TOP

二宮飛鳥「キミとボクの特別な夜」

1: ◆ekZfrjcd.fgD 2016/01/02(土) 02:00:41.60 ID:uRg90g2Uo

飛鳥「──……ああ、誰かと思ったらキミだったか」

飛鳥「……『やっぱりここに居た』、か。フフ……やはりキミは、ボクの事をよく理解っているみたいだ」

飛鳥「…………」

飛鳥「コーヒーの差し入れ? ……やれやれ、別に気を遣わなくてもいいのに」

飛鳥「まあ、だからといってキミの好意を無碍にする気はないよ。……さすがに少し肌寒いと思っていたからね」

飛鳥「ん。砂糖とミルクも用意してるって? 随分と用意がいいね」

飛鳥「それじゃあ、砂糖は貰うとしよう。……ああ、ミルクはいいよ。折角のコーヒーの風味が薄れてしまう」



2: ◆ekZfrjcd.fgD 2016/01/02(土) 02:01:42.66 ID:uRg90g2Uo

飛鳥「…………」

飛鳥「……うん、美味い。やっぱり、××××の淹れるコーヒーはボクの舌によく馴染むみたいだ」

飛鳥「…………なんだい、その顔は」

飛鳥「砂糖をもっと入れなくていいのか……って? ……参ったね。どうやらボクはキミの前では嘘を吐くことができないらしい」

飛鳥「……でも、いいよ。一度張ってしまった虚勢だ。最後まで貫き通さなければ、みっともないにも程があるだろう?」

飛鳥「…………」



3: ◆ekZfrjcd.fgD 2016/01/02(土) 02:02:22.82 ID:uRg90g2Uo

飛鳥「それにしても、今年は本当に色々なことがあったね」

飛鳥「キミと出会い、偶像世界という未知の場所に飛び込んで……」

飛鳥「蘭子や乃々、小梅、比奈さん……それにファンのみんな……」

飛鳥「……ボクのセカイを尊重してくれる、得難い理解者と廻り逢うことができた」

飛鳥「……ねぇ、××××」

飛鳥「ボクはずっと、不特定多数の誰かとは違う、特別な存在になりたい──……そして、ボクという存在を世界に刻みつけたい──……」

飛鳥「そんな夢見がちなことを考えながら……だけど、そのために一体何をすればいいのか理解らないまま、日々を無為に過ごしていたんだ」



4: ◆ekZfrjcd.fgD 2016/01/02(土) 02:03:25.28 ID:uRg90g2Uo

飛鳥「ボクはまだまだ無知で無力な子どもだったから……出来ることといったら、エクステを付けたり、ファッションに拘ってみたり、ちょっと小難しい言い回しを使ったりすることくらいで……」

飛鳥「だけど、そんなささやかな抵抗しかできなかったボクに、キミはありのままのボクを表現するための舞台(ステージ)と、世界と戦うための歌や踊り(ブキ)を与えてくれた……」

飛鳥「ボクという存在は、キミと出会って初めて、この世界において意味を持ち始めた……大袈裟だとキミは笑うかもしれないけど、ボクは心からそう思っているんだ」

飛鳥「…………」

飛鳥「……ボクという存在を見つけてくれてありがとう、××××」

飛鳥「そして……これからも、ボクの共犯者でい続けて欲しいな」

飛鳥「…………」



5: ◆ekZfrjcd.fgD 2016/01/02(土) 02:04:52.38 ID:uRg90g2Uo

飛鳥「……こんな素直(ストレート)に自分の気持ちを吐露するなんてガラじゃないって、我ながら思うけれど……まあ、今宵は特別な夜なんだ。こんな時くらいはこういうのも悪くはない……だろう?」

飛鳥「…………」

飛鳥「……『言われるまでもない』、か。フフ……キミならきっとそう答えてくれるって信じていたよ」

飛鳥「だってボク達は、《似たもの同士》なんだから、ね」

飛鳥「…………」

飛鳥「……なんて言っている内に、どうやら年が明けたようだね」

飛鳥「あけましておめでとう。まだまだ未熟なボクだけれど、今年もよろしくしてやってくれ」



6: ◆ekZfrjcd.fgD 2016/01/02(土) 02:07:53.16 ID:uRg90g2Uo

飛鳥「……さて、と。それじゃあボクは寮に戻るとするよ」

飛鳥「門限破りの件で寮監に絞られるだろうけど……自分で蒔いた種なんだ、ちゃんと享受はするさ」

飛鳥「…………何? ……『俺も一緒に怒られてやる』?」

飛鳥「……全く、キミと言う奴は、過保護というか、お人好しというか……」

飛鳥「……まぁ、そんなキミだからこそ、多くのアイドル達が慕い、想いを寄せるのだろうね」

飛鳥「…………さて、と。それじゃあ行こうか、ボクの大切な共犯者よ」

飛鳥「乗り越えるべき障害はとても強大だけれど……キミが隣に居てくれるなら、ボクは迷わずに挑むことができるのさ」


………
…………


この後二人で寮監に滅茶苦茶怒られた。
そして夜が明けた後、徹夜明け特有の妙なテンションで初詣に乗り込み、屋台で買い食いをしまくった。

──……その結果、飛鳥は見事に正月太りをしてしまい……プロデューサーともども
マスタートレーナーの地獄の特訓を受けることになるのだが……それはまた別のお話。


おわり



元スレ
二宮飛鳥「キミとボクの特別な夜」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451667641/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月02日 05:15
      • あーほのぼの
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月02日 05:55
      • 飛鳥最高過ぎる
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月02日 09:37
      • 実にあすかわいい!


        …でもかな子飛鳥も見てみたいなぁ!画像希望!!(新年最初の土下座)

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務