TOP

肇「最初で最後の出来事」

1: ◆h.MDySkgWA 2015/11/30(月) 16:48:31.07 ID:AdU9VQfG0

モバマスSS

空想がちな肇ちゃんとプロデューサーとの純愛話です

書き溜めた文を分けて投稿しますので、よろしくお願いします

no title




2: ◆h.MDySkgWA 2015/11/30(月) 16:53:20.74 ID:AdU9VQfG0

縁側で一人ぼんやりいる静かな夜


「起きてこないかな…?」



ぽつりと呟いても響かないなんて久しぶり。



縁側横の畳の部屋で寝ているプロデューサー


今は、大切な人。


──さんと実家で過ごす夜も何度目かな?


オフだからって──さんと一緒に実家へ来て、
当たり前のように上がって。


両親もおじいちゃんも──さんのこと、すっかり気に入ってた



たまに一人でお仕事へ行くこともあるけど、気付いたら──さんが見ている


真剣な表情で見守ってくれて安心するし、何より嬉しい。


終わって声掛けたら褒めてくれて。

たまに『ぼーっとしてた』『見とれてた』
なんて言って困る事もあったけど…。



──さんと会わないオフもあるけど、瑛梨華ちゃん悠貴ちゃんと買い物行ったりするし。


作務衣着て陶工する時はおじいちゃんがいて、釣りに行くのも一人じゃないし…



私が一人でいるのって本当に久しぶり………。



3: ◆h.MDySkgWA 2015/11/30(月) 16:57:46.48 ID:AdU9VQfG0

腕を枕にして寝転ぶけど、慣れない姿勢だからちょっと痛い


もう夜だし寝ればいいと思う

でも何だかもやもやとしてて………



このまま寝ちゃうのは惜しく思える…………



…すぅ………






暖かい………


毛布…? 枕…?


寝ちゃってたのかな?

ゆっくり目を開けて



毛布が掛かっていて、枕代わりの太もも


この温もりは、──さんだ…。



4: ◆h.MDySkgWA 2015/11/30(月) 17:01:52.55 ID:AdU9VQfG0

「いつから、居ましたか?」


「! 起きたのか

ほんの数分前だな。

目が覚めたら隣に肇いなくて、
目の前の縁側で横になってる肇がいたから急いで毛布をと…」


「やっぱり寝かけてたんだ。

ありがとうございます…♪」


優しくてきゅんとする…



「…一人で考え事?」


「そうですね。いつも誰かといるから、一人で思い更けてました」


「そっか…。肇はずっと誰かといるもんな」

髪に沿ってゆっくり頭を撫でてくれるのは嬉しいけど…
まだ慣れなくて恥ずかしい


「もう少しいるか…?」


「………。」コクリ


「………。」


一人で思い更けている時には無い暖かみ


私の気分を察してくれて、静かに寄り添ってくれる


この空気が、会話のない二人きりの時間が好き…。



5: ◆h.MDySkgWA 2015/11/30(月) 17:06:52.01 ID:AdU9VQfG0

さっきは気付かなかったけど、

実家の縁側で寝転ぶと、夜空はこんなに綺麗に見れるんだ


暗い夜空を眺めてると、星々に照らされてたあの日を思い出す…




大舞台に憧れ、そんなイメージを重ねるように歌い、踊り…。


いつかの夢では綺麗な空に華やかな衣装を纏い、夢でないような

いつか照らされた中でも一番輝きたい!そんな思いも抱き…。


撮影で桜に思い馳せていた時も

月光と夜桜の風情に負けないくらい美しく輝く…

強い決心を持つと自然と不安や緊張が無くなり


初めて立った大舞台
自分のイメージした姿に辿り着けたと思うと心が踊って…!

一方で新しいイメージや未知のときめきを感じて。

まだこの先にある、私にしか分からない色を と思い…。


再び夜空の下に舞い、あの星々に照らされた頃を思うと景色が違って見える

夜風に委ね、舞い躍る…不思議な感覚

色んなことを知ったからこそ見える、出来るんだと。


新たな大舞台

自分を磨いてばかりで気付かなかった大切さを、ファンの歓声で気付かされ

"肇"って大きな声援を聞いた時には、涙が出そうだった…



長い日々でも本当にあっという間

色々と充実して、アイドルを頑張って本当に良かった…。




6: ◆h.MDySkgWA 2015/11/30(月) 17:13:42.74 ID:AdU9VQfG0

だからかな?


──さんへの…

想いや気持ちがずっとあるのも…。



はぐれたくないから、でも手を繋いでと言う時には気持ちを隠して言い


両親にも──さんをちゃんと紹介したくて実家に招き


また来年も、再来年も…一緒に夜桜を見たい
初めて想いをぶつけ


おじいちゃんが──さんを認めてくれてすごく安堵して


ほんの少しの時間でも、二人きりになれたエレベーターの中


かわいい だなんて言われて、言葉に詰まったり


ペアカップ作ろうと気合い入れたら、形作り失敗しちゃって


ちょっと強引に誘って一緒に泥にまみれ


お仕事を忘れるくらい、温泉街を──さんと歩き回りはしゃいで…



このまま、本当の気持ちを仕舞っているのも良いかなって思ってた




7: ◆h.MDySkgWA 2015/11/30(月) 17:17:05.85 ID:AdU9VQfG0

けど、


もう迷いたくない。


私をずっと支えてくれた大切な…



ぎゅっ



「いててっ!」


「あっ…!ごめんなさい…」


──さんの太もも握りつねっちゃった…


「急にどしたんよ…

今のは痛いって……」


「思い更けてたら…その……」


「よっぽどの事なんか…。
別に思い詰めなくてもいいよ。

腫れたり皮剥けた訳じゃないし」

けろっとした顔で笑ってくれて。


やっぱり口に出さなきゃ…考えても進めない…!




8: ◆h.MDySkgWA 2015/11/30(月) 17:20:56.54 ID:AdU9VQfG0

「はぁ……ふーっ…」


「………?」


私の小さな深呼吸に反応して、──さんも一呼吸



「あの、一つ気付いたことがあるんです。


大切なことを。


話してもいいですか?」


「ああ。そのことで思い更けてたなら…

聞かせてほしいな。」


真剣な眼差し、でも少し微笑んで

私の話を聞いてくれるときは、いつもこの表情


今夜は、今までで一番素敵な表情をしてる


「ふふっ………。




9: ◆h.MDySkgWA 2015/11/30(月) 17:24:27.47 ID:AdU9VQfG0

『ひとつのものに集中すると、どうしても視野が狭くなります。

この視界の広さが、アイドルには必要なんですね、──さん』



都会の夜風に身を委ねたあの日…

私が言った言葉です。
覚えていますか?」



「んー……言ってた気がする…」


「ほ、ほら…!
二人で乗ったエレベーターでの事です!」


「…ああ確かに、

そんな感じの言ってたな…」



「………」ぷく


「ごめん…。」


「…ふふっ。

あの日の私も、ふくれた顔してましたね」


お互いくすりと笑っちゃった


「ええと、話を戻しますね…」

「よし、改めてな」


さっきと変わらず真剣な眼差しで見てくれて、
やっぱり──さんに委ねて良かったって思う…。




10: ◆h.MDySkgWA 2015/11/30(月) 17:29:39.01 ID:AdU9VQfG0

「それを知ったのは"あなたの"言葉からでした。


じゃあ、アイドル以外はどうなのでしょう?


陶芸においても、
釣りを嗜む時も、
通ずるものがありました。



備前焼だけでなく、色んな陶器を実際に見て触って…。

色んなところに行けたからこそ出会えた陶器も沢山あって

作り手の感覚や気持ちが直に伝わり、陶芸家として心に来るものがありました…!


初めて、"あなたと"釣りに行ったことも…

一人かおじいちゃんとしか行ったことなかったから、何だか新鮮で嬉しくて。


昔の自分では夢物語だった事が、気付けば手の届くところにある…

アイドルを通じて『ひとつのもの』を少しずつ、視野を広げることが出来ました。




11: ◆h.MDySkgWA 2015/11/30(月) 17:31:55.50 ID:AdU9VQfG0

でも。


そのアイドルも


『ひとつのもの』

かなって思うようにもなりました。


そう思うようになったきっかけ…」


両手で──さんの手を包むように…


ぎゅっ


と…



「"あなたを"…!

──さんを好きになったから…!」



少し驚いた顔だったけど、目を瞑り迷わず



唇を交わして







12: ◆h.MDySkgWA 2015/11/30(月) 17:36:22.77 ID:AdU9VQfG0

────





「ん…………はぁ…。」


大胆…すぎたかな?

押し倒しちゃった


──さんが床に手を付いて肘から顔と、ゆっくり倒れてる感覚はあった


…私を守ってくれるように。


目を開けると動揺し硬直してる──さん

こんなに息荒くするんだ…




ダッダッタッ

「何か落ちたんか?」


「!?」

あっ、実家だからおじいちゃんいるの忘れてた



13: ◆h.MDySkgWA 2015/11/30(月) 17:41:57.77 ID:AdU9VQfG0

「──さっ…!んっ」

咄嗟に──さんが私を抱きしめ唇を奪って隣の畳部屋に転がって…



ボフッ


布団に戻ったけど急な出来事で…!?

とっ、とにかく落ち着かないと…!


スタスタ

「………起きとるんか?」



「スゥ………」


「………。」ドキドキ




「………んんー…

玄関か…?」


スタスタ…





おじいちゃんが去っても、──さんに背を向けたまま

さっきのことで振り向けない。


寝ちゃった のかな………?




14: ◆h.MDySkgWA 2015/11/30(月) 17:46:26.25 ID:AdU9VQfG0

「…お互い様か。」


「! …ごめんなさい。」


反射的に言っちゃった…



「謝る必要ないよ…

肇からするなんて思いもしなかったから、その…な。」


「──さんも急なことで気構えられなかったし、お互い様ですよね…」


「それもあるけど…

さっき、肇が息ぴったり転がってくれて助かった

毛布と一緒にしがみ付いてくれて、畳の方に体重かけてな」


「床に当たったら響いちゃうと咄嗟にしただけですし。

畳へ体重かけた後は──さんに委ねてましたから…」

あんなことは初めてだったし、委ねた後は頭真っ白



「肇は…キスしたの怒ってる…?」


「そんなことありません。

でも…情に浸れなかったのが残念です」


「思い付きで動いたからな…

舌噛んだりしたら困るしああするしか」



「…ありがとうございます。」

「あ、あぁ……」



15: ◆h.MDySkgWA 2015/11/30(月) 17:50:50.00 ID:AdU9VQfG0

もう振り向いても大丈夫

──さんと改めて話してたら緊張しなくなったし


ゴロン


「ねぇ…。

さっきの続きですけど…」


「ああ、そうだったな

…続きを聞かせてほしい。」


「その続きは、まだ夢なんです。」


「夢?」


「はい…。

今までは、交互に手を引いて進んできた道なんです

でも、これからはお互いに手を取り合って進んでいきたい。


"あなたと"夢を見たい、叶えたいから…



これからも、一緒にいてもらえませんか?」



私がどんな笑顔に見えたのかは"あなたに"しか分からないけど、


一番の笑顔が出来たかな。




16: ◆h.MDySkgWA 2015/11/30(月) 17:54:13.91 ID:AdU9VQfG0

「肇がそうしたいなら…添い遂げるよ」


「ありがとう…ふふっ………」



面と向かって言えて、言われ


委ねるようにゆっくり目を瞑り


心は温かくなり、体は徐々に熱くなってきて



体が何か暖かいものに包まれる感覚



これは、


最初で最後の出来事


だから忘れないでいよう…




『私の夢は、あなたと夢をかなえること!

きっと、そうなんだって』



想いを重ねることが出来た今、



"あなたを"私の夢へ誘いましょう…………







17: ◆h.MDySkgWA 2015/11/30(月) 18:04:56.16 ID:AdU9VQfG0

以上です

長々とお付き合いありがとうございました
これからも、藤原肇をよろしくお願いいたします



元スレ
肇「最初で最後の出来事」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1448869710/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (21)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月30日 19:12
          • 確認を待つ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月30日 19:20
          • セーフ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月30日 19:20
          • 安全確認OK
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月30日 19:22
          • ※2
            ※3
            ありがとう。
            安心して読めるわ。
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月30日 19:32
          • モバPたちの脳裏にトラウマがよぎってますね・・・
            割とマジでどんなSS読んでそうなったんだ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月30日 19:36
          • ※5 知らないならそのままの方がいい
            割とマジで
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月30日 19:39
          • 安心して読める。
            肇ちゃんの名前が出るたび先にコメ欄に来るようになってしまった。
            あとDMZ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月30日 20:16
          • 知らない俺は幸せなのか...
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月30日 20:37
          • ※8
            幸せだよ。肇ちゃんが好きなら尚の事。
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月30日 20:39
          • ※8 幸せだな。アレは胸糞悪い。
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月30日 22:18
          • 肇ssでハッピーエンド。
            よかった。本当に
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月30日 22:48
          • 声が付かないのはぴったりな声優を探しているからと思っておこう
            ちゅーか肇ssってどうしてそんなに警戒されてんだ?
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月30日 23:13
          • ※12
            わざわざ調べなくてもいい
            知らないままの方が幸せな事だってあるさ

            というか、調べて読んで欲しくない
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月30日 23:26
          • 簡単に言えば肇をタイトルに入れたキャラディス胸糞作品を連投した荒らしが昔いた
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月30日 23:33
          • 勇気ある※2と3に感謝と拍手
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年12月01日 00:31
          • よし、コメ欄確認したので読もう。

            BADEND好きもいるだろうし、胸糞に目覚める人もいるかもしれんから読みたい人は探せばいいと思う。
            このブログにもあるから。
            まだ肇ちゃんのSSが少なかった頃にずっと続くからすごいキツかった
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年12月01日 00:35
          • ちゃまPに続いて響子Pも強いられる戦いに終止符を打ったが肇Pはまだ戦いが続くのだろうか…?
            まぁ拓海の姉御を次以降持ち越しにしたお陰で、
            12弾までソロCD出るのはほぼ確定だからそれまでの間に出るとは思うが…
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年12月01日 00:46
          • 抱きしめてキスした上で縁側から肇ごと転がって部屋の布団の中に潜り込むって
            慌ててた割りに随分余裕じゃね?


            お前ら関係無いSSのコメ欄であのシリーズの感想を書いてやってる辺り
            イズルPの熱狂的なファンにも見えるなw
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年12月01日 02:56
          • アンチが一番のファンだとはよく言ったもので
            別にここの人たちを馬鹿にしてるんじゃなくてね
            でもそこまで書かれると押すな押すな的な心理働いちゃう人もいるよね
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年12月01日 06:31
          • 例のSSは確か歌鈴と藍子が出てた様な気がする
            但しオススメはしない
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年12月01日 20:09
          • そんなに読むなよ、読むなよ、って言われるとフリかな?って思うわ

            とりあえずその胸糞のタイトルだけ教えて

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 父「父さんな>>5(ペプシマン)になろうと思うんだ」
        • 【とある】佐天「ツァーリ・ボンバを落とす能力か~」
        • 【グランベルム】満月「最近私の私物がなくなってる気がする…」
        • 彡(゚)(゚)「ワイは空条J太郎やで」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ