TOP

【セブンスドラゴン】アイテル「最近タケハヤが相手してくれない」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/09(水) 23:07:53.64 ID:yOLEhZMv0

セブドラSSです

とりあえず2020からスタートです

若干キャラ崩壊注意で



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/09(水) 23:11:46.15 ID:yOLEhZMv0

~2020年 都庁会議室~

エメル「は?」

エメル(突然妹から相談があるというので聞いてみたら、そんな言葉が飛び出してきた)

アイテル「聞いてましたか?姉さん?」

エメル「あ、すまん・・・もう一度言ってくれ」

アイテル「だから・・・」

アイテル「最近タケハヤがあいてをしてくれない、と言ったんです」

エメル「・・・・・」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/09(水) 23:18:19.52 ID:yOLEhZMv0

エメル「アイテル、まず1ついいか?」

アイテル「どうぞ」

エメル「今は非常事態だ、まだドラゴン共がこの星を闊歩しているのだからな」

アイテル「わかっています」

エメル「それにここには政府の重鎮も沢山いるんだ、この会議室の使用許可とるのだって容易ではないのだぞ」

エメル「だから、あまり下らない用なら私は帰・・・」

アイテル「これは大事な事なんです!」ドン!

エメル「」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/09(水) 23:23:21.74 ID:yOLEhZMv0

エメル「あのな、私もお前ももういい歳(ガチで)なのだからそんな事で駄々を・・・」

アイテル「でも・・・」シュン

エメル「・・・・ちなみに聞くが、相手とは遊び相手の事か?」

アイテル「いえ・・・夜の相手ですけど?」

エメル「帰る」

アイテル「待ってください姉さん!」ガシッ



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/09(水) 23:27:39.88 ID:yOLEhZMv0

エメル「離せ!私はお前の惚気話を聞きに来たんじゃない!」

アイテル「だからこれは重要な事なんです!」

アイテル「姉さんがドラゴンを殲滅したいのと同じ位に!」

エメル「!」ピク

アイテル「姉さんなら・・・わかりますよね?」

エメル「・・・話してみろ」

アイテル「ありがとう姉さん・・・」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/09(水) 23:32:37.13 ID:yOLEhZMv0

アイテル「渋谷にいた時は毎日といっていいほど行っていたのに・・・」

エメル「う・・・もう胃が痛くなりそうだ・・・」

アイテル「こっちに避難してきてからは3日に1度・・・今では週一に・・・」

エメル(十分だろ・・・)

アイテル「どう思いますか?」

エメル「今は避難所生活だろ?周りの目とか気になるんじゃないか?」

アイテル「それはありません、皆さんも私達の関係は理解してくれてますから」

エメル(何やってんだSKYイイイイイイ!!!)



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 00:14:01.74 ID:TFAGUf2I0

アイテル「まぁこの前は声のボリュームあげ上げすぎて皆寝不足になってダイゴに注意されちゃいましたけどね♪」テヘペロ

エメル(よくやったぞダイゴ・・・流石SKYのお母さん・・・)

アイテル「とにかく!このままじゃ私どうにかなっちゃうかもしれません!」

エメル「確かに私達がどうにかなったらヤバそうだしな・・・」(ガチで)

エメル「何か心当たりとかないのか?」

アイテル「そう言われても・・・最近夜遅く出かけてる事位しか・・・」

エメル「・・・・・それじゃね?」





12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 00:23:54.89 ID:TFAGUf2I0

アイテル「それ・・・とは?」

エメル「アイツはどこへ行くかとかお前に言ったのか?」

アイテル「いいえ・・・」

エメル「お前にすら言わずに出かける・・・この意味はただ一つ・・・」

エメル「誰かとこっそり会ってるんじゃないか?」

アイテル「そ、それって・・・・う、浮気!?」ガビーン!

エメル「ま、あくまで可能性だがな」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 00:27:41.91 ID:TFAGUf2I0

アイテル「そ、そんな・・・タケハヤが浮気なんて・・・アリエナイアリエナイ・・・・」ガタガタ

エメル(動揺してるな・・・)

アイテル「姉さん!」ガシッ

エメル「な、何だ!?」

アイテル「誰なんですか!?私のタケハヤを誑かそうなんて罪深い女は!?」

エメル「知らん!あくまで可能性の話だ!」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 00:31:18.26 ID:TFAGUf2I0

アイテル「こうなったらここの女性に片っ端から聞いて回るしか・・・」

エメル「まぁそれが確実な方法だろうな」

アイテル「まぁドラゴン憎し一筋の姉さんはないとして・・・」

エメル「おい!」

アイテル「まずは身近な人から聞いてみよう・・・」

アイテル「それじゃ姉さん、私はこれで・・・」

バタン

エメル「・・・・・」

エメル「今日はもう寝よう・・・」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 00:39:46.74 ID:TFAGUf2I0

~SKY居住区~

アイテル「ただいま・・・」

ネコ「あ、アイテルお帰り~」

ダイゴ「タケハヤならいないが・・・何かあったのか?」

アイテル「そう・・・丁度よかった」

ネコ「どういう事?」

アイテル「ネコ・・・ちょっと聞きたい事が・・・」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 00:46:46.90 ID:TFAGUf2I0

ネコ「アタシに?何かな?」

アイテル「最近タケハヤが私に内緒で出かけてるんだけど・・・何か知らない?」

ネコ「う~ん・・・知らないな~」

アイテル「本当に?」

ネコ「ホントだよ!それに今アタシもちょっと大変な事に・・・」

アイテル「大変な事?」

ダイゴ「父親の事で・・・な」

アイテル「ああ・・・」(そういえば13班がその事で奔走してたっけ・・・)

アイテル「そう・・・ごめんね変なこと聞いちゃって・・・」

ネコ「ううん、気にしないでいいよ」



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 06:25:18.61 ID:TFAGUf2I0

アイテル「それじゃ私は行くとこあるから・・・じゃあね」

タタタ・・・

ネコ「行っちゃった・・・どうしたのかな?」

ダイゴ「さぁな・・・しかしこれはあいつらの問題・・・俺達は見守るしかないかもしれん・・・」

ネコ「そうだね・・・でも困ったら相談に乗るからね~」

ダイゴ「ああ・・・」

ダイゴ(しかしタケハヤは何を・・・)



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 19:25:44.48 ID:TFAGUf2I0

~ロビー ショップ前~

アイテル「こんにちは」

レイミ「いらっしゃいませ~おや、アイテルさんですか」

アイテル「繁盛してる?」

レイミ「お陰様で、所でこの間ご購入された「夜のお供セット」は役立ってますか?」

アイテル「とても役に立ってるわ」キラキラ

レイミ「それは良かったです☆」



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 21:10:02.74 ID:TFAGUf2I0

アイテル「でも最近タケハヤが相手してくれなくて・・・」

レイミ「あらら・・・」

アイテル「何か知らない?」

レイミ「皆目見当もつきませんね~」

アイテル「そう・・・邪魔したわね」

レイミ「いえいえ、今後ともウチの商品を御贔屓に~」

アイテル「ええ、それじゃ」

タタタ・・・



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 21:34:48.78 ID:TFAGUf2I0

ケイマ「ったく・・・貴重なDzで何作ってんだよ・・・」

レイミ「まぁいいじゃないですか、時には娯楽も必要ですよ」

ワジ(私の所からも超絶倫ドラゴン幼体ドリンクを買って行ったとは言えんな・・・)

レイミ「おや、新たなお客さんが・・・いらっしゃいませ~」

??「すまんが、この素材で作って欲しいモンがあるんだが・・・」

レイミ「あ、あなたは・・・」



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 21:40:09.53 ID:TFAGUf2I0

~自衛隊駐屯区~

アイテル「こんにちは・・・」

リン「君は・・・珍しいなここに来るなんて」

アイテル「あなたに聞きたい事があって・・・」

リン「私に?」

アイテル「ええ、最近タケハヤと何かなかった?」



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 21:44:23.77 ID:TFAGUf2I0

リン「タケハヤ?何かあったかな・・・う~ん・・・」

アイテル「思い出して」

リン「あ、そういえば・・・」

アイテル「!」

リン「昨夜スカイラウンジで一緒に飲んでたな」

アイテル「!!?」



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 21:49:13.37 ID:TFAGUf2I0

アイテル「あなただったのね・・・」

リン「へ?」

アイテル「タケハヤをかどわかした女狐はあなただったのね!」

リン「何を言って・・・」

アイテル「返して!私のタケハヤを返して!!!」

リン「お、落ち着け!」



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 21:56:14.16 ID:TFAGUf2I0

リン「昨夜はたまたま席が近かっただけだ、それ以上は何もない!」

アイテル「本当?」

リン「本当だ!軍人は嘘をつかん!」

アイテル「信じていいのね?」

リン「勿論だ」

アイテル「・・・・疑ってごめんなさい、その真剣な目をみればわかるわ」

リン「いや、わかってくれればいいんだ」




29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 21:59:36.42 ID:TFAGUf2I0

アイテル「実はタケハヤが最近素っ気なくて・・・」

リン「そうだったのか・・・」

アイテル「他に何か知らない?」

リン「そういえば・・・」

アイテル「?」

リン「今朝13班と会話しているのを見たぞ」

アイテル「!」



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 22:06:31.54 ID:TFAGUf2I0

リン「そのまま外へ・・・って聞いてるのか?」

アイテル「まさか13班と・・・逢引きなんて・・・」

リン「クエストオフィスの前だったからクエストの受注だと思うが・・・」

アイテル「こうしてはいられない・・・貴重な情報ありがとう!」

タタタ・・・

リン「おい!何か大変な事になりそうだな・・・」



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 22:11:27.36 ID:TFAGUf2I0

アイテル「タケハヤ・・・13班の誰がいいの・・・」

アイテル「サムライ?あの綺麗な黒髪に惹かれたの?」

アイテル「それともデストロイヤー?あの太股が魅力的なの?」

アイテル「サイキックのナイスバディにメロメロなの?」

アイテル「まさかあの狙ってるとしか思えないハッカーのゴスファッションがいいの?」

アイテル「っと、そうこうしてる内に着いたわね・・・」



32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 22:15:50.16 ID:TFAGUf2I0

~ムラクモ本部~

バァン!

アイテル「失礼するわ!」

キリノ「わっ!」

ミイナ「アイテルさん・・・どうしたんですか?」

ミロク「目が血走ってるぞ・・・」



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 22:18:46.69 ID:TFAGUf2I0

アイテル「そんな事より、13班は何処?」

ミイナ「さっき帰ってきたんですけどすぐに出て行きましたよ」

ミロク「タケハヤと一緒にな」

アイテル「やっぱり・・・タケハヤぁ・・・」グス

キリノ「な、何があったんだい?」



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 22:21:47.34 ID:TFAGUf2I0

アイテル「タケハヤが浮気してるの・・・13班と」

キリノ「いや、彼に限ってそれは・・・」

アイテル「じゃあ何で私に内緒で出かけるの!?」

キリノ「そ、それは・・・何でだろうね?」

ミイナ「キリノ焦ってますね」

ミロク「こういうの苦手そうだもんな・・・」



35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 22:26:32.33 ID:TFAGUf2I0

キリノ「と、とにかく浮気なんて何かの間違いじゃないかな?」

アイテル「タケハヤタケハヤタケハヤ・・・・」ゴゴゴ・・・

キリノ「ひいい!何か凄いオーラが出てる!?」

キリノ「その辺の帝竜なんか目じゃない位の威圧感が・・・」

アイテル「タケハヤ・・・」

トボトボ・・・

ミイナ「行っちゃいましたね・・・」

ミロク「大丈夫なのか?アレ」



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 22:33:00.27 ID:TFAGUf2I0

キリノ「どうしよう・・・13班に連絡・・・いや彼等でもどうにかできる問題じゃ・・・」

ミイナ「動揺しまくってますね・・・」

キリノ「ああナツメさん・・・こういう時あなたならどうしますか?」



~東京タワー~

人竜ミズチ「クシュン!寒いわね・・・成層圏に近いからかしら・・・」

ミズチ「ああもう13班!寄り道してないで早く来なさいよね!」


アオイ(幽霊)「うぷぷ・・・鼻水垂れてる・・・相変わらず恥ずかしい女だね~♪」



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 22:46:54.62 ID:TFAGUf2I0

~数時間後 SKY居住区~

タケハヤ「今帰ったぜ」

ネコ「あ!タケハヤやっと帰ってきた!」

タケハヤ「?」

ダイゴ「実は大変なことになってな・・・」

タケハヤ「一体何があったんだ?」



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 22:49:25.85 ID:TFAGUf2I0

ダイゴ「あれを見てみろ」

タケハヤ「ん?」チラ

アイテル「タケハヤタケハヤタケハヤタケハヤタケハヤタケハヤ・・・・・」ブツブツ

タケハヤ「あ、アイテル!?どうしたんだよ!?」

ネコ「戻ってからこの調子なんだよ~どうにかしてよ!」



40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 22:52:31.06 ID:TFAGUf2I0

タケハヤ「おい、アイテル?」

アイテル「・・・タケハヤ?」

タケハヤ「ああ俺だ!一体どうした?」

アイテル「タ~ケ~ハ~ヤ~」ゴゴゴ・・・

タケハヤ「な、何怒ってんだよ・・・」



41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 22:57:46.75 ID:TFAGUf2I0

アイテル「私という者がありながら・・・他の女にうつつをぬかすなんて・・・」

タケハヤ「な、何の事だよ・・・」

アイテル「ネタは挙がってるの、言い訳はできないよ・・・」

タケハヤ「ネタ?」

アイテル「きょ、今日は13班と・・・1日中外出してたって・・・」

タケハヤ「13班?」

タケハヤ(ああ、アレか・・・)



42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 23:00:42.02 ID:TFAGUf2I0

タケハヤ「お、落ち着けアイテル・・・実はな・・・」

アイテル「バカ!」ポカッ

タケハヤ「痛っ!」

アイテル「バカバカバカ!タケハヤのバカー!」ポカポカ

タケハヤ「だから痛いっての!」



43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 23:07:34.86 ID:TFAGUf2I0

アイテル「タケハヤにとっては女なんて沢山いるんでしょうけど・・・」

タケハヤ「な、何言って・・・」

アイテル「私にはタケハヤしかいないの!あなたのいない人生なんて嫌なの!」

タケハヤ「アイテル・・・」

アイテル「だから・・・私から離れないでよ・・・私の傍にずっといて欲しいの・・・」

アイテル「うう・・・うえええええええん・・・」ポロポロ

タケハヤ「・・・・・」



44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 23:10:04.53 ID:TFAGUf2I0

タケハヤ「ったく、しゃーねーな」

アイテル「うう・・・ヒック・・・」グス

タケハヤ「アイテル、少し目閉じてな」

アイテル「え・・・こう?」キュッ

タケハヤ「おし、ちょっと待ってな・・・」ゴソゴソ

アイテル(何してるんだろ・・・)



45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 23:11:52.95 ID:TFAGUf2I0

タケハヤ「もういいぞ」

アイテル「何なの一体・・・」パチ

タケハヤ「ほれ鏡」スッ

アイテル「これは・・・髪飾り?」

ダイゴ「ほう・・・」

ネコ「綺麗だね~」



46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 23:15:36.39 ID:TFAGUf2I0

アイテル「これ・・・どうしたの?」

タケハヤ「ほら、今日は俺達が出会った日だろ?」

アイテル「そ、そうだったっけ?」

タケハヤ「だから何かプレゼントしようと思ってな・・・最高の素材で作ったモンだぜ!」

アイテル「もしかして・・・これを作る為に出かけてたの?」

タケハヤ「ま、まぁな・・・」



47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 23:19:28.75 ID:TFAGUf2I0

タケハヤ「この素材が中々レアなマモノからしか取れなくてな・・・中々苦労したぜ」

ネコ「水臭いじゃん」

ダイゴ「言えば俺達も協力したのだが・・・」

タケハヤ「これは俺がどうしてもやり遂げたくてな・・・」

タケハヤ「でも中々上手くいかなくて・・・13班に依頼しちまった・・・」

アイテル「それが・・・今朝の事・・・」



48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 23:21:23.37 ID:TFAGUf2I0

タケハヤ「ああ、お前には迷惑かけちまったな、すまねぇ」

アイテル「もう・・・」ギュッ

タケハヤ「お、おい・・・」

アイテル「バカなんだから・・・えへへ・・・」スリスリ

タケハヤ「はは・・・」ナデナデ



49:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 23:23:45.21 ID:TFAGUf2I0

タケハヤ「よし!これから出会いの記念パーティといこうぜ!」

ネコ「いいね~」

ダイゴ「腕が鳴るな」

SKYメンバー達「よっしゃー!!!」

タケハヤ「13班とかも呼んでこいよ!盛大にやろうぜ!」

アイテル「皆・・・ありがとう・・・」



50:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 23:27:00.12 ID:TFAGUf2I0

~パーティ開始~

ネコ「それじゃ皆・・・カンパーイ!」

全員「カンパーイ!」

ワーワー!

リン「この料理美味いな・・・誰が作ったんだ?」モグモグ

ダイゴ「・・・俺だ」

リン「え・・・」

ネコ「ダイゴはSKYのお母さんだからね~」

ダイゴ「茶化すな」

リン(可愛いエプロンだな・・・)



52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 23:30:08.04 ID:TFAGUf2I0

キリノ「しかしこんなに沢山の食材は・・・」

タケハヤ「開発班に髪飾りの依頼出した後に13班と1狩りしてな」

アイテル「そこまでやってたのね・・・」

タケハヤ「ありがとな、アイテルも喜んでくれたぜ」

レイミ「それほどでも~」

ミイナ「はい13班、お酌してあげます」

ミロク「ず、ずるい!俺もやる!」



53:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 23:53:25.88 ID:TFAGUf2I0

タケハヤ「なぁアイテル」

アイテル「?」

タケハヤ「お前には俺しかいないのかもしれねぇけどさ」

タケハヤ「こうやってお前の為に集まってくれた」

タケハヤ「ダイゴも、ネコも、SKYの奴らも、13班達も・・・」

タケハヤ「それにその柱の影で寂しく飲んでる奴もな」






エメル「・・・・フン」グビグビ

アイテル「姉さん・・・」



54:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 23:56:27.94 ID:TFAGUf2I0

タケハヤ「俺達は家族だ、全員な」

タケハヤ「そういうのも、悪くないと思うぜ?」

アイテル「そうだね・・・でも」

アイテル「私はやっぱりタケハヤが1番かな」

タケハヤ「おいおい・・・」



55:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 23:59:10.24 ID:TFAGUf2I0

アイテル「ねぇタケハヤ」

タケハヤ「ん?」

アイテル「今夜は寝かさないからね、溜まった分は、返してもらうから」

タケハヤ「」

アイテル「うふふ・・・楽しみ」



56:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 00:02:55.65 ID:ltI3mb+L0

それから、人竜ミズチを討伐し、真竜ニアラ、真竜フォーマルハウトの襲撃も、13班を中心とした人々の奮闘で退けた

しかし、それによって犠牲となった人々も多い、アイテルの姉、エメルも・・・

そして、彼女達は・・・・・



57:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 00:05:17.60 ID:ltI3mb+L0

~あれから長い年月が過ぎた とある場所~

人類戦士タケハヤ「・・・・・・・」

アイテル「タケハヤ・・・やっと戦いは終わったのよ・・・」

アイテル「だから、ゆっくり休んでね」

アイテル「私の愛しいタケハヤ・・・」



58:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 00:09:53.43 ID:ltI3mb+L0

アイテル「それにしても・・・・・」

アイテル「これってある意味緊縛プレイじゃない?」

アイテル「ヤバイ・・・そう考えると震えてきた・・・」ゾクゾク

アイテル「ちょっと町へ繰り出しましょう・・・」

人類戦士タケハヤ「・・・・・・」



59:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 00:12:41.90 ID:ltI3mb+L0

~東京~

アイテル「ふぅ・・・大部この町も穏やかになったわね・・・」

アイテル「この平和は沢山の犠牲の上に成り立ってるというのに・・・」

アイテル「ここは・・・本屋かしら・・・」

アイテル「ちょっと覗いていきましょう」



60:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 00:16:14.18 ID:ltI3mb+L0

~本屋~

アイテル「ふむふむ・・・」ペラ

アイテル「まさかこんな夜の楽しみ方があるなんて・・・」

アイテル「タケハヤ・・・これからも退屈しないで済みそうよ」

アイテル「うふふふふふ・・・・・」




ミオ「あれ、あの本屋で笑ってる子って・・・・・」

~おわり~



61:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 00:17:58.32 ID:ltI3mb+L0

これで終わりです

セブドラは命の儚さを教えてくれるゲームでした・・・

それと次回のPXZにタケハヤかだれか参戦してくれる事を密かに願ってます



元スレ
【セブンスドラゴン】アイテル「最近タケハヤが相手してくれない」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1457532473/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月11日 12:33
      • トリスタ「…」
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月11日 12:44
      • ロイゼをフレンド煮出せやコラ
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月11日 13:22
      • エメルアイテルが病みすぎて最終的にああなると思うともうね
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月11日 13:48
      • セブドラのSSは個人的に大歓迎
        しかしこの作品のドラゴンって戦力高いよね
        TNT換算で80メガトンクラスのレールガン撃ってきたりするし
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月11日 15:19
      • 7竜SSなんて初めて見たわ

        ※3 初代から危うかったけどな、あの二人
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月11日 15:41
      • ※5 VFDの未来編が初代の数十年後だから初代がかなり病んでるのは当然なんだよなぁ…
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月11日 16:25
      • 2020の東京が一番平和なお話してるよなあ
        アトランティスは滅ぶしエデンは胸糞な国多いし
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月11日 16:42
      • 2020は楽しかったなあ。飽き性の自分が2周した数少ないゲーム。
        あの2等身チビキャラが飛び跳ねる楽しげなPVからのエグいシナリオ展開にはビビったわ。
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月11日 18:29
      • セブドラは良キャラにも容赦ないからつらい

        2020とVFDしかやった事ないがどっちも後半の展開でガチ泣きしたわ
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月11日 18:37
      • 恥ずかしい女だかなんだか
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月11日 19:29
      • 2020Ⅱは前半すら胸糞だったな、いつものアメリカ過ぎて
        リアルの世界の警察気取ってた頃の胸糞アメリカをあの滅びかけた世界でもしでかすんだもん
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月11日 23:19
      • 初代からやってないんですが千人砲を超える胸糞イベントはないやろーwwwwwwww....ないよね?
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月11日 23:34
      • ※12 初代知らないけどほぼ全員死ぬイベントがありましてね
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月12日 00:26
      • 初代から全部やったぜ
        2020-2の使い回しっぷりには萎えたけど、見捨てないで3やってよかった

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務