TOP

モバP「不器用な天才」

1: ◆foQczOBlAI 2016/02/10(水) 23:26:12.13 ID:YXsWCBfM0

バレンタインのネタバレがあります。


菜々頼子晶葉の三姉妹

晶葉「頼子とお月見」頼子「晶葉ちゃんとお月見」

俺と晶葉の戦いの記録

モバP「ツインテールの日」



2: ◆foQczOBlAI 2016/02/10(水) 23:26:58.36 ID:YXsWCBfM0


正直あまり懐かれてはいない気がした。いや、懐かれていると表現すると失礼だな。

まあ、それでも最低限の信頼関係?俺と晶葉との間には奇妙な信頼関係があったはずだ。

なにがいけなかったのか?うーん、思い返してみると色々あいつにはしているな。

しかし、最後にはちゃんと仲直りしているはずだ。

何がいけなかったのか?あいつの持ってた板チョコ勝手に食べたことか?

でもたくさん持ってたし一枚ぐらいいいだろう。前に楽しみにしていたプリン食われたし。

でもね、別にいいんだよ?ビジネスライクの関係だと思えば。

ただ職場の環境を少しでもよくしたいじゃん?職場の空気が和やかなものになればいいじゃん?

だからね、だからだね。


「どうして晶葉に避けられてるか一緒に考えてください……」

「それで最近Pさん元気なかったんですか」

「今にも死にそうな顔ですもんね……」



3: ◆foQczOBlAI 2016/02/10(水) 23:31:51.45 ID:YXsWCBfM0


俺の不安に押し潰されそうになったため菜々と頼子に相談することにした。

はい、寂しかったんです。娘が嫁に行くときってこんな気分なのかな……。

それとも晶葉の反抗期かな……。Pと一緒にいたくないとか思われてるのかな……。

やばい、思考がネガティブな方向に向かっていく。非常によろしくない。

はあ、もうダメだ。明日隕石落ちないかな。


「二人なら何か聞いてるかと思ってな。仕事では別に問題ないんだが……」

「えっとですね、全く問題ないと思います」

「そんなことはないだろ。それとも女の子の思春期はあれが正常なのか?」

「いえ、そんなことはないと思いますが。とりあえず問題ないです」

「本当か?」

「はい……大丈夫です……晶葉ちゃんはPさんのこと嫌ってません……むしろ……いえ、なんでもありません……」



4: ◆foQczOBlAI 2016/02/10(水) 23:33:24.49 ID:YXsWCBfM0

二人ともほんの少しも気にしてないように、確かな根拠があるように断言した。

理由はわからないけど多分二人がそういうなら大丈夫だろう。

俺にも少し余裕が出てきた。


「そうか、頼子がそう言うなら平気だな」

「なんでナナの話は信じてくれないんですか!」

「だって思春期って遠い昔だろ?」

「17歳!思春期真っ盛り!JK」

「はは、菜々はいつも元気だな」

「もう……あまり菜々さんとからかってはいけませんよ……」

「次はナナが避けちゃうかもしれませんよ」

「う……それはきつい」

「全く、Pさんは好きな子をからかっちゃう男子ですもんね」



5: ◆foQczOBlAI 2016/02/10(水) 23:34:15.04 ID:YXsWCBfM0


その言葉を聞いて俺は頼子の方を向く。お、やっぱりあいつもこっちを見てる。わかってるな。

目配せ、アイコンタクト。俺と頼子は目で会話した。

まあ、多分しなくても平気だろう。


「え……晶葉ちゃんと菜々さんはからかわれてるけど……私は……」

「い、いえ。大丈夫ですよ。Pさんは頼子ちゃんのことも大好きですよ!Pさんもフォローしてください」

「そうか、晶葉は俺のこと嫌ってないんだな。それがわかっただけで十分だ」

「やっぱり私のことは……」

「Pさん!ちゃんと話聞いててください!」

「すまん、からかった」

「すみません……からかいました……」



6: ◆foQczOBlAI 2016/02/10(水) 23:35:08.37 ID:YXsWCBfM0

「もー!何でそんなに息ぴったりなんですか!」

「普段の訓練の賜物だな。菜々が可愛いからな」

「演技のレッスンの賜物です……菜々さんが可愛いですから……」

「二人ともちひろさんに言いつけますよ」

「ごめんなさい」

「ごめんなさい……」


それはまずい。俺と頼子はすぐさま謝った。

文字通り最速だ。世界新も狙えるくらい。



7: ◆foQczOBlAI 2016/02/10(水) 23:35:49.54 ID:YXsWCBfM0



「もう、でもそれだけ言えるなら大丈夫ですね」

「顔色も少しよくなりましたね……」

「心配かけたな。もう大丈夫だ。今日はありがとう」

「もう少しだけ待ってあげてください。そうしたら晶葉ちゃんが理由を話してくれます」

「わかった」


やっぱり二人に話して正解だったな。ほぼ違う用件だった気がするが。

晶葉とこんな会話が出来てないんだ。実際久しぶりに出来て嬉しかった。

まあな、これは明るい職場環境のためだ。他意はない。



8: ◆foQczOBlAI 2016/02/10(水) 23:36:50.64 ID:YXsWCBfM0


__________________________


「お、おい。P、ちょっと来てくれ」


それから数日後。長かった長かったぞ、ついに晶葉に呼ばれた。

緊張でもしてるのか?声が震えてるぞ。


「お、おう。わかった」


やばい、俺も声が震えてる。これじゃ反抗期の娘との距離感がわからないお父さんそのものだ。

それでも精一杯、表面上だけでも取り繕って、なにも心配などないように見せて、俺は晶葉のほうに向かった。


「最近避けててごめんな。怒ってないか?」

「怒ってはない。寂しかったけどな」

「すまない……」

「いいよ、理由があるんだろ?」

「まあな……」



9: ◆foQczOBlAI 2016/02/10(水) 23:37:32.06 ID:YXsWCBfM0



晶葉の歯切れが悪い。どうしたんだ?

なんか背中に持ってるみたいだが。

晶葉は息を深く吸い込んだ。ライブ前とかにいつもやってる仕草だ。

緊張したときにはこれが一番だ。前にそう言っていた。


「ふっふっふ……この天才からチョコの差し入れだ。なお、感想は後日レポート形式で提出してくれ。目の前で言われると……照れるからな」

「お、おう。ありがとな」


俺にチョコを手渡すと凄い速さで去っていった。

あいつあんなに速く動けるんだな。知らなかった……。

そうか、今日はバレンタインか。俺のためにチョコを作ってくれてたんだ。



10: ◆foQczOBlAI 2016/02/10(水) 23:38:18.20 ID:YXsWCBfM0


「ちゃんと渡せたみたいですね」

「あれ、菜々いたのか」

「心配でしたから……見守ってました……」

「頼子まで」

「晶葉ちゃん頑張ってたんですよ。それで気恥ずかしくなって少しPさんと距離をとってしまって」

「それでPさんが怒ってないか私たちに相談までしてきたんですよ……そっくりですね……」

「そうだったのか。可愛いやつめ」

「本人の前で言わないんですか?」

「恥ずかしくて言えねえよ」

「そこもそっくりですね……」

「二人からはチョコないのか?」

「全く、催促する男の人は嫌われてしまいますよ。ありますよ、でも今日は晶葉ちゃんの日です。私たちのは後日」

「そうか、帰ってゆっくり食べるとするよ」

「そうしてあげてください……」


チョコの一つで俺は満たされる気持ちだった。

晶葉、ありがとう。



11: ◆foQczOBlAI 2016/02/10(水) 23:38:51.91 ID:YXsWCBfM0

_______________________

家に帰って早速俺は晶葉のチョコをあけてみた。

派手すぎず、気品のある包装とでも表現するべきか。

多分頼子と一緒に選んだんだろうな。

中から出てきたのチョコとメッセージカード。

ピンクで端っこにウサギの描いてるかわいらしい便箋。多分菜々と選んだんだろうな。

本来なら先にメッセージカードに目を通すべきなんだろうな。

だけどなんだか気恥ずかしくて、チョコを先に食べた。


「うわ、うまっ」


思わず声が出た。完璧に俺の好みを把握されてる。

なんだかそれが嬉しくてニヤニヤしてしまう。俺こそ目の前に晶葉がいなくてよかった。

ようやくメッセージカードに目を通す。



12: ◆foQczOBlAI 2016/02/10(水) 23:39:36.11 ID:YXsWCBfM0


いつもより少し丁寧な言葉遣いで普段言えないような、多分恥ずかしくて言えないのだろう。お礼が書いてあった。

お礼を言いたいのは俺のほうだよ。

なんとなくこみ上げてくるものがあって少しだけ涙を流した。

多分娘から感謝の手紙をもらったお父さんはこんな気分なんだろう。

覚えておけよ晶葉。仕返しをしてやる。

俺は晶葉に言われたとおりレポート形式でチョコの感想を書き始めた。

そして、後半は俺も普段恥ずかしくて言えない感謝の気持ちを綴った。いくらでも書けるぜ。

ああ、これを晶葉に渡すのが楽しみだな。家で一人で顔を真っ赤にするのかな。

そんな晶葉を想像してまた俺はにやけた。



13: ◆foQczOBlAI 2016/02/10(水) 23:42:50.63 ID:YXsWCBfM0

以上で短いけど終わりです。

バレンタイン晶葉可愛すぎた……



元スレ
モバP「不器用な天才」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455114371/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月11日 03:26
      • この人の作品好き
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月11日 06:09
      • え、きもいよ?
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月11日 07:29
      • ここのコメント欄は、自己認識しっかりしてる奴が書き込むんだな
        シリーズだったとは知らなんだ、慌てて読んできたが面白かったよ
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月11日 11:09
      • このトリオは俺得なんだよなあ
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月11日 11:44
      • 5
        こう、さらっとしてるんだけど、すごくなごむ、そんな良いものでした!
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月11日 19:09
      • タイトルだけ見るとアミバのようだ
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月12日 07:11
      • 晶葉Pの俺、初日から無事萌死。

        問題は2回目をどうするかやな……

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務