TOP

村上巴「またまた子守り、じゃと?」

関連記事:
【モバマス】巴「子守り、じゃと?」
関連記事:巴「また子守り、じゃと?」
関連記事:巴「子守り……。いや、子か?」
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/04(金) 23:00:58.96 ID:Tdg69TsTO

巴「ふん…、ん……」ペラッ

P「お、巴、何読んでんだ?」

巴「んー? 料理のレシピが載っとるやつ」

P「へー……。あ、エビチリ、俺エビチリ食いたい」

巴「エビチリ? これまた手間のかかりそうなもんリクエストするのう」

P「でな、俺エビチリはエビチリでもエビがてんぷらみたいに揚げてあって、それを炒めたやつ!」

巴「細かぁわ! エビフライでも食いよれ!」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/04(金) 23:07:18.53 ID:Tdg69TsTO

薫「へー? エビフライー? かおるも食べたーい!」

P「なー! エビフライ食べたいよなー!」

薫「うんっ!」

P「作ってー!」
薫「つくってー!」

巴「薫、こっち来ぃ」

薫「なーにー?」

巴「ほれ、耳ふさいじゃろう」

薫「きゃー! 聞こえなーい!」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/04(金) 23:15:12.05 ID:Tdg69TsTO

巴「すぅ……」

巴「じゃかぁしいわボケェ!!」

P「うげっ……」

薫「おわったー?」

巴「おう、オトナの癖にわがまま言いよるPは説教したけん」

薫「もー、せんせぇ! わがままはよくないんだよー!」

P「はーい……」

巴「おう、それでええんじゃ」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/04(金) 23:25:11.26 ID:Tdg69TsTO

ガチャッ

友紀「プロデューサー、そろそろ次のお仕事に行く時間じゃなーい?」

薫「あ、友紀ちゃん!」

友紀「おー、薫ちゃーん! おいで!」

薫「とーう!」ピョンッ

友紀「うぃー! 捕まえたー!」ダキッ

巴「仲ええのう、お前ら2人は」

友紀「えへへー! たかいたかーい!」

薫「わー!」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/04(金) 23:31:55.26 ID:Tdg69TsTO

ポキッ

友紀「どゅっ!? ちょ、プロデューサー、パス……」

薫「ふぇ? せんせぇがだっこー?」

P「よいしょ。ど、どうした?」

友紀「ひ、肘が、肘が鳴った……」

薫「友紀ちゃん、大丈夫……?」

友紀「うん、いけるいける……」

巴「あーあー、調子に乗って勢いつけてやるけぇじゃろうに」

P「本当に大丈夫か? ほら、とりあえず次の雑誌のインタビューは問題ないだろうけど、接骨院かなんか行くぞ」

友紀「うーい……」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/04(金) 23:39:54.46 ID:Tdg69TsTO

P「じゃ、友紀を病院に連れて行くから、薫と留守番頼むわ」

巴「おう」

薫「友紀ちゃーん……」

友紀「うん、大丈夫大丈夫! 心配しないで!」

薫「そう? じゃ、お仕事頑張ってねー! いってらっしゃーい!」

バタン

巴「ふう、行ったか」

薫「えへへ! 巴ちゃんとお留守番だね!」

巴「おう、まあ帰ってくるまでおとなしゅうしとこうや」

薫「えへへー! 巴ちゃんあそぼー!」

巴「お、おい…、引っ張らんこうに頼むわ……」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/04(金) 23:51:13.96 ID:Tdg69TsTO

薫「ふふー! ねーねー、なにして遊ぶ!」

巴「んー? そもそも今時の子供は何して遊びよんじゃ?」

薫「巴ちゃんもこどもでしょー? えっとねー……、鬼ごっことかかなー」

巴「ふむ、ウチが小学生の頃はクラスの連中がよくやりよったわ」

薫「後はねー、ボール遊び!」

巴「ほう、それもクラスの連中がぶつけあって遊びよったのう」

薫「……巴ちゃんは?」

巴「……ウチは混ざったこたぁない」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 00:04:33.02 ID:RVz7RohLO

薫「でも、今はお留守番だもんね。お部屋でできる遊び……。うーん……」

巴「……ならば、久々に折り紙でもするかのう」

薫「あー! 折り紙ー! かおるね、また鶴折りたいなぁ!」

巴「よしよし、じゃあそれでもするか。……ようにおなごらしい遊びじゃって」

薫「でも、折り紙どこに閉まってたっけ?」

巴「確かに、Pがどこぞにしまいよったが……。どこじゃったかいね」

薫「たしかねー……、あ! あっちのタンス!」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 00:12:59.46 ID:RVz7RohLO

巴「で……」

薫「タンスの、上から2番目の引き出し……」

巴「たわんわ……」

薫「……え?」

巴「ん? いや、たわんって、そうじゃろう?」

薫「たわん、ってなーに?」

巴「……は!? いや、たわん、はたわんじゃろうに!」

薫「たわん? たわんたわーん! あはは! なんだかおもしろーい!」

巴「たわんって、通じんのんか……?」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 00:18:38.94 ID:RVz7RohLO

薫「ねーねー! たわんってなーにー?」

巴「えーと…、手がたわん……。とどかんっちゅう意味の方言なんじゃが……」

薫「えー? とどかない、はとどかないだよー!」

巴「じゃ、じゃが! ウチの周りじゃあたわん以外を使うとるもんを見たこたぁないんじゃ!」

薫「かおるも、たわんなんて言ってるの、留美お姉さんと美波お姉ちゃんしか知らないなー」

巴「ああ…、同郷のメンツが……」

薫「けど、そんな意味だったんだね! かおる、賢くなったかなぁ!」

巴「……おう」ナデナデ



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 00:24:57.99 ID:RVz7RohLO

巴「ウチは今の今まで、たわんは標準語じゃと思いよったが……」

薫「違ったねー、へへぇ!」

巴「うーん、あたぁのう……。すいばり、とかどうじゃ?」

薫「……? なぁに、それー?」

巴「青血やら、傷がはしる、やら」

薫「な、なんか、全部痛そう……」

巴「そりゃあすまん。じゃが、ウチが標準語じゃあ思うて使いよったんも全部方言なんかのう……?」

薫「うん、たまーに巴ちゃんが喋ってる言葉、わかんない時があるもん」

巴「ほ、ほんまかいね……」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 00:36:15.57 ID:RVz7RohLO

薫「……折り紙、たわんないね」

巴「たわんのうや……」

薫「他になんか遊べる物あったっけー?」

巴「まあ、この事務所にゃあみんなが色んなもんをえっと持ってくるけぇ困らんじゃろう」

薫「えっと……?」

巴「ん? 何を詰まりよんじゃ?」

薫「巴ちゃんこそ、えっとー……、って」

巴「言っとらん言っとらん」

薫「言ったよー! えっとってー!」

巴「……ん?」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 00:44:17.03 ID:RVz7RohLO

巴「いや、ウチの言ったえっとと薫の思っとるえっとの意味は違うと思うんじゃが……」

薫「うーん、それってー?」

巴「ウチの言ったえっと、はな? たくさんとか、多いとか、そういう意味なんじゃが……」

薫「えー!? たわんはなんかこー、たわないよぉー! って感じがするからわかるけど……」

薫「えっとは全然わからないよー!」

巴「なんでじゃ! えっとはこう……!」

巴「こう…、なんでじゃろうかのぅ……」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 00:58:18.29 ID:RVz7RohLO

巴「あ、そうじゃ。ほら、ケーキやらがえっ…、ぎょうさんあったなら……!」

薫「あ! えっとー、えっとー……、って言いながら悩むね!」

巴「そうじゃ! じゃけえ『えっと』って言うんかも知れんな!」

薫「うん! かおるも今度からえっとって言おうー!」

巴「おう、みんなが言やぁいつか標準語になるじゃろうて」

薫「楽しみだねー! えへへぇ!」

巴「……じゃが、今日はこんなにもかるちゃーしょっくを受ける事になるたぁのぉ……」

薫「うーんと……。えっとびっくりしたー?」

巴「おう……。ほんま、えっとのう……」



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/06(日) 01:45:06.11 ID:SBvg1fN6O

薫「んーと、後は何して遊ぶー?」

巴「んー、じゃあ、ほれ。まゆ姐さんの編みもんの毛糸をちぃと拝借して……」

薫「あ! あやとりー?」

巴「おう、薫はあやとりやった事あるか?」

薫「んーん、いっつもぐちゃくちゃに絡ませてお終いかなー」

巴「ふふん、ならばウチのあやとりの腕前を披露しちゃろう」

薫「見せて見せてー!」

巴「ほれ、まずはこれが基本の形。これに指を紐にかけて……」

薫「うわぁー……! 指が生き物みたーい!」

巴「どの紐にどの指がかかるかを考えて、絡まらんように……」



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/06(日) 02:08:19.48 ID:SBvg1fN6O

巴「ほれ、四段はしご」

薫「わあぁー! すごいすごーい!」

巴「んで、いっぺん崩して、こんだぁ……」

薫「わ、わ! 早い!」

巴「ほれ、橋」

薫「すごーい! こんなふくざつなのにー!」

巴「あ、指が外れてしもうた……」

薫「あっ……」

巴「なんてな。そこに中指を入れてちょいと引っ張っちゃったら、ほれ、亀じゃ」

薫「わあぁー……!」



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/06(日) 23:43:32.87 ID:SBvg1fN6O

巴「んで、ここをこうにぃして……。最後は飛行機」

薫「ふぁー……! 巴ちゃんってすごいね! あやとりできるんだもん!」

巴「そがぁにたいそういたしいもんでもないで? どの指をどの紐にかけるかを覚えりゃあ……」

薫「いま、なんて言ってるかわかんなかった……」

巴「……えーと、そんなに全然難しい物じゃないよ? じゃ」

薫「わかんないよー……」

巴「……ウチの喋り方、ちぃとキツイんかの……」



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 02:10:30.96 ID:yIMV4N4e0

薫「うーん、でも、あやとり楽しかったー!」

巴「ふむ、それはええ事じゃって」

薫「はぁー、ちょっとお腹すいたな……」

巴「お、ちょうどよくおやつの時間じゃのう。いつもの戸棚になんかあったじゃろうか……」

薫「あ! かおる見てくるねー! えへへー! おせんべあるかなぁー?」

巴「お、煎餅がええのう。醤油の硬いんを熱い茶と共に……。たまらんでよ」

薫「あー……」

巴「ん? どうしたんじゃ?」

薫「おやつ、何もなかった……」

巴「ま、まあそがぁな日もあるけぇな……」



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 18:33:31.97 ID:yIMV4N4e0

薫「あーん! なにかおやつ食べたいよー!」

巴「んー、確かどこぞの棚にホットケーキの粉があったはずじゃが」

薫「ホットケーキ!? かおる、ホットケーキ食べたい!」

巴「おうおう、久しぶりに焼いちゃろうかの」

薫「えっとね、たしかー……。ほら、あったよー!」

巴「お、こがぁな所にあったんか。んじゃ、ちぃと待っとりんさいね」

薫「はーい! ねーねー、焼くところ見てていーい?」

巴「おう、けど危ないけん触っちゃけんで」



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 18:44:30.56 ID:yIMV4N4e0

巴「ま、ホットケーキは簡単に作れるけぇええよのう。粉に牛乳と卵いれてかき混ぜるだけじゃあ」

薫「あー! かおるが混ぜるー!」

巴「ほれ、粉のダマが残らんようにしっかりの」

薫「うん! んしょ、んしょ……!」

巴「その間にフライパンを温めて、濡れたふきんに乗せていっぺん冷ましてから……」

巴「ほれ、ようかき混ぜたか?」

薫「うん!」

巴「よし、じゃあ貸してみぃ。今から焼いちゃるけんの」

薫「やったー! 待ちきれないなぁー!」



29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 21:26:06.45 ID:gw6K6biYO

巴「じゃが1枚目はええ具合に焼けんけえのぅ」

薫「でもかおる、巴ちゃんが作ってくれるから食べるよ!」

巴「ふふ、嬉しい事言ってくれるのう。じゃあ、生地を入れるぞ」

薫「じゅぅー…、って! いいにおいー……」

巴「焦がさんようにせんと……」

薫「かおるも! かおるもやってみたい!」

巴「んー? じゃあ2枚目は薫に焼いてもらおうかのう。ま、今はよう見よきんちゃい」



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 21:55:35.22 ID:gw6K6biYO

巴「さて、ひっくり返して…。うーん……、いまいち焼き色が微妙じゃのう」

薫「でもでも、美味しそうだよ?」

巴「じゃけんもっと美味げなもん焼いちゃるけんな?」

薫「うんっ!」

< prprprpr……

薫「あ、電話ー」

巴「んー? 誰からじゃろうか。事務所のもんからじゃったら出にゃいけんよのう」

薫「いってらっしゃーい……」



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:19:17.11 ID:gw6K6biYO

薫「…………」

薫「……かおる、ひとりでできるかな?」

薫「出来たら巴ちゃんにすごーい、って褒めてもらえるかも!」

薫「うん! 頑張るぞー!」

薫「えっと、火を点けるには……。こう?」

カチャッ カチャッ ボッ!

薫「わっ!? 点いた!」

薫「えっと、今度はフライパンを……」



32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:23:25.42 ID:gw6K6biYO

ーーーーー……


巴「おう、わぁった。無理せんこうに湿布はっておとなしゅうしとれよ?」

巴「ああ、んじゃ。待ちようるけんね、はよ帰ってきんさ……」

< ガシャンッ!

巴「ん! なんの音じゃ!? す、すまんが切るけんの!」

巴「か、薫!? いったいどしたんじゃら!?」

薫「あっ、えっと、ね……」

巴「……ふぅん」

薫「フライパン、落としちゃった……」

巴「…………!」



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:32:02.16 ID:gw6K6biYO

巴「……こら! 薫! 危ないけぇ触っちゃぁいけん言うたでしょうが!」

薫「ごめんなさい……」

巴「もし怪我でもしたらどないするんね! アイドルが、おなごが傷物になってしもうたら、人前に出るんもやれんようになるんじゃけんね!」

薫「ひっく…、うわぁぁん……! ごめんなさぁいぃ……!」

巴「……はぁ。ほら、抱っこしちゃろう」ギュッ

薫「ふえぇぇん……! とも、ともえちゃんに…! 怒られてぇ……! かおる…、の、こと……! ぐすっ、きらいになっちゃったぁ……!」

巴「んー? なっとらんけぇ安心しんさいね」ナデナデ

薫「でも、でもぉ……。うぅ……!」



35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:37:53.92 ID:gw6K6biYO


巴「ふふ、ええか? ウチはな、薫に怒ったんじゃのうて、薫を叱ったんじゃ」ナデナデ

薫「ひっく…、しかる……?」

巴「おう、叱る。怒る、とどう違うかわかるか?」

薫「うぅん……」

巴「怒る、はな? 相手の事が好きになれんけぇ、気に入らんけぇその時の気分に任せて声を荒げるんじゃ」

巴「けど、叱るはな? 相手の事が大好きじゃけぇ、相手の事を想って、何がどういけんかったんかを教えちゃる事じゃ」

巴「じゃけんウチは怪我しちゃいけん言うちゃったじゃろう?」

薫「ひっく…、うん……」



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:46:13.47 ID:gw6K6biYO

巴「……はぁ。ま、挑戦してみるんはええ事じゃ」

巴「じゃけん今度からはウチやらPやら、誰かと一緒にやる事。ひとりでやるんはもうちっと大きゅうなってからじゃ。ええね?」

薫「ぐすっ……、うん!」

巴「さて、今友紀らぁからそろそろ帰るゆうて電話も来たし、みんなの分も焼いちゃろうかの!」

薫「わぁ! みんなでおやつだね!」

巴「よし! じゃあ薫、友紀の分を焼いちゃりんさい!」

薫「……! わかった!」

巴「ウチが綺麗に焼けるようにしっかり教えちゃるけんね!」

薫「うん! お願いしまー!」



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:55:45.67 ID:gw6K6biYO

ーーーーーーー………


P「ただいまー」

友紀「やっほー! 帰ったよー」

薫「あー! ふたりとも、おかえりなさい!」

友紀「おっ、ちゃんとお留守番できたー?」

薫「うん! 巴ちゃんにしかられちゃったけど、ちゃんと焼けたよ!」

P「……ん?」

友紀「しか……、え? 焼けた?」

薫「ねーねー! 早くおやつにしよー!」

友紀「お、おっけー! だから右手は引っ張らないでー……」



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 23:01:54.70 ID:gw6K6biYO

巴「おう、おかえり」

P「え? なんだこれ、やけに豪勢じゃないか!」

巴「フルーツの缶詰と生クリームを泡立てて、洒落た感じに仕上げてみたんじゃ」

友紀「うわぁー! 巴ちゃんすごーい! 女の子みたい!」

巴「お前にはウチが男に見えとるんか? あァ?」

友紀「あの、ごめんなさい……。こんな女の子らしい女の子みたいにデコれるとは、思わなくって……」

巴「……まったく。失礼なやっちゃのう」

P「そうだぞ、巴も下着はピンクの可愛い感じのやつで……」

巴「この焼けたフライパンで殴っちゃろうか……?」

P「ひいぃ……」



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 23:18:52.77 ID:gw6K6biYO

巴「ま、ともかく、そろそろおやつの時間になるで」

P「じゃ、食うか!」

「「「いただきまーす!」」」

薫「あのね! 友紀ちゃんのは薫が焼いたんだよ!」

友紀「ほんと! じゃあ、あむっ!」

薫「……!」

友紀「んー! 美味しー! 薫ちゃんホットケーキ焼くの上手ー! 今度また薫ちゃんに作ってもらおっと!」

薫「えへへ! 一緒に作ろうね!」

P「あいつも案外子供の面倒見るの得意だよなぁ」

巴「感性が子供に近いけん、その点が親しみやすいんじゃろうのう」



40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 23:27:17.52 ID:gw6K6biYO

巴「……で、Pよ」

P「ん?」

巴「お前の分はウチが焼いちゃったんじゃが、どうじゃ……?」

P「ああ、そりゃあもちろん……」

P「美味しいよ。ありがとうな」

巴「ふふっ…! そうか、ほうか……!」

P「いつもこんな事押し付けて悪いな、いつか埋め合わせは取るよ」

巴「んーん、ウチはいちいち見返りを求めるようなこまい器じゃあないけん、そがぁに気ぃ使わんでええ」



41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 23:35:58.76 ID:gw6K6biYO

巴「……じゃが、Pがどうしてもっちゅうんなら、その……」

巴「いっぺんくらい、でぇと、ゆうんもしてみたいかの……」

P「……ああ、その時は巴に可愛い洋服を選んでやろう」

巴「ほんまか? ウチに似合うええのを選んでくれぇよ?」

P「おう! ひらひらのワンピースとか、もっと女の子らしい服をな!」

巴「……ま、お前が選ぶもんならウチも文句は言わんよ」

P「……なら、水着とか下着も選ぼうか」

巴「調子に乗るな!」

P「ごめん……」

巴「……まったく、お前は」

巴「ずっと、面倒でもみちゃらんと不安じゃのう……。ふふ……♪」






元スレ
村上巴「またまた子守り、じゃと?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1457100010/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 00:50
      • 田作りと子作り
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 00:53
      • 巴ママは私の母になってくれる女性だ!(確信)
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 00:55
      • 巴薫良いな。あと晴薫も好き。
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 01:44
      • いまだに1人あや取りが出来るぜ
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 03:35
      • すまない…子守りが子作りに見えてしまって本当にすまない…
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 03:44
      • ママァー!
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 06:41
      • 子作りに見えた。ケジメします。
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 06:52
      • 何でPは下着の色を知ってるんですかねぇ…?

        ホットケーキミックスは一回で使い切らないと虫が沸くから気いつけや
        それで亡くなった人も居るらしいし
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 07:12
      • パンパンッ!
        (※5と※7にトカレフを撃ち込む音)
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 07:34
      • この人たぶん市内より西のひとかな?方言のイントネーションがうちの周りと似とる
        少なくとも呉の人間じゃあなさそう(廿日市在住より)
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 07:43
      • 巴と晴に甘やかされながら、「わくわく動物コスプレショー」をやらせたい……
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 07:53
      • 一応薫の趣味は料理なんだけども、どのぐらいの腕前なのかな
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 08:51
      • ※8
        前作をみてみるんだ!目覚めるぞ
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 09:40
      • でもこのシリーズのPはユッキと付き合ってそうな感じがするんだよな
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 11:37
      • ちひろさんどうかお嬢に声を…
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 14:44
      • ※13
        このシリーズで一番の神回でしたわ
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 17:36
      • みりあママ、桃華お母様、巴母さん……。

        僕には三人の母がいて幸せです。
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 18:30
      • 巴おぜうはママ属性だったのか。
        伊達にユッキの子守してねーなー。
      • 19. 以下、VIPにかわりましてカイザがお送りします
      • 2016年03月08日 19:46
      • 巴は俺の母親になってくれる女だし、俺を救ってくれる女だからな。薫ちゃんも懐くのは当然じゃないかな(巴の衣服にアイロンを丁寧に掛ける音)
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 23:03
      • 管理人さん、調べたらこの一個前は夜の子守りとかいうのがあったぞ!
        まとめて下さいお願いします!
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月09日 14:42
      • 薫はやっぱり好きになれないな...
        どうしても子供すぎる。
        あ、握撃さんは好きです。
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月09日 21:02
      • タイトルが子作りに見えた
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月09日 21:47
      • 巴の姐御に(ホットケーキの)粉…?
        シノギかな?

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ