TOP

プリキュアが流行った鎮守府

1:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 21:39:41.26 ID:xf0Q/Lu20


※注意!


艦これssですが、色々なネタが出てくる事があるので、苦手な方は閲覧注意。



提督「なにぃ!?プリキュアごっこをして欲しい!?」電「なのです!」

の続きですが前回を読んでいなくてもたぶん大丈夫だと思います。




2:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 21:42:15.78 ID:xf0Q/Lu20



暁「司令官、ごきげんよう」

提督「ど、どうしたいきなり?」

暁「ただ挨拶しただけじゃない!もうっ!」

提督「そ、そう怒るなよ……それより何か用か?もしかして……またプリキュアごっこでもして欲しいのか?」

暁「もう!子供扱いしないでよね!プリキュアごっこなんてもうしないわ!」

提督「ほう」

暁「これからは素敵なレディーになるために、グアムプリンセスを目指すのよ!!」

響「それを言うならグランプリンセスだ」

暁「……うん、そうとも言う……」

提督「…………。」




3:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 21:46:27.46 ID:xf0Q/Lu20



暁「グ、グランプリンセスを目指すのよ!!」

提督「グランプリンセスって……なんだ?時雨わかる?」

時雨「さ、さあ……?」

(時雨はこの鎮守府の秘書官)


響「グランプリンセスって言うのは……強く・優しく・美しい究極のプリンセス。
  それが……グランプリンセスなんだ!」

提督「お、おう……」

響「もちろんそれだけじゃない。勉強・スポーツ・芸術・料理にマナー、そしてオシャレ……
  真のプリンセスにはそれらの嗜みを身に付けなければならないんだ!」

提督「そうか……そうなると相当険しい道のりだろうなぁ……」

暁「そんなこと無いわよ?」

提督「え?」




4:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 21:51:31.70 ID:xf0Q/Lu20



暁「暁、グランプリンセスになる近道を見つけたの!」

提督「そ、そうか……それで何をすれば近道になるんだ?」

暁「グランプリンセスになるための近道!それは……」

提督「それは……?」


暁「プリキュアになって、ゼツボーグを倒す事よ!」


(ゼツボーグとは『Go!プリンセスプリキュア』に登場する怪物である。)

提督「…………。」

時雨「…………。」

暁「と言うわけで、ゼツボーグの居る海域に暁達を出撃させてよね!」

提督(そんな海域ねーよ……)

響「……司令官、今まだ夢を壊さないであげて欲しい……」

提督「響……」(今のところお前が一番グランプリンセスに近いと思うぞ。うん……)




5:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 21:55:06.15 ID:xf0Q/Lu20



雷「司令官!」

電「司令官さん」

提督「あ、雷と電も居たのか!」

雷「へ?気付かなかったの?ひどーい!」

電「なのです!」

提督「すまんすまん。それで何だ?」

雷「実はね、司令官に新しく友達になった子を紹介したくて来たのよ!」

提督「新しい友達?」(野良猫でも拾ってきたか……?)

電「この子なのです!」


金剛?「…………。」


提督「ん?金剛……?」(あれ?見た目はそのままだが、いつもと雰囲気が……)


金剛?「パフは金剛じゃないパフ!ロイヤルフェアリーパフ!」


提督&時雨「!?」




6:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 21:58:07.71 ID:xf0Q/Lu20



雷「ジャーン!紹介するわ!ホープキングダムからやってきた妖精さんのパフよ!」

金剛?「よろしくパフー」

提督「…………。」

時雨「…………。」

雷「あら?どうしたの?」

電「驚くのも無理は無いのです。パフちゃんは一見わんこさんに見えるけど、立派な妖精さんなのです」

金剛?「パフはわんこじゃないパフ!」

時雨(わんこには見えないけど……)

時雨「提督……金剛さんどうしちゃったんだろ……?」

提督「え?金剛って元からこんなんだろ?」

時雨「提督!?」




7:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 22:01:51.75 ID:xf0Q/Lu20



提督「ただ語尾がデース!からパフー!に、変わっただけじゃん。声だって今までと同じだしな!
   ただそれだけの事じゃねーか」

時雨「そ、それはそうだけど……」

雷「司令官♪」

提督「何だ?」

雷「この子、元気が良くってとーってもいい子なのよ!」

金剛?「パフ」

提督「そうなんだ……へぇ~……」

雷「それに加えて賢いのよ!見ててね、司令官!」

提督「?」

雷「お手」

金剛?「パフ!」

雷「お座り」

金剛?「パフ!」

雷「よしよし、今回もよく出来たわね!」

電「お利口さんなのです!ご褒美にたくさんナデナデしてあげるのです!」

金剛?「パフゥ~♪」

提督&時雨「…………。」

提督「二人共、将来とーってもいい調教師さんになりそうだねぇ~……」

時雨「…………。」(やっぱり今日の金剛さん変だよ……)




8:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 22:05:26.87 ID:xf0Q/Lu20



電「司令官さん達もパフちゃんを可愛がるのです!」

提督「い、いや、俺はいいかな……」

時雨「ぼ、僕も遠慮しとくよ……」

雷&電「?」

金剛?「パフ!?」

暁「あら?パフは一体どうしたのかしら?」

金剛?「邪悪な気配を感じたパフ!」

時雨「気配……?」

提督「……まさか!?」

ガタッ!

提督「何者だ!?」(またアイツか!?)

???「私が隠れている事に気づくとは……さすが提督と言ったところだな!」




9:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 22:08:26.86 ID:xf0Q/Lu20



バッ

長門「戦艦長門だ!」

提督「……ですよね~……」

時雨「…………。」

提督「……一応聞くけど……何しに来たの?」

長門「フッ……提督の安全のため、ここで密かに待機していたのだ!
   ……決して暁達が来ることを読んで先回りしていたわけではないぞ?」

提督「はいはい、お勤めご苦労様です。ながもんさん」

長門「ながもんじゃない、長門だ!」

提督「……はぁ……」(何故ウチの長門は ながもんなんだ……)

長門「なんだ?ため息などついて……こんな事では先が思いやられるぞ?」

提督「誰のおかげでため息ついてると思ってんだ!!」

時雨「まあまあ……」




10:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 22:12:22.76 ID:xf0Q/Lu20



長門「ふむふむなるほど。またまたこの面子でプリキュアごっこをやるのだな?
   だったらこのビッグ7(セブン)の出番だな!」

時雨「そんなこと一言も言ってないけど……」

提督「よーし、じゃあ長門にはプリキュアをやってもらおう!」

長門「何!?それは本当か!?」

暁「ちょ、ちょっとー!プリキュアごっこはやらないわ!暁達は本物のゼツボークを倒すの!」

提督「名前は キュアメスゴリラ で、パワータイプのプリキュアをやってもらう!」

長門「何だそれは!?ふざけるな!!」

提督「何だ?文句があるなら……嫌ならやめてもいいんだぞ?」

長門「くっ……」

時雨「提督、いくら何でも酷くはないかい……?」

提督「いいんだよこれくらい。それにアイツはこの程度の事で屈する艦娘では……」

長門「…………。」グスッ

提督「よし、長門には キュアビッグ7 として活躍してもらおう!暁達のサポートするプリキュアだ!
   ……やってくれるね?」

コシコシ

長門「……ああ、任せておけ!」

暁「ちょっとー!!人の話を聞きなさいよー!!」

響「やれやれ……」

時雨「…………。」




11:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 22:17:46.03 ID:xf0Q/Lu20



金剛?「パフ!」

電「ナデナデなのです」

長門「!?」

提督「どうした長門?」

長門「こ、金剛は一体どうしたというのだ!?」

提督「ああ、それが……語尾をデース!からパフー!に……」

時雨「理由はよくわからないけど、プリキュア好きの暁達のためにGo!プリンセスプリキュアの妖精
   になりきってくれてるみたいなんだ。」

提督「…………。」

長門「そ、そうであったか……しかし、嘆かわしい……」

時雨「長門さん……」

提督(そうか……前線で共に戦ってきた長門からしたら少しショックな一面だったかもな……)




12:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 22:20:58.53 ID:xf0Q/Lu20



長門「提督よ」

提督「な、何だ?」(止めさせるよう頼むのかな……?)

長門「私もプリキュアの妖精をやろうと思うのだが……やはり今年のプリキュアの妖精を演じるのがいいと思うか?」

提督「…………。」

バシッ! ←無言のツッコミ

長門「ぐっ……さすが提督と言ったところかロマ……いい攻撃だロマ……」

提督「既に妖精演じる気マンマンかよ!だったら最初から聞くなよ!」

長門「フッ……案ずる事は無いロマ。こんな事もあろうかと毎週欠かさずGo!プリンセスプリキュアを視聴しているロマ!」

提督「聞いてねーし!つーか、ロマロマ腹立つんだけど!」

時雨「でも、何で妖精やろうと思ったの?プリキュアでもいいじゃないか」

長門「フッ……ならば聞かせてやろう!……私はプライドを捨ててまで駆逐艦と親交を深めようとする
   金剛の熱意に心撃たれたのだ!」

提督(はい、嘘)




13:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 22:24:35.20 ID:xf0Q/Lu20



長門「……決して第六駆逐隊の子達にナデナデされたいとか、金剛が羨ましいとか思っていないからな!」

提督「……時雨、大至急 明石と大淀を呼んでくれ」

時雨「えっ?えっと……」

長門「そうか!金剛の頭を診てもらうのだな!?
   ……実は私も今日の金剛の行動はおかしいと思っていたところだ……ロマ」

提督「いや、お前だよお前!」

長門「何、私が?フッ……冗談は止せ。私は至って正常だ!……ロマ」

提督「時雨……どうやら手遅れらしい……」

時雨「…………。」

???「どうやら私達の出番のようですね!」

一同「!?」




14:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 22:31:23.19 ID:xf0Q/Lu20



プリッキュア♪ プリッキュア♪

提督「こ、この曲は……」

明石「頼れる工作艦キュアブラック・明石!」

大淀「頼れる四スロ軽巡洋艦キュアホワイト・大淀!」

明石&大淀「ふたりはプリキュア!!」

大淀「艦これにハマりし提督達よ!」

明石「とっとと母港を拡げなさい!」

一同「…………。」


明石「どおでしたか提督ぅ!?バッチリ決まったでしょー?」

提督「…………。」

明石「ところで私達をお呼びになりましたよね?どうかされましたか!?」

提督「いや、お前等がどうしたの?頭ぶつけたの?」

明石「提督ひどいですー!これでもけっこう練習したんですよー!」

大淀「台詞はすぐに思い付いたのですが、ポーズが意外とうまく決められなくて……」

提督「そうですかい」




15:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 22:36:26.60 ID:xf0Q/Lu20



明石「もちろん必殺技の練習もしましたよ!提督、食らってみます?」

提督「丁重にお断りする」

明石「ブラックサンダー!」

大淀「ホワイトサンダー!」

大淀「プリキュアの美しき魂が!」

明石「邪悪な心を打ち砕く!」

提督「ちょ、ちょっと!プリキュア・マーブル・スクリュー やめろ!てゆーか何故、必殺技の台詞はそのまま!?」

明石「……てへっ☆」

提督「てへっ☆……じゃねーよ!」

大淀「わかりました……では、エキストリーム・ルミナリオで……」

提督「いや、そうじゃない!それにルミナス居ないと出来ねーだろ!」

時雨「……なんだかんだ言って提督ってプリキュアに詳しいよね……」

提督「ま、まあな……///」




16:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 22:39:33.15 ID:xf0Q/Lu20



大淀「提督、今日の任務(クエスト)の事ですが……」

提督「ああ、だったらいつもどおり 新装備「開発」指令 を、オール10で……」

大淀「残念ながらそのような任務は存在しません!」

提督「えっ? 新装備「開発」指令 って任務あっただろ?デイリー任務で……」

大淀「いえ、ありません!」

提督「いや、そんな筈は……」

大淀「でしたら自分の目で確かめて見ては?」

提督「お、おう……」




17:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 23:08:55.94 ID:xf0Q/Lu20



任務一覧



出撃  「ふたりはプリキュア」出撃せよ!
    「キュアブラック・明石」「キュアホワイト・大淀」で
     S勝利せよ!

出撃  「プリンセスレッスンパッド」を集めるのです!
    「プリンセスレッスンパッド」を4個集めるのです!
    ※明石の酒保で購入可能

演習   神通といっしょに楽しいトレーニング♪
     プリキュアのような強靭な体を作ろう!

改装   提督、パワーア~ップ!
     提督もプリキュアに変身して、身も心もプリキュアになりきろう!

改装   球磨型軽巡洋艦の5番艦「木曾」を強化せよ!
     木曾を可愛いプリキュアに変身させてやりたいクマ!




18:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 23:12:51.77 ID:xf0Q/Lu20



提督「えっと……何これ?」

大淀「任務です」

提督「ご冗談を……もっと普通の任務あるでしょ?」

大淀「いえ、これだけです」

提督「いやいや……」

大淀「もちろん大本営からのお墨付きもいただいております」

提督「……マジ?」

大淀「はい」

提督「Really?」

大淀「Yes!」

提督「…………。」

大淀「…………。」


提督「ザケンナァーーーーーー!!」


大淀「大変です!ザケンナーがあらわれました!」

(ザケンナーとは『ふたりはプリキュア無印及びMH』に登場する怪人である。)

明石「大淀、いくわよ!」

大淀「はい!」

明石&大淀「デュアル・オーロラ・ウェーイブ!」

時雨「二人共プリキュアごっこしたいなら素直にそう言えばいいのに……」

暁「わ、私はやらないわよ!」そわそわ……

時雨「う、うん……」




19:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 23:24:18.79 ID:xf0Q/Lu20



提督「あ、ちょっと聞きたい事があるんだけどさあ」

明石「えっ!?私の好きな男性のタイプですか!?そうですねー……///」チラチラ

提督「いや、違うけど……そもそもお前に聞いた訳じゃ……」

明石「そうですよねぇ~……改になった途端そのまま放置ですもんねぇ~……」 ←Lv35

提督「いや……えっと……その事に関してはすまん!」

明石「もういいです!どうせ私なんて油まみれで汚い魅力の無い女ですよーだ!」プンプン!

提督「いや、そんな事無いって!お前の裸エプ……じゃなくて、水着や晴れ着姿、すっごく可愛かったぞ!」

明石「えっ!? ///」

提督「それとお前を出撃や演習に出さないのはお前が無駄に傷ついて欲しくないからであって……」

明石「///」

提督「とにかくお前は戦いに関しては全然駄目だけど、修理や装備の改修をしてくれて本当に助かってる」

明石「えっと……まあ……私の役立てる事と言ったらそれぐらいしか無いというか……あはは……///」

提督「いつもありがとな、明石。お前のそういう地味にがんばってる所、大好きだぜ!」

明石「」カァァァァ

提督「?」

提督「だ、大丈夫か?顔、真っ赤だぞ?」

明石「」

提督「お、おい……!?」

明石「だ、大丈夫です!!……何でもありませんから……///」

提督「お、おう……」(俺、何か変な事言ったか……?)




20:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 23:33:57.65 ID:xf0Q/Lu20



提督「……えーと、話を戻して聞きたい事が……」

長門「わ、私に聞くのではない!大体恋愛など私には……」

提督「いや、お前に聞いてねーし!てゆーかまだそのネタ引っ張るのかよ……それと語尾忘れてるぞ」

長門「私に聞くのではないロマ!」

提督「いや、言い直さなくていいし……まあいい、それで……」

時雨「じゃあ僕かい?そうだね、僕の好きな……」

提督「お前等……わざとやってるだろ?」

時雨「ばれたか」クスクス

提督「ったく……」

大淀「それで何をお聞きになりたいのですか?」

提督「その前に暁達に聞こえないように話したいんだが……」

大淀「構いませんよ」

提督「今やってるプリキュアってわかる?」

大淀「はい、Go!プリンセスプリキュア……ですよね?」

提督「そうそう。そのプリキュアに出てくるゼツボーグって敵なんだけどさ、どの海域に出るか知らない?」

大淀「……はい?」




21:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 23:57:41.52 ID:xf0Q/Lu20



提督「ゼツボーグが出る海域知らないかと聞いている」

大淀「……すみません。ちょっと聞き取りづらかったので、もう一度お願いします」

提督「だから……」

明石「提督も、少し修理したほうが良いみたいですね。」

提督「やっかましいわ!」

時雨(……明石さん復活早っ……)

時雨「提督、最初から説明しないとわからないよ」

提督「そ、そうだな……」

時雨「大淀さん、実は……」




22:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 00:03:29.96 ID:Hz8MaYZH0



説明終了


大淀「なるほど!つまり暁さん達の夢を壊したくないと……そういう事ですか!」

提督「ああ、そういう事だ!一応、念のため聞いただけだからな!
   別に俺がファンタジーやメルヘンを信じてるわけじゃあないんですからね!」

時雨「えっ、でも提督よく一人になると かめはめ波の練習するよね?」

提督「!? 何故それを!? ///」

明石「……ほほう」ニヤリ

提督「いや、かめはめ波は出なくてもそれに近い波動拳ぐらいは出るから……出ると信じてるから……」

明石「じゃあ出してみてくださいよー!提督の波動拳、見たいな~♪」

提督「見たいって……お前なぁ……」

大淀「提督、もし波動拳というものを実際出せれば提督の言うファンタジーやメルヘンでは無い
   という証明になるのでは?」

提督「えっ?いや、しかし……」




23:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 18:10:15.27 ID:Hz8MaYZH0



時雨「僕、提督が波動拳出せるって信じてる♪」

提督「おまっ……」

明石「提督♪」

提督「……よ、よーし!やってやるよ!ここで引いたら男がすたる!
   目ン玉ひん剥いてよーく見てやがれ!!」(出るよな!?絶対出るよな!?)

提督「うぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーッ!!」 ←気合込め


提督「はどーーーけんっ!!」


時雨「…………。」

明石「…………。」

大淀「…………。」

提督「」カァァァァ




24:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 18:13:20.57 ID:Hz8MaYZH0



長門「な、なんだ!?いきなりでかい声など出して……!?」

電「びっくりしたのです……」

暁「そ、そうよ!びっくりしたじゃない!」

雷「司令官、一体どうしたの?」

響「はどうけん?」

金剛?「パフ?」

提督「」カァァァァ

明石「提督、今度はかめはめ波いってみましょう!」

提督「嫌じゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!(涙目)」

時雨「提督、泣かないで?顔を赤らめてる提督可愛かったよ?」

提督「な、泣いてないもん!それに可愛いのはお前ー!」

時雨「えっ!? ///」

大淀「提督、わかりました!一見かめはめ波と波動拳、同じポーズに見えても微妙に違うんです!
   かめはめ波の場合、先ほど提督がやったように両腕を前に出す時に右腕が上になるのですが、
   波動拳の方は左腕が上になるように……」

提督「そ、その話はもうやめて……///」




26:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 21:04:56.78 ID:Hz8MaYZH0



大淀「そうですか、かめはめ波は嫌ですか……では、ここはやはり二人一組となり
   プリキュア・マーブル・スクリューで……」

提督「何故そうなる!?」(そこはかめはめ波に似ているハッピーシャワーだろ!?)

明石「提督、この明石もいっしょにやってあげますから、プリキュア・マーブル・スクリューやりましょう!
   まず私と提督で手を握って……提督と手を……?」カァァァァ

提督(仕方が無い……さっきの事を堀返されないためにもやってやるか……)

提督「えーと……手を握って、ブラックサンダーホワイトサンダーって言うんだっけ?」

明石「ぶっちゃけありえなーーーい!! ///」

提督「な、何だぁ?」

明石「///」

提督「お、おい!何、自分でやろうとして顔赤くしてんだよ!?」

明石「///」

大淀「仕方ありません。明石の代わりにこの私が提督と組みましょう!いいですか?
   まず、私と提督で手を握って……手をにぎ……」カァァァァ

提督「お前もかよ!?」




27:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 21:33:10.54 ID:Hz8MaYZH0



雷「何だかよくわからないけど、雷も混ぜなさーい♪」

提督「えっ、いや……」

電「雷ちゃんがやるなら電もやるのです」

響「付き合おう」

提督「えっ?えっとー……」

暁「し、仕方ないわね!暁も付き合ってあげるわ!」

長門「ふむ、どうやらこのビッグ7の出番のようだな!」

金剛?「パフもやるパフ!」

時雨「じゃあみんなでいくよ?提督、僕の手を握って?」

提督「ちょっ……えっ……?」

雷「せーのっ!」

提督(何だこの流れ?)




28:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 21:58:36.45 ID:Hz8MaYZH0



――――― 次の日

朝潮「何万光年先は遠い未来じゃない!」

提督「もちろん時間の単位じゃないのも承知」

提督&朝潮「キラメく望みは光だって超える~♪」

(↑ドキドキプリキュアのEDのダンス)


時雨「…………。」

提督「よし、今日の所はこれでお終いだ!」

朝潮「はい!ダンスのご指導ありがとうございました!」ビシッ!

提督「うむ。この調子で最後まで踊れるようにしような!」

朝潮「はい!」ビシッ!

時雨「提督ってプリキュアのダンスも踊れるんだね」

提督「ああ、舞風といっしょに嫌というほど踊ったからな!(MVP取ったご褒美にいっしょに踊った)」

時雨「そういえばずっと前にそんな事言ってたね。
   たしか……まともに歩けない状態でここ(執務室)に戻ってきた時だ」




29:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 22:01:52.65 ID:Hz8MaYZH0



提督「ああ、それは初めて舞風のダンスレッスンを受けた時だ……
   いやー、あの時はマジで一生歩けなくなるかと思ったよ!はっはっは!」

時雨「そのあと僕が提督を……マッサージしてあげたんだよね……///」

提督「そ、そうだったな……はは……」

時雨「……僕、あの時の事……一生忘れないよ……? ///」

提督「あ、ああ…… ///」

時雨「…………。///」

提督「…………。///」

朝潮「?」

提督「あ、あのさ……」

時雨「て、提督は他のプリキュアのダンスも踊れるの?」

提督「お、おう!モチのロン!……そうだな。こんなのとかどうかな?舞風を驚かそうと
   ネットで動画見ながら自己流で練習してるダンスなのだが……」




30:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 22:47:13.75 ID:Hz8MaYZH0



提督「ゴージャス!プレシャス!シャルウィダンス!あこがれのステージ」

提督「トレビアン!つよく やさしく うつくしく!」ドヤァ

(↑Go!プリンセスプリキュアのEDのダンス)


卯月「司令官大変ぴょん大変ぴょん!」

卯月「た……」

提督「どうした卯月?」

卯月「司令官!うーちゃんの前でプリキュアのダンスを踊るとはいい度胸だぴょん!
   他のダンスも踊って見せるぴょん!」

提督「あ、ああ……別にいいけど……朝潮、ちょっと協力してくれないか?」

朝潮「了解いたしました!」ビシッ!




31:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 22:51:57.48 ID:Hz8MaYZH0



提督「ずっと一緒に ハピネスチャージ・プリキュア」ドヤァ

提督&朝潮「ラララ プリキュア」キメッ

提督&朝潮「ラララ プリキュア」キメッ

提督&朝潮「ラララ プリキュア」ドヤァ

提督&朝潮「ラララ プリキュア」シメ

(↑ハピネスチャージ・プリキュアのEDダンス)


提督「どうだぁ!?」

卯月「むう……ちょっとドヤ顔を決めようと意識し過ぎて表情に笑顔が足りなかった気もするけど~
   ダンス自体は完璧だったし~、合格だぴょん!」

提督「やったぜ朝潮ー♪お前のおかげだ!」

朝潮「いえ、これも提督の指導が良かったからです!ありがとうございました!」ビシッ!

時雨(何故か提督が踊るとギャグにしか見えない……)




32:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/12(火) 00:03:46.10 ID:w+OPzOm90



提督「そういやお前、何か用があって来たんじゃないのか?」

卯月「……ハッ!そうだったぴょん!大変なんだぴょん!中庭で大変な事が起きてるぴょん!」

提督「……で?」

卯月「とにかく大変だぴょん!大変なんだぴょん!本当だぴょん!」

提督「そうかーそれは大変だー(棒)」

卯月「そのリアクションは何ぴょん!?全然危機感が感じられないぴょん!」

時雨「卯月、狼少年の話……知ってる?」

卯月「うーちゃんは狼じゃなくてウサギだぴょん!それに今回は本当に大変なんだぴょん!」

朝潮「…………。」

卯月「その哀れむような眼差しは何ぴょん!?」

提督「……あのなぁ卯月、お前は普段から嘘を付いて悪戯したりしてるからいざ信じて欲しい時に……って、
   聞いてるか?」

卯月「もういいぴょん!こうなったら司令官を無理やりにでも中庭に連れて行くぴょん!」グイ

提督「お、おい……」

卯月「もう何を言っても遅いぴょん!連れて行くぴょん!」グイグイ

提督「わ、わかったから袖を引っ張るなって!」




33:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/12(火) 18:48:39.80 ID:w+OPzOm90



――――― 中庭


山城「我が名はキャッスル!扶桑姉さまがしもべ!」(プリキュアごっこで敵役やらされるなんて不幸だわ……)

鈴谷「ハルハル、行くよ!」

榛名「はい、榛名は大丈夫です!」

鈴谷「って、提督じゃん!チーッス!」

榛名「あっ、提督!……お疲れ様です!」

提督「ああ……お疲れさん。」(榛名と鈴谷ってこんな仲良かったっけ?まあいい……それより……)

提督「これの何処が大変なのかな?うーちゃん?」

卯月「敵役が山城さん一人しか居なくて大変だぴょん!だから司令官もいっしょに敵役やるぴょん!」

提督「……つまりプリキュアごっこの相手をしろと?」

卯月「そうだぴょん!」

提督「ふざけるな!こう見えても俺はいそが……」

スッ……

川内「いいじゃん……好きなだけ夜戦しちゃいなよ……」

提督「おわぁ!?俺の耳元でいきなり囁くなよ!?」

川内「だってみんな提督が夜戦するの楽しみにしてるんだよー!」

提督「いや、それはお前だけだろ!」

島風「てーとくを、素敵なジコチューにしてあげる♪」

提督「!?」

(ジコチューとは『ドキドキ!プリキュア』に登場する怪物である。)




34:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/12(火) 19:09:29.42 ID:w+OPzOm90



提督「ジコチューーー!!」


提督「ってコラーッ!!」

島風「提督おもしろーい!」

提督「お、おだてたって俺はやらんぞ! ///」

朝潮「…………。」そわそわ……

時雨「朝潮……どうかしたの?」

朝潮「い、いえ、何でもありません!」ビシッ!

提督「…………。」

鈴谷「よ~し!提督がプリキュアごっこしてくれるぞ~!けって~い!」

朝潮「!?」

提督「いや、しないよ。てゆーか勝手に決定すんな!」

朝潮「…………。」しゅん……




35:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/12(火) 19:26:52.85 ID:w+OPzOm90



山城「敵役が私だけなんて……不幸だわ……」チラッ

提督「そうやって同情を誘っても無駄だぞ!」

山城「……チッ!」

提督「感じ悪いなぁ……」

時雨「提督、プリキュアごっこしてあげれば?あれじゃ山城が可哀想だよ……」

提督「じゃあお前がやればいいじゃん?」

時雨「えっ?」

提督「山城と仲いいんだしさ、いっしょにお前がやればいいじゃん!」

時雨「…… …… あっ、ヒトヨンマルマル。午後の任務も頑張ろう。」

提督「ちょっと!?時雨ちゃん!?」

山城「」

提督「山城……可哀想に……」



提督「でもやらんぞ!」




36:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/12(火) 19:42:43.12 ID:w+OPzOm90



卯月「やっぱりここは司令官が敵役でいいと思いまっす!」

提督「だ、だからやらんって!」

鈴谷「提督~、可愛い可愛い鈴谷のためだと思ってさ~!
   あっ、もしプリキュアごっこしてくれたら後で鈴谷の好きな所、触らせてあげるから~!」

提督「おまっ……何を言って……///」

鈴谷「うわー!マジになってる!きっもー☆」

提督「な、何だと!このキュアビッチ!!」

鈴谷「あっ!言ったなー!!」

榛名「あっ、あの……提督、もし……よろしければ……お礼は榛名が……榛名の好きな所を……///」

提督&鈴谷「!?」




38:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/12(火) 23:46:50.15 ID:w+OPzOm90



提督「お前は何を言って……自分の体は大事にしろって!それにこれは……」

榛名「提督は優しいのですね。榛名に気を遣ってくれて……でも、榛名は大丈夫……です……///」

提督「いや、だからこれは……こいつなりの可愛い冗談であって……なあ鈴谷?」

鈴谷「そそそう!そうだから……ねえ……提督?」

榛名「えっ?という事は……?」

提督「本当に触ったりしないから……」

榛名「え、えーっとー……」カァァァァ

鈴谷「ハ、ハルハル!?」

提督「だ、大丈夫か……?」

榛名「は、榛名は……」

提督&鈴谷「?」

榛名「榛名は……もう駄目ーーー!! ///」ダッ

提督「お、おい……」

鈴谷「行っちゃった……」

提督「…………。」

鈴谷「提督……どうしよ?」

提督「落ち着くまで放っておくしかない……よな……?」

卯月「…………。」

卯月「……いい事、思いついたぴょん……」




39:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/13(水) 00:03:36.70 ID:0GXYBv9Y0



卯月「司令かぁ~ん」

提督「な、何だいきなり変な声出して!」

卯月「もし~プリキュアごっこをしてくれたら~うーちゃんの好きな所を触ってもいいぴょ~ん」

提督「なっ!?」

鈴谷「!?」

卯月(ぷぷぷ~!思った通りぴょん!やっぱり司令官は口リコンだぴょん!うーちゃんみたいなタイプが好きな口リコンだぴょん!)

卯月「司令かぁ~ん!お願いだぴょ~ん」ペロペロ

提督「おわっ!!お、俺を舐めんじゃねー!!」

卯月(あともう一息ぴょん)

鈴谷(えっ!?あの子……提督を舐めた!?……私だってまだまともにキスすらしたこと無いのに!?)




40:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/13(水) 18:45:46.74 ID:0GXYBv9Y0



卯月「司令かぁ~ん……プリキュアごっこするぴょ~ん」ダキ

提督「お前さっきから何だぁ!?」

鈴谷「ね、ねえ……提督、困ってるんじゃないのかな~?」

卯月「そんな事ないぴょん!こう見えても司令官は喜んでるぴょん!もっとやれって目で訴えてくるぴょん!」

鈴谷「えっ……嘘!?」

提督「おいおい、なに真に受けて……」

卯月「司令官は口リコンだから~、うーちゃんみたいな子には優しいぴょん!」

提督「おまっ……そんな言葉何処から……」

鈴谷(そ、そういえば鈴谷と駆逐艦の子達と比べて扱いが違うような……駆逐艦の子達には頭撫でたりするのに鈴谷には全然そんなことしてくれない……それにさりげなくアプローチしてるのに冗談で流されるし……)

卯月「司令かぁ~ん」スリスリ……

提督「だからやらんって!」

鈴谷(あんな事言って本当は…… …… ……そうだ!本当に口リコンかどうか確かめてみたらいいじゃん!そうすればまだ鈴谷にだって……)

鈴谷「ね、ねえ……提督……」

提督「ああ?」

鈴谷「もし……その子と鈴谷のどちらかを抱くとしたら……どっち抱く? ///」

提督「は?」

鈴谷「誤魔化さないで答えて!」

提督「お、おう……そりゃあ……」

鈴谷「うんうん♪」




41:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/13(水) 19:18:10.87 ID:0GXYBv9Y0



提督「卯月だ!」

鈴谷「」

提督(子供の卯月ならまだしも鈴谷はちょっと……///)

鈴谷(やっぱり提督は……そっか……そっか……)

鈴谷「…………。」

提督「……?」(な、何だ?)

卯月「うーちゃんは信じてたぴょーん!」スリスリ……

提督「だからやめろって!」

鈴谷「そっか……鈴谷、何か勘違いしてたみたいだね……はは……」

提督「?」

鈴谷「……ごめんね?……でも、提督優しいから……」

提督「何がごめんね?えっ?」

鈴谷「もう大丈夫……大丈夫だから……」ダッ

提督「ま、待てよおい!」

提督「……行っちゃったよ……俺、何か変な事言ったかな……?」

卯月「きっと司令官が口リコンだからだぴょん♪」

提督「関係ねーよ!てゆーか口リコンじゃねーし!」




42:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/13(水) 20:39:20.65 ID:0GXYBv9Y0



提督「……まあいい……俺はそろそろ執務室にもど……」

睦月「じゃじゃーん!伝説の超(スーパー)プリキュア!その名も キュアマスター・睦月! 参上にゃしぃ♪」

提督「!?」(オリジナルのプリキュアかよ……)

睦月「睦月も提督とプリキュアごっこしたいにゃ~」

提督「やらないって」


吹雪「睦月ちゃん待って~!」(プリキュアの事になるといつもこうなんだから~)

提督「!?」

睦月「およ?提督、どうしたにゃ?」

提督「パインか!やっぱりキュアパインなのか!?お前はキュアパインなのか!?」

吹雪「へ?」(私?)

睦月「…………。」

ドゴッ! ←無言の腹パン

提督「ウッ……!」

睦月「彼女はキュアパインではない……にゃ」

提督「」(結構威力あってびっくりー……)




43:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/13(水) 20:48:47.73 ID:0GXYBv9Y0



吹雪「し、司令官!?大丈夫ですか!?」

提督「あ、ああ……ありがとう……速吸」

吹雪「…………。」

ドゴッ! ←無言の腹パン

提督「ぐっ……!?」

吹雪「私は速吸ちゃんではない……ですよ?」

提督「」(吹雪って腹パンするような子だっけ……?)

夕立「提督さん!?大丈夫ですか!?」

提督「ま、まあな……」

夕立「…………。」

ドゴッ! ←無言の腹パン

提督「―――――」

夕立「夕立だけハブられるの嫌っぽい」




45:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/13(水) 21:43:01.92 ID:0GXYBv9Y0



提督「」

睦月「夕立ちゃん!?」

吹雪「手加減したの!?」

夕立「したけど、こうなったっぽい~」

提督「」

時雨「提督!?大丈夫!?」

提督「た、頼む!ノリで腹パンはもう勘弁してくれ……」

時雨「ぼ、僕はそんな事しないよ!」




46:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/13(水) 22:02:00.53 ID:0GXYBv9Y0



提督「いててて……」

卯月「しれいかぁ~ん!お願いだぴょ~ん!」ペロペロ

提督「だから舐めるなって!」

朝潮「…………。」

卯月「朝潮もプリキュアごっこやりたいと目で訴えてくるぴょ~ん!」

朝潮「わ、私は別に……し、司令官の指示に従うまでです!」ビシッ!

卯月「そんな硬い事言ってると~、弥生みたいに表情硬くなっちゃうぴょ~ん!」

朝潮「…………。」


提督(そういえば朝潮自身からあれがやりたい、これがやりたいって聞かないな……)

提督(プリキュアのダンスだって俺が誘わなければやらなかっただろうし……)
  
提督(それにさっきからやりたそうに見て……)

提督(……はぁ……仕方が無い……)




47:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/13(水) 22:36:29.35 ID:0GXYBv9Y0



提督「……なあ、朝潮は……プリキュアごっこやりたいか?」

朝潮「いえ、司令官が……」

提督「朝潮、俺の事はいい……お前の本心を聞いているんだ」

朝潮「えっ?私の本心……ですか……?」

卯月「朝潮は真面目過ぎるぴょん!たまにはワガママ言ってもいいぴょん!」

提督「お前は逆に不真面目過ぎだけどな」

卯月「むぅ~!!」

朝潮「もし、許されるのであれば……したい……です……」

提督「えっ?」

朝潮「……プリキュア……したい……」

卯月「聞こえないぴょん?」


朝潮「司令官やみんなとプリキュアごっこしたい!!」





48:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/13(水) 23:14:42.24 ID:0GXYBv9Y0



提督「……フッ……」

卯月「その言葉、待ってたぴょん♪」

朝潮「……ハッ!し、失礼しました!」ビシッ!

提督「……今からプリキュアごっこを始める!ジコチューなこの提督様を倒したいプリキュア(艦娘)は何処からでもかかって来い!」

朝潮「…………。」

卯月「何ボーッとしてるぴょん!早く名乗ってジコチュー(司令官)を倒すぴょん!」

提督「そうだぞ朝潮!今日は思いっきりプリキュアごっこを楽しむんだ!……いいな?」

朝潮「司令官…… …… …… はい!えへへ……」ニコッ

提督(なんだか……こんな朝潮の笑顔を見るの、初めてかもしれないな……)

提督「んじゃ、早速始めるかぁー!」

???「ちょっと待ったーーーっ!」

提督「!?」




49:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 00:24:54.19 ID:FnF6Xqam0



雷「私達、第六駆逐隊を忘れては困るわ!」

電「電達もプリキュアごっこしたいのです!」

響「ハラショー」

朝潮「みんな……」

暁「か、勘違いしないでよね!しょうがなく付き合ってあげてるだけだからね!」

朝潮「うん!ありがとう!」ニコッ

暁「そ、そんなお礼言われるほどの事じゃないわよ……///」

金剛?「暁は素直じゃないパフ!」

提督「金剛居たのか!?」(てゆーか、まだそのキャラやってたのか!?)

金剛?「パフは金剛じゃないパフ!」

提督「…………。」

卯月「それじゃあみんなでジコチュー提督を倒すぴょん!」

???「お待ちなさい!もはや小娘どもがプリキュアをやる時代はもう終わりよ!!」

卯月「何者ぴょん!?」


足柄「愛と正義の、セーラー服美少女戦士、セーラームーン!」


提督「!?」




51:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 18:36:36.67 ID:FnF6Xqam0



提督「そ、その格好は……」


足柄「月を見るたび~、思い出せ☆」キャピ


一同「…………。」

提督(……台詞間違ってね?)

足柄「あ~ら提督、どうやら私の美貌に釘付けのようね?」

提督「いや、ちが……」

足柄「誤魔化さなくてもいいのよ~?何ならこのままお持ち帰りしてくれても……」

提督「お断りします」

足柄「なっ……!?」




52:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 19:01:32.48 ID:FnF6Xqam0



足柄「ま、まあいいわ!今はお子様の時間ですものね……」(こ、このエ口スな格好をした私を振るなんて……わ、わかったわ!き、きっとみんなの前だから照れているのよ!そうに違いないわ!)

提督「それよりお前……セーラームーンはプリキュアじゃねーぞ……」

足柄「えっ……可愛い服着て、戦う女の子はプリキュアなんでしょ?」

提督「たしかに可愛い服着て戦ってるけど……」

足柄「それに私、半端は嫌いなの!だから技だってしっかり習得してきたわ!」

提督(……だったらキメ台詞ぐらいしっかり覚えて来いよ……)

足柄「いい?今からこの木に必殺技を叩き込むから、よ~く見てなさい!」

提督「お、おう……」(技か……セーラームーンはよく知らないから何とも言えん……)


足柄「狼牙風風拳!」


提督「待て」

足柄「な、何よ!?」

提督「違う……それ絶対違う……」




55:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 20:35:58.80 ID:FnF6Xqam0



足柄「もう!私の何が不満なの!?」

提督「不満と言うか……プリキュアじゃないって事を言いたいと言うか……」

足柄「だったらアレはどうなの!」

提督「ん?アレって……?」


鳳翔「テクマクマヤコン テクマクマヤコン プリキュアになれ~……なんちゃって……///」

陸奥「愛の光を持つ乙女!キューティーハニー!あなたの人生、変わるわよ!」

鹿島「ティロ・フィナーレ!……似ていましたか?ふふっ♪」

漣「ピリカピリララ ポポリナペペルト」

霰「んちゃ!アラレだよ!」


提督「…………!?」(な、何なんだこのコスプレ大会は……?)




57:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:00:51.09 ID:d6AKk77j0



提督「えっと……プリキュアごっこしてた筈なんだけど……」(まさかまともな思考を持つ陸奥と鳳翔さんまで乱入してくるとは……)

陸奥「えっ?だって長門が……」

提督「長門がどうした?」

長門「私がみんなを誘ったのだ!」

提督「長門!」

長門「確かにこの鎮守府ではプリキュアが流行っている……だが、艦娘全員がプリキュアを知っているわけでは無い……」

提督「…………。」

長門「それでもみんなに参加して欲しい……いや、提督と触れ合って欲しい……私はそう思ったのだ」

提督「長門……」

足柄「提督、何か問題ある?」

提督「……まあ、ちょっとぐらいプリキュア以外なやつが混じっていてもいいか!」

足柄「さっすが提督ね♪」

長門(そう言ってくれると思っていたぞ……)

提督「とは言っても、これはプリキュアごっこなんだぜ?だから、プリキュアが多く居ないとな!」

長門「フッ……そうくるだろうと思って待機させておいたぞ!」

提督「フッ……さすがはビッグ7だな!」




58:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:45:59.85 ID:d6AKk77j0



明石「頼れる工作艦キュアブラック・明石!」

大淀「頼れる四スロ軽巡洋艦キュアホワイト・大淀!」

涼風「煌めく銀の翼!キュアイーグレット!」

深雪「情熱の赤い炎!キュアルージュ!」

龍田「安らぎの緑の大地!キュアミント!」

叢雲「知性の青き泉!キュアアクア!」

曙「青いバラは秘密のしるし!ミルキィローズ!」

村雨「ピンクのハートは愛あるしるし!もぎたてフレッシュ、キュアピーチ!」

羽黒「イエ口ーハートは祈りのしるし!とれたてフレッシュ、キュアパイン!」

最上「陽の光浴びる一輪の花、キュアサンシャイン!」

由良「月光に冴える一輪の花、キュアムーンライト!」

瑞鶴「爪弾くは荒ぶる調べ!キュアメロディ!」

加賀「爪弾くはたおやかな調べ!キュアリズム!」

初春「爪弾くは魂の調べ!キュアビートじゃ!」

はち「爪弾くは女神の調べ!キュアミューズ!」

(「伊8」を「はち」と表示します)

雪風「キラキラ輝く未来の光!キュアハッピー!」

黒潮「太陽サンサン 熱血パワー!キュアサニーやで~!」

白露「みなぎる愛!キュアハート!」イッチバーン!

荒潮「ひだまりポカポカ!キュアロゼッタ~!うふふふふ。」

那珂「勇気の刃!キュアソード!……きゃは♪」

イク「天空に舞う蒼き風!キュアプリンセス!なの!」

(「伊19」を「イク」と表示します)

矢矧「夜空にきらめく希望の星!キュアフォーチュン!」



提督「……なげーよ……」

長門「わ、私も同じ意見だ……すまん……」




59:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 18:47:29.57 ID:d6AKk77j0



提督「あれ?何か足りないような……」

???「それはきっと、私達の事ね!?」

提督「お、お前等は!?」


イムヤ「世界に広がるビッグな愛!キュアラブリー!」

(「伊168」を「イムヤ」と表示します)

しおい「はじけるレモンの香り!キュアレモネード!」

(「伊401」を「しおい」と表示します)

清霜「ピカピカぴかりん じゃんけんポン♪ キュアピース!」

大鳳「思いよ届け!キュアエコー!」

赤城「先代キュアフローラ!」


提督「キター!中の人がプリキュア経験者の艦娘達か!……ってあれ?赤城も加わったのか?」

赤城「はい!先代キュアフローラ!です!」ビシッ!




60:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 19:49:12.91 ID:d6AKk77j0



提督「そういえば四人目の子(キュアスカーレットに変身する子)の名前もたしかあかぎ(紅城)……」

赤城「はい!先代キュアフローラ!です!」ビシッ!

睦月「提督大正解にゃし~!褒めてつかわすぞ?」

提督「ははーっ!ありがたき幸せにございまするぅ~」

赤城「はい!先代キュアフローラ!です!」ビシッ!



時雨「……赤城さんさっきから同じ事しか言ってないね……」

夕立「特に台詞(変身の台詞)とかが無いから仕方がないっぽい……?」

吹雪「はぁ~ん、赤城さん今日も素敵です~!」キラキラ

夕立「…………。」




62:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 20:44:19.94 ID:d6AKk77j0



提督「そ、それにしても……凄い数だなぁ……」

イムヤ「どお?驚いたでしょ?」

提督「おおっ!本物のキュアラブリーかと思ったぞ!」

イムヤ「ありがとう、司令官♪」

提督「そういえば今年の春にやる映画(プリキュアオールスターズ)でキュアエコーが出るっぽいな!良かったじゃん!」

大鳳「はい、ありがとうございます。」

加賀「提督」ズイッ

提督「あっ、加賀もプリキュアに興味があったとはなぁ!知らなかったぜ」

加賀「そんな事より……」グ~ッ

提督(腹の音か……)

加賀「気合のレシピ、見せてください」

瑞鶴「アンタが見せる側でしょ!」

加賀「……ああ、そうだったわ。既に七面鳥が出来上がっていたわね」

瑞鶴「なっ!なんですってーーーッ!!」

提督「お前達二人いつも喧嘩してんな……」




63:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 23:48:05.27 ID:d6AKk77j0



提督「……まあいい、これで……役者は揃ったかな?」

???「ちょっと待ったーーーっ!」

提督「まだ居たか……」


夕張「グリーンハートは創造の力!切り立てフレッシュ、キュアメロン!」

提督「あれ?フレッシュプリキュア……?」

夕張「残念ながら私の考えたオリジナルのプリキュアです……」

提督「紛らわしいなぁ……」

夕張「それより提督、提督自身も敵っぽく変身してみません?」

提督「へ?」




64:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 00:22:25.99 ID:QwRUuU4z0



長門「……準備は出来ているか?」

青葉「はい、バッチリですよ!」

長門「そうか、それなら……」

青葉「あっ、一つ聞いてもいいですか?」

長門「なんだ?」

青葉「何故ただのお遊びのプリキュアごっこを撮ろうというのですか?」

長門「それが私にもよくわからんのだ……」

青葉「えっ?」




65:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 00:26:06.67 ID:QwRUuU4z0



長門「私達、艦娘は……はっきり言って使い捨ての兵器といっても過言ではないだろう……」

青葉「…………。」

長門「もちろん私達の提督はそんな事は思っていないと……いや、心の何処かではそう思っているかもしれん……だが、少なくても艦娘達を本当の人のように……家族のように接してくれている……大切に思ってくれているのは確かだ……」

青葉「…………。」

長門「私はそんなアイツに……私達艦娘の存在を……忘れて欲しくない……いや、アイツに何かを残したい……私達艦娘が生きていたという証を残したい……そう思ったから……かもしれんな……」

青葉「それで撮影を……」

長門「はっきり言って何でも良かった。だが、今この鎮守府はプリキュアが流行しているからな……だからプリキュアごっこを撮ろうと判断した……」

青葉「…………。」

長門「それに……その方が……みんなの笑顔が詰まった映像を……撮りやすいだろう?」

青葉「……そう……ですね!」




66:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 00:29:18.84 ID:QwRUuU4z0



長門「フッ……では、後は頼んだぞ?」

青葉「はい!青葉にお任せを!」




















長門「あっ、なるべく駆逐艦を中心に撮ってくれ!それと、私の分のダビングを頼まれてくれるか?撮った映像を見てみたい。勘違いするなよ?私はあくまでもうまく映像を残せるかチェックするだけだからな!決して駆逐艦の子達をじっくり鑑賞しようとなど……」

青葉「…………。」




67:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 20:12:58.75 ID:QwRUuU4z0



提督(夕張から敵っぽいコスチューム?渡されて着たけど……)

夕張「提督、似合ってますよ♪」

提督「……何なんだよこの全身金色のこのタイツは……」(ゴールデンフリーザ様かよ……)

夕張「じゃあこの全身黒のタイツにします?それとも全身桃色の……」

提督「もういい!!」

しおい「提督~、まだ~?」

提督(くっ……仕方ない……)

提督「ホーッホッホッホ!お待たせしましたね、プリキュア(艦娘)のみなさん!このゴールデンジコチュー提督が、お望み通りお相手してさしあげましょう!」

卯月「それじゃあみんなでジコチュー提督を倒すぴょん!」

川内「よーし、このまま夜戦までいくよーっ!」

島風「しまかぜからは、逃げられないよーっ!」

睦月「睦月達もいくにゃしー!」

吹雪「司令官を……いえ、ジコチュー提督をやっつけちゃうんだから♪」

夕立「素敵なパーティー始めましょ♪」

足柄「ここらでお遊びはいいかげんにしろってところを見せてあげるわ!」(こんなお遊びさっさと終わらせて、かならず提督をお持ち帰りするんだから!!)

暁「暁達だって……負けてられないわ!」

朝潮「私だって負けられません!」




68:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 22:52:31.71 ID:QwRUuU4z0



朝潮「英知の光!キュアダイヤモンド!」

卯月「愛の切り札!キュアエース!だぴょん!」


朝潮&卯月「響け!愛の鼓動!ドキドキプリキュア!」


白露&荒潮&那珂「…………。」


提督「ドキドキプリキュアのみなさんですか……これは楽しめそうですね!」(あの三人は何やってんだ……?)


電「咲きほこる花のプリンセス!キュアフローラ!……なのです!」

響「澄みわたる海のプリンセス!キュアマーメイド!」

雷「きらめく星のプリンセス!キュアトゥインクル!」

暁「深紅の炎のプリンセス!キュアスカーレット!」

電「強く!」

響「優しく!」

雷「美しく!」

暁「GO!」

第六駆逐隊「プリンセスプリキュア!……なのです!」


提督「なにっ!プリンセスプリキュアだと!?」(もうすぐ終わっちゃうけど)




69:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 23:58:45.56 ID:QwRUuU4z0



提督「さあ!楽しいショーの始まりですよ!!」


艦娘達「ジコチュー提督!覚悟しなさい!!」


提督「……って、なんて数だ!?(今さら)」

提督(……まあいい、今回は味方に山城が居るからな……まだ楽だ……たぶん)

提督「……山城さん、みんなが来ますよ!準備はいいですか?」

山城「何を勘違いしているの?私はこの瞬間からキュアラッキーになったので提督とは敵です」

提督「…………は?」

山城「紫のハートは試練のあかし!暖めフレッシュ、キュアラッキー!」

提督「えっ?えっ?(涙目)」




70:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/17(日) 00:08:02.21 ID:2V3S/jPf0



扶桑「山城、あなたもプリキュアになったのね?」

山城「ね、姉さま!?その格好は!?」

扶桑「ブルーのハートは希望のしるし!つみたてフレッシュ、キュアベリー!……ど、どうかしら……? ///」

山城「ね、姉さま!!完璧すぎます!!」

扶桑「ふふふ……ありがとう、山城」

提督「」

霧島「すいません……遅くなりました!」

提督(また増えた……)

霧島「大地に咲く一輪の花、キュアブロッサム・霧島!」

霧島「ハートキャッチプリキュア!」

提督(本当にハートキャッチされる……)




72:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/17(日) 16:34:07.72 ID:2V3S/jPf0



時雨「ふふ……みんな、楽しそうだね♪」

提督「し、時雨ちゃんは俺と敵役やってくれるんだよね?」

時雨「ごめんね提督。僕だって女の子なんだ……だから、僕もプリキュアをやるね?」

提督「」

時雨「大地を潤す癒しの雨!キュアレイン!」

提督「」

朝潮「このキュアダイヤモンドがあなたの頭を冷やしてあげる!」

暁「冷たい檻に閉ざされた夢、返していただきますわ!」

暁「お覚悟決めなさい!」

提督(もう……好きにして……)


この後提督は、もう二度とプリキュアごっこはやらないと心に誓うのであった……




73:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/17(日) 17:07:56.69 ID:2V3S/jPf0



――――― 数日後 


提督「…………。」カチカチ

時雨「パソコンで何か調べ物かい?」

提督「うむ。実は暁達とプリキュアの映画に行くために前売り券を買おうと思っているんだけど、一般1400円、小人800円、親子ペアで
2100円とあるのだが……どれを買えばいいか迷っているのだ……」

時雨「えっ?だったら親子ペア一枚と小人三枚買えば済む話じゃないか?」

提督「たしかに始めは俺もそう考えたのだが……暁達って小人扱いでいいのかな?」

時雨「?」

提督「たしかにあいつ等は子供っぽい(というか子供のように思っている)けど、一応カッコカリとはいえケッコンの出来る艦娘だからなぁ……」

時雨「…………。」

提督「ふーむ……こういう場合、他の鎮守府の提督達はどうしているのだろうか……」

時雨「だったら一般を五枚買えばいいんじゃ……?」

提督「いや、駄目だ!それだと入場者プレゼントで貰えるミラクルステッキライトが貰えなくなる!(それに出費も抑えたいし)ミラクルステッキライトが貰えるのは小人(中学生以下)に限るって公式サイトに書いてあるからな……」

時雨「そ、そうなんだ……」




74:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/17(日) 17:33:20.25 ID:2V3S/jPf0



時雨「そういえば今度のプリキュアって、魔法つかいプリキュアってタイトルらしいね」

提督「さあ、ショータイムだ!」

時雨「…………。」

提督「俺がお前の最後の希望だ!」

時雨「…………?」

提督「チョーイイネ!キックストライク!サイコー!」

時雨「…………。」

提督「すまん、ネタわからなかったか……」

時雨「…………。」

提督「き、きっと魔法つかいとか言って、魔法(物理)メインで戦うと思うなー……」

時雨「そうなのかな?よくはわからないけど……」

天城「魔法のことば、キュアップラパパ!ですよ提督!」

提督&時雨「!?」




76:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/17(日) 19:06:36.61 ID:2V3S/jPf0



提督「えっと……キュアラップパパパ?」

天城「違います!キュアップラパパ!です!」

時雨「えっと……」

天城「ハッ!すみません……魔法つかいプリキュアと聞いてつい……居ても立ってもいられなくて……///」

提督「あ、ああ……そう……」

天城「では、私はこれで……失礼します……///」

提督「…………。」

時雨「…………。」

提督「何かあいつ……いつもよりテンション高かったなぁ……」

時雨「うん……」

提督「ワクワクもんだぁ!!」

時雨「!?」

提督「って感じだったな」

時雨「う、うん……?」




77:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/17(日) 19:26:05.37 ID:2V3S/jPf0



時雨「そういえば金剛さんってまだあの状態から治らないの?」

提督「ふむ……一応大淀と明石に診てもらったのだが、原因がまったくわからないんだ……」

時雨「そうなんだ……」

天城「……それはきっと、闇の魔法つかい・ドクロクシー達の仕業ですね!」

時雨「え?」

提督「おまっ……何を言って……」(てゆーかまた来たのか)

天城「さあ!天城と共に金剛さんを……いえ、世界を救いにいきましょう!」

提督「いや俺、魔法使いじゃねーし!ただの提督だからね……」

天城「!?」

提督「どうした?」




78:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/17(日) 19:30:21.69 ID:2V3S/jPf0



天城「時雨秘書官……」

時雨「な、何?」

天城「……あなたには……どうやら魔法つかいの素質があるみたいですね」

提督「お前……いい加減に……」

時雨「魔法じゃないけど僕、提督の動きを一時的に止める言葉は知ってるよ?」

天城「本当ですか!?是非、今ここで見せてもらえないでしょうか!?」

時雨「うん、それじゃあ……」

提督「おいおい、冗談はよせよ?どうせ物理的に止めるしか……あっ、わかった!催眠術か何かだな?だが無駄だぞ!この俺に催眠術など……」

時雨「波動拳」

提督「」カァァァァ

天城「す、凄いです!時雨秘書官!!」

提督「///」

時雨「こうすることによって顔を赤らめてる可愛い提督が見られるんだ♪」

提督「お、お前いい加減に……」

時雨「かめはめ波」

提督「」カァァァァ




79:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/17(日) 19:39:57.31 ID:2V3S/jPf0



あなたの好きなプリキュアは何ですか?今年のプリキュアオールスターズで声ありだといいですね!


終わりです。ありがとうございました。


それとコメントしてくれた方、書くので精一杯とはいえ反応出来ずに申し訳ありませんでした。


では、失礼します。



元スレ
プリキュアが流行った鎮守府
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452429580/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月17日 21:45
      • 5 戦艦が妖精役か…
        きついなぁ…
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月17日 22:18
      • 58の名乗りのとこ、名乗るなら一人ひとりじゃなくて一斉に名乗れ!って思うよね?
        あれもあれでコメントに困るよw
        キョウリュウジャーも一斉に名乗ったことやったけど、ええwwwってなったwwwww
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 02:17
      • 次のプリキュアの片方は間宮さんなんだってな
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 02:29
      • ヒーローものやアニメの変身+名乗りシーンで感動したのは
        ゴーカイジャー+ギャバンだな
        マーベラスと一条字の拳を合わせてからの変身用BGMは
        素晴らしかった
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 07:18
      • 魔法使いプリキュアと仮面ライダーウィザードとマジレンジャーでコラボしたらいいのに……
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 11:20
      • ※4
        わかる、その後の関氏のナレーションも合わさって燃える展開しかなかった

        というか深海棲艦も元を辿れば負の概念みたいなものだからプリキュアのそれと大差無い気が
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 12:51
      • ニコ動で白露型の五人がスマプリの初期エンディングのダンスを踊っている動画がアップされてたな
      • 8. 潜水艦
      • 2016年01月18日 15:23
      • 急速せんこーキュアロゼッタ
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 10:53
      • ※3
        自分は天城持ってない糞雑魚提督ですってアピールなのかな?

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務