TOP

小鳥「ピヨー!ついに届いたわよ!」 雪歩「どうしたんですか?小鳥さん」

1:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:00:12.99 ID:IK7MhzmC0



小鳥「ピペペ…雪歩ちゃん!これがついに届いたのよ!」


雪歩「これって………なんですか?お饅頭みたいですけど…」


小鳥「ええ、お饅頭よ。でもね、この饅頭にはね“正直になる薬”が入ってるの!」


雪歩「しょ、正直になる薬…ですか?」


小鳥「そうよ!これを食べればどんな人だって途端に自分に正直になっちゃうの!」


雪歩「す、すごいですぅ!」


小鳥「これをプロデューサーさんに食べさせれば…」


P『小鳥さん、好きだ!』


小鳥「ピペペ…プロデューサーさんったら!」


雪歩「えー…」



2:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:03:25.56 ID:IK7MhzmC0

小鳥「そうと決まれば早速プロデューサーさんの机の上に置いておきましょう!」


雪歩「そんなにうまくいかないと思いますけど…」


小鳥「大丈夫よ大丈夫!きっと食べるわ」


律子「…何やってるんですか?小鳥さん」


小鳥「げ」


雪歩「あ、律子さん。おはようございますぅ」


律子「おはよう雪歩。で、小鳥さんはプロデューサー殿の机をいじって一体何を?」


小鳥「じ、実はお饅頭を買ってきまして…律子さんもどうですか!?」


律子「へー、お饅頭ですか。それではお言葉に甘えて…」


雪歩「いいんですか?律子さんに食べさせて」コソコソ


小鳥「まだ饅頭はあるから大丈夫よ!」コソコソ


雪歩「そういうことじゃないですぅ…」コソコソ



4:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:06:21.18 ID:IK7MhzmC0

律子「へー、甘くて…でもくどくなくて…美味しいですね。どこで買われたんですか?」モグモグ


小鳥「い、家の近所の和菓子屋さんで…」


雪歩「律子さん…なにか変わった感じはしませんか?」


律子「え?別にないけど…?」


小鳥「律子さん、実はプロデューサーさんのこと好きですよね」


律子「はぁぁぁあああ!!?何言ってんですか!そんなわけないでしょうが!なんですか!?何かあるんですか!?」


小鳥「な、なんでもないピヨ!」


律子「ならいいですけど…って!お饅頭食べてる場合じゃあないですよ!」


律子「今日は用事がたっぷりあるんですから!もちろん小鳥さんにもですけど」


小鳥「そんな…」


小鳥「雪歩ちゃん…あれ、効き目ないのかしら…騙されたわ…後で食べましょう」


雪歩「そうみたいですね」


律子「ボーッとしてないで行きますよ!時間がないんですから」


小鳥「どこに行くんですか?」


律子「いいからついてきてください!」グイッ


小鳥「ぴ、ピヨー…」


雪歩「頑張ってください」


雪歩「行っちゃいました」



6:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:09:33.53 ID:IK7MhzmC0

雪歩「それにしても正直になる薬かぁ…もしこれを真ちゃんに食べさせれば…」


真『愛してるよ、雪歩』


雪歩「なんてなったらなぁ…フヒヒ…」


雪歩「で、でも」


真『雪歩なんて嫌いだよ』


雪歩「だったらどうしよう…」オロオロ


亜美「どったのゆきぴょん」


真美「なーんか考え事?」


雪歩「あっ亜美ちゃん!真美ちゃん!い、いつ来たの?」


亜美「今日は真美の久々のおちごとだからね!早めに来たんだよ。五分前こ→ど→は基本ですからなあ」


真美「亜美は真美の付き添いだよ。ま→暇だったろうしね」


亜美「ん→?それはこのトップアイドル双海亜美への嫉妬ですかな→?」


真美「ま、真美だってすぐ追いつくもん!」


雪歩「あはは…」



7:プロデューサーは出てこないですぅ 2016/01/18(月) 00:12:25.11 ID:IK7MhzmC0

亜美「ところでゆきぴょん」


雪歩「どうしたの?」


亜美「このおかち何?」


真美「あ、真美も気になってたんだよね→。にーちゃんのお土産とか?」


雪歩「あー、それは小鳥さんが買ってきたお饅頭だよ」


亜美「お饅頭!?」


真美「食べていいの!?」


雪歩「えっ?たぶんいいと思うけど…」


亜美「やった→!」


真美「食べちゃおっと!」


雪歩「あっ!でも待って、それには正直になっちゃう薬が入ってるって小鳥さんが…」


亜美「いっ!?正直になる薬!?あぶな→もうちょいで食べちゃうところだったよ…ねえ真美」


真美「…」


亜美「…真美?」


真美「ぅぁ…食べちゃったよ…」


亜美「えっ!?」


真美「ど→しよ!」


雪歩「で、でもさっき律子さんが食べててなんともなかったから、大丈夫だと思うよ!」


真美「本当?」


雪歩「…たぶん」


真美「ゆきぴょんちょっと頼りないよ…」



8:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:13:58.55 ID:IK7MhzmC0

亜美「ま、普段から正直な亜美ならこんなのへっちゃらだけど、真美は嘘つきだからね→」


真美「真美も正直だもん!」


雪歩「ま、真美ちゃん、落ち着いて…」


真美「うぅ…」グスッ


亜美(あり?ちょっと言い過ぎた?)


亜美「だ、大丈夫だよ真美!りっちゃんだってなんでもなかったんだからさ!」


真美「そうかな…」


亜美「うん!大丈夫大丈夫!じゃあゆきぴょんもいるし、亜美はもう帰るね!」バタン


真美「あ、うん」


雪歩(逃げた…)



9:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:16:47.45 ID:IK7MhzmC0

雪歩「真美ちゃん、なにか変わったことはない?」


真美「ん~、実はあんまり実感ないんだよね→。やっぱり嘘なんじゃないかな?」


雪歩「やっぱりそうだよね」


真美「なんか嘘ついてみよっか?」


雪歩「なるほど!」


真美「ん→、じゃあ」


真美「実は!真美はまこちんと付き合っている!!!」


雪歩「ええっ!そうだったの!?」


真美「違うよゆきぴょん!嘘だってば!」


雪歩「あ、そっか…ごめんね」


真美「うん。やっぱり嘘つけるね」


雪歩「やっぱり騙されてるんだね小鳥さん」


真美「ま→、そんな薬あったらヤバすぎっしょ」


雪歩「あはは、そうだね」



10:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:17:35.49 ID:IK7MhzmC0

真美「それにしてもさ、ゆきぴょん」


真美「この部屋、なんか暑くない?」ソワソワ


雪歩「え?暖房もついてないし、寒いくらいだけど…って真美ちゃん!顔真っ赤だよ!」


真美「えっ!?そ→なの!?…実はさっきから頭がフラフラしてて…」


雪歩「ええっ!!?大丈夫なの!?毒が入ってたのかも!」


真美「ゆきぴょんを見てると頭がボーッとして…///」


雪歩「…えっ?」


真美「なんだか…胸の奥がポーッと熱くなって…///」


雪歩「ええっ!?」


真美「苦しくて…切なくて……だめ…ゆきぴょんのこと…ちゃんとみれないよ…」ハァハァ


雪歩「そ、それって…」


真美「ゆきぴょん…もっと近くにいってもいい?」ハァハァ


雪歩「ちょ、ちょっと待って!やっぱりだめだよ!女の子同士だし…その…なんていうか…」


真美「真美は…女の子同士でもいいよ…ゆきぴょんの隣にいたい…」ハァハァ


真美「ゆきぴょんは真美と同じ気持ちじゃないの?」


雪歩「真美ちゃん…!その…えと…あの…真美ちゃんはまだ中学生だし!」


真美「真美…もう身体はオトナだよ…?だからいいよね?」ハァハァ


雪歩「や、やっぱりダメですぅぅぅぅううううう!!!!!!」ダーッ


真美「ちょっと!ゆきぴょん!?」



11:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:18:22.44 ID:IK7MhzmC0

雪歩「…思わず逃げちゃった…でも、あれが薬のせいなら…あれが真美ちゃんの本心なんだよね…じゃあやっぱりちゃんと向き合って話さないと…」


雪歩「ま、真美ちゃん?」


真美「/////」


雪歩「真美ちゃん?」


真美「ま、真美さ…もしかして、変なこと言ってた?/////」


雪歩「えっ?」


真美「あれ!全部ドッキリだよ!/////」


雪歩「…へ?」


真美「ゆきぴょんは騙されてたの!全く!ゆきぴょんは可愛いんだから!このこの!/////」ポカポカ


雪歩「そ、そうだったんだ。ビックリしたよぉ」


真美「うん!そう!じゃあ真美もうおちごとだから行くね!/////」


雪歩「えっ!もう行っちゃうの?」


真美「うん!バイバイゆきぴょん!」バタン


雪歩「…」


雪歩「行っちゃった…」



12:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:19:49.50 ID:IK7MhzmC0

雪歩「今からどうしよう…」


雪歩「そうだ、律子さんと小鳥さんにお茶を淹れましょう♪」


雪歩「律子さん、小鳥さん、お茶がはいりましたよー」ガチャ


律子「ホラッ!ホラッ!ココがキモチイイんでしょうっ!!!!」パンパン


小鳥「律子さんっ!ダメッ!激しすぎますぅう!!!」


雪歩「」


雪歩「」


雪歩「」


雪歩「あっ!部屋間違えました~」


小鳥「ちょっ!と待って雪歩ちゃん!あの饅頭なんっだけどっ!」


小鳥「正直になる薬じゃなくてっ!」


小鳥「欲望にっ…正直になる薬だったらしいわ!」


雪歩「…」バタン


雪歩「何も見てません~」



14:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:23:44.79 ID:IK7MhzmC0

雪歩「でも…欲望に正直になる薬ってことは、真ちゃんに食べさせれば……フヒッ」


雪歩「じゃなくて!はやく処分しないと!」ガチャ


あずさ「あら~?雪歩ちゃん。慌ててどうしたの?」モグモグ


雪歩「…あずささん」


雪歩(食べてるーっ!!!)


雪歩「あずささん!それ!食べちゃダメですぅ!」


あずさ「あらあら~?ごめんなさい~。つい、お腹が空いてて…///」


雪歩「それよりあずささん!それには欲望に正直になる薬が入ってるから危険ですぅ!」


あずさ「欲望に正直になる…薬?」


あずさ「そんな薬ないわよ~雪歩ちゃんったら可愛いわねー」ギュッ


雪歩「ひゃっ!あ、あずささん…?」


あずさ「あらあら~雪歩ちゃんはこういうのあんまり好きじゃなかったかしら?」


雪歩「そういうわけじゃ…」


あずさ「じゃあいいわよね~。雪歩ちゃん、赤ちゃんみたいで可愛いわ~」


雪歩「良くないですぅ!!」



17:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:25:02.73 ID:IK7MhzmC0

あずさ「ねえ…雪歩ちゃん…私がアイドルになった理由…知ってる?」


雪歩「あ、アイドルになった理由…ですか?」


あずさ「そう、アイドルになった理由」


あずさ「わたしね、運命の人を見つけるためにアイドルになったのよ」


雪歩(まさか…)


あずさ「でもね!やっと逢えたの!雪歩ちゃん!あなたが運命の人!」


雪歩「ち、違いますぅ!それは薬のえいきょうで…」


あずさ「嬉しいわ~!雪歩ちゃんのこんなに近くに居られるなんて!」ムニムニ


雪歩「ひゃっ!」


雪歩(き、聞いてないですぅ…)



18:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:25:33.55 ID:IK7MhzmC0

雪歩「あずささん…」


あずさ「…」


雪歩「あの、あずささん」


あずさ「…」


雪歩「あ、あずささーん」


あずさ「雪歩ちゃん!」


雪歩「は、はひ!」ビクッ


あずさ「お願い…薬のせいでもいいの…もう少しだけ…このまま…幸せなままで居させて…」


雪歩「あずささん…」


あずさ「ごめんね、雪歩ちゃん…」ギュッ


雪歩「いえ、私でよければ…」



19:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:26:02.69 ID:IK7MhzmC0

あずさ「……でね、そのとき伊織ちゃんったら亜美ちゃんのせいだーって。うふふ」


雪歩「あはは、伊織ちゃんったら」


あずさ「それでね…でね……」zzZ


雪歩「あずささん?」


雪歩「寝てる…」


あずさ「…」zzZ


雪歩「ふふっ…」



21:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:26:48.89 ID:IK7MhzmC0

あずさ「…ふぁ」


雪歩「あ、あずささん。おはようございますぅ」


あずさ「ゆ、雪歩ちゃん!…その…私、変なこと、迷惑かけてごめんなさい!!!」


雪歩「いえいえ…あずささんもお疲れなんですね」


あずさ「あらあら~まだまだそんな歳じゃないわ~!」


あずさ「でも…もし疲れたら…」


あずさ「また頼んでもいいかしら…?」


雪歩「大したことはできませんが私でよければ」


あずさ「ふふっ、ありがとう」


あずさ「あらあらーなんだか喉が渇いたわね~/////」


あずさ「わたし飲み物買ってきます~」バタン


雪歩「あっ!1人で行っちゃダメですぅ!」バタン


雪歩「…ちょっと…あずささん…待ってくださいぃ…」タッタッタッ


雪歩「…あれ?あずささん…もういないですぅ…」



22:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:28:00.10 ID:IK7MhzmC0

雪歩「あずささん…帰ってこれるかなぁ…」ガチャ


千早「あら、萩原さん。おはよう」


雪歩(げ…)


雪歩「千早ちゃん…もしかして…お饅頭…」


千早「あ、あのお饅頭は萩原さんのだったのね。大丈夫よ、食べてないわ」


雪歩「…えっ?それは良かったですぅ…」


千早「そんなに大切なお饅頭なの?」



23:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:28:49.78 ID:IK7MhzmC0

雪歩「そうじゃないんだけど…実はあのお饅頭には…って千早ちゃん?減ってるんだけど…?」


千早「…今っ!」ガバッ


雪歩「ひっ!?」


千早「隙を見せたわね…捕まえたわ…萩原さん…!ふふふふふふふ」


雪歩「ち、千早ちゃん…?」


千早「もう…限界なの…!萩原さん…いえ、雪歩!ずっとあなたが欲しかったわ…!!」ハアハア


雪歩「千早ちゃん!それは薬のえいきょうで…」


千早「ふふっ、面白いことを言うわね…雪歩はそういうプレイが好きなのかしら…」ハアハア


雪歩(やっぱり聞いてない…!というかかなりまずいですぅ!)


千早「あなたはもう私のもの…ふふっ…雪歩…かわいいわね…」ハアハア


雪歩「ち、千早ちゃん?あの…」


千早「雪歩、怯えなくてもいいのよ…すぐにあなたも快楽の世界へ連れて行ってあげるわ…」ハアハア


雪歩「ちょっと!千早ちゃん!話を聞いむぐっ…」


千早「ふふっ、そう焦らなくてもいいわよ」



24:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:29:26.25 ID:IK7MhzmC0

千早「まずは唇からかしら」ペロペロ


雪歩「むぐーっ!!!」


千早「雪歩の唇…甘くて美味しいわね…ふふっ…ずっと舐めていたい」ペロペロ


千早「でもそろそろ口を開けてくれないかしら?キスができないわ」ペロペロ


雪歩「むぐっむぐーっ!!!」


千早「あら、雪歩?怒ってるの…?」


雪歩「むぐ!」


千早「ふふっ、そんな雪歩もかわいいわ…あなたの全てが愛おしい…!」ハアハア


千早「もっといろんな表情が見てみたいわ!そうね、悲しみなんてどうかしら!」


千早「手始めに真でも」


千早「…」


千早「あ、あの…萩原さん…私、どうして萩原さんの上にまたがってるのかしら…/////」



25:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:29:54.36 ID:IK7MhzmC0

雪歩「ぷはっ!千早ちゃん!やっと薬が切れたんだね!」


千早「萩原さん…私、萩原さんに酷いことを…!」


千早「ごめんなさい!ごめんなさい!ごめんなさい…」ボロボロ


雪歩「千早ちゃん…」


雪歩「いいよ」


千早「えっ?で、でも!」


雪歩「全部が千早ちゃんのせいじゃないから」


千早「そんな…!私は…自分勝手に萩原さんを傷つけて…」ボロボロ


雪歩「確かに怖かったけど…少しでも…千早ちゃんが私のことを思ってくれてるんだってわかって嬉しかったかな」


千早「萩原さん…!」ボロボロ


雪歩「千早ちゃん」ギュー


千早「萩原さん…」ギュー


千早「…もう少しこのままいても?」ハアハア


雪歩「もうおしまい!」



26:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:30:34.01 ID:IK7MhzmC0

千早「ぅぅ…じゃあ私はそろそろレッスンだから…萩原さん…さよなら」


雪歩「あ、千早ちゃん!」


千早「何?」


雪歩「萩原さん、じゃなくて雪歩、でいいよ」


千早「萩原さん!」パァァ


千早「じゃあ、行ってくるわね!雪歩!」バタン


雪歩「本当に反省してるのかなぁ…」


雪歩「あ、千早ちゃん楽譜忘れていってる!」


雪歩「千早ちゃーん!ちょっと待って!」タッタッタッ


千早「雪歩!私に会いに来てくれたの!?」


雪歩「違う…千早ちゃん反省してないね?」


千早「…ごめんなさい…ごめんなさい」ボロボロ


雪歩(トラウマみたいになってますぅ…)


雪歩「は、反省してるならいいよ…それより千早ちゃん、楽譜。忘れてたよ」


千早「…雪歩…私のためにありがとう!!」パァァ


雪歩「大袈裟だよぅ…」



27:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:31:02.00 ID:IK7MhzmC0

雪歩「それよりはやくあのお饅頭を処分しないと…」ガチャ


やよい「…」ポツン


雪歩「や、やよいちゃん?」


やよい「…たです」


雪歩「えっ?」


やよい「さみしかったです!!!どうしてわたしをひとりにしたんですか!!!」


雪歩「えっ!?」


やよい「もうはなしません!ぜったいいっしょですからね!」ギュー


雪歩「やよいちゃん?きっとやよいちゃんは薬のせいでちょっとおかしく…」


やよい「うそです!!!」


やよい「そんなこといって、またにげるきですか!」


雪歩「ま、また?」


やよい「雪歩さんいってたじゃないですか!わたしたちはさいこうのパートナー、ぜったいにはなれないって!」


雪歩「そんなこと言ってな…」


やよい「いってました!ちゃんとききましたもん!」


雪歩「で、でも…」


やよい「いってました!!」


やよい「だからいま、こうしているんです!ぜったいもうにがしません!」ギュー



28:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:31:31.16 ID:IK7MhzmC0

雪歩「や、やよいちゃん!わたし、やよいちゃんから逃げたりしないよ」


やよい「ほんとですか?」ギュー


雪歩「うん」


やよい「しんじてもいいんですか?」ギュー


雪歩「うん!」


やよい「…やっぱりダメです!」


雪歩「…えっ?」


やよい「やっぱり…ことばだけじゃしんじられません!」


雪歩「じゃあどうしたら…」


やよい「くちびるをもらいます!!!」


雪歩(また!?!)


やよい「おとなしくしてください!」


雪歩「やよいちゃん!ダメだよ!」


やよい「ダメじゃありません!キスします!」


やよい「んっ!んっ!」ピョンピョン


やよい「…」


雪歩「…」


やよい「…すみません。しゃがんでもらえますか?」


雪歩「えー…」



29:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:32:00.17 ID:IK7MhzmC0

やよい「…こうなったら!おしたおしてでもキスします!」グイッ


雪歩「や、やよいちゃん!?」バタン


やよい「んーっ!」


雪歩「だっだめ…むーっ!」


やよい「んーー………あれっ?わたし…なんで雪歩さんにちゅーを…あっ!」


雪歩「やよいちゃん!薬が切れたんだね!」


やよい「雪歩さん…わたし…いっぱい雪歩さんにわがままいっちゃいました…」


やよい「ごめんなさい!!」


雪歩「やよいちゃん…」



30:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:32:49.44 ID:IK7MhzmC0

雪歩「でも、寂しかったのは事実…だよね?」


やよい「……はい」


雪歩「じゃあ、今日1日だけだけど、わたしのことお姉ちゃんだと思ってもいいよ…!」


雪歩「なんて…ごめんなさい…わたしより春香ちゃんとかの方がいいよね…」


やよい「雪歩さんがおねえちゃんに…!?」


やよい「そ、それって!とってもうれしいかなーって!」


雪歩「本当?」


やよい「はい!うれしすぎて、きょうはもやしなしでごはんがたべれます!」


雪歩「あはは」


やよい「えへへっ…」



31:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:33:28.58 ID:IK7MhzmC0

やよい「はっ!そういえばきょうはとくばいのひでした!」


やよい「雪歩さ…おねえちゃん!スーパーにいきますよ!」


雪歩「お、お姉ちゃん頑張っちゃうよー!」


やよい「うっうー!いきましょう!」


雪歩「うん!」


やよい「はいたーっち!」


やよゆき「いぇい!」


雪歩「まさか…特売の日のスーパーがあんなに戦場になってたなんて…知りませんでした…」ゼーゼー



32:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:33:58.75 ID:IK7MhzmC0

雪歩「そういえば…お饅頭は!?」ガチャ


伊織「へー。案外美味しいじゃない。このお饅頭」モグモグ


雪歩「…」


伊織「あら、雪歩」


雪歩「伊織ちゃん…お饅頭…」


伊織「食べちゃったわ。文句あるの?そんなことより…なんかお腹いっぱいになったら眠くなっちゃったわ!」


雪歩「えっ?」


伊織「アンタの太もも、寝心地良さそうね…ちょっと膝枕しなさいよ!」


雪歩「ちょ、ちょっと伊織ちゃん!」


伊織「なによ!文句あるわけ!?」


雪歩「い、今の伊織ちゃんは薬のせいで…」



33:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:34:41.99 ID:IK7MhzmC0

伊織「……やだぁ!」ギュー


雪歩「えっ?」


伊織「膝枕してくれないと…ぅぅ…やだぁ!」グスッ


雪歩「えええええええええええええっ!?!」


雪歩「伊織ちゃん…今…なんて?」


伊織「膝枕してよぉ…雪歩ぉ…しなさいよぉ…」グスグス


雪歩「い、伊織ちゃん!?膝枕してあげるから…泣きやんで」


伊織「わぁい」ギュー


雪歩「」


雪歩(ど、どうしよう…)


伊織「雪歩ぉ…いい匂い…しゅき…」ギュー


雪歩(か、かわいい…!)


伊織「ナデナデして」


雪歩「ふえっ?」


伊織「頭…ナデナデしてぇ…」グスグス


雪歩「う、うん…」ナデナデ


伊織「?♪」ニコニコ


伊織「雪歩の手…優しい………」スゥスゥ


雪歩「寝ちゃった…」


雪歩(やっぱり竜宮小町のお仕事とかで疲れてるのかなあ)ナデナデ


雪歩「でも、こんな伊織ちゃん初めて見たなあ…」


雪歩「…」スゥスゥ



36:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:35:17.48 ID:IK7MhzmC0

雪歩「…はっ!私も寝ちゃってた!」


伊織「ふぇっ!?」


雪歩「伊織ちゃん、起きちゃった?」


伊織「ぅぅ…」グス


雪歩(まだ薬が切れてない!?)


伊織「…雪歩ぉ…どこ…?」


雪歩「はいはい、ここですよ~」


伊織「わぁい…雪歩ぉ…」ギュー


雪歩(ダメだかわいい!)


伊織「雪歩…んっ」


雪歩「えっ?」


伊織「キス…きすして…」


雪歩「ええええええええっ!?!」


伊織「お願い…んーっ」


伊織「きす…してよぉ…きす………き…す……キス!?ってなに言ってんのよ私はっ!!/////」


雪歩「伊織ちゃん、大丈夫!?」


伊織「は、はあああっ!?なにがっ!?/////」


雪歩「ひいっ」


伊織「アンタもアンタよ!なに流されてるのよ!/////」


雪歩「うっ…で、でも!伊織ちゃんとっても可愛かったよ?」


伊織「うわああああああ!!!言わないでえええええええ!!!/////」バタバタ



37:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:35:51.03 ID:IK7MhzmC0

雪歩「ちょ、ちょっと!落ち着いて!」


伊織「ぅぅ…一生の恥よ…!」


伊織「私のこんな姿みたんだから!ちゃんと責任とってもらうわよ!!!」


雪歩「そ、それってどういう…」


伊織「ホラッ!早速式の準備よっ!すぐに来なさい!!!」グイッ


雪歩「ええええええっ!?!ちょっとまっ……」


雪歩「あぶなかったですぅ…」


雪歩「もうちょっとで伊織ちゃんちの車に乗せられるところでした…」トボトボ


雪歩「でも…ああいう欲望に正直な形もあるんだなあ…」



38:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:36:20.50 ID:IK7MhzmC0

雪歩「…はっ!それよりお饅頭は!」ガチャ


美希「やー!これはミキのなのー!」


春香「ダメだよ美希!2つも食べたら怒られるって!」


美希「春香も2つ食べればいいの!それならみんな2つで怒られないの!」


春香「そういう問題じゃなくて!」


雪歩「あ、春香ちゃんと美希ちゃん…」


雪歩(やっぱり既に食べてるー!)


雪歩(で、でも隠れてたら2人がお互いにいちゃいちゃしてくれるだけで終わるかも)


春香「…ねえ、美希。なんだか暑くない?」


美希「今は冬だから暑いわけないの。でも…なんだか身体が火照ってくる気がするの!」


雪歩(いい感じですぅ!)


春香「なんだか…スキな匂いがするよぉ…美希ぃ…」ハアハア


美希「ミキも…なんだか…イケナイ気持ちになってきたの…」ハアハア


春香「これは…」ハアハア


美希「うん…」ハアハア


はるみき「雪歩の匂い!!!」


雪歩(……えっ!?)



39:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:36:57.98 ID:IK7MhzmC0

春香「この部屋のどこかに雪歩がいるよ!」


美希「探すの!絶対見つけだすの!」


雪歩(な、なんで私!?)


美希「ミキはあっちを探すから、春香はそっちを頼むの!」


春香「うん!」


雪歩(こ、このままじゃ見つかっちゃう!早く机の下に…)


春香「あっ」


春香「雪歩…見つけたよ!」


雪歩「ひっひぃぃぃいいいむぐっ!」


春香「ダメだよ雪歩!美希にバレちゃうから!」


雪歩「むぅぅ…」


春香「やったー!雪歩ー!雪歩独り占めー!」ハアハア



41:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:37:39.86 ID:IK7MhzmC0

雪歩「ダメだよ春香ちゃん!今ね、春香ちゃんは薬のせいでそうなってるんだよ!」


雪歩「春香ちゃんが本当に好きな人はプロデューサーさんでしょ!?」


春香「何言ってんの?雪歩」


春香「私が好きなのは初めからゆき」


美希「春香!独り占めは良くないって思うな!!!」


春香「…美希!いいところだから邪魔しないでよ!」


美希「雪歩をこっちに渡すの!」


春香「嫌だよ!せっかく2人になれたんだから!美希が向こうに行ってよ!」


美希「むー!わからずやなのー!!!!」


美希「だいたい春香が雪歩に釣り合うわけないの!」


春香「なにーっ!?」



42:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:38:28.36 ID:IK7MhzmC0

美希「あはっ!雪歩の隣に春香がいるなんてお笑いなの!ありえないって思うな!」


春香「美希の方だって!真くん真くんっていつも言ってるくせに!こういうときだけ!」


美希「あれは雪歩の気をひくためのミキの作戦なの!」


雪歩(そうだったんだ…ってええええっ!?)


春香「ギギギギギ…じゃあ美希にはプロデューサーさんをあげるよ!それでいいでしょ!?」


美希「いいわけないの!」


春香「なんでよ!いつもハニーハニーって!」


雪歩「2人とも、落ち着いて…」


はるみき「雪歩は黙ってて!!!」


雪歩「ひゃっ、ひゃい!」



43:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:38:59.20 ID:IK7MhzmC0

美希「こうなったらちからづくなの!」ギュー


美希「雪歩はミキの方がいいよね!」ギュー


春香「あっ!ずるい!私も!」ギュー


春香「雪歩っ!私の方がいいよね!」ギュー


美希「はにぃ!だぁいすきなの」ギュー


春香「…っ!わ、私も!だぁいすきですよ!だぁいすき!」ギュー


美希「パクリなの!」


春香「うるさいやい!」


春香「さあ!雪歩っ!」


美希「どっちがいいか!」


はるみき「選んでよ!」


雪歩「そ、そんなの選べないよう…」



44:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:39:31.38 ID:IK7MhzmC0

雪歩「2人とも素敵すぎて、私なんかにはもったいな」


春香「何言ってんの!雪歩だって素敵だよ!」


美希「そうなの!ミキたちなんかよりもずっとかわいいの!」


雪歩「そ、そんな…」


雪歩(ほ、ほめ殺しですぅ…///)


春香「今だっ!雪歩っ!こっちに!」グイッ


美希「そうはさせないの!」グイッ


雪歩「ひぃっ!」ドンガラガッシャーン



45:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:40:00.41 ID:IK7MhzmC0

雪歩「…うーん」


春香「雪歩…大丈夫?」


美希「ごめんね、迷惑かけちゃったの」


雪歩「春香ちゃん…美希ちゃん…もう大丈夫なの?」


春香「うん…もう大丈夫だよ」


美希「春香はもうちょっと寝てたほうがいいの」


春香「美希っ…!」


美希「この際だから言わせてもらうけど、春香は邪魔なの!ミキたちの仲に介入しないで欲しいって思うな!」


春香「何言ってんの美希!美希が私たちの邪魔をしてるんでしょ!」


雪歩「けんかはダメだよ!」


はるみき「…えっ?」



46:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:40:28.50 ID:IK7MhzmC0

雪歩「春香ちゃんも美希ちゃんも大好きだけど、2人がけんかしてるのは嫌だよ!ぅぅ…」グスッ


春香「雪歩…」


美希「……春香、ごめんなさいなの」


春香「美希…」


美希「ミキね、雪歩と一緒にいるために春香は邪魔してくるからなんとかしなきゃダメだって思ってたの」


美希「でも、そうすることで雪歩も傷ついて…春香とも一緒にいれなくなるのはやっぱり寂しいの!嫌なの!」


春香「美希…!」


雪歩「やっぱり2人は仲良くしてるのが一番だよ!」


美希「でもそれと雪歩のことは別なの!雪歩は絶対美希の虜にするの!」


春香「……美希」


雪歩「えー…」


美希「春香!まずはボーカルレッスンで勝負なの!」


春香「えっ?ボーカルレッスン…?……のっ、望むところだよ!!!」ダッ


雪歩「は、春香ちゃーん!美希ちゃーん!」ダッ


雪歩「…行っちゃった」



47:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:41:08.08 ID:IK7MhzmC0

雪歩「でも、みんなから好かれるっていうのも悪くないかな…なんて」ガチャ


真「あ、雪歩!おはよう!」


雪歩「ま、真ちゃんっ!?」


雪歩(きた…遂にキターッ!)


雪歩「真ちゃん!もしかしてお饅頭食べちゃった!?全く!しょうがないなあ!いいよ!」バッ



48:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:42:13.35 ID:IK7MhzmC0

真「お饅頭?ああ、美味しかったよ!」


雪歩「……えっ?」


真「?」キョトン


雪歩「…真ちゃん。なんともないの?」


真「うん。どうしたの?雪歩」


雪歩「ま、真ちゃんが食べたお饅頭にはね…欲望に正直になる薬が入ってて…」


真「ええっ!?そうだったの!?」


雪歩「でもなんともないんだよね…?」


真「うん」


雪歩「なんでだろう…」


真「あっ!」


雪歩「?」


真「たぶんなんだけどさ…」


真「いや…やっぱり恥ずかしい////」


雪歩「気になるよぅ…」



49:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:42:55.02 ID:IK7MhzmC0

真「たぶんさ…ボクが普段から欲望に正直だからかな?」


雪歩「…?それってどういうこと?」


真「ボクが本当に望んでいるのは雪歩とずっと一緒にいること。でも、それが今ほとんど叶ってる」


真「だから何も起きないんじゃないかな」


雪歩「そ、それって……真ちゃんがわたしのことを…///」


真「うん/////」


真「愛してるよ、雪歩」


雪歩「!」


雪歩「わ…わたしも…」


「ちょっと待ったー!」



50:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:43:32.00 ID:IK7MhzmC0

春香「ちょっと真!!!私の雪歩を勝手に取らないでよ!!!」


美希「あはっ!春香のものでもないの!真クン!雪歩を早く返してほしいって思うな!」


伊織「はあ!?バカ言ってんじゃないわよ!雪歩!式の準備に戻るわよ!」


やよい「雪歩さんはわたしのおねえちゃんで、ほかのだれのものでもないかなーって!」


千早「全くあなたたちは…雪歩が困ってるでしょう…さあ雪歩!私のところへ!!!」


あずさ「あらあらー、みんなには悪いけど、雪歩ちゃんはすでに予約済みなのよー」


真美「ま…真美も!ゆきぴょんのことが…その…好き…だよ/////」


真「何言ってるんだい!ぜーったい雪歩のことは譲らないからねっ!!!」


ギャーギャーワーワーナノーナノー


亜美「ゆきぴょん…コレ…ちゃんと責任とらなきゃね」ポンッ


雪歩「あはは…」


おしまいですぅ



51: ◆xaMxKRAwcO6W 2016/01/18(月) 00:44:45.91 ID:IK7MhzmC0

というわけでおしまい



元スレ
小鳥「ピヨー!ついに届いたわよ!」 雪歩「どうしたんですか?小鳥さん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453042812/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 01:56
      • 響は?貴音は?
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 02:02
      • ※1
        きっとPSP版が出る前に構想を練られたSSなんだよ
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 02:07
      • お姫ちん出したらそこで饅頭なくなっちまうだろ!
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 02:09
      • ピペペ
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 02:10
      • 事務員に救いは無いんですかね…ピヨ
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 02:17
      • 雪歩は食べてないのに真相手だとあの反応なのか…
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 02:33
      • まーた雪歩の妄想ノートが晒されたのか・・・やっぱポスト小鳥は雪歩で間違いですy 間違いないなっ!
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 02:38
      • ピペペって
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 03:09
      • こまごめピペットなんてものがありましたね
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 03:10
      • 欲望に正直になって雪歩を襲うってことはみんな雪歩大好きってこと?
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 03:16
      • 正直になる薬→自白剤
        欲望に正直になる薬→媚薬

        どっちにしてもヤバイわ!とりあえず欲望を解放しろ!(チャリーン)
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 03:28
      • 貴重なあずゆき・ゆきやよ・ゆきいお分を補給出来た
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 04:29
      • なんでアイドルをクソレズにしたがるんだろうなあ
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 05:01
      • どっちもいける派としてはPドルとはるちは・ゆきまこは食べ飽きた
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 05:35
      • 765アイマスSSというコンテンツには新境地はないレベル
        なーにがクソレズだニワカちゃん
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 05:48
      • おこなのぉ?
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 06:39
      • くそだなー
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 07:29
      • 雪歩ハーレムになった以外はいつもの765プロだな
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 07:29
      • 最近百合多いなぁ…もういらんわ
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 08:01
      • Pが出てこないと百合展開になる最近の風潮は何なのなの
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 08:11
      • こうしてる間にも事務員のケツはボロボロ
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 08:18
      • ※21
        普通に前もあるのになんでケツなんですかねぇ…
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 08:33
      • 総受け雪歩もいいっすねぇ
        ゆきまみが正義だと思ってたけど
        まみゆきもいいし他もいいっすねぇ
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 09:03
      • ※22
        自分がコピヨロボットとは気付いていないからだ
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 09:14
      • 5 貴音も欲しい所ですねぇ亀山君
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 09:31
      • 貴音だけ出したら響ぼっちになっちゃう…
        両方出そう(提案)
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 09:42
      • 千早「手始めに真でも」
        オイ千早…オイ!
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 11:59
      • おい萩原この自作小説はなんだ
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 12:32
      • 雪歩は女神。
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 12:37
      • タイトルに出てたのに小鳥さんの影が薄すぎる
        それに欲望に忠実とか言いながら雪歩ハーレムとか意味不明

        いっそ雪歩の夢オチって形をとったほうが良かったな
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 13:13
      • P「なんだなんだ?」モグモグ
      • 32. 以下、VIPにかわりまして超絶美人事務員がお送りします
      • 2016年01月18日 13:24
      • 百合アレルギー多すぎてピヨ
        この事務所では雪歩スキーが日常なんでしょ
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 14:46
      • 千早が本気出したら性に貪欲なのか…ゴクリ
      • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 16:52
      • 小鳥さんが親鳥になってまう
      • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 01:21
      • くどい
      • 36. 以下、VIPにかわりましてちんちくりんがお送りします
      • 2016年01月19日 01:36
      • わた雪歩ちゃんがみんなから言い寄られる素敵なSSでした!伊織ちゃんやあずささんとの絡みは新鮮そのものですぅ
        次の作品も期待してますぅ!
      • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 02:37
      • 765プロの戦いはまだ始まったばかり!
           ~スノーウォーカー先生の次回作にご期待下さい~
      • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 03:34
      • Pの出番が無い、だと…?
      • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 14:33
      • 雪歩だけが饅頭を食べて夢の中で欲望を実現したのかと思った

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務