TOP

菜々「なつななでコント!」夏樹「アパート……」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 18:22:16.05 ID:rPFP7x3K0


※二人は初対面という設定です。あんまりアイドル関係ないです。
※キャラ崩壊注意です。特にウサミンがマズい事になってます。ご容赦を。
※コントの元ネタはあります。





テレビ『本日の天気は、関東一体は晴れになる見込みです。しかし、昨日と比べて気温は急激に下がるので、防寒対策はしておいたほうが良いでしょう。東海地方では――』

ピッ!

夏樹「……今日は晴れるみたいだし、ツーリングにでも行こうかな」

ピンポーン!

夏樹「……?」ゴソゴソ




2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 18:26:17.82 ID:rPFP7x3K0

ガチャリ!!

菜々「突然すみません! 私、安部菜々と申します!」

夏樹「……ええ。」

菜々「実はナナ、三年ぐらい前までこの部屋に住んでたんですよ!」

夏樹「……へぇ、そうなんですか。」

菜々「今日ちょっとコッチに用事があって、アパートの方も見に行こうと思ったんです! ナナ、10年ぐらい住んでたんですよ! 『懐かしいなぁ!』って思いましたよ!」

夏樹「……」

菜々「そしてパッて見たら、部屋の明かりがついてるじゃないですか! 『うわ~! もう誰か住んでるんだぁ! 今どんな人が住んでるんだろうなぁ!』って思って!」

夏樹「」

菜々「それで来ちゃいました♪」




夏樹「……イヤ、あの、相当気持ち悪いぞ!?」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 18:30:07.75 ID:rPFP7x3K0


菜々「え?」

夏樹「これ相当だよ! 昔住んでた所に来てさ、『ああ、懐かしいな』って気持ちは分かるよ」

菜々「はい……」

夏樹「部屋の明かりついてたのを見たら、『おっ、誰か住んでるんだな。一体どんなヤツが住んでるんだろうな』と思うのもまだ分かるよ」






夏樹「……なんで来ちゃうの!?」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 18:33:07.44 ID:rPFP7x3K0


夏樹「いや、来てどうするのさ?」

菜々「懐かしいなぁって思って!」

夏樹「いや、それは分かるんだけどさ……」

菜々「あっ! やっぱりテレビの位置はソコなんですね!」

夏樹「それどんな種類の感動だよ!」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 18:36:03.74 ID:rPFP7x3K0


菜々「とりあえず上がっていいですか? お邪魔します♪」

夏樹「ダメに決まってるだろ!? ダメダメ! 多分だけど、中にいれたらもうオシマイだろ!」

菜々「そんな! シーチキン買ってきたんで一緒に食べましょうよ!」

夏樹「食わねぇよ!」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 18:39:13.01 ID:rPFP7x3K0


夏樹「なんかビニール袋持ってるなぁと思ったら、中身シーチキンかよ」

菜々「お嫌いでしたか?」

夏樹「嫌いとかそうじゃなくてさ、初対面の人間がカオ突き合わせて食う食べ物じゃないだろ! シーチキンって」

菜々「あの~。ところで、隣のおばあちゃんはまだ住んでますか?」

夏樹「え? ああ、あのばぁさんか。住んでるよ。ただ、ここんところ風邪ひいて寝込んでるみたいだけど」

菜々「あー……それはタイヘンですねぇ~……」




菜々「ミミミンミミミンウーサミン!!!!! ミミミンミミミンウーサミン!!!!! ミミミンミミミンウーサミン!!!!! ミミミンミミミンウーサミン!!!!!」
夏樹「待て待て待て待て!!」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 18:42:06.07 ID:rPFP7x3K0


夏樹「何イキナリ人んちの玄関で大声出してるんだよ!?」

菜々「大丈夫です、ナナはおばあちゃんと仲が良かったんで!」

夏樹「アタシがやったって思われるんだよ!! あとなんだよそのコールは!」

菜々「この元気増幅、ウサミンパワーで、おばあちゃんにビビッときてもらおうかと!」

夏樹「キテルよ、ばぁさんビビッてるよ! 今頃震えてるよ!」






菜々「下のおじいちゃんは元気ですか?」

夏樹「アンタなんで老人ばっか気になるんだよ!」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 18:45:32.96 ID:rPFP7x3K0

夏樹「下は今誰も住んでないよ」

菜々「え、そうなんですか?」

夏樹「そうだよ」

菜々「そうなんですか!? 下では、おじいちゃんが二人で住んでたんですよ?」

夏樹「……」


菜々「……珍しくないですか?」

夏樹「珍しいな!?」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 18:48:51.30 ID:rPFP7x3K0


夏樹「じいさんの二人暮らしって。……なんか変な勘ぐりしちゃうなオイ」

菜々「180センチと190センチぐらいのおじいちゃん達だったんですけど……」

夏樹「でけーな! ちっさい方もデカいじゃねーか! 何食ったらそんなに大きくなれるんだよ!」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 18:53:11.97 ID:rPFP7x3K0


菜々「……♪」ジロジロ

夏樹「アンタ、ホント帰れよ!」

菜々「ええ!?」

夏樹「部屋の中を覗こうとするなよ! 気色悪いぞ?! 帰れ!」

菜々「ちょっと押さないでください……! あ! あのエアコン!」

夏樹「エアコンがどうかしたのかよ?」

菜々「あれ、ナナが置いていったヤツです!」

夏樹「あのエアコンはアンタのだったのか」

菜々「あの、今住んでる空調の調子が悪いんで、アレ持って帰ってもいいですか?」

夏樹「ダメに決まってんだろ!」

菜々「そんなぁ~。……あ! あのカーテンもナナが置いていったヤツです!」

夏樹「……」

菜々「あのガスコンロもそうだ!」

夏樹「……」イラッ





菜々「まだ、半分ナナの家みたいですね♪」

夏樹「お前バイクで引きずり回すぞ」



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 18:55:16.22 ID:rPFP7x3K0

夏樹「分かったよ! 今度の休日、この部屋に最初からあったモノ全部棄ててくる! 気持ち悪いったらありゃしないよ!」

菜々「そ、そうですかぁ~……」

夏樹「そうだよ、やれやれ……」

菜々「……」






菜々「あっ、そうだ♪ 大家さんの昔の写メ見ますか?」

夏樹「見ねぇよ!」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 18:58:55.62 ID:rPFP7x3K0


夏樹「誰が興味あるんだよ!」

菜々「いや、貴重なオフショットですよ!?」

夏樹「大家はほとんどオフだろあんなの!」

菜々「じゃ、じゃあ! LINEだけ! LINEだけでも教えてください!」

夏樹「やってない! LINEやってないから! もう帰れッ!」

菜々「あ~れ~!」

バタン!! カチャカチャ……ガチャン!!

夏樹「はぁ……よし、追い出してカギ掛けた。しかし、何だったんだ今のは。気持ち悪いな……」

夏樹「ツーリングって気分じゃなくなったな……ギターのチューニングでもしようか」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 19:02:16.80 ID:rPFP7x3K0

菜々「……」

菜々「……」コソコソ

カチャカチャカチャ……ガチャリ!!

バン!

菜々「なつきち~!!」

夏樹「!!!???」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 19:04:56.95 ID:rPFP7x3K0

夏樹「えっ!? えっ!? えっ!?」

菜々「はがき届いてましたよ! なつきち♪」

夏樹「なんだよなつきちって! アンタにそう呼ばれる筋合いはないからな!?」

菜々「えっ、そうですか?」

夏樹「そうだよ! よく初対面の相手をあだ名で呼べるよな!? それもスゴくフランクに!」

菜々「またまた~♪ ナナ達、同じ部屋に住んでた仲じゃないですか!」

夏樹「アンタ底抜けに明るいな!」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 19:09:36.31 ID:rPFP7x3K0

夏樹「というかそれ以前に、どうやってカギ開けたんだよ!?」

菜々「このカギで開けました!」スッ

夏樹「なんで開くんだよ!」

菜々「これ、ナナが昔使ってたカギなんです!」

夏樹「なんだよ、カギ変えてないのかよ……」

菜々「これで隣のおばあちゃんの部屋も開きますよ!」

夏樹「なんだそのカラクリは!?」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 19:12:42.00 ID:rPFP7x3K0

菜々「ナナは昔、このカギを使っておばあちゃんの部屋に侵入して、せんべい食べてやりましたよ!」

夏樹「しょーもな! その行動しょーもないぜ!」

菜々「ところで、このアパートのお向かいに池があるじゃないですか?」

夏樹「ああ……あるな」

菜々「あそこには昔、鯉がいたんですけど、今はいないんです。なんでいないか知ってますか?」

夏樹「知らないよそんなの……」

菜々「ナナが全部食べちゃったからです♪」

夏樹「お前化けモンかよ!?」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 19:17:23.88 ID:rPFP7x3K0

夏樹「食うなぁ!? せんべいも鯉も、食うなぁお前は!」



菜々「あ~! この柱の傷、懐かしいなぁ!」

夏樹「……? あの高いところにある傷がなんだよ」

菜々「あのコレ、下のおじいちゃんが、時々身長を測りに来てたんですよ!」

夏樹「いやその文化なんなんだよ!?」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 19:22:03.40 ID:rPFP7x3K0

夏樹「あの柱の傷、確かにちょっと気にはなってたけどさ、まさか、じいさんの成長記録だなんて……それにしても、やっぱデケーな!」

菜々「今家賃っていくらですか?」

夏樹「あのさ、お前本当にいい加減にしろよ。いいか!? もう警察に突き出してもおかしくないレベルだぞコレは!」

菜々「それだけ教えてください! それを聞いたら帰りますから!」

夏樹「本当だな?」

菜々「はい!」

夏樹「本当に帰るんだな!?」

菜々「はいッ!!」

夏樹「……はぁ。3万5千円だよ」

菜々「ああああ~~……。やっぱり随分と安くなったんですね!」

夏樹「なんだよ安くなったって……」




菜々「いえ、ココ、人が死んでるんですよ」

夏樹「……え?」



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 19:27:16.14 ID:rPFP7x3K0

菜々「部屋で首吊って」

夏樹「……マジかよ」

菜々「どんな人が首吊ったか、知りたいですか?」

夏樹「いや、いいよ……」



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 19:31:27.47 ID:rPFP7x3K0



菜々「――わたしです」

夏樹「」



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 19:33:39.49 ID:rPFP7x3K0

菜々「小さい頃からここに住んでたんですけど、17歳の時に、イジメに耐え切れなくて、それで……」

夏樹「」

菜々「だからわたしはもう、永遠の17歳なんです。それに『帰れ』と言われても、帰る場所はここしかないって言いますか……」

――――――――――――――

――――――――――――

――――――――――

――――――――

――――――



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 19:42:27.10 ID:rPFP7x3K0

菜々「――まぁ、全部ウソなんですけどね♪」

夏樹「いやそうだよな!? うわー! ビビッた! ビックリしたー!! うわー!」バタバタ

菜々「あははははははは! アナタとっても面白いですね~!」

夏樹「アンタ一体何しに来たんだよ!?」

菜々「いや~! 懐かしいなぁって!!」

夏樹「帰れよ!!」

おわり



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 19:48:16.24 ID:rPFP7x3K0


元ネタはバイきんぐの「アパート」です。



元スレ
菜々「なつななでコント!」夏樹「アパート……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456046535/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月21日 21:23
      • どうしたら菜々さんがゆ
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月21日 21:32
      • いつも謎だわ。
        好きなお笑いグループのコントを好きなキャラに演じさせて、
        一体何が面白いんだろ?
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月21日 21:38
      • ちょっと電波でちょっと陰のある幽霊少女と、ぐう聖リーゼントの同居物か。ヤンジャン辺りでやってそう
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月21日 21:57
      • なつきちの方がぶっ壊れてる気がするんですが
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月23日 15:06
      • ※2
        強いて言うなら
        STEP
        1,好きなお笑いネタをほかの人にも知ってもらいたい。
        2,ツイッター等で動画貼るだけじゃ不特定多数には広がらない。
        3,ファンがたくさんいるアニメにSSで混ぜ込む。
        4,とりあえず読んで見る人達がいる。
        5,面白かったら他のコントが気になって検索かけてくれるかもしれない

        ということでどうでしょう?

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務