TOP

さくら「学校めんどくさいよう」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:39:45.083 ID:xSqL6QXG0.net

さくら「ミラーさん、今日もかわりに学校いってきてね」

ケロちゃん「さくら~ 今日も学校いかへんのか?」

さくら「だってめんどうなんだもん」

ケロちゃん「中学上がってからかなりだらしなくなったなぁ」

ケロちゃん「2学期になってからもう一週間いってへんで」

さくら「だって部屋でごろごろしてたほうが楽なんだもん」

ミラー「・・・」



2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:39:59.363 ID:xSqL6QXG0.net

ミラー「・・・いってきます」

さくら「気をつけてね~ さーてまだ眠いしもう少し寝ようかな」

ケロちゃん「どないしてもうたんやろ・・・」



3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:40:44.965 ID:xSqL6QXG0.net

~学校~


利佳「あ、さくらちゃんおはよー」

ミラー「あ、おはようございます」

千春「さくらちゃん、小学校の時と違って遅刻しなくなったね」

奈緒子「だけどなんだかこのごろ元気がないみたいだけど大丈夫?」

ミラー「いえ、気にしないでください 何ともありませんから」

小狼(さくら今日もミラーを代わりに行かせてるのか・・・)

教師「よーし出席とるぞー」



4:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:40:57.567 ID:xSqL6QXG0.net

~木之本家~

さくら「ふぅ、よく寝たー」

ケロちゃん「さくら~もう十二時やで~ さすがに寝すぎとちゃうか?」

さくら「だってすることないし別にいいじゃない」

ケロちゃん「あのな~そういう問題じゃ・・・」

さくら「そろそろご飯食べてくるね」

ケロちゃん「お、おう」



5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:41:15.482 ID:xSqL6QXG0.net

~学校~

教師「よし、これでホームルームを終わりにするぞー」

利佳「今日も疲れたね」

奈緒子「今日は部活もないし、明日も学校お休みだから楽だよねー」

千春「そうだ、今日も帰りにあそこのアイスクリーム屋さんによって行こうよ!」

利佳「さくらちゃん、今日もまっすぐ帰っちゃうの?」

ミラー「今日も夕飯作らなければいけないので・・・」

奈緒子「毎日大変だね」

ミラー「今兄は大学で父の手伝いをしてるので全部自分でやらなくちゃいけませんから」

千春「残念だけどしょうがないね。じゃあまた月曜日に会おうね!」

ミラー「はい、さようなら」



6:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:41:25.580 ID:xSqL6QXG0.net

~木之本家~

さくら「そろそろミラーさん帰ってくるころかな~」カタカタ

ケロちゃん「なぁ、いい加減パソコンいじるのやめてたまには自分で料理ぐらい作らへんか?」

ケロちゃん「ミラーばっかりに作らせとるとホンマ料理できなくなるで」

さくら「別に関係ないよ」

ケロちゃん「それに最近外にも出ておらへんやろ 少しは体動かさんと」

さくら「だってん外に出かけても疲れるだけだもん」

さくら「この掲示板に書き込んでる時が一番楽しいし」カタカタ

ケロちゃん「あのなぁ、兄ちゃんや父ちゃんがいないからって調子に乗りすぎやろ! どうなっても知らんで!!」

ガチャ

ミラー「ただいま帰りました」

さくら「あ、帰ってきた」



7:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:41:39.814 ID:xSqL6QXG0.net

さくら「おかえり~ 今日のご飯はなに?」

ミラー「今日はエビフライにする予定です」

さくら「わーい! 私の大好物だ~! ミラーさん、私の好みわかってくれてるんだね」

さくら「それじゃ、作り終わったら部屋の前に置いといてね」

ミラー「分かりました・・・」

さくら「それじゃまたお父さんのパソコンで2ちゃんねるしよっと」



8:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:42:26.342 ID:xSqL6QXG0.net

さくら「今日はあんまりおもしろいスレないな~」

ケロちゃん「なぁ、さくら。せめてミラーの手伝いくらいしに行ったらどうなんや?もう一週間のほとんど動いてるんやで?」

さくら「黙っててよ!」

ケロちゃん「なんやて?カードは自分の欲求を満たすためだけに使うもんじゃないんやで!!それに・・・」

さくら「うるさいっ!出てってよ!もうほっといて!!!」

ケロちゃん「なんやそれ!ホンマに見損なったわ!もうわいも知らへん!!勝手にせいや!!」バタンッ



9:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:43:09.788 ID:xSqL6QXG0.net

さくら「もう、本当にうるさいんだから。こっちの気分も知らないで」カタカタ

コンコン

ミラー「夕飯できましたんで置いておきますね」

さくら「ありがとう。明日もよろしくね」

ミラー「あっ、あの・・・」

さくら「? なに?」

ミラー「いえ、何でも・・・それではおやすみなさい」

さくら「うん、また明日ね」

さくら「さぁつづきつづき♪ あ!このコンマスレおもしろそうだなー」カタカタ



10:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:43:29.023 ID:xSqL6QXG0.net

ケロちゃん(・・・いったいさくらどないしてもうたんやろ)

ケロちゃん(中学生に上がって新学期になったときまではいままでみたいに元気やったのに)

ケロちゃん(そういえば日に日に学校めんどくさくなってきてるように思うたなぁ)

コンコン

ケロちゃん「誰や?」

ミラー「私です」

ケロちゃん「おおミラーか、今日も大変やったやろ」

ミラー「いいえ、主をお助けするのが私たちカードの役目ですから・・・」

ケロちゃん「ホンマにミラーは健気やなぁ」

ミラー「あの・・・」

ケロちゃん「なんや?」



11:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:43:52.603 ID:xSqL6QXG0.net

ミラー「私、さくらさんはきっと大きな悩みを抱えてると思うんです」

ケロちゃん「そりゃそうやろ。あのさくらが簡単に学校いきたなくなるとは思われへん」

ミラー「・・・解決するための力になれないでしょうか」

ケロちゃん「せやけど最近のさくら、かなり気持ちがたっとるさかい、簡単に聞き出せるとは思われへん」

ミラー「でも、私はもう一度楽しそうに笑ってるさくらさんが見たいんです!」

ケロちゃん「うーん、せめて兄ちゃんが帰ってきてくれればなぁ」

ケロちゃん「とりあえず、今日は休んだほうがええ 明日は学校あらへんしさくらも無理にはお前を呼びださんやろ」

ミラー「はい、それではおやすみなさい」



12:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:44:14.505 ID:xSqL6QXG0.net

翌朝

さくら「・・・ん?もう朝・・・」

さくら「わたし、パソコンつけたまま寝ちゃったみたい」

さくら「まぁいいや、今日も2ちゃんねるぐらいしかすることないし」

さくら「あれ?昨日のスレもう落ちちゃったんだ。また面白いスレ探そうっと♪」

ケロちゃん(なんや、やっぱり今日も朝からパソコンやっとるのか)

ケロちゃん「さくらー 朝飯は食わへんのか?」

さくら「もう、勝手に入ってこないでよ!!朝ごはんなんかいらないもん!」

ケロちゃん(さくら・・・)

さくら「ほら、早く出てってよ」

ケロちゃん「分かった、分かった」



14:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:44:56.332 ID:xSqL6QXG0.net

さくら「今日もあんまりおもしろいスレないな~」

さくら「中途半端に寝ちゃって眠いし寝よっと」



15:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:45:25.536 ID:xSqL6QXG0.net

ケロちゃん「あっという間に今日も夕方かぁ」

ケロちゃん「おーいさくら~ 今日こそ夕飯作るで~」

さくら「うるさいなぁ。勝手に入らないでって言ってるでしょ?」

ケロちゃん「でも、休日ぐらい自分でご飯作らへんか?」

さくら「いや!外に出るのめんどくさいもん」

さくら「それに最初からミラーさんにやってもらうつもりだもん」



16:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:45:49.431 ID:xSqL6QXG0.net

さくら「じゃあ、きょうも献立はまかせるから買い物とお料理よろしくね♪」

ミラー「はい、じゃあ行ってきます」

さくら「いってらっしゃーい 気をつけてね」

さくら「・・・さぁておもしろいスレはあるかな?」



17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:46:32.560 ID:xSqL6QXG0.net

~スーパーマーケット~

ミラー(昨日はフライだったから今日は魚料理にしよう)

ミラー(今日は魚の特売みたい。あとは野菜炒めでいいかな)

ミラー(そういえばソースが切れているんだっけ。でも初めてきたお店だから場所が分かりません)

ミラー(あの人に聞いてみよう)「あ、あのっすみません」



18:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:46:43.637 ID:xSqL6QXG0.net

雪兎「なに? あ、さくらちゃん」

ミラー「こ、こんにちは」(この人が雪兎さんだっけ)

雪兎「久しぶりだね。何か困ったことでもあった?」

ミラー「実は初めてきたお店なのでソースがある場所が分からなくて・・・」

雪兎「なるほどね。じゃあついてきて」

ミラー「ありがとうございます」



19:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:46:53.595 ID:xSqL6QXG0.net

雪兎「ここだね」

ミラー「本当にありがとうございます。助かりました」

雪兎「どういたしまして。ところで・・・」

ミラー「なんでしょうか」

雪兎「今日夕食ご一緒してもいいかな?料理手伝うから」

雪兎「今とーやは大学でお手伝いしてるみたいだしひとりじゃ大変でしょ」

ミラー「ありがとうございます」



20:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:47:06.007 ID:xSqL6QXG0.net

~帰り道~

雪兎「今日はタイムサービスでかなり安く買えたね」

雪兎「ところで、さくらちゃんは中学校楽しんでる?」

ミラー「・・・はい、とても楽しいです」

雪兎「でもなんか疲れてるみたいに見えるよ?無理しすぎてない?」

ミラー「いいえ、やっぱり中学校はいろいろ大変ですからまだ完全に慣れていないんです」

雪兎「そうだよね。僕も大学に通いはじめた時は毎日疲れてたし」



21:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:47:17.470 ID:xSqL6QXG0.net

~木之本家~

さくら「あははっ やっぱりコンマスレはおもしろいなぁ」

ガチャ

ミラー「ただいま帰りました」

さくら「おかえりー今行くね」ダダッ

さくら「お疲れ様!今日は・・・」

雪兎「あれ・・・?さくらちゃんが二人・・・?」

さくら「ゆ、雪兎さん!?」



22:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:47:36.888 ID:xSqL6QXG0.net

シュウウウ・・・

ユエ「久しぶりだな」

さくら「ユエさん・・・」

ユエ「見たところミラーを買い物にでも行かせたみたいだな。体調でも悪いのか?」

さくら「は、はい。ちょっと熱があって・・・」

ユエ「そうか、無理はするなよ。ところでケルベロスはいるか?」

さくら「私の部屋にいます」

ユエ「ではお邪魔する」

さくら(まさかいきなり雪兎さんが来るなんて・・・どうしよう)



23:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:48:05.166 ID:xSqL6QXG0.net

ミラー「私はどうすればいいでしょうか」

さくら「せっかくだし今日はわたしが作るよ」

さくら「また用があったら呼び出すから休んでいいよ」

ミラー(よかった・・・)



24:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:48:22.254 ID:xSqL6QXG0.net

~さくらの部屋~

ケロちゃん「さくら下にいったきり戻ってきぃへんなぁ」

ケロちゃん「まさか、やっと料理作る気になって・・・」

コンコン ガチャ

ユエ「入るぞ」

ケロちゃん「なんや、ユエかぁ。どないしたんや?えらい久しぶりやないか」

ユエ「さくら、熱出てるんだろ。大丈夫なのか」

ケロちゃん「? なんのことや?」



25:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:48:33.354 ID:xSqL6QXG0.net

~台所~

さくら「今日は雪兎さんの分もあるのかぁ」

さくら「はぁ・・・量が多くてめんどうだよう」

さくら「やっぱりミラーさんに頼んどけばよかったなぁ」



26:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:48:43.361 ID:xSqL6QXG0.net

~さくらの部屋~

ケロちゃん「・・・こういうわけなんや」

ユエ「そうか、主らしくないな」

ケロちゃん「どないしたらええんやろうな」

ユエ「ちょっと話してくる」

ケロちゃん「やめとけ、さくらは今複雑な心境なんや!・・・行ってしもた」



27:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:48:56.089 ID:xSqL6QXG0.net

~台所~

さくら「ようやくできたよぅ・・・久々の料理は疲れるなぁ」

ユエ「おい」

さくら「なに?ユエさん」

ユエ「ケルベロスからすべて聞いたぞ」

さくら「・・・なんのこと?」

ユエ「お前がミラーを代わりに学校に行かせてること」

さくら「・・・」

ユエ「らしくないじゃないか。いったい何があったんだ」

さくら「ユエさんまで・・・関係ないじゃないですか」

ユエ「いや、あんなに元気だったお前がそんな簡単に学校に行きたくなくなるわけがない」

さくら「もう・・・放っておいてくださいよ」



28:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:49:06.075 ID:xSqL6QXG0.net

ユエ「それはできない。われわれ守護者は主が困った時は力にならなければならない」

ユエ「とにかく悩みがあるなら話してみてくれ」

さくら「帰ってください・・・帰ってくださいよ!!」

ユエ「!いきなりどうして・・・」

さくら「いいから早く出て行ってください!!」

ユエ(いったん引いたほうがよさそうだな)「分かった。今は話したくないなら別にいい」

シュウウウ・・・

雪兎「あれ・・・?また僕は気を失ってたのかな」



29:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:49:26.816 ID:xSqL6QXG0.net

雪兎「ごちそうさまでした。やっぱりさくらちゃんの料理はおいしいね」

さくら「ありがとうございます!」

雪兎「ところで、さっきさくらちゃんが二人いた気がしたんだけど夢だったのかな・・・?」

さくら「た、多分夢ですよ」

雪兎「そうだよね。じゃあ僕はそろそろ帰るよ」

雪兎「中学校、無理しないで頑張ってね」

さくら「気をつけて帰ってくださいね。さようなら!」



30:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:49:36.725 ID:xSqL6QXG0.net

ケロちゃん「きょうはもう寝るんか?」

さくら「だって久々に料理作って疲れちゃったんだもん」

ケロちゃん「普段から作らんからそうなるんや」

さくら「おやすみー」

ケロちゃん(まださくらは完全にはダメになっとらんみたいやな)



31:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:49:55.336 ID:xSqL6QXG0.net

~塔和大学~

藤隆「御苦労さま、桃矢くん。これで研究はだいぶ終わったからたから大体大丈夫だよ」

桃矢「父さんもお疲れ。後は明日の午前中で終わりそうだな」

藤隆「そうだね、今日ももう遅いからここに泊っていくといいよ」

藤隆「そして、明日は家に帰ってあげなさい。8月の途中からさくらさんを一人にさせたままだからね」

桃矢「あいつ、一人でしっかりやってるかな」

藤隆「さくらさんなら大丈夫ですよ。さぁ、今日は休んで」

桃矢「そうだよな、それじゃあおやすみ」



32:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:50:24.272 ID:xSqL6QXG0.net

・・・

さくら「じゃあ、今日もお願いね」

ミラー「分かりました。行ってきます」

さくら「気をつけてね~」

さくら「まだ眠いしもうちょっとだけ寝ようっと」



34:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:50:44.582 ID:xSqL6QXG0.net

~学校~

体育教師「よし、今日はバスケットボールをするぞ!」

利佳「さくらちゃん、顔色悪いけど大丈夫?」

千春「辛かったら保健室いった方がいいよ?」

ミラー「大丈夫・・・です」

体育教師「怪我しないようにまずは準備体操からだ」

奈緒子「本当に大丈夫?」

ミラー「だい・・・じょう・・・」フラッ

利佳「さくらちゃん!」

体育教師「おい、大丈夫か?誰か保健室に連れていってやれ!」

小狼「俺が行きます」



35:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:50:54.130 ID:xSqL6QXG0.net

~木之本家~

さくら「うーん、よく寝た!」

さくら「やっぱりもう12時かぁ」

さくら「カップラーメンでも作ろうっと」

さくら(今ごろ皆は給食食べてるんだよね・・・)



36:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:51:12.965 ID:xSqL6QXG0.net

~保健室~

ミラー「・・・?ここは・・・?」

小狼「やっと気がついたか」

ミラー「小狼・・・さん?」

小狼「もうすぐ昼も終わりだ。立てそうか?」

ミラー「はい。ところで、私はどうしてしまったのでしょうか」

小狼「体育の時間に急に倒れたんだ」

ミラー「そういえばなんだかめまいがして・・・」

小狼「恐らく、さくらの魔力も限界にきてるんだろう」

小狼「このままだと、お前もあと2、3日ぐらいしか持たないぞ」

ミラー「・・・ところで」

小狼「なんだ?」

ミラー「小狼さんはさくらさんのこと心配じゃないんですか?」

小狼「・・・それは心配してるさ。けどな」

小狼「俺はさくらを信じてる。必ず学校に来ると信じてるんだ」



37:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:51:22.425 ID:xSqL6QXG0.net

小狼「あいつはな、どんな困難でもいつも諦めないで自力で乗り越えてきたんだ」

小狼「だから、俺は明日もさくらが来るのを信じる」

ミラー「小狼さん・・・」

小狼(でも、さくらの魔力が尽きようとしてるなら、そろそろ家に出向いた方がよさそうだな)



38:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:51:54.123 ID:xSqL6QXG0.net

小狼「とりあえず、今日は早退しろ。午後の授業のノートとかは俺がとっておくから」

ミラー「ありがとうございます」

小狼「気をつけてな」



39:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:52:06.703 ID:xSqL6QXG0.net

~帰り道~

ミラー(さくらさんももう限界なんだ・・・)

ミラー(私にはどうすることもできないのかな)

桃矢「おーい、さくらー」

ミラー「桃矢さん・・・?」

桃矢「心配かけたな。寂しかっただろ」

桃矢「・・・さくらじゃないな。お前を学校に行かせてるってことはさくらは具合でも悪いのか?」

ミラー「そうなんです」

桃矢「なら早く帰ってやんないとな。ところで、お前までなんでこんな時間に家に帰ろうとしてるんだ?まだ1時じゃないか」

ミラー「実は・・・」



40:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:52:17.861 ID:xSqL6QXG0.net

~木之本家~

さくら「この時間帯のスレはそこそこおもしろいなぁ」カタカタ

さくら「でも、なんかつまらないなぁ。どうしてだろう」

さくら「お兄ちゃん・・・お父さん・・・」

ガチャ

桃矢「ただいまー」

さくら「!お兄ちゃん!?」



41:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:52:33.807 ID:xSqL6QXG0.net

さくら「お、お帰りなさい。お父さんのお手伝いはもう終わったの?」

桃矢「さくら・・・一人で寂しくさせて悪かったな」

さくら「わたし、別に寂しくなんてなかったよ。学校いけば友達にも会えるし」

桃矢「ウソだろ。それ」

さくら「なんで?」

桃矢「こいつから全部聞いたんだ」

ミラー「・・・」

さくら「! どうしてこんな時間に・・・?」

桃矢「こいつはもう限界だ。そろそろ休ませてやれ」

桃矢「いったい、どうして学校に行かなくなったんだ」

さくら「お兄ちゃんまで・・・っ これはわたしの問題なんだよ?!ほっといてよ!」



42:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:52:46.771 ID:xSqL6QXG0.net

ピシッ

桃矢「さくらのバカ!これはお前だけの問題じゃない!」

さくら「痛いっ・・・なんでよ!学校いくかどうかなんてわたしの勝手でしょ!」

桃矢「妹が困ってるのにほっとけるか!いいから何があったか話してみろ!」

さくら「もうっ・・・なんでそうやってみんなわたしのこと聞きたがるの?」

さくら「もう嫌なの・・・誰とも会いたくない!ひとりでいたほうがいい!」ダダッ

バタン ガチャ

桃矢「さくら・・・」

ミラー「さくらさん・・・どうして」

桃矢「お前はもうカードに戻れ。明日は学校に行かなくていいからな」

ミラー「でも・・・」

桃矢「心配するな。お前まで動けなくなっちまったら俺は悲しい」

ミラー「桃矢さん・・・」



43:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:52:57.161 ID:xSqL6QXG0.net

翌日

ケロちゃん「なぁ、さくら。今日はなにもせぇへんのか?」

さくら「ずっと寝てたほうがいいもん・・・」

さくら「もう疲れたの・・・すべてが面倒くさいの」

ケロちゃん「ええのか?兄ちゃんにあんなこといって」

さくら「・・・誰もわたしの気持なんかわからないよ」

さくら「おやすみ」



44:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:53:20.306 ID:xSqL6QXG0.net

~学校~

利佳「さくらちゃん来ないね・・・」

奈緒子「昨日、かなり気分悪そうだったからね」

千春「風邪でも引いたのかな?」

小狼(ミラーにも代わりに行かせないなんて・・・)

小狼(そろそろ家に行ってみよう)



45:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:53:40.848 ID:xSqL6QXG0.net

~木之本家~

さくら(もう何もする気力がわかない・・・)

さくら(もう生きてたって意味ないのかな・・・)

さくら(いっそのこと死・・・)

ピンポーン

さくら「誰?」

ケロちゃん「わいが見てきたる」


ケロちゃん「だれなんや?」

ケロちゃん「あれは・・・小僧」

ガチャ

ケロちゃん「ほら、つったったとらんで入らんか」

小狼「ケルベロス・・・」



46:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:53:51.640 ID:xSqL6QXG0.net

小狼「・・・さくら、相当悩んでるみたいだな」

ケロちゃん「全然心開かないんや」

ケロちゃん「兄ちゃんにユエも悩み解決しようと思うたけど駄目だったんや」

小狼「・・・さくらは部屋にいるんだな?」

ケロちゃん「そうや。もう小僧にしかさくらは説得できへんと思う」

ケロちゃん「頼むで、小僧」



47:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:54:00.673 ID:xSqL6QXG0.net

コンコン

さくら「もう・・・誰なんだろう」

小狼「俺だ。開けてくれ」

さくら「小狼くんなの?」

小狼「そうだ。お前のことが心配だから会いに来た」

さくら「今はだれとも会いたくないの・・・だから帰って」

小狼「いや、絶対帰らない。お前の悩みが解決するまで」

さくら「小狼くんまでわたしのこと聞こうとするの?」

小狼「入るぞ」ガチャ



48:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:54:11.779 ID:xSqL6QXG0.net

さくら「やだ・・・帰ってよ!今すぐ!」

小狼「お前、すっかり変っちまったな。」

さくら「なんで・・・みんなわたしに構うの・・・?」

小狼「みんなお前のことを心配してるからだ」

さくら「なんで?何しようがわたしの勝手でしょ」

小狼「たしかにそうだ。だけどな、お前のその行動がお前の大切な人まで悲しませることになるんだぞ」



49:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:54:26.670 ID:xSqL6QXG0.net

さくら「他人のことなんか関係ないよ。他の人のことなんか・・・」

小狼「・・・本気でそう思ってるのか?」

さくら「わたしね、中学校に入ってから気づいたんだ。他の人が話してることが必ずしも本当じゃないって」

さくら「みんな、本当は口でいいこといってても影ではその人に対して何言ってるか分からないものなんだって」

さくら「うわべでは仲良くしてるように見えても、影では互いにいがみ合ったりしてる人もいたの」

さくら「わたし、分かんないよ。どうしてそんなことして毎日を過ごしてるのかって」

さくら「なんで自分の本当の気持ちを隠して毎日を過ごさなくちゃいけないの?」

さくら「わたしだってその場によってそんな態度とらなくちゃいけない時もあったの」

さくら「その時、すごく辛かった。人はみんなこんな風に生きなくちゃいけないの?」

さくら「小狼くんのこともわたしのこと本当にどう思ってるか分からないし」

さくら「利佳ちゃんも、千春ちゃんも、奈緒子ちゃんも、雪兎さんも、お兄ちゃんも・・・」

さくら「わたし・・・全然わからないよ。だから、そんなに悲しい気持ちで生きなきゃいけないなら、一人でいたほうがましだとおもったの」

小狼「俺は・・・」



50:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:54:57.831 ID:xSqL6QXG0.net

小狼「俺は・・・少なくともさくらにはいつも裏なんてなしに本当の気持ちで接してるぞ」

さくら「・・・!」

小狼「本当に大切だと思う人には、人は正直に接せるんだ」

小狼「みんな本当にお前のこと心配してなければ声なんてかけない」

小狼「さすがに、誰とでも仲良くなるなんてことは絶対にできない。けれど・・・」

小狼「本当に互いを分かりあっていつでも本音で話せる人は絶対にいる」

小狼「あのとき、お前が俺に好きっていったこと、俺は本音だと思ってる」

小狼「俺も、お前のことが本当に好きだ」

小狼「だから・・・もう悩んでるお前なんか見たくない」

さくら「でも・・・わたし以外の人がそんな裏表のある生活を送っていることを横目に見ながら過ごすなんて辛いよ」



51:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:55:15.413 ID:xSqL6QXG0.net

小狼「この世界にはいろんな人がいるんだ。誰もが信頼できる人を見つけて生活してるわけじゃない」

小狼「それに、相手を傷付けないために裏表をつくって接することもあるんだ」

小狼「とにかく、他の人のために自分まで悩んで落ち込んでたら、この先とても悲しくてつらいことになるぞ」

小狼「でも、他人のことまで気にして悩むなんてさくらは本当に優しいな。」

小狼「俺は、お前のそういうところが大好きだ。ふつうは他の人なんて全く気にかけないさ」

さくら「でもわたし・・・」

小狼「心配するな。落ち込んだり、辛いことがあったら俺が慰めてやる」

小狼「だから、明日必ず学校に来いよ。みんな本当に心配してるぞ。いつまでも悩んで閉じこもって、他の人まで悲しませるなんてことしちゃダメだ」

さくら「小狼くん・・・ありがとう!」

小狼「じゃあな。明日学校で会おうな」

さくら「うん!」



52:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:55:26.570 ID:xSqL6QXG0.net

翌日

さくら「あっ!もうこんな時間!遅刻しちゃうよ~」

ケロちゃん「さくら!学校いく気になったんか!」

さくら「うん、昨日ね、小狼くんがわたしのこと慰めてくれたの!」

ケロちゃん「そりゃよかったなぁ。わいも一安心や」

さくら「それじゃ今日もがんばってくるね!いってきます!」ガチャ



53:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:55:36.915 ID:xSqL6QXG0.net

さくら「あっ・・・」

小狼「おはよう。寝坊するなんて相変わらずだな」

さくら「おはよう小狼君。待っててくれたの?」

小狼「ああ。しかし、お前と一緒に登校するなんて久しぶりだな」

さくら「・・・ごめんね、心配かけちゃって」

小狼「気にするな。でも本当によかった。さくらの気分が元に戻って」

小狼「とにかく急ぐぞ!このままだと遅刻する」

さくら「うん!」


おわり



元スレ
さくら「学校めんどくさいよう」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1458391185/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月19日 22:52
      • 春日野の方かと
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月19日 23:12
      • 野川かと
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月19日 23:13
      • 村松(モバマス)かと
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月19日 23:15
      • 村松かと
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月19日 23:20
      • 大神かと
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月19日 23:25
      • 神宮寺かと
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月19日 23:32
      • 1 http://elephant.2chblog.jp/archives/51725083.html
        丸パクリ
        管理人も把握しとこうよ
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月20日 00:12
      • ミズラヒかと。
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月20日 00:15
      • これかなり前に書かれてたやつだよね?コピペじゃん
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月20日 00:43
      • 再放送あるなー
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月20日 02:16
      • さくらカテゴリあるだろ
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月20日 02:45
      • クッソキモいこと言うけど
        思い出レゐプされた感ハンパないわ
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月20日 06:32
      • 元カノの方かと
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月20日 10:23
      • 植物かと
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月20日 12:48
      • ま・さ・か・の
        カードキャプターさくら
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月20日 13:20
      • 花京院かと
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月20日 13:22
      • ゆとり俺、ケロちゃんが出てくるまでなんのさくらか理解出来ず
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月20日 14:05
      • これ以前全く同じのをここで読んだような…
        日付から考えると今回のはコピペパクリじゃないか?
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月20日 14:17
      • まる子かと
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月21日 06:42
      • 対魔忍かと
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月22日 06:45
      • さくらという名前一覧はここですか?
        ちょうど探してるさくらがあって助かりました。
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月28日 02:56
      • 知世ちゃんは…?

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務