TOP

朋「百発百中」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 04:49:26.10 ID:eYenJCTp0

前の
芳乃「かみさま」


プロデューサーになる前の寺生まれのTさんとか百発百中のふじともとか幼馴染み歌鈴ちゃんとかよしのんとかひじりんとか茄子さんとかが出ます

なお、プロデューサーになる前の寺生まれのTさんは『モバP』でなく『T』で表記しています



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 04:50:01.90 ID:eYenJCTp0

朋「あたし、昔奈良に住んでたのよ……中1のころだったかしら」

朋「親の都合で引っ越すことになってね」

芳乃「ほー、奈良でしてー?」

聖「出身は……滋賀でしたよね……?」

朋「まあ、本当に短い期間だけだったしね」

朋「生まれも育ちも滋賀だし、すぐ滋賀に戻ったから、出身は滋賀ってことにしてるわ」

朋「……で、まあ奈良に引っ越してすぐの話なんだけど」

朋「やっぱり引っ越しって結構悲しいじゃない?」

朋「育った土地とも仲の良い友人とも別れることになっちゃうしね」

芳乃「でしてー」

茄子「ですねー」

朋「……」

朋「まあ、そんな感じであたしも結構寂しくなっててさ」

朋「でも、引っ越しちゃったものはしょうがないし、心機一転しようと思ってね」

朋「とりあえず、そばにあった神社に行こうと思ったのよ」

朋「神社ってなんかのパワーとかありそうだしね」

朋「……で、まあその神社で初めて会ったのよね」

聖「プロデューサーさんとですか?」

朋「プロデューサーともだけど」

朋「それより前に、歌鈴ちゃんとね」



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 04:50:31.40 ID:eYenJCTp0

=======================


朋「……」

朋「……ずっと悲しんでちゃだめよね」

朋「心機一転しなきゃ、うん!」

朋「……と、まあそんな気持ちを持って近くの神社に来てみたんだけど」

朋「ここ、なんの神様がいるのかしら?」

朋「んーっと、看板……看板……っと」

??「……あ」

??「あ、あのっ!」

朋「ん?」

??「参拝きゃきゅっ!」

??「~~~っ!」

朋「だ、大丈夫……?」

??「し、舌噛んじゃったぁ……」

朋「え、えっと……」

朋「が、がんばれ……?」

??「は、はいっ、がんばります!」

??「……こほん」

??「あのっ!」

??「さ、参拝客の方ですかっ!」

朋「そうよ」

??「……」

??「言えたっ!」

朋「そっちなのね」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 04:50:59.98 ID:eYenJCTp0

??「……じゃない!」

歌鈴「えっと……私、道明寺歌鈴っていいます!」

歌鈴「ここの巫女さんです!」

朋「巫女さんなの?」

歌鈴「はいっ!」

歌鈴「お父さんがここの神主さんで……私、そのお手伝いしてるんです!」

歌鈴「だから、巫女さんです!」

朋「へぇ……」

朋「……ってことは、他にも誰かいるの?」

歌鈴「私とー……お父さんとー……」

歌鈴「あと神様がいます!」

朋「なんて名前の神様がいるの?」

歌鈴「えっと……すっごい神様です!」

朋「……すっごいのね」

歌鈴「あっ、えっと、そうじゃなくて……」

歌鈴「……うぅ」

歌鈴「ごめんなさいぃ……まだ覚えれてないんです……」

朋「あっ、いや、えっと……別に大丈夫よ!」

朋「ほら、神様ってどんなのでもすごいから、ね?」

歌鈴「うぅ、そうなんですけど……」

歌鈴「これじゃあ巫女さん失格です……」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 04:51:31.54 ID:eYenJCTp0

朋「いや、そんな、失格ってほどじゃ……」

朋「ほら、歌鈴ちゃんまだ覚え始めたばっかりでしょ?」

歌鈴「そうですけど……」

歌鈴「……あれ、なんで始めたばかりってわかったんですか?」

朋「参拝客を噛んでたし?」

歌鈴「うっ……」

歌鈴「私、人の前に出ると緊張しちゃって……いっつも噛んじゃって」

歌鈴「いつも噛まないようにがんばろう、がんばろうってしてるんですけど……」

歌鈴「なかなか治らないんですよね……」

朋「へぇ……大変ね……」

歌鈴「はい……大変なんです……」

歌鈴「……」

歌鈴「じゃなくてっ!」

朋「きゃっ!」

歌鈴「えっと……参拝客さん!」

朋「は、はい!」

歌鈴「今日は何の用でしょうか?」

朋「えっと……さ、参拝……?」

歌鈴「そうですか……」

歌鈴「じゃあ、あっちに本殿があります!」

朋「あ、うん、ありがと」

朋(……小さい神社だし、迷うことはないと思うけど)



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 04:51:59.40 ID:eYenJCTp0

朋「えっと……二礼二拍一礼だっけ?」

朋「この鈴は最初に鳴らすのよね、たしか」

朋「……」シャンシャン

朋「……」ペコリペコリ

朋「……」パンパン

朋「……」ペコリ

朋(……こっちの生活も楽しく過ごせますように)

朋「……よし、終わりっ」

朋「さて……」

朋「あ、いたいた、歌鈴ちゃーんっ!」

歌鈴「え……きゃぁっ!」ステン

朋「歌鈴ちゃん!?」

歌鈴「あうぅ……転んじゃった……」

朋「大丈夫……?」

歌鈴「だ、大丈夫です……転ぶのには慣れてるので……!」

朋「……それもそれでどうかと思うけど」

歌鈴「……っと」

歌鈴「それで、なんでしょうか?」

朋「えっと……忙しい?」

歌鈴「神社のお掃除してただけだから大丈夫ですよ!」

朋「そう、よかったわ」

朋「折角だから歌鈴ちゃんと話したいと思って」

歌鈴「わ、私とですか!?」

朋「ええ」



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 04:52:39.79 ID:eYenJCTp0

朋「駄目かしら?」

歌鈴「……め、滅相もございましぇん!」

朋「ふふっ、何それ?」

歌鈴「あ、いえ、びっくりしちゃって」

歌鈴「えっと……私、そんなに面白い話できませんよ?」

朋「別にそんなの求めてないから大丈夫よ」

朋「ただ、ちょっと話したいなって思ったの」

歌鈴「そうですか……う、うれしいですっ!」

朋「それはよかったわ」

歌鈴「えっと……じゃあ……お茶と……お茶菓子と……」

朋「そこまでしなくてもいいわよ」

歌鈴「そうですか?」

歌鈴「でも……立ち話もなんですし……えっと……あっ!」

歌鈴「じゃあ、あっちに座りやすい石があるんで、そこに座りましょう!」

歌鈴「案内します!」

朋「ありがと」



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 04:53:16.74 ID:eYenJCTp0

歌鈴「それじゃ、何をお話しましょうか?」

朋「そうね……」

朋「……あっ、あたしまだ自己紹介してないじゃない」

朋「あたし、藤井朋っていうの」

歌鈴「朋ちゃんですね、よろしくおねがいしますっ」

朋「ええ、よろしくね、歌鈴ちゃん」

歌鈴「今日はどうしてここに来たんですか?」

朋「ん、なんとなくよ」

朋「……ってわけでもないわね」

歌鈴「?」

朋「あたし、最近ここに引っ越してきたのよ」

歌鈴「そうなんですか?」

朋「そうなの」

朋「だから……そう、新天地でも楽しく過ごせるようにって神様にお願いしたくなって」

朋「近くに神社があったからよってみたのよね」

歌鈴「なるほど……」

歌鈴「さっきもそれをお願いしたんですか?」

朋「ええ」

朋「……こういうのって言葉に出したら叶わなくなるとか、そういうのなかったっけ?」

歌鈴「そんなことないと思いますよ」

朋「巫女さんがそういってくれるなら安心ね」

歌鈴「はい!」

歌鈴「神様はみんなを助けてくれるんだってお父さんも言ってました!」

歌鈴「だから、朋ちゃんも助けてくれると思います!」

朋「そうね」

朋「早速、こんなに楽しい出会いもあったし……もう、助けられちゃったかも」

歌鈴「えぇっ、そんな!」

歌鈴「……」

歌鈴「……えへへ」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 04:54:09.47 ID:eYenJCTp0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


歌鈴「えっ、朋ちゃんって中学生なんですか?」

朋「そうよ」

歌鈴「……」

歌鈴「……朋先輩って呼んだほうがよかったでしょうか?」

朋「……いや、なんか4くすぐったいし、それはいいわ」

歌鈴「じゃあ、朋おねえちゃん?」

朋「別にいいわよ、朋ちゃんで」

朋「折角友達になったんだしね」

歌鈴「友達ですか……」

歌鈴「えへへっ、うれしいです!」

朋「ふふっ」

朋「……さて、もうすぐ夕日も沈みそうね」

歌鈴「そうですね……ふふっ、いっぱい話しちゃいました」

朋「ええ」

朋「歌鈴ちゃんと話すの楽しくて……時間が過ぎるのがとっても早かったわ」

歌鈴「私もです」

歌鈴「……って、ああ!」

朋「どうしたの、歌鈴ちゃん!?」

歌鈴「そ、掃除ぜんぜんしてません……!」

朋「ここの?」

歌鈴「はい……急いでしなきゃ!」

歌鈴「えっと……ごめんなさい、朋ちゃん」

歌鈴「今日はここまでということで!」

朋「ううん、大丈夫」

朋「あたしこそ、長話に付き合わせちゃってごめんね」

歌鈴「付き合ってたのは私ですから、大丈夫です!」

歌鈴「あ、それとなんですけど」

朋「ん?」

歌鈴「また、ここに来てくださいね!」

歌鈴「同じ年代の子ってぜんぜんここに来なくて……朋ちゃんが初めてかもしれないくらいなんです!」

歌鈴「私も、本当に朋ちゃんと話すの楽しくて、楽しくて!」

歌鈴「それに、朋ちゃんも心細いかもしれませんし……」

歌鈴「だから、えっと……」

歌鈴「また来てくだしゃ――!」

歌鈴「……」

歌鈴「また来てくださいね!」

朋「……そうね」

朋「また、歌鈴ちゃんと話に来るわ、ふふっ」



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 04:54:42.13 ID:eYenJCTp0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


朋(そんな感じであたしは歌鈴ちゃんと出会った)

朋(あたしの奈良での初めての友達は、歌鈴ちゃんだった)

朋(あたしは中学生で、歌鈴ちゃんは小学生で、普段は出会うことなんてまったくなかったけど)

朋(学校帰りとか、暇な土日とかにいつもこの神社に来て、歌鈴ちゃんと話してた)

朋(……もちろんいつも会えるわけじゃなく、歌鈴ちゃんがいない日だってあったけどね)

朋(だからかもしれないけど、この神社に来て歌鈴ちゃんに迎えられるとなんだかうれしかった)

朋(子犬みたいに駆け寄ってきて……だいたい途中で転んじゃって)

朋(で、あたしが心配して駆け寄るとうれしそうに笑うのよね)

朋(ふふっ)

朋(で、まあ、今日も歌鈴ちゃんに会いに神社に来たんだけど)

朋「……誰かと話してる?」

歌鈴「――」

?「――」

朋「……んー」

朋「どうしよ……話しかけていいのかしら……?」

歌鈴「――ん……あっ、朋ちゃん!」

朋「へっ?」

歌鈴「おーいっ、朋ちゃ――ひゃぁっ!」ステン

朋「わっ!」

朋「ちょっ、大丈夫、歌鈴ちゃん!?」

歌鈴「いたた……あぅ、また転んじゃいましたぁ……」



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 04:55:17.68 ID:eYenJCTp0

朋「大丈夫?」

?「大丈夫か?」

歌鈴「大丈夫です……」

歌鈴「朋ちゃんもお兄さんもありがとううございます……んしょっ」

歌鈴「えへへ、朋ちゃんが来てくれて嬉しいです」

朋「ふふ、よかったわ」

朋「……それで、そっちの人は……?」

朋「お兄さんって呼んでたけど……兄弟?」

歌鈴「違いますよ……私が勝手に呼んでるだけです」

朋「そうなの?」

?「ああ」

T「俺は神社生まれじゃなく、寺生まれのTだ」

朋「寺生まれなのに神社にいるのね……」

T「別にいいだろう」

T「漁師だって牛肉を食べるのと同じようなもんだ」

朋「同じなのかしら……?」



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 04:55:46.67 ID:eYenJCTp0

歌鈴「えっと……お兄さんも、よくここに来てくれるんです」

朋「あたしみたいに?」

歌鈴「はい!」

歌鈴「だから、昔からお話してて……仲良くなって」

朋「それで、お兄さんって呼んでるの?」

歌鈴「私がもっとちっちゃい頃からここに偶に来てくれてましたから」

歌鈴「……その名残です」

朋「へぇ……」

T「まあ、俺の寺も近くにあったからな」

T「社会勉強がてらよくここには来てたんだ」

朋「……勝手なイメージだけど、寺とか神社とかってお互いに不干渉だと思ってたわ」

朋「宗教として違うし」

T「少なくとも俺は違うな」

朋「ふーん」

T「……で、お前は?」

朋「あたし?」

朋「……あ、名前か」

朋「あたし、藤井朋っていうの」

朋「寺生まれでもなく、神社生まれでもない、一般家庭生まれよ」

T「そうか、よろしくな」

朋「うん、よろしく」



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 04:56:13.64 ID:eYenJCTp0

朋「そういや、あたしが来たことで邪魔しちゃったみたいだけど」

朋「さっきまで何の話してたの?」

歌鈴「朋ちゃんの話ですよ?」

朋「へぇ……あたしのねぇ……」

朋「……」

朋「あたしの!?」

歌鈴「はいっ!」

朋「やっ、そんな元気よく返されても……」

T「最近新しい友達ができたんだ――って、たくさん紹介されたな」

歌鈴「いっぱい話しちゃいました!」

朋「……ちょっと、恥ずかしいんだけど」

歌鈴「えへへっ」

朋「えへへ、じゃなくて!」

朋「……というか、歌鈴ちゃんから聞いてたならあたしの名前なんて聞く必要なかったじゃない!」

T「いや、たとえ名前を知ってる相手でも自己紹介くらいしたほうがいいだろ」

朋「そうだけど……そうだけど……!」

朋「うぅ……何言われたのかしら……?」

T「心配するようなことはないと思うぞ」

T「すごく褒めてたから」

歌鈴「すっごく褒めました!」

朋「それはそれですっごく恥ずかしいんだけど!」



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 04:56:48.54 ID:eYenJCTp0

=========================


朋「と、まあ、そんな感じで歌鈴ちゃんと、プロデューサーと出会ったのよ」

茄子「その頃はまだプロデューサーさんじゃなかったんですねー」

朋「ええ、ただの寺生まれだったわ」

芳乃「ただの寺生まれとはなんなのでしょー」

朋「ただの寺生まれよ」

芳乃「まったくわからないのでしてー」

聖「最初から……アイドルに誘われたわけじゃなかったんですね……」

朋「そうね」

朋「あいつに誘われたのはもっとずっと後の話よ」

聖「ずっと後……」

朋「ええ」

朋「……さっきも言ったけど、この後、またあたし引っ越すのよね」



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 04:57:28.25 ID:eYenJCTp0

=========================


歌鈴「二人ともっ、昨日のテレビ見ましたか?」

朋「昨日……?」

T「俺はずっと修行してたな」

朋「修行って……何してたのよ」

T「だから修行だよ」

T「こう……霊を成仏させるために……破ぁ!!!」

朋「きゃっ!」

T「……って感じでな」

歌鈴「す、すごい……光が出た……!」

歌鈴「どうやってやるんですか!?」

T「こうやって、手を出して……破ぁ!!!」

歌鈴「はぁ!!!」

歌鈴「……」

歌鈴「……できませんでした」

T「まあ、修行の末に身に着けるものだからな」

朋「どういう修行したらそんなことできるのよ」

T「寺生まれに代々伝わる修行をしたらできるぞ」

朋「……寺生まれってすごいわね」

T「で、まあ、だから俺はテレビを見てなかったわけだが」

T「朋は?」

朋「あたし?」

朋「まあ、見てたっちゃ見てたけど……どの番組?」

歌鈴「番組……えっと……名前は覚えてないですけど」

歌鈴「アイドルがいっぱい踊ってました!」

朋「あー、じゃああたし見てないわ」

朋「あたし昨日は占い特集の番組見てたわ」

歌鈴「そうですか……」



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 04:57:58.15 ID:eYenJCTp0

歌鈴「昨日、すごかったんですよ、その番組!」

歌鈴「アイドルの人たちが、みんな笑顔で歌ってて、踊ってて!」

歌鈴「すっごいキラキラしてたんです!」

朋「へぇ……」

朋「あたし、あまりアイドルとか見たことないわ」

歌鈴「そうなんですか?」

朋「うん」

歌鈴「うぅ……誰かと語りたかったのに……」

朋「あはは、ごめん」

T「……まあ、時間があったら今度から見てみるよ」

朋「あたしも」

歌鈴「朋ちゃんの見てた占いの番組はどんなのだったんですか?」

朋「んー……まあ、ほとんどは芸能人の今後とか占ってたわね」

朋「あんたは今後売れるとか、あんたはもう駄目だとか、そんなのばっか言ってたわ」

T「面白いのか、それ?」

朋「正直あんまり面白くなかったわね」

朋「……でも、一個だけ面白かったのがあったの」

朋「誰かと誰かの関係が、これからどうなってくのか占う方法を教えてくれたわ」

歌鈴「関係って……こ、恋人とかですかっ!?」

朋「それとか、友情とか……もしくは絶交しちゃうか、とか」

朋「ほとんどおまじないみたいな感じだったけどね……やってみる?」

歌鈴「……や、やってみたいでしゅっ!」

朋「んじゃ、やろっか」



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 04:58:40.98 ID:eYenJCTp0

朋「結果」

朋「あたしたちはずっといい友達でいれるって」

歌鈴「わ、やったぁ!」

T「そうか」

歌鈴「ふふっ、お兄さんと朋ちゃんとずっと一緒にいられるなんて嬉しいですっ!」

朋「……」

T「しかし、信憑性とかあるのか、これって?」

朋「占いなんて当たるも八卦、当たらぬも八卦よ」

T「……まあそうか」

歌鈴「でも、当たるといいですね」

朋「そうね……」

朋「……」

朋「……あのさ」

T「ん?」

歌鈴「どうしたんですか?」

朋「えっと……」

朋「……あたし、また引っ越すことになっちゃったのよね」

歌鈴「えっ……」

朋「滋賀にまた戻ることになったの」

朋「親の都合でね」

T「……いつ?」

朋「一週間後くらいかな」

朋「別に、明日とか、明後日とかにすぐいなくなるわけじゃないわ」

歌鈴「でも、一週間後なんだ……」

朋「……うん」



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 04:59:17.00 ID:eYenJCTp0

歌鈴「……そっか、朋ちゃん、引っ越しちゃうんですね」

朋「うん……」

歌鈴「……」

歌鈴「ふぇ……っ」グスッ

朋「……ごめんね、歌鈴ちゃん」

朋「あたしが、もう少し早く言い出せばよかったのかもしれないけど」

歌鈴「ううん……たぶん、いつに言われてても、悲しくなっちゃってましたから……ずびっ」

歌鈴「折角仲良くなれたのに……ぐすっ」

朋「……」

朋「……ねぇ、歌鈴、T」

朋「あたし、ここから離れちゃうけど……それでもまだ、友達でいてくれるわよね?」

歌鈴「とっ、当然ですっ!」

歌鈴「私たち、ずっと友達ですっ!」

T「それに、ここから滋賀なんて……まあちょっと時間はかかるかもしれないが、北海道やら沖縄やらよりはぜんぜん近いんだ」

T「いつだって遊びにいけるさ」

歌鈴「そ、そうですよっ!」

歌鈴「絶対、絶対、ぜーったい遊びに行きますから!」

歌鈴「ぐすっ……ふぇぇん……」

朋「……」グスッ

朋「あたしも……あたしも、絶対遊びに来るから!」

朋「夏休みとか……冬休みとか……いっぱい遊びに来るから!」

朋「絶対……絶対……っ!」



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 04:59:49.16 ID:eYenJCTp0

===========================


芳乃「ほー……泣いたのでしてー?」

朋「……そりゃ、悲しかったんだもの、泣くわよ」

朋「学校の友達よりも、ずっと、ずっと仲良かったんだから」

茄子「本当にいい幼馴染だったんですね」

朋「ええ、最高の――今だって、最高の友達だと思ってるわ」

芳乃「わたくしたちはー?」

朋「えっ」

芳乃「わたくしたちは最高ではないのでしてー?」

朋「いや、そりゃもちろん、最高の友達で仲間よ」

芳乃「わーいでしてー」

聖「ふふっ」

朋「……で、まあその一週間は3人でお別れパーティとかやったり、ちょっと遠出の旅行したりしてすぐ過ぎて」

朋「引っ越す日はすぐ来ちゃった」

朋「その日も、ぎりぎりのぎりぎりまで3人でいて……」

朋「でも……別れの時間は来ちゃって」

朋「……別れる前も、後も、ずっと、ずっと泣いちゃってたわ」

聖「……」

芳乃「……」

茄子「……」



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:00:15.51 ID:eYenJCTp0

朋「……でも、約束したとおり、あたしたちの親交が途絶えたわけじゃないわ」

朋「宣言どおり長い休みの時に遊びに言ったりもしてたし」

朋「それ以外のときに手紙を送ったりもしてたわ」

朋「携帯を買ったらメールだって、電話だってしてたわ」

朋「……」

朋「でもね」

朋「そのやりとりもだんだんと薄くなっていっちゃったの」

朋「メールも、電話も、だんだんと回数が減ってきて」

朋「長期休みでも会いに行かなくなることも多くなって」

芳乃「最高の友達ではなかったのでしてー?」

朋「最高の友達よ、それは間違いなく」

朋「……でもね」

朋「あたしが受験だったり、歌鈴ちゃんも学校の用事だったり……プロデューサーが修行してたりで」

茄子「プロデューサーさんは修行なんですね」

芳乃「さすてらでしてー」

朋「……まあ、そんな感じで3人で集まることはもうほとんどなかったし」

朋「電話もあんまりしなくなって……メールもすぐに返したりしなくなって……」

朋「あたしたちのつながりってどんどん薄くなってったのよね」

聖「……」

朋「……それでも、手紙だけは欠かさなかったわ」

朋「出すのに時間がかかることはあっても、絶対に返信はしたし、歌鈴ちゃんからも返信が帰ってきてたの」

聖「……あれ?」

聖「プロデューサーさんとは……?」

朋「修行で連絡が取れなかったわ」

聖「……また修行……?」

朋「全国各地に回って霊退治してたそうよ」

朋「だから、どこに連絡を送ればいいかわかんないし……そもそも邪魔になるかもしれないしって感じであいつから連絡があるまでは基本何もしてなかったわ」

朋「……で、まあそんな感じで歌鈴ちゃんとはかろうじてやり取りしてたんだけど」

朋「それも、なくなっちゃって」

朋「どれだけ待っても返信の手紙は帰ってこなくって」

朋「ついに終わっちゃったんだ、って思ったわ」



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:01:05.61 ID:eYenJCTp0

茄子「……その後、どのようにしてプロデューサーさんと?」

聖「プロデューサーさんが会いにきてくれたとか……?」

朋「ううん、あたしが会いに行ったの――」

朋「――歌鈴ちゃんに」

芳乃「……歌鈴殿に?」

朋「ええ」

朋「だって、このままなくなるのはいやだったから」

朋「あたしたちの仲がなくなるのは本当にいやだったから……!」

朋「だから、会いに行ったの、次の長期休みに」

朋「……いつごろだったかしら……高校2年の時だったかしら……」

朋「うん……高校受験で忙しくなる前に、ってその時に行ったの」

朋「もう一度、歌鈴ちゃんに会いに」



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:01:33.19 ID:eYenJCTp0

=========================


朋「……最後にこの辺来たのはいつだったかしら」

朋「昔はいっぱい来てたのに……なんだか懐かしい気さえするわ」

朋「……いや、懐かしいのよね」

朋「この鳥居も」

朋「……」

朋(……境内には誰もいない)

朋(ここをくぐったら)

朋(いつもみたいに、迎えてくれるのかしら……歌鈴ちゃんは……)

朋(もし、歓迎してくれなかったら……)

朋(……ううん)

朋(あたしと、歌鈴ちゃんの仲はまだなくなってないはず)

朋(……)

朋「……よしっ!」

朋「歌鈴ちゃーんっ!」



23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:01:59.68 ID:eYenJCTp0

朋「……」

朋「……」

朋「……あれ?」

朋「もしかして……留守?」

朋「……」

朋「歌鈴ちゃーんっ!」

朋「……」

朋「……」

朋「えぇ……」

朋「結構勇みこんできたのに……正直ここに来るまですごい心臓ばくばくしてたのに……」

朋「完全に空回りじゃない、これ……」

朋「……」

朋「……」

朋「歌鈴ちゃーんっ!」

朋「……」

朋「……」

朋「……どこかで時間つぶしてこようかしら」

歌鈴「何か御用ですか?」

朋「きゃっ!?」



24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:02:53.19 ID:eYenJCTp0

朋「ちょっ、歌鈴ちゃん、どこから!?」

朋「……というか、いたなら返事してよ!」

歌鈴「歌鈴……ああ!」

歌鈴「すいません、私のことだったんですね」

朋「あんた以外に誰がいるのよ……」

歌鈴「ごめんなさい、何分慣れてなくて……」

朋「慣れる……って」

朋「……どういうこと?」

歌鈴「気にしないでください」

歌鈴「それで、何のようですか?」

朋「何のようって……歌鈴ちゃんに会いに来たのよ」

歌鈴「私にですか?」

朋「ええ」

歌鈴「何でですか?」

朋「何でって……友達だからよ」

朋「……ねぇ、今日の歌鈴ちゃん様子おかしいけど、大丈夫?」

朋「あたしのこととかわかる?」

歌鈴「藤井朋ちゃんですよね?」

歌鈴「記憶の中にちゃんとありますよ」

朋「記憶の中にって……」



25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:03:21.48 ID:eYenJCTp0

朋「……なんか、おかしいわね」

朋「もしかして、ニセモノだったりする?」

歌鈴「いえ、私は私ですよ」

歌鈴「ちゃんとあなたの知る歌鈴ちゃんと同一人物です」

朋「本当に?」

歌鈴「ええ」

歌鈴「どこか違うところありますか?」

朋「うーん……」

朋「噛まないし……転ばないし……」

歌鈴「そうでしゅかっ?」ステン

朋「一気にやられたら余計怪しく見えるんだけど」

歌鈴「あら」

朋「あと、妙によそよそしいわ」

歌鈴「……」

朋「あたしたち、友達なんだから……ね?」

朋「いつもみたいにしてくれていいのに」

歌鈴「……」

歌鈴「……ところで、参拝してきませんか?」

朋「……」



26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:03:55.73 ID:eYenJCTp0

歌鈴「お参りする前にちゃんとお賽銭お願いしますね」

朋「……わかってるわよ」

朋(お賽銭……5円でいいかな)

朋「……」シャンシャン

朋「……」ペコリペコリ

朋「……」パンパン

朋「……」ペコリ

朋「……」

朋(……また)

朋(また、昔の関係に戻りたい)

朋(あたしと、歌鈴ちゃんと、Tの3人で楽しかった頃に)

朋(こんなよそよそしい歌鈴ちゃんじゃなくて)

朋(あの頃の歌鈴ちゃんと――)

歌鈴「――いいえ」

朋「!?」

歌鈴「あなたの願い事はそれじゃないはずです」

歌鈴「あなたの願い事は占いがもっと上手になることですよね?」

朋「いや、それもだけど……でも、あたし、やっぱり歌鈴ちゃんとまた仲良く――」

歌鈴「――何も言わなくて結構です、私が見ているのはあなたではなく、あなたの奥底ですから」

朋「は……!?」

歌鈴「では、私の力で占いの的中率をあげてあげましょう」

歌鈴「いえ、100%にしてあげましょう」

歌鈴「神様である私が」

朋「ちょっと、何言ってるの、歌鈴ちゃん!?」

歌鈴「その代わり、お賽銭は5円ぽっちしかもらえなかったので」

歌鈴「それ相応のものになりますが」

朋「何、光って――」

歌鈴「……まあ、もったいぶって少ないお賽銭しか入れなかったあなたが悪いので」

歌鈴「自業自得ですね♪」



27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:04:23.78 ID:eYenJCTp0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


朋「……」

朋「……」

朋「……ん」

朋「……ん?」

朋「あれ、ここは……?」

朋「神社の前……?」

朋「あたし、ここに来て、歌鈴ちゃんに会って……それから……?」

朋「……」

朋「……」

朋「……ぜんぜん覚えてない」

朋「……」

朋「歌鈴ちゃんともどんな話したっけ……?」

朋「……」

朋「歌鈴ちゃーんっ!」

朋「……」

朋「……駄目ね、出てこない」

朋「どうしようかしら……」

朋「……あっ、もうこんな時間じゃない!」

朋「帰るの間に合わなくなっちゃう!」

朋「……」

朋「また今度来るから、歌鈴ちゃんっ!」



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:05:10.51 ID:eYenJCTp0

朋「でも……本当に何の話したんだっけ……?」

朋「話したのは覚えてるんだけど……でも、ぜんぜん思い出せないわ」

朋「うーん……」

朋「何を話したんだっけ……?」

朋「……」

朋「……」

朋「占ったらわかるかしら?」

朋「いや、でも過去のことだし無理かしら……」

朋「うーん……」

朋「……ま、いいわ」

朋「とりあえず、家帰ったらやってみましょ」

朋「そしたら何かわかるかもしれないし」



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:05:50.25 ID:eYenJCTp0

朋「で、まあ家に帰ってきたわけだけど」

朋「何で占おうかしら……水晶玉かな?」

朋「じゃ、これで……っと」

朋「むー……」

朋「むー……っ」

朋「ん……何か見えてきた……?」

朋「もしかして本当に、さっきのあたしと歌鈴ちゃんの……?」

朋「やった!」

朋「今までたくさん水晶玉に向き合ってきたけど、こんなにはっきりと映像がみえたの――」

朋「――って、ここ神社じゃないじゃない」

朋「どこかしら、ここ……どこかの交差点だけど……」

朋「……」

朋「わっ!?」

朋「あ……バスとトラックがぶつかって……うわっ!」

朋「すっごい大炎上しちゃってる……」

朋「えぇ……あたし、あたしと歌鈴ちゃんが見たかっただけなのに……」

朋「それに、ここどこの交差点よ……あたし知らないんだけど」

朋「そうじゃなくてー……別のー……むー……!」

朋「あれー、出てこない……」

朋「さっきは見えたのに……むー……!」



30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:06:19.62 ID:eYenJCTp0

朋「……結局あの後は何も見えなかったわね」

朋「あー……なんだったのかしら、さっきの」

朋「考えても歌鈴ちゃんとのやりとりも思い出せないし……」

朋「……もう、今日はいいや」

朋「あきらめて、テレビでも見ようかな」ポチッ

『臨時ニュースです』

朋「ん?」

『先ほど○○県○○市においてバスとトラックが衝突する事故が――』

朋「ん!?」

朋「あれ、ここってさっき見た場所じゃない!?」

朋「えっ……うわっ、ぶつかる場所とか炎上の仕方とかまで一致してる!」

朋「えっ……うそ!」

朋「あたし……もしかして占いができるようになったの?」

『なお、この事故における死傷者は――』

朋「やっ、やった!」

朋「やったぁっ!」

朋「ずっと、ずっと、占いができるようがんばってきたかいがあったわ!」

朋「……でも、占いたいこと占えたわけじゃないのよね」

朋「うーん……その辺はもうちょっと練習しなきゃできないのかしら……?」

朋「……でも!」

朋「とにかくできるようになったわ!」

朋「ふふっ、嬉しいっ!」



31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:06:53.91 ID:eYenJCTp0

============================


朋「あたしは、自分が未来を占えるようになったことが本当に嬉しかったわ」

朋「だから、何回も何回も同じことができないかがんばってみたの」

朋「毎日毎日、水晶玉とにらめっこして……そして、浮かび上がる映像を見て」

朋「ニュース番組とかで答え合わせして喜んでたわ」

朋「……で、わかったんだけど」

朋「あたしが未来を見れるのは数時間に1回」

朋「しかも、あたしが見たい未来が見れるとは限らなかった」

朋「そして、その見た未来には必ず死人がいた……」

朋「……それが、最初のころのあたしの力だったわ」

聖「……」

朋「……この辺、深く話そうとするとちょっと……ちょっと怖いかもしれないけど」

朋「死人とかもでるし……大丈夫?」

茄子「私は慣れてますから」

芳乃「大丈夫でしてー」

聖「……」

朋「……聖ちゃんは?」

聖「私は……」

聖「……朋さんが……話そうとしてくれてるから……全部聞きたい……けど」

聖「……けど」

芳乃「……聖殿も大丈夫でしてー」ギュッ

聖「芳乃お姉ちゃん……」

芳乃「わたくしが隣におりー、手をつないでおりますゆえー」

芳乃「怖かったらわたくしに寄りそうなり抱きつくなりしてもいいのでしてー」

聖「……」

聖「……うん」ギュッ

聖「芳乃お姉ちゃんがいるから……大丈夫……」

朋「そっか」

茄子「……あら、私はぼっちですね」

朋「あたしと手でもつなぐ?」

茄子「じゃあ遠慮なく♪」

朋「……冗談のつもりだったんだけど」



32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:07:56.88 ID:eYenJCTp0

芳乃「そういえばなのですがー」

芳乃「朋殿は歌鈴殿との会話を忘れたはずではー?」

聖「あ……確かに……」

聖「何で話せたんですか……?」

朋「この後思い出すのよ」

朋「あることが原因で」

聖「あること……?」

茄子「……なんとなくですけど、想像つきましたー」

聖「えっ……?」

芳乃「わたくしもでしてー」

聖「えっ……!?」

朋「まあ、すぐにわかるわよ」

朋「じゃ、まあ続きを話すわ」

朋「……そうね」

朋「まあなんかの物語だと思って、ざっくり聞いて」



33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:08:22.18 ID:eYenJCTp0

===========================


朋「うーん……なんでかしら」

朋「さっき見れたのも交通事故……」

朋「この前見たのはどっかの殺人事件の」

朋「……なんでこう、事件とか事故とかそれ系しか見れないんだろ」

朋「もっと明るい未来だって見たいのに……」

朋「あたしの大学がどこに決まってるかとかさ」

朋「あたしが将来何してるかとかさ」

朋「……」

朋「……やっぱりあたしの技術不足?」

朋「うーん……じゃあ、もうちょっとがんばってみないと」

朋「……そろそろ見れるくらいの時間になったかな?」

朋「じゃ、やってみましょ」

朋「そうね……今日はそれこそあたしが5年後何やってるかとか占ってみましょうか」

朋「むー……」

朋「むー……!」

朋「……あっ、見えてきた!」

朋「……あれ?」

朋「この景色……見覚えのある……」

朋「……」

朋「近所のスーパーじゃん!」



34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:08:55.39 ID:eYenJCTp0

朋「……もしかして、これ5年後だったりするのかな?」

朋「にしてはぜんぜん見た目とか変わってないし……」

朋「……」

朋「……あ、車突っ込んだ」

朋「なんだ……いつもの事故の映像かぁ……」

朋「……」

朋「……えっ、あそこで事故起こるの?」

朋「今、お母さんが買い物に――」

朋「――電話っ!」

朋「……」プルルル

朋「……」プルルル

朋「……!」ガチャッ

朋「もしも――」タダイマデンワニデルコトガ

朋「――っ!」

朋「行かなきゃ!」

朋「行かなきゃっ!」



35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:09:22.74 ID:eYenJCTp0

朋「……はぁ……はぁ……はぁっ!」

朋「も、もうちょっと、ここの角曲がれば」

朋「見えた――」

朋「――あ」

朋「車が……スーパーの入り口に……」

朋「……」

朋「……お母さん」

朋「お母さんは……!?」

朋「……まだ、警察来てなさそうだし、近づけるわよね?」

朋「どこ……どこにお母さんは……?」

朋「外にはいなそうだし……中よね……?」

朋「中にいるんだよね」

朋「吃驚して立ってるのよね」

朋「……そうよね」

朋「この、車の下、とか、そんなこと……」

朋「……ないわよね」

朋「……」

朋「見覚えのあるかばんがそばに落ちてるけど」

朋「……ないわよね」

朋「……」

朋「ないわよね……!」

朋「ないわよね!」

朋「ないわよねっ!」



36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:09:56.19 ID:eYenJCTp0

=========================



朋「……お母さんは死んでたわ」

朋「あたしがもっと早く占っていれば」

朋「もっと早くこの未来を知っていたなら」

朋「たくさん、後悔したけど、戻ってこなかった」

朋「お母さんは戻ってこなかったの」

朋「……」

朋「……以後しばらく、占いはしなくなったわ」

朋「今までは他山の石みたいな感じで」

朋「どこかの交通事故なんて見たって、あたしには関係ないし、みたいに思ってたんだけど」

朋「だからそういった未来を見ても……それこそ映画でも見てるような感覚だったんだけど」

朋「初めて、自分のそばでこんなことが起きて」

朋「初めて、あたしに一番近い人が死んじゃって」

朋「……怖くなったの」

朋「それに後悔もした」

朋「こんなことなら未来なんて見なきゃよかったって」

朋「すっごく、すっごく後悔して」

朋「全部全部捨てちゃおうって思って」

朋「もう二度と占いなんてしないって思って」

朋「……でも、占いは好きだったから捨てられなくて」

朋「取り出すのが本当に面倒なくらい奥底にしまったわ」



37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:10:53.98 ID:eYenJCTp0

朋「でもね、ああいった未来が見れることを知っちゃったからね」

朋「普通に過ごしてても脳裏によぎるようになっちゃったの」

朋「……今未来を見たら、ここに車が突っ込んでくる未来が見えるかもしれない」

朋「ばいばいって手を振ったあの子が明日には殺人に巻き込まれるかもしれない」

朋「仲のよかったあの子が自殺しちゃうかもしれない」

朋「……今までが今まで、誰かが死ぬ未来しか見てこなかったから」

朋「そういった、死が絡むような予想をたくさんしちゃうようになったの」

朋「楽しい毎日を過ごしていても、絶対にどこかでそんな予想をしちゃってたの」

朋「……」

朋「……それが、現実になるようになったのが、私の次の能力」

茄子「現実に……ですか?」

朋「ええ、現実に」

芳乃「……つまりー」

芳乃「仲の良かった子が自殺してしまうかもしれないと考えればー」

芳乃「本当にそうなってしまったとー?」

朋「そうよ」

朋「目の前で人が轢かれたことも何回もあったわ」

朋「知らない人も、知り合いも、友人も」

聖「……」

聖「たとえば、こうなったらいいのに……っていう、明るい予想とかは……?」

朋「……そう考えるようがんばってたし、たまに叶っていたわ」

朋「この試合に勝てますように、とか」

朋「今日のテストでいい点とれますように、とか」

朋「……でも」

朋「やっぱり、ネガティブな予想の方が多くなっちゃうのよね」

朋「それに、思ったこと全部叶うわけじゃなかったのよ」

朋「そんなことになってたら、あたしの知り合いは一人残らずいなくなってたし」

朋「もしかしたら日本が、世界が壊滅してたかもしれないし」

聖「……じゃあ」

聖「その……死んじゃうって予想も……」

朋「全部叶うわけじゃなかったわ」

朋「ただ、叶う確立は高かった」

朋「特に、対象が一人のときなんて、本当に――」

聖「……」



38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:11:41.99 ID:eYenJCTp0

朋「……そんな感じで、あたしのそばで人がたくさん死んだわ」

朋「あたしの友達が3人死んじゃったころから、学校が呪われてるって、登校させない人が増えて」

朋「それでも、死ぬ人は大勢いて、いつしかあたしが疫病神って呼ばれ始めて」

朋「あたしのそばの人がたくさん死んでるから、お前のせいなんだろうって、思われ始めて」

朋「あたし自身もそうなんだって思い始めて」

朋「……誰とも会わないように引きこもったの」

茄子「あら、私と同じですね」

朋「や、洞穴に引きこもったりはしなかったけど」

朋「……ただ、家で、部屋から出ないで」

朋「ずっと、ベッドで寝てて……まったく動かずにいて……このまま死んでしまえばいいと思ってた」

朋「……そう、自分が死ぬ予想なんていくらでもしてたのに」

朋「それは叶わなかったのよね」

朋「強盗殺人されるとか、轢かれるとか、この部屋が爆発するとか、いっぱいいっぱい考えたわ」

朋「……でも、叶うことはなかった」

茄子「……」

朋「……何かを考えちゃうと、また変な予想をしちゃうかもしれない」

朋「だから、あたし普段は寝て、眠くないときはひたすら数字を数える、なんてことやってたわ」

朋「いち、に、さん、よん、ってただひたすら数えるの」

朋「そうしたらきっと、何も考えないですむから」

朋「それで、眠くなってきたら眠る……そうやって、日々をすごしてた」

朋「過ごしたかった」

朋「でも実際は、ご飯を食べたり、お風呂に入ったり、ちょっと体を動かしたり」

朋「引きこもってても、ずっと寝て過ごすなんてできなかったわ」

芳乃「……言い方は悪いのですがー」

芳乃「本当に何もしなければ死ねたのではー?」

朋「そうよね……」

朋「……きっと、きっとね」

朋「こんなに死にたい、と思ってても、あたし、きっと死にたくなかったのよ」

芳乃「……」

朋「……で、そんな感じにすごしてたある日なんだけどね」



39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:12:12.18 ID:eYenJCTp0

===========================


朋「ごちそうさまでした」

朋「朝ごはん、おいしかった……」

朋(部屋からほとんど出ようとしないあたしに、お父さんは毎日ご飯を用意してくれていた)

朋(洗濯もしてくれるし……きっと、掃除だってやってくれてる)

朋(朝も、昼も、夜も)

朋(もう会社にいっちゃったから届かないかもだけど……本当に、ありがとう)

朋(……もし)

朋(もしお父さんが今日――)

朋「!」ブンブン

朋「だめ、そんなの考えちゃ……!」

朋「……」

朋「……でも、お父さんは死なないのよね……あたしと同じように」

朋「何回か考えちゃったことはあるのに」

朋「なんでかしら……?」

朋「あたしに一番近い人だから?」

朋「死んでほしくないって心の底から思ってるから?」

朋「……ううん」

朋「だって、あたし、お母さんも、友達も、死んでほしくなかったもん」

朋「本当に、死んでほしくなかった……未来なんて、占いなんてしなければ……」

朋「……」

朋「……ずっと友達って占ったわね、ずっと前に」

朋「あたしと、歌鈴ちゃんと、Tと、三人で……」

朋「……あ……っ……」

朋(……ふっ、と)

朋(頭の中に映像が浮かんだ)

朋(どこかの道端で)

朋(そこでお腹から大量の血を流してる二人の姿が)

朋(頭の中に浮かんだ)



40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:12:41.94 ID:eYenJCTp0

朋「や……」

朋「いや……」

朋「いや……っ!」

朋「だめ、いやっ!」

朋「うそっ、違う、やだっ、だめっ!」

朋「叶わないでっ!」

朋「ずっと、ずっと考えないでいたのに……考えないでいれたのに……!」

朋「……いや、やだ……二人までいなくなっちゃうなんて……死んじゃうなんて……!」

朋「……そうだ、メール!」

朋「まだ、すぐ、そうなるわけじゃないだから」

朋「だから――」

朋「なんて、なんて送れば……?」

朋「……っ!」

朋「『死なないで』!」

朋「これでっ、届いて、死なないで……死なないでっ!」

朋「お願い……死なないで……!」

朋「お願い……!」

朋「お願い……っ!」

朋「……っ!」

T「死なないさ」

朋「えっ……?」

T「破ぁ!!!」

朋「きゃっ……!?」

朋(光があたしを包んで……!?)



41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:13:21.93 ID:eYenJCTp0

T「ふぅ……これで、大丈夫だな」

朋「え……えっ……?」

朋「なんで……あんた……?」

T「悪い、来るのが遅れた」

T「朋がこんなに傷ついていたのにな」

T「友人失格だ」

朋「友人……」

T「……お前に憑いていたもの」

T「それは神力だ」

T「それが朋に能力を与え」

T「そして悪影響を与えていた」

朋「……」

T「その能力に寄り死んだ魂はすべてその能力を与えた神の贄となる」

朋「だから、あんなに……人が死ぬのばっかり……」

T「……たぶんな」

T「だが、もう取り除いた」

T「これからはそんなことないはずだ」

朋「……」

朋「……もう」

朋「もう、みんな、死なないの……?」

T「ああ」

T「もう大丈夫だ……朋が何を思おうが、何を考えようが」

T「それが現実に影響を及ぼすことはない」

朋「ほんと?」

T「ああ」

朋「ほんとにほんと?」

T「朋のような人を助けるために、修行してきたんだ」

T「ちゃんと取り除けてる」

朋「……」

朋「……ごめんっ、胸、貸してっ」ギュッ

T「おわっ!」

朋「よかった、よかったよぉ……っ!」

朋「もう誰も……っく……死なない……ひっく……のよねっ……!」

T「ああ」

朋「あんたも、歌鈴ちゃんも……ずずっ……死なないのよね……っ!」

T「ああ」

朋「よかった……本当に……ひっく……うわぁぁんっ!」

朋「怖かった……ずっと怖かったの……っ!」

T「……」

T「よくがんばったな」ナデナデ



42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:14:54.93 ID:eYenJCTp0

朋「……落ち着いたわ」

朋「ごめんね……その、服が涙とかでぐしゃぐしゃでしょ」

T「いや、このくらい洗えばいいさ」

T「それより、俺こそ悪かったな」

T「もっと早く駆けつけられれば……」

朋「ううん」

朋「いいの」

朋「今、あんたが駆けつけてくれたことが、本当に嬉しいんだから」

朋「ありがとう……ありがとう、T」

T「……ああ」

朋「でも、なんでこんなところに……?」

T「噂でこのあたりのこと耳にしたんだ……そして、事件のことを」

朋「……」

T「で、これは霊の仕業だと思って、駆けつけたんだ」

朋「そっか……」

朋「……」

朋「あたしね、ずっと寂しかった」

朋「あんたと、歌鈴ちゃんと、交流がなくなって、本当に」

T「歌鈴ともか?」

朋「ええ」

朋「手紙のやりとりもなくなって……本当に全部なくなっちゃったんだって思ったわ」

朋「そんなのいやだから……神社に行って……会いに行って……」

朋「会いに行って……」

朋「……何かをしたのよ」

T「何か?」

朋「ええ」

朋「……なんでか、ぜんぜん思い出せないの」

T「ふむ……」

T「ちょっといいか?」

朋「ん?」

T「破ぁ!!!」

朋「きゃっ!?」



43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:15:30.02 ID:eYenJCTp0

朋「ちょっと、いきなり何するのよ!」

T「どうやら記憶にプロテクトがかかっていたみたいだからな」

T「除去した」

朋「……そんなこともできるの?」

T「修行したからな」

朋「……修行ってすごいわね」

T「……で、どうだ?」

朋「ん……」

朋「神社に行って……歌鈴ちゃんにあって……」

朋「……思い出した……!」

朋「……そう、様子がおかしかったの!」

T「歌鈴の?」

朋「ええ」

朋「なんだかよそよそしいし……噛まないし、転ばないし」

朋「あたしのしってる歌鈴ちゃんじゃなくなったみたいだったわ」

T「……」

朋「それで、その後歌鈴ちゃんに勧められて参拝するんだけど」

朋「二礼二拍して……最後の一礼して願い事を願っているときに歌鈴ちゃんに言われたのよ」

朋「『あなたの願いはそれじゃない。あなたの願いである占いの力をあげよう』っていってたわ」

朋「あと、そう、『神様である私が』とか言ってたわ」

T「!」



44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:15:56.92 ID:eYenJCTp0

朋「……ねぇ、どういうことだと思う?」

T「……おそらく、だが」

T「歌鈴はその身に神をおろしたんだろう」

朋「神様を……?」

T「ああ」

T「体は歌鈴のままだが……おそらくその心はもう歌鈴のものじゃない」

朋「!?」

朋「歌鈴ちゃんのものじゃないって、どういうこと……!?」

T「そのままの意味だ」

T「今あの歌鈴の体を動かしているのは歌鈴じゃなく、神なんだ」

朋「……じゃ、じゃあ!」

朋「歌鈴ちゃんは!?」

朋「もう死んじゃったの!?」

T「……それはわからん」

T「もしかしたらもう神に取り込まれたかもしれない」

T「しかし、もしかしたらまだ神に抵抗しているかもしれない」

T「……実際にあってないことにはわかんないな」

朋「そう……」

朋「……それじゃ、会いに行きましょうよ」

T「ああ、そうだな」

T「……」

T「……ん?」

朋「ん?」



45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:16:23.92 ID:eYenJCTp0

T「会いに行きましょう?」

朋「ええ」

T「朋も行くのか?」

朋「もちろん」

T「……大丈夫か?」

朋「……」

朋「わかんないけど……」

朋「でも、じっとしてるより、動いてた方がいいと思うの」

T「そうか」

朋「ええ」

朋「せっかく自由になれたんだから、好きに動きたいじゃない」

朋「それに、大好きな友達のことなんだから、あたしだっていきたいのよ」

朋「……だめかしら?」

T「……いや、朋が大丈夫ならそれでいい」

T「わかった、一緒に行こう」

朋「やった!」

T「じゃ、俺は外で待ってるから」

T「準備できたら教えてくれ」

朋「はーい」



46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:17:10.70 ID:eYenJCTp0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


T「ついたな」

朋「ついたわね」

朋「すぅ……」

朋「歌鈴ちゃーんっ!」

歌鈴「呼びましたか?」

朋「あら、今回は早く来たわね」

歌鈴「ええ、慣れてきたので」

歌鈴「……ん、今回は?」

朋「この前も会いに来たでしょ?」

朋「変な能力を私に与えてくれたじゃない」

歌鈴「……あら」

歌鈴「プロテクトが外れちゃったのかしら?」

T「いや、俺がはずしたんだ」

歌鈴「あなたは……あ、はい、知ってます」

歌鈴「寺生まれのTさんですよね?」

T「ああ」

T「俺にとってははじめましてだがな」

歌鈴「私は私ですよ?」

T「いいや、お前は俺の知らない神だ」

T「俺のことをTさんって呼ぶお前は知らない」

歌鈴「……」



47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:17:48.55 ID:eYenJCTp0

T「歌鈴の体から離れろ」

歌鈴「いやに決まっているじゃないですか」

歌鈴「それに、私をおろしたのはこの子ですよ?」

歌鈴「勝手におろして、勝手に返すなんて失礼だと思いませんか?」

朋「そんなマナーとかどうでもいいのよ!」

朋「あたしは、あんたじゃなくて歌鈴ちゃんに会いたいの!」

歌鈴「ふーん……」

歌鈴「……そうだ、朋ちゃん、この前の能力は気に入ってくれましたか?」

歌鈴「朋ちゃんの願いをちゃんとかなえられたと思うんですけど」

朋「……っ」

朋「あんな……あんなのっ……!」

朋「ぜんぜんあたしの願いを叶えてくれなかったわ!」

歌鈴「……おかしいですね」

歌鈴「ちゃんと、占いの的中率が100%になるようにしたんですけど」

朋「そうだけど……っ!」

歌鈴「しかも、考えたことを現実にする能力付きで」

歌鈴「予知だけじゃなく予言だって簡単にできるようにしたのに……何が不満だったんですか?」

歌鈴「これでも奮発したんですよ……元の体の友達サービスまでしてあげたのに」

朋「……この力のせいでたくさんの人が死んだわ」

歌鈴「ええ、みんな私の糧となり、力となってくれました」

歌鈴「おかげでさらにたくさんの願い事がかなえられそうです」

朋「……っ」

歌鈴「大体、文句を言うならもっとお賽銭を投げ込めばよかったじゃないですか」

歌鈴「5円には5円分のみみっちくて役に立たない能力しか上げられませんよ」

歌鈴「もっとお金をくれればよかったのに」



48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:21:31.64 ID:eYenJCTp0

歌鈴「でも、友達サービスでたくさん優しくしたんですよ」

歌鈴「朋ちゃんから、糧が得られるように、最低限親のどちらかは残す……なんて細工をしたりしていましたし」

歌鈴「だから、そんな役に立たない能力でも、贄はちゃんと手に入りました」

朋「役に立たない……って」

歌鈴「だってそうでしょう?」

歌鈴「実際に朋ちゃんはそう思いませんでしたか?」

歌鈴「こんな能力なんてなければって」

朋「……」

歌鈴「事故の未来を唯一にする能力が5円分……こんなもんだと思いますけど」

歌鈴「まあお賽銭が1円だったらもっとひどいことになってましたけどね」

朋「……ちょっと待って、唯一に……?」

歌鈴「ええ」

歌鈴「あなたが占えば占うほど事故を起こるんです」

歌鈴「……言い換えると、占って見えた事故の未来は、他に起こりうる未来すべてを消して、その事故の未来だけを起こします」

朋「!?」

朋「じゃ、じゃあ!」

朋「もしかして、あたしが何もしなければ……」

歌鈴「何も起こりませんでしたよ?」

朋「うそ……っ!」

歌鈴「だって、占いが100%あたるようにしなければいけませんでしたから」

歌鈴「未来をひとつにすれば占いがはずれることもありませんよね?」

朋「……じゃ」

朋「じゃ、じゃあ、あたしが……」

朋「あの事故も……あの事故も……お母さんも……!」

朋「あたしが、お母さんを……!」

T「いや、それは違う」ポン

朋「T……」

T「悪いのは全部あいつだ」

歌鈴「あら」



49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:22:34.15 ID:eYenJCTp0

歌鈴「私が全部悪いんですか?」

T「ああ」

歌鈴「朋ちゃんが未来を見なければ何も起こらなかったのに?」

T「制御ができない役に立たない能力を本人の了承なしで勝手に与えたのはお前だろ?」

T「それに、死んだ魂をすべて自分の糧にしてるなんて言うんだ」

T「まるで悪魔だな」

歌鈴「いいえ、神様です」

T「そうか」

T「……まあ、朋に与えた能力の謎も解けたことだ」

T「そろそろ、その体から出て行ってもらうぞ」

歌鈴「どうやってですか?」

T「こうしてさ」

T「破ぁ!!!」

歌鈴「きゃ……っ」



50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:23:40.88 ID:eYenJCTp0

歌鈴「……」

歌鈴「……すごいですね」

T「!」

歌鈴「一瞬、本当にはがされるかと思いました」

歌鈴「まったく、本当にひどい人たちですね」

T「破ぁ!!!」

歌鈴「……っ」

T「破ぁ!!!」

T「破ぁ!!!」

T「破ぁ!!!」

歌鈴「ちょっと……こっちもきついんだから……」

歌鈴「あまり連発しないでくだ……さいっ!」

T「ぐっ……!」

朋「きゃっ!?」

朋(歌鈴ちゃんからの光がTからの光を飲み込んで……!)

T「……だが」

T「だがまだ……!」

歌鈴「……ふぅ」

歌鈴「もう、私まだこの体におりてから日は浅いんですっ」

歌鈴「だから無理させないでくだしゃいっ!」

T「!」

朋「!」

歌鈴「……これ以上やったら、この体のほうがどうにかなっちゃうかもしれません」

歌鈴「いえ、どうにかしちゃうかもしれません」

歌鈴「それでも、まだがんばってその技を使いますか?」

T「……いや」

T「やめておく」

歌鈴「賢明な判断ですね」

T「朋」

T「行こう」

朋「……うん」

歌鈴「あら、参拝はしてくれないんですか?」

朋「結構よ」

歌鈴「残念ですね」

歌鈴「では、さよなら」



51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:24:10.76 ID:eYenJCTp0

朋「……ねぇ、T、大丈夫?」

T「ん、何がだ?」

朋「あんた、無理してるでしょ?」

T「……」

朋「あんたの友達なんだから、それくらいはわかるわよ」

T「そうか」

T「……まあ、あんなに連発したことはなかったからな」

T「気力がどっと減った……あのまま続けてても先に俺が倒れてただろうな」

朋「無理しないでよ」

朋「あんたが倒れたら、あたしすっごい心配するから」

T「ありがとう」

朋「ううん、ぜんぜん」

T「……しかし」

T「まだ、歌鈴は残ってたな」

朋「ええ」

朋「……あんなにわかりやすく噛むなんて思ってなかったけどね」

朋「ねぇ、あれを歌鈴が残ってる証拠ってことにしていいのよね?」

T「ああ」

T「……あの言葉の周辺だけ、声色が歌鈴に近づいた気がしたんだ」

朋「奇遇ね、あたしもよ」

T「……」

T「……あとは、どうやってあの神を除くかだな」

朋「……」

T「正直、今の俺の実力じゃ無理だろう」

T「この先、どれくらい精進すればできるかも到底想像がつかない」

朋「……」



52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:24:38.84 ID:eYenJCTp0

朋「じゃあ、あたしが占うわ」

T「!」

朋「ちょうど、水晶玉も持ってきてるしね」

T「おい、無理しなくていいぞ」

朋「無理なんてしてないわ」

朋「……あたしは、あんたに助けられたから」

朋「その恩返しがしたいのよ」

T「……」

朋「すぅ……はぁ……」

朋「……」

朋(……水晶玉を取り出したものの)

朋(怖い)

朋(また、あんな未来を引き寄せるんじゃないかって)

朋(……あたしのせいで誰かを殺すんじゃないかって)

朋(怖い)

朋「……」

朋「……」

T「……本当に無理しなくていいからな」

朋「大丈夫」

T「お前がさっき俺に言ったように、お前が倒れたら俺はすごく心配するぞ」

朋「大丈夫よ」



53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:25:18.51 ID:eYenJCTp0

朋(……怖い)

朋(怖い、怖い、怖い)

朋(体も震えてきてる)

朋(……でも)

朋(Tの役に立ちたい)

朋(あたしを救ってくれた、Tに恩返しをしたい)

朋(歌鈴ちゃんを助けたい)

朋(あたしの大好きな彼女を、神様から取り返したい)

朋(今、Tは困っている)

朋(歌鈴ちゃんを助ける方法が思い浮かばなくて、困っている)

朋(道が見えなくて困ってる)

朋(……)

朋(先が見えない道の先を照らすのが、占いってもんでしょ……っ!)

朋「……」

朋「見える……」

朋「見えるわ」

朋「……」

朋「……えっ?」

T「どうした?」

朋「いや……えっ?」

T「もしかして、また――」

朋「いや、違うのよ」

朋「ぜんぜん、事故とか事件とか、そんなんじゃないわ」

T「じゃあ……?」

朋「……あたしね」

朋「歌鈴ちゃんを助けたい」

朋「Tに恩返しをしたい」

朋「その二つを考えて占ったの」

朋「いったいどういう道を選べば、この二つの願いを満たせるか、水晶玉に聞いてみたの」

朋「そしたらね」

T「ああ」

朋「……」

朋「……」

朋「あたしが、アイドルやってる姿が見えちゃったんだけど……」



54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:25:55.57 ID:eYenJCTp0

===========================


朋「……と、まあ」

朋「これが、あたしがプロデューサーとであって」

朋「そしてアイドルをやることになった話の一部始終よ」

芳乃「ほー」

茄子「ほー♪」

聖「ほ、ほー……?」

朋「……なによ」

芳乃「二人が勝手に真似しただけでして」

茄子「うふふ、ごめんなさい」

聖「ご、ごめんなさい……やらなきゃいけないのかと……」

芳乃「聖殿はいいのでしてー」

茄子「私はー?」

芳乃「許さんでしてー」

茄子「あら、残念」

芳乃「しかし……朋殿の過去にこのようなことがあったとは知らなかったのでしてー」

朋「まあ、話してないしね」

芳乃「話してくれてもよかったのではないかとー」

朋「……機会がなかったのよ」

芳乃「ほー」

茄子「ほう♪」

聖「ほー……」

朋「もう、それはいいから」

芳乃「わたくしは茄子殿が真似することを許さなかったはずでしてー」

茄子「『ほー』じゃなくて『ほう』ですから真似じゃないですよー」

芳乃「ぐぬぬでしてー」



55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:27:13.17 ID:eYenJCTp0

朋「あたし、占いで見た事故を唯一の未来にする力を持ってたじゃない?」

朋「それと、考えたことを現実にする力」

茄子「みたいですね」

朋「……で、それは全部あいつに取っ払ってもらったんだけどさ」

朋「それでも、みんなみたいに後遺症みたいなものは残るのよね」

芳乃「ふむ」

朋「で、あたしに残ったのは」

朋「未来を占う力」

聖「未来を占う……」

芳乃「普通の占い師でしてー」

朋「……まあ、そうね」

朋「ただ、あたしの場合百発百中なんだけどね」

朋「プロデューサーが言うにはあの神様が占いの的中率が100%になるようにするための能力として与えられたものの後遺症だから、的中率100%という部分が残ったんじゃないかって言ってたわ」

朋「……ここだけはあの神に感謝ね」

茄子「なんだか、デメリットが減っただけみたいに聞こえますね」

朋「というか、実際そうなのよね」

朋「まあ想像したことが現実になることはなくなったけど……あれもあれで不便だったし」

朋「今のこれはトランプとか木の枝とか、何を使ってでも占えるし」

朋「で、百発百中だしね」

朋「ただ、占った内容が変な内容の時だけはちょっと……アレだけど」

朋「でも、別にその未来が唯一の未来になるってこともなくなったから」

朋「回避しようと思えば回避できるはず……たぶん……」

芳乃「……朋殿も茄子殿に負けず劣らずチートでして」

朋「……否定できないわ」

茄子「うふふ、仲間ですね♪」



56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:28:20.61 ID:eYenJCTp0

聖「あの……」

朋「ん?」

聖「朋さんのおかげでプロデューサーさんはプロデューサーを始めたんですか?」

朋「まあ、そうなるわね」

朋「アイドルの準備なんてぜんぜんできてなかったからさ」

朋「プロデューサーは事務所だったり、プロデューサーとしての技能だったりを獲得しに行って」

朋「あたしはあたしで学校を卒業するまでがんばったり……あとはダンス教室に通ってみたりとかして」

朋「卒業後、はれてプロデューサーとなったあいつのもとでアイドルをすることになったの」

朋「……で、その後に芳乃ちゃん、茄子さん、聖ちゃん、の順番で出会ったのよね」

朋「ふふ、歌鈴ちゃんを助けるためにはじめたアイドルで、こんなに仲間ができるなんて思わなかったわ」

朋(あいつのおかげよね、全部)

朋(あいつがいなければ、今頃あたしどうなってたのかしら)

朋(……やっぱり、寺生まれってすごいわ)

朋(改めて、そう思ったわ)

茄子「でも、アイドルになって……その後はどうするんでしょう?」

芳乃「む、確かに」

芳乃「朋殿の占いではどうなっていたのでして?」

朋「……あたしの占いだと、あたしがアイドルになってるのと、歌鈴ちゃんを含めた5人で踊るっていうのは見たけど」

朋「その間は見てないわね……」

芳乃「茄子殿の居場所を占ったときはー?」

朋「あの時は――」

朋「――芳乃ちゃんに占ったとき5人で踊ってたんだから、後2人仲間がいるだろうとおもって、それが誰かを占ったのよ」

茄子「それで、私に会いに来たんですね」

朋「えぇ」

聖「もしかして……私も……?」

朋「ううん、聖ちゃんはたまたまよ、本当に」

朋「きれいな歌が聞こえたから、よっていってその後は……ね?」

聖「そっか……ふふっ……嬉しいです」



57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:28:48.65 ID:eYenJCTp0

朋「アイドル初めて……仲間も4人集まって……」

朋「……占いどおりなら、後は歌鈴ちゃんだけなのよね」

朋「……歌鈴ちゃんと、踊れるのよね」

朋「神とじゃなくて、歌鈴ちゃんと……ふふっ」

芳乃「私に

芳乃「朋殿ー」

芳乃「先ほどのあの話を聞いた後で言うのも申し訳ないのですがー」

芳乃「……次にどうするべきか、占ってみてはー?」

朋「気遣いありがと、芳乃ちゃん」

朋「でも大丈夫、もう占うことに抵抗は……」

朋「抵抗は……」

朋「……」

朋「変な未来がでるのだけは嫌だけど」

茄子「歌鈴ちゃんの前で腹踊りをする未来とか見えたらどうするんでしょうね」

朋「変なこといわないでよ!」

朋「ただでさえ百発百中なんだから、そんな未来でたら絶対にやることになるのよ!」

聖「えっ……」

聖「あ、あの……恥ずかしくて……それは……」

朋「あたしだってやりたくないわよ!」

朋「……でも」

朋「そうね……うん」

朋「そんな未来は嫌だけど」

朋「でも、次どうするかもわかんないし……」

朋「歌鈴ちゃんを助けるための未来……占ってみようかな」






おしまい



58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 05:31:10.14 ID:eYenJCTp0

寺生まれのPさんとか幼馴染なふじともと歌鈴ちゃんとか百発百中のふじともとかよしのんとかひじりんとか茄子さんとか書きたかったのを混ぜた。


誤字脱字、コレジャナイ感などはすいません。読んでくださった方ありがとうございました。



元スレ
朋「百発百中」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1458071365/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月16日 17:18
      • カーチャン・・・
      • 2. 以下、VIPにかわりましてビリー・ザ・キッドがお送りします
      • 2016年03月16日 17:42
      • 百発百中ズキューン!バキューン!
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月16日 17:45
      • (´・ω;)
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月16日 17:52
      • ダブルライト
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月16日 18:13
      • もしかして歌鈴に降りてきた神ってちひr…
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月16日 18:44
      • ※5は散財して全てお金は神の贄となります。
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月16日 18:48
      • なかなかえげつない。
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月16日 19:04
      • 鬼!悪魔!ちひr
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月16日 19:08
      • (落ちてきた植木鉢が)百発百中かと思ったら違う作者だった
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月16日 20:17
      • 俺P「百発百中」(みりあ、千枝、こずえのボテ腹をゲス顔で撫でながら)
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月16日 20:46
      • (タイムマシンで時間をさかのぼり※10に筋肉バスターをくらわせて孕まされる前のみりあたちを救出する音)
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月16日 21:16
      • なかなかえげつない力だよな…
        自分のせいで親がタヒんだとわかったら自さつもんだわ
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月17日 00:24
      • ※9
        神回避するから花瓶命中率0%だろ
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月17日 02:22
      • 歌鈴って境内なら転ばない設定あったと思う。
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月17日 04:38
      • もう例のアレのせいで月が2つ並んでるだけで笑えてくるようになった

        ※14
        境内でもすっ転ぶし神具もぼろぼろ落とすぞ
        転ばないのは「本殿」だけだね
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月17日 04:57
      • ※15
        なるほど、こっちが勘違いしてたみたいですね、ありがとうございます。
      • 17. 以下、VIPにかわりましてシュトロムカイザーがお送りします
      • 2016年03月18日 12:30
      • 一発必中!
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月24日 17:30
      • カリンは神社の中では転んだことがなかったはず
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月25日 00:03
      • 少し上のコメントくらい読めよ
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年07月11日 00:34
      • ※9 ほたるちゃん!!!

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ