TOP

《君の『   』と同じ色》

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 22:22:44.77 ID:lTYqn5zV0

「……………何?」

 放課後の教室。プリントの上で腕を動かす事を止めると、彼女はそう言った。

 彼女をじっと見つめたまま僕は言う。

「何、ってこっちのセリフだよ。なんで手を止めているんだい?そのプリントが終わらないと僕達は帰れないんだけど」

 僕は今、居残り勉強をさせられている彼女を、教室で二人きりで待っていた。







※完全オリジナルです。



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 22:23:59.02 ID:lTYqn5zV0

「いや、だから先に帰っててって言ったじゃん。あと、そんなにじっと見られてたら集中できない」

 彼女は僕のことをうざったがるように喋った。

「察してくれよ、君と一緒に帰りたいのさ」

 僕のその一言で、彼女は頬をピンクに染めた。

 可愛いなぁ。

「またそういうことサラッと言う……」

 彼女は目をどこかに逸らしながら、手元のシャーペンをくるくると回す。

 照れた時に手元が忙しくなるのは、彼女の癖だ。

 可愛いなぁ。

「あと、じっと見つめていたのはごめんね。君があまりにも美人だから君のパンツの色を推理していたんだ」

「またそういうことサラッと……おい今なんつった」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 22:24:36.25 ID:lTYqn5zV0

 臆することなく僕は言ってのける。

「聞こえなかったかい?『君のパンツの色を推理していたんだ。』三度は言わないよ」

「三度も聞きたくない!アンタ何言ってるか解ってる!?」

 彼女がシャーペンを手離して机を叩く。

「決めた。君の今日のパンツは純潔の白だ」

「話聞いてる!?」

「ファイナルアンサー」

「聞いてないし、訊いてない!」

 彼女がもう一度机を叩いた。

「で、どうなんだい?僕の推理は正解かい?不正解かい?そのスカートを巻くって確かめさせてくれよ」

「するわけないでしょ!」

 彼女は顔を真っ赤にして言った。

 大声を出しているからか、それとも恥ずかしいからか、はたまた両方か。



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 22:25:18.02 ID:lTYqn5zV0

「じゃあオセロで決めよう。負けた方は勝った方の言うことをなんでも一つ、聞くこと」

 僕はスマホの電源を入れた。

「するわけないで……ちょっと待って今アンタなんでもって言った?」

 彼女がこちらに顔を向け直した。 そういうリアクションをすると思った。

「うん。言った」

 僕はスマホのロックを解いた。

「なんでもって。なんでも?」

「なんでも」

 僕はスマホのホームをスライドした。

「君が焼きそばパンを買って来いと言ったら買ってくるし、金を出せと言えば出すし、靴を舐めろと言ったら喜んで舐め回すよ」

「なんで最後だけ喜んだのか解んないけど、本当に『なんでも』なのね」

「うん。なんでも」

 僕はオセロのアプリを起動させた。

「けど、覚えといて欲しいな。それは同じプレイヤーである君にもそのまま適用されることを」

 僕は机の上にスマホを置いた。

 画面に『GAME START!』のボタンが浮かんでいる。

 僕は言う。



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 22:25:52.19 ID:lTYqn5zV0

「宣言しよう!僕はこの勝負に勝った暁には君にこう命令を下そう!『パンツを見せろ』とな!君の家に干しているパンツじゃないぞ!スパッツでもないぞ!いやそのどちらかでも十分嬉しいけれど!

僕が要求するのは!僕が命令するのは!

君が今、直に穿いているパンツだ!」

 僕は言う。笑顔で。

「それでも、やるかい?」

「愚問ね」

 彼女はスマホの画面を叩いた、

 彼女は言う。僕なんて及びつかない程の笑顔で。

「ゲームスタートよ」

 スマホから小気味の良い電子音が、放課後の教室に響いた。



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 22:26:32.07 ID:lTYqn5zV0

「じゃあ先攻後攻を決めようか」

 僕はポケットから、オセロの石を一枚取り出した。

「……?何?オセロはこのスマホでやるんじゃないの?」

 彼女が訊ねる。

「そうだよ?この一枚は先攻後攻を決めるためにつかうのさ」

 スマホの画面には、先攻を決めてくださいという文字が浮かんでいる。

「………?」

 彼女はまだピンと来ていないようだ。

「知らないのかい?将棋に振り駒、囲碁にニギリが有るように、オセロにはオセロの先攻後攻の決め方があるのさ」

「そうなの?初耳だけど」

 まぁ、よほど興味がなければそんなこと知らないだろう。

 大抵はじゃんけんで済ませてしまうし。

 最も、僕が偶然このルールを知ったからこそ、こうして勝負を挑んで居るわけだけど。



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 22:27:17.38 ID:lTYqn5zV0

「こうやって」

 僕はオセロの石をコイントスのように上に弾いて、落ちてきたところを、素早く手で覆った。

「そして相手は、表が白か黒かを当てる。当てたら先攻。外したら後攻」

「解ったわ」

 彼女は了承した。了承してしまった。

「フフッ」

「何?急に」

「いや?なんでも?」

 彼女は既に僕の策略に嵌まってしまったことに気づいていない。

「じゃあ、ほら」

 僕は彼女にオセロの石を渡した。

「………私がサーバーなの?」

「君の方が誕生日早いだろ?サーバーは年上が務めるものだよ。それが作法。マナーだ」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 22:27:52.64 ID:lTYqn5zV0

「そう。じゃあ」

 彼女がさっきの僕と同じように、石を弾き、覆う。

「Black or white?」

 彼女が何故か英語で訊ねる。

 自分の知らないルールを聞かされたから自分も何か通ぶりたかったのかもしれない。

 オセロは日本発祥なんだけれど。

「そうだな………。その石は今、どちらの色の面を上にしているか。それは」

「なに深く考えてんのよ。先攻だからってそこまで有利不利はないでしょうに」

「君の『パンツ』と同じ色。だ」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 22:28:29.90 ID:lTYqn5zV0

「……………はぁ?」

 彼女は露骨に首をかしげた。

「君のパンツと同じ色。だ。宣言は済んだ。石を見せてくれよ」

 彼女がゆっくりと覆っている上の手を外す。

 石は白の面を上にしていた。

「僕の推理通りなら君のパンツの色は純潔の白だから、僕の先攻だけど……さて答えは」

「何言ってるのよアンタは!ちっ、違うわよ!私のパンツは白じゃない!」

「いいやっ!信じられないねぇ!確かめさせてもらわなきゃっ!さぁ巻くってよ!そのスカート!」

「はっ、はぁぁぁぁ!?なんでよ!」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 22:29:10.12 ID:lTYqn5zV0

「もしかしたら君が嘘を吐いて、自分を先攻にしようと思っているかもしれないじゃないか。そんなイカサマは認められないね」

「どうでもいいじゃないそんなの!」

「どうでもいい?僕達は『なんでも』を賭けているんだよ!?それを……」

「じゃあ私が後攻でいいから!」

「いいや。後攻が有利という説もあるんだ。それも認められない」

「じゃあどうしたらいいのよ!」

「さっきから言ってるじゃあないか」

 僕は言う。

「『パンツを見せろ』」

「……妙な知識を披露したかと思えば…最初からこれが目的だったのね」

 彼女は苦悶の表情で僕を見据えた。

「もちろんさ。さぁ、早く」

 彼女はうつむくと、プルプルと肩を震わせた。その手は膝の上で固く握られている。

 しまった。やりすぎた。ここらが引き時。



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 22:30:16.29 ID:lTYqn5zV0

「なぁんてね。君をからかいたかっただけだよ。さぁ早くプリントの続きを進めてよ」

「……解ったわ」

 うつむいたままの彼女から了承の声が聞こえる。

 が、しかし彼女が手に取ったのはプリントではなく、彼女のスカートの端だった。

「…………えっと、何をするつもりだい?」

「あなたにパンツの色を確認してもらうのよ」

 彼女は僕の目を真っ直ぐに見てはっきりと言った。

「やめなさい嫁入り前の女の子が年頃の男子にそんなはしたない」

「やれと言ったのはあなたよ」

「いやそれはただの」

「良い?行くわよ?行くわよ!?」

「やめてやめなさいやめろ」

「えいっ!」

 僕の制止もむなしくそのスカートは捲られた。

 いや、捲られたなんて物じゃない。

 今やスカートの端は、彼女の首元まで上がり、完全に壊れた傘状態である。

 して、そのパンツの色は、僕の推理から外れた。

 セクシーにセクシーでセクシーな。

 真っ黒なパンツだった。

 彼女は恥辱にまみれ、真っ赤な顔で勝ち誇る。

「私の先攻ね」



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 22:30:51.17 ID:lTYqn5zV0

「……解った。解ったからそのスカートを降ろしてくれ」

 しかし彼女の反撃(?)は終わらない

「嫌よ」

「…………………え」

「一度見られたら後は何回何秒見られたところで同じよ」

「えぇ!?いや、だとしてもずっと見せている必要は」

「ところであなたは大丈夫なの?」

 彼女は言う。不適な笑みを浮かべて。

「年頃の男子が!私の!私の様な美少女の!セクシーな下着を見せられながら!まともにオセロなんてできるのかしら!?」

「なっ………!」

 彼女はスマホの画面のオセロ盤のマスを指で叩いた。

 先攻は、黒。



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 22:31:31.48 ID:lTYqn5zV0

「さぁ、あなたの番よ」

「くっ………!」

 僕が指す。

 彼女が指す。

「私のパンツの色の方が今の所は多いわね」

 僕が指す。

 彼女が指す。

「あら、私のパンツの色の石が少なくなっちゃったわ」

 僕が指す。

 彼女が指す。

「なんてね。今のフェイクよ。私のパンツの色の石を増やすためのね」

 僕が指す。

 彼女が指す。

 ……だ、駄目だ。どうしても意識が黒に向いてしまう。向けられてしまう。盤がまともに見れない。

「あら、そこでいいの?」

「え?あ」

 そこで決定的な一手を打たれてしまった。もう戦局が覆ることはないだろう。

「ふふふ。盤上が私のパンツの色の石でいっぱいね」

 彼女がスカートをヒラヒラさせながら言った。

 もう勝ちが確定したような物なのだから、その自虐も丸出しも意味ないと思うんだけど。



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 22:32:07.45 ID:lTYqn5zV0

「はぁ………降参だよ。僕の負け」

 彼女は僕の敗北宣言を聞くなりすぐさまスカートを降ろした。

「ふふん!ほれ見たことか!」

 勝ち誇るも彼女の息は荒い。やっぱり相当恥ずかしかったんだろうなぁ。

「さぁ、何を命令しましょうか」

 …まぁ、パンツも見せてもらったし、何を命令されようと僕にとっては大勝利だ。甘んじて受け入れよう。

「一生私の命令に従いなさい」

「…それはちょっとズルくないかい?」

「そうね。まずはこのプリントを手伝いなさい」

 僕の言葉を無視して、彼女はプリントの何枚かを僕に渡した。

「…まぁ、元から僕達ってそんな感じだよね。いいよ。手伝う」

「いい?一生よ?一生だからね?」

「はいはい」

「………一生、一緒だからね」





《君の『   』と同じ色》

      ー終わりー



元スレ
《君の『   』と同じ色》
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455283364/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月12日 23:13
      • 空の境界かな?
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月12日 23:14
      • パンツって凄い、改めてそう思った!!
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月12日 23:33
      • 『さぁ、そのまま裸エプロンになるんだ。例外は認めないよ』
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月12日 23:52
      • 一体どうしてこうなった
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月13日 00:14
      • 君の『 』と同じ色(自己規制)

        =パンツ
        簡単な方程式ですね
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月13日 01:09
      • ※5
        かけらも方程式じゃなくて草
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月13日 02:00
      • 『もうさ』『二重鉤括弧にしちまえよ』
        『負け方まであのグッドルーザーっぽいんだからさ』
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月13日 02:15
      • ちょっとオセロのアプリ落としてこよう
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月13日 11:20
      • ほんとにセリフ回しとかがまんま某大嘘憑きなんだよなぁ
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月13日 12:44
      • 5 かっこつけてんじゃねーぞオルァ!

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ