TOP

卯月「島村卯月、ウルトラマンゼロ……でした」ゼロ「さらばだ、素晴らしき少女達」

2:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 22:50:00.90 ID:SvI+Rp1Z0


 ミーンミンミンミー ミ~ンミンミン ウ~サミ~ン

島村卯月「ん~、雲一つない快晴! 素敵ですね!」

ウルトラマンゼロ「ああ、今日も良い天気だな!」

卯月「ガタノゾーアの闇が、嘘のようです!」

本田未央「お、しまむー! それに、ゼロ! おはよー!」

渋谷凛「二人も今から?」

卯月「未央ちゃん! 凛ちゃん! なんだか、3人で歩いてるだけなのに、嬉しくなりますね!」

ゼロ「エタルガーの件以来、世間は慌ただしいからな」

未央「そうだね~。テレビじゃ連日のようにあの事件のことを報道してるし」

凛「幸い、私達が戦ってたっていうのはバレなかったけど、346のアイドルが関係を持っていたっていうのは」

ゼロ「気づかれてるみたいだからな。俺も帰るまで、気をつけなきゃな」

卯月「はい! 私達のライブ、見守ってくださいね!」

未央「そっか……。ゼロも帰っちゃうんだね……」 シミジミ

凛「寂しくなるね……」

ゼロ「また、すぐに遊びに来るさ。なんたって、俺は」

卯月「時空の勇者、ウルトラマンゼロですからね!」

ゼロ「そういうことだ。お、346プロが見えてきたぜ」

未央「世間のゴタゴタで、ここにも来てなかったからね~!」

凛「たった数日なのに、懐かしく感じるね」



3:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 22:50:53.21 ID:SvI+Rp1Z0


 346 シンデレラプロジェクト

 ガチャ

卯月「おはようございま~す!」

今西部長「ささ、お茶でもどうぞ」

モロボシ・ダン(ウルトラ警備隊服)「いただきます」

未央・凛「ぶーっ!???? ウルトラセブン!!?」

ゼロ「親父!?」

卯月「ゼロさんのパパさん!? の、人間の姿!!」

千川ちひろ「御茶菓子もありますよ~」

三村かな子「よければ、クッキーもどうぞ!」

ハヤタ・シン(科学特捜隊服)「すまないね。頂いちゃって」

武内P「いえ、あのウルトラ兄弟を迎えられたのですから」

未央・凛「ウルトラマンだぁぁぁ!!???」

卯月「え、えぇぇぇ? ウルトラマンさんまで……。役者さんの都合もないから、若いまま」



5:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 22:53:31.75 ID:SvI+Rp1Z0


筋肉質でハンサムな青年「ん? ゼロと、島村卯月……ちゃんか」

凛「誰? ジェダイ?」

卯月「衣装は確かにそんな感じですけど……」

ゼロ「ゾフィー隊長か?」

ゾフィー「ああ。久しぶりに人間の姿をとったんだが」※漫画版ではゾフィーはハンサムなんだにぃ☆

凛「へぇ、ゾフィーってそんな姿なんだ。誰かと合体したこと、ないの?」

未央「タロウの時に憑依した事はあったけど、融合したのはサコミズ隊長だけかな」

※サコミズ隊長 
メビウスの防衛チーム・GUYSの隊長にして、日本支部総監。実は、科学特捜隊のメンバーでもある。
外宇宙に出ていたためウラシマ効果により、実年齢と見た目が一致していない。

ゾフィー「サコミズか、懐かしいな。メビウスからそうした世界があると報告は聞いているが、不思議なものだ」

卯月「懐かしい? もう、何年も前のことなんですね」

ゾフィー「ああ。数千年も昔のことだ」

未央「えっ! そんなに……(ゼロが生まれる前、なのかな?)」

ダン「我々が地球で戦ったのは、ほんの一時。瞬きしたような時間。それに影響されて」

ハヤタ「我々はずっと、この姿を借りたままだな。本物の、ハヤタ・シンがいなくなった後も……」

未央「そっか……。もう、本物のハヤタや、モロボシ・ダンのモデルになった人は……」

卯月「まるで、神話みたいですね……」

凛「うん……。遠い星の、時空の彼方の物語……」

武内P「我々の世界では特撮と、子供向けというくくりがありますが、それを除いてみれば」

部長「壮大な、偉大な戦士たちの物語だね」



6:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 22:54:39.18 ID:SvI+Rp1Z0


ハヤタ「そのような言い方をされると、照れてしまうな」

ダン「我々も、戦った甲斐がある」

赤城みりあ「ねぇねぇ! ゾフィーさん!」

城ヶ崎莉嘉「さっきのもう一回やってよ!」

卯月「みりあちゃん、莉嘉ちゃん。というか、私達が最後だったんですね」

凛「さっきのって……」

ゾフィー「むぅ……仕方がない。ウルトラ念力」 フワー

みりあ「わ~い! 変身してないのに浮いてる~!」

莉嘉「すごいすご~い!」

諸星きらり「にょわ~。きらりも浮いてるにぃ~」

未央「隊長、あまっ!! 偉大な戦士たちの隊長、あまっ!!」

新田美波「だ、だから、その人は宇宙警備隊の隊長で……会社で言うと、副社長みたいな人で……」

アナスタシア「楽しそう、です」



7:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 22:55:47.06 ID:SvI+Rp1Z0


卯月「え、ええっと、ゼロさんのパパさん達、どうしてこちらに?」

ゾフィー「時空城、エタルガーに関する報告を君達にもしようと思ってね」

シンデレラガールズ 「報告?」

ゾフィー「あの後、力を使い果たした君達に変わり」

ハヤタ「我々と、ウルティメイトフォースゼロと共に時空城を破壊した」

ダン「その前に、内部調査を行った。その時の事を、戦った君達にも報告しておこうと思ってな」

神崎蘭子「魔神を滅ぼしし聖戦、傷ついた乙女たちは傷を癒すために、甘美なる誘いに身を任せた」

ダン「……この子は何を言っているんだ???」

武内P「テレパシーで読まないとそうなりますね。よろしければ、私の翻訳本を」 スッ

ハヤタ「あ、い、いや、遠慮しておくよ」

ゾフィー(なんで同じ種族、同じ民族なのに翻訳本を? 訛りの一種か?)

未央「しまむーかみりあちゃん、訳してあげて」

卯月「エタルガーの戦いの後、みんな寝ちゃいましたからねって」

美波「私もジャンナインさんの手の中でグーグー寝ちゃったなぁ」

アーニャ「私も、です。勝利の後の昼寝は、格別です?」

前川みく「多分、微妙に意味が違うにゃ」

多田李衣菜「蘭子ちゃんだけ解除されてなかった……けど、この部屋で一緒に寝てたっけ」

蘭子「ふっ……。堕天使は魔王を超え、古の力に目覚めるが……その力は強大。未だ、我が物にできず」

卯月「えっとですね、要は慣れてなかったので、その後は私達と同じようにダウンしたそうです」

蘭子「だ、だって、エタルガー倒したと思ったら急に眠くなってきて……///」

ちひろ「緊張の糸が切れちゃったんですね」

ゼロ「蘭子は頑張ってくれたからな。ありがとなっ!」

蘭子「と、当然のこと!///」



8:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 22:56:39.49 ID:SvI+Rp1Z0


かな子「うん、蘭子ちゃんはいっぱい頑張ったよね! 私なんか大したことできなかったからなぁ」

ハヤタ「謙遜することはない」

部長「そうだよ。三村くんは、実は一番頑張って戦っていたよ」

武内P「素の能力が高いウルトラマンジャスティスとはいえ」

ちひろ「かな子ちゃんが頑張ったからですよ」

緒方智絵里「うん。私は……最後に、ノアさんが力を貸してくれたから、頑張れたけど」

卯月「それはきっと、智絵里ちゃんが諦めなかったから!」

ゼロ「その通りだ。諦めない心に、ノアは力を貸してくれる」

ゾフィー(アナザースペースで諦めなかったゼロに、かつて光の国の為に戦う我々の為に……な)

智絵里「あ、ありがとう……/// け、けど、最後まで、頑張れたのは……かな子ちゃん達がいたから」

かな子「智絵里ちゃん……!」

双葉杏「うん! そうだね! 私達が頑張れたのは、みんなのお陰だよね!」

ゼロ「杏のテンションが高い!? ていうか、いつの間にステージ衣装に!?」

未央・美波・武内P(ああ、本物のウルトラ兄弟の前だから……)

莉嘉「いつもそれくらい頑張ればいいのに」



10:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 22:59:23.15 ID:SvI+Rp1Z0



ゼロ「まぁ……杏はともかくとして、単なる報告くらいなら、ウルトラサインでよかったんじゃないのか?」

ゾフィー「ふっ、察してやれ」

ダン「……」

未央「あ、そういうこと」

凛「なるほどね」

ゼロ・卯月「……?」

アーニャ「親の心、子は知らず。です?」

ダン「あ、あ~、ウウン! それで、調査結果だが」

ちひろ(私でも知ってるウルトラセブンも、親なんですね~)

ハヤタ「結論から言うと、何もわからなかった」

美波「えっ! 光の国の技術をもってしてもですか?」

ゾフィー「残念ながら、その通りだ。城を構成する物質の90%は、どの星にもあるような岩と砂だった」

ダン「残りの10%は我々も知らん未知の物質が使われていたが、現状では珍しい金属程度だ」

ハヤタ「サンプルを採取してヒカリ博士に依頼しているが、解析できても得られるものは少ないだろう」

莉嘉(ウルトラマンヒカリって頭がいい人なんだ)

ゼロ「ジャンボットの奴が解析できなかったとか言ってたのは、それのことか」

卯月「エタルガー……彼は結局、何者だったんでしょうか?」

ゾフィー「ある程度の予想はできるが、予想でしかない」

武内P「真相は闇の中、ですね」



11:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:01:10.82 ID:SvI+Rp1Z0


ゼロ「俺も最初はマックスとメビウスの行方を追っていたところ、キングにエタルガーの存在を教えられた」

ハヤタ「やはり、ウルトラマンキングに話を聞くしかないようだな」

アーニャ「キング、ウルトラマンの王様、ですか?」

ゼロ「物凄い力を持った、偏屈な爺さんさ」

ダン「またそんな言い方を……」

ゾフィー「ところで、ゼロ。お前の仲間、ウルティメイトフォースゼロのメンバーはどうしたんだ?」

ゼロ「グレン達なら町の復興を手伝ってるぜ。といっても、瓦礫の処分くらいだが」

美波「多くの建物はミラーナイトさんが守ってくれましたけど、全部が無事というわけでもないですからね」

アーニャ「ダー。道路なんか、メチャクチャ、です」

ダン「確かにこの地球の防衛は今までに比べ弱いが……少々、手を貸し過ぎじゃないか?」

ハヤタ「まぁまぁ。たまにはいいじゃないか。我々もこうして、お茶をご馳走になっているわけだし」

ゾフィー「この地球には我々を応援してくれる人々もいる。その期待に応えるのも、いいだろう」

ダン「進化の介入さえしなければ、か。仕方がない。大目に見よう」

未央(やっぱり、普通のウルトラマンからしたらそうだよねぇ) ヒソヒソ

凛(うん。口調や性格はアレだけど、ゼロがかなり甘いんだなってわかるよね) ヒソヒソ

卯月(そういうゼロさんだから、大好きなんですけどね~)

ゼロ(おいおい、嬉しいこと言ってくれるなって)

卯月(えへへ~♪)



12:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:03:07.31 ID:SvI+Rp1Z0

 
 ガチャ ゾロゾロゾロ

「すみませ~ん。ご注文のもの、お持ちしました」「ピザのお届けに」「出前、おまち!」

みりあ「わっ! お寿司だ!」

莉嘉「食べ物もジュースもいっぱいだ~!」

ダン「すまない。咄嗟に、影に隠してくれて」 ヒソヒソ

きらり「同じモロボシだから、当然なんだにぃ☆」

武内P「あの後ですから、お二人の制服姿は目立ちますからね」

ハヤタ「おっと、そうか。分かりやすいと思ったが、配慮が足りなかったか」

ゾフィー「サコミズの姿を借りなかったのは、正解だったか」

ゼロ「凄いご馳走だな」

卯月「まるでパーティーみたいですね!」

部長「丁度いいタイミングだね」

蘭子「時は満ちた?」

ゼロ「おいおい、部長。俺達の為に、パーティーでも開いてくれるのかよ?」

部長「その通りだよ」

ゼロ「いいのか? 346プロだって、戦いの被害が全くなかったわけじゃないんだぜ」

部長「いいんだ。この世界を救ってくれた、君達アイドルに、ウルトラマンゼロに、少しでもお礼がしたい」

武内P「ぜひ、楽しんでいってください」



13:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:04:10.41 ID:SvI+Rp1Z0


 ガチャ ゾロゾロ ゾロゾロ

城ヶ崎美嘉「やっほ~★」

莉嘉「お姉ちゃん!」

高垣楓「こんにちは」

未央「楓さん!」

凛「あの戦いに参加してくれたみんな?」

輿水幸子「ふふ~ん! 怪獣だって操っちゃう、可愛いボクがきてあげましたよ!」

及川雫「実家の牛乳も送ってもらいましたよ~」

部長「そういうことだよ。今日はみんなの状況確認と、パーティーをしようと思って呼んだからね」

ゾフィー「随分と賑やかになったな」

ダン「華やかだ」

ゼロ「ここにいると、退屈しないんだぜ」

ハヤタ「こんな若い子たちが、戦い抜いたんだな」

楓「ま~、お上手ね~」 ※高垣楓、25歳児

ちひろ「いえ、ウルトラマンからすればみんな若いのでは……」

川島瑞樹「素直に喜んでいいものかしら?」

ゼロ「せっかくパーティーするんだ! グレン達が戻る前に、ゲストを連れてくるか」

ウルティメイト卯月「なるほど! ウルティメイト卯月、出撃です!」

ダン「君がつけるのか!?」

智絵里(ツッコンだ……)



14:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:05:03.83 ID:SvI+Rp1Z0


ウルトラマンエックス(inデバイザー)「みんな、元気そうだな」

十時愛梨・雫「「大地さん!」」

杏「エックス! 大地! ……大地、なんか疲れてない?」

大地「色々あってね……主に、無断外出で……」

卯月(目が死んでます……)

エックス「杏は随分とおめかししているな」

杏「ウルトラ兄弟の前だからね」

ショウ「無事で何よりだ」

李衣菜「ショウさん! あ、あの、ビクトリーのお陰で、私、戦えたよ!」

ショウ「ああ。ビクトリーが、伝えてくれた。李衣菜の、勇姿を」

李衣菜「へへ~♪」

ヒカル「みくちゃんさ……たまに、ギンガが猫語で喋るんだけど、知らない?」

みく「うぇ……ホントに気に入っちゃったんだ……」

ゾフィー「彼がウルトラマンエックスと、共に戦う人間の大空大地か」

エックス「あなたが、ゼロの父……ウルトラセブン」

大地「初めまして。大空大地です」

ハヤタ「初めまして。ゼロから、話は聞いているよ。ギンガとビクトリーは、一応初対面ではないな」

ヒカル「はい! タロウを通じて、力を貸していただきありがとうございます!」

ダン「礼には及ばない。君には、我々を解放してくれた、借りがあるからな」

部長「素晴らしいゲストも揃ったね」

ちひろ「そろそろ、ミラーナイトさん達も来るはずですね」



15:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:08:49.60 ID:SvI+Rp1Z0


部長「シンデレラプロジェクトを始め、みんなよく戦ってくれたね。君達のお陰で、地球の平和は守られた。
   私は若い頃から彼ら、光の国の戦士に魅せられてきた。だからこそ、あの戦いがどれだけ辛いものか
   理解しているつもりだ。勝てたのは、みんなが諦めなかったから。それが、不可能を可能にした」

ハヤタ(おや、いつぞや、メビウスに言った言葉だな)

武内P「ゼロさんをはじめ、ウルティメイトフォースゼロの方々も本当にありがとうございました。
    ジャンナインさん、私と共に戦ってくれて、ありがとうございます」

ジャンナイン(SDサイズ)「礼を言われることではない。僕も、共に戦えてよかった」

武内P「はい。……大人の私でも、ティガの光を、見ることができた」

美波・未央(プロデューサー……)

卯月(蘭子ちゃんが見せてくれた、ティガの光……)

蘭子(……私は、本物の力を得たんだ。これから……頑張らないと……)

グレンファイヤー(人間態)「堅苦しいのはいいからさ~、早く食べようぜ! 地球の飯、美味いし」

ミラーナイト(人間態)「グレン、行儀が悪いですよ」

ジャンボット(SDサイズ)「全くだ」

部長「はは、人間の私が熱くなって、ついついと長話をしてはいけないね。では、最後に」

ちひろ「ゼロさんのお父様こと、ウルトラセブンからご挨拶を」

ダン「……えっ!?」



16:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:09:59.93 ID:SvI+Rp1Z0


ダン「俺が言うのか?」

部長「是非とも」

ダン(断り辛い……)

大地(エックスじゃなくてよかった。たまに、変なこと言うし)

ギンガ(私が言いたかった……にゃん)

きらり「セブンちゃん、ファイト~」

ダン「あ、あ~、そこにいる島村卯月ちゃんの中にいる、ゼロの父、ウルトラセブンだ。まず、みなさん、
   ゼロと仲良くしてくれてありがとう。そして、先の辛い、よく戦い抜いてくれた。
   君達の努力がなければ我々は間に合わず、エタルガーを倒せても多くの死者が出ていただろう」

卯月(けど、救えなかった人もいました。サーガの奇跡がなかったら……。それが、ママやみんなだったら) ゾ

ゼロ(その時は、俺が何度だって奇跡を起こすさ)

卯月(っ! ……はいっ!)

ダン「そんな君達の強き心に、健闘を称え。そして、この地球に」 スッ

杏(強き心……か)


『乾杯っ!』 カチーン


グレンファイヤー「よっしゃぁ! 上手そうな飯はどれかな~」

日野茜「私がオススメします!!」

ゼロ「親父、中々良かったぜ」

ダン「そ、そうか?(焦った~)」



17:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:11:32.31 ID:SvI+Rp1Z0


ヒカル「たまにしか喋らなかったギンガが頻繁に喋るようになって、全部語尾に『にゃ』をつけて……」

みく「な、なんか、ごめんなさい……」

ショウ「俺なんか、あいつの声を初めて聴いたぞ……」

李衣菜「あの声でみくちゃんの真似はきついかもね……。ていうか、きついね」

ギンガ(inギンガスパーク)「そんなことないにゃん」

ショウ「黙ってろ」

ギンガ「あ、はい」

みく(怒られた……)


大地「戻ったらアスナには怒られるし、隊長には怒られるし、散々だったよ……」

エックス「仕方がなく、ウルトラマンゼロに拉致されたと言い訳をしておいたが」

十時愛梨「大変ですね~……」 プルン

及川雫「あれだけ一生懸命戦ってくださったのに……」 プルン

大地「あはははは/// こ、こっちの世界に移住しちゃおうかな」

愛梨「っ! 本当ですか?///」 ムギュ

雫「そしたら、牛乳の差し入れしますね~」

大地「えっ!? いや」

エックス「冗談と言える雰囲気じゃなくなったな」

大地(愛梨ちゃんと雫ちゃんの胸……い、いや! 俺には、怪獣達と共存する夢が!)

ゴモラ(SD)(別に、こっちで共存すればよくね?)

大地(っ!???)



18:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:12:27.70 ID:SvI+Rp1Z0


高森藍子「やっぱり、ゼロさんに似てますね~(変身後の姿が)」

ダン「っ! そ、そうか? ははは」

凛「セブンって結構、分かりやすいね」

ゼロ「親父の奴、何浮かれてんだよ……///」

未央「あ、息子も同レベルだった」

茜「本物のセブンに会えるとは、光栄です!! 私、セブンもレオも、大好きです!!!」

ダン「っ! ほぉ、レオが!」

美波「弟子が褒められて、露骨に喜んでる……」

茜「あの不屈の闘志、見習いたいものです!!」

ダン「うんうん」 ニコニコ

未央(わかりやす!)

茜「そして、セブンのマジキチ特訓も!!!」

ダン「ま、マジキチ……?」 ズーン

きらり「セブンちゃんからハピハピが消えたにぃ……」

莉嘉「それって、間接的にゼロくんのことも」

ゼロ「……えっ!?」

凛「手錠をつけて崖登りは、ちょっとね……」

ゼロ「俺の場合はちゃんと、あいつらがウルトラマンであることも加味してだなぁ!?」

ヒカル「やられた方からしたら、たまったもんじゃなかったけどな?」

大地(俺、ショウさんに手加減されてたんだなぁ……)



19:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:14:24.16 ID:SvI+Rp1Z0


小日向美穂「まぁまぁ、ゼロ様♪ ジュースでもどうぞ」

卯月「私が飲むんですけどね!」

佐久間まゆ「というか、恥ずかしがらない美穂ちゃんがSSR並のレアですね」

ゼロ「だからそれ、止めてくれって。エックスのとこのメガネの子にも言われたし」

エックス「アレ、結構傷ついたぞ……」

※番組名がウルトラマンエックスなのに、エックスが邪魔者扱いされるという、酷い回なんだにぃ☆

美穂「じゃあ……私も、ゼロさんで!///」

ゼロ「呼び捨てでもいいくらいだけどな」

美穂「えっ? ぜ、ゼロ……///」

ゼロ「おぅ!」

美穂「……~~~!!///」

卯月「むぅ~」 プクー

凛(卯月、可愛いなぁ)

美穂「や、やっぱり恥ずかしいから、『ゼロさん』で……」

まゆ「様呼びも恥ずかしいと思いますけど……」

ゼロ「ま、それ以外ならなんでもいいぜ!」

エックス「私もルイにリベンジしなければな」



20:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:15:15.97 ID:SvI+Rp1Z0


 ワイワイ ガヤガヤ

ゾフィー「……」

楓「あら? 隊長さんは、お気に召さなかったですか?」

ゾフィー「いや、逆だ。いいものだと……」

楓「ふふふ。いっぱい飲んでくださいね」 ドボドボドボ

ゾフィー「ど、どうも……(めっちゃ零れてる)」

友紀「ウルトラマンも飲んで飲んで!!」 ドボドボドボ

ハヤタ「あ、あぁ……(この子、未成年じゃないのか?)」 ※友紀ちゃんは童顔だけど、二十歳なんだにぃ☆

瑞樹「菜々ちゃんは飲む?」

菜々「な、菜々は未成年ですから!! ウルトラマンキングに呼ばれたって飲みませんよ!」

片桐早苗「さり気ない他スレ紹介」

ハヤタ「ところで」

ゾフィー「ん?」

ハヤタ「アレ、どうする?」


ダン「マジキチ……」 ズーン


ゾフィー「……どうしようもできないだろ」

ハヤタ「だよなぁ……」

友紀「お酒を飲めばヘーキヘーキ!」

瑞樹「今日は……いっぱい飲んだ方がいいかもね」



21:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:16:34.47 ID:SvI+Rp1Z0


美嘉「ゼロ、楽しんでる?」

卯月(ゼロ)「ああ! 部長が頼んでくれた料理、どれも美味いぜ!」 パクパク ムシャムシャ

卯月「とっても美味しいです! けど、私の暴飲暴食も、そろそろ止めておかないとダメですね」

卯月(ゼロ)「卯月は可愛いからな。一人でランニングは、不安かもな」

蘭子「我が古の巨人の力を使えば、造作もなきこと」

美嘉「不良相手に変身する気!?」

蘭子「……ダメですか?」

美嘉「いや、防衛手段は必要だけど……それはそうと、卯月の身体で喋るの止めて」

ゼロ「おっと。身体を借りて食べてるからな」

美嘉「やっぱり、慣れないね~」

卯月「美嘉ちゃんの見た目でゼロさんの口調も似合わなさそうですね」

美嘉「二万年早いぜ! なんてね。他部署の、拓海とかならあんま違和感ないかもしれないね」

ゼロ「あの子の身体は、卯月以上に動かしづらそうだからな」

蘭子「え? あ、あぁ……。天と地の狭間で、我は苦悩する」

ゼロ「いや、蘭子は同世代の中じゃ大分大きい方だろ」

蘭子「……///」

美嘉「ゼロにも、そういう好みってあるの?」

ゼロ「いや、ないが。みんなのことは可愛いと思うぜ」

卯月・蘭子「……///」

美嘉(ぜ、絶対、そういう意味じゃないんだろうけどさぁ……///)



22:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:17:44.97 ID:SvI+Rp1Z0


美嘉「ま、まぁ!/// ゼロが楽しんでるならなによりだねっ」

ゼロ「わざわざ心配してくれたのか?」

美嘉「あんなセンチメンタルになってるゼロを視ちゃったらね~?」

ゼロ「お、おいおい。それは言わない約束だぜ」

美嘉「そんな約束、してないし~?」

卯月・蘭子(何があったんだろう……?)

美嘉「……ゼロ、アタシにできることがあるなら、何でも言ってね? アタシも莉嘉も助けられてるからさ」

ゼロ「ありがとう。けど、美嘉には充分、してもらったぜ。……あの時、美嘉に元気づけてもらったからな」

美嘉「……うん。ほ、他にもさ、卯月がお腹いっぱいになったら、アタシの身体使っていいからさ」

ゼロ「モデル業、できなくなっちまうぜ?」

美嘉「その時は、ゼロが帰る前にランニングさせてよね!」

卯月「みんなで最後に遠出するのも、いいかもしれませんね!」

美嘉「いいね~。このメンバーでお出かけは、初めてだし」

蘭子「我が覚醒せし、真なる闇の力を解放する時……!!」

美嘉「え? ティガになる気? ていうか、なんでティガダークを操れんの?」

蘭子「……さぁ?」

卯月「世の中、不思議がいっぱいですねぇ~」

美嘉「ま、まぁ、ウルトラマンがいる位だし……」

ゼロ「蘭子の持っていた特殊能力だと、納得するしかないな」



23:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:18:50.81 ID:SvI+Rp1Z0


ダン「う、おぇ……」 ヨロヨロ

ゼロ「親父、大丈夫か? 顔が赤いぞ」

ダン「あちらのお嬢さん方にやたら飲まされてな……」


楓「ささ、隊長さんももういっぱい」

ゾフィー「い、いや、私はもう」

ハヤタ「ゾフィー、ここは任せた。私は子供達と遊んでくる」

ゾフィー「おい!? 前に命持って行っただろ!?」

ハヤタ「そんな何千年前のことを言われても困るぞ! というか、来るなら私が倒される前に来てくれ!」

部長・武内P(ご尤もすぎる……)

ゾフィー「あれでも大分急いだんだぞ!?」

ちひろ「お二人とも、酔ってますね……」

友紀「まぁまぁ、ウルトラマンもドンドンいこう!」

瑞樹「友紀ちゃんは遠慮ないわね……(こうなると言う事聞かないのよね)」

ヒカル・ショウ・大地(あっちには近づかないでおこう……)

エックス「彼女達は既に、脳細胞を破壊されているようだな」


美穂「未成年者が近づくには、厳しいエリアですね……」

卯月「命を持って行ったやり取りで貸し借りって一体」

智絵里「人間の感覚じゃないね……」

ゼロ「楓達、やるな……」



24:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:20:03.40 ID:SvI+Rp1Z0


ダン「言ってる内容はアレだが」

美嘉「アレとか言わないでよ」

ダン「二人とも、楽しんでいるようだ。急に来た我々にまで、ありがとう」 ペコ

卯月「そ、そんな! これは部長さんが……。それに、いつも、私達がゼロさん達にお世話になってますから!」

ゼロ「俺も卯月や蘭子の、みんなの世話になってるけどな! 二人はいつも、俺に身体を貸してくれるんだ」

ダン「そ、そうか……(本人達が良いなら、俺が水を差す必要もないか……)」

卯月「ゼロさんには本当にお世話になってて! 朝とか、着替えさせてくれるんですよ!」

蘭子「優しき勇者!(私もたまにやってもらいました)」

ダン「……着替え?」 ピク

未央(しまむー、アウト~) デデーン

美波「う、卯月ちゃん? 蘭子ちゃんも、そういう話は……」

アーニャ「私も、ゼロとは……えっと、裸の付き合い、する仲です」

ダン「裸の付き合い!?」

凛(アーニャ、アウトー) デデーン

美波「あ、アーニャちゃん!?」

ダン「ゼロ、どういうことか詳しく話せ」 ゴゴゴゴゴ

蘭子「ぴっ!?」

卯月「あ、あわわわわ!」



25:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:23:45.97 ID:SvI+Rp1Z0


ゼロ「親父、落着け。卯月達が怖がってる」

蘭子「ち、違うんです! あの、その、私が気絶しちゃったから、代わりに私の身体を動かしてくれて!」

未央「その時にですね! らんらんとアーニャンは同じ寮に住んでるからお世話ついでに一緒にお風呂に」

アーニャ「ゼロは蘭子の代わりにトイレ行ったり、お風呂入ったり、大変、だったんです」

蘭子「禁忌に触れるなぁ!!」

未央(らんらん、アーニャンのせいでアウトー) デデーン

ダン「ゼロ、今すぐその子の身体から出ろ」

ゼロ「親父、ホントに落ち着けって。俺は卯月達の好意で身体を借りて」

みりあ「あのね! あのね! ゼロさん、すっごく優しいんだよ!」

莉嘉「温泉に連れてってくれたし~! あ、海にも! プロジェクトの旅費、浮かしてくれたんだよ!」

未央・凛(ゼロ、アウト~) デデーン

ハヤタ「ウルトラマンの力でそんなことまでしたのか!?」

武内P「い、いえ! それに関しては我々がゼロさんに甘えてしまい」

ちひろ「そ、そうなんです! ゼロさんが悪い訳じゃ」

ハヤタ「確かに我々もこうして持て成されているが、あくまで相手の好意であってだな」

ゾフィー「時には現場の判断に任せることもあるが、我々が現地の住人に力を貸すのは侵略者から守るためで」

ダン「お前のしている事は、彼女達を、地球人を甘やかしているだけだ!」

アーニャ「ゼロの言った通り、ゼロのパパ、すぐ、怒ります。ゼロは、私達の為に、してくれたのに」 ボソ

未央・凛(完璧にアウトォォォ!!!)

ダン「……」 イラッ



26:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:24:35.29 ID:SvI+Rp1Z0


 346プロ 廊下

南条光「はぁぁぁ……」

小関麗奈「あんた、まだ元気ないの? いい加減にしなさいよ」

横山千佳「やっぱり、地方のお仕事でウルトラマンさんの活躍、直に見れなかったから?」

麗奈「さすがに、そこまでザコじゃないでしょ」

千佳「あ、ファンの人が光ちゃんの為に撮影しに行っちゃって……」

麗奈「闇に飲まれて、死んじゃったからね。あの後、生き返ってびっくりしたけど」

千佳「ウルトラマンさんはなんでもできちゃうんだね!」

光「アタシが強く止めてれば、ファン1号はガタノゾーアの闇に飲まれることなんて……」 ショボーン

麗奈「しっかりしなさいよね! あのエタルガーとかいう奴もあの見たことないウルトラマンが倒したし」

千佳「ファンの人も生き返ったし!」

麗奈「下僕だって飲まれる寸前も」

ファンの男性『う、ウルトラマン! 必ず、あいつを倒して地球を救って……ぎゃ』

光「うん……。そうだよな! アタシはヒーローになりたいんだ。こんなとこで、落ち込んでられない!」

麗奈「世話が焼けるわね」

光「ようし! 次の仕事もこなして、ライブでみんなに笑顔を……」

 ワーワー ギャーギャー

麗奈「なんだか、随分と騒がしいわね」

千佳「何やってんだろう? パーティーかな?」

光「あれ、扉が少し開いて……覗き見は良くないんだけど……」



27:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:26:03.55 ID:SvI+Rp1Z0


 CPルーム

ウルトラセブン「ゼロ! お前という奴は!!」 ガシ ボコ ガン

ウルトラマンゼロ「親父! 待て! 話し合おうぜ! 多分、俺は悪くないはずだ!!」

卯月(分離中)「あわわわ! ゼロさんが!」

ティガダーク(蘭子)「ゼロさんのパパさん! 落ち着いて!」 ガシ

セブン「君にパパと言われる筋合いはない!! ヒック!」

美嘉「そういう意味じゃないでしょ!? 酔っ払ってるじゃん!!」

武内P「セブンの変身シーンが生で見られましたね(白目)」

部長「セブンのマウントポジションアタックを生で見られるとはね~(白目)」

ちひろ「貴重な光景ですけど止めに……入れないですね」

堀裕子「私のサイキックパワーでは、セブンには太刀打ちできませんね!」

ハヤタ「どうする?」

ゾフィー「ただの親子喧嘩だからな……」

幸子「蘭子さんに加勢して下さいよ~!?」

ミラーナイト「わ、我々で加勢を!」

セブン「息子の教育中だ! 邪魔をするな!」 ドゴッ!

グレンファイヤー「ぐはっ!? この酔っ払い親父、つえぇぞ!?」

ジャンナイン「腐ってもウルトラ兄弟だからな」

ジャンボット「腐ってるというか、酔っ払いだ」

ヒカル「こうなりゃ俺達で止めるぞ! ギンガー!!」



28:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:26:49.37 ID:SvI+Rp1Z0



 廊下


光「( ゚д゚)」


麗奈「どうしたのよ?」


光「( ゚д゚ )」


千佳「こっち見ないで」


光「……」 バタン


麗奈・千佳「光(ちゃん)!?」




29:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:27:59.52 ID:SvI+Rp1Z0


 CPルーム

モロボシ・ダン「お見苦しい所を見せて、申し訳ない」

ゼロ(in卯月)「ホントだよ」

ダン「お前がこの子達を甘やかすからだろう!?」

部長「ははは……」

ヒカル「ギンガコンフォートって酔っ払いに効くんだな……」

ショウ「あ、あぁ……」

武内P「……その、楽しんでいただけましたか?」

ゾフィー「そうだな。久しぶりに、息抜きができたかもしれない」

ハヤタ「少し、頭が痛いけどな」

大地「もう少ししたら、大きなフェスがあるんでしょ? 俺達も、見にきていいかな?」

卯月「もちろんですよ!」

みりあ「うん! そうだ、ナクリさん達も誘ってね!」

エックス「彼らも喜ぶだろう」

ヒカル(ま、見て見ぬフリをするか)

莉嘉「エメラナ姫は……」

ジャンボット「残念ながら、難しいだろう。だが、録画した映像を持ち帰らせてもらう」

きらり「うんっ! おねがいするにぃ。きらり達の、大事なお友達だから」

ミラーナイト(姫様……遠き宇宙の彼方に、あなたを想ってくれる方がいらっしゃいますよ)



30:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:28:38.45 ID:SvI+Rp1Z0


みりあ「隊長さん達も見ていってくれるよね?」

ゾフィー「あ、いや、我々はそろそろ」

みりあ「えっ……。あ、そう、だよね……。忙しいよね……」 シュン

ゾフィー「うっ……」

ハヤタ(断り辛いな)

ゼロ「たまにはいいじゃねぇか。俺が光の国まで、送るぜ」

ゾフィー「……なら、そうしてもらおう。ジャック達には、申し訳ないがな」

みりあ・莉嘉「「やったぁ!」」

部長「あのウルトラ兄弟が我が社のアイドル達のライブを観戦していってくれるとは……」

武内P「気合を入れねばなりませんね」

ちひろ「エナドリ、追加発注しておきますね!」

武内P(忙しく、なりますね……)



31:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:31:25.64 ID:SvI+Rp1Z0


 フェス 6日前

未央「ダ~!! また、負けたぁぁぁ!」

凛「結局、ゼロにはダンスもカラオケも勝てなかったね」

美嘉(ゼロ)「俺の勝ち逃げだな!」

卯月「しかも、美嘉ちゃんとだから余計に勝ち目が薄いです……」

美嘉「アタシ達に勝とうなんて、2万年早いぜ★」

ゼロ「美嘉は俺と合体しても、最初からきちんと調整ができてるな」

卯月「私は慣れるまで苦労しましたからね」

美香「そこはま~、先輩アイドルとしての年季の違いってやつ?」

凛「コスモスの力、借りれないかな」

未央「しぶりんだとコロナモードしか使えないからねぇ~」

凛「あ、あれは! 卯月がさらわれて、物凄くムカついて……」

卯月「凛ちゃん、ありがとうございます!」

凛「……///」

美香「あはは。それにしても、ゼロと合体してるとお腹が冷えなくていいね~」

卯月「そうなんですよ! 生理も軽くて」

未央「しまむー、ストップ。それは前にも言ったけど、ホントにダメ。アイドルとしてアウト」

ゼロ「知識としては知っていたが、さすがにびっくりしたぞ」

美香「あ、あははは……」



32:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:34:21.25 ID:SvI+Rp1Z0


 フェス5日前

みりあ「ねぇねぇ! 隊長さん、またあれやって~!」

ゾフィー「え? いや、それは」

莉嘉「え~、いいじゃん~!」

ゾフィー「わ、わかった。ウルトラ念力」 フワー

みりあ・莉嘉「わ~い!」

ハヤタ(これは断れんな……。ゼロのことを言えんな)

きらり「いっぱい遊んでくれて、ありがとうだにぃ☆」

ダン「泊めてもらっているからな……。それに、たまにはこうしてのんびり過ごすのも悪くない」

ゾフィー「セブンに任せていたら、どれだけ甘やかすかわかったものじゃないからな」

ハヤタ「こいつはゼロにさえ、甘いからな~」

ダン「うるさいぞ」

きらり「ふふ、パパさんだにぃ」



 『光の国』

ウルトラマンジャック「……今頃、ゾフィー兄さん達、地球で休暇してるんだろうなぁ」

ウルトラマンエース「ジャック兄さんがバリアンを仕留めておけば……」

ウルトラマンタロウ「言ってもしょうがないですよ。とはいえ、私もヒカルたちに会いたかったな」

ウルトラマン80「さ、仕事が溜まってますよ」 カチ

ユリアン(このデータは……ババルウ星人バリアンの再調査結果? 家族構成は両親と……『姉』が一人)



33:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:35:40.90 ID:SvI+Rp1Z0

 
 フェス五日前 地球 夜

楓「さ、東京の夜、ご案内ツアーで~す」

早苗「案内という名の、居酒屋コースだけど」

ゾフィー「何で私達なんだ?」

ハヤタ「セブンは子持ちを考慮されて……というか、単純に酒癖が悪いからだろう」

友紀「いや~、酔い潰れてもテレポートで送って貰えるから楽チンだね!」

瑞樹「ウルトラマンって、テレポートはあまり使えないんじゃ?」

ハヤタ「昔の話だから、いまはそうでもない。実を言えば、私はウルトラマンとしては、平均的な能力だからな」

早苗「そこを長年の経験と勘で補ってるわけね!」

ゾフィー「テレポートなどの能力に関しては、私の方が得意だな」

楓「じゃあ、私、温泉行きたいで~す!」

ゾフィー・ハヤタ(藪蛇だった……)



34:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:36:43.38 ID:SvI+Rp1Z0


 フェス4日前 CPルーム

アーニャ「……ジャンナイン、これが、私の全財産です」 ドサッ

美波「アーニャちゃん!? 凄いお金……」

アーニャ「これで、私専用の、宇宙船になってください!」

みく「ムチャにゃ!?」

ジャンナイン「すまない」

李衣菜「やっぱり」

ジャンナイン「僕を買うには、額が足らない」

美波「売り出してるの!?」

アーニャ「うぅ……。やはり、ゼロのお嫁さんにしてもらって、親族枠で、ウルトラマンに、してもらいます」

美波「アーニャちゃん! 落ち着いて!!?」

ゼロ「そもそも、結婚相手は募集してないぞ」

卯月・蘭子「ガーン!!」

美嘉(い、今はしてないだけだよね……?)

アーニャ「ひどいです! ゼロ、私を、ナンパ、しました! 温泉で! 裸で!」

ゼロ「いや、あれはみくが」

ダン「何っ!? ゼロ、どういうことだ!?」

グレンファイヤー「これ、まためんどくせぇパターンだぞ」

美波「アーニャちゃんの好きって、微妙に違うわよね……」

みく「アーニャンだけど、宇宙をネタに餌付けされたワンちゃんみたいにゃ」



35:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:37:43.18 ID:SvI+Rp1Z0


 夜  346女子寮 食堂

みく「ところで、南条光ちゃんはどうするにゃ?」 ※このスレでは、女子寮暮らし

紗枝「光はん……ファンの方が亡くなって、落ち込んでましたなぁ」

まゆ「生き返りましたけどね」

輝子「こ、この間は、心労で倒れたと聞いたぞ……」 

ゼロ(in蘭子)「俺達を非常に慕ってくれているのに、何もないまま帰るのもな」

蘭子「今宵は偉大なる者を召喚してある。あ、どうぞ」

高垣楓?「お邪魔します」

姫川友紀?「失礼するよ」

日野茜?「気は進まんな……」

美穂「楓さん達? けど、なんだか、雰囲気が……」

みく「……ギンガにゃんにライブしたみくにはわかるにゃ」

アーニャ「ゾフィー、ウルトラマン、セブンです」

まゆ「何やってるんですか……」



36:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:38:50.01 ID:SvI+Rp1Z0


楓(ゾフィー)「ゼロがどうしてもと言うから、来たんだが」

友紀(マン)「女子寮に男の姿で入るわけにもいかないし」

茜(セブン)「仕方がなく、姿を借りた。本人達の許可はとったぞ?」

小梅「とったんだ……」

輝子「違和感が、半端ない……」

紗枝「知的で冷静な友紀はんだなんて、我が目を疑いますなぁ」

まゆ「紗枝ちゃん、結構酷いですね……」

美穂「静かな茜ちゃんも……正直、疑っちゃいますけど」

アーニャ「光の知るウルトラマンは、ゼロのパパたち、ですからね」

みく「この世界じゃ、ギンガにゃんやエックスにゃんの活躍は知られてないからにゃ~」

ゼロ「この三人と握手でもできれば、喜ぶだろ?」

蘭子「狂喜乱舞」

まゆ「ショック死するのでは……」

小梅「死んでも、生き返らせてもらえるね」

美穂「さすがにそれは……」

ゼロ「というわけで、光の部屋に行くか!」

ゾフィー・マン・セブン「はぁ……」

まゆ「あの三人、どうしたんですか~?」

アーニャ「甘やかす云々言っておきながら、ウルトラマンの力で、みりあ達と遊んでました」

美穂「言い返せなくなっちゃったんですね……」

みく「心配だから、ついていくにゃ」



37:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:40:35.65 ID:SvI+Rp1Z0


 南条光の部屋

蘭子「結界は開かれ、城の主は姿が見えず」

ゼロ「風呂か?」

楓(ゾフィー)「少女の部屋に勝手に入るなど……うぉ!?」

友紀(マン)「凄い人形の数だな」

茜(セブン)「俺達の……フィギュアというやつか。怪獣のものまであるな」

ゼロ「あ、バードンの人形」 ※かつて、ゾフィーが酷い目にあった怪獣。一応、リベンジした。

楓(ゾフィー)「どけ。破壊する!」

茜(セブン)「落ち着け!」

ゼロ「あ、シルバーブルーメ」 ※セブンが物凄く、酷くて陰湿な目にあった円盤生物。

茜(セブン)「どけ。切り刻んでやる!」

友紀(マン)「お前も落ち着け!! 全く、二人とも光の国のシミュレーターで散々ボコボコにした癖に」

みく「というか、借り物の姿と人の部屋で暴れないでほしいにゃ……」

友紀(マン)「全くだ。ん、これは……」




38:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:42:06.79 ID:SvI+Rp1Z0


蘭子「始まりの戦士よ。どうした? その偶像は……」

ゼロ「虫の、鎧? バイクに乗った戦士?」

友紀(マン)「懐かしいな」

ゼロ「知り合いか? こいつは、別の次元に存在する戦士なのか?」

友紀(マン)「ああ、そうだ。悪と戦う勇敢な、人間の戦士さ」

楓(ゾフィー)「タロウが時空の狭間で見たという、列車に乗る不思議な戦士と、同系列にも見えるな」

ゼロ「へぇ? そんな奴らもいるのか。いつか、俺も会ってみたいもんだぜ」



39:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:44:11.58 ID:SvI+Rp1Z0


南条光「アタシの部屋で何を……え、高垣楓さん?」

楓(ゾフィー)「いや、違う。姿を借りているだけだ」

友紀(マン)「本当の姿は」 スチャ カッ!

ウルトラマン「M78星雲、光の国からやってきた者だ」

ゾフィー「正義の心を持つ、小さなお嬢さん」

ウルトラセブン「初めまして。南条光ちゃん」

光「( ゚д゚)」

みく「光ちゃんに会う為に、わざわざ来てくれたのにゃ!」

光「( ゚д゚ )」

アーニャ「こっち、見ないで」

光「……」 バタン

蘭子・ゼロ「うそ~ん!!?」

アーニャ「この時、誰も、光が死ぬなんて、思わなかった、です」

みく「変なナレーターいれてる場合じゃないにゃ!!」


みく「光ちゃんは無事に意識を取り戻し」

蘭子「泣きながら三人と握手、記念撮影をしてもらったけど」

アーニャ「喜び具合が檄ヤバ、アイドル失格、なので、ナレーション風に、お伝えします」



40:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:51:41.63 ID:SvI+Rp1Z0


 フェス 三日前 CPルーム

杏「おはよ~……」

ダン「おはよう」

杏「えっ! あ、み、みんなは?」

ハヤタ「まだ来ていないな」

杏「そ、そっか」

ゾフィー「……別に、我々の前だからと言って畏まる必要はない」

ダン「ゼロに言われて、我々が押し掛けている状況だからな」

ハヤタ「君達のライブにも、興味がある。たまの休暇と思って、楽しませてもらっているよ」

杏「そ、そうですか? じゃあ」 ダラー

ゾフィー(もうちょっと、年頃の少女として身嗜みは気を付けるべきでは……)

ハヤタ(それを言ったら、あの25歳とは思えぬ彼女にも言ってやれ)


楓「クシュン」

瑞樹「あら、可愛いくしゃみね」


杏「……あの、聞きたいんだけど」

ゾフィー「何かな? 我々に答えられる事なら、答えるが」

杏「杏の知るウルトラ兄弟の活躍って、ほぼすべてが真実?」

ハヤタ「宇宙は密接に繋がっている。こういう地球があるなら」

ダン「ほとんどは、事実だろう」



41:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:52:22.72 ID:SvI+Rp1Z0


 CPルーム前の廊下

智絵里「あ、かな子ちゃん、おはよう」

かな子「おはよう! 今日はね、セブンさん達にケーキを焼いてきたんだ~」

智絵里「わぁっ! 美味しそ~! きっと喜んでくれるよ」

かな子「うん!」


杏「ギエ口ン星やジャミラのことも?」


智絵里「部屋から、杏ちゃんの声?」

かな子「しかも、確か今のって……未央ちゃんが教えてくれた」

未央『セブンに、ギエ口ン星のこととか聞いちゃダメだよ!』


ダン「君からその言葉を聞かされるとはな」

杏「やっぱり、事実なんだ」

ハヤタ「事実だ。我々は、多くの地球人を護るために、他の者を犠牲にした」

ダン「失望したか?」

杏「そんなわけないじゃん!!」

ダン・ハヤタ「っ!!?」


杏「ごめんなさい!! 地球人が、愚かで……セブン達に、嫌な思いをさせて!!」 ペコ


ダン「なっ……」




42:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:52:59.27 ID:SvI+Rp1Z0



杏「そして、ありがとう。地球人の為に、戦ってくれて」


智絵里・かな子「杏ちゃん……」


ダン「礼には……及ばない」

ハヤタ「ああ。……君のお陰で、確信できた。我々が地球を守ってきたことは、間違いではなかった……!」

ゾフィー(二人はずっと、悩んでいたな。人間の醜さを知りながらも、善性を信じ、戦い続けてきた)

ゾフィー(双葉杏、君の言葉は……改めて、この二人の心を救ってくれた)

ゾフィー(ありがとう)


かな子「杏ちゃん……」

武内P「双葉さん……」

智絵里「あ、プロデューサーさん……」

卯月「杏ちゃん……!」 ウルウル

ゼロ(親父、良かったな……!)

かな子「ゼロさん達まで! みんなで、ケーキ食べましょうか!」

卯月「はい! 杏ちゃんの分は、大きく、ですね?」

かな子「うんっ!」

ゼロ(杏、ありがとう。親父達の為に、謝ってくれて……。感謝してくれて……)




43:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:53:48.05 ID:SvI+Rp1Z0


 フェス二日前 346女子寮 蘭子の部屋

みく「フェスまであと二日。待ち遠しいけど、ゼロにゃん達ともお別れの時にゃ」

李衣菜「寂しくなるね……」 ← 泊まりにきた

アーニャ「部長のパーティーに、比べれば、ビンボーですが」

小梅「お、お別れ会……」

輝子「トモダチも……悲しんでる」

輝子のキノコ(輝子ちゃんを助けてくれてありがとう!)

ゼロ(in蘭子)「みんな、ありがとな」

紗枝「ゼロはん……どうしても、帰られてしまうんですか?」

ジャンナイン(SDサイズ)「宇宙のワルをぶっ飛ばすのが、僕らの使命だ」

ゼロ「そういうことだ。ずっと昔から、俺達の一族はそうしてきた。……悪いな」

美穂(か、格好良い……///)

まゆ(やっぱり、ウルトラマンだけあって根は真面目なんですね)

蘭子「心配無用! この地球の新たなる剣は、ここに! 古の剣が目覚めている!」

小梅「光の心に、闇の力の……ウルトラマン、ティガダーク……だね!」

輝子「小梅、やっぱり、闇に飲まれてるか……」



44:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:55:07.13 ID:SvI+Rp1Z0


ゼロ「蘭子。ティガの、ウルトラマンの力は人間である蘭子には、大きすぎるかもしれない。
   その力に思い、悩む時があるだろう。だけど、蘭子は一人じゃない。
   俺もいる。卯月もいる。シンデレラプロジェクトの仲間も、ここにいるみんながいる」


蘭子「……はい。私の持つティガは、みんなが知るティガとは違う。闇の、ティガ。だけど……
   私はこの力をみんなの為に使います。ゼロさんが、そうしてくれたように」


ジャンナイン「そうだ。僕は破壊兵器として作られたが、心ひとつで、使い方は変えられる」

アーニャ「ダー。一緒に、ティガの力、考えましょう」

みく「何かあった時は!」

李衣菜「私達が一緒に考えるよ!」

美穂「勿論、私達も!」

まゆ「お手伝いしますよ~」

小梅「黒いティガさんだけど……みんなに、認めてもらえるように……頑張ろう」

蘭子「……っ! うんっ!!」

ゼロ(頼むぜ。この世界の、新しいウルトラマンティガ)



46:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 23:59:43.03 ID:SvI+Rp1Z0


 夜 蘭子の部屋

ゼロ「眠れないのか?」

蘭子「……ちょっと」

ゼロ「さっきはみんなで楽しかったからな。けど、フェスは明後日……いや、もう、明日か。寝なきゃ響くぜ」

蘭子「……ゼロさん、今日は、あの、その、実体化して一緒に……ね、寝てくれませんか?///」

ゼロ「別に構わないが……ベッド、狭くないか?」

蘭子「いいんです! 最後、だから」

ゼロ「じゃあ、蘭子の姿を借りてアレンジして……」

大人蘭子「これなら、一緒に寝ても大丈夫だろ!」

蘭子(別に、男の人の姿でも……///)

大人蘭子(ゼロ)「こうして眠るのも、悪くない。蘭子が、近いな」

蘭子「はい/// ……ゼロさん、私、頑張ります。フェスも、その先も、ティガも……」

大人の蘭子(ゼロ)「ふっ、卯月みたいだな」

蘭子「卯月ちゃんみたいに一生懸命頑張って、あんな素敵な笑顔のアイドルに……」

大人の蘭子(ゼロ)「そうだな。あの笑顔は、尊いな」

蘭子「はい」


蘭子「あの笑顔には及ばないかもしれないけど、このティガの力で、みんなの笑顔を守ります……!」


大人蘭子(ゼロ)「夢は夢で、終われない。蘭子は、アイドルという夢も、特別な力も、両方を叶えた。
         笑顔で、格好良く、可愛く、蘭子らしさを失わずに進んでいってくれ」 ギュ

蘭子「~~~///」



47:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:01:37.03 ID:rTo+Jkqu0



 フェス前夜 島村家

卯月「わぁ、今日はご馳走ですね!」

ゼロ(美味そうだな! どれもこれも、手作りか)

卯月ママ「明日は卯月の、大事なフェスの日でしょう? ふふ、ケーキもあるのよ」

卯月パパ「盛大に祝ってやらないとな。娘がアイドルとして、頑張ってるなんてなぁ」

卯月「やったぁ! 明日、いっぱい頑張れそうです!」

パパ「……そして、大事な人とのお別れでもあるんだろ?」

卯月「えっ!?」 ドキ

ママ「いるんですよね? ウルトラマンさん」

ゼロ「っ! 気づいていたのか」

ママ「最初は少し、違和感があるだけで。何かのお稽古かと思ったんですけど」

パパ「あなた達の存在が露見した日、確信しました。卯月に、ついていると」

ゼロ「隠していてすまない。俺は光の国の戦士、ウルトラマンゼロ。ウルトラセブンの息子だ」

パパ「セブンの!? だから、セブンが助けに来て……」

卯月「ご、ごめんなさい! 隠してて……。ほ、本当は私、春に一回死んで……」

ママ「や、やっぱり……。あなた、あの、ビルの崩落事故で……」

パパ「あそこに遊びに行っていたというから……。けど、無事に帰ってきていたから……」

ゼロ「ビルを破壊した宇宙人は、もういない。そいつも、エタルガーに操られていたんだがな……」

卯月(バリアンさん……)



48:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:02:43.38 ID:rTo+Jkqu0


卯月パパ「ウルトラマンゼロ」

卯月ママ「娘を救っていただき、本当にありがとうございました」 ペコ

ゼロ「俺は別に、当然のことをしただけで」

パパ「あなたにとっての当然のことは」

ママ「私達にとっての奇跡だったんです……!」

卯月「パパ……ママ……。うぅ、ごめんなさい……!」 グス

ゼロ「俺は卯月の友を庇う美しい姿に心打たれ、行動を共にしていただけだ。二人を偽り、すまなかった」

卯月「……///」

パパ「そうですか……。もし、もしよければ、また、地球に来て」

ママ「卯月と遊んであげてくださいね」

ゼロ「ああ! 約束するぜ」

卯月「ぜ、ゼロさん……/// こ、これってパパとママ公認……?///」 ボソ

ママ「ふふ、さ、お料理が覚めちゃう前にいただきましょう」

ゼロ「卯月のお袋さんの料理は美味いからな! 卯月、いっぱい食べて、明日に備えろよ!」

卯月「はいっ! 食べることも、頑張りますっ!!」



49:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:04:42.34 ID:rTo+Jkqu0


 卯月の部屋

ゼロ「眠れないのか?」

卯月「き、緊張しちゃって……」 ドキドキ

ゼロ「蘭子もそうだった。……さっきは、楽しかったな」

卯月「はいっ!」

ゼロ「卯月たちと過ごした日は、全部楽しかったな……。それも、明日で終わりか」

卯月「長いようで……短い、時間でしたね」

ゼロ「ババルウ星人バリアンを追って、この地球に訪れ」

卯月「私は死んで、ゼロさんと融合して」

ゼロ「それから、シンデレラプロジェクトの面々と打ち解けて……」

卯月「ヒカルさんやショウさん、大地さん、エメラナ姫、それにナクリさん達と会って」

ゼロ「そして、蘭子はティガダークへと変貌させられたが」

卯月「真の敵は超時空魔神エタルガー。けど、最後は……負けを認めてくれました」

ゼロ「謝っては、ないけどな?」

卯月「ふふ、そうですね。もっとお話しできたら、謝ってくれたかもしれませんね」

ゼロ「……よし、卯月。ちょいと、付き合え。ほい」 ピタ ドゥゥゥン、シャキン、シャキン

卯月「ひゃ。ゼロさん? 実体化を……。どちらに?」

ゼロ「ちょいと、月夜の散歩って奴だ」

卯月「ひゃっ! お、お姫様抱っこ……///」

ゼロ「しっかりつかまっとけよ! シュワッ!」



50:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:05:40.89 ID:rTo+Jkqu0


 東京 上空

卯月「わぁ……きれぇ……。空には星が……下には町の光が……」

ゼロ「卯月が守った世界だ」

卯月「私が……? けど、私は」

ゼロ「あの時、サーガの奇跡が起こせたのは卯月の、みんなのお陰だ。俺一人じゃ、できなかった」

卯月「私は……」

ゼロ「確かに、笑顔は誰にでもできるかもしれない。だけど、卯月の笑顔は卯月にしかできない」

卯月「……はい。わかってます。私は、私の笑顔で、みんなを笑顔にして見せます!
   それが、アイドルになった、私の夢……! 誰かに、笑顔を!」

ゼロ「もう一度、俺からこの言葉を送ろう」


ゼロ「島村卯月は、精一杯輝く、輝く星になれる、未来のアイドルだ!!」


卯月「はいっ! 島村卯月、精一杯頑張ります!!」


ゼロ「卯月の笑顔は、きっとみんなの、この地球の未来を照らしてゆく」


卯月「夢に向かい、歩いていきます! みんなと! このヒカリを抱いて、ウルトラの心を輝かせて……!」


ゼロ「この地球の未来は、輝いているんだ! きっと、この地球の人々は、誰もが輝くヒーローで」


卯月「シンデレラで、アイドルなんです!」




51:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:10:20.16 ID:rTo+Jkqu0


 フェス会場

 ワイワイ ガヤガヤ ワイワイ ガヤガヤ

ゼロ(in 卯月)「凄い人だな」

武内P「どうやら、ゼロさんがこのフェスに来るのではと、予想してきている方々がいるようですね」

美嘉「エタルガーの時も、346に人が押し寄せたしね」

卯月「私達のファンじゃないお客さんもいるんですね。けど、そんな人たちにこそ、楽しんでもらいたいですね!」

未央「だねっ! お客さんを、ファンを広げるチャンス!」

蘭子「ならば、我が闇の力を解放して」

凛「ティガダークに変身しちゃダメだからね」

美嘉「ま、何はともあれ! 今日は頑張ろうね!」

未央「この間より、一歩でも、二歩でも! 前に進んで見せるから! そして」

蘭子「我が友よ、時空の勇者よ。汝らに最高の宴を届けよう!」

ゼロ「ああっ! 見せてくれ!!」

ゾフィー「今日であのお嬢さん方とお別れだと思うと、寂しいような」

ハヤタ「安心するような……」

ダン「毒されたな」



52:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:11:37.17 ID:rTo+Jkqu0


 ガチャ ゾロゾロ

大地「みんな、来たよ……」 ヨロヨロ

ゼロ「大地!? なんでそんなボロボロに!?」

エックス(inデバイザー)「グリーザは強敵だった(白目)」


※虚空怪獣グリーザ エックスの始まりの敵にして、最後の敵。キモい上にクソ強い。マジキモイ。


ヒカル「なんか、エックスが倒した敵が復活して、大変だったそうだぜ」

ショウ「それを倒してからあまり休めず、こっちに来たそうだ」

エックス「オマケに、大地は愛梨たちのCDやグッズを買ったら、同僚のアスナに殴られてな」

みりあ「え~! 可哀想……」

莉嘉「愛梨ちゃんの何が悪いんだろうね!」

きらり「多分、そういう事じゃないと思うな~」

杏「愛梨ちゃんのとこに行けば、慰めてくれるよ」

大地「これ以上甘えると、本気で移住を考えちゃうから……」



53:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:14:31.81 ID:rTo+Jkqu0


蘭子「グリーザ、その者は超時空魔神ほどの敵か?」

大地「単純な強さだけならエタルガーの方が上だったけど、色々と厄介で」

一条寺友也「興味深いですね」

智絵里「そちらの方は?」

友也「失礼しました。礼堂くんの友人の、一条寺友也です」

ゼロ「お、そいつが噂のジャンナインと戦ったって奴か」

マナ「私はマナ。アンドロイドだ」 ※チブル星人の作ったアンドロイドだが、心に目覚め主を裏切る。

松本ゴウキ「うひょ~! 他のメンバーにも会えるなんて……!!」

メトロン星人ジェイス「感激して泣きそうだ……!」

ナックル星人グレイ「私達も来たわよ~!」

バルキー星人ハルキ「ユー達のCD、全て買わせてもらってるぜ!」

イカロス星人イカリ「もちろん、きちんと働いたお金で買っているんじゃなイカ!」

みりあ「ナクリさん達だ!」

莉嘉「久しぶり~!!」

美香「結構な大人数だね~」

ジャンナイン「君が友也か。噂は聞いている」

友也「ジャンナイン! 別ロボットとはいえ、あなたに再び会えて嬉しいです」



54:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:15:57.29 ID:rTo+Jkqu0


ゼロ「別世界のジャンナインか。見つけたら、ウルティメイトフォースゼロに誘ってやるか!」

ジャンナイン(もう一機の僕。もしや、ビートスターが作った僕の試作品、なのだろうか?)

みく「ナインにゃんと同型機がいるなんて、宇宙は広いにゃ」

ギンガ「宇宙は広いんだにゃ」

ショウ「……」 スチャ

ギンガ「待て、ショウ。無言でビクトリーランサーを構えないでくれ」

李衣菜「ショウさん、落ち着いて!」

ゾフィー「……我々、『これ』に助けられたのか」

メトロン星人ジェイス「ついに、これ呼ばわりか……」

ハヤタ「気持ちはわかるが、落ち着けって」

ギンガ(何故、こんなに不評なんだ? 何故みくにゃんは許されて、私はダメなんだ?)

ダークルギエル(ダメに決まってんだろ)

ギンガ(っ!?)



55:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:16:58.46 ID:rTo+Jkqu0


 ガチャ

ガッツ星人さん「こんにちは~。なんだかフェスをやると噂で窺って……ひっ! セブン!?」

杏「ガッツ星人さんだ。来てくれたんだ」 ※ガッツ星人さん・スレ内ではガッツ星人ボルストの妹

智絵里「あ、こ、この人はもう、悪いことはやめて、真面目にやってるので……」

ガッツ星人さん「切り刻むのだけは勘弁して下さい!」

ダン「俺を何だと思ってるんだ!?」

ガッツ星人さん「首チョンパマン?」

ダン「よし、望みどおりにしてやろう」

ガッツ星人さん「ひぃっ!?」

ゼロ「親父、落ち着けって……」

ジェイス「ま、まぁまぁ」

ガッツ星人さん「あ、ジェイスさん。ボルスト兄さんの凶報、知らせていただきありがとうございます」 ペコ

李衣菜「ジェイスが知らせてたんだ」

ジェイス「仲は良くなかったが、彼も君の為に頑張っていたようだからね」

ヒカル「ボルストの、妹なのか……」

ガッツ星人さん「あ、そんなに気にしないでください。怪獣墓場で面会してから来たので」

ショウ「できるのか!?」

ガッツ星人さん「お兄ちゃんもあちらで元気でやっているみたいなので」

みく「いや、死んでるにゃ!?」



56:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:18:47.89 ID:rTo+Jkqu0


部長「では、そろそろ席の方へ。会場の関係で立ち見になるのですが……」

ゾフィー「何、構わないさ」

杏「あ~、あ、あのぉ~。その、最後に、お願いが……」

ハヤタ「何かな?」

杏「……サイン、ください///」

ゼロ「杏―!!!!????」

ハヤタ「え、サインって……ウルトラサインか?」

ダン「その色紙にすればいいのか???」

ゾフィー「そんなことでよければするが……」

美波「サインくださいって……言われ慣れてないのね……」

みく「みく達だって求められたことなんてまだないのにゃ!」

杏「『双葉杏ちゃんへ』って入れてもらえます?」

ハヤタ「わかった」 カキカキ

武内P・部長「羨ましい……!」

ちひろ「部長!? プロデューサーさん!?」

ゼロ「杏、俺のサインは?」

ヒカル・ショウ・大地・エックス「……」 ソワソワ

杏「ゼロのは……いいや」

ゼロ「杏てめぇぇぇぇぇぇぇ!!!」

蘭子「ひっ!? 魂の叫び!」



57:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:19:26.68 ID:rTo+Jkqu0


杏「ゼロのサインはさ、次に……次に、地球に来た時にしてよ」

ゼロ「っ! わかった」

卯月「杏ちゃん……」

ヒカル(……俺達は次元を超える手段が明確にあるわけじゃないからな)

ショウ(ああ。……寂しくなるな)

大地(アスナと愛梨ちゃんと雫ちゃんと……い、いやいや。俺は何を考えて)

エックス(大地、やはり胸囲に惑わされているのか)

杏「あ、その時は他のウルトラ兄弟や、マックスやメビウスも連れてきてよ?」

ゼロ「卯月、変身だ。ちょいと、杏に活を」

卯月「だ、ダメですってばぁ!」

蘭子(私もウルトラサインの練習しなきゃ……。そしたら、ゼロさんと連絡を……うへへ~///)

杏「ちなみに、ティガにウルトラサインはないからね?」

蘭子「ガーン!!!」

ハヤタ(練習すればだれでも出せるようなものなんだがな……)


部長「では、こちらに」

ヒカル「みんな、ファイト! 応援してるぜ!」

ダン「君達の輝き、見せてもらうぞ」

 ゾロゾロゾロ



61:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:43:19.36 ID:rTo+Jkqu0


美香「ゼロ達は行かないの?」

グレンファイヤー「俺らは最後まで、嬢ちゃんらの手伝いをするぜ」

ミラーナイト「始まってしまえば、何ができるわけでもないですけどね」

智絵里「町のこととかも、一杯やってくれたのに……」

ジャンボット「気にするな。私は、私の友人達の為にやっているだけだ」

ジャンナイン「そういうことだ」

ゼロ「それに、だ! 俺もCPのメンバーみたいなもんだしな!」

卯月「じゃあ、いつかゼロさんとユニット組みたいですね!」

ゼロ「俺達はもう、とっくに組んでるだろ?」

卯月「ふふ、それもそうですね!」

武内P「あなたは時には先輩のように、時には友人のようで。本当に、ありがとうございました」 ペコ

凛(改めての別れの挨拶……。今日で……本当に、お別れなんだね……)

未央「私なんか、ゼロに止めてもらわなきゃ……。うん、本当に、ありがとう」

ゼロ「前にも言っただろ? 俺はウルトラマンゼロ。宇宙のワルをぶっ倒す正義の味方で」

ゼロ「シンデレラプロジェクトの、ファン1号だからな!」

未央「……うんっ!!」

武内P(彼がいない世界でも、私は……。いえ、大人の私がしっかりしなければいけませんね)



62:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:45:28.33 ID:rTo+Jkqu0


ガチャ

小梅「蘭子ちゃん。ファンの方が、お花、持ってきてくれたよ」

蘭子「わぁ、きれぇ」

卯月「お花の中に手紙が。……何語、でしょうか?」

ゼロ「これは、宇宙共通語の一つ。……っ! 天球の工場地区を回収した組織の情報だと!?」

アーニャ「これは、バリアンから、ですか?」

凛「サーガの力で、あいつも生き返ったの?」

グレンファイヤー「ちっこい嬢ちゃん、こいつを持ってきた奴は何処に?」

蘭子「そこにいますよ」 ビシッ!

小梅?「……」

美波「小梅ちゃんじゃ……ない? あっ! そっか」

卯月「ババルウ星人は、変身能力が……。バリアンさん! 生きてて、よかったです!」」



63:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:50:17.23 ID:rTo+Jkqu0


小梅?「あれだけやった相手の無事を喜ぶ、か。やっぱり、君には敵わないようだ」

ゼロ「蘭子、よくわかったな。ティガダークの力か?」

蘭子「いえ。小梅ちゃんは出番が先なのに、衣装着てないから……。後は、勘で」

未央「おおぅ、らんらん、賢い」

凛「色々やらかしたけど、あんたも被害者。それに、卯月達を助けてくれた。バリアン、これからどうするの?」

小梅?「一つ、教えてやるよ」

卯月「今、工場のことも教えてくださったのに? まだ教えてくれるんですか!」

小梅?「え? あ~、いや、その~///」

未央「これは恥ずかしい」

小梅?「ご、ゴホン!」

凛「ふふ、卯月にはバリアンも、エタルガーも敵わない訳だね」

小梅?「……ババルウ星人バリアンなんて奴は、とっくの昔にくたばってんだよ」

卯月「バリアンさんが、死んでる? え、けど」

杏「じゃあ、お前は誰だって言うんだよ」

小梅? → 金髪の美女「ババルウ星人セレナ。……バリアンの、姉だよ」

みりあ「わっ。美人さんだ」

武内P「そうか。死んだ弟のフリをして、生きて……」



64:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:51:33.07 ID:rTo+Jkqu0


ミラーナイト「あの時、バリアンから聞こえた電子音は、ボイスチェンジャーだったのですね」

ジャンボット「アーマーに邪魔されてスキャンできなかったが」

ジャンナイン「変身ではなく、ただの男装だったのか」

グレンファイヤー「どうする? この姉ちゃん、しまむー助けて一度は死んだんだろ?」

卯月「ゼロさん」

ゼロ「俺が追ってきたのは、ババルウ星人バリアンだ。セレナなんて奴は、知らないな」

ババルウ星人セレナ「ま、激甘なお前らならそう言うと思ったぜ。……ありがとよ。
          これからは、君らの一ファンとして地球に住まわせてもらうよ。フェス、見守ってるぜ!」

卯月「はい! みんなの為に、精一杯! 歌いますね!」

セレナ(はうっ! かわいぃぃぃ!!!) キュン

凛(こいつも、卯月の笑顔の前に墜ちたな)

セレナ「……は、い、いかん! 呆けてる場合じゃ! じゃあ、俺はこれで!」 タタタタ

かな子「行っちゃった……」

みく「キャラ壊れてたにゃ」

李衣菜「犬みくみたいに?」

みく「次蒸し返したら怒るから」



65:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:56:10.25 ID:rTo+Jkqu0


ババルウ星人セレナ「……やっぱり、卯月ちゃんと蘭子ちゃんは可愛いなぁ」

※ババルウ星人セレナ スレオリジナル
 エタルガーによって意識を誘導され、無意識のうちにエタルガーを復活させてしまう。
 サーガの奇跡で復活した後は卯月と蘭子の可愛さにど嵌りしてしまった。

セレナ「けどなぁ、二人のファンをするには真っ当に働かなきゃ……」

セレナ「ゼロ達にキングジョーもインペライザーも全部ぶっ壊されてから、お金ないし」

セレナ「ていうか、あの戦力が時間稼ぎ!? ないわっ!! ジャックに追っかけられたのもなかったけどな!!」

セレナ「また、どっかのマフィア襲って資金調達するかぁ……。できれば、真面目にやりたいけどなぁ」

セレナ「ティガダーク様、俺のことも導いてくれないかなぁ……」 トボトボ

スポンサー「ん? 彼女は御社のアイドルかい?」

346社員「いえ……見ない顔ですが」

スポンサー「うちで進めている次の企画にぴったりのイメージだな! お~い、君~」

セレナ「え?」


卯月『その後、ババルウ星人セレナさんが人間として、モデルデビューするのはまた別のお話です!』




66:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:57:15.65 ID:rTo+Jkqu0






ゼロ「よぅ、楓。ゾフィー隊長たち、なんだかんだで楽しんでたみたいだぜ。ありがとな」

楓「ふふ、どういたしまして」

瑞樹(ただ単にお酒飲める、いつもと違うメンバーが欲しかっただけとは言えないわね)

楓「今度はゼロさんも一緒に行きましょうね~」

ゼロ「俺は地球人に換算したら、高校生くらいだからな。お酒は、飲めないぜ」

未央「えっ! そうだったの!?」

凛「ネーミングセンスに納得がいった……」

蘭子(ちょっと年上のお兄ちゃん……///)

卯月(ゼロさんと同級生くらい……///)

楓「あら、残念。じゃあ、美味しいものでも食べに行きましょう。温泉街とか」

杏(これ、ゼロに温泉連れてってもらったのバレてるね……)

ゼロ「じゃあ、今度、ナクリ達の働く温泉街でも行くか。俺が遊びに来た時になるけどな」

楓「わ~い♪」

瑞樹(ついて行きたいって言ったら、厚かましいかしら?)

楓「それじゃあ、円陣組んでエンジンをかけましょ~」

『…… …… ……』

ジャンボット「なるほど」

ジャンナイン「円陣とエンジンを合わせているのか」

楓「ふふ」 ドヤァ



67:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:01:05.13 ID:rTo+Jkqu0


ミラーナイト(多分、褒めているわけでは)

グレンファイヤー「あの姉ちゃん、見た目と性格違くね?」

幸子「で、できれば、その辺はスルーで!」

裕子「ウルトラマンも凍り付く、恐るべきサイキックパワーです……!」

藍子「あはははは……」

卯月「……」

ゼロ(どうした、卯月?)

卯月(……私達、本当に色々な人と知り合ったんですね)

ゼロ(そうだな。楓なんか、卯月や未央にとっては憧れのアイドルだったからな)


楓「では、改めて。346プロサマーアイドルフェス……みんなで頑張りましょう!」


『おーっ!!』


卯月「ゼロさん、見ててくださいね!」

ゼロ「ああ、見守ってるぜ」



68:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:05:41.08 ID:rTo+Jkqu0


『お~ねがい、シ~ンデレラ~♪』

エックス「始まったぞ!」

大地「愛梨ちゃん、可愛いなぁ」

ゴモラ(SD)(アスナに言いつけとくわ)

ヒカル「おっと、千草に録画を頼まれてるんだった」

友也「分析すると、意気込んでいましたね」

マナ「問題ない。私の内蔵カメラで録画している」

ガッツ星人さん「カメラなんて内蔵されてるんですか!?」

ショウ「李衣菜の出番は……まだか」

ゴウキ「ショウは李衣菜ちゃんにビクトリーを貸してから、凄い気にかけてるな」

ジェイス「妹分のような想いなのだろう」

ナクリ「キャー! みんな、可愛いわ~!」

ハルキ「レディ達もいいが、やはりみりあガール達の活躍が見たいな!」

イカリ「みんな可愛いじゃなイカ」

※ゴウキ隊員は、同じファンとして、ナクリ達のことは許しました。

ゾフィー「あれだけお酒を飲んでいた人物とは思えないな」

ハヤタ「ふっ、全くだ」

ダン「ゼロがこの地球に魅せられた理由がよくわかる。素晴らしい輝きだ」



69:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:07:48.06 ID:rTo+Jkqu0


 CP 待機室

智絵里「な、なんだか落ち着かないですね」

美波「練習なら付き合うわよ?」

グレンファイヤー「姉ちゃん、リーダーやってっからずっと忙しいだろ。大丈夫か?」

美波「はいっ! ガタノゾーアと戦った時に比べれば!」

グレンファイヤー「ま~、あれに比べりゃ楽かもしんねぇけど……」

ミラーナイト「心を落ち着かせ、自分の番まで耐えるのも、戦いですよ」

美波「で、でも」

ジャンナイン「君達のレッスン成果は、僕達が確認している。大丈夫だ」

きらり「そうだにぃ! ジャン先生の~、厳しい特訓のおかげだよ!」

ジャンボット「厳しいとは心外だが、今の君達には心落ち着かせることの方がいいだろう」

智絵里「わ、わかりました」

美波「そうね……。自分では回復したつもりだけど、あんな戦いをした後だし……」

ジャンボット(美波の脳波は、緊張からか乱れていた。下手に動けば、隊長を崩しかねない)

ミラーナイト(では、紅茶でも買ってきましょう。リラックス効果の高いものを)

ゼロ(頼むぜ)

卯月(最後まで、ゼロさん達に頼りっぱなしですね)

ゼロ(俺達が好きでやってるんだ。気にするな)

卯月(そうやって、好意に甘えてばかりです)

ゼロ(御相子だ。俺も、卯月達の好意に甘えてばかりだ)



70:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:09:33.01 ID:rTo+Jkqu0


 ワーワー! キャーキャー!!

ゼロ「すげぇ盛り上がり方だな。このステージ、引き継げるか?」

蘭子「ふっ、誰に物を言っている。堕天使は真なる魔王へと覚醒し……全てを超越する、光と闇の巨人を得ん!」

卯月「つまり、絶好調なので大丈夫という事ですね!」

ゼロ「なら、見せてくれよな! 蘭子の、ローゼンブルクエンゲルの歌を!」

蘭子「闇の巨人である我が、光の勇者である汝に捧げよう!」


Rosenburg Engel『さぁ! あなたと手を携え~♪ 終末下す この新たな旋律抱いて~♪』


グレンファイヤー「らんらん、絶好調だなぁ!」

ジャンボット「姫様を誘うだけはある」

ミラーナイト「正面からの映像は、私の鑑を通じてご覧くださいね」

卯月「手を携えってところ、きっとゼロさんに向けて言ってるんですね!」

ゼロ「なら、迫る刻限(トキ)は……俺が帰るまでの間、か」

卯月「ゼロさん、蘭子ちゃんをいっぱい見てあげてください。ゼロさんのために、歌っているから……」

ゼロ「もちろんだ。蘭子の想い、俺の魂に刻むぜ!」


Rosenburg Engel『この想い 命刻んで~♪』


 ワーワー! キャーキャー!!


美波「蘭子ちゃんの想いは私達が」

アーニャ「ネクサス、私達の絆が、引き継ぎます」




71:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:15:42.25 ID:rTo+Jkqu0


ラブライカ「ハローグッバイ、振り返らないように~♪」


美波(身体が思ったよりも軽い。……ミラーナイトさん達に、気を使わせちゃった)

アーニャ「美波となら、どこまででも、いけそうです! 私達はラブライカで」

美波「ガイアとアグルだから!」

美波(本調子だなんて、言っていられない! 私は、アーニャちゃんとどこまでも!
蘭子ちゃんの想いを引き継ぐ!  そして、この想いをまた次に!)


マナ「雨雲が出てきた。降水確率、100%」

ゾフィー・ハヤタ・ダン「ウルトラ念力」 パァン

友也「雨雲が吹き飛んだ……」

マナ「降水確率、0%」

ガッツ星人さん「……ウルトラ兄弟って、甘いんですね」

ヒカル「いやぁ、多分、ヤケクソというか、ここまできたらとことん付き合うというか」

ショウ「俺がやってもよかったんだがな」 スチャ

エックス「我々がユナイトする必要はなさそうだな」

大地「だね」

ジェイス(みんな甘いな……)




72:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:17:53.27 ID:rTo+Jkqu0


 舞台裏

卯月「雨雲が弾け飛んだのって、もしかして」

ゼロ「親父達も、トコトン付き合ってくれるってよ!」

美波「卯月ちゃん! 未央ちゃん! 凛ちゃん!」

アーニャ「コータイ、です!」

未央「ようし! 行こう! 私らには栄光のウルトラ兄弟と、無敵のウルトラマンがついてるぜ!」

凛「ゼロ、しっかり見ててよね。私達も、ゼロの為に歌うからさ」

卯月「はい。私を助けてくれたあなたの為に、ファンであるあなたの為に、歌います」

ゼロ「……聞かせてくれ。成長した3人の、歌を!」


ニュージェネレーション「チョコ! レー! トーー!!」


 ワーワー! キャーキャー!




73:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:20:10.03 ID:rTo+Jkqu0


卯月「君も」 凛「僕も」 未央「みんな」

ニュージェネレーション「おいでよ C’mon ~♪」


ゼロ「力が、溢れてくるぜ……。凄いエネルギーだ!」

ニュージェネレーション「できたてエボリュ~! レボリュ~! ジェネレーション~♪」

ゼロ(卯月、見えているか? 客席のみんなに、笑顔が広がっている)

卯月(はい! しっかり、見えています! あの時とは、違う。私、笑顔ですか?)

ゼロ(ああ、良い笑顔だぜ!!)

卯月(私……凄く楽しいです!)

ニュージェネレーション「育てましょう Little my dream ~♪ 突撃 Music Maiking 今だけの~♪」

ゼロ(俺が闇に侵された時に見た、輝きと同じだ。卯月の光は、俺にも劣らない!)

ニュージェネレーション「胸の温度~♪ 新しい~♪ 世界へと~♪」

ゼロ(島村卯月は、SAYいっぱい輝く、未来のアイドルだ!)

ニュージェネレーション「cut in して~♪ 未来デビューだよ~♪ よろしくっ(はぁい!)」


ゼロ(このウルトラマンゼロが! 卯月達のファン一号が、保証するぜ!!)


卯月(はいっ! 島村卯月、SAYいっぱい頑張りました!!)



ニュージェネレーション「ありがとうございました~!」 パチパチパチパチパチ





75:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:23:30.48 ID:rTo+Jkqu0


未央「さぁ! このニュージェネの想いを引き継ぐのは!」

杏「出番か……。ま、今日くらい熱くやんなきゃね!」


キャンディアイランド「ハピハピデイズ、続いてゆく~♪」

ガッツ星人さん「杏ちゃんが働いてる!?」

エックス「確かに、驚愕するに値するかもしれないが」

大地「あの3人は、可愛いだけじゃない。すっごく強いんだ」


凸レーション「レッツゴーハッピー♪」

ナクリ・ハルキ・イカリ「凸レーションだ~!!」

ゾフィー「小さいながらも、立派な少女達だ」

ダン「たった数日だが、娘ができたようだったな」

ハヤタ「同じ、モロボシだしな」

ジャンボット「姫様、私達の友人達は、頑張っていますよ」

ミラーナイト「姫様に早く見せて差し上げたいですが……それは、我々の別れでもありますからね」


アスタリスク「君と、君と、君と、さぁすすも~♪」

ジャンナイン「人間は、理解不能だ。あれだけ合わない二人が、最高に輝いている」

グレンファイヤー「ああ、立派なもんだぜ」

ヒカル「悩んでたのが嘘みたいだ。前のライブより、更にすごい!」

ショウ「……ああ。自分の、進むべき道を見つけたんだな」



76:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:33:42.49 ID:rTo+Jkqu0






美嘉「アタシが時間を稼いでおくからさ! 最後の挨拶、しちゃいなよ」

ゼロ「美嘉、すまない」

美嘉「いいって! ……またね、ウルトラマンゼロ!」 チュッ!

莉嘉「投げキッスだ!」

みりあ「美嘉ちゃん、大人~!」

美嘉「ふふ、まぁね~★」


美嘉(ヤバい! 思った以上に超恥ずかしぃぃぃ~~~!!!) タタタタ




78:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:51:22.39 ID:rTo+Jkqu0


グレンファイヤー「もう、おしまいの、お別れの時間か~」

ミラーナイト「あっという間の、夢のような時間でしたね」

ジャンボット「君達と共に過ごした時は、とても有意義だった」

ジャンナイン「悪くない」

美波「お別れ……なんですね」

アーニャ「寂しい、です……」

ジャンナイン「アーニャ、僕は君の宇宙船にはなれないが、この小型端末を貰ってくれ」

アーニャ「っ! い、いいんですか?」

ジャンナイン「ちょっとした防犯器具にはなるだろう」

ジャンボット「私の方は、凸レーションのみんなに進呈しよう」

みりあ「わ~、ありがと~!」

莉嘉「事務所に飾っておこうよ!」

きらり「それがいいにぃ☆」



79:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:54:08.51 ID:rTo+Jkqu0


みりあ「みんな! 絶対、また来てくれるよね?」

莉嘉「来てくれなきゃ許さないんだからね!」

きらり「ゼロちゃんはとっても忙しいから。ゼロちゃんの助けを待つ人は、いっぱいいるんだにぃ」

智絵里「う、うん。だから、ムリ言っちゃダメだよ……」

かな子「それでも、時間が空いたら、またお菓子を食べに来てくださいね!」

杏「ゼロの代わりに、メビウスとか派遣しておいてくれればいいよ~」

智絵里「杏ちゃん、ガッツ星人さんからヤメタランス香水のおかわりが」

杏「ごめんなさい!!!」

みく「土下座っ!? 衣装が汚れるから止めるにゃ!」

李衣菜「あははは……。ま、新しいウルトラマンはここにいるんだしさ」

蘭子「さよう。闇を纏いし古き剣は、新たなる時代に光を得た」

凛「今なら、何て言ってるか私にもわかるよ」

未央「誰にだってわかるって! 私達、魔神を倒した勇者だからね!」

卯月「ですね! ゼロさん、精一杯歌いますね!」

ゼロ「ああ、合宿の成果、見せてくれよな!」


美波「精一杯やりましょう! シンデレラプロジェクト!!」

『ファイトーッ!! オー!!!』




80:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:54:40.41 ID:rTo+Jkqu0


大地「始まるみたいだ!」

エックス「最後の曲が……っ! 大地、なにかくるぞ!」

観客1「な、なんだあれ!」

観客2「大量の円盤が!」

ゾフィー「むっ!?」

???「くくく、ははははは!!」

ハヤタ「このタイミングで侵略者だと!?」

???「エタルガーめ! 口ほどにもない! こんな星を手に入れ損ねたとは!!」

ダン「まるで、エタルガーを倒せるかのような言い草だな……」

ヒカル「よっぽどのバカか」

ショウ「相当の実力者か……」

???「地球人どもっ!! 絶望するがいい!!」

ガッツ星人さん「あの円盤、確か……」



81:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:55:39.02 ID:rTo+Jkqu0



ハイパーバド星人「この、宇宙の帝王、ハイパーバド星人様が貴様らを支配してやろう!!」


瑞樹・美嘉・茜・美穂・まゆ「あ、あぁ……」

幸子「茜さんのテンションが低いです!?」

楓「ハイパーおけつ星人?」

愛梨「弱そうですね……」

裕子「私でも倒せそうな気がします!」


ゾフィー・ハヤタ・ダン「なんだ」

ヒカル・ショウ「ただのバカだったか」

大地・エックス「明らかに格下」




82:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:56:43.07 ID:rTo+Jkqu0


ハイパーバド星人(人間サイズ)「とう!!」 スタ

未央「うわ、折角始まったのに、テンション下がる……」

凛「あ、ステージが汚れちゃった。誰か、あのゴミ片付けて」

卯月「凛ちゃんが辛辣過ぎです」

ヒカル「あ、今片付けるんで」

ウルトライブ! ウルトラマンギンガ! ウルトラマンビクトリー!!

「あの時のウルトラマンだ!」「やっぱり、見に来てくれてたんだ!」

ビクトリー(ショウ)(人間サイズ)「俺達じゃなくて李衣菜達を……」 ブツブツ

ギンガ(ヒカル)(人間サイズ)「さっさと片付けようぜ!」

ハイパーバド星人「え、ちょ、なんでウルトラマンが二人も……」 ビク

美嘉「なんで弱腰になってんのよ……」

ギンガ「一気に行くぜ! ギンガクロスシュート!!」

ビクトリー「ビクトリウムシュート!!」

ハイパーバド星人「ぎえぇぇぇぇぇぇぇ!!!??」 ドゴーン

瑞樹「あっけない……」



83:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:58:38.88 ID:rTo+Jkqu0


ギンガ・ビクトリー「よっしゃぁ!」

ハイパーバド星人「いって、マジいてぇ……。ふ、ふはははは! や、やるじゃないか!」 プルプルプル

ジェイス「ん?」

友也「手加減しましたか?」

ギンガ「あれ? そんなはずは……」

ビクトリー「ちっ! ステージの邪魔だ! ビクトリウムバーン!!」 ドゴーン

ハイパーバド星人「ぐぎょ!? そそそ、その程度の攻撃など、お、俺には通用せんぞ!」 プルプルプルプル

ちひろ「めっちゃ、膝にきてますね」

マナ「防御力だけは、エタルガー級なのか? 体力が追いついていないようだが」

ゴウキ「まぁ……高いみたいだな」

ダン「デュワッ!!」 ドゥゥゥゥン

「セブンだ! 本物のセブンまで!」「すげぇぇぇ!」「宇宙の帝王(笑)に感謝だな」

ウルトラセブン「アイスラッガーで切断してやる!」

ガッツ星人さん(やっぱり、首チョンパマン……)

ハイパーバド星人「い、いいのか!? そんなことしたら血が出るぞ! このステージを汚すぞ!」

ハヤタ「な、なんて往生際の悪い奴だ……」

ゾフィー「あそこまで見苦しい奴も、なかなかいないな……」

エックス「ザナディウム光線を使うのも、なんか嫌だな……」

大地「あいつのスパークドールズはいらないなぁ……」

ゴモラ(SD)(大地に共存を拒否られるとか、すげぇな)



84:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:59:24.91 ID:rTo+Jkqu0


ハイパーバド星人「こ、こんなにウルトラマンがいるのは予想外だが……」

???「お父様、ここは私達にお任せを!!」

ハイパーバド星人「おぉ! 我が娘たちよ!」

瑞樹「あ、オチが見えたわ」

メカバド星人クラリッサ「そこの小娘たちを八つ裂きにして!」

メカバド星人アイリーン「ウルトラマンゼロに復讐よ!!」

メカバド星人A「ええっ! て、なんでわたくしの名前は表記されないのよ!?」

美嘉「名乗る前にやられたし……」

ハイパーバド星人「我が娘たちに、我が無敵の艦隊! ウルトラマンなど遅るに足らん!!」 プルプル

ちひろ「膝にキてる癖に、よく虚勢がはれますね……」

武内P「普通に考えればピンチなのでしょうが」

部長「エタルガーの後だと、特に問題ない気がするね」



85:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 02:02:26.47 ID:rTo+Jkqu0


ゼロ「やれやれ。ゆっくりとみんなの曲を視聴したかったんだが……」 ブゥン

卯月「変身……いえ、ゼロさんの実体化ですね!」 パシ

ゼロ「本当の姿で、最後は聞かせてもらうとするか」

卯月「はいっ! ……」 フルフル

ゼロ「卯月?」

卯月「本当に……お別れ、なんですね……」 ポロポロ

未央「しまむー……」

ゼロ「卯月、俺は必ず、またこの地球に来る。約束、だ」

卯月「……っ! はいっ! 約束です! 私達は離れていても、一心同体です!!」

凛「卯月……」 キュン

きらり「きらりの後ろで、変身するといいにぃ」

卯月「きらりちゃん、ありがとうございます。
   最後の、ウルトラゼロアイ! デュワッ!!」 ドゥゥゥン、シャキン、シャキン


ウルトラマンゼロ「シュワッ!!!」




86:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 02:04:36.44 ID:rTo+Jkqu0


「おい! あれ!」「ウルトラマンゼロ! 莉嘉ちゃん曰く、最強の!」「ずっと、俺達を守ってくれていた……」

ウルトラマンゼロ「さぁ、俺に聞かせてくれ! 卯月達の歌を!」

卯月「はいっ! みんな! 歌いましょう!」

蘭子「光の戦士を見送る、レクイエム!」

美波「こ、この状況で? いえ、大丈夫。みんなが、守ってくれるわ!」


美嘉「せっかくだし、アタシらもバックで歌っちゃおうか?」

幸子「そうですね!! 可愛いボクが歌えば、ウルトラマンさん達も喜びますね!」

楓「今までタクシー代わりをお願いしちゃったし、私達でバックで歌いま~す」

瑞樹「メインの邪魔にならない程度にね」

未央「うぇっ!? そ、そんな豪華な……」

凛「ふふ、いいじゃん。せっかくだし、みんなで見送ろうよ」

卯月「はいっ! いきますよ~! シンデレラプロジェクト、ファイトですっ!」

シンデレラプロジェクト『お~!』



87:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 02:07:21.61 ID:rTo+Jkqu0


卯月・未央・凛『GOIN‘ GOIN’ 止まらない♪ GOIN‘ GOIN’ 止れないから♪』

ゾフィー「我々も行こう」

ハヤタ「ああっ!」 スチャ カッ!!

ババルウ星人セレナ(あいつら、卯月ちゃんの邪魔をするとはいい度胸じゃねぇか……!!!)


蘭子・アーニャ・美波『さあ 同じ夢 奏でよう♪ Don`t stop music ♪』

ミラーナイト「やれやれ、とんだ邪魔者ですが」

グレンファイヤー「大した邪魔じゃないのが救いだな。テメーら、覚悟はできてんだろうなぁ!!」


きらり・莉嘉・みりあ『重なるフレーバーは愛コトバ♪ 光る幕が開くから♪』

ジャンボット(本体)「姫様の、私の友人のステージを邪魔した罪は重いぞ。万死に値する!」

ナックル星人ナクリ「アタシ達もいくわよ~!」

バルキー星人ハルキ「ガール達の邪魔はさせないぜ!!」

イカロス星人イカリ「我輩達を受け入れてくれた、あの子たちの邪魔はさせないんじゃなイカ!!」


杏・かな子・智絵里『みんな集合のこの場所♪ シアワセまで集まる♪』

大地「エックス! みんなの為に、ユナイトだ!」

エックス「ようし、いくぞ!」

ガッツ星人さん「私もお手伝いしますよ~!」


みく・李衣菜『Yes! 急上昇♪ テンションもエモーションも HeyHey ♪』

ギンガ(ヒカル)「みんなの邪魔をするなんて、いい度胸してるぜ」

ビクトリー(ショウ)「貴様ら……許さんぞ!! 李衣菜達のステージ、邪魔はさせん!!」

ジャンナイン「お前達は倒す。この地球の良き人間、彼女達の為に」

メトロン星人ジェイス「ようし! 我々も手伝うぞ!」

ゴウキ「会場の、ファンのみんなを守ろうぜ!」

友也「ええ! マナーの悪い方には、退場してもらいましょう」

マナ「この世界の、人間を守る」



88:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 02:08:08.79 ID:rTo+Jkqu0



シンデレラプロジェクト『一体感 流れる奇跡♪ 歌を 歌を 歌を 歌おう♪ 一緒に~♪』


ハイパーバド星人「ななな、ウルトラマンがこんなに……。え、ええい! 我が軍よ! 一斉攻撃だ!」

ゾフィー「上空になら……M87光線!!」

ウルトラマン「スペシウム光線!!」

ジャンボット「ジャンミサイル!!」

ジャンナイン「ジャンフラッシャー!!」

 ドドドドーン!!

ハイパーバド星人「   」

メカバド星人クラリッサ「ひ、怯んではダメよ! 残った軍は引き続き攻撃を」

エックス「エックスバリアドーム!!」 カンカンカン

クラリッサ「   」

バド星人一般兵士(あ、詰んだわ)



89:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 02:08:45.33 ID:rTo+Jkqu0


美嘉・楓・愛梨「GOIN‘ GOIN’ このステージ♪ GOIN‘ GOIN’ この世界に♪」

幸子・まゆ・茜・藍子・裕子・瑞樹・小梅「いまとどけたいメロディ♪」

ゼロ「どうだ、親父。みんなの歌は?」

セブン「素晴らしいな。彼女達の力は、この会場にいる人々の心は一つだ」

ハイパーバド星人「よ、よそ見をしているんじゃ!」

 ゴンッ!!

ハイパーバド星人「こ、こっちを見てないのに裏拳……な、なら」 スチャ パン! パン!

ゴウキ「卯月ちゃんに!」

ガッツ星人さん「いえ、大丈夫です!」


 ウルトラゼロディフェンサー!! カァン! カァン!


卯月「GOIN‘ GOIN’ 仲間たち♪」

智絵里「GOIN‘ GOIN’ キミもキミも♪」

美穂「Don’t stop 悩みは溶けてゆく♪」


友也「誰も、怯んですらいない……」

マナ「彼女達の、ウルトラマンゼロに対する信頼度は非常に高い」




90:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 02:10:51.54 ID:rTo+Jkqu0


ミラーナイト「では、早めに終わらせましょう。ゆっくり、ステージを見たいのでね」

メカバド星人アイリーン「気取りやがって!!」 パン!

ミラーナイト「いけませんね。女性がこのようなものを扱うのは。あ、失礼。もう、女性ですらないですね」

アイリーン「ムキー!! なら」 スチャ

北条加蓮・神谷奈緒「ひっ!?」

ディフェンスミラー! カン! カン!

加蓮「あ……また」

奈緒「守ってくれて……」

アイリーン「な、なんでこんな矮小な地球人を……」

ミラーナイト「矮小なのは、お前の心だ! シルバー……クロス!!」

アイリーン「ぐ、ぎゃぁぁぁぁぁ!!!」 ドゴーン!!

ミラーナイト「お嬢さん方、お怪我は?」

加蓮・奈緒(か、格好良い……)


グレンファイヤー「ファイヤァァァァァァ!!!!」

メカバド星人クラリッサ「むさ苦しい男はいらないんだよ!!」  パン! パン!

ジュッ!

クラリッサ「げぇっ!? 実弾が熔けた!!?」

グレンファイヤー「そんなもんで今の俺が、止められるわけがねぇだろうが!!!」 ゴン! ゴン! ゴン!!

クラリッサ「ひぎぃ!?」

グレンファイヤー「不細工な面しやがって、あの子らの邪魔してんじゃねぇぇぇ! ファイヤースティック!!」

クラリッサ「次に生まれてくる時は花になりたいぃぃぃ!!!????」 ドゴーン

グレンファイヤー「ゴキブリに生まれ変われたら、相当なランクアップだろうな」

ちひろ「さすが! 熱い戦士、グレンファイヤーさんですね!」

部長「ああ、彼らにはどれだけ感謝すればいいのやら……」

武内P「みなさん、本当に……ありがとうございます」



91:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 02:12:33.05 ID:rTo+Jkqu0


ハイパーバド星人「ば、バカな……。我が無敵の軍が」

メカバド星人A「お、お父様、もう、これ以上は……」

セブン「ワイドショット!!」

ハイパーバド星人「お前が盾になれ!!」

メカバド星人A「え? ぎやぁぁぁぁぁぁ!!」 ドゴーン!

瑞樹「あいつ、自分の娘を盾に……」

愛梨「ひどいっ!!」

美嘉「ゼロの前でそれは、完璧に逆効果だけどね!」

ゼロ「もともと見苦しい奴らだったが……!!」 シュッ

ハイパーバド星人「こうなれば、俺の必殺メリケンサック……は、はや……ぎゃぁぁ!!」

 ゴンッ! バキッ! ドゴンッ!!

ハイパーバド星人「う、ウルトラマンゼロは……強……過ぎる……」

ゼロ「確かに頑丈さは売りみたいだが……。バリアンのように策を講じ、誰かの為に戦うわけでも」

ゼロ「エタルガーのような実力もあるわけじゃない」

ゼロ「テメーは……本当の、雑魚だっ!!!」



92:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 02:15:22.59 ID:rTo+Jkqu0


未央「さあ 同じ風にノッて行こう♪」 

ストロングコロナゼロ「そろそろ終わらせようか! ウルトラハリケーン!!」

ハイパーバド星人「ぎえぇぇぇぇ!? ま、まさかぁぁぁ」


凛「Hop Step Jump ♪」

ルナミラクルゼロ「ミラクルゼロスラッガー!!」 

ハイパーバド星人「ぎゃぁぁぁぁぁぁ!! も、もしかしてぇぇぇ」


卯月・蘭子「Don’t stop dreamin' ♪」

シャイニングウルトラマンゼロ「力が、溢れてしょうがねぇぜ! シャイニングエメリウムスラッシュ!!」

ハイパーバド星人「フルコンボじゃないですかーーー!!? 俺にやる技じゃ……ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

            ドゴーンッ!!!!!!!!!

            ワァァァァァァァァァ!!!!


美嘉「みんな、やったね……。やり切ったね……」

蘭子「みんなの笑顔が眩しい……。今なら、わかる。これが、プラスエネルギー……。輝きの、力」

卯月「ゼロさん! どうでしたか? 私達の、スターライトステージ!」

シャイニングウルトラマンゼロ「最高の、ステージだったぜ……!!」



100:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 23:12:45.20 ID:rTo+Jkqu0


ウルトラマンゼロ「……さぁ、みんな! 行くぜ!!」 シュワッ


「ウルトラマン達が、帰ってく……」「ありがと~! ホントにありがと~!!」「守ってくれて、ありがと~!」


グレンファイヤー「みんな、達者でな~!」

ミラーナイト「お元気で!」

ジャンボット「また、会おう!! 私の友人達!!」

ジャンナイン「さらばだ、勇敢な、良き人間たち」

ギンガ(ヒカル)「みんな~! またな~!」

ギンガ「君達の活躍を、別の地球から、未来から見守っているぞ」

ビクトリー(ショウ)「これからも自分の信じた道を進め! 輝け、シンデレラ達!」

エックス「さようならだ! またいつか会おう!」

大地「またね~!!」

ナクリ・ハルキ・イカリ「温泉街、遊びに来てね~!」

ジェイス・ガッツ星人さん「さよなら~!」

友也「また、お邪魔しに来ますね!」

ゴウキ「あっちの世界でも、グッズ買って応援してるから!」

マナ「勉強になった」



101:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 23:14:01.79 ID:rTo+Jkqu0


ゾフィー「さらばだ、素晴らしき地球人達よ」

ウルトラマン「遙か宇宙の彼方から、細やかながら君達の活躍を祈っているよ」

セブン「君達のような素晴らしい人間と出会えたこと、嬉しく思うぞ」

部長「ウルトラマン達が……。ありがとう、ウルトラ兄弟。私の、幼い日の思い出……!」

ちひろ「またいつか、来てくださいね! お待ちしてますから!」


楓「さようなら~。またお酒飲みましょうね~」

ゾフィー(嬉しいような、嫌なような……)

瑞樹「今度は加減させるように言い聞かせるんで」

ウルトラマン「はは……」

小梅「さよなら~! 絶対、また来てくださいね~!」

美穂「ゼロさん! 次は、私とも……」

まゆ「助けてくれて、ありがとうございます~」

裕子「次に来た時は、是非ともウルトラ念力を教えてください!!」

幸子「サイバーゴモラさんもお元気で~!」

ゴモラ(SD)(地味に嬉しい)

茜「できれば次はレオも連れてきてくださいね!!!」

藍子「さよなら~。今度はお散歩しましょうね~」

愛梨「大地さん……また、来てくださいね~!」 プルン

大地「約束はできないかもしれないけど……来るよ! 必ず!」

エックス「ふっ、できないんじゃなかったのか?」



103:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 23:21:23.70 ID:rTo+Jkqu0


ゼロ「美波! これからも、リーダーとして頑張れよ! 美波なら、できるぜ!」

美波「はいっ! 私も、精一杯、冒険して見せます! 頑張りますから!」

ゼロ「アーニャは美波を、支えてやれよ! 我儘言って、蘭子に宇宙に連れてってもらうのは程ほどにな!」

アーニャ「それくらい、弁えます! 美波は私の大事なユニット、です。ガイアとアグル、です!」

ゼロ「かな子! 美味いお菓子、いつもありがとな! 今度は宇宙の美味いお菓子、持ってくるぜ!」

かな子「楽しみに待ってます! またいつか、お菓子を食べに来てくださいね!」

ゼロ「杏! お前はサボりすぎんなよ!? お前はやればできるんだからな!」

杏「杏だけひどくない!? 杏はそういうとこわかっててやってんだからさ。ま、本気は出すようにするよ」

ゼロ「智絵里はノアも認めた諦めない心と、ほんの少しの勇気で突っ走れ!!」

智絵里「はい! 諦めない心と、ほんの少しの勇気で、頑張ります!」

ゼロ「みりあはお姉ちゃんになるんだろ! 大変かもしれないけど、格好良いお姉ちゃんになれ!」

みりあ「うん! いつか、教えてあげるんだ! 私が、地球を守ったって!」

ゼロ「莉嘉は美嘉を目指して、頑張れよ! 辛い時もあるかもしれない。けど、だからこそ」

莉嘉「自分を見失わない! アタシはお姉ちゃんみたいになるよ!」

ゼロ「きらり! その大きな心で、みんなを見守ってやってくれ!」

きらり「うん! きらりもいつか、ゼロちゃんみたく、もっと大きくなれるように頑張るにぃ!」

ゼロ「みく、李衣菜! お前達は突っ走れ! お前達はもう、小さな星なんかじゃない!!」

みく「みく達だけまとめて!? けどそれは」

李衣菜「私達が真打だってことだよね! 猫耳ロックで、突っ走るよ!!」



104:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 23:22:53.12 ID:rTo+Jkqu0


凛「ゼロ、本当にありがとう! ゼロに会えて、本当に良かった……!」

ゼロ「凛……。クールな顔の裏、いつも熱い想いがあったな。その想い、大事にな!」


未央「ゼロがしまむーを助けてくれなきゃ、今の私達はなかった! ありがとう……!!」

ゼロ「未央の熱い想い、もう冷めることはない。お前を、熱くしてくれる仲間がいるからな!」


美嘉「じゃあね~! ウルトラマンゼロ~★」

ゼロ「世話になったな! 言い忘れてたけど、美嘉のライブも最っ高っ!! だったぜ!!!」


蘭子「光の勇者よ……ぜ、ゼロさん! 私、頑張りますから! ティガも、アイドルも!」

ゼロ「ああっ! 別の宇宙にいても、蘭子の声は届く。応援してるぜ!」


卯月「ゼロさん……。私も、頑張りますから! 精一杯……!!」

ゼロ「見守ってる。どんな所にいても、どんな強敵と戦っていても、卯月達の歌声が、俺に力をくれる!」



105:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 23:28:16.00 ID:rTo+Jkqu0



ウルトラマンゼロ「はは、いざ別れるとなるともっと言いたくなるもんだな」


ウルトラマンゼロ「だから……また、必ず! 必ず遊びに来るぜ! じゃあな!!!」


卯月「ずっと、待ってます! ずっと、ずっと……!」

蘭子「だから、必ず……」

美嘉「遊びにきてよね~★」

   キラーン

卯月「行っちゃい、ましたね……」

蘭子「うん……」

未央「また、来てくれるって! 絶対に!」

凛「うん。私達はニュージェネレーションで、ウルトラマンサーガだからね」

卯月「……はいっ!!」


武内P「さよなら、ウルトラマンゼロ。幼き日に夢見た、私のヒーロー……」




106:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 23:35:42.57 ID:rTo+Jkqu0


 宇宙

ウルトラマンゼロ「……さらばだ。素晴らしき、地球人の少女達よ。輝かしい、シンデレラ達」

ギンガ(ヒカル)「また、来ようぜ。な?」

ビクトリー「ああ。いつかまた、あいつらの成長を見に」

エックス「二人は、私が送ろう。大地は、愛梨と雫のサインを捨てられないようにしなきゃな」

大地「本当だよ。アスナの奴、なんであんなに怒るんだろう……」

ガッツ星人さん(あ~、イケメンでも中身は残念な人なんですね)

ゼロ「俺達は親父たちを届けたら、天球ビートスターの工場ブロックを探しに行くぞ!」

ゾフィー「ババルウ星人セレナの情報か?」

ゼロ「えっ!」 ドキ

ウルトラマン「それくらい、気付くさ」

セブン「お前が思う程、俺達もロートルではないぞ」

ゾフィー「彼女をどうこうするつもりはない。もう、悪さはしないだろう」

ゼロ「ほっ」

ゾフィー「では、改めてウルトラマンゼロ、並びにウルティメイトフォースゼロに任務を言い渡す」

ウルトラマン「天球ビートスターの工場地区を探し出し、破壊するんだ」

セブン「暗躍する武器販売組織も壊滅させろ!」

ゼロ「わかったぜ!!」

ガッツ星人さん「あ~あ、ウルトラマンゼロに眼をつけられたんじゃ」

メトロン星人ジェイス「そいつらも終わりだろうね……」

ナクリ・イカリ・ハルキ「「「ご愁傷さま」」」



107:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 23:39:26.79 ID:rTo+Jkqu0


ゾフィー「その後は……しばらく、休むといい」

ゼロ「た、隊長、それって」

セブン「彼女達に、会ってやるといい」

ゼロ「わ、わかったぜ!!」

ウルトラマン(孫ができても、知らんぞ)


ゼロ「卯月たちにお土産、用意しなきゃな~!」

グレンファイヤー「今からもう、次が楽しみだな!」

ミラーナイト「ええ! 彼女達と過ごした日々は、輝かしい毎日でした」

ジャンボット「難しいかもしれないが、また姫様をお連れしたいものだ」

ジャンナイン「次は、有機生命体8号(ピグモン)も連れてきたい」



ウルトラマンゼロ「いくぜ、ウルティメイトフォースゼロ!! 宇宙のワルを倒しに!!」



ウルティメイトフォースゼロ「おぅ!!!



ギンガ「俺達にもできることがあるなら」

ビクトリー「何でも言ってくれ」

エックス「ウルトラマンゼロ、君になら何だって協力しよう」


ウルトラマン(頼もしいな。別次元のウルトラマンを率いる姿……)

セブン(我らウルトラマンの、新たなる世代のようだ)

ゾフィー(ゼロこそ、新しいウルトラ兄弟を率いる存在なのかもしれないな)



108:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 23:40:53.99 ID:rTo+Jkqu0


 地球 夜

みりあ「ゼロさん、今頃どこにいるのかな~!」

きらり「きっと、もうこの宇宙にはいないにぃ」

莉嘉「なんたって、時空の勇者だからね!」

みく「ヒカルにゃん達も、元の地球に帰っちゃったのかにゃ~」

李衣菜「なんか、同じ地球でも、別の地球って言うのも不思議だよね」

美波「そこだと私達の方がテレビの存在で」

アーニャ「人気アイドルだから、ビックリ、です」

杏「大地、大丈夫かな~」

かな子「アスナさんに怒られてなければいいけど……」

智絵里「愛梨ちゃんも、凄く悲しんでたね……」

蘭子「光の国は、いつでも輝かん!」

卯月「夢みたいでしたね……私達が、ウルトラマンになって戦うなんて!」

凛「うん。だけど、夢じゃない」

未央「私達が地球を守ったんだ!」

武内P「はい。そして、このステージでも大成功を治めました」 ドサ

未央「プロデューサー、それは?」

武内P「ファンレターです。みなさんへのと、ゼロさん達への」



109:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 23:44:37.52 ID:rTo+Jkqu0


『ウルトラマン! 本当に、ありがとう! 卯月ちゃん達もお疲れ様でした!』

卯月「私達のライブも、ちゃんと見てくれたんですね!」

『ひるまず歌うみんなの姿が、とても格好良かったです! これからも、応援させてください!』

凛「……ふふ、新しいファン、できたかな」

『ニュージェネを見に来ました! ウルトラマンまで見れちゃった! きて、良かった!』

未央「……っ!! アイドル、辞めなくてよかった……!!」

武内P「はい。私も、皆さんと一緒にこのフェスに参加できて、良かったです」

凛「なんか、凄いね」

武内P「今日は、どうでしたか?」

凛「楽しかった。ワクワク、したよ。
  なんか不思議……私、前に346プロのライブで、フラワースタンド届けに行ったことあるんだ。
  自分がステージに立つなんて、思っても見なかったなぁ……」

未央「私、そのライブ見に行った!」

卯月「私も、スタッフで……」

蘭子「ふっ、汝らは手を取り合う運命にあった! そう、2万年前から!」 ビシ

みりあ「あ、ゼロさんの真似だ!」

蘭子「えへへ……」

未央「運命、そうかもね! 偶然でもさ、私達は出会って、組んで!」

凛「ウルトラマンサーガとして、時空魔神と戦って……」

卯月「地球を、守ったんですね!!」



110:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 23:46:33.51 ID:rTo+Jkqu0




蘭子「そう、我らが地球を守った……! 我らこそ、輝きの乙女! 魔神を滅ぼす歌姫なり!」



卯月「ゼロさん! 私、精一杯頑張ります! ずっと、ずっと、頑張ります!」



卯月「愛をこめて、ずっと歌うよ! みんなの、笑顔の為に!」



 アイドルマスターシンデレラガールズ × ウルトラマンゼロ

 第一期 完!!





115:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 23:56:07.88 ID:rTo+Jkqu0

気づけば随分と長くなったこのシリーズも、終了となります!
今まで読んでくださった方々、まとめていただいたサイト様、ありがとうございました!

とりあえず、ノリで1期完とか書いただけです!!!!!



元スレ
卯月「島村卯月、ウルトラマンゼロ……でした」ゼロ「さらばだ、素晴らしき少女達」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452779323/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 01:24
      • いつもタイトルだけで読む気なかったけどまだこのシリーズやってたのか。
        もちろん今回も読まないよ。
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 01:25
      • プロジェクトDMM復活祝い
      • 3. 以下、VIPにかわりまして宇宙警備隊長がお送りします
      • 2016年01月16日 01:32
      • もし新しい作品を作ってくれるなら、是非この私を主役にして欲しいね。フハハハハハ!ンンハハハハハ!!
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 01:37
      • ついに終わったか・・・
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 01:59
      • サコミズ隊長はもう、本人出演は見られないんだよ……
        幸子がウルトラマンになるとしたら誰が合うだろうか

        今小学館のヒーローコミックのULTRAMAN読んでるんだけど、ドラマCDで蘭子の中の人がアイドル役で出るらしいね。そしてピグモンはどえらいことに……・
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 02:13
      • なんかもう泣いた
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 02:14
      • デレマスもウルトラマンも大好きなので最後まで楽しめました。この流れから、第二期やるとしたらを想像すると面白いですね。
        あと一点だけ惜しいところとして、ラブライカの歌詞間違ってますよ。振り向かないように、ですよ。
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 02:27
      • ※7
        作者もうろ覚えだったんだろうな、歌詞
        ギンガとビクトリーの掛け声も間違えていたあたり、元ネタの見直しとかしないタイプなんだろうか
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 02:32
      • バルタン星人約7年ぶりの特撮作品出演おめ
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 02:35
      • 終わったか―
        ラストの消化試合はWの最終回思い出した
        というか姉の単語で常務に化けて二期やるのかと思ったがその名前だとくっ殺属性付いたポンコツ娘になっちゃうよ…
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 02:36
      • どうでもいいけど、怪獣の着ぐるみの改造って、今でもしてるのかな?
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 02:41
      • ※11
        最近はやってないんじゃないか?
        新規のオリジナル怪獣出ることも少なくなってるしギンガ以降売上それなりにあるから
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 02:51
      • 最近ので知ってる限りだと、ルディアン・ホオリンガ・グリーザ第1形態は改造着ぐるみだぜ
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 03:47
      • 終わっちゃったかぁ…この流れじゃ二期はやらないだろうし残念
        ギンガやエックスメインの外伝とか書いてもいいのよ?
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 05:00
      • エックスも終わっちゃったしなぁ……

        面白かったです(こなみ)
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 05:01
      • セブン以外に子供がいるウルトラマンっていないの?
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 05:07
      • ※16
        ウルトラの父と母
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 07:22
      • もしジャックが来てたら杏の謝罪ももっと深くなってただろうな

        罪なき宇宙人を手にかけた人類に対して
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 09:42
      • 終わったか…まさしくTV30分版ウルトラマンゼロだったわ、それと同時にCPの絡みが良かった、アスタリスクとショウ達の関係が面白かったし杏のウルトラマンに対して人類の行いを謝るのも良かった

        そして、ゼロの戦いは終わらない
        次なる敵は閻魔獣ザイゴーグと強化された強敵達、今8人のウルトラマンが結集し立ち向かう
        劇場版『ウルトラマンXきたぞ!われらのウルトラマン』3月12日全国ロードショー‼︎
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 10:07
      • レイ「俺の出番なかった・・・・」
      • 21. 以下、VIPにかわりましてバリアンの神がお送りします
      • 2016年01月16日 10:17
      • ※20
        我が貴様の登場する場面を書き換えたのだ…
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 10:49
      • M78星雲の世界と直接関わりがない平成作品の中で既存怪獣がでた例って、コスモスのバルタン星人にあったかな?
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 12:20
      • 仮面ライダーにも触れたか、後は白い機動戦士達に触れてくれたら完璧だな。
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 12:26
      • ばるるん!
        うわー!

        今日女の子が男の子をほうきに乗って魔女みたいに空を飛んでるを見ました!本当です、信じてください!
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 14:46
      • メイツ星人「杏ちゃん!」

        シェルター・ムルロア「我々の事も!」

        サタンビートル・ガウス「忘れないでくれ!」
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 14:56
      • ※1くっさ
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 15:14
      • 典型的なデザインの怪獣で有名なのって、ブラックキングやゴモラに、あと他に何がいるかな?
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 15:21
      • タロウP「ほーら高い高ーい」
        卯月「わーいわーい」キャッキャッ
        杏「タロウPは本当に人気ねー」
        凛「こっちの方は遊べるけどね」シュゴオオオゾフィーP「ンン、デッ!」ボーボー
        皆「ひきこもりいいいぃぃ!!!」
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 15:28
      • >私はウルトラマンとしては、平均的な能力
        初代は確かスペシウム光線とかのいわゆる波動拳的な技を、
        真空波動拳またはそれ以上に引き上げたある意味での超人って言う設定なんだっけ

        米23
        多分ウルトラマンVS仮面ライダーの事を指してるんじゃないかな
        だから白い方は出てこない気がする
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 17:34
      • そういやゼロは親父のかつての恋人(アンヌ)の事は知ってるのかな
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 20:38
      • なかなか見られないゼロ以外のUFZの活躍がみられて良かった。
        とうとうアニマス見る決心がついたよ!

        ……ただ、バド星人disられすぎて可哀想になった。
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 21:07
      • 何だかんだで美穂ちゃんが良いキャラしてた
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 21:16
      • もし1クールでウルトラマンゾフィーの主役作品作ったらどうなるんだろう?最終回と敵はやっぱりバードンか?
      • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月17日 04:12
      • ※29
        誰でも使える牽制技みたいな扱いのスペシウム光線を鍛えに鍛えて唯一無二の必殺技にまで昇華したからね
        ゼットンを素手で倒せるようになったり結構努力の人
      • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月17日 04:56
      • ウルトラ戦士を酔い潰す25歳児が強すぎるw

        ※34
        ただの平突きを鍛えに鍛えて、壁を爆砕する牙突に昇華させた斎藤一みたいなもんか
      • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月17日 07:49

      • 個人的にはエヴァのやつより読みやすくて面白かった
      • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月17日 07:59
      • そのうち蘭子とマドカ・ダイゴが邂逅する展開あったりして
      • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月17日 20:05
      • ※37
        とある預言者「君は招かれざる者なのだ!」
      • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月17日 21:10
      • とりあえずウルトラマン達が地球を守るようになったのは実は

        「捕まえた怪獣を逃がしてしまい追いかけてたら地球人を巻き込んで死なせてしまった贖罪」

        だという事はスルーの方向で・・・・
      • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月17日 21:57
      • ※39
        要するに業務上過失致死の証拠隠滅を兼ねた一体化だったんだよな
      • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月17日 22:18
      • そういえば、ウルトラマン80の女性隊員殉職したけど、原因はなんだっけ?
      • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月17日 22:28
      • ※41
        ユリアンを追ってやってきたエイリアンの戦闘員の投げ槍から矢的をかばって刺された
      • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 00:23
      • アスカも一応単独でこの世界来られるんだよね・・・・
      • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 00:37
      • ゾフィー人間態をストーリーゼロを出すとは、味な真似だ、
        ハヤタとダンは当時の制服で年齢は現在のほうがよかったんだが、
        黒井社長「テレビ本編にすら私の出番も声もないとは、」
      • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月18日 21:10
      • 常務とウルトラマン達はどういう会話するのか気になる

        まさかエイリアンよばわりしないだろうな
      • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 00:41
      • ※45
        セブンXのDEUSみたいにかな
        そしたら菜々さんか春菜がセブンXに変身する展開も……
      • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 11:58
      • ウルトラサインの練習のくだりで練習しようにもやり方が分からず教えてくれる人もいないのでとりあえず右手をかざして必死に念じる蘭子を妄想した
      • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月19日 17:23
      • 完結したか、お疲れ様
        一号ライダーに触れてくれたのは嬉しい
      • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月22日 12:26
      • ウルトラマンのお話なら勿論劇場版もあるんですよね?(チラッ
      • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月30日 15:07
      • みんな劇場版エックスとバトスピのウルトラ怪獣パック箱買いよろしくな
      • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月13日 13:40
      • よく考えたら、蘭子とゼロがくっついたら自動的にゼロ×ティガになるのか・・・

        ※23機動戦士のみなさんはキャンディアイランド回で軽く触れてたよ
      • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月17日 23:21
      • このギンガ、若干杉田入ってないかw?
      • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月21日 19:38
      • ※52 私も思った。
      • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年04月09日 20:19
      • 5 ゴモラ(SD)が地味にいいキャラしてた

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ