TOP

P「ここの事務所は二人きり」

1: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/27(日) 02:17:19.87 ID:4HWhAH1h0

 
※ このssにはオリジナル設定やキャラ崩壊が含まれます。
 
===

 くらくらと目の前を、紫煙の煙が揺れていた。
 
 紫煙とは煙草の先より立ち上る煙のことであり、「紫煙の煙」と続けると、それは重言となるのだが、
 この場合に大切なのはそんな些細な誤りではなく、口に出したときのリズム感なのである。

「手、止まってますよ」

 そんな僕を見て、ソファーに座る春香が言う。
 その顔は手元の雑誌に落とされており、いかにも自分は興味は無いが、
 私が言わないわけにもいくまいといった様子が見て取れた。



2: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/27(日) 02:19:22.05 ID:4HWhAH1h0

 
 僕はもごもごと口を動かして、「あぁ、うん」と答えると、手元の書類に視線を戻す。
 
 壁掛け時計の針の音と、時折春香が雑誌をめくるぱらぱらという音だけが部屋の中に響く。
 
 手元の書類は、白紙のまま。ただ真っ白な紙が、でんとその存在を主張していた。



3: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/27(日) 02:19:57.04 ID:4HWhAH1h0

 
「今、何時だい」

「さぁ、何時でしょう」

「腹、空かないか」

「空いてません」

「そうか」

「はい」



4: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/27(日) 02:21:47.26 ID:4HWhAH1h0


 そうして二人、のたりくたりとただ時間を過ごすのだ。のたくたのたくた、のたくたのたくた。
 
「よしっと」

 ぱたんとわざとらしい音をたて、春香が読んでいた雑誌を閉じる。僕も咥えていた煙草を灰皿に押しつける。
 
 二人の視線が同時に合う。いくばくかの沈黙、二人の間に物言わぬ会話がとりおこなわれ、
 そこからめくるめくアバンチュールが「そんな物は始まりません」



5: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/27(日) 02:22:25.12 ID:4HWhAH1h0

 
 一蹴されて、僕は再び書類に視線を戻す。あぁちくしょう。やはり白紙は白紙のままだ。
 
 ここの事務所は二人きり。のたりくたりと、針の無い時計が鳴っていた。



9: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/27(日) 13:44:33.77 ID:4HWhAH1h0

===
 
 のたくたのたくた、時計の針は進む。
 だが、針の無い時計の針がいくら進もうと、流れた時間は計れないのだ。
 
 長針も短針も、そして末っ子の秒針も、僕が気づいた時には消えていた。
 急いで春香にたずねてみたが、「散歩にでも出かけたんじゃないですか」と軽くあしらわれた。
 
 行方は、知れない。

 24時間365日、休みなく働く彼らのことだ。
 過酷な労働環境に耐えかねて、ストライキでも起こしたのかもしれない。



10: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/27(日) 13:45:41.69 ID:4HWhAH1h0

 
「一声かけてくれれば、僕も一緒に行けたのに」

「どこに行こうっていうんです」

「どこって、そうだなぁ……ここじゃない、どこかかなぁ」

「どこにも行けませんよ。それは散々、試したじゃないですか」



11: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/27(日) 13:47:41.50 ID:4HWhAH1h0


 ソファーから立ち上がった春香が、備えつけの給湯室へと消えていく。
 そう、彼女の言うとおり、僕らは事務所を出る事ができなかった。
 
 ここの窓には、鍵がない。閉めっぱなしにしたままで、開くための取っ手が消えていた。
 外へ出るための扉についていた、ドアノブも同様だ。

「ならば、ぶち破ってみてはどうだろう」と思い立ち、すぐさま実行に移してみたが、
 いくら体をぶつけても、硬いもので叩いてみても、彼らはびくともしなかった。

 どいつもこいつも姿をくらまして。

 どうやら事務所の中ではストライキが流行っているようだった。



12: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/27(日) 13:48:35.43 ID:4HWhAH1h0


 不思議な話だが、世の中は不思議で作られている。
 不思議で作られているのだから、不思議な事が起きたとしても、それはなんら不思議ではない。
 
 結局のところ、僕らはのたくたと時間を過ごすところに落ち着いた。
 
「良いもの、見つけちゃいました」

 テレビのリモコン。逃亡常習犯の彼にしては珍しく、今回は逃げ遅れたのだろう。
 給湯室から戻って来た春香が、手に持ったソレを僕に見せる。



13: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/27(日) 13:50:07.32 ID:4HWhAH1h0


「これで時間が潰せますね」

 春香が、冷めた瞳で言い放つ。僕はわくわくしながらリモコンを受け取ると、
 ソファーの隣、台の上に乗せられたテレビの前へと向かう。

 ここの事務所は二人きり。今日はテレビも逃げていた。



15: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/27(日) 19:23:20.81 ID:4HWhAH1h0

===

 雪が積もって真っ白になった景色の事を、一面の銀世界と言うならば、
 視界を埋めるこの真っ白な書類の事も、一面の銀世界と言えるのではないだろうか。
 
 ならばその積雪に足あとを残すかのごとく、鉛筆で線を書き込んでいく僕は、雪の上を歩いていることになるのだろうか?
 
「手、止まってますよ」

 気だるそうにソファーに寝転んだ春香が、背中を向けて僕に言う。
 
 僕は彼女の背中に目玉がついていない事を確認すると、持っていた筆記具を走らせる。
 それはまるでソリのように積雪の上を走りぬけ、色のない足跡を残していった。



16: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/27(日) 19:24:40.93 ID:4HWhAH1h0

 
 書いても書いても、色はつかない。
 そうだ、だからこの書類は真っ白なままなのだ。
 
 無意味な事をやっている。

 気づいた僕は手を止めて、ただただじっと紙の上に目を凝らす。
 
 そうしているといつの間にか、僕は一面の雪景色の中に立っているのだ。
 地平は遠く、まっ平らな大地が、彼方まで続いている。



17: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/27(日) 19:25:54.39 ID:4HWhAH1h0

 
 僕はどこからともなく取り出したスコップを使い、そこに雪だるまをこしらえてみた。
 
 ひとつ、ふたつ。
 
 だがどれものっぺらぼうで、ただ何も言わずそこにたたずむだけである。
 
 みっつ、よっつ。

 寒さも忘れて、僕は延々と雪だるまを作り続ける。
 十二個目の雪だるまが完成したところで、持っていたスコップの柄が折れた。
 
 困ったぞ、これでは後一つが作れない。



18: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/27(日) 19:26:46.78 ID:4HWhAH1h0

 
「どうしました?」

「あぁ、スコップの柄が折れてしまってね」

「それは、困りましたね」

「うん。とても困っている」

「手」

「手?」

「手で、すくえば良いじゃないですか。手でも雪だるまは作れます」

「その通りだ。これはまったく、盲点だった」

「だから手」

「そうだ手」


「手、止まってますよ」



19: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/27(日) 19:28:15.37 ID:4HWhAH1h0


 振り向くと、春香がそこに立っていた。

 そしてここは事務所であり、雪の積もる銀世界では決してない。
 
 そうするともちろん、雪だるまも存在しない。
 僕のかじかんだ掌は、真っ白な書類の上に置かれたまま、雪解けの時を待っている。
 
 ここの事務所は二人きり。すくいあげた書類の下、見慣れた蝶々がそこにいた。



20: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/27(日) 19:29:04.31 ID:4HWhAH1h0

===

「春香」

 僕は書類に隠されていた、蝶々のようなリボンを彼女に手渡す。
 
「あぁ、そこにいたんですか」

 彼女がその髪の上に蝶々を乗せると、ふっと春の匂いがして、辺りが少し、明るくなった気がした。
 
 のたくたと鳴っていた時計が、またかちこちと音を立て始める。



21: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/27(日) 19:29:30.42 ID:4HWhAH1h0

 
「今、何時だい」

「ちょうど、お昼です」

「腹、空かないか」

「そうですね、ぺこぺこです」

「飯でも食べに行こうか」

「はい」



22: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/27(日) 19:30:34.64 ID:4HWhAH1h0


 ストライキを起こしていた連中も、どうやら無事に帰ってきたようだった。
 
 僕はドアノブに手をかけると、二人で事務所を後にする。
 
 帰ったら、白紙の書類の言い訳を考えなくちゃあならないな。
 
 そんな事を考えながら、僕らは町へと繰り出していった。



23: ◆Xz5sQ/W/66 2016/03/27(日) 19:31:05.10 ID:4HWhAH1h0

===

以上。
お読みいただき、ありがとうございました。



元スレ
P「ここの事務所は二人きり」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459012629/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月27日 21:33
      • 君がこれを読み終わるときょとんとするはずだ。だがそれでいいのだ。
        みたいなにおいがする。
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月27日 21:47
      • まるで意味がわからんぞ!
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月27日 22:17
      • まさかP…ドリンクの飲み過ぎでオーバードーズを…
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月27日 22:40
      • 元ネタがありそうな雰囲気

        もしオリジナルで書いたなら病院に行ったほうがいい
        あぁもちろん頭の、だぞ
      • 5. かわいそうなPチャン
      • 2016年03月27日 22:41
      • 表現が下手。何を伝えたいのかが伝わらなかった。
        『お前が前川だからわからないんだ。だから、おかしいのはお前の方なんだ。』
        と、そう言われたなら、別にそれでもいいとさえ思えた。
        でも、この作品がつまらないという姿勢は、例え魚を食べることになったとしても曲げたくない。にゃ
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月27日 23:41
      • 関係ないけどハチって針刺すと死ぬからセ○クスも命懸けだと考えると燃えるよな
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月27日 23:45
      • 6
        それはミツバチだけな。スズメバチとかだと何回も刺せるぞ
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 01:52
      • 最近はこういう想像力で読む作品は否定されるから悲しい
        本当に攻略本がないとダメなのか
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 02:55
      • 雰囲気は嫌いじゃないが、想像力云々以前にその大元となる物が少な過ぎて想像のしようもない
        作者の頭の中にそれがあるんならまずそれを出してくれよ
        それがないままそっちで想像ばっか膨らまされてもこっちが置いてきぼりだわ

        要するにわけわからん
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 03:17
      • 何が面倒かって、人に読ませるためのコードに則って書いてないものを「なんだかわかんねえよ」と批判すると
        「哀しいかな想像力で読む作品は否定される」とか自分はわかってるアピールをしはじめるのが出てくるんだよな

        いや、読んで満足できたなら結構だが、他人の意見に干渉してくんなって
      • 11. 以下、VIPにかわりましてスノウウォーカーがお送りしますぅ
      • 2016年03月28日 03:27
      • SSじゃなくて雪歩が書いたポエムだな、間違いない
        最初の事務所内での二人はアイドル活動が停滞している状況を表している、逃げ出したテレビは周囲が確認出来ない程余裕が無いこと、スコップ~は、考えすぎず自然体で活動をするのに気付いた比喩、そこで改めて春香の魅力=リボンを発見でき停滞した状況を打破したことを最後に事務所から出たことで表現してある
      • 12. 以下、VIPにかわりましてスノウウォーカーがお送りしますぅ
      • 2016年03月28日 03:40
      • 考察したはしたけど、もやっとするのはなんでやろな
        文体がちょっとイラッとくんのかな、わからん
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 04:04
      • 意味わかんなかったの俺だけじゃなくてよかった…
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 04:49
      • 心地のいい不思議ワールドを展開したかったみたいだけど、いちいちPの愚痴る独白がくどい。
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 09:17
      • バカだの想像力が足りないだの言われようとも俺は俺の感想を述べる



        わかんねえ!!
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 09:30
      • ※15
        君を全面的に支持する。
        わからんモノはわからん。
        考察するにしても手探り過ぎて…
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 10:00
      • 想像力が貧困なのでよくわかりませんでした。
        でも、春香と事務所で二人きりというのはそれだけでもう、いろんなものが沸き上がってくるのではないかと思いました。
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 11:21
      • 授業中とかに突然テ口リストとかが来て…みたいな、暇な時にやる脳内妄想の類だと思った。そこから最後には現実に引き戻されてるっていう風に感じた。
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 11:51
      • わからないものも含めてそういうSSなんだろう
        最近は化物語や俺がいるをパクってる作品が多くなってこういうの減ってるから挑戦して欲しい
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 11:53
      • ※10
        綺麗にブーメラン刺さってんな
        わけ分からん作品だけどそっくりそのまま返されるな
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 12:27
      • こういうのって※欄でああだこうだ言いながら考察するもんだろ、意味わからんで終わらすより無理矢理でもこじつけて自分なりの解釈してみりゃいいんだよ、作品がどうとかじゃなくそっちの方が楽しいだろ?俺はお前らのとんでも考察見てみたいよ
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 12:48
      • これ書いた奴、人格障害っぽい
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 12:51
      • ※20
        最初に言い出した奴に対しての言葉だぜ?
        そんな奴が居なけりゃ、こんなこと書かねえだろ?
        それでもブーメランだーって言いたいなら、具体的に指摘してみな
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 12:59
      • 胡蝶の夢だろ
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 13:41
      • よく分からなかったのでみくにゃんのファンやめます。
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 14:42
      • ※23
        最初に言い出したのは分かんないなんですがそれは
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 14:43
      • 春休みだからね
        書く時期が悪かったね
        こういう古典的な作品は嫌いじゃないよ
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 15:41
      • ※26
        ※8読めよ
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 17:50
      • 4 これもある種の厨二病みたいなもんで、ああだこうだ考えずに雰囲気だけを楽しめばいいんだよ。厨二拗らせてる俺は浸れたよ
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 19:40
      • ※28
        分かんないの批判は問答無用で受け入れろよという前提で草
        この作者と同じくらいマイワールドしかみえてないのか

        ちなみに私は意味わかんないけど嫌いではないです
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 19:58
      • そろいもそろってアマゾンの低評価レビューみたいで草
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 20:44
      • ※30
        まさにブーメラン
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 20:58
      • 頭空っぽばっかかな?
        作品は否定するけど俺のコメントは否定するなっていう我儘さはなんなの?


        あ、春休みですもんね
      • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 21:03
      • なんだかんだ言ってここまでこじつけや考察の類いが一切出てないのに草を禁じ得ない
      • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 23:12
      • 中身に突っ込みが無いってことは
        意味不明意味不明意味不明だからクソクソクソって喚いてるだけなのか
        自分の理解の及ばないものを全否定する浅慮さでインターネッツを利用するのは止めたほうがいいですよ
        どうして意味不明、だけで終わらせられないのか
      • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月29日 01:39
      • 考察しよう。うん。
        考察…いや…考察……んん…??

        訳がわからないよ!
      • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月29日 07:09
      • 大正とか昭和の小説みたいなふいんきを感じた
        ようは作者の自.慰とそれを理解した気で居る読者の自.慰に至る
        考えるな、感じろ、を地で行く感じだな
      • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月29日 08:36
      • >俺のコメントは否定するなっ ていう我儘さはなんなの?
        否定されたから文句言い出したね(笑)
      • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月29日 15:01
      • 仕方ないから解説してやるよ
        まず、作品中の男は作者自身で、春香は自分を客観視するもう一人の自分
        最初の「紫煙の煙」は脳内のぼんやりとした状態を表現している。要するに事務所に二人きり、というのは脳内の自分同士の会話ってことだ。
        キーワードである「手が止まっている」これは人間として活動を停止しているという意味。「真っ白な紙」もこの先のことを何も考えていないことを表し、針のない時計は無駄に時間だけが過ぎていることを示す。
        春香の素っ気ない対応では、自分のことを気にかけてくれる人がいないこと、「それは散々試したじゃないですか」から過去にはいたことが読み取れる。雪の話は一貫して、とにかく跡をつけたい、という自己満足感と自己顕示欲を表現している。
        最後にようやくリボン、自分の妄想でしかなかった人が現実に現れ、外に出る、つまり社会復帰できたのだ。
        要するに作者は鬱病持ちのニート。
        以上10秒で考えたテキトーな考察でした
      • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月30日 02:01
      • 挑戦的な文体だと思いました。まず、印象を言うと、よく伝わらなかった。ですかね。
        読み手にとっては、非常に読みづらく、気持ちが悪いものになっていたように思います。
        敢えて世界観をフワフワにさせることによって、ファンタジックさを演出しているのだと思いますが、それがこの場合、作品にうまく作用できていませんね。
        ワナビにありがちな、読み手おいてけぼり現象になっている気がします。
        読み手をあっと言わせるような工夫も無く、ただただ奇をてらっているようにみせかけた、意味不明だが意味ありげな話(?)のようなつまらないことをダラダラと書き連ねているだけ。
        という印象が凄く強かったです。
        読み手に理解を求めるのではなく、理解をさせるのが文章力ではないでしょうか。
        独白の時間軸も曖昧で、まるでクロスワードをさせられている気分になりました。
        作者が頭の中でカバー出来ている部分を、上手く文で現わせていない(または、敢えて現していない)ので、読み手がチンプンカンプンになっているように見受けられます。
        もう少し無駄を絞ってサッパリさせてくれれば読みやすいと感じました。
      • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月30日 08:59
      • こういうのって自動文章作成で適当にソレっぽい言葉をつなげれば作れそう。
        どうせ意味ないし
      • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月31日 05:44
      • 1 ※8
        紫煙の煙は重複だが〜とか言っちゃうような作品を想像力で読ませるとか言われてもね
        それにスナック感覚の台本形式と比べてアラが目につきやすいんだから仕方ない
        なによりこれは一山いくらの駄作だよ
      • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月31日 08:47
      • 1 いくらにもならねーよ

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ