TOP

烏丸「小南先輩を騙せたら勝ちだ」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 21:56:04.74 ID:MsezTgztO


烏丸「遊真、修、俺の三人で小南先輩を騙す」

修「ぼ、ぼくもやるんですか?」

烏丸「当然だ。師匠のやることなすことに付き合うのが弟子の役目だ。嘘話で小南先輩を騙す、暇つぶしにはもってこいな遊びだろ」

遊真「オサムは正直者だからな、難しかも」

修「空閑はやる気なのか?」

遊真「折角なので、やらせていただきます」

烏丸「なに、相手は小南先輩だ。余裕をもってやれば簡単だ」

烏丸「俺達三人が小南先輩を騙せたら勝ち、出来なきゃ負け。シンプルでわかりやすいルールだと思いますけど、それでいいですか小南先輩」

小南「あたしがいる前でよくもまあ……!! 騙せるものなら騙してみなさいよ!!」



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 22:00:52.55 ID:MsezTgztO


烏丸「本人の了解も得たということで……。じゃあ遊真、お前からだ」

遊真「一人ずつやるのか。了解了解」

小南「ダマしに掛かってくるってわかってるんだから、ダマサれるわけないでしょ! やるだけ無駄よ!」プンプン!

遊真「一番手空閑遊真、いきます」

遊真「こなみ先輩はブス」

小南「なんですって~!!」ギャオスギャオス!!

遊真「ウソです」

烏丸「ふっ。やるな、遊真」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 22:08:51.81 ID:MsezTgztO


小南「ちょ、ちょっと待ちなさいよ! 今のであたしを騙したことになるっていうの!?」

烏丸「そこまで取り乱せば遊真の嘘に引っ掛かったってことじゃないですか?」

鳥丸「ブスが嘘なら、つまり美人って事ですよ。むしろ喜んでください」

小南「うぐぐ……普通の悪口じゃない……ヒドイわよ」

遊真「こなみ先輩は実際美人だと思います。オサムもそう思うだろ?」

修「え? あ、ああ」

小南「ふ、ふん! 今更取り繕ったって遅いんだから!」プンスプンス!!

遊真「というのもウソです」

小南「コノヤロー!!」ゲシゲシ

烏丸「やるな、遊真」

修「く、苦しいです小南先輩! 空閑が言ってるんですから空閑にお願いします!」




4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 22:18:41.61 ID:MsezTgztO


烏丸「二番手、烏丸がいきます」

修「まだやるんですか!?」ゼェゼェ

烏丸「始まったばかりだろ。じゃあ三人とも視線をこちらに」ガサゴソ

小南「携帯取り出してなにするつもりよ」

烏丸「この画面を見てください」ササッ

小南「なになに?『烏丸京介非公式ファンサイト~~カラスの宿~~』」

小南「」

烏丸「皆さんご存知、俺のファンサイトです」

修(知らなかった)

遊真「ほうほうふぁんさいととな?」

烏丸「俺がボーダーとして活動しはじめて間もなく誕生したこのファンサイトですが」

烏丸「作ったの俺です」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 22:25:33.40 ID:MsezTgztO


烏丸「遊び半分で作ったんですけど、予想を上回る数の登録がありまして。ちなみにこの会員No.000『とりっぴー』が俺です」

烏丸「で、他会員とのやり取りの結果、近々オフ会を開こうかなと……第一次トリガーオフ会を開こうかなと思ってまして」

烏丸「その時に『実は俺が創設者でしたー』とドッキリ仕立てで正体を明かそうかなと思ってるんてすけど」

烏丸「どうでしょうか小南先輩。ウケますかね」

小南「あ、ああああああんたなんてことを!!」ワナワナワナ

小南「あ、あたしの知り合いも何人か会員になってんのよ!? そ、それをあんた……運営は自分ですって……!?」

烏丸「はい。ちなみにそのお知り合いとは誰のことでしょうか」

小南「きt」

修「ちょ、ちょっと待ってください! 今の話ってどこからどこまでが嘘なんですか?」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 22:36:41.13 ID:MsezTgztO


烏丸「運営しているのが俺っていう所と、とりっぴーが俺っていう所だ」

修「え、じゃあそのファンサイトは」

烏丸「実在するサイトだ。俺のファンサイトがあるとか巷で噂だったから探していたら、ありました。別名で登録済み、第一次トリガーオフ会は当然行くつもりだ」

遊真「とりまる先輩は人気者だな」

烏丸「近々公式として世に送り出そうと考えている所だ。運営の人と話しをつけたら入会金とか年会費を設定してがっぽり」

小南「ふん!」バシン!

烏丸「……というのは嘘です」ヒリヒリ

遊真「こなみ先輩また騙されたな」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 22:42:43.53 ID:MsezTgztO


烏丸「さあ、修の番だ」

修「この流れで僕ですか!? む、無理ですよ!」

遊真「オサム、この程度で音をあげているようじゃA級なんて夢のまた夢だぞ」ポン

修「く、空閑……」

修「……そうだな、よし、出来る限り頑張ってみるよ」

小南「A級と一切関係ないことしているからね今」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 22:48:54.71 ID:MsezTgztO


修「三番、三雲修がいきます」

修「あの……ここだけの話……二宮隊長はジンジャーエールが好き、だそうです」ボソボソ

小南「は? なに?」

修「二宮隊長は……ジンジャーエールが好き……です」ボソボソ

小南「……は? ジンジャーエール? ……はいはいウソウソ。嘘ってわかっている以上、騙されないわよ」

小南「そもそもなにそのウソ。ジンジャーエールが好きぃ? 二宮さんが?」

小南「ウソをつくならもっと練ってからにしなさい! それに声が小さい、堂々と話なさいよ! 騙すなら全力でだましにかかる、男なら度胸よ度胸! けど二宮さんがジンジャーエールが好きっていうのは無理があるわね!」バン!



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 22:53:57.48 ID:MsezTgztO


二宮「……」ゴクゴク

小南「はっ」

二宮「……」ゴクゴク プハー

小南「そ、その手に持つのは……!」

二宮「……何を話すのも勝手だが、ジンジャーエールが好きで悪かったな。あと声が大きい。周りに駄々漏れだ」スタスタスタ

小南「あわ、あわわわわ! あ、あの、ち、ちが」

烏丸「やるな修。事実を語りながらそう思わせない話術、修だからこそできる芸当だ」

烏丸「ある意味騙されたということで、我々の三連勝。誇るべき勝利だ」

烏丸「じゃあ俺バイトがあるんでお先失礼します」スッ



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 22:57:22.59 ID:MsezTgztO


村上「空閑、話は終わったか?」

遊真「あ、むらかみ先輩。今終わったところ」

村上「ランク戦やるんだよな? カゲも待ちくたびれてるから急いでくれ」

遊真「了解。じゃあオサム、行ってくる」スッ

村上「小南、あんまり声を荒げないほうがいいぞ。周りもほら、注目していたから。じゃあ、また」

 <オセーゾチビィ!! スマンスマン

修「……」

小南「……」

修「……本部のロビーでじゃなくて、玉狛に帰ってからやればよかったですね」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 23:01:25.81 ID:MsezTgztO


唯我「はーっはっはっは! 三雲くん、待たせてしまったかな!?」

修「あれ、唯我先輩?」

唯我「今日も特訓に付き合ってほしい、と小耳にはさんでね! ボク自ら迎えに来たという訳さ!」

修「え? いや、別に今日は」

唯我「さあ、ボクを見習ってもっと強くなってみたまえ! このA級1位、唯我尊を見習ってね!」グイ!

修「あの、あ、わ、行きます行きます! す、すいません小南先輩ぼくもお先に失礼します!」スッ

唯我「それより、あの貧乏人のファンサイトがどうとか言っていたけど、詳しく聞かせてもらおうか」テクテク

修「え? え~っと、ぼぐもよくわかっていないというか……」

 メガネクンニメイワクカケテンジャネエ!! イタイ、イタイデスイズミセンパイ!!

小南「……」



小南「……」





18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 23:06:26.84 ID:MsezTgztO



小南「……」

小南「……」

小南「……何やってんだろあたし。帰ろ」スッ

木虎「……」

氷見「……」

小南「はっ」ビクッ!


                
 この後滅茶苦茶木虎とか氷見から質問攻めされる小南だった


                 
                    END




19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 23:09:37.33 ID:MsezTgztO

那須さんと小南の絡み合いがみたいです……終わり



元スレ
烏丸「小南先輩を騙せたら勝ちだ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1457700964/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月12日 01:19
      • 小南先輩ポンコツ可愛い
        こんなアホの子なのにやればできる子でさらに可愛い
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月12日 01:30
      • 小南先輩なら騙してやれそう
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月12日 01:38
      • もうちょいキャラを掴もうや
        とりまるもオサムも別人やで...
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月12日 04:57
      • やたらと騙したがるアニメ風烏丸

        小南も学校行けば猫被ってる騙す方の人間だったんだなあ
      • 5. 以下、VIPにかわりまして射手の王がお送りします
      • 2016年03月12日 10:44
      • ぬるいSS書きやがって...
      • 6. 以下、VIPにかわりましてタバコ好きがお送りします
      • 2016年03月12日 23:42
      • ※5はっはぁ!よォ二宮!!
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月13日 00:08
      • ※6
        ちょっとマテ。笑い方が完全にランバさんなんだけどお前誰だ
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月13日 09:11
      • ※7ヒント 立方体でタバコ好き21歳
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月13日 11:37
      • 控えめに言ってかなり面白い
        ワートリss少ないから嬉しい
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月14日 10:08
      • あーボルボロスで気化して小南パイセンの服の下に入った後液化して肌に張り付く雫になって重力に従って肌を滑りたい
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月14日 19:04
      • ※10のレベル高杉

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務