TOP

渋谷凛「(二人っきりで)」鷺沢文香「(ランチにいくようです)」

1: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 03:56:42.77 ID:ySJOg68y0


渋谷凛「(気まずい)」鷺沢文香「(気まずい)」

これの続きです。



2: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 03:57:29.67 ID:ySJOg68y0


―――待ち合わせ



文香「(1時間前...早く着き過ぎたようです)」

文香「(今日は凛さんとの初のランチ...なのですが、どう致しましょうか...)」

文香「(凛さんと出かけることは苦ではありません)」

文香「(問題は私が男性とプライベートで出かけた経験がないため、凛さんを満足させられるか...という点です)」

文香「(しかし、私にも年長者としての一握りのプライドはあります。なんとかしてみせましょう)」



3: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 03:58:33.63 ID:ySJOg68y0


凛「(1時間前か...ちょっと早く着き過ぎたかな)」

凛「(文香はまだ...だよね。ちょっとメールしてみようかな)」

凛「(『おはよう。今日はエスコート頼むよ』っと...こんな感じでいいかな。送信!)」

「♪~」

凛「(Never say neverだ...誰かが着信音にしてくれてるのかな...ってあれ...!)」

凛「(文香だ...)」



4: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 03:59:08.47 ID:ySJOg68y0


文香「(凛さんからメールが来たようです...内容は...ふふ、凛さんらしいですね)」

文香「(『お任せください』...と。送信、です)」

「♪~」

文香「(この曲はBright Blue...?どなたか存じ上げませんが着信音にしていただいているようです)」

文香「(...もしかして)」

文香「(凛さん...)」



5: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 03:59:52.33 ID:ySJOg68y0


凛「...」ペコリ

文香「...」ペコリ

凛「(なんで会釈しちゃったんだろう)」

文香「(何故、会釈されたのでしょうか...)」

凛「おはよう。早いね」

文香「おはようございます。凛さんこそ」

凛「ふふっ、そうかもね」

文香「ですね」

凛「...」

文香「...」

凛「(ここからどうしよう)」

文香「(ここからどうしましょう)」



6: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:00:54.83 ID:ySJOg68y0


文香「そ、それではまだお昼には時間がありますし散策でもいかがでしょうか...?」

凛「うん。文香に任せるよ」

文香「では...」

凛「えっ?待って。何?」

文香「すみません...てっきり手を繋ぐものかと」

凛「あー。うん、手か。いいよ」

文香「それでは...」

凛「...」

文香「...」

凛「(思ってた100倍恥ずかしい...)」

文香「(これは想像の100倍恥ずかしい...)」



7: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:02:03.51 ID:ySJOg68y0


文香「ここなど、どうでしょう?見て行きませんか」

凛「アクセ屋さんか。そうだね、入ろうか」

文香「衣装で身に付けることはありますが自分のために購入したことはなかったので新鮮です」

凛「そうなんだ。もったいないな」

文香「もったいない...とは?」

凛「文香、綺麗だからさ。もっと着飾ればいいのにと思って」

文香「...」

凛「(私、何口走ってるんだろう...)」

文香「すみません。気の利いた返しが出てこなくて...」

凛「い、いや!私の方こそなんかごめん。あんなこと言われても困るよね」

文香「いえ、凛さんにそう言っていただけることは嫌ではありませんでした...寧ろ嬉しく思います」

凛「...」

文香「...」

凛「(この反撃は反則...)」

文香「(顔が朱くなっていないといいのですが...)」



8: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:03:55.42 ID:ySJOg68y0


凛「これとか、どう?」

文香「ネックレス...ですか?」

凛「そう。私のと似てるし」

文香「お揃い、ですね」

凛「そうなっちゃうね。嫌...かな?」

文香「嫌ではありません」

凛「じゃあ、これ買ってくるね」

文香「い、いえ。自分で購入するので...」

凛「いいから。これは私から贈らせて」

文香「では、お言葉に甘えて」



9: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:04:45.01 ID:ySJOg68y0


凛「はい、買ってきたよ」

文香「凛さんに付けていただいてもいいですか?」

凛「うん」

文香「(顔が...近いです)」

凛「(顔が近い...)」

文香「(私の方が歳は上でも身長は少し凛さんより小さいのですね...)」

凛「よし。ふふっ、似合ってるよ」

文香「ありがとうございます」

凛「ちゃんとこれからも付けてね?」

文香「もちろんです。それはそうとアクセサリーについてなのですが」

凛「えっ、何?」

文香「アクセサリーを贈ることは所有欲や独占欲の表れだそうです」

凛「...」

文香「...」

凛「(...知らなかった)」

文香「(私は何を言っているのでしょうか...)」



10: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:06:08.01 ID:ySJOg68y0


凛「そろそろいい時間だね」

文香「そうですね」

凛「お昼、どこにする?」

文香「そこの道を入ったところにおいしいお店があるそうです」

凛「じゃあそこにしようか。わざわざ調べてくれたんだ」

文香「はい。他でもない凛さんのためですから」

凛「ふふっ、お世辞でも嬉しいよ。ありがとう」

文香「(おや...不発のようです)」

凛「(よし。耐えた...無意識にこんなこと言うのずるい)」



11: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:07:12.44 ID:ySJOg68y0


凛「結構混んでるね」

文香「心配ありません」

凛「予約してくれてたんだ」

文香「はい。万全の準備をしてあります」

凛「ありがとう。こんなところまで気配りができる文香は素敵だと思うよ」

文香「不慣れとは言え大切な方のエスコートですから。不備があってはならないと思いまして」

凛「(...たいせつ!?)」

文香「(少し...クサかったでしょうか...)」



12: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:08:32.98 ID:ySJOg68y0


凛「文香は決まった?」

文香「はい。私はこのカルボナーラにしようかと」

凛「じゃあ私はこっちのペペロンチーノにしようかな」

文香「じゃあ...とは?」

凛「2種類食べられる方がお得でしょ」

文香「それもそうですね」



13: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:09:25.58 ID:ySJOg68y0


文香「私の方が先に来たようですね」

凛「おいしそうだね」

文香「...」

凛「どうしたの?食べてていいよ」

文香「せっかく二人で食べるのですから二人でいただきますがしたくて」

凛「(かわいい...)」



14: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:10:05.04 ID:ySJOg68y0


文香「おいしいですね」

凛「うん、すごく。こっちのも一口食べる?」

文香「それでは...あーん」

凛「(えっ...嘘?本当にやるの?)」

文香「どうかなさいましたか...?」

凛「な、なんでもないよ。はい、どうぞ」

文香「ふふ、おいしいですね。すごく」

凛「でしょ?そっちのももらっていいかな」

文香「もちろんです。どうぞお取りください」

凛「えっ」

文香「ふふ、冗談です。はい、あーん」

凛「...おいしい」



15: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:10:31.65 ID:ySJOg68y0


文香「ごちそうさまでした」

凛「ごちそうさまでした」

文香「さて、次はどこに行きましょうか」

凛「今日は文香に任せるってば」

文香「それでは...あちらのお店などはいかがでしょうか?」

凛「お花屋さんか...うん、いいね。私もかっこいいところ見せられるし」

文香「ふふ、楽しみにしています」



17: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:11:55.35 ID:ySJOg68y0


文香「綺麗ですね」

凛「うん。やっぱり花のある生活っていいと思うよ」

文香「では、ここは私から凛さんに贈っても?」

凛「文香が選んでくれるならなんでも嬉しいよ」

文香「お花屋さんの方に素人が花を贈るなんてお恥ずかしい限りですが...」

凛「ホントになんでも嬉しいから大丈夫だよ」

文香「では、こちらを」

凛「シザンサス...か。ありがとう、素敵だと思うよ」

文香「花言葉などはあるのですか?」

凛「うん。えっとなんだったかな...忘れちゃったみたい」

文香「そうですか」

凛「ごめんね。花屋なのに」

文香「いえ、こちらこそすみません」

凛「(言えるわけないよ...)」

文香「(凛さんに見せ場を作るつもりがこれは失敗でした...)」



18: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:13:12.64 ID:ySJOg68y0


文香「それでは、そろそろ」

凛「あー。もうこんな時間か」

文香「楽しい時間とは過ぎるのが早いものですね」

凛「ホントにね。レッスンの時間は長いのに」

文香「ふふ、また明日からお互い頑張りましょう」

凛「うん。じゃあ今日はありがとう」

文香「こちらこそ。こんなものでよろしければまたいつでも」

凛「ふふっ、またね」

文香「はい。また」




おわり



19: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:14:54.39 ID:ySJOg68y0

ありがとうございました。
完全に私の趣味なのですが渋谷凛視点で地の文を入れたものを用意しているため
そちらも投下させていただきます。



20: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:17:09.09 ID:ySJOg68y0


今日は文香と初めてのランチ。

試行に試行を重ねて選んだコーデにちょっと高い香水。

頭の中でシュミレーションは何度となく行った。

ばっちり、だと思う。たぶん。

現在時刻は待ち合わせの1時間前、遅いよりは早い方がいい...よね。



21: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:17:36.74 ID:ySJOg68y0


まだかなり時間あるけどちょっとだけ文香にメールしちゃおうかな。

件名は...なしでいいか。本文は『おはよう。今日はエスコート頼んだよ』...でいいかな。

送信っと。



22: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:18:58.17 ID:ySJOg68y0


送信して間もなく近くで誰かの携帯電話が鳴った。私の曲だ。

着信音にしてくれてるなんてちょっと恥ずかしいけど嬉しいな。ファンの人かな。

なんて考えながら音の方を向くと文香を見つけた。

私の曲を着信音にしてるんだ。よし、ゆっくり近づいて声をかけよう。

そんな私の悪巧みは一瞬にして水泡へと帰した。

メールだ。私の携帯が文香の曲を吐き出し始めると文香もこちらに気付いたようで携帯から顔を上げこちらを向いた。

目が合った。条件反射で会釈をしてしまう。

すぐに話しかければいいのに。



23: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:20:17.90 ID:ySJOg68y0


「お昼まではまだ時間があるからどこかぶらつこう」という文香の提案で私達はウィンドウショッピングへと興じることにした。

お店の前をゆっくりと通り過ぎていく中、文香があるお店の前で足を止める。

アクセサリー屋さんだ。

お店の中に入るとリングやネックレスなど多種多様なアクセサリーがきらきらしていて、見ているだけでも楽しかった。

そんなアクセサリーの中に自分が首に付けているものと似たものを見つける。

これ、文香にプレゼントしたいな。

そう思うと同時に言葉が出ていた。

「これとか、どう?」

文香も気に入ってくれたようで、私はこれを文香にプレゼントすることにした。

レジで会計を済ませ文香の元へと戻ると、文香が私に付けて欲しいって言ったから

私はネックレスの留め金を外し、文香のうなじへと手を回す。

顔が近い。

耳元で息遣いが聞こえるのと文香の髪の匂いとが妙にリアルで変な気分になりそうだった。



24: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:21:20.12 ID:ySJOg68y0


ネックレスを付けてあげると文香は「どうですか?」と言わんばかりに胸を張るので

「似合ってるよ」と言うとただ「ありがとうございます」と言った。

ちょっとだけ頬が朱かったのが収穫、かな。

なんでも文香が言うにはアクセサリーを贈ることは、独占欲みたいなものの表れらしい。

あながち間違ってないのが悔しいかな。

だって、普通の気持ちじゃない?

自分の欲しいものを自分だけのものにしたい、ってそんなに変なことかな。

私は変じゃないって思うけれど。



25: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:22:10.36 ID:ySJOg68y0


アクセサリー屋さんを出るころにはお昼を食べるのにいい時間だったから

文香の案内でお店へと向かう。

イタリアンらしい。楽しみだな。



26: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:23:28.09 ID:ySJOg68y0


お店は混雑していたけど文香が事前に予約を取っていたみたいでスムーズに入ることができた。

用意周到、っていうのかな。よくわからないけどこういうところでやっぱりお姉さんなんだな、って実感する。

席に座ると店員さんがおしぼりとお水、それとメニューを持ってきてくれた。

文香がメニューを受け取るとこちら側が正面になるように開いて机の中央に置く。真面目だなぁ。



27: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:23:58.07 ID:ySJOg68y0


文香がカルボナーラを頼んだから私はペペロンチーノを頼んだ。

二人で同じものも素敵だけど違う味を楽しめるのも素敵だと思ったから。



28: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:24:50.44 ID:ySJOg68y0


料理は同時には来なかったけれど、文香はわざわざ待っててくれた。

こういうところもすごいなぁ、って思うんだ。

そうして、私の料理が来て揃っていただきます。

ある程度食べたところで、私が「こっちも食べる?」と聞くと文香が口を開ける。

所謂、あーんっていうやつだ。

恥ずかしがってても仕方ないしフォークでくるくると巻き取り文香の口へと運ぶ。

「美味しいですね」と文香が言う。

「でしょ?」と私が返す。

これで文香の番は終わって、次は私の番。

そんな感じで2倍、いやそれ以上かな?お昼を楽しんだ私達はお店を出た。

お会計はきっちり割り勘。

こういうのは平等が一番だと私は思う。歳は違うけれど対等でありたいし。



29: ◆gJVBTZH5AE 2016/03/21(月) 04:25:58.05 ID:ySJOg68y0


最後の行先も文香に任せ、また街をふらふらと歩き出す。

たくさんのお店の中で文香が選んだのはお花屋さん。

そこで私はプレゼントをもらっちゃった。

シザンサスの花。

綺麗なラッピングをしてもらいお花屋さんを後にする。


「では、そろそろ」と文香が言うので私も「今日はありがとう」と礼を述べ

私達は解散ムードに包まれる。

最後はさよならじゃなくて、またねで締めくくる。

さぁ、明日からも頑張ろう。



おわり



元スレ
渋谷凛「(二人っきりで)」鷺沢文香「(ランチにいくようです)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1458500192/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 09:55
      • あら^~いいですわゾ^~
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 09:56
      • 何故デートみたいになってるんだ…
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 10:08
      • タイトルで(こいつ……直接脳内に……!)が頭に浮かんだ
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 10:09
      • なぜまともに会話する事も出来なかったのに仲が進んでいるんだ?
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 10:09
      • シザンサスの花言葉は
        あなたと一緒に
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 10:11
      • イケメンしぶりんの、続きがあるとは……

        ドンドンお願いしゃす!!
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 10:13
      • ふみふみにふみふみされたくてふみゅううううう!!!
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 10:28
      • いいね
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 10:37
      • キマシタワー
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 10:38
      • 貝合わせ待ったなしですわ
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 10:56
      • この二人の背後にハイライトなくしたありすと卯月が目撃された、という…
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 11:04
      • 百合は至高。ホモはks。
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 11:06
      • 互いが互いを攻略しあってるのに、あと一歩噛み合わない
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 11:11
      • 米11
        そして何かのきっかけにその二人が結ばれるのを見てしまった晴と美穂
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 11:22
      • 丁寧に凜の一人称つけてるけどスガシオカの那覇言葉くらい書けよ
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 11:36
      • ※14
        そして百合の花は咲き乱れるのだ…
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 11:39
      • あら^〜
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 12:30
      • 服とか香水まで気を使って、昼にペペロンチーノを食べるってのはどうなんだろう?
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 12:35
      • さて、今日もタワーをたてる仕事が始まる
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 12:52
      • ※2
        ほとんど「テレパシー」のような電話&メールの結果…ではないかと。

        「男性とプライベートで出かけた経験がない」とはふみふみ…何を考えてるの?
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 12:56
      • いいなこれ
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 13:05
      • ありす『文香さんは私のものです。勝手に手を出さないで下さい!凛さんは李衣菜さんとでも出かけていてください。』
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 13:28
      • ※20
        ナチュラルに凛を男性と同列に考えている文香に草生えた
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 13:40
      • 生えてるから
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 13:49
      • しぶりんは誰とペア組ませても上手くいきそう
        なお、世界レベルにはついていけん模様
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 15:14
      • 5 「よきパートナー」「協調」「あなたと踊ろう」「あなたと一緒に」
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 15:39
      • 凛ちゃん、文香さんとお幸せに…
        まゆもPさんと幸せになります…
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 17:17
      • 普通に口説こうとしてて草生えた
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 18:17
      • えっ、卯月生えてるの!?
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 19:23
      • ここに貴音をぶち込みたい
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 19:31
      • 橘さん!?なぜ見てるんです!?
        http://futalog.com/pic/l_160317_1458138028209_jpg_395047381.html
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 20:02
      • 5 続きまだすか
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 20:13
      • いいですわゾ~
      • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 20:14
      • この組み合わせの良さを存分に引き出してる良作
      • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 21:08
      • ※23
        ふみふみにとってシブリンは異性なんだよ!(暴言)
      • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 22:06
      • これが純クールの交際なのか…
      • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月22日 01:44
      • ※25
        まず世界レベルのパートナーという発想自体思いつかねえよ!
      • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月22日 02:27
      • 卯月「ペペロ"ン"!」
      • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月22日 03:01
      • 蒼だよ…真っ蒼!! (ガシャー

        デレりん×デレさわの間にありすをぶち込む
      • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月22日 06:02
      • 5 しぶりんは誰と組んでもキャラが全くブレないしエロ同人多いとこが好き。蘭子は頭のおかしい子繋がりでめぐみんと被ってるとこ好き。美波は本家より更に痴女発言の多いとことエロ同人多いとこが好き。ふみふみはキモオタの心掴んで離さないあの男を知らない感とエロ同人多いとこが好き。奏さんはATK高いのにDEFが低いアタッカータイプだけどエロ同人ないから欲しい。
        奈緒と加蓮はエロ同人のレベルの低さケア
        アーニャは歌になると日本語堪能なとことエロ同人でたまにビッチ化してるとこが好き。

        あ、内容は文香がしぶりんを異性として恋愛対象として見ているとこで脳汁溢れました。
        文香のできてないエスコートもいいけど、しぶりんの完璧なエスコートで場の空気に緊張するおふみふみも見たいれす。
      • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月22日 14:04
      • ※39
        序列的に

        文香>>>(越えられない山と崩れない壁)>>>凛>>>>ありす

        の順番になるな。どこの序列とはあえて言わないが
      • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月22日 15:16
      • あぁ^~この二人を拉致して凛には手を出さないことを条件に体を開かせた文香を無力な自分と守ってたつもりがその実守られることしかできない自分への絶望に染まった凛の目の前でガツガツ犯し倒したいんじゃぁ^~


        あ、自分柔らかい肉が好みなんで凛ちゃんはそっちでヤクザとサッカー日本代表が盛り合うビデオでも見ててください
      • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月22日 15:44
      • ※42
        世の中固い干し肉が好きな奴だっているんだから対抗馬が現れるぜ
      • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月22日 21:43
      • ふみふみは男性と出かけるように想定してるのと凛のエスコート発言とで二人ともデートとして意識しているところがホクホクした。

        しかしデートでペペロンチーノ食うのはミスチョイスですぞ。
      • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月22日 22:18
      • ※35
        肉のバットを備えた凛がホテルで文香としっぽりするところをイメージしてしまった……
      • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月24日 19:32
      • 君ら生き別れの双子か何かかねw

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務