TOP

モバP「家庭教師か・・・」藍子「先生、ご指導お願いします」

2: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:08:15.24 ID:SHar5y3y0

―――とある住宅の前―――


P(ここで間違いなさそうだな)ポチッ

ピンポーン

……

…………

??『はい』

P「・・えと、家庭教師を頼まれて来たのですがー」

??『あ! はいっ』

……

ガチャリッ

藍子「どうぞ、中に入ってください」ニコッ

P(この子が、ぼくの教える……)



3: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:09:08.36 ID:SHar5y3y0

数日前…

―――事務所―――


ちひろ「・・・・というわけで、頑張ってくださいね」

P「というわけ、じゃありません」

ちひろ「え? 何かわからないところでもありましたか?」

P「いや! だって!!」



P「家庭教師のアルバイトって・・ぼく、プロデューサーですよ!?」



4: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:10:09.17 ID:SHar5y3y0

ちひろ「でも社長直々の依頼ですし、リッパな社員の仕事ですよ?」

ちひろ「社長の親友の娘さんの家庭教師・・・・」

ちひろ「体験談、まってますから♪」

P「家庭教師の仕事なんてしたことありません」

ちひろ「大丈夫です! 思うままに教えるのでいいと、言われたそうですから」

P「いや、でもぼくにはプロデューサーの仕事が」

ちひろ「最近、休日でも仕事しているみたいじゃないですか」ボソッ

P「うっ」

ちひろ「仕事がなくても雑用しているようですね~」

P「うっ」

ちひろ「はい♪ お仕事からいったん離れましょう」

P(・・・・やれやれ)



5: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:11:26.27 ID:SHar5y3y0

現在…


P(ちひろさんから貰った資料で、彼女の簡単なことはわかったつもり)

P(・・・・と、思っていたけど)

藍子「家族は誰もいないので、リビングでいいですか?」

P「あっ、はい、かまいません」

P(この子、すごくティンとくる)

P( ス カ ウ ト し た い ! )

P(・・ハッ! いかん、いかん。今日は仕事じゃないんだ)

藍子「こちらです」ガチャリ



6: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:12:40.81 ID:SHar5y3y0

―――リビング―――


藍子「・・・・」チャクセキッ

P「・・・・」チャクセキッ

藍子「それでは、はじめましょう」

P「うん、そうだね」

藍子「その前に・・」ススッ

藍子「今日は来ていただき、ありがとうございますっ」ペコリ

藍子「・・先生、藍子にご指導、お願いします」ニコッ



7: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:13:54.72 ID:SHar5y3y0

―――その頃、事務所―――


カタカタ…コツコツ…

……

ちひろ「穏やかですねー」

社長「そうだね。彼がいないってのに違和感を持つがね」

ちひろ「今頃、家庭教師がはじまったんじゃないでしょうか?」

…………

ちひろ「・・・・」

ちひろ「どうして社長に頼んだのでしょうか?」

社長「んん?」

ちひろ「いえ。家庭教師だったら、ちゃんと適した人にお願いするはずですから・・」

ちひろ「どうして社長に家庭教師をお願いしたのかなー、と」

社長「・・・・」

社長「ちひろ君、きみは一つだけ勘違いしているよ」

ちひろ「え?」



8: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:15:21.37 ID:SHar5y3y0

―――高森家―――


P(今日ははじめて。それじゃあ・・・・)

藍子「先生、本日はどのような授業ですかっ?」

P「あはは、授業だと学校っぽくなるね。・・でも、それを抜きにしても今日は授業じゃないんだ」

藍子「?」

P「今日ははじめてだからね。お互いのことを知ることからはじめよう」

P「多分、お互いを知らないままだと微妙な空気で過ごすことになる気がするから」

藍子「・・・・」

藍子「はいっ! わかりましたっ」

P(・・・・そういえば)

P(担当アイドルとも最初はミーティングだったな)



9: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:16:37.68 ID:SHar5y3y0

P「高森さんは、いま何年生?」

藍子「16歳の、高校1年生ですっ」

P(うん、資料に間違いはないな)

P「高校生になったばかりってことは、まだ慣れないことも多いんじゃない?」

藍子「えーと・・うーん・・・・」クビカシゲ

藍子「どうでしょう?」エヘヘ

P「どうでしょうって」

藍子「先生はどうでしたか?」

P「・・ぼくのときは慣れるまでに時間かかったかな。中学までの親しかった友人もいなくなったし」

藍子「そうなんですかっ?」ズイッ

P「あ、うん・・・・それで気の合う友人ができるまでは、どうやって生活しようか悩んだよ」

藍子「なるほど、やっぱりそういう悩みはあるんですね・・・・」ウンウン

P(しまった。ぼくの方が話しちゃってる)



10: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:17:39.10 ID:SHar5y3y0

………

P「高森さんは、高校の友人とかとよく遊んでいるの?」

藍子「えと、『よく』ってほど遊んでないんです」

藍子「・・・・」ハッ

藍子「こ、高校でひとりぼっちってわけじゃないですよ」アセアセ

藍子「お散歩が大好きだから、友達といっしょに散歩したりしますし・・」

藍子「そうじゃない時は、一人でもお散歩したりしてますっ」

P「なるほど、散歩・・・・」

藍子「先生はお散歩好きですか?」

P「散歩というか、外をブラブラするのは好きかな」

藍子「そうなんですか? 嬉しいですっ」パアッ

P(アイドルの卵をスカウトするためのブラブラだけど)



12: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:18:42.65 ID:SHar5y3y0

P(散歩かー。気ままって意味じゃ、長くやってないかもしれないな)

P「散歩のどこが好きなの?」

藍子「えーと・・たっくさんありますっ」

P「よし、ぜーんぶ教えて!」

藍子「ぜ、ぜんぶですか?」

P「好きなだけ、ってこと」

P(彼女が話す『散歩』・・・・)

P「すごく知りたい」ワクワク

藍子「・・・・!」

藍子「わかりました。藍子、語りますっ!」キリッ



14: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:19:49.69 ID:SHar5y3y0

……

藍子「え、えっとですね・・・・たとえば、お散歩している時に・・・・」

………

藍子「ワンちゃんが寝てたりしたら、持っているトイカメラで・・・・」

…………

藍子「トイカメラの、その場で確認できないのが好きなんです」

P「わかる! 確認できないからこそ、一期一会って感じだ」

………………



15: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:21:00.18 ID:SHar5y3y0

―――その頃、事務所―――


ちひろ「・・・・」

ちひろ「・・もしかして、スカウトさせたいんでしょうか?」

社長「うん? どういうことだね?」

ちひろ「さっき、社長が教えてくれたじゃないですか」

ちひろ「高森藍子さんのお父さんが、プロデューサーさんを直々に指名したって」

社長「ああ。彼のことは、私がよく話のタネにしていたからね」

社長「それで興味を持ったのではないかな」

ちひろ「プロデューサーさんなら、可能性のある子はスカウトする気がするんです」

ちひろ「・・あの、プロデューサーさんですから」

ちひろ「自分の娘をスカウトしてもらいたいのかなーって、想像しちゃいました」



16: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:21:57.54 ID:SHar5y3y0

社長「それだったら、直接頼めばいいと思うがね」

ちひろ「ですよねー」

社長「ただ気まぐれに家庭教師を呼びたかっただけかもしれない」




社長「・・ただ、まあ・・・・」

社長「どんな思惑があっても、一人の少女とプロデューサーが出会ったんだ」

社長「それで、どうなっていくのか・・・・私は楽しみだよ」

ちひろ「私も楽しみです。いろんな意味で」

社長「ああ。いろんな意味で、ワクワクだ」



17: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:22:47.15 ID:SHar5y3y0

―――高森家―――


……

…………

藍子「・・・・それで、ニャンちゃんたちがゴロゴロ転がってですね」ウキウキ

P「どうなる? どうなる?」ワクワク

藍子「二人のニャンちゃんが、頬をぺたーっとくっつけたんですっ!」

P「そ、それは、か、かわいい・・・・!」

藍子「ですよねっ! もう可愛くって、写真撮ったんです!」ウキウキ

藍子「・・・・見事にピンボケしてました」ズーン

P「あはは」

P「でも、思い出はいまでも鮮明に残ってるじゃない。それで十分だよ」

藍子「ふふっ、そうですねっ」



18: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:23:31.53 ID:SHar5y3y0

藍子「それで、次の日もお散歩したんですけど―――」

ピンポーン

P「あれ? ダレか来た?」

藍子「あっ、私が出ます」

藍子「先生は、そこで座っててください」

ハイ…ハイ…

トットットット…



19: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:24:32.15 ID:SHar5y3y0

P「・・・・」チラッ

P(聞き入ってたら、もうこんな時間か・・・・)

P(もう今日はお開きかな)

トットットット…

ガチャッ

藍子「家族への宅配便でした。ささっ、話をつづけますね♪」

P「それなんだけど、時計」ピッ

藍子「え? あ・・もうこんな時間だったんですね」

P「こんな時間だ」ハハハ

藍子「・・・・もっと、お話したかったんですけどね」

P「家庭教師は今日だけじゃないから、また次の機会にしよう」

藍子「・・・・! はいっ」

P「た・だ・し、次回からは勉強中心だからね」

藍子「あっ、そうでしたね」アハハッ



20: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:25:23.56 ID:SHar5y3y0



藍子「・・・・」







藍子「先生、もしよければですけど・・・・」







藍子「少しだけ、いっしょにお散歩しませんか?」




21: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:26:11.59 ID:SHar5y3y0

―――散歩道―――


藍子「私の大好きな公園にしようかなって、思ったんですけど」

藍子「それは次回のお楽しみってことで、ふふっ♪」

藍子「・・あ! 先生、あそこにウグイスがいますよっ」

P「ホントだ」

藍子「ひとりだけかなー? もしかして仲間がいるのかな?」キョロキョロ

P「・・・・」



22: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:27:31.56 ID:SHar5y3y0


P(今日、話していて、どうしても離れない気持ちがあった)







P(この子には、アイドルとしての可能性がある)







P(そんな確信がある)



23: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:28:36.20 ID:SHar5y3y0


P「・・・・」

藍子「あ! お仲間さんがいましたよ、先生っ」

P「・・・・」

藍子「・・・・先生?」

P「・・・・」

藍子「せんせー?」

P「んっ? ああ、ゴメン」

藍子「・・もしかして、退屈でしたか?」

P「ちがう、少しだけ考え事をしていたんだ」

藍子「考え事?」



24: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:29:32.64 ID:SHar5y3y0


P「・・・・」ジッ


藍子「・・・・」キョトン


P「・・・・」



25: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:30:56.68 ID:SHar5y3y0

P「高森、藍子さん」

藍子「はいっ?」

P「・・・・」

藍子「・・・・?」

P「・・・・」









P「こんな先生だけど、よろしくお願いします」ペコリ

藍子「ええっ!?」

藍子「い、いきなり、どうしたんですかっ?」アタフタ

P「・・・・」ペコリー

P(これが、いい)



26: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:31:26.21 ID:SHar5y3y0

……

…………

………………



27: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:32:24.37 ID:SHar5y3y0

―――事務所―――


ガチャリッ

P「ただいま戻りました」

ちひろ「あ! おかえりなさい」

社長「おかえり! 今日はご苦労だったね!」

ちひろ「フフ、どうでした? 家庭教師は」

P「次回から本番なので、まだ何ともいえませんね」

ちひろ「相手の子はどうでした?」

P「どうとは・・?」

ちひろ「スカウトとか、したんじゃないですか?」ニッコリ



28: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:34:16.80 ID:SHar5y3y0

P「・・・・」

ちひろ「プロデューサーさん?」

P「・・・・」フッ

P「してませんよ。全く、カケラも」

ちひろ「ええっ? 本当ですか!?」

社長「これは予想が外れてしまったね」ハッハッハ

P「いえ、ジッサイ気持ちはあったんですよ。すごく可能性を感じました」

P「でも・・・・」








P「ぼくは、彼女の前では"先生"なんです」

P「先生は、アイドルのスカウトなんてやりません」



29: ◆j9PpoLUi2w 2016/01/18(月) 23:37:56.75 ID:SHar5y3y0

プロローグみたいな形ですが、これで一旦おしまいです

こんな駄文を読んでくださり、誠にありがとうございました(土下座)



元スレ
P「家庭教師か・・・」藍子「先生、ご指導お願いします」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453126044/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 16:37
      • 続きがないと判断できんわ
        はよ
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 16:40
      • ティ、ティーチャァー!ティーチャーが不気味に笑っているッ!これはまずい!オー、マイ、ガー!
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 16:51
      • 1 またこれ系か
        オチ着けろよ
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 16:51
      • 次回からあーちゃんに教育(意味深)を施すんですねグエッヘッヘ
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 17:34
      • 外をブラブラ(意味深)
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 17:40
      • いい歳した大人が「ぼく」はないだろ・・・。
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 17:44
      • ※6
        社会人やってると結構見かけるぞ
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 17:48
      • 上司、年上との会話では「僕」
        同僚、年下のみの時は「俺」
        ちゃんとした場の時はもちろん「私」
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 17:48
      • 僕「」ってやると叩かれるからってP「」にすればいいってものでもないだろ
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 17:49
      • これは「僕」ではなく「ぼく」なのが味噌だな
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 17:52
      • ※6
        社会人ならボクかワタシのほぼ2択だってわかると思うんですけど
        オレが通じるのは後輩か現場仕事あるやつくらいでリーマンが仲良くても上司に俺とか若干引くわ
        まぁ大正義はコチラなんだけど
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 17:55
      • 漢字で僕ならなぁ
        ひらがなだとどうしても幼いイメージになる
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 17:57
      • 書いている子が、まだ若いんだろ。
        10代終盤かな?
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 17:59
      • 「ぼく」だと体裁の為の使い分けじゃなく単にお子様な印象受けるわな
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 18:00
      • 多分このPは週末にぷいきゅあがんばえーとかやってるんだろう
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 18:01
      • ぷいきゅあー!
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 18:41
      • 時子様の下僕?
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 18:42
      • ※6
        お前私か俺しか使わないの?キモ
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 19:19
      • ぼくひで
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 19:25
      • 逆裁のナルホドくんとかが「ぼく」だけど、モバPは「俺」がしっくりくる
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 20:09
      • 胸にかけて!胸に!
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 20:12
      • 4 導入はいい感じ。続きが気になるねぇ。
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 20:24
      • 1 確かに子供の書いた文章感
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 20:24
      • 今までいろんなモバPが出てきたのに今更一人称にケチつけるとか
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 21:08
      • 家庭教師Pか・・・エロいな
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 21:36
      • ※6
        ようガキ、自分の意見が否定されてどんな気分だ?
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 22:23
      • ※4
        P(これマジ?ウエストに比べて胸が小さすぎるだろ…)
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 22:23
      • いや割と一人称僕の大人結構いるだろ。
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 23:02
      • 僕はね正義のPになりたかったんだよ
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 23:34
      • ※27 だから興奮するんだろ!
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月20日 02:21
      • 教授や講師って普通に僕って言うからなんの違和感も無かったけど
        気にする人はよっぽど社会に触れてないのか狭い社会に生きてるか
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月20日 06:47
      • 漢字で「僕」じゃなくてひらがなで「ぼく」だからなあ
        精神年齢低く感じる
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月20日 08:56
      • ぼくちゃんに見える
      • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月20日 09:13
      • ぼくひで
      • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月21日 16:13
      • ???「ボクを忘れてもらっては困りますね。」
      • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月25日 23:52
      • 765もミリオンも、もちろんシンデレラも触れたが、1番結婚したいアイドルは?と聞かれたらそれは、藍子1択なんだよなぁ…
        ドラム缶がなんだ!72以下がなんだ!ゆるふわ系乙女が最高なんじゃ!
      • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年07月16日 19:22
      • プロデューサーが男と何処にも明記されていない、後は分かるな

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ