TOP

【ガルパン】みほ「大洗あんこう物語Ⅲ」

1: ◆v/LK4luEPU 2016/02/05(金) 22:22:00.31 ID:kn2mRfgZ0

【ガルパン】みほ「大洗あんこう物語Ⅱ」

の続編、劇場版の戦いになります

・劇場版編ですので、劇場版未視聴の方はネタバレに注意してください

・ストーリーの展開上文科相の役人さんの扱いが…なんで役人さんが好きな方には申し訳ありません

・細部時系列や展開が劇場版本編とは異なる展開があるかもしれません



4: ◆v/LK4luEPU 2016/02/05(金) 22:28:02.77 ID:kn2mRfgZ0

ダージリン「…茶柱が立ったわ。イギリスのこんな言い伝えを知ってる?茶柱が立つと素敵な訪問者があらわれる」

オレンジペコ「…すでに訪れてます。素敵かどうかは別ですが…」

DOM BAKOM

華「反撃してきませんね」

優花里「…きっと紅茶でも飲んでるですよ」

華「私たちは日本茶にしましょうか?」

麻子「ミルクセーキがいい!」

優花里「卵も牛乳もクーラーボックスに入れてきましたから作れますよ」

麻子「おぉー」

華「すごいです!」

沙織「ふふっ。それで、これからどうするの?隊長代理?」

梓「……この隙に包囲網を狭めましょう。あんまりのんびりしてると応援がやってきてしまうかもしれません。今のうちにグ口リアーナの戦車を倒しましょう」



7: ◆v/LK4luEPU 2016/02/05(金) 22:35:57.82 ID:kn2mRfgZ0

オレンジペコ「エキシビジョンとはいえ、油断しすぎたのでは?」

ダージリン「…勝負は時の運ですわ」

アッサム「…単に、大洗の隊長さんが不参加だから落ち込んで、指揮に身が入らなかっただけとかじゃないですよね?」

ダージリン「そ、そんな事が、あ、あるわけないですわ」(ガチャガチャ)

ペコ&アッサム(図星だったんだ…)

梓「全チーム、攻撃停止してください。今のうちに距離を詰めましょう。全車、前進!えっと、パンツァーフォー!」

全チーム「了解!」

VOOOO

梓(隊長、見ていてください。隊長の代理、立派にやって見せます!)

その頃

みほ「zz…うーん。やっぱりケーキは、イチゴショートがいいよぉ…ムニャムニャ」




9: ◆v/LK4luEPU 2016/02/05(金) 22:47:08.15 ID:kn2mRfgZ0

みほ「zzz…エヘヘ、そんなに沢山食べられないよぉ…zzz」

「…長…西住…長…西住曹長、起きてください!」

みほ「ふえっ?」

クルツ「大丈夫ですか?」

みほ「…あれ?…はっ」

バウアー「試合中に寝る奴があるか!」

みほ「す、すいません!」

マイヤー「まぁ、女子の試合じゃ夜通し徹夜でなんて事はないだろうから、無理もないか」



10: ◆v/LK4luEPU 2016/02/05(金) 22:55:45.95 ID:kn2mRfgZ0

ハンス「まぁ、相手が継続とアンツィオの相手じゃなぁ」

みほ「…でも二日かかるなんて思ってなかったです」

バウアー「あいつら相手じゃ下手に進撃したら危険だ。しかし、怪我で人手不足とはいえ、こんな時期に召集するとはすまなかったな」

みほ「いえっ、参加したのは自分の意思ですから。でも、まさかここまで長引くとは思ってませんでしたけど」

クルツ「大洗の方は大丈夫なんですか?」

みほ「皆、優秀な人たちですから。私はみんなの事を信じてます」



12: ◆v/LK4luEPU 2016/02/05(金) 23:03:04.40 ID:kn2mRfgZ0

ハンス「仲間の斥候が帰ってきたみたいですぜ」

バウアー「了解、黒騎士1より、知波単隊長車へ。状況はどうだ?」

池田(知波単硬式チーム隊長)「読みどおり前方の森林地帯に終結してるようだ。戦車は、BT-7とL3もしくはL6の軽戦車しか確認できなかったが、あいつらの事だ。対戦車科の連中がどこに隠れてるかわからん。下手に突っ込むのは愚作だな」

バウアー「あそこは、機甲科連中より戦車猟兵科のほうが強いからな。包囲しながら慎重に前進する。各車連携は密にせよ。西住、警戒は怠るな」

みほ「はいっ!」

バウアー「PANZER VOR!」

池田「前進!前へ」



14: ◆v/LK4luEPU 2016/02/05(金) 23:10:12.41 ID:kn2mRfgZ0

みほ「……」

バウアー「どうした?」

みほ「いえっ、…あの知波単の隊長さん。ちょっと意外だなぁと思って。全国大会の時もそうでしたが、知波単って結構すぐに突撃するイメージがありますから」

クルツ「確かに」

バウアー「今年は奴が隊長だからだろう。池田喜一、数少ない硬式戦車道の流派の中でも名門といわれる池田流の家元の息子だからな」

みほ「へぇー」

バウアー「なんだ、家元の娘の癖にそんな事も知らんのか?」

みほ「…硬式なんて大尉のところに来るまで、名前すら知りませんでしたから」



18: ◆v/LK4luEPU 2016/02/05(金) 23:21:49.35 ID:kn2mRfgZ0

VOOO

バウアー「お客さんだ。11時方向」

みほ「BT-7…。この距離なら。フォイア!」

BARM BAKKOM シュパッ!

バウアー「命中…いかん、砲塔旋回!3時方向」

みほ「はっ」

「喰えっ」

BOM シュパッ

黒騎士3「くそっ、火炎瓶だ。黒騎士3被弾した。脱出する!」




19: ◆v/LK4luEPU 2016/02/05(金) 23:41:50.13 ID:kn2mRfgZ0

「知波4号被弾!くそっ」

みほ「い、今のは!?」

バウアー「西住、機銃だ!」

みほ「は、はいっ」

CLICK

ビーッ!

アンツィオ生「ちっ、やられた」

バウアー「いいぞ。撃ち続けろ」

ベレッタ(アンツィオ男子隊長)「ちいっ。舐めるな!ハッ」

黒騎士5「ちっ、飛び乗られた。拳銃よこ…」

ベレッタ「くらえっ」

黒騎士5「手榴弾!」

BAKOM シュパッ






20: ◆v/LK4luEPU 2016/02/05(金) 23:45:11.60 ID:kn2mRfgZ0

バウアー「ちいっ」

みほ「大尉、2時方向に敵!クルセーダーです」

バウアー「アンツィオの鹵獲品か。左から継続の脅威もある一時後退だ」

池田「そのほうが無難だな」

バウアー「西住、撃ち続けろ。敵を近づけさせるな」

みほ「はいっ」

VOOOO

BARM BAKOOM シュパッ!



22: ◆v/LK4luEPU 2016/02/05(金) 23:55:24.30 ID:kn2mRfgZ0

バウアー「ここまで来れば大丈夫だろう。損害は?」

ハンス「パンター2両、突撃砲1両」

池田「うちはチハ57mm2両、チハ改1両だ」

バウアー「昨日から合わせると、これ以上の損害は無視できんな」

みほ「でも、戦車より対戦車道主体の相手に随伴歩兵も無しじゃ」

クルツ「しかし、悪魔で戦車道、歩兵は無しですからね」

池田「やはり、闇にまぎれての夜襲が得策か?」

みほ(はぁ、ごめん皆。今日も帰れないかも…)



23: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 00:06:26.43 ID:vBjtR47V0

芝田(知波単副隊長)「確かに昨日の夜戦では一定の戦火をあげはしましたが、さすがに2度目は無いかと」

池田「ふーむ。確かに一理あるな…。やはり、突撃しかないか」

みほ「えっ?」

バウアー「確かに、待ち伏せ主体の敵には突撃したほうが有効かもな」

池田「現状、敵の主力は軽戦車が主体。あのクラスなら我らが新兵器チヘでも相手になる」

みほ(結局突撃するんだ…。でも、今回ばかりはいっそ突撃したほうが有利かも)

その頃

西「ト・ツ・ゲ・キ、あぁ!かしこまりであります」


そどこ「えっ?」

西「突貫!」

VVVO BARM DOKKAN シュパッ!



26: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 00:16:33.77 ID:vBjtR47V0

バウアー「よしっ、突っ込むぞ。各車準備」

みほ「……よしっ」(非常スイッチのカバーをはずし照準器を覗く)

マイヤー「準備よしっ。いつでもいけますぜ」

ハンス「前方機銃、作動異常なし」

クルツ「曹長、装填は任せてください」

バウアー「…よしっ。池田、そっちはいいか?」

池田「いつでもいいぞ」(軍刀片手に砲塔脇に仁王立ち)

バウアー「PANZER VOR!」

池田「突撃ー!」



29: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 00:28:43.78 ID:vBjtR47V0

VOOOO

ブレダ(アンツィオ副隊長)「隊長、敵が来ます!」

ベレッタ「…来たか。ひきつけろよ」

バウアー「警戒しろ。その辺の穴に隠れてるかもしれん。木の上にも注意しろ」

アンツィオ生「……」

ベレッタ「…いいぞ、そのまま来い」



30: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 00:41:31.24 ID:vBjtR47V0

ベレッタ「今だいけぇ!」

「うおぉぉぉ」

ハンス「!!出て来やがったな。喰らえ!」

アンツィオ生「いけぇ!」(地雷を投げる)

黒騎士7「くそっ、やられた!脱出する」

バウアー「止まるな!全速だ」

アンツィオ生「ちっ」

池田「後方機銃!なぎ払え」

ビーッ ビーッ



31: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 00:50:28.18 ID:vBjtR47V0

VOOO

バウアー「よしっ、一陣は突破したな」

池田「あぁ、突撃成功だな」

知波単「万歳ー!」

バウアー「だが、相手のフラッグ陣地はまだ先だ。警戒を怠るな」

池田「!!前方にKV-1だ」

バウアー「お客だんだな。西住、喰え」

みほ「了解」

UEEEN BAKOM シュパッ!



33: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 01:00:31.82 ID:vBjtR47V0

みほ「えっ…うそっ?」

バウアー「くそっ、脱出だ!」

クルツ「馬鹿ないったいどこから?」

側面およそ1500m先

継続副隊長(以下副隊長)「……」

アールネ「流石だな。Ⅲ突の主砲をこの距離で、移動目標相手にぶち込めるなんざ」

継続生徒「流石、副隊長。照準器覗かせりゃ最強ですね」

アールネ「バウアー、お前にはでっかい借りがあるが、試合は試合だ。悪く思うなよ。よしっ、行くぞ!」



34: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 01:06:40.26 ID:vBjtR47V0

バウアー「無事か?」

みほ「はいっ!」

マイヤー「ちっ、継続の奴らだ。さっきの砲撃はあいつらか」

シュルツ「大尉、無事ですか?」

バウアー「あぁ、シュルツ。中隊の指揮を頼む。側面は俺たちで何とかする」

クルツ「なんとかたってどうやって?」

バウアー「クルツ、西住、後ろに積んだ箱を下ろせ」

クルツ「はいっ、重っ…一体何が?」

バウアー「硬式は命ある限り生身でも戦うんだ!意味はわかるな?」

みほ「生身はあの時以来ですけど、やってみます」



37: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 01:10:37.22 ID:vBjtR47V0

バウアー「こいつは改良型のパンツァーファウスト100だ。以前の60と違って100m先までは届く」

ハンス「だけど、その分重量も増してる。扱えるか?」

みほ「はいっ、やります!」

バウアー「いい返事だ。アンツィオの奴らが来る前に片をつけたいが、下手に急ぐと死ぬぞ。決して無茶だけはするな」

一同「了解」

みほ(えっと、まずは照準器を…)



38: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 01:16:26.10 ID:vBjtR47V0

ガシャッ

みほ「準備よしっ、後はうまく近づいて…」

VOOO

みほ(まだ、まだ…)

VOOO

みほ(500m…私ももう少し近づけば…)

アールネ「!!いるな…」

ガシャッ

みほ「!!」

アールネ「バウアーとこの嬢ちゃんか…だが、これも試合だ」

カチッ ビーッ

みほ「…あっ」



39: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 01:20:28.66 ID:vBjtR47V0

みほ「…被弾判定…重症」

クルツ「曹長!」

みほ「駄目!危ない」

バウアー「クルツ、伏せろ!」

アールネ「そこもか」

クルツ「ちっ」

みほ「…くっ、やられたのは足だけ…なら、まだ」

VHAM



40: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 01:23:16.22 ID:vBjtR47V0

みほ「…外した」

アールネ「なっ、まだ死亡判定じゃなかったのか」

みほ「…次こそ…」

ビーッ

みほ「あっ…」

アールネ「…死亡判定か」

クルツ「!!今なら」

VHAM

アールネ「ちっ、しまった…」

BAKKOM




41: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 01:33:31.08 ID:vBjtR47V0

アールネ「ちっ、あぶねぇぜ。いい運転だ」

エイノ「俺を誰だと思ってるんだ?兄貴」

クルツ「くっ、外した?」

アールネ「よしっ、反撃だ食らえ!」

バウアー「クルツ!」

「フラッグ奪取、繰り返す知波単学園がフラッグ奪取!試合終了、試合終了」

アールネ「ちっ。…負けたか」

芝田「か、勝ったぞー!」

知波単「ばんざーい!」

観覧席

池田「よくやったぞ」(死亡判定のため離脱)

みほ「……」



42: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 01:37:23.32 ID:vBjtR47V0

バウアー「あいつらよくやったな」

シュルツ「知波単連中がやってくれましたよ」

……

シュルツ「黒騎士2了解、指揮を引き継ぐ。いいか、前方のKVを突破して敵陣地を奪取する。今回はフラッグ戦だからな。フラッグをとりゃ勝てる」

VOOO

BARM

池田「すれ違いざまにぶち込め。ゼロ距離ならやれるぞ」

砲手「はいっ」

池田「撃てっ!」

BARM BAKKOM シュパッ

継続生徒「なっ、一式にやられた!?」

池田「よし一気に突っ込めー!」



43: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 01:42:21.67 ID:vBjtR47V0

継続生徒「突っ込んでくるぞ、撃てっ!」

PAM PAM KAN KAN

池田「対戦車ライフルか?!」

知波単生徒「くそっ、死亡判定だ」

黒騎士5「くそっ、転輪が動かん…なっ、丸太か。火炎瓶だ!」

シュルツ「ちいっ。流石継続だ。ゲリラ戦となると右に出る奴らはいな」

アンツィオ生「いけっ」

BARM

芝田「47mm砲だ!チハには脅威だな」

BAKOM



45: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 01:46:42.18 ID:vBjtR47V0

池田「ちっ、履帯を切られた」

芝田「隊長、早く脱出を!」

池田「俺にかまうな。いけっ!知波単魂を見せ付けろ!」

シュルツ「行くぞ。奴の犠牲を無駄にするな」

芝田「了解」

池田「まだ行けるぞ。発砲炎を頼りにぶち込め!砲弾尽きるまで撃ちまくれー!」

BARM DOKOKOKO



46: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 01:54:27.61 ID:vBjtR47V0

芝田「隊長は身を挺して、先頭に立ち勇敢に戦われた!隊長の努力を無駄にしないためにも、なんとしても我等がフラッグを奪取するんだ!」

知波単「うおぉー!」

……

バウアー「なるほど。流石池田の率いる知波単だな」

シュルツ「えぇ。あいつは仲間からの信頼がすごいですからね」

みほ「……」

クルツ「曹長、大丈夫ですか?」

みほ「…えっ?う、うん。死亡判定って初めてだから、なんか腰が抜けちゃって…」

クルツ「大丈夫ですか?…いいですよ。乗ってください」

みほ「えっ?さ、さすがに負ぶさるのは悪いよ…」

クルツ「流石に、曹長を置いていくわけには行きませんよ」

みほ「うぅ///(恥ずかしい)」




48: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 01:59:02.19 ID:vBjtR47V0

バウアー「何だ、西住。クルツに背負われて?足でもくじいたか?」

みほ「い、いえっ。試合でやられたのって初めてだったんで…その、腰が抜けてしまって…」

バウアー「情けない奴だな。それでも硬式の戦車乗りか!?」

みほ「すいません」

シュルツ「まぁ、判定だけとは言え戦死ってのはいい響きじゃねぇからな。初めてじゃ無理もねぇか」

ハンス「クルツ、落っことすなよ」

クルツ「大丈夫ですよ。装填手の体力を甘く見ないでください」

シュルツ「ほう。なら、ここから会場までそのまま運んでってうやれ」

ハンス「か、会場までですか!?」

みほ「それは流石に…恥ずかしいです///」



49: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 02:19:57.37 ID:vBjtR47V0

観覧席

愛里寿「みほ!」

みほ「あっ、愛里寿ちゃん。応援に来てくれてたんだ。ありがとう」(ニコッ)

愛里寿「う、うん///…残念だったね」

みほ「負けたの初めてだったから…」

愛里寿「でも、試合中のみほはかこよかったよ」

みほ「本当?ありがとう」



50: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 02:28:21.98 ID:vBjtR47V0

愛里寿「うん//」

バウアー「西住!」

みほ「はいっ。今行きます!じゃあね、愛里寿ちゃん」

愛里寿「うん。またね」

みほ「大尉、何でしょうか?」

バウアー「アンツィオの隊長が用があるみたいだ」

みほ「えっ?私にですか?」

バウアー「いやっ、我々全員にだ」



52: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 03:02:20.06 ID:vBjtR47V0

ワイワイ

ベレッタ「さぁ、喰え。試合が終わったら選手スタッフ一同を労うのがアンツィオの流儀だー」

みほ「…こういうところはアンチョビさんと一緒なんだ…。流石アンツィオ」

バウアー「貴様らこんなことやってるから金がないんじゃないのか?」

ベレッタ「食事の良し悪しは士気にかかわる。こんなことでは無い!」

みほ「確かに兵站も大事ですが、でも戦車が動かせないんじゃ試合が…戦車は維持するにも費用がかかりますし」

アールネ「無理して買わなきゃいいんだ。うちみたいに試合のつど手に入れてくればいい」

ベレッタ「現地調達で何とかなる」

みほ「……」



53: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 03:18:51.62 ID:vBjtR47V0

池田「…あぁ、そうか。うん、わかった。ありがとう」

ピッ

池田「西住さん」

みほ「はいっ」

池田「今日、大洗との試合に参加してた西から電話があったんだが、大洗でなにかあったらしいぞ」

みほ「えっ!?どういうことですか?」

池田「詳しくはわからんが、君の学校の生徒会長が急に呼び出されたり、港が慌しいかったりと、様子がおかしいみたいだ」

みほ「えっ、一体大洗に何が…」

クルツ「…もしかして」



54: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 03:28:36.74 ID:5WbscniT0

バウアー「何だ、クルツ?」

クルツ「はっ、確証は持てないのですが、この間の女子の全国大会の後、駐車場へ向かったときに…」

~回想~

文科省の役人「まずいことになったな…いやっ、待てよ。われわれは検討するとしか言ってない、撤回なんて言わなかったんだ。そうだ!何も撤回する必要は無いんだからな。フフッ、見てろよ大洗」

……

クルツ「…というのを目撃しまして」

みほ「それ本当なの?」

クルツ「えぇ。離れてたんで、あまりはっきりとは聞き取れはしなかったんですが」



55: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 03:36:42.59 ID:5WbscniT0

バウアー「役人なんて、ろくな話を聞かんからな。ありえん話ではないな」

シュルツ「ともかくお前は大洗に帰ったほうがいいな」

みほ「はいっ。でも、今からだと時間が…」

マイヤー「確かにこっからじゃ船に乗るにもなぁ」

「俺らが送ってやるぜ」

みほ「えっ?」



56: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 03:43:17.69 ID:5WbscniT0

ジョージ「よう、西住。今日もナイスファイトだったな」

みほ「あっ、ジョージさん、タカシさん」

タカシ「俺たちならヘリで来たから、すぐに飛んでいけるぜ。それに、ケイ隊長もなんだか大洗の為だとかで動いてる」

ジョージ「下手に移動手段探すよか、うちに飛んでケイ達に合流たほうが断然早いぜ」

みほ「本当ですか?!」

バウアー「行け、西住。仲間を見捨てるなよ」

みほ「はいっ」




57: ◆v/LK4luEPU 2016/02/06(土) 03:51:30.47 ID:5WbscniT0

VRAAA(UH-1)

タカシ「しっかりベルトしとけよ。落ちんなよ」

みほ「はいっ!」

バウアー「慌しくなってしまったが、今回は急な召集の中参加してくれた事、感謝する。何があったかはわからんが無事を祈ってるぞ。後を頼む」

みほ「はいっ」

ジョージ「あぁ、任せとけ。いくぞ!」

サンダース学園艦 滑走路

ケイ「みほー!」

みほ「ケイさん!」

ケイ「詳しい話は飛んでからしてあげるわ。今は時間がないわ早く乗って」

みほ「はいっ」

ジョージ「ケイ、後は頼んだぞ」

ケイ「OK。じゃあ行くわよ、TAKE OFF!」



81: ◆v/LK4luEPU 2016/02/07(日) 19:32:29.15 ID:ESSq/09mO

簡単ながら、今さらながら紹介します。硬式キャラ編



82: ◆v/LK4luEPU 2016/02/07(日) 20:01:25.08 ID:ESSq/09mO

ジョージ

サンダース大学付属 3年 硬式チーム3軍隊長

好きな戦車: m60a1パットン

趣味:戦史研究、スカイダイビング

日課:戦記を読むこと

男子3軍の隊長であり機動力と支援火力の下、数での猛進を好む、後退するのは嫌い。また試合中は最前線で指揮を執るほど戦い好き。試合でみほに撃破されて以来、みほに惚れている。顔立ちは良いので、女子からの人気は高いが、みほ以外は眼中にない。



83: ◆v/LK4luEPU 2016/02/07(日) 20:21:03.89 ID:ESSq/09mO

タカシ

サンダース大学付属 2年 硬式3軍、対戦車自走砲小隊小隊長兼副隊長

好きな戦車:M41 ウォーカーブルドッグ

趣味:レース観戦

日課:駆け足

対戦車自走砲小隊を率いてM18ヘルキャトでの機動力を生かした一撃翌離脱の奇襲戦法を得意とする。スピード感あるものが好きでありスピード狂な部分もある。航空機の操縦もレシプロまでなら可能。試合で撃破されて以来みほに惚れているが、他人からの好意には以外と鈍感であり、アリサの気持ちには気付いてない模様



84: ◆v/LK4luEPU 2016/02/07(日) 20:36:21.66 ID:ESSq/09mO

アールネ

継続高校3年 硬式チーム隊長

好きな戦車:特に無し(手に入るなら何でもいい)

趣味:ザバゲー

日課:装備品の手入れ

戦い好きで硬式戦の試合が大好きである。怒ると手が付けられなく'能登半島の恐怖'と呼ばれている。あのミカでさえ泣いて謝るレベル。継続高校で一番怒らせてはいけない人。だが仲間思いでもありチームの信頼は厚い。戦車は試合で調達するもの



85: ◆v/LK4luEPU 2016/02/07(日) 20:44:44.05 ID:ESSq/09mO

継続高校副隊長

継続高校 2年 副隊長

好きな戦車:Ⅲ号突撃砲G型

継続高校の副隊長。基本的に無口で隊長のアールネ位しか声を聞いたことがない。なぜかチームの皆が本名を知らない。射撃の腕が異常に高く照準器を覗けば右に出るものは居ない。以外と背が低いがカチューシャの様に気にしていない。

継続組のモチーフはフィンランドの白い死神とその上官です



87: ◆v/LK4luEPU 2016/02/07(日) 21:07:47.36 ID:ESSq/09mO

ベレッタ

アンツィオ高校3年 硬式チーム隊長

好きな戦車:レオパルド1A5

趣味:釣り

日課:寝起きのコーヒー

貧乏かつ、アンチョビ人気の女子に少ない予算の大多数を持って行かれる厳しい財政のアンツィオ硬式チームの隊長。戦車も少なく人数も居ない中で、隠れながら戦車に肉薄する少数精鋭のゲリラ戦法を主体とする。使える物は何でも使えがモットー

モチーフはエル・アラメインの戦いのエピソードから



89: ◆v/LK4luEPU 2016/02/07(日) 21:24:44.26 ID:ESSq/09mO

池田喜一

知波単学園 2年 硬式チーム隊長

好きな戦車:1式中戦車チヘ

趣味:剣術全般

日課:素振り 刀の手入れ

硬式戦車道の数少ない流派、池田流家元の息子
。女子に洩れず突撃精神の持ち主であるが、突撃は勝敗を決する重要な場面で使うものと、女子に比べ慎重である。また、幼い頃から侍に憧を持っており、武士道を重んじる。

モチーフは戦車隊の神様こと池田末男大佐



91: ◆v/LK4luEPU 2016/02/07(日) 21:32:16.27 ID:ESSq/09mO

島田愛里寿

基本は劇場版本編と同じ。
本作では、母親に言われて研修に来た硬式戦以来、みほの大ファン。みほが出る試合は欠かさず見に行っている。ボゴ好きということもあり、プライベートでも親友である。戦車道では、いつかは越えたい目標でもある。
みほへの熱の入れように選抜副隊長達は最近相手にされず、ご機嫌斜めである



92: ◆v/LK4luEPU 2016/02/07(日) 21:38:46.70 ID:ESSq/09mO

以上で、簡単でしたが紹介します。硬式キャラ編を終わります。
本編の製作は二週間後位かかりそうです。
今さらながら、新キャラ、一部本編キャラ含めキャラ設定したのは、劇場版の今後の展開考えるに…って事です。
それではまた



116: ◆v/LK4luEPU 2016/02/09(火) 22:41:34.00 ID:3p2ddWLdO

C-5 機内

みほ「廃校?!」

ケイ「えぇ。私もアンジーから詳しくは聞いて無いけど、本当みたいよ」

みほ「そんな…約束通り優勝したのに…」

ケイ「みほ…」

みほ「…あの、役人…」(ギリッ)

サンダース一同(怖っ)



117: ◆v/LK4luEPU 2016/02/09(火) 22:49:02.79 ID:3p2ddWLdO

ケイ「…でも、それだけ気力があるなら大丈夫そうね」

みほ「えっ?」

ケイ「貴方は隊長なんだから、隊長が落ち込んでちゃ皆に示しがつかないわ。こんな時こそ貴方がしっかりしないとね。でも、今のみほを見てたら心配なさそうね」

みほ「はいっ!」

ナオミ「…フッ」



118: ◆v/LK4luEPU 2016/02/09(火) 22:55:54.87 ID:3p2ddWLdO

ケイ「アリサ、後どの位?」

アリサ「…15分位ですね」

ケイ「もう少しね。帰ったらとりあえずシャワーかしら?」

みほ「うっ」

ケイ「試合直後だから仕方ないけど、女の子が汗ベッタリなんて良くないわ。そんなんじゃ、ジョージとタカシに嫌われちゃうわよ~」

みほ「えっ?いや、あの人達とは別に……」

アリサ「…あんたにはタカシは渡さないから」

みほ「アハハ…」



120: ◆v/LK4luEPU 2016/02/09(火) 23:01:28.15 ID:3p2ddWLdO

ナオミ「…見えたわ」

みほ「帰って来た」

ケイ「…OK、アンジー。大洗の校庭に降りるわよ。ナオミ、頼むわね」

ナオミ「…イエス、マム」

ケイ「着陸するわよ。みほ、しっかりベルとして、捕まってて」

みほ「はいっ!(皆、ただいま)」



121: ◆v/LK4luEPU 2016/02/09(火) 23:11:24.25 ID:3p2ddWLdO

大洗校庭

梓「…もう最後なんだね」

一同「……」

沙織「こんなのあんまりだよ…」

梓「全国大会、あんなに頑張ったのに…グスッ」

優花里「……ん?あれは!」




123: ◆v/LK4luEPU 2016/02/09(火) 23:21:55.42 ID:3p2ddWLdO

BGM:アメリカ野砲隊
沙織「な、何あれ!?」

優花里「サンダース大付属のC-5M、スーパーギャラクシーです!」

桃「サンダースで、うちの戦車を預かって貰うことになった」

柚子「紛失したという書類を作ったらわ」

Kan-kan(タラップを降りる音)

優花里「あっ…あぁ!」

Kan-kan

梓「グスッ…た、隊長ー!」

みほ「…皆、ただいま」(ビシッ)



135: ◆v/LK4luEPU 2016/02/10(水) 12:18:16.96 ID:lvQzIe4wO

「隊長ー!」「西住隊長!」「先輩ー!」「西住殿ー!」

みほ「えっ?ち、ちょっと落ち着い…きゃあ 」ドサッ

ケイ「ワオッ!さすがみほね」

杏「サンキュー、ケイ。無理言ってごめんね。西住ちゃんまで送ってくれて」

ケイ「うちは全然構わないわよ 。それにみほと一緒に素敵な空の旅が出来たしね」

一同「!!」

ケイ「…そ、それよりは余り時間が無いわ。皆、ハリーアップ!」



136: ◆v/LK4luEPU 2016/02/10(水) 12:27:05.00 ID:lvQzIe4wO

戦車搭載中

ケイ「うーん、ちょっと厳しいわね…上がれるかしら?」

アリサ「全部は無理ですね。今のままだと、最低でも重量軽いやつから3両は卸さないと上がれませんね」

梓「そんな…」

カエサル「3突を置いて行くのか?!」

エルヴィン「なっ…」

左衛門佐「無念でござる…」

おりょう「ぜよ…」

みほ「あの…」



137: ◆v/LK4luEPU 2016/02/10(水) 12:33:43.86 ID:lvQzIe4wO

みほ「パンターとコメット降ろせば行けませんか?」

カエサル「た、隊長?!」

アリサ「そうね…。その二両降ろせば、ギリ行けるけど」

ケイ「いいの?その2両って、大洗の主力じゃ無い」

みほ「大丈夫です!だから、お願いします」

ケイ「そこまで言うなら、分かったわ」

みほ「皆、今言った通り積み替えて」



139: ◆v/LK4luEPU 2016/02/10(水) 12:42:08.36 ID:lvQzIe4wO

ケイ「…それじゃあ、確かに預かったわ。移動先がわかったら教えてちょうだい」

ナオミ「…届けてあげるわ」

みほ「はいっ!ありがとうございました。ジョージさん達にもありがとうございすって、伝えてください」

ケイ「OK。じゃあ行くわよー!」
Guooo

優花里「…学校は守れなかったですけど、戦車は守れました」



149: ◆v/LK4luEPU 2016/02/10(水) 17:44:41.15 ID:lvQzIe4wO

優花里「でも、本当に良かったんですか?」

みほ「ん?」

優花里「パンターとコメットの事であります。あの二両は大洗の主力のはずでは?」

あけび「そうですよ」

典子「私たちの大事な戦車なんですよ!」

妙子「ここに置いといたら、取られちゃいます」

カエサル「私たちが無理を言ったばかりに…。隊長、申し訳ありません」

みほ「…大丈夫だよ」



150: ◆v/LK4luEPU 2016/02/10(水) 17:54:33.67 ID:lvQzIe4wO

優花里「何か策でも?」

みほ「何にも無いけど…だって、あの戦車私のだから」

生徒会以外「えっ?」

杏「流石に私物は没収できないでしょ」

桃「あれは、元々西住の貰い物だからな」

柚子「学園で使ってるけど、所有者は西住さんのままだしね」

典子「言われてみれば、隊長の貰い物だったんだっけ…」

優花里「そう言えば、西住殿の私物だったであります。…私物で戦車を持てるなんて、羨ましいであります」



151: ◆v/LK4luEPU 2016/02/10(水) 18:29:24.71 ID:lvQzIe4wO

みほ「だから、サンダースにお願いし無くても大丈夫だから。安心して…おっと」クラッ

梓「隊長、大丈夫ですか?!」

みほ「ありがとう、澤さん。昨日から徹夜の試合でろくに飲まず食わずで、余り寝てなくて…」

一同「徹夜!?」

沙織「徹夜なんて、お肌か荒れちゃうよー。美貌の大敵なんだからね!」

麻子「寝れないなんて恐ろしい…」

華「ご飯も食べられないなんて、あんまりです」

優花里「でも、夜戦も面白そうであります」



152: ◆v/LK4luEPU 2016/02/10(水) 18:50:24.72 ID:lvQzIe4wO

梓「そんな…。お疲れなら、後は私たち任せてゆっくり休んでください。」

みほ「でも、明日までに部屋も片付けないと…その前にお風呂入れてないし、シャワー浴びないと…」

華「お片付けなら任せて下さい」

麻子「荷物の整理なら任せとけ」

沙織「私たちに任せてみぽりんは休んでいいから。あっ、お腹すいてるなら何か食べる?」

みほ「みんな…ありがとう」

優花里「お疲れでしょうから、不肖秋山優花里!お背中を流させていただきます!」

みほ「それは、流石に大丈夫かな…」

優花里「・」(ガーン)



165: ◆v/LK4luEPU 2016/02/11(木) 07:24:02.09 ID:rAmyb4qXO

翌朝 学園艦荷物搬入口

みほ「…手伝ってくれてありがとう」

典子「いえ。この戦車は私たちの相棒でしたから」

係員「・おい、君たち!」

みほ「な、何でしょうか?」

係員「その制服、大洗女子の生徒だな?」

典子「そうですけど」

係員「事務所まで来てもらうか?」

典子&みほ「えっ?」



166: ◆v/LK4luEPU 2016/02/11(木) 07:35:07.53 ID:rAmyb4qXO

係員「戦車は、全部文科省の管轄になったはずだろ。その戦車を勝手に持ち出すのは、泥棒と同じだぞ」

典子「えっ?いや、これは隊長の…」

みほ「これは私の私物ですけど」

係員「な、なに?!」

みほ「登録書類も、私名義ですよね?何か問題があるんですか?」

係員「うっ…」



167: ◆v/LK4luEPU 2016/02/11(木) 07:42:37.32 ID:rAmyb4qXO

みほ「下船するにあたって、私物も降ろすのに何の問題があるんですか?」

係員「あっ、いや…その…」

みほ「分かっていたただいなら、もう大丈夫ですか?」

係員「そ、そうですね。どうぞ」

みほ「じゃあ、お願いします。傷とか付けたら、承知しませんよ?行こう、磯辺さん」

典子「は、はいっ!」

係員「……最近の女子高生キツイや…」



168: ◆v/LK4luEPU 2016/02/11(木) 07:55:19.57 ID:rAmyb4qXO

大洗港 埠頭

ボーッ!

優花里「出港してしまいます…」

沙織「…こんなの、彼氏と別れるより辛いよ…」

華「別れたことも無いのにですか?」

ウサギチーム「さようならー!さようならー!」

一同「……」

杏(まだ、終わりじゃない。まだ策はある。だから、ちょっと待ってね。解体なんてさせないから)

みほ(会長のあの顔…諦めて無い。きっと、まだ策はあるはず。必ずここにもう一度皆と帰る)




176: ◆v/LK4luEPU 2016/02/11(木) 12:51:57.61 ID:rAmyb4qXO

桃「此処からは、バスで各学科事の移動になるが、戦車はどうするんだ、西住?」

みほ「輸送の調整はしてきました。後で運んでもらいます」

桃「そうか…わかった。戦車道受講者は一番奥のバスだ」

みほ「わかりました」

Voooo



177: ◆v/LK4luEPU 2016/02/11(木) 12:56:01.60 ID:rAmyb4qXO

みほ「…だんだんバスが別れて行くね…」

優花里「人数が多いから学科ごと別れて宿泊する見たいです。戦車道履修者はまとまってるみたいです」

沙織「とりあえずお菓子食べよう!」

華「いただきましょう」

みほ「うん」



178: ◆v/LK4luEPU 2016/02/11(木) 13:08:41.11 ID:rAmyb4qXO

みほ達が宿泊してた廃校

杏「暫くはここで生活できそうだな」

みほ「これからどうなるんでしょうか?」

柚子「とりあえず、皆の転校先の振り分けが決まるまではここで待機になる予定なんだけど…」

桃「この先面倒だな…」

みほ「えっ?」

柚子「西住さんの転校先。廃校を告げられてから、勧誘が凄くて…」
桃「プラウダやグ口リアーナと言った戦車道強豪校に、島田流家元から飛び級での大学進学の提案。蝶野教官からのスカウト、教官の同期とかいう人から普通科対戦車部隊への勧誘とかもあったな。思い出しただけで頭が痛くなる」

杏「まぁ、西住ちゃん大人気だからね」

みほ「アハハ…」



188: ◆v/LK4luEPU 2016/02/11(木) 20:34:31.26 ID:dvZp1IHuO

夕方

優花里「炊事なら私にお任せください。レーションも各種ありますから。♪~♪~」

沙織「何か生き生きしてる…」

みほ「…もう、海の上じゃ無いんだね…」

華「潮の香りもあまりしませんし…」

沙織「いいじゃん山も。自然がいっぱいあって」

みほ「これからどうなるんだろう…」

一同「……」

GUOOO



190: ◆v/LK4luEPU 2016/02/11(木) 20:38:31.09 ID:dvZp1IHuO

みほ「あっ!」

うさぎチーム「あぁー!」

キィィィン

サンダースによる戦車の投下

優花里「約束通り届けてくれました!」

ケイ「約束通り、ちゃんと届けたわよ!」



191: ◆v/LK4luEPU 2016/02/11(木) 20:42:20.39 ID:dvZp1IHuO

みほ「ありがとうございます!」

アリサ「この借りは高くついたわよ。このかりを返す為にも戦車道を続けなさい。今度は私たちがやっつけてやるんだから」

みほ「はいっ!」

ジョージ「西住、無事に戻れたみたいだな」

みほ「えっ?ジョージさん?」



193: ◆v/LK4luEPU 2016/02/11(木) 20:50:44.49 ID:dvZp1IHuO

ケイ「ゴメンなさい。戦車届けるって言ったら、一緒来るってきかなくて」

ジョージ「無事に戻れたか確かめたくってよ」

みほ「あの時はありがとうございました。お陰様で無事に帰れました」

ジョージ「気にすんな。困った時はお互い様だ」

みほ「ありがとうございます!」

ジョージ「フッ。その言葉が聞けただけで来た甲斐があったよ。また困った事があったら言えよ。西住の為なら校長をぶん殴ってでも、地球の裏側だってすっ飛んでくからよ」

みほ「アハハ」



194: ◆v/LK4luEPU 2016/02/11(木) 21:02:35.12 ID:dvZp1IHuO

ケイ「ちょっと。そんな事したら、退学よ?」

ジョージ「西住の為なら構うもんか!惚れた女を守れないぐらいなら、学生生活なんて未練は無いぜ」

ケイ「ワォ!言うわねぇー」

ナオミ「…良かったわね。こんな想ってくれてる人がいて」

みほ「アハハハ…」

沙織「いいなー」

優花里「私だっで、西住殿為なら何だって…」



195: ◆v/LK4luEPU 2016/02/11(木) 21:43:06.75 ID:dvZp1IHuO

翌日

沙織「コンビニに戦車で行く事になるなんて…」

麻子「戦車の免許が役にたったな…」

優花里「…そう言えば、コンビニの前から茨城町方面のバスが出てましたよね。時間調べとかないと」

みほ「何処か行くの?」

優花里「一度親の所に戻るんです。転校手続きの書類に親の承諾が必要みたいで」

華「私は明日帰ります」

沙織「私も帰らないと…。お婆の所に行かないとね」

麻子「行きたくないな…。また説教される」

みほ「うちかぁ…」



196: ◆v/LK4luEPU 2016/02/11(木) 21:49:11.75 ID:dvZp1IHuO

沙織「やっぱり、帰りずらいの?」

みほ「帰るのは問題ないんだけど…」

優花里「何かあったんですか?」

みほ「最近、お父さんとお姉ちゃんから、いつ帰って来るの?ってメールがしつこくて」

優花里「父上殿と、姉上殿ですか?」

華「あのお姉さんならわかりますが…。お父様からもなんて、以外ですね」

沙織「みぽりん、パパっ子だっけ?」



197: ◆v/LK4luEPU 2016/02/11(木) 21:55:30.55 ID:dvZp1IHuO

麻子「そんなに、心配されてるなら何で、余り乗り気じゃないんだ?」

みほ「心配してくれるのは嬉しいし、帰ること自体に抵抗は無いんだけど、お父さんが…」

沙織「お父さんがどうしたの?まさか、みぽりんお父さんの事が?!」

優花里「西住殿、本当なんでありますか!?」

みほ「えぇ?!そ、そんなんじゃ無いから!」



198: ◆v/LK4luEPU 2016/02/11(木) 22:31:01.26 ID:dvZp1IHuO

みほ「うちのお父さん、戦車の整備士してるんだけど、昔からレストアしてる物があって、それを最近完成させて、使ってみたいらしいんだけど、お姉ちゃんが断ったみたいで…」

優花里「戦車の部品ですか! ?」(キラキラ)

華「戦車の部品なら、何でお姉さんは断られたんですか?」

みほ「レストアしたのがGT101ってパンターのエンジンなんだけど、これが相当曲者で。お姉ちゃんは 、そんな扱いづらいエンジン載せたくないって、断固拒否しちゃって…。パンター持ってる私にテストさせてくれって、しつこくて」

優花里「あのエンジンをレストアさせるなんて、さすが西住殿の父上ですね!」

沙織「私達とは、次元が違う悩みだね…」

PRRR

みほ「噂をすればまた…あっ…麻子さん、次を左に曲がってください」



200: ◆v/LK4luEPU 2016/02/11(木) 22:36:30.19 ID:dvZp1IHuO

ボコミュージアム

沙織「何、ここ?」

愛里寿「みほ!」

みほ「愛里寿ちゃん 、急にどうしたの?」

愛里寿「…大変だったね」

みほ「うん…。急な廃校だったからね」

愛里寿「…次はどこ行くの? 」

みほ「転校先の振り分けの最中だから、まだわからないかな 」

愛里寿「…うちの学校に来る?」



206: ◆v/LK4luEPU 2016/02/11(木) 22:44:53.92 ID:dvZp1IHuO

みほ「えっ?愛里寿ちゃんの学校って大学じゃ?私まだ二年生なんだけど」

愛里寿「私も飛び級だったから大丈夫。みほがいいなら手続き位私が頼めば、すぐにでも…」

みほ「…ありがとう。気持ちは凄く嬉しいしよ。でも、私だけ楽をする気は無いから。隊長が真っ先に逃げるような真似はしたくない」

愛里寿「…みほならそう言うとうと思った。…でも、いつか私と同じ学校に来てくれる?」

みほ「うん、約束するよ。私も愛里寿ちゃんは一緒に戦車道したいから。だから、もう少し待っててね」

愛里寿「うん///」




209: ◆v/LK4luEPU 2016/02/11(木) 22:54:49.35 ID:dvZp1IHuO

みほ「その為にわざわざ?」

愛里寿「呼んだのは、センチュリオンの事」

みほ「えっ?何かあったの!?私、ちゃんと手入れと点検して返した筈だけど…」

愛里寿「大丈夫。どこも壊れたりはしてなかったよ」

みほ「じゃあ、何で?」

愛里寿「壊れたりはなかったけど、何か動きが機敏過ぎて、いくらセンチュリオンでもあんな高機動じゃ無かったのに…。性能が上がったのはいいんだけど、一体何したの?」

みほ「…えっ?」

レオポンチーム「ハクション!」



226: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 07:43:08.69 ID:uKRBM+Z1O

文科省

役人「…大洗の廃校は検討した上で決した事です」


杏「全国大会で優勝したら廃校を撤回してくださるはずたったのでは?」

役人「口約束は約束じゃ無いでしょう。ちゃんとした証拠があるわけでもない」

杏「凡例では、口約束も約束と認められています。民法…」

役人「こちらも可能な限り善処はしました。理解していただい」

杏「…わかりました」

役人「……」



228: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 08:01:24.88 ID:uKRBM+Z1O

戦車道連盟

連盟理事長「…文科省が一度決定した事を覆すのは、そう簡単にはなぁ…」

杏「私たは、優勝すれば廃校が撤 回されると信じて戦って来たんです。信じた道が実は最初から無かったなんて」

亜美「それに、優勝するほど力のある学校をみすみす廃校にするのは、戦車道に力を入れるという、国の理念に反するのでは?」

理事長「…蝶野君も連盟の強化委員の一人だろ…」

亜美「ですが、このままでは戦車道自体に影響が出る可能性も」

理事長「そうは言っても、文科省は2年後に開催される世界大会の事で頭が一杯だからなぁ。誘致するためにプ口リーグを設置しようとしてるくらいだし。うちもその件で、色々と男子の…」

杏「プ口リーグ」

亜美「ここは超信地旋回で行きましょう」

理事長「えっ?」



229: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 08:08:32.48 ID:uKRBM+Z1O

亜美「プ口リーグと言えば、西住師範が設置委員会の委員会のはずよ」

杏「西住ちゃんのお母さんかぁ、ちょうどいいねぇ」

亜美「そうと決まれば、善は急げ、電撃戦よ!」

理事長「あっ、ちょっと…行ってしまった…また戦車道で話をつけるつもりなんだろうが…プ口リーグはうちだけでどうにかなる話じゃ無いんだかな…」



236: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 12:49:31.16 ID:8zIUSVGbO

大洗 学校近くの林内

ねこにゃー「今日も、筋トレ頑張ろー」

ぴよたん「はっ、はっ…うへぇ…」

ももがー「もう無理ナリ…」バタッ

ねこにゃー「うえっ… はぁ…はぁ…」

散歩中のおじさん「おまえら、大丈夫か?」



237: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 12:56:49.71 ID:8zIUSVGbO

ねこにゃー「えっ?…!!」

ぴよたん「何かおっかない人が来た…」

ももがー「ヤバそう…」

おじさん「こんなとこで何やってんだ?」

ねこにゃー「(お、落ち着くんだねこにゃー。た、隊長みたいに、お、落ち着いて話せば…)えっーと、き、筋トレを少々…」

おじさん「筋トレ?」



238: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 13:11:58.21 ID:8zIUSVGbO

おじさん「何でまた?こんなとこで?」

ねこにゃー「…わ、私、その戦車道をやってるんですけど、戦車って体力使うし…わ、私達、体力ないし…な、仲間の足を引っ張りたくないし、そのー…」

おじさん「何?戦車だと!?」

アリクイチーム「ひいっ!」

おじさん「ヒャッホゥ!最高だぜ!仲間の為にってのが、気に入った!俺がトレーニングしてやろう!」

アリクイチーム「えっ?」



249: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 17:56:25.19 ID:5HnoDFBrO

熊本

駅員「はい、結構です。ありがとうございました」

みほ「……」

まほ「みほ!」

みほ「あっ、お姉ちゃん」

まほ「お帰り」

みほ「わざわざ駅まで迎えに来てくれなくても、良かったのに」

まほ「姉として、このくらい当然だ」

みほ「もう!そんな年じゃ無いのに…クスッ」



250: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 18:11:57.00 ID:5HnoDFBrO

Voooo

みほ「この辺も、昔のままなんだね」

まほ「そうだな…。昔は釣りとかによく来たな。覚えてるか?」

みほ「うん。私が一人で降りようとして、二人とも泥だらけになったりとか…」

まほ「ハハハ、あったなそんな事。あのは大変だったな」

みほ「泥だけで帰って、お母さんに二人そろって怒られて…」

まほ「参ったな、あれは」

みほ&まほ「アハハ」



251: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 18:16:21.43 ID:5HnoDFBrO

西住家

みほ「ありがとう、お姉ちゃん」

まほ「気にするな」

しほ「まほ?お客様なの?」

みほ「……」

まほ「(やはり、気まずいのか?)…学校の友…」

みほ「お母さん、ただいま帰って来ました」

しほ「みほ?」

みほ「はい。お久しぶりです」



252: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 18:28:11.23 ID:5HnoDFBrO

しほ「…あなたは、もう西住流の娘じゃ無い、破門した身よ。今さら何の用かしら?」

まほ「お母様…」

みほ「…西住流がどうとかは関係ありません。破門ならそれでも結構です。今日は西住しほの娘として、用があって来ました。嫌ってるなら、それでも構いません。だけど、私には、お母さんと呼べる人は貴女しかいません!だから、帰って来たんです」

しほ「…フフッ。本当に貴女は心身共に強くなったわね…。お帰りなさい、みほ」

みほ「ただいま、お母さん」



253: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 19:23:23.44 ID:5HnoDFBrO

居間

しほ「…そう。来年の全国大会に大洗が出てこられないら、黒森峰が叩き潰す事が出来なくなるわね…」

みほ「はいっ…。出れたとしても黒森峰ごときに、負けませんけど」

まほ「みほぉ…」

しほ「フッ…。それで、わざわざそんな事を言いに?」

みほ「転校手続きの書類に親の承諾が必要なんです。だから、お願いします」

しほ「…。確かに大洗女子学園の書類ね…。あの時はゴメンなさい、みほ」

みほ「えっ?」



254: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 19:51:49.74 ID:5HnoDFBrO

しほ「この間の転校の件よ。あの時は色々立て込んでたのもあって、よく見ずサインしてしまったの。もう少しちゃんと見てサインしてれば、気づけたのかもしれなかった」

みほ「過ぎたことは、気にして無いから…。あの時は確かにショックだったけど、今の私があるのは大尉のところでの経験があってこそだから。だから、別に怒ってなんかないよ」

しほ「そう… 。書類は少し待ってなさい。……早急に帰るの?」

みほ「えっ?そんな急にじゃなくても大丈夫だけど。でも、帰るのに時間かかるから、なるべく早い方がいいけど…」

しほ「もうすぐ昼よ。…たまには、母親の味を思い出していきなさい…」

みほ「…ありがとう。お母さん」

まほ(良かったー)



263: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 21:28:42.09 ID:5HnoDFBrO

みほ「…そう言えば、お父さんは?」

まほ「お父さんなら、みほが戦車で帰って来なかったから、拗ねてふて寝してる」

みほ「もう、お父さんたら。仕事してない時は相変わらずだね」

まほ「そうだな…あれだけ見てるとお母さんは、一体どこに惚れたのか…」

しほ「まほ?」

まほ「ひいっ!」



264: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 21:56:04.14 ID:5HnoDFBrO

しほ「娘と言えど、常夫を悪く言うのは許さないわ。貴女はお昼抜きよ」

まほ「そ、そんな(せっかくのみほとのランチタイムが…)」ズーン

みほ(お母さん相変わらず、お父さんの事大好きだなぁー。でも、昔からお父さん凄かったし)

まほ「はぁ…」

みほ「お姉ちゃん、私の半分こする?」

まほ「!!(ヒャッホー)」




265: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 22:07:24.14 ID:5HnoDFBrO

VRAAA(OH-1)

「家元、蝶野様がお見えになりました」

しほ「そう、客間にご案内しなさい」

居間

しほ「…久々だから、美味しくないかもしれないけど…」

みほ「そんな事ないよ。美味しいよ、お母さん」

しほ「そう…//」

客間

亜美「家元、遅いな…」



266: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 22:14:06.67 ID:5HnoDFBrO

しほ「悪いわね、お待たせして」

亜美「いえ」

しほ「それで、どうしたのかしら?」

亜美「はい、大洗の廃校の件でお話が…」

居間

まほ「自衛隊のヘリ…。一体何が?…ただ事では、無いみたいだな」

みほ「お姉ちゃん、半分食べる?はい、あーん…って、そんな年じゃ無いよね」

まほ(今はそんな事より、目先の天国だ!)



268: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 22:32:44.64 ID:SEoTyqvcO

文科省

しほ「…若手の育成なくして、プロの育成は成りえません。これだけ意見の隔たりがあっては、プ口リーグ設置委員会の委員長を私が勤めるのは、無理があります」

役人「ち、ちょっと待ってください。世界大会誘致の為にも、今年中にプ口リーグを設営しないと間に合わないのは、先生も、よくご存知でしょう…」

しほ「優勝するような学校を廃校にするのは、文科省の教育理念に反するのでは?」

役人「まぐれで、優勝した学校ですし…」

しほ「戦車道にまぐれなし!…一体どうしたら認めてくださるんですか?」

役人「…合衆国海兵隊位に勝ちでもしたら…」

杏「わかりまし…えっ?か、海兵隊?!」



271: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 22:41:02.73 ID:SEoTyqvcO

役人「上司の伝をたどれば、試合を取り付けるくらいは…」

しほ「それの何処が戦車道なんですか?只の戦争ではないですか!」

役人「じ、冗談ですよ…。ま、まぁ国内なら大学選抜チームにでも勝ちでもしたら…」

杏「わかりました!勝ったら廃校を撤回していただけるんですね!」

役人「ヘッ?」

杏「今ここで、覚え書きを交わしてください。噂では、口約束は約束じゃないようですから…」

しほ(何とか纏まったみたいね。…でも、さっきの目は本気だった。この役人、侮れないわ)



275: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 22:52:48.59 ID:SEoTyqvcO

島田千代「家元襲名、おめでとうございます」

しほ「ありがとうございます。今回の件では、是非とも大学戦車道代表の島田流家元にも、協力していだきたいのです」

千代「私の方としては構いません」

しほ「ありがとうございます」

千代(西住流との試合となると、問題は愛里寿ね…)



279: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 23:00:42.14 ID:SEoTyqvcO

大学チーム寮 愛里寿の部屋

愛里寿「…試合?」

千代「そうよ。徹底的に叩きのめしてあげなさい。西住流の名が地に落ちるように」

愛里寿「西住流…」

千代「貴女は彼女のファンなのは知ってるわ。でも、今回は試合よ、遊びじゃ無いわ。わかってるわね?」

愛里寿「はいっ。みほは憧れの存在だけど、私の目標でもあるの。そのみほと、戦車道でさ試合が出来るなら、私は大歓迎」

千代「そう…」




280: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 23:05:41.40 ID:SEoTyqvcO

千代「なら、徹底的にやりなさい。彼女のホームグランドでね」

愛里寿「わかりました…。こちらかもお願いが…私が勝ったら、ボコミュージアムのスポンサーになってほしいの…このままだと、閉館になっちゃうの」

千代「しょうがないわね…いいわよ」

愛里寿「ありがとうございます…」

ガチャ

愛里寿「みほとの試合か…」





282: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 23:13:40.75 ID:SEoTyqvcO

大洗

柚子「非常呼集!戦車道履修者は直ちに集合してください!繰り返します…」

ザワザワ

杏「試合が決まった。大学選抜チームとだ」

一同「えっ?」

杏「この試合に勝てば今度こそ廃校は撤回される。文科省局長から、念書も取ってきた!」

桃「会長ー!」

柚子「やっぱり、学園の為に動いてくれたんですね」

杏「無茶な戦いだってのは、分かってる。だけど、必ず勝つ。勝って、皆で大洗に、学園艦に帰ろー!」





284: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 23:20:07.66 ID:SEoTyqvcO

一同「おぉー!」

そど子「あんたも、おーとか言いなさいよ」

麻子「おーっ」

アリクイチーム「最高じゃねぇか!」

エルヴィン「な、なんだ!?」

カエサル「何でも、通りかかった、サングラスに髭ずらのレスラーみたいな人に、トレーニングしてもらったら、ああなったみたいだ」

エルヴィン「はぁ?」

優花里「…西住殿」

みほ「うん」



289: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 23:27:13.51 ID:SEoTyqvcO

桃「社会人を破ったチームだと?!」

カエサル「あれ?相手チームの隊長って…」

みほ「うん。島田愛里寿ちゃん。決勝の時にセンチュリオン貸してくれた子だよ」

杏「今回は、島田流対西住流の対決でもあるんだなぁ」

典子「それで、相手は何両出してくるんですか?」

みほ「…30両」



293: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 23:34:42.23 ID:SEoTyqvcO

一同「30両?!」

ナカジマ「あちゃー、こんなことになるなら、センチュリオン普通に整備して還せば良かった」

みほ「やっぱり、自動車部だったんだ」

カエサル「敵に塩を送ってどうするんだ!」

ナカジマ「いゃー、あんないいエンジン見せられちゃねぇー。でも、まさかこんなことになるとは、思ってなくて」

みほ「私も、まさか愛里寿ちゃんと、戦う日が来るなんて」



296: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 23:45:03.51 ID:SEoTyqvcO

桃「そんな奴らを相手にするなんて、おしまいだー!」

みほ「簡単に音を上げないでください!それでも、戦車乗りなんですか?!」

桃「ひいっ!」

みほ「確かに、現状は厳しいかもしれません。だけど、戦車に通れない道はありません。戦車は火砕流の中だって進むんです。ですが、諦めたらそこで道は途絶えます。」

一同「……」

みほ「例え困難な道でも、歩み続ける限り必ず乗り越えられます。だから、皆さんが勝利を信じて戦う限り、きっと勝利は掴めます」

一同「はいっ!」




297: ◆v/LK4luEPU 2016/02/12(金) 23:54:16.06 ID:SEoTyqvcO

試合前日 大洗宿泊地

ザワザワ

あゆみ「殲滅戦って?」

桂利奈「相手の戦車を全部やっつければいいんだよ」

あゆみ「へぇー」

あや「じゃあ、硬式ルールの殲滅戦ってのは?」

みほ「30両に対して8両で、その上急に硬式殲滅戦だなんて」

役人「予定されているプ口リーグでは、殲滅戦が基本ルールになります。その上、プ口リーグともなれば、男女混合もあり得なくはない話です。ですので、今回もそのルールに従っていただきたい」

理事長「もう、大会準備は硬式殲滅戦で進めてるんだって」



299: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 00:00:14.09 ID:V1aULGdQO

みほ「硬式殲滅戦って、急に言われても…私達女子高だから、十分な対戦車火器なんて無いです」

役人「女子のみで、硬式ルールとなった場合は男子戦車道のチームに協力依頼出来るのは、ご存知でしょう?」

桃「何?本当か!?」

梓「隊長なら、そんなのいくらでも…」

みほ「…今回ばかりは無理…」

一同「えっ?」



302: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 00:09:18.12 ID:V1aULGdQO

みほ「硬式ルールは、生身での戦闘もある分、私達の戦車道より危険なのは分かるよね?それに、女子で私みたいに硬式の経験なんてほぼ皆無」

優花里「…確かに。中には硬式なんて言葉すら知らない人も多いくらいですし…」

みほ「そう、だからどこも経験が無い女子と組むのには慎重なの。何かあった場合は、経験者の男子側に責任がのし掛かるし」

梓「でも、うちは経験者の隊長が…」

みほ「確かに、私が居るから可能性はあるけど…」

典子「なら!」




304: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 00:24:16.01 ID:V1aULGdQO

みほ「今から頼んでも、まずその学校での審議の上、学校長の承諾書が必要なの。さらに、今回は高校、大学の男子戦車道教会からの許可を得て、最終的に試合会場の地形とか、参加戦力の比率とかで男女混合での試合をしても問題ないって判定を受けて、最終的に全日本男子戦車道連盟理事長からの正式な参加許可書を貰わないと試合には出れない」

柚子「そんなの普通に二週間以上かかる内容ね」

桃「試合は、明日だぞ!何とかなんないのか?ほら、サンダース辺りなら…」

みほ「無許可での試合参加は重罪です。参加資格剥奪は当然、下手しら廃校に追いやられる可能性も…硬式戦は、危険が伴う分、それだけ慎重なんです」

桃「そ、そんな…」

カエサル「他に手はないのか?」




307: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 00:35:27.23 ID:V1aULGdQO

みほ「後は、男子からの協力が得られなかった場合に適応出来る手段が有るけど…」

役人「相手チームは男子側の協力を得られなかったとの事なので、二次案である男子分を戦車で代価する方を取るとの事なので、選抜チームの総数は60両となります。」

一同「ろ、60!?」

役人「まだ、少し時間があります。どうするかは、試合開始まで待ちましょう。ですが、辞退するなら早めにお願いしますよ」

みほ(車輌が無いのも、今からじゃ協力なんて間に合わないのが分かってて、今さら…くっ)ギリッ



308: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 00:44:09.63 ID:V1aULGdQO

杏「…苦労かけるね」

みほ「…いえっ。これも隊長の勤めですから。それに、硬式戦の方が得意ですし」

杏「だけど、今回ばかりは…」

みほ「会長は、頑張って学園を救うチャンスを掴んで来てくれました…だから、今度は私の番です。大丈夫です。今まで、私が負けた事ありました?」

杏「西住ちゃん…ありがとね」

みほ「いえっ…(でも、今回は…)」



336: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 10:31:45.35 ID:V1aULGdQO

翌日 試合会場

みほ(相手を山岳地帯に誘きだして分散させて、各個撃破して、こっちが鹵獲できれば…でも、対戦車火器も人も無い、約7倍の占領差…もしかしたら今回ばかりは…)

愛里寿「みほ…(やっぱり試合の時のみほはカッコいい///)」

亜美「…それでは只今より、大学選抜チーム対、大洗女子学園の試合を開始します。双方、礼!」

みほ「よろしくお願い…」

「まったぁぁぁー!」



338: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 10:38:10.73 ID:V1aULGdQO

みほ「…お姉ちゃん?」

まほ「大洗女子学園、西住まほ」

エリカ「同じく、逸見エリカ」

まほ「以下18名、試合に参加する。短期転校の手続きは済ませてある。戦車道連盟からの許可も貰らってある」

みほ「…お姉ちゃん…ありがとう」

役人「……」

理事長(ん?やけに冷静だ、もう少し騒いでもいいはずだが…)



339: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 10:45:11.59 ID:V1aULGdQO

西「お待たせいたしました。昨日の敵は今日の盟友。勇敢なる鉄獅子22両、推参であります!」

ダージリン「増援は私達全部で22両。あなたの所は6両!」

西「すいません。心得え違いをしておりました!16両は待機!」

ダージリン「待ったく…」

オレンジペコ「でも、30両にしては相手の人数が多いような……」



341: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 10:50:56.68 ID:V1aULGdQO

桃「…これは行けるかも、しれない!」

役人「試合、直前の選手増員はルール違反じゃ無いのか?」

亜美「意義を唱えられるのは、相手チームだけです」

愛里寿「私は構いません…試合を開始して下さい」

亜美「異論は無いそうですけど?」

役人「…そうですか」



345: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 10:58:29.32 ID:V1aULGdQO

役人「相手が、了承してるならその件は分かりました。ですが、戦車については…」

エリカ「私物が駄目なんてルールあったかしら?」

ダージリン「私物も申請すれば使えるはずよ」

役人「…それは知ってますよ。私が聞きたいのは、試合前の各種テストを終わらせたのかですす」

西「…試験でありますか?期末試験なら先月…」

ノンナ「…はっ」

みほ「えっ、まさか…」



350: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 11:15:15.65 ID:V1aULGdQO

ノンナ「…みほさん、今回は硬式ルールなんですね…」

みほ「はい…。やっぱり知らなかったんですね。私達も昨日の夕方に知らされて」

ノンナ「くっ、硬式ルールとなると、私達が乗って来た戦車は今のままじゃ、使えない… 」

カチューシャ「なっ。一体どういう事よ?」

みほ「…硬式は安全の為の検査が厳しいの。試合前、戦車の各トリガーロックの点検、センサーの数、感度、火炎瓶とかに対する耐火、機密試験とか、大小100近い項目に合格して、参加可能判定を貰う必要があるの」

ノンナ「その上、鹵獲ルールがあるので、騙し討ち、同士討ち等の混乱を避けるため所属チームの表示は審判立ち会いの下、連盟が定める位置に明記する…私達の戦車はどれ一つ満たしていません」

役人「以前の戦車無断使用問題以降、安全面、管理面での徹底の為の措置です。ご理解下さい」



351: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 11:15:42.07 ID:V1aULGdQO

ノンナ「…みほさん、今回は硬式ルールなんですね…」

みほ「はい…。やっぱり知らなかったんですね。私達も昨日の夕方に知らされて」

ノンナ「くっ、硬式ルールとなると、私達が乗って来た戦車は今のままじゃ、使えない… 」

カチューシャ「なっ。一体どういう事よ?」

みほ「…硬式は安全の為の検査が厳しいの。試合前、戦車の各トリガーロックの点検、センサーの数、感度、火炎瓶とかに対する耐火、機密試験とか、大小100近い項目に合格して、参加可能判定を貰う必要があるの」

ノンナ「その上、鹵獲ルールがあるので、騙し討ち、同士討ち等の混乱を避けるため所属チームの表示は審判立ち会いの下、連盟が定める位置に明記する…私達の戦車はどれ一つ満たしていません」

役人「以前の戦車無断使用問題以降、安全面、管理面での徹底の為の措置です。ご理解下さい」



355: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 11:28:53.63 ID:V1aULGdQO

役人「本来は試合参加の登録に合わせて、自動的に行うものですが、皆さんの戦車はほぼ飛び入りに近い形ですが、許可はお持ちですかな?」

まほ「くっ、そ、それは…」

役人「許可証明が無いなら、戦車の使用は認められません。無断使用は即反則負けとなりますので、注意して下さい」

エリカ「反則負けですって?!」

ケイ「なら、今から検査を受けば…」

みほ「この量やったら半日以上かかる…」

役人「もう、試合開始時刻は過ぎてます。これ以上は進行妨害にあたる恐れがありますよ」

ナオミ「くっ…」



356: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 11:29:22.94 ID:V1aULGdQO

役人「本来は試合参加の登録に合わせて、自動的に行うものですが、皆さんの戦車はほぼ飛び入りに近い形ですが、許可はお持ちですかな?」

まほ「くっ、そ、それは…」

役人「許可証明が無いなら、戦車の使用は認められません。無断使用は即反則負けとなりますので、注意して下さい」

エリカ「反則負けですって?!」

ケイ「なら、今から検査を受けば…」

みほ「この量やったら半日以上かかる…」

役人「もう、試合開始時刻は過ぎてます。これ以上は進行妨害にあたる恐れがありますよ」

ナオミ「くっ…」



359: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 11:38:56.77 ID:V1aULGdQO

役人「試合開始時刻は過ぎてますから、皆さん配置についてもらって結構ですよ。車輌は係員が安全地帯まで移動しておきますので」

ケイ「そうだ!うちの男子に戦車借りましょ。男子ならテストとか要らないんじゃない?」

アリサ「それなら、確かにすぐですね」

役人「借りるのは構いませが、開始時刻は過ぎてます…まぁ、君達の戦車の移動もありますから…そうですね、4分ぐらいは待ちましょうか」

ケイ「What's?!」



361: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 11:43:39.72 ID:V1aULGdQO

アリサ「4分なんて無茶よ!」

西「無念であります…」

Voooo(移動されていく戦車達)

ローズヒップ「あぁ!私たちの戦車が…」

ダージリン「…ここまで来たというのに…」

ノンナ「…硬式ルールとは、失念していました」



363: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 11:50:43.25 ID:V1aULGdQO

カチューシャ「こんなの、あんまりじゃない
…グスッ」

まほ「…すまない、みほ」

みほ「…お姉ちゃんは悪くないよ。こんな結果になっちゃたけど、来てくれただけも嬉しいよ」

まほ「…みほ」

エリカ「もう、他に手は無いの?」

小梅「あんなにあった戦車がどんどん…」

みほ「…(せっかく、皆来てくれたのに…こんな…グズッ……)ふぇ」

ポンッ(みほの肩に触れる温もり)

「おい、西住。援護に来たぞ」



368: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 12:05:33.64 ID:V1aULGdQO

役人「な、何?!」

優花里「あ、あの人は…」

みほ「あぁ…た、大尉!」

BGM:ラインの守り

バウアー「バウアー以下黒騎士中隊、大洗女子学園からの協力要請に基づき、大洗を援護する」(ビシッ)

シュルツ「参加許可は全部取ってあるぞ」

クルツ「曹長、この間はありがとうございました。今度は自分達が曹長の支援に来ました!」

みほ「大尉…ありがとうございます」グズッ



373: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 12:16:14.72 ID:V1aULGdQO

マイヤー「おい、泣く奴があるか」

みほ「だって、皆さんが来てくれるなんて…」

ハンス「大尉が、戦友を見捨てた事があったかよ?」

シュルツ「そういう事だ」

バウアー「フッ。援護に当たり予備車輌のティーガーⅠ、ティーガーⅡ、パンター2両を大洗に一時的に譲渡する」

まほ「!!」



380: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 12:30:23.77 ID:V1aULGdQO

みほ「戦車まで貸してくれるなんて、本当にありがとうございます!」

「おい、俺たちを置いてくなよな!」

アキ「あっ」

BGM:猟兵行進曲

アールネ「まったくよ…継続高校、隊長アールネ以下、一個小隊、黒騎士中隊に増強戦車猟兵として参加する。黒騎士中隊の一員だ許可はあいつがいいなら、大丈夫だよな?」

みほ「アールネさんまで!」

アールネ「バウアーには、借りもあるしな。それに、試合あるところに継続ありだ。覚えと
け」

みほ「はいっ!」

アキ「パッパ、絶対に戦車鹵獲出来るから来たよね…」




385: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 12:37:25.01 ID:V1aULGdQO

アールネ「西住、BT-42とチャーチルを貸してやる。好きに使え」

みほ「ありがとうございます!」

ダージリン(あのチャーチル、何処かで見覚えが…)

PRRR

ケイ「ン?はい、もしもし?」

ジョージ「ケイ、会場のど真ん中開けとけ!今から行く」

ケイ「はぁ?あんた、今どこよ?」

ジョージ「お前の真上だ!」

「隊長、グリーンランプ、GO!」

ジョージ「西住、待ってろよ!…ジェロニモー!」



386: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 12:45:25.03 ID:V1aULGdQO

ケイ「パラシュート?」

みほ「あれは…」

ドサッ

ジョージ「よっと…。待たせたな、西住!」

BGM:陸軍は進んで行く

みほ「ジョージさん!」

ジョージ「サンダース、男子3軍も参戦だ!許可は貰ってあるぜ」

みほ「ジョージさんも…ありがとうございます」

ジョージ「言っただろ?お前の為なら地球の裏側だって、すっ飛んでってやるっよ」

みほ「ジョージさん…」



388: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 12:52:43.97 ID:V1aULGdQO

GUOOO(C-17の編隊)

タカシ「降下ー!GO」

次々降りてくる人、戦車

タカシ「よう、アリサ。この三台はお前たちに貸すよ。好きに使ってくれ」

アリサ「タカシ/// 」

ナオミ(相変わらず、ちょろいわね…)




396: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 13:05:07.02 ID:V1aULGdQO

BGM:Come Folgore dal cielo

ベレッタ「大洗諸君、アンツィオも援護するぞ!」

みほ「アンツィオの皆さんまで!」

ベレッタ「困ってる女子を助けないなんて、アンツィオ男子のなが廃る。なぁ?」

アンツィオ一同「おぉー!」

ベレッタ「挨拶代わりに、クルセーダーとマチルダを貸そう」

オレンジペコ「あの二両は!」

ベレッタ「仲良くなった、グ口リアーナの可愛子ちゃんが、困ってるって言ったらくれたんだよ。」

ルルクリ「!!」(ギクッ)

みほ「アハハ…」

「見つけたぞ!継続野郎!」



402: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 13:13:23.35 ID:V1aULGdQO

BGM:聖なる戦い

Voooo(ISU-152小隊)

セルゲイ「今日こそ、KVを返してもらうぞ!」

アールネ「へん。ついでにそいつも頂いてやるぜ」

みほ「プラウダの皆さんも!」

シュガポフ「けっ、こうでもしないと継続の野郎をとっ捕まえられないからよ。仕方なくだ。だか、支援にするからには手は抜か無いぜ。このシュガポフ様が来たんだ、大船に乗った積もりで構えとけ!」

みほ「はいっ!」



408: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 13:20:40.69 ID:V1aULGdQO

BGM:陸軍分裂行進曲

Voooo

池田「西住さん!この間は、自らの学校が試合の中、共に戦ってくれた事感謝する!」

みほ「池田隊長!」

池田「その恩義に報いるため、助太刀に参った!」

みほ「知波単の皆さんも、ありがとうございます!」

役人「試合直前の選手増員はルール違反だ!」

バウアー「馬鹿者!俺のケツを舐めろ!4分待つと言ったのは、貴様だろ!」



419: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 13:35:55.40 ID:V1aULGdQO

役人「うっ…」

みほ「大洗は、硬式分の戦力をどうするか返答してませんでしたね。これが、答えです。正式な許可は有るんです。異論は無いですね?」

役人「……」

みほ(でも、なんでこんなに早く許可が?)




424: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 13:44:16.76 ID:V1aULGdQO

男子戦車道連盟

エミール(高校協会代表)「待って、あの頑固者め…」

池田流家元(大学協会代表)「まったく…フッ、喜一も言うようになったな」

エミール「すまんな。無茶を言って、理事長」

池田「まぁ、簡単に許可した貴方も大概がな。
全日本男子戦車道連盟理事長、西住常夫さんよ」

常夫「…フッ」




461: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 21:14:45.48 ID:pV5GBz+4O

試合前に大洗チームの編成は基本的に女子の編成は劇中に準じます。大洗のパンター、コメットは、本作中通り変更はありません

他校について表にします




469: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 21:39:02.80 ID:pV5GBz+4O

黒騎士中隊:パンターG、Ⅲ号突撃砲G型、各4両
ティーガーⅠ ティーガーⅡ パンターG二両を黒森峰に供与

継続男子:Ⅲ号突撃砲(フィンランド仕様) 2両 戦車猟兵2個班 BT-42を女子、 チャーチルをグ口リアーナに供与

サンダース3軍:M18ヘルキャット4両、シャーマンカリオペ4両 M4A3E8 2両
女子にM4、M4A1、ファイアフライ1両を供与



471: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 21:49:55.14 ID:pV5GBz+4O

プラウダ男子:lSU-152 4両
女子にT-34/85 2両 Kv-2 1両 lS-2メンテナンス中つき、IS-3(ノンナ車) 1両を女子に供与

アンツィオ男子:CV33(20mm搭載型)1両 残りは戦車猟兵にて補助
女子にCV33、グ口リアーナに クルセーダー、マチルダを供与

知波単男子: 一式中戦車 1両 チハ2両
女子にチハ5両、九五式1両供与

足りない車輌分は各学校混成の戦車猟兵チームにて代価してます



490: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 22:35:30.98 ID:pV5GBz+4O

大洗チーム テント

エリカ「くさびを打ち込み浸透突破で行くべきよ! 」

ケイ「優勢火力ドクトリンじゃない?1両に対して10両ね」

西「ここはやはり突撃かと」

アンチョビ「取り敢えず、パスタ茹でてから考えていいか?」

桃「…お前ら、いい加減に!」

まほ「大隊長は、みほだろ。大隊長指示を…。あれ?」

みほ「…うーん。やっぱりそうですよね」



495: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 22:45:04.42 ID:pV5GBz+4O

アールネ「森林地帯なら、奇襲戦法がとりやすい。俺らが隠れるなかはもってこいだ」

ベレッタ「道路付近に穴掘って、近づいてきたら地雷を叩きつけやる」

みほ「森林地帯の防御はそれでお願いします。後は、この高地ですね」

バウアー「取れば有利だが、開けすぎている。相手に長距離火力が有れば狙い撃ちされる危険が高すぎる」

みほ「確かに、敢えて取らせて返り討ちにするなんて可能性もあり得ますね」

池田「だが、逆に取られたら厄介だな」



500: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 22:56:05.21 ID:pV5GBz+4O

ジョージ「敢えて相手に取らせてから奪うのはどうだ?」

バウアー「上から狙い撃ちされるぞ」

ジョージ「こっちにはカリオペとプラウダの自走砲が有るんだ。山頂に顔出したら下から一気にぶちかまして、その隙に突っ込めばどうだ? 」

セルゲイ「一理有るな。砲兵火力は大事だ。何なら形を変えるほど撃ち込んでやってもいいぞ」

池田「そんなに弾が無いだろ?だが、予め射撃諸元が算定出来るから、正確な射撃援下に、突撃するのも良いかもな」



502: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 23:03:26.88 ID:pV5GBz+4O

バウアー「ブリッツクリークか…。それも手ではあるな。だが、ここばかりは何とも言えんな」

ジョージ「ここが一番膠着しそうだな」

みほ「そうですね…。お姉ちゃ…西住まほ選手、そっちは何か纏まりましたか?」

まほ「えっ?そうだな、こちらとしては、そのー…」

アールネ「あん?お前は、隅で座ってるだけか?会議中だぞ!」

ミカ「ひっ!そ、そうだね、私の案としては…」



507: ◆v/LK4luEPU 2016/02/13(土) 23:18:29.56 ID:pV5GBz+4O

バウアー「取り敢えず、硬式部隊の配置はこんなもんか?」

みほ「そうですね。後は、私達女子の方が纏まれば行けます」

バウアー「そうか。西住は任すぞ。シュルツ、中隊にオットーとハーマンのチェックをさせろ!」

アールネ「お前ら、狩りの時間だ!今日もガンガン狩るぞ!」

セルゲイ「今は友なる同志大洗の為に!」

ジョージ「俺に任せな、西住。行くぜ!」

池田「諸君、戦いの時は来たぞ!大洗の未来の為の礎となる覚悟はあるか!?」

ベレッタ「野郎共!行くぞ!おっ、よう。試合が終わったらお茶でもどうだ?」

沙織「えっ?やだもー」



532: ◆v/LK4luEPU 2016/02/14(日) 12:13:37.57 ID:UhljUqudO

みほ「…それで、女子の方はどうなりましたか?」

まほ「あぁ……取り敢えずとしては…」

みほ「まさか、決まって無いなんてことないですよね?」

まほ「ひっ!そ、そんな分けないだろ、な、なぁ?」

隊長一同「うん!」

ノンナ「……(みほさん、さすがですね。…察しの通り残念な結果ですよ)」

みほ「…はぁ」



533: ◆v/LK4luEPU 2016/02/14(日) 12:24:17.42 ID:UhljUqudO

大洗チーム 戦車集結地域

マイヤー「溢すんじゃねえぞ!ガソリンの一滴は血の一滴だ」

クルツ「はいっ!」

ハンス「黒騎士1より、各車へ。無線の感度はどうだ?」

アールネ「おう、継続特製のモロトフカクテルはどうだ?」

継続生徒「準備万端。よく冷えてます!」

華「男子の皆さんは凄いですね…なんだか逞しいです」

優花里「凄いであります!こんなに沢山の戦車が見られるなんて。すいませーん!乗せて貰っても良いですか?」

沙織「ど、どうしよう麻子?ナ、ナンパされちゃたよー」

麻子「…知らん」



535: ◆v/LK4luEPU 2016/02/14(日) 12:37:28.89 ID:UhljUqudO

ダージリン「みほさん、ちょっといいかしら?」

みほ「何でしょうか?」

ダージリン「戦略も纏まったことですし、此処からが重要なんだけど…作戦名はどうします?」

みほ「作戦名ですか?」

ダージリン「えぇ(今回はライバルが多すぎますわ、ここで目立ってみほさんの注目を…)」

アンチョビ「3方向から攻めるんだから、三種の……」

ミカ「作戦名…それは本当に必要な事なのかな?」 (ポロロン)



536: ◆v/LK4luEPU 2016/02/14(日) 12:53:42.70 ID:UhljUqudO

みほ「えっ?」

ミカ「外見を立派にすればいいってもんでも無いじゃないかな?」

みほ「…確かに。いくら立派な作戦名にしても、肝心なのは戦略ですからね。まだ、少し時間がありますから、もう少し検討しましょう。作戦名なんて、何とでもなります」

ダージリン「なっ…(余計な事を…)」

ミカ「……(パッパにまた怒鳴られたく無いからね)」(ポロロン)



537: ◆v/LK4luEPU 2016/02/14(日) 13:19:20.20 ID:UhljUqudO

バウアー「おっ、西住。纏まったか?」

みほ「はいっ!大尉以下黒騎士中隊は、タンポポと一緒に、平地地帯をお願いします。継続とアンツィオの皆さんは予定通りに森林地帯の防御を…池田さんは西さん達と行動して下さい」

池田「心得た。あいつらは直ぐに突撃したがるからな、突撃は勝敗を決す時まで取っておくものだ」

ジョージ「俺らは予定通り高地か?」

みほ「はいっ!サンダースとプラウダの皆さんはヒマワリの火力支援及び、各部隊の支援をお願いします」

ジョージ「おう!」

タカシ「機動戦なら任しとけ」

みほ「では、これより試合を開始します!全員乗車、戦闘準備!」



549: ◆v/LK4luEPU 2016/02/14(日) 22:24:00.57 ID:UhljUqudO

大学選抜チーム陣地

愛里寿「…前進」

アズミ「中隊、前進」

メグミ「メグミ、中隊を並進させます」

ルミ「中隊、陣形を横隊から斜行進へ」

VOOOO

愛里寿「…相手は男子が居る、ブッシュが多い地形では接近戦に注意。遭遇した場合は下手に相手せず、一気に突破しろ」

一同「了解」

愛里寿「アズミ、ルミ、メグミ…。いつものパーシングじゃ無くセンチュリオンなんだから、速度に注意。パーシングは勿論、T26E4やT32はより鈍足、陣形を乱さないように」

三人「了解」

愛里寿「遭遇は早くて20分後…。みほがどうくるか…」

愛里寿「」



550: ◆v/LK4luEPU 2016/02/14(日) 22:30:51.81 ID:UhljUqudO

VOOOO

バウアー「黒騎士1より、あんこうへ」

みほ「こちらあんこう。大尉、何でしょうか? 」

バウアー「何時もは俺の砲手だか、今回はお前ら大洗の支援だ。指揮官はお前だ、指示は遠慮無くしろ。萎縮する必要は無いぞ」

みほ「は、はいっ!」

バウアー「指揮官は堂々と構えとけ!ビシッとしとらんさ指揮官は後ろから教育するから、覚悟しておけ」

沙織「仲間に撃たれるとか勘弁してよー」

みほ「了解、黒騎士1。期待してます」

バウアー「よろしい」



553: ◆v/LK4luEPU 2016/02/14(日) 22:41:51.26 ID:UhljUqudO

みほ「各部隊、状況は?」

まほ「こちらひまわり。高地麓に到着した。今、偵察部隊を送ってる」

ジョージ「こっちも支援準備OKだ。何時でもぶっ放せるぜ」

ケイ「こちら、あさがお。こっちも順調に進軍中よ」

池田「いいか西、突撃はここ一番まで取っとけよ。闇雲な突撃は犬死だ!恥と知れ」

西「は、はいっ!心得ました」



554: ◆v/LK4luEPU 2016/02/14(日) 22:51:47.07 ID:UhljUqudO

森林地帯

vooOO

継続男子「…隊長。敵が近づいて来ました!」

アールネ「来やがったな!数は?」

継続男子「かなり居るようです」

アールネ「いいぞ。獲物は多いほど狩り甲斐がある。お前ら、狩りの時間だ!派手に行けー!」

継続男子「おぉー!」

選抜チーム「な、何だ?物凄く嫌な感じがする」



556: ◆v/LK4luEPU 2016/02/14(日) 22:58:47.98 ID:UhljUqudO

カチューシャ「…パーシングなんて登るの遅いし、行くべきよ」

まほ「確かに序盤で戦果を上げておきたい。行くか」

カチューシャ「行くわよ!203高地よ!」

プラウダ 「Ураー!」

シュガポフ「ちっ。馬鹿みたいに進めばいいってもんでもねえぞ!」



557: ◆v/LK4luEPU 2016/02/14(日) 23:06:40.76 ID:UhljUqudO

プラウダ生「何でさ?空いてんなら有利だぜ?」

シュガポフ「わざと取らせて、狙い撃ちするって手も有るんだ。あんな開けたところ、逃げ場なんてねえからな」

プラウダ生「お前、試験は赤点ギリギリなのに、学はあるな」

BLAM

タカシ「隊長、どうします?」

ジョージ「万が一がある。俺たちは待機する。だが、もしもの時はお前の機動力が頼りになる。何時でも行ける準備はしとけ」

タカシ「了解」

ジョージ「ハンバーガーヒルにならなきゃいいが…」



570: ◆v/LK4luEPU 2016/02/15(月) 21:32:28.45 ID:7P7oNpJOO

林内

Voooo

ケイ「ケイ車より西車へ。そっちはどう?

西「…こちら、西。現在異常なし。我が知波単部隊順調に進軍中…」

BAKOM

西「3時方向より、敵襲!」

ケイ「こちら、あさがお。敵と遭遇!」

アンツィオ男子「隊長、女子が敵と交戦したようです!」

ベレッタ「まだ、動くなよ。もっと惹き付けろ」

アールネ「いいぞ。そのまま来やがれ」




571: ◆v/LK4luEPU 2016/02/15(月) 21:45:40.70 ID:7P7oNpJOO

沙織「みぽりん。あさがおが敵と遭遇したって」

みほ「…来た」

ダージリン「こちらダージリン、敵発見。距離700ヤード」

みほ「…M26にT26E4にT32か。正面きっての撃ち合いは不利…射線に入らないように注意して!」

シュルツ「…あの動き方。牽制か?」

みほ「そうみたいですね。正面きっての撃ち合いじゃない分、ありがたいです。華さん、砲撃翌用意!」

バウアー「クルツ。硬式の戦い方を教育してやれ。フォイア!」

BRAM





572: ◆v/LK4luEPU 2016/02/15(月) 21:56:04.27 ID:7P7oNpJOO

BAKOM BAKOM

梓「…凄い攻撃」

BRAM KAN

あゆみ「…装甲が固すぎる」

梓「落ち着いて。装甲が抜けなくても、上手く当てて、砲とか破損させて行動不能に追い込めば 」

優季「さすが梓!…きゃあ」

あゆみ「でも、こんな凄いで砲撃の中じゃ無理だよー!」

BAKOM

ケイ「ちっ…まずい」



573: ◆v/LK4luEPU 2016/02/15(月) 22:01:08.91 ID:7P7oNpJOO

ケイ「敵が動いた。知波単ズの脇から突破する気よ!阻止して」

ナオミ 「了解!私が…くっ」

BAKOM BAKOM

ナオミ「敵火力集中!援護不能、援護不能!」

ウサギチーム「きゃあ」

ケイ「shit!」



576: ◆v/LK4luEPU 2016/02/15(月) 22:11:47.83 ID:7P7oNpJOO

池田(女子の方)「今こそ、知波単魂を見せる時!突撃ー!」

名倉「突撃ー!」

西「あっ、ちょ、ちょっと待て」

池田「あの馬鹿!家に帰ったら親父と説教だ。…だが、あいつらが注意を逸らしてくれた分、成功の確率は上がったかもな」

voooo

パーシング操縦手「突っ込んで来ます」

パーシング車長「九七式ごとき、弾き飛ばしてやるわ!」



579: ◆v/LK4luEPU 2016/02/15(月) 22:26:50.88 ID:7P7oNpJOO

BRAM BAKOM シュッパ

名倉「撃て…うわっ」

BAKOM シュッパ

パーシング車長「そんなんじゃ勝てないわよ。お馬鹿さん…わっ」

Voooo ギャッ

パーシング車長「何やってんの?」

操縦手「ま、前に進みません…履帯の感覚が変です!」

アールネ「…ピアノ線で、戦車が釣れたな。先頭が止まった今がチャンスだ!行くぞ!」

ベレッタ「突っ込めー」



582: ◆v/LK4luEPU 2016/02/15(月) 22:34:57.83 ID:7P7oNpJOO

継続男子「食らえ!」

BAM(モロトフカクテル) BAKOM シュッパ!

アンツィオ男子「行けっ!」(地雷を叩きつける)

BAKOM シュッパ

ガサッ

知波単男子「突撃ー!」

ドン!

選抜チーム「な、なんの音? えっ?」

ガチャ

知波単男子「…」

選抜チーム「きゃあ!手榴弾よー!」

BAKOM シュッパ



584: ◆v/LK4luEPU 2016/02/15(月) 22:41:36.82 ID:7P7oNpJOO

アールネ「もう一本。おまけだ!」

BAM BAKOM シュッパ

アールネ「これで、3つだ」

ベレッタ「うちは4つだ。」

アールネ「!!お前ら、パスタ野郎に負けたら承知しねぇぞ!」

継続男子「おぉー!」

選抜チーム「機銃よ、機銃で…きゃあ」(シュッパ)

ナオミ「……」

メグミ「まずい…。全車森林の中を全速で突破して。森を抜けたら再集結します」



592: ◆v/LK4luEPU 2016/02/15(月) 22:59:39.68 ID:7P7oNpJOO

Voooo

アールネ「うおっ。危ねぇ。強引に突っ込んで来やがった」

ケイ「…強行突破してくなんて。アリサ、貴方が一番近いわ。追撃の指揮は任せたわよ」

アリサ「了解。動ける車輌は私に付いて来て…きゃあ」

BAKOM BAKOM

アリサ「…左右履帯破損、行動不能!」

ケイ「くっ。陣形が崩れてるのに、近くの車輌との咄嗟の連携…さすが選抜チームね…」



593: ◆v/LK4luEPU 2016/02/15(月) 23:10:20.83 ID:7P7oNpJOO

池田「西、動ける車輌は準備が出来た車輌より追撃戦に移るぞ!」

西「追撃でありますか?」

池田「このままだと、高地の味方が挟撃される危険がある。敵の陣形が崩れた今が好機。この気を逃すな」

西「はいっ!」

池田「ケイさん、恥ずかしながら我らの戦車では、火力が心細い。悪いが、蛍の火力支援を願いたい」

ケイ「ホタル?あぁ、ファイアフライね。ナオミ、行ける?」

ナオミ「…イエス、マム」



599: ◆v/LK4luEPU 2016/02/15(月) 23:18:37.78 ID:7P7oNpJOO

Voooo

ケイ「ラビット、私とアリサを救出するわよ」

梓「分かりました」

アールネ「…突破されたか。被害は?」

継続男子「死亡判定3、重症判定2です」

ベレッタ「うちも、死亡判定4、重症判定5だ」

アールネ「ちっ。…まぁ、あんだけ数いりゃしょうがねえか」

ベレッタ「9両やったんだ。よしとしようぜ。」

アールネ「まあな。…そんな事より、動ける奴を集めろ。仕事だ!」



601: ◆v/LK4luEPU 2016/02/15(月) 23:25:23.08 ID:7P7oNpJOO

継続男子「…隊長!こいつなら、被害の判定見る限り行けそうです」

アールネ「…こいつ入れて二つか。おい、Ⅲ突の後ろから、道具下ろして来い」

ケイ「何する気?」

アリサ「恐らく、継続の硬式と言ったらあれです…」

ガンガン キュィィィン

継続男子「よいしょ。取り敢えずはこんなもんかな。隊長、出来ました!」



603: ◆v/LK4luEPU 2016/02/15(月) 23:35:18.09 ID:7P7oNpJOO

アールネ「こんだけ直せば上出来だ!後は、見える位置にこいつ(継続のマーク)を」

継続男子「隊長、今は支援に来たんですから、大洗のマークですよ」

アールネ「言われなくても、分かってるわ!この上に大洗のマークをくっ付けりゃ…どうだ!」

M26パーシング 大洗(継続)仕様

継続男子「おぉ!」

継続一年「アメリカ戦車なんて始めてだ。乗れるんですか?」

継続二年「戦車なんて、どれも変わらん。古今東西の戦車乗れ無いようじゃ、勤まらんぞ」

アールネ「無駄口叩くな!次だ!」



605: ◆v/LK4luEPU 2016/02/15(月) 23:43:19.92 ID:7P7oNpJOO

アールネ「取り敢えず二両か。よしっ、お前ら乗れ!次の狩場に前進だ!」

継続二年「いいか、新入り。戦車なんてこうやりゃ…よしっ掛かった!な?大体どれも一緒だろ?」

継続一年「はいっ!」

Voooo

ケイ&ウサギチーム「……」 (ポカーン)

アールネ「そのシャーマン。直んなかったら譲ってくれ」

アリサ「!!譲るわけ無いでしょ!」



631: ◆v/LK4luEPU 2016/02/16(火) 17:30:16.02 ID:DlgunlJxO

BAKOM シュッパ

ゲルべ2「被弾した」

バウアー「ちっ。ティーガーとまともにやり合う為に造った戦車だけあるな。長引きゃ不利だ…左、800。クルツ喰え!」

BRAM BAKOM シュッパ

みほ「お見事です。私の後任を任されただけの事はありますね、クルツ上等兵。だけど、中隊長車砲手としてはまだまだだね」

クルツ「曹長は別格ですよ。一緒にされても困ります」

みほ「そんな事無いよ。私だって普通だよ」

クルツ「また、冗談を。」

みほ「フフッ。…華さん、11時方向、距離750、スーパーパーシング。フォイア!」

優花里(うーっ、西住殿。硬式の皆さんとばかり話して無いで、私にも命令して下さい…)



632: ◆v/LK4luEPU 2016/02/16(火) 17:41:45.76 ID:DlgunlJxO

Voooo

カチューシャ「203高地奪取よ!」

まほ「こちらひまわり。高地頂上に到達した」

みほ「了解!そこから、あさがおとたんぽぽの援護をお願いします。お姉ちゃ…西住まほ隊長 」

まほ「…了解した(お姉ちゃんでいいのに……)」

エリカ「…隊長、いじけてないで指示を」

選抜チーム偵察「…敵が山頂に到着しました。砲撃開始して下さい。」

ジョージ「(やな感じがする…)タカシ、中腹まで小隊を前進させろ!仕掛けて来るぞ」



633: ◆v/LK4luEPU 2016/02/16(火) 17:57:06.83 ID:DlgunlJxO

カチューシャ「…準備はいい?」

直下さん「準備OKです」

小梅「射点につきました」

カチューシャ「いいわね?」

まほ「あぁ。始めるぞ」

カチューシャ「撃て… 」

DOKAAAM

みほ「今のは?!」

選抜チーム偵察「…」(ニャッ)



634: ◆v/LK4luEPU 2016/02/16(火) 18:08:53.43 ID:DlgunlJxO

BAKOOOM シュッパ シュッパ

直下さん「パンター1号車、行動不能!」

小梅「パンター2号車、撃破されました!」

カチューシャ「な、何よ!?今のは」

杏「こちらひまわり。何かすごいが来たぞ。上から降って来たみたいだけど、勘違いかな?」

柚子「勘違いじゃありません!」

みほ「い、今の砲撃は?」


ジョージ「落ち着け西住。多分列車砲かなんかだ」

シュガポフ「若しくは攻城用重砲の類いだな」

バウアー「爆発範囲からそうだろうな」



636: ◆v/LK4luEPU 2016/02/16(火) 18:19:48.45 ID:DlgunlJxO

優花里「列車砲!?」

みほ「な、何で皆さんそんな冷静なんですか?!」

バウアー「希に硬式戦だと戦車猟兵のPAKの枠に支援火砲だと強引にぶちこんで来る奴等が希に居るからな」

シュガポフ「1年の頃食らった事があるからな。あん時は、T-34をひっくり返されたぜ」

ジョージ「至近弾でも答えるからな。あいつの弾は。タカシ、この気に敵が来るぞ!警戒しろ!」



660: ◆v/LK4luEPU 2016/02/16(火) 22:32:38.06 ID:DlgunlJxO

BRAM

エリカ「前方の敵、攻撃を開始!」

まほ「まずい。全車後退。撤退するぞ」

BRAM

桃「まずい、後退だ!」

BAM

杏「ありゃ?」

柚子「これって、包囲されてる?」



661: ◆v/LK4luEPU 2016/02/16(火) 22:38:19.44 ID:DlgunlJxO

まほ「前方からの砲撃、後方からの半包囲…上から謎の攻撃…」

エルヴィン「くそっ」

まほ「全車、前方の斜面をこのまま降りる。たんぽぽに合流するぞ」

Voooo

カチューシャ「見なさい!カチューシャにはあらないんだから!」

まほ「カチューシャ、来るぞ!」



662: ◆v/LK4luEPU 2016/02/16(火) 22:44:53.16 ID:DlgunlJxO

Voooo

選抜チーム「逃がさないわよ」

DOM BRAM

カチューシャ「くっ…」

セルゲイ「カチューシャ、車内に入ってろ!」

カチューシャ「えっ?」

セルゲイ「アゴーニ!」

ジョージ「ロックンロールだ!派手に行け!」



663: ◆v/LK4luEPU 2016/02/16(火) 22:59:35.94 ID:DlgunlJxO

HyuuUU ZBAAAM

カチューシャ「うわっ」(ビリビリ)

選抜チーム「きゃああ」

エリカ「な、何?また新手?」

カエサル「山が噴火したのか?!」

ジョージ「へっ、どんなもんだ」

シュガポフ「虎殺しの152mmは伊達じゃねえぞ!」

カチューシャ「ちょっと、危ないじゃない!もう少しよく狙いなさいよ」

ジョージ「狙いが悪いんじゃない。面制圧だ」

カチューシャ「……」



664: ◆v/LK4luEPU 2016/02/16(火) 23:04:22.78 ID:DlgunlJxO

まほ「カチューシャ、ぼけっとするな。まだ来るぞ!」

カチューシャ「分かってるわよ!」

ジョージ「次弾の準備だ!撃ちまくるぞ」

シュガポフ「とっとと込めろ!」

プラウダ生「こいつの重さ分かってるか?」

選抜チーム偵察「ちっ。厄介なのが居るわ。先にそっちを叩いて。位置は…」



684: ◆v/LK4luEPU 2016/02/17(水) 17:48:01.35 ID:NWGmrliRO

ジョージ「よっしゃ、次弾装填完了だ!派手にぶっぱな…前進全速!散開!」

Quuuuu BAKOOOM

カリオペ小隊「うわぁぁ!」

シュッパ シュッパ

シュガポフ「うおっ。畜生!魔女の婆さんの呪いだ!」

ジョージ「くそっ、カリオペが…おい、さっきの砲撃からの時間は?」

サンダース生「えっと…2分30秒です!馬鹿な、早すぎる…」

ジョージ「確かに、あのクラスにしちゃ次弾までの間隔が近すぎる…ちっ、一門だけじゃねぇな。…全車散開しろ!次が来るぞ!」



686: ◆v/LK4luEPU 2016/02/17(水) 18:03:48.76 ID:NWGmrliRO

Voooo BAKOOOM

カチューシャ「くっ」

BAM BAM

まほ「カチューシャ、何をしている!早く後退しろ!」

カチューシャ「逃げる出すなんて、隊長じゃ無いわ! 」

ノンナ「まずい…」

クラーラ「…全員での突破は無理ね…私が囮になります。」



688: ◆v/LK4luEPU 2016/02/17(水) 18:08:27.26 ID:NWGmrliRO

ノンナ「無茶です。そんな事したら、カチューシャに嫌われますよ」

クラーラ「この状況を打破できるなら、嫌われて結構」

カチューシャ「二人とも日本語で話なさいよ!って、クラーラ?何してるのよ?!」

クラーラ「カチューシャ様、一緒に戦う事が出来て光栄でした」



689: ◆v/LK4luEPU 2016/02/17(水) 18:14:08.69 ID:NWGmrliRO

クラーラ「それでは、ごきげんよう…」

カチューシャ「クラーラ!」

クラーラ「プラウダの為に!」

BAKOOOM

カチューシャ「クラーラ!」

セルゲイ「……同志の犠牲を無駄にするな!砲撃!同志カチューシャを支援しろ」

BRAM BRAM

ジョージ「タカシ、小隊全速!殿を支援しろ!」




690: ◆v/LK4luEPU 2016/02/17(水) 18:19:49.85 ID:NWGmrliRO

アリーナ「カチューシャ隊長、まーだ狙われてるだ」

ニーナ「あのチビッ子隊長には、えらいこき使われたけんども、このままじゃあ」

アリーナ「なぁ、うちの戦車でけえから楯になるんでねぇか?」

ニーナ「やるべか?」

アリーナ「やろう!みんなもいいべか?」




691: ◆v/LK4luEPU 2016/02/17(水) 18:26:27.07 ID:NWGmrliRO

KV-2クルー「でも、硬式の防弾はめっさ重ぐで…時間かかるだ…」

ニーナ「隊長の一大事に泣き言いうでねぇ!隊長がやられてもいいんか?!」

アリーナ「皆でやるべ!そうすりゃ、少しは楽になるべ」

KV-2「…んだな。やろう!」

ニーナ「よっしゃ!街道上の怪物の実力発揮すんぞー!」



693: ◆v/LK4luEPU 2016/02/17(水) 18:34:32.78 ID:NWGmrliRO

カチューシャ「カーベーたん?」

BRAM

ニーナ「カチューシャ様、早く行ぐだ!」

Voooo BRAM

タカシ「突入!」

選抜チーム「何?!」

タカシ「敵が多い。散開して各車ごと交戦しろ」

選抜チーム「この!…早い」

Voooo

タカシ「遅い!ファイア!」

BAKOM

タカシ「今だ、早く離脱しろ!」



694: ◆v/LK4luEPU 2016/02/17(水) 18:52:53.79 ID:NWGmrliRO

カチューシャ「でも、貴方たちが戦ってるのに私だけ逃げ出すなんて…」

タカシ「馬鹿野郎!」

カチューシャ「ひっ」ビクッ

タカシ「ここでやられたら、貴方を逃がすために犠牲になった部下はどうなるんですか?」

カチューシャ「!!」

タカシ「貴方の仲間は自らを犠牲にしてまで守ろうとしてくれた。部下に慕われる、優秀な指揮官の証拠です」

ニーナ「カチューシャ様、クラーラ様や私達の為にも早く行ぐだ!」

カチューシャ「……」



697: ◆v/LK4luEPU 2016/02/17(水) 19:17:30.35 ID:NWGmrliRO

ノンナ「カチューシャ、貴女はウラル山脈より高い理想とバイカル湖より深いを思慮秘めた方です。貴女のような隊長は、この戦いに必用な方です」

カチューシャ「……」

カチューシャ「だから、私やクラーラ含め皆今まで慕い、共に戦って来たのです。そのクラーラがカチューシャに嫌われるのを覚悟で犠牲になったのを無駄にするおつもりですか?」

ニーナ「カチューシャ隊長、私達の分まで頼むだ!」

カチューシャ「……あなた達の頑張りは絶対無駄にしないから…ノンナ!撤退、するわよ!」

ノンナ「はい」




698: ◆v/LK4luEPU 2016/02/17(水) 19:25:18.01 ID:NWGmrliRO

Voooo

タカシ「よしっ、行ったな…離脱するぞターンだ!」

ギャッ

選抜チーム「えっ?」

BRAM BBAKOM

タカシ「小隊、全速!離脱するぞ」

選抜チーム「ちょこまかと!」

BRAM BAM

タカシ「当たるかよ!猫の俊足をなめんなよ」





709: ◆v/LK4luEPU 2016/02/18(木) 13:28:10.83 ID:4A7Ufvx7O

まほ「カチューシャ達は、離脱出来たみたいだな…」

BAM

まほ「なにっ?新手か!?」

高地を下りるまであと少し、突如斜面より現れるパーシング、スーパーパーシング


カエサル「まずい。後ろにつかれた!」

まほ「まずいな。早急に離脱しろ!」

エルヴィン「だが、我々が居なくなったら、プラウダ組が挟まれるぞ」

エリカ「だからって、固定砲塔のあなたに何ができるのよ?無駄死になんて、許さないわよ」





710: ◆v/LK4luEPU 2016/02/18(木) 13:33:11.34 ID:4A7Ufvx7O

カエサル「…もう一度あれをやるぞ」

エルヴィン「今度は外すなよ」

左衛門佐「御意」

おりょう「行くぜよ」

カエサル「行けっ、CV33ターン!」

ギャッ

選抜チーム「えっ?」



712: ◆v/LK4luEPU 2016/02/18(木) 13:42:17.43 ID:4A7Ufvx7O

BRAM BAKOM

パーシング車長「嘘っ…」 シュッパ!

Voooo

左衛門佐「やった」

エルヴィン「くそっ、もう一両に抜けられるぞ!」

おりょう「ぁぁ、そっちは駄目ぜよ!」



713: ◆v/LK4luEPU 2016/02/18(木) 14:01:50.09 ID:4A7Ufvx7O

Voooo(反対側の斜面から飛び出してくるチヘ)

池田「突撃ー!」

BAM

スーパーパーシング車長「なにっ?」

池田「距離が足らん。接近しろ!」

スーパーパーシング砲手「こしゃくな!」

Dom BAKOM

知波単男子「知波3号、被弾!」

池田「構うな!側面に回れ!」



714: ◆v/LK4luEPU 2016/02/18(木) 14:18:34.96 ID:4A7Ufvx7O

スーパーパーシング車長「ちょこまかと!チハ連中から先にやるわよ!砲塔旋回」

UEEN ガッ

砲手「あれ?」

スーパーパーシング車長「何やって…はっ、まさか近すぎて砲身が…」

池田「長砲身にすればいいってものでも無いぞ。撃て!」

エルヴィン「今だ、撃てぇ!」

BAKOM



716: ◆v/LK4luEPU 2016/02/18(木) 14:41:33.25 ID:4A7Ufvx7O

シュッパ!

スーパーパーシング車長「くそっ。脱出よ!」

池田「よしっ」

エルヴィン「助かった、ありがとう。しかし、一式で無茶しすぎじゃないか?」

池田「時代は変わり、馬が鋼を纏おうとも、騎馬で戦場を駆けるのは武人の誉れだ」

左衛門佐「おぉ!」

池田「それに、この試合は負けたら後が無い。この身がつきようとも、それ以上の対価があるのであれば、多少の無茶も覚悟の上だ」

カバチーム「おぉ!」







717: ◆v/LK4luEPU 2016/02/18(木) 14:53:38.85 ID:4A7Ufvx7O

スーパーパーシング車長「きゃあ」ツルッ

砲手「大丈夫ですか?」

スーパーパーシング車長「雨で滑って…痛っ」

池田「とまれ!…待ってろ」

カエサル「何するきだ?」

スーパーパーシング車長「な、何よ?!」

池田「…見せてください」



718: ◆v/LK4luEPU 2016/02/18(木) 15:02:20.31 ID:4A7Ufvx7O

スーパーパーシング車長「ち、ちょっと!…痛っ」

池田「…捻挫か。戦車から救急箱持って来い!」

スーパーパーシング車長「た、助けてくれるの?」

池田「女子と男子、高校と大学。立場の違いがあれど、戦車道という道を共に進む者同士。傷つた人が居れば助ける。当然の事ですよ。」

スーパーパーシング車長「あ、ありがとう///」

おりょう「武士道ぜよ」

佐衛門佐「かっこいい・私、知波単に転校する!」

カバーチーム「それだ…えっ?」




733: ◆v/LK4luEPU 2016/02/18(木) 21:33:55.04 ID:T//XSnmHO

まほ「一気に離脱するぞ!」

Vooo

選抜チーム偵察「逃がすもんですか。位置を送るわ、派手にやって…」

ビーッ!

選抜チーム偵察「えっ?被弾?」

チャーフィー砲手「敵襲?!一体どこから…きゃあ」シュッパ!

チャーフィー操縦手「撃破された?!判定は…装填弾薬の誘爆?!えっ?えっ?」

高地斜面

継続副隊長「……」



736: ◆v/LK4luEPU 2016/02/18(木) 21:42:22.01 ID:T//XSnmHO

西「こちら西、敵はひまわりへの追撃を中止。反転して中央と合流する模様です」

みほ「了解しました。ありがとうございます」

まほ「みほ!」

みほ「お姉ちゃん」

エリカ「何とか合流出来たわね」

まほ「危ないところだったが…」

バウアー「安心しろ。お前らには福がついてるんだ。簡単にはやられんよ」

まほ「何?どういう事だ?」

バウアー「君が乗ってるティーガーだ」



738: ◆v/LK4luEPU 2016/02/18(木) 21:49:46.07 ID:T//XSnmHO

まほ「戦車が?」

バウアー「そいつは先代の卒業生が使ってた車輛だが、不思議と被弾しなかった。幸運のティーガーだ」

みほ「それが噂のハッピータイガーですか」

小梅「…懐かしいと思ったら、やっぱり曹長さんの…」

直下さん「えっ?」

小梅「い、いえ。なんでも無いですよ」

直下さん「えらい動揺よ。ひょっとして、去年の流されてから、黒森峰に戻っ来るまでの、空白の数ヶ月に関係あるの?」

小梅「……」





739: ◆v/LK4luEPU 2016/02/18(木) 21:58:39.44 ID:T//XSnmHO

Quuuuu BAKOM

ローズヒップ「このー!」

ダージリン「戻りなさい、ローズヒップ!」

まほ「…合流出来たが、あの砲撃を何とかしないと」

ケイ「あの上からの砲弾は何なのよ?」

アリサ「恐らく、あれです…。もしくはジョージ隊長の言っていた列車砲か」

あゆみ「すごい、何で分かるんですか?」

あや「ひょっとして、また盗聴?」



742: ◆v/LK4luEPU 2016/02/18(木) 22:03:40.92 ID:T//XSnmHO

桂利奈「アリサさんて、彼氏の事も盗聴してそうだよね」

あゆみ「束縛しすぎ?」

優季「それで、タカシにふられたんだー」

アリサ「してないわよ!告白もしてないないのにふられる訳ないでょ!…てか、何で知ってるのよ…」

硬式審判(以外メガネ)「止まれ!」



743: ◆v/LK4luEPU 2016/02/18(木) 22:09:43.82 ID:T//XSnmHO

ケイ「ちょっと、何よ?」

メガネ「戦車で戦車を引っ張るのは、ルール違反だ!」

梓「えっ?そんな事、聞いて無いです」

メガネ「黙れ!審判の俺様が言うことは絶対だ!」

あゆみ「なにそれ? 」

あや「酷くない?」

ケイ「待ちなさい。下手に審判に逆らったらこちらが不利よ。ごめんなさい。でも、私達始めてだから、本当に知らなかったの…。何とかならないかしら?」

メガネ「まぁ、見逃してやらんことも無いがな」




745: ◆v/LK4luEPU 2016/02/18(木) 22:14:26.70 ID:T//XSnmHO

梓「本当ですか?!」

メガネ「あぁ。お前らの誠意次第だがな…。皆、中々良いものを持ってるしな」

ケイ「えっ?…なっ///」

アリサ「未成年相手に何言ったてるのよ!」

メガネ「いいのか?失格にしてもいいんだぜ」

ケイ「くっ…」



747: ◆v/LK4luEPU 2016/02/18(木) 22:21:03.10 ID:T//XSnmHO

メガネ「さぁ、どうすんだ?」

審判長「お前は、学も教養もねぇ癖に、何偉そうにしてるんだ?」

メガネ「ひっ!」

審判長「このボケ!戦車での牽引は前々回からOkになってんだよ!学のねぇ奴はこれだよ!」

ボカッ バキッ

審判長「てな訳だから、ルール違反でも何でもねぇ。早く行きな。うちの馬鹿がとんだ失礼をしてすまなかった。このボケッ!」

メガネ「ヒイッ!(畜生、いつか殺してやる)」

ケイ「は、はい!(た、助かったわ)」




753: ◆v/LK4luEPU 2016/02/18(木) 22:33:58.65 ID:T//XSnmHO

Quuuuu BAKOM

ケイ「 くっ。こっちにも来たわね」

みほ「二ヵ所同時に来た。やはり敵は2門以上…」

優花里「砲撃の威力から推察するに、両方とも1t以上の艦砲クラス…でもロケット推進音がしなかったから、シュツルムティーガーじゃ、無い…。と、なると!」

典子「…隊長、偵察ならスピードのでる私達に任せて下さい!」

紗希 「……」

トントン

紗希「!!」

継続副隊長「……」コクッ

紗希「……」コクッコクッ



757: ◆v/LK4luEPU 2016/02/18(木) 22:39:43.51 ID:T//XSnmHO

みほ「わかりました。では磯辺さん、それから、会長にアンチョビさん、ミカさん。偵察をお願いします」

典子「はいっ……ん? 」トントン

紗希「……」

典子「どうしたの?丸山さん」

紗希「……一緒に行くって」

継続副隊長「……」

典子「えっ?誰、この人?」



758: ◆v/LK4luEPU 2016/02/18(木) 22:42:43.89 ID:T//XSnmHO

今回はここまで
審判の二人は、お馴染みのあのコンビです
大分来たんで、次からは新スレにしようと思います。まさかⅣまで行くとは……



元スレ
【ガルパン】みほ「大洗あんこう物語Ⅲ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454678510/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月20日 08:44
      • 5 硬式のチームのメンバーがかっこいいな。
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月20日 11:35
      • あああああああああ生殺し
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月20日 14:09
      • この作者、ガルパンの男の数が少ないのが不満だから別のやつとクロスさせて自分の好きなラブコメとかを書こうとしているように見える
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月20日 15:28
      • 中村ァ!
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月20日 15:35
      • 無知と貧困は人類の大罪だボケッ!
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月20日 17:49
      • この作者の一連の作品、「アンチ」ガルパン小説じゃないの?
        西住みほは、黒森峰の戦車道をどうしても受け入れられなくて、転校するに至った。
        勝利至上主義、そのための軍隊的な思想、それらを徹底否定することから始まる物語だ。
        みほは逃げているけれど、逃げることでそうした思想を絶対受けれない強さを持っている。
        けれどもこの作品は、自分が徹底否定した思想に「負けている」。
        飲み込まれている。
        だから勝利至上主義、そのための軍隊的な思想を体現する硬式戦車道の男性は格好良く描かれるし、「戦車道は戦争じゃない!」なんて思想を持つ女性陣は馬鹿で間抜けに描かれる。
        男性は強く明るくたくましく女性を救い、女性は優柔不断でオロオロして男性に助けてもらう(作者の分身である「西住みほ」を除く)。
        ガルパンが提示したスポーツとしての「戦車道」という価値観を、嗤っている。
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月20日 19:19
      • 正直みほがメアリー・スーになっちゃってる気がする。
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月20日 20:14
      • 4 なんか、上で長文書いてる人が居ますが
        もっと純粋に楽しめないのかねぇ
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月20日 20:28
      • 5 頭空っぽにしてしまえ。
        そうすりゃ楽しめる。
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月20日 20:40
      • >6

        なげーよwww
        でも、アンチガルパンってのは同感
        まほ、カチューシャ、ダージリン、ミカ、みんな無能www
        女子高生になんざ、戦車は無理って感じ?
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月20日 21:15
      • いいぞ継続!じゃんじゃんパーシングでもカールでもセンチュリオンでも鹵獲しちまえ!
        ワシこういう「したたか」「たくましい」「根性ある」キャラが活躍するのが好き。女子のミカも、カールの護衛パーシング3両を、ユーティライネン兄弟に負けじときっちりと鹵獲しろよ!この戦場は大学選抜側戦車のぶん取りが、選りどりみどりじゃわい!
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月20日 21:20
      • まあ、実際女子高生に戦車は無理だからね。アニメだからこそ楽しんでるけど、設定とかいろいろ考えると突っ込みどころ満載。アニメはそんなもの無視して見ればいいけどSSくらい好き勝手した方がいい。20㌔の砲弾抱えて数十発を装填するのは女子高生には無理、履帯修理不可能、エンジンの整備は舐めてんのかって話。
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月20日 21:31
      • >12

        でもそういうのを突き詰めたら「なんで死なないの?」ってなっちゃうし。
        蛸壷屋こそ正しい、ってなんちゃうぜ。
        俺はガルパンの「嘘」が好きだけどな。
        できれば、SSでもその「嘘」を突き通して欲しい。
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月20日 21:33
      • 5 嫌なら見るな
        それだけ
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月20日 21:42
      • まぁSSってのはたまには原作と違った味を楽しむのもありって事で…
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月20日 21:55
      • ※13
        別に正解はないし嫌なら見なければいいで終了だろ。人の設定にいちいちどうこう言わなくても自分の好きな設定のSS見ればいいじゃん。あと俺はゆきゆきて好きだしあれも二次創作の一つの形、欲しいって願望も行き過ぎると創作の幅を狭めるよ。
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月20日 22:11
      • このSSの場合、嘘を突き詰めてて良いと思うけどな。
        例えば、作戦会議のあたりとか。

        無能とは言うけど、今まで戦車だけだったのが『歩兵』まで入るから、ちょっと変わってくるんだよ。
        普通の戦車道だと、校風や所有戦車で各校の戦術が違うから、映画みたいな感じになっている。逆に男子側は、歩兵っていう共通して考えられる部分があるし、割と結束しやすい土壌はある。
        というか男子側がやってたのって、歩兵戦術の組み立てのみじゃないの?

        ついでに男子側で鹵獲した戦車を女子に流してるから、継続に完全な上下関係が出来上がってるってのは、逆に言えばそうなってるのって継続だけだし。

        ……さて、大学の潤沢な資金で育てられた戦車60台が、一体どうなるか気になるな。
        何気に数を揃えた分、大学側に鹵獲や歩兵に精通した人間がいないし。混成の影響で防御は出来ても、硬式を活かした攻撃ができないっていう。
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月20日 22:33
      • フジテレビの凋落ぶりを見るに、嫌なら見るなという考え方も創作の幅を狭めてると思うよ。
        それに作者が言うならまだしも、閲覧してる側が言うのはおかしいんじゃないかと思う。

        あ、SS自体は好きです。大規模な戦闘楽しみにしてます。
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月20日 22:55
      • みんな真面目に話してる中で言うのもなんだけど、サラッと蝶野さん(ガルパンおじさん(強))出ててワロタwww
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月20日 23:36
      • 役人たちクズすぎるだろ・・・
        もとのガルパンの役人もクズすぎて創作物と分かっていても反吐がでる
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月20日 23:57
      • 5 役人なんざこんなもんだろうな、予算減らされて白刃の矢を大洗女子に向けたものの予想外の抵抗を受けての「伝家の宝刀:検討の結果ダメー」現実世界でも良くあるこった。
        せめてアニメやssの中では跳ね返してくれよ同志ミホーシャ率いる高校生選抜チームよ。
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月21日 00:29
      • ガルパンキャラのsage描写がキツくなってから見るのやめたんだけど面白い?
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月21日 01:06
      • >22

        ガルパンなぞ、戦車を知らぬ萌え豚のためのアニメに過ぎぬ!
        女子高生に、戦車を扱えるはずもないのだ!
        そう思っている人には面白いと思います。
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月21日 01:11
      • 正直、登場人物が多すぎて戦闘シーンは飛ばして読んでる
        オレの頭では、全部を把握できん
        でも、みほが圧勝してすべての人からモテモテになるラストは予言できる
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月21日 01:28
      • バウアーと出来上がって終わりなんだろうけど、それなら女の子連中を中途半端に百合キャラにしないで欲しいな…。滑り台は見ていて辛い。
        という事でリタイア。
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月21日 02:21
      • 5 黒騎士物語や東亜総統特務隊みてると面白いんだよなぁ…

      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月21日 03:19
      • 5 げんぶん、東総しらんヤツ大杉ワロタ
        汗とオイル、やっぱり戦車の匂いと言ったらこれだ。
        小綺麗な原作ガルパンも良いが、戦車本来の味を強く出したこの作品は軍オタには堪らないし、小綺麗な原作風しか認めないのなら其れこそ二次創作の幅を狭める事になるだろう。
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月21日 08:07
      • 戦車道sageに見えるって相当だな。誇張の無茶苦茶さはガルパン原作以上だし、ガルパンというのは元よりこういう類のパロディを飲み込む包容力を持った作品じゃないか。ガルパンはいいぞ
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月21日 08:27
      • 僕の◯◯ちゃんが汚されてる。
        許さないぞ!
        みたいな人が多いのかな?
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月21日 08:39
      • >28

        戦車道sageには見えてないぜ。
        ガルパンのキャラsageがやり過ぎに見える。
        ガルパン最強でありラスボスのまほですら、こんなにマヌケに描かれているのはいたたまれない。
        男子硬式はみんなカッコよく描かれているのにな。
        オレも軍オタで源文ファンだが、ここまで戦車を盛り上げてくれたガルパンには感謝しているので、こうもsageられると何というか恩人をけなしているようで読むのが辛くなってきた。
        ということで、オレもリタイア。

        二次創作としては否定しないよ。
        期待している人もいるみたいだし、頑張ってほしいと思います。
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月21日 08:42
      • ※29
        煽るようなコメントすんなよ
        それじゃガルパンおじさんバカにしてた週刊誌と変わらないじゃん
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月21日 13:18
      • ゾーレッツやバードルは卒業しちゃったのか……
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月21日 17:48
      • 5 ちょっとみほ(大洗側)が強すぎな感じがしないでもないですが、このシリーズ大好きなので続きを楽しみに待っています。
      • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月22日 09:59
      • こりゃ駄目だわ
        すごく詰まらなくなってる
        テンポ悪いし役人ヘイトへの開放感もないし
      • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月24日 00:00
      • ん?女子sage男子age?副隊長、副官辺りはむしろageだろ?
        まほがポンコツすぎる?俺が見てきたガルパンssの半分近くがポンコツなんだが、このssに限ったことじゃないだろ?
      • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月24日 08:32
      • この作品が好きなヤツって、『黒騎士物語』にガルパンのキャラが出てきて無双したらどう思うんだろ?
        バウアーたちがポンコツになったりしてwww
        でも二次創作の幅を広げることになるし、きっと許してくれるよね!
      • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月25日 02:11
      • 5 黒騎士物語とか一切知らんでこのシリーズ読み始めたけど、フツーに面白いわ
        The・二次創作って感じ。完結期待
      • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月02日 23:30
      • 5 女子側が無能になってる感は確かにあるけどそれも含めても凄く楽しめる
        脳死でSS楽しんで、自分もWoTなりwarthunderなりで真似するんだよ!!
      • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月09日 20:40
      • 1 なんかもう別物過ぎてつまらねぇ

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務