TOP

456プロのアーニャちゃん

2:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 14:23:23.73 ID:z3KWir55o


【AM 05:45】


――おはようございます。


 「ドープラエ ウートラ。おはよう、ですね」


CGプロの朝は早い、という訳でもないらしい。
この時間を指定してきたのは何を隠そう彼女自身である。


――いつもこの時間に起きているんですか?


 「いつもはもうちょっと遅い、ですね。今日は、見せたいものがあるから」


部屋の前に佇む彼女はスリッパにパジャマ姿だ。
ナイトキャップはお気に入りの一品らしい。


――見せたいもの、ですか。


 「ダー。静かにお願いしますね?」



シンデレラガールズプロダクション所属アイドル、アナスタシアさん。
彼女の長い一日が、いま始まる。




3:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 14:24:13.21 ID:z3KWir55o



 ― = ― ≡ ― = ―

 総力取材シリーズ


『ノーメイク』


⑥ / CGプロダクション・アナスタシアさんの場合

 ― = ― ≡ ― = ―



4:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 14:33:29.99 ID:z3KWir55o


【AM 05:50】


――お邪魔します。


 「どうぞ」


静かに玄関の扉を開け、足音を忍ばせてお部屋にお邪魔する。
夜も明けない内であるため薄暗いが、年頃の女の子らしい可愛らしい部屋だ。
むやみやたらと良い匂いがする。本当に良い匂いである。


 「しーっ」


アナスタシアさんが口に指を立て、そのまま床を指し示した。


 「くー……すぅ…………すやぁ……」


カメラを向けた先には布団が一組。
銀髪の、しかしアナスタシアさんとは別の少女が眠っていた。
実に安らかな表情で寝息を立てている。世界平和である。


 「見てください」


――この娘は?


 「蘭子です。可愛いです」



6:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 15:10:04.43 ID:z3KWir55o


神崎蘭子さん。
二代目シンデレラガールにも輝いた人気アイドルである。
普段の勇ましい彼女からは想像も出来ないような光景がここにはあった。


――それで、見せたいものとは?


 「? 蘭子です。すごく可愛いです」


――なるほど。


意外にもベッドではなく布団に寝そべっている神崎さん。
床に脇腹を預け、ごろりと横になって大きな熊のぬいぐるみを抱き締めている。
ふかふかの首元へ神崎さんが鼻を埋めていた。


 「このコの名前はくまちゃん君です」


――くま君、ですか


 「ニェート。くまちゃん君、です」


――くまちゃん君。



7:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 15:33:19.36 ID:z3KWir55o


その後、アナスタシアさんによる神崎さんの可愛さ講座が十五分程度続いた。
実に興味深い内容であったのだが、ここは涙を飲んで割愛させて頂こう。


 「……ん……むゅ……」


神崎さんが動き出して、ゆっくりと上半身を起こした。
寝ぼけ眼を擦りながらアナスタシアさんへ目を向ける。


 「ドープラエ ウートラ。おはようです、蘭子」

 「……おはよぅー…………?」


次いで我々取材班へ目を向け、もう一度アナスタシアさんへ。
そして三度我々へ顔を向けると、


 「……ばっ、ばばばばばかばかばか! えっち!」


慌てて布団へ潜り込んで完全な防御態勢をとった。


 「痴れ者っ! 我が居城を荒そうとは何たる粗暴な輩か!」
 (何なんですかぁ! 早く出てって~~っ!!)

 「アー、蘭子。取材で」

 「来るなら来るって言ってよー!」


くまちゃん君でぽこぽこと叩かれ、我々はたまらず一時待避した。



8:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 15:52:24.75 ID:z3KWir55o


【AM 06:50】


 「……」

 「お待たせしました」


アナスタシアさん達が身支度を整えて食堂へとやって来る。
神崎さんは頬を膨らませてこちらを見ようとしない。
アナスタシアさんに耳元で何かを囁かれ――それにしても近い――ようやくこちらを向いてくれた。


 「……煩わしい太陽ね」
 (おはようございます……)


――我が漆黒の翼にて覆い尽くさん。
  (おはようございます)


 「…………!?」


朝食はどうやらバイキング形式のようだ。
他のアイドルの皆さんもめいめいトレーを手に楽しげな表情をしている。
それにしても良い匂いがする。出来ればここに住みたい。


 「蘭子の分、持って来ました」

 「あ……ありがとうっ」


神崎さんのトレーにはクロワッサンに牛乳など、やや少なめの洋食が並ぶ。
アナスタシアさんの方はご飯や味噌汁など、意外にも純和風の彩りだ。



10:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 16:16:32.20 ID:z3KWir55o



――お二人とも、朝はいつもこういったメニューで?


 「世の理は絶え間なく揺らぎ、一つとして同じ須臾は無い」
 (気分で色々かなー)

 「私はだいたい同じです。朝はお味噌汁、ほっとしますね」


ここで改めてご紹介といこう。


彼女はアナスタシアさん。現在17歳、ロシアと日本とのハーフだ。
生まれはロシア、現在は日本暮らし。CGプロダクションには2年前から所属している。
神崎さんがシンデレラガールとなった先程の話を覚えておいでだろうか。
何を隠そう、彼女はその時の第二位に輝いた実力者でもある。
神崎さんとはユニットを組んでいる訳ではないものの、ご覧の通りとても仲睦まじいようだ。


 「蘭子は今日もシンパチーチナ……可愛いですね」

 「ふむぐっ」


クロワッサンを喉に詰まらせたのか、神崎さんが急いで牛乳を流し込む。
とても仲睦まじいようだ。



11:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 16:36:45.38 ID:z3KWir55o


【AM 07:25】


天気は快晴。
プラットフォームに立つアナスタシアさんもどこか機嫌が良さそうだ。
我々が立っているのはホームの端である為、初夏の風がよく通る。


――電車通学なんですね。


 「ダー。五駅ぶん乗って、それから歩いて十分くらいですね」


しばらく神崎さんの可愛さ講座の続編を伺っていると電車がやって来た。
だが扉が開いた瞬間に我々は驚かされた。


 「……あ、アーニャちゃんおはよー」

 「……どぷらえうとらー! 何かの撮影?」

 「ダー。夜までだそうです」

 「……ふーん」

 「……そうなんだー。あ、今日の三限なんだけどさ――」


電車の最後尾に乗っていたのはアナスタシアさんと同じ制服を身に着けた女子高生たち。
いつものように待ち合わせていた友達の皆さんだろう。
だが彼女たちの目付きは鷹も怯む程の鋭さだった。
スポーツ強豪校で、彼女たちは各部のエースなのかもしれない。

アナスタシアさんの周りを彼女たちが取り巻くように囲む。
そしてドアが閉まり、電車が走り出していく。
それを我々は見送って、車で学校へと先回りする事にした。



12:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 16:54:02.13 ID:z3KWir55o


【AM 08:10】


――どうも。


昇降口で待機していた我々に気付き、アナスタシアさん達がぺこりとお辞儀をしてくれた。
脱いだ靴をしまおうとアナスタシアさんが下駄箱を開けると、何やら薄い物がぱらぱらと落ちる。


――これは?


 「ンー、ファンレター……ですね。よく、貰います。嬉しいです」


――実際の所、どれぐらい?


 「だいたい毎日、二、三枚入っているのが多いですね」


今日の分は三通のようだ。
アナスタシアさんは学校でも人気者なのだろう。
いずれもハートマークの目立つ便箋は実に綺麗に整えられていた。



13:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 17:23:20.97 ID:z3KWir55o



――中身、見せてもらう事は出来るでしょうか。


 「シトー? アー……お名前を、隠してもらえるなら、多分だいじょうぶ」


アナスタシアさんに許可を貰い、中身を見せて頂いた。


『拝啓、アナスタシア様。あなたの事が大』


――もう結構です。


 「そうですか? みんな、一生懸命書いてくれます。アイドルの私が好きって、いっぱい言ってくれてます」


便箋を振ってアナスタシアさんが笑う。
彼女のお友達の眼は、相変わらず鷹よりも鋭かった。



15:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 17:30:32.14 ID:z3KWir55o


【AM 10:40】


出られない日がある分、一生懸命やります。

そう本人の語る通り、アナスタシアさんは真面目な生徒である。
学生は学業第一、とは彼女の担当プロデューサーの言葉だ。


 「……」


苦手だと言っていた古文の授業。
アナスタシアさんは難しい顔をして教科書と黒板とを見比べている。
気を紛らわすようによく晴れた窓の外を見て、彼女は柔らかく微笑んだ。


 『……』


やはりと言うべきだろうか、アナスタシアさんはとても目立つ。
髪の色もそうだが、とにかく彼女の周りの雰囲気はどこか違うのだ。
そして何よりもまず途轍も無い美少女である。
アナスタシアさんの方をちらちらと見ては溜息をつく男子も多い。青春である。


失礼、よく見ると女子も多い。
実に青春である。



16:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 17:46:26.24 ID:z3KWir55o


【AM 11:30】


 「では、今日はテストをしますよー。まずは相川君から――」


アナスタシアさんの選択科目は音楽だ。
後で聞いた所によると、この学年は美術と書道選択者がやたらに少ないらしい。
一人一分程度の歌唱テストでもこの人数をこなすとなれば一苦労だ。


 「最後はアナスタシアさん、お願いします」

 「ダー!」


名前の順で呼ばれていたが、アナスタシアさんだけは最後に回されていた。
今回の課題曲は『星の界』。賛美歌を基とした歌である。
教室のキャパシティを明らかに超えている人数の前に、アナスタシアさんがゆっくりと進み出た。


 「……月無き美空に、煌めく光――♪」


一分少々のテストが終わると、教室は万雷の拍手で満たされる。
中には感動の余り涙ぐむ女子生徒も何名か見受けられた。


 「バリショエスパシーバ。ありがとうございました」


昼の鐘が鳴る。
歌はまだまだ練習中です、とは彼女の言葉だ。



17:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 17:55:27.99 ID:z3KWir55o


【PM 12:20】


昼時になり、校内の賑やかさも増した。


――普段、お昼はどうするんですか?


 「お弁当とカフェテリィ……食堂が半分ずつです。今日は、お弁当を」


アナスタシアさんが笑顔でお弁当の包みを振る。
くまさんのプリントが施された可愛らしい包みだ。


 「アーニャちゃーん。一緒に食べよー」

 「ダー♪」


お友達と机を並べ直すアナスタシアさん。
楽しげに歓談する彼女は、こうして見ると普通の女の子だ。


 「今日は……」


アナスタシアさんがお弁当箱の蓋を開ける。
タコさんウィンナーや簡単に飾り切りのされた茹で人参などが並んでいる。
ご飯の上には桜でんぶでハートマークが大きく描かれていた。



18:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 18:16:20.25 ID:z3KWir55o



――これは、アナスタシアさんが?


 「ニェート。お仕事が忙しくない時は、こうして蘭子が作っ」


机の上の携帯電話が鳴り出した。アナスタシアさんのものだ。
着信画面を見れば神崎さんの名前が表示されている。


 「アリョー? 元気ですか、蘭子?」


受話口からこちらまで聞こえるくらいの声が響き、アナスタシアさんが思わず耳を離す。
内容までは聞き取れないが、だいぶ上擦っているようなトーンだった。
眼をぱちくりとさせた彼女が再び電話に耳を戻す。


 「アー、落ち着いてください蘭子。……お弁当、ですか? 今ちょうど……シトー?」


アナスタシアさんがちらりと我々に目を向ける。
それからお弁当のハートマークを見比べた。


 「ダー。撮ってもらって……ンー、ダメ、ですか? 分かりました」


通話を切ってアナスタシアさんが何やら考え込む。
しばらくして納得したように手を打った。


 「こっそり、お願いしますね?」


――分かりました。


我々に見せびらかすようにして、アナスタシアさんはタコさんウィンナーを頬張った。



19:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 18:34:13.36 ID:z3KWir55o


【PM 15:50】


終礼も終わり、放課の鐘が鳴った。
教室にざわめきが戻り、生徒達は口々にこの後の予定を話し合う。


――この後は?


 「今日はダンスレッスンです。このままレッスン場へ行きます」


――レッスンが無い日は、どんな事を?


 「色々です。友達とケーキを食べに行ったり、蘭子とデートしたり」


――すみません。後半は今何と?


 「ニェート。何でもありません」


アナスタシアさんはにこりと笑って、レッスン場へと歩き出した。



21:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 18:50:49.11 ID:z3KWir55o


【PM 17:20】


 「よし。各自パートナーと相互チェック始め」


レッスン場には十名弱のアイドル達が集められていた。
トレーナーさんと同じく、彼女たちもまた真剣な眼差しだ。


 「アーニャさん、肘がさっき少し曲がっていました」

 「ンー、ここのステップの時ですか?」

 「いえ、こっちのステップの時ですね」


アナスタシアさんの相手を務めるのは藤原肇さん。
いかにも大和撫子然とした雰囲気が持ち味のアイドルだ。
案の定ここも良い匂いがして止まない。


 「肇は、少し腰のポバロート……捻り、が足りないです」

 「捻り、ですか」

 「はい。もうちょっと、こうして」

 「……あ、アーニャさん?」


後ろから抱きかかえるようにしてアナスタシアさんが藤原さんの腰へ手を添える。
そのまま二、三のアドバイスを送るが、必然的に耳元で囁くような形になった。



22:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 19:08:59.97 ID:z3KWir55o



 「こうやって、前の動きから繋がるように……肇?」

 「は、はいっ……?」

 「熱、ありますか? だいじょぶ、ですか?」

 「……ううん。大丈夫」


アイドルのレッスンは厳しいのだろう。
藤原さんの顔は赤みを帯びている。汗もしとやかに肌を湿らせていた。


 「休みますか、肇?」

 「……大丈夫。だから、もっと……」


腰に添えられた手に、藤原さんが自らの手を重ねる。
どこか熱っぽい互いの視線も重なり合って二人は、


 「レッスンしろ」


苛立たしげに、トレーナーさんが腕を指で叩いていた。



23:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 19:23:44.30 ID:z3KWir55o


【PM 19:50】


大好物のハンバーグに神崎さんが大喜びした夕飯も終わり、自由時間。
アイドル達は各自思い思いの余暇を過ごす。


――アナスタシアさんは、この時間何を?


 「普段はお喋りしたりします。でも、今日は約束があります」


――約束?


 「……アーニャ……お待たせ……」

 「アー、雪美。ご飯美味しかったですか?」

 「ハンバーグ、美味しかった……でも、ちょっと多い……まんぷく……」


談話室にやって来たのは佐城雪美さん。
寡黙だが実に可愛らしい年少アイドルだ。


 「テレビ観てる人……居る……?」

 「この後、奏が金ロー観たいと言ってました。インディペンデンスデイだそうです」

 「……私も観たい」

 「ダー。アーニャもです。一時間で終わりにしましょう」



24:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 20:12:33.16 ID:z3KWir55o


二人が手際よく準備に取りかかる。
二台ある大型テレビにこれまた二台のプレステ4を繋いだ。
起動させると二人がソファーへ座る。


――いつも、そうやって?


 「……アーニャ、ぽかぽかする……すき」

 「いつもこうですよ?」


アナスタシアさんが膝の上で佐城さんを抱きかかえる格好。
佐城さんが仔猫のようにアーニャさんへ身体を擦り付ける。
彼女はくすぐったそうに息を漏らした。


 「今日はどうしますか?」

 「……タンク。ガンナーやりたい」

 「じゃあコンクエにしましょう」


そう言って、和やかに歓談しながら仲良くゲームを始めた。
二人の操るT-90Aが画面の向こうのアメリカ海兵隊を軽快に吹き飛ばしていく。


 「……アーニャ、それ、何のお歌……?」

 「ンー、故郷の歌です」

 「……教えて」

 「もちろんです」


佐城さんの辿々しい『カチューシャ』が、砲撃音と銃声に混じり始めた。



26:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 20:31:24.50 ID:z3KWir55o


【PM 22:50】


インディペンデンスデイ鑑賞会も終わり、アナスタシアさんが遅めのお風呂へ向かう。


 「……あら、奇遇ね。なーんて、この時間になるわよね」


大浴場前で遭遇したのはID4なら20回は観たと豪語する速水奏さん。
毎週金曜のお風呂はこの時間になるらしい。


 「この時間は空いてて良いわよね」

 「ダー。雪美はもう入ったそうですから、二人きりだと思います」

 「あら、そうなの?」


この女子寮で暮らすのは学生が多い。
そのため全体的に早寝早起きが習慣付いているそうだ。


 「なら、そうねぇ……洗いっこしましょうか」

 「洗いっこ?」

 「ええ。お互いの汚れた所を綺麗にして……身も心も、すっきりするわ」



27:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 20:57:48.23 ID:z3KWir55o



 「ヴェーリキー! 素晴らしいですね!」

 「決まりね。それじゃあ素敵なひとときを」

 「奏」

 「…………あ、あら、周子。奇遇」

 「こっち来て」

 「…………いや、私これからお風」

 「こい」

 「はい」


いつの間にかやって来ていたのは四代目シンデレラガールの塩見周子さん。
速水さんの肩を掴んでずるずると引き摺ると、廊下の角の向こうへと消えて行った。


――貸切ですね。


 「ンー……洗いっこ、出来なくて残念でした」


溜息をついて、アナスタシアさんも暖簾の向こうへと消えて行った。



28:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 21:04:59.11 ID:z3KWir55o


【PM 23:50】


シンデレラではそろそろ魔法が解けてしまう時間。
アナスタシアさん達もそろそろお休みのようだ。


――お二人とも、本日は大変ありがとうございました。


 「ダー。普通の一日でごめんなさい」

 「今は見逃そう……だが努々忘れるな。降臨の鐘を鳴らす事を」
 (……次は、ちゃんと私にも知らせてくださいね)


アナスタシアさん達に頭を下げて、我々は彼女達の部屋を出る。


アイドル、アナスタシアさん。
彼女の長い一日は、こうして終わった。



29:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 21:11:33.72 ID:z3KWir55o



もー、ちょっとは教えてくれても良かったのに

イズヴィニーチェ……ごめんなさい。蘭子の可愛い所を知ってほしくて

も、もうっ。そういうのはズルいってば!

フフッ。


―― ……。


そういえば、くまちゃん君を抱いていたの、久しぶりでしたね?

だ、だって、アーニャちゃんが昨日は抱き着かせてくれなかったから

今日はいっぱい抱き着いて大丈夫ですよ、蘭子

…………うん


―― ……。


さぁ、寝ましょうか

……

フフ。蘭子は、寂しがり屋ですね?

寂しがり屋で、いいもん

蘭子……

アーニャちゃん……



―― …………。




30:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 21:22:53.19 ID:z3KWir55o



――あの、すみません。


部屋の扉をノックする。


っ、っあ!

蘭子、こっちも寂しがり屋、ですね?

……ばか


――あの。


再びノック。


んっ!

あ……ご、ごめんねっ! いやだった?

ニェート。いきなりでびっくりしただけです。続けて……ください

アーニャちゃん、私……



―― …………。



アイドル、アナスタシアさん。彼女の一日は、長い。




31:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 21:23:56.63 ID:z3KWir55o



 ― = ― ≡ ― = ―

 総力取材シリーズ


           『ノーメイク』


                     ⑥ / CGプロダクション・アナスタシアさんの場合   【終】

 ― = ― ≡ ― = ―



[次週は ⑦ / CGプロダクション・鷹富士茄子さんの場合 をお送りいたします。]




32:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 21:24:36.75 ID:z3KWir55o


おしまい。
アニャ蘭はいいぞ。


アーニャちゃんは天然だからね
無意識にジゴロっちゃうのも仕方無いよね

前作とか
高垣楓『シンデレラ』

北条加蓮「Pさん、私もうダメかも……」


デレステ課金はじめました



33:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 21:25:05.95 ID:z3KWir55o



それと今年はあの名作『Independence Day』の続編が公開されるぞ
要チェックだ



元スレ
456プロのアーニャちゃん
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451798553/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月03日 21:42
      • 346じゃなかった?
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月03日 21:45
      • 456…ジゴロ?
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月03日 21:59
      • チンチロ…地下…うっ頭が
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月03日 22:09
      • 456プロなのかシンデレラガールズプロダクションなのかCGプロなのか
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月03日 22:16
      • 禁呪の書も解さねば我が言の葉は空虚に移ろう(熊本弁のコメントがしたいんだが、勉強不足だ!)
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月03日 22:17
      • 戦車道やってそう(小並感)
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月03日 22:21
      • ジゴロのプロ(あだ名的なもので所属関係なし) アナスタシア
        CGプロ所属

        って感じでOK?
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月03日 22:22
      • スタッフが何気なく熊本弁返してて草
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月03日 22:37
      • ジゴロというか、ガチで百合なだけというか
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月03日 22:50
      • 茄子さんのも書いてくださいなんでもしまむら。
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月03日 23:40
      • ①~⑤は誰だったんだ…?
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月04日 01:18
      • スロッターの話じゃねえのかよ
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月04日 02:41
      • アレの続編って何するんだ?
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月04日 02:42
      • 百合ならグロ注意文入れといてほしい
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月04日 05:17
      • アーニャのSSかと思ったら蘭子のSSだった
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月04日 08:13
      • ※14
        正月早々罰当たりなこと言うな
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月04日 12:17
      • なんで風呂にまでカメラ入ってんですかねえ…
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月04日 14:59
      • ※8
        しかも返しが秀逸
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月04日 16:13
      • 天然で通したいなら最後の落ちは要らなかったな
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月04日 18:06
      • 新田さんがそちらに向かったようです
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月06日 03:01
      • 恥ヶ崎しげおさんが活躍するのかと期待したじゃねぇか!!イベント単独でだけど公式で456プロデューサーあるんだから
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月06日 23:47
      • 二年前 15歳
        今現在 15歳

        …ん?年齢変わってな(ちひろに呼び出される音)

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務