TOP

武内P「目が覚めたら、私はベッドの上にいた」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 00:14:31.11 ID:0b/Vw7/p0

武内P「ん・・・・ここは・・・・」

武内P「私は何でこんな所に・・・・」

武内P「昨日は確か・・・うっ!」ズキ

武内P「頭が痛い・・・昨日一体何が・・・」

武内P「いや・・・それ以前に・・・」

武内P「私は・・・何者なんだ?」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 00:21:40.53 ID:0b/Vw7/p0

武内P(とりあえず置いてあった鏡で自分の顔を見てみた)

武内P「・・・・・・」

武内P(自分の顔をとやかく言うのはおかしいと思うが・・・かなりの強面だ)

武内P(そしてこの鍛えられたような強靭な肉体・・・・)

武内P(私は何か体を張った仕事でもしていたのだろうか?)



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 00:24:22.16 ID:0b/Vw7/p0

ガチャ

??「あら?お目覚めですか?」

武内P(ドアを開けて入ってきたのは・・・・緑の服を着た女性だった)

??「良かった・・・心配しましたよ」

武内P「あの・・・・あなたは?」

??「え?」




7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 00:27:21.47 ID:0b/Vw7/p0

??「そうですか・・・記憶がないと・・・私は千川ちひろと申します」

武内P「千川さん・・・ですか」

ちひろ「苗字呼び・・・そういう所は変わらないんですね・・・」

武内P「あの・・・私とはどういうご関係で・・・」

ちひろ「仕事仲間です」

武内P「そうですか・・・」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 00:30:53.22 ID:0b/Vw7/p0

武内P「アイドルのプロデューサー・・・この私が・・・」

ちひろ「はい、あなたは事故に遭い、この病院に運び込まれて来たんですよ」

武内P「そうだったんですか・・・・・」

ちひろ「奇跡的に目立った外傷はなかったんですけど・・・・頭を打ったようで、3日眠ってたんです」

武内P「そんなに・・・・・」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 00:35:05.58 ID:0b/Vw7/p0

ちひろ「それじゃ目も覚めたのを見て安心したので、私はこれで」

武内P「それで、私の記憶は・・・」

ちひろ「う~ん・・・そのうち戻るんじゃないですか?」

武内P「そんなもんですか・・・・」

ちひろ「そんなもんですよ♪」ニコ



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 00:40:10.14 ID:0b/Vw7/p0

ちひろ「一応あなたの手帳やら何やらの貴重品とスタドリは置いて行きますので」

武内P「それで、アイドルの皆さんは・・・・・」

ちひろ「ふふ、記憶がなくてもプロデューサーさんですね」

武内P「はぁ・・・・」ポリポリ

ちひろ「安心して下さい、急用で実家に帰ったって何人かの子には言っておきますよ」

武内P「何人か?」

ちひろ「流石に目撃者は誤魔化せませんからね・・・・口止めはしますけど」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 00:45:21.07 ID:0b/Vw7/p0

ちひろ「だからもし、その子が来ても上手く誤魔化してくださいね」

武内P「そんな無茶な・・・」

ちひろ「それでは、回復を祈ってますよ」

バタン

武内P「行ってしまった・・・・」

武内P「とりあえずここにある私の私物らしい物の確認をしますか・・・・」



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 08:25:46.67 ID:0b/Vw7/p0

~確認終了~

武内P「とりあえず一通り確認しましたが・・・・・」

武内P「やはり、私はアイドルのプロデューサーだったようだ」

武内P「しかし気になったのは、尋常じゃない数の名刺と・・・・・」

武内P「この手帳ですね・・・・」



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 08:34:14.86 ID:0b/Vw7/p0

武内P「この手帳によれば、私の担当しているアイドルは14人」

武内P「この手帳には、彼女達の事がこと細やかに記されていた」

武内P「何て詳細に書かれているんだ・・・私は凄く几帳面だったのか・・・・」

武内P「それとも、過去に何か失敗してこうなったのか・・・・」

武内P「それに、中でも1番目を引くのは・・・・」

武内P「このRPGとかに出てきそうな言葉の翻訳ですね・・・」



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 09:44:49.60 ID:0b/Vw7/p0

武内P「この子の名前は・・・神崎・・・蘭子さんですか」

武内P「それにしても彼女だけ凄いページ数だ・・・」

武内P「というか彼女の事だけで手帳が2冊目に突入している・・・」

武内P「それだけ彼女の事を大切に思っているという事か・・・」

タタタ・・・

武内P「おや、誰か来たようですね・・・・」



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 09:58:36.05 ID:0b/Vw7/p0

ガチャ

??「ハァ・・・ハァ・・・」

武内P(この銀髪で黒い服を着た少女は・・・・件の神崎蘭子さんですね)

蘭子「わ・・・我が友・・・永久の眠りから解放されたのだな・・・・」

武内P(私が目を覚ました事を喜んでいるようですね・・・・)

武内P「はい、おかげさまで」

蘭子「う、うう・・・・」

武内P「?」

蘭子「うわああああああああん!!!!!」がバッ

武内P「!?」

蘭子「よかった・・・よかったよぉ・・・」ポロポロ



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 12:39:34.62 ID:0b/Vw7/p0

武内P「すみません・・・・ご心配をおかけして・・・・・」

蘭子「ううん・・・いいの・・・」スリスリ

武内P(意外と純朴な子なんですね・・・・・)

蘭子「ねぇ・・・・頭撫でて・・・・」

武内P「はぁ・・・・・」ナデナデ

蘭子「えへへ・・・・」(プロデューサーの温もりを感じるよぉ・・・・)キュン




42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 12:47:19.27 ID:0b/Vw7/p0

武内P「お見舞いに来てくれたんですね、ありがとうございます」

蘭子「うん!それでね・・・・」モジモジ

武内P「?」

蘭子「こ、こうなったのも我にも一因がある・・・だから・・・」

蘭子「わ、私がプロデューサーの身の回りの世話をしてあげます!」

武内P(私がこうなった原因・・・この子は知っているようですね・・・・)



43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 13:04:57.99 ID:0b/Vw7/p0

武内P(しかしそれを直球に問いただすわけにはいかない・・・ここは)

武内P「そうですか、それではお願いします」

蘭子(やった!)

蘭子「フフ・・・我が友よ・・・安心して養生するがよい・・・・・」

武内P「はい」

武内P(ここはしばらく様子を見る事にしましょう)



46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 14:46:44.80 ID:0b/Vw7/p0

蘭子「それじゃまずは・・・・ジャーン!」バッ

武内P「こ、これは・・・・・」

蘭子「我が魔力を存分に注入した贄だ・・・心して味わうがよい」(一生懸命作ったお弁当です!食べてください!)

武内P「それはそれは・・・ありがとうございます」

蘭子(よかった・・・喜んでくれて・・・)

武内P(よく見ると指に絆創膏が・・・本当に苦労して作って下さったんですね・・・)



48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 14:58:48.11 ID:0b/Vw7/p0

武内P「それではいただきま・・・うっ!」ズキッ

蘭子「!?、どうしたの?痛いの?」

武内P「うう・・・どうやらまだ体が本調子ではないようですね・・・・」

蘭子「そうなんですか・・・・それじゃ」

武内P「?」

蘭子「はい、あ~ん♪」スッ

武内P「!?」




51:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 15:09:02.44 ID:0b/Vw7/p0

武内P「さ、流石にそれは・・・」

蘭子「だって痛くて食べられないんですよね?」

武内P「いや、我慢すれば・・・」

蘭子「えーい!観念してください!」ガバッ

武内P「痛ッ!何で馬乗りに・・・・・」

蘭子「フフフ・・・これで我が束縛からは逃れられんぞ・・・・」

武内P(もしかして私、ピンチなんでしょうか・・・・)



52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 15:15:15.77 ID:0b/Vw7/p0

~そのころ 病院の廊下~

卯月「はぁ・・・・」トコトコ

卯月「プロデューサーさん・・・・目覚めたかなぁ・・・・」

卯月「これも元はといえば私が・・・・」

卯月「ううん、弱気になっちゃダメ!」

卯月「献身的にプロデューサーさんのお見舞いを続ければ、いつか目が覚めるはずです!」

卯月「今日は菜々さんからお借りした切り札もありますし、島村卯月!頑張ります!」



59:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 16:19:23.66 ID:0b/Vw7/p0

~ドアの前~

卯月「よし、着いた・・・」ドキドキ

卯月「まず鏡で顔を・・・」

卯月「よし、ちゃんと笑えてる」

卯月「それじゃ・・・・」ガチャ

卯月「プロデューサーさん!お見舞いに来ましたー!」ニコ

武内P「」

蘭子(馬乗り中)「あ」

卯月(メイド服)「あ」



61:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 16:24:23.29 ID:0b/Vw7/p0

蘭子「卯月・・・・ちゃん・・・・」(何あの恰好・・・・・)

卯月「蘭子ちゃん・・・・」

武内P(あの子は確か・・・島村卯月さん・・・メモによると笑顔のステキな子だと・・・)

武内P(それにしても何であのような恰好を・・・・)

卯月(嘘・・・嘘嘘嘘・・・何で蘭子ちゃんと・・・)

卯月(まさかここまで進んでいたなんて・・・)



68:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 17:41:38.81 ID:0b/Vw7/p0

卯月「と、取り込み中でしたか、失礼します!」

バタン

武内P「何しにきたのでしょう・・・・」

蘭子「・・・・・」

~部屋の前~

卯月「ハァハァ・・・・何やってるんだろ私・・・・」



69:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 17:44:12.11 ID:0b/Vw7/p0

卯月「せっかく来たのに・・・・」ポロポロ

卯月「あれ・・・私泣いてる・・・・」

卯月「そうだ、ここで逃げちゃあの時と同じ・・・・」

卯月「同じ過ちは、繰り返させない!」

卯月「島村卯月!もう一度頑張ります!」



70:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 17:48:32.45 ID:0b/Vw7/p0

バァン!

卯月「プロデューサーさん!」

武内P「は、はい!」ビク

卯月「目覚めてくれてよかったです!退院までの間は私が精一杯ご奉仕してあげますね!」

蘭子(だからメイド服着てたんだ・・・・)

※もう馬乗りは解除しました



71:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 17:52:32.31 ID:0b/Vw7/p0

卯月「さあさあ!何でもお申し付けくださいご主人様♪」ニコニコ

武内P(何という笑顔だ・・・・・しかし)

武内P「そのご厚意は大変嬉しいのですが・・・・・」

卯月「?、どうしたんですか?」

蘭子「ククク・・・・・」



74:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 18:22:10.92 ID:0b/Vw7/p0

卯月「蘭子ちゃん・・・・まさか」

蘭子「一足遅かったようだな・・・・既に我が契約を完了させた」(遅かったですね!プロデューサーをお世話する約束は私が先にしちゃいました!)

卯月「そ、そんな!本当ですか!?」

武内P「は、はい・・・・」

卯月「・・・・・・」

蘭子「クク・・・意気消沈して声も出ないか・・・」

蘭子(卯月ちゃんは強敵ですからね!今のうちにリードは広げておかないと!)




75:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 18:35:24.92 ID:0b/Vw7/p0

卯月「いいえ!やっぱり私の責任ですから私がお世話します!」

蘭子「む・・・それなら私だって!それに私の方が先に約束したんですから!」

卯月「私がやります!」

蘭子「私が!」

ワーワー!

武内P(何かとんでもないことになってしまいました・・・・・)ポリポリ



80:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 19:07:37.11 ID:0b/Vw7/p0

うづらん「プロデューサー(さん)!」

武内P「は、はい!」

うづらん「どっちがいいか決めてください!」

武内P「え・・・・」

卯月「私ですよね?」ギュッ

蘭子「いやいや、我であろう?」ギュッ

グイグイ・・・

武内P「ふ・・・2人共腕を掴まないでください・・・・」

武内P(おかげで2人のむ・・・胸が・・・)///

武内P(2人共中々・・・いや、何を考えているんだ私は・・・・)



93:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 21:18:21.12 ID:0b/Vw7/p0

武内P「ふ、2人共落ち着いてください・・・・」

蘭子「え・・・」

武内P「私の為に・・・これ以上争わないでください・・・・」

卯月「プロデューサーさん・・・・・」

武内P「はい?」

卯月「鼻血出てますよ?」

武内P「」ポタポタ



94:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 21:27:50.96 ID:0b/Vw7/p0

卯月「プロデューサーさん、何かおかしいですよ?」

武内P「え?」

蘭子「卯月ちゃん・・・」

卯月「プロデューサーさんは厳格で優しいお方ですから、女の子に密着されて鼻血なんか出しません」

武内P「そうだったんですか?」

卯月「自分の事なのになんでそんな風に聞くんですか?」

武内P「あ・・・・・」



95:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 21:30:35.50 ID:0b/Vw7/p0

武内P(すみません千川さん・・・・約束守れませんでした・・・・)

卯月「説明してくれますよね・・・・?」

蘭子「我が友・・・・」

武内P「・・・・・・」

武内P「わかりました、実は・・・・」



96:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 21:37:49.78 ID:0b/Vw7/p0

卯月「記憶がないって・・・・」

蘭子「そんな・・・・」

卯月「じゃあ・・・私達の事も・・・」

武内P「すみません・・・今日初めて会ったような感覚です・・・」

卯月「そうだったんですか・・・すみません、そうとも知らずあんな事を・・・」

蘭子「ごめんなさい!」

武内P「いいんですよ、あなた達の行動や、この手帳を見れば私がどれだけ慕われていたのかよくわかります」

武内P「だから教えてください、一体何が起こったのかを・・・・」

卯月「それは・・・・」

蘭子「卯月ちゃん・・・私から話します」

卯月「蘭子ちゃん・・・」

蘭子「あれは3日前・・・・・」



97:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 21:46:50.58 ID:0b/Vw7/p0

~3日前 CPルーム~

ガチャ

蘭子「煩わしい太陽ね!」(おはようございます!)

武内P「あ、神崎さん、おはようございます」

蘭子「我が友よ・・・・他の者は?」

武内P「まだ来てませんが・・・・」

蘭子「そ、そうか・・・・」

蘭子(プロデューサーと2人っきりだぁ・・・・どうしよう・・・・)///




98:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 21:54:33.65 ID:0b/Vw7/p0

蘭子「・・・・・・」

武内P「・・・・・・」カタカタ

武内P「・・・・・・ふぅ」コキコキ

蘭子「!」

蘭子「わ・・・我が友よ・・・もしや肩に呪いが・・・」(肩こりですか?)

武内P「ええ、少し・・・・」

蘭子「それなら、我が魔力で癒してやらないこともないが・・・・」(それじゃ私が肩揉んであげます!)

武内P「い、いえそんな・・・・」

蘭子「いいから、遠慮しないでください!」

武内P「は、はぁ・・・・・」ポリポリ



99:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 21:59:48.17 ID:0b/Vw7/p0

蘭子「気持ちいいですか~?」モミモミ

武内P「ええ、意外とお上手ですね」

蘭子「えへへ・・・・」

蘭子(やっぱりプロデューサーの体逞しいなぁ・・・・・)

蘭子(こんな人に守ってもらえるなんて私達ってやっぱり幸せだなぁ・・・・)

蘭子(まぁ、顔はちょっと恐いけど・・・ってアレ?)



100:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 22:04:09.86 ID:0b/Vw7/p0

武内P「どうしました?」

蘭子「プロデューサー、目にゴミが・・・」

武内P「本当ですか?」

蘭子「待ってて、今取って・・・・あれ、どこいったかな?」

武内P「か、顔が近いですよ・・・・

蘭子「はわわ・・・」(プロデューサーの顔がこんな近くに・・・・)///



102:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 22:28:39.32 ID:0b/Vw7/p0

~同時刻 CPルーム前の通路~

卯月「ふんふ~ん♪」

卯月「プロデューサーさんの為にクッキー作ってきちゃいました!」

卯月「これも日頃の感謝の印です!」

卯月「まぁ・・・ちょっとかな子ちゃんに手伝ってもらっちゃったけど・・・・」

卯月「プロデューサーさん・・・喜んでくれるかな・・・」



103:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 22:38:27.88 ID:0b/Vw7/p0

ガチャ

卯月「おはようございまーす!」

武内P「あ、島村さん・・・」

蘭子「え?」

卯月「あ・・・・・」



104:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 22:41:41.53 ID:0b/Vw7/p0

卯月(プロデューサーさんと蘭子ちゃん・・・何であんなに顔を近づけて・・・)

卯月(まさか・・・キキキ・・・キスを・・・)ガタガタ

武内P「どうしました?」

卯月(何で?ナンデナンデナンデナンデ!?)

卯月(まさかこの2人・・・)

蘭子「卯月ちゃん?」



106:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 22:44:57.75 ID:0b/Vw7/p0

卯月「どどど、どうやらお取込み中だったようですね・・・失礼します!」ダッ

武内P「!」(まさか・・・・)

卯月「うう・・・」グス

武内P「待ってください!これには事情が・・・・」ダッ

蘭子「ちょ・・・・・」

武内P(島村さん・・・泣いてました・・・)



108:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 22:48:48.36 ID:0b/Vw7/p0

卯月(嘘だ・・・嘘だ嘘だ嘘だ!2人がそんな・・・)タタタ・・・

ズルッ

卯月「あっ・・・足が滑っ・・・」

卯月「このままじゃ階段から・・・」

武内P「危ない!」バッ

ドスーン!



109:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 22:52:00.36 ID:0b/Vw7/p0

卯月「いたた・・・あれ?私無事?」

卯月「誰かに抱きかかえられたような・・・・」

卯月「それにしても・・・私何に腰掛けてるんだろう・・・・」スッ

武内P「」ガク

卯月「プロデューサーさん!!!」

蘭子「あ・・・・・」

卯月「い、いやああああああああ!!!!!」



110:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 22:56:11.38 ID:0b/Vw7/p0

~回想終了~

卯月「・・・・というわけです」

武内P「そうだったんですか・・・・」

卯月「すみませんでした!床に頭を打ち付けただけでなく私のお尻で顔を押しつぶしてしまって・・・・」

蘭子「いや!そもそも私が調子に乗って目のゴミまで取ろうとしなければ・・・・」

うづらん「本当にごめんなさい!」

武内P「い、いえ・・・・」ポリポリ



112:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 23:01:59.62 ID:0b/Vw7/p0

武内P「元はといえば、私が肩が凝るなんて言いださなければよかったみたいですし・・・・」

蘭子「プロデューサー・・・・・」

武内P「それに、あなたが無事なら、私を体を張った甲斐があったということですよ」

卯月「うう、ありがとうございます・・・・」

武内P「ですから、2人共お気になさらず、笑顔でいてほしいです」

うづらん「は、はい・・・・」



115:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 23:07:58.20 ID:0b/Vw7/p0

武内P「所で島村さんは何でそんな恰好を・・・」

卯月「そ、それは・・・」

武内P「いえ、言いたくないのなら聞きませんが・・・」

卯月「だ、大丈夫です・・・」

卯月「私あの後ショックで・・・ずっと家で泣いてたんですが・・・」



116:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 23:10:06.13 ID:0b/Vw7/p0

~回想~

卯月「うう・・・プロデューサーさん・・・」ポロポロ

ピピピ・・・

卯月「あ、電話が・・・誰だろ・・・」

卯月「これは・・・杏ちゃん?」



117:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 23:12:21.63 ID:0b/Vw7/p0

杏「かな子ちゃんから聞いたよ~クッキー作ったんだって?」

卯月「は、はい・・・」

杏「もしかして、プロデューサーへのプレゼントかな?」

卯月「な、何でそれを・・・・」

杏「いや大体わかるっしょ」

卯月「そ、そうですか・・・・」



118:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 23:15:31.08 ID:0b/Vw7/p0

杏「そんで、今プロデューサーも卯月ちゃんも事務所に来ていない、これは何かあったと思ってね」

卯月「もしかして、私を心配して・・・」

杏「か、勘違いしないでよ///杏はただプロデューサーや卯月ちゃんに何かあったら杏の印税計画に支障がでると思ったから・・・それだけ」

卯月「杏ちゃん・・・・」

杏「それで、何があったの?」

卯月「実は・・・・」



119:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 23:20:43.38 ID:0b/Vw7/p0

杏「そっか、それは辛い所だね」(だから蘭子も休んでるのか・・・)

卯月「杏ちゃん・・・私どうすれば・・・」

杏「う~ん・・・・」

杏「そうだね・・・・まぁ献身的にお世話してあげればいいんじゃない?」

卯月「お世話・・・ですか?」

杏「ま、それが妥当なケジメのつけ方だと思うよ?」

卯月「そ、そうですね・・・・・」

杏「それじゃ頑張ってね~」ピッ



120:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 23:23:14.00 ID:0b/Vw7/p0

卯月「杏ちゃん・・・ありがとうございます!」

卯月「さて・・・私のするべきことは・・・」

卯月「お世話・・・ご奉仕・・・メイド・・・」

卯月「そうだ!」ピポパ

卯月「島村卯月!頑張ります!」

卯月「あ、菜々さんですか?実はお願いが・・・」



123:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 23:25:14.70 ID:0b/Vw7/p0

~回想終了~

卯月「という訳でして・・・」

武内P「何故そんな発想に・・・」

卯月「すみません・・・その時私錯乱状態で・・・」

蘭子「私もそんな感じの3日間でした・・・まぁメイド服は思いつきませんでしたけど・・・」

卯月「うう・・・」///



124:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 23:30:05.90 ID:0b/Vw7/p0

武内P「お2人が私をかなり慕ってくれてるのは凄くよくわかりました」

うづらん「プロデューサー(さん)・・・」

武内P「そんなに私の事を心配してくれるなんて・・・・」

卯月「そ、それはそうですよ!プロデューサーさんは私が笑顔に自身がなくなった時も変わらず笑顔が素敵だと励ましてくれたんですから!」

蘭子「そ、それなら私も・・・私の言葉を全て受け入れてくれた初めての男の人だから・・・・」

武内P「2人共・・・・」



126:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 23:37:34.92 ID:0b/Vw7/p0

武内P「私がそんな事を・・・・」

卯月「はい!だからプロデューサーさんが困ってる時には私が助けます!」

蘭子「そ・・・それなら私だって!」

卯月「む~・・・・」

蘭子「ぐぬぬ・・・・」

武内P(ああ、また始まった・・・)



128:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 23:40:04.59 ID:0b/Vw7/p0

武内P「じゃ・・・じゃあこうしましょう、1日ごとにお世話をしてくださるというのは・・・・」

卯月「あ・・・・・」

蘭子「そんな事・・・・・」

武内P「だ、ダメですか?」

うづらん「その手がありました!」

武内P「・・・・・・」



129:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 23:42:53.77 ID:0b/Vw7/p0

武内P「やっと丸く収まったようですね・・・・」

卯月「はい・・・じゃあ今日の所はやっぱり先に来た蘭子ちゃんという事で・・・」

蘭子「やった!我が友よ・・・・何でも申すがよい・・・・」

武内P「はぁ・・・・」

卯月「じゃあ私は明日という事で♪」



132:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 23:44:58.72 ID:0b/Vw7/p0

卯月「それでは私は帰りますけど・・・蘭子ちゃん!」

蘭子「はい?」

卯月「私、負けませんから!お互い頑張りましょう!」

蘭子「はい!望むところです!」

ガシッ(握手)

武内P「美しい友情ですね・・・・」



133:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 23:48:20.04 ID:0b/Vw7/p0

卯月「それじゃまた明日♪」

バタン

蘭子「さて、我が友よ・・・・まずは何を?」

武内P「そ、そうですね・・・・」

蘭子「そ、添い寝とか・・・」

武内P「いや、流石にそれは・・・」









~窓の外~

??「ふーん、卯月の様子がおかしかったから様子を見にきてみれば・・・・」

??「こんな事になっていたとは・・・・」



136:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 23:53:19.81 ID:0b/Vw7/p0

~翌朝~

武内P「う~ん・・・朝ですか・・・」

武内P「記憶は・・・まだ戻ってないようですね・・・」

??「あ、起きた?」

武内P(この声・・・島村さんじゃない・・・)

??「結構可愛い寝顔だったよ」

武内P(この黒髪で長身の子は一体・・・・?)



138:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 23:56:23.52 ID:0b/Vw7/p0

武内P(そうだ・・・手帳で・・・ってない!?)

??「探し物はこれ?」

武内P「そ、それは・・・」

??「私に対してはこんな物必要ないよ」

武内P「あ、あなたは・・・・」

??「私、渋谷凛、あなたが時間をかけて手に入れた女だよ」(嘘ではないよね)



141:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/31(木) 00:00:51.04 ID:UqeCmYGX0

武内P「渋谷さん・・・ですか」

凛「記憶がなくても苗字呼び・・・らしいというか・・・」

武内P「それで・・・一体何を・・・」

凛「アンタの女がここにいるのに理由なんている?」

武内P「そこまでの関係なんですか・・・・」

凛「うん、アンタは私の男だって言った事もあるしね」(大体は嘘じゃないよね)

武内P「そうだったんですか・・・・」



144:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/31(木) 00:06:15.92 ID:UqeCmYGX0

凛「だから、これからの事は私に任せて・・・・」

武内P「しかし・・・島村さんと神崎さんとの約束が・・・・」

凛「ふーん、あの子たちの事は信じて・・・私の事は信じないんだ?」

武内P「そういうわけでは・・・・」

凛「こっちはちゃんと証拠もあるし・・・ほら」ピッ

武内P(録音音声)「私はあなたのプ・・・」ピッ

凛「ほらね」

武内P「確かに私の声だ・・・」(プって聞こえたような・・・・)



146:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/31(木) 00:10:43.84 ID:UqeCmYGX0

凛「これでわかってもらえた?」

武内P「はぁ・・・・」

凛「じゃあまずは着替えからだね、今脱がせてあげる」

武内P「いえ自分で・・・」

凛「遠慮しないでよ、体痛むんでしょ?」

武内P「い、いえでも・・・・」

ガチャ

卯月「プロデューサーさーん!来ましたよー!」

凛「あ」

卯月「凛ちゃん・・・どうして・・・」

この後「卯月と凜が口論になりそれを止めようとしたらまた卯月ごと突き飛ばされて尻の下敷きになり記憶が戻りました





~おしまい~



148:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/31(木) 00:13:59.27 ID:UqeCmYGX0

これで終わりです

うづらんという新たな扉を開こうと思いこのような話を書いてしまいました

武内Pが某探偵のように1日毎に記憶がなくなるというネタもあったのですがそれは使わないでおきました

またあの2人で何か話が書ければいいなと思ってます



元スレ
武内P「目が覚めたら、私はベッドの上にいた」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451402070/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 00:47
      • この飽きたから辞めた感、まあ続いてても読むの辞めてたが
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 00:57
      • もうちょい頑張ろうよ!
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 01:12
      • 最後のまとめ方雑すぎィ!!
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 01:17
      • みんな書きたい分だけ書けばいいんだよ
        私は結構好きだぞああいうオチ
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 01:26
      • さすが凛、好感度上げに余念がない。草加以上の策士
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 01:32
      • ケツ村さんネタか……
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 01:32
      • 全体的に雑でワロタ。

        うづらん…なんか美味しそう。
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 01:37
      • いろいろ雑ゥ
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 01:56
      • うず卵?
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 02:39
      • 書きたい事書いて燃え尽きた感がある
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 02:41
      • 結果的にPの記憶喪失設定が邪魔になってね?
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 02:43
      • 最後雑すぎて草
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 02:54
      • 忘却探偵武内vs魔界探偵ランはよ
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 03:17
      • 締め方がんばれよ・・・
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 03:31
      • >>床に頭を打ち付けただけでなく私のお尻で顔を押しつぶしてしまって

        ほう……なかなか興味深い
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 04:59
      • こっからだろうが!
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 06:25
      • 馬乗りが馬並みに見えた
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 06:45
      • あの厳格強面が鼻血……だと?よしカメラを用意しろ
        すみません真面目な話し裏山です武内Pちょっとそこ変われ
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 07:58
      • 駄犬は駆除でしょう
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 08:01
      • ベッドの上にいたが、Pヘッドになっていたに見えた。疲れてるのかな…仕事逝ってくるわ
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 08:42
      • 最初の千川さんに恐怖を感じたのは俺だけ?
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 09:38
      • 島村さんの尻で圧死したい人生だった
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 09:39
      • 尻村さんのケツは記憶吸引装置だった…?
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 10:07
      • 最後の雑さには流石に笑うしかない
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 12:39
      • >>卯月「すみませんでした!床に頭を打ち付けただけでなく私のお尻で顔を押しつぶしてしまって・・・・」

        しまむらさんの股間は絶対いい匂いするわ、深呼吸したいぜ!!!
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 15:45
      • 1 これがゆとりか
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 16:33
      • 階段から落ちた傷も記憶喪失もスタドリ飲めばなおるよ!
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 20:09
      • うづらんのパートは良かったけど最後に何か変な人が出たのは残念だったな
        あと千川さんが仕事上の関係過ぎるんですがそれは
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月31日 22:38
      • 卯月の尻はヤバい
        これだけはハッキリ言っておきたかった
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月01日 01:06
      • ※27
        それで治るのは埼玉県民だけだ
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月01日 11:30
      • 武内Pにはベッドの上より棺桶の中の方がお似合いですよ!
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月01日 16:09
      • ※31
        正月早々、キモさ大爆発だな……
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月01日 19:22
      • 5 あの尻で潰されたらそら記憶飛びますわ
      • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月02日 12:04
      • 尻に踏まれて記憶喪失とかこんな幸せな事ないわ
      • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月02日 15:19
      • 1 Pが武内だから糞
      • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月02日 15:34
      • ※35
        まさかと思ったらWWW

        武内※欄コピペで塗り潰し奴WWWWW

        てか、新着※一覧からショートカットして書き込んでんじゃねーよ(笑)手抜き杉W

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務