TOP

姫川友紀「智香ちゃんを!」日野茜「応援しましょう!!」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/21(月) 23:06:09.51 ID:5LIxuFK80


友紀「茜ちゃん。最近思ってることがあるんだけどさ」

茜「なんでしょうか!?」

友紀「あたしたちのユニットってさ、チアフルボンバーズっていう割に、応援してるのって智香ちゃんが多くない?」

茜「た、確かに!!」






2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/21(月) 23:11:15.59 ID:5LIxuFK80


友紀「だから、たまにはあたしたちが智香ちゃんを応援してみるってのはどうかな?」

茜「なるほど!! それは名案です!!!」

友紀「じゃあ決まりだね!」

茜「ですが、具体的には何を!?」

友紀「あっ、そこまでは考えてなかった……」

茜「ええっ!?」






3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/21(月) 23:21:17.97 ID:5LIxuFK80


友紀「う~ん、どうしようか」

茜「では、直接智香ちゃんに聞いてみるのはどうでしょうか!?」

友紀「え! 直接聞いちゃうの!?」

茜「はい!! 要は気合いの問題です!!」

友紀「ええ!?」

茜「では早速聞きに行きましょう!! ボンバーーー!!!!」

友紀「ちょっと! 茜ちゃん!!」






4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/21(月) 23:28:41.40 ID:5LIxuFK80


茜「智香ちゃーーん!!」

智香「あっ、茜ちゃん! おはようございますっ!」

茜「おはようございます!!!」

智香「今日も元気いっぱいだねっ☆」

茜「はい!! ところで、お話があるのですが!!」

智香「お話?」







6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/21(月) 23:36:01.91 ID:5LIxuFK80


茜「最近なにか悩みごととか無いですか!?」

智香「え? 悩みごと?」

茜「はい!! 実は私と友紀さんで、智香ちゃんの事をおうえ……むぐっ!!」

友紀「あ、あはははっ! と、智香ちゃん、おはよう!」

智香「友紀さん、おはようございますっ!」

茜「む~~~!!!!」

智香「いったいどうしたんですかっ?」

友紀「あ~、いや~、なんでもないよ! あははは」

智香「?」







8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/21(月) 23:43:17.78 ID:5LIxuFK80


友紀「茜ちゃん! いきなり聞いたら変に思われちゃうよ!」ボソボソ

茜「ですが、何を応援するかわからないと!」ボソボソ

友紀「しばらく様子を見てからでも遅くないよ!」ボソボソ

茜「う~ん、友紀さんがそう言うのであれば!」ボソボソ



智香(なんの話をしているんだろう……)






9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/21(月) 23:50:20.94 ID:5LIxuFK80


茜「じー!!!」

智香「な、なにか顔に付いてるかなっ?」

茜「いえ!! 気にしないでください!!」

智香「う、うん」

友紀(茜ちゃん! あからさま過ぎるよ!)



ガチャ


P「おっ、みんな揃ってるな」

智香「Pさん、おはようございますっ!」

茜「おはようございます!!!」

友紀「おはようございまーす!」

P「今日もみんな元気いっぱいだな!」






10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 00:04:45.61 ID:0dvUAj1D0


P「お? 智香のシュシュ、新しいやつか?」

智香「え?」

P「よく似合ってるぞ!」

智香「ほ、本当ですか? えへへっ、ありがとうございますっ!」



智香(Pさん……気付いてくれたんだっ!)



友紀(これはまさか……!)






11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 00:15:27.19 ID:0dvUAj1D0


P「さて、そろそろ現場に向かうぞー!」

智香、友紀、茜「はいっ!」

P「車を用意してくるから、少しだけ待っていてくれな」



茜「あっ!! 智香ちゃん!! 新しいシュシュですね!!!」

友紀(えぇ!? まさか見ることに集中しすぎて、プロデューサーと智香ちゃんのやり取りが聞こえていないとか!?)

智香「うんっ! そうなんだっ☆」

茜「とってもお似合いです!!!」

智香「ありがとう、茜ちゃんっ!」



友紀(それにしても、さっきの智香ちゃんの様子だと……これは間違いないっ!)



─────
───









12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 00:23:48.33 ID:0dvUAj1D0


茜「えええ!? 智香ちゃんがプロデューサーのことを!?」

友紀「うん! あれは間違いないよ!」

茜「全然気付きませんでした!!」

友紀「だから、これは智香ちゃんの恋を応援するしかないよっ!」

茜「ううう~~!!! 燃えてきました~~~!!!」






13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 00:27:27.51 ID:0dvUAj1D0


友紀「あっ! でも二人に気付かれたらダメだよ! こっそり応援しないと!」

茜「そ、そうですね! こっそり熱く応援しましょう!!」

友紀「うんうん!」

茜「では、具体的にどうこっそり応援するんですか!?」

友紀「そ、そこまでは考えてなかった! にゃはは~!」

茜「ええっ!?」






14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 00:31:43.06 ID:0dvUAj1D0


茜「では直接智香ちゃんに聞いてみましょう!!」

友紀「ま、待った!! それだけはダメだってば!!」

茜「はっ!? そうでした!!」

友紀「ふぅ~! 焦ったよ~!」






18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 14:50:40.98 ID:0dvUAj1D0


茜「う~ん。では智香ちゃんとプロデューサーを、全力で二人きりにするというのはどうでしょうか!?」

友紀「おお! それはナイスな采配だよ!」

茜「ありがとうございます!!」

友紀「それならホームラン間違いなしだね!」

茜「はい! 燃えてきました~~!!!」








19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 14:55:54.58 ID:0dvUAj1D0


茜「でも友紀さん、智香ちゃんのこと、よく気が付きましたね!!」

友紀「これでも二人よりはお姉さんだからねっ!」

茜「おお! やっぱり友紀さんは恋愛経験が豊富なんでしょうか!?」

友紀「ええっ!? い、いや~」

茜「?」

友紀「そ、そういう茜ちゃんはどうなのさ!?」

茜「わ、私ですか!?」






20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 14:59:56.77 ID:0dvUAj1D0


茜「私はまだ、そういうのはあまり……」

友紀「実はあたしも……」



茜「…………」

友紀「…………」



茜「ちょっと夕日に向かって走ってきます!!!!」

友紀「あたしもオープン戦を観てくる!!」

茜「ボンバーーーー!!!!」



友紀「あっ……オープン戦は終わったんだった……」



─────
───






22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 21:08:57.80 ID:0dvUAj1D0


P「みんな、お疲れさま!」

智香「お疲れさまですっ!」

P「あれ? 友紀と茜は?」

智香「なんか二人とも用事があるって」

P「そうなのか? 珍しいな」






23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 21:15:36.63 ID:0dvUAj1D0


──



P「お疲れ! 差し入れに焼肉弁当を買ってきたぞー!」

智香「わぁ!」

茜「やりました!!」

友紀「焼肉弁当!? なんでこの時期に!! あたし帰る!!」

P「ええ!?」

茜「あ、あぁ……わ、私も帰ります!! や……焼肉……」

P「ど、どうしたんだ?」






24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 21:19:41.64 ID:0dvUAj1D0


──



P「うーん、最近あいつら、仕事が終わるとすぐ帰っちゃうな」

智香「も、もしかしたら……」

P「ん? 何か知ってるのか?」

智香「い、いえ! なんでもないです!」

P「そうか。 まぁ、あの二人だから心配はないと思うけど」

智香「そうですねっ!」



智香「…………」







25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 21:27:11.10 ID:0dvUAj1D0


──



友紀「ふっふっふっ! あたしたちの作戦でヒットを積み重ねているようだね!」

茜「はい!!」

友紀「これで智香ちゃんも──」



智香「アタシが何ですか?」



友紀「ええっ!?」

茜「と、智香ちゃん!?」






26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 21:31:36.64 ID:0dvUAj1D0


友紀「あ、あの! これはね!」

茜「あわわわっ!!」

智香「…………」



智香「もしかして……アタシ……」



茜「あわわわわわわわわっ!!!!」



智香「ふ、二人に嫌われちゃいましたかっ!?」



友紀、茜「……え?」



───







27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 21:38:19.73 ID:0dvUAj1D0


智香「えええっ!? アタシがPさんのことを!?」

友紀「う、うん……好きなんじゃないかって勘違いしちゃって……」

茜「ご、ごめんなさい!!」

友紀「ごめんなさい! 余計なことをしちゃったよね!」

智香「い、いえ! 嫌われてないなら、それでいいんですっ!」

友紀「智香ちゃ~ん!!」

茜「うわ~ん!!」

智香「ふふっ、よしよし☆」






28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 21:45:16.09 ID:0dvUAj1D0


智香「でも、なんでアタシがPさんのことを好きだと思ったんですか?」

友紀「いや~、前に智香ちゃんが新しいシュシュをしてきた時に、プロデューサーに褒められて凄い喜んでたから……」

智香「あぁ、あの時ですね!」

友紀「これは間違いないと、乙女の感が……」

智香「なるほどっ!」



智香(でも確かにあの時は、Pさんが気付いてくれて……とても嬉しくて……)

智香「…………」



智香「」ボンッ



茜「た、大変です!!! 智香ちゃんが茹でタコみたいに真っ赤に!!!」






29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 21:52:59.68 ID:0dvUAj1D0


智香「ア、アタシが……Pさんのことを……あうぅ……」

友紀「こ、これは! まさか!」

茜「何かわかったんですか!?」

友紀「智香ちゃんは、自分がプロデューサーのことを好きだったと、たった今気付いたんじゃ!!」

茜「ええ!? そうなんですか智香ちゃん!!」



智香「…………」コクッ



友紀「や、やっぱり!」

茜「おめでとうございます!!」








30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 21:58:14.69 ID:0dvUAj1D0


智香「うぅ……でもどうしよう!! 意識したら急に恥ずかしく!!」



ガチャ



P「お? 今日は珍しく三人とも揃ってるな!」

智香「Pさん!? あわわっ!」






31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 22:04:53.15 ID:0dvUAj1D0


茜「マグネット・パワー プラス!!」

友紀「マグネット・パワー マイナス!!」



友紀、茜『クロス・ボンバーーーっ!!!!』



P「ぐえぇぇ!!」



茜「ちょっと皆さんと夕日に向かって走ってきます!!!」

P「お、おう……気を付けてな……」






33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 22:07:47.14 ID:0dvUAj1D0


──公園──



友紀「はぁ……はぁ……ここまでくれば!」

智香「び、びっくりしたぁ……」

茜「まだまだ走り足りません!! 気合いですよ!!」

友紀「茜ちゃん! 目的が変わってるよ!」






34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 22:09:59.51 ID:0dvUAj1D0


智香「でもどうしよう……もうPさんの顔、まともに見れないかも……」

友紀「…………」

茜「…………」






35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 22:16:13.43 ID:0dvUAj1D0


友紀「フレー! フレー! 智香ちゃん☆」

智香「え?」

茜「フレー! フレー! 智香ちゃん☆」



友紀、茜「フレー!! フレー!! 頑張ろうー!!」



智香「友紀さん……茜ちゃん……」






36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 22:22:30.43 ID:0dvUAj1D0


友紀「あたし達、智香ちゃんに余計なことをして迷惑かけちゃったけど」

智香「め、迷惑だなんて! そんな!」

茜「それにいつも智香ちゃんに応援して貰ってばかりで!」

智香「そ、そんなこと!」



友紀「だから今度はあたし達のエールを!」

茜「受け取ってください!!」



智香「二人とも……ありがとうございますっ!!」






37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 22:26:11.48 ID:0dvUAj1D0


友紀「フレー! フレー! 智香ちゃん☆」

茜「フレー! フレー! 智香ちゃん☆」



智香「ア、アタシも体がうずうずしてきちゃった!」



智香「フレー! フレー! アタシ☆ なーんてっ」

友紀「お? いいねぇ! その調子だよ!」

茜「気合いを入れていきましょー!!」



フレー! フレー!

フレー! フレー!



─────
───







38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 22:31:01.69 ID:0dvUAj1D0


P「どうしたんだ? 急に話があるなんて」

智香「Pさん! あ、あの……アタシ……」

P「?」

智香「うぅ……」



智香(ダメ! あの時、二人にエールを貰ったんだもんっ! 勇気を出さないと!)



P「…………」

智香「あの! ア、アタシ……Pさんのことが──」






39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 22:42:28.37 ID:0dvUAj1D0


──



友紀「今頃は智香ちゃん、思いを伝えてるのかな~」

茜「はい!! でもきっと大丈夫です!!」

友紀「そうだね! でもあたしの勘違いからこんな風になるなんて思わなかったよ!」

茜「そうですね! ですが結果的には勘違いじゃなかったので!」

友紀「まぁ、乙女の感ってやつだよ! お姉さんだしね!」

茜「おお! やっぱり友紀さんは恋愛経験……が……」



友紀「…………」

茜「…………」



茜「少し走ってきます!!!!」

友紀「私も開幕戦に!!」

茜「うおおおおっ!!!!」



友紀「まだだった!! 早く開幕して~!!!!」



終わり






元スレ
姫川友紀「智香ちゃんを!」日野茜「応援しましょう!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1458569159/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月22日 23:18
      • 友紀ぃぃぃぃ!!
        俺とセックスして子供を9人作って、チームを作るぞぉ!
        ピッチャーは左のアンダースローな!
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月22日 23:19
      • わきばやしちゃん乙女でかわいい
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月22日 23:24
      • ※1
        ばかめ!!18人いないと紅白戦ができんだろぉ?俺のバットをお前のミットで受け取ってホームランさせてくれユッキィィィィィイイイイ!!!!
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月22日 23:26
      • ※3
        ならば12球団を構成できるだけの子供を産ませて、ペナントレースを開始するぞ!
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月22日 23:31
      • ※4
        友紀、一人だけに産ませるのは無理だ、何人かに分散しなければ
        野球選手は健康な人間じゃないといけないからな、元気で健やかな子供を産むのは安産型と相場が決まっている
        まずは卯月と美穂で1球団作るからな
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月22日 23:39
      • 神崎二宮ヴァルハラナイツって球団を設立したぜ
        選手全員が厨二くさい投法や打法そして走法を駆使する、蘭子と飛鳥の個性が受け継がれた球団なんだよ
        ただ最近裏社会との繋がりが確認されているみたいで、別の意味で闇に飲まれた球団なんだよなぁ…
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月22日 23:46
      • 焼肉弁当…、これは確かにアカン…
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月22日 23:48
      • (*^◯^*)ちひろさんに9人産んでもらって98年ベイスターズを復活させるんだ!


        なおノリさんが9人産まれる模様。
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月22日 23:53
      • ※8
        どうやってちひろに9人産ませるのか、展望を聞かせて貰おうじゃあないか!
        よしんば産んだとしても、奴の子供だから契約金も高いし、毎年銭闘を起こすずら!
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月23日 00:23
      • がんばれ♥がんばれ♥
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月23日 01:45
      • お前らチームつくれるぐらいの子どもを養う金あるのか?(マジレス)
        アイドルにたかろうなんておもってねーだろうなあ!?
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月23日 05:46
      • ※7
        なんで焼肉弁当がダメなんだ?
        そこだけ分からないんだが……。
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月23日 06:07
      • 拘留中の清原への差し入れじゃなかったっけ
        焼肉弁当
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月23日 06:32
      • ※13
        調べてみたが逆だったわ
        清原が報道陣に焼肉弁当を差し入れ
        →買収騒ぎになったみたい
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月23日 06:42
      • 唐突なクロスボンバーに草はえたわ
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月23日 10:04
      • これでこのシリーズもしまいか〜
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月23日 15:10
      • ※11
        ごもっとも。俺は幸子に2人だけ産んでもらうよ。きっとカワイイアピールの激しい、でも心優しいお母さんお姉ちゃん思いのぐうかわクローザーに育つ筈さ
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月23日 16:58
      • ※11
        私は石油王というものです
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月26日 18:27
      • SSは良かったけど※欄のこういう薄ら寒いノリには失笑
        面白いと思ってんのかね

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務