TOP

【艦これ】地獄艦娘3

関連記事:【艦これ】地獄艦娘
関連記事:【艦これ】地獄艦娘(あきつ丸ver.)
関連記事:【艦これ】地獄艦娘2(不知火ver.)
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 13:43:47.80 ID:GzkBVPol0

ケッコンカッコカリ


それは高練度艦娘と提督をより深く結ぶ絆。


夕立「いよいよだね。おめでとう吹雪ちゃん」

吹雪「う、うん……ウェヘヘヘ」

睦月「吹雪ちゃん、よだれよだれ」


初のケッコンカッコカリを間近に控えたこの鎮守府は、お祝いムード一色に染まっていた。


長門「吹雪。浮かれるのもいいが、お前はこれから艦隊の顔として皆を引っ張っていく立場にあるのだぞ」

吹雪「は、はい、ごめんなさい」


※【吹雪睦月等が出ますが、あきつ丸Verとの接点はありません】




2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 13:45:03.86 ID:GzkBVPol0

金剛「Hey、ナガモン。今は堅いこと言いっこ無しネー」

睦月「そうですよー。提督さんが戻ったら嫌でも忙しくなるんだしぃ」

長門「む……確かにそうだな、済まない吹雪。あと金剛、誰がナガモンだ」

吹雪「あははは…」

夕立「でも、提督さんもせっかちっぽい」

睦月「書類と指輪が届くのを待ってられないからって、自分で大本営まで取りに行くなんてねー」

長門「全くだ。おかげで事務仕事が進まなくて困る」

夕立「それだけ愛されてる証拠っぽい?」

吹雪「そ、そうかな……フヘヘヘ」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 13:46:38.60 ID:GzkBVPol0

金剛「ブッキー、正妻の座は譲りますが私も2号さんとしてよろしくデース」

吹雪「うぇえ!?」

長門「こらこら」

金剛「右手にテートク、左手にブッキーでまさしく両手に花ネー!」

夕立「それは無理っぽい?練度的に次のお嫁さんは睦月ちゃんで、3番目は夕立だから」

金剛「Nooooo!テートクを口リコンの道に走らせてはいけまセーン!」

夕立「あたし、改二でナイスバディになったから口リコンでもないっぽい?」

金剛「ムキ―!!!」

長門「夕立、金剛を煽るな」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 13:48:06.36 ID:GzkBVPol0

青目蓮「…いやはや、微笑ましい光景ですねー」

愛乳道「うふふ、私も昔を思い出すわ」

飯女「そういえば愛乳道さんはケッコン艦だったんですよね?」

愛乳道「ええそうよ。艦娘として、女として一番充実していた時だったわ。短い間だったけど」

胸童「へぇ~、ちょっち興味あるなぁ」

青目蓮「その話、ぜひ聞かせてください!できれば夜の生活を中心に…」

ほっぽ「ワロワロ! エ口カメラ! ヨケイナセンサク スルナ!」

胸童「す、すんまへん姫!」

青目蓮「エ口カメラって…」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 13:49:43.29 ID:GzkBVPol0

愛乳道「あら、いいのよ?遠い昔の話なんだから」

ほっぽ「オネエチャン…」

愛乳道「そんなに大層な話じゃないわ。提督に愛された艦娘の中で、最初に選ばれたのが私だったの」

飯女「そこはあの娘と同じですね」

愛乳道「新婚生活は本当に幸せだったわ。果てしなく続く、厳しい戦いの最中だってことを忘れるほどに…」



だけどその平和は、ほんの些細なことで脆くも崩れ去ってしまったわ。


普段通り自室で二人っきりの夕食の後、私は食器の片付けを、あの人はのんびりTVを見ていたのだけど…


突然立ち上がったかと思うと、いきなり『やっぱり駆逐艦は最高だー!』とか叫びだしたの。


そしてあの人は、次の日から駆逐艦たちとジュウコンを繰り返し始め、私の存在は忘れ去られてしまった。


青目蓮「Oh…」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 13:51:07.60 ID:GzkBVPol0

長い長い月日が過ぎたある日、朽ち果てそうな私の元に、他の鎮守府への転属命令が来たの。


…嬉しかった。もうその頃にはあの人のことなんてどうでも良かった。ただ、海へ出られる喜びが全てに勝っていた。


私は行き先も聞かず、装備も持たずに飛び出し、沖へ沖へと進んで行ったわ。


途中で深海棲艦からの攻撃を受け、大破状態になったけど何も気にならなかった。


当然よね?私の心はとっくに壊れていたのだから。


やがて深海棲艦も何かを察したのか、いつしか攻撃は止み、私は力尽きるまで走り続けて沈んでいった。


…場所?確かサーモン海域のあたりだったかしら。



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 13:53:00.92 ID:GzkBVPol0

青目蓮「あの、ものすごく大層な話だと思うんですが」

愛乳道「そお?よくあることじゃない」

飯女「ないです。  …ないです」

愛乳道「ここからの方がちょっと凄い話だと思うんだけど」

胸童「ちょ、まだ続きあるんかい!」

愛乳道「轟沈した私はそれ以来、近づいた艦を誰彼構わず惑わせて襲う祟り艦になったわ。艦娘、深海棲艦を問わずにね」

飯女「し、深海棲艦ですら無いのですか!?」

愛乳道「数え切れないほどの艦を沈めた頃、私のいる海域は呪われた場所として誰も来なくなった。そんな時だったわ、お嬢に会ったのは」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 13:54:40.24 ID:GzkBVPol0

胸童「まさか、お嬢にもケンカ吹っ掛けたんか?」

青目蓮「いやいや、さすがにそれはないでしょー」

愛乳道「仕掛けたわよ?速攻で返り討ちにあったけど」

胸童「え゙」

飯女「なんと恐れ多い…」

ほっぽ「オネエチャン コワイモノシラズ」

愛乳道「そしてボロ負けして消えそうだった私に『ついて来れば、あなたに本当の地獄を見せてあげる』と言ってくれたわ。私はその言葉に惹かれ、お嬢に仕えることにしたの」


青目蓮(これ、お嬢だけじゃなく愛乳道さんも怒らせない方が良さそうですね)

胸童(せ、せやな…)



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 13:56:10.94 ID:GzkBVPol0

愛乳道「さあ、お喋りはこれくらいにしてお仕事に行きましょうか」

ほっぽ「ウン ほっぽガンバル!」

胸童「いや、姫は鎮守府に行けへんやろ」

飯女「ふふっ、ほっぽちゃんはお嬢とお留守番しててね」

ほっぽ「ム~ ツマンナイ」



青目蓮「ところで、提督さんが見ていたTVってどんなのだったんですか?」

愛乳道「えっと、私はよく知らないんだけど、カレー回がどうとか」

青目蓮「あっ…(察し)」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 13:57:40.59 ID:GzkBVPol0

さて本編―


睦月「ここが吹雪ちゃんの新しい部屋かぁ」

夕立「いいなぁ。あたしも専用の個室欲しい!」

吹雪「で、でも一人の時はちょっと寂しいかも」

金剛「心配ナッシング!テートクが留守の時は、私がこうやって添い寝してあげるデース!」

吹雪「ひゃああっ!」

夕立「金剛さん、それ押し倒してるだけっぽい」

吹雪「……あれ?」

睦月「吹雪ちゃん、どうしたの?」

金剛「ど、どこか痛かったデスか?」

吹雪「ううん、そうじゃなくて……シーツが濡れてるみたいなんです」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:00:02.49 ID:GzkBVPol0

金剛「どれどれ?オゥ、これはいけまセーン」

吹雪「枕も湿ってるみたい」

夕立「雨漏りしてたっぽい?」

睦月「でもここ数日、雨は降ってなかったよね」

吹雪「下着まで滲みてきちゃった。着替えは、っと」


替えのシーツと下着を探そうとする吹雪だが、その動きは途中で止まった。


夕立「吹雪ちゃん、これって…」

金剛「Heyブッキー。ケッコン前で気合いが入るのはわかりますが、これは少し派手すぎまセンか?」

吹雪「ち、違うの……これ、私の下着じゃない!」

睦月「えっ、どういうこと?」


吹雪に突如襲いかかった災い。だが、これはほんの始まりに過ぎなかった。



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:01:42.12 ID:GzkBVPol0

長門「ふむ、つまり鍵をかけていたにも関わらず、何者かが侵入した形跡があると」

夕立「形跡どころじゃないっぽい」

金剛「古い下着が盗まれ、おニューに入れ替わってたデース」

睦月「シーツが濡れていたのも、誰かの涎の跡みたいにゃし」

吹雪「こ、怖い…」

金剛「ワタシにはわかりマース。これはテートクの仕業デース!」

夕立「ぽい!?」

睦月「およ?」

長門「金剛、なぜそう思う?」

金剛「セクシーランジェリーはブッキーへのサプライズ。そして勢い余って枕とシーツをクンカクンカしてしまったに違いありまセーン!」

夕立「提督さん、変態っぽい?」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:02:52.89 ID:GzkBVPol0

吹雪「そんなはずありません!司令官は純白が好k…じゃなくて、荷物を入れたのは昨日なんですよ!?」

金剛「ホワッツ!?」

睦月「提督は数日前から大本営に行ってるよね」

長門「アリバイは完璧か……ならば鍵を入手できそうな者。つまり先日まで同室だった睦月と夕立が怪しくなるな」

夕立「異議あり!」

睦月「わ、私たちはそんなことしにゃいし!」

長門「慌てるな。可能性を一つ一つ挙げているだけだ」

吹雪「で、でも、鍵は肌身離さず持ってたはずだし…」

夕立「吹雪ちゃん、これ見て!ドアが壊されてるっぽい!」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:05:02.22 ID:GzkBVPol0

長門「む……ロック部分だけを切断されてるようだな」

金剛「これではブッキーが鍵をかけても無意味デース」

睦月「じゃあ、睦月たちの疑いは晴れた?」

夕立「逆に、誰でも出入りできるっぽいー」

吹雪「そ、そんな……一体誰が?」

長門「とりあえず提督が戻るまで、夕立と睦月が吹雪の護衛をしろ」

金剛「Yes!今はこの二人が一番信頼できマース」

夕立「うん、吹雪ちゃんはあたしたちが守るっぽい!」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:06:13.10 ID:GzkBVPol0

長門「あと金剛。お前を第一容疑者として取り調べを行う」

金剛「ホワーイ!?」

長門「今までのお前の行動と言動が一番怪しいのでな。悪く思うな」

睦月「あー」

夕立「あー、っぽい」

吹雪「金剛さん…」

金剛「Nooooo!ワタシは無実デース!そんな目で見ないでくだサーイ!」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:07:46.11 ID:GzkBVPol0

―取調室―


長門「金剛、早く吐いて楽になれ」

金剛「……」

長門「このままだと提督が悲しむことになるぞ?お前もそれは本意ではあるまい」

金剛「ワタシは潔白デース。テートクが戻れば全てが明らかになるデース」

長門「こんな歌を知っているか?……うーなーぎー美味し、かーのー山ー」

金剛「Hey、その歌詞は間違ってマース」

長門「腹は減ってないか?素直に白状すればカツ丼を食わせてやるぞ」


金剛(ナガモンは思ってたよりポンコツの様デース…)



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:09:35.54 ID:GzkBVPol0

睦月「ねえ、吹雪ちゃんは誰が犯人だと思う?」

吹雪「わからないよ…」

夕立「あたしは金剛さんの提督犯人説もあると思うっぽい!」

睦月「え、だから提督は今いないよ?」

夕立「大本営に行ったと見せかけてるっぽい?」

吹雪「これからケッコンカッコカリする相手に、わざわざあんなことする理由が無いよ」

夕立「じゃあ調べてみようよ。長門さんも言ってたじゃない。可能性を一つ一つ挙げてみるって」

睦月「そうだね。向こうに提督がいれば、容疑は晴れるんにゃし」

吹雪「うん…」



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:10:54.47 ID:GzkBVPol0

大淀「はい、提督は予定通り一二〇〇に大本営を出発されたと、護衛艦隊から入電がありました」

睦月「金剛さんの説は違ったかぁ…」

吹雪「司令官が戻ってくれば、もう大丈夫だよね?」

夕立「まだわからないっぽい?護衛艦隊も口裏を合わせてのドッキリとか」

睦月「ちょ、ちょっと夕立ちゃん!」

吹雪「…夕立ちゃん。どうして司令官を犯人にしたがるの?何か訳があるの?」

夕立「ぽ、ぽいぃ…そんなつもりじゃなくて、あたしは可能性を…」

吹雪「もういい!司令官が戻るまで、私誰にも会わない!」

睦月「吹雪ちゃん!?ま、待ってよ吹雪ちゃーん!」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:12:45.95 ID:GzkBVPol0

長門「全く、お前たちは次から次へと」

睦月「にゃしぃ…」

夕立「ご、ごめんなさいっぽい…」

長門「まあいい。吹雪が引き籠ったのならば、当面の間は問題あるまい」

夕立「金剛さんは何か喋ったっぽい?」

長門「いや、この私の籠絡術を持ってしても吐かせることはできなかった。今は独房にぶち込んでいる」


夕立(長門さんにそんなスキルあった?)

睦月(ノーコメントにゃし)


長門「全艦娘に伝達。提督が戻り、吹雪が落ち着くまで私が秘書艦を代行する。犯行現場は封鎖、各員も二〇〇〇以降の外出を禁止する」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:13:52.54 ID:GzkBVPol0

コンコン


睦月「吹雪ちゃん、ごはんだよ」

吹雪『…いらない』

睦月「あのね、夕立ちゃんも悪気があったわけじゃないから」

吹雪『…わかってる。でも、今は一人にしておいて』

睦月「睦月がきっと、真犯人を見つけてあげるからね」

吹雪『……』

睦月「ごはんここに置いておくから、冷めないうちに食べてね」

吹雪『……ありがと、睦月ちゃん』



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:14:57.41 ID:GzkBVPol0

―護衛艦隊が鎮守府に帰投しました!―


長門「…どういうことだ!なぜ提督がいない!」

多摩「わ、わからないにゃ。輸送船には確かに乗ったはずにゃ」

睦月「船内を探したけど、もう誰もいないよ」

夕立「誰か確認した人はいないっぽい?」

長門「最後に提督を見かけたのはいつだ?」

球磨「途中、こっちに向かって手を振ってたクマ。ただ、距離があったからはっきりとは言えないクマ」

吹雪「そんな……司令官、一体どこへ?」

長門「いよいよわからなくなってきたな」



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:16:40.10 ID:GzkBVPol0

多摩「にゃあ、まるで地獄通信みたいにゃ」

吹雪「地獄……通信?」

多摩「深夜0時に通信回線を開いて名前を告げると、地獄艦娘が現れて、憎い相手を地獄へ流してくれるそうにゃ」

吹雪「まさか、司令官が誰かに!?」

長門「そんなバカな話があるか。多摩、お前たちもしばらく独房に入ってもらうぞ」

多摩「にゃ!?」

球磨「クマ!?」

長門「状況はどうあれ、護衛艦でありながら提督を見失った。その責任を取ってもらう必要がある」

多摩「にゃ……返す言葉もないにゃ」



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:18:13.92 ID:GzkBVPol0

長門「第二艦隊、第三艦隊は探照灯を持って出撃。護衛艦隊の航路をくまなく調べろ!」

吹雪「司令官……司令官……」

睦月「吹雪ちゃん、部屋に戻ろ?」

長門「第四艦隊は通用門を閉鎖後、鎮守府内の探索だ。他の者は自室で待機、外には出るな」

夕立「長門さん、あたしもう一度船内を探してみるっぽい!」

長門「それは構わんが、探索が一段落するまでは輸送船からも出れないぞ?」

夕立「ぽい!承知の上!」

長門「…いいだろう、許可する」



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:19:44.10 ID:GzkBVPol0

吹雪「一体、何が起こっているの?司令官どこ行っちゃったの?」

睦月「吹雪ちゃん…」

吹雪「もし地獄通信が本当だとしたら、私…!」

睦月「変な事考えちゃダメだよ?約束したよね、睦月が真犯人を見つけてあげるって」

吹雪「でも、あの時とは状況が違うんだよ!?」

睦月「大丈夫だよ。無事に事件を解決したら、睦月をもっともっと褒めるがよいぞ」

吹雪「睦月ちゃん!」

睦月「すぐに戻るから。外には出ないでね」



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:21:28.71 ID:GzkBVPol0

夕立「これは……ケッコンカッコカリの書類と指輪!?」


夕立「やっぱり提督さんは船内にいたっぽい」


夕立「吹雪ちゃんの事件とは別?姿を消した理由。地獄通信。得をするのは誰?」


夕立「もう少しはっきりするまで、誰かに話すのは危険っぽい…」


重要な証拠を発見した夕立。だが、犯人の魔の手はすぐそばまで近づいていた。


ドオオーン!!!


夕立「ふ、船が攻撃されたっぽい!?最低限の防衛はしてるはずじゃ…!」


夕立「これは……どうして漂流してるの!?」


夕立の乗った輸送船はいつの間にか沖へ流され、深海棲艦による攻撃を受けていた。


夕立「積んであった緊急脱出用の艤装……これだけで逃げ切れるかな?ちょっと本格的にピンチっぽい」



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:23:01.41 ID:GzkBVPol0

睦月「吹雪ちゃんの個室……手がかりがあるとしたらここだよね」


睦月「部屋が荒らされたこと。提督の失踪。ケッコンカッコカリ。繋がる部分は?」



長門「誰だっ!そこで何をしているっ!」

睦月「にゃしっ!?」

長門「睦月……吹雪はどうした?ここは立ち入り禁止と言ったはずだぞ」

睦月「あ、あの、何か犯人の証拠が残ってないかと思って」

長門「怪しいな。ちょっと一緒に来てもらおうか」

睦月「ふえぇぇぇ…」



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:23:54.37 ID:GzkBVPol0

――………き………ぶき……


吹雪『ん……』


――…ぶき……吹雪……


吹雪『司令官?どこにいるんですか?』


――……に気を付けろ……


吹雪『なんですか?何に気を付けるんですか?』


――………


吹雪『司令官?司令官!?』



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:25:10.85 ID:GzkBVPol0

吹雪「司令官!!!」


吹雪「あ……夢?」


吹雪「時間は…0時前か。いつの間にか寝ちゃってたんだ」


睦月「吹雪ちゃん」

吹雪「わあっ!?む、睦月ちゃん戻ってたの?」

睦月「……」

吹雪「何かあったの?」

睦月「…………長門さんに気を付けて」

吹雪「えっ?ちょ、睦月ちゃんどこ行くの!?」


一言だけ告げて部屋を飛び出す睦月。突然のことで、吹雪は身動きできないままでいた。


吹雪「長門さんに…?夢でも確か、何かに気を付けろって…」



29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:26:56.13 ID:GzkBVPol0

―翌朝―


吹雪「夕立ちゃんが行方不明!?」

長門「昨夜、輸送船が沖合へ流されたところを深海棲艦に襲われたらしい」

大淀「帰投中の第二艦隊が発見した時には、ほぼ船体が沈んだ状態だったそうです」

吹雪「どうしてそんなことに…」

長門「何者かが係留ロープを外したのか、夕立が自ら動かしたのかは不明だ」

大淀「皆の動きを制限したことが、かえって裏目に出てしまいましたね…」

長門「提督の行方がわからない今、鎮守府は封鎖するしかない。大淀、大本営に連絡して指示を受けてくれ」

大淀「了解です。捜索中の艦隊が帰投後、指揮権を大本営に委ねます」



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:28:46.27 ID:GzkBVPol0

長門「吹雪、お前も自室で待機しておけ。そういえば睦月はどうした?」

吹雪「睦月ちゃんも昨日、部屋を出たまま戻ってこないんですが、何かご存じないですか?」

長門「ふむ。お前の個室近くにいたのを見つけて、説教をしておいたのだが」

吹雪「そ、そうですか」

長門「しかし護衛がいないのはまずいな。空いてるメンバーはいるか?」

吹雪「第一艦隊は私と長門さんと金剛さん、睦月ちゃんと夕立ちゃんとあとは…」

秋津洲「はいはーい!第一艦隊で絶賛練度age中のあたしがいるかもー!」

長門「…編成で陸奥に入れ替えておく。落ち着かないかもしれないが、私たちの部屋にいてくれ」

吹雪「了解しました」


吹雪(睦月ちゃんが私の部屋に?長門さんはやっぱり無関係?私は何に気を付ければいいの…?)



秋津洲「えっ、スルーされた上に出番これだけ?」



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:30:45.36 ID:GzkBVPol0

―日没後―


長門「戻ったぞ。特に変わったことは無いか」

吹雪「はい、あの……睦月ちゃんたちは」

長門「残念ながらこれといった情報はない」

吹雪「そうですか…」

長門「そんな顔をするな。明日には他鎮守府から応援も来る。今は皆の無事を祈ろう」

吹雪「はい…」

長門「それから陸奥、済まないが通信室へ行ってくれるか?大淀にも休憩を取らせたい」

陸奥「ええ、わかったわ」



32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:32:22.91 ID:GzkBVPol0

吹雪「長門さんは……一連の事件をどう思いますか?」

長門「提督が行方不明になってる以上、何らかの悪意によって攻撃を受けている、と考えるのが妥当だな」

吹雪「……」

長門「少し気分を落ちつけた方がいい。茶を淹れてやろう」

吹雪「長門さんが?」

長門「ああ。金剛ほどではないが、それなりの味は保障するぞ」

吹雪「そういえば金剛さんの容疑は晴れましたよね?そろそろ出してあげてもいいんじゃないですか?」

長門「まだ単独犯と決まったわけではないが……まあお前がそう言うなら明日にでも釈放しよう」



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:34:04.60 ID:GzkBVPol0

吹雪「あれ、変わった香りですね。ハーブティーですか?」

長門「ジャスミンティーだ。よく眠れるぞ」

吹雪「ふふっ、なんだか意外です」

長門「私はお前たちが思うほど脳筋ではないぞ」

吹雪「本当に……なんだか眠く……」

長門「……睡眠薬入りだからな」

吹雪「……Zzz」


長門は吹雪を抱きかかえ、ベッドへ寝かせる。


長門「ついに待ち望んだ日が来たか。胸が熱いな」



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:35:25.92 ID:GzkBVPol0

長門「さて、まずは着替えをさせようか。私の選んだ下着はきっと良く似合うぞ」


ガタッ…


長門「だ、誰だっ!」

睦月「……」

長門「なんだ睦月か。びっくりするじゃないか」

睦月「吹雪ちゃんをどうするつもり?」

長門「私の大願が成就するのだ。後でまた可愛がってやるから、今は邪魔をするな」

睦月「…これ、なーんだ?」

長門「なっ…!なぜお前がそれを持っている!」


睦月が見せたのは一体のぬいぐるみ。その手は首のマフラーに掛かっていた。



35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:37:23.13 ID:GzkBVPol0

睦月「およ?長門さんはこれが何か知ってるのかにゃ?」

長門「くっ…」

睦月「どうして、提督を地獄へ流したの?」

長門「お、落ち着け睦月。我々が今、大きなチャンスを迎えていることに気付け」

睦月「チャンス…?」

長門「そうだ。このまま鎮守府の実権を握れば、すべての艦娘を思いのままにできるのだぞ」

睦月「そんなこと大本営が黙っていないよ?」

長門「フッ、既に手は打ってある。次に派遣されるのは長い経歴だけが自慢の老提督だ。毒にも薬にもならんよ」

睦月「……」



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:38:31.31 ID:GzkBVPol0

長門「私に続け睦月。お前も吹雪を憎からず想っているのだろう?こんな機会はもうやって来ないぞ」

睦月「吹雪ちゃんを……睦月の自由に……きゃっ!」


睦月が見せた一瞬の迷い。その隙を逃さず、長門はぬいぐるみを奪い取る。


睦月「か、返して!」

長門「ふふふ、これで恐れるものは何もない」

睦月「何が長門さんをそこまでさせるの…?」

長門「提督が悪いのだよ。私から吹雪を奪おうとするから」

睦月「吹雪ちゃんを?」



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:40:13.42 ID:GzkBVPol0

長門「お前はまだいい。二番目にケッコン艦に選ばれれば、それだけ吹雪と親しくなれるのだから」

睦月「……」

長門「だが私はどうなる?私はいつまで待てばいい?夕立や金剛にまで先を越されるのを、指をくわえて見ているしかないのか!?」

睦月「だから提督を…?」

長門「そうだ!提督さえいなければ、吹雪もその他の駆逐艦たちも、全て私のものになるのだ!」

睦月「…それは無理だよ」

長門「何故だ?お前が素直に協力してくれれば、容易く達成できるのだぞ」

睦月「だって長門さんは、ここで地獄に流されるんだから」

長門「…何?」



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:42:01.16 ID:GzkBVPol0

夕立「睦月ちゃん、言質取ってくれてありがとね」

長門「ゆ、夕立!お前もぬいぐるみを!?」

夕立「提督さんの仇、夕立が討つっぽい!」


『怨み、聞き届けたり』


マフラーが解かれ、契約成立と同時に長門の姿は地獄へと送られる。



睦月「夕立ちゃん……ごめんなさい……」

夕立「大丈夫。あたしが契約するって、最初に言ったっぽい!」

睦月「でも……でも……」

夕立「睦月ちゃんが助けてくれたおかげで、あたしは今ここにいる。何も気にする必要ないっぽい!」

睦月「夕立ちゃん…」



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:44:24.62 ID:GzkBVPol0

カポーン…


長門「ここは……風呂か?私はいつの間に入渠したのだ?」

胸童「長門はん、おこしやす~」

長門「誰だ?見ない顔だな」

胸童「堪忍やで?駆逐艦の娘らはまだ恥ずかしいゆーてな、ウチらが代わりに背中流しに来たんや」

ほっぽ「セナカ ナガス!」

長門「なっ、お前は北方棲姫!?」

胸童「さすがは長門はんやな。深海棲艦にもファンがおるやなんて」

ほっぽ「ナガモン カッコイイ!」

長門「ふ、ふふふ。まあそれほどでもあるがな」



40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:46:36.09 ID:GzkBVPol0

ほっぽ「ウンショ ウンショ」ゴシゴシ

胸童「どうや?気持ちええか?」

長門「う、うむ。だが少し物足りないな」

胸童「フヒヒwwサーセンww姫、サービスしたって下さいな」

ほっぽ「コウ?」ピトッ

長門「ふおおおおおおおおお!!!」


長門(こ、この心地よい二つの感触は、まさか北方棲姫の尻か!?なんということだ!私はいつの間にかパラディソにたどり着いていたのか!)


長門(…いや、落ち着け長門。ビッグセブンたるものこれしきで浮かれてはいかん。冷静に考えるんだ。確かに背中には柔らかいものが当たっている)


長門(だが、幼女の両手と尻が同時に背中に付くか?隣にフラット軽空母がいる以上、これは物理的に何かがおかしい!)


恐る恐る後ろを振り返る長門。そこにいたのは…



41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:47:44.92 ID:GzkBVPol0

愛乳道「ぱんぱかぱーん」ムニムニ

長門「なっ……なんだ貴様はぁぁぁ!」

飯女「私たちも、お背中流しますねー」ムニムニ

長門「うおおおやめろ!その醜い肉塊を押し付けるな!」

青目蓮「醜いって…」

飯女「あなたも立派なものをお持ちなのに?」

長門「こんなもの、私には不要だ!」

胸童「…ほほう。ウチの前でそんなこと言うとはええ度胸や」

ほっぽ「ワロワロ コワイカオ」



42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:49:41.93 ID:GzkBVPol0

胸童「ほな、ウチと同じサイズになってもらおか」

長門「なっ…わ、私の身体が小さくなっていく!?」

青目蓮「丁度、駆逐艦くらいですねー」

胸童「駆逐艦言うな!軽空母や!」

愛乳道「うふふっ、可愛がりやすくなったわね」

飯女「ほーら長門ちゃん、お○ぱいでちゅよー」

長門「貴様ら、幼子相手にこんな真似をして恥ずかしくないのか!」

愛乳道「あらあら、貴女も駆逐艦の娘に同じことをしてたじゃない」

長門「ビッグセブンからの寵愛は喜ばしいことだろう!一緒にするな!」

胸童「うわー、なんちゅう自分勝手さや」



43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:52:34.32 ID:GzkBVPol0

青目蓮「ではここで、モニター前の皆さんの反応を見てみましょうか。…正直、あまり気は進みませんが」



…ビッグセブンも堕ちたものだな
●REC これご褒美じゃねーかww
●REC
ながもん、ちょっとそこ代われ ●REC
●REC お○ぱい!お○ぱい!お○ぱい!
●REC
●REC これはAUTO
ほっぽちゃんprpr ●REC
おい湯気、仕事すんな ●REC
●REC
●REC 課金組のワイ高みの見物
●REC
●REC ヒャッハー!サービス回だー!
ええい、長門などいらん!那珂ちゃんを映せ那珂ちゃんを!
↑お前、実は那珂ちゃんファンだったのか ●REC
●REC


飯女「…随分ギャラリーが多いですね」

愛乳道「みんなエッチなんだから」



44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:55:56.21 ID:GzkBVPol0

長門「いい加減にしろ!こんな風呂に入ってられるか!私は部屋に帰らせてもらう」

ほっぽ「ナガモン セッカチ」

青目蓮「私たちのご奉仕はお気に召しませんでしたか?」

長門「当たり前だ。相応の厳罰を下してやるから覚悟しておけ」

胸童「まあまあ長門はん。夜伽にはとっておきの娘を用意しとるし、機嫌直してーや」

長門「…夜伽、だと?可愛い駆逐艦なんだろうな」

胸童「もちろんや。ウチのNO.1やで」

長門「よかろう。その娘次第では、処分を軽減することも考えてやろう」

胸童「はい決まりや!一名様ご案内ー」

ほっぽ「ゴアンナイー」



45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:57:23.13 ID:GzkBVPol0

長門が案内された部屋。そこには一人の駆逐艦が背を向けて立っていた。


胸童「お嬢、お客さんやで」

長門「ふふふ、恥ずかしがることは無い。顔をよく見せてみろ」

閻魔ぬい「……地獄の一丁目へ、ようこそ」

長門「なっ…!お前は地獄艦娘!?これはどういうことだ!」

愛乳道「あらあら、察しが悪いのね」

飯女「あなたは地獄へ流されたのよ」

長門「馬鹿な…!」

閻魔ぬい「……」



46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 14:58:51.42 ID:GzkBVPol0

長門「地獄艦娘よ、これは何かの間違いだろう?」

閻魔ぬい「闇に惑いし哀れな影よ……艦娘を傷つけ貶めて……」

長門「ちょっと待て!私が誰の怨みを買ったと言うのだ!」

閻魔ぬい「罪に溺れし業の魂……」

長門「くそっ、このままやられる長門ではないぞ!」


閻魔ぬい「不知火に……」


胸童「…ん?」

飯女「お嬢?」


決め台詞の途中、ぬいは何故か長門から顔を背けてしまった。



47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 15:01:03.98 ID:GzkBVPol0

ほっぽ「ヌイヌイ?」

長門「ふ、ふっ。地獄艦娘と言っても所詮は駆逐艦、この長門の威光に恐れをなし…」



閻魔ぬい「落 ち 度 で も ?」クワッ!



長門「だぁあああああ!!!!」


愛乳道「溜めた!?」

青目蓮「溜め技!?」

胸童「クー〇ポコ?」



48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 15:02:46.84 ID:GzkBVPol0

ズドドドドド…


無数の燈籠が浮かぶ普段は静かな水面


その中をタービン缶を増設した駆逐艦が進む


くそ重たい長門を曳航しながら…


長門「やっぱり駆逐艦は……最高だ……」


閻魔ぬい「この怨み……ゼエゼエ……地獄へ……流します……」



チリーン…



49:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 15:06:51.74 ID:GzkBVPol0

吹雪「ホントに……二人とも退役しちゃったんだ」

金剛「ワタシも止めたんデスけど、辛いことが多すぎたと…」

吹雪「長門さんがクーデターを起こそうとしてたなんて、まだ信じられないです」

金剛「ですガ状況証拠と二人の証言から、ほぼ間違いはないネ」

吹雪「……」

金剛「ブッキー…」

吹雪「すみません、少し一人にさせてもらえますか?明日にはきっと、元通りの私ですから」

金剛「…OKネ」



50:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 15:08:29.26 ID:GzkBVPol0

薄暗い執務室内。手のひらに置いた指輪をくるくると弄ぶ吹雪。


吹雪「司令官……睦月ちゃんと夕立ちゃんが仇を取ってくれたそうです」


吹雪「……」


吹雪「司令官は本当に、長門さんに地獄送りされたんですか…?」


吹雪「あんなに一生懸命、私を支えてくれてたのに……どうしても納得できません!」


吹雪「もし長門さんじゃないなら?無実の罪で夕立ちゃんに流されたのだとしたら…?」


吹雪「答えは出ている。私がそれを、認めようと……しなかっただけ」


吹雪「……ふふ、ふふふふふあははははは!!!」



51:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 15:11:08.46 ID:GzkBVPol0

―夜、睦月夕立の宿―


睦月「あれでよかったのかな?」

夕立「本当のことを話しても信じてもらえないっぽい?長門さんが吹雪ちゃん目当てに事件を起こしたなんて」

睦月「それはそうだけど…」

夕立「今は、これからのことを前向きに考えるのが一番いいっぽい!睦月ちゃん、二人で頑張っていこうね」

睦月「うん……よろしくね、夕立ちゃん」


差し出された夕立の手を握り返そうとする睦月。しかし二人の手が重なり合う寸前、睦月の身体はこの世から消え去ってしまった。


夕立「ぽい……睦月ちゃん…?」




夕立「どうして……どうしてぇぇぇぇ!!!」



52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 15:13:08.21 ID:GzkBVPol0

胸童「…お嬢、この結果はあんまりやない?」

閻魔ぬい「……」

胸童「駆逐艦の娘ら、誰も悪ぅないやん。せっかく解決したのに」

閻魔ぬい「…私たちはただ依頼を受け、遂行したまで」

胸童「せやかてお嬢!」

愛乳道「…お嬢の言う通りよ。人が人を怨むことは止められない。艦娘でも同じことね」

飯女「たとえ誤解が生んだ悲劇だったとしても、選んだのはあの娘自身。私たちが私情を挟むことは許されないわ」

青目蓮「全てを話していれば結果は変わったのか。今となっては確かめようがないですねー」

胸童「冷静に考えたら、あの二人に何のメリットもないことくらい分かりそうなもんやのに…」

ほっぽ「ニンゲンモ カンムスモ バカバッカ」



「あなたの怨み、晴らします」



地獄艦娘3―完―



53:>>1 2016/03/07(月) 15:15:12.21 ID:GzkBVPol0

後半まで犯人わからなくするつもりだったけど最初でバレバレな気が…

ちょっと詰め込みすぎたのは反省点

あと長門さんド変態にしてごめんなs(41㎝砲炸裂音)



元スレ
【艦これ】地獄艦娘3
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1457325827/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月07日 18:38
      • 4 なァ~にィィィ!やっちまったなあ!
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月07日 19:37
      • 3 男は黙って!
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月07日 20:19
      • 2 シ◯シ◯!
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月07日 20:42
      • 1 男は黙って!
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月07日 21:06
      • ジェノサイドヴレイバー
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月07日 21:27
      • 最高の玩具になっちゃうよぉ~
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 00:11
      • ※1-6
        お前らさぁ…ww
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 00:57
      • 1からみたけどさ…
        なんだこれ…

        所々あったのはネタかい?笑えばよかったのかい?わからない。
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 02:14
      • はっきり言って※1-6の方が面白いんだよなあ…
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 07:09
      • 結局何で睦月は消えたの?
        読解力無しで馬鹿なので、誰か教えて下さい。
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 07:58
      • 消したのはおそらく吹雪、長門が黒幕だと知らず誤った推測で睦月を犯人だと思い地獄送りに
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 09:02
      • 吹雪視点だと長門は頼れる補佐役の立場を維持してるからなーほぼ八つ当たりで流された睦月が不憫だ
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 18:42
      • 原作も浮かばれない話があるからな…
        こうなるのも仕方のないことかもしれん
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月08日 23:43
      • 俺たちが地獄だ!!
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月13日 12:50
      • ある意味、あきつ丸の時の逆なのかな
        向こうじゃ睦月が余計なことをしてたから…
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年04月06日 02:08
      • ながもんェ…
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月07日 01:18
      • 重いのか、長門

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ