TOP

春香「プロデューサーさんっ! お昼ですよ、お昼!!」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 12:18:02.88 ID:ZGDS60AB0

「プロデューサーさんっ! お昼ですよ、お昼!!」

 不意に声をかけれ、私は事務作業の手を休めると壁にかけられた時計へと目を向けた。
時計の針が、既に一般的な昼休みの時間が半分近く過ぎていることを指していることを確認する。
 周りをみると、目の前の少女以外、事務所には誰もいないようだった。

「なんと、もう昼であったか」

 私のつぶやきに、目の前に立つ少女――天海春香が心配そうに答える。
 
「私達のためにお仕事を頑張ってくださるのは嬉しいですけど……休憩はきちんととってくださいね?」

「すまない。集中すると、どうも周りが見えなくなっていけない」

「それだけ私達のプロデュースを、真剣に考えてくれてるって事だと思いますから」

 ばつが悪そうに笑いながら、彼女が続ける。

「嬉しいなって思うんですけど、その分、プロデューサーさんも無理してるんじゃないかって心配になっちゃって」



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 12:21:48.21 ID:ZGDS60AB0

「そんな事はない。春香達が頑張ってくれているのだから、それに応えるのがプロデューサーというものだ」

 私がそう返すと、しぶしぶといった様子で納得する春香。だが、すぐに何かを思い出したような表情になり。
 
「えっと、心配もそうなんですけど。お昼ご飯、まだですよね?」

 春香の質問に、久しく忘れていた空腹感が突如として私を襲った。そういえば、今日は朝から何も食べていない。
私が頷くと、彼女は待ってました! といわんばかりの笑顔になる。

「ですよね! それで――「そうだ! 今日はラーメンでも食べることにしよう」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 12:24:59.00 ID:ZGDS60AB0

 そう言ってから私は、愛用の事務机の引き出しから二枚のチケットを取り出した。
 
「この前、四条君から旨いと評判のらぁめん屋の割引券を貰ったのだ。忙しさにかまけて今まで忘れていたが……」

「あ……あー、ラーメン……ですか」

 私が取り出した割引券を、恨めしそうな顔で春香が見つめる。何だ? 彼女もラーメンに興味があるのだろうか?
 
「うむ。このままでは忙しくて使い忘れてしまうかも知れない、今日使うことにしよう」

「で、でも! あんまり脂っこい物をお昼に食べるのは、プロデューサーさんの体に悪いかなぁー、って思うんですけど」

「心配ないよ天海くん! 私とて阿呆ではない、しっかりさっぱり、食べるのは塩ラーメンだ」

「えっと、それじゃあ……って! そういうことじゃなくて……」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 12:26:44.75 ID:ZGDS60AB0

 先ほどからどうにも様子がおかしい。何ともいえぬ困り顔で、私の持つ割引券を凝視する春香。
その様子を見る私の脳裏に、突如として一つの仮説が浮かび上がる。そうか……そういうことか!

「――もしや、春香も昼食がまだなのかな?」

「うぇっ!? え、えっと……はい!」

 どうやら、私の読みは合っていたようだ。伊達に彼女達のプロデュースをしているわけではない。些細な表情の変化
からも、彼女達の考えを察する事ができなくて、なにがプロデューサーか!

「なら、一緒に食べにいくかな? ちょうど割引券も二枚ある。ご馳走してあげよう」

「い、いいんですか!」

 私の言葉に、打って変わって笑顔になった春香だったが、何かを思い出したのか、また元の困り顔に戻ってしまった。



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 12:28:21.21 ID:ZGDS60AB0

 
「うぅ……今思い出したんですけど、私、午後からお仕事なんです。多分、ついていったら間に合わなくなっちゃいます……」

「そうか……ならば、今日は四条君を誘うことにしよう。春香とは、また今度だな」

「はいぃ。今日は、我慢しますぅ……」

 ラーメンが食べられないことがよほど残念なのか、萩原君のような口調になってしまった春香を置いて、私は事務所を後にした。
なぜだか、罪悪感を感じる。帰りに何か、甘いものでも買って帰ってあげよう。

 その後、私の誘いでやって来た四条君がラーメン屋で前代未聞の大食い記録を打ちたて、その支払いのために学生時代から
貯めていた私の豚の貯金箱が音を立てて崩れ去ったのは、今回の話とは、また別の話である。




6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 12:30:31.60 ID:ZGDS60AB0

===================


「プロデューサーさんっ! お昼ですよ、お昼!!」

「たしかに、もう昼であったな」

 私は頷くと、壁掛けの時計へやっていた視線を、目の前に立つリボンの似合う少女のほうへと移す。
 
「それで、お昼ご飯なんですけど、もしよかったら私の「よし。今日はおにぎりを食べに行く事にしよう」

 私の言葉に、リボンの似合う少女――春香が、きょとんとした顔になる。
 
「おにぎり……ですか?……コンビニの?」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 12:31:41.94 ID:ZGDS60AB0


 怪訝そうに呟いてから、はっとした表情で春香が続ける。

「だ、ダメですよ! 忙しくて面倒だからって、コンビニのおにぎりや栄養食品なんかで食事を済ましちゃ!」
「午後からのお仕事のためにも、ちゃんとした物を食べて元気つけて下さい!」
「例えば、手作りのお弁当とか「ちょ、ちょっと落ち着きたまえ春香くん!」

 わたわたと、身振り手振りでまくし立てる彼女の言葉を私は遮った。
 
「私は『食べに行く』と言っただろう? ……これを見たまえ」

 そうして私は机の上、メモ用紙に挟んでいたチケットを取り出すと、まだ何か言いたそう彼女の目の前にそれを差し出して見せた。
 
「おにぎり……専門店?」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 12:33:19.63 ID:ZGDS60AB0


 私の説明に、しぶしぶといった様子で納得する春香。だが、突然何かを思いついたような表情になり。
 
「あの! 私もおにぎりの専門店に興味があるので、一緒に行っていいですか!?」

「私はかまわないよ。丁度、割引券も二枚ある。この前のらぁめんの件もあるからね、今度こそご馳走しようじゃないか」

「ほんとですか!?やったぁ!!」

 嬉しそうに飛び跳ねる春香。こういうところは女の子というか、年相応というか。アイドルといえ、普通の少女と変わりない。
だがしかし、現実は非情である。



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 12:34:56.57 ID:ZGDS60AB0


 喜ぶ春香であったが、午後からの収録が前倒しされた事を告げる電話が秋月女史から掛かった為、彼女が迎えに来るまで
一人事務所に残る事になってしまった。

「それではすまないが、留守番を頼むよ」

「はふぅぅ……これはきっと、おにぎりの神様が邪魔をしてるんだって思うな……」

 よほどおにぎり専門店に興味があったのだろう。半ば放心状態となった春香を残し、私は事務所を後にした。
私も後ろ髪を引かれる思いだったが、昼休みは待ってはくれない。代わりと言ってはなんだが、お持ち帰りできるならおにぎりを
お土産に持って帰ってあげることにしよう。


 その後私は「なんとなく、良いことがありそうな予感がしたの!」と何処からとも無く現れた美希を連れ、件のおにぎり専門店
へ向かうことになる。だがしかし、あろうことか現実は私にも非情であり、幼少より蓄えていたお年玉貯金の実に半分近くを彼女の食したおにぎりの支払いへと当てなければならなかったという後日談があるが……今回の話とは、また別の話である。



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 12:37:24.12 ID:ZGDS60AB0

====================


「プロデューサーさんっ! お昼ですよ、お昼!!」

「だから、こうして食べているではないか」

「食べてるって……それ、ただの栄養食品じゃないですか!」

 壁掛けの時計の指す時刻は正午。事務机ではなく、事務所のテレビ前に設置されたテーブルで
昼食をとっていた私を見下ろすようにして立つ少女の口から、機関銃のようにお小言が飛ぶ。

「大体、前にも言いましたけどプロデューサーさんも体が資本なんですから! コンビニ弁当や栄養食品じゃなくって
もっとちゃんとした食事らしい食事をして下さい!!」
「それでなくても最近らぁめんだ、おにぎりだって外食が多いんですし……知ってます? 外食も結構栄養が偏るんですよ!」

「いや、しかし……」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 12:38:32.97 ID:ZGDS60AB0


 バンッ!! と音を立てて、テーブルが鳴る。少女――春香が右手をテーブルに叩きつけたからだ。
衝撃により、私の前に積まれた栄養食品の山が僅かに崩れたが、彼女は意に介さずといった調子で続ける。

「しかしも案山子もありませんっ! 私達には口酸っぱく注意するのに、自分の食事には無頓着だなんて……」
「とにかく、私達の見本になるように、プロデューサーも正しい食生活を送ってください!!」

 ここで春香は言葉を切ると、私の対面に座るもう一人の少女――如月千早に目を向けた。

「見てくださいプロデューサーさん。千早ちゃんだって、こうしてきちんとお弁当を作ってきて食べてるんです」
「それなのにプロデューサーさんったら、そんなジャンクフード一歩手前みたいな物をガツガツ食べて――」
「ほんとに、仕方がないんですから!」



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 12:39:33.98 ID:ZGDS60AB0


 春香の言葉に、私は困惑した表情を返した。向かいに座る千早も、申し訳なさそうな顔をして、持っていた弁当箱を
テーブルの上に置く。
 そんな私達を見て、春香はやれやれと言った表情で腕に下げていた鞄に手を入れた。

「だから、今日こそ私が作ったこの――「春香っ!!ごめんなさいっ!!」

 春香の言葉は、千早の声に遮られた。普段ならば賑やかな事務所も、昼時の今は私を含め三人だけ。押し殺したような
けれども物言えぬ迫力のある千早の声が、事務所の中で重く響く。

 突然の出来事に、固まる春香。今にも泣き出しそうな千早を、動揺を隠せない表情で見つめる。
 
「えっ……ど、どうしたの、千早ちゃん? いきなりそんな声だして……」
「私がっ……私が悪いの……!!」




13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 12:41:10.10 ID:ZGDS60AB0




「私がっ!! ろくに料理もできないから……プロデューサーが気を使って……!!」





14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 12:42:32.12 ID:ZGDS60AB0


 そのまま、泣き出す千早。余りに突然の出来事に、狼狽する春香が、私を見る。
 
「その、なんだ……たまたま昼食を一緒に食べることになったのだが」
「バランスは取れているからと、千早がコレで食事を済まそうとするものだから――」

 そういって私はコレ――目の前に積まれた栄養食品の山を指差す。

「さすがに成長期の少女がそれでは良くないと思い、無理やりだが、お昼を交換したのだ」
「私も、最近は春香から食事について指摘されていたからな。」
「午後からも仕事できるよう、元気を補給するためにも美味しい食事をしっかりと摂る! うむ、一理ある」

 そこまで言って、私は言葉を切り、春香を見た。徐々に理解したのか、春香も落ち着いた表情に戻り――
そして今度は、おろおろした様子で千早の方に向き直した。



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 12:44:08.83 ID:ZGDS60AB0


「じゃ、じゃあプロデューサーさんは千早ちゃんの栄養面を思っての行動で……って、だったら私結構キツイ事を……」

「春香は……ぐすっ、悪くないわ……私が、しっかりとしていないから……」

 その後も未だ泣き止まぬ千早を何とか泣き止まそうと声を掛けていた春香だったが、不意に何かを思い立った表情になり。
 
「あれっ? 千早ちゃんのお昼をプロデューサーさんが食べてたってことは、千早ちゃんがさっきまで食べていたお弁当って」

「ふぇっ! そ、それは……」

「うむ。私の作ったお弁当である」

 春香の問いに、私が答える。



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 12:45:15.41 ID:ZGDS60AB0

 
「年頃の少女の口に合うかどうかは分からないが、いかにも私の手作り弁当だ」

「プロデューサーさんの手作りっ!?」

 素っ頓狂な声を上げて、春香が驚く。どうやら彼女の中で、私は自炊も出来ぬ不器用な人間と思われていたらしい。
 
「一人暮らしも長いのだから、私だって基本的な料理ぐらい作ることが出来る」
「最近は君に昼食の心配もされていたようだったからな。今日は時間もあったし、久々に弁当でも持参しようと思ったわけだ」

「え、えっと、そうなんですか……」

 反応に困っている春香に、私は話を続ける。
 
「まぁ、お陰で千早の食生活の問題も知ることができたし、解決策も思いついた。ありがとう、春香」

「え、えっと……ど、どういたしまして?」



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 12:46:09.87 ID:ZGDS60AB0


 なおもどう反応すればいいのか困っている様子の春香から、私は視線を千早へと移す。
落ち着いたのか、まだ少々目が赤いものの、千早は泣き止んでいた。

「さて、千早!!」

「は、はい!!」

 わざと、少し大きな声で千早の名前を呼ぶ。しっかりと視線をこちらに向けた事を確認してから、私は話し始める。
 
「明日から、なるべく昼食は私と一緒に食べることとする。春香の言うとおり、栄養に気を使った食事のためだ」

「え、ぷ、プロデューサーとお昼を…・・・!?」

「そうだ、目を離すとまた食事をおろそかにしそうだからな……いいね?」

「は、はい!……よろしくお願いします!!」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 12:47:04.67 ID:ZGDS60AB0


 これで良い。顔を真っ赤にして、相当うろたえている。やはり、私の見ていない所では食事を簡単に済ますつもりでいたようだ。
だが、これからは私の監視が付くことになるので、これまでのような不精はできまい。

「では、早速だが料理本を買いに行くとしよう。千早、ついて来なさい」

 私の言葉に、千早が怪訝そうな表情になる。
 
「料理本ですか? なぜそんな物を……」

「事務所には最低限の調理器具も揃っている。察するに、自炊もろくにしていないのだろう?」

「うっ……」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 12:47:58.31 ID:ZGDS60AB0


「良い機会なのでな。簡単な料理ぐらい自分でも作れるように練習させる。しばらくの間、昼食は事務所で作る事にしよう」
「少しぐらいなら私も手解きできるし、幸いうちには料理の得意な子もいるからな。講師役に困る事も無かろう」

 まだ納得のいっていない顔の千早だったが、私が毒見役も行うと言うと、途端にやる気になった。
……自分の作った料理を食べたくないから、自炊をしてこなかったという理由ではないだろうな?
もしもそうだったとしたら、彼女の作る料理はどれほどの破壊力を持つのか……いや、想像するのはよそう。

「そうと決まれば、善は急げである。春香、私は千早を連れて本屋に行ってくるので、悪いが事務所の留守番を頼む」

「えっ? あっ、はい!」



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 12:48:51.70 ID:ZGDS60AB0


 そうして、私は千早を連れて事務所を後にした。早とちりとはいえ、親友を泣かしてしまったショックからだろうか?
春香は手提げ鞄に片腕を突っ込んだままだったが……今は、そっとしておく方が良いと私は判断した。
 そうだ、料理本と一緒に、お菓子作りの本も買って帰ろう。事務所で千早と共にお菓子作りをさせれば、わだかまりも
溶けると言うものだ。

 アイドル達の摩擦にも、臨機応変にフォローを入れる。この手腕、まさにプロデューサーと言えるのではなかろうか!
 
 私は、そんな事を考えながら本屋へと歩き出した。その後、事務所内で料理作りがちょっとしたブームとなり、試食を
進められるうちに体重が増え、ダイエットのために血反吐を吐くような特訓をこなさなければならなくなるのだが……。

 それはまた、別の話である。
 
 



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 18:06:10.54 ID:ZGDS60AB0

======================

 こうして、プロデューサーさんは、千早ちゃんを連れて事務所を後にしてしまいました。
後には、事務所で一人、ぽつねんと立ち尽くす私だけ。

 テーブルの上に置かれた、食べかけのお弁当箱に目をやります。男の人が食べるには、ちょっと小さいかなって大きさの
お弁当箱には、ふりかけの振られたご飯が残るだけ……千早ちゃんは、好きなものから先に食べるタイプだ。
 天海春香、そう確信しました!
 
「うぅ、せめておかずの一つでも残っていたら、今後の参考に出来たのにぃ」

 さっきまでプロデューサーさんが座っていた席に座ると、私は鞄から自分の分のお弁当を取り出します。
何とも言えない気分を晴らすように、もきゅもきゅとお弁当を食べていると、事務員の小鳥さんが戻ってきました。

 恐らく、昼食を終えたのでしょう。私と目が合うと、にこりと微笑みかけてくれます。



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 18:07:37.00 ID:ZGDS60AB0

 
「あれ、今日も春香ちゃんだけなの?」

「はい。プロデューサーさん、千早ちゃんの食生活を改善するんだって……料理本を買いに本屋さんに行っちゃいました」

「そっかぁ。なら、いつもみたいにしばらくは帰ってこないわねぇ」

 そう言って、頬に手をやる小鳥さん。
 
「そういえば春香ちゃん。最近事務所でお弁当食べてる事が多いけど、たまには皆とご飯食べてきても良いのよ?」
「戸締りさえしてくれれば、お昼を食べた後は私が留守番してるんだし」

「は、ははは……これには色々と事情があるというか、タイミングが悪いというか……」



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 18:08:21.63 ID:ZGDS60AB0


 そういって苦笑する私を、不思議そうに見る小鳥さん。でもすぐに、手をポンと叩くと。
 
「そうだ、お茶を飲もうと思ってたんだったわ! 春香ちゃんも、どう?」

「あ、頂きます」

 私の返事を聞いて、小鳥さんが給湯室へと姿を消した事を確認してから、私は隣に置いた鞄にちらりと目を向けましたた。
……結局、今日も出番がなかった、もう一つのお弁当――。

 「うぅぅ……私もプロデューサーさんと一緒に、お昼が食ぁべたぁいよぉぉ!」
 



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 18:08:55.65 ID:ZGDS60AB0

 
 でも、今日がダメなら明日。それでもダメなら明後日、明々後日! まだまだ時間はあります、わたし、あきらめませんからね!
 
 ――――と、いうわけで。私の話は、ひとまずこれでおしまいです。
 
 あ! でもでもその後、千早ちゃんが持ち前のストイックさから料理の腕をめきめきと上達させて、
前人未到の鉄人歌姫料理アイドルとして数多の伝説をアイドル史に打ち立てていった話があったりするんですけど……。

 それは今回の話とは、また別の機会に!


 おしまい



29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 18:10:54.98 ID:ZGDS60AB0

とりあえず今回の話はこれでおしまいです。
以下、思いついたままに書いたおまけとなります。



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 18:11:27.48 ID:ZGDS60AB0

=================

「――さてぇ」

 萩原邸、大ホールに集められた人々の視線を一身に集めながらも、普段と何一つ変わらない
気軽さであずさが口を開く。

「皆様にお集まりいただいたのは、何を隠そう今回の事件の謎解きを聞いて貰うためなんです~」

 途端に、ホールの中をざわめきが満たしていく。ホールに集められた大半の人間は、彼女の言っている
言葉の意味が理解できないようだった。
 いいえ、訂正するわ。正確に言うならば、彼女の話し方が余りにも気軽に。そう、例えるならば「昨日の夕飯は
何だったかしら?」って周りに確認するぐらいの、そんなにも自然な話し出しだったものだから。
 今聞こえた言葉が、自分の聞き間違いだったんじゃないかって。そんな風に思ってしまうぐらい、あずさの言葉は、
この屋敷で起きた凄惨な殺戮劇の真相を語るには、緊張感が余りにも欠けていたのよ。

=================



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 18:12:12.84 ID:ZGDS60AB0

=================


「皆さんっ! 誕生パーティで歌のお仕事ですよ、お仕事!!」


『――ある日、プロデューサーが取ってきた誕生パーティでの歌のお仕事』


「あら~。山奥なのに、立派なお屋敷ねぇ~」
「なによコレくらい。この程度の洋館なら、ウチだって日本中に持ってるわよ!」




32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 18:12:53.60 ID:ZGDS60AB0


『しかしそれは、非日常への招待状でもあった――』


「なによ! 誕生パーティなのに、主役が一度も姿を見せないだなんて」
「しょうがないよ。その雪歩って子は、極度の男性恐怖症らしいからな」


『どこか妙な雰囲気を持つ誕生パーティの最中、惨劇への幕が上げられる』



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 18:13:27.63 ID:ZGDS60AB0


――キィィーン

「何! この変な声!!」
「スピーカーからだわ!!」

「フクシュウノタメニ――ワレワヨミガエッタ――」

「ハギワラユキホ――オマエヲ、コロス」



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 18:14:02.48 ID:ZGDS60AB0


『次々に起きる凄惨な殺人事件』


「僕は菊池真! お嬢様には指一本触れさせないぞ!!」


『謎に包まれた、洋館の中の日本家屋』


「お話します。この屋敷には、ある呪われた言伝えが存在するんですぅ……」


『旧家に伝わる、葬り去られたはずの人柱伝説が、今蘇る』


「自分、完璧だからな! この我那覇響刑事に全部お任せだぞ!!」




35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 18:14:38.16 ID:ZGDS60AB0


『新進気鋭の765プロダクションのアイドルと!』


「私の名前は東郷あい――お嬢様のボディガードを任されている」


『実力派キャストでお送りする話題の超大作!!』


「あずさ――あんたにはこの事件の謎が全部解けたっていうの?」




36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 18:15:20.65 ID:ZGDS60AB0


『迷うからこそ、辿り着く「真実」がある――!!』


「それじゃあ、一緒に答えあわせを始めましょうか~?」


『迷探偵あずさ・萩原邸殺人事件(仮題)』




37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 18:15:49.30 ID:ZGDS60AB0



「ちょっとあずさ、どこ行こうってのよ!!」

「あら、伊織ちゃん? 私、また迷っちゃったみたいで~」

「はぁ、まったくしょうがないわね」
「この美少女名探偵、水瀬伊織ちゃんの足を引っ張る事だけは、しないでよね! 分かった!?」

「あ、待って伊織ちゃん……って、あら? これは――」
「なるほど。そういうことだったのねぇ…・・・」

「ちょっとあずさ! 早くついてこないと知らないんだからねー!!」

「あらいけない…・・・はーい、今行きまーす!!」
「――それでは皆さん。一足先に、劇場でお待ちしておりますね? うふふふふっ♪」

『全国の劇場で、近日公開予定!!』




38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/25(月) 18:19:07.04 ID:ZGDS60AB0

さて、以上でホントにおしまいとなります。
おまけの方は、アニマスであった『嘘予告』みたいなのが書きたいなと思い
勢いだけで書いたものです。なんとなく、それっぽく感じていただけらたら幸いかと。

それでは、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。



元スレ
春香「プロデューサーさんっ! お昼ですよ、お昼!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453691882/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月25日 21:21
      • なんかプロデューサーの言い回しが独特だな…!
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月25日 21:39
      • このプロデューサーの風貌が気になる
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月25日 21:44
      • このPの愛読書は夏目漱石かな?
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月25日 22:07
      • 地の文は苦手だな…
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月25日 22:22
      • 我輩はPである。名前はまだない
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月25日 22:23
      • 文豪P
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月25日 22:23
      • なるほどK(uroi)を死に追いやるのだな…
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月25日 22:35
      • 何か白地に赤い隈取り塗った顔してしそうなPだな

        カイガンゴエモン!カブキウキウキミダレザキィ!
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月25日 22:41
      • 古風な女性プルデューサーを想像したからキマシエンドがくるかと思ってたのに
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月25日 23:19
      • ※9
        引っ張り専門のプロデューサーかな
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月25日 23:40
      • 独特の口調のPだからそれが何かオチに繋がるのかと思いきやオチてすらいないとは
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月25日 23:52
      • あいや、またれい!!
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月25日 23:57
      • 文体でそれっぽく見せてるけど中身無いな、食玩のオマケとった後のラムネみたいなSSやな
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月26日 00:26
      • ※13
        評論家さんチーッス。
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月26日 02:40
      • ※13 馬鹿言え、流石に食玩の玩具を取って残ったガムぐらいはあるわ。
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月26日 04:36
      • ※15
        五十歩百歩定期
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月27日 15:42
      • この春香はかわいそうだ…
        安心しろ俺がしっかりと種付けしてやるからな!
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月30日 19:51
      • えーと…痛いコピペ狙い?

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務