TOP

伊織「私がやよいの身代わりになるって言ってるのよ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:18:52.26 ID:unJtcdMf0

(註・男は複数いますが、台詞は特に分けていませんので、全員【男】と表記されます)





 気が付くと、手錠をはめられている自分。
 伊織は辺りを見回した。
 見知らぬ男達が自分を取り囲み、にやにやと気持ち悪い笑みを浮かべている。

伊織(誘拐……された?)

 水瀬財閥の娘としてか、それともアイドル水瀬伊織としてか。

 どちらにしろ、男達の気持ち悪い笑みはある行為を容易に想像させる。




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:20:54.61 ID:unJtcdMf0

伊織「……目的は、何?」

男「いや、べつに」

伊織「はぁ?」

伊織「人一人誘拐しておいて、べつに? 何考えてんの?」

男「いや、アンタはそこにいるだけでいいから」

伊織「何よ、それ」

男「伊織ちゃんがじっとしているなら何もしないよ」

伊織「お金?」

男「だから何もしないって、家にも連絡しないよ。ああ、事務所にもね」

伊織「わけわかんないわよ」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:22:56.69 ID:unJtcdMf0

男「何もしないってば。伊織ちゃんが俺らに何かしてほしいってんなら別だけど」

伊織「何もして欲しいわけないでしょ!」

男「うんうん、そりゃそうだ。わかってる。当然のことだよな」

男「だから俺たちは伊織ちゃんに何もしないって」

男「そうそう、何もしないよ」

男「伊織ちゃんにはね」

伊織「……どういう意味よ」

 男達と伊織しかいない部屋。壁のドアが開くと、伊織と同じく手錠をはめられ、猿ぐつわを噛まされた高槻やよいが運ばれてくる。

伊織「やよい!」

伊織「あんたたち! 何やってんのよ!! やよいは関係ないじゃない!! 離しなさいよ!!」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:25:04.59 ID:unJtcdMf0

男「いやいや、俺らの本命がやよいちゃんだし」

男「そうそう、どっちかって言うと、伊織ちゃんの方がオマケなんだよね」

伊織「な……」

男「だからさ、オマケは黙っててよ」

男「そうそう、特別サービスでたっぷり見せてあげるからさ」

男「特等席だぜ?」

伊織「な、な……何を……」

男「おいおい、ガキじゃあるまいし、もうわかってんだろ?」

やよい「ん!!! んんんんっ!!!!」

伊織「やよい! 大丈夫よ! やよいは絶対私が護るんだから!!」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:27:06.10 ID:unJtcdMf0

男「は? 何言ってんだ、こいつ」

伊織「あんたたち! やよいに酷いことしたら絶対に許さないわよ! ウチの全力使ってでも叩きつぶしてやるわよ!!」

男「じゃあ、今すぐなんとかしろよ」

伊織「え?」

男「水瀬財閥の力とやらで、今すぐなんとかしろよ」

男「やよいちゃん助けてみろよ、自分助けてみろよ」

男「出来ねえ癖に」

男「出来もしねえことをぐだぐだと」

伊織「絶対……絶対許さない……」

男「だからっ!!!」





8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:29:07.66 ID:unJtcdMf0

男「許さないって言うくらいなら、今すぐ止めて見ろっつってんだろうがっ!!!」

伊織「う……」

男「結局口だけかよ。格好いいねぇ、伊織ちゃんは」

男「ま、俺たちゃやよいちゃんで楽しみますけどね」

やよい「んんんっ!!! んんんっ!!!!」

男「じゃ、そろそろ行きますか」

男「やよいちゃんのほっぺたふにふに」

やよい「んっ!! んんっ!! んんっ!!」

伊織「止めて!! お願い!! やよいに手を出さないで!!」

やよい「んっ!! んんっ!!!」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:31:09.29 ID:unJtcdMf0

男「ふにふに」

男「ふにふに」

男「柔らかいなぁ」

男「ああ、すっげえ柔らけぇ、……ああ、触っているだけで……うっ……」

伊織「お願い……止めて……止めてよ……お願いだからぁ……ううっ……ぐすっ……」

 男達の動きが止まる。

伊織「?」

男「そこまで言われたら考えなくもないけどな」

伊織「え……」

男「だけどなぁ、なんていうか」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:33:12.40 ID:unJtcdMf0

男「そうだよなぁ、身代わりが欲しいところだよな」

男「ああ、やよいちゃんの身代わりな」

伊織「……」

男「誰かが、身代わりになってくれるなら、やよいちゃんに手を出さなくてもいいんだよな」

伊織「あ……あ……」

男「いやいや、でも無理矢理はなぁ……」

男「そうだな、自分から進んで身代わりになってくれる子じゃないとなぁ」

伊織「……しが……」

男「そんな奴はいないだろうけどな」

伊織「……たしが……」





12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:35:14.85 ID:unJtcdMf0

男「あん?」

伊織「私がやよいの身代わりになるって言ってるのよ!」

男「いらん」

伊織「……え?」

男「別に無理矢理身代わりをさせる気はないって言ってるだろ?」

男「そうそう、無理矢理身代わりになって貰ってもなぁ」

男「是非身代わりになりたいって言う変態がいるなら話は別だけど」

伊織「……あ……」

男「いやいや、そんな変態女がいるわけねえだろ」

男「ぎゃははは、そりゃそうだ、そんな変態がいるわけねえな」





14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:37:15.82 ID:unJtcdMf0

伊織「あ……あ……」

やよい「ん!! んんんっ!!」

男「さて、それじゃあやよいちゃんを」

伊織「待って!!」

男「なんだよ、しつこいな」

伊織「私がやよいの身代わりに……身代わりになりたいんです」

男「は?」

伊織「やよいの身代わりになりたいんです!」

男「ほぉ……やよいちゃんの身代わりに」

伊織「はい」





17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:39:20.41 ID:unJtcdMf0

男「それじゃあ……」

 男が伊織の耳元でなにやら囁く。

男「お願いの仕方って奴があるだろ」

伊織「え……」

男「今教えてやっただろう?」

伊織「え……え……」

男「いやいや、無理ならいいんだよ。嫌々身代わりされてもつまらないしな」

男「それじゃあ、やよいちゃんを」

伊織「待って!!」

男「おい、いい加減にしつこ……」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:41:26.99 ID:unJtcdMf0

伊織「……てください」

男「ん?」

伊織「私の……オデ……コ……をペチン……ペチンしてください」

男「聞こえないなぁ」

伊織「オデコを叩いてください」

男「言いたいことはハッキリ言えよ」

伊織「私のオデコを叩いてください! 私のオデコをペチンペチンしてください!!!」

男「教えた言い方と随分違うなぁ」

伊織「……くっ……」

男「は、もういいや、おーい、やよいちゃんを」

伊織「私の!! 水瀬伊織の恥ずかしいくらい広がったオデコを! 皆さんの熱い大きな手のひらでペチンペチンしてください!!」





20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:43:28.66 ID:unJtcdMf0

男「へえ……」

伊織「お、お願いです。皆さんの熱い大きな手のひらが欲しいんです」

男「何処に?」

伊織「伊織の……恥ずかしいオデコにです」

男「おい、聞いたか」

男「聞いた聞いた」

男「へー、伊織ちゃん、そんなことして欲しいんだ」

男「それじゃあ、オデコはっきり見ないとなぁ」

 手錠を外す男。

伊織「え」





22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:45:33.90 ID:unJtcdMf0

男「自分で前髪を上げて広げるんだ。俺たちにオデコがハッキリ見えるようにな!」

伊織「…………はい」

男「これが水瀬伊織のオデコか」

男「おいおい、広げすぎだろ」

男「はは、よっぽど見て欲しかったんだな」

男「前髪上げろとは言ったけれど、まさかここまで上げるとはな、こいつ、本物だな」

男「こんな恥ずかしいオデコ、初めて見たぜ」

男「おらおら、ハッキリ見せるんだよ、俯いてんじゃねえぞ!」

男「こっちにも見せろよ!」

男「うわぁ、綺麗な肌色だなぁ」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:46:45.58 ID:/Efia8vm0

な、なんてあくどい野郎どもだ…・…!




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:47:48.93 ID:unJtcdMf0

男「艶々じゃねえか!」

伊織(ああ……私のオデコ……見られてる……こんな沢山の男の人たちに……)

男「じゃあ、リクエストに応えるか」

 ペチン

伊織「あ……」

 ペチンペチン

伊織「ん……ん……」

伊織(ああ、叩かれてる。ペチンされてる……こんな温かい大きな手で……凄い、大きな手のひら……)

 ペチンペチンペチンペチン

伊織「ん……あ……」





26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:50:03.80 ID:unJtcdMf0

伊織(駄目、こんなに叩かれたら赤くなっちゃう……あ、でも……)

伊織(やよいのためだから……うん、そう、これはやよいのためなの……)

  ペチンペチンペチンペチンペチンペチン

伊織「ああ……ああ……」

男「なんだこいつ、オデコ出しっぱなしだぜ」

男「ペチンしたところが赤くなってきたじゃねえか」

男「こいつもトンデモねえ女だな!」

男「ぎゃははははは」

 その後伊織は、気を失うまでペチンされた。





29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:52:05.33 ID:unJtcdMf0

 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




伊織「……ってことがあったのよ……」

P「な……なんてことだ……」

伊織「それ以来、誰かにペチンして貰わないと……」

P「なんだって……」

伊織「他に誰にされるよりも、あんたなら……」

P「しかし……」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:54:07.47 ID:unJtcdMf0

伊織「そうね……ごめんなさい」

伊織「あんな大勢の男達にペチンしてくれなんて頼んだ女なんて嫌よね、ごめんなさい」

P「伊織!」

伊織「何よ、離しなさいよ!」

P「嫌だ! 伊織! 俺がペチンしてやる! だから……だから!!」

伊織「同情なんて要らないわよ!」

P「違う! 俺がペチンしたいんだ!!」

伊織「……プロデューサー……」

P「伊織……」

 ぺちん!!







 その一日、伊織のオデコは腫れ上がっていたけれど、何故か誇らしげな表情だったという。

                                                                 終





33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 21:56:10.88 ID:unJtcdMf0

 以上お粗末様でした

 
 全員捕まえて千早・春香編とか、貴音・響編とか考えたんだけど、しんどいからやめた



元スレ
伊織「私がやよいの身代わりになるって言ってるのよ!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1357733932/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月06日 09:19
      • 罪深いな…
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月06日 09:34
      • 手錠で繋がれてたんじゃ本当の彼女らは見られないな、こいつらはド三流。
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月06日 09:54
      • チョコレート クランチ フラペチーノください
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月06日 10:04
      • 伊織のデコにオイルを塗りたいだけの人生だった…
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月06日 10:26
      • ヒュ→ッ!兄ちゃんやるね→!
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月06日 10:27
      • いおりんのおでこにチ○コでペチンペチンしたい
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月06日 10:34
      • やよいには何するつもりだったんだろうか
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月06日 10:58
      • 私が高槻さんの身代わりになるわ!!
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月06日 11:11
      • こんなひどい話よく思いつくな
        親の顔が見てみたい
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月06日 11:32
      • すまん、興奮してしまった
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月06日 11:55
      • 以前からわたくしも伊織のおデコをぺちんとしてみたかったのですが……
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月06日 12:23
      • 私が身代わりの高槻さんになるわ
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月06日 12:48
      • ちーちゃん可愛い
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月06日 12:49
      • 俺は男の身代わりになろう
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月06日 13:10
      • ※14
        これから水瀬家に処理されかけてる男の身代わりになるのか
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月06日 15:07
      • チンビン神
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月06日 15:09
      • あのままやよいがされるがままだったら仕事と家事で溜まった疲れが完全に抜けるまで肩&掌&腰のマッサージが行われていただろう
        恐ろしい連中だ…
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月07日 00:40
      • なんてひどいことを
        モト冬樹みたくなったらどうするんだ
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月07日 11:47
      • 何てひどいことを……ッ!!早くいおりんの腫れ上がったおでこに冷えピタシートわ貼って差し上げなくては!

        一枚では足りん!?なら二枚貼ればいいだろうが!!
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月09日 00:31
      • 冷えピタ2枚貼れるw
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月10日 06:39
      • 再掲載?
        いつのだよ

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務