TOP

瑞樹「…」美城「…」

関連記事:> 武内P「シンデレラ…プロジェクト…」
関連記事:美城「シンデレラガールズ、プロジェクト」
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:32:13.42 ID:KyG5MHQ3O

アニメ準拠はほとんどありません
草が生えてませんが気分を害された方がいらっしゃったら申し訳ありません



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:34:22.61 ID:KyG5MHQ3O

瑞樹「…」ウィーン

店員「いらっしゃいませー!…あっ」

瑞樹「どうも。お疲れ様です」ペコ

店員「…いつもありがとうございます。…本日はお一人様でしょうか?」

瑞樹「ええ…そうなんです。みんな今日は出払っちゃってて…」

店員「分かりました。…あ…今カウンター席しか空いてないのですが…よろしいでしょうか?」

瑞樹「構いません」

店員「かしこまりました!ありがとうございます!はいお一人様カウンター席入りまーす!!…お好きな席へどうぞー」

瑞樹「はい」

美城「…」

瑞樹「…」






瑞樹「!!?」

美城「…その反応は、久し振りだ」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:35:09.20 ID:KyG5MHQ3O

瑞樹「…どうも…」ペコ

美城「うむ」

瑞樹「…お一人ですか?」

美城「そうだ。…何か問題でも?」

瑞樹「いいえ?」

美城「…」

瑞樹「…」

店員「こちらお通しになりまーす。ご注文の方は…?」

瑞樹「そうねぇ…とりあえず生中一つ」

店員「はい生中一つ入りまーす!」

美城「私も同じのを頼んで良いかな?」

店員「え?あ、はいかしこまりましたー!」

瑞樹「…」

美城「…」

瑞樹「…意外、とは思ってませんよ」

美城「知っている」

瑞樹「武内君とはたまに来ているそうじゃありませんか?」

美城「…一度目は彼に話があって、来た」

瑞樹「…」

美城「そこからは偶然だ」

瑞樹「そう…です…か」

美城「…あえて言っておくが、私はそんな気は無い。ましてや彼もそれは同じだ」

瑞樹「…どう、でしょうかね…」

美城「…いや、彼は…まだ誰にもそういう事を考えてはいないだろう」

瑞樹「…」

美城「…」

瑞樹「…」

店員「はい生中一つお待たせしましたー!…はい!生中一つお待たせしましたー!」

瑞樹「ありがとうございます」

美城「…」

瑞樹「…」

美城「…」

瑞樹「…乾杯、しましょうか」

美城「うむ」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:35:57.28 ID:KyG5MHQ3O

美城「…君は、彼が初めに手がけたアイドルの一人らしいな」

瑞樹「まあ…そうなっているみたいですね」

美城「…今日は、片桐早苗はプロモーションDVDの撮影、高垣楓はロケの前乗り、千川ちひろは残業、か」

瑞樹「知ってらっしゃるんですか?」

美城「勘違いしないでもらいたい。社員のスケジュールは大体把握している」

瑞樹「私のスケジュールは?」

美城「昼にレギュラー番組の撮影が一本、そこからは…」

瑞樹「そこからは?」

美城「…レッスンだ」

瑞樹「ハズレですよ。他のレギュラー番組の企画会議です」

美城「…君は、企画の会議にも参加しているのか?」

瑞樹「そうですよ。面白い面子が揃ってます」

美城「…そうか…」

瑞樹「専務こそ、最近彼のプロジェクトまで請け負っちゃって」

美城「一時的に、だ。最も、手は抜かないが…」

瑞樹「それなりに関わって…どうです?あの子達は」

美城「…ノーコメントだ」

瑞樹「あら…」

美城「上げても下げても、ここでの評価は彼女達に伝わるだろう」

瑞樹「…私、そんなに口が軽そうに見えます?」

美城「そこまでは言っていない。それに酒が入った時の評価などそれに値しない」

瑞樹「相変わらず、お堅いんですね」

美城「上司だからだ」

瑞樹「…聞きましたよ。本当は専務は…」

美城「今はまだ、その時ではない」

瑞樹「…」

美城「…」

瑞樹「…彼、あれから一度だけ会いましたけれど、楽しそうでしたよ。相変わらず…」

美城「…この人事は、元はといえば彼を危険視する役員の妥協案に過ぎなかったが…」

瑞樹「…」

美城「…結果は、良い方向に進みそうだ」

瑞樹「…なんだかんだで、彼の事気に入ってるんですね」

美城「彼の…仕事に対する姿勢は、他の社員の模範となる」

瑞樹「…そうですね。…本当に」

美城「もしそれを気に入っていると言うのならば…」

瑞樹「…」

美城「…大層、気に入っている」

瑞樹「あら…」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:36:44.91 ID:KyG5MHQ3O

店員「…はい!ご注文をどうぞー!」

瑞樹「焼き鳥セット二つおねがいします」

店員「…あ、そちらの方のもー…?」

瑞樹「はい!あ、あと焼酎水割り二つで」

店員「…はい!かしこまりましたー!」

美城「…」

瑞樹「…」

美城「君はアイドルだ。不摂生には気をつけたまえ」

瑞樹「こう見えて、追い込みダイエットには慣れてるんですよ」

美城「…」

瑞樹「…そういえば、何か困った事とかは無いんですか?」

美城「?」

瑞樹「クローネとシンデレラ、やっぱり違いは出るんじゃないですか?」

美城「それならクローネにも困ったことはある」

瑞樹「あら、専務のお墨付きを頂いたアイドルが?」

美城「まず宮本フレデリカだ」

瑞樹「あの子ですか?」

美城「自由奔放過ぎる。仮にも目上である私に対する態度が到底年相応には見えない」

瑞樹「あの子は…まあ、そんな感じしますね…」

美城「次に橘ありすだ」

瑞樹「え?あの子が専務に?」

美城「態度は良いが、とにかく統率を取ろうとする」

瑞樹「…誰かに似せようと頑張ってるんでしょうねぇ…」

美城「君は随分挑発的だな…」

瑞樹「そうでしょうか?」

美城「…理由など分かっている」

瑞樹「…」

美城「高垣楓に対する発言。だがそれに関して私は…今は意見は変えない」

瑞樹「…ふふっ…」

美城「…」

瑞樹「…そんな強調されたら、その時が来た時期待しちゃいますね」

美城「…」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:37:31.94 ID:KyG5MHQ3O

店員「お待たせしましたー!焼き鳥セットと…焼酎水割りでーす!」

瑞樹「ありがとうございます」

美城「…」

瑞樹「…で…どうなんです?シンデレラの方は…」

美城「…ふむ…」

瑞樹「…」

美城「…先程も言ったが…」

瑞樹「あら?引っかからないんですね」

美城「当たり前だ」

瑞樹「なら、ここだけのお話って事でどうです?」

美城「…」

瑞樹「バラされたくないって秘密はバラしませんから」

美城「…ふむ…」

瑞樹「…」

美城「まず褒めるとするならば…統率が取れている」

瑞樹「…」

美城「団結力ならば、他のプロジェクトよりも頭一つ、出ているかもしれない」

瑞樹「…なら、逆は?」

美城「…彼には、感心する」

瑞樹「…あー…」

美城「仕事を嫌がる、すぐに緊張する、泣く、食べる、喚く、意思疎通が出来ない…」

瑞樹「…どれが誰だかなんとなく分かるんですが…」

美城「だがそれらは小さなものだ」

瑞樹「…本当に困ったことがあった…と?」

美城「…」

瑞樹「…それは…?」

美城「苦労して直したが、私生活ではどうしても出てしまうようだ」

瑞樹「…?」

美城「アナスタシアだ」

瑞樹「あの子が?日本語は普通に話してますけど…」

美城「ロシアの教育も受けていた彼女は、日本語を普通に話すのが難しいようだ」

瑞樹「…イントネーションは仕方ないのでは?」

美城「歌を歌うなら直してもらわなければ困る。それに重要なのはもっと根本的なものだった」

瑞樹「…?」

美城「巻き舌だ」

瑞樹「ンブフッ」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:38:09.28 ID:KyG5MHQ3O

瑞樹「で…でもラブライカではそんな事は…」

美城「その時のトレーナーに聞いたところ、「新田美波と合同でレッスンしたらいつの間にか直っていた」と言っていた」

瑞樹「でも、あの子って普通に喋る分には巻き舌って…あ」

美城「名詞を話す時は出てしまうらしい。そこは盲点だった…しかし彼女には天性の才能がある。だからこそ私は折れるわけにはいかなかった」

瑞樹「…選んだ手前、どうにかしないといけないって訳じゃないんですよね?」

美城「…実力は、ある」

瑞樹「確かに…一際目立つ可愛さだって思いました」

美城「…私がそれを初めて知ったのは、ボーカルトレーナーから直々に連絡を貰った時だ」

瑞樹「…ちなみに何て言っていたんでしょうか?」

美城「…」

瑞樹「…」

美城「『またですか』…と」

瑞樹「何で同じトレーナーに任せたんですか?」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:38:53.97 ID:KyG5MHQ3O

…。

美城「どうした?」

トレ「どうしたって…あのですね、私…前にもあの子の歌を担当したんですよ…」

美城「そっちの方が彼女も気兼ねなくレッスン出来るだろう」

トレ「ありがたいですけど…多少時間がかかるって事は覚悟して下さいね?」

美城「…?」

トレ「アーニャちゃん!ちょっとこっちに来てくれるかしら?」

アーニャ「分かぁりました」トテトテ

美城「…」

アーニャ「常務、こんにちは」

美城「うむ」

トレ「アーニャちゃん…さっきのところもう一回歌ってもらっていいかしら?」

アーニャ「さっきのところですか?」

トレ「ええ。常務に聴かせてあげて?」

アーニャ「はい!…時は過ぎ…日は暮れて…心の破片(かけら)抱きしめた…」

美城「…」

アーニャ「広がるほしぞるぁを見上げて」

美城「ストップ」

トレ「ストップ」

アーニャ「ダー?」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:40:01.28 ID:KyG5MHQ3O

美城「…」

トレ「はい」

美城「はいではない。これは何だ?」

アーニャ「どうか、されまぁしたか?」

トレ「アーニャちゃん自身は普通に歌ってるみたいなんです」

アーニャ「ダー。とっても、良い歌です」

美城「…」

トレ「かけら、は良かったんですよ。ただ空は駄目みたいです」

美城「…」

アーニャ「そるぁですか?駄目とはなんですか?」

美城「…ちなみに、Nebula skyに彼女がこうなる単語はいくつある?」

トレ「…流星、それと色々合わせたら、約10です。…あ、題名も合わせたら…」

美城「…アナスタシア君、この歌の題名を言ってみなさい」

アーニャ「ネブルルァスカイです!」

トレ「ちなみに前聞いた時よりさらに酷くなってます」

美城「…」

アーニャ「常務、どうして暗くなってるですか?」

トレ「ちょっと体調が悪いらしいのよ」

アーニャ「アー、それは大変…ですね?」

美城「…アナスタシア君、私の後に続いて言葉を発してもらえるか?」

アーニャ「ダー」

美城「ほ」

アーニャ「ほ」

美城「し」

アーニャ「し」

美城「ぞ」

アーニャ「ぞ」

美城「ら」

アーニャ「ら」

美城「ほしぞら」

アーニャ「ほしぞるぁ」

美城「ン゛ン゛」

アーニャ「体調、悪いですか?」

トレ「そうなのよ」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:40:49.79 ID:KyG5MHQ3O

トレ「ちなみに先程のやり方はもう何度も試しました」

美城「先に言いたまえ」

アーニャ「思いを馳せる…遥か彼方へ…いつかきっと…一人で立てるよ…♪」

美城「歌を録音し、彼女に聴かせたまえ」

トレ「やりましたよ」

美城「…それであれか?」

トレ「気づいてくれないんです」

美城「…以前は、どうやって直したのか、気になるところだな」

トレ「…正直、以前のラブライカの時はさほど無かったんですよ。美波ちゃんという砦がいてくれたので」

美城「彼女の歌を聴かせた、ということか?」

トレ「というよりは、彼女と一緒にその部分だけを歌ってもらっていたらいつの間にか直ってましたね」

美城「…ふむ…なら、もうハッキリ言った方がいい。巻き舌は直しなさいと」

トレ「自覚が無いんですよ。アーニャちゃん」

美城「それでもだ。とにかく直しなさい」

トレ「わ、分かりました…!」

美城「頼むぞ」

トレ「アーニャちゃーん!」

アーニャ「ダー?」トテトテ

トレ「そのね?巻き舌を…」

アーニャ「?」

トレ「流星」

アーニャ「るりゅうせい」

トレ「そこよ!」

アーニャ「ダー?」

トレ「りゅ!りゅがおかしいの!」

アーニャ「りゅ?」

トレ「今の!今の良いわよ!はいじゃあ…りゅ!」

アーニャ「りゅ!」

トレ「りゅうせい!」

アーニャ「るりゅうせい!」

トレ「…」

アーニャ「体調、悪いですか?」

美城「ン゛ン゛」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:41:32.91 ID:KyG5MHQ3O

トレ「…やはり、美波ちゃんを…」

美城「許可出来ない」

トレ「しかし…」

美城「彼女らが選んだ事だ。己の力を試したいという強い意志だ」

アーニャ「越えて行くよ…まだ見ぬおおぞるぁへと…♪」

トレ「…」

美城「…」

トレ「…分かりました。そこまで決意が固いならば…私も心を鬼にします」

美城「うむ」

トレ「アーニャちゃーん!」

アーニャ「ダー?」トテトテ

トレ「この割り箸、口にくわえて?」

アーニャ「?…こう、でひゅか?」

トレ「そ、そうよ!じゃ、おおぞら!」

アーニャ「おおぞる…」

トレ「…」

美城「…」

アーニャ「…る…りゅ…?」

トレ「ら!」

アーニャ「…おおぞ…?」

トレ「アーニャちゃん!頑張って出して!」

美城「分かった。もういい」

トレ「え?」

美城「アナスタシア君。ハッキリ言おう。君は巻き舌が酷い」

アーニャ「ダー?」

美城「空、流星…これらの単語を言う時君は巻き舌になっている」

アーニャ「ダー…?」

トレ「そるるぁってなってるのよ」

アーニャ「空ですか?」

美城「うむ。…ん?」

トレ「あれ?」

アーニャ「?」

トレ「アーニャちゃん、空」

アーニャ「そるぁ」

トレ「…そるるぁ」

アーニャ「空」

美城「…」

トレ「…」



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:42:10.39 ID:KyG5MHQ3O

アーニャ「?♪」

美城「こちらが巻くと正常になるようだな」

トレ「原理が分かりませんね」

美城「だが、突破口は見えた」

トレ「本当ですか?」

美城「うむ。彼女にもう一度歌詞を渡しなさい。そしてそれにふりがなを」

トレ「ふりがなならもう振ってありますよ?」

美城「ふりがなを巻き舌で表現しなさい」

トレ「ふりがなを巻き舌で!?」

美城「うむ」

トレ「…それ、何か意味あります?」

美城「とにかくやってみたまえ。彼女は今、謎の原理によって、巻き舌で言われれば正常な言葉を発する。原理が分からないということはそれが字になったとしても同じかもしれない」

トレ「わ、分かりました…」

美城「…」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:42:55.36 ID:KyG5MHQ3O

…。

美城「…」

瑞樹「…それで?直ったんですか?」

美城「いや、直らなかった」

瑞樹「じゃあ…どうやって…?」

美城「宮本フレデリカと歌わせ、時間をかけて直した」

瑞樹「結局その方法なんですね」

美城「…しかし、ギリギリだった。本人の自覚が無いという事がどれほど恐ろしいか…」

瑞樹「でも結果的には良かったんでしょう?」

美城「うむ」

瑞樹「…そう、ですか…」

美城「…次は、君の番だ」

瑞樹「私ですか?」

美城「私の分は話した。次は君の…例の五人組だ」

瑞樹「…そんな面白いものじゃありませんよ?」

美城「…私の話が、面白かったと?」

瑞樹「とんでもありません…それに」

美城「?」

瑞樹「…そこで過去の話を聞かないというところに、優しさを感じました」

美城「…その話はもう聞いた。何を言うこともない」

瑞樹「…楓ちゃんのことも?」

美城「…」

瑞樹「…」

美城「…それなら、彼に聞きたまえ」

瑞樹「…」

美城「彼も、きっと私と同じ事を言うだろう」

瑞樹「…そう、ですね…」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:43:33.52 ID:KyG5MHQ3O

瑞樹「そうですねぇ…結局過去の話になっちゃいますけど、まず早苗ちゃんと初めて会った時ですかね…」

美城「…ふむ」

瑞樹「まだ新人ですし、お互い初対面で、一方は元アナウンサー、一方は元公務員」

美城「…どちらとも、礼儀や一般常識を求められる職業だな」

瑞樹「そうなんですよ。だから信じられないかもしれませんけれど…初めはそこまで仲良くはなかったんです」

美城「…ほう…」

瑞樹「会っても「おはようございます」「ありがとうございます」「お疲れ様でした」って…まあ、社会人ですからね」

美城「…子供というものが、羨ましく感じる瞬間だな」

瑞樹「…それで…そういった生活が続いて、いつだったでしょうか…」

美城「?」

瑞樹「まだCDデビューもしてませんでしたが、ちょっと大きいお仕事を頂いたんです。私達二人とも」

美城「…」

瑞樹「何気に初めて一緒にお仕事したということもありまして、少しずつ話を始めたんですよ」

美城「ほう…」

瑞樹「それでお互い大人っていうことで、一度お酒でも飲もうって話になったんですよ」

美城「…そこで、意気投合したと?」

瑞樹「いいえ?」

美城「?」

瑞樹「大げんかしたんです」

美城「!」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:44:38.28 ID:KyG5MHQ3O

瑞樹「やっぱり年齢的にも稼ぎが少ないってことでお互いフラストレーションが溜まってたんでしょうね。ちょっとした事で口論になったんですよ」

美城「…そうか…」

瑞樹「かれこれ1時間は言い合いしてて、最終的には店から追い出されて…路上でも言い合いしてて…」

美城「…そこから、どうやって今に至るのかな?」

瑞樹「でしょう?…でも、本当、不思議な子なんですよ。あの子」

美城「…?」

瑞樹「…いつの間にか笑ってたんですよ、早苗ちゃん」

美城「…笑っていた?」

瑞樹「私が言葉を発する度に、笑ってて、どうして笑ってるんだって怒ったら、あっけらかんとした顔で言ったんです」

美城「?」

瑞樹「「関西弁出てるー!」って」

美城「…」

瑞樹「初めは敬語で怒ってたんですけど、いつの間にか素が出てたみたいで…それを聞いたら私も何だかおかしくなっちゃって」

美城「…そうか」

瑞樹「それに、あの子って私には何があっても手を出さないんですよ。私とちょっとした口論になっても、必ずあっちが折れるんです」

美城「…手を出すのは問題ではないのか…?」

瑞樹「…まあ、それは置いといて…。だって私なんて喧嘩したこともないただのか弱い女ですよ?かたやあっちは護身術マスターしてるメスゴ…元警察官なんです」

美城「ん?」

瑞樹「取っ組み合いなんてしたら絶対に向こうの方が強いに決まってるのに、早苗ちゃんって私には全然無いんですよ、そういうの」

美城「…それは、君を信頼している証拠なんだろう」

瑞樹「分かりませんね。本人に聞くような事でもないですし…」

美城「…君はどうなのかな?片桐早苗に対して」

瑞樹「好きですよ」

美城「…随分はっきりと言うんだな」

瑞樹「…あ、そういう意味じゃありませんよ?勿論」

美城「それは分かっている」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:45:21.27 ID:KyG5MHQ3O

瑞樹「仲が良いとか、そんなんじゃないんですよ。みんながよってたかってネタにしてるみたいですけど」

美城「…確かに、第三者から言われるのは嫌がっているように見えるな」

瑞樹「だって気持ち悪いじゃないですか。…そういうのって無意識で良いんですよ」

美城「…ふむ」

瑞樹「…これ、オフレコでお願いしますね?」

美城「分かっている。…だがそれは君も、だ」

瑞樹「ありがとうございます。…そうですねぇ…」

美城「…」

瑞樹「…楓ちゃんの言葉を借りるなら…夫婦みたいなものなんでしょうね」

美城「…」

瑞樹「だって、別れる理由も無いですし」

美城「…そうか」

瑞樹「…前に一回、お互い結婚もしないで独身のままだったらどうするかって話題になったことがあるんです」

美城「…その結果は?」

瑞樹「考えないことにしました。…どうせ今みたいなことやってるんでしょうし」

美城「…ふ」

瑞樹「面白かったですか?」

美城「…一人でいるよりは、充実しているようだ」

瑞樹「…それは、光栄ですね…」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:46:07.99 ID:KyG5MHQ3O

店員「お待たせしましたー!冷酒二つでーす!」

瑞樹「ありがとうございます」

美城「…」

瑞樹「…あとは、楓ちゃんと…友紀ちゃんと、菜々ちゃんですね」

美城「うむ」

瑞樹「…楓ちゃんは…これも不思議な話なんですけどね?」

美城「…」

瑞樹「まあ、色々あって…また普通に仕事するようになって…」

美城「…」

瑞樹「…気づいたら、いたんですよ」

美城「…どういうことだ?」

瑞樹「私達も分からないんですよ。いつの間にか二人だけだった飲みの席にいて、いつの間にか私達の話に参加してて…」

美城「…恐らく、天性のものなんだろうな…」

瑞樹「だと思います。私達も何故か普通に受け入れてましたし…」

美城「…しかし、最初の頃の彼女の話を聞くと、それは俄かには信じ難いな」

瑞樹「…勿論あの時は元気づけようって事はありましたけれど、いつの間にか懐かれてたみたいです」

美城「…まるで子犬を拾ったような言い方だな」

瑞樹「子犬みたいなものですよ。…まあ、誰にも渡す気はありませんけれどね?」

美城「…なるほど、な」

瑞樹「本人を目の前にしては言いませんけど…楓ちゃんも、友紀ちゃんも菜々ちゃんも、私達にとっては可愛い後輩なんですよ」

美城「…私を恨むわけだ」

瑞樹「…さあ、どうでしょう?」



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:46:50.60 ID:KyG5MHQ3O

瑞樹「あの番組って、元は私達3人以外決まってなかったんですよ」

美城「ほう」

瑞樹「そしたら、そこに誰を入れるかって聞かれて…」

美城「?…待て。君らが決めたのか?」

瑞樹「そうですよ?」

美城「…それは、驚いたな」

瑞樹「…それで誰にしようかってなってた時、これもまた不思議なんですけど、みんな意見が合致したんです」

美城「…つまり、君達はなるべくして、なったということか…」

瑞樹「今思えばそうかもしれませんね…。友紀ちゃんは若くて、深夜もいけて、明るくてその場を盛り上げてくれそうだってことで…」

美城「…後者は?」

瑞樹「…これ、本当にオフレコでお願いしますね?」

美城「うむ」

瑞樹「…ぶっちゃけた話…あの子、ほぼ毎日…バイトしてるじゃないですか?」

美城「・・・」

瑞樹「…初めは正直、その…そういうアレで…」

美城「・・・」

瑞樹「それにあの子、アニメのグッズとか買っちゃうから尚更なんですよ」

美城「…しかし、結果的には良かったようだな」

瑞樹「…そうですね。今では本当良い番組レギュラーですよ」

美城「しかしそれならば他にも該当者はいるようだが…」

瑞樹「…」

美城「…」

瑞樹「…年齢的に、比較出来ないかな、と…」

美城「…」

瑞樹「…専務は、ご存知…でしたか?」

美城「…私は、日本で育った者だ」

瑞樹「…ありがとうございます」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:47:31.26 ID:KyG5MHQ3O

美城「…しかし、意外な話が聞けたものだ」

瑞樹「そんな大したものじゃないですよ。ただの一社員の過去ですし」

美城「…一社員、か…」

瑞樹「ええ」

美城「…」

瑞樹「…」

美城「…そうか…」

瑞樹「…貴方から、弱音なんて聞きたくはありませんね」

美城「…」

瑞樹「…」

美城「…そうだな」

瑞樹「…私も、日本で育ちましたから」

美城「…うむ」

瑞樹「…そうですね…」

美城「…」

瑞樹「…関係無い話でも、しましょうか…」

美城「…」

瑞樹「さっきも話に出ましたけれど、菜々ちゃんの話です」

美城「…彼女の?」

瑞樹「ええ」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:48:25.00 ID:KyG5MHQ3O

瑞樹「私の誕生日って、11月なんですけどね?」

美城「把握している。11月25日だ」

瑞樹「どうもありがとうございます。…去年、それで誕生日パーティしましょうってなったんですよね」

美城「君のところのプロジェクトでか?」

瑞樹「いえ、それもありましたが…この5人組でやろうって」

美城「ふむ…」

瑞樹「でもその時の菜々ちゃんって…ちょっとギリギリの生活してたらしいんですよ」

美城「…」

瑞樹「今でこそある程度収入が安定して入るようになりましたけれど、5人組になった当初はまだそうでなくて…それにあの子コスプレ衣装だか何か買っちゃったらしくて本当にギリギリだったらしいんですよね」

美城「…そうか…」

瑞樹「で、それが3人の中で「一体何を持ってくるんだ」って話題になりまして」

美城「…」

瑞樹「そもそも来てくれるのかって話にもなったんですよ」

美城「…確かに…そう、なるかもしれないな…」

瑞樹「それで私の家にみんなが…あ、菜々ちゃんは少し遅れるってなってましたけど…」

美城「…」

瑞樹「始めて30分くらいしたら友紀ちゃんがベランダから外に指を差して「あ、来ましたよー!」って…嬉しそうに…」

美城「来たのか」

瑞樹「…台風の季節で、風も強いんですよ?雨は降ってませんでしたけど」

美城「11月…確かにそうだな」

瑞樹「もう木の葉も舞ってて風もビュンビュン吹いてて…忘れもしませんよ」

美城「…」

瑞樹「肩で風を受けながらヒーローみたいに歩いてきてて」

美城「…」

瑞樹「右手にレッドブル2本入ったローソンのレジ袋持ってきたんです」

美城「ン゛ン゛」

瑞樹「その後はまあ、それを無言でグイッと私に差し出して…みんなも流石に突っ込めませんでしたね」

美城「…」

瑞樹「…」

美城「…君らの私への考えの原因は、高垣楓だけではなかったということか…」

瑞樹「…今では、笑い話ですけどね。誕生日プレゼントがまさかのワンコインって」

美城「…」

瑞樹「…まあ、貴方の事情も分かりましたから、これ以上私達もどうこうってのはやめます。…女々しいですからね」

美城「…そうか」



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:49:10.68 ID:KyG5MHQ3O

美城「…今日は、非常に有意義な時間を過ごすことが出来た」

瑞樹「なら光栄です。私もそうですし…」

美城「伝票を。私が出そう」

瑞樹「いえ。大丈夫です」

美城「遠慮は…」

瑞樹「そうではありません。…そうするのは、私ではないというだけですから」

美城「…」

瑞樹「それに…」

美城「…」

瑞樹「…その時が来たら、こんなもんじゃ済ましませんからね?」

美城「!」

瑞樹「…その時の楽しみが、一つ増えました」

美城「…君も、人が悪い」

瑞樹「ずる賢くないと、生きていけない世界にいますから」

美城「…そうだな…」

瑞樹「…」

美城「…ならば、ある程度の格好はしてきなさい。私服ではなく」

瑞樹「あら…嬉しいですね」

美城「その時には…そうだな。……彼も、交えよう」

瑞樹「…ふふっ」

美城「…いつになるかは、約束出来ないがな」

瑞樹「そうなる自信がお有りなら、私は満足ですよ」

美城「…」

瑞樹「お疲れ様でした。また機会があればよろしくお願いします」

美城「うむ」



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:49:55.30 ID:KyG5MHQ3O

瑞樹「…」


瑞樹「…」スッ

trrr…trrr…

瑞樹「…あ、もしもし?早苗ちゃん?」


瑞樹「あら寝てたの?らしくないわね…」


瑞樹「…いやそうじゃないのよ。今日はもうやめてお……分かった、分かったわよ。付き合うから」


瑞樹「…菜々ちゃんと友紀ちゃんの誕生日って5月と9月よね?」


瑞樹「知らないって…アンタ私の誕生日は覚えてるくせに…」


瑞樹「そうそう。5月と9月。…ちょっと高い誕生日プレゼントになりそうなのよ…」


瑞樹「…あ、アンタってそういえば…ドレスなんて持ってないわよね」


瑞樹「そうよねぇ。…ええ…?じゃあ今年大きい出費が3回もあるじゃない…アンタ自分で買いなさいよもう」


瑞樹「…分かった、分かりました!買ってあげるから…」


瑞樹「はいはい。じゃあ○○で待ち合わせね?はいはい…」


瑞樹「…」


瑞樹「…ま、これはオフレコじゃなくて良いわよね?」


瑞樹「…今年も、忙しい一年になりそうねぇ…」



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 00:55:26.93 ID:KyG5MHQ3O

終わります
拙い文章だと思いますので生温かい目で見てもらえたら嬉しいです



元スレ
瑞樹「…」美城「…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454945533/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 01:54
      • わかるわさんのラジオの人?
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 02:01
      • ダー?で吹き出してしまった
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 02:01
      • 普段草生やしてるのにw
        男は幾つになってもアホな子供だけど、女は生まれた時から女ってのが上手く出てるなぁ
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 02:09
      • ※3
        外国人が作った『What boys and girls want for christmasというのがあってな

        『男』 6~10歳 : ゲーム 10~16歳 : ゲーム 16~22歳 : ゲーム

        『女』 6~10歳 : ぬいぐるみ 10~16歳 : ファッション 16~22歳 : 高級車、札束
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 02:14
      • アーニャはかわいいなあ
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 02:22
      • ラジオと武内と常務が飲むやつも同じ人?
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 02:47
      • ※4
        女の「それら」は、こう結ばれての「女は生まれた時から女」と言われてるんだよ
        1.人形とかで他者を思い通りに動かす練習
        2.我が身を用いて他者を思い通りに動かす実践
        3.他者を思い通りに動かして得られたもの
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 02:48
      • 登場する度に日本語スキルが低下する謎に触れてはいけない(戒め
        単に中の人が片言慣れしてきただけなんだろうけど
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 02:48
      • 5 6
        ガキ使とラジオと美城武内Pが飲む奴の人

        今回は珍しくシリアスかと思ったのにワンコインプレゼントで吹いた
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 02:55
      • ※7
        Anyone who has an issue with my language should send their complaints to
        I Don't give a flying fuck you were warned Kn­obber like that !!
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 03:09
      • >美城「仕事を嫌がる、すぐに緊張する、泣く、食べる、喚く、意思疎通が出来ない…」

        杏、卯月(?)、智絵里(?)、かな子、*、蘭子かな?
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 03:12
      • この人の表現する常務はホント良い女だわ。
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 03:17
      • ※12
        専務だゾ
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 03:24
      • 5 この人のssの独特の空気感ほんとすこ
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 03:30
      • 5 面白かったけど最後の方の意味がよくわからなかった。ドレスとか高い出費ってどういうこと?
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 03:47
      • 専務の前でメスゴリラはいけない(戒め)
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 03:49
      • >>15
        一流ホテルに連れてってやるって事だろ
        専務イケメン過ぎるわ
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 03:49
      • ※4※7
        それただのジョークだぞ
        ネタの内容は「男女が理想としている物事と欲求」であって「実際に斯く在る」という話ではない
        そして「現実はこんな上手くいかない」までがセットのジョーク内容
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 04:02
      • 5 アーニャは耐えたが菜々さんは駄目だった
        だけど現実だったら笑えないレベルなんだよなぁ…
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 06:48
      • ※19
        ほんこれ

        闇ばかりが冴える346設定きらい
        せめて全員所属の設定はぼかしてほしかった
        100人以上の飼い殺しが確定してる
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 06:57
      • 初めの大人の女性の微妙な空気感好き
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 09:00
      • ちょっとピリッとした空気感を漂わせつつもなんだかんだで上手く付き合える大人組
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 09:18
      • 5 早苗さんとの過去話が良かった
        こういう友人が出来たら俺の学生生活も・・・


        しかし早苗さんサイドでも見てみたいな
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 09:48
      • ロシア語で巻き舌になるのは「r」だけじゃ…
        やはり確信犯か
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 11:15
      • 安定感のあるssやな
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 21:13
      • どうしてこの人の大人組はこうも面白いのか
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 21:40
      • 常務「安部菜々がそうなったのは私の責任だ」





        常務「だが私は謝らない」
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 21:41
      • Lの発音はロシア語では巻かないらしいな

        まあアーニャって半分日本人やしアナスタシア語ってことでええやろ
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月10日 04:47
      • もうちょいこれとかあれとかそれとか抽象的な表現を抑えた方が面白くなると思う
        そこが味なんだってのも理解はできるけどね
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月11日 01:32
      • 5 この人のssって分かりにくいとか言われるけど、意図的に分かりにくくしてるのかなと思う
        答えが一つしかないというわけではなく何通りもあって、自由に想像して下さいって感じかね

        でも破片はかけらじゃなくてはへんで良いんじゃ?

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務