸子 「いいですよ。でも勝った人なんですか?」

美玲 「あえてな」

まゆ 「うふふ。まゆもそれでいいですよぉ」

乃々 「ジャンケンですか。もりくぼの本気を見せてあげますけど」

美玲 「本気?」

乃々 「フルパワー!100%中の100%!」コォォォ

まゆ 「す、すごいっ。乃々ちゃんからオーラが・・・」

美玲 「また変なときにやる気出しやがって」

幸子 「どうでもいいですがあのセリフって負けフラグじゃなかったですか?」

乃々 「では行きますよっ」

「「「「ジャーンケーンっ」」」」




24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:59:34.93 ID:QSY+GKxJ0

====

美玲 「どうしてこうなった?」

まゆ 「ジャンケンですからねぇ」

幸子 「ふふーんっ。カワイイボクのカレーが食べられるなんて皆さんは幸せ者ですねっ」

乃々 「見事に負けましたけど。おかげで作らずにすむんですけど」

美玲 「ウチと幸子かぁ。ちょっと自信ないぞ?」

まゆ 「大丈夫ですよ」フフッ

幸子 「さあさあ美玲さん、早く作りましょうっ。ところでジャガイモってすぐに切っても大丈夫ですか?」

美玲 「落ち着け幸子。とりあえず洗って皮むこうな」

乃々 「今のでかなり不安になったんですけど」

まゆ 「だ、大丈夫ですよ、多分」

美玲 「料理はまゆが作ってばっかだったんだな」

まゆ 「幸子ちゃんに包丁持たせるのが怖くて・・・」

美玲 「それは・・・わかるけどな」

美玲 「まあ今回は切って炒めて煮込むだけだから大丈夫だろ」




25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 02:00:29.13 ID:QSY+GKxJ0

乃々 「幸子さん大丈夫ですか?ニ、ニンジンにも玉ねぎにも皮はありますけど・・・」

幸子 「えっ?」

乃々 「えっ?」

幸子 「い、いえ、もちろんわかってますよ。あ、当たり前じゃないですか」アセアセ

乃々 「あやしさ爆発なんですけど」ジトー

美玲 「まあまあその辺もウチが教えるから。乃々たちは座ってていいぞ」

乃々 「そうですか?で、ではよろしくお願いします」

まゆ 「じゃあ乃々ちゃんはまゆとあっちで座ってましょうか?」

乃々 「はい」

幸子 「さて・・・。ではボクは玉ねぎでも切りましょうか」

美玲 「ああ。両端切って茶色の皮を剥くんだぞ」

幸子 「任せてくださいっ」

美玲 「ウチはジャガイモの芽取って皮剥くから」

幸子 「わかりました」タマネギツカミー




26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 02:01:09.08 ID:QSY+GKxJ0

美玲 「(えーと。まず洗って芽を取って)」ジャー

幸子 「(包丁あまりさわらせてもらえないんですよね。えっと、確かこんな感じで・・・)」

美玲 「(切れ目いれてゆでるか?いや、皮むき器でいいか)」

美玲 「(幸子のほうは大丈夫か?)」チラッ

幸子 「では切りますか」

美玲 「幸子、その持ち方あぶなっ・・・」

幸子 「へ?」スパッ

幸子 「痛っ!」

美玲 「ど、どうした!?まさか指切ったか!?」

幸子 「ひ、一指し指を少し・・・」イタタ

美玲 「何やってんだよ!と、とりあえず洗え!傷は深くないか!?一指し指だけか!?」アワアワ

幸子 「だ、大丈夫ですので」ジャー

美玲 「(幸子がケガ!?ウチがいながら!洗って消毒!まゆに言わなきゃ!それからそれから・・・!)」アワアワ

美玲 「幸子、ちょっと指こっちに出せ!」

幸子 「え?こ、こうですか?」ヒョイッ

美玲 「はむっ」パクッ

幸子 「へ?///」




27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 02:02:16.78 ID:QSY+GKxJ0

美玲 「んっ、ちゅ・・・んっ(た、確かつば付けるのは意外と良いってテレビで・・・)」ペロペロ

幸子 「あ、あの、美玲さん?///」

美玲 「ん?」ペロペロ

幸子 「ボ、ボクのためにやっているであろうことは分かるんですが、その・・・」

美玲 「・・・・」ペロ

幸子 「・・・・///」

美玲 「あっ・・・///」

美玲 「こ、これは違うぞ!?幸子が指切ったからちょっとテンパってて!ウチがなんとかしないと、って思って!つば付けるのは意外に良いって聞いたことあって!///」アセアセ

幸子 「わかってます!わかってますから落ち着いてください!ボクもかなり恥ずかしいので!///」

美玲 「か、勘違いすんなよな!?別に幸子の指をなめたかったわけじゃないからな!?///」

幸子 「何で勘違いされそうなセリフをチョイスしたんですか!?///」

美玲 「そ、そうだ!まゆに消毒もらわないとっ・・・///」

まゆ 「いま持ってきましたよー」ハイ

美玲 「え?」

幸子 「へ?」

まゆ 「指が切れたとか聞こえたので持ってきたんです。幸子ちゃん手をこっちに出して?」

幸子 「あ、ありがとうございます。・・・っ、し、しみます!」




28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 02:03:07.17 ID:QSY+GKxJ0

美玲 「あ、ありがとなまゆ。と、ところでさっきのやり取り、み、見てたか?」

まゆ 「さっきの・・・やり取り?」

美玲 「あ、ああ」

まゆ 「そうですねぇ」

美玲 「・・・・」

幸子 「・・・・」

まゆ 「ばっちり見ちゃいました」ニコッ

美玲 「うぎゃー!忘れろー!///」

幸子 「忘れてください!///」

まゆ 「2人ともとっても可愛かったですよ」フフッ

美玲 「可愛かったとか言うなー!」

乃々 「ち、ちなみにもりくぼも見てましたけど」

幸子 「乃々さん、いたんですか!?」

美玲 「よりにもよって1番見られたくないやつに!」

乃々 「安心してください。ちゃんと動画もとってありますけど」

幸子 「何ひとつ安心できませんが!?」

美玲 「消せ!今すぐ消去しろ!」

乃々 「え、でももうキノコさんと小梅さんに送っちゃいましたけど・・・」

美玲 「なんでこういうときだけ仕事早いんだよ!?」

まゆ 「あ、まゆにも送られてきました。保存、っと」ピロリーン

幸子 「まゆさん!?」




29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 02:03:35.41 ID:QSY+GKxJ0

まゆ 「うふふ」

まゆ 「・・・まあ冗談はこれくらいにして、カレーの続きはまゆたちが作りましょうか?」

美玲 「え?」

幸子 「い、いいんですか?」

乃々 「はい。ぜ、全然かまわないんですけど」

美玲 「あー・・・・うん(また幸子がケガしてもアレだし)」

美玲 「じゃあ任せていいか?正直ウチらよりおいしく作れそうだしな」

幸子 「そ、そうですね。ケガをしたボクが言うのもなんですがお願いしてもいいですか?」

まゆ 「はい。任せてください」

乃々 「はい(むしろ幸子さんがこれ以上ケガしないためなんですけど)」

まゆ 「(まゆも同じですよ)」ニコッ

乃々 「(脳内に直接・・・!)」

美玲 「2人ともありがとな。幸子、ウチらは座ってよう」

幸子 「はい。乃々さんまゆさん、ありがとうございます」

乃々まゆ 「「いえいえ」」




30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 02:04:16.14 ID:QSY+GKxJ0

~~~~

「「「「いただきます」」」」

美玲 「・・・・」モグモグ

美玲 「なんだこれっ。うまっ」

幸子 「すごく・・・おいしいですっ」モグモグ

乃々 「う、うれしいんですけど」

まゆ 「お口に合って良かったです」フフッ

美玲 「ニンジンもジャガイモもやわらかいっ」

幸子 「しかも食べやすい小さめサイズですっ」

乃々 「テ、テンション高いんですけど」

まゆ 「あらあら」

美玲 「ウチらが作ったらこうはならなかったな」

幸子 「悔しいですが全くもってその通りです。まゆさんも乃々さんもすごいですね」

まゆ 「ふふ、ありがとうございます」

乃々 「ほ、褒めても何も出ないんですけど///」

美玲 「おっ、乃々が照れてるぞ。珍しいな」

幸子 「写メ撮っておきましょうっ」パシャパシャ

乃々 「や、やめてほしいんですけど。肖像権の侵害なんですけど///」

美玲 「いや、お前が言うなよ」

まゆ 「ふふっ。あんまり乃々ちゃん困らせちゃダメよ?」パシャ

乃々 「と、とか言いながらまゆさんも撮ってるんですけど・・・」

まゆ 「つい♪」




31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 02:06:09.75 ID:QSY+GKxJ0

====

美玲 「さて、晩御飯の後片付けまで終わったところで」

美玲 「風呂はどうする?」

まゆ 「お風呂ですか?さすがに4人は狭いですねぇ」

幸子 「かといって1人ずつ入るのも大変ですね」

乃々 「さ、さっきみたいにジャンケンでわかれましょうか?」

美玲 「だな。じゃあ勝った2人からってことで」

まゆ 「いいですよ~」

幸子 「わかりました」

「「「「じゃーんけーん」」」」




32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 02:06:59.12 ID:QSY+GKxJ0

====

乃々 「さ、幸子さん。シャンプーはこれですか?」

幸子 「あ、それリンスです。シャンプーはこっちの容器ですね」

乃々 「あ、はい。ありがとうございます」

幸子 「いえいえ。確かにこの容器は分かりづらいですね。ボクはもう慣れましたが」

乃々 「や、やっぱり一緒に住んでたんですね・・・」

幸子 「まあ、1週間ですけどね」

乃々 「くっ。も、もう少し早く知っていれば新婚ほやほやの幸子さんとまゆさんが見られたのに・・・」

幸子 「違いますから!?新婚じゃないですから!」

乃々 「そ、そうでした、幸子さんはまだ14歳でした。もりくぼ、うっかりです」

幸子 「うっかりしてるのはそこじゃないです!」

乃々 「うぅ、あ、あんまり大声のツッコミはお風呂に響くんですけど」

幸子 「あ、すみません。・・・って、じゃあボケないでくださいよっ」

乃々 「・・・と言いつつ声を抑えてツッコむのが幸子さんの良いところだと思います」

幸子 「そ、そうですか?ほ、褒めても何も出ませんけどねっ///」

乃々 「(カワイイ)」




33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 02:07:52.50 ID:QSY+GKxJ0

幸子 「・・・それにしても」ジー

乃々 「・・・?」

幸子 「・・・」ジー

乃々 「な、なんですかじっと見て・・・。も、もりくぼはこんな仕返しには屈しないんですけど」

幸子 「い、いえ、その・・・乃々さんの肌はキレイだなと思いまして」

乃々 「!?な、なんですかいきなり?褒め返しですか?その手には乗らないんですけどっ」

幸子 「なんですか褒め返しって・・・。ボクはただ乃々さんがキレイという話を・・・」

乃々 「だ、だまされませんよ。も、もりくぼの純情をもてあそぶ気ですね?///」

幸子 「な、なんでそうなるんですかっ。ただ乃々さんの肌すごくキレイだな、って思っただけですよっ」

乃々 「そ、そっちの方が恥ずかしいんですけど///」




34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 02:08:34.74 ID:QSY+GKxJ0

幸子 「ちょっとだけ触ってもいいですか?」

乃々 「えぇ・・・。べ。別にいいですけど」

幸子 「では失礼します」プニ

乃々 「うぅ・・・///」

幸子 「すごい・・・。スベスベじゃないですか。何かこう気を付けていることとかあるんですか?」プニプニ

乃々 「あうっ・・・と、特にないんですけど///」

幸子 「ないんですか?それはそれですごいですね」プニプニプニ

乃々 「ひゃうっ///さ、幸子さん、そこは、あの・・・。お、お山は・・・あぅ///」

幸子 「えっ?・・・・あ」プニュ

乃々 「・・・・///」

幸子 「す、すみません乃々さん。えっと、ちょっと夢中になってたようで・・・///」

乃々 「・・・・」

幸子 「だ、大丈夫ですか?ホントに申し訳ないというか、その・・・」

乃々 「・・・・くっ・・・ふふふっ。ど、どうやらもりくぼを本気にさせてしまったみたいですね」

幸子 「え?」

乃々 「さ、幸子さん、やっていいのはやられる覚悟がある人だけですけど・・・」ワキワキ

幸子 「あ、あの、何で愛海さんみたいに手をワキワキさせているんでしょう?い、いえボクも悪気があってやったわけでは、その・・・」

乃々 「問答・・・無用なんですけどおおおおおお!」プニプニプニプニプニプニ

幸子 「ちょ、乃々さん落ち着いて!ボ、ボクの肌は触るほどのものではっ、ひゃっ、そ、そこダメです!///」

幸子 「う、うにゃあああああああああ!///」




35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 02:09:07.87 ID:QSY+GKxJ0

====

乃々幸子 「「ぜえぜえっ///」」フシュー

美玲 「なんでお前ら風呂入ったのに疲れてんだ?」

まゆ 「あらあら。お水持ってきますねぇ」トテトテ

乃々 「み、美玲さん・・・」ハァハァ

美玲 「ん?どうした乃々?」

乃々 「もりくぼの生涯に、一片の悔いなし・・・・!」パタッ

美玲 「いや、死ぬなよ」




36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 02:09:57.46 ID:QSY+GKxJ0

====

幸子 「さて、みなさんが今日泊まるにあたって1番重要なことを忘れてました・・・」

まゆ 「そうですねぇ。まゆも2人が来るって聞いてうれしくて忘れてました」

美玲 「いや、ウチらこそ興味本位だったからな。深く考えてなかった」

乃々 「そ、そうですね、まさかの・・・」

「「「「布団がない」」」」

まゆ 「ベッドが1つだけですねぇ」

幸子 「どうしましょう?」

乃々 「む、むしろお2人はどうしてたんですか?」

まゆ 「え?一緒に寝てましたよぉ」

幸子 「そうですね」

乃々 「べ、ベッドの上での様子を詳細にっ・・・!」

美玲 「くいつくなって」パフッ

乃々 「あうっ」




37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 02:10:43.88 ID:QSY+GKxJ0

まゆ 「ベッドでの幸子ちゃんですか?そうですねぇ・・・」

美玲 「まゆも話さなくていいから」

まゆ 「幸子ちゃんったら毎晩まゆにすごい力で手をあててくるんですよぉ」

乃々 「!」

美玲 「!?」

幸子 「!?」

まゆ 「毎晩毎晩・・・でも、そんな幸子ちゃんも可愛いからいいんですけど」ウフフ

美玲 「幸子、おまえ・・・」

乃々 「幸子さんくわしく!」

幸子 「違いますから!まゆさんも誤解されそうな言い方やめてください!」

まゆ 「え、でも本当のことですよぉ?」

幸子 「いやまゆさんが毎晩すごい力で抱きついてくるから、それを引きはがそうとしてるだけですよね!?」

まゆ 「うふふ。そうとも言いますね」ニコッ

幸子 「そうとしか言いませんよ!?」

美玲 「幸子・・・信じてたぞ」ポンッ

乃々 「幸子さんくわしく!」

幸子 「美玲さんはどの口が言うんですか?そして乃々さんはブレませんねぇっ」

美玲 「いやまあ、幸子は夜はそうなのかなって」

幸子 「そうって何ですかそうって」

乃々 「てっきり幸子さんは夜だけSのS子さんになるのかと」

幸子 「乃々さんに至っては何を言ってるのかもよくわからないんですが」




38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 02:11:17.30 ID:QSY+GKxJ0

まゆ 「ふふふ。まあ冗談はこれくらいにして、お布団どうしましょう?」

美玲 「最悪ウチと幸子は床で寝よう」

幸子 「なんでボク!?」

美玲 「まゆと乃々は体弱そうだしな。幸子なら・・・まあ大丈夫だろ」

幸子 「根拠のない自信やめてくれません?・・・まぁ、ほかに方法がなければボクは床でもかまいませんが」

美玲 「文句言いながらも了承する幸子の鑑」

幸子 「なんですかボクの鑑って・・・」

乃々 「あ、あの・・・もりくぼに提案があるんですけど」

美玲 「?」

まゆ 「?」

幸子 「?」

乃々 「えっとですね・・・」




39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 02:12:18.06 ID:QSY+GKxJ0

====

美玲 「さすがに狭いな」

まゆ 「でも何とか入りますね」

幸子 「ボクが小柄でカワイイおかげですね!」フフーン

乃々 「さ、幸子さんの声が近いんですけど・・・」

幸子 「あ、すみません」

乃々 「いえいえ」

美玲 「まさか意外と4人寝れるなんてな」

乃々 「もりくぼたちのサイズならいけると思いました」エヘン

まゆ 「大きめのベッドでよかったです。でもちょっと狭いのでまゆは幸子ちゃんをだっこしてますね」ギュウ

幸子 「まゆさんはいつも抱きついてるじゃないですかっ」

まゆ 「あらあら」フフッ




40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 02:12:56.71 ID:QSY+GKxJ0

乃々 「み、美玲さん、もりくぼたちも負けてられませんよ」ギュウ

美玲 「対抗すんなっ。抱きついてくんなっ」パタパタ

乃々 「て、抵抗が小さい・・・。これはアレですか?いやよいやよも好きの内という・・・」

美玲 「狭いから暴れないようにしてんだよっ」

幸子 「まあ実際狭いですからね。まゆさんも乃々さんも今日だけですよ?」

美玲 「おい、さらっとウチを巻き込むな」

幸子 「旅は道連れです」

乃々 「許可が出たので美玲さんに抱きつくんですけど」ギュウ

美玲 「あーもうっ。・・・・か、勝手にしろよ///」

乃々 「か、可愛いんですけど///」ギュウウ

美玲 「やっぱ離れろ///」

乃々 「むぅーりぃー」

まゆ 「ふふ、じゃあそろそろ寝ましょうか?」

「「「はーい」」」

まゆ 「おやすみなさい」

美玲 「おやすみ」

幸子 「おやすみです」

乃々 「おやすみなさい」




41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 02:13:49.97 ID:QSY+GKxJ0

~~~~

幸子 「これがこの前乃々さんたちが来たときの話です」

幸子 「というわけでボクは現在寮に住んでいます」

杏 「いや、もともと寮に住んでたけどね」

幸子 「まあそうですけど」

杏 「まゆは?まだそこで1人暮らししてんの?」

幸子 「え?まゆさんなら寮に住んでますよ」

杏 「え?」

幸子 「え?」

杏 「いやいや幸子と住んでた家は?」

幸子 「アレはボクと住むためだけに借りてたみたいで・・・」

杏 「・・・・」

幸子 「・・・・」

杏 「あのさ」

幸子 「まゆさんですから。深く考えてはダメです」

杏 「ダメかぁ~」

幸子 「はい」




42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 02:15:14.87 ID:QSY+GKxJ0

杏 「幸子の家行ったらまゆもいて面白かったのになー」

幸子 「さすがにずっとというわけにはいきませんからね」

杏 「まあねー。・・・・ところでさ」

幸子 「?」

杏 「幸子ってまゆの家では家事もせずにダラダラ過ごしてたんだよね?」

幸子 「うっ、ま、まあそうですね。すっかりまゆさんに甘えていました」

杏 「鈍った家事の力を・・・取り戻したくはないか?」

幸子 「あの、何が言いたいんでしょうか?」

杏 「実は杏の家が今すこぶる散らかってて・・・」

幸子 「却下です」

杏 「まだ途中なのに」

幸子 「どうせ片付け手伝ってほしいとか言うんでしょう?」

杏 「そ、そうだけど、まだわかんないよ?」

幸子 「そうだって言っちゃいましたよ今。ていうか、そういうのはきらりさんに手伝ってもらえばいいじゃないですか」

杏 「きらりは地方ロケでしばらく帰ってこないらしいんだ」

幸子 「あ、そうなんですか」

杏 「うん。だからここは杏を助けると思って。あ、一応報酬もあるよ?」

幸子 「報酬?」

杏 「うん。きらりが買ってきて冷蔵庫に入れっぱの食材で料理してもいいよ?料理の勉強もできて一石二鳥だね」

幸子 「料理する人がいないから食材が余ってるだけですよね?」

杏 「そうともいう」




43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 02:16:12.32 ID:QSY+GKxJ0

幸子 「そうとしか言いませんよ。・・・・まあそういうことなら行きましょうか?」

杏 「いいの?正直うれしいんだけど」

幸子 「はい。さすがに食材を腐らせるのはもったいないですしね」

杏 「まあ確かに」

幸子 「杏さんも料理手伝ってくださいね?」

杏 「なん・・・だと・・・」

幸子 「当たり前です。これを機にボクと一緒に料理の勉強をしましょう」

杏 「んー。・・・まあ少しなら頑張るけどさぁ」

幸子 「言いましたね?それじゃ今日の仕事が終わったら行きますのでっ」

杏 「ういー」

幸子 「では、行ってきますっ」トテトテトテ

杏 「いってらー」フリフリ


その後、予想外の食材の多さに幸子が杏の家に3日間お泊りしたのは別の話

おわり




45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 02:22:53.76 ID:QSY+GKxJ0

【モバマス】まゆ 「もしも幸子ちゃんを監禁したら」

【モバマス】小梅 「ある意味私たちは幸子ちゃんに困らされている」

【モバマス】幸子 「お疲れ様ですっ。カワイイボクが帰りましたよ~・・・って」

【モバマス】凛 「幸子ってそんなに可愛いかな?」

【モバマス】幸子 「さて、そろそろ寝ますか」



元スレ
【モバマス】幸子 「助けてください美玲さん」 美玲 「何かあったのか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460046286/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月08日 04:13
          • 幸子シねーーーっ!! ブチューーー

            幸せ過ぎてシねーーーっ!!!! ブッチューーー
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月08日 04:26
          • オォウ…幸子の料理スキル…

            杏の部屋の食材、一体どのくらいが料理(の勉強)と
            いう名の犠牲になったのか気になる…
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月08日 06:18
          • 1 幸子メインの(というか142sとインディ)
            SS 最近多くない?
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月08日 06:49
          • 5 ※3
            大歓迎じゃないか
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月08日 07:19
          • 幸子総受け
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月08日 07:34
          • なんか幸子ってハーレムアニメの主人公みたいだよな
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月08日 08:22
          • キノコハーレム、美玲ハーレム、ついでに杏ハーレムがあったっていいだろ…!
            幸子ばっかり独り占めでズルいぞ!!
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月08日 08:58
          • 5 最高ですわ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月08日 09:30
          • 杏さんはラジオの方でハーレム完成したから・・・
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月08日 12:10
          • ※6
            とときんは逆ハーを形成しそうだよな
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月08日 13:58
          • 5 こうやって幸子が毎回色んなアイドルの家にお泊まりするSSはよ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月08日 14:45
          • ソファで寝る幸子であぁ、この幸子は上流じゃないんだ、ってなった
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月08日 17:59
          • 下の下に位置する幸子も可愛いよ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月08日 20:03
          • ※7
            そういや、美玲ハーレムなSSはおよそ見ないな。他は現役でシリーズがあるのに。
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月08日 23:05
          • 美玲は私の姉
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月08日 23:33
          • もしや美玲さんの妹さんですか?
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月09日 10:55
          • 上流階級特有の大型ソファーベッドでゴロ寝。

            それに慣れてて普通のソファーでもついゴロ寝。

            よって幸子はやはりイイトコの娘。 Q.E.D
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月09日 23:31
          • 幸子がいとこの娘だって?

            お年玉弾んじゃう
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月10日 04:02
          • 溢れるイケメン力でハーレムを作る輝子
            隠れたお姉ちゃん力でハーレムを作る杏
            とにかくカワイイただそれだけでハーレムを作る幸子

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【デレマスSS】志希「豚よひれ伏せ! 『サディスティックニナール(Sになる)』」
        • 【デレマスSS】志希「豚よひれ伏せ! 『サディスティックニナール(Sになる)』」
        • 【デレマスSS】志希「豚よひれ伏せ! 『サディスティックニナール(Sになる)』」
        • 【ミリマス】琴葉「ねぇ! 恵美は『イヤとは言えない』ってホント?」
        • 【ミリマス】琴葉「ねぇ! 恵美は『イヤとは言えない』ってホント?」
        • 【ミリマス】琴葉「ねぇ! 恵美は『イヤとは言えない』ってホント?」
        • 【ミリマス】琴葉「ねぇ! 恵美は『イヤとは言えない』ってホント?」
        • 【ミリマス】琴葉「ねぇ! 恵美は『イヤとは言えない』ってホント?」
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ