TOP

藍子「山での遭難と、『幸せを拾う冒険』」

1: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:19:00.98 ID:Y92MKskE0

このSSはシンデレラガールズの二次創作です

登場人物:高森藍子 , プロデューサー , 他



2: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:19:25.61 ID:Y92MKskE0


P「大変なことになった」

P「まさか・・・・」









P「山の真ん中で遭難しちゃうなんて」

藍子「ど、どうしましょう、プロデューサーさん」アタフタ

P「・・・・藍子と二人で」



3: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:20:07.48 ID:Y92MKskE0

―――数日前・事務所にて―――

ちひろ『△△日、プロデューサーさんと藍子ちゃんには』

ちひろ『京都でお仕事してもらいます』

藍子『わかりましたっ』

P『わかってます』

莉嘉『えー! Pくん京都いくの!?』ササッ

P『莉嘉? うん、そうだけど』

莉嘉『じゃあじゃあ~! 八つ橋、お願いね☆』

P『八つ橋? もちろん、いいけど』

莉嘉『ワーイ☆』

アーズルーイ!

ワイワイ…アタシモー…

P『わかった、わかった。メモとるから順番に頼むよー』



4: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:20:36.58 ID:Y92MKskE0

ガヤガヤ…

ちひろ『プロデューサーさん、大忙しですね~』

藍子『お土産買うときは、私もお手伝いします』

ちひろ『藍子ちゃんは自分用のお土産とか決めてるんですか?』

藍子『えーっと』

藍子『・・・・』

藍子『そのときに、見て決めますっ』フフッ

ちひろ『私のお土産もよろしくお願いしますね』フフッ

……

…………



5: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:21:16.73 ID:Y92MKskE0

P「京都に着き、お仕事も無事に終わって、」

P「一泊した後、夕方の新幹線で戻る・・・・」

P「はず、だったんだけど・・・・」



6: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:22:14.12 ID:Y92MKskE0

スタッフ『知ってますか? あの山を登った先に、社とすっごく美味しい水があるんですよ』


P「・・・・」

P「多分、教えてくれた場所が間違ってたと思う」

P「登ってみたら何もなさそうで、戻ろうとすると複雑かつ分岐多し」

P「気づけば遭難、圏外ピンチ」

P「・・・・」






P「藍子・・・・ほんと、ごめん」ズーン

P「迂闊だった・・・・」

藍子「お、落ち込まないでください!」

藍子「登ろうと決めたのは、私もですからっ」

藍子「・・・・」

藍子「私も、歩いた道をしっかり覚えるべきでした・・・・」ズーン



7: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:23:01.02 ID:Y92MKskE0

藍子「・・・・」

P「・・・・」

…………

…………

P「・・・・過ぎたことは後にしよう」

藍子「・・・・はい」

P「この状況を何とかしよう!」

藍子「・・・・はい!」



8: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:24:05.89 ID:Y92MKskE0

藍子「でも、どうするんですか?」

P「・・・・」

藍子「"遭難したときは、じっとしたほうがいい"」

藍子「そう聞いたことが、ありますけど・・・・」

P「いや、まだ明るいし天候も悪くないから」

P「見晴らしのいいところまで登っていこう」

藍子「・・・・!」

藍子「登るんですね」

P「下りたい気持ちになるけど・・・・」

P「向かうべき先がわかれば、何とかなると思うんだ」

P「それに、電波が通じない場所にじっとするのも危険だからね」



9: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:25:01.47 ID:Y92MKskE0

P「それじゃあ、行こう」

藍子「はいっ」

P「緩やかな斜道だけど、足場や滑りには気をつけて」

藍子「わかってます」

ザッザ…

ザッザ…



10: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:25:56.44 ID:Y92MKskE0

ザッザ…

P「・・・・」

ザッザ…

藍子「・・・・♪」

……

…………



11: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:27:28.54 ID:Y92MKskE0

ザッザ…

藍子「あのっ」

藍子「ちょっとした好奇心ですけど」

P「うん?」

藍子「下っていたら、どうだったんでしょう」



12: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:28:06.10 ID:Y92MKskE0

P「うーん。俺もくわしくないから・・・・」

藍子「川っぽいのが流れていましたから、それに沿っていったら・・・・」

P「出口に着くなんてことも?」

藍子「はい」

P「たしかに着ける気もするんだけど」

藍子「あっ、でも! 登るほうが、正しいと思いますっ」

藍子「もしかしたら山の中の湖に繋がっていて」

藍子「山の真ん中に到着・・・・なんてこともありえますから」

P「・・・・!」ハッ

藍子「プロデューサーさん?」



13: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:28:45.49 ID:Y92MKskE0






P「藍子・・・・」





P「えらい!」

藍子「ええっ!?」

P「そこまで考えが回るなんて、スゴい!」

P「さっすが藍子! あっははは!!」アハハハ

藍子「プロデューサーさん・・・・?」キョトン



14: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:29:46.26 ID:Y92MKskE0

P「・・・・」

P「いや、まあ・・・・」

P「じつは登るのが正しいか半信半疑だったんだ」

P「でも、決心がついた」

P「見晴らしのいい所まで登って、出られる場所を見つけよう!」

P「・・・・湖か、考えもしなかった」ボソッ

P「ありがとう、藍子」

藍子「い、いえっ、たいしたことないですっ」

藍子「・・・・」

藍子「私だけだったら、登ろうとするかな・・・・」

藍子「・・・・」

藍子「プロデューサーさんの方が、すごいですっ」



15: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:30:56.47 ID:Y92MKskE0


ザッザ…

ザッザ…

P「それにしても、山がこんなに静かなんて」

藍子「プロデューサーさんは、どのようなのと思ってたんですか?」

P「蝉の音がイヤほど鳴り響いて」

藍子「いま、夏じゃないですから」フフッ

藍子「それに、静かですけど・・・・」スッ

チュン……チュン…

チョロチョロチョロ……

―――……-……



16: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:31:48.60 ID:Y92MKskE0

藍子「鳥さんの鳴き声、聴こえます」

藍子「水の音も、風の音も」

P「自然の音、か」

藍子「プロデューサーさんも聴いてみてください」

藍子「ゆったりした気持ちになれますよ」



17: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:32:37.50 ID:Y92MKskE0

P「・・・・そうだね」

P「歩いているだけじゃ、気も滅入ってきちゃう」

P「道中、気持ちラクにいこう」

藍子「はいっ」

ザッザ…

ザッザ…



18: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:33:53.51 ID:Y92MKskE0

藍子「プロデューサーさん、後ろ見てくださいっ」

P「山というより、森の中って感じだ」

藍子「・・・・」パシャリ

藍子「せっかくですから、撮っておきますっ」

P「それじゃ、藍子が映ってるのも撮っていい?」

藍子「プロデューサーさんのも撮らせてくださいね?」スッ



パシャリ



19: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:34:46.49 ID:Y92MKskE0


ザッザ…

P「・・・・♪」

ザッザ…

藍子「・・・・♪」



20: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:36:09.16 ID:Y92MKskE0

P「あっ」ピタッ

藍子「どうかしました?」

P「あそこ、足場が崩れてる」

藍子「踏み外したりしたら・・・・」

P「急だから、下まで転がり落ちるね」

P「念のため、あそこまでも慎重に」

藍子「は、はい」

ススッ

ススッ

…………

藍子「ここから、どうするんですか?」チラッ

P「・・・・」



21: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:36:57.98 ID:Y92MKskE0


P「・・・・」





P「よっと」ヒョイ

藍子「プロデューサーさん!?」



スタッ

トトッ…

P「・・・・よし」グッ

藍子「よし、じゃないです!」



22: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:37:49.41 ID:Y92MKskE0

藍子「い、い、いきなり『ヒョイ』って飛ばないでください!!」

P「足を伸ばすだけじゃ無理かなって思って」

藍子「あぶないですっ」ムッ

P「うっ・・・・」

P「・・・・ごめん」

藍子「・・・・」

藍子「何事もなくてよかった・・・・」ボソッ



23: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:39:33.24 ID:Y92MKskE0


スッ

P「さ、次は藍子だ」

P「手を伸ばして。掴んで、勇気を出して飛んで」

P「引っ張って、抱き止めるから」

藍子「わ、わかりましたっ・・・・」

…………

藍子「・・・・」

藍子「すこし・・・・待ってください」

P「うん」

藍子「・・・・」スー…ハー…



24: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:40:25.85 ID:Y92MKskE0


藍子「プロデューサーさん」

藍子「ぜったいに、離さないでください」

P「腕がなくなっても、離さない」

藍子「それ、ヘンです」フフッ

P「それくらいってこと。安心して」

藍子「・・・・」

藍子「藍子、いきますっ」



25: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:41:33.98 ID:Y92MKskE0


スッ(Pの手)

P「・・・・」

藍子「・・・・」

スッ(藍子の手)

藍子「・・・・」

P「・・・・」



ギュッ



26: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:42:14.50 ID:Y92MKskE0




藍子「・・・・っ!!」ピョンッ



P「!!!」グイッ





27: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:43:09.38 ID:Y92MKskE0

ダキッ!!



P「・・・・」



藍子「・・・・」



…………



28: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:43:47.31 ID:Y92MKskE0


…………

藍子「・・・・ぁ」ハッ

P「よかった。何事もなかった」

藍子「は、はい・・・・」

スッ

藍子「あ・・・・ありがとうございます・・・・」

藍子「・・・・」



29: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:44:39.62 ID:Y92MKskE0


ザッザ…

P「藍子、疲れた?」

藍子「大丈夫ですよ」

P「疲れたらいつでも言って。危なくない場所なら、背負うから」

藍子「背負う・・・・?」

P「? おんぶのことだけど」

藍子「・・・・」

藍子「だ、大丈夫ですっ」

P「ダメなときは、遠慮せず言うんだよ」



30: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:45:33.61 ID:Y92MKskE0


ザッザ…

P「・・・・♪」

ザッザ…

藍子「・・・・」



31: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:46:49.24 ID:Y92MKskE0


ザッザ…

藍子「あっ!」

P「道路が見える!」

藍子「あそこから、道路に出れますよね?」

P「うん」

P「道路があるということは、あの道路に従っていけば・・・・」

藍子「下山できるかもしれないです」

P「・・・・よし」

P「ちょっと危ないけど、少し下りて真っ直ぐ向かおう」

藍子「はいっ」



32: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:47:24.47 ID:Y92MKskE0


……

…………

………………



33: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:47:59.63 ID:Y92MKskE0

スタッ

P「アスファルトの感触、なんだか懐かしい」ハハッ

藍子「さっきよりは、安心ですね」

P「あ、そうだ」ピッ

P「・・・・」

P「うん、電波もつながってる。位置情報も・・・・うん」

P「それじゃ、この道路を下りていこう」

藍子「はいっ」



34: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:49:26.29 ID:Y92MKskE0


トテトテ…

藍子「・・・・」

トテトテ…

藍子「・・・・っ」

P「・・・・」



35: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:50:16.52 ID:Y92MKskE0

P「藍子」

藍子「な、なんですか・・・・?」





スッ

P「はい」しゃがむ

藍子「えっ・・・・」



36: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:52:25.43 ID:Y92MKskE0

P「足、痛いんだろ?」

藍子「・・・・」

P「遠慮しない」

藍子「・・・・」

藍子「・・・・すみません、プロデューサーさん」

P「気にしないでいいよ。こっちこそ、すぐ気づけなくてゴメン」



37: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:53:40.97 ID:Y92MKskE0

ヒョイッ

藍子「重い、ですか?」

P「翼を得た感じ」

P「それより、しっかり捕まって」

藍子「はい」ギュッ

テクテク…

テクテク…

P「揺れてない?」

藍子「快適です♪ プロデューサーさん」



38: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:54:58.57 ID:Y92MKskE0


テクテク…

P「・・・・」

テクテク…

藍子「・・・・」



39: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:56:00.91 ID:Y92MKskE0


テクテク…

P「だいぶ暗くなってきた」

藍子「そうですね」

テクテク…

テクテク…



40: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:56:45.18 ID:Y92MKskE0

テクテク…

テクテク…

藍子「・・・・」

藍子「・・・・アツい・・・・です」ボソッ

P「まさか熱!?」ビクッ

藍子「あっ、そうじゃないです。頭も痛くありません」

P「ほんとう?」

藍子「ほんとうです」

P「ほっ・・・・」テクテク

藍子「・・・・」ギュッ



41: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:57:40.36 ID:Y92MKskE0


テクテク…

P「・・・・」

テクテク…

藍子「・・・・」



42: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 12:59:27.15 ID:Y92MKskE0

テクテク…

テクテク…

藍子「・・・・」

藍子「あの、プロデューサーさん」

P「なに?」

藍子「ヘンなこと・・・・聞いてもいいですか?」

P「遠慮なく」

テクテク…



43: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:00:57.11 ID:Y92MKskE0

藍子「私、お仕事ちゃんとできてますか?」

P「今日の仕事は大成功だったよ」

藍子「今日だけじゃなくて・・・・」

藍子「・・・・」

藍子「・・・・ときどき、不安になるんです」

P「不安?」



44: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:01:44.52 ID:Y92MKskE0

テクテク…

藍子「まだアイドルとした始まったばかりですけど・・・・」

藍子「これから、上手くやっていけるかどうか・・・・」

藍子「・・・・私は、プロデューサーさんの・・・・」

藍子「・・・・」

藍子「私、普通の子です・・・・」ギュッ

P「・・・・」

テクテク…



45: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:02:32.62 ID:Y92MKskE0



P「・・・・」


P「前、スカウトした時にも言ったけど・・・・」




46: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:03:04.80 ID:Y92MKskE0

P「普通、普通じゃない。そういうのは、どうでもいいんだ」

P「藍子は、アイドルとしての可能性に満ちている」

P「初めて会ったとき、スカウトしたい衝動に駆られるほど」

テクテク…

P「確信に満ちた、何かだった」

P「お仕事もしっかりできている。藍子は、これからもっともっと輝いていく」

P「・・・・確信は続いてるよ」



47: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:04:21.03 ID:Y92MKskE0

P「それに・・・・」ピタッ

P「もし、藍子が躓いてしまうことがあっても」

P「俺が支える。必要なら、背負って歩いてあげられる」

藍子「・・・・」

P「だから・・・・」



48: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:04:56.86 ID:Y92MKskE0


P「一緒に、頑張ろう」テクテク

藍子「・・・・」

藍子「・・・・はいっ」ギュッ

テクテク…



49: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:05:33.32 ID:Y92MKskE0


テクテク…

P「・・・・」

テクテク…

藍子「・・・・」ウトウト



50: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:06:23.51 ID:Y92MKskE0


テクテク…

テクテク…

…………

P「けっこう長いな、この道路・・・・」

P「藍子、もうちょっとの辛抱―――」







P「―――藍子?」







藍子「・・・・すー・・・・すー・・・・」

P「・・・・寝ちゃったか」



51: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:07:07.18 ID:Y92MKskE0


テクテク…

P「いよいよ夜だ・・・・」

テクテク…



52: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:07:44.40 ID:Y92MKskE0


テクテク…

P「・・・・」

テクテク…

藍子「すー・・・・すー・・・・」



53: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:08:30.57 ID:Y92MKskE0


テクテク…

P「・・・ぼーくはー・・・」

P「どうしてー・・・おとなにーなるんだろうー・・・♪」

テクテク…



54: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:09:17.87 ID:Y92MKskE0


P「ああ・・・ぼくはー・・・」

P「いつごろー・・・」

P「おとなにー・・・なるんだろうー・・・♪」

テクテク…









藍子「・・・・」



55: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:09:51.03 ID:Y92MKskE0


……

…………



P「・・・・あ」

P「あそこの家、明かりがついてる・・・・!」



56: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:11:04.67 ID:Y92MKskE0

―――木造の民家―――

コンコン

ガラッ

P「失礼します!」

爺「ん?」

P「ああ、よかった」

P「あの、じつは山で遭難してしまい・・・・」

爺「遭難?」

P「そうなんです」

爺「・・・・」ジー

爺「それは災難だったね」ハハハ

爺「事情はわかった。ひとまず、お嬢さんを座らせてあげなさい」

P「ありがとうございます」



57: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:12:13.67 ID:Y92MKskE0

P「藍子ー」ユサユサ

藍子「起きてますよ、プロデューサーさん」

P「あっ、そうだったんだ」

P「・・・・降ろすよ?」

藍子「どうぞっ」

スタッ

藍子「おじいちゃん、ありがとうございます」ペコリ

爺「なんの、なんの」



58: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:13:21.49 ID:Y92MKskE0

トットットッ…

婆「アンタ、どうしたんだい?」

爺「遭難者だと。バーサン、地図どこにやったっけか」

婆「アンタに預けたじゃない」

爺「そうだっけ?」

婆「たしか二階じゃなかった?」

爺「探してくる」トットットット



59: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:14:30.48 ID:Y92MKskE0

スタスタ…

婆「災難だったわねー。お茶淹れてあげる」

藍子「えっ、お、おかまいなくっ」アタフタ

婆「遠慮しないの。その遠慮は幸せが逃げるよ」

藍子「・・・・」

藍子「いただきますっ」ペコッ



60: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:15:51.02 ID:Y92MKskE0


…………

婆「アンタ、どっから来たんだい?」ズズッ

藍子「えっと、山で遭難して・・」

婆「そうじゃなくて、元々の」

藍子「あっ。それなら・・・・」

…………

婆「へぇ~アイドル! たしかに可愛いもんねー」

藍子「そんな、私なんて全然」

婆「まあハッと驚くような感じじゃないね」

藍子「あはは・・・・はい」ズズッ

婆「驚かないけど、可愛い。可愛いよ、アンタ」

藍子「・・・・!」

藍子「て、照れますっ・・・」ズズッ



爺「地図あったぞー」トットット

P「藍子はそのまま休んでて」スタスタ

藍子「はいっ」



61: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:16:39.37 ID:Y92MKskE0


…………

爺「うちは・・・・ここだね・・・・」

P「なるほど、わかりました・・・・それじゃあ・・・・」

…………

婆「サイン頂戴!」

藍子「わ、私のですかっ?」

…………



62: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:17:45.09 ID:Y92MKskE0


…………

爺「せっかくだ。ウチの車で送ってあげるよ」

P「よろしいのですか?」

爺「ここに行きたいんだろ? 車で行ったほうがダンゼンいい」

爺「近くのバスも、今日は終わっているんだ」

…………

藍子「いつか放送されると思うので、よろしくお願いします」

婆「その番組、予約しなきゃ」メモメモ

…………



63: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:19:16.65 ID:Y92MKskE0

―――民家・入口―――

P「助かります。ありがとうございます!!」ペコリ

爺「こんな場所にいると退屈なもんでね。こっちとしても、楽しい!」



藍子「おばあちゃん、ありがとうございましたっ」

婆「いーのよ! とっても楽しかったし、もうファンになっちゃった」

藍子「私も楽しかったですっ」ニコッ

婆「はぁん、可愛いわ~」ウットリ

爺「ほれ、乗った乗った」



64: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:20:03.68 ID:Y92MKskE0


バタンッ

爺「よーし、行くぞー」

ブロロロロロロロ…





……


…………



65: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:20:37.23 ID:Y92MKskE0

…………


藍子(こうして・・・・)

藍子(私とプロデューサーさんは、無事に宿へ戻ることができました)



66: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:21:13.07 ID:Y92MKskE0



…………


…………


…………


―――翌日―――




67: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:22:08.57 ID:Y92MKskE0

―――民家―――

コンコン

ガラッ

P「失礼します」

藍子「失礼しますっ」

爺「おやおや、昨日の!」

P「昨晩は、本当にありがとうございました」ペコリ

P「本日は、あらためてお礼に伺いに来ました」

婆「まあまあ私のキューティーハニー!」ニコニコ

藍子「おばあちゃん、こんにちはっ」ニコッ

…………



68: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:23:07.27 ID:Y92MKskE0

―――道路―――

テクテク…

テクテク…

P「足の方は大丈夫?」

藍子「はいっ、全然、へっちゃらですっ」

P「しかし、言われたときは驚いたよ。お礼に行くのは考えていたけど」

P「昨日の道路をお散歩したいなんて」



69: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:24:23.39 ID:Y92MKskE0

藍子「昨日は災難でしたね」

藍子「終わって、無事だったから、もう思い出になってますけど」フフッ

P「川沿いに下ると危険って、おじいさんに教えてもらったときは背筋が凍ったよ」

藍子「私もですっ」

P「何も知らない人は、焦って下りそうだ」

P「山の遭難とは、恐ろしい・・・・」

藍子「お互い、無事でよかったです」

P「まったく。もう二度とこんな事にならないよう、肝に銘じます」



70: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:25:29.96 ID:Y92MKskE0

テクテク…

テクテク…

P「足場のときは、正直かなり怖かった」

藍子「私も怖かったです。足なんて、震えてました」

P「何か起きるんじゃないかと心配で仕方なかった」

P「でも絶対に何事も起こさない。その気持ちだったよ」

藍子「あのときは、思いっきり抱きついちゃって・・・・」

藍子「・・・・」

藍子「い、いま思い出すと、恥ずかしいですね・・・・」

P「? そうかな」

P「無事に渡れたー! って安心が大きかったけど」

藍子「・・・・あはは」

藍子「そうですね。私も、ほっとしました」



71: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:26:20.65 ID:Y92MKskE0

P「道路が見つかったのは本当によかった。あとは下るだけだったから」

藍子「背負ってくださって、ありがとうございます」

P「お礼されることじゃないよ」

P「あのまま藍子を歩かせる方が、ツライ」



72: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:27:03.12 ID:Y92MKskE0


テクテク…

P「・・・・」

テクテク…

藍子「・・・・」



73: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:27:45.48 ID:Y92MKskE0

P「あの山の音も、昨日のことなのに恋しくなる」

藍子「また山に登る機会があれば、聴けますよ」

P「そうだね。今度は、遭難しない形で」

藍子「そうですね」



74: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:28:25.04 ID:Y92MKskE0

テクテク…

テクテク…

藍子「あっ、ここから山に入れますね」

P「俺たちが出たのは、もっと先だった気がする」

藍子「いろんなところから道路に出られるんですね」

P「おかげで、俺たちは助かった」



75: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:29:11.93 ID:Y92MKskE0


……

…………

………………



76: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:29:48.94 ID:Y92MKskE0


…………

P「よし、そろそろ戻ろうか」

藍子「はいっ」

藍子「・・・・」









藍子「あの、プロデューサーさんっ」

P「ん?」



77: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:30:37.10 ID:Y92MKskE0



藍子「昨日、歌っていたのって・・・・」



藍子「何の、歌ですか?」




78: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:32:37.35 ID:Y92MKskE0

P「起きてたんだ」

藍子「ご、ごめんなさい」

P「気にしないで。聴かれてもよかったし」

P「・・・・まあ、聴くに堪える歌声じゃないけど」

藍子「ふしぎな歌詞でした」

P「昔アニメで主題歌になった曲で、有名だよ」

P「・・・・」



79: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:33:15.79 ID:Y92MKskE0


P「・・・~♪」

P「ぼーくはー・・・♪」

P「どうしてー・・・おとなにーなるんだろうー・・・♪」



80: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:33:53.84 ID:Y92MKskE0


…………

…………

P「子供の頃、同じように山で遭難してことがあってね」

P「滑り落ちて、川沿いに下って、真っ暗になる直前に脱出できた」

P「いま思えば、奇跡としかいいようがない」



81: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:34:42.84 ID:Y92MKskE0

P「でも・・・・遭難してる間、まったく焦ってなかったんだ」

P「それどころか、ワクワクしていた」

P「冒険している気分だった」



82: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:35:39.51 ID:Y92MKskE0

P「自分が死ぬかもなんてカケラも思わず、絶対に出られると決めつけて」

P「昨日と同じように、歌をうたいながら下っていった」

P「歌詞の意味なんて、まったくわかってなかったけど」

P「すごく好きだった歌を、うろ覚えで」



83: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:36:38.85 ID:Y92MKskE0


藍子「・・・・」

P「昨日、藍子を背負いながら下りている時、それを思い出してね」

P「つい、歌っちゃった」

P「でも歌ってるときの気分はまるで違ったよ」

P「昔みたいに考えなしの無敵じゃない。大切なものも背負っていたから」

藍子「大切・・・・」



84: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:37:25.75 ID:Y92MKskE0

P「・・・・」

P「・・・・ごめん、昔話をベラベラしゃべって」

P「つまらなかったよね」

藍子「そんなことないですっ」

藍子「初めて聞きました、プロデューサーさんの過去」

P「知ってるの、家族と同級生の親友と藍子だけじゃないかな」

P「社長やちひろさんにも、話したことないから」

藍子「私だけ・・・・」



85: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:37:54.50 ID:Y92MKskE0

藍子「・・・・」

P「・・・・藍子、どうかした?」

藍子「・・・・」

藍子「なんでもありませんっ」フフッ

藍子「戻りましょう、プロデューサーさん♪」



86: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:38:56.43 ID:Y92MKskE0

―――民家―――

婆「よかったら、また来てね」

爺「歓迎するぞ!」

藍子「おじいちゃんも、おばあちゃんも、お元気で!」

婆「お礼は藍子ちゃんのサインで十二分よ」

婆「大事にするわね」ニコニコ

P「おばあさん、そのサインは、いずれ誰にとってもすっごい価値のあるものになりますよ」

P「自分が保証します」



87: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:40:01.12 ID:Y92MKskE0


テクテク…

P「・・・・♪」

テクテク…

藍子「・・・・♪」



88: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:41:25.94 ID:Y92MKskE0


―――バス亭―――

藍子「バス・・・・まだ来てませんね」

P「来る時間調べるから、そこで座ってて」

藍子「はいっ」ストン

P「・・・・」スタスタスタ…



89: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:42:22.28 ID:Y92MKskE0


……エート、アトナンプンデ……

藍子「・・・・」











藍子「ああ・・・ぼーくはー・・・」

藍子「いつごろー・・・」

藍子「おとなにー・・・なるんだろうー・・・」





藍子「・・・・」

藍子「ふふっ」



90: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:43:25.46 ID:Y92MKskE0



……


…………


………………


藍子(・・・・これで、)

藍子(これで、私とプロデューサーさんの二日間はおしまいです)



91: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:43:53.54 ID:Y92MKskE0


藍子(あの出来事は、きっと、もう二度と体験することはないと思います)

藍子(あったとしても、それは別の出来事で、同じ体験ではないはず)

藍子(だから、とても大切な思い出ですっ)



92: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:45:17.43 ID:Y92MKskE0


藍子(・・・・)

藍子(あの日の、道路のお散歩は・・・・)

藍子(その大切な思い出を、落し物にしないための時間でした)

藍子(災難の中で感じたモノを、忘れず拾っておくため)

藍子(プロデューサーさんと一緒に、てくてく歩いていって・・・・)



93: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:45:54.38 ID:Y92MKskE0


藍子(幸せを拾う、冒険の後の冒険・・・・です)



94: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:46:38.16 ID:Y92MKskE0



……


…………


………………




95: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:47:20.58 ID:Y92MKskE0


藍子(あっ、そうそう)



96: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:48:39.41 ID:Y92MKskE0

―――事務所―――

ガチャリ


藍子(あの出来事は忘れませんけど)


P「ただいま戻りました!」

藍子「ただいまですっ」

ちひろ「二人とも、おかえりなさい!」

みんな「おかえりー!」



藍子(お土産だって、忘れてませんよっ)



P&藍子「はい! お土産っ!!」ジャーン

みんな「やったー!!」ワー





藍子(みんな、幸せな気持ちです♪)



97: ◆j9PpoLUi2w 2016/02/04(木) 13:53:05.31 ID:Y92MKskE0

これでおわりです。

読んでくださった方には感謝しかありません。
ありがとうございます!!



元スレ
藍子「山での遭難と、『幸せを拾う冒険』」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454555940/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 16:56
      • 以下棟方禁止
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 17:00
      • 少年期とはなつい
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 17:01
      • >>15
        チョロチョロチョロ……

        藍子がおしっこしてる擬音かと思ったが、動物の鳴き声か
        びっくりした

      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 17:01
      • 少年期とは良いチョイスだな。
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 17:21
      • 山で相談した時、登るのは本当に正しい。
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 18:15
      • 同じ状況なら俺も多分登る選択をするとは思うんだけど、なして川沿いに下ると危ないの?
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 18:34
      • 米6
        雨が降ったりすると鉄砲水や増水にあう可能性が非常に高いから危険
        それに途中で滝になってたら進みようがないし
        無理に降りたら転落して死ぬ可能性もある
        もしも滝にぶつからずに下まで降りられたとしても人のいる場所に出る保証がない
        山の遭難が今度は森の遭難に変るだけ
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 18:35
      • 面積とルートの問題じゃない?最悪山頂に付けば下山ルートあるだろうし

        あとは救助する側からしたらお山の先端と谷間だと、どっちの黒子が見つけやすいとか?
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 18:38
      • 米6
        川沿いはコケで滑り安い
        ガケに出くわすと川沿いに歩けなくなってまた道に迷う可能性がある
        山頂へ向かう場合はどんなルートを通っても最終的に山頂にたどり着くし、道に出くわしやすい
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 18:46
      • こういっちゃなんだけど冬山に比べれば他季ってだいたいイージーモードだよね
        ビバークする地点を任意で決めれるくらいしか冬はいいとこないし動物は凶暴だし非常食もないし
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 18:58
      • 米10
        動物の危険性はむしろ春先が一番高い
        なぜなら冬から春にかけて出産した子供連れてるから
        母熊や母猪が子供を守るために普段より凶暴になってる
        ぶっちゃけ、オス熊よりも子連れのメス熊のほうが命の危険性が非常に高い場合も
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 19:33
      • 346プロオールスターで八甲田山の撮影をしよう(提案)
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 19:43
      • 鳥どこかで見覚えあると思ったら家庭教師の人か
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 20:06
      • 藍子には俺のエベレスト山にも挑戦してもらいたいな(ポロン
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 20:49
      • 山…ドラム缶風呂…
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 20:59
      • ※14 その盛り塩踏んでいいの?
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 21:10
      • 米12
        八甲田山(及川雫)に登頂しようとしたが雪崩(木場真奈美)と吹雪(柳清良)に遭遇して
        「天は吾を見放した!」と神田大尉(棟方愛海)が叫ぶドラマですね
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 21:36
      • 5 良作
        いいものを読んだ
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 21:58
      • 自演を指摘されると真っ赤になって長文で否定しだすやーつ
        文体変えても直後に擁護してたらバーレバレ
        普通の人は他人の喩え方なんていちいち気にしねーよw
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月05日 02:09
      • ドラえもんのブラックを思い出したわ

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務