TOP

【ミリマス】やよい「桃子、めっ!」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 22:42:08.09 ID:n5JI8wxb0

ミリマスSSです。少々百合百合しい場面があります。苦手な方はご注意下さい。



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 22:43:15.14 ID:n5JI8wxb0

やよい「好き嫌いはダメだよ、ピーマンもちゃんと食べないと!」

桃子「ええ……? だって苦いんだもん」

やよい「確かに苦味はあるけど、ちゃーんと美味しいよ。ほら!」

桃子「い・や! 美味しいんだったらやよいさんが食べればいいでしょ。ごちそうさま!」ガタッ

やよい「あ、桃子!」

タッタッタッ

やよい「……美味しいのになぁ」パクリ




3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 22:44:12.29 ID:n5JI8wxb0

桃子「(もう、やよいさんったら。別に残したっていいじゃん。美味しくないんだから)」スタスタスタ

育「あ、桃子ちゃん! もうお昼食べたの?」

桃子「ああ、うん。食べたよ」

育「美味しかったよね、ピーマンの肉詰め!」

桃子「げっ、育はピーマン食べられるの?」

育「食べられるよ! ちょっと苦いけど、美味しいもん!」

桃子「ふうん……。まあ、桃子は食べないけど」

育「桃子ちゃんピーマン苦手なの?」

桃子「好きではないね」

育「好き嫌いはしない方がいいよ? おかあさんもそう言ってた」

桃子「あー……うん。気が向いたらね」

育「えー?」

桃子「(みんなピーマン食べられるのか……。変わってる)」





4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 22:45:03.30 ID:n5JI8wxb0

翌日

桃子「おはようございまーす」

やよい「桃子、おはよう」

桃子「おはよう、やよいさん」

やよい「あ、寝癖付いてるよ」

桃子「え、嘘」バッ

やよい「直してあげるから、こっちおいで」

桃子「いいよ、これくらい。自分で直せるから」

やよい「いいからいいから! 私に任せて!」

桃子「い、いいってば!」パシッ

やよい「でも、女の子なんだからそのままはダメだよ」

桃子「これくらいなら桃子、自分で直せるもん!」タッタッタッ

やよい「あ……」




5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 22:45:42.28 ID:n5JI8wxb0

お手洗い

桃子「(うわー、恥ずかしい。後ろの寝癖なんて気づかなかったよ)」シャッシャッシャッ

桃子「あう……直らない……」ボサッ


ガチャッ


雪歩「あれ? 桃子ちゃん?」

桃子「雪歩さん!」

雪歩「どうしたの?」

桃子「うっ、実は……」




6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 22:46:49.72 ID:n5JI8wxb0

雪歩「そっか。じゃあ私が直してあげるよ」

桃子「ありがとう……」

雪歩「ふふ、桃子ちゃんの髪、ふわふわしてて可愛いね」サッサッ

桃子「お、お世辞はいいよ……」

雪歩「お世辞じゃないよ、本当に可愛いもん」

桃子「もう、雪歩さん!」

雪歩「ごめんごめん」




7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 22:47:20.55 ID:n5JI8wxb0

雪歩「はい、直ったよ!」

桃子「おお!」キラキラ

雪歩「他にどこか気になるところある?」

桃子「ううん、大丈夫。ありがとう、雪歩さん」

雪歩「どういたしまして!」




8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 22:48:01.55 ID:n5JI8wxb0

翌日、事務所

P「桃子、次の仕事なんだが……」

桃子「何? その資料に書いてるの?」

P「ああ、ちょっと目を通してくれ」ペラッ

桃子「仕方ないなあ……」

P「どうだ?」

桃子「………」

P「結構いいと思うんだけど」

桃子「……はあ? お兄ちゃん本当にそれでいいと思ってんの? 芸能界舐めてる?」

P「え、ええ!? そんなにか?」

桃子「そんなに、だよ。大体お兄ちゃんは」ガミガミ



ガチャッ

やよい「おはようございまーす……って、あれ?」

真美「おお、やよいっちおはおはー!」タッタッタッ

やよい「おはよう、真美。桃子とプロデューサーどうしたの?」

真美「あー、何か仕事のことで揉めてるっぽいよ。ほら、ももーんは仕事熱心だから」

やよい「プロデューサーも仕事熱心だよ?」

真美「そりゃ真美だって知ってるよ! でも下手な口出しは出来ないかなーって」

やよい「もう、私の真似しないでよ」

真美「あはは、ごめんごめん」





9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 22:49:08.87 ID:n5JI8wxb0

P「でも、俺はこれがいいと思うんだけどな……」

桃子「絶対ない。それだからお兄ちゃんはダメなんだよ」

P「うっ、すまん。力不足で……」

桃子「(あ、ちょっと言い過ぎたかも……)」


スタスタスタ


やよい「桃子、めっ!」

桃子「や、やよいさん?」

やよい「プロデューサーだって一生懸命やってくれてるのに、そんな言い方は良くないよ」

桃子「やよいさんには関係ないでしょ?」

やよい「関係ないかもしれないけど、目上の人にそういう態度はめっ、だよ?」

桃子「だから、やよいさんには関係ないって言ってるじゃん」

やよい「でも……」

P「まあまあ、2人とも。俺は気にしてないから」

やよい「プロデューサー……」

P「それより、やよい。今度出すCDの話があるんだ。一緒に来てくれるか?」

やよい「は、はい」

P「じゃあ桃子、ごめんな。ちゃんと考え直してくるから」

タッタッタッ




10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 22:49:55.41 ID:n5JI8wxb0

桃子「………」

真美「ももーん、分かってるよね?」

桃子「……何が?」

真美「おやおや、それを真美に言わせるのかーい?」ツンツン

桃子「もう、やめてよ……」

真美「帰ってきたら、ちゃんと謝りなよ?」

桃子「………」コクリ


ガチャッ


雪歩「真美ちゃん、レッスン遅れちゃうよー!」

真美「うわあ、忘れてたよ! ごめんねゆきぴょん!」

雪歩「大丈夫だよ、早く行こう!」

真美「うん! じゃーね、ももーん!」

桃子「レッスン頑張ってね」

バタンッ


桃子「(誰もいなくなっちゃった。やよいさんたちが戻る間、ジュースでも買いにいこうかな……)」





11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 22:50:40.47 ID:n5JI8wxb0

自販機前

桃子「(そうだ、やよいさんたちの分も買おう。お兄ちゃんはコーヒーで、やよいさんは……桃子と同じでいいか)」ピッピッ

ガシャーン

桃子「……よし」

タッタッタッ


ワイワイガヤガヤ

桃子「(あれ? 事務所が騒がしいな)」

ガチャッ


やよい「育ちゃんすごい! 自分でお料理するの?」

育「うん! おかあさんと一緒にお夕飯作ったりするよ!」

やよい「偉い偉い!」ナデナデ

育「えへへ……」

桃子「………」





12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 22:51:31.33 ID:n5JI8wxb0

やよい「あ、桃子戻ってたんだ」

育「桃子ちゃんおはよう!」

桃子「……おはよう」

やよい「育ちゃんすごいんだよ、家でお料理するんだって!」

桃子「……ふーん」

やよい「桃子は料理とかするの?」

桃子「別にしないけど」

育「そうなの? 楽しいよ、お料理。一緒にやろうよ!」

桃子「いいよ、そういうの得意じゃないし」

やよい「桃子、決めつけるのは良くないよ? やってみたら意外と」

桃子「いいって言ってるじゃん!」




13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 22:52:46.34 ID:n5JI8wxb0

育「桃子ちゃん……?」

桃子「やよいさん、桃子のお姉ちゃんでもないくせに、何でそんなにしつこいわけ?」

やよい「い、いや、私は……」

桃子「その前にさ、何で桃子にだけ厳しいの? やよいさんにとやかく言われる筋合いないんだけど」

やよい「桃子……」

桃子「もう桃子に構わないで。勝手に育と仲良くしとけば。じゃあね」ゴトンッ


タッタッタッ、バタンッ


やよい「………」グスッ

育「あう、やよいさん泣かないで……」


ガチャッ


P「おーい、桃子! 企画出来た……あれ? 桃子は?」

育「プロデューサーさん!」

P「おお、育。来てたのか! ……ん、やよい?」

やよい「プロデューサー……」グスッ

P「……一体何があったんだ、こりゃ」





14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 22:53:34.33 ID:n5JI8wxb0

桃子「はあ……はあ……」タッタッタッ


桃子「(桃子、何言ってんだろう。ただの最低なやつじゃん。ていうか、ただの子どもじゃん)」

桃子「どうしよう……」グスッ


真美「あー! ももーん!」

桃子「え?」キョロキョロ

真美「上だよ、上! こっちー!」ブンブン

桃子「真美さん、何やってるの?」

真美「何って、さっきレッスンって言ってたっしょー!」

トレーナー「こらー、まだレッスン中よ!」

真美「あーごめんなさい! ももーん、とりあえずこっち来なよ! どうせ暇っしょ?」

桃子「……仕方ないな。行ってあげるよ」




15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 22:54:10.98 ID:n5JI8wxb0

レッスン後

真美「んで、やよいっちと兄ちゃんに謝ったの?」

桃子「………」フリフリ

真美「だと思った。ももーん、すっごい暗い顔してたから」

雪歩「……何かあったの?」

桃子「……実は」




16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 22:54:50.72 ID:n5JI8wxb0

雪歩「そっか、やよいちゃんと喧嘩しちゃったんだね」

真美「いや、喧嘩っていうより、ももーんの一方的な感じじゃない?」

桃子「だ、だって、やよいさん桃子にばっかり厳しく言うんだもん!」

真美「そんなことないっしょ、真美だってやよいっちに怒られたりするし」

桃子「それは真美さんがいたずらするからだよ」

真美「だってやよいっちが怒ったらかわいーんだもーん!」

桃子「うわ、最低」

真美「いや、冗談だからね? 半分本当だけど」




17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 22:55:30.16 ID:n5JI8wxb0

桃子「とにかく、やよいさんは桃子のこと嫌いなんだよ。……育には優しくするくせに」

雪歩「そんなことないと思うけどな」

桃子「絶対そう!」プイッ

真美「うーむ、困りましたなぁ。ゆきぴょん」

雪歩「困ったね、真美ちゃん」

桃子「……全然困ったって感じしてないけど」




18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 22:56:15.04 ID:n5JI8wxb0

真美「だって、よく考えてみなよ。嫌いな子にわざわざ注意なんてしないから」

雪歩「そうだよ。やよいちゃんは桃子ちゃんのことを思って、言ってくれてるんだよ」

桃子「……でも、やよいさん育には優しいもん」

真美「あー、それはだね桃子くん」

桃子「社長の真似? 似てないよ」

真美「いちいち辛口だな、もう!」




19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 22:57:02.79 ID:n5JI8wxb0

真美「まあ真面目に言うと、やよいっち的にももーんは放っておけないんだよ」

桃子「……桃子が?」

真美「そう。真美ね、一応ちょーじょってやつだから分かるんだよね。お姉ちゃん力が高いからさ!」ドヤァ

桃子「全然そうは見えないんだけど」

真美「言うな、こやつー!」グリグリ

桃子「いたっ、痛いってば!」





20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 22:57:46.41 ID:n5JI8wxb0

雪歩「でも、私も真美ちゃんの気持ち分かるよ」

桃子「そうなの?」

雪歩「うん。桃子ちゃんがいたらつい目で追っちゃう」

桃子「……そんなに桃子危なっかしい?」

雪歩「危なっかしいというより、可愛くて」

桃子「な、何それ!」

雪歩「やよいちゃんも同じだよ。桃子ちゃんが可愛くて、ついつい言っちゃうんだろうね」




21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 22:59:19.64 ID:n5JI8wxb0

桃子「そんなこと言ったら、育も同じじゃん。可愛いし」

真美「だって育りん、いい子じゃん」

桃子「はあ? 桃子はいい子じゃないって言うの?」

真美「やよいっち泣かせる子は、いい子って言えないかな」

桃子「……泣いては、なかったし(泣きそうだったけど)」




22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 23:00:12.45 ID:n5JI8wxb0

真美「ほー、そうかいそうかい」

雪歩「真美ちゃん、あんまり意地悪しちゃ駄目だよ」

真美「ごめんごめん。まあ言い方を変えると育りんは素直で、ももーんはツンデレってことだよ。素直に返事する子なら、わざわざ厳しく言ったりしないっしょ?」

桃子「それは……そうだけど……」シュン




23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 23:00:52.94 ID:n5JI8wxb0

雪歩「……桃子ちゃん、とりあえずやよいちゃんに謝ろう。どうしても気になるなら、聞いてみればいいよ。自分のことが嫌いなのかって」

桃子「………」コクリ」

真美「そう落ち込みなさんな。真美たちも一緒に謝ってあげるからさ!」

雪歩「うん!」

桃子「……ありがとう」

真美「(真美たちには素直なんだけどなぁ……)」




24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 23:01:38.34 ID:n5JI8wxb0

事務所

P「……なるほどな、あの桃子がそんなこと言うなんて」

育「珍しいよね」

P「ああ。それほどやよいのことが好きなんだろうな」

やよい「……そうでしょうか?」

P「そうだよ。やよいだって桃子のこと、好きだろ?」

やよい「………」コクリ






25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 23:04:12.34 ID:n5JI8wxb0

やよい「私、桃子に厳しく言いすぎちゃいました。普段妹や弟たちにやるように、構いすぎちゃったし……。鬱陶しかったのかなって……」

P「そんなことないと思うけど」

やよい「え?」

P「俺が桃子の立場なら、嬉しいけどな」

育「わたしも、本当のお姉ちゃんが出来たみたいで嬉しいと思う!」

やよい「でも……」

P「桃子はさ、きっと恥ずかしかったじゃないか? そういうの慣れてないから」




26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 23:05:05.14 ID:n5JI8wxb0

やよい「でも、そういうのが嫌な子もいるから……」

P「そうだなぁ。どうしても気になるなら、聞いてみたらどうだ?」

やよい「……はい」

P「………(話を聞く限りだと、育に嫉妬してたくらいだから大丈夫だと思うんだけどな)」



育「あれ? このコーヒーとジュース誰の?」

やよい「あ、それはさっき桃子が置いてたよ」

P「桃子が?」





27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 23:05:52.89 ID:n5JI8wxb0

P「(コーヒーとジュース2本……ははーん、そういうことか)」ニコニコ

育「プロデューサーさん?」

P「いや、何でもないよ。とりあえず桃子を探さないとな……」ピコンピコン

P「あ、メールだ。どれどれ……」


『今から桃子ちゃんと真美ちゃんと事務所に向かうので、やよいちゃんにそう伝えてください。雪歩』


P「了解っと……」ピッピッピッ

P「やよい、少ししたら桃子が真美たちとこっちに来るって」

やよい「は、はい」




28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 23:06:44.55 ID:n5JI8wxb0

数分後

ガチャッ

真美「たっだいまー!」

雪歩「ただいま戻りましたー!」

桃子「……ただいま」

P「おう、3人ともおかえり! 早速で悪いが、やよいと桃子以外は話があるんだ。一緒に来てくれるか?」

『はーい!』

桃子「え、ちょ、真美さん! 話が違う!」

真美「そんなこと言われても仕方ないっしょ? 何かあったらメールしてねーん!」

桃子「あ!」

バタンッ





29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 23:07:11.65 ID:n5JI8wxb0

桃子「行っちゃった……」

やよい「………」

桃子「(き、気まずい……)」

やよい「あの、桃子……」

桃子「……なに?」

やよい「……ごめんね」

桃子「え?」





30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 23:07:38.20 ID:n5JI8wxb0

やよい「私があんまりしつこくするから嫌になっちゃったんだよね? これからは気をつけるから……仲良くして欲しいな」

桃子「い、いや、桃子は……」

やよい「それとも、私のこと……もう、嫌いになっちゃった?」

桃子「……!」





31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 23:08:26.03 ID:n5JI8wxb0

桃子「違う、そんなことない!」

やよい「……え?」

桃子「……全然違うよ。やよいさんの方が、桃子のこと嫌いなんじゃないの?」

やよい「嫌いなわけないよ! 私、桃子のこと大好きだもん!」


桃子「……本当に?」

やよい「うん」

桃子「……桃子、素直じゃないよ?」

やよい「うちの弟も最近素直じゃないから、慣れっこだよ」

桃子「……育みたいに、可愛くないよ?」

やよい「ううん、桃子は可愛いよ。すごく可愛い」ナデナデ

桃子「……ありがと」ボソッ





32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 23:09:20.40 ID:n5JI8wxb0


桃子「やよいさん、さっきはごめんね。桃子ひどいこと言っちゃった」

やよい「ううん、私は気にしてないから大丈夫だよ。プロデューサーには謝ろうね」

桃子「………」コクリ

やよい「あ、あとね! 私、桃子にお料理作ってきたんだ!」

桃子「料理?」

やよい「うん。桃子がピーマン苦手って言ってたから……」ゴソゴソ

やよい「スーパーで苦味が少ないピーマン選んで、縦切りにして油通しもしたから大丈夫だと思うよ」

桃子「そうすると苦くなくなるの?」

やよい「完全になくなるわけじゃないけどね。高槻家特製ソースで味付けしたから絶対美味しいよ、どうぞ」コトン

桃子「………(ピーマンか……。でも、やよいさんが桃子のために作ってくれたなら……!)」ジー

やよい「あ、嫌なら無理に食べなくても」

桃子「嫌なんて言ってないでしょ。いただきます!」パクリ






33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 23:10:14.49 ID:n5JI8wxb0

桃子「………」モグモグ

やよい「ど、どうかな?」

桃子「……しい」プルプル

やよい「え?」

桃子「美味しいよ、これ! え? これ本当にピーマン? あんまり苦くないし、何よりソースがすっごく美味しいんだけど! やよいさん天才じゃない!?」キラキラ

やよい「えへへ、そうかな?」





34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 23:11:05.57 ID:n5JI8wxb0


桃子「あー美味しかった。ごちそうさまでした!」

やよい「おそまつさまでした。良かったらまた作ってくるよ」

桃子「ありがとう……。え、えっと……」

やよい「……?」

桃子「こ、今度は桃子も一緒に作りたいな」カァァ

やよい「……うん! そうしようね!」





35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 23:12:16.86 ID:n5JI8wxb0



ガチャッ


P「おー、2人とも仲直りしたのか?」

やよい「ばっちりですー!」

P「そりゃ良かった、みんな心配してたからな」

桃子「あ、あの、お兄ちゃん」

P「ん、どうした?」

桃子「……さっきはごめんね。言い過ぎたよ」

P「ああ、何だそのことか。桃子は仕事に真摯に向き合ってそう思ったんだから、気にしなくていいよ。ただ、俺以外の目上の人には気をつけた方がいいな。桃子なら、大丈夫だと思うけど」ナデナデ

桃子「……うん、気をつける」

真美「おやおや、ももーんが随分素直になってますなぁ」ゴクゴク

桃子「あ、真美さん! ……って、何飲んでんの?」

真美「兄ちゃんが飲み物買ってくれたんだー! コーラおいちー!」

育「わたしもジュース買ってもらっちゃった」

雪歩「私もお茶買ってもらったよ。最近のお茶はペットボトルでも結構美味しいんだよねー」

真美「そーなの? ゆきぴょん、1口ちょーだいちょーだい!」

雪歩「ふふ、はいどうぞ」

桃子「ふうん……。お兄ちゃん、桃子たちのは?」

P「いや、買ってないけど」

桃子「へっ? 何で?」





36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 23:13:52.72 ID:n5JI8wxb0


P「だってほら、あそこに飲み物あるし。俺とやよいの分、桃子が買ってきてくれたんだろ?」

やよい「えっ、そうだったの?」

桃子「……何で分かったの?」

P「俺は桃子のプロデューサーだからな!」

桃子「……関係なくない?」

P「はは、関係ないな。でも、そこら辺にいる奴よりは桃子のこと分かってるつもりだよ」

桃子「……そっか」





37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 23:14:38.01 ID:n5JI8wxb0


P「じゃあ桃子、コーヒー貰うな」

桃子「どーぞ」

やよい「わ、私も本当に貰っていいの?」

桃子「いいよ。さっきのお詫びと、ピーマンのお礼」

やよい「ありがとう、じゃあいただきまーす!」プシュッ、ゴクゴク

桃子「(桃子も喉乾いてるから飲もう)」プシュッ、ゴクゴク

やよい「えへへー、美味しいね」

桃子「まあ、ジュースだからね」

やよい「ううん、違うよ」

桃子「……?」




38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 23:15:23.57 ID:n5JI8wxb0

やよい「桃子と一緒だから美味しいんだよ」

桃子「……ふーん」

やよい「いや、違うな。桃子が買ってきてくれたから……? 桃子と同じものだから……?」

桃子「………」

やよい「うーんとね、まとめると、桃子がいてくれるから美味しいんだよ!」

桃子「ぷっ、全然まとまってないし」

やよい「あう、ごめんね」

桃子「何謝ってんの。……桃子もやよいさんが、」



44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/23(土) 23:26:47.24 ID:n5JI8wxb0

桃子「………」

やよい「桃子?」


桃子「……やよいさん。これからも桃子のこと、見ててくれる?」

やよい「もちろん! 桃子は可愛い妹みたいなものだから!」

桃子「……うん、ありがとう」


桃子「(やよいさんがいてくれるから、桃子は甘えられるんだよね。……やよいお姉ちゃん)」




END







元スレ
【ミリマス】やよい「桃子、めっ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453556527/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月24日 00:42
      • なんだこの天使たちは
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月24日 00:45
      • ミリオンの雪歩はお姉ちゃんしてて好き
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月24日 00:48
      • ああ~^浄化されるんじゃ~(ジュンジュワー)
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月24日 00:49
      • ほっこりした
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月24日 00:50
      • 5     
      • 6. 如月教祖
      • 2016年01月24日 01:01
      • これでまた一人、聖天使高槻さんに魅了されたわね、素晴らしいわ!!
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月24日 01:21
      • モモコング先輩マジ天使
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月24日 01:24
      • このみ「やよいお姉ちゃん!」
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月24日 02:13
      • 5 よく理解して書いてる
        桃子ならこういうことありえそうだ
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月24日 07:27
      • 俺もやよいお姉ちゃんって呼びたい…クソッ…呼びたいんだよ!
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月24日 08:03
      • 765ASの埋もれた魅力を引き出してくれるミリマスはとても素晴らしいし、新しいアイドル達の成長を見守ることが出来るミリマスはとても素晴らしい。前者だけはデレマスでは得られない楽しさと言える。

        765Pならミリマスは嗜んで損は無い。SPや2で止まってしまうのはとても勿体無いよ。
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月24日 09:13
      • 見た目は同年代だよな
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月24日 09:24
      • やよいが桃子呼びだと知った時は運営にお中元送らなきゃと思ったものだよ
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月24日 10:13
      • そういや、やよいには赤いのが沸かないな。甘やかすよりたしなめる印象が強いからかな。
        姉属性とは母性とは別物と、あらためて納得する次第。
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月24日 11:08
      • 5 お姉さんしてるやよいと雪歩を見るためだけにミリマスやる価値ある
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月24日 12:28
      • やよもも!ゆきもも!
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月24日 14:05
      • これを百合と評するやつは毒されすぎてるな。シアター一幕のいいSSでした。
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月24日 17:28
      • ※13
        ワロタと同時に全力で納得してる俺がいるわ
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月24日 18:34
      • いいなぁ
        よくある展開ではあるもののキャラクターがすごく自然な雰囲気だった
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月24日 19:27
      • やよもも…これは来るな
        なぜこの組合せがこれまで主流でなかったのか疑問に思うくらい素晴らしい
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月24日 19:49
      • これはいいピヨ
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月27日 13:37
      • 事務員仕事しろ
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月10日 20:03
      • 5 今さら読んだけどすごくよかった

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務