TOP

【食戟のソーマ】緋沙子「お、おあがりよ…//」

1: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/22(火) 23:36:25.78 ID:WRXdUxgl0



緋沙子「三番卓注文入ったぞ!〇〇と〇〇!」

創真「あいよ!これ五番卓に頼むわ!」

緋沙子「任せろ!」


「いやー、今の創真ちゃん達見てると、長かったゆきひら休業も在って良かったなって思うよ」

「ホントホント、逞しくなって帰ってきたと思ったらまさか、ねえ」ニコニコ

「おーいお嬢ちゃん!注文お願いできるかい?」


緋沙子「はい!ただ今!」

「でさ、でさ、お嬢ちゃん、いつになったら正式に創真ちゃんの奥さんになるんだい?」ニコニコ

緋沙子「お客様ったら、何度目ですか?もうその手は食らいませんよ」

「ちぇー、最初の頃なんかは顔真っ赤にして可愛かったのになー」

緋沙子「フフ、お褒めの言葉として受け取っておきますね」


創真「いやいや、ホントホント、いつも同じ慌て方するんだもんなー」

緋沙子「ゆ、幸平!!?き、貴様何故此処に!?注文はどうした!!」

創真「ひと段落ついたからいるワケだけど」

緋沙子「~~~~~ッ!/////」


「ハハ、始まった始まった」

「いやー、やっぱり花があるのはいいですなー」ニコニコ




2: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/22(火) 23:44:01.96 ID:WRXdUxgl0



緋沙子「ありがとうございましたー!!」

ガララ…



緋沙子「ふう…」

創真「うい。お疲れ」


緋沙子「幸平、ん。お疲れ」


創真「緋沙子、もう客も居ねえんだぜ?」


緋沙子「…創真…お、お疲れ///」

創真「いい加減慣れないかねーその呼び方」

緋沙子「う、五月蝿い!お前は逆にお客様の前だろうといつもいつも緋沙子緋沙子と!」


創真「あれ、嫌だった?」

緋沙子「…そ、その質問はズルイと言ってるだろう…//」


創真「やっぱ秘書子ちゃんは可愛いな?」ナデナデ


秘書子「秘書子と呼ぶな!!あと撫でるなあ!!//」





3: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/22(火) 23:57:04.83 ID:WRXdUxgl0



―――四年前


えりな「…そう。幸平君と」


緋沙子「…は、はい…。誠に勝手を申してるのは重々承知ですが…、幸平創真と共に三年ほど、海外各所での修行をと…」


えりな「嬉しいわ。緋沙子」

緋沙子「え……?」


えりな「私になんて気を遣わず、自分の好きな道へ進みなさい。同行があの男なのが唯一気に障る所だけれど…」


えりな「まあ…認めたくはないけど、本当に認めたくないけど、あの男なら緋沙子を任せても大丈夫でしょう」


緋沙子「落胆…なさらないのですか…?」


えりな「何を言っているの。寧ろ嬉しいわ。こうやって緋沙子が自分の気持ちをまっすぐ言ってくれたんだから」


緋沙子「えりな様…ッ!」ダキッ


えりな「キャッ!い、いきなり抱きつかないでちょうだい///」


緋沙子「ありがとうございます…海外の後はまだ何も決まっておりませんが…必ず連絡させていただきます…!」


えりな「…私こそありがとう、緋沙子」ナデナデ

えりな「それはそうと、各所と聞いたけれど、具体的なコースが出来ているの?幸平君が手配しているとは…」


緋沙子「問題ありません。幸平創真のお父上が色々とツタを使って下さいまして」

えりな「城一郎様が!?!?ひ、ひひ緋沙子!!!気など遣わず毎日でも連絡しなさい!!!」

緋沙子「え、えりな様…」


緋沙子(お父上と同じ現場というわけではありませんよ…)





5: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/23(水) 00:03:14.69 ID:AcRvCYBO0




緋沙子「」パチッ


緋沙子「…いい夢を見たな。もう、四年も前になるのか…」フフッ

創真「…ん…緋沙子…?」ムニャ


緋沙子「そ、創真…起こしてしまったか?」


創真「……」ジーッ

緋沙子「…なんだ、ジロジロと」


創真「いい夢でも見たか?凄い優しい笑顔してんぜ。可愛かった」


緋沙子「なッ――!」


創真「あ、いつもの可愛い秘書子ちゃんに戻った」ニシシ


緋沙子「お前は朝からーー!!」


緋沙子(えりな様、ありがとうございます…。貴方のおかげで、私は今も、とても幸せです)





7: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/23(水) 00:10:43.68 ID:AcRvCYBO0


『お祭り』


緋沙子「町内会のお祭り?」


創真「そうそう。年に一度あってさ。出店の枠が一個余っちまったからゆきひらでやってくれねえか、って言われてよ」

緋沙子「…定食屋が出店って、どういった内容にするつもりだ」


創真「まあそこは皆に食べてもらえて回しやすいメニューで行けばなんとかなるだろー」ヘラヘラ


緋沙子「…反対だ」


創真「えーなんでだ?前に〇〇さんとこの出店の手伝い頼まれた時は乗り気だったじゃんか。そらメニューは俺達で、っていう違いはあるけどよー」


緋沙子「…からだ」ボソッ


創真「え?わり聞こえね」


緋沙子「前回の出店の時!やたらと女が集まった!他の出店もあると言うのに一点集中してるかのように!」


創真「…ヤキモチ?」


緋沙子「そんなこと―――ッ!!」

創真「そんなこと?」


緋沙子「……ある」


創真「……」ナデナデ


緋沙子「…ばかあ//」





9: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/23(水) 00:18:56.65 ID:AcRvCYBO0



緋沙子「結局押し通されてしまった…」ズーン


創真「いやー、午前中だけでこんな繁盛するとはな。手伝い呼んどいて助かったぜ」


緋沙子(コイツは自分の店を誇りに思ってる割には過小評価していないか…?ゆきひらの味ならばこの程度の混雑は想像できるだろうに…)


緋沙子(それに…)チラッ


倉瀬「…?緋沙子ちゃん、どうかしたー?」ニコー

緋沙子「いえ、今日は急にお手伝いを頼んで申し訳ありません」


倉瀬「ううん。私に出来ることは限られちゃってるけど、頼ってくれたからには精一杯頑張るよ!」


緋沙子(創真の鈍感さには恐れ入る…)


創真「それにしても倉瀬と緋沙子も仲良くなったよなー、初めて会った時からは考えられないぜ」ヘラヘラ


緋沙子「はぁ……」





10: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/23(水) 00:24:14.53 ID:AcRvCYBO0

『いつもの』


創真「………」

緋沙子「………?」

創真「」ニタァ

緋沙子「……!!!」

緋沙子「」ソロー


創真「なあなあ緋沙子緋沙子」


緋沙子「……っ、な、なんだ…」


創真「ちょっと試作料理思いついたんでよー食べてくんねえか?」


緋沙子「断固拒否する!!!さっきのお前の顔!アレはいつもの時のだ!絶対私はあんな類のものは口にはせん!!」

創真「あんなものとはひでえなあ。折角うまく閃きがきいたアイデアだったのによ…」



緋沙子(…少し言い過ぎたかな)


緋沙子「…何を食べさせるつもりなのかくらいは聞こう」


創真「煮干のチョコフォンデュ」


緋沙子「ふざけるなーーー!!!やっぱりいつものじゃないか!!!」

創真「今回は女子受けを狙って」


緋沙子「黙れ!!今日という今日は食わん!絶対にそんなもの食べないからな!!」


※食べさせられたました。




12: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/23(水) 00:31:38.91 ID:AcRvCYBO0


『女の敵』


緋沙子「ゴミ出しよし。うん。今日の仕事は終わりだな」


????「」カサカサ


緋沙子「…ん?」

ゴ??リ「」ヤァ


緋沙子「」


キャアアアアアアアアア!!!



創真「緋沙子!?どうした!!!」


緋沙子「そ、そうまぁ…」ウルウル


創真「そんな泣きそうになって…何があったんだ!?」


緋沙子「……リがぁ」

創真「…ん?」



緋沙子「ゴキブリがぁ……」ウルウル


創真「…………」


―――10分後


創真「すっぽんの首切り落とす緋沙子が虫の類ダメだったなんてなー。今までまるで知らなかったぜ」


緋沙子「///」カァーッ

緋沙子「し、仕方ないだろう!!少なくともアレは違う!アレは女の敵だ!!」


創真「そんなもんかー?極星寮のメンツは全員へっちゃらだったぜー?」


緋沙子「た、田所さんもか!?」


創真「おお。微動打にしなかった覚えがある」


創真(あ、丸井がダメだったの思い出した)


緋沙子(わ、私がおかしいのか……?)





14: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/23(水) 00:39:33.80 ID:AcRvCYBO0


『経営学』


緋沙子「時に創真」


創真「んー?」

緋沙子「私たちは一般教養も遠月学園で習ったわけだが、その手の成績はどうだったんだ?」


創真「どうしたんだ急に?」


緋沙子「いや、それなりの理由もあるのだが、単純な興味が大きい。あまりその手の話をすることがなかったから」


創真「いいわけでも、特別悪いわけでもなかったなー。ベンキョウが嫌いって訳じゃねえぜ」

緋沙子「そうか。今度経営学についてある程度の教授をしたいと思っててな。一人でも困らぬよう詰め込んでおけば何かと助かるだろう」



創真「……え」


緋沙子「創真…?どうした?やはり多少専門的な学問になると億劫か?」


創真「一人でも困らぬようにって…お前何処か行くつもりなのか…?」


緋沙子「…あ」


創真「…何か不都合なことがあんなら謝るしなおす。緋沙子に出ていかれんのは…辛い」


緋沙子「…謝るのは私の方だ。全くそんなつもりで言ったんじゃないんだ。私が創真の元から離れる気なんてない」


創真「そ、っか」


創真「……良かった」ニッコリ


緋沙子(…く、こ、こんなにも幸福感が押し寄せてくるものなのか…ッ//)





15: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/23(水) 00:47:23.93 ID:AcRvCYBO0


『眼鏡』


緋沙子「」ンー


創真「」ヒョコッ

緋沙子「!?お、驚かせるな急に!」


創真「いやー悪い悪い。眼鏡秘書子ちゃんが見えたからついなー」ヘラヘラ


緋沙子「秘書子言うな!あと雑務中だから眼鏡を掛けてるんだろ!わかってて邪魔してるのか!」

創真「いやいやー」


創真「単純に、眼鏡かけた緋沙子が、いつもと違う感じの可愛さで近くで見たくなっちまってよー」


緋沙子「…な、な、…ッ」


――緋沙子ビジョン――


創真「眼鏡かけたお前が可愛くて近づかずにはいられなくてなっ…」キラキラ



緋沙子「」バタン

創真「緋沙子!?」





24: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/23(水) 19:45:43.76 ID:AcRvCYBO0


『占い』


TV「今日の運勢?!」

緋沙子「」ジー


創真「緋沙子ってそういうの見るタイプだっけか?なんかイメージだと鼻で笑ってそうなんだけど」


緋沙子「お前は私を何だと思ってるんだ…。確かに的を射てはいるが…」

創真「あ、やっぱ信じるタイプってわけじゃねえのな」

緋沙子「当たり前だ。こんな何の根拠もない…」


TV「ざんねーん!今日の貴方の運勢、あまり良く事が運びませ?ん…」

緋沙子「」ピクッ

創真「おー残念だったな緋沙子ー。まあこんなん良い時以外なかったことにしときゃいいんだよー」ヘラヘラ


緋沙子「ちょっと黙っていろ。続きが聞こえん」

創真(…思いっきり信じてねえか?)


TV「そんな貴方のラッキーアイテム!ズバリ、気に入ってるTシャツです!でもでもー、ただ着れば良いってものではありませ?ん…。パジャマとして着てみてください!運勢アップ間違いなしです!」


創真(なんかムカつく喋り方だな…)


緋沙子「…創真」

創真「ん?」


緋沙子「ゆきひらのTシャツ…確か余りがあっただろう。…アレを、寝巻きに着ても、構わないか…?」


創真(かわいい)




26: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/23(水) 19:54:20.27 ID:AcRvCYBO0


『パジャマ』


創真(……で、)


緋沙子「な、なんだ…あまりジロジロ見るな!」

創真(緋沙子さんは本当に寝巻きとしてゆきひらTシャツを着てきたわけだが…)


緋沙子「な、なにかおかしい…のか?」ウワメヅカイ


創真(可愛すぎる)

創真(そもそも、一日が終わる夜に着るパジャマがラッキーアイテムって、意味が無い気しかしないけど…もうそんなことはいい)カッ

創真(仕事の時とこうも印象が違うもんなのか…)


緋沙子(うう…やはり馬鹿正直に着るんじゃなかったか…?)


創真「凄い可愛い」ダキッ


緋沙子「ひゃっ!//い、いきなり抱きつくものがあるか!」


創真「そんな格好で上目遣いする緋沙子が悪い」スリスリ


緋沙子「ふわあぁ…////」

緋沙子(う、占いの言っていたのはこういう事なのか!?確かに幸福感は果てしないが、果てしないがあ…//)


創真「お気に入りのTシャツっつってゆきひらTシャツ選んでるところも、すげえ嬉しい」


緋沙子(す、凄く恥ずかしい…//)





27: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/23(水) 20:05:09.19 ID:AcRvCYBO0


『占い2』


TV「ざんねーん!今日の貴方の運勢、あまり良く事が運びませ?ん…」

創真「今度は俺かー」


緋沙子「ああ言った創真はどうなんだ?この手のモノは」

創真「いやー俺は良い時だけ信じるタイプのつもりだぜー」

緋沙子(前回のことを思うと、なんか悔しいというか、腑に落ちん…)


TV「そんな貴方のラッキーアイテム!サラサラの髪の毛です!ちょっと私も何言ってるのかわからないアイテムですがー、でもでもー!だからこそ近くにこれがあれば運勢逆転間違いなし!!」


緋沙子(…こんなアホっぽい内容だったか…?)


創真「あ、まあでも…」


緋沙子「…?なんだ近付いて」


創真「やっぱ悪い時もたまには信じてみるのもアリだな。役得だし」ナデナデ


緋沙子「!!ち、調子に乗るなっ!//」バッ

創真「えー」ブーブー

緋沙子「か、髪の毛くらい…」


緋沙子「そんな口実など無くとも、お前が相手なら好きに触らせてやる…//」


創真(かわいい)





28: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/23(水) 21:53:00.89 ID:AcRvCYBO0


『スポーツ』


~バッティングセンター?

緋沙子「フンッ、」カキーン!

創真「フッ」スカッ


?バドミントン~

緋沙子「フッ!」スパーン!

創真「ふごっ!!」

緋沙子「だ、大丈夫か!?」


?ダーツ?

緋沙子「……」ヒュッ

<マ、マンナカイッタゾ…
<スゲェ…


――――――
――――
――


緋沙子「やはりココはいいな!色んなモノを楽しめる!」キラキラ


創真「…いつも思うけど、緋沙子って何でもできんのか?」


緋沙子「そんなわけがあるか。出来るものをわざと選んでるに決まってるだろう」フフン

創真「少しはカッコつかせろっての…」ハァ





29: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/23(水) 21:58:03.14 ID:AcRvCYBO0



緋沙子「だが、今日のような競技だけに限らず、運動が得意なのは確かだな。創真は既に知っているだろうが」


創真「それはもうある程度分かってっけど、一番得意なモノとかってあんのか?今までは全部綺麗にこなしてるって印象だったけど」


緋沙子「そうだな…意外と体操競技あたりに自信があるかもしれん」


緋沙子「中等部の頃は高等部より一般教養もそれなりの頻度であったからな。体育では良く様々な記録を出したものだ」


創真(…さらっとすげえこと言ってねえか?)


創真「体操かー。イメージが漠然としててなんかパッと浮かばないな」

緋沙子「そこは知名度の問題だろうな。まあ柔軟性が競われる競技だ。どのスポーツだってそうではあるがな」


創真「あーなるほどな。だから緋沙子は色んな体位を」


緋沙子「こ、こここココは家じゃないんだぞ!!何を口走ってるんだお前はあ!!!!」





30: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/23(水) 22:06:33.10 ID:AcRvCYBO0


『裁縫』


緋沙子「」チクチク


創真「いつ見ても器用なもんだよなー。流石秘書子ちゃん」

緋沙子「緋沙子言うな。これくらいなんてことない。マフラーだって編んでやったことがあっただろう」


創真「アレなー。あの時すんごい嬉しかったんだぜ?」ニシシ

緋沙子「そ、そうか…//」


緋沙子(えりな様のお側にと、叩き込んできた諸々がこういった形で役に立つとはな…嬉しいものだ)フフッ


創真「やっぱ、緋沙子はすんごい良い奥さんになるんだろうなー」シミジミ


緋沙子「」プスッ


創真「お、オイ!緋沙子、手!刺さってる!」

緋沙子「!?お、お前が変な事を言うからだろう!」

創真「それは言いがかりだろー」

緋沙子「…幸い傷が浅い。済まない創真、絆創膏を取ってくれないか」


創真「ん。ちょっとその前に、指貸して」

緋沙子「?」

創真「」ペロッ


緋沙子(ぬわぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああああ!!!!////)





32: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/23(水) 22:17:35.40 ID:AcRvCYBO0


『フォーマル』


緋沙子「ほら、シャンとせんか!背筋伸ばす!」

創真「そんなにピシッとしてなくても良くねえかー?招待された側だぜー?」

緋沙子「何を言っている!だからこそキッチリとしていなくてはいけないだろう!」


創真「まーこういう席に呼ばれんのは悪い気しねえよな。お偉いさんとも色々話してみるもんだぜー」ヘラヘラ


緋沙子(この男が多くの著名人から気に入られているとは、全く頭が痛くなる…。料理の腕から考えれば当然ではあるんだが…)ハァ…


創真「じゃ、言われた通りビシッと決めてみますかね」キリッ


緋沙子「」ドキッ


緋沙子(や、やはり顔が整っているからか、こう意識を変えるだけで見違えるな…)ドキドキ

緋沙子(しかし…)


「アラ、あちらムッシュ幸平じゃなくて?」

「あらホントだわ。なんかいつもとは違ったカッコよさが見えません?」

「ああ…やっぱり囲いたい…ッ!」


ザワザワ…


緋沙子(目立たないということはこの男にとっては不可能なのか…っ!)ワナワナ


創真「」キリリッ





33: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/23(水) 22:25:50.51 ID:AcRvCYBO0



『休日』


創真「」グデー

緋沙子「ゴロゴロするな!掃除の邪魔だ!」


創真「秘書子ちゃんは休日でも秘書子ちゃんだよなー」グデー

緋沙子「秘書子言うな!休日だからと言ってそんな怠けた過ごし方、貴様トドになるぞ!」


創真「あー、トドんなって緋沙子に世話してもらうのもいいかもなー」グデー

緋沙子「貴様…」ゴゴゴゴ…


緋沙子「…!」

緋沙子「残念だなー、掃除を手伝ってくれたら、創真が以前言っていた少し高い買い物の話を聞こうと思ったのになー(棒読み)」


創真「マジィ!?やるやる!怠け者はやっぱ良くねえよな!」


緋沙子(…ふふ、目を輝かせて、まるで子どものようだな。こういう可愛い一面も見せるから、面白い)クスッ


緋沙子「それで、少し高い買い物って何だったんだ?前はそれしか聞いてなかったからな」


創真「ん?車」


緋沙子「ふ、ふざけるなー!!」





34: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/23(水) 22:34:53.38 ID:AcRvCYBO0



創真「ほらー、そういう反応すると思ったから伏せておいたんだよー」


緋沙子「か、隠し通せるわけでもなかろうに貴様は馬鹿か!?しかも車なんて何に使うつもりだ!」

創真「免許は結構前に取ってるし、貯金はそこそこあるのも知ってるだろ?ダメかー?」

緋沙子「話を聞け!理由を聞いているだろ!」


創真「だってよー」


創真「車がありゃ、こういう休日にさ、今まで以上に二人で色んなとことか、行けるだろ?」


緋沙子「…!」


創真「それにさ、ああは言ったけど、なんか車買う相談とかも含めて、だんだん『家族』って感覚が出てきて、俺嬉しいんだ」


緋沙子「…くっ//」

創真「もちろん掃除もするしよ。取り敢えず話だけでも聞いてくれねえか?」


緋沙子「そ、創真はズルイ…いつもいつも//」


創真「へへ、褒め言葉だぜ。お姫様」ニシシ





40: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/24(木) 23:17:32.25 ID:t1bq75oU0


『以心伝心』

創真「緋沙子、アレ取ってくれ」

緋沙子「ほら」


緋沙子「幸平、済まないが」

創真「ほらよ」

緋沙子「助かる」


「…もう完全に以心伝心のレベルだよなあ。アレ」

「料理してる時だけだと思ったら全然そんなことないらしいし、もう完全に夫婦のレベルですよ」


緋沙子「〇〇さん?ご冗談ばかりだとまたメニュー制限かけますよ?またいつ健康状態が悪くなるか分からないんですから」


「ハハハ、これは一本取られましたな」

「お嬢ちゃんいつも目が本気なんだよなー。口を謹んどくのが吉かな?」


創真「コイツのメニュー管理下マジ鬼畜っすよ。まだ全然気にする必要無い俺にまでふっかけてくるしさー」


緋沙子「馬鹿を言え。その侮りが手遅れになってしまうことだってあるんだぞ。私はお前の事を思って―――」ガミガミ


創真「あーあー分かってますよーありがたみ感じてます秘書子サマー」



((…冗談じゃなく、ホントさっさと結婚しろよ……))





41: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/24(木) 23:30:58.23 ID:t1bq75oU0


『対決』


創真「…やってきたな。この日が」

緋沙子「ああ…待ちに待ったぞ」


「なんだ…何が始まるんだ?」

「ん…?待てよ、今日って確か…」

「お…!そうだよ今日じゃないか!いやー運がいいですなあ!」


創真緋沙子「「新メニュー出し合い大会!!!」」


「お嬢ちゃんが来てからやるようになったコレ、出されたメニューをその場で俺達が試食、しかも意見を色々出せる。ってのは、最初の時は衝撃的でしたなー」


「まあ意見と言っても、どちらの料理も美味しすぎて、出てくる感想の多様性が全く無いのが情けない限りですが」タハハ


創真「今回"も"、俺のメニューが載るのを皆楽しみに待ってろよー!」


緋沙子「貴様…そんなに公衆の前で恥をかきたいらしいな…」ゴゴゴゴ…

創真「あっれぇ??前回もそう言っておいて結局涙目で『負けました…』って言ったのはどっちだったっけえ????」


緋沙子「貴様ーーー!!!」


「…出し合いの前のコレも、もう様式美となりましたよね」

「僕はとっくに慣れましたよ」ハハハ







43: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/24(木) 23:50:22.45 ID:t1bq75oU0



『童話』


?本屋?

創真「お、見ろよ緋沙子、またタクミ達雑誌に載ってるぜ」

創真「…緋沙子?」クルッ


シーン


緋沙子「………」


創真「居ねえと思ったらこんなとこに。どうしたんだ?…童話?」

緋沙子「ああいや…昔よく読んだことを思い出して、少し懐かしく思ってしまってな。勝手に足を止めてしまって済まない」


創真「へー、緋沙子こういう話好きだったんだなー」


緋沙子「ああ…ファンタジーな話が当時はどうも気に入っていてな…また読んでみようか」


創真「…!」ピコーン


創真「童話と言えばよ、緋沙子知ってるか?」

緋沙子「何をだ?」

創真「いやー、いわゆる"本当のグリム童話"ってヤツなんだけどさ?」

緋沙子「…?」



―――夜


緋沙子「創真…今日はお前に抱きついて寝る。文句は言わせん」


創真「えーなんでー?いつも使ってる抱き枕でいいじゃんかよー」ニヤニヤ


緋沙子「うるさい!!誰のせいだと思ってる!!」ナミダメ







50: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/27(日) 22:08:17.90 ID:QX5f/fvH0


『耳掻き』


創真「ん…耳がムズムズすんなあ」


緋沙子「そう言えば久しく耳掻きをしていなかったな。ほれ、やってやる」ポンポン


創真「いやー悪いなー。なんかこういうの自分でだといつも先延ばしにしちまってよ。じゃ、失礼して…」


創真「耳掻きやってもらう上に緋沙子の膝枕堪能できるとか、いやー我ながら役得役得」ヘラヘラ

緋沙子「口を動かすな。耳が傷ついても知らんぞ」


創真「と、言いながらいつもいつも優しく耳掃除してくれる秘書子ちゃん」


緋沙子「秘書子言うな。…創真の耳掻きをするのは結構好きだからな」


創真「へー。面倒に思われたりしてなくてちょっと安心だわ」

緋沙子「この程度のことで面倒がるものか。それに、こうしてお前を見下す構図と言うのは、存外悪くない」フッフッフ


創真「ベッドの上じゃそんな余裕ねえもんな」ケラケラ


緋沙子「貴様は余計な一言を控えるということができんのか!!?//」





51: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/27(日) 22:09:48.77 ID:QX5f/fvH0


『ギャンブル』


創真「んー…。コッチ、コッチだろ!」


「だあー!!また負けたあああ…」

「ごめんなさいねえ緋沙子ちゃん。夫ったらたまーに、こうしてトランプを使ったゲームを創真ちゃんに挑みたがって聞かなくて…」


緋沙子「いえいえ。構いませんよ。今はちょうど店内も落ち着いてますし」ニコニコ


「しっかし、前々から創真ちゃんは賭け事が強い!あの百戦錬磨に、どーやったら一泡吹かせられるかな?」ムムム…


緋沙子「」ピクッ

創真「またまた、〇〇さんが弱いだけじゃないすか??」

「言ったな!!よしもう一度だ…!」


緋沙子「………」



――――――


緋沙子「創真、話がある」

創真「んー?どうしたよ」


緋沙子「前々から賭け事に強い、百戦錬磨、…どういうことか説明願おうか」ゴゴゴゴ


創真「」






52: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/27(日) 22:11:22.01 ID:QX5f/fvH0



緋沙子「小さい頃のお遊び?」

創真「そ。結構前からあのお客だけじゃなくて、色んな人からああやって遊んでもらったりしてな。ガキん頃から親父の手伝いしてたから」


緋沙子「そ、そうか…また私の早とちりか…」ズーン


創真「おお…今度はそんな落ち込み方までするようになったか…」

創真「大丈夫大丈夫。ゆきひらと緋沙子、こうやって守りたいものがある内は、リスクの高い勝負なんてしやしねえって」


緋沙子「…!」

緋沙子「そ、そう―――」

緋沙子(…だなと言えない…。コイツが何度無謀な食戟をしてきたか、今思い出しただけでも…)クラッ


創真「ただこの手の遊びが嫌いじゃないのも確かだからなー、緋沙子も一つ、シンプルで楽しいゲームやってみるか?」


緋沙子「…ゲームで済んでる内は、とやかく言わないのが得策か。何をやるつもりだ?」


創真「野球拳」


緋沙子「」






53: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/27(日) 22:14:35.89 ID:QX5f/fvH0

『カラオケ』


緋沙子「……」キョロキョロ

創真「お、久々に見たな緋沙子名物」

緋沙子「…なんだそれは」

創真「緋沙子って初めて来た場所とかだと異様にキョロキョロしだすよなーわかりやすすぎるぜ」ケラケラ


緋沙子「し、仕方いだろう!我々遠月出の者はこういった俗世に触れる頻度が少ないんだ!」


創真「いつの時代のどこの国だよ…そんなん薙切んとこにしょっちゅう仕えてた緋沙子と薙切本人くらいだっての…」


創真「ま、そんなことは置いといて歌おうぜ。俺もカラオケくんの久々だなー」ピコピコ

緋沙子「ほう…機械での操作なのだな…」

緋沙子(フフ…コイツ、よく風呂場で鼻歌を歌うのを耳にするがどれもふざけた曲ばかり…下手であればどうからかってやろうか…)


創真「???♪???♪♪」


緋沙子「な……ッ!」


創真「…っと。やっぱ久々に歌うとあんまし良く歌えねえなあ。…どうした緋沙子」


緋沙子「な、なんでもない…」ドキドキ


緋沙子(こ、コイツ…なんて色っぽく、かつ上手に歌うんだ…!?)ドキドキ





54: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/27(日) 22:16:04.58 ID:QX5f/fvH0

『花』

緋沙子「♪」フフーン

創真「鼻歌交じりにどうしたんだ?」

緋沙子「先程来客なさっていた〇〇さんにお花を頂いてな」

創真「そんな上機嫌になるなんて珍しいなー。花なんて海外いた頃にゃわんさか貰ってたじゃねえか。…男の客とかスタッフに」ムスッ


緋沙子「珍しい、嫉妬か?」

創真「…あんだけモテてりゃ嫉妬もするっつーの」プイッ


緋沙子「勿論花が好きというのもある。ただ、今日いただいた花が、遠月の頃お前に貰った花と一緒だったからな…」


創真「あ…!花あげたなそういや。よく覚えてんな?緋沙子」


緋沙子「当たり前だ。わ、忘れるわけがないだろう。大切な…思い出だ//」


創真「……久々に、一本取られた」ギュッ


緋沙子「フフ…//」





55: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/27(日) 22:23:52.96 ID:QX5f/fvH0

『友達』


創真「緋沙子ってさ、友達いんの?」

緋沙子「…喧嘩を売っているのか?」

創真「いや、単純に気になっただけだけど」

緋沙子「普通、その手の質問はストレートにいかないものだろうに…」ハァ

創真「だって緋沙子が薙切以外のヤツといるとこあんま見たことねえからさー。ちょっと心配してたんだぜ?」


緋沙子「心配されずとも大丈夫だ。その…極星寮の方々と…仲良くさせていただいてるしな」

創真「えーなんだよそれ、俺初めて聞いたぜー?」

緋沙子「割と以前から、吉野さんや榊さん、水戸さんに田所さんとも仲良くしていたが…」


創真「俺が知らなかっただけか。心配が杞憂に終わったんだしまあいいんだけどよ。なんか意外だなー」

緋沙子「…そんなに私は人付き合いに劣っていると言いたいのか貴様は?」ピキピキ


創真「そうじゃねえって。なんかこう、吉野とか榊は想像つくんだけどさ、田所と肉魅とはあんま仲良くっつーか、気まずそうにしてなかったっけか?」


緋沙子(コイツは…誰が原因だと思ってるんだか…)


緋沙子「創真がそんな感じだから、仲良くなれたのかもな…」ハァ


創真「?」






56: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/27(日) 22:25:27.88 ID:QX5f/fvH0


『友達2』


緋沙子「そういう創真は誰とでも仲良さそうだな。海外でも女性の友人が多かったっけなあ?」

創真「僻むなよー。しかも俺、そんな思われてるほど交友関係広くないぜ?」


緋沙子「む…そうなのか?」

創真「そりゃ今でも極星寮の奴らとか葉山とかタクミとか黒木場とか、飯行ったりする仲いい連中もいるけどさ」


創真「やっぱ、一番緋沙子と一緒に時間を過ごしてたいからな」


緋沙子「…っ、も、もう慣れだしてるからな私も!」

創真「冗談なんかじゃないぜー?海外でなんてオフの日緋沙子以外と遊んだ覚えないし」


緋沙子「…四宮シェフは」


創真「あの人は師匠だからノーカンノーカン!」


緋沙子「四宮シェフを連れて帰ってきた時は心臓が止まるかと思ったぞ…」





57: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/27(日) 22:27:03.59 ID:QX5f/fvH0


創真の呼び方にくみでしたね…スミマセン。

『イケメン』


TV「イケメン特集?!!今日はいつも以上の大厳選!!皆様の目の保養にいかがですか??」


緋沙子「…本当に大厳選しているのかコレは?しかしゲストらは絶賛の嵐、か…」

緋沙子「うーむ…。やはりパッとしない。…比較など無粋だが、どの男よりも創真の方が幾分も…」ハッ!


緋沙子「わ、わわわ私は何を口走っているのだ!?確かにアレの顔は整ってはいるかもしれないが…!」


緋沙子「…少し創真に毒されすぎているだけだ。うん。そうに違いない」ウンウン


創真「えーそれ俺のせいかよー」


緋沙子「な…ッ!貴様いつ戻ってきたんだ!と、というかどこから聞いていた!?」


創真「割と最初から」


緋沙子「???ッ!」

創真「それはそうと、緋沙子様は俺がカッコよく見えちゃうくらい毒されてるらしいッスね」


緋沙子「言うな!忘れろ!!」


創真「試してみる?今晩」グイッ


緋沙子「あ…」


緋沙子「お、お手柔らかにたのむ…//」






58: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/27(日) 22:32:11.38 ID:QX5f/fvH0


『心配症』


創真「緋沙子ー、この前入ったワイン開けてみねー?」

緋沙子「ダメだ!お前は少し予算というものを気にしろ!」

創真(…ウチ結構余裕あるんだけどなあ…金のことになるとこうだもんなあ)

創真「緋沙子の心配症って昔よりちょっと強くなった気がするんだけど、これ俺の気のせい?」

緋沙子「…気のせい、でもないかもしれんな」

創真「あれ、サラッと認めるんだな」


緋沙子「その…なんだ。こうして共に店を経営させてもらっている以上、もう一人だけの問題ではないだろう。お互いに」


創真「…最近抵抗なくデレるようになったよなーいやー可愛い可愛い」ナデナデ


緋沙子「くっ…//私だっていつまでも子供なわけではない!」


創真「わかってますわかってます。たださー、ちっとばかしでもその心配症弱めるのも大人の余裕ってもんだと思うんだよなー」


緋沙子「はあ…仕方ない。量は弁えろよ?明日だって店はある」


創真「おう!あったりめーよ!」





59: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/27(日) 22:34:40.50 ID:QX5f/fvH0


『お酒』


緋沙子「…………」

創真「なあ緋沙子ー構ってくれよ緋沙子ー」スリスリ

緋沙子「…コイツ、多少量が増えたくらいでここまで酔うほどだったか…?」

創真「…?そんな酔ってる感覚ねえけどな?」

緋沙子「酔っ払いは誰でもそう言うんだ…」

創真「…あー、でもなんか師匠から『お前はもうワインを多めに飲むな』とか言われたっけな?」ケラケラ


緋沙子(…酒ではいつもコイツに負かされたりといった記憶くらいしかないから、なんだかコレは貴重な機会なんじゃないか…?)


創真「…無視するなよ緋沙子ぉ」フウッ


緋沙子「ひゃっ!?//…いきなり耳に息を吹きかけるな!!」

創真「…緋沙子、たまには自分から甘えてきてくれよお」

緋沙子「な、い、いきなり何を…!?」


創真「…ダメか?」


緋沙子(…コ、コイツは、酔ったら酔ったでこんなか弱い乙女のようなことをペラペラと…ッ//)

緋沙子(……あれ?四宮シェフがワインへの注意を促してたということは…。……あれ?)



四宮「ぶえっくしッ」

乾「ブハハハハハ!!なんですか小次郎さんそのくしゃみ!!」ケラケラ

四宮「テメェヒナコ…ウチから追い出すぞ」メリメリ

乾「ご、ごべんなざい」ジタバタ





60: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/27(日) 22:49:52.95 ID:QX5f/fvH0


『猫』


緋沙子「……?」

「」ナーオ

緋沙子「…!」

緋沙子「」チチチ…


「………」

「」トコトコ


緋沙子「!!」

「」スリスリ


緋沙子「???ッ//」


緋沙子「………」

緋沙子「なーお」

「」ナーオ

緋沙子「…//」


緋沙子「にゃー」

「」ニャー



創真「なーお」

緋沙子「なーお」

「」ナーオ

緋沙子「にゃー…」ハッ


緋沙子「!!!」バッ

創真「」ニヤニヤ

緋沙子「?????ッ!!!」




61: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/27(日) 23:01:05.37 ID:QX5f/fvH0


『子供』

創真「なぁー緋沙子」

緋沙子「なんだ」

創真「子供の人数、何人がベストだと思う?」


緋沙子「」

創真「緋沙子?」


緋沙子「な…な、なな、」パクパク

創真(…アレ?俺なんかしくじった?)


緋沙子「や、やはり…二人くらいが…いいんじゃ、ないか……?」マッカッカ

創真「えー、それいくらなんでも少なすぎねえか…?」


緋沙子「な…!?お、お前、かかか、仮にそうなるにしても、少しは私の身にも…//」ゴニョゴニョ


創真「…?」





62: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/27(日) 23:10:24.21 ID:QX5f/fvH0



緋沙子「…ちなみに、あくまで、あくまで参考として、創真は何人くらいを考えてるんだ…?」


創真「えー、やっぱ十人くらいは」

緋沙子「!?!!?!?!???!?」

創真「…さっきからどうしたんだ?」

緋沙子「な、なんでもない…いや、全くなんでもなくない…全くなんでもなくないんだが…」フルフル

創真「やっぱなるべく多くしてえよなー。こども料理教室」


緋沙子「……何?」

創真「へ?何って、何が?」

緋沙子「こども料理教室…?」

創真「あれ?ゆきひらでちょっくらやることになったって言わなかったっけ?」


緋沙子「…聞いてないわたわけ!」バシーン

創真「なんで!??」





63: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/27(日) 23:20:31.46 ID:QX5f/fvH0


『髪型』

緋沙子「創真は、ロングヘアとショートヘア、どちらが好きだ?」


創真「え?なんだ髪型変えんのか?」

緋沙子「いや、特にそのつもりはないが、なんとなく聞いてみたくなってな」


創真「おーちょっと一安心だわ」

緋沙子「な、何故だ?」

創真「何故ってそりゃ、今のままの緋沙子が凄い可愛いから」

緋沙子「…くっ//」


創真「あ…、でも」


緋沙子「?」


創真「風呂上りとかに少し濡れた長い髪が緋沙子の肩とか胸とかにいい具合に絡むのもまたいいかもn」

緋沙子「聞いた私が馬鹿だった」グググ





64: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/27(日) 23:31:39.90 ID:QX5f/fvH0


『水族館』

緋沙子「………」キョロキョロ

創真「お、緋沙子名物」

緋沙子「…別にココは初めて来た場所ではない。色々と知識を広げられる場所だからな。目が泳いでしまうんだ」


創真(なーんか思ってたのと違うなー。ま、退屈されるよりはいっかー)


緋沙子「ん…やはり色々な体系があるから勉強になる。解剖とかには特に」ブツブツ


「ねーねーおかーさーん。かいぼーってなーに?」

「シッ!見ちゃいけません!」


創真(…良くない気がしてきた)


緋沙子「フフフ♪」





65: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/27(日) 23:34:53.90 ID:QX5f/fvH0


『顔文字』


{買い出しが終わったので今から帰る。


      おーう。気をつけてな(´∀`*)}


{む、なんだその顔文字は。可愛いな。

{(´∀`*)


 …なんだか緋沙子が顔文字使うと怖いな}


{な!それはどういう意味だ!(´∀`*)


            明らかに使い方おかしいぞ…どんだけ気に入ってんだ(・_・)}


{これ可愛い(´∀`*)



創真「………」


創真「口角上げながらこの絵文字使ってるんだろうなと思うと、そっちのが何倍も可愛いな」





66: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/27(日) 23:41:15.77 ID:QX5f/fvH0



『マスコット』


創真「」ウーン

緋沙子「何を考え事してる。手を動かさんか」


創真「いやよー。ゆきひらにマスコットキャラみてえなの作ってみようかなーって」

緋沙子「…どうしたまた」

創真「お前も知ってるだろー?薙切アリスの会社の猟犬っぽいマスコットよーあれめちゃくちゃ人気じゃん?」


緋沙子「ああ…あの人のやりそうなことだ。で、それに張り合おうと」


創真「いや、ただの気分だけど」

緋沙子「」ハァ


創真「お、閃いた!」

緋沙子「…ほう」


創真「この猫耳を緋沙子に付けて…」


緋沙子「ふざけるな!それにいつそんなものを!!」





67: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/27(日) 23:42:55.68 ID:QX5f/fvH0


『黒歴史』


創真「おっかしーなー、確かこの変に置いといた…ん?」

創真「なんだこれ…日記?とはちょっと違う感じだな…緋沙子のだよな。これ」

創真「……わり緋沙子。気になる」ペラッ

創真「………!」



緋沙子「創真ー。風呂先にするかー?」

創真「んー。"紅艶の鎌"さんに任せるぜー」


緋沙子「………ん?」

創真「どうしたー?」ニコニコ

緋沙子「な、なな、なぜ、何故貴様がソレを!??!?」


創真「ファンタジーが好きって、そういう意味があったんだなー。いやー気づかなくてわりいわりい」ヘラヘラ


緋沙子「頼む!すぐ忘れろ!それだけは忘れてくれ!!!」

創真「えーなんでだよー。孤高の女王の武器になる鎌とかかっけえじゃーん」ヘラヘラ


緋沙子「やめてくれえええええ!!!!」





68: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/27(日) 23:46:41.94 ID:QX5f/fvH0


『アルバム』

緋沙子「以前はとんでもない目にあった…よりによってあの黒歴史を掘り起こすなど…ッ!」


緋沙子「と、言うわけで創真にもあの手の思い出したくない思い出があるだろうと、私はアルバムを掘り起こしたわけだが…」


緋沙子「……」ペラッ

緋沙子「……」ペラッ


ショタ創真「」ビエーン

ショタ創真「」ニコニコ


緋沙子(か、可愛すぎる……ッ!)

緋沙子「特にこの写真など瞼に涙を沢山ためて…。お父上と喧嘩でもしたのか…?」


創真「うっわ懐かしいなーオイ。これ親父と一番最初に料理対決した時のじゃん!」

緋沙子「ほう…こんな時分から料理対決を……」ハッ


緋沙子「………」ワナワナ

創真「で、俺の弱み掴めた?」


緋沙子「こ、コイツ最初から…ッ!//」





71: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/27(日) 23:51:54.31 ID:QX5f/fvH0


『ギター』

創真「よ、っと」

緋沙子「…なんだそれは」

創真「ギター」

緋沙子「…その手の大きなものは買う前に相談するはずだったが」

創真「あー違う違う。これ師匠から貰ったんだよ」

緋沙子「し、四宮シェフから…!?」

創真「『俺が使ったギターなんてプレミアもん、ありがたく受け取るんだな』とか言われちまった。昔から割と冗談言うんだよなーあの人」ヘラヘラ

緋沙子(いや…それは全く冗談じゃないと思うが…)

緋沙子「認めたくはないが…創真は歌が上手かったからな。ギターも嗜んでいたのか」

創真「師匠ほど上手くはねえけどちょっとだけなー」

緋沙子「…弾き語りというやつを、聴かせてはくれないか?」

創真「よっし!任せな!」


――――――

緋沙子「……」パチパチ

創真「おうおう、拍手なんてよせやい」テレテレ

緋沙子「いや…本当に、良かった。また聴かせてくれ」ニッコリ

創真「…お、おう……//」







72: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/27(日) 23:58:27.99 ID:QX5f/fvH0


『浮気』

緋沙子(む、あの気の抜けた姿勢、創真じゃないか。フフ、声を掛けて一緒に…ん?)


創真「???」ヘラヘラ

少女「――!――!!」

創真「…」ウーン

創真「」ナデナデ

少女「…!!//」


緋沙子「!!!!」



創真「ただいまーっと…!?」

緋沙子「……何しに帰ってきた」グスッ

創真「なんで泣いてんだ緋沙子!?…またゴキブリか?」

緋沙子「…浮気だ」

創真「…はい?」

緋沙子「さっきの金髪ロングの女子高生!アレは誰だ」

創真「…あー」

緋沙子「…!やっぱり、何か、やましいこと…がっ」ウルウル

創真「ちげえって!!あの子そんなんじゃねえししかも中学生だし!取り敢えず話聞いてくれ!」

緋沙子「」グスッ





73: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/28(月) 00:00:19.16 ID:AkQolAFB0



創真「――と、いうわけだ」

緋沙子「今度の料理教室の依頼主のお子さん…かつ、創真が高一の時分に料理教室を行った際に通っていた子…か」


緋沙子「私は二度も、二度も料理教室絡みで独り相撲を…」ワナワナ

創真「ん?二度?」

緋沙子「なんでもない!!」


創真「アイツも――名前花音って言うんだけどよ、料理教室で教える側で参加するらしくてさー」

緋沙子(しかし…コイツは相変わらずだが、あの少女の表情…完全な独り相撲とは言えんかもな…)

緋沙子「だからと言って、あ、頭まで撫でることはないだろうに…」ゴニョゴニョ


創真「ありゃ、そんな所まで」

緋沙子「アレか!?制服か!やはり男は女子の制服に堕とされるというヤツなのか!?」

創真「落ち着けって。そうだなー緋沙子の制服姿なら久々に超拝みてえなー」ヘラヘラ

緋沙子「」ワナワナ


創真(やべ、少し調子乗りすぎたか?)


緋沙子「お、お前が、どうしてもと、言うなら…//」

創真「マジ!?!?」





74: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/28(月) 00:07:17.22 ID:AkQolAFB0


『制服』

創真「…なんで俺まで着替えさせられたんだ?」

緋沙子「私だけというのは不公平だ!…少し前まで毎日袖を通していたモノなのに、何か不思議な気持ちだな…」


創真「おお…」

緋沙子「…お、お前がどうしてもと言うから着てやってるんだ。何か、感想は無いのか…!」

創真「ぶっちゃけめちゃくちゃ抱きたい」

緋沙子「だっ…!//」ボフン


創真「うん…確かに制服ヤベーな。威力半端ねえ」

緋沙子「そ、創真もなんだ…そこそこ、そこそこ!カッコイイ…ぞ」モジモジ

創真「あーもう可愛いなあ!」ギュッ

緋沙子「キャッ!」


創真「それに、凄い遠月の頃が懐かしく思えて、なんか幸せだ」

緋沙子「……フフ、私もだよ。創真」ニッコリ





85: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/29(火) 23:25:33.08 ID:d6wSZcr70


『ぎっくり腰』


創真「緋沙子ー、なんか薙切の家から電話来てんだけど」

緋沙子「な!えりな様から!?い、いいい一体どうされたというのだ…!」ウキウキ

創真(…薙切に嫉妬ってなかなか見苦しいな俺)

緋沙子「――はい、ハイ。―――え?」

創真「緋沙子?」

緋沙子「」サァーッ

創真「緋沙子!?」


――――――


えりな「……なんで幸平君まで居るのかしら?」ワナワナ

緋沙子「スミマセンえりな様…」

えりな「ど、どうして緋沙子が謝るのよ!」アワアワ


創真「えりな様がお倒れに!お倒れに!!って泣いて抱きついてきたんだもんよー仕方なくねえ?」

えりな「…………」

緋沙子「……//」カァーッ

創真「それにしても、あの薙切が、まさか、ぎっくり腰…ププッ」

えりな「緋沙子に免じて入室の許可を出しましたが撤回します!!今すぐ出ていきなさい!!」

創真「しかも味見役途中だったんだろ?審査頼んだトコ気まづくてもう連絡してこねえんじゃね?」ケラケラ

えりな「貴方ねーーー!!!」


緋沙子(も、申し訳ございませんえりな様…想像したら笑いが…)プルプル





86: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/29(火) 23:34:51.61 ID:d6wSZcr70


『ぬいぐるみ』


創真「緋沙子ーいるー?」

緋沙子「…同じ家に暮らしていてその質問はどうかと思うが」

創真「居た居た、はいこれプレゼント」


ぬいぐるみ「」デデーン


緋沙子「…なんだこれは」

創真「なにって、ぬいぐるみだよ」


緋沙子「…どうして私にぬいぐるみなど」


創真「え?いや緋沙子ぬいぐるみ好きだろ?」


緋沙子(バ、バカな…!?あの黒歴史共々、恥ずかしいからと長きに渡り秘密にしてきた情報…ッ!現に創真宅にお邪魔してから私のぬいぐるみは持ってきていない!な、何故……)

緋沙子「フッ、私がぬいぐるみだと?何をバカなことを…」


創真「へー、じゃあ緋沙子は薙切を嘘つき呼ばわりするってことだなー」

緋沙子「…なに?」


創真「あの娘は隠したがるでしょうけど、実はぬいぐるみが好きなのよ。貴方のセンス自体は疑わしいけど、選んであげたらきっと喜ぶわ」

創真「って、こないだの時に。どーせなら高校の時に教えてくれても良かったのになー」ヘラヘラ


緋沙子(嗚呼…よりによってえりな様…お怨みします…ですがどうかお大事に!!)





87: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/29(火) 23:44:40.55 ID:d6wSZcr70


『買い物』


緋沙子(やはり都会の中心駅だけあって人の数が凄いな…)

創真『いやー悪いなーおつかい頼んじまってー』ヘラヘラ


緋沙子(創真には創真の用事があったから仕方ないものの、本音を言えば、こういった街に二人で出掛けたくも…)ハッ


緋沙子()ブンブン

緋沙子(さ、さっさと用を済ませてしまおう!!)


?デパート?


緋沙子(ほう…ほう!!)


緋沙子(ここは品揃えが凄い…その内にと思っていた諸々もここで揃えてしま…!!)

ぬいぐるみ「」

緋沙子(く…こ、この愛くるしさは…ッ!?)


ぬいぐるみ「」

緋沙子(駄目だ…何よりサイズが問題だ…こんな余計な買い物をする訳には…いやしかしッ!!)ワナワナ


緋沙子(ハッ!私はぬいぐるみ好きがバレた途端になんだこの意思の弱さは!!な、ならん…こんな軟弱な…ッ!)


「おい…なんかあの人目がヤバクねえか…?」

「バ、バカ!!目ェ合ったらどうすんだ!!」


緋沙子「」ブツブツ






88: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/29(火) 23:49:56.07 ID:d6wSZcr70


『スカウト』

緋沙子(私は我慢した…!私は我慢したぞ…ッ!!)

緋沙子(それに、確かに愛くるしくはあったが、創真から貰ったぬいぐるみさえあれば私は満足だしな…)フフッ

「あのー…。ちょっとよろしいですか…?」


緋沙子「はい?」


――――――


創真「…ちょっと帰ってくるの遅えなーって思ったら、まさか、なあ」


緋沙子「…何が言いたい」

創真「店出た時とは違う服着てるし、何より、スカウト、かー」


緋沙子「わ、笑いたければ笑えばいいだろ!」


創真「まさか、可愛さ再確認してんのになんで笑うんだよ」

緋沙子「かわ…!……へ、変じゃないか…?」

創真「そんな疑問気味に聞かなくても分かってるくせに」


緋沙子「こ、こういうのは、…その、口に出してほしいものだろう//」





89: ◆4Bt2FH9jXc 2015/09/29(火) 23:51:45.72 ID:d6wSZcr70



創真「それで、流してたけどどんな感じだったんだよスカウトって」


緋沙子「モデルを強く勧められたんだ…何度も断ったんだが、ならせめてコーディネートをさせてもらえないか…と」

創真「それで見たことない服着てるって訳だなー。…アレ、金は?」


緋沙子「コーディネートさせてもらえるならそんなもの要りません!!と言われてしまって…」

創真「どんだけ気に入られたんだよお前…しかもそれ職権乱用なんじゃ…」


創真「…ただ、そのスカウトには感謝しねえとな。別に着飾んなくたって可愛いけどよ。新鮮な緋沙子が見れたしな」ニシシ

緋沙子「……!!」


『お二人でお店を経営してらっしゃるんでしょ?その男の人も、貴方がより可愛く美しく見えるに違いないと思うの!!コーディネートだけでも!コーディネートだけでも…!!』


緋沙子「…フフッ」

創真「おー、オシャレ緋沙子の笑いはなんか妖艶だなあ」


緋沙子「小馬鹿にするな。今思うと、随分と変なスカウトにあったものだ」フフ


緋沙子(これは、私も感謝しなければな…♪)





95: ◆4Bt2FH9jXc 2015/10/04(日) 23:18:14.47 ID:PIrI/9XO0


『写真』


創真「俺って高校の時こんな写真撮ってたっけー?」ペラッ

緋沙子「散々目立っておいて何を今更…。こうしてアルバムが埋まる程度には撮られたり撮ったり…」

創真「ん?撮ったり?」

緋沙子「な、ななな何でもない!!!」


創真「…よく薙切と写ってんなー俺。アイツ殆ど怒ってる顔してっけど」


緋沙子「……」ムッ

創真「あ、薙切に言っちまおーお前に嫉妬してたって」

緋沙子「や、やめんか!それに誰が嫉妬など!」


創真「つーか薙切が写ってりゃ必然的に緋沙子も写ってる率高えしな。秘書子ちゃんの時も可愛いぜ」ケラケラ


緋沙子(…スタジエール以前と後で、こんなにも私の表情に違いがあるんだな。改めて、創真には感謝、しないとな…//)


創真(…なんかやたら貞塚も写ってる率高えんだけど、なんでだー?)





96: ◆4Bt2FH9jXc 2015/10/04(日) 23:23:24.48 ID:PIrI/9XO0


『身長』

緋沙子「こうして写真と見比べてみると、やはり創真は身長が大分伸びたな…」

創真「へへっ、中学で止まっちまったかなーって思ってたけどな、ラッキーラッキー」


緋沙子(高校の創真を見てると、当時は無かった可愛いなどという感情すら生まれる始末だ…)


創真「海外行ってなんか一回りデカくなれた気もするしなあ。どう俺?カッコよくなった?」

緋沙子「な!こ、答えるかそんな質問!!」

創真「えーいいじゃんかよー」


緋沙子「……か、」

創真「か?」

緋沙子「カッコよく、なったと、おもう…//」

創真「緋沙子は何時でも可愛いなー」スリスリ

緋沙子「く、くっつき過ぎだ!!//」





97: ◆4Bt2FH9jXc 2015/10/04(日) 23:25:27.64 ID:PIrI/9XO0



『ゆきひら』

緋沙子「お父上とゆきひらを経営していた時はどんな感じだったんだ?」

創真「おー、そう言えばあんま話題になんなかったっけなあ」


緋沙子「ゆきひらにこうして二人で居を構えてからはまだ一年しか経ってないからな。以前のゆきひらも、少し気になってきたんだ」


創真「緋沙子も立派なゆきひらの一員になってくれて嬉しいなー」ナデナデ

緋沙子「やめんか!!」バッ


緋沙子「そ、それに、その言い方では少し含みを勘ぐってしまうだろう…//」ブツブツ


創真「んー、あんまり今と変わんないけど、ただ昔以上に新規の客は凄い増えたよなー。まあそういう風になるように二人で色々変えたんだけどよ」


緋沙子「お父上の作り上げたものに泥を塗ってしまうのではないかと、あの時は悩んだものだ…」

創真「平気だって言ったろー?」


緋沙子「お前と会ったばかりの時に大衆食堂などと馬鹿にしていたのが懐かしい。あのままの狭い視野でなくて本当に良かった」


創真「最近の緋沙子はお客さんの前で凄い優しい顔すんもんなー。あ、最初の頃のガチガチ顔も可愛かったっけ」


緋沙子「緊張していたんだから仕方ないだろう!//」





98: ◆4Bt2FH9jXc 2015/10/04(日) 23:29:24.44 ID:PIrI/9XO0


『マッサージ』


創真「おー、っ、効く効く…ッ」

緋沙子「少し放っておけばこうやって疲れを溜めて…だから定期的にやってやると言うんだ」グググ


創真「いやー、さ!そ、それは悪いかなーって、イタタッ」

緋沙子「悪いものか。…それか、あまり気持ちよくないか?だとしたら…」

創真「あーそれは無いわ。これ超好きだし」

緋沙子「…なら何故」

創真「んー…と」


創真「腰とかやってくれてる時にこう前かがみになんだろ?」

緋沙子「?ああ。その方が力が入るからな」

創真「…アレ、胸が当たるからさ、色々我慢すんの大変なんだわ」ポリポリ


緋沙子「………」

緋沙子「!!」ボフン

創真「ほら、緋沙子はこうなるし」

緋沙子「………その、」


緋沙子「…そ、その、続きだって、付き合ってやるさ…//」カァーッ


創真「…ごめん。もう無理」ガバッ


緋沙子「キャッ!//」





99: ◆4Bt2FH9jXc 2015/10/04(日) 23:35:40.48 ID:PIrI/9XO0


『修行』


創真「があー!アイデア出てこねえ!!」

緋沙子「ひと息ついたらどうだ。…言うこと聞かないのは分かってるが」


創真「…やっぱアレやって頭真っ白にしてえけど、出来れば年始にやりてえし久我先輩も時間作れねえだろうし…」ブツブツ


緋沙子「……久我先輩?」

創真「おー、ちょっと修行したりすんだよー」


緋沙子「…そんな話初めて聞いたが」


創真「ほら、俺今年の年始ちょっと席外したじゃん?そん時にな」


緋沙子「一日空けると突然言い出したと思えば久我先輩と一緒だったのか!?」

創真「…流石に男相手に嫉妬は」

緋沙子「そんなわけあるか!単純に驚いているだけだ!!」


緋沙子「なんでまた久我先輩と…しかも修行って何をしたんだ…」


創真「護摩行」


緋沙子「」





104: ◆4Bt2FH9jXc 2015/10/23(金) 21:48:00.29 ID:RckSdG3v0


『マイカー』


車「」ピカピカ


創真「おお…!」キラキラ

緋沙子(…散々億劫だったこの買い物も、そんな顔をされれば一気に億劫な気分も晴れてしまったな)


創真「やっぱマイカーっていいな!お、見ろよ緋沙子ここなんてよー―――」

緋沙子「はしゃぎすぎだ。誤って何処かに傷をつけてしまったらどうする」


創真「こんなんどうしてもテンション上がるって!緋沙子が大きめの車買っていいって言ってくれたのも意外だったしよー」

緋沙子「」ギクッ

創真「…ん?なんかワケでもあったのか?」


緋沙子「…そ、その…」ゴニョゴニョ


創真(あ、これ可愛いパターンのヤツだ)


緋沙子「か、仮の話だが!!何人世帯になるのかもわからんことだし大きめの車を考慮しただけだ!仮の話だが!!」マッカッカ


創真(超可愛い)





105: ◆4Bt2FH9jXc 2015/10/23(金) 21:51:56.95 ID:RckSdG3v0


『ストラップ』


創真「あれ?ウチ用の鍵に付けてたストラップが…」

緋沙子「糸が解れて何処かに落としてしまったか…鍵本体が無事だったのが不幸中の幸いだな」

創真「んー。結構長く使ってたからちょっと残念だなー」

緋沙子(創真は想像以上に物を大切に使い続ける節があるからなおのこと…か)

緋沙子「落ち込むな…とは言えんが、私が替えを用意しておこう」

創真「…じゃあお願いするわ。手作り?」

緋沙子「一応そのつもりだが」

創真「……!」ピコーン

創真「リクエストしてもいい?」

緋沙子「…?」


―――――


ミニひさこ「」プラーン

創真「うっわー、すっげえクオリティ」ツンツン

緋沙子「ほ、本当にソレを付けるつもりか…?」

創真「いや、こんなカワイイの使わない手はないだろ」

緋沙子「そ、そうか…」

緋沙子(モチーフとなったぬいぐるみへの褒め言葉にすら喜びを覚えるなんて…もう末期だ…)ズーン

ミニひさこ「」プラーン





106: ◆4Bt2FH9jXc 2015/10/23(金) 21:54:52.74 ID:RckSdG3v0



『釣り』


創真(急に釣りがしたくなってきた)

創真(っつっても、いつも我が儘聞いてもらってる緋沙子に付き合わせるのは悪いしなー。一人で行くのもいいんだけど…)

創真(…あ、そうだ)

創真「」プルルルル

黒木場『…はい』

創真「おー黒木場、釣り行かね?」

黒木場『は?』


―――――

創真「いやー思いの外釣れた釣れたー!」

創真(我ながらすんげえ突然の誘いだったのに黒木場も来てくれてありがたかったぜ。今度お礼でもすっか)


創真「ただい――ぐほっ!!」ガバッ

緋沙子「」プルプル

創真「イタタ…アレ?緋沙子?どうし…」

緋沙子「どこいってたんだ!!!!」

創真(……あ)

創真(そう言えば俺、携帯…)


緋沙子「ふと目が覚めたらお前がいないし携帯も置いたままだし…し、心配、したんだぞ…っ」ウルウル

創真「…ごめん。連絡すんのすっかり忘れてた…。ちょっと釣り行ってたんだ。今度からんならこと、事無いようにする」


緋沙子「…ほんと?」ウワメヅカイ


創真「…ああ。約束する」




創真(…緋沙子には申し訳ねえけど、さっきの上目遣い、超可愛かった…)ドキドキ





107: ◆4Bt2FH9jXc 2015/10/23(金) 21:57:23.07 ID:RckSdG3v0


『通り雨』


創真「なーなー、やっぱ荷物もつめたし車行った方が良かったってー」

緋沙子「商店街での買い物に車が必要なものか…たいした荷物でもないし」

創真「」ブーブー


ポツン

緋沙子「…ん?」

ザーザーザー

緋沙子「な、なんだこの雨は!?予報では快晴だった筈だぞ!!」

創真「ほら!!だから言ったんだって車!!」

緋沙子「う、うるさい!!とにかく走れ!!」


―――――


緋沙子「…取り敢えずここの角で少し待とう。幸い屋根も大きい」

創真「直ぐ止めばいいけどなー……!」

緋沙子「…?なんだ、じっと見つめて」


創真「…下着、透けてる」


緋沙子「!?!!?み、見るな馬鹿も…の?」ファサッ

緋沙子「こ、これ…」


創真「それ羽織ってな。他のヤツらに見られるって思ったら、いてもたっても居られねえし」ポリポリ


緋沙子「…ぁ、ありがとう…//」







108: ◆4Bt2FH9jXc 2015/10/23(金) 22:00:48.87 ID:RckSdG3v0


『サンタさん』


創真「緋沙子ってさー」

緋沙子「なんだ」

創真「サンタとかいつまで信じてたクチ?」

緋沙子「…言いたくない」

創真「あ、それ長い間信じてたパターンだろ。緋沙子結構そういう可愛いとこあるもんなー」ヘラヘラ


緋沙子「…逆だ」

創真「へ?」


緋沙子「6つになる頃には私にはもう知らされていた…そ、その…」

創真「…あ、薙切だろ」

緋沙子「思えばよく気を回したものだ…えりな様の無垢な表情を傷つけまいと…」

創真「餓鬼ん頃から大変だったんだなー。で、その薙切はいつまで信じてたんだ?」


緋沙子「…………」

創真「……あっ…」

緋沙子「今も…信じておられる…」ズーン


緋沙子「毎年プレゼントを用意されてる総帥も、知らせるつもりなど毛頭ないかのように毎年クリスマスを楽しみになさってて…」


創真「はは…スゲエギャップ」




109: ◆4Bt2FH9jXc 2015/10/23(金) 22:03:57.20 ID:RckSdG3v0


『もしも』


創真「もしもさ」

緋沙子「?」


創真「もしも俺達が料理とはあまり関係のない人生歩んでたら、どーなってたんだろうな」

緋沙子「…創真、何か悩み事でもあるのか…?」


創真「いや全く?単純に気になっただけだよ。ホラ、例えばサラリーマンになって大成功するかもしんねーし」ヘヘッ…


緋沙子「どこから来るんだその自信は…」


緋沙子「しかし、そう言われると返答に困るな…漢方医学を料理へと昇華させることなく、医者になっていたのだろうという予想しかつかん…」


創真「…白衣着た緋沙子とか、なんか、こう、エr」


緋沙子「それ以上は言わせん」グググ





110: ◆4Bt2FH9jXc 2015/10/23(金) 22:08:57.31 ID:RckSdG3v0


『料理教室』


創真「…緋沙子、なんか目つき鋭くねえ?」

緋沙子「全くそんなことは無い。足を休めるな」

創真「へーへー。お、居た居た。おーい!」

花音「…お、遅いのよ全く!この私を待たせるなん…っ!?」


創真「んあ?どした?」

花音「だ、誰よその女!」

緋沙子「随分なご挨拶をしてくれる。新戸緋沙子だ。宜しく」ゴゴゴゴ

創真(緋沙子…大人気ねえよ…)


―――――

ワイワイ ガヤガヤ


花音「しっかり握って、そうそう」

創真「俺が高一んときからは考えられねえよなーしっかり教えられてんじゃん」

花音「こ、これくらい普通よっ」


緋沙子「先程慌ててミスを連発していたがな」

花音「ち、ちょっと!それ言わない約束だったでしょ!!」




111: ◆4Bt2FH9jXc 2015/10/23(金) 22:10:33.47 ID:RckSdG3v0



緋沙子「根掘り葉掘り聞いた代償としてなら安いものだろう」フフ

花音「そ、それとこれとは――」


緋沙子「料理についても多少教えてあげよう。教える立場に立ってから吸収できるものを探してる姿勢が見えてな」

花音「――う、あ、ありがとう…//」


創真(なんだ、仲良さげにできてんじゃん)ニシシ


「そーませんせー!わたしにもおしえてー!」

創真「あいよー!」


緋沙子(…存外楽しいものだ。彼女とのやり取りも、ここの子供たちに色々教えるのも)


緋沙子(…私に子どもができたら、こんな感じなんだろうか)


緋沙子「……!」ハッ

緋沙子「……//」ブンブン





112: ◆4Bt2FH9jXc 2015/10/23(金) 22:13:49.73 ID:RckSdG3v0




「「「そーませんせー、ひさこせんせー、かのんせんせー、ありがとうございました!!!」」」

創真「おー!じゃあなー!」フリフリ


―――――


創真「いやー楽しかった楽しかった!」

緋沙子「ああ、私もいい時間が過ごせた」

創真「花音のヤツとも会話弾んでもんなー最初の形相が嘘みたいだぜ」ヘラヘラ

緋沙子「さ、最初のことは忘れろ…//」


緋沙子「…なあ、創真」


創真「んー?」

緋沙子「子どもというのは、あたたかいものなんだな」


創真「…ああ。お前や薙切は、小さい頃から大人の世界で過ごしてきたんだろうし、尚更、な」


緋沙子「………」ピトッ

創真「……」ナデナデ


緋沙子「…不幸な時間を覚えた事などないが、今、私は幸せだ」


創真「俺もだよ」ナデナデ


緋沙子「……フフっ//」





124: ◆4Bt2FH9jXc 2015/12/02(水) 22:04:59.66 ID:xztvS9fi0


『愚痴』


創真「緋沙子って滅多に愚痴零さないよな」

緋沙子「…ガミガミと言って欲しいのならお応えしようか」

創真「なんかぶちまけたくなったりなる時とかないのか?」

緋沙子「…幸い、そのような窮屈な生活を送ってこなかったからな」

創真(いくら尊敬してても薙切んとこの秘書って大分窮屈じゃね…?)

創真「酒入ってても飛び出してくるのは甘えたりってのくらいだからよーちょっと心配になってな」

緋沙子「さ、酒の事はいいだろう…//」

緋沙子「それに、全くない、というわけでは…」ゴニョゴニョ


創真「マジ?なんかあったら言ってくれよなー高校んときみたいに一人で溜め込まないでよ」

緋沙子「…創真が、いちいちモテるのに…困ってる」ゴニョゴニョ


創真「…」ポリポリ




125: ◆4Bt2FH9jXc 2015/12/02(水) 22:06:41.10 ID:xztvS9fi0


『少女趣味』


「おねーちゃん!この前教えてもらったの、おもしろかった!!」

緋沙子「フフ、なら良かった。また別のが知りたくなったら言ってくれ」


創真「なんか小さい女の子のお客とか、やたら緋沙子に懐くよな。教えるって何をだよ?」

緋沙子「オススメの少女漫画や童話をな。思いのほか好評で私としても嬉しい」

創真「あー、†紅艶の鎌†のオススメなら間違いねえだろなー」ケラケラ


緋沙子「き、貴様!それは忘れろとあれほど!!//」

創真「しかしそういうのとは関係なしにも、女の子趣味多いもんな緋沙子」

緋沙子「…悪いかっ」ムスッ

創真「んなこと言ってねえってー。…じゃあ、子供授かんなら女の子のが良いか?」


緋沙子「……!!//」ボフン



((客、まだ結構いるんだけどなあ…))





126: ◆4Bt2FH9jXc 2015/12/02(水) 22:09:23.50 ID:xztvS9fi0


『少年趣味』


創真「??♪」ゴシゴシ

緋沙子「…そんな細やかに掃除するほど、まだ汚れてないと思うが」


創真「いやよ、やっぱマイカーってちょっと憧れだったし。どうしてもなー」ゴシゴシ


緋沙子「…私に少女趣味と言った創真も、相応に少年趣味だな。ふとそう思うことがある」

緋沙子「……な、」

創真「んー?」ゴシゴシ


緋沙子「ならば創真は、そ、その…子供がお、男の子の方がいい…か?//」←やり返そうとした必死の結果


創真「……」ピタッ

緋沙子「…創真?」


創真「ど、どっちでも…幸せッス//」←思いの外効いた





127: ◆4Bt2FH9jXc 2015/12/02(水) 22:11:11.06 ID:xztvS9fi0


『アイドル』


「見たかよ昨日の番組!!やっぱ可愛いよな?」

「オリコンでの順位も良いし、どんどんメディア露出増えてってるしな!」

「俺の推しの〇〇ちゃん…凄い可愛かった…」


緋沙子(…やはり、男性のアイドルへの憧れは常なのだろうか)


―――――

緋沙子「創真は、アイドルとか好きではないのか」

創真「男子高生の客の会話に気引かれてるなーと思ったら、どうしたんだ?」

緋沙子「…いや、なんとなく気になっただけだ」

緋沙子(しまった…!これではまた「嫉妬?」とニヤニヤされながら返されてしまう…!)


創真「いや、緋沙子いるし全くないかな。それ以前も特に興味は無かったけどよ」


緋沙子(天然…だと…)





128: ◆4Bt2FH9jXc 2015/12/02(水) 22:12:55.75 ID:xztvS9fi0


『にらめっこ』

創真「緋沙子!」

緋沙子「な、なんだ」ビクッ

創真「……」ジーッ

緋沙子「…なんだと言っている!」

創真「……」ジーッ

緋沙子「そ、そんな見つめてないで何か言わんか!//」

創真「……」ジーッ

緋沙子(なんだと言うんだ!?…私が何かした、のか?コイツに見つめられてると、胸がど、ドキドキと煩く…)ドキドキ



創真(……やべ、何言おうとしたか忘れちまった)ダラダラ


緋沙子「私が何かしたのなら謝る…だから何か、言ってくれないか…?」ウワメヅカイ


創真(もうどうでもよくなるくらい可愛い)






134: ◆4Bt2FH9jXc 2015/12/04(金) 21:00:36.56 ID:QEaFR29D0


『熱』


緋沙子「よし。あらかた片付いたな」

創真「」ボー

緋沙子「…創真?」

創真「」ボー

緋沙子(目が虚ろ…?いや、ただ単にボーッとしてるだけか…?)

緋沙子「…あ、ああ、愛してるぞ。創真…//」

創真「」ボー

緋沙子(無反応…!?こ、これは…)

緋沙子「創真、失礼するぞ」ピトッ

緋沙子(熱…だな)



――――――


創真「んー。悪いな緋沙子ー」


緋沙子「こういう時は謝罪ではないだろう?」

創真「…ん。ありがとう」

緋沙子「いつもそう素直でいてくれればありがたいんだがな…」

創真「む。俺はいつだって素直だぜー?」

緋沙子(これでは大きな子供だな…)ハァ


緋沙子(しかし世話を焼くのは、嫌いじゃない)フフ





135: ◆4Bt2FH9jXc 2015/12/04(金) 21:02:26.72 ID:QEaFR29D0


『褒め殺し』


創真「うし!片付け終わり!」

緋沙子「朝は我が耳を疑ったが、一晩だけで回復するとは恐れ入る…」

創真「何言ってんだよー俺は店開けちまうって考えただけで即効回復だぜ」

創真「さて、んじゃあ晩飯でも作るとするかなー」

緋沙子「いや、今日は私が作ろう。創真はゆっくりしていていい」

創真「今日は俺の番だし、気ィ遣わなくても平気だぜ?」


緋沙子「違う。またフラフラとされても困るからな、今日から暫くは私の薬膳料理を口にしてもらうと言っているんだ」


創真「マジ!?その好意にはちょっと預からないとな!」

緋沙子「いや、だから私は―――」


創真「一流の薬膳料理を家庭で振る舞ってくれるって他の人にはなかなか無い特権だよな!いやーホントに緋沙子には感謝してもしきれないぜー」ヘラヘラ


緋沙子「…も、もうそれでいい…//」プルプル


緋沙子(ホントに恨めしいほどの回復速度だ…)





136: ◆4Bt2FH9jXc 2015/12/04(金) 21:04:26.73 ID:QEaFR29D0


『もしも2』


創真「もしもさ」

緋沙子「ん」

創真「俺が中等部から遠月に入学しててさ」

緋沙子「ん」

創真「緋沙子が薙切のお付きとしてじゃなく、個人として遠月に入学してたらさ」

緋沙子「……」ジトー

創真「…別に薙切を邪険してるわけじゃねえって」


緋沙子「…それで?」

創真「そんなもしもがあったら、どうなってたろうな。ってだけの話」


緋沙子「…少なくとも、」

創真「少なくとも?」

緋沙子「中等部の内にでも私とお前は食戟を交わしているだろうな。主にお前のちょっかいから始まって」

創真「…あー、容易に想像できるな」


緋沙子「…そ、それと…」

創真「?」


緋沙子「また共に学生生活を過ごせるもしもなら…こ、今度は私から…告白したい//」


創真「……//」ポリポリ



((…いや、客、いるんだけど……))





137: ◆4Bt2FH9jXc 2015/12/04(金) 21:05:43.20 ID:QEaFR29D0


『部活』


緋沙子「以前ももしも話があったから少し私からも聞くが」


創真「うん」

緋沙子「私が料理とは関係の無い、ありきたりな学校に通っていたとして、」

創真「うん」

緋沙子「部活は何に入ってたと思う?」


創真「ええ…それって俺が質問するクチの内容じゃね?」

緋沙子「い、いいだろう!お前の中の私のイメージが聞きたいんだ!」

創真「…それ、結構恥ずかしいこと言ってね?」

緋沙子「うるさい!」


創真「んー、一番得意っつってた体操含めて、緋沙子の好きなスポーツ系だとちょっと安直すぎるしなー」


創真「…あ、めっちゃスッキリするの見つけた」

緋沙子「ほう」


創真「生徒会執行部。二年で会計で三年で副生徒会長な」


緋沙子(思いの外しっくりきてしまって、どういうイメージなんだと、言い、返せない…ッ!)




138: ◆4Bt2FH9jXc 2015/12/04(金) 21:06:51.00 ID:QEaFR29D0



創真「んー、ただどうせなら俺と緋沙子で同じ部活ー、って想像の方が楽しいかもなー」

緋沙子「…それなら必然的に生徒会は候補から外れるな」

創真「あれー?」


創真「…あ、軽音部なんてどうよ!」

緋沙子「…それだと今度は私が外れるんじゃないか?」

創真「いやー結構合うんじゃねえかなー緋沙子声も可愛いし」

緋沙子「う、うるしゃい!」

創真(噛んだ)


創真「まあ、でも、」

創真「遠月だろうがそうじゃなかろうが、緋沙子と一緒ならどこでも楽しい学校生活になってたと思うぜー。さっきまでの想像で俺は確信に変わったね」ニコッ


緋沙子「………////」ウツムキ





139: ◆4Bt2FH9jXc 2015/12/04(金) 21:08:52.88 ID:QEaFR29D0


『好物』


緋沙子「私たち『ゆきひら』によく来て下さる常連、新規様の主な年齢層は、小さい子連れの家族や比較的お年を召されてる方々、学校帰りの中学生が多かったりする」


創真「『私たち』、ねえ。嬉しいこと言ってくれるじゃん」ニヤニヤ

緋沙子「う、うるさい!」


緋沙子「それで!その年齢層よりは少しばかり足の少ない、20代前半などの男女のお客様にも身近に感じてもらうため!その年齢層に該当する創真にアンケートを願い出てる次第だ!」


創真「え、俺がやんの?倉瀬とか小金井とかに聞いた方が効果良くね?」


緋沙子「もちろん常日頃から良くしていただいてるお二方含め、創真の中学の同級生などからの意見も後に頂戴する。まずは身内からだ」

創真「ふーん。…!」ニヤリ

緋沙子「では、まずは漠然とだが好きな――」


創真「緋沙子」

緋沙子「へ?」

創真「いや、好物だろ?緋沙子」

緋沙子「ち、ちがくてだな、好きな」

創真「緋沙子」


緋沙子「????!!//協力しろーー!!//」

創真「」ケラケラ





154: ◆4Bt2FH9jXc 2015/12/25(金) 21:01:18.13 ID:N/MFd2SsO


『ホームビデオ』


○anon「」ババーン


創真「へへっ、商店街の福引き…自分の運の強さが恨めしいぜ…」


緋沙子「…何故これよりも扱いが下位であった洗剤などの日用品セットとの引換が出来なかったのだ…」ブツブツ


創真「…いや、出来てもしなかったからね?」

緋沙子「とは言え、このような高価なビデオカメラを使う機会というのもあるまい。宝の持ち腐れでは――」


創真「いやいや秘書子ちゃん。それは見通しが甘いってもんだぜ」

緋沙子「…このイラッとくる感覚、久しいな」

創真「今日こうして当たってなくても、いつか買うつもりだったんだぜー?むしろ節約になったってことよ」


緋沙子「…用途は?」

創真「え?そりゃあほら、ホームビデオ」

緋沙子「……」

創真「なるべく若い時から色んなこと映像に残ってた方が、楽しいじゃん?親父もそういうの出来なかったのが後悔だ、っつってたしさ」


創真「ってなわけで、この理由で、納得できそう?」


緋沙子「……//」コクリ




155: ◆4Bt2FH9jXc 2015/12/25(金) 21:02:41.48 ID:N/MFd2SsO


『アルバム2』


創真「前にさ」

緋沙子「なんだ?」


創真「緋沙子が小さい時の俺のアルバム眺めてたことあったじゃん」


緋沙子「…なんのことだ?」


創真「…そんなに恥ずかしがることか?今更」

緋沙子「う、うるさい!」


創真「それでさ。緋沙子のは無いの?」

緋沙子「…一応聞くが、何がだ」

創真「アルバム。もっと言うと、小さい時の緋沙子の写真?」


緋沙子「……ないぞ」

創真「…ホント?」グイッ


緋沙子「あっ……」



創真「うわ、めちゃくちゃ可愛いなー見ろよ緋沙子!」ヘラヘラ

緋沙子(ゆきひらに来てから、だんだん意志が弱く、ちょろくなっている気がする…)ズーン





156: ◆4Bt2FH9jXc 2015/12/25(金) 21:03:57.26 ID:N/MFd2SsO


『コスプレ』


倉瀬「わあ??!やっぱりとっても似合うよ?!」

緋沙子「い、いやしかしこれは…いくら町内のイベントとは言え…//」

倉瀬「折角の機会なんだし、創真くんも喜ぶと思うけどな??」

緋沙子「う、そ、それは……」


創真「……あのさ。楽しそうに会話してんのはいいんだけどさ、」


創真「…そろそろ目隠し取ってもいい?」


緋沙子「だ、だだだ駄目だ!まだ外すな!」

倉瀬「うん!もう取っても平気だよ?」

緋沙子「倉瀬さん!?」

創真「んじゃ失礼して…!?」


緋沙子「ち、沈黙はやめろぉ…!」モジモジ

創真「」ツー

緋沙子「な、涙だと!?どういう意図だ!」

創真「生きてて良かった…」ジーン


緋沙子「!?」



※なんのコスプレだったかは、皆様のご想像にお任せします。





157: ◆4Bt2FH9jXc 2015/12/25(金) 21:05:44.12 ID:N/MFd2SsO


『食戟ってさ』


創真「ふと思ったんだけど、食戟ってさ」

緋沙子「またいきなりだな」

創真「勝ったら事前に出した条件を呑んでもらう、いわゆる賭け事的な要素あるじゃん」


緋沙子「…まあ、確かに」

創真「だからさ、勝ったら俺と付き合え!!とかって申し出がよく無かったよなーって。榊はあったらしいけど」

緋沙子「私も何度かあったぞ?」


創真「…は?」


緋沙子「中等部の頃に…剣幕、剣幕が凄いことになってるぞ」

創真「…で、受けなかったよな?榊も流石に勝負自体受けないわよっつってたし」

緋沙子「いや、挑まれた勝負はある程度受けた」


創真「は!?」


緋沙子「えりな様の秘書として、そのような連中の勝負すら完封できなければと息込んでいたな。今思えば懐かしい」


創真「…………」

緋沙子「…そう怖い顔してくれるな。当然挑まれた勝負全てに勝ってるのだし…」


創真「…今、同じようなシステムで、同じような勝負ふっかけられたら?」

緋沙子「まさか。受けるわけがない――と、言いたいところだが」


創真「!?」


緋沙子「おそらく、その勝負を申し込む権利を条件に、創真が相手をボコボコにする図が思い浮かぶ」


創真「………」ポリポリ




158: ◆4Bt2FH9jXc 2015/12/25(金) 21:07:22.93 ID:N/MFd2SsO



『お洒落』


創真「緋沙子さ」

緋沙子「ん?」

創真「最近、洋服に気ィ遣うようになった?」

緋沙子「……」ピクッ

創真「やっぱあのスカウトからか?あまり無い休日とかの中での外出ん時とか、それくらいしか気付く時無いから、なんとなくだけど」


緋沙子「…気付く…か?」


創真「…あんまり嬉しくねえ気付き方になっちゃったんだけどな」


緋沙子「え…?」

創真「なんつーか…すれ違う男たちの視線が…いつも以上に多かったような気がしたからさ」ポリポリ


緋沙子「そ、そういう…嬉しくない気付き方か…//」

創真「ホントは直ぐ気付くべきだったな。いや、実際、…可愛さ、磨きがかかってたしよ」


緋沙子「…も、もうそれくらいで勘弁してくれ…//」


創真(多少お洒落になっても、こういうとこ相変わらずなの、やっぱ好きだなー、俺)





159: ◆4Bt2FH9jXc 2015/12/25(金) 21:09:36.60 ID:N/MFd2SsO


『人気者』


緋沙子(料理の世界の中で生きてる私達が、友人らと休日などが被る日は、とても少ない)

緋沙子(…にも関わらず)


創真「んー、また最近LINEがよくくんなー」ポチポチ


緋沙子(コイツと来れば、休みの折り合いが難しいハズの同業者から、とてつもないお誘いなどが来たりする)

緋沙子(慣れたと言えば慣れたが…こう、偶に大物などにも誘われているから、心臓に悪い)ハァ

緋沙子(特に、年末年始や年度初めなどの、世間一般的な大型の動きのある日などは、こぞって来たりする)


創真「…よし、こんなもんかな。全部返信できたよな」

緋沙子「…今日は、また財閥などといったモノからのお誘いは…?」

創真「いやー?来なかったぜ?てか流石にそこらへんはLINEでは来ないって」

緋沙子(コイツも、随分手馴れてきてる始末だ…)


創真「でも、四宮師匠と乾先輩――もう乾じゃないんだったな、には誘われたぜ。日が合えば席設けてやるから来いよって」


緋沙子「十分大物ではないか…」


緋沙子(流石に四宮シェフのお誘いともなれば創真も断りはしないだろう…まあ、女性関係のお誘いでないだけ、我慢しなければな…)

創真「折角だし近場の休み連絡して席設けてもらってよー師匠んとこの店直ぐ取ってもらえるって役得だよなー」ヘラヘラ


緋沙子「そうか。口うるさくは言いたくないが、あまり遅くならないようにな?」


創真「へ?緋沙子の分の席も取ってもらってるぞ?」

緋沙子「…なに?」


創真「前にも言ったろー。休日も、緋沙子と居れるなら居れるだけそうするってさー。師匠の店っていうセッティングも最高だしな」


緋沙子「あ、ありがとう…//」


緋沙子(こ、こういうところが相変わらずなの、やはり好きだ…私は)







160: ◆4Bt2FH9jXc 2015/12/25(金) 21:12:18.95 ID:N/MFd2SsO


『突風』


小林「じゃじゃじゃじゃーん!!小林竜胆先輩だよ!!」


緋沙子「」ポカーン

創真「あれー小林先輩じゃないスか。どうしたんスかー?」ヘラヘラ

小林「いやーなんとなくお前の料理が食べたくなってさ」フンス

創真「開いて早々で客足もないッスし、直ぐ出せると思いますよー」

小林「お、ホント?じゃー、これとこれとこれとこれとコレ!あ、あとコレも!!」

創真「あいよー!」


緋沙子(え…?え…?)

小林「」ニコニコ

緋沙子(こ、小林先輩だよな…?何故こんなに溶け込んでるんだ…!?そ、創真ともまるで深い友好があったかのような――)

小林「んー、そっかー。ふーん」ニヤニヤ


緋沙子「…!?な、なんでしょうか…」

小林「だーいじょぶだいじょぶ!秘書子ちゃんの勘ぐってることはなんもないって!私はただ美味しいモノの所に現れるだけだから!」

緋沙子「秘しょ…!」


創真「おまちどおー、アレ?どうしたんだ緋沙子?」

緋沙子「な、なんでもない…少し勢いに押されたというか…」

小林「きたきた!いただきまーーす!!」



小林「ごちそーさま!!」


緋沙子「」




161: ◆4Bt2FH9jXc 2015/12/25(金) 21:17:35.28 ID:N/MFd2SsO



小林「いやー腕上げたね!!美味しかったよ!ありがとねーー!!」ガラガラ


緋沙子「あ、あそこまで嵐のような人だったろうか…」

創真「緋沙子なんか疲れてね?」

緋沙子「そんなことないさ…ハハハ…」


ガラガラ

小林「あーそうそう!!」

緋沙子「」ズルッ

創真(ギャグ漫画みたいになってるし…)

小林「こないだちょっとお仕事の関係で、この街の周辺でイイお店紹介してくれませんかーってお話来てさ。ここ紹介してもいい?味やっぱ間違いないって確認できたしさ!」

緋沙子(こ、この振り回される感覚…高校の創真を思い出す…)クラクラ

創真「おー、それはウチとしても嬉しいっスね。ちなみになんの紹介で?」

小林「ん?テレビ局!まだ企画中的なので話は全然出回ってないらしいけど」

創真「なんか一気にスケールでかくなりましたね」

小林「いやいや、そこまで大それたものでもないってー。ここら辺の街を特集するから、じゃあこのお店も入れないとねって話」

創真「俺としては歓迎っスよ。緋沙子は?」

緋沙子「……ん?あ、ああ」

小林「じゃあそういうことで!改めてありがとねーー!!」


創真(嬉しいニュースだったなー遂に新生ゆきひら大きく羽ばたく…なんてな)ヘヘッ

緋沙子「そ、それで創真…さっきの小林先輩とは何の話を?」

創真「…え?聞いてなかったの?」


緋沙子「……?」




162: ◆4Bt2FH9jXc 2015/12/25(金) 21:22:12.22 ID:N/MFd2SsO



『ア○街ック○国』


緋沙子「お、おかしくないだろうか…?ああ何度確認してもドキドキが止まらん…!」


創真「意外だなー。薙切んとこ居た時のがよっぽど大所帯だったんじゃねえの?」

緋沙子「そうかもしれないが…テレビの取材など経験も無ければなんかその、ゆきひらのイメージを損なわないようにと気を配ると緊張が…!」

創真「…めちゃくちゃらしくないレベルで素直になってんな。すげえ嬉しいけどさ」

緋沙子「仕方ないだろう!それくらい切羽詰ってるんだ!」


創真「まあ平気だって。いつも通りお客で賑わうゆきひらにカメラが入って、ちょっとした看板メニューとかを紹介すればいいんだしさ」


緋沙子(ああ…何故あの時小林先輩との会話を聞いていなかったんだ…全然小さい番組でもないではないか!怨むぞ私…ッ!)


「おっす創真ちゃーん!!今日だろ!噂の日は!いつも以上に頼んじゃうぞー!」


創真「あいよー!うし、行くぞ緋沙子」


緋沙子「……」クスッ

緋沙子「ああ!」


―――――――――――


TV『第一位、『お食事処 ゆきひら』
知らなきゃ損な、若い夫婦で営む、この街の誇りで―――』


緋沙子「まだ夫婦では無い!!」

創真「まだ?」ニヤニヤ

緋沙子「…くっ//」




163: ◆4Bt2FH9jXc 2015/12/25(金) 21:30:33.39 ID:N/MFd2SsO


『母性』


緋沙子「…む、確かに、こう大きな買い物をした際に車があるのは便利だな」

創真「だろー?なかなか時間との相談が難しいだろうけど、緋沙子もその内免許取ったらどうだ?」

緋沙子「そうだな…細かな資格よりもよっぽど用途は広いしな…考えておこう」

緋沙子「……?」

創真「どうした?」

緋沙子「……」タッ

創真「…なんか買い忘れたっけ?」



「………うっ、ひっく…」


緋沙子「ぼく、迷子かな?」

「」ビクッ

緋沙子「いきなりでびっくりしてしまったか。ごめんね。ひとりで悲しそうな顔してたから、お姉ちゃん気になったんだ」

「そ、その……」

緋沙子「うん。ゆっくりでいいよ」ニコッ


「おかあ、さんと…はぐれちゃって…!」グスッ


緋沙子「そっか、そっか。よく言えたね。じゃあ、お姉ちゃんと一緒に探そうか!」ナデナデ


「あ……」

「うん!ありがとう!おねえちゃん!」


創真「…なんか、どんどん魅力的になってくよな…アイツ」フッ

創真「…うん」

創真「おーい!お兄ちゃんも混ぜてくれよー!!」




173: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 21:46:57.12 ID:7dq2jCHA0


『遠月凱旋』


創真「…俺達を審査員に、スか?」

『ああ。君たちも記憶にあるであろう宿泊研修の役員にな。君と、新戸緋沙子くんにもお願いしたいと思って連絡した次第だ』


創真「…はぁ、まあ緋沙子と相談してからでないと正式な返答はできないと思いますけど…」

『それで構わない。ああ、それと、現段階で招集に応じてくれた審査員達は92期…いわゆる君たちの同級生ばかりでね』

創真「マジっすか!!ウチも店があるんで可能性としちゃあ半々スけど、なるべく良い返事ができるようにするッス!」


――――――――――――
――――――――
――――


創真「遠月!凱旋!!」

緋沙子「凱旋と言っても、我々が向かうのは遠月リゾートであって学園では無いがな」


アリス「あー秘書子ちゃん!久しぶりねー」スリスリ

緋沙子「な、薙切アリス…!顔を擦り付けるなあ!!」

黒木場「…お嬢。俺達は薙切の車で向かうんで、あっちッスよ」

アリス「はーい!じゃあ秘書子ちゃん!今日の役割終わったらホテルで幸平くんとのお話いっぱい聞くからねー!」


緋沙子「だ、誰がそんな話――ッ!」


創真「おー、相変わらずだなーあの二人も」ケラケラ




174: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 21:48:02.80 ID:7dq2jCHA0



創真「着いた着いた、っと。やっぱスゲエスケールだよなー遠月って」

緋沙子「は、始まる前から疲れが…」ハァハァ


えりな「緋沙子!!」

緋沙子「え、えりな様!」パァア

創真「あ、ぎっくり腰じゃん」

えりな「な――!なんで幸平くんまで来ているんですか!私は緋沙子だけで十分だと堂島先輩に連絡していたのに!」

葉山「おーい、そこの三人、あんま立ち話してる余裕ねえぞー。もう招集始まってんぜ」

創真「お、葉山じゃねーか!なんだよ久しぶりな感じすんなー!」

えりな「ま、待ちなさい幸平くん!!話はまだ―――」


ギャーギャー


緋沙子(…ああ。まるで、高校生に戻ったような気分だ。とても、とても懐かしく、幸せな気概になる……)


貞塚「緋沙子様と幸平創真が合宿の役員に招集されたと聞きつけて私も待っていたのにぃぃい!!何故私に招集がかからないいいイイイ!!!」クワッ


緋沙子(…な、なんだ?寒気が…)





175: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 21:48:51.18 ID:7dq2jCHA0



タクミ「」ソワソワ

タクミ(幸平が来ると聞き、店をイサミに任せ勢いで招集に乗ってしまって…イサミには本当に申し訳ないことを…)

幸平「」キョロキョロ

タクミ(…幸平!!アレは…誰かを探している…?)

タクミ(そうか…!アイツも、ライバルであるオレがいないかと目を配らせているんだな…ッ!)

タクミ「幸ひ―――」


創真「あーいたいた師匠!探したッスよーもー」

四宮「…誰が探せなんつったんだよ…鬱陶しいったら無え…」

創真「そんなこと言ってー、従順な後輩と遠月の場で会えるなんて師匠も嬉しいでしょ!!」

四宮「…ウゼエ」ギリギリ

創真「…ギ、ギブギブ」ジタバタ


タクミ(四宮先輩とあんなに親しげに……!
フ、フフ…流石は幸平だ…常にオレの予想の斜め上を行く…どこまでもオレを燃え上がらせる!!)


田所「あ、あのー、タクミくん?配られた書類がぐしゃぐしゃになってるけど…」

タクミ「?あ、ああ…!!」






176: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 21:49:48.58 ID:7dq2jCHA0




アリス「――と、言うことで!!」

えりな「どういうことでよ……」

アリス「折角こうして92期生が多く集まったのだし!初日の業務も終えたことだし!こうしてお酒の席を設けた訳よ!!」


黒木場「んだァ!?俺の酒が飲めねえってのか葉山ゴラァ!!相変わらずスカした態度キメこみやがってェエ!」

葉山「…だからコイツとは飲みたくないんだ。いつもいつも絡んできやがって…」

タクミ「幸平!!あまりこういった事は良くないと自覚してはいるが…飲み比べだ!!」


えりな「…と言っても、もう各自で適当に始めてしまってるようだけどね」


アリス「もー!なによ皆で楽しそうに!私を置いてけぼりにしてー!」

えりな「…貴女、もう成人して数年と経っているのだし、少しは落ち着いて話をしなさいよ…」ハァ


アリス「初日にも関わらず、冷徹な評価で担当した生徒の三分の一を不合格にした何処かの誰かさんよりは、愛嬌があっていいと思うけどー?」

えりな「う、うるさいわね!これでもマシになった方よ!!」


アリス「幸平くんと秘書子ちゃんのおかげで、ね?」ニヤニヤ


えりな「アリス???ッ!!」


タクミ「なんら!まだオレは飲めるぞ!フラフラなんてしてらい!!」フラフラ

葉山「酒弱すぎだろオマエ…つーか新戸と田所のヤツが居ねえな。いいのかよ幸平」

幸平「あーアイツらなら決闘に行ったぜー」

葉山「…は?決闘だ?一体何の…」

幸平「卓球」

葉山「」




177: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 21:50:38.30 ID:7dq2jCHA0




創真「いやー終わった終わったー!悪いな薙切ぃー送って貰っちまってー」ヘラヘラ


えりな「私はあくまで緋沙子を送っているのであって!貴方はおまけです!お!ま!け!」


緋沙子「合宿中、幾度となく挑んだというのに、結局数回しか勝てなかった…」ズーン

創真「なんか途中から頭の中仕事よりソッチ優先になってなかったか?」

緋沙子「そ、そんなことはない!きちんと業務はこなしたし、田所さんとの卓球以外にも色々と楽しいことはあった!」


創真「ふーん、例えば?」

緋沙子「そ、その…ガールズトークとか…?」


えりな「…???ッ!!//」プルプル


創真「…なんか急に薙切の顔が赤くなりだしたけど、何話したんだ?」


緋沙子「それが…楽しいという感覚だけで、何を話したかは事細かに覚えてなくてな…お酒を飲んでいたということは覚えてるんだが…」


創真「あっ…(察し)」





178: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 21:51:45.85 ID:7dq2jCHA0


『クレーンゲーム』


ぬいぐるみ「」

緋沙子「」キラキラキラ


創真「…もうすっかり隠そうとしなくなったよな」

緋沙子「よもや、いやいやゲームセンターに入ってみて良かったと思うとは…それ程に今私は興奮している!」


創真「相当気に入ったんだな…つっても、緋沙子クレーンゲームなんてできんの?」


緋沙子「…フッ、任せろ。この程度、私、新戸緋沙子にかかれば…ッ!」




緋沙子「」ズーン

創真「…ま、そうなるよな」


緋沙子「創真ぁ…」ウルウル


創真「わかった…わかったって。でも期待すんなよー?俺もこういうの自信あるわけじゃないんだし…」



創真「…あ、とれた」


緋沙子「!!!!」パァア


創真(キャラ崩壊も良いとこだろ…しかしかわいい)




179: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 21:52:41.60 ID:7dq2jCHA0



『プリクラ』


緋沙子「」ニコニコ

創真(満面の笑顔でぬいぐるみを抱きしめてまあ…)


緋沙子「ところで、創真はまた何故ゲームセンターに?」

創真「ああそう、あれやりたかったんだよ。あれ」


プリクラ「」


緋沙子「…!!」

創真「…あ、もしかして秘書子ちゃん。プリクラやったことないだろ??」ニヤニヤ

緋沙子「…、ある//」

創真「え、誰と」

緋沙子「え、えりな様と…アレは…いいものだった…//」


創真(コイツら…プリクラ機ん中でなにやってたんだ…)


緋沙子「//」テレテレ





180: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 21:53:37.64 ID:7dq2jCHA0


『師弟』


緋沙子「料理を私に教えて欲しい?」


花音「」コクコク

緋沙子「…意地の悪い質問になれば謝るが、創真に頼んだ方が一石二鳥になるんじゃないか?」

花音「ア、アイツに…成長したトコ、見せたいからさ…」

花音「もちろん、お仕事のお手伝いから始めるし、邪魔になるようだったら直ぐ追い出してもいいよう、アイツにも言っていいから!」

緋沙子(本来敵視を受けよう立場の私にここまで堂々と宣言するとは…懐かれたのかなんなのか…)


緋沙子「…いいだろう。だが私が教授するとなれば、生半可な覚悟では務まらんぞ?」フフ

花音「や、やってやろうじゃない!!」


――――――――――――
――――――――
――――


緋沙子「違う!そこの手順のミスが目立っているぞ。他の箇所よりも気を張ってみろ」

花音「い、言われなくたって!」


創真(…こうやって遠目で見てみると、姉妹って感じあるよな。言ったら二人とも、怒りそうだけど)ニシシ





181: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 21:54:38.38 ID:7dq2jCHA0



『親子』


創真「ありがとうございましたー!っと…」ガララ

緋沙子「ん。今日の営業はこれでお終いだ。花音もお疲れ様」

花音「な、慣れてきたと思ったけど、やっぱ辛いわね…」


創真(助かってるから野暮なことは言わねえけど、花音まだ中学生だし、バイトと雇ってたり、だったら違法なんだよなこれ…)

緋沙子「そう言えば、今日は親御さんが家を離れてらっしゃるのだったな」

花音「え、ええ。前にお母さんからも緋沙子に連絡したって言ってたものね」

緋沙子「緋、沙、子、さ、ん、だろう?」グリグリ


花音「い、痛い痛い!悪かったわよ!」

創真「じゃ、さっさと早めに風呂ためて、先に入ってこいよ。メシなら俺が作っとくからさ」

花音「あ…」

創真「?どした?」

花音「」チラッ

緋沙子「ホラ、言わないと伝わらないぞ?」

花音「き、今日の晩御飯…、私が作るからさ…、食べて、くれる?」

創真「お!そんなら期待させて貰っちゃおうかなー!」ワシワシ

花音「あ、頭ワシワシしないでよ!
…美味しいって言わせてやるんだから、見てなさい!」


緋沙子(…こうして遠目で見てみると、親子のような微笑ましさを覚えるな。花音からすれば、ふてくされてしまうかもしれないが…)フフ




182: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 21:56:20.37 ID:7dq2jCHA0


『インコ』


倉瀬「ごめんね…創真くん」

創真「いいっていいって。コイツを預かってればいいんだろ?」

インコ「?」

倉瀬「少しの旅行のあいだだけだから!直ぐ引き取りに来るね!」

創真「緋沙子のヤツに黙って預かるワケでもねえんだし、大丈夫だって。ゆっくりしてけよー」

倉瀬「あ、ありがとう!」


――――――――――――
――――――――
――――


緋沙子「ココに掛けておけば、お客様の邪魔にもならないだろう」

創真「だな。こういうのって、子供のお客とかが見て喜ぶしウィンウィンの関係ってやつだよなー」


緋沙子「それにしても、飼い始めて間もないから余り言葉も覚えていないと言っていたな」


創真「―――!」ピコーン


創真「緋沙子可愛い」


緋沙子「!?」

創真「緋沙子可愛い」

緋沙子「ば、馬鹿者!この子が覚えてしまったらどうするんだ!!」

創真「緋沙子可愛い」


インコ「ヒ、ヒサ、」


緋沙子「!?」


インコ「ヒサ、シブリダネ、ソウマクン、ソウマクン!」


創真「!?」

緋沙子(…こ、これは倉瀬さんが覚えさせた…のだよな…?)





183: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 21:57:24.65 ID:7dq2jCHA0



『くしゃみ』


緋沙子「……くしっ」

創真「………」


緋沙子「…なんだ」


創真「…いつも思うんだけどさ、わざわざ『くしっ』とか言わなくていいんじゃね?」


緋沙子「…な、なんのことだかわから……チッ!」


創真「お」


緋沙子「……チうッ!?」

創真「そうそう。それそれ。可愛いんだからそんな隠さないでいいだろうによー」


緋沙子「私が恥ずか…ちぅッ!」


創真「」ケラケラ





184: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 21:58:15.37 ID:7dq2jCHA0


『しゃっくり』


創真「……ヒッ、」


緋沙子「…ホラ、私のくしゃみで笑っているからばちがあたったんだ」

創真「…いや、しゃっくりってばちなのか?…ヒック」


緋沙子「ええい。水を入れてきてやる。少し待ってろ」

創真「おーサンキュー」ゴクゴク

創真「…ヒック」

緋沙子「…ダメか」


創真「…後は、驚かせるとかだけど、緋沙子が俺を驚かす、かー。ヒック」ニヤニヤ


緋沙子「しゃっくりしながらニヤニヤするな!そ、それに私だってお前を出し抜くことくらい…!」

創真「へー。じゃあ期待しておこうかなー」ニヤニヤ


緋沙子「……ッ!!」


緋沙子「」スッ

創真「…え?」


チュッ

緋沙子「…ど、どうだ?驚いた…だろ?//」


創真「…な、なおりました//」





185: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 21:59:15.92 ID:7dq2jCHA0


『膝枕』


緋沙子「…ん。あらかた綺麗になったと思うぞ」

創真「おーサンキューサンキュー。いつもありがとなー」

緋沙子「耳掻きくらい、どうということは無い…その、いつも創真が気持ちよさそうにしてるのを見るのも、嫌いじゃないしな//」


創真「そりゃするってー。耳掻きもだけど、緋沙子の膝枕すげえ気持ちいいんだぜ?」

緋沙子「そ、そこまで言うほどでもないだろう」

創真「いやいやホント、視線を少し上に向ければ、緋沙子の豊満なバスt」


緋沙子「それ以上は言わんでいい」グググ


創真「とか言ってもさ、緋沙子だってよく俺に膝枕ねだってきたりすんじゃん」


緋沙子「な、そんなこと―――」

創真「あるだろ?」


緋沙子「…はい」

創真「アレこそそんな気に入るほどかー?俺の、つーより男の膝なんて硬くて気持ちのいいもんでもないだろ」


緋沙子「…そ、その、」

緋沙子「…甘えさせてくれてる、という実感が湧いてきて、好きなんだ。…アレ//」


創真「…あーもう可愛いなー!!
甘えたいならいくらでも言えよー!!」スリスリ


緋沙子「や、やめろお!//」





186: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 21:59:51.28 ID:7dq2jCHA0


『こたつ』


創真「うー!さみーさみー!」

緋沙子「薄着で外出するなと忠告しただろうに…ホラ、こたつを温めておいたから、」


創真「サンキュー、っと、いやーあったけー」ヌクヌク


緋沙子「全く…ひゃっ!」


創真「…ん?どった?」


緋沙子「ど、どうしたも何も無い!なんだお前の足の冷たさは!」

創真「…あ、なるほど」ニヤリ


緋沙子「…なんだそのニヤケ顔は。い、いや、早まるな!や、やめ…ひゃうっ!」


創真「ホレホレー緋沙子のぬくぬくな足であっためてくれよー」ヘラヘラ


緋沙子「つ、つめた…ひぅっ!」





187: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 22:00:56.81 ID:7dq2jCHA0


『やって○RY』


緋沙子「…ふう、こんなものかな」

創真「こういう何気ない買い物も、こうして二人で並んでっと家族感あって幸せだよなー」シミジミ

緋沙子「…う、うむ//」


「あのー、少し宜しいですか?」


創緋「「?」」



緋沙子「…はあ、詰まり、五目焼きそばを作ればいい、と」

「そうなりますね!カメラも回るんで、当然了承を得られればの話なんですけど…」

緋沙子(…以前ので、カメラに対しては割と臆すことが無くなってしまったし、ちょうど昼時だしな、悪くはないかもしれない)

緋沙子「ええ、私などで宜しければ」

「ホントですか!…オーイ!オッケーオッケー!カメラとマイク!
…ところで、ご職業は何を?学生さんですか?」

創真「…!」

緋沙子「あ、いえ…私h」

創真「あーそうそう!俺達大学生なんスよ!」

「なるほどー、仲睦まじそうな学生カップルですねー」ニコニコ

緋沙子(そ、創真…!?)

創真(いいからいいから!絶対こっちのが面白くなるって!)アイコンタクト


「では、そろそろ調理の方を―――」




直に調理を見ていた番組側のスタッフ、撮影現場に居合わせた衆人、そして放送された日に番組側の司会者、シェフ、視聴者の全てが、新戸緋沙子の手際に驚嘆した。
よくよく見てみれば以前、別の放送局で放送された番組に特集を組まれ反響を呼んだ定食屋の二人である事が判明し、この放送は瞬く間に伝説となった―――。





188: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 22:02:07.39 ID:7dq2jCHA0


『父親』

ガヤガヤ

「おー、テレビにも映ったっつってたし、随分と繁盛してるじゃねーか」


創真「緋沙子!二番卓と五番卓の注文上がり!」

緋沙子「わかった!三番卓追加注文だ、置いておくぞ!」

ガララッ

緋沙子「いらっしゃいま―――」

創真「…緋沙子?って…!!」

創真「親父!」

城一郎「よう…久しぶりだな、創真。緋沙子ちゃん」


――――――――――――
――――――――
――――


緋沙子「この程度のお茶しかありませんが…」コトッ

城一郎「そんな他人行儀にしなくていいのによーもう家族みてえなもんだろー?」

緋沙子「じ、城一郎さん…!家族だなんてそんな…」

城一郎「えー呼び方まで他人行儀かよーお父上って呼んでくれてたんだろー?聞いたぜー?お義父さん、とかって呼んでくれてもいいんだぜ?」ヘラヘラ


緋沙子(え、えりな様ーーー!!!)




189: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 22:03:20.14 ID:7dq2jCHA0




創真「で?なんか用事でもあって来たのか?」

城一郎「んー、まあ用事と言えば用事…か?」


緋沙子「お忙しいのは相変わらずでしょう…日本でのお仕事ですか?」


城一郎「うんにゃ、仕事ってワケじゃねえんだ。しばらくココにいるつもりだし」

緋沙子「ココ、って…ゆきひら、ですか?」

城一郎「おうよ」


創真「どうしたんだまた?親父と俺で回してた時より忙しくはなったけど、それでも俺と緋沙子で回せない、ってわけじゃないぜ?」

城一郎「だーれがそんな心配すっかよ」


城一郎「まあまあ、そんなことはいいんだよ。
そんなことより―――」

城一郎「創真、緋沙子ちゃん、旅行、行きたくねえか?」


緋沙子「…旅行?」




190: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 22:04:39.81 ID:7dq2jCHA0


『旅行』


城一郎『ま、回んなきゃお手伝いとか呼んでどうにかするからよ、ゆきひらのことは俺に任せて、若い二人水入らずで楽しんで来いや』


緋沙子(…と、仰せつかって電車に揺られているわけだが…)

創真「」スピー

緋沙子(朝、やたらとソワソワとしていたからなんだと思えば、寝不足か…。遠足で寝不足とは、まるで子どもだな)クスクス


創真「…ん、緋沙…子」


緋沙子(えりな様や田所さんに会って間もないからか、高校の時を思い返して、ゆきひらでの毎日を思い返して、本当に、恵まれていると実感する…)

緋沙子(城一郎さんにも、海外の修行の時ばかりでなく、このような気まで使って頂いて…感謝してもしきれない…)


城一郎『…で、緋沙子ちゃん。俺はいつ頃になれば孫の顔を拝めそうかな?』ニヤニヤ


緋沙子(……!!//)ブンブン


創真「…ん…昼間から…大胆だ…な…緋沙…ふがっ」

緋沙子(創真は創真で、どんな夢を見ているんだ…!)グググ





191: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 22:05:33.48 ID:7dq2jCHA0



旅館「」キラキラ


創真「うおー、なんかスゲエ所来ちゃった感あるな…」

緋沙子「こ、こんな豪勢な旅館までご用意していただくなんて…帰ったらなんとお礼を申し上げればいいか…」

創真「…ま、今回ばかしは、タイミング的にも親父には超感謝だなー」

緋沙子「タイミング?」

創真「ん?ああ…ホラ!俺たち遠月の役員として店開けてたばっかだろ?旅行とかしたいなーって思ってはいたけど、実行するとなるとまた色々あるしさ」


緋沙子「なるほど…確かにそうだ。私も、何時か創真とこうして料理や仕事諸々とは関係なく、二人で何処かへ行ければ良いな、と思っていた」ニコッ

創真「お、おお…いつになく余裕…というか素直じゃん」


緋沙子「こんな素敵な舞台を用意した下さったのだ!楽しまねば嘘だろう!」


創真「…ん。それもそうだな。ホレ」スッ

緋沙子「…!」

ぎゅっ


創真「行くか、緋沙子」ニコッ

緋沙子「…//」コクン





192: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 22:06:30.50 ID:7dq2jCHA0



緋沙子「す、凄いな…部屋まで特上のモノを予約されていたとは…」

創真「…お!緋沙子緋沙子!温泉貸し切りだって!」

緋沙子「…ど、どこまで気を回して下さるんだ…本当になんとお礼を申し上げれば…」


創真「しかもこの旅館、景色も良ければ観光地が割と直ぐ近くにあるし立地的にも最高だよなー」

創真「折角だし、観光地も回れるだけ回ろうぜ!」

緋沙子「無論だ。ただ、その前にひと風呂浴びてきても良いか?浴衣も貸出しているらしいから、浴衣で観光地を回りたいと思ってな。
創真も入ってくるといい」

創真「お!そりゃいいな!じゃあ俺も一緒に入っちまうわ」

緋沙子「…ん?一緒に…?」

創真「アレ、見てなかったか?貸切混浴風呂だってよ。ここ」

緋沙子「………な!!//」


創真「あれ???こんな素敵な舞台なんだから恥ずかしがったりとかはしないんじゃなかったっけ???」


緋沙子「くっ…!い、いいだろう…!混浴くらい、どうということは無い!!いい、行くぞ創真!//」


この後めちゃくちゃ混浴した。




193: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 22:07:38.19 ID:7dq2jCHA0



創真「…だーっ!食った食ったー!」


緋沙子「…隅から隅まで一流という言葉が当てはまる旅館だ…料理も、非常に美味だった…」


創真「温泉だって最高だったしなー、スゲエいい休暇、って感じがする」グテー

緋沙子「フフ…一本、とても高価なお酒が置かれている事だし、注ごうか?」

創真「…お、じゃあ貰っちゃおうかね、っと」

緋沙子「………」コトコト

創真「…幸せ、だな」

緋沙子「どうしたんだ?まだ飲んでもないのに、しんみりと」クスッ

創真「…いや、こうして緋沙子と二人で過ごしてるさ、遠月の連中に会ったのも相まって、恵まれてんなー、って」

緋沙子「……!」

創真「…緋沙子?」

緋沙子「私も…、同じことを思っていたんだ…。
そんな、何気ない偶然なのに、それだけで、こんなにも、嬉しいんだな…」ウルッ

創真「お、オイオイ、泣くほどかよ!?」

緋沙子「う、うるさい!ばか…//」





194: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 22:09:27.99 ID:7dq2jCHA0




創真「緋沙子は…幸せか?」


緋沙子「…さっきから意地が悪いぞ。そんなこと、言わなくたって…分かっているクセに」

創真「…いや、改めて聞いておきたかったんだ。ちょっと、言いたいことがあったから」

緋沙子「…言いたいこと?」


創真「…ああ、実は、さ。
親父に、少し旅行に行きてえから、余裕が出来た時、ゆきひらのことをお願い出来ねえか、って」


緋沙子「…本当に意地が悪い。これではドッキリのようなものだ。…一枚、食わされた訳だな…」クスッ

創真「って言うのも、さ。
ただ単に、二人で旅行がしたかった、ってだけじゃなくて、」

緋沙子「…?」


緋沙子(どうしたんだ…?何処か、今朝に見たソワソワ感が、また漂っているようにも…)


創真「コレを、渡したかったんだ」スッ


緋沙子「渡したい?何を――――」


緋沙子「こ、これ…!」

創真「開けて、みてくれるか…?」


緋沙子「…あ、ああ…」


指輪「」キラキラ


緋沙子「――――」





195: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 22:10:16.55 ID:7dq2jCHA0



緋沙子「綺麗…」


創真(…フーッ、…よし…!)


創真「…、緋沙子」

緋沙子「!」


創真「ずっと、一緒に居て欲しい」


創真「―――結婚しよう」


緋沙子「……」ウルッ

緋沙子「本当に…ほんとうに…卑怯だ…!こんなの…こんなの…幸せ、すぎて…」ウルウル


創真「返事…聞かせて、くれないか?」


緋沙子「うん…うん…!」グスッ


緋沙子「―――はい。これからも、ずっと、ずっと、よろしくお願いします」ニコッ









196: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 22:15:01.03 ID:7dq2jCHA0



『家族』


創真「ってな感じで、父ちゃんと母ちゃんは、結婚したってワケだ!」


「おおー!」キラキラ

創真「お!反応いいなー!話した甲斐があったってもんだぜー」

緋沙子「二人して賑やかだな。何の話をしていたんだ?」


創真「ん?それはなー」

「パパがママにプロポーズしたお話!!」


緋沙子「………」

緋沙子「………!!//」ボンッ


創真「随分慣れたと思ったのに、たまに再発するよなー照れ屋緋沙子ちゃん」


緋沙子「ひ、緋沙子ちゃん言うな!」





197: ◆4Bt2FH9jXc 2016/01/08(金) 22:18:07.98 ID:7dq2jCHA0



『おあがりよ!』


「あ、パパー!もうそろそろおなべ、いいとおもうよー!」


創真「お、サンキュー!っとと…」


創真「はい、おあがりよ!」

「うん!パパのそれ、すきー」ニコー


緋沙子「それ、って…」

「おあがりよ!」

創真「…へへ、やっぱり俺の子どもだぜー。こう、嬉しいもんがあんなー…」シミジミ

緋沙子「…高校の時から、やけに拘っていたものな…」


「ママのも聞いてみたい!!」


緋沙子「へ!?」

創真「お、それは思いつかなかったな。俺も聞いてみたいかも!」

「かも!」

緋沙子「…え、えっと……」

創真「はやくー」

「はやくはやくー」



緋沙子「…お、おあがりよ…//」


創真(かわいい)




御粗末!!





元スレ
【食戟のソーマ】緋沙子「お、おあがりよ…//」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1442932585/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月08日 23:14
      • おうやっぱメインヒロインは秘書子だわ
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月08日 23:30
      • 5 もう上がっとる…はぇーよ…

        やっぱり緋沙子が一番!
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月08日 23:51
      • 親父のツタを辿って画面外のボーナスステージでも行ったんか
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月08日 23:59
      • 5 秘書子はカワイイなぁ〜
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月09日 00:08
      • 5 やっぱり最高だわ…( ̄∇ ̄*)ゞ秘書子ちゃん大好きだあぁぁぁぁぁぁぁ(*^▽^)/★*☆♪
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月09日 00:27
      • 親父がツタを使って秘書子の世話をするだと…ゴクリ
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月09日 01:16
      • ツタ
        終始甘い
        出来れば分割して欲しかった
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月09日 01:55
      • ※6
        そこは確かに気になったww薄い本がはかどるな・・・
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月09日 02:23
      • 5 スレの更新ずっと追いかけてたけど終わったら悲しいね…秘書子最高
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月09日 02:32
      • ヅダ…?
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月09日 03:33
      • かわいい
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月09日 04:49
      • ※10 おはデュバル
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月09日 06:39
      • 緋沙子と昼も共同作業で夜も共同作業とか羨ましいな末長く爆発しろ
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月09日 13:14
      • やっぱり秘書子なんですよねぇ
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月09日 17:49
      • 秘書子マジ秘書子
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月09日 17:51
      • 結婚式凄い盛り上がったんだろうなぁ・・・
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月09日 23:58
      • これほど主人公に似合うキャラ(ヒロインを除いて)は珍しいな。
        違和感が全くなく、自然体で会話できるような雰囲気があるんだよな。しかも公式で。

        こういう夫婦だったら、いつまでも幸せでいられそうで羨ましいな。
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月10日 00:20
      • 最高

        緋沙子ss増えてくれ
      • 19. 緋沙子アリス
      • 2016年01月10日 01:27
      • 5 やっぱ、緋沙子だよなー
        豊乳、料理美味い、可愛い、ギャップ、経済的
        完璧かよコイツ
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月10日 02:36
      • えりなって小さい時に大人との関わりの中でサンタがいないことに感づいてなかったっけ?
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月11日 21:36
      • 5 秘書子可愛い
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月12日 10:40
      • 恵「・・・」
        肉「・・・」
        タクミ「・・・」

        「み」で終わる名前はカマセという風潮
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月12日 23:54
      • ※22 さらっと混ぜるなw
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月16日 04:01
      • 5
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月17日 00:13
      • 5 秘書子の反応かわいすぎる
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月17日 02:36
      • ソーマは好きになれないが秘書子は好きだ
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月22日 18:32
      • ※22

        十神「」
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月20日 20:56
      • 5 神作
        秘書子可愛すぎる
        アンタはマジで本書ける
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月07日 15:59
      • ??「ヅダは政治に敗れたのだ!」
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年10月09日 14:41
      • 5 ハァアアアアアアアアアアアアアアン

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ