TOP

星空凛「鏡の世界」

1:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 00:57:05.48 ID:NYx/JXcM0

短編



5:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:10:59.02 ID:hOEmT/sgO

真姫「知ってる?鏡に話しかけ続けると私が私じゃなくなるんだって」


花陽「こ、怖い…」


凛「どういうこと?」


真姫「真姫が真姫じゃなくなるの」


凛「…よくわからないにゃ」


真姫「真姫なのに真姫じゃないのよ」


凛「もう!なぞなぞはおーしまい!早く屋上いくにゃ!」


真姫「そうね」



6:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:12:22.47 ID:hOEmT/sgO

そのあとかよちんは怖い怖いってぶるぶるしてたにゃ


でも凛は好奇心が勝っちゃう


家に帰ってから早速試してみるにゃ!











凛の前に鏡を置いた


凛「鏡さーん...」



7:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:13:11.07 ID:hOEmT/sgO

最初はちょっぴり恥ずかしかったにゃ


でも話しかけてるとなんか楽しくなってきた


凛「今日は真姫ちゃんから話を聞いて話しかけてみたにゃ!鏡さんー!」


凛が笑うと鏡も笑う



それが何か楽しいんだにゃ



9:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:15:00.75 ID:hOEmT/sgO

「凛、もう寝なさーい!」


凛「はーい!」


正直もう目は重たいよ


凛「今日…は早く寝れそ…」





真っ暗な場所


でも少し赤っぽい場所


そこで誰か泣いてた


少しだけ素直じゃないけど大好きな人がいる純粋な子


凛は知ってるけど分からないや





*







10:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:15:59.98 ID:hOEmT/sgO

凛「という夢を見たんだ!変な夢でしょ?」


真姫「ふふっ、ふふふふふ」


花陽「どうしたの?真姫ちゃん」


凛「不気味な笑いだにゃー!」


真姫「なんでもないわ!ふふっ」


花陽「今日はご機嫌なんだねぇ」


真姫「そうよっ」



11:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:17:27.10 ID:hOEmT/sgO

真姫「…凛」コソコソ


凛「どうしたの?」


真姫「今日家に来てくれない?」


凛「え?なんで凛…」


真姫「…お願い、相談があるの」


凛「…わかったにゃ」


かよちんに秘密での相談ってなんだろ?


かよちんには申し訳ないけど…真姫ちゃんの期待に乗れるように頑張らないと。



12:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:18:09.84 ID:hOEmT/sgO








真姫「ふふっ、いらっしゃい」


凛「お邪魔します!」


「お菓子用意するわね」


真姫「いいわよ。私もう用意してあるし」


「お友達が来るのが楽しみだったのね」


真姫「もうっ…!」



13:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:18:51.84 ID:hOEmT/sgO

凛「えへへっ…今日はお邪魔します」


「ゆっくりしていってね」


そういって奥に行った真姫ちゃんのお母さん。


いつも思うけど凄い美人だにゃ…


ガチャッ


真姫「それじゃ…ってお茶忘れたわね。ちょっと待ってて」


凛「あ、うん!ありがとうにゃ」


バタンッ



14:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:19:52.83 ID:hOEmT/sgO

ふふふ、真姫ちゃん家に怪しいものが無いかチェックにゃ!


ベッドの下には何も、棚には勉強道具…真面目だにゃぁ。


タンスの中には…


凛「ん?」


そこには赤い布が被さってる何かがあった


パサッ



15:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:20:39.79 ID:hOEmT/sgO

凛「鏡?」


なんか綺麗だにゃ…


凛「鏡さん、凛は今真姫ちゃんの家にいるよ」


「り…たっ…」


凛「え…」


鏡が喋った


喋った…


「にげ…」


凛には何故か鏡さんが味方に見えた


「逃げて」って言ってる



16:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:22:09.11 ID:hOEmT/sgO

「たすけ…」


凛「…鏡さん」


悲しそうで泣いてそうな鏡さんをほっとけないにゃ…


真姫「凛」


凛「ひっ…ま、真姫ちゃ?」


真姫「何してるの」


その時の真姫ちゃんの顔は怖かった


今まで見たことのない目で睨んでいた。



17:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:22:50.40 ID:hOEmT/sgO

凛「ご、ごめっ…」


真姫「何してたの」


凛「かっ…」


鏡が喋ったということは話しちゃいけない


そう思った凛は少しだけ嘘を吐いた


凛「ま、真姫ちゃんが変なもの持ってないかなーって思って、なんか布が掛かっててこれは怪しいっ!って思ったから…」



18:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:23:31.28 ID:hOEmT/sgO

真姫「…そう、それならいいわ」ニコッ


凛「…」


鏡さんは「逃げて」って言ってた


凛はその言葉を…信じたいよ


真姫「それより相談を…」


凛「あれ!?今って何時?」


真姫「えっ…3時だけど」


凛「にゃあぁああ!!マズイにゃぁっ!あの月1しか開かないラーメン屋がもう少しで閉まっちゃうにゃああ!」



19:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:24:24.09 ID:hOEmT/sgO

真姫「それは…マズイわね」


凛「ごめんね!今日の所は帰るにゃ!」


真姫「あ、私も一緒に…」


凛「やめといたほうがいいにゃ。あそこの店はお客が怖いんだよ…真姫ちゃんには耐えられないかも」


真姫「そうなの?じゃあまた今度にしてもらおうかしら」


凛「本当にごめんね!それじゃ、お邪魔しました!」



20:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:25:25.62 ID:hOEmT/sgO

ガチャッ


「あら、もう帰っちゃうの?」


凛「すみません、用事を思い出しまして…」


「そう…また今度も遊びに来てね?」


凛「はい!」


バタンッ


…すごく心臓がドクドク言ってる


凛ってあんなに嘘上手だったっけ


…でも今日は真姫ちゃんが怖くて


ごめんね真姫ちゃん。今日は家に帰るよ。



21:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:26:11.50 ID:hOEmT/sgO






バタンッ


「おかえりなさい、凛。早かったね!」


凛「そうかにゃー」


「少ししたら早めにお風呂入っときな?」


凛「うん!」


バタバタ


ガチャッ



22:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:26:53.65 ID:hOEmT/sgO

鏡さんの言う通りにしちゃったにゃ


凛「鏡さんが何か助けてくれたのかな?ありがとう…えへへ」


そして鏡も笑った


凛の顔が笑い返した


凛「…鏡好きだったのかな」


なんてつぶやいてみる


鏡は少し赤くなったような気がした


凛「えへへっ…照れてる?」


鏡からは何も返事はなかった



23:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:27:50.16 ID:hOEmT/sgO

凛「…何やってんだろ」


「凛ー!!お風呂入りなさーい」


凛「はーい!」


ガチャッ


お風呂に入ると何故か少し狭い気がした


凛「うーん…」


なんでかはわからないにゃ


凛「お風呂気持ちいいにゃぁ…」



24:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:28:37.89 ID:hOEmT/sgO






ガチャッ


凛「鏡さーん…」


鏡…


真姫ちゃんが言ってた話は本当なのかな


いや、違うにゃ


私が私じゃ無くなるなんて嘘だよ



25:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:29:16.57 ID:hOEmT/sgO

凛「鏡さん…」


鏡「…」


凛「返事してほしいにゃー」


鏡「…」


まあしないよね


凛「ふぁあ…もう寝よう」


目覚ましセットして…


凛「おやすみにゃぁ…」


「おやすみ」



26:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:30:34.27 ID:hOEmT/sgO






*





凛「おはよー!」


真姫「おはよう、凛」


凛「そういえば真姫ちゃんはにこちゃんと今どうなんだにゃ?」ニヤニヤ


花陽「最近そういう話しなくなっちゃったねぇ」



27:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:31:57.75 ID:hOEmT/sgO

真姫「…なにが?」


花陽「え、え?」


凛「最近にこちゃんと距離詰めるって凄い張り切ってたのに…」


毎日毎日にこちゃんの話してたのにな。


真姫「…あぁ、頑張ってるわよ」


凛「そ、そっか!凛もサポートしよっかなー」


そういえばにこちゃんの話を最近聞いてないよ





凛は


気付いちゃったよ


「早くいきましょ」



28:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:32:34.97 ID:hOEmT/sgO






*







29:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:33:12.91 ID:hOEmT/sgO

凛「鏡さん、出てきてよ」


凛は怒ってる


その時は少し黒っぽかった


凛「…」


「凛ー!電話してないでもう寝なさい!」


凛「…はーい!」



30:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:34:26.57 ID:hOEmT/sgO

これでバイバイだよ


凛「私は私じゃなくてもいい」


きっと皆そうだにゃ


皆がいれば凛じゃなくていいんだよ


凛「きっと皆こうなる」


「そうなの?」



31:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:35:11.84 ID:hOEmT/sgO

凛「うん、信じてる」


「わかったにゃ、皆信じるにゃ」


凛「…私はそうにゃーにゃー言わないよ」


「そっか」


「それじゃ、おやすみ」


凛は1つの手がかりを残して寝た



32:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:35:51.17 ID:hOEmT/sgO









凛は幸せだった


真姫ちゃんに会えて


手を繋いでくるくるしてる


真姫ちゃんも凛が来て嬉しそう


でも泣いてる


かよちんは笑ってる


真姫ちゃんは泣き笑い


凛も、泣き笑い



33:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:36:25.15 ID:hOEmT/sgO

ガチャッ


「おっはようにゃー!」


「なんか元気ね凛」


花陽「おはよう、凛ちゃん」



34:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:37:01.53 ID:hOEmT/sgO

「おはよう花陽ちゃん!」


花陽「は、花陽ちゃん?」


「…呼んでみただけだよ!」


花陽「あ、そ、そっか…!」


その瞬間凛は笑った


凛ちゃんの笑顔が不気味で怖かった



35:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:38:31.18 ID:hOEmT/sgO

「ふふっ、ふふふ…」


「えへへ…」


怖いけど


でも2人は優しくて可愛くて…花陽の大事な友達。


花陽「えへへ…」



36:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:39:56.85 ID:hOEmT/sgO

その瞬間私は目の前のものを疑った


「かよちんも」


花陽「行くよ」


「そうよね」



37:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:41:05.75 ID:hOEmT/sgO

「あのね!」


花陽「ん?」


「私ね、鏡のやつやったんだよ」


花陽「…」


その瞬間私は目の前のものを疑った


「かよちんも」


花陽「行くよ」



38:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:41:49.74 ID:hOEmT/sgO

花陽「…」





真姫「いらっしゃい、なんてね」


凛「かーよちん!」


花陽「えへへ…来ちゃった」


2人共笑ってた


私も一緒に笑った


この瞬間が嬉しくて笑った


凛「外はどうなってるんだろうね」


多分…


花陽「3人楽しく笑ってる」






おわり



39:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 01:42:57.25 ID:hOEmT/sgO

短編ホラーみたいなの書きたかったけど難しいです...


とりあえずおわりです。ありがとうございました。



元スレ
凛「鏡の世界」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452700625/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月14日 07:21
      • ホラ話なので真似しないように
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月14日 07:42
      • ???「戦え……戦え……」キーン キーン
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月14日 08:19
      • 関係ないけど、凛ちゃんは一人称に「私」を使ったことはあったかな?ことりやにこは度々使ってたけど。
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月14日 10:05
      • 戦わなければ生き残れない!
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月14日 10:41
      • ?「ウチの占いは当たる。」

        ???「また靴紐ほどけてるチュン。」

        ???「人を守るためにライダーになったんだもん、、!だからスクールアイドルを守ったっていい!」

      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月14日 10:44
      • これを何とか利用して穂乃果を私のものにしたいチカ。ラブアローやミナリンスキーが手をうつ前に。
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月14日 11:16
      • イミワカンナイ
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月14日 12:42
      • ???「なんで…私は…みんなといたかっただけなのに……」
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月14日 18:17
      • ???「鏡の中に世界なんてありませんよ・・・ファンタジーやメルヘンじゃあないんですから」
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月15日 23:30
      • オルタナティブ・ゼロが1番かっこいい
        異論は認める
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年05月02日 22:21
      • ということは、鏡の中に入ってしまったにこまきりんと契約してライダーになれるのかな

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ