TOP

健夜「去り行く者達の権利」

4: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 16:06:03.13 ID:pt2J3nej0


A「…………」

B「……あンた、正気ですかい?」

C「無謀だな、こんな計画……」

D「大沼プロ……」


大沼「…………」



5: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 16:08:24.35 ID:pt2J3nej0


A「PLAN『K』、婚活計画ね……」パサッ

B「これを相談するために、知り合いの私たちを読んだのです?」

C「テレビ局も協力するとはいえ、よくこんな計画を考えたものだ」

大沼「…………」

D「……私は、この決断に賛成だ」



6: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 16:10:59.94 ID:pt2J3nej0


A「…………」

D「日本が現在抱えている、少子高翌齢化問題
  それを解決する為に『K計画』は有効と考える
  それに、一般人から注目されている『彼女たち』が幸せになったら
  結婚というもの自体が注目され、日本を救うかもしれん       」

B「手に入れられたら……ですよね?」

C「リスクが高過ぎると思うが……」


大沼「私は彼女たちを信じている」



9: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 16:15:03.87 ID:pt2J3nej0


B「ま、難しい話はお偉いさん同士にしてください」

C「俺ら雀ゴロに意見を聞くこと自体が間違っている」

大沼「…………」

C「これで帰らせてもらう」ガチャ

B「私も、失礼」スッ

D「…………」

大沼「…………」



10: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 16:20:09.74 ID:pt2J3nej0


A「それじゃあ、俺も帰ろうかね……」スクッ

D「……待て」

A「ん?」

D「君は、この計画をどう思う?」

A「さぁね、やってみないと分からないんじゃない?」

大沼「…………」

A「……俺から言えるのはただ一言」ガチャ


A「狂気の沙汰ほど面白いっ……!」



15: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:00:22.45 ID:pt2J3nej0


場面変わって――


健夜「結婚することになりました!」

恒子「大丈夫?熱はなさそうだけど――」ピトッ

健夜「私はいたって真面目だよ!!」

恒子「…………ファッ!?」

健夜「驚くの遅いよ!」

恒子「ファッ!ファッ!?」

健夜「驚き過ぎだよ!失礼だよ!」



16: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:01:55.96 ID:pt2J3nej0


恒子「いや、マジでおったまげましたわ」

恒子「月までブッ飛ぶこの衝撃」

健夜「ホントに失礼だね!」

恒子「まさか、いつのまにすこやんに恋人が……」

健夜「へ?恋人はいないよ」

恒子「……うん?」



17: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:04:12.97 ID:pt2J3nej0


恒子「え?あれ?結婚……するんだよね?」

健夜「そうだよ?」

恒子(恋人は……いないんだよね?)

恒子「あ、もしかして彼氏って言われた方が良いってこと?」

健夜「ううん、恋人はこれからできるんだよ」

恒子(……ああ、そっか、現実からトリップしてるだけか……)



18: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:06:22.25 ID:pt2J3nej0


恒子「今日も試合があったし、疲れてるみたいだね」ニコッ

健夜「別に、私疲れてないよ?」

恒子「無理しなくていいって、今日はゆっくり休んでよ」ニコニコ

健夜「え?一緒に居酒屋行かないの?」

恒子「また今度ね!じゃね!」スタスタ


健夜「……変なこーこちゃん」キョトン



19: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:08:10.33 ID:pt2J3nej0


恒子「ふぅ、危なかった……」

恒子「あの状態のすこやんとなら確実に朝までハシゴだもんね」

恒子「しばらく近寄らんとこ」

はやりん「あれー、福与アナじゃないですかー☆」

恒子「あ、どうも瑞原プロ」ペコリ



20: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:10:07.31 ID:pt2J3nej0


はやりん「これから帰るの?いつも一緒の小鍛治プロは?」

恒子「いっ、いつもだなんて……///」

恒子「すこやん、ちょっと忙しそうだったので先に帰ろうかなって」

はやりん「うんうん、そりゃ忙しくなるよねー」

恒子「…………?」

はやりん「それじゃ、今日は私に付き合わない?」



21: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:12:44.25 ID:pt2J3nej0


恒子「あー、折角ですけどすみません」

恒子「新しい企画やるみたいで、早朝から打ち合わせなんですよ」

はやりん「むぅ、それは残念だね、結婚してからじゃ忙しくなるし~」

はやりん「結婚式挙げるまでには絶対一緒に飲みにいこーね!」

恒子「ええ、……んん?式?」



22: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:15:07.73 ID:pt2J3nej0


恒子「あの、結婚式って誰のですか?」

はやりん「私のだけど?」

恒子「え!瑞原プロ恋人いたんですか!?」

はやりん「今はいないよ?これからできるんだ★」キラキラ

恒子(ああ……コイツもか……)


咏「あっれー、珍しい組み合わせだねぃ」



23: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:17:34.39 ID:pt2J3nej0


恒子「三尋木プロ、どうも」ペコッ

咏「あい、どうも~」ヒラヒラ

はやりん「咏ちゃん、二人で飲みに行かない?」

咏「いいですね、私たちの婚前祝いに一杯いきますかぁ~」

恒子(ファッ!?アラサーコンビだけでなく三尋木プロまで!?)

恒子「三尋木プロは……恋人いるんですか?」

咏「んや~、これからできるらしい~」

恒子(三尋木プロは割とまともな方だと思っていたのに……)



24: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:20:18.34 ID:pt2J3nej0


咏「よくわっかんねーけど、テレビ局に感謝だなー♪」

恒子(……テレビ?)

はやりん「小鍛治プロも誘いたかったけど忙しいみたい」

咏「そりゃいきなり言われるとねぇ」

はやりん「収録の最長は2ヶ月間の企画らしいもんね☆」

恒子(……企画!?)

咏「私だってちょっと前に準備終わったばかりですし」


恒子「あの、その話詳しく聞かせてもらえませんか?」



25: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:22:21.09 ID:pt2J3nej0


数日後 某会場


健夜「こんにちわ」

咏「こんちわー、小鍛治プロ」ヒラヒラ

良子「どうも」ペコ

晴絵「声をかけてくれてありがとうございます」

はやりん「みんな頑張ろうね~☆」



26: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:25:21.11 ID:pt2J3nej0


久保「私や赤土さん、プロじゃないんですけど……」

靖子「人数足りなかったからいいんじゃない?」

久保「呼んでくれたことには感謝するが……」

理沙「おなかへった!」プンスコ

靖子「そうですねぇ、あーカツ丼あるかなー」

久保(この二人は主旨を理解してるんだろうか?)


大沼「それでは、只今よりテレビ局との協力による企画」

大沼「婚活活動 『K計画』 を開始する」



27: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:28:09.89 ID:pt2J3nej0


大沼「現在、日本は大変深刻な問題を抱えている」

大沼「それが少子高翌齢化問題だ」

大沼「まぁ、概要についてはうぃきぺであでも参照してほしい」

大沼「K計画の成功は、その問題を解決する第一歩となるかもしれない」

大沼「是非とも頑張ってほしい!」

大沼「そして、若人たちに勇気を与えてほしいのだ!!」

全員「おー!」



28: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:29:03.93 ID:pt2J3nej0


大沼「現在、日本は大変深刻な問題を抱えている」

大沼「それが少子高翌齢化問題だ」

大沼「まぁ、概要についてはうぃきぺであでも参照してほしい」

大沼「K計画の成功は、その問題を解決する第一歩となるかもしれない」

大沼「是非とも頑張ってほしい!」

大沼「そして、若人たちに勇気を与えてほしいのだ!!」

全員「おー!」



30: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:31:20.06 ID:pt2J3nej0


作戦参加者 8名

小鍛治健夜 つくばプリージングチキンズ所属

瑞原はやり ハートビーツ大宮所属

赤土晴絵  阿知賀女子学院麻雀部顧問

野依理沙  エミネンシア神戸所属

三尋木咏  横浜ロードスターズ所属

戒能良子  松山フロティーラ所属

藤田靖子  佐久フェレッターズ所属

久保貴子  風越女子高校麻雀部顧問



31: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:33:01.40 ID:pt2J3nej0


大沼「期間は試合日等を除いた2ヶ月」

大沼「司会はこの大沼秋一郎、そして――」

健夜「あっ!」

恒子「…………」

大沼「福与恒子アナウンサーの二人で行わせてもうらう」

恒子「宜しく御願いします」ペコリ



32: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:35:23.42 ID:pt2J3nej0


咏「あれぃ?福与アナじゃん」

はやりん「小鍛治プロ、知ってたのー?」

健夜「いいえ」

恒子「…………」

健夜「こーこちゃーん!」ヒラヒラ

恒子「……あ、ん……」ニコッ

健夜「?」



33: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:38:04.79 ID:pt2J3nej0


大沼「本格的な婚活の前に練習をさせてもらうことになってるが」

大沼「志願者はいるだろうか?」

健夜「わわわ!私やってみたいです!!」

大沼「他には――」

全員「」ドキドキ

大沼(そうか、経験が浅い娘たちばかり……か)

大沼「では、今回はお見合い形式でやってみようか」



34: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:41:54.49 ID:pt2J3nej0


ファーストコンタクト


○○「あ、どうも初めまして○○と申します」

健夜「はっ、初めまして!」

○○「試合、どきどき見ています」

○○「ご活躍されていますね」ニコッ

健夜「あっ、ありがとうございます!」

健夜(見た目はフツー、だけど童顔で爽やか系!)


初めて体験した婚活は、想像していたより遥かに神々しかった



35: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:44:08.20 ID:pt2J3nej0


○○「健夜さん、ご趣味は――」

健夜(――――ハッ!)

健夜(しっ、しまった!いつのまにかペースを握られている!!)

健夜(こんなのじゃ駄目よ!しっかりしろぉ!小鍛治健夜っ!!)

健夜「あっ、あの!ちなみに年収はいくらですか!!」

○○「…………え?」

健夜(流れを引き戻す!!)



37: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:46:43.86 ID:pt2J3nej0


健夜「年収を聞いています」ゴッ

○○「あ、はい、320万くらい……です、ね」

健夜「大卒営業職、ですよね」

○○「はっ、はい……」

健夜「6年目の28歳にしてはえらく少ないと思いますが?」ニヤリ

○○「うっ……」グサリ



39: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:50:17.27 ID:pt2J3nej0


大沼「いっ、いや、それは彼の勤務先は地方の会社なのだがな」

大沼「性格は穏やかだし、中小企業でも有名メーカーの子会――」

健夜「これが私の年収と今の貯蓄です」バン

○○「え、こここここんなに、ぐはぁあああああっ!」

健夜「私たちに釣り合う白馬の王子様」

健夜「貴方にはその資格はありません」ドーン

○○「うっ、うわーーーーーーん!」ダッ



41: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:52:53.71 ID:pt2J3nej0


大沼「あ……ちょ……」

健夜(ふっ、フッた!初めてのお見合いで私からフッたわ!!)

健夜(これぞ意識高い系と言われるナウくてデキる女の余裕!)

健夜(これからの婚活ではきっと凄いイケメンが出てくるはず!)

健夜(顔も給料も平凡な一般人なんて相手にしない)

健夜(そんなオーラを出していかないとね!!)ドヤッ

恒子(すこやん……)



42: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:55:34.93 ID:pt2J3nej0


はやりん「すこやん!カッコイイー!!」キラキラ

晴絵「流石の精神力、見習わないと……」グッ

野依「ごはんまだ!ごはん!」プンスコ

咏「ま、負けてらんねー!」

靖子「わーわー」←深く考えてないタイプ

久保「え……わっ、わー!」←周りに合わせるタイプ



43: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:57:52.83 ID:pt2J3nej0


『うおおおおおおおおおお!!』


大沼(……これ……ちょっとマズくね?)アゼン

良子「あ、すみません急に具合悪くなったのでこの企画降ります」

良子(同類に見られる前に退散しないと……)スススッ

良子「それと先程の方の連絡先教えてもらえませんか?」


戒能良子 収録前に体調を崩したらしく リタイア



44: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 17:59:18.21 ID:pt2J3nej0


恒子「…………」

みな、浮かれていた……

彼女たちの間違った『女子力』で

不安や焦りを最初からかき消してしまっていた

もう、後戻りはできなかった……

現場にいるスタッフさんたちの

「……彼女たちの結婚運を祈ろう」

そう、震えながら紡ぎ出された声を私は黙って聞いていた



48: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 18:16:18.80 ID:pt2J3nej0


婚活は2日に一度行われることになるが――


恒子「え!所持金0円!?」

大沼「ぬ、ぬぅ……」

野依「おなかいっぱい!まんぞく!」ホッコリ

スタッフ「あの、どうしましょう?」



49: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 18:18:20.48 ID:pt2J3nej0


大沼「参加費は各個人の自腹でしたね?」

スタッフ「え、ええ……」

スタッフ「こちらはあくまで場所や勉強会の提供ですので」

スタッフ「まさか、一週間も経たずになんて……」

恒子「参加費ってそこまで高くないですよね?」

大沼「うむ、良心的な金額のはずなのだが……」



50: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 18:22:03.66 ID:pt2J3nej0


恒子「野依プロ、いくら準備してきてたんですか?」

野依「にまんえん!ゆきちさんふたり!」ブイッ

スタッフ(たった2万て!?)

大沼「……野依プロ、参加は延長するかね?」

野依「料理飽きた!帰る!」プンスコ

スタッフ「そ、そうですか……」

恒子(何しに来たんだろうこの人……)


野依理沙 所持金が0となり続行意志なく リタイア



51: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 18:25:46.28 ID:pt2J3nej0


6度目の婚活でそれは起こった


△△「すみません、お断りさせていただきます」

久保「(^p^)」

靖子「おっ、おい!久保……」ユサユサ

恒子(目が虚ろだ……)

スタッフ(カウンセラー必要かも……)

大沼「…………」



52: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 18:28:14.24 ID:pt2J3nej0


健夜「だ、大丈夫ですかね?」オロオロ

はやりん「ど、どうだろうね……」」アセアセ

晴絵「今回のは特に力入れてたみたいですよ……」

咏(なんか雲行きが怪しくなってきたねぃ……)

靖子「久保ぉ……」


断られ続けることによって自信を失っていき
精神的にも参り不安に襲われる 婚活イップス



54: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 18:31:01.94 ID:pt2J3nej0


8度目の婚活でまた1人


靖子「私のために毎朝カツ丼作ってくれ!」

××「嫌です」

靖子「(^p^)」

恒子「藤田プロ!?」

靖子「婚活……舐めてた……」バタン

大沼「スタッフ!担架を!」



55: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 18:34:49.00 ID:pt2J3nej0


かき消したはずの感情

焦りと恐怖が溢れ出してきていた

動揺していた……

彼女たち、女の価値を否定されるようで

恐れていた……

自分たちが幸せになる為にあるはずの、婚活を


恒子(…………)



57: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 18:40:01.67 ID:pt2J3nej0


回想 企画開始から数日前


恒子「どういうことですか!」バン

大沼「…………」

恒子「読ませてもらいましたよ、この企画書……」

恒子「そして立案したのが大沼プロ、貴方ですか!」

大沼「…………」

恒子「何を思ってこんな無謀な計画を……」



59: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 18:44:39.08 ID:pt2J3nej0


恒子「それも……私が進行役だなんて……」

恒子「彼女たちの顔を見ましたか?話を聞きましたか?」

恒子「とても輝いていたんですよ……」

恒子「自分が結婚できることを疑っていなかった」

大沼「…………」

恒子「彼女たちを笑い者にしたいんですか!」



61: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 18:46:26.94 ID:pt2J3nej0


恒子「貴方は今回の企画で、何人結婚できると思っているんです?」

大沼「友人たちが出した結婚確率は、極めて低かった……」

恒子「それでもこの企画を立案した」バン

大沼「私は……彼女たち全員の結婚を信じている!」


恒子「…………」

(過酷な状況であっても結婚したいと願う者たちの意思……)

(私は、最後まで見届けられるのだろうか……)



62: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 18:48:43.47 ID:pt2J3nej0





       婚活は さらに激しさを増していった







63: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 18:50:08.43 ID:pt2J3nej0




 勝利!!


              夫婦になる☆








64: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 18:51:23.96 ID:pt2J3nej0















65: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 18:52:03.24 ID:pt2J3nej0


               まだぁ~?

 勝利!!
          家    早く!早く!早く!!
お願い早く!  に
          帰    夫婦になる☆
          り
          た        結
お父さん     い          婚
 お母さん



66: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 18:56:12.33 ID:pt2J3nej0


初日の練習で行ったお見合い

その映像は、男性参加者全てに見られていた

年収500万円に届かない者の半数は自信を失い

半数はジョークかと思い、会ってみたがその通りであり

残ったイケメン系の富裕層たちだが……

その痴態見て結婚したいと当然思うわけがなかった

そして、ついに女性参加者の中にも

婚活失敗が原因でいなくなる者が出始めた



68: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 18:59:34.47 ID:pt2J3nej0


咏「」ダラダラ

はやりん「咏ちゃん!」

咏「高望みし過ぎたせいだ!うわーん!帰る!!」シュタタタ

健夜「三尋木プロどこに行くの!?」

晴絵「」ガクガクブルブル


1人ずつ……目の前の参加者が、いなくなった……



69: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:04:29.48 ID:pt2J3nej0


靖子「しばらく旅に出ようと思います……」ボー

久保「自分を見つめ直したいと思います……」トオイメ

大沼「…………」

恒子(…………)


三尋木咏 婚活イップス末期症状になり リタイア
藤田靖子 婚活イップスから回復せず リタイア
久保貴子 婚活イップスから回復せず リタイア



70: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:06:25.32 ID:pt2J3nej0


               まだぁ~?

 勝利!!
          家    早く!早く!早く!!
お願い早く!  に
          帰    夫婦になる☆
          り
          た        結
お父さん     い          婚
 お母さん



71: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:07:43.26 ID:pt2J3nej0


               まだぁ~?

 勝   い         ど
     き    み    う    く!早く!!
     お    ん    せ
      く     な        なる☆
     れ
      る             結
お父さ       い          婚
 お母さん



73: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:10:15.82 ID:pt2J3nej0


健夜「馬鹿野郎!」グッ

晴絵「うぐっ……!」

スタッフ「小鍛治プロ!?」ザワッ

はやりん「すこやん!駄目だよ!」ガシッ

健夜「なんであんなこと書いた!言え!なんでだ!!」

恒子「やめてぇ!!!!」



74: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:13:20.79 ID:pt2J3nej0


大沼(福与くん……)

はやりん「……うぅ……」ツウゥ

晴絵「うっ……くっ、ひっく……」グスッグスッ

恒子「もう……やめてよ……」ポロポロ

健夜「……くぅっ……ううっ……」ブワッ


誰もが、怖さと怒りと悲しみで一杯だった……



75: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:15:17.04 ID:pt2J3nej0















76: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:16:44.39 ID:pt2J3nej0


健夜「」

はやりん「」ポロポロ

大沼「」

恒子(…………)

残り2週間を切ったその日
また、参加者が1人いなくなった

赤土晴絵 婚活がトラウマとなり阿知賀で療養 リタイア
 詳細:番組外で結婚詐欺に遭ってしまう
      被害は金銭だけであったが、男性不信となる



77: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:18:56.44 ID:pt2J3nej0




                   タタカイ
       そして 彼女たちの婚活は終わった







78: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:21:15.42 ID:pt2J3nej0


スタッフ「お疲れ……様でした……」フカクオジギ

大沼「すまなかったな……」

はやりん「いえ、大沼プロのせいではありませんよ」

はやりん「正直言って認識が甘かったと思います」

大沼「……」

はやりん「ですが、結婚を諦めたわけではありません」

大沼「――!」



79: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:24:57.42 ID:pt2J3nej0


はやりん「女性は婚活を知った時、男性の価値観を知る」

はやりん「……女の限界を知る」

はやりん「夢など、いつか覚めてしまう事を知る」

はやりん「簡単に乗り越えられると思っていたのが浅はかでした」

はやりん「それでも……夢は見続けていたいですから☆」ニコッ

大沼(すまんっ……!)ツウゥ



80: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:27:16.14 ID:pt2J3nej0


はやりん「では、ありがとうございました」ペコリ

スタッフ「はやりーん!頑張ってー!」フリフリ

スタッフ「応援してますからー!」

スタッフ「…………大沼プロ」トントン

大沼「なんでしょう?」クルッ


健夜「…………」



83: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:29:35.61 ID:pt2J3nej0


大沼(小鍛治プロ……)

健夜「…………」

大沼(なんて言葉を掛けてやれば……)

恒子「……すこやん」

大沼(福与アナウンサー?)

恒子「私は、貴女が好き」

スタッフ一同「!!?」



84: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:34:53.96 ID:pt2J3nej0


健夜「…………」

恒子「……いや、好きだった、だね」

恒子「たぶん……ずっと、前から……」

健夜「…………」

大沼「」

スタッフ「」



85: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:37:25.75 ID:pt2J3nej0


健夜「……私はね」

健夜「こーこちゃんが好きかどうか分からない」

恒子「…………」

健夜「そういうの、いつの間にか通り越してた」ニコッ

恒子「そっか」ニコリ

大沼「」



86: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:40:48.06 ID:pt2J3nej0


健夜「こーこちゃん……」

健夜「今、傍に居てくれるのが貴女で良かった」

健夜「凄く……そう思う……」

恒子「……」

健夜「これって、好きって事なのかな?」

大沼「」



87: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:44:42.59 ID:pt2J3nej0


健夜「……でも、何か……」

健夜「もっとそれ以上のものを感じる」

健夜「貴女が傍に居てくれたから……私……」

恒子「すこやん」ギュッ

恒子「なぁ……結婚できる国にEXODUSしようや……」

健夜「……うん」ポロポロ


スタッフ(レズに逃げやがった!?)



88: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:47:28.43 ID:pt2J3nej0


恒子「すみません、マイクいいですか?」

スタッフ「……え、どうぞ?」

恒子「―――以上が、彼女たちの戦いです」

恒子「これを見てくれる人がいる事を、祈ってます」

健夜「……行こう、こーこちゃん」ギュ

恒子「そうだね、すこやん……」ニコッ



89: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:50:26.81 ID:pt2J3nej0


大沼「……」

D「行ってしまった、か……」

スタッフ(え?元首相!?)ザワッ

D「その映像、どうするつもりだ?」

大沼「世に出すつもりはありません」

大沼「それが、私のせめてもの償いです……」

D「そうだな、その方がいいだろうな……」


?「……ふーん」



90: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:53:38.22 ID:pt2J3nej0


その深夜

ジリリリリンッ ジリリリリンッ

大沼「むぅ、なんだこの時間に」ガチャ

B「夜分遅くに御無礼」

大沼「珍しいな君から電話なんて」

B「……『アレ』、大沼さんの指示ですか?」



91: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:57:10.43 ID:pt2J3nej0


大沼「『アレ』とは?」

B「やはり知りませんでしたか……」

B「今メール送りました、そのアドレス開いてみてください」

大沼「うん?ああ、分かったよ」ブゥン

B「では、これで失礼」ピッ

大沼「いったい、何が――――!?」カタカタカタカチッ



92: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:58:38.87 ID:pt2J3nej0






Angela - Peace of mind 投稿者 Bloody_AB







93: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 19:59:40.00 ID:pt2J3nej0


恒子『―――以上が、彼女たちの戦いです』

恒子『これを見てくれる人がいる事を、祈ってます』

大沼「こっ、これは……」

大沼「なぜ、この映像がインターネットに!」

大沼(それも無駄なシーンは編集されている!!)

大沼(編集せずに破棄したと聞いていたが……)

大沼「……いったい、誰の仕業なのだ」



94: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 20:01:52.67 ID:pt2J3nej0





その夜 多くの女性視聴者が涙を流した







95: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 20:03:57.05 ID:pt2J3nej0


早朝 某ネットカフェ


D「……」ツカツカツカ

店員「ちょ、困ります!お客さ――元総理!?」ザワッ

D「……」ガラッ

A「ククク、そろそろ来ると思ってましたよ……」

D「出ろ、話がある」

A「とりあえず、おはようございます」スクッ



96: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 20:06:37.06 ID:pt2J3nej0


D「単刀直入に聞く、なぜネットに流した?」

A「…………」

D「事と次第によってはタダでは済まさんぞ」

A「ふふっ……」

D「彼女たちを名誉を踏みにじる気か!」

D「どれほど『無念』だったであろうか……」

A「……そう、その『無念』ってヤツ」



97: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 20:09:26.22 ID:pt2J3nej0


A「アンタの考え方を否定するつもりはないさ」

A「戦って逝った者たちを嗤うつもりもない、が」

A「この『無念』を見せることが大切なんじゃない?」

D「……それが、君の意図したことか」

A「あの人たちは戦った、幸せを追い求めてね」

A「その軌跡を消したくなかったんだろうな」

A「ROLを見た>>1だって悲しみ以外に温かさを感じた」



98: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 20:12:12.22 ID:pt2J3nej0


A「仕方ないのさ、今回の結果も」

A「確かに『無念』だったろうさ、だが――」

A「『無念』であることが『生の証』だ……!」

A「思うようにいかねぇことばかりじゃねえか……」

A「婚活するってことは……!」

A「不本意の連続、時には全く理不尽な酷いお断りだってある」

A「けどよ、たぶん……それでいいんだな……」



99: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 20:15:23.27 ID:pt2J3nej0


A「そう、『無念』が『願い』を光らせる……!」

D「…………」

A「いいじゃないですか、婚活失敗しても……!」

A「いいじゃないですか痛い女でも……!」

A「痛くても熱いなら上等……」

A「いや、やっぱり痛いのは嫌いだな」フフッ

D「コラ」ポカ



100: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 20:17:01.60 ID:pt2J3nej0















101: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 20:18:14.14 ID:pt2J3nej0


数時間後 長野県清澄高校近辺


京太郎「ん~、昨日のバルサ強かったなぁ~」

美穂子「すみませ~ん」ムギュ

京太郎「ほぁ!?」

美穂子「清澄高校の須賀君ですね、大ファンなんです」

京太郎「ななな、なんで風越の福路さんが――」

和「ちょっと!何やってるんですか!!」



102: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 20:20:12.95 ID:pt2J3nej0


京太郎「おお、のど――」

和「私の須賀君に手を出さないでください!」

京太郎「」

美穂子「はぁ?私の須賀君ですよ?」ギュ

和「私のです!」ムギュ

京太郎(何が起こってるんだ?幻術なのか……!?)



103: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 20:22:44.01 ID:pt2J3nej0


和「だいたい、いくら咲SSだからって」

和「何の脈絡もなく風越のレズが須賀君狙うんですか!?」

美穂子「うるさいわね!エ口同人で1回出てるからいいのよ!」

和「咲さんにフラれたときを考えてストックするつもりなのに!」

美穂子「私だって久が駄目だった時の優良物件確保するの!」

和・美穂子「ぬぐぐぐぐぐぐぐ……」

京太郎「ひいぃ!何か怖いから逃げるー!!」スタコラサッサ


オンナたちは婚活の『無念』からキープの概念を理解した



105: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 20:25:34.28 ID:pt2J3nej0


長野県 龍門渕家


ハギヨシ「さて、休憩にしましょうか――ん?」

透華「…………」

ハギヨシ「透華お嬢様?」

ハギヨシ(はて、まだ授業中のはずですが?)

透華「ハギヨシ、貴方はこの龍門渕家の執事ですわよね」

ハギヨシ「……?はい、従順な執事でございますよ」ニコリ

透華「なら私を抱きなさい、命令です///」

ハギヨシ「はい、かしこまりま――――ファッ!?」



106: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 20:27:56.38 ID:pt2J3nej0


透華「////」ヌギヌギ

ハギヨシ「お嬢様、いきなり何を――」

一「あー!やっぱりいた!!」

衣「ずるいぞ!トーカ!!」

純「抜け駆けはよくねーよなぁ?」

歩「私だって萩原さんに孕ませられらいのに!」

智紀「歩、恐ろしい子っ……!」


ハギヨシ「」



107: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 20:30:29.26 ID:pt2J3nej0


透華「ひっ、控えなさい!主は私なのですよ!」

衣「片腹痛し!」

一「卒業までは休戦と決めたのは透華だよね」

歩「私なんていつも襲うの我慢してるんですよ!」

智紀「純、この子は危険」

純「亀甲縛りでふんじばっておくか」

ハギヨシ「身の危険を感じました!失礼します!」スタコラサッサ


オンナたちは婚活の『無念』からデキ婚勝ちの概念を理解した



109: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 20:35:54.26 ID:pt2J3nej0


○○「戒能さん、本当に良かったの?」

良子「ノープロブレム、ノープロブレム」

○○「俺田舎住みだし、給料だってそんな多くないし」

良子「私も田舎出身だし気にしませんよ」

良子「いざとなったら私も稼ぐし♪」チュ

良子(大沼プロのお墨付きなら信頼できます)

良子(こんな性格良い男、絶対に逃がさないですYO)


オンナたちは婚活の『無念』から普通の大切さの概念を理解した



110: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 20:39:31.26 ID:pt2J3nej0


C「全国各地で女子のアタックが発生しているらしい」

B「私も見かけましたね、例の映像流出から急に」

A「クックック……」

D「あれを戒めにして希望を探すようになった、か」

大沼「……」

D「大沼プロ、彼女たちの戦いは決して無駄ではなかったな」

大沼「……いや、それが――」



111: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 20:43:19.56 ID:pt2J3nej0


京太郎「ひええええ!」

和・美穂子「待てやゴラー!」

ハギヨシ「あわわわわわ!」

龍門渕一同「逃がさーーーーん!!」

京太郎「はっ、ハギヨシさん!?」

ハギヨシ「須賀君!貴方もですか!」



113: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 20:47:34.13 ID:pt2J3nej0


京太郎「俺のお○ぱい好きはもういなくなったのに……」

ハギヨシ「私も貴方と繋がってからずっとそうです」ニコッ

京太郎「ハギヨシさん////」

ハギヨシ「京ちゃん////」

京太郎「辿り着けるでしょうか、楽園に」

ハギヨシ「イケますよ、二人なら」コイビトツナギ


         ハギ京『 二人なら 』



114: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 20:50:29.19 ID:pt2J3nej0


A「」

B「」

C「」

D「」

大沼「確かに女性の必死さでカップル成立が増えた」

大沼「だが、必死になった女に付きまとわれ……」

大沼「安息を求めゲイカップルになる者も増えてるらしい」



119: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 20:55:02.86 ID:pt2J3nej0


A「ふふふ、参ったな(笑)」

D「いや、この責任はとってもらうぞ」

大沼「入って、どうぞ」

はやりん「貴方が私のダーリンですね!」

B(うわっ……)ザワッ

C(このプロきつい……)ザワッ

A「ククク……狂気の沙汰ほど面白いっ……!」アセッ


                      完



120: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 20:56:51.22 ID:pt2J3nej0

終わり!みんなも良いクリスマスにしよね!



123: ◆GtxVadXeUQ 2015/12/24(木) 21:07:21.25 ID:pt2J3nej0

Cは哲也さんってことにしておきますね
うーん、他3人に比べると存在感が・・・



元スレ
健夜「去り行く者達の権利」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1450940401/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月25日 16:18
      • 5 どうせ みんな 行き遅れる
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月25日 16:21
      • なんでそんなこと書いた!言え!なんでだ!
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月25日 16:23
      • 馬鹿野郎!なんでこんなSS投下した!言え!なんでだ!
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月25日 17:19
      • 笑うべきなのに、なぜか泣きたくなる不思議

        「戻りたい家庭があれば戦える」と
        つぶやいた声は 誰かに届くだろうか
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月25日 17:51
      • どうせ…みんな…行き遅れ…
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月25日 18:22
      • なんや…これは…
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月25日 18:29
      • 犬役がいないやんけ。
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月25日 19:01
      • 1  
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月25日 19:30
      • 悪いのアラフォーやん…
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月25日 19:57
      • ※7
        ネコはいたな、ええ声で泣きそうや(歓喜
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月26日 03:58
      • 見所もない上にノンケとは……

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務