TOP

モバP「飛鳥を探せ?」

1: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 21:05:44.90 ID:mYxhpBQ30

P「なんです、いきなり」

ちひろ「今日は飛鳥ちゃんの誕生日です」

P「ええ。だからこれからプレゼントを渡そうと」

ちひろ「そう。プロデューサーさんはこれから愛のこもったプレゼントを届けにいきます」

ちひろ「しかし、愛には越えるべき障害が必要なのです!」

ちひろ「でっかいでっかい障害が! 山が!」

愛海「でっかいお山が!」

P「なんなの、この人達……?」




2: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 21:08:30.80 ID:mYxhpBQ30

ちひろ「というわけで、カモン晶葉ちゃん」

晶葉「うむ。まずはこれを見てくれ」

晶葉「これは私が節分用に開発した『鬼変身スーツ』だ。これを着ると本物の鬼のような姿に変身できる」

P「あ、さっき俺が着たやつだな。みんなに豆をぶつけられたが、楽しんでもらえてよかった」

晶葉「そしてこっちが、開発段階でついでに作った『飛鳥変身スーツ』だ。これを着ると本物の飛鳥のような姿に変身できる」

P「ついでになんて物を作ってるんだ君は」

晶葉「どんな背丈の人間が着ても、154cm、42kg、75-55-78の体型になる優れものだ」

P「訴えられても文句言えんぞ」



4: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 21:11:43.87 ID:mYxhpBQ30

ちひろ「とにかく、現在このスーツをうちの14歳アイドルに着てもらっています」

愛海「その変装メンバーと飛鳥ちゃん本人が、事務所周辺の半径1キロの場所に散らばっているんだよ」

晶葉「助手にはこの中から本物の二宮飛鳥を見破ってもらう。ま、私のスーツの完成度と君のプロデューサーとしての眼力を競うテストと思ってくれ」

晶葉「ちなみにボイスチェンジャーも使っているから声もそっくりだぞ」

ちひろ「一度でも偽物を本物と間違えた時点で失格です。1時間半以内に本物の飛鳥ちゃんにたどり着けたら、豪華賞品をプレゼント!」

愛海「わー、ぱちぱち」

P「なんすかこれ」

P「よくこんな企画にみんな付き合ってくれましたね」

愛海「ウチはみんなノリがいいからねえ」

P「俺は正直乗りたくないんだけど」

ちひろ「欲しくないんですか? 豪華賞品。スタドリ大量ですよ? ゲットできたら相当お金に余裕できますよ?」

ちひろ「そして飛鳥ちゃんの愛もゲットです」

P「愛ってね……それ、愛情じゃなくて親愛の話ですよね?」

P「それに、お金お金と言われましても。愛はお金で買えませんよ」

ちひろ「なるほど、確かに愛はお金では買えません」

ちひろ「しかしお金があったほうが愛は潤います。どこかの誰かが言っていました」

P「うぐっ」



5: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 21:13:49.44 ID:mYxhpBQ30

P「結局流されてゲームを受けてしまった」

P「1時間30分か……そもそも半径1キロって普通に範囲が広いぞ」

P「飛鳥の行きそうなところからしらみつぶしに……ん?」


飛鳥?「………」


P「見た目は完全に飛鳥だけど……とりあえず声かけてみるか」

P「こんにちは」

飛鳥?「………」

飛鳥?「帰りたい……なんでこんなことに……」

P「………」

P「この身体中からあふれるネガティブオーラ。すでに察しがついてしまった」


飛鳥?「もりくぼは……あ、間違えた、にのみやはお家に帰りたいんですけど……」

P「よくこんな遊びに付き合ってくれたな、乃々。家に帰って漫画読んでていいぞ」ポン

乃々「ありがとうございます……優しいプロデューサーさんはすきです……」トコトコ


P「あいつ、さっさと見つけてもらうために事務所の近くにいたんだろうな……」

P「さて、急がないと制限時間に間に合わないな。走るか」



6: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 21:15:51.38 ID:mYxhpBQ30

P「お、あそこにいるのは」

飛鳥?「………」

P「こんにちは」

飛鳥?「……やあ。Pじゃないか」

P「(お、結構本物っぽい)」

飛鳥?「今日は一段と冷えるね。ほら、吐く息がこんなに白い」

P「そうだな」

飛鳥?「そう、まるで……」

飛鳥?「まるで氷の女神がボクらに試練を与えているかのようだ」

P「………」

P「まったくだ。そのうち大雪でも降るんじゃないかな」

飛鳥?「そうだね、天より魔の氷槍が降り注ぐ時が来るだろう」

P「………」


P「闇に飲まれよ」

飛鳥?「闇に飲まれよ! ……はっ」

P「なかなか上手なモノマネだったぞ、蘭子」

蘭子「うぅ、ばれちゃった」

P「ちょっと表現がファンタジーすぎたな。飛鳥のポエマーぶりとはちょっとベクトルが違う」

蘭子「難しいなあ……」

P「でも、途中までは雰囲気とかも本物そっくりだった。普段から飛鳥のことを見ている証拠だな」

蘭子「えへへ、友達だから……」

P「(飛鳥の皮を被っているからか、えらく素直な言葉づかいがすらすら出てくるな。熊本弁じゃないし)」



蘭子「では我が友よ! また煩わしい太陽が昇る刻に会おうぞ!」フリフリ

P「気をつけて帰るんだぞー」


P「さて、どんどんいこう」



7: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 21:17:50.97 ID:mYxhpBQ30

飛鳥?A「今日は誕生日! めでたいね!」

飛鳥?B「めでたいと!」

飛鳥?A「鯛だけに!」

P「君ら、同じ場所に2人固まって鯛の着ぐるみ着てるって、変装する気ないよな」

P「なあ、美羽に鈴帆」

美羽「うそっ! なんでバレたの!?」

P「お決まりのギャグ飛ばしてる時点でだいたいわかるわ」

鈴帆「ウチの隠しきれんオーラが思わず伝わってしまったけんね」

P「オーラというか着ぐるみが隠れてないんだよなぁ」




8: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 21:19:50.91 ID:mYxhpBQ30

飛鳥?「プロデューサー! スシ、スシ食べにいくゾ!」

P「ナターリア……このゲームのルール、理解してるか?」

ナターリア「アチャー、ばれちゃったネ!」

ナターリア「このスーツ、胸元がきつくて」ベリッ

ナターリア「お、スッキリしたゾ~」ボヨン

P「胸だけナターリアサイズになっただと……!」

ナターリア「? プロデューサー、どうかしたカ?」

P「いや……巨乳の飛鳥っていうのは、新鮮でな」

ナターリア「?」




9: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 21:22:07.58 ID:mYxhpBQ30

飛鳥?「プロデューサーさん! またカニが送られてきたから、ボクと一緒に食べよ?」

飛鳥?「あと、いつもありがとう!」

P「よしよし。一人称しか変わってないけど、よく頑張ったな。美由紀」

美由紀「えへへ」

P「いただいた蟹は鍋に使おう」

美由紀「わーい!」




飛鳥?「フフーン、カワイイボクを見つけてくれたプロデューサーさんにはご褒美を」

P「もうちょっと頑張れ幸子」

幸子「さっきの美由紀さんの時と全然態度が違いますよ!?」

P「だって、幸子と飛鳥はもともと一人称同じだからな。そのぶんモノマネは頑張ってしかるべきだろう」

幸子「正論なようですけど納得がいきません……」

P「そういうな。幸子も一緒に鍋食べよう」

幸子「鍋! しょ、しょうがないですね。今回は許してあげます」

P「カワイイなぁ」



10: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 21:23:57.47 ID:mYxhpBQ30

飛鳥?「ふんふーん♪」

P「あそこの飛鳥はサバオリくん持ってるから七海だな」

P「おーい、ナターリアが寿司食べたがってたぞー!」

七海「そうなんれすか~? それなら、一緒にお寿司屋さんに行ってきます~♪」

P「おう、いっといで」



飛鳥?「………」ピコピコ

P「こんな時にもゲームか、紗南?」

飛鳥?「あ、見つかっちゃった。いやあ、どうしてもやらなきゃいけないクエストがあってさー」

P「別に、そこまで真面目に取り組む必要のない遊びだからいいけどな」

紗南「Pさんも今度一緒にやろうよ。手取り足取り教えてあげるよ」

P「そうだな。面白いゲームならやってもいいぞ」

紗南「じゃあ問題なしだね!」




11: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 21:26:20.75 ID:mYxhpBQ30

飛鳥?「………」

P「今度は眼帯つけてるから美玲だな。というか七海もそうだが見た目でわかるようにしてどうするんだ」

P「おーい、もうちょっと頑張れ!」タタタッ


『大きなお世話だーっ!』

P「お、後ろから返事かえってきた」



飛鳥?「あっ、プロデューサー!」

P「うん?」

飛鳥?「見てくれ! このスーツ、どうやら身体能力向上機能もついてるみたいなんだ」

飛鳥?「おかげで、ほらっ!」

P「おっ、華麗な回し蹴り」

飛鳥?「だろっ?」

飛鳥?「いいなー、博士にライダー変身スーツも頼んでみようかなー!」

P「そうだな」

P「あ、そうだ。光、鍋は好きか?」

光「鍋? もちろん!」

P「そうか。じゃあ、また明日」

光「うん、また明日……ってあれ? アタシだってばれてる!?」

P「ははは」




12: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 21:28:26.15 ID:mYxhpBQ30

飛鳥?「………」

飛鳥?「……しかし、改めて見ても飛鳥ちゃんそっくり」

飛鳥?「………」

飛鳥?「じ、自分のだし、別にいいよね」

飛鳥?「………」モミモミ

飛鳥?「あんっ♪ こ、これは……たまらん!」

飛鳥?「自分のなのに自分のじゃないみたい! このワンダフルマジックな新感覚!」モミモミ

飛鳥?「あっ……ほ、ほんとに気持ちよくなってきちゃった……んん♪」

飛鳥?「お、お山……あたしのお山……飛鳥ちゃんのお山……あぁん♪」フー、フー

P「やめろ愛海! それ以上はいけない!」



13: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 21:30:22.08 ID:mYxhpBQ30

P「さて、残り人数も少なくなってきたが」

飛鳥?「ね、ねえ」

P「うん?」

飛鳥?「あの……その」モジモジ

飛鳥?「い、いつもありがとう……!」

P「えっ」

飛鳥?「Pさんのおかげで、私、少しずつ変わることができている……自分の笑顔が、好きになれた気がするんだ」

飛鳥?「だから、本当にありがとう」

P「………」

飛鳥?「面と向かって言うのは恥ずかしいから、こうして変身スーツで顔を隠していないと、Pさんに向けてしゃべれなくて……いきなりで、ごめんね」

飛鳥?「これなら、私が誰なのかわからないと思うから……ゲームを利用させてもらっちゃった」

P「………」



14: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 21:31:11.07 ID:mYxhpBQ30

飛鳥?「それじゃあ、また明日――」

P「ああ、ありがとう。うれしいよ、裕美」

裕美「………えっ?」

P「なんか感動だな。裕美の口からそんなことを言ってもらえるなんて」

裕美「え、ちょ……えっ?」

裕美「ど、どうして私だって」

P「いや、そりゃ話の内容で考えればな。あと顔は違っても表情が裕美のものだったし」

P「というか晶葉の発明すごいな。なんでスーツの表情までここまで正確に再現できるんだろう」

裕美「………」ボンッ

P「あれ、どうしたんだ?」

裕美「………」


裕美「い、以上、二宮飛鳥の言葉でした」

P「いやいや、さすがに今さらなすりつけてもごまかせな」

裕美「二宮飛鳥でしたっ!!」

裕美「そういうことにしておいてーっ!」ダダダダ

P「あ、おい……行ってしまった」



15: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 21:35:32.06 ID:mYxhpBQ30

P「………」

P「あと10分……疲れた」

P「ちひろさん、変装してるのは14歳アイドルって言ってたよな……晶葉は事務所で待ってるって言ってたから、もう飛鳥本人以外は全員見つけたことになるぞ」

P「あいつ、どこに隠れてるんだ……?」

P「うーん……」

P「………」



P「……待てよ?」



16: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 21:39:13.05 ID:mYxhpBQ30

P「確かこのあたりで……いたいた」

P「ずっとここから動いてなかったんだな。ありがたい」

P「いやあ、すっかり騙されるところだった」

P「このゲームは、飛鳥変身スーツを着たみんなが、飛鳥の真似をどれだけうまくできるかが肝だと思っていた」

P「でも実際は、まともに真似していない子のほうが多かった」

P「……だからこそ、逆転の発想が出てくる」

P「飛鳥以外が飛鳥に合わせるんじゃなくて、本物の飛鳥が他の誰かの真似をする……その手が完全に頭から抜け落ちていた」



17: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 21:53:42.37 ID:mYxhpBQ30

P「つまり、本物は」

P「ずっと事務所の正面で俺の帰りを待っているフリして、晶葉に化けていた君だ」

晶葉?「………」

晶葉?「根拠は?」

P「俺の知っている二宮飛鳥は、とんでもなくひねくれているということ」

P「あとは、俺の勘だな」

晶葉?「なるほど」


飛鳥「……たいした勘だね。正解だ」ベリベリ

P「あっぶな……ギリギリセーフだったな」

P「晶葉のやつ、自分に変身するスーツも作ってたんだな」

飛鳥「そういうこと。反則スレスレの手だが、ルールには反していないはずだよ」

P「確かに、飛鳥本人が変装しないとは一言も言ってなかったか」

飛鳥「そこそこに、晶葉のペルソナを被ることには自信があったんだけどね」

飛鳥「ただ、同時に……キミなら、ボクを見つけられるとも思っていた」

飛鳥「ちょっとした自己矛盾だよ、これは」



18: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 21:56:00.11 ID:mYxhpBQ30

飛鳥「今回のゲーム」

P「ん?」

飛鳥「発案はちひろさんと晶葉だけれど、実を言うとボク自身も少し乗り気だった」

飛鳥「キミという人間が、どれだけアイドルのことを……ボクのことを理解しているのか、興味があったんだ」

飛鳥「試すような真似をして、すまない」

P「いいよ、別に。このくらいのこと」

P「やってるうちに、俺も結構楽しくなってたし。かくれんぼは小さい頃から好きなんだ」

飛鳥「そう言ってもらえると、ボクも救われる」




19: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 21:57:28.22 ID:mYxhpBQ30

P「あ、そうそう。忘れないうちに」

P「誕生日おめでとう、飛鳥」

飛鳥「……ありがとう」

飛鳥「けど、キミが祝ったボクはもういない」

飛鳥「存在は常に移ろいゆく……キミも、ボクも」

飛鳥「そんな中で、変わらず残り続ける糸があればいいなとボクは思う」

P「相変わらずの返事だなぁ」

飛鳥「ボクを面倒だと思うかい?」

P「いや?」

P「むしろ、それだけ言葉を考えてから俺に話してくれるんだから、気持ちをこめてくれてるんだなーとうれしく思う」

飛鳥「……ふふ、そうか」


飛鳥「でもボクは卑しい人間だよ」

P「どうして」

飛鳥「キミがそう答えるとなんとなく理解(わか)っていて、今みたいな問いを投げるんだから」

P「いいじゃないか。それだけお互いわかりあえてるってことで」

飛鳥「……Pはポジティブだな」

P「飛鳥がネガティブ気味だから、つり合いはちょうどとれるだろう?」



20: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 21:58:23.29 ID:mYxhpBQ30

飛鳥「……綺麗な夕日だ」

P「だな」

飛鳥「いつもよりもずっと美しく見えるのは、なぜだろう」

P「誕生日だからじゃないか?」

飛鳥「そうだね。それもあるけど」

飛鳥「きっと、キミが隣にいるから……なんだろう」

P「………」


P「さっ、みんなで寿司食いに行こう! ナターリアや七海とそういう話してたんだ」

飛鳥「……ぷっ」

P「どうした」

飛鳥「いいや、なんでも」

飛鳥「行こうか、寿司」

P「ああ」

飛鳥「回らないほう?」

P「もちろん回るほう」

飛鳥「だと思ったよ」



21: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 21:59:13.00 ID:mYxhpBQ30

P「ちひろさんにスタドリもらえるから、今後しばらくのスタドリ代が浮いて、そのぶんを寿司代にまわして――」ブツブツ

飛鳥「……P」

P「ん?」


飛鳥「キミに出会えて、よかった」ニコッ

P「……俺もだ」



22: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 22:01:11.79 ID:mYxhpBQ30

P「あ、そうだ。プレゼント、事務所の中に置いてるからあとで渡すよ」

飛鳥「あぁ」

P「結構自信はあるつもりだけど、期待はしすぎないように――」


飛鳥「………」

飛鳥「ボクを見つけてくれて、ありがとう」


おしまい



23: ◆C2VTzcV58A 2016/02/03(水) 22:04:20.80 ID:mYxhpBQ30

おわりです。お付き合いいただきありがとうございます

そしてお誕生日おめでとう飛鳥。デレステでSSR来た時にはガンバリマス

書いてて思ったけどやっぱり14歳組はキャラ濃いなあ




元スレ
モバP「飛鳥を探せ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454501134/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月03日 22:40
      • 飛鳥を殺せに見えた
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月03日 22:43
      • イイハナシダナー
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月03日 22:51
      • ?「ふーん、まぁ悪くないけど。ふーーーーーーーん」
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月03日 23:07
      • 良かった
        関ちゃんも飛鳥も可愛い
        14歳組最高やな…
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月03日 23:20
      • ※1
        そんなSSあったな
        読んでないけど
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月03日 23:32
      • この人のSSは飛鳥とPだけだとトタンに気持ち悪くなるのなんでなんだろう
        梨沙いるだけでだいぶ変わるよね
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月03日 23:33
      • 蘭子の胸囲もナタぐらいあったような……
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 00:03
      • 5
        やっぱり14歳達は灰汁が特濃だなぁ……きちんと飛鳥の振りしてるのは蘭子ちゃんだけだしw

        やっぱりナターリアだけでなく蘭子ちゃんも飛鳥スーツは(胸囲やカップ数的に)かなりきつかっただろうな。
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 00:34
      • さりげなく優遇されている関ちゃん
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 01:35
      • 小梅のことを忘れないであげてください
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 01:48
      • 小梅、13歳だが?
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 02:16
      • デレステSSRかぁ...
        実際どうなのかね?
        声付いてSSRとなるといつになることやら...
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 03:00
      • 飛鳥が誰かに化けてるのは予想出来たけど、博士じゃなくて師匠に化けてるんだろうと思ってたよ
        飛鳥に変身する前とした後の2回出てきたし
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 03:26
      • ※10
        小梅の年齢を忘れないであげてください
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 03:43
      • SSRは今んとこcd持ちに限られているから
        そのままなら残り二十人・月4人、大体6月辺りかな
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 10:07
      • ※7
        ナターリアは蘭子の一段階上(Eカップ)だからなあ
        (蘭子もDカップだから飛鳥の服サイズだと胸元がキツいのは確かだが)
        そして数字的には14歳組No.2の恵体なのに全く話題にならないみうさぎ… 
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 13:20
      • てっきり最初の説明の時に飛鳥スーツがあってそこに入ってると思った。
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月04日 22:14
      • 自演を指摘されると真っ赤になって長文で否定しだすやーつ
        文体変えても直後に擁護してたらバーレバレ
        普通の人は他人の喩え方なんていちいち気にしねーよw
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月04日 17:11
      • ※16
        数値だけじゃないんです、エロい人にはわからないとです(蘭子とナターリアはエロオーラ凄かとです、みうさぎにエロオーラ……有ります?)

        ほら、小梅みたいなひんぬーひんそーちんちくりんなおちびさんがあんなにもエロい様に……プロポーションの差は案外簡単に埋まるものですよ。

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務