TOP

開拓者「安価で砂漠に町を作る」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 17:36:53.50 ID:qEyonu2ho

王「開拓者よ。もう一度だけチャンスをやろう」

王「砂漠に赴任していた一人の開拓者が死んだ」

王「そなたには彼の仕事を引き継ぎ、砂漠の町を完成させてもらう」

王「期間は残り2か月だ。良いな?」

開拓者「ははっ」



開拓者「と、役目を与えられ意気揚々と来てみたわけだが……」

開拓者「なんて危険な土地なんだ、ここに来るまでに4度も死にかけたぞ!」 

開拓者「王は俺を殺すために派遣したのか?」

開拓者「それにしても……前任者は中々しっかりとした村を作っているじゃないか」

開拓者「後は俺に任せておけ。死んだ前任者のためにも立派な町を作ってみせる」



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 17:38:42.44 ID:qEyonu2ho

※備考

前回と同じ展開になってもつまらないので、『共産主義』『マイクロビキニ(またはそれに近い衣類)』『同性愛』の安価は不採用、その直下のレスを採用します

前回はこちら→開拓者「安価で立派な町を作る」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 17:40:39.27 ID:qEyonu2ho

1週目

称号:砂漠の村

●状況
・砂漠……危険な生物や野盗と頻繁に遭遇する。
・乾燥気候……農業に向かず寒暖差も激しい厳しい土地。
・村……住居、診療所、食堂、井戸水を利用した農地など最低限の施設が揃っている。

●住民
・作業員……専門知識は無いが体力自慢の労働者。王都から連れてきた。
・見張り……野生動物や盗賊団から村を守る仕事。あまり強くない。
・遊牧民……ラクダを飼育している。できることなら定住したいようだ。

●ステータス
防衛Lv.1
第一次産業Lv.1
第二次産業Lv.0
第三次産業Lv.0



開拓者「軽く見回ってみたところ、どうやら施設は揃っているが、専門的な技術を持つ住民に乏しいことが分かった」

開拓者「職業訓練が重要になりそうだな……」

開拓者「施設に関しては既存のものをアップグレードしていく形がいいだろうか」

開拓者「そして、王から出された課題もこなさねばならない」


開拓者「課題1。防衛Lvを5以上にすること。これができなければ町作りは失敗だ」

開拓者「危険生物や野盗が多いのは身を持って味わった。しかもこの土地は国境沿いで防衛の要所であるらしい」

開拓者「町を存続させる最低条件と言えるだろう」


開拓者「課題2。産業Lvのいずれかを10以上にすること。これは必ず達成しなければいけないわけではないが……」

開拓者「Lv10を超えるというのは、特定の産業分野で国内トップの町になるということだ」

開拓者「もしも達成できたならば俺の汚名は返上されるに違いない!」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 17:41:23.00 ID:qEyonu2ho

開拓者「さて、まずは職業訓練だ」

開拓者「勉強会を開く、プロフェッショナルを招くなどの方法で、住民の一部が専門職に就くのを促すことができる」

開拓者「多様な仕事がなければ町は発展しないからな」


安価↓1、2 労働者に学ばせるテーマ



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 17:43:34.85 ID:XywB7mnMO

規則正しい生活習慣



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 17:43:45.51 ID:Ms+g5Z3QO

安全第一の遵守



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 17:59:55.46 ID:qEyonu2ho

●住民
・作業員Ⅱ……専門知識は無いが体力自慢の労働者。規則正しい生活で心身ともに健康。
・見張りⅡ……野生動物や盗賊団から村を守る仕事。安全第一で判断力に優れる。
・遊牧民……ラクダを飼育している。できることなら定住したいようだ。


開拓者「勉強会当日だが……やけに人数が少ない」

開拓者「どういうことだ?」

作業員「だいたいいつも通りですよ。後30分も待てば来るんじゃないですか?」

開拓者「じ、時間すら守れないのか……?」

作業員「後は怪我してて動きたくない人たちじゃないですかね」

開拓者「ふむ。危険な土地だからな。致し方ない」

作業員「いえ、昼に起きてから一気に作業を終わらせようとするので、焦ってうっかりミスが多くて」

開拓者「……ここの労働者たちは基礎がなっていないな。前任者も苦労しただろう……」

開拓者「テーマは変更だ。皆、知り合いを急いで呼び集めてくれ!」


3日後の朝。

開拓者「俺はあの日集まった労働者たちに、規則正しい生活習慣と安全第一の精神について説いた」

開拓者「ちゃんと朝から働いている者が増えたようだ」

開拓者「診療所の利用者も3割減したらしい。これで労働者の質が向上したな」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 18:01:17.73 ID:qEyonu2ho

開拓者「この町にはほぼあらゆる施設が揃っているが……」

開拓者「どれも貧相で、町の施設と呼ぶには程遠い物だな」

開拓者「もちろん前任者を批判しているわけじゃない。最初はこんなものだ」

開拓者「すでにある施設に投資を行い、改築・増築、設備の充実を図ろう」

開拓者「だが、まだ生まれていない産業に投資するのも必要だな」


安価↓1、2 産業・施設に投資します



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 18:03:49.83 ID:KglqJ5zpO

トイレ



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 18:07:15.44 ID:j8zbZBFvO

水路



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 18:28:10.69 ID:qEyonu2ho

開拓者「作業員諸君! これより、大規模工事を始める!」

開拓者「建築するのは、汲み上げた地下水を流す水路、そして使った水を排出するための水路だ!」

開拓者「できれば4日以内に完成させてもらいたい!」

作業員「よっしゃ、作るぜ!」

作業員2「俺たちの作った水路が大きな町を支える土台になるんだよな」

作業員3「足元に気を付けろよー」

見張り「守りは俺たちに任せろ! 合図を出したら逃げてくれ!」


昼。

作業員「腹減って来たな……」

作業員リーダー「休憩ー! 食事時間にするぞ!」

作業員2「王都から支給されたパンうめえ!」


夜。

作業員「ゆ、指が痛え……」

作業員2「無理するなよ。明日も仕事なんだからな」

作業員リーダー「今日は帰って明日に備えるぞ! 解散ー!」


開拓者「よく連携が取れている……労働者教育は成功だったようだな」

開拓者「これなら短期間での水道整備も十分可能だろう!」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 18:28:47.53 ID:qEyonu2ho

●状況
・砂漠……危険な生物や野盗と頻繁に遭遇する。
・乾燥気候……農業に向かず寒暖差も激しい厳しい土地。
・村……住居、診療所、食堂、井戸水を利用した農地など最低限の施設が揃っている。
・上下水道……生活用水と排水が通る道。上水道はたまに断水する。
・水洗トイレ……水道設備を利用して便を流して処理できるようになった。清潔。


4日後……

開拓者「素晴らしい! 見事な水道だ!」

開拓者「砂漠の地下水であるためか量は多くないが、井戸から人力で汲み上げるよりもずっと便利になった」

開拓者「そしてなにより水洗トイレだ」

開拓者「おそらく砂漠の村で水洗トイレがあるのはここだけだろう」

使者「おや、意外といい調子で運営できていますね」

開拓者「意外とは何だ。失礼だな」

使者「あなたは王に信頼されてませんからね。開拓者としての腕は一流ですが」

使者「さて、王都に何か要求はございますか?」


安価↓ 王都への要請



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 18:29:47.66 ID:2JnRMuo00

交通と治安の改善



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 18:45:22.87 ID:qEyonu2ho

開拓者「交通と治安の改善を要求したい」

使者「大雑把ですね」

開拓者「仕方ないだろう。交通の便も悪い上に危険すぎる」

開拓者「これではいくらインフラを充実させたところで住民たちは集まらない」

使者「わかりました。街道建設は王都側で行えないか提案しましょう」

使者「しかし街道ができるまでは、労働者や専門家はあなたと同様に護衛付きの旅団としてやってきます」

開拓者「ああ、頼んだ」

使者「なお、防衛は基本そちらで行っていただきます。今のままでは軍隊の手が回りません」

開拓者「分かった。善処しよう」



1週目結果

~住民の声~
男作業員「規則正しい生活で今日も快腸!」
女作業員「水道ができて家事が楽になったわ」

~来訪者の声~
遊牧民「水に不自由しないなら定住もありかなー」
盗賊「なんだァ? 見張りがやけに張り切ってやがんな」

●ステータス
防衛Lv.2
第一次産業Lv.1
第二次産業Lv.0
第三次産業Lv.0



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 18:51:10.15 ID:qEyonu2ho

2週目

称号:人工オアシス

●状況
・砂漠……危険な生物や野盗と頻繁に遭遇する。
・乾燥気候……農業に向かず寒暖差も激しい厳しい土地。
・村……住居、診療所、食堂、井戸水を利用した農地など最低限の施設が揃っている。
・上下水道……生活用水と排水が通る道。上水道はたまに断水する。
・水洗トイレ……水道設備を利用して便を流して処理できるようになった。清潔。

●住民
・作業員Ⅱ……専門知識は無いが体力自慢の労働者。規則正しい生活で心身ともに健康。
・見張りⅡ……野生動物や盗賊団から村を守る仕事。安全第一で判断力に優れる。
・遊牧民……ラクダを飼育している。できることなら定住したいようだ。

●その他
・街道は王都が主導で建設します

●ステータス
防衛Lv.2
第一次産業Lv.1
第二次産業Lv.0
第三次産業Lv.0



作業員「開拓者さん、俺ら割と暇だぜ」

作業員2「もっと俺たちに仕事を与えてくれ!」

見張り「強くなりたい」

開拓者「皆、やる気に溢れているな……」

開拓者「水には不自由しなくなったし、労働者たちの学習意欲もある」

開拓者「そろそろ産業の拡充を図る頃合いかもしれんな」


安価↓1、3 労働者に学ばせるテーマ



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 18:52:37.92 ID:ZsOQgCdQ0

労働者に算数を教える



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 18:53:05.65 ID:BKtdXrSDO

st



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 18:53:11.97 ID:2JnRMuo00

武術



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 19:14:03.62 ID:qEyonu2ho

●住民
・作業員Ⅱ……専門知識は無いが体力自慢の労働者。規則正しい生活で心身ともに健康。
・見張りⅡ……野生動物や盗賊団から村を守る仕事。安全第一で判断力に優れる。
・武道家……長年受け継がれてきた武術を学んだ人々。白兵戦を得意とする。
・遊牧民……ラクダを飼育している。できることなら定住したいようだ。
・会計……数字の処理に長けている労働者。


開拓者「どんな仕事をするにも計算ができなくては話にならない」

開拓者「今いる労働者にはきちんとした教育を受けた者は少ない。算術の参考書を与え勉強会を開こう」

師範「貴殿が開拓者殿か」

開拓者「おお、来ていただけたか」

師範「我は誰を倒せば良いのだ……?」

開拓者「あなた一人でもならず者を駆逐できそうですが、それでは意味が無い」

開拓者「うちの村の見張りに武術を教えてやってほしいんです」

師範「よかろう」

師範「骨のある者がおればよいのだが……」

開拓者「……頑張れ、見張りたち」



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 19:15:41.31 ID:qEyonu2ho

2日後……

武道家「ハッ! ハッ!」

師範「突きが甘いッ!」

武道家「ぐあー!」

会計「彼ら、すごいですね……」

開拓者「文武両道という言葉があるが、今は一つに特化してくれた方が助かる」

会計「私もお役に立てるでしょうか?」

開拓者「建設の際に簡単な測量を頼めるか。後はそうだな、地下水が少ないときに水使用量の管理をしてもらいたい」

開拓者「労働者の専門分野に見合った施設に投資して、相乗効果を生むのも良いかもしれないな」


安価↓1、2 産業・施設に投資します



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 19:16:57.18 ID:DuqRi9piO

銭湯



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 19:17:15.08 ID:BKtdXrSDO

でかいピラミッド



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 19:36:13.97 ID:qEyonu2ho

開拓者「ふむ、そうだな……」

開拓者「銭湯とピラミッドを作ろう」

会計「へ?」

開拓者「この村に足りない物は何か。それは見どころだ」

開拓者「名物といえば風呂。そして大きな建造物だろう」

開拓者「さて、工事を始めるぞ!」


作業員「開拓者さ~ん。今俺たち何作らされてるんですか~」

開拓者「名物だ」

作業員2「よく分かんないけど何か考えがあるんだろ」

開拓者「会計の描いた設計図のおかげで綺麗なピラミッドが作れそうだな」

会計「あの、この三角錐にどんな意味があるんですか?」

開拓者「知らん。だが、砂漠と言えばピラミッドじゃないか」

会計「はあ」


作業員「疲れた身体にお湯が染みるぜー」

見張り「砂漠って案外夜は寒いから水浴びじゃきついよな」

作業員2「でもこれ燃料と水大丈夫なのか?」

作業員「細かい事考えるのは俺らの仕事じゃないってー」



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 19:38:15.86 ID:qEyonu2ho


●状況
・砂漠……危険な生物や野盗と頻繁に遭遇する。
・乾燥気候……農業に向かず寒暖差も激しい厳しい土地。
・ピラミッド……村のランドマーク。まだ小さい。
・村……住居、診療所、食堂、井戸水を利用した農地など最低限の施設が揃っている。
・上下水道……生活用水と排水が通る道。上水道はたまに断水する。
・水洗トイレ……水道設備を利用して便を流して処理できるようになった。清潔。
・銭湯……水道から引いた水を燃料で熱して浸かる公衆浴場。夜はそこそこ人気だが赤字。



翌日、昼。

作業員リーダー「作業やめ! 水分補給を怠らないように!」

作業員「リーダー! 大変です! 水が足りません!」

作業員リーダー「な、何!?」


開拓者「これはしまった……」

開拓者「王都から支給された物品から、薪と飲料水が凄まじい勢いで減っている……!」

開拓者「仕方ない、ピラミッドは予定より縮小するか」

開拓者「ランドマークを作るにはまだ早かったか……」



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 19:44:54.13 ID:qEyonu2ho

使者「何か変な構造物がありましたが」

開拓者「ランドマークのつもりで作ったのだが……王の墓にどうだろうか」

使者「不敬罪ですか?」

開拓者「……ここがお前の墓場だ、といった意味ではない」

使者「もっと先に充実させるべきものがあるでしょう」

使者「ですが、防衛力は上がっていますね。盗賊の被害はほとんどなくなったようです」

開拓者「武術の達人を呼んだ成果が出たな」

使者「街道建設については町の発展具合を見て計画するようです」

使者「他に王都への要請はありませんか?」


安価↓ 王都への要請



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 19:46:18.93 ID:3dM9sl7cO

物資援助



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 19:51:23.10 ID:qEyonu2ho

開拓者「物資援助を頼む」

使者「ええ、聞きましたよ。砂漠に銭湯を作った結果、燃料があっという間に枯渇したと」

開拓者「やはり悪手だっただろうか……」

使者「夜は冷えるんですから全く不必要というわけでもないでしょう」

使者「明らかに優先順位を間違えてますがね」

開拓者「面目ない……」

使者「物資は補給しますが、銭湯はしばらく営業停止にしてください」

開拓者「了解した……」



2週目結果

~住民の声~
武道家「もっと強くなりたい!」
女会計「昼間は絶対銭湯いりませんよね」

~来訪者の声~
旅人「遺跡かと思ったら現代アートだった」
盗賊「チィ、引き上げるぞ子分ども」

●ステータス
防衛Lv.3
第一次産業Lv.1
第二次産業Lv.0
第三次産業Lv.1



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 19:58:20.76 ID:qEyonu2ho

3週目

称号:砂漠の道場

●状況
・砂漠……危険な生物や野盗と頻繁に遭遇する。
・乾燥気候……農業に向かず寒暖差も激しい厳しい土地。
・ピラミッド……村のランドマーク。まだ小さい。
・村……住居、診療所、食堂、井戸水を利用した農地など最低限の施設が揃っている。
・上下水道……生活用水と排水が通る道。上水道はたまに断水する。
・水洗トイレ……水道設備を利用して便を流して処理できるようになった。清潔。
・銭湯……水道から引いた水を燃料で熱して浸かる公衆浴場。夜はそこそこ人気だが赤字。

●住民
・作業員Ⅱ……専門知識は無いが体力自慢の労働者。規則正しい生活で心身ともに健康。
・見張りⅡ……野生動物や盗賊団から村を守る仕事。安全第一で判断力に優れる。
・武道家……長年受け継がれてきた武術を学んだ人々。白兵戦を得意とする。
・遊牧民……ラクダを飼育している。できることなら定住したいようだ。
・会計……数字の処理に長けている労働者。

●その他
・街道は王都が主導で建設します

●ステータス
防衛Lv.3
第一次産業Lv.1
第二次産業Lv.0
第三次産業Lv.1



開拓者「産業の発達がひどく遅れているような気がする……」

見張り「確かに、今の所、盗賊を追い払うために派遣された集団みたいになってますねぇ」

開拓者「これはまずい」

開拓者「すでに3週目だ。このままでは産業Lv.10などとても達成できない……!」


安価↓1、3 労働者に学ばせるテーマ



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 19:58:47.09 ID:cU1K1ERp0

さらに武術



40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 19:59:06.20 ID:gQH7u5O+o

石油堀



41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 19:59:07.70 ID:ZsOQgCdQ0

平和学



47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 20:29:57.94 ID:qEyonu2ho

開拓者「どの産業分野を発展させるべきか……ううむ」

作業員「開拓者さん! 敵襲です! すごく強そうな連中が!」

開拓者「ん? ああ、俺が呼んだのだったな」


開拓者「よく来てくれた、強者たちよ」

柔道家「始めまして。柔道家です」

力士「100代横綱、無敵山でございます」

テコンドー「テコンドー世界チャンピオンだ」

カンフースター「私は正確には武道家ではないんですけど」

カポエイラ「まわるまわる」クルクルクルクル

老師「……」ニコニコ

開拓者「貴方がたを呼んだのは他でもない。この地にいる武道家たちを鍛えていただきたいのだ」

師範「我だけでは不満か……」ゴゴゴゴゴ

開拓者「そ、そういうわけではありませんとも。お一人では手が回らないこともあるでしょう」

師範「ならば良い」

作業員「呼びすぎじゃないか……?」

作業員2「開拓者さんはこの村をどうするつもりなんだ……?」



48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 20:39:23.13 ID:qEyonu2ho

柔道家「自分は絞め技、投げ技の素質がありそうな者を探そう」

力士「体格の良い者を勧誘します」

カポエイラ「じゃあオレは回転力のありそうな奴を」クルクル

テコンドー「俺の技はスポーツに近いから女性に広めて平均レベルを上げるぜ」

カンフースター「派手な技を教えればいいんですかね?」

老師「……戦わない事も武の選択の一つです」ニコニコ


そして数日後……。

ならず者「一斉攻撃だぁ! かかれ!」

ならず者たち「うぉぉぉぉー!」

武道家「せいっ! とりゃあ!」バキッ ドカッ

武道家2「ぬん!」ドンッ

ならず者「こ、拳が見えねえ……!」バタリ

ならず者2「女なら俺でも……!」

女武道家「……はっ!」バシッ

ならず者2「俺が甘かった……」ドサ

ならず者3「ケケッ、人間じゃ俺様には勝てねえよ。変身!」

怪人「ギャハハハハ! 皆殺しにしてやるぜェ!」

武道家「こいつ、強い!」

ヒーロー「お困りのようだな、諸君! とうっ!」

怪人「はっ? なんだあの全身タイツは!」

ヒーロー「平和の使者、ミスタータイフーン参上! 食らえ、タイフーンキーック!」クルクルクルクル

怪人「ぐああああ!」

見張り「俺たち仕事ねーな……」



49:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 20:45:49.84 ID:qEyonu2ho

●住民
・作業員Ⅱ……専門知識は無いが体力自慢の労働者。規則正しい生活で心身ともに健康。
・見張りⅡ……野生動物や盗賊団から村を守る仕事。安全第一で判断力に優れる。
・武道家Ⅱ……世界各地の武術を極めんとする人々。見た目が劇画調になってきた。
・ヒーロー……正義の心を胸に平和の為に悪と戦う者たち。派手な必殺技を持つ。
・遊牧民……ラクダを飼育している。できることなら定住したいようだ。
・会計……数字の処理に長けている労働者。



開拓者「武道家たちの中に交じっていた老師の教えによって、住民に平和主義が広まった」

開拓者「さらにカンフースターの派手な技を取り入れた一部の平和を愛する武道家がヒーローを自称するようになった」

開拓者「こうして3週目にして防衛Lv.5を達成できたわけだ……」

開拓者「防衛Lv.5は軍の駐屯地と同等の防衛力だ。誰も武器を持っていない状態でこれを達成したのは偉業と呼べるだろう」

見張り「あの、より一層ただの武装集団みたいになったんですけど……」

開拓者「案ずるな。これは安心して産業を発展させるための土台作りだ」

開拓者「さあ、作業員たちに指示を出さねば」


安価↓1、3 産業・施設に投資します



50:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 20:46:19.03 ID:BKtdXrSDO

番犬になりそうな猛獣管理施設



51:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 20:46:53.46 ID:2JnRMuo00

石油や温泉や地下水の発掘



52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 20:46:55.71 ID:ZsOQgCdQ0

砲台



54:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 21:02:33.26 ID:qEyonu2ho

遊牧民「どうにか猛獣を捕らえてきましたけど……」

開拓者「ありがとう。この檻に入れておいてくれ」

遊牧民「こんなのどうするんです?」

開拓者「もちろん町の防衛に利用するんだ」

遊牧民「猛獣使いが必要ではないですか……?」

開拓者「いや、いらないだろう。武道家たちが何とかしてくれる」

開拓者「……ピラミッドの改築も進んでいるな」チラ



●状況
・砂漠……危険な生物や野盗と頻繁に遭遇する。
・乾燥気候……農業に向かず寒暖差も激しい厳しい土地。
・村……住居、診療所、食堂、井戸水を利用した農地など最低限の施設が揃っている。
・上下水道……生活用水と排水が通る道。上水道はたまに断水する。
・水洗トイレ……水道設備を利用して便を流して処理できるようになった。清潔。
・銭湯……水道から引いた水を燃料で熱して浸かる公衆浴場。夜はそこそこ人気だが赤字。
・砲台……ピラミッドの土台に様々なサイズの大砲を用意した施設。
・猛獣飼育施設……血に飢えた獣たちを飼育している。あまり言う事を聞かない。



開拓者「小ピラミッドを高台として利用して、砲台を拵えた」

開拓者「当たるかどうかはともかく、これを見てうかつに近づいてくる悪党もあまりいないだろう」

開拓者「そして猛獣を飼育することにした。奴らの前には砂漠の危険生物もまるで子供扱いだ」

開拓者「これで防衛Lvは7だ! 万全すぎる、万全すぎるぞ!」

開拓者「俺の町は最強だ! はっはっはっはっ!」



56:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 21:04:45.10 ID:qEyonu2ho

使者「何やってるんですかあなたは」

開拓者「見たか。王の指示通り防衛拠点としての機能を整えたぞ」

使者「あなたが作るのは町であって要塞ではない事を忘れないでくださいね」

開拓者「分かっている」

使者「反乱だけはくれぐれも起こさないように」

開拓者「心配ないさ。俺の町の強者たちは皆、平和を愛している」

開拓者「力の正しい使い方を知っているのだからな」

使者「あなたがそう言うのならしばらくは様子を見ましょう」

使者「では開拓者さん、軍事力以外で必要なものはありますか?」


安価↓2 王都への要請



57:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 21:05:45.66 ID:tc7trLH3o

交通網整備



58:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 21:05:47.48 ID:ZsOQgCdQ0

自治権



62:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 21:17:00.99 ID:TZINe5joO

(アカン)



63:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 21:19:56.98 ID:qEyonu2ho


開拓者「自治権が欲 使者「駄目です」



開拓者「……冗談だ」

使者「冗談に聞こえる冗談を言ってください」

開拓者「しかしそうなると………………」

使者「武力以外に何もないんですか」

開拓者「……………………」

使者「帰りますよ」

開拓者「ま、待ってくれ! ……そうだ! ドリルが欲しい!」

使者「敵の装甲を穿つような?」

開拓者「違う! 掘削するんだ。砂漠に何らかの地下資源が埋まっているかもしれん」

使者「ボーリングですか」

使者「分かりました。機械を発注しておきます」

開拓者(自治権は頼んで手に入れる物じゃない……)

開拓者(経済力と軍事力で脅して手に入れる物だ)

開拓者(そのためには、どうにか石油を掘り当てなくてはいけないな)



3週目結果

~住民の声~
武道家「最強までの道のりはまだ遠い」
会計「ひま……」

~来訪者の声~
盗賊「なんだありゃ……軍事基地?」
隣町の市民「何あれ……悪党のアジト?」

●ステータス
防衛Lv.7
第一次産業Lv.1
第二次産業Lv.0
第三次産業Lv.1



64:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 21:20:39.27 ID:qEyonu2ho

※専門職の住民のレベルは最大でⅢまで上がります

※施設は名称を変えてどこまでも成長します



65:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 21:27:53.71 ID:qEyonu2ho

4週目

称号:武闘要塞

●状況
・砂漠……危険な生物や野盗と頻繁に遭遇する。
・乾燥気候……農業に向かず寒暖差も激しい厳しい土地。
・村……住居、診療所、食堂、井戸水を利用した農地など最低限の施設が揃っている。
・上下水道……生活用水と排水が通る道。上水道はたまに断水する。
・水洗トイレ……水道設備を利用して便を流して処理できるようになった。清潔。
・銭湯……水道から引いた水を燃料で熱して浸かる公衆浴場。夜はそこそこ人気だが赤字。
・砲台……ピラミッドの土台に様々なサイズの大砲を用意した施設。
・猛獣飼育施設……血に飢えた獣たちを飼育している。あまり言う事を聞かない。

●住民
・作業員Ⅱ……専門知識は無いが体力自慢の労働者。規則正しい生活で心身ともに健康。
・見張りⅡ……野生動物や盗賊団から村を守る仕事。安全第一で判断力に優れる。
・武道家Ⅱ……世界各地の武術を極めんとする人々。見た目が劇画調になってきた。
・ヒーロー……正義の心を胸に平和の為に悪と戦う者たち。派手な必殺技を持つ。
・遊牧民……ラクダを飼育している。できることなら定住したいようだ。
・会計……数字の処理に長けている労働者。

●その他
・街道は王都が主導で建設します
・ボーリング機器があります

●ステータス
防衛Lv.7
第一次産業Lv.1
第二次産業Lv.0
第三次産業Lv.1


会計「開拓者さん、何か機械を受け取ったんですけど……」

開拓者「おお。届いたか」

開拓者「早速町はずれの土地を掘るぞ。出てこい、石油!」


※安価スレですがここはコンマ判定します

123 地下水
456 温泉
789 石油
0 パルプンテ

↓1 コンマ一桁で判定



66:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 21:28:16.42 ID:tc7trLH3o

とうっ



70:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 21:40:02.46 ID:qEyonu2ho

ドッパアアアアアアア

開拓者「これは……水か」

開拓者「前向きに考えよう。水資源は重要だ」

開拓者「すぐにでも上水道と接続させなければ!」


●状況
・砂漠……危険な生物や野盗と頻繁に遭遇する。
・乾燥気候……農業に向かず寒暖差も激しい厳しい土地。
・村……住居、診療所、食堂、井戸水を利用した農地など最低限の施設が揃っている。
・上下水道……生活用水と排水が通る道。断水は無い。
・水洗トイレ……水道設備を利用して便を流して処理できるようになった。清潔。
・銭湯……水道から引いた水を燃料で熱して浸かる公衆浴場。夜はそこそこ人気だがいつでも燃料不足。
・砲台……ピラミッドの土台に様々なサイズの大砲を用意した施設。
・猛獣飼育施設……血に飢えた獣たちを飼育している。あまり言う事を聞かない。


武道家「ヒャッハァー! 水だァー!」

遊牧民「定住を決意してよかった!」

作業員「これだけあれば銭湯も毎日営業できるな! ……え、燃料?」

開拓者「地下水脈を掘り当てて住民も大喜びだ」

開拓者「これだ。俺が欲しいのは権力ではなく、町の発展、住民の喜ぶ顔だったはずだ……」

開拓者「初心に帰らされたな。出たのが地下水でよかったのかもしれん……」


安価↓2、4 労働者に学ばせるテーマ



71:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 21:40:41.84 ID:9Ar4UtN5o

建築学



72:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 21:40:58.56 ID:tc7trLH3o

土地改良



73:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 21:40:58.59 ID:ZsOQgCdQ0

文字を教える



74:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 21:40:59.72 ID:CBr5BrrEO

乾燥地帯での農業のノウハウ



78:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 22:24:23.27 ID:qEyonu2ho

農業指導者「やあやあ、こんちわ、開拓者さん」

開拓者「よく来てくれた。道中危険だっただろう」

農業指導者「いいや安全そのものだったべ」

開拓者「ふむ。武道家たちの活躍で砂漠地域全体が平和になりつつあるのかもな」

開拓者「労働者たちに農業を教えてもらいたい」

農業指導者「軍事要塞で農業を教えてどうすんだべ」

開拓者「誤解するのも仕方ないがここは町だ」

農業指導者「そうかあ。水があるのに農家さんはおらんかったんかい?」

開拓者「水はつい最近まで少なくてな」

開拓者「地下水を利用した土地改良、そして砂漠の農地での生産についてご指導願う」



79:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 22:26:10.60 ID:qEyonu2ho

●住民
・作業員Ⅱ……専門知識は無いが体力自慢の労働者。規則正しい生活で心身ともに健康。
・見張りⅡ……野生動物や盗賊団から村を守る仕事。安全第一で判断力に優れる。
・武道家Ⅱ……世界各地の武術を極めんとする人々。見た目が劇画調になってきた。
・ヒーロー……正義の心を胸に平和の為に悪と戦う者たち。派手な必殺技を持つ。
・遊牧民……ラクダを飼育している。できることなら定住したいようだ。
・農民……土地改良した農地でスイカや小麦を栽培している。
・会計……数字の処理に長けている労働者。

●ステータス
第一次産業Lv.2


開拓者「最新技術を導入し、何とか小麦の栽培を始めることができた」

開拓者「また元々乾燥地が原産のスイカの栽培も勧められた」

開拓者「だが、農学の研究が進まなければこれ以上の農業の発展は望めないそうだ」

開拓者「この地で一次産業を育てるのは想像以上に難しいのかもな……」

開拓者「さて、砂漠の強みは土地の確保に木を切る手間がいらない点だ。どんどん施設を拡充しようじゃないか」


安価↓2、4 産業・施設に投資します



80:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 22:27:16.25 ID:jiVQUqZRo

通商施設



81:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 22:27:34.57 ID:9dZ3PuZmo

舗装した通路



82:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 22:31:42.21 ID:ND6ohLPIo

学校



83:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 22:32:35.45 ID:TZINe5joO

役所



90:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 17:09:37.19 ID:5WherF+Oo

開拓者「そういえばいずれ街道が繋がるのだったな」

開拓者「将来の発展も見越して道路を敷いていこう」


2日後……

作業員「もう家無いですけど、外まで敷くんですか?」

開拓者「ああ。前もって道路を広げておけばそこに家が建つだろう」

作業員「広い一画がありますけど何か作る予定でも?」

開拓者「よく気が付いたな」

開拓者「そこには役所を立てるんだ」


●ステータス
第一次産業Lv.3
第二次産業Lv.1
第三次産業Lv.2


事務「農民から農地拡張の相談が……」

住民「税金の納入手続きはこちらでいいんですか?」

事務2「こちらが転入者の名簿です」

住民4「空き巣被害に遭いまして……」

ガヤガヤ

開拓者「今まで役所として使っていた家屋から、立派な施設に行政部門を移設した」

開拓者「行政の仕事がスムーズになったおかげで産業が全体的に活性化したな」

開拓者「大きな工場でないにしろ、二次産業も細々と行われていたらしい」



91:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 17:10:24.55 ID:5WherF+Oo

使者「道が舗装されていよいよ町らしくなってきましたね」

開拓者「ああ。軌道に乗った。後は成長させていくだけだ」

使者「ちょうど残り一ヶ月ですが、目標は達成できそうですか?」

開拓者「産業Lv.10か……。何か助言を頂ければいいのだが」

使者「そうですね、あまり手広くやりすぎない方がいいかもしれません」

開拓者「というと?」

使者「あなたが何もしなくても、町の発展に合わせて住民が様々な仕事を始めます」

使者「例えば、あなたが学校を作らなかったからといって、教育施設が全く存在しないわけではありませんし」

使者「医者の教育を行わなくても診療所はちゃんと機能しています」

開拓者「特定の分野の成長を早めたい場合に、俺が手を貸せばいいのだな」

使者「そういうことです」


安価↓2 王都への要請



92:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 17:14:18.51 ID:G+hPldpWo

文化度アップ



93:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 17:16:09.80 ID:ZDYcXzeU0

工場を建てたい



94:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 17:24:35.80 ID:5WherF+Oo

開拓者「工場を建てたい」

使者「建てればいいじゃないですか」

開拓者「工業にも様々な部門があるだろう」

使者「部門別に職業訓練を行えばいいでしょう」

開拓者「それは分かっているんだが、資源が足りないんだ。どうにかならないか?」

使者「王都の役所に掛け合ってみます」

使者「交渉が上手くいけば、鉱山の町からこれまでより多くの資源を支援できるかと」

開拓者「頼む」

使者「せっかく支援するんですから、きちんと工業を育成してくださいね」



4週目結果

~住民の声~
農民「食料自給率を上げて王都からの支援物資に依存しない町を作るぞ!」
会計「立派な町になって役所も大忙しです!」

~来訪者の声~
旅人「この暮らしやすさ、砂漠とは思えないな」
商人「最近砂漠が安全になってきていてありがたい」



95:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 17:29:05.24 ID:5WherF+Oo

5週目

称号:民間防衛の町

●状況
・砂漠……危険な生物や野盗と頻繁に遭遇する。
・乾燥気候……農業に向かず寒暖差も激しい厳しい土地。
・町……舗装された道に一通りの施設が揃っている。
・上下水道……生活用水と排水が通る道。断水は無い。
・水洗トイレ……水道設備を利用して便を流して処理できるようになった。清潔。
・役所……行政庁舎。町のすべてを管理する。
・銭湯……水道から引いた水を燃料で熱して浸かる公衆浴場。夜はそこそこ人気だがいつでも燃料不足。
・砲台……ピラミッドの土台に様々なサイズの大砲を用意した施設。
・猛獣飼育施設……血に飢えた獣たちを飼育している。あまり言う事を聞かない。

●住民
・作業員Ⅱ……専門知識は無いが体力自慢の労働者。規則正しい生活で心身ともに健康。
・見張りⅡ……野生動物や盗賊団から村を守る仕事。安全第一で判断力に優れる。
・武道家Ⅱ……世界各地の武術を極めんとする人々。見た目が劇画調になってきた。
・ヒーロー……正義の心を胸に平和の為に悪と戦う者たち。派手な必殺技を持つ。
・遊牧民……ラクダを飼育している。できることなら定住したいようだ。
・農民……土地改良した農地でスイカや小麦を栽培している。
・会計……数字の処理に長けている労働者。

●その他
・街道は王都が主導で建設します

●ステータス
防衛Lv.7
第一次産業Lv.3
第二次産業Lv.1
第三次産業Lv.2



開拓者「俺の任期もあと半分だ」

開拓者「鉱山の町、農園の町、港町などからたくさんの資源が送られてきた」

開拓者「すべて使い切るのは困難だな……最悪加工せずに町の市場で転売させればいいだろうか……」


安価↓1、3 労働者に学ばせるテーマ



96:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 17:29:44.39 ID:CwY+PpDC0

文字を教える



97:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 17:31:01.63 ID:14JA6aRAO

商売について



98:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 17:31:11.35 ID:PfSO+i5bo

強さの先にあるもの



100:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 17:54:52.94 ID:5WherF+Oo

開拓者「待てよ……」

開拓者「たしか放置していても住民が勝手に産業を発展させてくれるはずだ」

開拓者「これらの資源の扱いは、軽工業を営んでいる住民に丸投げしよう」

開拓者「俺は住民から寄せられた悩みを解決していこうか」


・お悩み1 事務「書類の文字が読めません。何とかしてください」

開拓者「読めないとはどういうことだ? プリントが小さかったのか?」

事務「いえ……単純に不勉強で、書かれている文字が読めないのです」

開拓者「おかしいぞ。勉強会を開いた時には皆、本を読んでいたはずだが……」

開拓者「……ああ、そういうことか」

開拓者「この書類、公用語とは違う言語で書かれているな」

事務「外国人労働者がいるんですか?」

開拓者「いや、かつて別々の国があった名残で、国内でも地域によって言語が異なるんだ」

開拓者「話し言葉はほとんど共通化されたが、文字の違いは残っていたのか……」

開拓者「算数の次は国語というわけだな。早速勉強会を開くぞ」


・お悩み2 武道家「強さに限界を感じています。どうすればいいでしょうか?」

開拓者「俺に聞くなと言いたい」

武道家「困っているんです! お願いします!」

開拓者「仕方ないから呼んでおいた。俺の理解の範疇を超えた人物だがお前たちにとっては良い師になるだろう」

超戦士「礼」

武道家「よろしくお願いします!」

超戦士「覇」

武道家「俺の頭に手を添えて何を……うおおお! 俺の潜在能力が解放されていくううう!!」

超戦士「正」

開拓者「……もう後は知らん。防衛の戦力になってくれればそれでいい……」



101:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 18:01:41.46 ID:5WherF+Oo

●住民
・作業員Ⅱ……専門知識は無いが体力自慢の労働者。規則正しい生活で心身ともに健康。
・見張りⅡ……野生動物や盗賊団から村を守る仕事。安全第一で判断力に優れる。
・武道家Ⅲ……強さの先にあるものを探す人々。素手で家屋を破壊し猛獣を一撃で死に追いやる実力を持つ。
・ヒーロー……正義の心を胸に平和の為に悪と戦う者たち。派手な必殺技を持つ。
・遊牧民……ラクダを飼育している。できることなら定住したいようだ。
・農民……土地改良した農地でスイカや小麦を栽培している。
・会計……数字の処理に長けている労働者。
・翻訳者……世界各地の文字に詳しい識者。その知識を翻訳業に活かしている。

●その他
・街道は王都が主導で建設します
・国内の様々な資源が運ばれてきています

●ステータス
防衛Lv.8
第一次産業Lv.3
第二次産業Lv.2
第三次産業Lv.3



開拓者「平和学を教えておいて本当によかった……!」

開拓者「奴ら、すでに王国軍の精鋭部隊と渡り合うほどの実力を持っているぞ……!」

開拓者「……それはさておき、言語と数学の専門家がいるのはどんな分野においても有難い」

開拓者「サービス業として翻訳業が発展したようだ」

開拓者「ついでに、大量の資源のおかげで加工業が盛り上がったらしい」

開拓者「もっと労働者たちの活躍の場を増やしてやらなければな」


安価↓2、4 産業・施設に投資します



102:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 18:01:59.92 ID:c0ZMOlAg0

農地拡大



103:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 18:02:01.89 ID:5ii0Dus1O

闘技場



104:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 18:02:44.35 ID:zi16BsKxO

浄水場



105:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 18:02:56.90 ID:VzaPPZ+m0

市場



109:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 18:32:05.65 ID:5WherF+Oo

●状況
・砂漠……危険な生物や野盗と頻繁に遭遇する。
・乾燥気候……農業に向かず寒暖差も激しい厳しい土地。
・町……舗装された道に一通りの施設が揃っている。
・上下水道……生活用水と排水が通る道。断水は無い。
・水洗トイレ……水道設備を利用して便を流して処理できるようになった。清潔。
・役所……行政庁舎。町のすべてを管理する。
・市場……農産物から工業製品まで扱う総合マーケット地区。
・銭湯……水道から引いた水を燃料で熱して浸かる公衆浴場。夜はそこそこ人気だがいつでも燃料不足。
・闘技場……腕利きの武道家や猛獣たちの戦いを見せ物にする娯楽施設。
・砲台……ピラミッドの土台に様々なサイズの大砲を用意した施設。
・猛獣飼育施設……血に飢えた獣たちを飼育している。あまり言う事を聞かない。

●ステータス
防衛Lv.8
第一次産業Lv.3
第二次産業Lv.2
第三次産業Lv.4



店員1「らっしゃい! 収穫したばかりのスイカはいかがですか!」

店員2「ハンドメイドの布製品あります~」

店員3「魚ー! 砂漠じゃとれない魚ー! 腐る前に安売りだよー!」

開拓者「前もって道路を延ばしておいた地区に市場を置いた」

開拓者「多数の店が市場に場所を移し、連日にぎわいを見せている」

開拓者「だが……扱う商品の種類はまだまだ少ないと言わざるを得ない。魚をそのまま売っている者もいるしな……」


格闘家「かかってこい熊公!」

巨大熊「グオオオ!」

観客「頑張ってー! しっかりー!」

観客2「サインくれー!」

開拓者「せっかく強者が揃っているのだからと思い、闘技場を作らせた」

開拓者「猛獣との一騎打ちや、武道家同士の試合、たまに師範や力士たちも顔を出すという」

開拓者「あっという間に観光地として人気の場所になった」

開拓者「一つ問題があるとすれば、一部の平和主義者が無益な戦いに異を唱えていることか……」

開拓者「経済的に大きな利益を生んでいるし、猛獣を殺すのは増えすぎた猛獣を間引く意味もあるんだがな……」



110:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 18:38:41.28 ID:5WherF+Oo

使者「血生臭さが増していませんか?」

開拓者「腐った魚の臭いだろう」

使者「工業化は一体どうしたんですか」

開拓者「住民の自由意思に任せている」

使者「まあ、資源を無駄にしなければ構いませんが」

使者「それと報告です」

使者「すでにこの町は村の規模を超え、防衛拠点としては十分に完成しています」

使者「その状況を鑑みて、街道の建設が始まりました」

使者「再来週には各地の町と街道で結ばれるでしょう」

開拓者「そうか。それは何よりだ」

開拓者「王に認められるためにもさらに発展させなければな」


安価↓2 王都への要請



111:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 18:40:52.64 ID:C8YfC/TWo

鉱山技術者の派遣



112:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 18:40:54.37 ID:c0ZMOlAg0

王国武術大会開催



115:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 19:21:51.17 ID:5WherF+Oo

開拓者「王が主催の武術大会があっただろう」

開拓者「あれを俺の町で開催してほしい」

使者「あなたイベント好きですね……」

開拓者「イベント好きなのは王ではないか?」

開拓者「で、どうだ。駄目か?」

使者「頭のおかしな催し物でなければ拒否しません。王にかけあってみましょう」

開拓者「よろしく頼む」

使者「強者が多い割に治安のいい町ですからね。きっと許可はおりると思われます」

使者「朗報を待っていてください」



5週目結果

~住民の声~
武道家「もっと…もっと強いヤツと戦いたいッ!!」
翻訳者「翻訳するのはいいですけど、紙が少ないんですよね」
見張り「砲台係暇すぎる……いいことだけど」

~来訪者の声~
遊牧民「おお、私達の畜産物も市場で売っていいんですか」
冒険者「トイレも市場も快適で、武道家も仲間にできて、砂漠の冒険の拠点にぴったりだな!」



116:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 19:25:10.31 ID:5WherF+Oo

6週目

称号:強者に会える町

●状況
・砂漠……危険な生物や野盗と頻繁に遭遇する。
・乾燥気候……農業に向かず寒暖差も激しい厳しい土地。
・町……舗装された道に一通りの施設が揃っている。
・上下水道……生活用水と排水が通る道。断水は無い。
・水洗トイレ……水道設備を利用して便を流して処理できるようになった。清潔。
・役所……行政庁舎。町のすべてを管理する。
・市場……農産物から工業製品まで扱う総合マーケット地区。
・銭湯……水道から引いた水を燃料で熱して浸かる公衆浴場。夜はそこそこ人気だがいつでも燃料不足。
・闘技場……腕利きの武道家や猛獣たちの戦いを見せ物にする娯楽施設。
・砲台……ピラミッドの土台に様々なサイズの大砲を用意した施設。
・猛獣飼育施設……血に飢えた獣たちを飼育している。あまり言う事を聞かない。

●住民
・作業員Ⅱ……専門知識は無いが体力自慢の労働者。規則正しい生活で心身ともに健康。
・見張りⅡ……野生動物や盗賊団から村を守る仕事。安全第一で判断力に優れる。
・武道家Ⅲ……強さの先にあるものを探す人々。素手で家屋を破壊し猛獣を一撃で死に追いやる実力を持つ。
・ヒーロー……正義の心を胸に平和の為に悪と戦う者たち。派手な必殺技を持つ。
・遊牧民……ラクダを飼育している。できることなら定住したいようだ。
・農民……土地改良した農地でスイカや小麦を栽培している。
・会計……数字の処理に長けている労働者。
・翻訳者……世界各地の文字に詳しい識者。その知識を翻訳業に活かしている。

●その他
・街道は王都が主導で建設します
・国内の様々な資源が運ばれてきています

●ステータス
防衛Lv.8
第一次産業Lv.3
第二次産業Lv.2
第三次産業Lv.4


開拓者「すでに町としてはほぼ完成しているな」

開拓者「だが俺はここからさらに上を目指すぞ」


安価↓2、5 労働者に学ばせるテーマ



117:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 19:25:46.75 ID:28Pwy/rao

サービス、奉仕の心得



118:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 19:26:18.71 ID:YnAkf9cWO

観光客へのマナーや民度の大切さ



119:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 19:29:20.97 ID:4b88Juy2o

効率的な他国への宣伝方法



120:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 19:30:29.08 ID:VIzHsRVsO

加工食品の製造法



121:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 19:30:31.10 ID:im5GHajoO

内なる野生を解き放て



127:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 21:08:53.33 ID:5WherF+Oo

武道家Ⅲ「ハァァァァ……」ゴゴゴゴゴ

武道家Ⅲ「ハァーッ!!」ドーン

武道家Ⅱ「すごいぜ兄貴! 岩山を気合いだけで吹き飛ばしちまった!」

武道家Ⅱ2「我らも早くあの領域へ上り詰めたいものだな」

武道家Ⅲ「次は俺が大地を割ってやるぜ! うおおおお!」

ヒーロー「……まさかここまで実力差が生まれるとはな」

ヒーロー2「そうだな。俺たちはもはや子供たちに派手なアクションを見せるくらいしか役割が無い……」

ヒーロー3「それは違う。子供たちに良識を教えるのも我々の仕事だぞ」

武道家Ⅰ「もうあいつらだけでいいんじゃないかな」

女武道家Ⅰ「あそこまで筋肉質にはなりたくないわ……」

武道家Ⅰ2「見張りたちはいいよな……砲台で仕事があって……」

冒険者「話は聞かせてもらったぜ!」

武道家Ⅰ「な、なんだお前は?」

冒険者「お前ら、うじうじしている暇があるなら俺についてこい!」

冒険者「内なる野生を解き放て!」


ヒーロー「あちらは何か盛り上がっているな」

ヒーロー2「暇な武道家がアウトドアに目覚めたらしい……」

ヒーロー3「平和を守るのが使命の我々には町の外に出る理由が無いな」

開拓者「ここにいたか、ヒーローたち」

ヒーロー「開拓者さんか。俺たちに用ですか?」

開拓者「ああ。お前たちに仕事を与えたくてな」



128:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 21:09:26.16 ID:5WherF+Oo

開拓者「強くなりすぎた武道家の陰で、ついていけていない者たちがいる事は知らされていた」

開拓者「ちょうど町に来ていた冒険者に協力してもらい彼らに対して職業訓練を行った」

開拓者「野生を解放した彼らは、安全なこの地では己の実力を発揮できないと考え、旅立って行った」

開拓者「だが、拠点はこの町だ。冒険家ギルドも作られたらしい……」

開拓者「何か大きな発見をして帰って来てくれることを期待しよう」

開拓者「一方、観光客へのマナーと民度の大切さを学んだヒーローは、パトロール活動を行うようになった」

開拓者「武術大会では通用しなくても、大会の役に立ってくれることだろう」



129:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 21:12:47.68 ID:5WherF+Oo

●住民
・作業員Ⅱ……専門知識は無いが体力自慢の労働者。規則正しい生活で心身ともに健康。
・見張りⅡ……野生動物や盗賊団から村を守る仕事。安全第一で判断力に優れる。
・武道家Ⅲ……強さの先にあるものを探す人々。素手で家屋を破壊し猛獣を一撃で死に追いやる実力を持つ。
・冒険家……自然の中で生き抜く技術と肉体を持つ人々。野生と浪漫に生きる。
・ヒーロー……正義の心を胸に平和の為に悪と戦う者たち。派手な必殺技を持つ。
・パトロール……観光客への案内や迷惑行為への注意を行うおまわりさん。
・遊牧民……ラクダを飼育している。できることなら定住したいようだ。
・農民……土地改良した農地でスイカや小麦を栽培している。
・会計……数字の処理に長けている労働者。
・翻訳者……世界各地の文字に詳しい識者。その知識を翻訳業に活かしている。



開拓者「武術大会の事ばかり考えている訳にもいくまい。開拓を進めなくては」

開拓者「新しい施設を作るばかりでなく、既存の施設のアップグレードを行うのも手だな」

開拓者「状況メモの中だと……砂漠、乾燥気候、町、以外のものはすべてアップグレードが可能だ」

開拓者「まあまだ他に必要な施設がある気がするのも事実だが……」


安価↓1、2 産業・施設に投資します



130:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 21:13:29.15 ID:28Pwy/rao

カジノ



131:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 21:13:30.15 ID:7P5xmovC0

学校



137:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 21:29:29.59 ID:5WherF+Oo

開拓者「やはり砂漠で農業や工業を育てるのには限界があるかも知れない」

開拓者「俺の町をさらに人の集まる魅力的な町にするにはどうするか……」

開拓者「……カジノはどうだ?」

開拓者「住民が依存症になるリスクもあるが……幸い男たちはその多くが武道を修めている」

開拓者「強さを求める者、冒険を愛する者、良識のある巡卒……カジノにはまる危険は少ないはずだ」

開拓者「よし。カジノを建設して旅人や商人にたっぷりお金を落としてもらおう」


5日後、町役場。

事務「すごいです……一気に収入が増えています!」

開拓者「闘技場を見に来る客の多くは賭け事も好きなようだな。相乗効果が生まれた」

開拓者「何か問題は起きていないか?」

事務「酔っ払いや暴れん坊にはパトロールが対処しているようです。彼らが太刀打ちできなくても武道家が出張れば被害は最小限で済んでいますね」

開拓者「奴らには武器も通用しないからな……」

事務「ですが、カジノではなくこの町自体に一つ懸念事項がありまして……」

開拓者「なんだ?」

事務「住民の男女比が8:2。これはまだいいんですが、10代以下の子供の割合が5パーセントしかありません」

開拓者「途中まで完全に武力組織だったからな……」

開拓者「町であるからには住民のバランスも大事だな。学校を作って子供がいる家族を誘致しよう」



138:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 21:37:23.37 ID:5WherF+Oo

●状況
・砂漠……危険な生物や野盗と頻繁に遭遇する。
・乾燥気候……農業に向かず寒暖差も激しい厳しい土地。
・町……舗装された道に一通りの施設が揃っている。
・上下水道……生活用水と排水が通る道。断水は無い。
・水洗トイレ……水道設備を利用して便を流して処理できるようになった。清潔。
・役所……行政庁舎。町のすべてを管理する。
・学校……教育を行う施設。校舎や校庭、プールがきちんと整備されている。
・市場……農産物から工業製品まで扱う総合マーケット地区。
・銭湯……水道から引いた水を燃料で熱して浸かる公衆浴場。夜はそこそこ人気だがいつでも燃料不足。
・闘技場……腕利きの武道家や猛獣たちの戦いを見せ物にする娯楽施設。
・カジノ……賭博を行うレジャー施設。ここで遊ぶのは程々に。
・砲台……ピラミッドの土台に様々なサイズの大砲を用意した施設。
・猛獣飼育施設……血に飢えた獣たちを飼育している。あまり言う事を聞かない。

●ステータス
防衛Lv.8
第一次産業Lv.3
第二次産業Lv.2
第三次産業Lv.6



開拓者「学校を建設した結果、子供の割合が数パーセントだけ増えた。こんなものか」

開拓者「まあ、教育に良い町とは言えないからな……」

使者「こんにちは。三次産業のLvが6まで上がりましたね」

開拓者「ああ。カジノ効果だな」

使者「Lv.6ともなれば町を支える一大産業レベルです」

使者「今後はカジノを軸に関連産業を育ててみてはいかがですか?」

開拓者「考慮に入れておこう」

開拓者「あまりカジノばかり育てても歪な町になりそうな気もしているんだ。予想以上の経済効果を生んでしまった」

使者「まあ、いろいろ考えてあなたの思う理想の町を作ってください」

開拓者「志半ばで死んだ、前任者のためにもな……」


安価↓3 王都への要請



139:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 21:39:15.92 ID:cL2oq+ado

用水路の整備



140:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 21:39:27.13 ID:s/Yq//OL0

資源 主に木材



141:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 21:39:28.94 ID:CwY+PpDC0

駐屯地の誘致



148:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 21:57:26.02 ID:5WherF+Oo

開拓者「ここに駐屯地を置いてほしい」

使者「必要……ですか?」

開拓者「必要だろう。元々国境に近い町だから防衛力を育てたんだ」

開拓者「しかし彼らはあくまで町の警備隊、万が一国境紛争になれば正規軍がいた方が心強い」

開拓者「こう見えて兵器は砲台以外に無いからな」

使者「確かにその通りですね」

使者「王国軍に連絡しておきます。恐らく承認するでしょう」

使者「あ、そうです。武術大会の開催が決定しました」

使者「開催は後2週間後です」

開拓者「ちょうど俺の任期が終わった後か」

使者「準備を整えておいてくださいね。まあ、もうほとんど完璧に見えますが……」



6週目結果

~住民の声~
パトロール「カジノではもめごとが絶えない。実に有意義な仕事だ」
カジノディーラー「ここのお客さん闘技場のお客さんでもあるから、よそのカジノより血の気が多いんですよ。おお怖い怖い……」
農民「単身赴任してたけど、今度妻と子供もこっちに越すってさ」
見張り「えっ王国軍来るの。俺たちの仕事いよいよ無くなるじゃん」

~来訪者の声~
旅人「カジノの水洗トイレに感動しました」
富豪「人間同士の殺し合いをしてくれたらもっと面白いんだがねェ」
輸送業者「この町燃料の消費量すごいよなぁ……」



166:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 16:15:05.69 ID:FQBfpCvio

7週目

称号:眠らない強者の町

●状況
・砂漠……危険な生物や野盗と頻繁に遭遇する。
・乾燥気候……農業に向かず寒暖差も激しい厳しい土地。
・町……舗装された道に一通りの施設が揃っている。
・上下水道……生活用水と排水が通る道。断水は無い。
・水洗トイレ……水道設備を利用して便を流して処理できるようになった。清潔。
・役所……行政庁舎。町のすべてを管理する。
・学校……教育を行う施設。校舎や校庭、プールがきちんと整備されている。
・市場……農産物から工業製品まで扱う総合マーケット地区。
・銭湯……水道から引いた水を燃料で熱して浸かる公衆浴場。夜はそこそこ人気だがいつでも燃料不足。
・闘技場……腕利きの武道家や猛獣たちの戦いを見せ物にする娯楽施設。
・カジノ……賭博を行うレジャー施設。ここで遊ぶのは程々に。
・砲台……ピラミッドの土台に様々なサイズの大砲を用意した施設。
・猛獣飼育施設……血に飢えた獣たちを飼育している。あまり言う事を聞かない。
・駐屯地……主に国境警備を担当する王国の正規軍の基地。

●住民
・作業員Ⅱ……専門知識は無いが体力自慢の労働者。規則正しい生活で心身ともに健康。
・見張りⅡ……野生動物や盗賊団から村を守る仕事。安全第一で判断力に優れる。
・武道家Ⅲ……強さの先にあるものを探す人々。素手で家屋を破壊し猛獣を一撃で死に追いやる実力を持つ。
・冒険家……自然の中で生き抜く技術と肉体を持つ人々。野生と浪漫に生きる。
・ヒーロー……正義の心を胸に平和の為に悪と戦う者たち。派手な必殺技を持つ。
・パトロール……観光客への案内や迷惑行為への注意を行うおまわりさん。
・遊牧民……ラクダを飼育している。できることなら定住したいようだ。
・農民……土地改良した農地でスイカや小麦を栽培している。
・会計……数字の処理に長けている労働者。
・翻訳者……世界各地の文字に詳しい識者。その知識を翻訳業に活かしている。

●その他
・街道は王都が主導で建設します
・国内の様々な資源が運ばれてきています

●ステータス
防衛Lv.9
第一次産業Lv.3
第二次産業Lv.2
第三次産業Lv.6



武道家「兵隊の皆さん、我らの町へようこそ!」

武道家「準備ができましたらぜひ俺たちと手合せを!」

兵士(オーラやべえ……)

兵士(こいつら銃弾キャッチできそう……)



167:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 16:19:59.26 ID:FQBfpCvio

開拓者「7週目か」

開拓者「一見するとずいぶん分業も進んでいるような印象があるが……」

開拓者「実際には知識・技術面の専門職に乏しい」

開拓者「また、カジノや学校のような施設の価値を上昇させるのなら、それに見合った職種の訓練も実施した方が良いかもな」


安価↓1、2 労働者に学ばせるテーマ



168:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 16:21:57.35 ID:bxqbI3qoO

経理、経営学



169:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 16:22:24.21 ID:t+38Z68R0

お笑い



170:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 17:07:59.07 ID:FQBfpCvio

●住民
・作業員Ⅱ……専門知識は無いが体力自慢の労働者。規則正しい生活で心身ともに健康。
・見張りⅡ……野生動物や盗賊団から村を守る仕事。安全第一で判断力に優れる。
・武道家Ⅲ……強さの先にあるものを探す人々。素手で家屋を破壊し猛獣を一撃で死に追いやる実力を持つ。
・冒険家……自然の中で生き抜く技術と肉体を持つ人々。野生と浪漫に生きる。
・ヒーロー……正義の心を胸に平和の為に悪と戦う者たち。派手な必殺技を持つ。
・パトロール……観光客への案内や迷惑行為への注意を行うおまわりさん。
・遊牧民……ラクダを飼育している。できることなら定住したいようだ。
・農民……土地改良した農地でスイカや小麦を栽培している。
・社長……様々な商業を束ねた会社を運営するリーダー。
・会計Ⅱ……数字の処理に長けている労働者。経済学に精通し資金をより効率的に運用する手助けをする。
・翻訳者……世界各地の文字に詳しい識者。その知識を翻訳業に活かしている。
・コメディアン……パントマイムやマジックなどで客を楽しませる。主にカジノで芸を披露している。

●ステータス
防衛Lv.9
第一次産業Lv.3
第二次産業Lv.3
第三次産業Lv.8



開拓者「カジノでは多額の金がやりとりされ、市場では把握しきれないほどの小売店が乱立している……」

開拓者「おそらく大きな無駄が出ているだろうと思われる」

開拓者「経済学に長けた人間を育成するか」


3日後……

開拓者「成果はどうだ?」

会計「予測される経済活動の無駄を4割解消、500万ゴールドの経費削減に成功しました」

会計2「市場では小売店の大型化により売り上げが1.2倍に上がっています」

開拓者「そうか。財政は安定しているな」

会計3「芸能プロダクションを設立した社長もいらっしゃるようです」

開拓者「そういえば近ごろ、カジノと闘技場の近辺に大道芸人が現れていたな」

開拓者「彼らを正式に雇ってカジノなどでショーをさせるわけか。良いアイデアだ」



171:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 17:14:14.67 ID:FQBfpCvio

開拓者「わが町の第三次産業は、すでに『海岸リゾートの町』『甘味と娯楽の町』『音楽とファッションの町』に匹敵する規模に達している」

開拓者「国内トップに立つ事も不可能ではないだろう」

開拓者「問題はそれらの町に比べて、第三次産業以外の水準が大きく下回っていることだ……」

開拓者「さらにほとんどカジノ頼りというのも、あまり良い事ではないかもしれないな」


安価↓1、3 産業・施設に投資します



172:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 17:14:43.29 ID:kioI5AaLo

油田開発



173:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 17:15:08.73 ID:Q+Qjh0HsO

農業の強化



174:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 17:15:20.70 ID:I8QYyEVto




178:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 17:25:01.36 ID:FQBfpCvio

●状況
・砂漠……危険な生物や野盗と頻繁に遭遇する。
・乾燥気候……農業に向かず寒暖差も激しい厳しい土地。
・町……舗装された道に一通りの施設が揃っている。
・大農園……町全体に匹敵する規模の農地。もちろん土地改良済み。


作業員「地下水、掘るぞー!」

農民「土地改良の準備は済んだか?」

武道家「護衛だ」

開拓者「労働者たちに命じて、農地を大きく拡大させている」

開拓者「一定面積当たりの生産量は低くても、これで総生産量は大きく上がるだろう」

開拓者「土地は余りまくっているからな」

開拓者「砂漠は広いから、環境問題が起こるリスクも小さいと考えられる」

作業員「う、うわー! 出たー!」

作業員2「地下水じゃないぞ!?」

開拓者「あ、あれは……!」


※ボーリングなのでコンマ判定します

123456 石油
78 マグマ
90 パルプンテ

↓1 コンマ一桁で判定



179:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 17:25:49.80 ID:G6SDbPQAO

アブラカタブラ



181:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 17:29:32.77 ID:FQBfpCvio

開拓者「石油か!?」

作業員「いや、違います! これは……」


↓2 何が出てきた?(石油、マグマ以外)(液状じゃなくても良い)



182:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 17:29:45.24 ID:I8QYyEVto

パルプンテ……
古代宇宙戦争時代の遺物でも出てきたか(世界観ぶち壊し)



183:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 17:31:03.61 ID:Q+Qjh0HsO

レアメタルや貴金属の鉱脈



191:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 17:45:23.54 ID:FQBfpCvio

開拓者「ただの金属に見えるが……?」

冒険家「俺は鉱石マニアです。でもこんな石見たこと無い……!」

開拓者「王都に連絡して専門家を派遣してもらおう」


地学博士「ややっ、これは……!」

地学博士「レアメタルですぞ!」

開拓者「なんだそれは? 工業製品になるのか?」

地学博士「単体では大したものは作れません。ですが、他の金属と併用することで無限の可能性を秘めているのです!」

開拓者「この町で活かせそうか?」

地学博士「軽工業では出番は少ないでしょう。ハイテク産業でなければ」

開拓者「残念だ」

開拓者「他の町や他国に輸出すれば高く売れるか……」

開拓者「防衛力を高めていて正解だったな。国境沿いで良い鉱脈があると知ったら奪いたがらない国は無いだろう……」



192:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 17:50:07.91 ID:FQBfpCvio

●状況
・砂漠……危険な生物や野盗と頻繁に遭遇する。
・乾燥気候……農業に向かず寒暖差も激しい厳しい土地。
・町……舗装された道に一通りの施設が揃っている。
・大農園……町全体に匹敵する規模の農地。もちろん土地改良済み。
・レアメタル鉱山……希少金属をそれなりに採掘することができる。

●ステータス
防衛Lv.9
第一次産業Lv.4
第二次産業Lv.4
第三次産業Lv.8


開拓者「予定していた一部の農地の開発を取りやめて、とりあえずの鉱山開発を行った」

開拓者「そして一次産業と二次産業のLvがわずかに上昇した」

使者「町の外側が様変わりしていますね」

開拓者「町にも会社の建物が増えた。すでに国内でも大きい方の町ではないか?」

使者「ええ。2か月前まで寂れた村だったとは思えないほどです」

開拓者「残り1週間。あと一息だ」


安価↓3 王都への要請



193:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 17:50:50.78 ID:6dTaoFvwo

大規模なこの町の宣伝



194:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 17:51:41.72 ID:tnJl+pz9O

軍との合同訓練



195:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 17:51:58.59 ID:7umvD8Ir0

この街をタックスヘイブンにしてくれ



198:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 18:23:22.02 ID:FQBfpCvio

開拓者「この街をタックスヘイブンにしてくれないか」

開拓者「無税の町にすることで富裕層や大企業を誘致し、雇用を生み、外貨を獲得したい」

使者「流石にそれは承りかねますね」

開拓者「なぜだ?」

使者「小国ならば明らかにメリットが大きいでしょう。しかし王国はそこまで小さくありません」

開拓者「国の税収は増えるぞ?」

使者「他国から誘致できれば幸いです。ですが他の町から富裕層や大企業が流出した場合どうでしょうか」

使者「少なくともリゾートの町や金融の町から大顰蹙を買うでしょう」

使者「さらにマフィアなどの資金洗浄に使われて治安の悪化を招きます」

開拓者「うちには優秀な警察と経理がいて、駐屯地もあるのだが?」

使者「世界トップレベルの悪人たちに対抗できると断言できますか? 彼らは頭がいいです。私やあなたよりも遥かに」

使者「一応この話は持ち帰ります。ですがあまり期待はしないでくださいね」

開拓者「どうすれば許可していただけるだろうか?」

使者「力と倫理観だけではダメです。別の方面の防衛力を育ててください」



7週目結果

~住民の声~
コメディアン「ここは芸人の天国だな!」
武道家「軍人たちは想像以上に弱かった。強さとは虚しい物だ」
見張り「やること無いからカジノにはまって破産した……」
作業員「レアメタル鉱山の近くで栽培した麦食って大丈夫なんかな」

~来訪者の声~
富豪「娯楽は素晴らしいが住むには衣食住ともに物足りないねェ」
株主「この町の企業に投資しました。値上がりがすごいですよ」



201:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 18:30:10.12 ID:FQBfpCvio

8週目

称号:金の匂いに満ちた町

●状況
・砂漠……危険な生物や野盗と頻繁に遭遇する。
・乾燥気候……農業に向かず寒暖差も激しい厳しい土地。
・町……舗装された道に一通りの施設が揃っている。
・大農園……町全体に匹敵する規模の農地。もちろん土地改良済み。
・レアメタル鉱山……希少金属をそれなりに採掘することができる。
・上下水道……生活用水と排水が通る道。断水は無い。
・水洗トイレ……水道設備を利用して便を流して処理できるようになった。清潔。
・役所……行政庁舎。町のすべてを管理する。
・学校……教育を行う施設。校舎や校庭、プールがきちんと整備されている。
・市場……農産物から工業製品まで扱う総合マーケット地区。
・銭湯……水道から引いた水を燃料で熱して浸かる公衆浴場。夜はそこそこ人気だがいつでも燃料不足。
・闘技場……腕利きの武道家や猛獣たちの戦いを見せ物にする娯楽施設。
・カジノ……賭博を行うレジャー施設。ここで遊ぶのは程々に。
・砲台……ピラミッドの土台に様々なサイズの大砲を用意した施設。
・猛獣飼育施設……血に飢えた獣たちを飼育している。あまり言う事を聞かない。
・駐屯地……主に国境警備を担当する王国の正規軍の基地。

●住民
・作業員Ⅱ……専門知識は無いが体力自慢の労働者。規則正しい生活で心身ともに健康。
・見張りⅡ……野生動物や盗賊団から村を守る仕事。安全第一。最近仕事に張り合いがない。
・武道家Ⅲ……強さの先にあるものを探す人々。素手で家屋を破壊し猛獣を一撃で死に追いやる実力を持つ。
・冒険家……自然の中で生き抜く技術と肉体を持つ人々。野生と浪漫に生きる。
・ヒーロー……正義の心を胸に平和の為に悪と戦う者たち。派手な必殺技を持つ。
・パトロール……観光客への案内や迷惑行為への注意を行うおまわりさん。
・遊牧民……ラクダを飼育している。できることなら定住したいようだ。
・農民……土地改良した農地でスイカや小麦を栽培している。
・社長……様々な商業を束ねた会社を運営するリーダー。
・会計Ⅱ……数字の処理に長けている労働者。経済学に精通し資金をより効率的に運用する手助けをする。
・翻訳者……世界各地の文字に詳しい識者。その知識を翻訳業に活かしている。
・コメディアン……パントマイムやマジックなどで客を楽しませる。主にカジノで芸を披露している。

●その他
・街道は王都が主導で建設します
・国内の様々な資源が運ばれてきています

●ステータス
防衛Lv.9
第一次産業Lv.4
第二次産業Lv.4
第三次産業Lv.8



見張り「開拓者さん! 冒険家ギルドの調査隊が帰ってきましたよ!」

開拓者「ああ、あの遊び人たちか……」

見張り「なんでも世紀の大発見をして帰ってきたようで!」

開拓者「なんだと!?」

冒険家「ただいま帰りました! しばらく見ないうちに町も様変わりしましたね」

開拓者「大発見とは一体なんだ?」


安価↓3 冒険家たちの発見したもの(ちょっと内容が大雑把なので無理なら下にずれます)



202:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 18:31:44.67 ID:kioI5AaLo

巨大な湖と河



203:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 18:33:29.91 ID:tnJl+pz9O

古代遺跡



204:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 18:33:32.03 ID:zpeRiPdM0

宇宙人



208:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 18:57:44.84 ID:FQBfpCvio


冒険家「宇宙人を発見しました!」

開拓者「何!?」

冒険家「代表を連れてきました!」

宇宙人「ハジメマシテ カイタクシャ」

開拓者「うわああああ!!??」

宇宙人「コワガラナイデ ホシイ ワタシタチ チキュウジン トモダチ」

開拓者「あ、ああ」

宇宙人「ユウコウノ アカシニ ワタシタチ ギジュツ ミセル」

開拓者「技術を?」

宇宙人「コマリゴト ナイカ」

開拓者(今の人類に不可能なことでも彼らならば可能かもしれない……)

開拓者(大チャンスだ。何を頼もうか……)


安価↓3 宇宙人への頼みごと(王都のような権威はありませんが技術があります)



209:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 18:59:25.42 ID:kioI5AaLo

空気と水と日光で食料を生産するプラント



210:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 19:01:04.10 ID:7umvD8Ir0

超広範囲に届く強力な電波搭



211:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 19:01:09.22 ID:Uxik1V5Qo

砂漠を緑化するプラント



215:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 19:13:50.64 ID:FQBfpCvio

開拓者「砂漠の緑化を頼めないか……?」

宇宙人「タヤスイ」

宇宙人「カワリニ ワタシタチ ヤマニ スム ユルシテ ホシイ」

開拓者「ああ、あの山か……。わかった、あそこは立ち入り禁止にして地球人が入り込まないようにしよう」

3日後……


●状況
・草原……元々は砂漠だったが緑化に成功した。
・温暖気候……少し乾燥しているが寒暖差が少なく農業にも向く土地。

●ステータス
防衛Lv.9
第一次産業Lv.6
第二次産業Lv.4
第三次産業Lv.8


開拓者「砂漠ではなくなってしまった……」

開拓者「これが良い事だったのか悪い事だったのか……わからん」

開拓者「……気を取り直して、最後の職業訓練だ」

開拓者「新たな職業を育てるか、既存の専門職をさらに特化させるか、悩みどころだな」


安価↓2、6 労働者に学ばせるテーマ



216:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 19:14:50.25 ID:6dTaoFvwo

不正な金の流れを見つける方法



217:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 19:15:01.68 ID:4rtiat7e0

重工業



218:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 19:15:13.58 ID:7umvD8Ir0

対経済犯罪学



219:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 19:19:27.59 ID:XSnzKEgo0

古今東西の料理の技術



220:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 19:20:29.97 ID:kioI5AaLo

治金学



221:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 19:23:19.90 ID:56R3FNSuO

音楽振興



222:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 19:50:53.04 ID:FQBfpCvio

●住民
・作業員Ⅱ……専門知識は無いが体力自慢の労働者。規則正しい生活で心身ともに健康。
・見張りⅡ……野生動物や盗賊団から村を守る仕事。安全第一。最近仕事に張り合いがない。
・武道家Ⅲ……強さの先にあるものを探す人々。素手で家屋を破壊し猛獣を一撃で死に追いやる実力を持つ。
・冒険家……自然の中で生き抜く技術と肉体を持つ人々。野生と浪漫に生きる。
・ヒーロー……正義の心を胸に平和の為に悪と戦う者たち。派手な必殺技を持つ。
・パトロール……観光客への案内や迷惑行為への注意を行うおまわりさん。
・遊牧民……ラクダを飼育している。できることなら定住したいようだ。
・農民……土地改良した農地でスイカや小麦を栽培している。
・エンジニア……重工業の知識と技術を持った労働者。
・社長……様々な商業を束ねた会社を運営するリーダー。
・会計Ⅱ……数字の処理に長けている労働者。経済学に精通し資金をより効率的に運用する手助けをする。
・翻訳者……世界各地の文字に詳しい識者。その知識を翻訳業に活かしている。
・コメディアン……パントマイムやマジックなどで客を楽しませる。主にカジノで芸を披露している。
・ミュージシャン……音楽を演奏する仕事。ピアニストからギタリストまで幅広くいる。


旅人「車が故障してしまったんだ」

エンジニア「任せてください。あー、これは半日はかかりそうですね……」

開拓者「重工業の勉強会を開いたが……あまり産業の発展には繋がらなかったらしい」

開拓者「レアメタルを使えるほど技術は発達していないし、燃料や鉄は他の町から購入しているからな……」

開拓者「俺の町とは相性が良くない産業だったのだろう。育てていけるならともかく、俺の任期は今週までだからな」


ミュージシャン「……」ダン ダン ダダダン

コメディアン「……」シャカシャカ

観客「ブラボー!」

開拓者「音楽を流行らせたら、ミュージシャンが増えた」

開拓者「多くはこのようにカジノに併設されたステージで演奏しているようだ」

開拓者「これはドラムの音に合わせておかしな動きをするパフォーマンスだな。カジノに客として来た立場なら面白いのかもしれない」



223:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 19:58:01.88 ID:FQBfpCvio

●ステータス
防衛Lv.9
第一次産業Lv.6
第二次産業Lv.4
第三次産業Lv.9


開拓者「防衛力と第三次産業はLv10まで上げることができそうだな」

開拓者「ここは第三次産業を育てる以外の選択肢はあり得ないだろう……」

開拓者「……いや、鉱山からの排水が畑に流れているというデマのせいで小麦が売れなくなっていると言う苦情があったな」

開拓者「さらにカジノの裏手で怪しい集団を見たという情報も寄せられている」

開拓者「同時に解決できればいいのだが……」

開拓者「……最悪、俺が去った後の市長に任せるのもアリだな」


安価↓2、5 産業・施設に投資します



224:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 19:59:20.27 ID:UxpieR/mo

商店街のアトリウム化



225:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 19:59:21.35 ID:56R3FNSuO

ノブレスマンション



226:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 19:59:22.80 ID:zpeRiPdM0

市庁舎



227:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 20:00:42.83 ID:zevoC9C10

銀行



228:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 20:01:09.70 ID:56R3FNSuO

芸術的な安アパート (悪趣味なデザイン)



229:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 20:16:04.26 ID:FQBfpCvio

>>225と>>227採用 流石に両取りはどうかと思うので、下が無いので上にずれます


●状況
・草原……元々は砂漠だったが緑化に成功した。
・温暖気候……少し乾燥しているが寒暖差が少なく農業にも向く土地。
・町……舗装された道に一通りの施設が揃っている。
・大農園……町全体に匹敵する規模の農地。
・レアメタル鉱山……希少金属をそれなりに採掘することができる。
・上下水道……生活用水と排水が通る道。断水は無い。
・水洗トイレ……水道設備を利用して便を流して処理できるようになった。清潔。
・マンション……富豪向けの立派な住宅。
・役所……行政庁舎。町のすべてを管理する。
・銀行……事業を始めたい人々に資金を貸し出す。
・学校……教育を行う施設。校舎や校庭、プールがきちんと整備されている。
・市場……農産物から工業製品まで扱う総合マーケット地区。
・銭湯……水道から引いた水を燃料で熱して浸かる公衆浴場。時間帯を問わずそれなりの人気。燃料不足。
・闘技場……腕利きの武道家や猛獣たちの戦いを見せ物にする娯楽施設。
・カジノ……賭博を行うレジャー施設。ここで遊ぶのは程々に。
・砲台……ピラミッドの土台に様々なサイズの大砲を用意した施設。
・猛獣飼育施設……血に飢えた獣たちを飼育している。あまり言う事を聞かない。
・駐屯地……主に国境警備を担当する王国の正規軍の基地。

●ステータス
防衛Lv.9
第一次産業Lv.6
第二次産業Lv.4
第三次産業Lv.10


開拓者「中央銀行の支店を誘致した」

開拓者「これでお金が借りやすくなり、商業がさらに発展するだろう」

開拓者「一方でカジノと闘技場好きの富豪たちに在住してもらうべく、マンション開発を行った」

開拓者「俺は特に手を出していないが、高級品の取引が盛んになるのではないだろうか」

開拓者「これから先、町を発展させるのは俺の仕事じゃない」

開拓者「主に様々な会社が中心となって町の経済を支えるはずだ」

開拓者「特に寂しいことでは無い。俺は開拓者……開拓が終われば町を去る存在だ」



231:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 20:24:14.05 ID:FQBfpCvio

使者「町、というよりもはや都市ですね」

使者「素晴らしい働きです」

開拓者「タックスヘイブンの件はどうなった?」

使者「残念ながら」

開拓者「そうか……だが仕様が無いな」

開拓者「悪党の下っ端を捕らえたと、王国軍や武道家たちから報告された」

開拓者「治安は決して良いとは言えないな……」

使者「それでも、人智を超えた強さの武道家たちが守るこの町では、大手を振って犯罪活動はできません」

使者「この規模の都市としてはまだマシな方だと思いますよ」

使者「特に、カジノがある都市としては驚異的な安全度ではないでしょうか」

開拓者「治安が悪くても防衛力は下がらないんだな?」

使者「はい。他国や危険生物に町を蹂躙されることはありませんからね」


安価↓3 王都への要請



232:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 20:26:37.19 ID:DIFW+jhkO

浄水、排煙フィルターの定期的提供



233:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 20:27:39.73 ID:zX1L+Lrro

鉄道の敷設



234:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 20:27:50.41 ID:kioI5AaLo

鉄道馬車の開業



239:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 20:45:23.42 ID:FQBfpCvio

開拓者「鉄道馬車を運行させてくれないか?」

使者「それは可能ですけど……機関車でなくていいんですか?」

開拓者「馬車ではあるが、ラクダだな」

開拓者「緑化が進んだ今でも、他の町との間に砂地が残っている」

開拓者「そこをラクダが引く馬車で進むことが、観光資源になると考えたんだ」

使者「なるほど。砂地の線路は脱線を起こしやすいですからね」

使者「鉄道馬車ならば脱線しても大事故につながる危険性は低いでしょう」

使者「わかりました。交通手段として提案します」



2日後……

開拓者「この都市ともしばらくお別れか……」

開拓者「我ながら、とんでもない規模の都市を作ってしまったものだ」

開拓者「遠くからでも工事中の高層建築がいくつも見える……」

開拓者「ある程度の平和が保たれている今では、武道家が護身術教室を開いたり、冒険家がアウトドアスポーツを普及したり、それぞれ活動している」

開拓者「見張りたちは安全第一の精神を胸に、猛獣小屋の管理や銀行や学校の警備員などを務めているようだ」

開拓者「前任者よ。見ているか?」

開拓者「これがお前が礎を築いた町の、成長した姿だ……」



240:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 20:52:41.47 ID:FQBfpCvio

町が完成!

称号:世界一安全なカジノシティ

●屋外
・草原……元々は砂漠だったが緑化に成功した。
・温暖気候……少し乾燥しているが寒暖差が少なく農業にも向く土地。
・大農園……町全体に匹敵する規模の農地。
・レアメタル鉱山……希少金属をそれなりに採掘することができる。
・上下水道……生活用水と排水が通る道。断水は無い。

●施設
・役所……行政庁舎。町のすべてを管理する。
・銀行……事業を始めたい人々に資金を貸し出す。
・学校……教育を行う施設。校舎や校庭、プールがきちんと整備されている。
・市場……農産物から工業製品まで扱う総合マーケット地区。
・マンション……富豪向けの立派な住宅。
・カジノ……賭博を行うレジャー施設。ここで遊ぶのは程々に。
・闘技場……腕利きの武道家や猛獣たちの戦いを見せ物にする娯楽施設。
・猛獣飼育施設……血に飢えた獣たちを飼育している。あまり言う事を聞かない。
・銭湯……パフォーマーや強者が汗を洗い流す場所。庶民派の小さな施設なので観光客は少ない。
・駐屯地……主に国境警備を担当する王国の正規軍の基地。
・砲台……遠距離攻撃を行う設備。高台にあるため見た目で抑止力になる。土台はかつてピラミッドだった。

●住民
・作業員Ⅱ……専門知識は無いが体力自慢の労働者。規則正しい生活で心身ともに健康。
・見張りⅡ……野生動物や盗賊団から村を守る仕事。安全第一。
・武道家Ⅲ……強さの先にあるものを探す人々。素手で家屋を破壊し猛獣を一撃で死に追いやる実力を持つ。
・冒険家……自然の中で生き抜く技術と肉体を持つ人々。野生と浪漫に生きる。
・ヒーロー……正義の心を胸に平和の為に悪と戦う者たち。派手な必殺技を持つ。
・パトロール……観光客への案内や迷惑行為への注意を行うおまわりさん。
・遊牧民……ラクダを飼育している。できることなら定住したいようだ。
・農民……土地改良した農地でスイカや小麦を栽培している。
・エンジニア……重工業の知識と技術を持った労働者。
・社長……様々な商業を束ねた会社を運営するリーダー。
・会計Ⅱ……数字の処理に長けている労働者。経済学に精通し資金をより効率的に運用する手助けをする。
・翻訳者……世界各地の文字に詳しい識者。その知識を翻訳業に活かしている。
・コメディアン……パントマイムやマジックなどで客を楽しませる。主にカジノで芸を披露している。
・ミュージシャン……音楽を演奏する仕事。ピアニストからギタリストまで幅広くいる。

●その他
・各都市から街道が延びており、鉄道馬車も通っている
・町の道は舗装されている
・全ての建物に水洗トイレが設置されている

●ステータス
防衛Lv.9
第一次産業Lv.6
第二次産業Lv.4
第三次産業Lv.11



245:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 21:10:55.24 ID:FQBfpCvio

司会「王国武術大会、第一回戦!」

司会「柔和な笑みを絶やさない平和主義の実力者、老師!」

司会「対するは、カジノシティ発展の最大の功労者、開拓者!」

ワァァァァァァァ

老師「あなたがお相手ですか」

開拓者「俺も割と鍛えているからな」

開拓者「以前、とある相撲大会で準優勝したこともあるんだぞ」(>>2の前回のスレ参照)

老師「そうですか。ならば手加減無用」

開拓者「ああ。かかってこい。勝つのは俺だ」



開拓者「全力で……吹き飛ばされた……」ピクピク

使者「ですよねー」

開拓者「まあ、それだけ強者が多い町になったということだ……」

開拓者「俺に負ける者がいるようでは防衛力に不安が残る」

王「開拓者よ。ご苦労だった」

開拓者「王様……どうです、この町はご満足頂けましたか?」

王「うむ。今ここに、王国の新たな主要都市が生まれた!」

王「そなたの働き、実にあっぱれであるぞ!」

開拓者「なんと嬉しいお言葉」

王「そなたにはこれからも我が国のために働いてもらいたい。良いな」

開拓者「ははっ!」



使者(今回の開拓者は実に真面目でしたね……)

使者(まるで前任者を見ているようでした)

使者「ん? 開拓者の頭から白い煙が……」

前任者「……ありがとう、そしてごめんね、開拓者。僕に身体を貸してくれて……」

前任者「……王様の満足する都市ができた。これでもう思い残すことはないよ」

使者「…………消えた」

開拓者「なんだ……? 頭がぼーっとする……」

開拓者「眠気覚ましにカジノでも行くか」

使者「…………見なかったことにしましょう」



おしまい



248:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 21:15:53.78 ID:FQBfpCvio

安価につきあってくれた皆さんお疲れさまでした

読んでくださった皆さんはありがとうございました

もし次回をやるとしたら、孤島編か近未来編だと思います



元スレ
開拓者「安価で砂漠に町を作る」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454661413/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月07日 22:48
      • ベネ
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月07日 22:53
      • 序盤の武力強化に少しクスリときた。

        どうでもいいが、ボーリングでマグマ引いたらどうなってたんだ?
      • 3. 以下、VIPにかわりましてバリアンの神がお送りします
      • 2016年02月07日 22:57
      • 我が開拓者に前任者の霊を憑依させたのだ…
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月07日 23:06
      • 平和学が大きなキーパーソンだったな無ければ犯罪都市になってたかも
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月07日 23:08
      • 安価ssはこういうのでいいんだよ
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月07日 23:14
      • 平和の大切さを学んだよwww

        今回は空気が読める安価が多くてとても面白かったな
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月07日 23:31
      • ※2
        町壊滅エンドじゃね?
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月07日 23:34
      • 5 近未来と聞いてブリキ大王が脳裏に・・・
        安価スレはこういうのがいいね
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月07日 23:36
      • 前回も良かったが今回はまともな安価が多くてより楽しかった
        平和学がGJだったな
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月07日 23:54
      • 武術とか闘技場とか戦う事ばっかり

        GAMEのやり過ぎ
        見るのやめた
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月08日 00:00
      • こんなサイトで何を言ってるんだか
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月08日 00:04
      • カジノで一気に砂漠のリゾート感出てきたな
        方向性は大切
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月08日 00:11
      • 安価が良いとすげーおもしろいな
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月08日 00:14
      • つまらんエロ安価が無いだけで、こうも面白いのか
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月08日 00:32
      • 途中で一回やることなくなって破産しちゃった見張りさんがかわいそうだなと思いました(コナミ
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月08日 03:48
      • ※3
        絶許ドン千
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月08日 05:51
      • 平和学やっておいて本当によかったな
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月08日 09:32
      • 一歩間違えたら世紀末だったな・・・
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月08日 16:42
      • 5 これ面白いな
        前作みよう
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月08日 17:41
      • ※19
        止めろ!
        止めるんだ!
        その先には絶望しかないぞ!
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月08日 17:59
      • 平和学って本当に大事!
        面白かったよ
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月08日 19:29
      • 都市シミュレーションゲームがやりたくなるな
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月08日 20:35
      • 治安維持の大切さが良くわかるな
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月08日 21:39
      • こりゃーおもろい
        こういった方向性のSSもっと流行って欲しい
        孤島編とかめちゃ楽しみやん
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月08日 21:45
      • ニューベガスかな?
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 01:09
      • 面白かった
        次も楽しみにしてる
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 03:50
      • ちとバランスが悪いけどいい都市になったな
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 04:20
      • すばらしい
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月09日 12:39
      • 出だしで上下水道の整備と安全教育したのがよかったな。
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月10日 02:09
      • こんな感じの都市育成ゲームでオススメを知りたい
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月12日 07:43
      • 平和の心大事だわ

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ