TOP

【ガルパン】カルパッチョ「Beyond The Bounds」

1:Ishmael 2016/03/06(日) 12:47:44.89 ID:rtUHflai0

以前投下した【ガルパンコラボSS】ヴェノム・スネーク「アンツィオ高校?」の、全国大会編一回戦目になります。

独自設定を多く含みます。

TV版や劇場版とは大きく異なりますが、そこも含めお楽しみください。



2:Ishmael 2016/03/06(日) 12:53:55.67 ID:rtUHflai0

回想テープ:カルパッチョの日記 2

<再生>



3:Ishmael 2016/03/06(日) 12:54:23.42 ID:rtUHflai0

ザザ

カルパッチョ「明日はついに全国大会の抽選会だ」

カルパッチョ「私たちはこの大会のために心血を注いできた」

カルパッチョ「それは私個人の力ではなく」

カルパッチョ「私たちの力だけでもなく」

カルパッチョ「他のアンツィオのみんな」

カルパッチョ「ミラーさん、ジョンさん、アダムさん」

カルパッチョ「教官の皆さん…」

カルパッチョ「そして何よりも、ドゥーチェの力があってこそなのだ」



4:Ishmael 2016/03/06(日) 12:57:56.91 ID:rtUHflai0

カルパッチョ「決して無駄にはしない」

カルパッチョ「私には皆を連れて行く責任がある」

カルパッチョ「”境界線を超えて旅立つ」

カルパッチョ「”その一歩を踏まなければ”」

カルパッチョ「”今行かなければ、永遠に行かれない”」

カルパッチョ「みんなの思い、アンツィオの伝統」

カルパッチョ「きっと繋いでみせよう」



5:Ishmael 2016/03/06(日) 12:58:45.65 ID:rtUHflai0

________
_______
______


バララララララ

UH-60 ブラックホーク 機内

パンチェッタ「緊張するなぁ…」プルプル

ピカタ「ちょっと、操縦桿揺らさないでよ?」

パンチェッタ「わかってるよ…人乗せて飛ばすの初めてだから」

カルパッチョ「落ち着いて。緊張するのは抽選の後でもいいわ」

パスティエーラ「あ、そろそろ着きますよー。準備してね」ピピ



6:Ishmael 2016/03/06(日) 13:00:35.35 ID:rtUHflai0

フィイイイイイイ
ガチャン

パスティエーラ「到着ぅー!みんな、後で合流するから先行ってて!」

パンチェッタ「えっと、エンジン切って、それから駐機の受付…それから…えっと何だっけか」アタフタ

カルパッチョ「じゃあ先に行くけど、何かあったら連絡して!」

パスティエーラ「はーい!」

パスティエーラ「ほら、まず機体をどかさないと」

パンチェッタ「あっ、そっか」グン



7:Ishmael 2016/03/06(日) 13:01:39.35 ID:rtUHflai0

キィィィィィン
バラララララ

カルパッチョ「さ、行きましょ」

テクテクテクテク



8:Ishmael 2016/03/06(日) 13:04:21.04 ID:rtUHflai0

____
___
__

カルパッチョ「…」ガサガサ

カルパッチョ「!」スッ


『6番、アンツィオ高校!』

ヤッタ-ラクショウダーワーワー



9:Ishmael 2016/03/06(日) 13:05:21.27 ID:rtUHflai0

ピカタ「目の前で随分ハシャいでくれちゃって」イラ

パンチェッタ「一体どこのクソッタレだい?」ビキ

パスティエーラ「女の子がそういうこと言わないの。えーとあれは…サンダース大附属ね」

ピカタ「ああ…どうりで」

パンチェッタ「物量で押すことしかできないくせに。ぶっ潰してやる」

ピカタ「その意気だよ」

パスティエーラ「だからさぁ…」ハァ



10:Ishmael 2016/03/06(日) 13:07:55.42 ID:rtUHflai0

帰りの機内

カルパッチョ「ごめんね、一回戦から強いところと当たっちゃって」

パスティエーラ「気にしないでー」ニコニコ

パンチェッタ「かえってやりがいがあるわ。ふざけたヤンキーかぶれのケツを蹴っ飛ばしてやる」ギリリリリ

ピカタ「あんたはちょっと落ち着け。鉄分足りてるか」ドンビキ

ピカタ「あとで紅茶淹れてやるから、な」ポンポン

カルパッチョ「そんなに怒らないで」

カルパッチョ「私たちの実力は私たちが知っている通りよ。全力でやりましょう」

一同「「おう!」」



11:Ishmael 2016/03/06(日) 13:09:40.58 ID:rtUHflai0

____
___
__

…ババババババババ

アンツィオ学園艦ヘリポート

ペパロニ「おっ、帰ってきたぞ」

ジャンドゥーヤ「全員整列!」

バッザザッ
ビシッ



12:Ishmael 2016/03/06(日) 13:10:42.06 ID:rtUHflai0

ジャンドゥーヤ「お帰りなさい!」

「「お帰りなさい!」」

カルパッチョ「みんなお迎えありがとう。楽にして」

カルパッチョ「お昼ご飯は済ませたの?」

ラビオリ「まだです!」

カルパッチョ「じゃあ、話はその後ね。みんなご飯の用意!」

カルパッチョ「”湯を沸かせ、釜を炊け!”」

「「Si!!」」

ペパロニ「急げー!」

ダダダダダダダダ



13:Ishmael 2016/03/06(日) 13:12:00.18 ID:rtUHflai0

カルパッチョ「みんなもご飯にしましょう。ヘリの片付け、手伝うわ」

ピカタ『牽引車持って来ればいいの?』

パスティエーラ『うん、お願い!』

ピカタ『おっけー』


タッタッタッタ
ガオオオオオオオム
キキッ



14:Ishmael 2016/03/06(日) 13:13:37.38 ID:rtUHflai0

ピカタ「カルパッチョ、フックの装着手伝って」バタム

カルパッチョ「はーい。よっ」ヒョイ

ピカタ「力あるね」グイ

カルパッチョ「装填手だから、重いものは慣れてるわ」

ピカタ「そっか」ガチャリ



15:Ishmael 2016/03/06(日) 13:14:59.30 ID:rtUHflai0

ググッ
ゴオオオオン

カルパッチョ『はーい!そのままゆっくり引いてきて!』(手旗を振る)

ブゥゥゥゥン__
キッ



16:Ishmael 2016/03/06(日) 13:16:56.84 ID:rtUHflai0

ピカタ「これでよし」

パスティエーラ「手伝ってくれてありがと!」ヒョコ

カルパッチョ「それじゃ、ご飯食べに行きましょ。パンチェッタ!」

パンチェッタ「お待たせしました、っと」ガチャ



17:Ishmael 2016/03/06(日) 13:17:29.48 ID:rtUHflai0

____
___
__

広場

ワヤワヤ

ピカタ「ああ、ラザニア旨い」ムグムグ

パンチェッタ「…」ズズズ

パンチェッタ「…レモンティーおいしい」フゥ

ピカタ「そりゃーよかった」ニッコリ



18:Ishmael 2016/03/06(日) 13:19:12.73 ID:rtUHflai0

パスティエーラ「このあとブリーフィングだっけ?」パクパク

ピカタ「そうそう。隊長もその準備しに行ったよ」

ピカタ「ご飯も食べずにね。何を焦っているのやら」ハァ

パスティエーラ「あとでなにか持って行こっか」

ピカタ「そうだね」



19:Ishmael 2016/03/06(日) 13:21:46.06 ID:rtUHflai0

B1 第一地下教室

クロスティーニ「姐さん、どうしてブリーフィングをここで?」

バルドリーノ「いつもは普通の教室なのに」

カルパッチョ「今から話すわ。皆座って!」

ガタタタ
ストトト



20:Ishmael 2016/03/06(日) 13:28:00.16 ID:rtUHflai0

カルパッチョ「ではブリーフィングを開始します」

カルパッチョ「まず今日はなぜ、こんな地下に籠るのかを説明しましょう」

カルパッチョ「それはひとえに、スパイ防止のためです」

カルパッチョ「試合前の偵察行為は承認されていますから、普通の教室でのブリーフィングを覗かれでもしたら厄介なのです」

カルパッチョ「もちろんそれはあちらも同じです」

カルパッチョ「ですからこちらも偵察に出てもらいます」



21:Ishmael 2016/03/06(日) 13:30:21.47 ID:rtUHflai0

ザワザワ
ナンカエイガミターイ

カズ(お前の差し金か?)

オセロット(ああ)

オセロット(編成に組み込まれていない10名をうちの諜報班に訓練させた)

オセロット(オシント、ヒューミント、イマジント、テキントからシギントまでの諜報活動は出来るようにしてある)

オセロット(書類を偽造し、アンツィオ以外からの短期転校生としてサンダース大に潜り込ませる準備もできてる)

カズ(そこまでするのか)

オセロット(やって損はない)



22:Ishmael 2016/03/06(日) 13:32:25.32 ID:rtUHflai0

カルパッチョ「では諜報班に命令します」

カルパッチョ「グアンチャーレ、カルミニャーノ、フォンティーナ、ペコリーノ、グラニータ、ザバイオーネ、アヴェルサ、メンフィ、フラスカーティ、コペルティーノ」

カルパッチョ「サンダース大附属の一回戦の編成、作戦を割り出し__」

カルパッチョ「情報を持ち帰って」

「「Si!」」



24:Ishmael 2016/03/06(日) 13:33:49.74 ID:rtUHflai0

カルパッチョ「本作戦はスパイ大作戦(ミッションインポッシブル)と命名します」

カルパッチョ「”例によって貴方たちが捕らえられたとしても、我々は一切関知しないからそのつもりで”」

カルパッチョ「…スパイであるという疑いすら持たれてはダメよ。用心して」



25:Ishmael 2016/03/06(日) 13:34:46.79 ID:rtUHflai0

グラニータ「覚悟はできてます」

コペルティーノ「やってみせます」

カルパッチョ「よろしい。では明日から任務を開始してください」

カルパッチョ「準備はすでに整えてあります」

「「Si!」」



26:Ishmael 2016/03/06(日) 13:35:22.50 ID:rtUHflai0

カルパッチョ「では試合での編成を発表します」

カルパッチョ「全国大会はフラッグ戦で、かつ一回戦は10輌までの出撃制限があります」

カルパッチョ「シャーマンとファイアフライに対抗する必要がありますので、セモヴェンテ及びパンター、P40が主体となります」

カルパッチョ「偵察役としてCVを数輌組み込みます」



27:Ishmael 2016/03/06(日) 13:36:13.55 ID:rtUHflai0

カルパッチョ「パンターは蝶、鴉、蟷螂、蛸」

カルパッチョ「セモヴェンテは狐、蜂、蛙」

カルパッチョ「そして蠍と、CVはトム、ヴァンキッシュ」

カルパッチョ「一回戦の編成は、暫定ですが以上の通りになります」

カルパッチョ「あとは諜報班の結果次第となります。何か質問は?」

「「…」」

カルパッチョ「ではブリーフィングを終わります。これにて解散!」


「「お疲れ様でした!」」



28:Ishmael 2016/03/06(日) 13:37:50.16 ID:rtUHflai0

____
___
__

1週間後 自室



29:Ishmael 2016/03/06(日) 13:39:37.58 ID:rtUHflai0

PiPiPi

カルパッチョ(メールだわ)ポチポチ



30:Ishmael 2016/03/06(日) 13:41:02.79 ID:rtUHflai0

件名:じょうずにやけた
本文:脱出しました。これから福岡経由で静岡に戻ります。学園艦の寄港は何時くらいになりますか?



31:Ishmael 2016/03/06(日) 13:42:54.63 ID:rtUHflai0

カルパッチョ(成功したようね)グッ

カルパッチョ(”ご苦労様、気をつけて帰ってきてね。学園艦は___”)

次の日

ガヤガヤ
セミフレッド「緊急ミーティングなんて初めてね」

スプリッツ「何かあったのかなぁ?」



32:Ishmael 2016/03/06(日) 13:45:11.66 ID:rtUHflai0

テクテク

バルドリーノ「諜報班が帰ってきたみたいだから、そういうわけじゃなさそうね」



33:Ishmael 2016/03/06(日) 13:47:46.38 ID:rtUHflai0

カルパッチョ「みんなよく集まってくれました。これより諜報班の帰還報告(デブリーフィング)を開始します」

カルパッチョ「アヴェルサ、お願い」

アヴェルサ「はい、ではこちら」スッ

アヴェルサ「私たち諜報班がこの1週間、サンダース大附属で収集したデータを発表します」

アヴェルサ「仕込みカメラで撮影したのでやや粗いですが、編集でクリアにしてあります。この映像を観てください」ピピ

フィイイイ



34:Ishmael 2016/03/06(日) 13:48:25.67 ID:rtUHflai0

Anzione Intelligent (ロゴ)

Saunders Report

ヴゥゥゥン



35:Ishmael 2016/03/06(日) 13:49:19.46 ID:rtUHflai0

字幕:サンダース大附属の所在地は長崎県佐世保市である。

字幕:書類上は佐世保市の飛び地ということになっているため、我々は長崎空港から飛行機を利用し__

字幕:サンダース大附属空港へ飛んだ。

字幕:なお、生徒として入り込んだのはメンバーのうち3名だけである。

字幕:他7名はバックアップ要員として、コンビニ船の業者や女子寮の管理人___

字幕:またはカフェテリアやデリカテッセンの調理師として入り込んだ。



36:Ishmael 2016/03/06(日) 13:51:05.45 ID:rtUHflai0

字幕:ほんの少しはスパイを警戒しているような様子も見受けられたが、おおよそ生徒は友好的な者が多い。

字幕:後になってわかったことだが、去年は大洗の女子生徒が一名、編成発表のさいに入り込んでいたらしい。

字幕:ちょっとした警戒心はそのためだろうか?

字幕:本名のフルネームまでは特定できなかったが___

字幕:隊長の名は”ナオミ”

字幕:副隊長の名は”アリサ” ということがわかった。



37:Ishmael 2016/03/06(日) 13:52:40.63 ID:rtUHflai0

(中略)

字幕:車庫には大量の戦車が収容されており、さながらアメリカ戦車博物館の様相を呈している。

字幕:生産の少なかったはずの希少な車両も、完璧な状態で数多く保存されている。

字幕:戦車史の一ページがそのままあるかのようだ。裕福な証だろうか。



39:Ishmael 2016/03/06(日) 13:54:21.13 ID:rtUHflai0

字幕:ここでの車輌編成は、まるでミスコンのようなムードの中発表される。

ワーワーワー

ナオミ「それじゃ、編成を発表しよっか」ニッ

キャーキャー



40:Ishmael 2016/03/06(日) 13:55:37.68 ID:rtUHflai0

アリサ「M4A1を4輌」

アリサ「1号車をZEKE、2号車をGEORGE、3号車をSAM、4号車をGLEN」

キャー!クール!

アリサ「この間新しく入ったパーシングを4輌」

アリサ「5号車をJACK、6号車をJILL、7号車をJILL、8号車をBETTY」

ナオミ「それから今回はファイアフライを二輌持っていくよ」



41:Ishmael 2016/03/06(日) 13:56:39.82 ID:rtUHflai0

ブラボー!!

アリサ「ファイアフライ1をJUDY…」

アリサ「ファイアフライ2をPEGGY。フラッグ車はZEKE」

ナオミ「圧倒的な火力で押しつぶせば、パスタ野郎なんてイチコロよ」

ナオミ「”朝飯前に丁度良い”ってわけ」ニヤ

キャーキャー!



42:Ishmael 2016/03/06(日) 13:57:13.20 ID:rtUHflai0

字幕:盛り上がる中、質疑応答の時間が設けられた。

ナオミ「何か質問はある?」

字幕:我々の中から1名、質問を出した。

グアンチャーレ「フラッグ車の護衛は無いのですか?」

ナオミ「あるわ。フラッグ車は護衛数輌と後方に控えさせて、ファイアフライで遠距離から射撃」

ナオミ「あぶり出してパーシングとシャーマンで一網打尽よ」

字幕:パンターのことを言及しようかと思ったのだが__

字幕:こちらの不利を伝えることも無いかと思い、沈黙を貫いた。

字幕:大学選抜戦までとはうって変わってパーシングを導入しているらしく、こちらが優位というわけでもなさそうだ。

Fin



43:Ishmael 2016/03/06(日) 13:57:39.94 ID:rtUHflai0

オセロット(案外よくまとまっているじゃないか)

カズ(うちで訓練しただけあるな)

兵士B(高校生でこんなもの作れるのか…)



44:Ishmael 2016/03/06(日) 13:58:45.85 ID:rtUHflai0

アヴェルサ「以上が、私たちの帰還報告になります」

カルパッチョ「ありがとう。一週間ご苦労様でした」

カルパッチョ「ファイアフライ2輌にパーシングがあるならかなり厄介ね」

アマレット「こっちを本気で潰しにかかってますね」

カルパッチョ「二年連続で負けるわけにはいかない、ってつもりでしょうね」

カルパッチョ「真正面からぶつかり合うわけにはいかないわ。多少、編成と作戦を変える必要がありそう」



45:Ishmael 2016/03/06(日) 13:59:33.98 ID:rtUHflai0

____
___

カルパッチョ「編成を変更します」

カルパッチョ「パンターをフル出場」

カルパッチョ「そして蠍、狐、山猫」

カルパッチョ「トムとハリーの編成になります」

カルパッチョ「対パーシング及びファイアフライのためです」

カルパッチョ「また、今回のフラッグ車は蠍です」

カルパッチョ「出られない子は次の試合までまた持ち越しになります。ごめんね」



46:Ishmael 2016/03/06(日) 14:01:31.19 ID:rtUHflai0

カルパッチョ「次のフィールドは草原・竹林・森林、そして山岳です」

カルパッチョ「今日から試合までは一週間ありますが、明後日から試合前日まで雨が降るようです」

カルパッチョ「ぬかるみや濡れた森林地帯を利用した、ブービートラップを用いるゲリラ戦法で迎え撃ちましょう」

カルパッチョ「私たちの戦力は強化されましたが、それでもおそらくは互角程度です」

カルパッチョ「真正面からではいずれ押し返されてしまいます」

カルパッチョ「本作戦をストライク・コマンドー作戦と命名します」



47:Ishmael 2016/03/06(日) 14:02:58.03 ID:rtUHflai0

カルパッチョ「使用するトラップの種類は振り子、落とし穴、履帯用トラバサミ…」

カルパッチョ「また、偽装にはタイガーストライプのペイントとギリーシートを使用します」

カルパッチョ「そして、ストライク・コマンドー作戦後の反撃を考慮し_____」

カルパッチョ「待ち伏せたパンターを撤退させる作戦も用意しておきましょう」

カルパッチョ「この作戦は____」



48:Ishmael 2016/03/06(日) 14:03:26.52 ID:rtUHflai0

_____
____
___

グラウンド

カルパッチョ「パンターを数輌、パーシングに見立てて模擬戦を行います。前回の練習試合に出場した狼・蛸・鴉、お願いします」

ブルスケッタ「はいっ」

モルタデッラ「はい」

ガォォォォ



49:Ishmael 2016/03/06(日) 14:06:05.79 ID:rtUHflai0

カルパッチョ『用意は良いですか?』

リモンチェッロ『蟷螂、用意できました』

アマレット『蝶、準備完了です』

カルパッチョ『よろしい。狐、山猫、準備できましたか?』

バルドリーノ『狐、万全です』

ラルド『OKです』

カルパッチョ『了解しました』



50:Ishmael 2016/03/06(日) 14:07:25.28 ID:rtUHflai0

カルパッチョ『ストライク・コマンドー作戦、状況を開始せよ』

ガアアアアア
バキキキキ
ゴゴンゴンゴゴ

カルパッチョ『狼、蛸、鴉。7分後に我々を追撃して森の中へ』

『『Si』』



51:Ishmael 2016/03/06(日) 14:08:15.32 ID:rtUHflai0

ピカタ「しかし、こういう作戦があるとは」

カルパッチョ「かなりえげつない方法かもしれないわ」

パスティエーラ「これも、戦車道よ」

カルパッチョ『位置についたら、ギリーシートで車体を覆って』

カルパッチョ『エンジンの回転数を落として、周囲の気配に身を包みなさい』

カルパッチョ『座学で教わった通り、潜入任務の鉄則を思い出して』



52:Ishmael 2016/03/06(日) 14:09:32.24 ID:rtUHflai0

____
___
__

モルタデッラ『こちら狼、私たちが先行する。蛸と鴉、左右に展開して』

ソアーヴェ『OK』

ブルスケッタ『はいよ』

ガロロロロ…



53:Ishmael 2016/03/06(日) 14:12:05.76 ID:rtUHflai0

モルタデッラ(一体どこに…?)

ソアーヴェ(どこにも気配はない…)

ソアーヴェ(ブービートラップは事前に聞かされた通りだから、ある程度どこにあるか予想はつくけど)



54:Ishmael 2016/03/06(日) 14:13:36.49 ID:rtUHflai0

ガロロロロ
ブツン
グワァァァ

モルタデッラ「うわぁ!!」

ソアーヴェ(その時見えたのは)

ソアーヴェ(ワイヤーで持ち上げられてひっくり返りかけたパンター)

ソアーヴェ(一瞬何が起きているのかわからなかった)



55:Ishmael 2016/03/06(日) 14:14:26.00 ID:rtUHflai0

ブルスケッタ『罠よ!!後退!!』

ガアアアアア

ブツンッ
ヒュウウウウ…BOOOOM!
GAHHHHN

モルタデッラ「うひゃっ、模擬弾とはいえ効くッ」



57:Ishmael 2016/03/06(日) 14:15:31.02 ID:rtUHflai0

ソアーヴェ『下がって!』

ガアアアア

ソアーヴェ(敵の位置がわからない!くそっ)

ソアーヴェ『左に展開!急げ!』

BOOOM BOOOOM
グシャアアアア
GAHHHHHN



58:Ishmael 2016/03/06(日) 14:16:06.59 ID:rtUHflai0

モルタデッラ「…はあ」ションボリ

ブルスケッタ「演習でそんなに落ち込んでどうすんの」

モルタデッラ「わかってはいるけど、この間もああやってやられちゃったし」

ブルスケッタ「あれは仕方ないわ」

ブルスケッタ「この作戦は私たちがやる側だし、そんなに気にしなくていいでしょう」

ブルスケッタ「むしろ敵の反応が今のあんただってことよ。結構有効な作戦ね、コレ」

ブルスケッタ(奇想天外な作戦もあったものだけど)



60:Ishmael 2016/03/06(日) 14:16:59.97 ID:rtUHflai0

____
___
__


カルパッチョ「以上で今日の演習は終了です!」

「「お疲れ様でした!」」




61:Ishmael 2016/03/06(日) 14:17:39.42 ID:rtUHflai0

数日前


カズ「今日は久々に、俺達が教練を行う」

カズ「メインアドバイザーとして、うちのジョンを連れてきた」

カズ「いつもはCQCの教練が主だが、今日はカムフラージュの講義を受けてもらう」

カズ「今回君らがやる作戦は、カムフラージュが不可欠だからな」

カズ「じゃあ、頼むぞ。通訳も付けてある」



62:Ishmael 2016/03/06(日) 14:18:35.22 ID:rtUHflai0

スネーク「ああ…じゃあ、始めよう」

スネーク「まず、周囲には環境ごとに特有の気配がある」

スネーク「風の吹き方、色__」

スネーク「少しの違和感が命取りになる」

スネーク「周囲の環境に溶け込んでいなければならない」

スネーク「偽装効果を追求するんだ」

スネーク「さしあたっては車体に迷彩を塗るか__」

スネーク「ギリーシートを使うといい」

※英語

兵士A「~」



64:Ishmael 2016/03/06(日) 14:19:16.94 ID:rtUHflai0

一同「」フムフム

スネーク「エンジンの回転数も下げるようにしておけ。森の中の、鳥の鳴き声や風の音に紛れ込めるように」

スネーク「それから___」
____
___
__



65:Ishmael 2016/03/06(日) 14:19:53.99 ID:rtUHflai0

格納庫

アマレット「ペンキ持ってきてー!」

カプレーゼ「はい」ス

ミネストローネ「塗ってくよー」

カンパリ「ムラなく塗って、と。ああ複雑だなこの迷彩。目が痛くなりそう」ヌリヌリ


グラッパ「ギリーシート、ほつれとかない?」

マリナーラ「今のとこないね」


グラウンド

カファレル「落とし穴掘るの、上手くなった気がする」ザックザック

ピアディーナ「いいじゃない」ザンッ



67:Ishmael 2016/03/06(日) 14:20:45.32 ID:rtUHflai0

_____
____
___


第一地下教室

カルパッチョ「いよいよ明日は試合です」

カルパッチョ「今日までやってきたことを忘れないで」

カルパッチョ「そして、常に覚えていて」

カルパッチョ「”アンツィオは強い” 私たちならやれるわ」

「「はい!」」

カルパッチョ「以上で終わります。これにて解散!」

「「お疲れ様でした!」」



68:Ishmael 2016/03/06(日) 14:21:29.19 ID:rtUHflai0


自室

ピカタ「…」

ブウウウウン______

ズドドドドド

ピカタ「この映画、ランボーそっくりじゃん。イタリア映画なのに」

ピカタ「…」グビ

ピカタ「ふぅ」ゴロ

ピカタ「寝られないなぁ」


…zZZ



78:Ishmael 2016/03/06(日) 18:42:24.13 ID:rtUHflai0

_____
____
___

当日
試合会場

ガロロロロ

パンチェッタ「よっし、エンジン快調」

カルパッチョ『全車両、設備と兵装に異常はない?』



79:Ishmael 2016/03/06(日) 18:42:54.79 ID:rtUHflai0

『こちら蝶、異常ありません』

『こちら狼、異常なし』

『こちら鴉、万事オッケーです』

『こちら蟷螂、異常はありません』

『こちら蛸、いつでもいけます』

『こちら狐、全く異常ありません』

『こちら山猫、万全です』

『こちらトム!異常なしっ』

『こちらヴァンキッシュ、異常なし』



80:Ishmael 2016/03/06(日) 18:43:31.32 ID:rtUHflai0

カルパッチョ『蠍も異常はありません』

カズ『調子はどうだ?』

『ミラーさん!』

『今日も見に来てくれたんですか!?』

カズ『ああ。いつも通り観客席にいる』

オセロット『ジョンも一緒だ。楽しみにしてるよ』

『任せてください!』

『頑張りますよ!』

カルパッチョ『いつもありがとうございます』

カルパッチョ『では、サンダースの面々に顔合わせと行きましょう』ガチャ



81:Ishmael 2016/03/06(日) 18:44:34.00 ID:rtUHflai0

タッタッタ

カルパッチョ「!」

?「初めまして、アンツィオの皆様」

カルパッチョ「貴女が?(知ってるけど、黙っておこう)」

ナオミ「ええ、サンダース大附属隊長のナオミです。こっちはアリサ」

アリサ「試合前の交流も兼ねて、食事でもいかがかと思いまして」

カルパッチョ「ええ、どうもありがとう」ニコッ



82:Ishmael 2016/03/06(日) 18:45:38.25 ID:rtUHflai0

サンダース大附属ブース
フードコート・トレーラー

クレシェンティーナ「う~ん…まあ美味しいかな」モグモグ

ラルド「ピザは微妙だけどね」ムシャムシャ

クレシェンティーナ「そぉ?」


ボネ「この色彩感覚はどうなってんのよ?」

グラッパ「まあそれには同意するけどね」

マリナーラ「虹色のベーグルとかイカれてんのかな」ドンビキ

ロマーナ「それもそうだけど、この砂糖と油の量は異常だわ…普段こんなもの食べててよく太らないわね」

リモンチェッロ「ダイエットコーラでも飲んでるんでしょ」フッ



83:Ishmael 2016/03/06(日) 18:47:18.46 ID:rtUHflai0

カルパッチョ「みんな手を合わせて!」

「「ごちそうさまでした」」

カルパッチョ「じゃあナオミさん、ありがとうございました」

ナオミ「いえいえ。それじゃ、試合で」

カルパッチョ「はい」



84:Ishmael 2016/03/06(日) 18:47:55.83 ID:rtUHflai0

____
___
__

亜美「ではこれより、一回戦アンツィオ高校対サンダース大附属高校の試合を開始します!」

亜美「気をつけ!礼!」

カルパッチョ「」ペコリ

ナオミ「」スッ

ガシッッ(握手)

ナオミ「正々堂々行きましょう」

カルパッチョ「…ええ」



85:Ishmael 2016/03/06(日) 18:48:54.22 ID:rtUHflai0

カルパッチョ『みんな、合言葉は?』

『『アンツィオは強い』』

カルパッチョ『OK。じゃ、行きましょう』

カルパッチョ『Avanti!!』

ガオオオオオオオン

カルパッチョ「流された血によって、時は進んで行くのよ」



86:Ishmael 2016/03/06(日) 18:49:20.71 ID:rtUHflai0



ナオミ『Go Ahead!!』

ギャアアアアン

ナオミ「強者が、まがい物に対してその強さを証明する必要はないわ」

『『Semper Fi!!』』



87:Ishmael 2016/03/06(日) 18:50:28.20 ID:rtUHflai0

_____
____
___


観客席

オセロット「ついに始まったか…」

カズ「ああ…勝ってくれるといいが…」

兵士A「あの子達を信じましょう」

兵士B「大丈夫ですよ」

スネーク「…」



88:Ishmael 2016/03/06(日) 18:51:54.77 ID:rtUHflai0



アンチョビ「がんばれ…みんな…」ギュ

ケイ「さーて、ナオミはどう戦うのかな?」ニコニコ



89:Ishmael 2016/03/06(日) 18:53:15.33 ID:rtUHflai0

カルパッチョ『狐と山猫、蠍、トム、ヴァンキッシュは先行します』

カルパッチョ『パンター各車、指定ポイントへ』

『『Si!』』

カルパッチョ『到達次第、トラップを設置してください。その後はギリーシートで偽装して待ち伏せて』

カルパッチョ『トム、ハリー、丘の上に伏せて偵察してください』

ペパロニ『任せとけ!』

リコッタ『はいっ!』



90:Ishmael 2016/03/06(日) 18:54:13.40 ID:rtUHflai0

カルパッチョ『狐、山猫は蠍と一緒に』

バルドリーノ『はい』

ラルド『はいっ』


ガアアアア…



91:Ishmael 2016/03/06(日) 18:55:19.74 ID:rtUHflai0

ザックザック
カーンカーン
ガチャガチャ

ブルスケッタ「トラップの方はどう?」

カファレル「あと10分くらい!」

ブルスケッタ『トム、敵の姿は見えましたか?』

ペパロニ『まだだ。でも急いだ方がいいぞ』

ブルスケッタ『了解しました』

ブルスケッタ「あと7分くらいで設置を完了して!」

カファレル「努力してみる!」



92:Ishmael 2016/03/06(日) 18:58:17.91 ID:rtUHflai0

ジャンドゥーヤ「このチョコバー、美味しいですね」サクサク

ペパロニ「あんまり食いすぎるなよ?太るぞ」カカカ

ジャンドゥーヤ「姐さん、デリカシー無いっすね」アキレ



93:Ishmael 2016/03/06(日) 18:59:51.83 ID:rtUHflai0

ガガガガ

ナオミ(アンツィオ…スポンサーがついて以来飛躍的な進化を遂げたと聞いた)

ナオミ(編成は全くのブラックボックス)

ナオミ(わかったのは新型車輌が投入されたということだけ)

ナオミ(慎重にやっていったほうがいいだろうけど…)



94:Ishmael 2016/03/06(日) 19:06:14.21 ID:rtUHflai0

ナオミ『JACK、JILL、GRACE、BETTYはJUDYとPEGGYについてきて』

ナオミ『SAM、GLEN、GEORGEはZEKEを護衛しつつ後方に』

『『Yes,mom!』』

ナオミ『Go Ahead!!』

ギャアアアア



95:Ishmael 2016/03/06(日) 19:07:08.64 ID:rtUHflai0

ナオミ(どんな車輌であろうと____)

ナオミ(パーシング4輌とファイアフライ2輌が全てやられる、ということもないはずだ)

ナオミ(正面からジワジワと押してやるとしよう)

ガオオオオオン



96:Ishmael 2016/03/06(日) 19:08:30.08 ID:rtUHflai0

“Mine eyes have seen the glory of the coming of the Lord”

主の栄光を眼前に据える

“He is trampling out the vintage where the grapes of wrath are stored”

積もり積もった怒りの葡萄を踏みしめる

“He hath loosed the fateful lightning go his terrible swift sword”

神速の刃から運命を分かつ雷光を放ち

“His truth is marching on”

彼の真理は進み征く

“Glory! Glory! Hallelujah!”

栄光在れ 彼を讃えよ


ゴオオオオオオン…



97:Ishmael 2016/03/06(日) 19:09:59.13 ID:rtUHflai0

ネソベリー
ヒュパッピピン

ペパロニ「ん、お出ましか」

ペパロニ『こちらトム。ご新規6名さまだ』

ペパロニ『パーシング様4名、ファイアフライ様2名』

ペパロニ『テーブル席にご案内しろ』ニヤニヤ



98:Ishmael 2016/03/06(日) 19:11:01.15 ID:rtUHflai0

カルパッチョ『了解しました』

カルパッチョ『ストライク・コマンドー作戦』

カルパッチョ『状況を開始せよ』



99:Ishmael 2016/03/06(日) 19:13:31.01 ID:rtUHflai0

_____
____
___

観客席

カズ「…森の中で止まったままか」

オセロット「待ち伏せてのゲリラ戦か」

オセロット「真正面からの戦いを好むサンダース相手なら定石通りってところか」

カズ「ブリーフィングを聞いた限りでは、トラップを使うらしい」

カズ「怪我人でも出なければいいんだが」

オセロット「まあ奴らならうまくやるだろう。今まで戦車道の試合で出た怪我人はそんなにいない」



100:Ishmael 2016/03/06(日) 19:17:36.75 ID:rtUHflai0

ナオミ(どこにもいない?)

ナオミ(アンツィオのCVとセモヴェンテならここでの待ち伏せも想定内だが…)

ナオミ『GRACE、BETTY、JACK。先行して』

ナオミ『森の中に潜んでいる可能性が高いわ』

『『Yes, mom!』』


ガアアアアア…



101:Ishmael 2016/03/06(日) 19:20:13.45 ID:rtUHflai0

____
___
__


リモンチェッロ『敵を視認。パーシング三輌』

リモンチェッロ『攻撃開始の指示を待ちます』

ブルスケッタ『了解しました。残りの車輌は見える?』

リモンチェッロ『森の中には入っていませんが、付近にいると思います』

ブルスケッタ(入り口から一番近い位置にいるのは…)

ブルスケッタ(蝶か。偵察を出させよう)



102:Ishmael 2016/03/06(日) 19:21:19.30 ID:rtUHflai0

ザザザ
ピピン

ジーッ

カプレーゼ(多分3km以内にはいるはず)

カプレーゼ(通信によればシャーマン以外の車輌は来ているから)

カプレーゼ(ファイアフライ二輌とパーシング一輌は…)


カプレーゼ(見っけ)



103:Ishmael 2016/03/06(日) 19:23:55.91 ID:rtUHflai0

カプレーゼ『~地点、ファイアフライ二輌とパーシング一輌を発見』

カプレーゼ『森の中の様子をうかがっているようです』

ブルスケッタ『了解したわ』

ブルスケッタ『なるべく早く車内に戻りなさい。危険よ』

カプレーゼ『はい』

タッタッタ



104:Ishmael 2016/03/06(日) 19:24:55.26 ID:rtUHflai0

ナオミ(...?今、何か…?いや)ジー

JACK車長『どうしました?』

ナオミ『なんでもないわ』

ナオミ(気のせいか)



105:Ishmael 2016/03/06(日) 19:27:07.29 ID:rtUHflai0

____
___
__

ブルスケッタ『どうしましょうか?トラップは設置完了しましたし、既に各車ポイントについて偽装済みです』

カルパッチョ『そうね…森の外で待機している車輌とはどのくらいの距離がありますか?』

ブルスケッタ『1500m程度との報告です』

カルパッチョ(今の偽装効果とカムフラージュ率を考慮すれば…)

カルパッチョ『トラップの位置まで誘導して、吊り上げてから砲撃。タイミングは貴女に任せるわ』

ブルスケッタ『Si』



106:Ishmael 2016/03/06(日) 19:28:08.17 ID:rtUHflai0

ブルスケッタ『パンター各車に告ぐ』

ブルスケッタ『先頭のパーシングがトラップに引っかかるまで待機』

ブルスケッタ『引っかかったら即座に攻撃を開始して』

『『Si』』



107:Ishmael 2016/03/06(日) 19:32:36.11 ID:rtUHflai0

ガロロロ…

JILL車長『…何もないわね』

BETTY車長『報告してもいいかな?』

JILL車長『そうね___』



108:Ishmael 2016/03/06(日) 19:33:21.90 ID:rtUHflai0

パッブツン
ガッグオオオオン

JILL車長『うわっ!?』

ヒュウウウン
DOGAHHHN!

BETTY車長「何!?砲撃?でも榴弾…?」

プラーン…

BETTY車長「振り子!?」



109:Ishmael 2016/03/06(日) 19:34:52.11 ID:rtUHflai0

GRACE車長『こちら先発隊、攻撃を受けていますが位置は不明です!』

ナオミ『すぐに撤退しろッ___』



110:Ishmael 2016/03/06(日) 19:35:29.87 ID:rtUHflai0

ブルスケッタ『Spara!!』

DOOOOM DOOOOM
DOOOOM DOOOOM
DOOOOM!

GAHHHHN GAHHHHN
GAHHHHN!
シュパッシュパッ

モルタデッラ『エネミーダウン!』

ブルスケッタ『まだよ!1輌残ってるわ!』



111:Ishmael 2016/03/06(日) 19:36:29.15 ID:rtUHflai0

BETTY車長『こちらBETTY、走行不能ですすみません!』

JILL車長『こちらJILL、やられましたすみません!』

ナオミ「!?」

ナオミ「なんてこと…」

ナオミ『敵の位置は!?』

JILL車長『発砲音からして、森にカムフラージュしています!』

JILL車長『ここからでは把握できませんでした!』

ナオミ「ちっ」



112:Ishmael 2016/03/06(日) 19:37:33.54 ID:rtUHflai0

ナオミ『GRACE、後退してこっちに合流しろ!』

ナオミ『PEGGY、JACK!榴弾で攻撃開始!』

ナオミ『燻し焼きにして引き摺り出すぞ!』

『『Yes, Mom!』』

ナオミ『Fire!!』

BOOOOOM BOOOOOM
DOOOOOMB DOOOOOMB



113:Ishmael 2016/03/06(日) 19:39:56.12 ID:rtUHflai0

グシャァアアアア グシャァァァ
GAHHN BOOHHHHH


アマレット「うわぁぁあ!」

ブルスケッタ『パーシングを2輌始末しましたが榴弾の雨を降らせてきました!』

ブルスケッタ『撃ち漏らした残り1輌には逃げられました!』

ブルスケッタ『多分増援も呼んでます!このままでは森ごと焼かれてしまいます!』

アマレット『こちら蝶、榴弾の火炎でギリーシートが燃えててヤバイです!!』



114:Ishmael 2016/03/06(日) 19:43:49.26 ID:rtUHflai0

カルパッチョ『落ち着いて対処して!』

カルパッチョ『蝶は即座に消火してギリーシートを破棄しなさい!森の中なら正確な位置はバレにくいわ』

カルパッチョ『トム!ハリー!出番よ、パンター全車を退路に誘導して作戦領域から離脱させて!』

カルパッチョ『”大脱走作戦”を実行します!』

ペパロニ『OK任せろ!』

ペパロニ『パンター全車、右に転換して~地点まで移動しろ。砲弾の雨はしっかり避けろよぉ?』

リコッタ『合流して、そこから先導します!それまで無事でいてください!』

『『Si!!』』



115:Ishmael 2016/03/06(日) 19:46:08.61 ID:rtUHflai0

シュァアアアア
バッサバッサ
ベリベリベリ

ブルスケッタ『蝶!ギリーシートの回収は済んだ!?』

アマレット『できました!』

ブルスケッタ『じゃあ全車、撤退開始!』

ブルスケッタ『殿は蛸が務めるわ!前に突っ走ることだけ考えて!』

ギャアアアアア
ゴゴゴゴ
BOOOOM!




116:Ishmael 2016/03/06(日) 19:46:45.51 ID:rtUHflai0

ナオミ「!!」

ナオミ(動き出した!さっき車体が燃えてたのは…ギリーシートか!)

ナオミ(まあいい)

ナオミ『ここにいる全車輌、森の中をよく見ろ!動き出した!』

ナオミ『奴らは車体にギリーシートを装着しているぞ!』

ナオミ『榴弾で燃やすか、そのまま徹甲弾を撃ち込んでやれ!』

『『Yes, mom!』』



117:Ishmael 2016/03/06(日) 19:47:15.76 ID:rtUHflai0

ナオミ『逃げられる前に仕留めるぞ!Fire!!』

BOOOOOM
DOOOOOOOMB
DOOOOOOOMB
ドゴォォォン
グシャッベキィィ
ゴッゴン



118:Ishmael 2016/03/06(日) 19:50:06.47 ID:rtUHflai0

モルタデッラ『砲弾の雨あられだよぉ!うわぁああ!』

リモンチェッロ『黙って前を向けぇ!』

ブルスケッタ『位置がバレるからあまり撃ち返さないで!』


ナオミ「砲手を代われ!私がやる」

ナオミ「…!」

DOOOOOMB GAHHHHN
シュパッ

ブルスケッタ『蛸、走行不能!』

ブルスケッタ『健闘を祈るわ!』



119:Ishmael 2016/03/06(日) 19:50:41.28 ID:rtUHflai0

ガアアアア

リコッタ『遅れてすみません!』

ペパロニ『待たせたな!』

ソアーヴェ『Grazie! 先導お願いします!』

ペパロニ『遅れるなよ!ペパロニ様に続けぇ!』


『『おーっ!!』』

ギャアアアアアン



120:Ishmael 2016/03/06(日) 19:51:07.72 ID:rtUHflai0

ナオミ(あの戦車、一体なんだ?回転砲塔だけど、P40ではない…)

ナオミ(まさか…?)

PEGGY車長『…撤退を確認』

ナオミ『JACK、撃破した車輌を見てこい』



121:Ishmael 2016/03/06(日) 20:06:09.00 ID:rtUHflai0

観客席

ケイ「あらら、パーシングがもう2輌やられちゃったか」

アンチョビ「あれ、思ったより…じゃなかった当然だ!」


カズ(ん?アンチョビ、来てたのか)

オセロット(大洗との練習試合にも来てただろう)

カズ(そうだったのか…)


スネーク(パーシングがやられたということは、きちんと教えた通りにしてるようだな)ニィ




122:Ishmael 2016/03/06(日) 20:17:57.09 ID:rtUHflai0

____
___
__

JACK車長『アンツィオがパンター持ってるなんて…』

ナオミ『それもG型。おまけにギリーシート付き、その下にはタイガーストライプの迷彩ペイントときた』

PEGGY車長『貧乏なアンツィオにそんな技術とお金があるのでしょうか?』

ナオミ『スポンサーがついたって話はあったから、不思議ではないわ』

ナオミ『GRACE、森で何があったの?』

GRACE車長『ええと…微速で前進中に、何かが切れるような音がして、それからBETTYの前あたりで爆発が起きました』

GRACE車長『それから、ワイヤーみたいなものでJILLが持ち上げられて、身動きが取れなくなっていました』



123:Ishmael 2016/03/06(日) 20:19:58.63 ID:rtUHflai0

ナオミ『…通信ログと貴女の証言から察するに、ブービートラップに引っかかったってわけね』

ナオミ(まるでベトコン…まさか)ハッ

ナオミ『陣地に戻れ!』

ガアアアアア

ナオミ『ZEKE!護衛を引き連れて移動しろ、狙われているぞ!』



124:Ishmael 2016/03/06(日) 20:24:54.59 ID:rtUHflai0

カルパッチョ『全車、合流できましたね』

カルパッチョ『ではこれより、パンター全車、蠍、セモヴェンテ二輌の横隊隊形で、フラッグ車及び護衛車輌への総攻撃を仕掛けます』

カルパッチョ『ファイアフライと、生き残ったパーシングがこちらの意図に気付いて陣地に戻るまでが勝負です』

カルパッチョ『トムとハリーは、私たちを見届けてください』

カルパッチョ『では行きましょう。Avanti!!』

ギャァアアアア

ペパロニ『頑張れ!』

リコッタ『幸運を!』



125:Ishmael 2016/03/06(日) 20:25:50.26 ID:rtUHflai0

ナオミ(パーシングもファイアフライも最高速度は時速40km)

ナオミ(あっちの車輌はどれも時速30kmそこらだけど、初動はあっちの方が早い)

ナオミ(間に合えばいいが…)




126:Ishmael 2016/03/06(日) 20:30:24.36 ID:rtUHflai0

観客席

ケイ「ナオミ、あちらさんの意図に気付いたのね」フゥ

アンチョビ「意外と早かったな。機動力ならアンツィオの方が上だ、間に合わないよ」

ケイ「そうかしら?ウチだって、そんなヤワな鍛え方はしてないわよ」

ケイ「勝負は時の運だって、誰かさんが言ってるの知らない?」



127:Ishmael 2016/03/06(日) 20:35:13.49 ID:rtUHflai0




ダージリン「」クシュン

オレンジペコ(風邪かしら?でも噂かもしれないわ)

ダージリン(寒いわね…天気は良いし、試合もそれなりに面白いのだけど)ズズ

ブォオオオンキキィ
ガチャッスゥッ
スタスタ



128:Ishmael 2016/03/06(日) 20:35:58.07 ID:rtUHflai0

?「ダージリン…いえ、名前を呼んであげるべきかしら?来ていたのね」

?「そこのミニメイフェアは貴女のでしょう?さすがに卒業生とはいえ、学校の車輌は持ち出せないものね」

?「だから私もバイクで来たわ」

ダージリン「!あ、あ…」

?「久しぶりね。大学ではまだ会っていないし」ニコッ

?「ペコは、初めましてかしら?私は貴女を知っているけど」フフ

オレンジペコ「ええと、貴女は___」



129:Ishmael 2016/03/06(日) 20:39:35.23 ID:rtUHflai0

____
___
__

アリサ『こっちに向かってる!?一体何やってるのよ!』(涙目)

ナオミ『文句は後でいくらでも聞くから早く移動しろ!』

ナオミ『護衛各車、ZEKEを死守!』

ナオミ『防御陣形を組め!』

『『Yes, mom!!』』

ガアアアアア



130:Ishmael 2016/03/06(日) 20:41:32.11 ID:rtUHflai0

リモンチェッロ『敵フラッグ車視認!』

カルパッチョ『そのまま追い込んで!』

アマレット『行っけぇ!』

BOOOOOM BOOOOOM
ZOHHHHHH

アリサ「逃げろ、逃げろォォ!!」

ガオオオオ

カルパッチョ『追い立てなさい!!』

ギャァアアアアア



131:Ishmael 2016/03/06(日) 20:43:05.96 ID:rtUHflai0

観客席

ケイ「あれ、なんかデジャヴ…」

アンチョビ「なんだ、この鬼ごっこみたいな戦いは…」アゼン


ダージリン「サンドウィッチの中の胡瓜は、今年はアンツィオなのね」

オレンジペコ「去年も同じことをおっしゃいましたね」

?「ふふ、変わらないのね。ダージリン」

オレンジペコ「そうなんです、ダージリン様ったらことあるごとに格言を…」

ダージリン「ちょっと、ペコ…///」アセアセ

?「私がいた頃もちょうどそんな具合だったわ。ふふ」



132:Ishmael 2016/03/06(日) 20:44:16.05 ID:rtUHflai0

____
___
__

アリサ「このタフなシャーマンがやられる訳がないわ!6万輌も生産されたベストセラーよ!?」

アリサ「馬鹿でも扱えるくらい操作が簡単で、馬鹿でも扱えるマニュアル付きよ!」

ZEKE装填手「お言葉ですが、自慢になっていません。去年とお変わりないようですね」

ZEKE装填手(通信傍受機がないこと以外は、だけど。黙っておこう)

アリサ「うるさいうるさい!」

アリサ「なんでタカシは私に振り向いてくれないのよ!」

ガアアアア



133:Ishmael 2016/03/06(日) 20:45:51.67 ID:rtUHflai0

観客席

ケイ「Why~」(頭を抱える)

アンチョビ「こんな試合見たことないぞ…」

ケイ「去年もこんな感じだったのよ。フラッグ車を追う大洗をうちの本隊が追うって具合で」

ケイ「あの時はちょっと事情が特殊だったけど」(遠い目)

アンチョビ「…お互い苦労してるんだな」ポン

ケイ「…」(肩を抱く)

アンチョビ「…ど、どうした///」



134:Ishmael 2016/03/06(日) 20:47:11.02 ID:rtUHflai0

____
___
__

カルパッチョ『護衛車輌を確実に葬りなさい!』

『『Si!!』』

ガリアーノ「弱いところを狙ってっ」

BOOOOOM GAHHHHHHN
シュパッ

リモンチェッロ「Spara!!」

BOOOOOM GAHHHHHHN
シュパッ



135:Ishmael 2016/03/06(日) 20:48:51.47 ID:rtUHflai0

『こちらGLEN、走行不能!』

『こちらSAM、走行不能です!』



136:Ishmael 2016/03/06(日) 20:50:47.74 ID:rtUHflai0

ナオミ「ちっ」

ナオミ「砲手を代われ!装填スピードを上げろ!」

DOOOOOMB GAHHHHHHN
シュパッ

PEGGY車長「Fire!!」

DOOOOOMB GAHHHHHHN
シュパッ

ナオミ『護衛車輌だけを狙え!フラッグ車は私がやる!』

『『Yes, mom!!』』



137:Ishmael 2016/03/06(日) 20:51:41.97 ID:rtUHflai0

ソアーヴェ『こちら鴉、走行不能です。すみません』

モルタデッラ『狼もやられちゃいました!すみません!』

パスティエーラ『怪我はないわね!?』

『大丈夫です。幸運を!』


カルパッチョ『狐、山猫。蠍とともに右に転換して、稜線射撃を行って!』

『『Si!!』』

ピカタ「ここで決着をつけるつもり?」

カルパッチョ「速度と射程はあっちの方が上よ。このまま追いかけっこを続けてもやられるだけ」

カルパッチョ「賭けに出るわ、ピカタ」

ピカタ「OK、任せな」ググ

ガオオオオオオオ…



138:Ishmael 2016/03/06(日) 20:54:09.58 ID:rtUHflai0


ナオミ「!」

ナオミ(あの時と同じだ。同じ轍を踏んでやるものか)



139:Ishmael 2016/03/06(日) 20:54:51.10 ID:rtUHflai0

ピカタ『セミフレッド、コッパ、偏差射撃のやり方は覚えてるよね』

『『愚問です』』

ピカタ『よろしい。用意しろ!』

DOOOOOOMB DOOOOOOMB



140:Ishmael 2016/03/06(日) 20:57:36.14 ID:rtUHflai0

ラルド『護れ!』

ギャァアアアア ギャァアアア

GAHHHHHHHNB GAHHHHHHHNB
シュパッシュパッ


『アンツィオ高校、セモヴェンテ da 75/18二輌走行不能!』



141:Ishmael 2016/03/06(日) 20:58:38.04 ID:rtUHflai0


アマレット『パーシング二輌はうちらで仕留めるよ!』

アマレット『合図で撃って!』

リモンチェッロ『OK!!』

ギャッギャッ
グォオオオオン

アマレット『Spara!!』

BOOOOOM BOOOOOM
GAHHHHHN GAHHHHHN
シュパッシュパッ



142:Ishmael 2016/03/06(日) 20:59:37.54 ID:rtUHflai0


カルパッチョ「予想以上の猛反攻ね…まずいわ。思ったよりずっと早いし、強い」アオザメ

ピカタ「ファイアフライの装填が終わるまでにカタをつけるよ」

ピカタ「心配しなさんな」ニヤ

ピカタ「いつでも言ってよ。Spara、って」



143:Ishmael 2016/03/06(日) 21:01:57.06 ID:rtUHflai0

ガオオオオオオオ

アリサ「やった、やった!敵がどんどんやられてくわ!」

アリサ「サンダースに、シャーマンに、パーシングに勝てるもんですか!」

ガアアアアアア



144:Ishmael 2016/03/06(日) 21:02:23.57 ID:rtUHflai0

カルパッチョ「Spara!!」

BOOOOOOM

BOOOOOOM

ヒュウウウウウン_____



145:Ishmael 2016/03/06(日) 21:03:34.58 ID:rtUHflai0

GAHHHHHHHN

アリサ「うっ、わぁっ」グラッ



146:Ishmael 2016/03/06(日) 21:04:34.67 ID:rtUHflai0

GAHHHHHHHN

ピカタ「!!」



147:Ishmael 2016/03/06(日) 21:05:40.24 ID:rtUHflai0

シュパッ

シュパッ



148:Ishmael 2016/03/06(日) 21:07:14.97 ID:rtUHflai0

_____
____
___

『両フラッグ車走行不能____』

『残存車輌を確認中』


『サンダース大附属、残存車輌4』

『アンツィオ高校、残存車輌5』

『よって、アンツィオ高校の勝利です!』



149:Ishmael 2016/03/06(日) 21:07:42.78 ID:rtUHflai0

観客席

ワーワーナンデアンツィオガー!?
アリエナーイ ヤバー

ケイ「あー。でもまぁ、みんな頑張ってくれたよね」

アンチョビ「え、ええ…こんなことって、あるのか」

ケイ「あら。当然だ!って言わないの?」

アンチョビ「い、いやこういうのはもっと謙虚にだな…」アセアセ



150:Ishmael 2016/03/06(日) 21:08:45.80 ID:rtUHflai0



オレンジペコ「アンツィオがサンダースに勝つなんて、信じられない…」

ダージリン「…こんな格言を知ってる?”たとえ小さな斧でも、数百度これを打てば硬い木も切り倒せる”」

?「シェイクスピアね。好きなの?」

ダージリン「ええ、とても」

?「地道な努力が実を結ぶと言いたいのだろうけど、いきなり格言だけ言われても大体の人はわからないわよ」

ダージリン「」

?(それに、アンツィオは自分たちの努力だけで成り上がったわけではないし)



151:Ishmael 2016/03/06(日) 21:09:54.76 ID:rtUHflai0


スネーク「やったじゃないか」ニコニコ

カズ「嬉しいものだな」フフ

オセロット「祝いに行ってやろう」

兵士A「…」グッ

兵士B「やったな」グッ



152:Ishmael 2016/03/06(日) 21:10:28.44 ID:rtUHflai0



ナオミ「ああ、今年も…」フゥ

JUDY装填手「お疲れ様でした」ススッ

ナオミ「悪いね」ポフ



153:Ishmael 2016/03/06(日) 21:11:51.69 ID:rtUHflai0

______
_____
____

ヤッターワーワー

カルパッチョ「あっ」フラァ

パスティエーラ「大丈夫?」

カルパッチョ「うん、大丈夫。心配かけてごめんね」



154:Ishmael 2016/03/06(日) 21:13:28.61 ID:rtUHflai0

ザッザッザ

ナオミ「やぁ、隊長さん」

カルパッチョ「あ、ナオミさん__」

ダキッ

カルパッチョ「!///」

ナオミ「完敗ね。…まさかあんな手法を使ってくるなんて」

ナオミ「楽しかったわ」ギュゥウ

カルパッチョ「いえ、こちらこそ」

ナオミ「またいつか、戦車道の試合で会う事があったらよろしくね」ニコ

カルパッチョ「ええ」フフ



155:Ishmael 2016/03/06(日) 21:16:10.32 ID:rtUHflai0



ピカタ「あー、お二人さん」

パスティエーラ「ご飯の用意はいいんですかー?」

カルパッチョ「あ、そうね」

カルパッチョ「みんな!ご飯用意!」

「「Si!!」」

ペパロニ「”湯を沸かせ、釜を炊け!”」

カルパッチョ「アンツィオは、食事のためならどんな労も惜しみません」

カルパッチョ「勝敗にかかわらず、試合後は関わったスタッフや選手を労うのです」

カルパッチョ「サンダース大の皆さん、よければ召し上がって行ってください」ニコ

ナオミ「そうね,、いただくわ」ニコニコ



156:Ishmael 2016/03/06(日) 21:17:07.97 ID:rtUHflai0


カルパッチョ「それじゃみんな、手を合わせて!」

「「いただきまーす!」」



カルパッチョ(こうして、一回戦は私たちの勝利で幕を閉じた)




157:Ishmael 2016/03/06(日) 21:20:01.17 ID:rtUHflai0

_____
____
___

ルルルルルル
ルルルルルル
ガチャ

?『私です、少佐』

?『ええ、彼らは日本で活動しているようです』

?『一回戦はアンツィオ高校が勝利しました』

?『彼らの経済的な支援と、軍事訓練が功を奏したようです』

?『ええ。おそらくは、来るべき時までのモラトリアムのつもりなのでしょう』

?『または、彼らの理念を伝えるためか…』



158:Ishmael 2016/03/06(日) 21:22:39.87 ID:rtUHflai0

?『放って置かれては…?戦車道ですし』

?『はい。引き続き、GI6と共に監視を続けます』

?『何かありましたら、すぐに報告致します。指示があれば、いつでも』

?『二回戦?ああ、順当にいけば私の母校と当たるかと』

?『はい。では』

?『もしもの時は私が...』

?『アールグレイが始末をつけますわ』

ガチャン

アールグレイ「ふふ...」



159:Ishmael 2016/03/06(日) 21:23:21.94 ID:rtUHflai0

以上で終わりです。読んでくださった方、ありがとうございました。



元スレ
【ガルパン】カルパッチョ「Beyond The Bounds」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1457236064/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月06日 22:49
      • 女生徒が今まで頑張ってきた戦車道を オッサンに否定されてるようで読むのが辛い。
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月06日 22:56
      • もはやアンツィオである意味とか全くないんだよな、残念
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月06日 23:03
      • ANUBISかと思ったら違った
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月07日 00:48
      • 書いてる人ガルパン向いてないよ
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月07日 00:52
      • 文句があるなら読むなよ…
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月07日 01:00
      • コラボものって主軸側の作品をくっちゃったら終わりなんだよなぁ
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月07日 02:24
      • 1 つまらん
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月07日 02:43
      • ※6
        大洗あんこう物語の作者「せやな」
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月07日 09:09
      • 読まないと文句書けないだろ…
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月07日 10:09
      • 1 コラボは難しいねぇ…

        初期作は凄く良かったのに
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月10日 14:32
      • いやそもそも資金力を前提としたssなんだからそこ文句言っても…
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月11日 21:43
      • アヌビスかと思って開いたのに………

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ