TOP

【モバマス×プリパラ】天使と悪魔と堕天使と

1:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:32:36.65 ID:V52viuhpo

~蘭子御用達のお店~

神崎蘭子(かっこいいアクセサリないかな……)

蘭子(あっ、このネックレス逆十字だ。いいかも)スッ

黒須あろま「むむっ、悪魔と同じ獲物を狙うとは。良いセンスをしているな」

蘭子「あ……そ、そなたもコレを狙っていたのか。悪魔、だと?」

あろま「そうだ。悪魔のあろまである」

蘭子「そう。私は……蘭子。堕天使よ」

あろま「……! 堕天使か……」

蘭子(向こうは悪魔……この子、私と似てるかも)

蘭子(小学生かな?)

蘭子「残念だがこのアーティファクトは二つと無い代物……。よければ譲ろう」

あろま「良いのか?」

蘭子「構わないわ」

蘭子「店主はいずれ同じものを生み出すであろう。そのとき来れば良い」



神崎蘭子

no title


白玉みかん 黒須あろま

no title





2:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:33:15.85 ID:V52viuhpo

アリガトウ ゴザイマシター

あろま「あっ、待ってくれ蘭子」

あろま「このアーティファクトによって我が魔力は更に高まった。感謝する」

蘭子「いや、礼には及ばない」

白玉みかん「あろま、とっても似合ってるの~!」

蘭子「……そちらも悪魔?」

みかん「白玉みかんなの。みかんは天使なの~♪」

蘭子「天使と悪魔が仲良く……?」

みかん「幼稚園からずっと一緒で、ずっと天使と悪魔なの」

蘭子(私より”目醒め”が早い……! しかもずっと付き合ってくれてる友達もいる!)



3:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:33:43.17 ID:V52viuhpo

蘭子(……良いなぁ)

みかん「みかんになにかご用なの?」

あろま「はっ、まさかみかんを堕天させる気ではないだろうな!?」

あろま「それはダメだぞ、みかんは我が一生呪うのだからな!」

蘭子「い、いや、そういうわけじゃないの……」

蘭子(この場合の『呪う』はきっと逆の意味かな)

蘭子(この二人、とっても仲良いみたい)

グルルルル

蘭子「なっ、なんだ!? ドラゴンの雄叫びか!?」

みかん「あろま~、お腹すいたの~」



4:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:34:13.34 ID:V52viuhpo

あろま「ならば豚の死体を白き衣で包んだものでも買いに――」

みかん「肉まん大好きなの~!」

あろま「……いや待て。今これを買ったからお小遣いが……」

みかん「お腹が空きすぎてふらふらしてきたの~」

あろま「ええい、しっかりしろ! 家に帰るまでもつか?」

蘭子「良かったらおごろうか? その代わりじゃないけど、もっと二人とお話させてほしい……ダメ?」

あろま「むぅ、それは助かるが……みかんは常人の5倍は食べるぞ?」

蘭子「うーん、1000円までなら……」



5:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:34:41.47 ID:V52viuhpo

アリガトウ ゴザイマシター

みかん「蘭子ちゃんに天使の祝福を! エーンジェル~♪」

あろま「いや、地獄行き。我が必ず地獄に送り届けよう」

蘭子「あ、あはは……」

蘭子(感謝されてる……んだよね?)

みかん「いただきますなのー」

あろま「それで、我らとなにか話したかったのか?」

蘭子「あ、うん。えーと……」

蘭子「私は堕天使として”目醒めた”のが最近で……」

蘭子「堕天使らしい威厳のある話し方を心がけてるんだけど、つい抜けてしまうことがあって……」

蘭子「あろまちゃんは全然抜けないから、何かコツあるのかなって思ったの」

あろま「たしかに……途中から堕天使語ではなくなっていたな」

蘭子「あぅ……」



6:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:35:11.93 ID:V52viuhpo

あろま「だがコツと言われてもな。特に何か意識しているわけではないぞ」

みかん「あろまも最初は悪魔語で話せないことあったの。もぐもぐ」

あろま「むっ……そ、そうだったか?」

みかん「そうなの。悪魔語で話せなくて涙目に――」

あろま「わー、やめろ。恥ずかしいではないかっ!」

蘭子「ふふっ」

あろま「と、ともかくだな……我が分析するに」

あろま「蘭子はときどき堕天使語ではなくなるのが、可愛くて逆に受けているのだ」

あろま「もうしばらくはそのままで良いのではないか?」

蘭子「え……あろまちゃん、私のこと知ってた?」



7:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:35:39.44 ID:V52viuhpo

あろま「もちろんだ。神崎蘭子、またの名をローゼンブルクエンゲル」

あろま「その程度の変装で悪魔を騙せると思ったか」

みかん「あろまは悪魔とアイドルのことたくさん研究してるの」

蘭子「そっか……」

蘭子「…………ククク、私の真の姿が悪魔にも知れ渡っているとは光栄ね」

あろま「そちらは我等のことを知らなかったようだな?」

みかん「みかん達もプリパラでアイドルやってるの」

蘭子「む、そうだったのか。すまぬ……私は美城の眷属くらいしか知らぬ故」

あろま「我等アロマゲドンを知らぬ者はもはやおらぬと思っていたが……」

みかん「プリパラの外にはまだまだいーっぱいいるの!」

あろま「うむ、危うく慢心するところであったな」



8:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:36:09.77 ID:V52viuhpo

みかん「蘭子ちゃんはプリパラでライブしたことあるの?」

蘭子「否。以前行ったことはあるが、当時は堕天使ではなくただの神崎蘭子だったゆえ」

蘭子「私を見初める《瞳》持つ者がいなくてな……」

蘭子「そなたらの宴は見れるかしら?」

あろま「うむ、ユーチュープリに動画があるはずだ」

蘭子「ユーチュープリか。ふむ……」

みかん「あ、これなの。アロマゲドンの初ライブなの!」


https://www.youtube.com/watch?v=XcBihc-2yF0




蘭子「うわぁ、サイリウムチェンジ綺麗……!」

あろま「こっちは『そらマゲドン・み』でライブしたときだな」


https://www.youtube.com/watch?v=OTP4hdXKZkk




あろま「ちなみにこの日は我の660012歳の降誕祭でもあった!」

蘭子「ライブ中に空飛んでる……!」

あろま「プリパラは仮想空間だからな。やろうと思えばなんでも出来るぞ」

蘭子「良いなぁ……プリパラ良いなぁ……!」



9:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:36:36.48 ID:V52viuhpo

あろま「蘭子も飛んでみたいか?」

蘭子「えっ?」

あろま「アロマゲドンは天使と悪魔、そして蘭子は堕天使。中間のようなものではないか」

蘭子「そう……かな? でもそれが?」

みかん「分かったの! 蘭子ちゃん、みかん達と一緒にライブするの!」

あろま「その通り! 我等は共に歩むべき運命だったのだ!!」

蘭子「でも私、もうアイドルデビューしてるのに……」

あろま「心配ない、プリパラは誰でもアイドルになれるところだ」

みかん「他所でアイドルデビューしてたらダメ、なんてルールもないの!」

蘭子(どうしよう……ライブはしたいけど、プロデューサーに相談しなくて大丈夫かなぁ……)

みかん「大変なの、もうすぐライブのエントリー締め切りなの!」

あろま「急げば間に合うはずだ、行くぞ蘭子!」

蘭子(まだやるとは……でもやっぱり興味あるし、とりあえず1回だけ……)



10:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:37:02.95 ID:V52viuhpo

~ライブ会場~

キャー アロマゲドンー アレッ ヒトリ フエテル?

あろま「皆の者、聞くが良い!」

あろま「今日より、我等アロマゲドンは3人で活動することとなった!」

みかん「新メンバーお披露目なの~!」

蘭子「クククッ、堕天使の翼はこの地に舞い降りた! 我が名は神崎蘭子!」

蘭子「悠久の刻を経て巡り会いし我等を止めることは誰にも出来ないわ!」

蘭子「さあ、狂乱の宴の始まりよ!」

『アロマゲ蘭! でび☆えん Reversible-Ring ~堕天使バージョン~!!』




蘭子(空飛んでる……! 以前夢で見たお空の上の世界みたい!)

蘭子(プリパラ……最高!!)



11:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:37:31.84 ID:V52viuhpo

~しばらくして~

あろま「なにっ、もうプリパラに行けないとはどういうことだ?」

みかん「蘭子ちゃん、みかん達のこと嫌いになっちゃったの?」

蘭子「そんなことは断じてない! 二人のことは血を分けた姉妹のように大切に思っている!」

蘭子「……のだが、先日の宴は下僕達を長時間熱狂させたであろう?」

あろま「うむ、結局アンコールを3回もやってしまったな」

みかん「サイリウムエアリーでずーっと飛び回っていたの」

蘭子「それ故、修練があったのをすっかり忘れていたのだ……」

みかん「レッスンすっぽかしちゃダメなの」

蘭子「うう、そのとおりです……それで、プロデューサーに問いつめられて……」

蘭子「本業に支障が出るならプリパラ禁止って言われて」

みかん(あちゃ~……なの)



12:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:37:58.71 ID:V52viuhpo

蘭子「ごめん……ごめんね。私、年上なのにしっかりしてなくて……ふぶぅ、ぐすっ」ポロポロ

みかん「蘭子ちゃん、泣かないで。よしよし」ナデナデ

あろま「蘭子だけの責任ではない。スケジュールを確認しなかった我等にも落ち度はあった……」

あろま「それに、年上は我の方だぞ? 660012歳だからな!」

蘭子「そうだったね、ぐす……えへへ」

あろま「うむ、ようやく笑ったな」

蘭子「あろまちゃん、みかんちゃん……大好き」ギュッ

みかん「みかんも大好きなの~!」

あろま「一生呪ってやるぞ♪」




??「ピヨォォォ! ……尊い!!」



13:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:38:24.91 ID:V52viuhpo

みかん「……それで、これからどうするの?」

あろま「蘭子がいなくなると、どうしても今より見劣りしてしまうだろうな……」

あろま「隠れてこっそりプリパラに行く、というのはどうだ?」

あろま「らぁらもプリパラ禁止だった頃はそうしていたと聞くぞ」

蘭子「だめ。プリチケも取り上げられちゃったから……」

みかん「プリチケがないとプリパラには入れないの」

あろま「プリチケは蘭子のプロデューサーが持っているのか?」

蘭子「多分……。事務所のデスクに保管してると思う」

あろま「ふむ……よし、決めた!」

あろま「我が魔力でプロデューサーを洗脳してプリパラを認めさせてやるっ!」

蘭子「……」

みかん「…………」

蘭子「……そうだね、やっぱりそれが一番だよね」

みかん「みんなで謝りに行って許してもらうの!」



14:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:38:54.84 ID:V52viuhpo

~事務所~

蘭子「《瞳》持つ者よ。そなたの刻をしばらく私に預けてほしい」

P「蘭子。その子達は?」

あろま「我は黒須あろま。悪魔である」

みかん「白玉みかんなの。みかんは天使なの」

P「あろまとみかんって、アロマゲドン?」

あろま「蘭子を含めればアロマゲ蘭だがな。知っているのか?」

P「一応ね。そうか、プリパラチェンジで少し大人っぽくなってたんだな」

あろま「知っているなら話は早い。そなたを洗脳しに来たのだ」

あろま「デーモンデーモン デルデルビーッ!!」

3人(ペコリ)

P「うん、話は分かった」




千川ちひろ(何であれで分かるのかしら。プロデューサーさんってすごい)



15:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:39:25.07 ID:V52viuhpo

蘭子「じゃあ……!」

P「でも駄目だ。プリチケを返すことは出来ない」

みかん「どうしてなの? 蘭子ちゃん、とっても反省してるの」

P「分かってるよ。本当に、うっかり忘れただけだと思う。でも結果的にレッスンをサボったのは事実だ」

P「なのに謝ったら許してもらえた、なんて話が広まったら」

P「他の子達も軽い気持ちでサボるようになるかもしれない」

P「レッスンならまだいいけど、これが仕事だったらもっと大勢の人に迷惑がかかる」

P「だから全くお咎め無し、というわけにはいかないんだ」

あろま「……結局、我等の望みは叶わぬのか?」



16:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:39:52.12 ID:V52viuhpo

P「少なくともしばらくはね」

あろま「むぅ、我の魔力に屈せぬとは……やるではないか」

蘭子「……分かりました。わがまま言ってごめんなさい」

P「でも半分なら、望みは叶えられる」

蘭子「半分?」

P「プリパラ通いをやめろと言ってるだけで、ライブするなとは言ってないってこと」

みかん「どういうことなの?」




ちひろ(ふふ、なんだかんだ言って甘いですね)



17:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:40:22.99 ID:V52viuhpo

本田未央「あー、らんらん。やみのま~」

蘭子「闇に飲まれよ!」

あろま「闇に飲まれよデビ!」

みかん「闇に飲まれよジェル~」

未央「……いつから使い魔を従えるようになったんだい?」

あろま「使い魔ではない。我は悪魔である」

みかん「みかんは天使なの」

未央「お、おう」




未央「プロデューサー、らんらんと一緒にいた子達知ってる?」

P「ああ、アロマゲドンのあろまちゃんとみかんちゃんだ」



18:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:40:52.78 ID:V52viuhpo

未央「春巻き丼?」

P「アロマゲドン。蘭子のプリパラ友達だよ」

未央「へぇー。何しに来てたの? 見学?」

P「いろいろあったんだが、結論としては打ち合わせだな」

未央「何の?」

P「次のライブ、3人にはサプライズゲストとしてユニット出演してもらうことになったから」

未央「そうなんだ! これは一大事ですなぁ」

P「仮想空間とはいえライブ慣れしてるから特に心配しなくていいと思うぞ」

未央「いや、そうじゃなくてさ……あろあろと……うーん、みかちー? もう一捻りしたいな……」

P「そっちかよ」



19:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:41:29.39 ID:V52viuhpo

渋谷凛(あ、蘭子と……例のプリパラの友達かな)

凛(仲良さそうに歌ってるみたい)




『Reversible-Ring 薬指に~』

凛「今私のこと呼んだ?」ニュッ

蘭子「いえ……呼んでないわ」

凛「そう? おかしいな……」チガッタカ…




『Reversible-Ring 誓い合おう~』

凛「今呼んだよね?」ニュッ

みかん「呼んでないの」

凛「確かに呼ばれたと思ったのに……」チガッタカ…




『Reversible-Ring 薬指に~』

凛「呼んだでしょ?」ニュッ

あろま「呼んでないと言っているだろうがっ」



20:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:41:58.36 ID:V52viuhpo

~ライブ会場 控室~

あろま「どうした、みかん。ひょっとして緊張しているのか?」

みかん「そ、そんなことないの。緊張してないの」

蘭子「我等に隠しごとなど無用よ?」

みかん「……」

あろま「…………」

みかん「このライブが終わったら」

みかん「もう蘭子ちゃんと一緒にライブ出来なくなるって思ったの」

蘭子「あっ……」

あろま「しばらく出来ないだけだ。これが最後ではないだろう?」

みかん「それでもやっぱり寂しいの」

あろま「……」

蘭子「宴の終幕をもって解放すべき言霊なのだが……」

あろま「ん?」

蘭子「正式に美城の眷属となり、共に輝きの向こう側を目指さないかしら?」



21:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:42:29.39 ID:V52viuhpo

あろま「プリパラではなく現実世界で、ということか?」

蘭子「うむ」

みかん「あろま……?」

あろま(コク)

みかん「せっかくだけどお断りしますなの」

蘭子「え……な、なぜ?」

あろま「我等はまだプリパラの神アイドルになっていないからな」

あろま「現実世界でのアイドル活動はプリパラを制覇してからだ」

蘭子「そう……では、この話は気に入ると思うわ」

あろま「ほう?」

蘭子「《瞳》持つ者曰く、次の宴の機会には、再びそなた達をヴァルハラへと招きたい、と」

みかん「それっていつなの?」

蘭子「運命は未だ定まらぬが……月の女王が1~2度瞬く程度であろう」



22:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:43:07.08 ID:V52viuhpo

みかん「やったのー! またすぐに蘭子ちゃんと一緒にライブ出来るのー!!」

あろま「それならそうと、なぜもっと早く言わない!」

みかん(と言いつつ嬉しそうなの)

蘭子「下僕達が我等に忠誠を誓うなら、という条件付きだったのだ……」

あろま「ふふん、そんな条件無いに等しい!」

あろま「プロデューサーめ、我等をナメているようだな」

みかん「みかん達が、今日一番の盛り上がりを作ってみせるの!」

あろま「ああそうだ、プロデューサーで思い出したぞ」

あろま「早くプリチケを取り戻さないと」

みかん「蘭子ちゃんをおいて2人だけで神アイドルになっちゃうの!」

蘭子「なら私もSランクアイドルになって2人を待っているわ」

あろま「蘭子1人では無理だ。我等がいなければな」

蘭子「そっちだって、私抜きで神アイドルなんて無理なんだから!」



23:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:43:35.17 ID:V52viuhpo

あろま「む~!」

蘭子「うーっ!」

みかん「じぇるー」

『……』

『ふふっ、あはははは!』

みかん「3人で一緒に、Sランク神アイドルになるの!」


デバンデース スタンバイ オネガイシマース


蘭子(あろまちゃんに誘ってもらって本当に良かった)

蘭子(私からの感謝を込めて歌うね)




華蕾夢ミル狂詩曲~あろまノ導~!!



24:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 17:44:05.25 ID:V52viuhpo

終わり

モバPの中には緑色の悪魔しか知らない人もいるでしょうが、
こんなにかわいい悪魔もいるのです



元スレ
【モバマス×プリパラ】天使と悪魔と堕天使と
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452933156/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 武内アレクサンダー
      • 2016年01月16日 19:56
      • 神崎蘭子も前世ではネコ系ツンデレアイドルをやっていたアシカ。
        他にも本田未央は前世でもアイドル辞める言い出していたり、
        安部菜々が泣き芸人だったり、
        日高愛がフライングボディプレスを繰り出したりしているアシカ。
        どいつもこいつもアイドル気取りでチャラチャラしやがって!2度とステージに立てないようバラバラにしてやる
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 20:31
      • アレクサンダーは名乗るだけで笑いが起こる奇跡のキャラ
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 21:22
      • ちゃんみおの前世と愛ちゃんのプリズムダイブだけは許したってくれんか…
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 22:11
      • ちゃんみおは闇堕ち寸前まで行ったからなぁ……
        ココロ充電はちゃんみおの歌としても行ける気はする
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 23:04
      • Sランク神アイドルって…どのくらい時間掛かるのか…
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月17日 13:09
      • そっか愛ちゃんとべる様同じか…
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 08:40
      • あろまとまゆ、みかんとミリオンの方の奈緒共に声色が違うからなぁ…中の人ネタは出ないか…

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務