TOP

橘純一『soldier game』

1: ◆14OmzaYn4c 2015/09/11(金) 00:30:53.64 ID:noGwXm2U0

アマガミ×ラブライブです。

橘純一と絢瀬絵里のお話です。

大将にならどんな女の子でも任せられるという方以外は
気分を害する場合がありますので、ご注意ください。

また、アマガミ側の今回の主な登場人物は森嶋先輩と塚原先輩です。

超ゆっくり投下になりますので、読んでくださる方いらっしゃいましたらご容赦ください。

前作 橘純一『Snow halation』橘純一×高坂穂乃果




2: ◆14OmzaYn4c 2015/09/11(金) 00:31:51.52 ID:noGwXm2U0

~デアイ~
『いつもより早く目が覚めたぞ…今日は余裕をもって登校できそうだ!』

ピュゥゥ
橘(うぅ~…寒いなぁ)

橘(今日は珍しく早く目が覚めたからこんな時間に通学路を歩いているけど…)

橘(こんなに寒いならもう少し家で暖まってればよかったかも…)

橘「…」スタスタ

橘「…?」

橘(あれは…)



3: ◆14OmzaYn4c 2015/09/11(金) 00:32:22.22 ID:noGwXm2U0

橘「…なにしてるんです?」

??「え?…橘君」

橘「おはようございます、森島先輩」

森島「うん!おはよう!今日は随分と早いね?」

橘「なんだか目が覚めちゃって。森島先輩は、いつもこの時間なんですか?」

森島「ううん、今日は特別!有名なアイドルが私のクラスに転校してくるらしいから、誰よりも早く見たくて!」

橘「あー!輝日東にスクールアイドルが来る、って話ですか。先輩のクラスだったとは…」

森島「そうなの!でもね、気付いちゃったの」

橘「? 何にですか?」

森島「いくら早く行ったって転校生には会えない、って…」

橘「…」



4: ◆14OmzaYn4c 2015/09/11(金) 00:32:49.89 ID:noGwXm2U0

森島「だってそうでしょ?転校生って、先生に連れられて朝のHRで紹介するから」

森島「いくら早く登校したって教室にはいない…」

橘「…まぁ」

森島「こんなことに気付かなかったなんて…!」

橘「それで、こんなところで首をひねっていたわけですね?」

森島「ううん。それはもういいの」

橘「え?じゃあなにを…」



5: ◆14OmzaYn4c 2015/09/11(金) 00:33:59.64 ID:noGwXm2U0

森島「早起きを無駄にしたくない私は思い出したの…!今日水泳部で朝練があるってひびきが言ってたことを…!」

橘「!」

森島「それでね、今日はどうやって覗こうかって迷ってたの。最近どこから行っても見つかっちゃうし…」

橘「なるほど…それは…」

森島「…ここで会ったのも何かの縁だし、橘君も行く?」

橘「はい!もちろん、ご一緒させていただきます!」



6: ◆14OmzaYn4c 2015/09/11(金) 00:34:26.46 ID:noGwXm2U0

森島「オーキードーキー!いい返事ね!」

橘「ふふふ…それでは森島先輩。僕が最近見つけたとっておきの場所を森島先輩にお教えしましょう!」

森島「ええ!?そんな場所があるの!?教えて教えて!」

橘「慌てないで下さい!いくらとっておきでも、騒いでたらバレます」

森島「…!そうね。私としたことが、あまりの嬉しさにはしゃいじゃったわ…!」

橘「心意気は良しです!さぁ、行きましょう!」

森島「おー!」



7: ◆14OmzaYn4c 2015/09/11(金) 00:35:03.34 ID:noGwXm2U0

―――――――――――

―――――――

――――

??「ふぅ」

??(早く来すぎちゃって校長先生へのご挨拶も終わったし、校内の見学でもしようと思ってうろうろしてたのはいいけれど…)

ピュゥゥゥ

??(ここどこなのかしら)

??(いや、決して私が方向音痴とかではなくて!)

??(知らない場所だから、適当に歩いたらどこかわからなくても当然よねっ)ウンウン

??「…」



8: ◆14OmzaYn4c 2015/09/11(金) 00:35:55.02 ID:noGwXm2U0

??「はぁ…」

??(担任の先生がまだ来てらっしゃらないから適当な時間にまた戻ってご挨拶しないといけないのに…)

??(…)

??(かしこいかわいいはどこに行っちゃったのかしら…)

…センパイ!モウスコシツメナイトボクガミエマセン!

セマインダカラシカタナイシカタナイ!

??「…?」

??(声…ここの生徒?)



9: ◆14OmzaYn4c 2015/09/11(金) 00:36:34.24 ID:noGwXm2U0

??「!」ピーン

??(恥ずかしいけれど…校長室までの道を聞きましょう!)

??(名案ね!)チカァ!

??「…」スタスタ

橘「ああっ、やっぱりスクール水着はいいですね!」

森島「ベリグー!ひびきみたいなスタイルで着こなされると、もうなんとも言えないわね!」

??「…」

??(この人たちは一体何を…)



10: ◆14OmzaYn4c 2015/09/11(金) 00:37:10.43 ID:noGwXm2U0

??「あの…」

橘「いやー覗くなら上の窓からですよ!室内プール場が少し地下に作られてるのがポイントですよね!」

森島「うんうん!いいところに目をつけたわね橘君…!そのセンスに脱帽だわ…!」

??「…」

??「のぞき?」

森島「…?」クルッ

橘「え?」クルッ



11: ◆14OmzaYn4c 2015/09/11(金) 00:37:42.48 ID:noGwXm2U0

??「あなたたち、こんなところで何をしているの?」

橘「え!?な、なにって、そのですね…」

森島「あー…うーんと…」

??「…」グイッ

橘「ああっ!その窓は…!」

??「…なるほど、ね」

森島「ど、どうか水泳部には内密に…」

??「…」コホン

??「みなさーん!ここに覗き魔がいますよー!」

橘「ひっ!」

森島「あ、ああ、あ…」

ノゾキ?…アッ!アンナトコロニ!マタアノフタリカァ…ザワザワ



12: ◆14OmzaYn4c 2015/09/11(金) 00:38:40.69 ID:noGwXm2U0

??「まったく…転校して早々こんな場面に出くわしちゃうなんて」

橘「…転校?」

森島「…!もしかして」

??「…一応自己紹介しておこうかしら」

絵里「音ノ木坂学院から特別転校してきた、絢瀬絵里よ。覗き魔さんたち」

森島「…!音ノ木坂!スクールアイドルの子ね!」

橘「す、すごい!どうりで綺麗な人だと…」

絵里「…褒めていただけるのは嬉しいけど、ご自分の立場を考えて発言するべきよね?」



13: ◆14OmzaYn4c 2015/09/11(金) 00:39:25.01 ID:noGwXm2U0

橘「へ…」

森島「…!」

??「…はるか、橘君」

橘「あ…!」

森島「ひ、ひびき…!」

塚原「…どなたか知りませんが、ありがとうございます。この2人覗きの常習犯で、まさかこんなところから見てたとは…」

絵里「そ、そうなの…」

森島「ご、後生だから!ひびき!もうしないからぁ!」

橘「僕も誓います!もう覗きなんてしません!」

塚原「その台詞も何度目よ…」ハァ



14: ◆14OmzaYn4c 2015/09/11(金) 00:40:03.09 ID:noGwXm2U0

絵里「…ふふっ」

塚原「…?あの…」

絵里「あ、私、音ノ木坂から特別転校してきた、絢瀬絵里。よろしくね?」

塚原「ああ、あなたが噂の…私は3年生の塚原響。こっちが同級生の森島はるかで、そっちが2年生の橘純一君よ」

絵里「塚原さんに森島さんに橘君ね」

森島「はるかって呼んでいいのよ!」

橘「ぼ、僕も純一って呼んでください!」

塚原「こら、何調子に乗ってるの。これからお説教でしょ」

森島「ふぇぇん…」

橘「ふぐぅぅ…」



15: ◆14OmzaYn4c 2015/09/11(金) 00:40:30.58 ID:noGwXm2U0

絵里「ふふふっ…覗き魔さんも形無しね。見た感じそんなに深刻な事件じゃなさそうで安心したわ」

塚原「そうね…いい加減反省はしてほしいんだけれど…。ところで、絢瀬さんはここで何を?」

絵里「え?あ…」

塚原「?」

絵里「その、えっと…」

橘「…?」



16: ◆14OmzaYn4c 2015/09/11(金) 00:41:04.27 ID:noGwXm2U0

絵里「…校長室ってどう行けばいいのかしら…」カァ

森島「!」

橘「か、」

森島「かわいい!」

絵里「う…」

塚原「こーら、意地悪しない。校長室ね?ここを校庭側に出て…で…を…」

絵里「…わかったわ、ありがとう塚原さん!それじゃあ、私行かないと…」

塚原「ええ。また機会があったらよろしくね」

絵里「もちろん!そっちの覗き魔さん2人も、ね?」



17: ◆14OmzaYn4c 2015/09/11(金) 00:41:44.78 ID:noGwXm2U0

森島「うん!よろしく!」

橘「よろしくお願いします!」

塚原「さ、行くわよはるか、橘君」

森島「う…」

橘「うぅ…」





橘(こうして朝から塚原先輩に怒られた…)

橘(けど、絢瀬絵里先輩か)

橘(…かわいかったな)

橘(ものすごくかわいかったな…)

橘(さすがアイドル…)



26: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:28:33.62 ID:pP/cN/SB0

『教室もアイドルが転校してくる話題で持ちきりだ!』

―――――教室
ガララッ

橘(や、やっと終わった…)

橘(せっかく早めに起きたのに教室につく時間はいつもと変わらないなんて…)

橘(…)

橘(次はもっとうまくやろう…)

ザワザワ…アイドルガ…ザワザワ…

橘(…聞き耳を立てていると、みんなやっぱり転校してくるアイドルが気になってるみたいだ)

橘(ふふふ…僕は一足先に拝ませてもらった!)バーン!

橘(すごくかわいかったなぁ…)ニヤニヤ



27: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:29:25.54 ID:pP/cN/SB0

梅原「よう!大将。なにニヤついてるんだ?」

橘「ん、梅原。おはよう。そんなに顔に出てたか…?」

梅原「ああ。完全に悪い顔してたぜ…」

橘「気をつけるよ」

梅原「そうしろそうしろ!…にしても、朝からクラスが騒がしいな。やっぱりアレか?」

橘「だろうな。高校生活史上最大のニュース!だし」

梅原「なんだなんだ、大将まで興味津々かぁ?」

橘「梅原はそうでもないのか?」



28: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:30:14.91 ID:pP/cN/SB0

梅原「んー、まぁ人並みには、ってところだな」

橘「ふーん…でもすごいかわいかったぞ」

梅原「なに!?大将、もう見たのか!?」

橘「あー…うん、偶然ね」

梅原「へぇ!さすがだぜ…なら俺が仕入れた情報もいらねぇかな?」

橘「な、なに!?なにか知ってるのか梅原!」

梅原「おうよ!転校の噂が出たときから確かなスジから集めた情報だ!」

橘「ふむ…」

梅原「でも実物を見たんならなぁ…」

橘「いや、名前と学校しか聞いてないぞ!教えてくれ!」



29: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:32:18.67 ID:pP/cN/SB0

梅原「そうか?なら…知ってる通りだと思うがまず名前は絢瀬絵里。女子高の音ノ木坂学院3年生」

橘「うんうん。後から思ったけど、音ノ木坂って国立の伝統女子校だよなぁ」

梅原「そうだな。そしてなんと元生徒会長!凛とした雰囲気があるとかないとか」

橘「あぁ…たしかに、あるとかないとか…」

梅原「?…まぁいい。あとの情報は見た目についてなんだが…実際見たんだろ?」

橘「い、一応聞いておくよ」

梅原「おう。金髪、白い肌、グラマラスボディと3拍子揃ってて、ハーフじゃないかとも言われてるらしいぜ」ゴクリ

橘「ハーフ…」ゴクリ



30: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:34:52.68 ID:pP/cN/SB0

橘「あんまりじっくり観察できなかったし、思い返すとそうだったかも…」

梅原「と、こんなもんだな。ここまで聞き出すのも苦労したんだが、やっぱり百聞は一見に勝てねぇもんだ」

橘「いや、ありがとう!話を聞いたらこれはもうなんとしてでも脳に焼き付けるくらい見ておかないとってなったぞ!」

橘「…というか梅原、そこまで調べておいて人並みにしか興味はないって…」

梅原「おっと、そろそろ麻耶ちゃんがくるなー!席つかないとなー!」クルッ

橘「おい!梅原!」

梅原「はっはっはっはー!」スタスタ

橘「…結構楽しみにしてたんじゃないか」

橘(でも、いい情報をきいたぞ!)

橘(なんとかしてもう少しじっくり見れないかな…)



31: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:35:49.83 ID:pP/cN/SB0

『噂のスクールアイドル、絢瀬先輩を見に行こう!』

―――――昼休み

橘(さて)

橘(昼休みだし、3年生の教室まで行って遠くから見るだけでも…!)ガタッ

橘「梅原」

梅原「んぁ?どうした大将」

橘「3年生の教室行くけど一緒に行くか?」

梅原「…あー…やめとくよ」

橘「えっ?なんで…」

梅原「行けばわかるさ。とにかく俺はパスだ」

橘「?」



32: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:36:22.28 ID:pP/cN/SB0

――――――

橘「うーん…」スタスタ

橘(梅原のヤツ、やけにノリが悪かったな…どうしたんだろう)

橘「…」

橘「お、そろそろ着くぞ…」スタ…

ワーワー!キャーキャー!オスナヨ!イタイイタイ!!ワー!

橘「…」

橘「?!」

橘(なんだこれは…あのクラスの周りだけ人が集まりすぎてる…)



33: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:37:28.41 ID:pP/cN/SB0

橘(廊下までびっちりじゃないか!いったいなにが…)

橘(…)

橘(はっ!もしかして…)

橘(あの中心に絢瀬先輩がっ!?)

橘(たぶん間違いないだろう…イベントに飢えてる輝日東の学生のことだ…)

橘(…)

橘(さて、どうする)

橘(おそらくあんなところに突っ込んだらタダじゃ済まない)

橘(かといってこのまま引き下がるのか?)



34: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:38:06.83 ID:pP/cN/SB0

橘(…)

橘「いや…」

橘(行くしかない!)キッ

橘(行動しないと何も始まらないじゃないか!)

橘(男を見せろ橘純一!)

橘「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」ダッ



35: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:38:50.99 ID:pP/cN/SB0

――――――――――――――――――――――――――――――


―――――――――――――――――――

――――――――――――

――――――




36: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:39:22.09 ID:pP/cN/SB0

ガラッ

梅原「お、大将!どうだっ…」ギョッ

橘「む、無理は…よくないな…」ボロ

梅原「もしかして特攻したのか?あの人だかりに…」

橘「ああ…でも悔いはない…僕は十分戦ったよ…」

梅原「…そうだな。今は休め。大将はよくやったよ」ポンポン

橘「うん…おやすみ梅原…」フラフラ







橘(…こうして、僕は放課後まで一回も起きることなかった)

橘(人の力を侮っていたよ…)



37: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:40:08.83 ID:pP/cN/SB0

『今日は散々だった…帰ろう…』

橘(あー…まだ体中痛いよ…)

橘(梅原は家の手伝いで先に帰っちゃったし)

橘(1人で帰るか…)



38: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:41:02.01 ID:pP/cN/SB0

――――――――――

――――帰り道、公園
橘(うう、動くと痛い…)

橘(公園で休憩していこう…)スタスタ

橘「…」トサッ

橘「ふぅ…」

橘(座ると少し楽だなぁ。家にたどり着けるといいけど…)

??「…あっ!」

橘「?」

??「キミ、輝日東高校の人?ちょっと聞きたいことがあるんだけど…」

橘「はい…?」チラッ



39: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:41:33.03 ID:pP/cN/SB0

橘「…!」

橘「あ、絢瀬先輩!」

絵里「え?あ!朝の覗き魔の!」

橘「う、それは…」

絵里「冗談よ、冗談。橘君、よね?」

橘「はい!覚えてくださってたんですね!」

絵里「そりゃもう。忘れようとしても忘れられない出会いだったわよね?」

橘「うぐ…」



40: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:42:30.83 ID:pP/cN/SB0

絵里「ふふふっ、ちゃんと塚原さんに絞られたみたいだったし、もうあんなことしちゃだめよ?」メッ!

橘「あはは…」

絵里「ところでこんなところで何を…」

橘「何ってわけじゃないんですが…」

絵里「?」

橘「…ちょっと休憩してまして」

絵里「休憩?橘君、部活でもやっていたの?」

絵里「にしては中途半端な時間よね…」

橘「はは…」



41: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:43:00.56 ID:pP/cN/SB0

絵里「…?」

絵里「…」ジッ

絵里「…!」

絵里「よく見たらすごい怪我じゃない!大丈夫なの!?」

橘「あ、は、はい…なんとか…」

絵里「うーん…あ!そういえば…」ゴソゴソ

絵里「はい、これ。湿布と絆創膏!」

橘「ええっ!?そんな、悪いですよ!」

絵里「いいのよ。これも何かの縁、でしょ?」

橘「う、ありがとうございます…」



42: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:43:33.02 ID:pP/cN/SB0

絵里「素直でよろしい。絆創膏貼ってあげるからじっとしててね?」ペリペリ

橘「…」

橘「は?」

絵里「よいしょ…」スッ

橘「うわっ!近い!近いですよ!」

絵里「あ、こら!動かないの!」ガシッ

橘「う、ぐぐ…」

絵里「いい子いい子。…ここね」ペタッ



43: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:44:13.62 ID:pP/cN/SB0

橘(…なにが起きているんだ)

絵里「あとは…うわ、痛そうな痣…」ペタペタ

橘(どう考えたっておかしいぞこの状況は…)

橘(しかし言えることは1つ)

橘(絢瀬先輩は天使で、ここは天国ってことだ…)ジーン

絵里「よし、できた。なにしたらこんな怪我になるのかしら…」

橘「あっ、ありがとうございます!ちょっと色々ありまして…」

絵里「なに?聞かれたら困ることなのかしら?」クスッ

橘「そ、そんなところですね!はははっ!」

橘(ばれたらかっこ悪いしそういうことにしておこう…)



44: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:48:12.87 ID:pP/cN/SB0

絵里「あ、またのぞきで失敗したとかじゃないでしょうね?」

橘「違いますよ!流石に今日の今日でのぞきは…」

絵里「その言い方だと、またいつかはやります!って言ってるようなものよ?」

橘「はっ!」ビクゥ!

絵里「クスッ…あなたって面白いわね。水泳部も慣れてたみたいだったし、私からとやかく言うのはやめておいてあげる」

橘「うぅ…ありがとうございます?」

絵里「どういたしまして」クスクス

橘(…)

橘(改めて見ると)

橘(かわいいと言うより美しいのかも…)ポーッ



45: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:50:02.30 ID:pP/cN/SB0

絵里「…?」

橘「…」ポーッ

絵里「…橘君?どうかした?」

橘「へ?あ、いえ!なんでもないです!なんでも!」

絵里「そう?…もしかして、私に見惚れてた、とか?」

橘「え!?な、なんでわかったんですか!?」

絵里「っ!?」

絵里「も、もう、私だってアイドルだし、それに女の子はそういうのはわかるものよ!?」プイッ

橘「そうですか…すみません、すごく綺麗だったので…」



46: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:50:39.40 ID:pP/cN/SB0

絵里「…」フー…

絵里「とにかく!…橘君はそういうの、特にわかりやすいタイプのようだから、気をつけるように!」

橘「ハイ…」

絵里「うん、よろしい」

橘「…?」

絵里「な、なに?」

橘「…絢瀬先輩、顔が赤いですよ」

絵里「!?」ビクゥ



47: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:51:07.99 ID:pP/cN/SB0

橘「風邪とかじゃ…」

絵里「だ、大丈夫よ!心配しないで!」

橘「でも」

絵里「…っと!私そろそろ帰る時間が!」

橘「え?…もうこんな時間でしたか」

絵里「それじゃあ橘君、また会いましょう」シュタッ

橘「はぁ…あ!絆創膏と湿布、ありがとうございました!」

絵里「どういたしまして…じゃあね?」

橘「はい!また!」フリフリ

絵里「―――!」ブンブン



48: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:51:33.93 ID:pP/cN/SB0

橘(…奇跡だ)

橘(これが、奇跡…)

橘(…)ムズムズ

橘(うおおおおおおおおおおおおおお!!!!)

橘(とりあえず帰ったらスクールアイドルについて調べよう!!!)グッ!

橘(絢瀬先輩のことをもっとよく知らないと!)

絵里「…あの~」ヒョコッ

橘「うわぁ!?」ビクッ

橘「あ、絢瀬先輩?」

絵里「そもそも私、道がわからなくて声をかけたんだったの…」

絵里「その…駅までの道、教えてくれない?」

橘「へ」



49: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:52:51.47 ID:pP/cN/SB0


橘(…)

橘(…)

橘(…)

橘(…)

橘(…)

橘(…)

橘(…)

橘(…)

橘(…)

橘(…)




橘(…やっぱりかわいいです)



50: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:53:24.37 ID:pP/cN/SB0

絵里「…橘君?」

橘「よろこんで!」バッ

絵里「そんな急に立つと!」

橘「あ、っつー…」ズキズキ

絵里「無理しなくても、口頭で教えてくれればいいのよ?」

橘「いえ!お供します!」

絵里「橘君、お家は駅の方なの?」

橘「いえ…違いますけど…」



51: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:53:54.12 ID:pP/cN/SB0

絵里「ならだーめ!無理しないで?」

橘「うぐ…」

絵里「ね?」

橘「ハイ…」

絵里「それでよし。で、駅への道なんだけど…」

橘「はい、そこの道を…~で…~へ曲がって…」



52: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:54:25.60 ID:pP/cN/SB0

――――――

絵里「…うん、わかったわ!ありがとう橘君!」

橘「いえいえ、このくらいはお安い御用ですよ!」

絵里「頼もしいわね」クスッ



橘(その後、絢瀬先輩は軽く会釈をして夕闇に消えていった)

橘(夢みたいな時間だったけど…)

橘(体中痛いし、現実なんだな…)

橘(…へへへ)



53: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:55:00.13 ID:pP/cN/SB0

『やっと家だ…早く寝たい…』

橘「つ、着いたぞ…学校から家までこんなに遠かったっけ…」

橘(途中絢瀬先輩に会ってなかったら危ないところだったな…)

美也「…にぃに?」

橘「…美也か。ただいま」

美也「なにその怪我!大丈夫?」

橘「ああ…なんとかな」

美也「…すごい怪我なのになんでそんなにニヤついてるの?」



54: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:55:34.06 ID:pP/cN/SB0

橘「え!?に、にやついてなんて…」

美也「あ、もしかしてかわいい女の子と知り合いになれたとか?」ニシシ

橘「…」

美也「図星なの!?ふぇー、わかりやすいねにぃに!」

橘「それがな、ただのかわいい女の子とはわけが違うんだ」

美也「え?それってどういう…」

橘「今日、スクールアイドルが転校して来ただろ?」

美也「うん!たしか3年生だー、って」

橘「なんと帰りに偶然話しかけられてな!」



55: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:56:08.10 ID:pP/cN/SB0

美也「えぇーっ!?いいないいな!サインとかもらった!?」

橘「サインって…」

美也「もらってないのー?ダメだなぁにぃにはー!」

橘「むしろなんでサインを…美也、もしかして元々ファンだったとか?」

美也「ううん?今もらっておけば、有名になったときに価値が出るかもでしょ!」

橘「なんてヤツ…」

美也「あ、でも逢ちゃんとパソコンでμ’sの歌は見たよ!すごかった!」

橘「ミューズ?」



56: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:56:42.73 ID:pP/cN/SB0

美也「えー?知らないのにぃに!転校してきた人のいるスクールアイドルグループだよ!」

橘「ふーん…で、パソコンに動画があるのか?」

美也「ゆーちゅーぶにあったよ!にぃにも見てみたら?」

橘「うん、そうしようかな」

美也「じゃあ、みゃーはお風呂に入ってくるのだ!覗かないでよ?にぃにっ」スタスタ

橘「覗くかっ!」

橘(…パソコンか)スクッ



57: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:57:56.57 ID:pP/cN/SB0

――――――自室
橘「えーっと…」カチカチッ

〈ハロウィンイベント♪スクールアイドルライブ動画!〉

橘「これかな?」カチッ

イッツアマージカール!フシギガグウゼンヲマーネイーテールー

橘「…!」

橘(絢瀬先輩だ。本当にアイドルなんだな…)

橘(絢瀬先輩以外にも、こんなにかわいい子達が…)

モットモットーオードラセテー! ミンナミンナートーマラナイー!

橘(…すごい。こんな人が、うちの高校に…)



58: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:58:28.25 ID:pP/cN/SB0

橘(…すごい。こんな人が、うちの高校に…)

橘「…」

橘(…ん?μ’sの紹介ページ?)カチッ

橘「絢瀬絵里…ロシア人のクォーター…元生徒会長…」

橘(クォーターかぁ…やっぱりなぁ。綺麗さが段違いだし…)

橘(あと、生徒会長。似合うなぁ…)

橘「…なになに?ダンス、歌はもちろん、衣装までグループ内で仕事を分けて手作りしてます…」

橘「ラブライブ出場、優勝に向けて頑張ります?ラブライブってなんだろ…」ハテ

橘「…」カタカタ



59: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:58:59.19 ID:pP/cN/SB0

――――――――――――――――

―――――――――――

――――――

橘「…」

橘(なんてこった…)

橘(スクールアイドル…μ’s…)

橘(僕が思ったよりもアイドルって…すごいんだ)

橘(目標があって、努力して、有名になって…)

橘「すごい人と知り合ったんだなぁ…」



60: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 00:59:36.33 ID:pP/cN/SB0

橘(でも音ノ木坂は女子校だし、男の友達は少ないはず)

橘(もっと近づけたら、唯一の男の仲良しの後輩…!?)

橘(…)

橘(無理かなぁ…)

橘(今日は偶然に偶然が重なって名前まで覚えてもらえたけど)

橘(休み時間の感じだと、近づくどころかまたお話しするだけでも大変そうだ…)

橘「…」ハァ

橘「…」ウーン

橘(道があるとするなら…)



61: ◆14OmzaYn4c 2015/09/12(土) 01:00:09.33 ID:pP/cN/SB0

橘(やはり森島先輩と塚原先輩…)

橘(朝の一件もあるし、あの2人が絢瀬先輩と仲良くなればもしかして…)

橘(森島先輩のことだ…せっかくのチャンス、放っておくわけがない)

橘(…もしかしたら同じクラスに転校してきた可能性もある)

橘(ひょっとしたらひょっとするかも…?)

橘「よーし!ちょっと無謀だけど、明日は森島先輩に話を聞こう!」

橘「やれるだけやってやるぞー!」オーッ!

パソコン<ハラショー!



63:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/12(土) 01:09:42.26 ID:2XQcPOU4o

ハラショー!



68: ◆14OmzaYn4c 2015/09/16(水) 02:05:11.90 ID:Z36GxPVu0

『森島先輩に話を…聞けるかな…』

――――三年生教室前

ザワザワ…

橘(…昨日より増えてる)

橘(…しかも)チラッ

ザワザワ…モリシマハルカトアヤセエリノクミアワセナンテ…ザワザワ…

橘(周りの話から察するにこの真ん中にお2人ともいそうだ)

橘(もう突っ込んで怪我するのも嫌だし、なによりまだ治ってないし…)



69: ◆14OmzaYn4c 2015/09/16(水) 02:05:55.04 ID:Z36GxPVu0

橘(…)チラッ

橘(絢瀬先輩の貼ってくれた絆創膏…)

橘(これを無駄にしてまで突入することは僕にはできないっ…!)

橘(残念だけど出直そう…出直してどうにかなるわけじゃなさそうだけど…)

橘「はぁ…」トボトボ



70: ◆14OmzaYn4c 2015/09/16(水) 02:06:46.97 ID:Z36GxPVu0

『仕方ないとはいえ、情けなかったかなぁ…』

―――――昼休み、屋上

橘(…はー)ストッ

橘(やっぱり玉砕覚悟で突っ込めばよかったかなぁ)ガサガサ

橘(こんなんじゃお近づきになる前に転校期間が終わっちゃうんじゃないか…)バリッ

橘(…というかいつまで絢瀬先輩は輝日東にいるんだ!?)ハッ!?

橘(しまった、そこを気にしてなかった…)

橘(どうするかなぁ…)ウーン



71: ◆14OmzaYn4c 2015/09/16(水) 02:07:17.43 ID:Z36GxPVu0

??「…」ガチャ

橘「うーん…」モグモグ

??「…? 橘君?」

橘(高橋先生ならもしかしたら知ってたり…)

??「橘くーん?」

橘(聞いてみるだけでも…)

??「おーい!橘君!」

橘「ふあっ?」パチッ

絵里「やっと気付いた?」

橘「え」

橘「あ、あああ絢瀬先輩!?」



72: ◆14OmzaYn4c 2015/09/16(水) 02:07:59.76 ID:Z36GxPVu0

絵里「そんなに驚かなくてもいいじゃない…」

橘「す、すみません!でもどうしてここに!?」

絵里「それがねー…」

 森島『絢瀬さーん!一緒にお昼どう?』

 絵里『森島さん。いいわよ!どこで…』

 塚原『こら、はるか。進路相談今日でしょ?』

 森島『え!?そういえばそんなこともあったようななかったような…』

 塚原『連れてくるように言われてるのよ。じゃあ、悪いけど絢瀬さん、私たち職員室行かないといけないから…』

 森島『あーん!ひびきのいけずー!』

絵里「…ってことがあって」

橘「森島先輩…」



73: ◆14OmzaYn4c 2015/09/16(水) 02:08:51.63 ID:Z36GxPVu0

絵里「その後教室で食べようと思ったんだけどね…あんまり人が集まってきちゃって、迷惑そうだったから抜け出してきちゃった」

橘「大人気ですからね!」

絵里「私もここまでとは思わなかったわ…」

橘「ははは…でも、どうして屋上に?」

絵里「いつもアイドル活動の練習してるのが屋上で、この学校の屋上はどうなってるのかなって思って」

橘「屋上で練習を?」

絵里「ええ。運動部の活動があるし、場所がなくて」

橘「へー…」



74: ◆14OmzaYn4c 2015/09/16(水) 02:09:37.65 ID:Z36GxPVu0

絵里「最初はこんな場所で練習なんて、って思ったけど、慣れてくると特別に思えてくるものよ?」ニコッ

橘「!」ドキン

絵里「…? どうかした?」

橘「い、いえなんでも…」ドキドキ

絵里「そう…?」

絵里「あ、ここで一緒にお昼食べてもいいかしら?お邪魔だった?」

橘「いえ!とんでもない!」

絵里「じゃあ…お隣、失礼するわね」ヨイショ

橘「はい!」



75: ◆14OmzaYn4c 2015/09/16(水) 02:10:11.99 ID:Z36GxPVu0

橘(こ、こんなことがあってもいいのだろうか…)

橘(ああ、神様ありがとう…!)

絵里「~♪」パカッ

橘「あ、お弁当ですか!」

絵里「ええ。外で買うと食費もかさむし、前日の晩御飯の残りがあるときはお弁当なの」

橘「へぇ…家庭的ですね!」

絵里「たいしたことではないと思うけど…」

橘「いえいえ!なかなか朝起きて作ろうとは!しかも自分で用意なんて!」



76: ◆14OmzaYn4c 2015/09/16(水) 02:10:47.62 ID:Z36GxPVu0

絵里「ふふっそうかしら。両親がロシアに住んでて、家では妹と二人暮らしだから…もう慣れちゃったわね」

橘「ご両親がロシアに…」

絵里「そうそう。私、こんな見た目でしょ?実はロシア人のクォーターで…」

橘「あ、昨日見ましたよ!ラブライブ公式サイトで」

絵里「そうなの?なんだか恥ずかしいわ」

橘「ラブライブ、頑張ってください!応援してます!」

絵里「ありがとう!転校してみんなに迷惑をかけているし、その分きっちり練習していかないとね」

橘「最終予選が近いのに転校だなんて、なにかあったんですか?」



77: ◆14OmzaYn4c 2015/09/16(水) 02:11:33.40 ID:Z36GxPVu0

絵里「スクールアイドル転校プロジェクト、って言ってね。各校のスクールアイドルが所属する地域の周辺に行って、学校を活性化させる、ってお話だそうよ」

橘「へぇ…」

絵里「他のグループもやってるみたいだし、μ’sだけ不利、ってわけじゃなさそうだし」

絵里「なにより色々な人と出会ってふれあえるから私はいいと思ってるわ!」

橘「そうですね!僕も絢瀬先輩とこうしてお話できているのはそのプロジェクトのおかげですし、感謝します!」

絵里「…本当は別のメンバーが来たがってたんだけれど」

橘「そうなんですか?」

絵里「ええ。高坂穂乃果っていうμ’sのリーダーの子がね…」

橘「それならなんで絢瀬先輩が?」

絵里「…あの子、生徒会長なのよ」

橘「あー…」



78: ◆14OmzaYn4c 2015/09/16(水) 02:12:04.68 ID:Z36GxPVu0

絵里「と言ってもね、私も元生徒会長だし、『代わりに仕事をしてあげるから行かせてあげたら?』って提案したんだけど」

絵里「『そうやって甘やかすからつけあがるんです!』って他の子に言われちゃって…」

橘「なるほど…」

絵里「技術的にも、成績的にも多少無理が通る、って結局私が選ばれたの」

橘「ということは勉強もアイドル活動もすごい人なんですね、絢瀬先輩!」

絵里「そうでもないんだけどね…」

橘「またまた… ところで、転校期間はどのくらいなんですか?」



79: ◆14OmzaYn4c 2015/09/16(水) 02:12:45.12 ID:Z36GxPVu0

絵里「1ヶ月よ。最終予選の前には帰ることになるわね」

橘「1ヶ月…」

絵里「短い期間だけどできるだけいい刺激をもらって、アイドル活動に活かしていきたいわね」

橘「…立派ですね」

絵里「そうかしら」

橘「はい。僕も絢瀬先輩の刺激になれるよう頑張ります!」

絵里「ふふっ、なによそれ…でも、ありがとう橘君」



80: ◆14OmzaYn4c 2015/09/16(水) 02:13:29.27 ID:Z36GxPVu0






橘(絢瀬先輩と昼食を楽しんだ)

橘(昼休み、屋上に来てよかった…)

橘(それにしても1ヶ月か…)

橘(学年も違うし、絢瀬先輩も忙しそうだけど…)

橘(僕は僕なりにがんばろう!)



86: ◆14OmzaYn4c 2015/09/17(木) 00:16:51.08 ID:isQdcheK0

『もうこんな時間か!今日は梅原と寄り道だ!』

橘(今日は絢瀬先輩とたっぷりおしゃべりしたし、なんだか気分がいいなぁ!)

橘(色々考えたけど2日目でこれなら1ヶ月あれば何とかなりそうな気までしてくるぞ!)

橘「~♪」

梅原「お、ご機嫌だな大将!」

橘「梅原。そうなんだよ~昼休みにさぁ…」

梅原「絢瀬先輩と昼飯食ったんだろ?もう何度も聞いたっての」

橘「あ、あれ…そんなに言ってたか…?」

梅原「無意識かよ…」

橘「ははは…」

梅原「嬉しいのはわかるからいいけどよ…まさか今日は新作がゲーセンに入るって話まで忘れちゃいないだろうなぁ?」

橘「それは大丈夫だ!帰りに寄っていくんだろ?」

梅原「おう!覚えてたな!早速行くとしようぜ!」

橘「ああ!」



87: ◆14OmzaYn4c 2015/09/17(木) 00:17:23.41 ID:isQdcheK0

―――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――

――――――――――――



88: ◆14OmzaYn4c 2015/09/17(木) 00:17:56.30 ID:isQdcheK0

――――ゲームセンター

橘「いやぁ…いいバランスの格闘ゲームだったな!」

梅原「そうだな。これからが楽しみだ!」

橘「あのキャラのパンチがもう少し使い勝手よければ…」

梅原「あれはあれでうまく使えばだな…」

橘「…」チラッ

橘「…ん?」

梅原「? どうした大将」

橘「いや、あそこ…」

梅原「ん?」ジッ



89: ◆14OmzaYn4c 2015/09/17(木) 00:18:30.42 ID:isQdcheK0

絵里「…」ジーッ

梅原「うわっ!すげぇ美人!」

橘「絢瀬先輩だ…」

梅原「なにぃ!?あれがか!大将、えらい人狙ってんなぁ…」

橘「狙ってるわけじゃないって!…でもあんなところでなにしてるんだろう」

梅原「ガンシューティングゲームを見つめて…」

絵里「…」ソワソワ

橘「…やろうかどうか迷ってるのかな」

絵里「…」ウーン

梅原「考え込んじまった…」

橘「…」



90: ◆14OmzaYn4c 2015/09/17(木) 00:18:58.76 ID:isQdcheK0

橘「…」タッ

梅原「あっ、おい大将!」タッ

絵里「…」ウーン

橘「絢瀬先輩!」

絵里「!」ハッ

絵里「橘君!と…お友達?」

梅原「は、はい!梅原と申します!」

絵里「梅原君ね!絢瀬絵里です。よろしくね?」

梅原「はい!よろしくっす!」



91: ◆14OmzaYn4c 2015/09/17(木) 00:19:25.02 ID:isQdcheK0

絵里「…それで、どうしたのこんなところで?」

橘「僕たちは寄り道で格闘ゲームをやりに来ただけですけど…」

梅原「絢瀬先輩は何してたんすか?」

絵里「え!?そ、それは…」

橘「このガンシューティングがなにか…」

絵里「う…」

絵里「ちょ、ちょっとね!やってみたいかな~って思ったんだけど、ほら、二人用みたいだったから!」

橘「あ、それなら僕たちと一緒にやってみませんか?」

絵里「え?」



92: ◆14OmzaYn4c 2015/09/17(木) 00:20:00.27 ID:isQdcheK0

橘「ほら、これ持ってください」ガチャ

橘「2Pは梅原がプレイして、絢瀬先輩は僕が横で教えながらプレイしましょう!」

梅原「おう!任せといてください!」スチャ

絵里「そ…そう?じゃあ、よろしくね、橘君、梅原君?」スチャ

橘「はい!ではいきますよー…」チャリン

絵里「橘君、私初めてだから…優しくしてね?」

橘「は…」

橘(ゲームの話ゲームの話ゲームの話ゲームの話ゲームの話ゲームの話ゲームの話ゲームの話ゲームの話…)

橘「はい!優しくします!」ビシィ



93: ◆14OmzaYn4c 2015/09/17(木) 00:20:34.84 ID:isQdcheK0

―――――――

梅原「お、敵ですよ絢瀬先輩!」

絵里「えっ!?どうすれば…」

橘「銃を向けるとカーソルが出ますから、敵に合わせて撃ってください!」

絵里「えっと…こうね!」バン!

橘「ナイスです!その調子で!」

絵里「ふぅ…どんどんいくわ!」バシュバシュ



94: ◆14OmzaYn4c 2015/09/17(木) 00:21:04.25 ID:isQdcheK0

梅原「あんまり撃ちまくると…」

絵里「あら?出なくなっちゃった…」カチカチ

橘「そういう時はですね、銃のカーソルを画面外に出すと弾がリロードされますから…」

絵里「こう?」サッ

カチャチャ

絵里「できたわ!」

橘「基本的にその繰り返しです!頑張ってください!」

絵里「ええ!行くわよ!」

梅原「はい!」



95: ◆14OmzaYn4c 2015/09/17(木) 00:21:34.71 ID:isQdcheK0

――――――――

絵里「橘君!あの敵はどうやって…」

橘「あの敵はですね、弱点しかダメージが行かないので頭を狙って…」

絵里「頭ね!覚悟しなさい!」バンバン!

橘「敵が仰け反ったときに粘液を出すので避けてください!」

絵里「きゃっ!」

橘「ああっ!」

絵里「もう…出るなら出るって言っておいてくれないと…べたべたじゃない」

橘「は…」

橘(ゲームの話ゲームの話ゲームの話ゲームの話ゲームの話ゲームの話ゲームの話ゲームの話ゲームの話…)

橘「はい!すみません!」

梅原(大将…)



96: ◆14OmzaYn4c 2015/09/17(木) 00:22:09.69 ID:isQdcheK0

―――――――

橘「その敵は丸呑みにされるので気をつけてください!」

絵里「気をつけるってどう…あっ!」

橘「ああっ!でも大丈夫です!体内で撃ちまくればすぐ出られます!」

絵里「もうっ!この!この!」バンバン!

絵里「全部入っちゃった…出しなさい!早く出して!」カチャチャ

橘「…」ゴクリ

梅原(大将…)



97: ◆14OmzaYn4c 2015/09/17(木) 00:22:39.42 ID:isQdcheK0

―――――――

絵里「これが最後のボス?」

橘「はい!遂に来ましたね」ゴクリ

梅原「俺は周りの雑魚を処理します!先輩はボスを!」バシュ!

絵里「わかったわ!」バンバン!

橘「ボスは触手で攻撃してきます!触手を出してきたら撃ち落としてください!」

絵里「! きたっ!これね!えいっ!」ババババ…

絵里「きゃっ!捕まっちゃったわ!」

絵里「あ…っん!やぁ…これ…全然終わらない…っ!」

橘「…」ハァハァ

梅原(大将…)



98: ◆14OmzaYn4c 2015/09/17(木) 00:23:09.66 ID:isQdcheK0

―――――――――

絵里「結局負けちゃったわね…」

梅原「でも初めてであそこまでいけるのはすごいっすよ!」

橘「はい!ありがとうございました絢瀬先輩!」

絵里「…? 何の感謝?」

梅原「…」

絵里「まぁいいけど…こっちこそありがとう!楽しかったわ!」

橘「それは何よりです!」



99: ◆14OmzaYn4c 2015/09/17(木) 00:23:35.94 ID:isQdcheK0

絵里「そういえばゲームのお金…」

橘「いえ!いいんですよ!」

絵里「そんな、悪いわ。つき合わせておいてお金までなんて」

橘「たいした金額でもないですし!いいものも見れましたし!」

絵里「…?」

橘「とにかくいいんです!」

絵里「そ、そう…」

橘「はい!」

梅原「…」



100: ◆14OmzaYn4c 2015/09/17(木) 00:24:01.62 ID:isQdcheK0

絵里「変な橘君…あ、もうこんな時間!私帰らないと…」

橘「駅まで送りますよ!」

絵里「すぐそこだし、大丈夫よ。じゃあね!今日は本当にありがとう!」

橘「いえいえ!全然ですよ!」

絵里「梅原君も、ありがとう!」

梅原「あ、はい!どういたしましてっす!」

絵里「ばいばい!」フリフリ

橘「はい!また!」ブンブン



101: ◆14OmzaYn4c 2015/09/17(木) 00:24:35.77 ID:isQdcheK0

梅原「…」

橘「はー…」

梅原「…大将」

橘「ああ…わかってる…何も言うな…」

梅原「…ああ」

橘「…」スッ

梅原「…」スッ

ピシパシガッグッ



106: ◆14OmzaYn4c 2015/09/18(金) 01:13:06.17 ID:j2yseuP10

『今日も早めに目が覚めたし、余裕をもって登校しよう!』

橘「ふんふんふ~ん」

橘(今日も目覚めバッチリで寒さすらさわやかに感じるぞ!)

橘(最近調子がいいなぁ!)

橘「~♪」スタスタ

橘「…」スタ…

絵里「…」ハァーッ…

橘「…?」



107: ◆14OmzaYn4c 2015/09/18(金) 01:13:31.40 ID:j2yseuP10

橘(あれは…絢瀬先輩?)

橘(連日運がいいなぁ…一生分の運を使い果たしてるんじゃ…)

橘(でも、坂のふもとで立ち止まって…何してるんだろう…)

橘「…」スタスタ

絵里「…」

橘「…絢瀬先輩?」

絵里「…!た、橘君!?」

橘「なにしてるんですか、こんなところで?」



108: ◆14OmzaYn4c 2015/09/18(金) 01:14:01.49 ID:j2yseuP10

絵里「…ふむ」ジッ

橘「…?」

絵里「…」ジーッ

橘(な、なんだ?見つめられて…)

絵里「…橘君」ジーッ

橘「は、はい?」

絵里「彼女とか、いる?」

橘「は!?い、いません…けど」

絵里「そう…」



109: ◆14OmzaYn4c 2015/09/18(金) 01:14:34.38 ID:j2yseuP10

橘「…?」

絵里「…」ウーン…

橘(考え込んでしまった)

橘(今の質問…なんなんだ…?)

絵里「…」ウーン…

橘「あの、絢瀬先輩?」

絵里「…」ウーン…

橘「あの…」



110: ◆14OmzaYn4c 2015/09/18(金) 01:15:05.66 ID:j2yseuP10

絵里「…」

絵里「…」ハッ

絵里「あ、ご、ごめんなさい!ちょっと考え事を…」

橘「見ればわかりますけど…」

絵里「そ、そうよね!あは、あははは…」

橘「?」

絵里「はは…」

絵里「…」

絵里「流石に…でも…」ブツブツ

橘「…?」

橘(どうしたんだろう…)



111: ◆14OmzaYn4c 2015/09/18(金) 01:15:39.45 ID:j2yseuP10

絵里「…」ウー…

橘「…」

橘「絢瀬先輩!」

絵里「はっ!な、なに!?」

橘「なにかお悩みがあるなら相談に乗りますよ!」

絵里「えっ…」

橘「お役に立てるかわかりませんけど…言うだけでも違うって言いますし!」

絵里「橘君…」

橘「はい!」グッ



112: ◆14OmzaYn4c 2015/09/18(金) 01:16:15.03 ID:j2yseuP10

絵里「…」

絵里「ありがとう、でも、そんなたいしたことじゃないから」

橘「え…」

絵里「ふふっ、本当よ?心配してくれてありがとう」ニコッ…

橘「そうですか…」

絵里「ええ!さ、学校に行きましょう!」タッ

橘「ああっ!待ってください絢瀬先輩!」タッ

絵里「遅いおそーい!」タッタッタッ…





橘(…朝から絢瀬先輩に会えたのはよかったけど)

橘(絶対何か悩んでたよ…)

橘(まだそこまで信頼されていないってことか…)

橘(歯がゆいなぁ…)



117: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:25:18.73 ID:hvshmyOS0

『そういえばどうして絢瀬先輩は一人でゲームセンターにいたんだろう』

橘(なぜ絢瀬先輩は1人でゲームセンターにいたのか)

橘(…気になる)

橘(聞けたら聞いてみよう!ムダかもしれないけど3年生の教室に…)



118: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:25:54.32 ID:hvshmyOS0

―――――3年生教室前

橘「えーっと…」キョロキョロ

橘(どうしたんだろう…今日は人が集まっていない!)

橘(逆に見つけ辛いなぁ…)

橘「…あ!」

橘「森島先輩!」

森島「へ? …橘君!どうしたの?」

橘「今日は絢瀬先輩や塚原先輩と一緒じゃないんですね」



119: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:26:31.22 ID:hvshmyOS0

森島「ひびきは水泳部のミーティング、絵里は職員室かな?」

橘「職員室?というかいつの間に名前で…」

森島「同じクラスだからね、仲良しになるのに時間はいらないでしょ?」

橘「はぁ…」

森島「なに?…無理矢理じゃないからね!」

橘「そうですか…」

森島「信じてないな~!」

橘「信じてますって!すごいなぁ森島先輩はー!」

森島「むー…」



120: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:27:01.64 ID:hvshmyOS0

橘「それで、なんで絢瀬先輩は職員室に?」

森島「人が集まりすぎるから、学校側で対応するための話し合い、だって。私としてもおしゃべりしやすくなるからいいことよね!」

橘「…なるほど」

橘(確かにアレは異常だもんなぁ…)

森島「それで、橘君は何か用なの?」

橘「あ、それはですね…」



121: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:28:15.17 ID:hvshmyOS0


―――――――――――――

――――――――――

―――――――

――――

森島「えー!?ずるい!私も絵里と遊びたかったぁ!」

橘「それはまた今度誘ってみたらどうです?」

森島「絶対誘う!」

橘「それでですね、そもそもなんで絢瀬先輩がゲームセンターにいたのかなって聞きたくて…」

森島「うーん…私とひびきは用があってすぐ帰らなくちゃいけなかったから…」

森島「私にはわからないかな…」

橘「そうですか…」



122: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:28:46.53 ID:hvshmyOS0

森島「あ、今日、屋上で絵里とひびきとお昼ごはん食べるから橘君も来る?」

橘「え?いいんですか?」

森島「もちろんよ!そのときに絵里に聞いてみたら?」

橘「なら、お言葉に甘えさせていただきます!」

森島「うんうん!じゃあ、楽しみにしてるねー?」

橘「はい!ありがとうございます!」



123: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:29:56.83 ID:hvshmyOS0

『昼休みだ!屋上に急ごう!』

―――――屋上

森島「ん~♪絵里のお弁当おいしい!」モグモグ

塚原「本当…これ、自分で作ってるのよね?」モグ…

絵里「ええ。昨日の残りだけど、手作りは手作りよ」

森島「すごーい!私もひびきもお料理はちょっとだけへたっぴだもんね?」

塚原「ちょっとだけ、ね…」

森島「橘君も絵里のお弁当食べる?」

橘「えっ!いいんですか!」

塚原「人のお弁当を勝手に…」



124: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:31:26.53 ID:hvshmyOS0

絵里「いいのよ、たくさんあるから是非食べて?」

橘「はい!いただきます!」ヒョイパク

森島「どうどう?おいしいでしょ!」

橘「はい!好みの味付けです!」モグモグ

森島「ふふーん♪」

塚原「なんではるかが得意げなのよ」

絵里「でも気に入ってもらえたようでよかったわ」フフッ

橘「これなら毎日でも飽きずに食べられますね」モグモグ

森島「わお!橘君だいたん!」

橘「へ」



125: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:31:58.68 ID:hvshmyOS0

森島「キミの料理を毎日食べたい」キリッ

森島「ってやつでしょ?」

橘「なっ!」

絵里「え…」カァッ

橘「そそそそそういう意味で言ったわけじゃ…!」

塚原「クス…橘君も絢瀬さんも顔真っ赤よ?」

絵里「もう!からかうからでしょ!」

橘「そうですよ!」

森島「そんなにいい反応するとは思わなかったから♪」

絵里「むむ…」



126: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:32:57.79 ID:hvshmyOS0

森島「…あ、そういえば絵里」

絵里「?」

森島「1人でゲームセンター行ったって?」

絵里「…!」

塚原「絢瀬さんが?」

森島「うん!ね?橘君?」

橘「はい。梅原と寄ったらいらっしゃったので、一緒にゲームしましたよ!」

塚原「へぇ…」

森島「いいないいなー!ねね、今度私とも行こう?」

絵里「そ、そうね!その内…」



127: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:33:31.88 ID:hvshmyOS0

森島「でも、1人でゲームセンターなんて行ったりするのね!絵里って!」

絵里「あー…そうね…」

橘「それにしては割とどこにでもあるガンシューティングを初めて、って言ってたんで、いつも行ったりはしてないんですよね?」

絵里「…」

橘「…?」

絵里「あー…この前は、たまたまね、通りがかりにみたら楽しそうだったから…」

絵里「…!そう!それで様子を伺ってたら橘君と梅原君が現れたのよ!」

橘「そ、そうですか…」

塚原「…」



128: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:34:49.57 ID:hvshmyOS0

森島「それなら言ってくれれば案内したのに!」

塚原「はるかもそんなに詳しくないでしょ」

森島「それはそうだけど…」

絵里「また今度、お願いね?も…はるか?」

森島「うん!」





橘(昼休みはこうして終わった)

橘(やっぱり絢瀬先輩はなにか隠してると思うんだけどな…)

橘(うーん…)



129: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:35:41.26 ID:hvshmyOS0

『そういえば今日は大切な取引の日だった!あの教室に行かないと!』

―――――休み時間、教室

橘(さて…)

橘(絢瀬先輩は一旦置いておいて、今日の放課後は梅原と取引の約束がある…!)

橘(あの教室にあるお宝本を取って来ないと!)

橘(いざ!)ガタッ



130: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:36:55.72 ID:hvshmyOS0



――――――屋上

橘「~♪」ガチャ

橘(おっ、誰もいない!今日は簡単に済みそうだぞ!)スタスタ

橘(…)スタ…

橘(よし、ここをこう…)ガッ



131: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:37:41.17 ID:hvshmyOS0


―――――――――――――――――――

――――――――――――――

――――――――――

――――――

橘「ふー…」バタン

橘(お宝本、持ったな。あとはここをまた隠して…)ゴソゴソ

絵里「…」

橘(…うん!できた!教室に戻…)クルッ

絵里「…橘君?今、どこから…?」

橘「おあぁぁーーーーーー!?!??」

絵里「きゃっ!?」ビクッ



132: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:38:14.80 ID:hvshmyOS0

橘「あ、絢瀬先輩!!!???」

絵里「もう、びっくりさせないでよ…」

橘「な、ななななななんでここに!?」

絵里「屋上が落ち着くから来てただけよ?それよりキミ、今どこから…」

橘「!」ビックゥ!

絵里「あ!あの下?隠し階段でもあるのかしら?」ヒョイ

橘(まずい…過去最高にまずいぞ!)

橘(いつもなら出るときも警戒するのに…今日に限って僕はなんてミスを…!)

絵里「…?橘君?」



133: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:39:03.42 ID:hvshmyOS0

絵里「その手に持ってるのは…」

橘「えひゃい!?」サッ

絵里「なによその反応…もしかして見られたくないもの?」

橘「いえ!別にそういうわけじゃないんですが!!!」

橘(見られたくないです!!!!!!)

絵里「気になるわね…本みたいだったけど?」

橘「そうですね!漫画…とかですかねぇ…??」

絵里「む…」

橘「はは…は…」



134: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:40:21.70 ID:hvshmyOS0

絵里「…」

絵里「あっ!」ユビサシ

橘「え!?」バッ

絵里「スキあり!」パッ

橘「んなぁっ!?」

絵里「甘かったわね橘君!さて何を隠して…」パラ…

橘「あ…ああ…」

橘(終わった…終わりましたよ…嗚呼…)



135: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:41:58.50 ID:hvshmyOS0

絵里「…」

絵里「!?」ボッ!

絵里「…『桃色スナイパー』…!?『常夏水際ギリギリ特集』…!?」ワナワナ

橘「絢瀬先輩…?」

絵里「い、いかがわしいものを学校に持ってくるなんて言語道断よ!!!!これは処分します!」バッ

橘「ひぃぃ!それだけはご勘弁を!」

絵里「ダメに決まってるじゃない!」



136: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:42:58.20 ID:hvshmyOS0

橘「お願いします!その回はもう絶版で手に入らないんです!」バッ

絵里「ちょ、ちょっと、そんな土下座なんて…」

橘「大切なものなんです!」フカブカ

絵里「む…」

橘「お願いします!」

絵里「…」



137: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:43:45.03 ID:hvshmyOS0

絵里「…」ムムム…

絵里「…」

絵里「…わかったわよ」

橘「!!」パァッ

絵里「そんなに大切なものなら…今回だけは見逃してあげる」パサ

橘「ありがとうございます!ありがとうございます!」

絵里「ただし!もう学校にそういうものを持ってこないこと!」

橘「…」



138: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:44:48.18 ID:hvshmyOS0

橘「は、はい…」

橘「…」

橘「…」フム

橘「絢瀬先輩」

絵里「?」

橘「そういうものってどういうものですか?」

絵里「え?」

橘「もう少し具体的に言ってください!」

絵里「そ、そういうものは…そういうものよ」

橘「わかりません!」



139: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:45:46.14 ID:hvshmyOS0

絵里「え、あ、うー…」ウツムキ

橘「…」ワクワク

絵里「…」アワアワ

絵里「…」

絵里「ぇ…」

絵里「ぇっちな本…とか…」カァッ

橘「…!!」



140: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:46:35.73 ID:hvshmyOS0

橘「か、かわいい…」ボソッ

絵里「…!!」マッカッカ

絵里「な…なに調子乗ってるのっ!!!とにかく!次はないわよ!!」

橘「は、はいっ!」

絵里「まったくもう…男の子ってみんなこうなのかしら…調子狂うわね…」ブツブツ

橘「…」

橘(すみません絢瀬先輩たまりませんよこれは…)



141: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:47:53.20 ID:hvshmyOS0

絵里「…」

絵里「その…」

橘「…? はい?」

絵里「橘君は…」

橘「?」

絵里「…」

絵里「…なんでもない」

橘「え」

絵里「なんでもないわよっ!解散!」

橘「は、はい」

絵里「またねっ!!」ツカツカツカ…

橘「はい、また…」



142: ◆14OmzaYn4c 2015/09/19(土) 01:48:47.91 ID:hvshmyOS0






橘(…)

橘(すごいことをやらかしたのになんだか距離が縮まった気がするぞ)

橘(…)

橘(それはそれとして)

橘(絢瀬先輩、最後になにか聞きたそうだったけど)

橘(なんだろうなぁ…)



149: ◆14OmzaYn4c 2015/09/20(日) 00:42:33.80 ID:ed9vOIpS0

『取引の時間だ!用も終わったし、梅原の家に行こう!』

橘(…お宝本も無事だし、梅原の家に向かうか)

橘(先生にプリントを運ぶように頼まれたから梅原には先に帰ってもらったけど…)

橘(割と早く終わったし待っててもらってもよかったかもなぁ)

橘(一応急ぐか…)スタッ



150: ◆14OmzaYn4c 2015/09/20(日) 00:43:03.01 ID:ed9vOIpS0

――――――校門

橘(…今日はどこも部活やってないんだな)

橘(こんな時間なのにほとんど人がいないし、珍しいこともある…)キョロキョロ

橘(…)

橘(…?)

橘(あれは…?)


絵里「…」

男子生徒「…!」


橘「絢瀬先輩?と…三年生の人かな」

橘(しかもあれはどう見たって…!)



151: ◆14OmzaYn4c 2015/09/20(日) 00:44:58.46 ID:ed9vOIpS0



絵里「…」ペコリ

男子生徒「…!」


橘「あー…」

橘(ふられたみたいだ…)ホッ

橘「…」

橘(いやいやいやいやいや)

橘(何を僕は安心してるんだ!)

橘(そういうのじゃない!そういうのじゃないぞ!)ヌオオ



152: ◆14OmzaYn4c 2015/09/20(日) 00:46:08.50 ID:ed9vOIpS0



絵里「…」

男子生徒「…」トボトボ


橘「…」

橘「…!」ハッ

橘(見つかる前に立ち去らなきゃ!)

橘(見知らぬ三年生の人、元気出してください…)クルッ

橘(さらば!)ダッ!



153: ◆14OmzaYn4c 2015/09/20(日) 00:46:56.78 ID:ed9vOIpS0

――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――

――――――――――――――

―――――――――

―――――梅原の部屋

梅原「…ほう」

橘「やっぱりモテるんだな、絢瀬先輩って」

梅原「それはそうだろうなぁ、美人だし」

橘「うんうん」

梅原「気さくだし、スタイルもいいし」

橘「そうだよなぁ」



154: ◆14OmzaYn4c 2015/09/20(日) 00:47:39.44 ID:ed9vOIpS0

梅原「…大将はどうなんだよ」

橘「ん?」

梅原「狙ってないのか?」

橘「なっ…僕はそういうのじゃないからな!」

梅原「でもよ、もたもたしてると誰かに取られちまうぞ?」

橘「う…」

梅原「やらない後悔よりやった後悔ってな!若いんだからいくら失敗してもいいからとりあえず行動するこった!」

橘「…いや、僕は本当にそんなんじゃない…から」

梅原「あー…そうかいそうかい」

橘「なんだよ」



155: ◆14OmzaYn4c 2015/09/20(日) 00:48:44.08 ID:ed9vOIpS0

梅原「…長年親友やってるとな、わかることもあるんだよ」

橘「はぁ…?」

梅原「ま、俺は大将がどういう選択しても味方だからな!忘れるなよ!」

橘「…はぁ」

梅原「で、例のモノは…」

橘「もちろんここにあるぞ!梅原こそちゃんと用意したんだろうな」

梅原「おうよ!当たり前だぜ!ここに…」

橘「おおっ!すごい!モモクリサンネン写真集伝説の11月号…!」

梅原「そうだろ?手に入れるの苦労したからな!」

橘「ああ!さすが梅原…」

梅原「ふふふ…」



156: ◆14OmzaYn4c 2015/09/20(日) 00:49:17.34 ID:ed9vOIpS0









橘(梅原との取引も無事終わった)

橘(それにしても梅原め、なんてことを言うんだ!)

橘(僕はそんなんじゃ…)

橘(…)

橘(ない…)

橘(…)



157: ◆14OmzaYn4c 2015/09/20(日) 00:49:48.24 ID:ed9vOIpS0

『帰ろうと思ったら、校門にいるのは森島先輩と塚原先輩じゃないか!話しかけてみよう!』

橘(帰り際に絢瀬先輩を見かけてから少し日が経った)

橘(学校側の配慮で、『絢瀬絵里さんへの干渉は通常の学校生活が送れる程度』とのおふれが出た)

橘(あとは…各学年に絢瀬先輩への撃沈報告が多数上がってるらしい)

橘(梅原調べだからある程度信憑性はあるし、本当のことなんだろうな…)

橘(僕は相変わらず森島先輩を介してお昼を一緒に食べるくらいの仲だ)

橘(いい感じいい感じ…)

橘(…)

橘(…帰ろう)



158: ◆14OmzaYn4c 2015/09/20(日) 00:51:03.99 ID:ed9vOIpS0

―――――校門

橘(…あれ、森島先輩に塚原先輩?)

橘(なにしてるんだろう…)

橘「…先輩!」

森島「あ、橘君!」

塚原「あら、今から帰り?」

橘「はい!お2人は何を…?」

森島「今ね、絵里を待ってて…」



159: ◆14OmzaYn4c 2015/09/20(日) 00:51:43.56 ID:ed9vOIpS0

絵里「おまたせ、遅くなったわね」

塚原「噂をすれば…ね。全然待ってないから、気にしないでいいわよ、絵里」

絵里「そう?…あれ、橘君。キミも今帰り?」

橘「はい。先輩方は今からどこか行くんですか?」

森島「あー…そうね!ちょっと買い物にね!」



160: ◆14OmzaYn4c 2015/09/20(日) 00:52:27.94 ID:ed9vOIpS0

橘「買い物…服とかですか?」

森島「そう…かな?」

塚原「まぁ…そんなところかしら」

絵里「…」

橘「…?」

橘「あ、僕この後暇なので、荷物持ちでついて行っても…」

絵里「ダメ!」

橘「へ!?」ビクッ



161: ◆14OmzaYn4c 2015/09/20(日) 00:53:06.64 ID:ed9vOIpS0

絵里「あ…」

森島「…」

塚原「…」

橘「あ、絢瀬先輩…?」

絵里「う…あの、その…」

橘「…」

橘(なんだろう…すごい拒絶だったぞ…)

橘(僕、なにかやったかな…)

橘「…」ショボン



162: ◆14OmzaYn4c 2015/09/20(日) 00:53:49.94 ID:ed9vOIpS0

絵里「うぅ…」

森島「…絵里、橘君がかわいそうでしょ?」

塚原「ちょっとはるか…」

森島「ひびきもそう思わない!?」

塚原「…まぁ、少しはかわいそう、かな」

森島「でしょ?…絵里、ちゃんと説明してあげて?」

絵里「ぅええ!?なんで私が…」

橘「いいんです…」

絵里「た、橘君?」



163: ◆14OmzaYn4c 2015/09/20(日) 00:54:59.00 ID:ed9vOIpS0

橘「理由なく絢瀬先輩がそんなこと言うわけないのはわかってますから…」

絵里「そ、そうよね!そうなのよ!これにはワケが…」

橘「なにか僕がやってしまったんですよね…」

絵里「え!?いや、そういうことじゃなくてね!?」

橘「気を使わなくてもいいんですよ…」

森島「ほら!絵里!」

塚原「…」

絵里「う、うう…」

橘「…」ショボン



164: ◆14OmzaYn4c 2015/09/20(日) 00:55:48.71 ID:ed9vOIpS0

絵里「…」

絵里「…」グッ

絵里「…を買いに行くから」

橘「…へ?」



165: ◆14OmzaYn4c 2015/09/20(日) 00:56:17.10 ID:ed9vOIpS0

絵里「ッ…だからね…」








絵里「…下着を買いに行くから、恥ずかしい…のよ…」カァッ


橘「ふぁ…」



166: ◆14OmzaYn4c 2015/09/20(日) 00:56:51.91 ID:ed9vOIpS0

橘(かっ…かわいい)

森島(かわいい)

塚原(…かわいい)

絵里「う…なによ!ほら、行くわよ!はるか!ひびき!」ツカツカツカ

森島「あーん!待ってよ絵里ぃー!」タッ

塚原「…そういうわけだから、またね?橘君」

橘「あ…はい」

塚原「ふふっ…待ちなさい!二人とも!」タッ





橘(…)

橘(このかわいさに言葉がいるかい、兄弟…)

橘(僕は必要ないと思うぜ…)



169: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 01:40:27.21 ID:W7wnnm8L0

『3年生の教室前に…美也?なにしてるんだろう…』

――――――3年生教室のある階、廊下

美也「ふんふんふ~ん♪」

橘「…美也?」

美也「あれ?おにいちゃん!どうしたのこんなところで」

橘「こっちの台詞だ。ここ、3年生の階だぞ?」

美也「おにいちゃんだって2年生じゃん!」

橘「僕は森島先輩に用があって…」

美也「森島先輩に?…またのぞきの相談?逢ちゃんあきれてたよ…」

橘「違う!普通にお話をしにきただけだっ!」



170: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 01:41:53.72 ID:W7wnnm8L0

美也「ふーん?怪しい…」

橘「くっ…そ、それで、美也はなんでいるんだよ!」

美也「えー?それはね…にしししし!」

橘「…?」

美也「どうしよっかなー?見せてあげよっかなー?」

橘「なんだよ…もったいぶって」

美也「ふっふっふっふー!じゃーん!これを貰ってきたのだ!」バッ

橘「…サイン?」



171: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 01:43:27.99 ID:W7wnnm8L0

美也「絢瀬先輩直筆だよ!いいでしょー!」

橘「へー…よかったな美也」

美也「むむ…あんまりすごいって思ってないでしょ!」

橘「無理矢理書かせて迷惑かけたんじゃないだろうな」

美也「そんなことしないよ!ばかにぃに!」

橘「呼び方呼び方」

美也「はっ! …とにかく!このサインは宝物として部屋に飾っておくから、勝手に持ってったりしちゃダメだからね!」

橘「はいはい」

美也「にっしっしー♪逢ちゃんに自慢してこよーっと♪」

タッタッタッ…



172: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 01:44:42.06 ID:W7wnnm8L0

橘「…我が妹ながら嵐のようなやつだな」

森島「美也ちゃーん!…あれ?行っちゃったの?」

橘「森島先輩。今走ってっちゃいましたよ」

森島「そう…声が聞こえたから抱きしめに来たのに…」

橘「…そんなにいいですか、美也」

森島「うん!ベリーキュートよね!」グッ

塚原「…そんなだから一時期嫌われてたじゃない」スタ…

橘「塚原先輩。…そんなことありましたっけ」

森島「あれは違うでしょ!私と仲良くしてて、橘君が取られると思った美也ちゃんが…」

森島「うーん!思い出しただけでかわいい!」

塚原「ふふっ、あんまりひどいことしてるとまた嫌われるわよ?」

森島「えー!?」



173: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 01:45:28.51 ID:W7wnnm8L0

絵里「はるか、ひびき。なんの話してるの?」

橘「絢瀬先輩、こんにちは」

絵里「橘君。こんにちは」ニコッ

塚原「…橘君の妹の話よ、絵里」

絵里「ふーん?妹がいたのね」

橘「あ、さっきサイン貰ったらしいんですけど…」

絵里「え?あの子?どことなく凛に似てる…」

橘「凛…星空凛ちゃんですね!…あんなかわいくはないですよ…」

森島「なに言ってるの!美也ちゃんはかわいいでしょ!」

橘「ははは…」



174: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 01:46:37.73 ID:W7wnnm8L0

絵里「あんなにサインを喜んでくれると、こっちも嬉しくなってきちゃうわね。妹さんはあんなにいい子なのに…」

塚原「兄はのぞき魔だものね…」

森島「この差はいったい…」

橘「森島先輩にのぞきのこと言われたくないですよ!」

塚原「反論もなんだか情けないわね…」

絵里「ふふふっ」

橘「う…」

森島「ファイトよ!橘君!」

橘「どっちの味方なんですか森島先輩…」



175: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 01:47:46.26 ID:W7wnnm8L0

『休み時間だ!ちょっと屋上で風に当たろう』

――――――屋上

橘(ふぅ)

橘(冬が近くなって、教室を閉め切ってるからかなんだか息苦しいんだよなぁ…)

橘(こうやってたまに屋上でゆっくりするのもなかなかオツなものだよ!)

橘(…隠し階段も見張れるしね)

橘「…」チラッ


橘(まぁ見つからないとは思うけど!)

橘(いいところ見つけたよホントに…)



176: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 01:48:35.11 ID:W7wnnm8L0



ガタ…


橘「…」

橘「!?」

橘(今…バリケードが動いたような…)

橘(…気のせい?)



177: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 01:49:14.29 ID:W7wnnm8L0


ガサガサ…

橘「ひぃっ!?」

橘(だ、だれか中にいる!?まさかバレたのか!?)

橘(いや、落ち着け橘純一…ここで取り乱してはいけない…!)

橘(あの教室が使えなくなるのはたしかに悲しいが…)

橘(忍び込んでいたのが僕だとわかるような二次被害は避けなければ!)

橘(無関係を装うんだ…!)



178: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 01:49:50.17 ID:W7wnnm8L0


ガッ!




橘(出てくるッ!)








179: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 01:50:56.20 ID:W7wnnm8L0

絵里「ふぅ~…」

橘「」

絵里「…」パンパン

橘「」

絵里「…あら、橘君。ちょうどいいところに」



180: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 01:52:17.35 ID:W7wnnm8L0

橘「」

絵里「このあいだ橘君が出てきたのを見ていたから、何があるのかと思って」

橘「」

絵里「細心の注意を払って入ってみたのだけど…出てくるところを見られちゃうなんてまだまだね私も」

橘「」

絵里「…さて」

絵里「放心してるところ悪いけど、お話聞かせてもらおうかしら…?」

橘「」

橘「」

橘「ァ…」

橘「…」

橘「…ハイ」



181: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 01:52:43.81 ID:W7wnnm8L0

――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――

―――――――――――――――

――――――――――

絵里「そう。たまたまね…」

橘「はい…どうか…どうかお許しを…」

絵里「…」

絵里「橘君」

橘「ハイ」

絵里「私もね…鬼じゃないのよ」

橘「ハイ」

絵里「特に転校期間中は…元生徒会長って肩書きもないし、普通の女の子なの」

橘「…」

絵里「だからその…そんなに萎縮されるとね、ちょっと…思ってたのと違うというか…」

橘「は…」



182: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 01:53:52.63 ID:W7wnnm8L0

絵里「…」

絵里「私ね」

絵里「実はやりたくて生徒会長をやってたわけじゃないのよ」

橘「え…?」

絵里「担任の先生に頼まれて、仕方なく引き受けた、って感じかな」

橘「…」

絵里「私自身はそんなにしっかりしてないし、努力も苦手だし、とてもじゃないけど生徒の模範なんてできる器じゃないと思ってた」

絵里「だから、生徒会長になったときに、少しだけ周りに冷たく接してた」

絵里「…不出来な分、自分1人でなんでもできるようにならなきゃ、って気負ってたのかもしれない」



183: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 01:54:24.77 ID:W7wnnm8L0

橘「…」

絵里「でもね」

絵里「μ’sのメンバーのみんな…」

絵里「私の手を引っ張って、明るい場面に連れ出してくれたみんなのおかげで、私は変われた」

橘「…」

絵里「…」

絵里「…つまり、何が言いたいのか、って言うとね」



184: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 01:55:12.16 ID:W7wnnm8L0

絵里「さっきのは別に、橘君を叱りつけようとか、そういう意味で話を聞かせて、なんていったわけじゃなくて…」

絵里「その…」

絵里「…ちょっといじめて、仲良くなれたらいいな、って思って…」

絵里「っ…」カァッ

橘「…!」

絵里「う…言葉にすると恥ずかしい…」



185: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 01:56:09.68 ID:W7wnnm8L0

橘「…」

橘「…絢瀬先輩」

絵里「…?」

橘「不器用ですね」

絵里「なっ」

橘「でも、そういうところがかわいいです」

絵里「ふぁ…!?」カァァ

橘「…約束です」

絵里「え…?」

橘「あの教室!僕と絢瀬先輩、二人の秘密です!」

絵里「ぁ…」

橘「絶対誰にも言わないで下さいよ!?あそこにある物の事も!」



186: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 01:57:37.34 ID:W7wnnm8L0

絵里「…」

絵里「…ふ」

絵里「ふふっ、了解」

橘「お願いしますね!」

絵里「はーい♪」

絵里「…」

絵里「…」ジッ

橘「…?」

橘「あの…?」

絵里「…」

絵里「…橘君って、不思議な人ね」

橘「へ?」

絵里「こんなこと、ちゃんと話したの初めてかも」

橘「…そうですか」



187: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 01:58:24.05 ID:W7wnnm8L0

絵里「ええ。男の子とこんなに仲良くなったのも初めてだし、ね?」

橘「…!」

橘「光栄です!」

絵里「ふふ…これからも、よろしくね?」

橘「はい!こちらこそよろしくお願いします!」




橘(…まさかあの教室が見つかることでこんなことになるとは)

橘(絢瀬先輩との仲も、ぐっと深くなった気がするぞ!)

橘(神様ありがとう…!)



188: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 01:59:27.64 ID:W7wnnm8L0

『絢瀬先輩とお話しよう!』

――――――屋上

橘「あ、絢瀬先輩!」

絵里「ん、橘君」

橘「屋上、お好きですね」

絵里「ええ。橘君と私の秘密の場所、だしね?」

橘「はは、は…」

絵里「それで、どうかしたの?」

橘「用は特にないんですけど、お暇でしたら少しお話しませんか?」

絵里「いいけど、変なことは聞かないでよ?」

橘「場合によります」

絵里「なによそれ!」

橘「冗談ですよ!では…」



189: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 01:59:58.47 ID:W7wnnm8L0

〈世間話〉

橘「アイドルの活動って今はどうしてるんですか?」

絵里「授業が終わってからすぐに音ノ木坂に帰って…って感じかしら」

橘「…大変ですね」

絵里「まぁね。でも、好きでやってることだから」

橘「立派過ぎますよ」

絵里「そうかしら…」

橘「はい、尊敬します!」

絵里「ふふっ、ありがとう」



190: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 02:01:03.35 ID:W7wnnm8L0

〈勉強〉

橘「絢瀬先輩は、勉強は…」

絵里「普通かしらね」

橘「…」

絵里「…なに?」

橘「普通…ですか」

絵里「ええ。ひびきよりちょっとできない、かな」

橘「…」

橘(塚原先輩って、国立の推薦志望じゃなかったっけ…)

橘「ははは…」

絵里「どうしたの?」

橘「なんでもないです…」



191: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 02:01:40.66 ID:W7wnnm8L0

〈運動〉

橘「スポーツは何が好きですか?」

絵里「なにかしら…昔、バレエをやってたけれど…」

橘「へー!見てみたいです!」

絵里「…小学生のころの話よ。途中でやめちゃったわ」

橘「そうなんですか…」

絵里「ええ。ずーっと努力するのって苦手なのよ」

橘「意外です」

絵里「そう、意外と怠け者なの」

橘「かわいいですね」

絵里「なっ」カァッ

橘(…異性からの褒め言葉に耐性がなさ過ぎてかわいいなぁ)

絵里「あ、からかったわね!?」

橘「本当にかわいいと思ってますって!」

絵里「なぁっ!」

橘(…たまらん)



192: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 02:02:07.50 ID:W7wnnm8L0

〈娯楽〉

橘「あの、ご趣味は…」

絵里「…わたくし、アクセサリーの製作をよくしますわね」

橘「へぇ!すごいですね!」

絵里「あら、お見合いごっこは終わり?」

橘「これ以上は雰囲気がわからないです」

絵里「そう…」

橘「それより、アクセサリーご自分で作るんですか?」

絵里「今はキットとか売られてて、結構簡単に作れるのよ?」

橘「そうなんですか」



193: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 02:03:07.41 ID:W7wnnm8L0

絵里「私はあんまり使わないけど、初めて作る人にはおすすめかな」

橘「今度教えてください、一緒に作ってみたいです!」

絵里「ふーん?珍しいわね、男の子なのに」

橘「イマドキは男もそういうこともできないと!」

絵里「そういうものなのかしら…じゃあ、また時間があるときに、ね?」

橘「はい!お願いします!」

橘(作ったものをプレゼントなんてできたら素敵じゃあないのか!?)

橘(…)

橘(と思ったけど、受け取ってもらえなかったらどうしよう…)

橘(うあああああああ…!)

絵里「…?」



194: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 02:03:38.31 ID:W7wnnm8L0

〈食べ物〉

橘「好きな食べ物はロシア料理ですか?」

絵里「好きだけど…特に好きな食べ物、って言われるとチョコレートかな」

橘「チョコ…」

絵里「あら?橘君は苦手なの?」

橘「苦手ってことはないですけど…」ハッ

橘「チョコ大好きです!」

絵里「え?な、なに今の変わり身の早さは…」

橘「え?僕は元々チョコレート大好きですよ?」

絵里「…?」

橘(…がんばって2月まで仲良くしていられる方法を考えないと)

絵里「??」



195: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 02:04:06.95 ID:W7wnnm8L0

〈おしゃれ〉

橘「普段着とかおしゃれそうですよね」

絵里「それなりにね。どこでどう見られても恥ずかしくないようにはしてるつもりよ」

橘「はー…アクセサリーなんかはつけたりするんですか?」

絵里「ええ。それこそ自分で作ったものをその日の気分に合わせて身につけたりしてるわ」

橘「へー…一度ばっちり決めた絢瀬先輩を見てみたいですね!」

絵里「…それはキミのがんばり次第かな?なーんて」

橘「ふおおおお!頑張ります!!!」

絵里「あ、そ、そう?あはは…」



196: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 02:04:35.10 ID:W7wnnm8L0

〈恋愛〉

橘「音ノ木坂って女子校じゃないですか」

絵里「ええ」

橘「その…女の子同士の恋愛とか…」

絵里「…ここだけの話ね」

橘「はい?」

絵里「私、結構告白されるのよ」

橘「それはそうでしょうね!モテそう、というより実際モテてますし」

絵里「…音ノ木坂にいるときは女の子によく言い寄られたものよ」

橘「ふぁ!?」

絵里「ありがたいけど、お断りしてるのよね…」

橘「あ、同性がお好きなワケではないと…」



197: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 02:05:06.05 ID:W7wnnm8L0

絵里「…初恋がまだだから、わからないけどね?」

橘「な、なるほど…」

絵里「これでも男の子とこうやって1対1でじっくりお話なんて、初めてだから緊張してるのよ」

橘「そうなんですか!?」

絵里「ええ。橘君は私の初めての人ね♪」

橘「ゴハァ!!!!」

絵里「!?」

橘(わかっててやってるのか、この人は…)ゼェゼェ

絵里「大丈夫!?橘君!」

橘「だ、大丈夫…です…」



198: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 02:06:15.66 ID:W7wnnm8L0

〈エッチ〉

橘「ぐへへ、お姉ちゃん何色のパンツ履いてるの?」

絵里「ふん!」スッパーン!

橘「へぶ!」

絵里「いくらなんでも乗れる話題とそうでない話題くらいはあるわよ、橘君」

橘「は、はい…申し訳ありませんでした…」ヒリヒリ

絵里「あ、ちなみに今日は白のTバックよ」

橘「ええっ!?本当ですか!?」

絵里「嘘に決まってるじゃない」

橘「ですよね…」



199: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 02:06:43.86 ID:W7wnnm8L0

〈行動〉

橘(よし、ここは決め顔で様子を伺おう!)

絵里「…?どうしたの、橘君」

橘「…」

橘「…」

キリッ!

絵里「…?」

橘「…」キリッ



200: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 02:07:45.64 ID:W7wnnm8L0

絵里「…もう少しこう、角度を変えて…」クイッ

橘「え?こ、このくらいですか?」

絵里「あと、眉を吊り上げすぎないで…」

橘「…」クッ

絵里「そうそう!うん、かっこいいわよ」

橘「…」キリッ

絵里「…」

絵里「あ、写真撮っといてあげる」パシャ

橘「…どうも(低音)」

絵里「ほら、いい感じでしょ?」

橘「…たしかに(低音)」

橘(…なんか思ったのと違うな)

橘(でも絢瀬先輩の写真フォルダに僕の写真が入ったしよしとするか!)



201: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 02:08:16.05 ID:W7wnnm8L0

〈アタック〉シュインシュシュシュシュシュ…

橘(絢瀬先輩、やっぱり綺麗だな…)ボーッ

絵里「どうかした?橘君」

橘「あ、いえ!ちょっと見蕩れてまして」

絵里「…橘君ってそういうことすぐ言うわよね」

橘「え!?そんなことないですよ!絢瀬先輩だけですよ!」

絵里「っ…」

絵里「ほら、また…」

橘「あ、あの、これは、なんというか、思わず出てしまうというか、その…」



202: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 02:09:23.81 ID:W7wnnm8L0

絵里「…ふふっ」

絵里「橘君はなぜだか、そういうことを言っても軽薄さがないから許せちゃうのかも」

橘「本気ですから!」

絵里「そっ…」

絵里「そう…ありがとう、橘君」

橘「え?えー…どういたしまして?」



203: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 02:10:15.48 ID:W7wnnm8L0

絵里「うん…では、そんな橘君にご褒美をあげます」

橘「え?」

絵里「なにか1つ、お願いを聞いてあげる♪」

橘「え」

橘「ええぇぇぇぇえええええ!!!!?」

絵里「あ、えっちなことはだめよ?限度を考えてね?」

橘「は、はい…!」ドキドキ

橘(…どうすればいいんだ!引かれず呆れられず尚且つ攻められるギリギリ…!)



204: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 02:10:57.07 ID:W7wnnm8L0

橘(うーーーーーーん…)

橘「…」

絵里「…」

橘「…」

橘「…!」ティン

橘「絢瀬先輩」

絵里「はい、なんでしょうか」

橘「うなじの…」

絵里「うなじ?」

橘「うなじの匂いを嗅がせてください!」ドーーーン!



205: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 02:11:36.03 ID:W7wnnm8L0

絵里「…」

絵里「そ、れは…」

橘「…」ドキドキ

絵里「う…」

橘「…」ドキドキ

絵里「…」ウー

絵里「…」アー

絵里「…」ウーン…

絵里「…」

絵里「…」

絵里「…ぃいわよ」

橘「!!!」パァッ



206: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 02:12:10.05 ID:W7wnnm8L0

絵里「なんでも、って言ったのは私だし…それくらいなら…」ゴニョゴニョ

橘「ありがとうございます!では失礼して…」

絵里「ひゃ!?ちょ、ちょっと待って!」

橘「はい!待ちます!」ビシッ

絵里「…すぅーっ…はぁーっ…すぅーっ…」

絵里「…」

絵里「…」

絵里「…」

絵里「…ど、」

絵里「どうぞ…!」ファサッ

橘「し、失礼します!」ゴクリ



207: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 02:12:45.34 ID:W7wnnm8L0

絵里「~~~~っ!!」カァァ

橘(綺麗なうなじだなぁ…)スッ

橘(真っ白な肌が真っ赤になってる…相当恥ずかしいんだ)

橘(どれ…)

スンスン

絵里「!」ビクッ

スンスンスン

橘「…」

橘(これはまずいぞ)



208: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 02:13:19.30 ID:W7wnnm8L0

橘(いい匂いなんてもんじゃない!)スンスンスン

橘(脳がとろけそうだよ!)ハー

絵里「…!」ビビクゥ

橘(女の子のシャンプーの香りと…先輩特有の甘い匂い…)

橘(ほんのり汗も混じって…)

橘(こんなの、反則…)スゥーッ

橘(…)フー

絵里「きゃっ!」

橘「あ、すみません!息継ぎが…」

絵里「~~~~~~~!!!!」

絵里「はい!終わり!」バッ

橘「ああっ!そんな!」

絵里「恥ずかしすぎるわよ!もう!」



209: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 02:13:49.57 ID:W7wnnm8L0

橘「うぅ…」

絵里「…」

絵里「その…」

橘「…?」

絵里「…どう、だった?」カァ

橘「!!」

橘「はい!最高でした!シャンプーの香りと先輩の甘い香りとほんのり汗の…」

絵里「そっ!そこまできいてない!」

橘「そうですか…」

絵里「っ…とにかく!喜んでくれたなら、よかった、かな」

橘「はい!!!!ありがとうございました!!!!」

絵里「…」

絵里「どう、いたしまして」



210: ◆14OmzaYn4c 2015/09/21(月) 02:14:17.34 ID:W7wnnm8L0









橘(こうして、絢瀬先輩と至福のひとときを過ごした)

橘(人生のピークかもしれない…)

橘(幸せだったなぁ…)



217: ◆14OmzaYn4c 2015/09/23(水) 16:59:58.00 ID:e899ZKTU0

『あれは…絢瀬先輩?と…誰だろう…』

―――――校舎間、渡り廊下

橘(はー…)

橘(理科の実験の片付けが長引いてしまった…)

橘(教室にカバンも取りに行かないとだし)

橘(急がないと、結構な時間になっちゃったよ…)スタスタスタ

橘(…)スタスタ…

橘(…?)スタ…

橘(…あれは?)



218: ◆14OmzaYn4c 2015/09/23(水) 17:00:47.06 ID:e899ZKTU0



絵里「~…~!」

男子生徒「~!」


橘「絢瀬先輩?と…」

橘(誰かわからないけど…上履きからして3年生かな…)

橘(なにを話してるんだろう…)


絵里「…」ペコリ

男子生徒「…!」


橘(お辞儀…?違うな…あの感じ…)

橘(…!)ピーン

橘(もしかして、オコトワリシマスってやつか…!)

橘(うわー…すごいところに遭遇してしまったぞ…)



219: ◆14OmzaYn4c 2015/09/23(水) 17:01:13.03 ID:e899ZKTU0



男子生徒「…!~!!!」

絵里「…」


橘(…わかるよ、諦めきれないよ…なに言ってるのかは聞こえないけど、すがりついてるんだろうなぁ…)


絵里「…」

男子生徒「…」

絵里「…」チラッ

絵里「…!」ハッ


橘「…!」

橘(しまった!目が合った!)



220: ◆14OmzaYn4c 2015/09/23(水) 17:01:52.98 ID:e899ZKTU0

橘(…?)

橘(なんだろう、こっちに歩いてきて…)

絵里「橘君」

橘「へぁっ!」

橘「ごめんなさい!決してのぞくつもりは…」

絵里「…ちょっとこっちに来て」ギュッ

橘「へ?な、え?」

絵里「…」ツカツカ

橘「な、なんです!?わわっ、引っ張らなくても行きます!行きますから!」タタッ


男子生徒「…」

絵里「ごめんなさい、お待たせして」

橘「…?」



221: ◆14OmzaYn4c 2015/09/23(水) 17:02:52.74 ID:e899ZKTU0

橘「…?」

男子生徒「なんです、誰なんですかそいつは…」

絵里「…」

絵里「この人は」

絵里「…」グッ

絵里「…私の好きな人、よ」

男子生徒「…!!」

橘「…」



222: ◆14OmzaYn4c 2015/09/23(水) 17:03:28.29 ID:e899ZKTU0

橘「…」

橘「…」

橘「…」

橘「…」

橘「…」

橘「…」

橘「!!!!?!?!?!?!?!?!?!!!?!!?!?!!?!?」



223: ◆14OmzaYn4c 2015/09/23(水) 17:03:54.67 ID:e899ZKTU0

絵里「だから、ごめんなさい。あなたとは付き合えません」ペコリ

男子生徒「な…!だ…うぐ…」

橘「あ、絢瀬先輩!?それってどういう!?」

男子生徒「…」プルプル

絵里「…」

男子生徒「ア、アイドルが恋愛なんて、どうなるか…」

絵里「…」

男子生徒「そうだ!ファンを裏切ることになるんだぞ!」

絵里「…」

男子生徒「大きな大会だって控えてるんだろ!?それでいいのか…!?」

絵里「…」

男子生徒「うぐぐ…」



224: ◆14OmzaYn4c 2015/09/23(水) 17:05:38.65 ID:e899ZKTU0

橘(…自分だって告白したのに、無茶苦茶だなぁ)

橘(でもわかりますよ…絢瀬先輩綺麗でかわいいし…)

男子生徒「…」

男子生徒「なんだよ…そんな冴えない、特別かっこよくもないヤツ…」

絵里「…!」



225: ◆14OmzaYn4c 2015/09/23(水) 17:06:10.44 ID:e899ZKTU0

絵里「…あなた」

男子生徒「…」

絵里「今、橘君を馬鹿にした?」

男子生徒「…」

橘「…絢瀬先輩?」

絵里「私だって人間よ。あなたがどれだけの覚悟を持って告白してきたか…」

絵里「ちゃんとわかってるつもり。だから矛盾した意見も何も言わずに受け止めたのに…」

絵里「今、あなたは私の大切な人を目の前で馬鹿にしたわね!?」

男子生徒「…!」

橘「ちょ…」



226: ◆14OmzaYn4c 2015/09/23(水) 17:06:37.89 ID:e899ZKTU0

絵里「よく知りもしないのに!かっこよくない?冴えないですって?」

絵里「悔し紛れに人を貶めることがなんになるって言うの!?あなたに橘君の何がわかるって言うのよ!!」ガ…

男子生徒「ひっ…!」

橘「絢瀬先輩!」ガシッ

男子生徒「な…なんて女だよ!関わるんじゃなかった…!」

絵里「あなた…!」ググッ

橘「…!なに刺激してるんですか!早く行ってください!」

男子生徒「…けっ!」ダダダッ

絵里「待ちなさい!まだ終わってないわよ!」ジタバタ

橘「先輩!落ち着いてください!そんなに暴れると…」



227: ◆14OmzaYn4c 2015/09/23(水) 17:07:05.48 ID:e899ZKTU0








プニ








橘「…」



228: ◆14OmzaYn4c 2015/09/23(水) 17:07:43.06 ID:e899ZKTU0

橘「…?この感触は…?」





プニプニ





絵里「ひゃっ!?」

橘「は…」



229: ◆14OmzaYn4c 2015/09/23(水) 17:08:10.42 ID:e899ZKTU0

絵里「…橘君」

橘「…はい」

絵里「どこ触ってるのよっ!!!!」バチーン!

橘「ありがとうございますッ!」ビターン!

絵里「はぁ…はぁ…」

絵里「…」

絵里「はっ!」

橘「」

絵里「橘君…?」

橘「」

絵里「…」

絵里「気絶してる…」



230: ◆14OmzaYn4c 2015/09/23(水) 17:08:43.28 ID:e899ZKTU0


――――――――――――――――――――――――


――――――――――――――――――


―――――――――――


―――――――




231: ◆14OmzaYn4c 2015/09/23(水) 17:09:17.25 ID:e899ZKTU0



橘「…」

橘「…」ムクリ

橘「…」

橘「…」ボーッ

橘「…」

橘「やわらかかったなぁ」ボソ

絵里「…」プルプル

橘「…」

橘「!?」ビクッ



232: ◆14OmzaYn4c 2015/09/23(水) 17:09:54.26 ID:e899ZKTU0

絵里「…おはよう橘君」

橘「お、おはようございます!」

絵里「よく眠れたかしら」

橘「はい!おかげさまで…?」

橘「ここは…?」

絵里「保健室よ。先生に無理言って完全下校時刻までならって開けてもらったわ」

橘「なるほど…」

絵里「まだ時間もあるし…」

絵里「もう少し眠っていく?」ニコリ

橘「ひぃっ!ごめんなさい!」ガバッ



233: ◆14OmzaYn4c 2015/09/23(水) 17:10:24.81 ID:e899ZKTU0

絵里「…」

絵里「…」

絵里「ふふっ…」

橘「…?」

絵里「はは、あはははははははは!」

橘「絢瀬先輩…?」

絵里「はぁ…冗談よ。私こそごめんね?痛かったでしょ?」

橘「いえ!ぜんぜん平気ですっ!」

絵里「そう?…よかった」ニコ…

橘「…!」ドキッ



234: ◆14OmzaYn4c 2015/09/23(水) 17:11:02.35 ID:e899ZKTU0

橘「…先輩、そういえばなんだったんです?僕、何がなんだか…」

絵里「あ…えーっと…あの…」

橘「…?」

絵里「…」

絵里「…あの人、前から私のことをすごく見ていて…たぶん今日になって決心して告白してきたと思うんだけど…」

絵里「ほら、私もアイドルじゃない?そう言って断ったのよ」

橘「はぁ」

絵里「そしたら、『俺の何がダメなんだ!』って興奮しちゃって…」



235: ◆14OmzaYn4c 2015/09/23(水) 17:11:33.28 ID:e899ZKTU0

絵里「…!」

絵里「そう!そこでたまたま橘君がいたからね?好きな人がいます、って言えば諦めがつくかと思って…」

絵里「…」

橘「?」

絵里「…ごめんなさい、よく考えると最低ね私…橘君の気持ちも考えずに勝手なことを…」

橘「へ?いえいえ!いいんですよ!たしかに少しびっくりしましたけど!」

絵里「流石にダメよ。自分勝手すぎるわ…」

橘「…うーん」



236: ◆14OmzaYn4c 2015/09/23(水) 17:12:11.10 ID:e899ZKTU0

橘「あ!でも、僕は嬉しかったですよ!」

絵里「え…?」

橘「好きな人だって言われて嬉しかったです!僕も絢瀬先輩のこと…」

絵里「え…あ…」カァッ

橘「は…」

橘(しまった!僕は何を…!)

絵里「う…」

橘「すみません!つい…」

絵里「…ぁ」

絵里「…」

絵里「…ありがとう」

橘「…?」



237: ◆14OmzaYn4c 2015/09/23(水) 17:13:05.67 ID:e899ZKTU0

絵里「わざわざそんなことまで言って、橘君、優しいのね?」

橘「え、そ、そんな、そういうつもりじゃ…!」

絵里「いいのよ、無理しなくても…」

絵里「…」

橘「…?」

絵里「さ、もういい時間だし、帰りましょう!…途中まで一緒に帰る?」

橘「…」

橘「…はい、お供します!」



橘(こうして、絢瀬先輩と帰路についた)

橘(短時間で濃すぎる出来事だったからか、家に帰るとどっと疲れが出てきた…)

橘(あー…)

橘(…)

橘(僕は…)

橘(…)



243: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 18:51:00.07 ID:0LsWDDxq0

『何もする気が起きない。屋上で風に当たろう…』

――――――屋上

橘(絢瀬先輩が告白されているのを見てしまって、ビンタで気絶してから少しだけ経った)

橘(特に変わりなく過ごしてるけど…)

橘(最近絢瀬先輩の様子がなんだかおかしいんだよなぁ…)

橘(そわそわしてるというか…たまにボーっとしてるというか…)

橘(…)

橘(もしかしてあのときのことが原因なのかな…)



244: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 18:51:51.55 ID:0LsWDDxq0

橘(…)

橘(たしかに僕も、あれからよくこうして用もないのに屋上で風に当たってる)

橘(梅原にはらしくないって笑われたけど)

橘(たまにはセンチメンタルになるときもあるのさ…)フッ

橘(…)

ヒュゥゥ…

橘「はぁーっ…」



245: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 18:52:38.55 ID:0LsWDDxq0

カチャ…

森島「…」ソロリ

森島「…いたいた」コソッ

橘「…」ボーッ

森島「…」ササッ

橘「…」ボーッ…

森島「…」

森島「ねぇねぇ」トントン

橘「ふぁっ」プニッ

森島「あっ、ひっかかったひっかかった!」

橘「…なんですか、森島先輩」



246: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 18:54:07.93 ID:0LsWDDxq0

森島「むー?元気ないなぁ」

橘「…僕もそういうときくらいありますよ」

森島「そう?…最近プールのぞいてないもんね。なるほどなるほど」

橘「なっ、違いますよ!」

森島「結局新しいポイント教えてもらってないし…約束が違うじゃない!」

橘「う…」

森島「…まぁいいわ!今はそんなことどうでもよくて…」

橘「…?」



247: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 18:56:15.30 ID:0LsWDDxq0

橘「そういえば、どうしてここに?僕に何か用ですか?」

森島「良くぞ聞いてくれた!橘君を探しに探して早5分…!」

橘「完全に直感で屋上にいるって当てたじゃないですか!」

森島「遂に見つけたわよ!覚悟しなさい!」ビシィ

橘「…はぁ」

森島「…と、いうわけでね、橘君にお話があります」

橘「なんですか」

森島「…」



248: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 18:57:03.51 ID:0LsWDDxq0

森島「絵里についてなんだけど」

橘「!」ピクッ

森島「…橘君」

橘「…はい」

森島「…」

森島「絵里のこと、好きでしょ?」

橘「え…」

森島「…って、ひびきが言ってた。私は全然わかんなかったけど」

橘「…」

森島「どう?」



249: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 18:58:10.43 ID:0LsWDDxq0

橘「…」

橘「…それは」

橘「…っ」

橘「…好き、なんでしょうね」

森島「!」

橘「…」

橘「一緒にいて楽しいですし、かわいくて、綺麗で…」

森島「…」

橘「…まだ会って日も浅いですし、知らないことのほうが多いですけど」

橘「年上なのに話しやすくて、どこか無邪気で、素敵な人で」



250: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 18:59:15.70 ID:0LsWDDxq0

橘「…でも」

橘「僕なんかが…好きになっていい相手じゃない…」

森島「…」

橘「こんな僕が…どうこうしていいような人じゃないんです…」

森島「…」

森島「それは違うと思うけどな」

橘「…」

森島「私も、まだスキって気持ちがなんなのか…わからないけどさ」

森島「橘君のソレは、自分の気持ちをごまかすために言ってるようにしか聞こえないよ?」

橘「っ」



251: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:00:02.55 ID:0LsWDDxq0

橘(そんなの…)

森島「…」

橘「…」グッ

森島「答えは…出てるんじゃないかな」

橘「…!」

橘「…ッ」

橘「僕だってッ!」

森島「!」

橘「わかってますよ…わかってます…」

橘「でも…こんな気持ちは…」



252: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:01:20.80 ID:0LsWDDxq0

橘「…」

森島「…」

森島「…」フム

森島「…よーし!」

橘「…?」

森島「大切な後輩と、大切な友達のため!」

森島「はるかおねーさんに任せておきなさい!」ドンッ!

橘「…へ」



253: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:02:09.50 ID:0LsWDDxq0

森島「何とかしてあげる!」

橘「…いや」

森島「遠慮しないの!ふふふ…恋のキューピッドなんて、素敵よね!」

橘「ちょ」

森島「じゃあ橘君!また放課後に屋上でね!」ビシッ!

橘「な」

森島「ばいばーい!」フリフリ

橘「森島先輩!? …行っちゃった」



254: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:02:44.45 ID:0LsWDDxq0

橘(…)

橘(…ああ)

橘(余計なことをやらかす予感がビンビンするよ…)

橘(でもああなったら塚原先輩でもないと止められそうにないし…)

橘(…)

橘(絢瀬先輩…)



255: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:03:27.84 ID:0LsWDDxq0

☆『授業も終わったし、屋上へ行ってみようかな…』

橘(さて…)

橘(森島先輩に言われてるし、屋上に行かないとな)

橘(…)

橘(あんまりいい予感はしないなぁ…)



256: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:04:09.07 ID:0LsWDDxq0

――――――――屋上

バーン!

絵里「ちょっと、はるか!そんなに引っ張らないでよ!」

森島「いいからいいから!この間の相談、いい解決策が浮かんだの!」グイグイ

絵里「え?…本当に?」

森島「うん!私に任せなさい!」

塚原「また無茶苦茶なこと言い出すんじゃないでしょうね」

森島「大丈夫大丈夫!名案だから!」

絵里「不安しかないわ…」

塚原「同じく…」

森島「失礼しちゃうなぁもう」



257: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:05:17.67 ID:0LsWDDxq0

ガチャ

橘「…森島先輩、来ましたよ」

森島「あ、橘君!こっちこっち!」

絵里「!」

塚原「橘君…はるかが呼んだの?」

森島「そうよ。橘君はとても大切な、いわばキーマン!」

塚原「…」

絵里「…橘君」

橘「あ、絢瀬先輩…」

絵里「はるかになに言われたの?」コソコソ

橘「それが僕にもさっぱり…」ヒソヒソ



258: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:05:50.43 ID:0LsWDDxq0

森島「はいはい!注目注目!」

塚原「…」

森島「…」コホン

森島「早速ですが本題に入ります!」

絵里「…」

森島「絵里と橘君!」

橘「…?」

絵里「なに…?」

森島「あなたたち二人は、これから絵里の転校期間が終わるまで!」

森島「~~!」

森島「じゃじゃーん!恋人として過ごしてもらいまーす!」

橘「…」

絵里「…」

橘「…ん?」

絵里「…え?」



259: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:06:22.71 ID:0LsWDDxq0

橘「…」

絵里「…」

橘・絵里「「はああああああああああああああ!!?!?!?!???」」

森島「グー!いい反応ね!」

塚原「ちょっとはるか、いくらなんでも…」

橘「そうですよ!急にそんな…!」

絵里「…」ゼック

森島「あのね、橘君。絵里は最近、ちょっとした悩みを相談してくれたの」

橘「…悩み?」

絵里「…」

絵里「…!ちょ」



260: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:07:02.43 ID:0LsWDDxq0

森島「恋愛経験がないのにラブソングを作らなきゃいけない…どうしたらいいか、っていうね!」

絵里「…」

絵里「…あ」

橘「…」

森島「もちろん力になりたかったんだけど、私もひびきも恋愛経験はない」

森島「それなら、やっぱり実際にお付き合いしてみるしかないじゃない?」

橘「…でも、そんな、絢瀬先輩の意思に関係なく付き合うだなんて…」

森島「だから、付き合ってるフリ?みたいな!恋人っぽいことをするだけ!」

橘「同じことですって!」



261: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:07:29.06 ID:0LsWDDxq0

森島「もー、なに?橘君は絵里とそういうことするのは嫌?」

橘「なっ、ぼ、僕は、そんな…嫌では…」ゴニョゴニョ

塚原「…」

塚原「…」クスッ

塚原「はるか。さすがにやりすぎよ」

森島「えー?いい案だと思うんだけど…」

塚原「二人の気持ちを無視して、勝手にやっていいことと悪いことがあるでしょ」

森島「むむ…絵里は?」

絵里「え!?わ、私は…」

森島「寄ってくる男の子もいなくなって、悩み事も一発解決!…ダメかな?」



262: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:08:51.81 ID:0LsWDDxq0

絵里「…」チラ

橘「僕が…でも…うーん…」ブツブツ

絵里「…」

絵里「私は…」

絵里「…」

絵里「…っ」グッ

絵里「…橘君」

橘「は!?はい!」ビクッ

絵里「…」



263: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:10:30.24 ID:0LsWDDxq0

絵里「…」

絵里「…」タラリ

絵里「…」

絵里「…」フッ…

絵里「橘君さえよかったら…」

橘「…」ゴクリ

絵里「その…」

絵里「…」

絵里「…っ」



264: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:11:02.12 ID:0LsWDDxq0











絵里「こ、恋人役、やって…くれないかしら…」カァッ













265: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:11:39.32 ID:0LsWDDxq0

橘「!」

橘「へ…」

森島「…」ゴクリ

塚原「…」ゴクリ

絵里「…」

絵里「ダメ、かな」

橘「…」



266: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:12:10.22 ID:0LsWDDxq0

橘(なんだこれは…現実か…?)

橘(あの絢瀬先輩が…僕に恋人役を…?)

橘(…)

橘「…」ムニ

橘「…」

橘(ダメだ…痛いのかどうかもわからない)

橘(夢…?)

絵里「…」

絵里「たちばな、くん?」

橘「…!」

橘「…」



267: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:12:47.14 ID:0LsWDDxq0

橘「ぼっ」

橘「僕で…よければ、おねがい、します…」

絵里「!」

森島「!」

塚原「!」

絵里「ふぁ…」

絵里「こ、こちらこそ…」

絵里「よろしく、ね?」カァッ



268: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:13:31.36 ID:0LsWDDxq0

森島「…」

塚原「…」

森島「~~~~!」

森島「うふ、うふふふふ…」

塚原「…はるか?」

森島「ふふふ…」

森島「~~~~~…」

森島「…」スクッ

森島「ひびき、後は若い者に任せて私たちは行きましょうか」キリッ

塚原「…そうね」



269: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:14:01.26 ID:0LsWDDxq0

絵里「え?」

橘「なっ」

森島「じゃあお2人とも、私たちは行くから、ごゆっくりね?」

塚原「…ほどほどにね?」

絵里「はるか!?ひびきも!ほどほどってなによぉ!」

森島「またねー!」ヒラヒラ

塚原「ふふ…」スタスタ



270: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:15:49.31 ID:0LsWDDxq0

絵里「…もう」

橘「…」

橘「…」

橘「…あの」

絵里「ひゃ!?」

橘「わっ!?あ、ご、ごめんなさい!」

絵里「いえっ!?なななななにか用だったかしら!?」

橘「いや!用、といいますか!あの、その…」



271: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:16:17.28 ID:0LsWDDxq0

橘「…」

橘「…」スーッ

橘「…」ハーッ

橘「…」

橘「…よかったんですか、僕がそんな…恋人役、なんて」

絵里「…」



272: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:16:48.10 ID:0LsWDDxq0

絵里「…」フゥーッ…

絵里「…」

絵里「勇気を出した女の子に、そんなことを聞くのはマナー違反」スッ

橘「!…」

絵里「でしょ?」ウィンク!



273: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:17:17.48 ID:0LsWDDxq0

橘「」

絵里「…橘君?」

橘「」

絵里「おーい」フリフリ

橘「」

絵里「…」

絵里「気絶してる…?」

橘「」

絵里「…」

絵里「ふふっ」

絵里「…よろしく、ダーリン?」

橘「」



274: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:17:44.06 ID:0LsWDDxq0






橘(気がつくと日はすっかり傾いていて)

橘(僕と絢瀬先輩は、恋人同士という設定で過ごすことになった)

橘(一緒に帰り道を歩く中、お互い何を話せばいいのかわからず)

橘(明日からもよろしくと言って別れた)

橘(…)

橘(森島先輩の思いつき、思ったよりもすごいことになってしまったけど)

橘(今回ばかりは感謝しよう…)

橘(…あー)

橘(…にやける)



275: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:25:47.11 ID:0LsWDDxq0

『一方その頃…』

――――――絢瀬家絵里の部屋

絵里(はぁ)トスッ

絵里(はるかも無茶苦茶やってくれるわね…)

絵里(…)

絵里(ダーリンはちょっと調子に乗りすぎたかしら…)カァッ

絵里(…)

絵里(恋人…か…)パタッ

絵里(…)



276: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:26:52.38 ID:0LsWDDxq0

絵里「…」ウーン

絵里「…」

絵里「…」ボフッ!

絵里「~~~!!」マッカッカ

絵里「…!…~~!」バタバタ

絵里「…」バタ…

絵里「…」

絵里「ハァ…」スクッ



277: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:28:27.55 ID:0LsWDDxq0

絵里(橘君の貴重な学生生活の…)

絵里(一部を私のために使わせてもらうんだから)

絵里(せめて、楽しいとか、嬉しいとか)

絵里(いい思い出になってくれないとね…!)

絵里(…)

絵里「おもいで…か…」

絵里「…」

絵里「…!」

絵里「だ、ダメよ絵里!私はアイドル!アイドルなんだから!」ブンブン

絵里「~~~~!!!」



278: ◆14OmzaYn4c 2015/09/25(金) 19:28:59.82 ID:0LsWDDxq0

亜里沙「…」ドアノカゲチラッ

亜里沙(晩ごはんできたから呼びに来たら…)

亜里沙(どうしたんだろうお姉ちゃん…)

亜里沙(…)

亜里沙(楽しそうだし、まぁいいかな♪)



284: ◆14OmzaYn4c 2015/09/26(土) 17:31:09.38 ID:0Z9SgxdI0

『こ、恋人って、何をすればいいんだろう…うーん…』

――――――通学路

橘(役、とはいえ…)

橘(絢瀬先輩と恋人同士になってまた少し経った)

橘(森島先輩や塚原先輩も含めて4人で過ごす時間が増えたけど…)

橘(あの2人が僕と絢瀬先輩を2人きりにさせることがあるんだよなぁ…)

橘(しかも結構な頻度で)

橘(僕としては、恋人っぽいことをしたいのはヤマヤマなんだけど…)

橘(…)



285: ◆14OmzaYn4c 2015/09/26(土) 17:43:03.51 ID:0Z9SgxdI0

橘「…うーん」

橘(具体的に、何をすればいいのか…)

橘(やっぱり、デートとか…)

橘(…)

橘「…」ヌーン…

橘「…」ウムム…

絵里「…」ハァーッ

絵里「…」サスサス

橘「…ムー」スタスタ

絵里「…!」

橘「ンー…」スタスタ



286: ◆14OmzaYn4c 2015/09/26(土) 18:04:55.20 ID:0Z9SgxdI0

絵里「橘君!」

橘「…え!?絢瀬先輩!?」

絵里「よかった!もう学校行っちゃってたらどうしようかと思ったわ」

橘「どうしてこんなところに…?」

絵里「…何回か、一緒に帰ったとき、いつもここで別れてたでしょ?」

橘「はい」

絵里「ここで待ってれば橘君、通るかなって…」

橘「へ」

絵里「…一緒に登校、って、恋人っぽくないかしら…」

橘「…!」



287: ◆14OmzaYn4c 2015/09/26(土) 18:06:02.02 ID:0Z9SgxdI0

絵里「っ!ほ、ほら、こうやって待ってたりする時間も!新曲のヒントになるかもしれないでしょ!?」

橘「あ、そっ、そうですね!…って、どのくらい待ってたんですか?」

絵里「えっ…と、15分くらいかしら。そんな、大して待ってないわよ?」

橘「十分長いですよ!寒いのに、すみません…」

絵里「謝らないの!私が勝手にやったことだし、言ったでしょ?新曲のヒントになるかも、って」

橘「うぐ…」

絵里「ふふっ…じゃあ、登校してる間、お話でもして楽しませてくれる?」

橘「! はい!お任せください!」

絵里「うん、お任せします!」



288: ◆14OmzaYn4c 2015/09/26(土) 18:10:58.49 ID:0Z9SgxdI0





橘(…朝からいい時間を過ごした)

橘(まさか待っててくれてるなんて…)

橘(反省するべきは、冷たくなった手をぎゅっと握って…)

橘(暖めてあげる、ってやればよかった…!)クッ

橘(…)

橘(ちょっとキザかな…)



293: ◆14OmzaYn4c 2015/09/27(日) 02:35:55.11 ID:iP8sIOKo0

『体育の授業だ!3年生が向こうにいるぞ…!』

―――――グラウンド

梅原「あ゛ー、疲れた…」ドサッ

橘「おつかれ、梅原」

梅原「サッカーはいいけどよ、一回あたりの出番が長すぎるのは問題だよなぁ」

橘「ああ、そうだな」

梅原「で、どうだ?3年生は!バレーなんて最高だろ?」

橘「ああ!やっぱりレベルが高いよ、3年生!」

梅原「そりゃあそうだろ!森島先輩と塚原先輩、それに絢瀬先輩が加わってもう…」

橘「ますます手を付けられないな…!」

梅原「しかし、アレだな。あーやって並んでると、森島先輩もアイドル並にかわいいのかもしれないな」

橘「ああ。絢瀬先輩に遜色ない美人ではあるかも」



294: ◆14OmzaYn4c 2015/09/27(日) 02:36:45.75 ID:iP8sIOKo0

梅原「絢瀬先輩の登場に隠れちゃいるが、未だに森島先輩人気も根強い」

梅原「更には塚原先輩にもコアなファンはいるし、まさに輝日東3年生戦国時代!」

橘「森島先輩も、中身がなぁ…」

梅原「あれがいいんじゃねぇか!お堅いわけでもなく、かといって隙だらけでもない!」

梅原「それに比べると、少しお堅いイメージが強い絢瀬先輩と塚原先輩だが…」

橘「…」

梅原「…」

梅原「…大将、俺が何を聞きたいのか、わかるな?」

橘「…さぁ?」プイッ

梅原「この!とぼけやがって!どうやって絢瀬先輩を落としやがったっ!!!」ブンブン

橘「あがががが…」グラグラグラ



295: ◆14OmzaYn4c 2015/09/27(日) 02:37:18.02 ID:iP8sIOKo0

梅原「森島先輩がふれ回ってるぞ!『絵里に彼氏が出来たわよ~~!!』って!!」

橘「おかげさまでみんなの目が怖いし冷たいぜ…」

梅原「そりゃそうだろ!ちくしょー!!!おめでとう大将!」バシバシ!

橘「ははは…痛い痛い…」

梅原「…」キョロキョロ

ワイワイ…ボールイッタゾー!ザワザワ…

梅原「…」ガッ

梅原「…で、恋人のフリってどういうことだよ」ボソッ

橘「ん、ああ、それがな…」



296: ◆14OmzaYn4c 2015/09/27(日) 02:37:56.73 ID:iP8sIOKo0

ボソボソゴニョゴニョ

梅原「…なるほど。新曲のため、なぁ」

橘「そうなんだよ。まぁ僕としてはありがたい話だから…」

梅原「…」

橘「…なんだよ」

梅原「…いや、大将って変なところでへタレだよな」

橘「なっ」

梅原「ま、そこがいいところなのかもなー」

橘「どういうことだよ!」

梅原「はっはっは!」



297: ◆14OmzaYn4c 2015/09/27(日) 02:39:32.60 ID:iP8sIOKo0

―――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――

―――――――――――

橘「ふぅ、体育やっと終わった…」

橘「梅原…は先に行ったんだったな。僕も早く着替えないと…」

橘「…」

橘(しかし梅原め、僕がへタレだって…?)

橘(…)

橘(…うーん)

橘(…)



298: ◆14OmzaYn4c 2015/09/27(日) 02:40:10.25 ID:iP8sIOKo0

??「…」キョロキョロ

??「…」キョロ…

??「あ、いたいた」タッタッタッ

橘「…?」クルッ

絵里「こんにちは、橘君」

橘「絢瀬先輩!こんにち…は…」

橘(…!!)カッ!

橘(ジャージなし…だと…?)

絵里「…?」



299: ◆14OmzaYn4c 2015/09/27(日) 02:40:38.64 ID:iP8sIOKo0

橘(ブルマから伸びる大胆な太もも…ウエストの細さ故に強調されるその発達した胸…!)

絵里「あの…」

橘(鍛えられて尚柔らかさを残すふくらはぎから引き締まった足首のライン…!)

橘(完璧だ…なんてこった…!)

絵里「…橘君」

橘「…」ジーン…

絵里「橘君!」

橘「はっ!はい!」ビシッ!

絵里「どうしたの?なんだか変だったけど…」

橘「なんでもないです!」ビシッ!

絵里「…?」

橘「!」ビシッ!



300: ◆14OmzaYn4c 2015/09/27(日) 02:41:25.90 ID:iP8sIOKo0

絵里「…まぁいいわ。さっきの時間、体育だったわよね?」

橘「はい!先輩たちとは逆側のグラウンドでサッカーでした」

絵里「それでね…はい、これ」サッ

橘「へ?…タオル?」

絵里「頑張ってたみたいだから…汗、かいたかなって」

橘「…!」

橘「ありがとうございます!嬉しいです!」ギュッ

絵里「ふふ…よかった、喜んでくれて」

橘「でも、僕が走り回ってたのよくわかり…」ハッ



301: ◆14OmzaYn4c 2015/09/27(日) 02:41:55.21 ID:iP8sIOKo0

橘「…」

橘「もしかして、見てました?体育のとき…」

絵里「なっ!」カァッ

橘「いやー照れますね!見られてるならあともう少し頑張れば…」

絵里「…橘君」ワナワナ

橘「…?」

絵里「そういうことは、気がついても言っちゃだめ…」

橘「へ」

絵里「…恥ずかしい、でしょ…!」カァァァッ

橘「…!!!!!」

絵里「もうっ!行くからね!またね!」ツカツカツカ

橘「ふぁ、先輩!…行ってしまった」



302: ◆14OmzaYn4c 2015/09/27(日) 02:42:32.73 ID:iP8sIOKo0

橘(…恋人っぽいことをしようと思ったのかな)

橘(絢瀬先輩はかわいいなぁ!)ゴシゴシ

橘(…!)

橘(…このタオル)

橘(絢瀬先輩の匂いがする…!)

橘(ううっ、一生包み込まれててもいい!!)クンクン

橘(うおおおおおおおお!!)クンクンクン



303: ◆14OmzaYn4c 2015/09/27(日) 02:43:00.90 ID:iP8sIOKo0

――――――――――――

高橋「橘君、授業遅刻よ!怪我でもしてたの!?」

橘「あ、いえ、なんでもないです、ハイ…」

梅原「…なにやってたんだ大将」ボソッ

橘「…」

橘「ちょっと道に迷ってたんだ…」

梅原「…そうか」



310: ◆14OmzaYn4c 2015/10/05(月) 21:49:12.48 ID:aNFTpkVt0

『今日もやっと放課後だ…』

橘(帰ろう…と思ったけど、お宝本をあそこにしまってからにしようかな)

橘(梅原もケンもマサも大絶賛だったなぁ。さすが限定版桃スナ…)

橘(特にこの金髪美女特集なんてもう…)

橘(…)

橘(…)ジュルリ

橘(…!)

橘(おっと…危ない危ない。まためくるめく金髪ビーチの世界に入り込んでしまうところだった…)

橘(完全下校時間になる前にしまいに行こう…)



311: ◆14OmzaYn4c 2015/10/05(月) 21:49:50.20 ID:aNFTpkVt0

――――――――屋上

橘「…あれ?」

橘(絢瀬先輩がいる…参ったな。あそこのことはバレてるからいいとして…)

橘(僕が入っていくということはどういうことなのかも知ってるからなぁ…)

橘(…)

絵里「ハッ…!フッ…!」ババッ!

橘(それにしても、ダンスの練習かな?…邪魔すると悪いし、今日のところは諦めて帰った方が…)

絵里「はっ…はっ…」

橘「…」

橘(…)ダッ



312: ◆14OmzaYn4c 2015/10/05(月) 21:50:18.06 ID:aNFTpkVt0

――――――――――――――――――

絵里「ふぅ…ちょっと休憩しようかしら…」

絵里「タオルは、っと…」ガサゴソ

橘「絢瀬先輩!」ガチャ

絵里「きゃっ!?橘君!?」ビクッ

絵里「な、なんでここに…?」

橘「たっ、たまたまですよ!それより、これどうぞ!」

絵里「スポーツドリンク…」

橘「はい!差し入れです!」

絵里「…ふふっ、ありがとう」パシッ



313: ◆14OmzaYn4c 2015/10/05(月) 21:50:51.35 ID:aNFTpkVt0

橘「お一人で、ダンス練習ですか?」

絵里「ええ、今日は全体練習がないから。みんなに遅れをとらないように、ね」ゴクゴク

橘「大変ですね」

絵里「そう?…でも、転校のおかげではるかやひびきとも出会えたし」

絵里「…こうして橘君とお話もできるわけだし」

絵里「私としては、いい経験になってると思うけどな」

橘「っ…」

絵里「…? どうしたの、橘君」

橘「い、いえ、なんでも…」



314: ◆14OmzaYn4c 2015/10/05(月) 21:51:46.42 ID:aNFTpkVt0

絵里「?」

橘(そういうことをさらっと言っちゃうあたり、自分でわかってるのかなぁ…)

橘(…僕がたまにやるのは狙ってやってるから良しとして)

橘「ハァ…」

絵里「なに?」

橘「あ、いえ!本当になんでもないです!」

絵里「そう…?」

橘「はい!…そういえば、今思い出した話なんですけど…」



315: ◆14OmzaYn4c 2015/10/05(月) 21:52:18.26 ID:aNFTpkVt0

――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――

―――――――――――

絵里「―――――――そんなことないでしょ?」

橘「どうでしょうね…僕はあるとおもうんですけど…」

絵里「ふふふっ…はぁー…橘君とお話してると楽しいわね」

橘「それはなによりです!」

絵里「ふふっ…あ、もうこんな時間」

橘「えっ?あ、す、すみません!練習の邪魔を…!」



316: ◆14OmzaYn4c 2015/10/05(月) 21:53:00.86 ID:aNFTpkVt0

絵里「いいのよ。恋人とこういう時間を過ごすのも大切…でしょ?」ニコッ

橘「!!」ドキッ

橘(な、なんだこの破壊力は…!うう、僕はこれから耐え続けなければならないのか…?)ドキドキ

絵里「さ、帰りましょう!…一緒に帰ってくれる、よね?」

橘「!!!!!」

橘「は、ハイ!!!!もちろんです!!」

絵里「じゃあ、着替えて行くから、先に校門で待ってて?」

橘「はい!!!!いつまででも待ちます!!!!!!」

絵里「なによそれ…」クスッ

橘(ふおおおおおおお!!!!!!!か、かわいいいい!!!!)

橘(たまりません…たまりませんよこれは…)



317: ◆14OmzaYn4c 2015/10/05(月) 21:53:33.73 ID:aNFTpkVt0

橘(…)

橘(これで本当に、恋人だったら…)

橘(…)

橘(…ハッ)

橘(ダメだダメだ!なにを考えているんだ!)ブンブン

橘(…)

橘(…行くか)



318: ◆14OmzaYn4c 2015/10/05(月) 21:54:07.86 ID:aNFTpkVt0



――――――――――帰路

橘「今日は時間に余裕があるので、駅まで送っていきますよ」

絵里「そんな、悪いわ」

橘「だいぶ遅いですし…それに、恋人なら普通だと思います!」

絵里「っ」

絵里「こ、恋人なら…普通…」

橘「はい!」

絵里「…そうね。お願いしようかしら」

橘「!!」

絵里「駅まで…ね?」

橘「ありがたきしあわせっ!」

絵里「もうっ、なによそれ」クスクス



319: ◆14OmzaYn4c 2015/10/05(月) 21:54:49.66 ID:aNFTpkVt0

――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――

―――――――――――――

―――――――――

――――――ゲームセンター前

橘「…あっ」

絵里「? どうしたの、橘君」

橘「ここ、あのときのゲームセンターですね」

絵里「…!!」

橘「…あれ?そういえば、通りがかり見かけたゲームに興味があるって言ってましたけど…」

橘「外からだとあんまりあのゲームって見えませんね…」

絵里「…」

橘「…絢瀬先輩?」



320: ◆14OmzaYn4c 2015/10/05(月) 21:55:25.26 ID:aNFTpkVt0

絵里「…橘君」

橘「へ?」

絵里「あの…」

橘「…?」

絵里「…」

橘「どうかしましたか…?」

絵里「…」

絵里「…っ」

絵里「…よしっ!」

橘「!?」ビクッ



321: ◆14OmzaYn4c 2015/10/05(月) 21:55:54.78 ID:aNFTpkVt0

絵里「駅まで競争!負けた方がジュースおごりね!」

橘「え!?な、なんですか急に!」

絵里「スタートッ!」ダッ!

橘「ちょっ、絢瀬先輩!」ダッ!




橘(…こうして、絢瀬先輩と下校した)

橘(あの反応、絶対なにか隠してる…気になるなぁ)

橘(ちなみに、圧勝だったはずの絢瀬先輩は駅まで3mのところですっ転んだ)

橘(コンビニで絆創膏とココアを買ってあげたら涙目ながらも喜んでくれた)

橘(…毎回毎回、僕をどうしたいんだこの人は…)



326: ◆14OmzaYn4c 2015/10/07(水) 18:13:48.48 ID:JT5a3U500

『暇だしちょっと校内をぶらついてみるか…』

橘(絢瀬先輩とぐんぐん仲良くなってきて、僕はなんて幸せ者なんだろう!)

橘(この喜びを誰かと分かち合いたい!)

橘(…ん、あれは)

橘「森島先輩!」

森島「んんっ?橘君。どうしたの?」

橘「どうしたってことはないんですけど…」

森島「あ、絵里とは仲良くしてる?」

橘「はい!おかげさまで!」

森島「あんな美人とワキアイアイなんて、うらやましいわね!このこの!」ウリウリ

橘「うへへ…それほどでも~」デレデレ



327: ◆14OmzaYn4c 2015/10/07(水) 18:14:26.20 ID:JT5a3U500



絵里「あ…橘く…」

絵里「…はるか?」


森島「それで、恋人らしいことって何をしてるの?」コソコソ

橘「そうですね、具体的には…」コソコソ


絵里「…!!」カオガチカイカオガ!


森島「…わお!それは素晴らしいわね…!」ヒソヒソ

橘「そうでしょうそうでしょう!」ヒソヒソ



328: ◆14OmzaYn4c 2015/10/07(水) 18:15:11.95 ID:JT5a3U500



絵里「…」ナニハナシテルノカシラ…


橘「…で…って…なんですよ!」

森島「それはベリーキュートね!ぜひ写真を…」

橘「だ、だめですよ!」

森島「え~!?お願い!橘君!」ギュッ


絵里「!?」


橘「う…し、仕方ないですね…」

森島「わーい!橘君大好き!」ガバッ

橘「あ、危ない!急にハグしてこないでください!」


絵里「!?」ギョッ

絵里「~~~~!!」バッ





329: ◆14OmzaYn4c 2015/10/07(水) 18:15:42.41 ID:JT5a3U500

絵里「橘君!」

橘「おわっ!?絢瀬先輩!?」

森島「絵里!どうしたの?」パッ

絵里「はるか、橘君借りるから」

森島「えっ?うん…?」

絵里「…」グイグイ

橘「ちょ、な、なんです?痛っ!引っ張らないで下さい!ああぁぁぁぁぁ…」

森島「…」

森島「なんだったの…?」



330: ◆14OmzaYn4c 2015/10/07(水) 18:16:23.29 ID:JT5a3U500

―――――――屋上

ガチャン!

絵里「…」ツカツカ

橘「せ、先輩!どうしたんですか!急に屋上まで引っ張ってきて…」

絵里「…」ピタッ

橘「…?」

絵里「…ふん!」

橘「?」

絵里「はるかと随分仲がいいのね!」

橘「それは…まぁ…」

絵里「橘君は!」

橘「はいっ!?」ビクッ



331: ◆14OmzaYn4c 2015/10/07(水) 18:17:05.78 ID:JT5a3U500

絵里「…私の…その…一応…」

橘「…」ドキドキ

絵里「コ、コイビト…なんだ、から…」

橘「へ…」

絵里「っ」

絵里「だからっ!…その…」

橘「…」

絵里「…」

橘(…もしかして)

絵里「…」

橘(…)

絵里「…楽しそうに、はるかとこそこそ何してたの?」

橘(…)

橘(間違いない、完全にやきもちだっ!)

絵里「…」ムッ

橘「…」



332: ◆14OmzaYn4c 2015/10/07(水) 18:17:32.90 ID:JT5a3U500

橘「絢瀬先輩が、どれだけかわいいのかを話してただけですよ」

絵里「」

絵里「…!」

絵里「そ、そう…」

橘「はい」

絵里「ふ、ふーん…」

橘「…」

絵里「…ぇへへ」



333: ◆14OmzaYn4c 2015/10/07(水) 18:18:29.29 ID:JT5a3U500





橘(こうして、絢瀬先輩にやきもちを焼かれた)

橘(…なんというか、そのうち僕は後ろから刺されるんじゃないだろうか…)

橘(幸せだなぁ)



334: ◆14OmzaYn4c 2015/10/07(水) 18:19:25.13 ID:JT5a3U500

『絢瀬先輩がうたた寝なんて珍しいな…上着をかけてあげよう』

橘(最近は絢瀬先輩と帰るのが日課になってきてて)

橘(授業が終わると3年生の教室まで行って、先輩と落ち合う)

橘(教室にいなかったら屋上へ行って)

橘(練習を見た後に一緒に帰る)

橘(今日はどうかな…っと)



335: ◆14OmzaYn4c 2015/10/07(水) 18:19:51.74 ID:JT5a3U500



絵里「…」

橘「…あれ、絢瀬先輩?」

絵里「…」

橘(机に突っ伏して…)

絵里「スゥ…スゥ…」

橘「寝てる…?」

絵里「スゥ…スゥ…」

橘(きっと色々あって疲れてるんだな…)



336: ◆14OmzaYn4c 2015/10/07(水) 18:20:37.76 ID:JT5a3U500

橘(…)

絵里「スヤ…」

橘(しかし)

橘(絢瀬先輩の寝顔…)

橘(…)

橘(最高です!)グッ

橘(…あ、風邪ひいちゃわないかな)

橘(上着を…)ファサ



337: ◆14OmzaYn4c 2015/10/07(水) 18:21:10.97 ID:JT5a3U500

絵里「ん…」

橘「あっ」

絵里「んぅ…」ノビーッ

絵里「はぁ… あら、橘君」

橘「す、すみません。起こすつもりはなかったんですけど…」

絵里「ふぁ…私、いつの間にか寝てたのね…」

絵里「ん、これ…」サワ…

橘「僕の上着です。寒くないかなって…」



338: ◆14OmzaYn4c 2015/10/07(水) 18:21:36.17 ID:JT5a3U500

絵里「そう…ありがとう、橘君」ニッ

橘「は、はい!このくらいはなんでもないですけど!」

絵里「ふふっ…」クンクン

絵里「…橘君の匂い」

橘「へっ」

絵里「…なんだか落ち着く匂い」

橘「…」



339: ◆14OmzaYn4c 2015/10/07(水) 18:22:06.96 ID:JT5a3U500

橘(なんだこれは…まさか、試されているのかっ!?)

橘(あまりにも僕が何もアクションを起こさないから…)

橘(…)

橘(だとすれば、今の僕にできる最高の一手を…!)

絵里「…? 橘君?」

橘「…」

橘「それっ!」

ギュッ



340: ◆14OmzaYn4c 2015/10/07(水) 18:22:47.55 ID:JT5a3U500

絵里「!!???」モガッ

橘「ど、どうですか絢瀬先輩!」ギュッ

橘(座っている絢瀬先輩の頭を抱くように包む…)

橘(これが僕の攻めの最高手…!)

絵里「な、もう、どうって…」

絵里「どうって…」

絵里「…」スンスン

橘(ああっ!絢瀬先輩が僕の匂いを嗅いでる!それも直接!)

橘(なんて日だ…なんて日だ!)

絵里「…落ち着く」

橘「それは、なにより、です…」



341: ◆14OmzaYn4c 2015/10/07(水) 18:23:27.33 ID:JT5a3U500

絵里「…」

絵里「…!」ハッ

絵里「って違う!教室でこんなこと、ダメでしょ橘君!」バッ

橘「あっ、す、すみません!調子に乗りました!」

絵里「もう…」

橘「…」

橘「…?」

橘「あの…」

絵里「何?」

橘「さっきの…教室じゃなきゃ、いいってことですか?」

絵里「え?」

橘「教室でこんなことダメ、ってことは…」

絵里「なっ…!」



342: ◆14OmzaYn4c 2015/10/07(水) 18:23:57.66 ID:JT5a3U500

絵里「そういうわけじゃ…」

絵里「…」

絵里「…ふむ」

橘「…?」

絵里「…」

絵里「橘君次第、かな」

橘「!!」

絵里「…さ、帰りましょ?遅くなっちゃう」

橘「ぅあ…はい!」

絵里「ふふっ、いい返事ね!」




橘(絢瀬先輩と下校した)

橘(余裕がある絢瀬先輩…)

橘(これはこれでいいな…!)



344: ◆14OmzaYn4c 2015/10/08(木) 00:19:49.56 ID:ICYUiw370

『お昼だ!屋上へ急ごう!』

橘「お弁当!?」

絵里「うん、作ってきたの」

橘「ぼ、僕のためにですか!?」

絵里「そうよ?はい♪」スッ

橘「~~~~!」

橘(生きてて良かった…!僕のためにお弁当を作ってきてくれるなんて…!)ジーン

橘「いただきます!」パカッ

絵里「昨日の残りとかじゃなくて、ちゃんと作ったの久しぶりだから…あんまり自信はないんだけど」

橘「…!!」モグモグ

橘「…」ゴクン

絵里「…どう、かしら?」



345: ◆14OmzaYn4c 2015/10/08(木) 00:22:47.63 ID:ICYUiw370

橘「…」

絵里「…?」

橘「…」

橘「…すごく美味しいです」ツゥーッ

絵里「泣くほど!?」

橘「もう、なんか…感無量です…」モムモム

絵里「それはよかったけど…」

橘「卵焼きも…からあげも…おひたしも…最高においしいです…」

絵里「ハラショー!それはよかったわ!全部の料理にちゃんと隠し味を入れておいたのよ♪」

橘「隠し味ですか…?」

絵里「ええ!もちろんそのプチトマトにも、ね」

橘「ええっ!?トマトにも!?いったい何を…」



346: ◆14OmzaYn4c 2015/10/08(木) 00:23:32.15 ID:ICYUiw370

絵里「それはね…」スッ

橘(…?なんでこっちに近づいて…)

絵里「あ・い・じょ・う」ミミモトボソッ

橘「」

絵里「…こ、これ思ったよりも恥ずかしいわね」カァッ

橘「」

絵里「はるかは妙に推してたけど…うーん…」ブツブツ

橘「」

絵里「…はっ」

絵里「た、橘君?」

橘「」

絵里「橘君!」ユサユサ

橘「」



347: ◆14OmzaYn4c 2015/10/08(木) 00:25:04.56 ID:ICYUiw370

『今日は個人練習日って言ってたけど、さっき屋上に森島先輩が行くのを見たぞ…』

橘(絢瀬先輩は屋上で練習…)

橘(森島先輩はなにをしに屋上に…?)

橘(…)

橘(考えてたってわからないか…行こう)



348: ◆14OmzaYn4c 2015/10/08(木) 00:25:30.88 ID:ICYUiw370

――――――――――屋上

絵里「そうそう!そこでターン!」

森島「ここで?えいっ!――――きゃっ!」ドサッ

絵里「あっ!はるか、大丈夫?」

森島「うん、大丈夫!ダンスって難しいのね…」ムクリ

絵里「そんな簡単に出来ちゃったら私たちの立つ瀬がないわ」フフッ

橘「…なにやってるんですか、お二方」

森島「橘君!遅い!」ビシッ

絵里「橘君。はるかにダンスを教えてるの。アイドルに興味があるみたい」



349: ◆14OmzaYn4c 2015/10/08(木) 00:26:16.20 ID:ICYUiw370

橘「森島先輩がアイドルですか」

森島「うん!楽しそうじゃない?」

橘「それはまぁ…」

森島「でも、やってみると難しいのよ…橘君、腕立て伏せできる?」

橘「え?できますけど」

森島「やってみて!」

橘「はぁ…こうですか?」ググッ

森島「オーケー!次に、腕立て伏せを続けながら笑顔!」



350: ◆14OmzaYn4c 2015/10/08(木) 00:26:48.02 ID:ICYUiw370

橘「ええっ!?ぐぐぐ…」ニヘラ

橘「ふぐぐ…」グッ…グッ…

橘「ぐえっ」バタッ

森島「ね?難しいでしょ、アイドルって」

橘「な、なるほど…ダンスしてたり歌ってたりするときも笑顔ですもんね…なるほど…」

絵里「なーに、はるか。橘君もアイドルにしたいの?」

森島「うーん…それはそれで面白そうだけど…」

森島「絵里が困るでしょ?橘君が大人気になったら、もうモテモテになって…」

絵里「わーっ!わーっ!」ガバッ

森島「ムググ」



351: ◆14OmzaYn4c 2015/10/08(木) 00:27:27.73 ID:ICYUiw370

橘「へ…?どうしたんですか?今なにか…」

絵里「なんでもない、なんでもないわよ!?」

森島「むぐー!」ジタバタ

橘「はぁ…?」

絵里「はるか!変なこと言わない約束!」

森島「ぷはっ!はー…ごめんごめん…」

絵里「もう…」

橘「??」



355:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/08(木) 03:57:34.71 ID:akeAtbTIo

エリチカちょろい(確信))



359: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 01:51:25.62 ID:TDl1Alhf0

『絢瀬先輩とお話しよう!』

―――――――屋上

橘「絢瀬先輩!」

絵里「橘君。元気そうね」

橘「はい!先輩お手製のお弁当のおかげでやる気満々です!」フンス

絵里「ふふっ、それはよかった」

橘「今日は練習しないんですか?」

絵里「んー…日直のお仕事が長引いちゃって…ちょっとだけ時間も遅いし、ナシにしようっかなって」

橘「あ、じゃあ下校時間までお話しませんか?」

絵里「いいわね!ただし、面白いお話でお願いね?」

橘「任せといてください!」



360: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 01:51:56.33 ID:TDl1Alhf0

〈世間話〉

橘「先輩ってあだ名とかないんですか?」

絵里「あだ名?」

橘「ほら、アイドルってあだ名で呼ばれたりするじゃないですか。にこにーとか」

絵里「ああ…にこを引き合いに出されると…まぁ…」

橘「そういうの、絢瀬先輩にはないのかなぁって」

絵里「うーん…」

絵里「そうね、小さい頃のあだ名なんだけど…」

橘「はい」



361: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 01:52:33.62 ID:TDl1Alhf0

絵里「おばあさまには『かしこいかわいいエリーチカ』、なんて呼ばれてたかしら」

橘「かしこいかわいい…」

絵里「子どものころね?」

橘「エリーチカ…!」

絵里「…?」

橘「エリーチカ先輩!」

絵里「やめて!」



362: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 01:53:49.11 ID:TDl1Alhf0

〈勉強〉

橘「先輩は大学行くんですよね?」

絵里「ええ。受験勉強とアイドル活動の両立は難しいけど、頑張ってるつもりよ」

橘「…全然怠け者じゃないですよね」

絵里「そうかしら…でもアイドル活動は楽しくて仕方ないから、辛くないもの」

橘「はー…すごいですね…」

絵里「ふふっ、ありがとう。橘君も、勉強はしっかりしないとダメよ?」

橘「は、はい…」



363: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 01:54:17.05 ID:TDl1Alhf0

〈運動〉

橘「アイドルのダンスって、バレエやってた先輩から見てどうだったんですか?」

絵里「えっ」

橘「レベルの違いみたいな…」

絵里「そっ、そんなに変わらないんじゃないかしらね!?」

橘「そうなんですか?」

絵里「ええ!スクールアイドルってみんながんばってるから!」

橘「それはそうですけど…」

絵里「そうよ!」

橘「はぁ…?」

絵里「!!」フンス



364: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 01:55:21.55 ID:TDl1Alhf0

〈娯楽〉

橘「ゲームセンターとか、あんまり行かないんですよね先輩」

絵里「そうね…あ、プリクラなら撮ったことあるわよ!」

橘「μ’sのメンバーと撮ったんですか?」

絵里「ええ。そのとき初めて撮ったから、びっくりしちゃった」

橘「今ないんですかそのプリクラ」

絵里「あっても見せてあげない」

橘「えぇー…」

絵里「だってなんだか恥ずかしいじゃない!」

橘(…恥ずかしい撮られ方をしたんだなぁ)

絵里「…なに?」

橘「いえ、なんでも…」



365: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 01:56:07.90 ID:TDl1Alhf0

〈食べ物〉

橘「ファーストフードって食べるんですか?」

絵里「ハンバーガーとか?…恥ずかしながら、高校三年生で初めて食べたかな」

橘「えっ!?珍しい…」

絵里「外食もそんなにしなかったし…でも、おかげで色んなものに出会わせてくれたμ’sに本当に感謝してるわ」

橘「今度僕とも行きましょうよ」

絵里「ええ!もちろん!」

橘「ファーストフードって他にも色々あるんですよ。牛丼とかドーナツとかサンドイッチとか…」

絵里「ギュウドン…?」

橘「えっ、知りませんか?」



366: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 01:57:12.03 ID:TDl1Alhf0

絵里「…知ってるわよ」

橘「…」

絵里「あれよね?ギュウドン。どん!って感じの…」

橘「…おいしいですよね」

絵里「ええ!ハラショーよね!」

橘「…」

絵里「ハラショー!」

橘「…ごまかしてないですか?」

絵里「な、なんのことかしらー?」



367: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 01:57:47.50 ID:TDl1Alhf0

〈おしゃれ〉

橘「やっぱり一緒にいる男性もおしゃれな方がいいですか?」

絵里「え?…それって橘君のこと?」

橘「うぐ…まぁ…現状ではそうなりますけど…」

絵里「ふふっ、そうね。よっぽど変な格好じゃなければなんでもいいかな」

橘「変…」

絵里「女装とか、全身タイツとか…」

橘「流石にそんな突き抜けた格好で隣にいたら僕でも嫌ですよ」

絵里「あら、橘君ならやりかねないと思ったんだけど」

橘「しませんって!」

絵里「そう?よかった♪」

橘(先輩の中で僕はどんな人になってるんだろう…)



368: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 01:58:19.82 ID:TDl1Alhf0

〈恋愛〉

橘「まだ告白とかされてます?」

絵里「え?…気になるの?」

橘「それはもう。恋人ですから」

絵里「っ…」

絵里「そうね…橘君とそうなってからはなくなったわ」

橘「へぇ…」

絵里「…安心した?」

橘「それはもう!恋人ですから!」

絵里「もう…」



369: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 01:58:49.56 ID:TDl1Alhf0

〈エッチ〉

橘「先輩、胸が水に浮くって本当ですか?」

絵里「なっ!?」カァッ

橘(赤くなったぞ!最近あんまり赤面しないから、珍しありがたかわいい…)

絵里「っ…」コホン

絵里「それはもう、私くらいの大きさになると浮き輪いらずよ」

橘「えっ!?それはすごい…!やはりそこには夢が詰まって…」ジーッ

絵里「…」

橘「夢と…現実と…ほんの少しの欲望が…」ジーッ

絵里「…」プルプル

橘「…ごくり」ジッ



370: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 01:59:23.83 ID:TDl1Alhf0

絵里「もう!橘君!見すぎよ!」チカァ!

橘「はっ!?す、すみません!!!」

絵里「もう…」

橘「うぅ…」

絵里「あとさっきのも嘘よ」

橘「なっ!?」



371: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 01:59:51.27 ID:TDl1Alhf0

〈行動〉

橘(先輩ってしっかりしてそうだけど案外小動物みたいなところがあるよね…)

絵里「?」

橘(…よし、思い切って頭を撫でてみよう!)

絵里「ちょっと、どうかしたの?橘君」

橘「…」スススッ

絵里「?」

橘「…」

橘「失礼します…!」

絵里「え?」


ナデナデ…


絵里「ふあっ!?」



372: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 02:00:37.84 ID:TDl1Alhf0

橘(おおっ!髪の毛がさらさらと…さらに体温を感じる!)

絵里「うぅ~…」カァッ

橘(顔を赤くして状況が飲み込みきれていない表情で僕を見ている…)

橘(…いい)

絵里「橘君!」バッ

橘「あっ…」

絵里「な、何か言ってよ!急に恥ずかしいのよっ!?」

橘「すみません…そこに絢瀬先輩の頭があったので…」

絵里「なによそれ…」

橘(しまった!機嫌を損ねちゃったかな…?)

絵里「もう…」イジイジ

橘(…いや、満更でもなさそうだ!グッジョブ僕!)



373: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 02:01:52.36 ID:TDl1Alhf0

〈アタック〉シュインシュシュシュシュシュ…

橘「今日もいつの間にかこんな時間ですし、そろそろ帰りますか?」

絵里「そうね…橘君とお話してると、いつもあっという間ね!」

橘「恐縮ですお嬢様!」

絵里「ふふっ、よくってよダーリン♪」

橘「!」ズキューン!

橘(もう何回撃ち殺されたんだろう僕は…)

絵里「私、カバンが教室だから校門で待ち合わせね?」

橘「あ、はい!いつまででも待ちます!」



374: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 02:02:32.25 ID:TDl1Alhf0

―――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――

――――――――――――――

―――――――――

―――――――帰路

橘(今日は天気がいいなぁ。この調子なら、夕焼けが綺麗に…)

橘(…!)

橘(…そうだ!)

橘「…先輩、今日って早く帰らなきゃいけなかったりします?」

絵里「え?…時間の余裕はあるけど」

橘「ならちょっとだけ遠回りしましょう。いいですか?」

絵里「ええ。かまわないわよ」

橘「ありがとうございます!ではこっちに…」



375: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 02:03:06.33 ID:TDl1Alhf0

―――――――

橘「ここの角を曲がって…」

絵里「なんだか細い道を来たけど、どこに出るのこの道…?」

橘「―――――はい!ここです!」

絵里「…!」

橘「この河原、夕焼けのときに来ると遮るものがないので綺麗なんですよ」

絵里「ハラショー…!川に夕日が映って…」

橘「僕が長年かけて見つけた隠れスポットです!」

絵里「すごい…綺麗」



376: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 02:03:33.77 ID:TDl1Alhf0

橘「天気がいいときはここでこうやって…」トサッ

橘「座りながらボーッと風景を眺めると最高なんです」

絵里「はー…」

絵里「…」トサッ

橘(…!)

橘(絢瀬先輩が腕が触れるか触れないかぐらいの距離に座った!)

橘(うぅ…来てよかった…!)



377: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 02:04:06.64 ID:TDl1Alhf0

絵里「…」ホゥ…

絵里「…」ポーッ

絵里「…」

絵里「…」

絵里「…」

絵里「…」



378: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 02:05:24.64 ID:TDl1Alhf0

絵里「――――――――――橘君」

橘「はい?」

絵里「…こうして、ただ綺麗な景色を眺めるのでも」

橘「…」

絵里「大切な人といると、こんなにも違うものなのね…」

橘「え…」

絵里「…」



379: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 02:06:21.16 ID:TDl1Alhf0





絵里「…ありがとう」

絵里「私、橘君が恋人で…」







橘「…」

橘(ぁ…)








絵里「本当に、よかった…」ニコッ












380: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 02:07:09.51 ID:TDl1Alhf0

橘「絢瀬、先輩…」

絵里「…」フフッ

絵里「ごめんなさい、急にこんなこと…」

絵里「でも、こんな綺麗な夕焼けを見てると、つい…ね?」

橘「…」



381: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 02:07:44.25 ID:TDl1Alhf0

橘(僕は…)

橘(僕は、なんて言えば…)

橘(言いたいこと…)

橘(僕が一番、先輩に伝えたいことは…)

橘「…」

橘「…」

橘「…」



382: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 02:08:17.95 ID:TDl1Alhf0

橘「先輩」

絵里「んー?」

橘「…夕焼けも綺麗ですけど」

絵里「…?」

橘「――――――――先輩の方が、綺麗ですよ」

絵里「え…っ」

橘「お世辞とか、冗談じゃなくて、本気で」

橘「…綺麗、です」

絵里「っ」ドキ…

絵里「それ、って…」

橘「…」



383: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 02:08:43.78 ID:TDl1Alhf0

橘(…)

橘(…!)ハッ

橘(僕は…)

橘(僕は何を言ってるんだッ!!!!)

橘(いや本当にそう思ったから言ったんだけど…!)

橘(そのまま考えなしに口に出すなんてっ!)

橘(大丈夫だろうか、先輩ヒいてないだろうか…)

橘(ううっ…顔を見るのが怖い…)



384: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 02:09:12.90 ID:TDl1Alhf0

絵里「…」

絵里「…ぅぅ」

絵里「…」グッ

絵里「…」ジッ

橘「…」ウー…

絵里「…」

絵里「…もうっ」

橘「…?」



385: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 02:09:41.47 ID:TDl1Alhf0

絵里「はいっ」

ギュッ

橘「えっ!?せ、先輩、手を…」

絵里「…そろそろ帰らないと」

橘「あ…」

絵里「道がわからないから、はぐれないように手を繋いで行きましょう?…絶対に離さないで、ね?」

橘「…は」

橘「はい…!」ギュッ

絵里「うん、頼もしいわ!最後まできっちり、エスコートよろしく♪」

橘「はい!任せてください!」



386: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 02:11:39.33 ID:TDl1Alhf0







橘(こうして、絢瀬先輩と夕焼けを見て帰った)

橘(『恋人じゃなくて、恋人役だったわね』なんて言いながら、)

橘(手を繋いで歩き出したときに見た先輩の顔が真っ赤だったのは)

橘(夕焼けのせいだったのだろうか)

橘(それとも…)

橘(…)

橘(先輩…)



391: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 15:33:08.32 ID:TDl1Alhf0

『うーん…何か愉快なできごとはないかなぁ…』

橘「マサとケンといつもの宝物ゲームをする…」

橘「退屈だったし、受けてたったのはいいけど」

橘「校内のどこも暖房がやけに効いてて眠いなぁ…」ファァ…

橘(…マサのことだ、たぶんあそこに…)



392: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 15:33:47.72 ID:TDl1Alhf0

――――――体育館、器具倉庫

橘「ここが怪しい…」

橘(マサも案外ワンパターンだからなぁ)

橘「…う」

橘「ふぁ~ぁ…」ムググ

橘(眠い…ボーっとしてきた…)

橘「…」

橘「…!」ハッ



393: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 15:34:25.04 ID:TDl1Alhf0

橘(だめだだめだ!)

橘(お宝はもう目の前!こんなところで諦めては…!)

橘(よし…!)

橘(この跳び箱が…)

橘(よっと…)ガパッ

橘「…!」

橘(やっぱり!ふふふ…悪いなマサ!僕の勝ちだっ!)

橘「…」キョロキョロ

橘(幸い周りに人影はなし…)



394: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 15:35:59.70 ID:TDl1Alhf0

橘(せっかくだし、跳び箱の中でお宝の確認と洒落込むか!)

橘「よいしょ…」

橘(よし、入れた!)

橘(…それにしても、跳び箱の中は結構居心地がいいぞ。自宅の押入れにいるみたいだ)

橘(そしてこの表紙…なかなかに…)

橘(…)

橘(…ぐぅ)



395: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 15:38:19.14 ID:TDl1Alhf0

―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――

―――――――――――――――

―――――――――

キーンコーンカーンコォーン…

橘「…」

橘「…!」ハッ

橘(…?いつの間にか寝ちゃってたのか)

橘(って、まずい!授業始まってるんじゃ…!)

橘(隙を見て脱出しないと…)



396: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 15:40:35.32 ID:TDl1Alhf0

??「えーっと…点数板と…空気入れと…」

橘(う…誰か来たぞ!とりあえず静かにしてやり過ごすしか…)

??「空気入れってどこにあるのかしら…うーん…」ガタッ

橘「………」

??「…それにしても、少し暖房効きすぎよ。ジャージ脱いじゃいましょ…」ゴソゴソ

橘(ジャージを…脱ぐ!?)

橘(それって、ブルマに…)

橘(…)



397: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 15:41:23.00 ID:TDl1Alhf0

橘(そ、外の様子を確認するのも大事だよね…)

橘(…)

橘(どれ…)ソーッ

チラッ

橘(おおっ!ブルマだ…!)

橘(こんなに近くに…)

橘(ううっ、誰だろう…他の段も…)



398: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 15:44:00.79 ID:TDl1Alhf0

橘(…よし、下の段…)

チラッ

橘(…)

橘(うおおっ!白い肌にハリのある太もも!ブルマから伸びていることによってより扇情的に…)

橘(…)

橘(でも、どこかで見たことあるような…)



399: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 15:46:38.55 ID:TDl1Alhf0

??「あ、あれかしら…よいしょ…」

??「…あっ!」

ガシャン!

橘「うわぁっ!?」

??「!?」

橘「あっ…!」

橘(しまった、声が!)

??「今、声が…」

??「…跳び箱の中からね」



400: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 16:12:19.53 ID:TDl1Alhf0

橘(う…)

??「跳び箱からのぞきなんていい度胸してるわね。どれどれ…」

橘(…!上段の穴からこっちを覗き込んで…)

??「うーん…薄暗くてよく見えない…」

橘「…!!!!!」

橘(こっちからはよく見える!あれは…)

橘「絢瀬先輩!」

絵里「えっ!?その声…」



401: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 16:12:48.27 ID:TDl1Alhf0

絵里「…もしかして、橘君…?」

橘「はい!橘純一です!」

絵里「…」

絵里「橘君…のぞきはやめたって言ってなかったかしら…」ジトッ

橘「ち、違うんですよ!これには訳がっ!」

絵里「ふーん?訳、ねぇ?」

橘「うぅ…」

絵里「…ま、言い訳ならまた聞いてあげる。誰にも言わないでおくから、この時間はじっとしてなさい」

橘「は、はい…」

絵里「いい子にしてなさいよー?」

橘「はーい…」



402: ◆14OmzaYn4c 2015/10/12(月) 16:13:15.85 ID:TDl1Alhf0





橘(…次の休み時間、お宝本のことを隠しながら理由を説明した)

橘(『かくれんぼ?楽しそうじゃない!』なんてノリノリになってくれたのは予想外だったけど、)

橘(助かった…のかな?)



403: ◆14OmzaYn4c 2015/10/13(火) 00:59:07.54 ID:uVAeJ1Kq0

『帰ろうと思ったら校門のところに誰かいるぞ…関わらないように通り抜けよう…』

橘(絢瀬先輩とこんなに仲良くなって)

橘(こんな関係になれるなんて)

橘(僕は間違いなく幸せ者だ)

橘(…)

橘(さて)

橘(今日は先輩はいないし、1人で帰ろうかな)

橘「…ん?」

??「…」ササッ



404: ◆14OmzaYn4c 2015/10/13(火) 00:59:48.70 ID:uVAeJ1Kq0

橘「…」

橘(校門の陰に誰かいる…)

橘(なにか、写真みたいなものを持って通る人の顔と見比べてるみたいだけど)

橘(あきらかに怪しい…)

橘「…」スタスタ

??「…」サッサッ

??「…!!」



405: ◆14OmzaYn4c 2015/10/13(火) 01:00:49.55 ID:uVAeJ1Kq0

??「ちょっとあんた!」バッ

橘「ええっ!?まさかの僕!?」

??「話があるの。面貸しなさい!」グイッ

橘「え?え?な、なにを…」

??「いいから!早く!」グイグイ

橘「わかりました!わかりましたから引っ張らないで!」



406: ◆14OmzaYn4c 2015/10/13(火) 01:01:53.89 ID:uVAeJ1Kq0

―――――公園

橘(連れてこられたけど…一体僕に何の用が…)

橘(というか誰だろう…)

??「この辺なら変装しないでも大丈夫そうね…」キョロキョロ

橘「あの…僕に何の用で…」

??「とりあえず自己紹介するわ」バサッ

橘「…!!」



407: ◆14OmzaYn4c 2015/10/13(火) 01:02:45.98 ID:uVAeJ1Kq0

??「私は音ノ木坂の…」

橘「にこにー!矢澤にこさんじゃないですか!!!!」

にこ「えっ?」

橘「銀河系ナンバーワンアイドルの!すごい!本物だ!」

にこ「!!」

にこ「も、もー!あんまり大声で言わないの!お忍びなんだからぁ♪」キャルン

橘「うおおおおおおおおおおおおおお!にこにー!!!」

にこ「仕方ないなぁー!特別だよ?せーの!」



408: ◆14OmzaYn4c 2015/10/13(火) 01:03:12.26 ID:uVAeJ1Kq0

橘・にこ「「にっこにっこにー♪」」

にこ「あなたのハートににこにこにー♪笑顔届ける矢澤にこニコ!にこにーって呼んでらぶにこっ♪」バチン!

橘「すごいぞ!今日はどうなってるんだ!」

にこ「ありがとー!」フリフリ

橘「にこにー!!!!」

にこ「…」フリフリ

にこ「…」

にこ「…」ハッ

にこ「って、違ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁう!!!」

橘「わっ!?」



409: ◆14OmzaYn4c 2015/10/13(火) 01:03:40.66 ID:uVAeJ1Kq0

にこ「扱いが嬉しすぎて危うく脱線し続けるところだったわ…」

橘(嬉しかったんだ…)

にこ「アンタ、橘純一よね」

橘「あ、はい…」

にこ「単刀直入に言うわ。これ以上絵里に近づくのをやめなさい」

橘「!」

にこ「μ’sは今、あのA-RISEのライバルとして世間に認められつつある…そのメンバーから男の匂いがしたら…」

にこ「ラブライブの結果にも関わる。その男が例え誰だとしても、ね」

橘「…」

にこ「悪いことは言わないわ。にこのことも知ってたみたいだし、あんたもファンならわかるでしょ?」



410: ◆14OmzaYn4c 2015/10/13(火) 01:04:34.04 ID:uVAeJ1Kq0

橘「…」

にこ「…それにね」

にこ「ラブライブのことだけじゃない」

橘「…」

にこ「スキャンダルを理由に引退するアイドルがファンにどう言われ続けるか…わかるはずよ」

にこ「絵里のためを思うなら…」

にこ「…恋人のフリなんてバカなこと、やめなさい」

橘「…!」



411: ◆14OmzaYn4c 2015/10/13(火) 01:05:02.13 ID:uVAeJ1Kq0

にこ「絵里がね、1年と2年に内緒で私と希にだけ話すのよ」

にこ「今日は橘君がどうとか、明日は橘君とどうとか…」

にこ「…聞いてみれば、ラブソングを作るために迷惑をかけてるだなんだって」

にこ「聞いててあきれたわ。本当に恋人ならまだしも…」

橘「っ…」

にこ「…」

にこ「この際、はっきり言っとくわね」



412: ◆14OmzaYn4c 2015/10/13(火) 01:05:30.78 ID:uVAeJ1Kq0

橘「…」

にこ「…中途半端な覚悟でアイドルに関わってくるんじゃないわよ」

橘「…!」

にこ「…っ、責任をとる覚悟もないのに!ウチのメンバーにちょっかい出すなってのよっ!」

橘「…」

にこ「…」

にこ「…なにがあったのかはよく知らないけど」

にこ「私の言いたいことはこれだけ」

橘「…」

にこ「…悪いわね。そういうことだから――――」



413: ◆14OmzaYn4c 2015/10/13(火) 01:06:51.12 ID:uVAeJ1Kq0

橘「…」

橘(僕はなんだ)

橘(矢澤先輩の言うことは正しい)

橘(覚悟…)

橘(どうしたい…?どう思われたい?)

橘(僕の気持ちは…)

橘(…)

橘(僕は―――――!)



414: ◆14OmzaYn4c 2015/10/13(火) 01:08:07.18 ID:uVAeJ1Kq0

橘「…!」バッ!

橘「待ってください!」

にこ「…なによ」

橘「僕は…」

にこ「…」

橘「…っ!」

橘「…僕は、絢瀬先輩が好きです!」

にこ「…!」



415: ◆14OmzaYn4c 2015/10/13(火) 01:08:34.70 ID:uVAeJ1Kq0

橘「わかってました…」

橘「僕がこうやって、隣にいるだけでどうなるのか」

橘「周りにどう思われて、それがどんな結果を生むのか!」

にこ「わかってるなら…!」

橘「だから!!」

にこ「!」

橘「…僕が守ります」

橘「僕が隣で、支えきります!」

にこ「…」

橘「どう言われたって!どう思われたっていいように!」

橘「僕さえいればいいって思われるように!!!」



416: ◆14OmzaYn4c 2015/10/13(火) 01:09:00.63 ID:uVAeJ1Kq0

にこ「…」

橘「…」

にこ「…」

にこ「ふん」

橘「…」

にこ「…そういうことは付き合ってから言いなさいよね」

橘「…はっ」

にこ「それでフられたらダサいなんてもんじゃないわよ~?」

橘「そ、そう言われると…」



417: ◆14OmzaYn4c 2015/10/13(火) 01:09:45.90 ID:uVAeJ1Kq0

にこ「…」

にこ「ま」

橘「?」

にこ「頑張ってみなさいよ。どうせ無駄だから!」

橘「ぐっ…」

にこ「絵里があんたみたいなへたれに惚れるわけないにこ~♪」

橘「へ、へたれ…」



418: ◆14OmzaYn4c 2015/10/13(火) 01:10:23.12 ID:uVAeJ1Kq0

にこ「…でも、一応勝負ね」

橘「…!」

橘「…はい」

にこ「私は…アイドルを」

橘「僕は、恋人を」

にこ「無謀ね」

橘「同感です」

にこ「負けないわよ」

橘「こっちこそ。負けませんよ!」



419: ◆14OmzaYn4c 2015/10/13(火) 01:11:01.19 ID:uVAeJ1Kq0

にこ「…」フゥ…

にこ「…じゃ、私は帰るわ」

橘「はい。すみませんお時間使わせちゃって」

にこ「…」

にこ「ふん!」スタスタ

橘「…」ペコリ







橘(…)

橘(まさかの展開だったけど)

橘(…いい先輩なんだな、矢澤先輩って)

橘(…)

橘(さて、いいかげん本気を出すか!!)

橘(具体的な計画を立てないと…!)



426: ◆14OmzaYn4c 2015/10/14(水) 01:33:36.53 ID:60c3xHfH0

『せっかくの休日だけど、何をしようかな…』

橘「ふぁ~~あ」ノビー

橘「日曜日…か。今日はなにも予定がないし、どうしようかな…」

橘「…」

橘「絢瀬先輩と付き合うための作戦を考えようかな…」

橘(でもそれにはまず僕が絢瀬先輩と並べるくらいの人間にならないと…)

橘(…)

橘(えっこれ無理じゃないか?)



427: ◆14OmzaYn4c 2015/10/14(水) 01:34:02.54 ID:60c3xHfH0

橘(抜群のプロポーション、文武両道、優しくてキリッとしててどこか天然で…)

橘(…)

橘(つりあう気がしない…!)

橘「うぅ…一体どうすれば…」

橘「…」

橘「…だけど、ここで諦めたらそれこそへタレじゃないか!」

橘「矢澤先輩に笑われる…!」

橘「よし!やるぞ!まずはたるんだ身体を鍛えなおす!」スクッ

橘「ランニングだ!うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」バッ!



428: ◆14OmzaYn4c 2015/10/14(水) 01:34:33.42 ID:60c3xHfH0

――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――

――――――――――――――

――――――――公園

橘「ハァッ…ハァッ…」

橘(う…ちょっと調子に乗りすぎた…疲れた…)ゼェゼェ

橘(公園で水でも飲もう…!)スタスタ

橘(…)キュッ

橘(…)ゴクゴクゴク…


橘「…ふぅ」

橘「…」

橘「ベンチ…」ドサッ



429: ◆14OmzaYn4c 2015/10/14(水) 01:35:02.99 ID:60c3xHfH0

橘「…」

橘(なんだか、走って頭がすっきりしたな)

橘(思えば、まだ僕ははっきりと想いを伝えてないじゃないか!)

橘(これはへたれって言われても仕方ないなぁ…)

橘(…)

橘(恋人のフリ)

橘(森島先輩は僕が本気で絢瀬先輩のことを好きなのがわかっててあの案を出した…)

橘(だとしたらあれは、森島先輩のアシスト…のはず)



430: ◆14OmzaYn4c 2015/10/14(水) 01:35:50.69 ID:60c3xHfH0

橘(…)

橘(ああ)

橘(僕の真っ先にやるべきことが)

橘(…わかった気がする)

橘(…)

橘(…よし)スクッ

橘「覚悟を決めろ…橘純一…!」グッ



431: ◆14OmzaYn4c 2015/10/15(木) 02:42:18.79 ID:uM+DexzT0

『…絢瀬先輩に想いを伝えるために!』

―――――――――――休み時間、3年生教室前

橘(…そうだよ)

橘(いいかげん勇気を出そうじゃないか、橘純一!)

橘(…告白されてるところも、それを断るところも見てるし)

橘(すごくドキドキするけど…)

橘(いつもいつも良い雰囲気…まではいくし、なにも勝率がそこまで低いわけじゃない…)

橘(と、言い聞かせよう…!)

橘(…よし!まずはアポイントメントを…)



432: ◆14OmzaYn4c 2015/10/15(木) 02:43:53.86 ID:uM+DexzT0

絵里「あら、橘君」

橘「うひゃあ!?」バッ

絵里「え!?どうかしたの!?」

橘「あ、絢瀬先輩…」ドキドキ

橘(びっくりした…心臓に悪いよ…)

絵里「うん?…こんな時間に教室まで来るなんて、なにか用だった?」

橘「…」

橘「は、い。絢瀬先輩にお話があって」



433: ◆14OmzaYn4c 2015/10/15(木) 02:44:29.94 ID:uM+DexzT0

絵里「…改まって、どうしたの?」

橘「ここではちょっと…あの、今日、放課後に屋上で、いいですか?」

絵里「…?いいもなにも、いつも通りってことでいいのよね」

橘「…はっ」

橘(そう言われるとそうだ…わざわざ言わなくても最近はいつもそうじゃないか!)

橘(…でもたまに全体練習とかで帰っちゃうし)

橘(というか、いつもと違う雰囲気を感じ取ってもらえない!)

橘(…まぁ絢瀬先輩だし、それはあんまり予想外ってほどでもないかな)



434: ◆14OmzaYn4c 2015/10/15(木) 02:44:59.17 ID:uM+DexzT0

絵里「??」

絵里「…橘君?」

橘「あっ、はい。お願いします!」

絵里「ん、わかったわ。今日は1人で練習の予定だったから、その後でもいいかしら」

橘「はい!問題ないです!」

絵里「…それだけ?」

橘「はい!」

絵里「変な橘君」クスッ

橘「へへへ…」



435: ◆14OmzaYn4c 2015/10/15(木) 02:45:42.59 ID:uM+DexzT0

絵里「じゃあ、私お手洗い行きたいから…」

橘「あ、お供しましょうか?」

絵里「橘君がそれでいいならいいけど」

橘「うっ」

絵里「ふふっ…またね?」

橘「はい、また…」

橘(手ごわくなってしまって…悲しいやら嬉しいやら…)

橘(…)



436: ◆14OmzaYn4c 2015/10/15(木) 02:46:17.95 ID:uM+DexzT0

――――――3年生教室影

森島「…」

塚原「…」

森島「ねぇひびき、今のって…」

塚原「橘君も覚悟を決めたのかしらね」

森島「今日の放課後、屋上かぁ」

塚原「…まさか見に行ったりしないわよね」

森島「…」

塚原「…」



437: ◆14OmzaYn4c 2015/10/15(木) 02:47:14.52 ID:uM+DexzT0

森島「…」

塚原「はるか」

森島「で、でもまだそうと決まったわけでもないし!」

塚原「…」ジトッ

森島「その目はなによひびきちゃん!」

塚原「別に、なんでもないけど…」

森島「…うー」

森島「もうっ!いいでしょ少しくらい!橘君のためにきっかけあげたんだから、どうなるか知る権利があるでしょ!?」

塚原「…絵里の話も聞いてやったことなんだし、結果はわかってると思うけど」

森島「それでも!見たいの!」

塚原「…」ハァ



438: ◆14OmzaYn4c 2015/10/15(木) 02:48:36.87 ID:uM+DexzT0

塚原「…まぁ私も気にならない訳じゃないし、今回ははるかも一枚噛んでるし」

塚原「…絶対バレないように、こっそりね?」

森島「!」パァッ!

森島「さっすがひびき!話がわかる!」

塚原「調子がいいんだから…」

森島「もちろんひびきも一緒に見るでしょ?屋上ののぞきポイント見つけとかなきゃ…!」

塚原「え?わ、私はいいわよ。後ではるかが教えてくれれば…」

森島「ダメダメ!臨場感が人間を成長させるのよ!ひびき!」フンス

塚原「わけのわからないことを…」
森島「とにかく!放課後空けといてね!」ビシッ

塚原「わかったわよ…こうなったら聞かないものね…」

森島「!」フンス



446: ◆14OmzaYn4c 2015/10/16(金) 00:57:59.19 ID:QJM0pkLy0

『絢瀬先輩に想いを伝えよう!』

橘「…」スーッ

橘「…」

橘「…」

橘「…」フーッ…

橘「…」

橘「…」

橘「…」

橘「…」

橘(あー…緊張するなぁ…)



447: ◆14OmzaYn4c 2015/10/16(金) 00:58:28.69 ID:QJM0pkLy0

橘(屋上の扉の前…ここにもう結構な時間いるけど)

橘(…この扉を開けたら絢瀬先輩がいる)

橘(…)

橘(ぁぁぁぁあ~!緊張するなぁ~!)

橘(でも音楽は聞こえないし、もしかしたら練習が終わって僕を待ってくれてるのか…?)

橘(だとしたら早く行かないと失礼だ!)ガシッ

橘(…)

橘(…)

橘(うあぁぁ~!ダメだ、開けられない!)バッ



448: ◆14OmzaYn4c 2015/10/16(金) 00:58:59.22 ID:QJM0pkLy0

橘(ううう…やっぱり矢澤先輩の言ってたへたれっていうのは合ってるのかも…)

橘(こんなんじゃ告白なんて到底…)

ススス…

橘(でも行かなきゃ…!覚悟、したじゃないか!)ガシッ

橘(…)

橘(…)

橘(…う)

ドンッ!

橘「あ…っ!?」

ガチャ!

橘(なっ、誰か押し…!?)ヨロッ



449: ◆14OmzaYn4c 2015/10/16(金) 01:00:38.47 ID:QJM0pkLy0

橘「っとっと…」ピタッ

絵里「…あ、橘君」

橘「絢瀬…先輩…」

絵里「遅かったじゃない。なにかあったの?」ニコッ

橘「あ、い、いえ、特にそういうわけじゃ…」

絵里「そう?」

橘(…夕焼けが真っ赤に染める屋上で)

橘(絢瀬先輩がこちらを振り向く)

橘(…この画だけでも伝わる。やっぱり先輩は、綺麗だ)



450: ◆14OmzaYn4c 2015/10/16(金) 01:01:08.31 ID:QJM0pkLy0

絵里「それで、お話、っていうのは…」

橘「っ」

橘「は、はい…その…」ドキドキ

絵里「…?」

橘「…」

橘「…」



451: ◆14OmzaYn4c 2015/10/16(金) 01:02:45.36 ID:QJM0pkLy0


  頑張ってみなさいよ。どうせ無駄だから!

橘「…っ!」

  絵里があんたみたいなへたれに惚れるわけない

橘「…」

橘(そう、だよ)

橘(僕みたいなやつが…)

橘(…)

橘(今で十分じゃないか)

橘(仲が良くて、十分特別じゃ…)



452: ◆14OmzaYn4c 2015/10/16(金) 01:03:12.68 ID:QJM0pkLy0


…中途半端な覚悟でアイドルに関わってくるんじゃないわよ

橘(…!)

  責任をとる覚悟もないのに!ウチのメンバーにちょっかい出すなってのよっ!

橘「…」

橘(…なにを考えてるんだ、僕は)

橘(…決めたじゃないか)

橘(橘純一…!)

橘(…!!!)



453: ◆14OmzaYn4c 2015/10/16(金) 01:03:42.27 ID:QJM0pkLy0

絵里「…橘君?」

橘「…」

橘「先輩」

絵里「?」



454: ◆14OmzaYn4c 2015/10/16(金) 01:04:28.50 ID:QJM0pkLy0











橘「好きです」












455: ◆14OmzaYn4c 2015/10/16(金) 01:06:29.50 ID:QJM0pkLy0

絵里「…!」

橘「僕は、絢瀬絵里先輩のことが好きです」

絵里「ぇ…」

絵里「…」

絵里「ぁ…っと、それは、恋人、役、として…」

橘「違います」

絵里「っ」



456: ◆14OmzaYn4c 2015/10/16(金) 01:07:03.43 ID:QJM0pkLy0

橘「やさしくて、どこか抜けてて」

橘「綺麗で、かわいくて、不器用で」

橘「…自分のことなんかそっちのけで、他人のことばかり考えていて」

絵里「…!」

橘「…僕はそんな先輩の、支えになりたいんです」

絵里「ぁ…」

橘「…先輩、僕と…」

橘「付き合ってくださいっ!」バッ!



457: ◆14OmzaYn4c 2015/10/16(金) 01:07:43.98 ID:QJM0pkLy0

絵里「ぅ…」

橘「…」

絵里「ぁの…ぅ…」

橘「…」

絵里「~~~~!!」



458: ◆14OmzaYn4c 2015/10/16(金) 01:08:38.68 ID:QJM0pkLy0

絵里「ご…」

絵里「ごめんなさいっ!」ダッ!

橘「あっ…先輩!?どこへ!」

橘(…)

橘(ん…?)

橘(今、ごめんなさいって…?)



459: ◆14OmzaYn4c 2015/10/16(金) 01:09:27.41 ID:QJM0pkLy0

橘(…ふられた?)

橘(…)

橘(そっか)

橘(…そっか)

橘「…」

橘「はは」ヨロッ

橘「…はは」ヨロヨロ…ドサッ



460: ◆14OmzaYn4c 2015/10/16(金) 01:11:44.69 ID:QJM0pkLy0

橘「っ…」ポロ…

橘「うぁ…」ポロポロ…

橘「ふぅっ…」ゴシゴシ

橘「…」

橘「はぁ…」ポロッ…

橘「…終わった、なぁ」

橘「…」

橘「…グスッ」



467: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:35:03.79 ID:B0dmmHDB0








――――――橘君









468: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:35:33.05 ID:B0dmmHDB0

橘「…?」

塚原「…」

橘「つ、塚原先輩…?どうしてここに…」

塚原「…ごめんなさい、全部見させてもらったわ」

橘「え…」

塚原「はるかと一緒に。カッコいい告白だったわよ」

橘「…ありがとうございます」

橘「…でも、ふられちゃいました」

塚原「…」



469: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:36:18.18 ID:B0dmmHDB0

橘「…」

橘「…なにか」

橘「自分の中で、自信はあったんです」

橘「恥ずかしい話ですけど…もしかしたら、絢瀬先輩は受け入れてくれるんじゃないかって」

橘「僕が踏み出せば、断りはしないんじゃないかって…」

橘「…」

橘「全部勘違い、でしたけど、」

橘「…」

橘「…幸せな時間でした」

塚原「…」

橘「ぅ…」ポロ



470: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:36:59.26 ID:B0dmmHDB0

塚原「…橘君」

橘「…」

塚原「…絵里が」

橘「…?」

塚原「橘君と恋人役をする前…」

塚原「最初私とはるかになんて相談してきたのか。知ってる?」

橘「は…」

橘「…」

橘「…ラブソングのために、ってやつですか」

塚原「そう、それ」



471: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:37:31.64 ID:B0dmmHDB0

橘「…だから、なんだっていうんです?」

塚原「…実はね。ラブソングを作りたいから、っていう話」

塚原「これは私たちが聞いた話の半分でしかないのよ」

橘「半分…?」

塚原「橘君には言わなかった話がある…ってこと」

橘「え…」

塚原「…あのとき」

塚原「絵里が言ってたのは――――――――――――」



472: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:38:03.36 ID:B0dmmHDB0












     「気になる男の子がいるの」













473: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:38:40.76 ID:B0dmmHDB0

――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――

―――――――――――――

森島「わお!それは素敵ね!」

絵里「そ、そうかしら…」

森島「それで、誰なの?もしかして私たちの知ってる人?」

絵里「…うん」

絵里「えー!?誰かしら…クラスの男の子は…」

塚原「みんなもう断られてるんじゃなかった?」

森島「え?そうだっけ」

絵里「そんなに告白されてないわよっ!」



474: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:39:18.23 ID:B0dmmHDB0

塚原「冗談よ、冗談。でも、本当にそうなりそうな勢いよ」

森島「うんうん!絵里ってばモテモテだもんねー」

絵里「そ、そんなこと…」

塚原「ふふっ…」

森島「それで?モテモテの絵里ちゃんは誰が気になるのかな~?」

絵里「う…」

塚原「私たちが知ってる人で…男の…子…?」

塚原「…男の子って言い方だと、年下?」

森島「おおっ!名探偵ひびきちゃん!?」

絵里「ぁぅ…」

森島「当たりなのね?すごいすごい!」

塚原「結構当てずっぽうだったんだけど…」



475: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:40:14.07 ID:B0dmmHDB0

森島「うーん、年下で、私たちも知ってて、それだと…」

森島「…!」

森島「まさか、橘君!?」

絵里「…!」カァッ

塚原「…どうやら当たりみたいね」

森島「へー!橘君かぁ…」

塚原「…まぁ」

森島「いい子よね!わんちゃんみたいで」

塚原「…それ褒めてるの?」

森島「もちろん!」



476: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:40:53.35 ID:B0dmmHDB0

絵里「ぁの!」

森島「ん?どうしたの絵里?」

絵里「…それで、相談なんだけど」

塚原「?」

絵里「その…私ね」

森島「うんうん?」

絵里「…初恋、がまだなの」

森島「ふむふむ」

絵里「それで、この気持ちが…何なのかわからなくて…」

森島「…」

絵里「だから、気になってる、っていうのが合ってるのかどうかも…」



477: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:41:47.01 ID:B0dmmHDB0

森島「…」

絵里「…?」

塚原「…はるか?」

森島「よし!」

塚原(あ、余計なことするときの顔…)

森島「絵里!」ガシッ

絵里「な、なに!?」

森島「任せて!」グッ

絵里「え!?」

森島「!!」グッ

塚原「ちょっとはるか、一体何を…」

森島「さーて、こうなったら早く行動しないと!行ってくるね!」ダッ

絵里「ちょっ、はるか!?」

塚原「…行っちゃったわね」



478: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:42:33.39 ID:B0dmmHDB0

絵里「もう…」

塚原「…」

塚原「絵里」

絵里「…ぅん?何、ひびき」

塚原「…本当にその気持ち、恋かどうかわからない?」

絵里「…!」

塚原「橘君といるときの絵里、横から見てきたけど…」

塚原「私には、答えが出てるような気がする」

絵里「…」

絵里「むー…」

塚原「どうかしら」



479: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:43:26.61 ID:B0dmmHDB0

絵里「…」

絵里「ひびきには敵わないわね…」

塚原「ふふっ、これでも女の子なのよ?そういうことには敏感なの」

絵里「…まさか見抜かれるなんて」

塚原(…案外わかりやすいっていうのは黙っておいた方がよさそうね)

絵里「…」



480: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:43:55.35 ID:B0dmmHDB0

絵里「最近、橘君のことを考える時間が増えて」

絵里「橘君のことがどんどん知りたくなって」

絵里「…ふと、触れたところが熱くなったり」

絵里「それが嫌じゃないどころか、もっと触れたいとか…」

絵里「…」

絵里「って、ごめんなさい!私は何を…!」

塚原「クスッ…絵里、とってもかわいいわよ?そのままを橘君に見せればイチコロだと思うけど…」

絵里「そっ、そんなの恥ずかしくてできるわけないじゃない!」

塚原「それもそうね。できたらはるかや私に相談なんてしないだろうし」

絵里「…はるか、なにを考えてるのかしら」

塚原「…さぁ…心配、よね…」

絵里「…うん」



481: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:44:23.66 ID:B0dmmHDB0

――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――

塚原「と、こんなことが…」

橘「…」

塚原「だから、まさか断るなんて」

橘「…」

塚原「…橘君?」

橘「…」

塚原「…?」



482: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:45:00.72 ID:B0dmmHDB0

橘「…じゃあ」

橘「絢瀬先輩は僕のこと…」

塚原「…そういうこと」

橘「…」

橘「だったら、どうして…」

塚原「…」

塚原「…今、はるかが絵里を追いかけて話を聞いてる」

塚原「3年生の教室にいるんじゃないかしら」

橘「…!」

塚原「ここからどうするのか、橘君。あなたの自由よ」



483: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:45:26.35 ID:B0dmmHDB0

橘「…」

塚原「…恋人ごっこは、効いたでしょ?」

橘「…はい」

橘「ありがとうございます、塚原先輩」

塚原「どういたしまして」

橘「行ってきます…!」ダッ!

塚原「…」フリフリ

塚原「…」

塚原「…お節介がすぎるけど」

塚原「本当に幸せになってほしい」

塚原「絵里も橘君も、不思議な人…」

塚原「…」

塚原「…頑張ってね、橘君」



484: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:45:57.80 ID:B0dmmHDB0

☆『絢瀬先輩の想いを――――――――――――!』

―――――――――――3年生教室前

橘(三年生の教室…)タッタッタッ…

橘(…絢瀬、先輩!)

橘「あっ!?」ピタッ

森島「…来たわね、橘君」

橘「森島先輩…」

森島「ひびき、ちゃんとお話した?」

橘「はい…!僕は―――――!」

森島「しーっ!…それは私じゃなくて、絵里に言ってあげて?」

橘「ぁ…」



485: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:46:49.44 ID:B0dmmHDB0

森島「中にいるから。もう、逃げないってさ」

橘「…」ゴクリ

森島「じゃあ、橘君…」

森島「ファイトっ!」

橘「はいっ!」

森島「うん!いい返事!」

橘「行ってきます!」

森島「ゴーゴー♪」

ガラッ



486: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:47:38.74 ID:B0dmmHDB0

――――――――――

絵里「…」

橘「絢瀬先輩!」

絵里「…橘…君」

橘「…すみません、塚原先輩に全部聞きました」

絵里「…そう」

橘「先輩…」

絵里「…」

橘「…告白の返事、まだもらってません」

絵里「…」



487: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:48:18.76 ID:B0dmmHDB0

橘「…それとも、あの『ごめんなさい』が、返事だったんですか」

絵里「…」

橘「なら、理由を教えてください」

橘「僕が…先輩の隣にために何か足りないものがあるのか」

橘「ちゃんと、教えてください…!」

絵里「…」

橘「じゃないと、諦めるに諦めきれません!」

絵里「…」



488: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:48:45.32 ID:B0dmmHDB0

橘「――――――先輩!」グイッ

絵里「ぁ…」

ポタッ…

橘「ぇ…」

絵里「ぅ…」ポロポロ

橘「せ、先輩…」

絵里「ご…」ポロ…

絵里「ごめんなさい、橘君…」グスグス

橘「…」



489: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:49:16.37 ID:B0dmmHDB0

絵里「私…」

絵里「私っ!」

絵里「橘君が好き――!」

橘「!」

絵里「―――――でも」

絵里「…でも、私はアイドルで」

絵里「恋愛なんて、ご法度で」

絵里「…それに、本当にそうなったら」

絵里「橘君にも迷惑が…!」



490: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:49:52.26 ID:B0dmmHDB0

橘「…」ギュッ

絵里「ふぁっ…」

橘「…先輩」

橘「僕は先輩がいれば、他になにもいりません」

絵里「――――!」

橘「先輩になにかあったら、僕が守ります!必ず僕がそばにいます!」

橘「…だから」

橘「どうか僕と、付き合ってください」



491: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:50:19.88 ID:B0dmmHDB0

絵里「…」グスッ

絵里「…」

絵里「…」ゴシゴシ

絵里「…もう」

絵里「…ずるい」ボソッ

橘「えっ…?」

絵里「…橘君」ギュゥ

橘「…はい」

絵里「…さっきの」

橘「?」



492: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:50:47.11 ID:B0dmmHDB0

絵里「…聞こえなかった」

橘「…え」

絵里「…」グッ…

絵里「そんなに遠くじゃ聞こえない」

スッ

絵里「でしょ?」

橘「ぁ…」



493: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:51:55.89 ID:B0dmmHDB0

絵里「ん…」チュッ

橘「…んむ」チュゥ…

絵里「ぁ…んっ」チュ

橘「ふっ…ん」チュゥゥ…

絵里「…ん」チュゥッ…

橘「…」チュムッ…

絵里「…ぷはっ」

橘「は…」



494: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:52:48.15 ID:B0dmmHDB0

絵里「…」

絵里「…好き、橘君」ギュッ

橘「…はい、僕も好きです」

絵里「ふふっ、両思いね」

橘「そう、ですね」

絵里「…」パッ

絵里「改めて、よろしくね。ダーリン♪」

橘「こちらこそ、よろしく、お願いします…!」

絵里「うふふ♪」

橘「ふふふっ…」



495: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:53:26.35 ID:B0dmmHDB0





橘(…こうして、絢瀬先輩と本物の恋人同士となった)

橘(帰り道、顔を赤くさせている絢瀬先輩を見ると)

橘(今まで感じたことのない幸せが全身を襲ってきた)

橘(僕は、絢瀬先輩の恋人なんだ)

橘(周りから見れば、実に今更なことに)

橘(顔が熱くなるのを、感じた)



496: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:53:58.77 ID:B0dmmHDB0

『一方その頃…』

―――――――絢瀬家 絵里の部屋

絵里「…」

絵里「かんっぜんに調子乗りすぎたわぁ…」トサッ

絵里(なによ、遠すぎて聞こえないって…)

絵里(もしかして、橘君ヒいてなかった!?)

絵里(結構無理矢理キスしちゃったし!)

絵里(ああああああ!なんであんなことしたの!あのときの自分!)ゴロゴロ

絵里「…」

絵里「キス、か…」

絵里(…ファーストキス)

絵里(あげちゃったなぁ)



497: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:54:30.62 ID:B0dmmHDB0

絵里「…」

亜里沙「…」

絵里「…」

亜里沙「…」

絵里「…ふふふ」

亜里沙「お姉ちゃん?」

絵里「きゃぁあ!?」ビクッ

亜里沙「ふぇっ?ど、どうしたの、そんな驚いて…」

絵里「あ、ありありあり亜里沙!?いつからそこに…」

亜里沙「さっき、かな…なんだか嬉しそうだけど、なにかあったの?」

絵里「い、いえ!?なんでもないのよ!なんでも!」



498: ◆14OmzaYn4c 2015/10/17(土) 02:55:02.09 ID:B0dmmHDB0

亜里沙「そう…?」

絵里「ええ!」

亜里沙「…?」

絵里「あ…そういえば、新曲ができるかもしれないわね」

亜里沙「ハラショー!μ’sの新曲?楽しみにしてるね!」

絵里「きっといい曲になるわ!」

亜里沙「ふふーん♪どんなのかなー?楽しみだなー♪」

絵里「クスッ…さ、晩御飯にしましょう、亜里沙」

亜里沙「うん!」



506: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 01:08:11.49 ID:SpWrwO2O0

~スキ~
『屋上で絢瀬先輩と昼食だ。森島先輩と塚原先輩もいるけど…』

森島「よかったね!二人とも!」

橘「え?あ、ありがとうございます…」

塚原「ごめんね、絵里。橘君にあの話しちゃって」

絵里「ちょっと恥ずかしかったけど…おかげでその、…本物の、恋人同士になれたし…」

森島「かわいい!」

塚原「本当にね」クスッ

絵里「茶化さないでよっ!…感謝してるんだから」

森島「うんうん!作戦がうまくいったみたいでよかったわ!」



507: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 01:08:49.05 ID:SpWrwO2O0

塚原「急に恋人のフリなんて言い出したときにはどうなるかと思ったけど…」

森島「ばっちりだったでしょ」

塚原「珍しく、ね」

森島「なによー!ひびきちゃんの意地悪!」

橘「ははは…」

絵里「ふふっ…」



508: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 01:09:21.18 ID:SpWrwO2O0

絵里「…あ、そういえば…」

絵里「橘君。はい!」スッ

橘「ありがとうございます!」ヒョイ

塚原「…手作りのお弁当、ね」

森島「あ、いいないいなー!恋人の手作り…素敵!」

絵里「そ、そんなにたいしたことじゃないわよ」

橘「何を言ってるんですか!絢瀬先輩のお弁当がこうやって毎日のように食べられる…」

橘「これがたいしたことじゃなくてなんだって言うんですか!」

森島「わお!言うわね橘君~」

橘「当たり前ですよ!」

絵里「なんだか恥ずかしいわね…」

塚原「いいじゃない、仲がいい証拠よ」



509: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 01:10:23.80 ID:SpWrwO2O0

橘「ムグムグ…ああ、絢瀬先輩の卵焼き…絢瀬先輩のきんぴら…」

絵里「いつもそんなつぶやきしてないじゃない!やめて!」

森島「いつも、ねぇ…」

塚原「微笑ましいわね」

絵里「もう…」



510: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 01:11:14.49 ID:SpWrwO2O0

森島「…ところで、橘君はいつまで絵里のことを名字で呼ぶの?」

橘「え?」

森島「絵里も…橘君のこと名字で呼んでるよね」

絵里「え、ええ、そうだけど…」

森島「恋人同士、って…ラブラブに下の名前で呼び合うんじゃないの?もしくはハニーとダーリンとか!」

橘「あ、ダーリンならたまにありましたよ」

絵里「ばっ…!」

塚原「そうなんだ…絵里も案外やるわね」

森島「じゃあじゃあ、ダーリンとハニーって呼び合うの?」



511: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 01:11:45.02 ID:SpWrwO2O0

絵里「そんなわけないじゃない!橘君もなにさらっと言ってるのよっ!」

橘「いやぁつい」

絵里「ついってなによぉっ!」

塚原「まぁまぁ、落ち着いて、絵里」

絵里「むー…」

塚原「でも…それなら名前で呼びあうのがいいんじゃない?」

絵里「ひ、ひびきまでそんな…」

森島「絵里は嫌なの?」



512: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 01:12:22.08 ID:SpWrwO2O0

絵里「…嫌、ってわけじゃないけど」

森島「橘君は?」

橘「えっ!?ぼ、僕も嫌ってわけじゃないです…」

森島「ほら!これを期に名前で呼ぶようにしたら?」

絵里「そ、そんな急に…」

橘「…」

絵里「…橘君?」



513: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 01:13:33.12 ID:SpWrwO2O0

橘「え…」

絵里「え…?」

橘「絵里!」

絵里「ひゃっ!?」カァッ

橘「…先輩」

森島「うーん…及第点ね」

橘「さすがに呼び捨ては…」



514: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 01:14:30.47 ID:SpWrwO2O0

塚原「それで、絵里は?」

絵里「う…」

絵里「…」

絵里「ぁ…」

絵里「…」モゴモゴ

絵里「…」

絵里「じゅ…」

絵里「じゅんいち…くん」

橘「!」ズキューン!

森島「!」ズキューン!

塚原「!」ズキューン!

絵里「…」プルプル



515: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 01:15:07.17 ID:SpWrwO2O0

橘(照れて頬を赤らめながら僕の名前を…)

橘(…破壊力抜群、見た感じ塚原先輩までやられてるみたいだし…)

橘(恐るべし、絵里先輩)

絵里「…」カァッ

絵里「な、なにか言いなさいよっ!」ウガー!

橘「さ、最高です…」グッ!

森島「…」グッ!

絵里「え、ええぇ…ひびきぃ…」

塚原「ごめんなさい、私も負けたわ…」グッ

絵里「そんなぁ…」



516: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 01:15:45.80 ID:SpWrwO2O0





橘(こうして、付き合い始めて初の昼休みが終わった)

橘(結局、絵里先輩、純一君と呼び合うことになったけど…)

橘(いつか慣れる日が来るんだろうか…)

橘(…)

橘(平然と名前で呼び合う…)

橘(それはそれでいいな!)



517: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 02:07:22.26 ID:SpWrwO2O0

『今日は風もおだやかで陽気が気持ちいいなぁ…テラスで一息つこう』

橘「んーっ!」ノビーッ

橘「はぁ…」グデー…

橘(もう冬なのに、今日は暖かいなぁ…)

橘(こうやって陽に当たってると、嫌なことなんて全部忘れられるような)

橘(…そもそも嫌なことなんてあんまりない気がするんだけど)

橘(…)

橘(たぶん陽の光が全て持って行ってくれたんだろう、うんうん)

橘(しかし、こんなに暖かいのに外に出てる人はいない…)

橘(おかげでテラスが独り占めできていいけど、ちょっと寂しいな…)



518: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 02:08:17.49 ID:SpWrwO2O0

橘「…ん?」

橘(今、あのお手洗いから出てきたのは…)

橘「あや…絵里先輩!」タッタッタッ…

絵里「…?」

絵里「あら、橘君」

橘「え?」

絵里「ぐ…じゅ、純一、くん」

橘「はい、純一です!」

絵里「もう、調子に乗って…」



519: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 02:08:46.71 ID:SpWrwO2O0

橘「せっかくですからね!へへへ…」

絵里「…まぁ、確かに端から見ても名前で呼んだ方が仲よさそうだし…」ブツブツ

絵里「…純一君が余所見しないならそれでも…」ブツブツ

橘「…なんです?何か言いましたか?」

絵里「え!?なんでもない、なんでもないのよ!」

橘「はぁ…」

絵里「あは、あはははは…」



520: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 02:09:17.83 ID:SpWrwO2O0

橘「ところで、先輩はここで何を?」

絵里「ん、今日は暖かそうだったからちょっとひなたぼっこにね」

橘「僕と同じですね!こんなに天気がいいのにテラスに人がいなくて、寂しかったんですよ」

絵里「それはちょうどよかったわ。一緒にのんびりしよっか」

橘「はい!」

橘(あぁ、いいなぁ…約束もしてないのにこうして2人で…)

橘(生きててよかった…)ジーン



521: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 02:09:50.35 ID:SpWrwO2O0

絵里「えーっと…」

絵里「テラスは、あっちよね」クルッ

橘「あ、はい。そうで…す…ね…」

橘「…」

橘「…」

橘「!?」

橘(なんてこった!)

橘(なんてこった!!!!)

橘(絵里先輩…)



522: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 02:10:38.08 ID:SpWrwO2O0











橘(パ、パンツの中にスカートを入れてしまってるぞ!)ズガーン!














523: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 02:11:06.69 ID:SpWrwO2O0

橘(…お手洗いのあとはああなってしまうことがあるのは聞いたことあるけど)

橘(実際にやらかしてるのは初めて見た…)

橘(…)

絵里「~♪」スタスタ

橘(…白か)

橘(…)

橘(…)ゴクリ



524: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 02:11:34.59 ID:SpWrwO2O0

橘(…)

橘(じゃなくて!)

橘(このままじゃ不特定多数に絵里先輩の痴態が丸見えじゃないか!)

橘(それは嫌だ!)

橘(…)

橘「せ、先輩!」

絵里「? どうかした?」

橘「あの…すごく言いにくいんですけど…」

絵里「?」



525: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 02:12:21.91 ID:SpWrwO2O0

橘「パ…」

絵里「パ…?」

橘「…パンツ、見えてます」

絵里「え!?」バッ

絵里「はっ…」カァッ

絵里「ぅ…」ナオシナオシ…

橘「…」

絵里「…ぅぅ」



526: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 02:13:04.03 ID:SpWrwO2O0

絵里「…ぁりがとう、た…」

絵里「…じゅんいち、くん」

橘「へ!?いえ、そんな、こちらこそ、いいものを見せていただいて、ありがとうございます!!??」

絵里「…!」カァッ

橘「…はっ!な、なにを僕は…!」

絵里「…」

橘「あ、あの…その…」

絵里「…」



527: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 02:13:41.11 ID:SpWrwO2O0

橘「白、似合ってました!」グッ!

絵里「!!」

絵里「…」プルプル

絵里「純一君の…」

橘「へっ」

絵里「ばかぁぁぁぁ!!!!」パッチーン!

橘「へぶっ!」

絵里「うわーん!エリチカおうちに帰るぅー!」ダッ!

橘「あ、え、絵里先輩!」

絵里「うわーん!!」



528: ◆14OmzaYn4c 2015/10/18(日) 02:14:11.52 ID:SpWrwO2O0








橘(…その後結局、しばらく追いかけっこをして)

橘(屋上で追いついてココアをあげた)

橘(…涙目で『今回だけよっ!』なんて言って許してくれたけど)

橘(正直たまらなかったのでまたいつか…)

橘(…)

橘(ダメかな…)



537: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:18:44.05 ID:qkI7ejvN0

『梅原に報告してやるか…』

橘(呼び方が変わって1日経ってしまった)

橘(梅原には本当のことをいち早く言おうと思ったのに)

橘(…まぁそれでも早い方か)



538: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:19:11.61 ID:qkI7ejvN0

―――――――――二年生教室

橘「梅原」

梅原「お、大将。なんか久しぶりだな!」

橘「そ、そうか?」

梅原「絢瀬先輩に首ったけなんだろ?しっかし、恋人のフリってのも難儀なモンだよまったく…」

橘「そのことなんだけど…」

梅原「あ?まさか、本当に付き合い始めたとかか?いやー大将がそこまで進む覚悟があるとは!」



539: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:19:45.18 ID:qkI7ejvN0

橘「…」

梅原「…」

橘「…」

梅原「…え?ほ、本当にそうなのか…?」

橘「あ、ああ…梅原にはしっかり報告しようと思って…」

梅原「…」

梅原「…」



540: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:20:26.85 ID:qkI7ejvN0

梅原「大将…」

橘「…?」

梅原「…」

梅原「…」ポン

梅原「この…」

梅原「裏切り者ぉぉぉぉぉぉ!!!!」ダッ!

橘「梅原!?うめはらぁああああああああ!!!!」



541: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:21:02.16 ID:qkI7ejvN0

森島「きゃっ!?…梅原君?」

橘「森島先輩…」

森島「あ、橘君。今日、絵里が職員室に呼び出されてるからお昼一緒には食べられないって」

橘「へ…あ、わざわざありがとうございます」

森島「それで、これ。お弁当ね」サッ

橘「どうも」スッ

森島「…梅原君、どうかしたの?」

橘「どうかしたってほどでもないんで、大丈夫ですよ。たぶん…」

森島「ふーん?」



542: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:21:54.18 ID:qkI7ejvN0







橘(この後梅原は、昼休みも手作りの弁当を見て発狂した)

橘(慰謝料とか言ってとっておきのお宝本をむしり取られたのは厳しかった…)

橘(それにしても、絵里先輩が職員室に呼び出されるなんて)

橘(なにかあったのかな…)



543: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:22:31.61 ID:qkI7ejvN0

『職員室に呼ばれたことについて、絵里先輩に聞いてみよう!』

―――――――屋上

橘「あや…絵里先輩!」

絵里「ん、た、…純一君」

橘「練習ですか?」

絵里「まぁ…そんなところね」

橘「なんだか歯切れが悪いですね。何かあったんですか?」

絵里「…そうね。お昼、担任の先生に呼び出されたんだけど…」

橘「はい…」



544: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:22:57.06 ID:qkI7ejvN0

絵里「校長室に連れて行かれてね。頼みがあるって」

橘「校長先生からですか!?」

絵里「ええ…私も何事かと思ったけど…」

橘「い、いったいなにを…」

絵里「それがね…」

橘「…」ゴクリ



545: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:23:28.93 ID:qkI7ejvN0

絵里「…ライブをやってほしいって」

橘「…へ?」

絵里「私の転校期間中に、輝日東高校でライブをやってくれないか、って」

橘「またなんで…」

絵里「生徒からの要望が多かったみたいで、1曲でいいからどうですか、って」

橘「なるほど…」



546: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:24:53.06 ID:qkI7ejvN0

絵里「それでね…私自身も、お世話になった学校に対してなにかしたいっていうのもあるし」

橘「…」

絵里「それに、その…」

橘「…?」

絵里「…」モゴモゴ



547: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:25:24.04 ID:qkI7ejvN0

絵里「…」

絵里「…」アー…

絵里「…」ウー…

絵里「…」

絵里「…純一君に、かっこいいところ見せられるかなって」

橘「…!!」ズガンボン

橘(…)

橘(最早語るまい)



548: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:25:54.53 ID:qkI7ejvN0

絵里「そ、そういうわけだから!やることにしたのっ!」プイッ

橘「それは、なんというか、その…」

絵里「…」

橘「…死ぬほど楽しみです」

絵里「…ほんと?」

橘「もちろん。最悪死にます」

絵里「…それは悲しいわね」クスッ



549: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:26:23.85 ID:qkI7ejvN0

橘「でも、本当にいいんですか?最終予選近いのに…」

絵里「最終予選についてはなんとも言えないけど…1曲だけだし、なんとかしたいと思うの」

橘「…無茶はしないでくださいね」

絵里「善処するわ。幸い新曲のラブソングも出来上がってきたし、このペースでいけば大丈夫」

橘「輝日東のライブは既存曲でやるんですよね…?」

絵里「それも予定と相談ね。とにかく、たちっ…純一君は楽しみにしてるといいわ!」

橘「楽しみですけど…心配です」

絵里「もう、平気だってば」

橘「でも…」



550: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:26:51.64 ID:qkI7ejvN0

絵里「…」ギュッ

橘「へ…」

絵里「…私は、純一君がいれば、大丈夫」

橘「!」カァッ

絵里「…ね?」

橘「は。はひ…」



551: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:27:32.31 ID:qkI7ejvN0

絵里「ふふっ、そろそろいい時間だし、帰りましょうか!」パッ

橘「あっ…」

絵里「真っ赤でかわいい♪純一君でもそんな風になるのね♪」

橘「あ、あはは…」

絵里「ほら、置いてっちゃうわよ~」

橘「あ、ま、待ってください!」

絵里「待ちません~♪」



552: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:27:58.09 ID:qkI7ejvN0






橘(こうして、今日も1日が終わった)

橘(…絵里先輩)

橘(ああいうタイプの人は、たぶん見た目じゃ疲労がわからない)

橘(気をつけて、ちゃんとフォローしよう!)



553: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:47:25.66 ID:qkI7ejvN0

『よし!今日も1日、頑張るぞ!』

橘(少し時間は流れて)

橘(僕も絵里先輩もすんなりとお互いの名前を呼ぶことができるようになった)

橘(森島先輩も塚原先輩も相変わらず暖かく見守ってくれてるし…)

橘(とてもいい感じだ)

橘「…」ブルルッ

橘「うぅ…今日は寒いなぁ…」



554: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:48:03.69 ID:qkI7ejvN0

橘「朝だからか特に…」

絵里「おーい。おはよう、純一君」

橘「絵里先輩。おはようございます」

絵里「今日は風が冷たくて一段と寒いわね…」

橘「家のコタツから出るのに時間がかかりました…」

絵里「コタツ!いいわね!あれは人をダメにするわ…」

橘「ですよねー…」ハァーッ

橘「…」ゴシゴシ…



555: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:48:34.29 ID:qkI7ejvN0

絵里「寒いの苦手なのね…」

橘「はい…先輩はやっぱり、ロシアの血が流れてるんで平気ですか?」

絵里「そんなことはないわよ。寒いものは寒いわ」

橘「そうですか…」

絵里「…」

橘「うぅっ、寒いなぁ…」

絵里「あ、そうだ」ピーン

橘「? どうかしましたか?」



556: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:49:20.28 ID:qkI7ejvN0

絵里「ふふふ…」スル

絵里「はい、これ!」スッ

橘「右手の手袋…?」

絵里「純一君、つけていいわよ」

橘「え!?そんな、悪いですよ!」

絵里「いいからいいから!その代わり…」



557: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:49:51.19 ID:qkI7ejvN0


ギュッ

橘「ふぁっ!?」

絵里「手袋がなくなった右手は、純一君が暖めて、ね?」

橘「は…」

橘「はいっ!!!!!」

絵里「ふふっ、元気出たわね!今日も1日頑張りましょう!」

橘「はい!!!!!!!!」




橘(朝からすごい経験をしてしまったぞ!)

橘(もう思い残すことはないよ…)



558: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 01:52:18.87 ID:qkI7ejvN0

『トイレもすませたし教室に戻ろう』

橘「ふぅ~」

橘「トイレもすんですっきりしたし、教室に戻ろうかな」

スッ…

橘「!?な、なんだ!?」

???「だーれだっ?」

橘「…!」

橘(この声は…)

ピロリン

橘「>>559!」



563: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 20:12:32.28 ID:nIfqnMGu0

橘「梨穂子だ!」

???「む…」

絵里「残念、不正解」パッ

橘「あっ…デスヨネ」

絵里「…誰?梨穂子って」

橘「お、同い年の…幼馴染です…」

絵里「ふーん?声や口調が似てたとか?」

橘「…」



564: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 20:13:10.59 ID:nIfqnMGu0

橘「…」

 梨穂子『え~!?幼馴染の顔も忘れちゃったの?梨穂子ですよ、桜井梨穂子!』

 梨穂子『いっつぁとってもくり~み~♪クラブとホワイトソースです~』

 梨穂子『あーい がっちゃ!』

橘「…」

橘「似てないです…」



565: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 20:13:36.31 ID:nIfqnMGu0

絵里「そう。ならキミは私じゃなくてその梨穂子さんにこういうことがされたかったってことかしら?じゅ・ん・い・ち・くん?」

橘「そ、そういうわけじゃ…」

絵里「どうかしらねっ!」プイッ!

橘(しまった…すっかり機嫌を損ねてしまった。そういえば結構やきもち焼きだもんなぁ絵里先輩…)

橘(…ここは正直に言っておこう)

橘「先輩」

絵里「…なに」



566: ◆14OmzaYn4c 2015/10/20(火) 20:14:07.22 ID:nIfqnMGu0

橘「すみません、いじける先輩が見たくてちょっと意地悪しちゃいました」

絵里「…!」

橘「でもやきもちを焼く絵里先輩がかわいかったのでそんなに後悔してなくてごめんなさい!」

絵里「なっ!」

絵里「も、もう!そんな言い訳で言いくるめられると思ったら大間違いよっ!」ニコニコ

絵里「…仕方ないから、今回は許してあげるけど、次はないからね!」ニマニマ

橘「は、はい…」

橘(わかりやすい…絵里先輩はかわいいなぁ!!!)



570: ◆14OmzaYn4c 2015/10/21(水) 18:59:14.85 ID:5SqFgmQg0

『…あれは、絵里先輩!さっきのお返しをしよう』

橘(前を歩くのは絵里先輩…)

橘(さっきは『だーれだ?』をされたから、次は僕が…)

橘「…」ソロリ…

橘「…」

橘(今だっ!)バッ

橘「だーれだっ!」

絵里「きゃっ!?」



571: ◆14OmzaYn4c 2015/10/21(水) 18:59:41.57 ID:5SqFgmQg0

絵里「…」

絵里「…」フム

橘「…?」

橘(な、なんだ…目隠しされたまま考えごとを…?)

絵里「…えいっ!」クルッ

橘「え?うわわ!」

橘(こっちに振り向いて…?)



572: ◆14OmzaYn4c 2015/10/21(水) 19:00:10.79 ID:5SqFgmQg0

橘(…って!この状態で振り向かれたら…!)

絵里「ふふっ、驚いた?すごく近くに純一君がいるわね」

橘「は、はひぃ!?」

橘(め、目の前に絵里先輩の顔が!頭を抱きしめてるみたいになってしまったぞ!)

絵里「もう、こんないたずらしちゃだめじゃない。びっくりするでしょ」

橘「あ、え、は、はぁ」

絵里「もうしない?」

橘「え」

絵里「しないならご褒美、あげちゃおっかな?」



573: ◆14OmzaYn4c 2015/10/21(水) 19:00:43.89 ID:5SqFgmQg0

橘「ご褒美…!?」

橘「はい!二度としません!神に誓って!」

絵里「現金ね…まぁいいわ。はい、目を閉じて?」

橘「はい…え!?目ですか!?」

絵里「ええ」

橘(…これってあれだよね)

橘(期待してもいいんだよね)

橘「…」ドキドキ

橘「…」パチッ



574: ◆14OmzaYn4c 2015/10/21(水) 19:01:13.19 ID:5SqFgmQg0

絵里「うん、いい子ね。それじゃ…」

橘「…」ドキドキ

絵里「…」スッ

橘「…」ドキドキ

絵里「…」

絵里「…」

絵里「んっ!」

チュッ

絵里「ふぅ…」パッ

橘「あっ…?」



575: ◆14OmzaYn4c 2015/10/21(水) 19:01:40.74 ID:5SqFgmQg0

絵里「ふふっ、唇かと思った?残念、そんなに軽々しくするものじゃないの」

橘「頬に…」

絵里「さ、もう授業始まるわよ?教室戻らないと!」

橘「あ?へぁ、はい!」







橘(この休み時間はてごわい方の絵里先輩だった…)

橘(先輩、絶対考え方とか行動に波があるよなぁ…)



576: ◆14OmzaYn4c 2015/10/22(木) 01:56:52.05 ID:Z3kqYOyN0

『絵里先輩、そろそろ最終予選も近いし忙しいんだろうな…』

橘(またしばらく経って)

橘(絵里先輩は見るからに忙しそうだった)

橘(それを見た塚原先輩が『頑張りすぎ』と言ってたのも気になるし…)

橘(…)



577: ◆14OmzaYn4c 2015/10/22(木) 01:57:20.09 ID:Z3kqYOyN0


――――――屋上

絵里「はっ、はっ、はっ、はっ!」バッバッバッバ!

絵里「ふっ…!」ビシッ

絵里「…はー」ヘタリ

橘「お疲れ様です!タオルです!」サッ

絵里「純一君…ありがとう」

橘「今の、見たことないダンスでしたね。新曲ですか?」

絵里「ええ。最終予選で歌うラブソングができたから、そのダンスの練習よ」フキフキ

橘「! できたんですね!ラブソング!」



578: ◆14OmzaYn4c 2015/10/22(木) 01:57:57.96 ID:Z3kqYOyN0

絵里「すごいのができたのよ。最終予選、見に来てね?」

橘「はい!絶対行きます!」

絵里「ありがとう…さて、もう少しだけ確認しないと」タッ

橘「え…まだ休憩した方が…」

絵里「そんなに休んでいられないわよ。時間もないし、まだステップも不安なところがあるし」

橘「見た感じ、そんなできてないってほどでもない気がするんですけど…」

絵里「ううん、まだまだ。純一君、メトロノーム動かしてくれる?」



579: ◆14OmzaYn4c 2015/10/22(木) 01:58:37.26 ID:Z3kqYOyN0

橘「…はい」

絵里「はっ…1、2、3、4、…」

橘「…」

絵里「1、2、3、しっ…!」フラッ

橘「先輩!」バッ

ガシッ

絵里「ぁ…」

橘「今日はもうここまでにしましょう。飲み物を…」

絵里「ぅ、ぅう…」

橘「…?」



580: ◆14OmzaYn4c 2015/10/22(木) 01:59:08.00 ID:Z3kqYOyN0

絵里「ぅええ…」ポロポロ

橘「え、絵里先輩!?」

絵里「っ…っ…」ポロポロ

橘「…」

橘「…」ギュッ

絵里「!」

橘「…」ポンポン

絵里「ヒック…ふぇ…」グスグス

絵里「うぁぁぁぁぁん!」ボロボロ



581: ◆14OmzaYn4c 2015/10/22(木) 01:59:33.57 ID:Z3kqYOyN0

―――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――

―――――――――――

絵里「ヒック…」グスッ…

橘「…」ポン…ポン…

絵里「…」ズズッ

絵里「…」

絵里「ぅ…」



582: ◆14OmzaYn4c 2015/10/22(木) 02:00:25.38 ID:Z3kqYOyN0

橘「…」ギュッ

絵里「…ぁ」

絵里「…」グイッ

橘「…大丈夫ですか」

絵里「うん…もう、大丈夫」ゴシゴシ

絵里「…ありがとう、純一君」

橘「このくらい、お安い御用ですよ」



583: ◆14OmzaYn4c 2015/10/22(木) 02:01:22.14 ID:Z3kqYOyN0

絵里「…」

絵里「私ね」

橘「はい」

絵里「やっぱりちょっと無理してるみたい」

橘「はい」

絵里「全体練習に行くと、みんなもうある程度までダンスや歌ができてて」

絵里「遅れてる私に合わせてくれるのが申し訳なくて」

絵里「…寝る時間を削って歌の練習したり」

絵里「ダンスも多めに練習したり」



584: ◆14OmzaYn4c 2015/10/22(木) 02:01:48.46 ID:Z3kqYOyN0

橘「…」

絵里「…」

絵里「どうしてこう上手くいかないのかしら、って」

絵里「たまに自分が嫌になるの」

絵里「そんなときに、どうしても…」

絵里「…」グッ

絵里「涙が出ちゃうのかもね。なんていっても、女の子だもの♪」

橘「…」

絵里「…さ、帰りましょうか。時間が――――」



585: ◆14OmzaYn4c 2015/10/22(木) 02:02:20.23 ID:Z3kqYOyN0

橘「絵里先輩」

絵里「…」

橘「僕は、そんな先輩だから好きになったんです」

絵里「…ぇ」

橘「絵里先輩は…」

橘「すごく優しくて、やっぱり自分のことなんか後回しで」

絵里「…」

橘「人のことばかり考えていて、限界が来るまで追い込んで…」



586: ◆14OmzaYn4c 2015/10/22(木) 02:03:12.50 ID:Z3kqYOyN0

橘「…」

橘「…そんな先輩の支えになりたいんです」

絵里「…!」

橘「何度だって言います。僕は先輩の隣を歩いていきたいんです!」

絵里「純一…君…」

橘「先輩が、他の人の前で完璧な自分を見せるなら」

橘「僕の前ではせめてわがままでいてください」

橘「自分のことだけを考えてください!」

橘「できることはなんでもします!」



587: ◆14OmzaYn4c 2015/10/22(木) 02:04:01.19 ID:Z3kqYOyN0

橘「だって僕は…」

橘「…僕は先輩の恋人、ですから」

絵里「…」

橘「…」

橘(…)

橘(…)

橘(あれ、これはもしかして調子に乗った!?)

橘(うう、どうしよう…すごくキザじゃなかったか今!)

橘(ヒかれてない、よね…?)



588: ◆14OmzaYn4c 2015/10/22(木) 02:04:31.35 ID:Z3kqYOyN0

絵里「…」

絵里「…ね」

橘「は、はい!?」

絵里「…わがまま」

橘「へ…?」

絵里「っ」

絵里「わがまま!言って、いいんでしょ…?」

橘「は、はい!なんでも言ってください!」



589: ◆14OmzaYn4c 2015/10/22(木) 02:05:09.39 ID:Z3kqYOyN0

絵里「…」

絵里「今週の日曜日」

橘「はい!空いてます!」

絵里「家に来て」

橘「…はい?」

絵里「だっ!だからね…」

絵里「…家に、来てほしいの」

橘「…」

橘「は、へ、も、もちろんいいですよ!」



590: ◆14OmzaYn4c 2015/10/22(木) 02:05:38.81 ID:Z3kqYOyN0

絵里「…ほんとに?」

橘「はい!行きます!」

絵里「…無理してない?」

橘「してないです!」

絵里「そう…?」

橘「はい!」

絵里「…ふふっ」

橘「!」

絵里「本当に、ありがとう。純一君…」



591: ◆14OmzaYn4c 2015/10/22(木) 02:06:04.80 ID:Z3kqYOyN0









橘(こうして、週末の予定が決まった)

橘(…週末の予定が決まった以外にも思うことはたくさんあるけど)

橘(今日の出来事が全てどうでもよくなるくらいびっくりした…)

橘(…)

橘(お土産とか持って行った方がいいんだろうか…)



597: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:35:38.00 ID:i3CSRMnL0

『絵里先輩とお話しよう!』

橘(あっ、あの後姿は…)

橘(…後ろから近づくとまた目隠しをしたくなるし、ここは)

橘「絵里せんぱーい!」ブンブン

絵里「ん、純一く…」クルッ

絵里「…」

絵里「なんでそんな遠くにいるのよ…」

橘「いたずらしないためです!」

絵里「は…?」

橘「いえ、なんでもないです!」

絵里「ふーん…?」スタスタ…



598: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:36:09.51 ID:i3CSRMnL0

絵里「それにしてもちょうどよかったわ。純一君、今暇?」

橘「はい。暇ですよ」

絵里「じゃあ、少しお話しない?」

橘「もちろんオッケーですよ!どんとこいです!」

絵里「よかった。断られたらどうしようかと思ったわ」クス

橘「そんなこと僕がするわけないじゃないですか」

絵里「どうかしらね」

橘「恋人との時間は大切にする派ですから」

絵里「っ…もう…」

橘「へへ…では、お話を」



599: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:36:56.41 ID:i3CSRMnL0

〈世間話〉

橘「にっこにっこにー♪」

絵里「!」

橘「あなたのハートににこにこにー♪」

絵里「…」

橘「…あの、先輩?」

絵里「純一君はにこがお気に入りなのね…」

橘「あ、えっと、そういうわけじゃ…」

絵里「にこ、かわいいものね…小さいし、ラブリーだし…」



600: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:37:27.52 ID:i3CSRMnL0

橘「え、あ、あの」

絵里「流石にこね…」ショボン

橘「ぼ、僕の一番は絵里先輩ですから!絶対!」

絵里「!」

絵里「…仕方ないわね」ニマニマ

橘(今日はかわいい方の絵里先輩か…)

橘(カッコいい方も好きだけど、僕はこっちの絵里先輩も好きだなぁ)



601: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:38:54.07 ID:i3CSRMnL0

〈勉強〉

橘「ロシア語って元から話せたんですか?」

絵里「そうね…昔はおばあさまと暮らしてたから、自然と話してたわ」

橘「カッコいいですね!日本語とロシア語が使えるなんて」

絵里「ふふっ、そうかしら。でも最近、妹に発音を注意されるのよ…」

橘「日本語に近づいてきてる感じですか…」

絵里「そうなの。あとは、ハラショーの使い方もおかしいって…」

橘「あー…」

絵里「…そんなにおかしいかしら」

橘「へ?いえ!そんなことないですよ!」

絵里「むー…」

橘「はは、は…」



602: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:39:42.75 ID:i3CSRMnL0

〈運動〉

橘「寒い日の体育って嫌になりませんか…」

絵里「そうね…特にマラソンなんかだとちょっと…」

橘「そういえば、体操服は輝日東のを着てますよね」

絵里「ええ。今時ブルマなんて履く学校があるなんてびっくりしたわ」

橘「あー…」



603: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:41:09.12 ID:i3CSRMnL0

絵里「…」

橘「…」

橘「…なんですか」

絵里「まさか純一君、それでこの高校受験したとかじゃないわよね…?」

橘「…」

絵里「なんで黙るのよ」

橘「へへっ」

絵里「なに笑ってるのよ」



604: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:41:44.69 ID:i3CSRMnL0

〈娯楽〉

橘「この間、駅前で森島先輩にばったり会ったんですけど」

絵里「はるかに?」

橘「『わんちゃんを撫でてたら泥まみれになっちゃった!』って言って服を買うのにつき合わされたんですよ」

絵里「…ふーん」

橘「色々見て回ってたので疲れました…」

絵里「そう?はるかとショッピングなんて、楽しそうじゃない」

橘「楽しくなくはないですけど…」

絵里「…ふーん」ツーン

橘(…しまった、やきもち焼いてる!)

橘(恋人に他の異性と遊んだ話…確かによくなかったかも…)



605: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:43:27.89 ID:i3CSRMnL0

〈食べ物〉

橘「先輩、どうぞ」スッ

絵里「え?ココア?」

橘「好きじゃないですか」

絵里「好きだけど…どうしたの、唐突に?」

橘「朝、自販機でコーヒーを買ったときについでに買ったんですよ」

絵里「純一君飲めばいいじゃない」

橘「絵里先輩の喜ぶ顔が浮かんできて買っちゃったんで、差し上げます」

絵里「ぅ…そ、そう…」



606: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:44:18.06 ID:i3CSRMnL0

橘「照れてます?」

絵里「照れてない!」

橘「ココアどうぞ」

絵里「あ、ありがとう…」

橘「…僕はいつも先輩のことを考えてますよ」

絵里「わっ、わざわざ言わなくてもいいの!」カァッ



607: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:45:22.08 ID:i3CSRMnL0

〈おしゃれ〉

橘「ポニーテール、似合ってますね!」

絵里「ありがとう♪特にこだわりがあるわけじゃないんだけど…」

橘「え、そうなんですか?」

絵里「ええ。上げておくと動きやすいから…」

橘「…ちょっと下ろしてみてください」

絵里「へ…まぁ、いいけど」スル

橘「!」

絵里「…どう?」

橘(髪を下ろした先輩…)

橘(元々お姉さんオーラがあるのに、さらにぐっと大人っぽくなって)

橘(…色気まで倍増してる気がする)



608: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:46:22.00 ID:i3CSRMnL0

橘「…」ゴクリ

絵里「あの…純一君?」

橘「…ハッ」

絵里「…また変なこと考えてたでしょ」

橘「そ、そんなことは!」

絵里「ふーん?」

橘「うぅ…」

絵里「♪」

橘(…なぜか上機嫌になってるな先輩)

橘(全然わからない…)



609: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:48:26.77 ID:i3CSRMnL0

〈恋愛〉

絵里「純一君は、その…」

橘「はい?」

絵里「…あの」

橘「?」

絵里「い、今まで…」

橘「…?」

絵里「…」モゴモゴ

橘「な、なんですか?」



610: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:48:54.27 ID:i3CSRMnL0

絵里「ぁぅ…」

絵里「…」ググッ

絵里「…!」

絵里「かっ、彼女は今までいたことあるの!?」

橘「へ!?」ビクッ

絵里「あ、わ、私は初めてだけど、純一君はどうなのかしら…って…」

橘「…」

絵里「…?」

橘「…どうなんでしょう。たぶん、初めてです、か、ね…」

絵里「えっ…」



611: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:50:05.45 ID:i3CSRMnL0

橘「…」

絵里「そう…」

橘「は、はい…」

絵里「…ごめんなさい、聞いちゃいけないことだったみたいで…」

橘「あ、そんな、とんでもないです!平気ですよ!」

絵里「でも…」

橘「あー!スクール水着姿の絵里先輩が見たいなぁ!!!!」

絵里「ちょ、何言ってるのよっ!」

橘「きっと素晴らしいんでしょうね!!」

絵里「やめなさい!」



612: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:50:38.80 ID:i3CSRMnL0

〈エッチ〉

橘「先輩は銭湯って行ったことあります?」

絵里「銭湯…ないわね。一度行ってみたいんだけど、機会がなくて」

橘「そうですか…銭湯って、小さい子どもなら男湯に女の子が入れたり女湯に男の子が入れたりするんですよ」

絵里「えっ!?そうなの!?」チカァ!?

橘「幼稚園児とかですけど…」

絵里「そ、それくらいなら…」

橘「あと、最近は家族風呂って言って、予約すれば貸切で大き目のお風呂に入れたりとか」

絵里「…」



613: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:51:19.65 ID:i3CSRMnL0

絵里「純一君は、私と一緒にお風呂入りたい?」

橘「へぇっ!?はい!!!」

絵里「力強く返事しすぎよ…」

橘「す、すみません…」

絵里「もう…」

橘「…」

絵里「…そのうち、ね?」

橘「え」

絵里「ふふっ♪」

橘「」



614: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:53:25.31 ID:i3CSRMnL0

〈行動〉

橘(さりげなく手を握って、いい雰囲気に出来ないかな…)

橘(よーし…)

橘「…」

スススッ

絵里「…?」

橘(…今だっ!)

ギュッ

絵里「きゃっ!?きゅ、急にどうしたの?」

橘「さりげなく手を握っていい雰囲気にしようかと…」

絵里「…思ってても言わなくていいことまで言ってるわよ純一君」

橘「う…あえてです!」



615: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:53:56.71 ID:i3CSRMnL0

絵里「…仕方ない人ね」

橘「へ…」

ギュッ

橘「!」

絵里「せっかくだから、両手繋げば、倍暖かいわ」

橘「そ、そうですね」

絵里「どうかした?」

橘「い、いえ…」

絵里「うふふっ♪」

橘(敵わないなぁ…)



616: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:55:15.63 ID:i3CSRMnL0

〈アタック〉シュインシュシュシュシュシュ…

橘「今日は練習は…」

絵里「お休み、かな。あんまり詰めすぎても効率がよくないし」

橘「では、帰りましょうか。駅までご一緒します!」

絵里「ふふっ、ありがとう」



617: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:55:49.85 ID:i3CSRMnL0

――――――――

―――――駅前、ゲームセンター前

絵里「…あ」ピタッ

橘「? どうかしましたか、先輩」

絵里「…ちょっと、寄っていいかしら」

橘「ゲームセンター…今日はなんですか?」

絵里「それは見てのお楽しみ♪」スタスタ

橘「?」



618: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:56:17.77 ID:i3CSRMnL0

絵里「…これね!」

橘「…プリクラ、ですか?」

絵里「この間見た雑誌に、カップルで撮るプリクラについての記事が載っててね?」

橘「なるほど、それで撮ってみたいってわけですか」

絵里「ええ!えーっと、たくさん種類があるのね…」

橘「あ、こっちのは最新らしいですよ!」

絵里「ハラショー!じゃあ、それにしましょう!」



619: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:56:47.24 ID:i3CSRMnL0

――――プリクラ機
絵里「よいしょ…」チャリンチャリン

橘「先輩、お金なら僕が…」

絵里「いいの。私が撮りたいって言ったんだし、これくらい出させて?」

橘「でも…」

絵里「いつもココアおごってくれるじゃない?そのお返し、ってことで、ね?」

橘「…では、お言葉に甘えさせてもらいます。ありがとうございます!」

絵里「いいのよ、これくらい。…さて、操作は…」

絵里「…明るさは抑え目で…背景は…この青色素敵ね。これで…」

橘「…絵里先輩?」



620: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:57:50.65 ID:i3CSRMnL0

絵里「フレーム?フレーム…あ、ハートがあるわね。ラブラブっぽく…」

橘「…」

絵里「はい!撮るわよ!」

橘「ふぁ、はい!」ビクッ

橘「ポーズとかって、どうします?こうしたい、みたいな…」

絵里「ポーズは…その…」

橘「?」

絵里「…ぅぅ」

絵里「いくらなんでも…こんなの恥ずかしすぎるじゃない…でもそう書いてあったし…」ブツブツ



621: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 12:59:05.12 ID:i3CSRMnL0

橘「あの…?」

絵里「~~~~!!」

絵里「それっ!」チュッ

橘「わっ!?」

パシャ

絵里「ふ、ふふ、ふ…」

橘「せ、先輩、今ほっぺに…!」

絵里「落書き!スタンプ!印刷!」ピピッ

橘「はやっ!?」

絵里「さ、行きましょう!」ダッ

橘「な、え、ちょっと!なにがなんだか…!」ダッ



622: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 13:00:18.95 ID:i3CSRMnL0

――――――ゲームセンター外

絵里「ふー…」

橘「先輩…どうしたっていうんですか…」

絵里「…その、」

絵里「…雑誌に載ってたのがかわいくて、やってみたかったんだけど」

橘「言ってくれればノリノリでやりますよ!」

絵里「…思った以上に恥ずかしかったのよっ」

橘「は…」



623: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 13:01:11.37 ID:i3CSRMnL0

絵里「き、キスなら何回かしてるし、ほっぺなら平気かと思ったけど…」

絵里「写真に撮られるって…耐えられなかったわ…」カァァ

橘「先輩…」

絵里「…はい、これ」

橘「あ、プリクラ…」

絵里「…ふふっ、かわいい顔してるわね、純一君」

橘「うっ…もっとかっこよく写りたかった…」



624: ◆14OmzaYn4c 2015/10/29(木) 13:02:26.24 ID:i3CSRMnL0

絵里「それはまた今度にしましょう?何もこれっきりってことは…」

橘「…?」

絵里「…ない、わよね」

橘「…もちろんですよ」

絵里「!」

橘「今度は先輩のかわいい顔を激写しますからね!覚えといてくださいよ!」

絵里「純一君…」

絵里「…」クスッ

絵里「ええ、受けて立つわ!」




橘(絵里先輩とプリクラを撮った)

橘(相変わらずかわいい)

橘(…また必ず撮ろう)



629: ◆14OmzaYn4c 2015/11/03(火) 01:30:29.17 ID:l2BhBRTy0

『今日は絵里先輩とデート…粗相のないようにしないと!』

橘(今日は日曜日)

橘(絵里先輩との初デート)

橘(そして、初お家デート)

橘(…)

橘(すごい)

橘(ドッキドキする)バクバク

橘(お家って!僕、格好変じゃないよなっ!?お土産も持ったし…)ババッ

橘(…朝、美也に『何その格好?お見合いでもするのにぃに』なんて言われたけど)

橘(お見合いなんかより緊張するよ…)

橘(…お見合いなんてやったことないけど)



630: ◆14OmzaYn4c 2015/11/03(火) 01:30:58.79 ID:l2BhBRTy0

―――――絢瀬家周辺

橘「えーっと…この辺り…」キョロキョロ

???「じゃあお姉ちゃん、雪穂のお家に行ってくる!」

??「ええ。ご迷惑をかけないようにね?」

???「大丈夫だよ!いってきまーす!」タッ

橘「…ん?」

???「わわっ!?」

ボスッ

橘「お…っと、大丈夫?」



631: ◆14OmzaYn4c 2015/11/03(火) 01:31:34.91 ID:l2BhBRTy0

???「は、はい…すみません、ぶつかっちゃって…」サスサス

橘(金髪碧眼…どことなく見たことあるような…)

橘「…」ジーッ

???「…? あの…」

橘(…はっ)

橘(しまった!初対面なのに変に見つめてしまった!)

橘(こういうときは平静を装って…)

橘「ごめん、急いでたかな?」

???「そういうわけじゃ、ないんですけど…」ジッ

橘「…?」



632: ◆14OmzaYn4c 2015/11/03(火) 01:32:04.73 ID:l2BhBRTy0

???「…もしかして、橘純一さん?」

橘「え!?なんで僕の名前を…」

亜里沙「やっぱり!私、絢瀬亜里沙って言います。お姉ちゃんがお世話になってます!」

橘「え…」

橘「絵里先輩の妹!?」

亜里沙「はい♪」

橘「それは…なんというか…その…」ゴクリ



633: ◆14OmzaYn4c 2015/11/03(火) 01:32:41.09 ID:l2BhBRTy0

亜里沙「?」

橘(話によると中学生…綺麗な子だなぁ)ジロジロ

橘(いい子そうだし…美也に見習わせたいくらいだよ…)ウンウン

亜里沙「…あっ」

??「…」

橘(やっぱり成長すると先輩みたいになるのかな…)

橘(だとすると将来性までばっちり…)

??「…キミ」

橘「へぁっ!?」ビクッ



634: ◆14OmzaYn4c 2015/11/03(火) 01:33:13.67 ID:l2BhBRTy0

??「人の妹を随分といやらしい目でみてるのね」

亜里沙「いやらしっ!?」

橘「いえっ!そんなつもりはまったく!これっぽっちも!全然!」ババッ

橘「…ん?妹?」チラッ

??「…おはよう。純一君」

橘「!!」

橘「絵里先輩!」

絵里「亜里沙、変なことされてない?」



635: ◆14OmzaYn4c 2015/11/03(火) 01:33:41.82 ID:l2BhBRTy0

亜里沙「うん…?何もされてないよ?」

絵里「そう?気をつけたほうがいいわよ。この人ちょっとおかしいから」

亜里沙「おかしい?」

橘「うぐ…」

絵里「ええ。水泳部の練習をのぞいちゃったりするのよ?」

亜里沙「? 水泳、お好きなんですか?」

絵里「…」ハァ

橘「そ、そうなんだよ!僕って水泳マニアで!」

絵里「…」ギロリ

橘「はは…は…」

亜里沙「?」



636: ◆14OmzaYn4c 2015/11/03(火) 01:34:12.30 ID:l2BhBRTy0

亜里沙「そういえば、最近お家でも橘さんのお話を本当に楽しそうにお話しするんですよ!」

絵里「!」ピクッ

橘「!」ピクッ

橘「へー!そうなんですね?」

亜里沙「うん!この前も一緒にプリクラ?撮ったとか…」

絵里「ああああ、ありさ!雪穂ちゃんのお家に行くんじゃなかったの!?」

亜里沙「あ!そうだった!ごめんなさい橘さん、またお話しましょう!」

橘「うん、是非!」



637: ◆14OmzaYn4c 2015/11/03(火) 01:34:42.21 ID:l2BhBRTy0

亜里沙「じゃあ、今度こそ本当に行ってきます!」タッ

絵里「き、気をつけてね…」フリフリ

橘「…」フリフリ

絵里「…」

橘「…」ニヤニヤ

絵里「…」

絵里「さ、入りましょうか」キリッ

橘「はーい」ニヤニヤ

絵里「…」グヌヌ

絵里「もうっ!なによっ!いいじゃないお話くらいしてたって!」

橘「いやー嬉しいんですよ?楽しくお話してくれてるようで…」

絵里「ぅぅ…」

橘「えへへ…」



638: ◆14OmzaYn4c 2015/11/03(火) 01:35:24.79 ID:l2BhBRTy0

――――――絢瀬家絵里の部屋

橘(さて)

橘(こうして今先輩の部屋にいるんだけど)

橘(すごくいい香りがするし)スーッ…

橘(正直たまりません)ハーッ…

橘(…お土産のクッキーを見せたら、紅茶を淹れてきてくれるって先輩は出てっちゃったけど)

橘(落ち着かないなぁ…)ソワソワ



639: ◆14OmzaYn4c 2015/11/03(火) 01:35:55.99 ID:l2BhBRTy0

橘(…ここは仕方がない)スクッ

橘(深呼吸でもして先輩の部屋の香りを嗅ぎだめしておくか…)スーッ…

橘(…)ハーッ

橘(…なんだろう)スーッ

橘(まるで森林浴でもしているかのような)ハーッ

橘(肺が先輩の部屋の空気で満たされたときのこの満足感は…)スゥゥゥゥ…



640: ◆14OmzaYn4c 2015/11/03(火) 01:36:28.07 ID:l2BhBRTy0

絵里「おまたせ、砂糖はどのくらい…」ガチャ

橘「あっ」ハァァァ…

絵里「…何してるのよ」

橘「ちょっと深呼吸を…」トスッ

絵里「はぁ…?」

橘「あ、紅茶ですね。あんまり飲んだことないのでおまかせします」

絵里「…そう」カチャ

橘(…ごまかせ、た?)



641: ◆14OmzaYn4c 2015/11/03(火) 01:37:04.84 ID:l2BhBRTy0

絵里「…」トサッ

橘「…」

絵里「…」

橘「…」

橘(どうしたんだろう、先輩。黙っちゃってるけど、なんだか緊張してるような…)

絵里「…」ゴクリ

絵里「…」



642: ◆14OmzaYn4c 2015/11/03(火) 01:37:39.13 ID:l2BhBRTy0

絵里「ね」

橘「は、はい!?」

絵里「…隣、行っていい?」

橘「どうぞ!」バッ

絵里「…ありがと」スッ

橘「…」

絵里「…」ギュッ

橘「…今日は」

絵里「…?」

橘「なんで家に招待してくださったんです?」

絵里「…」

橘「あ、その!嫌とかじゃなくてですね、不思議というか、なんというか…」



643: ◆14OmzaYn4c 2015/11/03(火) 01:38:05.80 ID:l2BhBRTy0

絵里「…」

絵里「ふふっ」

絵里「そうよね。急に家に来てだなんて、意味わからないわよね」

橘「…」

絵里「…今日はね」

絵里「…」

絵里「…今日は、頑張ってない私を純一君に見てほしくて」

橘「頑張ってない…?」

絵里「…ええ。綺麗じゃない、余所行きじゃない、ただの絢瀬絵里を…」

絵里「…純一君になら、見せられるかなって」



644: ◆14OmzaYn4c 2015/11/03(火) 01:38:33.83 ID:l2BhBRTy0

橘「…」

絵里「…ね、しばらくこうしてていい?」ギュッ

橘「…はい。むしろこっちから頼みたいくらいですよ。好きなだけしがみついててください」

絵里「…」ギューッ

橘「…」

絵里「…」

橘「…」ナデナデ

絵里「!」



645: ◆14OmzaYn4c 2015/11/03(火) 01:39:23.55 ID:l2BhBRTy0

橘「…」ポンポン…

絵里「…」

絵里「…」スンスン

絵里「…落ち着く、匂い…」

絵里「…」

絵里「…」スヤ…



646: ◆14OmzaYn4c 2015/11/03(火) 01:42:18.03 ID:l2BhBRTy0

――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――

――――――――――――――――

――――――――――――

絵里「…」

絵里「んぅ…」

絵里「…」

絵里「…!」

絵里「あっ…!寝ちゃった…?」バッ



647: ◆14OmzaYn4c 2015/11/03(火) 01:42:45.41 ID:l2BhBRTy0

橘「おはようございます、先輩」

絵里「…純一君」

橘「気持ち良さそうに寝てたので、起こしませんでしたけど…」

絵里「…ごめんなさい、いつのまに…」

橘「いいんですよ、これくらい。それより先輩」

絵里「?」

橘「よだれ、跡ついてますよ」チョンチョン

絵里「へ…っ」カァッ

絵里「…」フキフキ

橘「かわいい寝顔でした」

絵里「…恥ずかしいわ」



648: ◆14OmzaYn4c 2015/11/03(火) 01:43:17.69 ID:l2BhBRTy0

橘「学校で寝てるのを見たときよりも無防備でしたね」

絵里「当たり前じゃない…誰に見られるかわからないのに」

橘「今はいいんですか?」

絵里「純一君しかいないでしょ」ギュッ

橘「…そうでした」ナデナデ

絵里「えへへ…」スリスリ

橘「…」



649: ◆14OmzaYn4c 2015/11/03(火) 01:43:48.53 ID:l2BhBRTy0

橘(なんだこれ)

橘(なんだこれ!!!)

橘(かわいすぎる!これが噂のかしこいかわいいエリーチカ…!)

橘(まずいぞ…余裕ぶってるのがいつまで持つのか…)

絵里「あ、もうお昼の時間ね…」

橘「は…もうそんな時間ですか」

絵里「…お昼ご飯、作ろうと思ったけど面倒」

橘「僕が作りましょうか!」

絵里「え、いいの?純一君、料理できる?」

橘「簡単になら…」

絵里「ハラショー!じゃあお願いして…いい?」

橘「任せてください!」

橘(さらには甘えんぼーチカ…たまらん…)グッ



656: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 01:04:35.42 ID:JpJZG0Yw0

――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――

絵里「ごちそうさま!純一君、チャーハン上手なのね」

橘「これくらいしか作れないんですけど…お口に合ったようなら幸いです」

絵里「美味しかったわ。褒めてつかわす」

橘「はっ!ありがたき幸せっ!」

絵里「…」

橘「…」

絵里「ふふっ」

橘「ははっ」

橘・絵里「「あはははははははははははっ!」」



657: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 01:05:48.34 ID:JpJZG0Yw0

絵里「はぁ…面白いわね、純一君は」

橘「絵里先輩には負けますよ!」

絵里「それは褒めてるのかしら…」

橘「もちろんです!」

絵里「ふーん…?」

橘「!」フンス

絵里「…」

絵里「…前から気になってたんだけど」

橘「はい?」



658: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 01:06:27.06 ID:JpJZG0Yw0

絵里「私と純一君は恋人同士じゃない?」

橘「は、はい」

絵里「…先輩、って距離を感じるの」

橘「へぇっ!?」

絵里「ほら、μ’sでも先輩禁止だし…こんな密接な関係になってるのに、まだ先輩って呼ばれるのは、その…」

絵里「…ちょっと、寂しいかなって」

橘「ってことは、呼び捨てですか!?」

絵里「それは任せるけど…ちょっと呼んでみない?」

橘「は、はぁ…」ゴクリ



659: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 01:06:59.82 ID:JpJZG0Yw0

橘(急にそんな、なんて呼べば…)

橘(絵里ちゃんはおかしいし…絵里さん?もしっくりこないなぁ)

橘(…ここはやはり呼び捨てで…!)

絵里「…だめ、かな」

橘「あぅ…よ、呼びます!呼びますよ!」

絵里「!」パァッ

橘「あー…うー…」モゴモゴ

絵里「…」ドキドキ



660: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 01:07:29.37 ID:JpJZG0Yw0

橘「…」

橘「…」グッ

橘「…ぇ」

橘「…絵里」

絵里「!!」ビクッ

橘「っ…」

絵里「…」プルプル



661: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 01:07:59.64 ID:JpJZG0Yw0

橘「…」

橘「…あの?」

絵里「…だめ」

橘「?」

絵里「呼び捨ては、やめましょう」

橘「あっ、い、嫌でしたか!?すみません!調子に乗って…」

絵里「違うの…嫌とかじゃなくて…」

橘「え?」

絵里「…好きな人に名前を呼ばれるって、思ったより、その…」

橘「…!」



662: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 01:08:53.26 ID:JpJZG0Yw0

橘(絵里先輩、顔が真っ赤だ!それに、なんだかにやけて…)

絵里「…っとにかく!」

橘「はい!?」

絵里「いつも通り、先輩で、おねがいね…」

橘「は、はい…」

絵里「…」

橘(…なんだろう、呼ぶのは結構勇気が必要だったけど)

橘(呼ぶなって言われると少し残念かな…)

橘「…」シュン



663: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 01:09:34.21 ID:JpJZG0Yw0

絵里「…!」

絵里「…」

絵里「ぅ…」

絵里「…」

絵里「…たまになら」ボソッ

橘「…?」

絵里「っ…」

絵里「たまになら、呼び捨てでいいわよっ!」

橘「えっ」

絵里「あんまりいつもだと、私がもたないから…」

絵里「というか、なんというか…」モゴモゴ



664: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 01:10:02.38 ID:JpJZG0Yw0

橘「…」

絵里「恥ずかしい…いや、照れくさい…とか…」モゴモゴ

橘「…わかりました」

絵里「…」

橘「ここぞというときだけにしますね!」

絵里「…ええ!そうして…」

橘「了解です!」

絵里「…ふふっ」

橘「…ははっ」



665: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 01:11:50.90 ID:JpJZG0Yw0

絵里「はぁ…緊張で喉が渇いたわね。純一君も何か飲む?」

橘「いいんですか?」

絵里「ええ。お茶でよければ持ってきてあげる♪」

橘「はい!お願いします!」

絵里「はーい♪」スタスタ

橘「…」

橘(先輩、機嫌良いようでよかった…)

橘(今日はいつにも増してかわいさ増量エリーチカだし)

橘(恋人としてもこれだけ心を開いてくれると嬉しいものだよ!)ウンウン



666: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 01:12:24.55 ID:JpJZG0Yw0

絵里「おまたせ…きゃっ!」コケッ

橘「うわぁ!?」

バシャァ

絵里「ぅう…あ、ご、ごめんなさい!お茶が…!」

橘「だっ、大丈夫です!でも、なにか拭くものをください…」ビッチョリ

絵里「そうね!タオル、タオル…」

絵里「はい、これ使って!」バッ

橘「ありがとうございます」フキフキ

絵里「ごめんね…まさか何もないところで転ぶなんて…」シュン

橘「気にしないで下さい。転ぶ瞬間の先輩の顔、すごいかわいかったので」



667: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 01:13:03.22 ID:JpJZG0Yw0

絵里「なっ!」カァァ

橘「ふふふ」

絵里「もう…」

橘「…あー、拭けましたけど、服が」グショ…

絵里「ぁ…」

橘「仕方ないですから、今日はこのままで…幸いお家デートなので問題ないですよ!」

絵里「でも…」

橘「!」フンス

絵里「…」

絵里「あ!」ピーン



668: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 01:13:33.26 ID:JpJZG0Yw0

橘「?」

絵里「そういえば、家の洗濯乾燥機、最近新しくしたからすごく早く終わるのよ!」

橘「へ」

絵里「ちょっと純一君、服のタグを…」グイッ

橘「なっ、ちょっ」

絵里「えーっと…」ペラッ

橘(…!!)

橘(先輩が僕の服を至近距離で捲って…)

橘(わき腹に吐息が…!)



669: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 01:14:01.29 ID:JpJZG0Yw0

絵里「うん!洗濯も乾燥もできそうね。というわけで服を…」

橘「はいぃ!?ふ、服を…?」

絵里「…あ、せっかくだからお風呂にも入っていって!拭いたとはいえ、気持ち悪いでしょ?」

橘「お風呂ォ!?」

絵里「帰るまでには服も乾くだろうし、お風呂の間に着替えを用意しとくから、ね?」

橘「き、着替えですか…」

絵里「お父様の昔使ってたパジャマだけど…嫌?」

橘「い、嫌じゃないんですが…」

絵里「ハラショー♪よかったわ。さ、お風呂はこっちよ!」グイグイ

橘「え?え?ま、待ってください!話が進みすぎてて…引っ張らないで!」



670: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 01:14:37.13 ID:JpJZG0Yw0

―――――浴室

カポーン…

橘「…」

橘「なぜ僕は絢瀬家の風呂に…?」

橘「…考えても仕方ないのか」

橘「…」ウムム

橘「…」

橘「とりあえず、頭を洗おう…」ストッ



671: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 01:15:16.65 ID:JpJZG0Yw0

橘(今日はいろんなことが起こるなぁ…)ジャァァ

橘(お家デートなのに、アクションが多いというかなんというか…)シュコシュコ

橘(…)ガシガシガシ

橘(まさか、『背中を流しに…』なんてことは…!)ガシ…

橘(…)

橘(…ないない、そりゃあ来てくれたら嬉しいけども)

橘(…)

橘(も、もうちょっと念入りに頭を…)



672: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 01:20:35.14 ID:JpJZG0Yw0

絵里『純一くーん』

橘「は、はいぃ!?」ビクゥ

絵里『バスタオルと着替え、置いておいたわよー』

橘「はい!ありがとうございます!」

絵里『どういたしましてー』

橘「…」

橘(あぁ、わかってるさ。来るわけないよね…)

橘(僕はなんて欲望に忠実な思考を…)

絵里『あ、あと…ね…?』

橘「はい?」



681: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 15:31:45.88 ID:JpJZG0Yw0

絵里『お詫びをかねて背中を流したいんだけど…いい?』

橘「…」

橘「へぁぁあ!!!!???」ガタタッ

絵里『ダメ、かな』

橘(かっ、考えてたことが現実になるなんて…!)ゴクリ

橘(…落ち着け、橘純一。ここは紳士的に…)

橘「も、もちろんいいですよ!ご好意は断りませんから!」

絵里『そ、そう?じゃあ、お邪魔する…わね…』スルスル



682: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 15:32:13.03 ID:JpJZG0Yw0

橘「…!」

橘(衣擦れの音…!ああ、なんて扇情的で甘美な音なんだろう!)

橘(…先輩がもうすぐここに)

橘(…)

橘(うわぁぁぁ!!!ドキドキしてきた!朝なんて目じゃない!)バクバク

絵里『…純一君』

橘「は、はいぃ!!!」

絵里『…ちゃんと前、隠してる?』

橘「は…」



683: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 15:32:50.73 ID:JpJZG0Yw0

橘「…」マキマキ

橘「もちろんですとも!」グッ!

絵里『…』

絵里『失礼します…』

ガラッ

橘(ふぉっ)

橘(ふぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおお!!!!)

絵里「ぅ…あんまりじろじろ見ちゃダメよ!前向いて!」

橘「ふぁい…」



684: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 15:33:21.36 ID:JpJZG0Yw0

橘(大き目のバスタオルで身体を隠し)

橘(顔を赤くしてモジモジする先輩…)

橘(…言われなくても、これ以上見てたら倒れちゃうよ)

絵里「…それじゃあ、お背中流すわね…」ゴクリ

橘「お、お願い、します…」

絵里「…」シュコシュコ

橘(ああ、僕の背後から前にあるボディーソープのボトルに手が伸びて…)

橘(…)

橘(…ん?)



685: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 15:33:59.95 ID:JpJZG0Yw0

橘「せ、先輩?」

絵里「なに?」

橘「…なんでボディソープを手に?」

絵里「ぁ…たっ、タオルだと肌が傷つくから!ね?」

橘「ええっ!?素手で洗ってくれるんですか!?」

絵里「そのつもりだけど」

橘「…」

橘(い、生きて浴室から出られるかな…)



686: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 15:34:37.16 ID:JpJZG0Yw0

絵里「あっ、嫌だったかしら!?ごめんなさい、ならタオルに…」

橘「!」

橘「いえっ!大丈夫です!むしろ手で!」

絵里「っ…そ、そう?」

橘「はい!」

絵里「…なら、洗う、わね?」

橘「はい!!!」

絵里「…」

ヌル…

橘「!!!!!!!!!!!!!!」



687: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 15:35:04.75 ID:JpJZG0Yw0

ヌリヌリ…

絵里「ん…意外と大きい…」

ヌルヌル…

橘「」

橘( )

橘「」

絵里「んしょ…」

ヌル…

橘「…」

橘(…はっ!)

橘(…)

橘(き、気持ちよすぎる…!)



688: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 15:35:34.26 ID:JpJZG0Yw0

絵里「~♪」

橘(柔らかい先輩の手が、背中を滑らかに動き回り…)

橘(その間、上機嫌な美しい鼻歌が僕の耳を通り抜ける…)

橘(こんなの、こんなのって…)

絵里「…かゆいところはないかしら?」

橘「だっ、大丈夫です…」

絵里「はーい♪」

橘(あぁぁぁぁぁ…この時間が一生続いたとしても、何一つ後悔はないよ…)



689: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 15:36:04.45 ID:JpJZG0Yw0

絵里「んしょ…っと。はい、終わり!流すからシャワーを…」

橘「あ、ありがとうございます…」シュウゥ…

絵里「…なんだか燃え尽きてるけど、どうかしたの?」

橘「いえ、なにも…」

絵里「?」

絵里「よっ…とぉ!?」ツルン

ビターン!

橘「うわっ!」クルッ

橘「先輩!?大丈夫で…す…か…」



690: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 15:36:39.46 ID:JpJZG0Yw0

絵里「っててて…!?」

絵里「きゃあっ!?」バッ

橘(滑って後ろに転んだ先輩のタオルがはだけかけててその豊満なバストが露になりかけてる姿を僕はこの数秒で網膜と脳に焼き付けることしかできないというか手を差し伸べたいけれど身体が全くと言っていいほどに動かないので見ていることしか出来ない無力な僕をどうか許してほしいというかきっと全世界の男性諸君なら許してくれるはずだよね)

絵里「…見た?」

橘「それはもう!」グッ!

絵里「…」ムクリ

橘「…!」ビクッ!



691: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 15:37:23.93 ID:JpJZG0Yw0

橘(この展開は…!殺られる…!?)

絵里「…」

橘「ひっ!ごっ、ごめんなさい!」ババッ

絵里「…もう」

橘「…?」

絵里「今のは私も悪かったわよ…急に転んだらびっくりして見ちゃうと思うし…」

橘「…!」

絵里「だから、そんなに怖がらなくても…」

橘「せ、先輩…!」

絵里「っ…」カァッ



692: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 15:37:54.06 ID:JpJZG0Yw0

絵里「でも、その、み、見たんでしょ!?む、胸を…」

橘「は…」

絵里「…責任、とってよね」マッカッカ

橘「…」

橘「はい。もちろんですよ」

絵里「!」

絵里「ぅう…もうだめ!恥ずかしすぎる!」バッ

絵里「先に出てるわ!」ガラッ

橘「あっ…行っちゃったか」

橘(…厳密に言えば、胸全体を見たわけじゃないし、一番大切なところは見えなかったというかなんというか)

橘(…)

橘(そんなことはどうでもよくなるような出来事だったなぁ…)



693: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 16:10:04.87 ID:JpJZG0Yw0

――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――

―――――夕方

絵里「はい、これ。ちゃんと乾いたわよ?」スッ

橘「ありがとうございます!」

絵里「もうこんな時間なのね…時間が過ぎるのは早いわ」

橘「そうですね…やっぱり、好きな人といるからですかね」

絵里「…ふふっ、そうかも」



694: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 16:10:45.05 ID:JpJZG0Yw0

橘「…」

絵里「…」

絵里「純一君」

橘「はい?」

絵里「今日は本当にありがとう」

橘「いえ、僕は特になにも」

絵里「そんなことないわ。最近とても忙しいから、いい息抜きになった」

橘「…そうですか」

絵里「…」



695: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 16:12:36.91 ID:JpJZG0Yw0

絵里「それでね」

絵里「最後に、純一君にお話があるの」

橘「…」

絵里「…もうすぐ、私の転校期間が終わるわ」

橘「…」

絵里「それに、ラブライブの最終予選も近づいてきて」

橘「…」

絵里「…」

絵里「つまりね…」

橘「っ…」グッ



696: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 16:13:10.12 ID:JpJZG0Yw0

絵里「…ラブライブが終わるまで、距離を置いてほしいの」

橘「…」

橘「え?」

絵里「アイドルは恋愛禁止…だなんて、今更だけど…」

絵里「…やっぱり、それは大切なことだと思うの」

橘「…」

絵里「都合がいいのはわかってる」

絵里「…でも」

橘「ちょ、ちょっと待ってください」



697: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 16:14:06.50 ID:JpJZG0Yw0

絵里「?」

橘「あの…別れ話じゃ、ないんですよね?」

絵里「えっ…純一君…別れ話がしたいの…?」ジワッ

橘「い、いやいや!違いますよ!こんなに好きなのにそんなわけないじゃないですか!」

絵里「そっ!?」

絵里「…そう…よかった」

橘「…」

橘「先輩」

絵里「…?」

橘「…がんばってください」

絵里「!」



698: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 16:15:10.63 ID:JpJZG0Yw0

橘「ラブライブ、絶対優勝してくださいね!」

絵里「…ええ」

絵里「優勝して…」

絵里「必ず、純一君の元に戻ってくると誓うわ」ギュッ

橘「…はい」ギュッ

絵里「…待ってて、ね」

橘「いつまででも」

絵里「ふふっ…いい返事」



699: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 16:17:53.35 ID:JpJZG0Yw0




橘(…こうして、絢瀬家お家デートは終わった)

橘(いろいろあったけど、楽しかった)

橘(…)

橘(また、必ず…)



700: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 17:55:02.93 ID:JpJZG0Yw0

『サイド/μ’s 輝日東高校でするライブの曲を作りましょう!』

―――――――部室

真姫「…今日は練習、休みじゃなかった?」

海未「そのはずですが…」

真姫「エリーが呼び出すなんて、何かあったのかしら」

海未「…何か悪いことではないといいのですが」

ガチャ

絵里「…あら、二人とも。もう集まってくれてたのね。練習もないのにありがとう」

真姫「別に、これくらいはいいわよ。予定があったわけでもないし」

海未「はい。それより、どんな用件でしょうか?真姫と私を呼ぶあたり、この前できた新曲の話ですか?」

絵里「…それがね、相談なんだけど」

真姫「?」

海未「相談、ですか?」

絵里「その…」



701: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 17:55:41.87 ID:JpJZG0Yw0

――――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――

絵里「…と、いうわけで…」

真姫「今から新曲!?」

海未「む、無理ですよ!だいたい、最終予選も近いのにそんな…」

絵里「そこをなんとか!お願い!」ペコリ!

真姫「…どれだけ頭を下げられても、できることとできないことがあるわよ」

絵里「…」



702: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 17:56:07.87 ID:JpJZG0Yw0

真姫「今大切なのは、ラブライブの優勝に向けてできることを全力でやること。でしょ?」

真姫「エリーがお世話になった人たちにお礼をしたいのはわかるけど…」

真姫「それで新曲を作る、っていうのはいくらなんでも無茶よ」

絵里「っ…」

海未「…それに、まだ最終予選のパフォーマンスも完璧ではありません」

海未「厳しいようですが、追加で何か他をしている場合では…」

絵里「…」

絵里「そう、よね…」



703: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 17:56:38.91 ID:JpJZG0Yw0

真姫「…」

絵里「ごめんなさい、無理言って。今日のことは、忘れてもらって構わないから…」

海未「絵里…」

真姫「…」

真姫「…ライブは、するんでしょ?」

絵里「え?」

真姫「その、転校先の高校で。もうある曲でやるんでしょ?」

絵里「…そうなるわね」

真姫「…それなら、手伝ってもいいわよ」

絵里「!」



704: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 17:57:13.15 ID:JpJZG0Yw0

真姫「エリー1人じゃ、できる曲なんてないじゃない。1曲だけなら、出てあげる」

絵里「真姫…!」

海未「…私も同じです」

絵里「海未…」

海未「礼儀を尽くす、といった趣旨は素晴らしいことです」

海未「できることがあれば、お手伝いをさせていただきますよ」ニコッ

絵里「…二人とも」

絵里「~~~っ」バッ

絵里「ありがとうっ!」ギューッ!

真姫「きゃっ!?もうっ、急に抱きつかないでっ!」

海未「はぷっ!?え、絵里…!苦しいです…!」



705: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 17:57:48.17 ID:JpJZG0Yw0

絵里「ふふふっ、優しくてかわいい後輩がいて、私は幸せよ?」

真姫「なっ」カァァ

海未「か、かわいいだなんて、そんな…」

絵里「さて、今日は迷惑もかけたことだし、クレープでも食べに行かない?奢っちゃうわよ!」パッ

海未「…クスッ、それでは、ご馳走になりますね」

真姫「…断る理由はないわ」プイッ

絵里「ふふふ♪」クルッ

ポロ…



706: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 17:58:48.34 ID:JpJZG0Yw0

海未「…? 絵里、ポケットから何か…」カサッ

真姫「なによ、それ?…歌詞?」

海未「…『soldier game』」

絵里「え?あっ!そ、それは!」

真姫「…」ムムム

真姫「…これ」

海未「…」ムムム

真姫「…エリー」

絵里「へ…」

海未「こ、この歌詞は…」



707: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 17:59:26.97 ID:JpJZG0Yw0

真姫・海未「「好きな人でもできたの(ですか)っ!!!???」」

絵里「え?え?えぇぇっ!?」

真姫「だってそうでしょ!?この前ラブソングを作ったときにはなかったこの発想!」

海未「かわいらしさとかっこよさを兼ね備え、絵里の良さを存分に引き出し…」

海未「明確に恋心を指し示した素晴らしい歌詞…!」

絵里「そ、そんなに褒められると照れるわね…」

絵里「じゃなくて!返して!」

海未「だめです!質問に答えてください!」

絵里「っ!」

真姫「そうよ!どうなの!?」

絵里「そ、それは…」



708: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 17:59:53.85 ID:JpJZG0Yw0

真姫「…」ジッ

絵里「ぅぅ…」

海未「…」ジッ

絵里「う…」

絵里「…」

絵里「た、大切な人なら…できた、かも?」

真姫「!」

海未「なっ!ななな…」

絵里「…」カァァ

真姫「…どうやら本気みたいね」

海未「そんな、まさか絵里が、こ、こここ恋人なんて…!」

真姫「…」



709: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 18:00:23.75 ID:JpJZG0Yw0

真姫「…なるほど、ね」

絵里「…真姫?」

真姫「…海未。この歌詞、手直ししておいて頂戴」カサッ

海未「は…」

真姫「私はすぐに曲をつけるから…」

絵里「!」

海未「…」

海未「…そうですね」

絵里「え!?」

海未「そうと決まれば、早速行動しましょう!音楽室なら手直ししつつも曲が付けられませんか?」

真姫「そうね…じゃあ音楽室に」



710: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 18:00:53.64 ID:JpJZG0Yw0

絵里「ちょっと待って!?なんでそんな急に…」

真姫「そうね…強いて言うなら」

真姫「この歌詞に曲をつけてみたくなったから、かしら」

絵里「…!」

海未「そうですね。私もそうです」

海未「この曲は、埋もれさせてはいけない…そんな気がするのです」

絵里「でも、最終予選が…」

真姫「私を誰だと思ってるのよ」

絵里「え?」



711: ◆14OmzaYn4c 2015/11/04(水) 18:01:33.90 ID:JpJZG0Yw0

真姫「天才作曲女子高生アイドルマッキーよ?何とかならないことなんてないんだから!」

海未「…だそうですよ?絵里」

絵里「…ふふっ、なによそれ」

真姫「っ…」カァッ

真姫「とにかく!やることはたくさんあるんだから、はやく音楽室行くわよっ!」ダッ

海未「あっ、待ってください真姫!」タッ

絵里「あ、もうっ、置いてかないでよ!」タッ






絵里(こうして、転校最終日に歌う曲もできた)

絵里(…アイドルを始めて、本当にいい友達を持ったわね)

絵里(感謝してもしきれない)

絵里(…)

絵里(…ありがとう、真姫、海未)

絵里(必ず成功させて見せる!)



718: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:09:16.61 ID:9LHLOyN10

☆『ついに絵里先輩の転校期間が終わる。今日は輝日東高校で例のライブだ…』

橘(デートが終わり、数日経った)

橘(絵里先輩は、最終予選と今日のライブのために、相当忙しかったみたいで)

橘(距離をおく、といっても昼食なんかは一緒に食べたりしたけど)

橘(疲れをごまかすために化粧が濃くなっていったのを気がつかないわけもなかった)

橘(…無理、してるんだ)

橘(…でも、だからってそれを言ってしまうのは)

橘(僕にはできなかった…)

橘(…)

橘(今日で転校期間が…終わる)

橘(あっという間だったな…)



719: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:09:42.83 ID:9LHLOyN10

――――――――3年生教室

絵里「…」ペコリ

絵里「私の特別転校期間が今日で終わります」

絵里「輝日東高校で過ごした日々、1ヶ月という短い期間でしたが」

絵里「とてもいい経験となりました」

絵里「ここで学んだこと、出会った人たちのことは決して忘れません!」

絵里「ありがとうございました!」

パチパチパチ…



720: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:10:10.91 ID:9LHLOyN10

森島「絵里…」ウルッ

絵里「はるか…もう、なんて顔してるのよ。今生の別れでもないでしょ?」

塚原「…そういう絵里も、ね」

絵里「へ…っ」ゴシゴシ

森島「うわーん!絵里ぃー!」ガバッ

絵里「わぷっ!?」ダキッ

森島「絶対大会見に行くから!」エグエグ

絵里「…うん…うん…!」グスグス



722: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:11:23.81 ID:9LHLOyN10

塚原「…」ホロリ

絵里「…ひびきも!」ガバッ

塚原「きゃっ!?」ガシッ

森島「ひびきちゃーん!」ダキッ

塚原「…もう、しかたないわね…2人とも…」サスサス

森島「うえぇぇーん!」ボロボロ

絵里「ぐすっ…」

塚原「…」ポムポム



723: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:12:55.56 ID:9LHLOyN10

―――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――

――――――――体育館

絢辻『臨時全体集会を始めます』

絢辻『1ヶ月前、この輝日東高校に、1人のスクールアイドルが特別転校してきてくださいました』

絢辻『3年生の絢瀬絵里先輩。今日は、その転校期間最終日ということで…』

絢辻『特別にライブをしていただけることになっています』

ワァァァアアアアアアア!!

絢辻『それでは絢瀬先輩、どうぞ』スッ



724: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:13:29.38 ID:9LHLOyN10

絵里「…」スタスタ…

絵里『あー、あー、…』

絵里『輝日東高校のみなさん、こんにちは!』

絵里『スクールアイドルμ’sのメンバー、絢瀬絵里です』

ヒューヒュー!ワァァアァアアアアア!!

絵里『本日はお世話になった皆様のために、歌わせていただきます』

絵里『たった1曲だけではありますが…』

絵里『今日、このために作った新曲です』

ザワザワ…シンキョク…?スゲェ…ザワザワ…



725: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:15:32.25 ID:9LHLOyN10

絵里『そして、特別ゲストも来ています』

絵里『今回、曲作り、ダンス、本番の出演を快諾してくれた、私の大切な仲間』

絵里『μ’sメンバー、西木野真姫、園田海未!』

バッ!

エェェ!?ウミチャンニマキチャンダッテ!?スゲー!ホントカヨ!ウワァァァアァアア!!!

海未『ど、どうも!そっ、園田海未と、申します!』カクカク

真姫『なに緊張してるのよ!…あ、西木野真姫よ。よろしく』

絵里『…海未、大丈夫?』

海未『だっ、大丈夫です!いつものことですからっ!』

カワイイー!ガンバレー!

海未『かっ、かわいいなんて!そんなこと…!』ムグッ



726: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:16:17.38 ID:9LHLOyN10

真姫『はいはい、ストップ。今日はトークショーしに来たわけじゃないんだからね』

海未『…!』モガモガ

絵里『そうね。時間もそんなにないみたいだし、さっそくではあるけど始めましょうか』

真姫『さ、位置つくわよ、海未』パッ

海未『プハッ、うぅ…今日はどうしたんでしょうか…』トボトボ

絵里『照明!』

バチン!

キャッ!?マックラ…ザワザワ…



727: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:16:53.50 ID:9LHLOyN10

絵里『…』

絵里(1曲)

絵里(この、たった1曲に…)

絵里(新しくなった私を…)

絵里(…新しい私に導いてくれた人への気持ちを…!)

絵里(…)

絵里(純一君…)

絵里『聞いてください!』

絵里『soldier game!!!』



728: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:17:21.93 ID:9LHLOyN10

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――

――――――――――ライブも終わり、放課後、屋上

橘「…」ボー

橘「…」

橘(絵里先輩のライブ)

橘(最高だったな)

橘(…僕は、すごい人と付き合っているんだな)

橘(…)

橘(…)ボー…



729: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:17:53.69 ID:9LHLOyN10

ガチャ

橘「…?」

??「ふーん…これがこの高校の屋上ね」

??「そんなに音ノ木坂と変わりませんね。少しだけこちらの方が狭いでしょうか」

橘(…この声は)

??「で、こんなところでなにやってるのかしら」

橘(…!)

真姫「橘純一先輩?」

海未「!」

橘「にっ、西木野真姫と園田海未!!??」



730: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:18:48.78 ID:9LHLOyN10

真姫「驚くのはいいわよ。こんなところで何してるのって聞いてるの」

橘「な、なにって…」

海未「…こんにちは、橘さん」ペコリ

橘「え?こ、こんにちは」

真姫「ちょっと、海未!のん気に挨拶なんてしてる場合?」

海未「挨拶は礼儀の基本です。突然話しかけては失礼ですよ」

真姫「それはそうだけど…!」

海未「さ、真姫も」

真姫「~~~~!!」

真姫「…こんにちは、橘先輩!」

橘「どうも…」

真姫「ふん!これでいいんでしょ?」

海未「ええ。それでは本題に入りましょうか」



731: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:19:57.59 ID:9LHLOyN10

橘「本題…?」

海未「橘さん。率直に伺いますが…」

橘「…?」

海未「…あなたは絵里の、こっ…恋人、なのですか?」

橘「!」ビクッ

真姫「…その反応は、図星みたいね」

海未「やはり…」

橘「…」

海未「…橘さん」

橘「…はい」



732: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:21:19.67 ID:9LHLOyN10

海未「絵里は、最近変だったんです」

橘「…」

海未「急に曲を作りたいと言ったり、練習も少し厳しくなったり…」

海未「はっきり言って、無理をしすぎるようになったのです」

橘「…」

海未「今までも、確かに絵里は無理をすることがありました」

海未「…しかし、それは周りがとても注意していないとわからないものでした」

橘「…!」

真姫「…もう、わかるでしょ」

真姫「最近の絵里は、誰がどう見てもわかるような無理をしてるのよ」

橘「ぁ…」



733: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:21:52.08 ID:9LHLOyN10

真姫「…だから、今日のライブ、本当は断る気だったの」

海未「断る、といっても新しく曲を作るのを、ですが」

橘「で、でも今日は新曲で…」

真姫「…それは、ね…」

海未「…あんな詩を見せられて、断る人はたぶんいません」

橘「詩…?」

海未「…今日歌った『soldier game』。作詞はほぼ完全に絵里なのですが…」

真姫「はじめて見たとき、それはもうびっくりしたわ」

海未「きっと、大切な人がいて、その人のために作ったのだろう、と」

海未「見てすぐわかりました。それほどに、あの歌には絵里の気持ちが乗っていた…」

橘「絵里先輩…」



734: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:23:21.53 ID:9LHLOyN10

真姫「…ま、これで絵里の無茶も終わるだろうし、特に先輩に文句があるわけでもないわ」

橘「へ…」

海未「そうですね。別にそれを咎めたくてこうしてお話をしているわけではありません」

橘「だったらどうして…」

海未「感謝しているんです。あの詩を生み出すきっかけになったあなたに…」

真姫「そうね。あんな歌、そうそうできるものではないわ。いい経験になったし」

橘「それでわざわざ探してきてくれたんですか」

海未「はい。絵里も来るはずだったんですが…」

真姫「先に帰るって聞かなかったのよね」マッタクー



735: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:24:00.01 ID:9LHLOyN10

橘「え、じゃあ先輩は今どこに…?」

海未「そろそろ校門のあたりに着く頃でしょうか」

真姫「そのくらいかしら。絵里も気が早いったらないわね」

橘「…!」ダッ

海未「あっ、橘さん!?」

真姫「ちょっ、どうしたのよ!?」

橘「…」ピタッ

橘「今の話を聞いたら、やっぱりあの曲は僕のためでもあったって…」

橘「そういうことですよね?」



736: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:26:13.80 ID:9LHLOyN10

海未「は、はい。そうですが…」

橘「だったら、言わなきゃ…!」ガシャン!

真姫「言わなきゃって…」

橘「すみません、急がなきゃ…!」

真姫「!」

海未「待ってください!」

橘「なんです!?」

海未「…ひとつだけ、聞かせてください」



737: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:26:40.86 ID:9LHLOyN10

海未「あなたは、絵里を…愛していますか」

橘「もちろん!」バッ

橘「全身全霊で愛してるに決まってるよ!」ダッ!

真姫「あっ!?…行っちゃったわね」

海未「…ふふふっ」

真姫「なによ、その笑いは」

海未「ふふ…いえ、絵里を誑かしたのはどこの馬の骨かと思ってたのですが」

海未「なかなかどうして、いい人に捕まったみたいで安心しました」

真姫「…そうね。悪い人じゃなさそうね」

海未「あれだけ愛していると即答する方もそういませんよ。照れも迷いもなく」



738: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:30:19.20 ID:9LHLOyN10

真姫「なによ海未、うらやましいの?」

海未「…そうですね、恋愛とは疎遠な人生でしたから」

海未「少し、いいなと思ったのかもしれません」

真姫「…そ」

海未「さて、絵里の幸せを願いつつ帰りましょうか」

真姫「ええ。そうしましょうか」

真姫「…お幸せに、絵里」



739: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:30:52.91 ID:9LHLOyN10

―――――帰り道、公園前

橘「はぁっ、はぁっ、はぁっ…」キョロキョロ

橘「いない、かな…」ゼェゼェ

橘(そんなに差は開いてないと思ったけど…)

橘(この道じゃなかったかな…)

橘(…っ)ゲホッゲホ

橘(あー…こんなことならもう少し体力をつけとくべきだったかな)

橘(喉が…)

橘(…)

橘(…いや、だめだ、まだ諦めちゃ!)

橘(公園で水を飲んで、すぐに駅まで走れば先回りできるかも…)



740: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:36:07.89 ID:9LHLOyN10

橘(水…)タッ…

橘(…)ジャー

橘(ゴクゴク…)

橘「ぷはっ、さてもう一走り…」

??「だーれだ?」パッ

橘「あっ!?え!?」

??「…残念、時間切れ」パッ



741: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:38:57.08 ID:9LHLOyN10

絵里「正解は、かしこいかわいいエリーチカでした!」

橘「え、絵里先輩!!!」

絵里「純一君、そんなに急いでどうしたのよ」

橘「せ、先輩に追いつこうと思って…!」

絵里「えっ?それは…悪いことしたわね…」

橘「園田さんと西木野さんから、先に出たって聞いて走ってきたんですけど…」

絵里「海未と真姫に会ったの!?」

橘「は、はい」

絵里「…変なこと、言われてないわよね?」

橘「変なこと…ですか?」



742: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:41:28.48 ID:9LHLOyN10

絵里「あ、なにもないならいいの!うん!」

橘「はぁ…」

橘「ところで先輩こそ、こんなところでどうしたんですか?」

絵里「え…?」

橘「先に帰った、って話だったのに、なんで公園に…」

絵里「…」

橘「…」

橘「…っそもそも」

絵里「?」

橘「僕に会いたくなかったんですよね…?」

絵里「…!?」

橘「園田さんと西木野さんが言ってました。『本当は絵里も一緒に来るはずだった』って」

絵里「…っ」



743: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:43:27.01 ID:9LHLOyN10

橘「だから…先輩は僕を…」

絵里「違うの!」バッ

ギュッ

橘「先輩!?」ダキッ

絵里「…ちがうのよ」

橘「…」ポム

絵里「…まだこれから、ラブライブが終わるまで3ヶ月ある」

橘「…」

絵里「なのにここで会っちゃったら…」

絵里「…我慢、できなくなっちゃうかもしれない」

橘「!」

絵里「だから…何も言わずに行こうって」



744: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:44:34.84 ID:9LHLOyN10

橘「先輩…」

絵里「…だめね、こうして実際に純一君を見ちゃったら、声かけちゃった」

橘「…うれしかったです」

絵里「ふふっ…そう…」

絵里「…この公園」

橘「え?」

絵里「覚えてる?絆創膏あげたの」

橘「あー…ありましたね、そんなこと」

絵里「通りかかったら、懐かしくてつい寄っちゃって。そしたら純一君がいたから」

橘「…なるほどです」



745: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:48:19.57 ID:9LHLOyN10

絵里「…ね、あのときどうしてあんなに怪我してたの?」

橘「先輩を見に行って、人だかりに蹴飛ばされまくったんです」

絵里「なにそれ、かっこ悪い」クスクス

橘「ははっ…そうですね」

絵里「…でも、そのおかげでここで出会えたのよね」

橘「はい。たまには蹴飛ばされるのも悪くないって思いました」

絵里「ふふっ…」

橘「ははは…」

絵里「…」

橘「…」



746: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 22:58:36.53 ID:9LHLOyN10

橘「…絵里先輩」ギュッ

絵里「絵里って呼んで?」ギュゥッ

橘「…絵里」

絵里「…はい」

橘「今日の新曲、最高でした。ありがとうございました」

絵里「…当然じゃない、あの曲には、純一君への想いがたっぷり入ってるんだもの」

橘「痛いほど伝わってきました。だから、直接どうしても言いたくて」

絵里「お礼を?」

橘「それだけじゃなくて」グイッ

橘「…」

橘「好きです」

絵里「っ…」

絵里「…ふふっ」

絵里「知ってる!」

チュッ

橘「…ぷはっ」

絵里「えへへ…」



747: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 23:01:11.98 ID:9LHLOyN10

橘「…絵里」

絵里「ん?」

橘「ラブライブ、がんばって」

絵里「…ええ。もちろん!」




橘(こうして、僕と絵里は公園で分かれて帰った)

橘(お互いの区切りとして…)

橘(…)

橘(『どうか、μ’sが優勝しますように』)

橘(帰りに見えた一番星に、強く願った)



748: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 23:06:22.79 ID:9LHLOyN10

○『エピローグでありプロローグ』

―――――3月のある日

橘「…」ドキドキ

森島「…」ドキドキ

塚原「…」ドキドキ

森島「みっ、見るわよ?」

塚原「ええ…」

橘「い、いいですよ…」

森島「~!」

森島「えいっ!」カチッ

パッ



749: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 23:08:16.24 ID:9LHLOyN10

森島「わーっ!?だめ!ドキドキして見れない!どうだった!?どうだったひびき~!」ジタバタ

塚原「…!これは…」

橘「!!」

森島「え!?え!?なにー!?」

橘「や…」

橘「ったぁぁぁあぁあああああああ!!!!」グッ!

森島「!?」

塚原「…おめでとう、絵里…」

森島「…ということは」

塚原「ええ。μ’s、ラブライブ優勝ね」

森島「わお!すごいすごい!やったわね!!!絵里ぃー!!!」



750: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 23:10:32.69 ID:9LHLOyN10

塚原「卒業式の後にパソコン室集合って言われたときはびっくりしたけど、早く知れてよかったわ」

橘「はい!最終予選は見に行けましたけど、決勝は動画でしか見れませんでしたもんね!」

森島「まぁあのパフォーマンスなら?優勝かなって思ってたけど!」

塚原「調子のいいこと言って…」

森島「それで、この結果っていつから出てたの?」

橘「一昨日ですね!」

森島「へー!…橘君もまだ見てなかったの?」

橘「はい、どうせなら先輩方と喜びたかったので!」

森島「泣けることいってくれるじゃない!このこのー!」ウリウリ

塚原「…それにしても、すごいわね、絵里。本当に優勝しちゃって」

橘「…がんばってましたから。ものすごく」

塚原「…ふふっ、それもそうかな」



751: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 23:12:37.98 ID:9LHLOyN10

??「でも、ラブライブ出場校はみーんながんばってるのよ?」

橘・森島・塚原「「「!?」」」クルッ

絵里「こんにちは♪」

橘「え…」

森島「えりぃー!!!!!」ガバッ

絵里「きゃっ!?」ダキッ

森島「優勝おめでとうぅぅ!!!!!」グリグリ

絵里「ありがとう、はるか」

塚原「おめでとう、絵里」

絵里「ひびきも、ありがとう」

橘「せっ、先輩、どうしてここに!?」



752: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 23:16:50.56 ID:9LHLOyN10

絵里「はるかとひびきの卒業式に駆けつけたのよ。少し遅かったせいで式には間に合わなかったけど」

橘「そうですか…あ、優勝、おめでとうございます!」

絵里「ありがとう、純一君♪」

森島「卒業式に来てくれるなんて…なんて友情にアツい…」

絵里「卒業おめでとう、はるか、ひびき」クスッ

森島「ありがとう~…」グスグス

塚原「ありがとう。はるか、あんまり引っ付いてると迷惑でしょ?」ガシッ

森島「うぅ~…」

絵里「懐かしいわね、この感じも」

塚原「絵里がいなくなったおかげでまた1人ではるかの世話しなきゃいけなくて、大変なのよ?」

絵里「それは申し訳ないわね」クスクス

森島「あ、ひどい!絵里もひびきも~!」



753: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 23:23:02.42 ID:9LHLOyN10

絵里「ふふふっ!」

塚原「ふふっ…」

森島「もー…」

橘「…」

森島「…あ、お邪魔かな?」

絵里「え?」

橘「え?」

塚原「はるかにしてはよく気がついたわね。2人にしてあげましょう」

橘「は、そ、そんな、いいですよ!せっかく久しぶりなのに!」

森島「いいのいいの♪じゃ、絵里もまた連絡してね?遊びにいこ?」

絵里「え、ええ…?それはもちろんだけど…」

塚原「それじゃあ、お二人ともまたね」フリフリ

森島「バーイ♪」フリフリ



754: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 23:30:50.94 ID:9LHLOyN10

橘「え、ちょ」

絵里「…行っちゃった、わね」

橘「…」

絵里「…」

橘「こ、こんなところにいるのもなんですし、場所移しましょうか!」

絵里「そ、そうね!久しぶりに屋上でも…」

橘「いいですね!そうしましょう!」



755: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 23:35:15.63 ID:9LHLOyN10

―――――――屋上

橘「…先輩、よくパソコン室がわかりましたね」

絵里「たまたま会った梅原君が教えてくれたのよ。彼はもう結果知ってたみたいで、おめでとうございます、って」

橘「はは、そうですか…」

絵里「…」

橘「…」

絵里「…ここからの景色も、久しぶり」

橘「…はい、そうですね。3ヶ月ぶり…」

絵里「…」



756: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 23:39:56.38 ID:9LHLOyN10

絵里「純一君」

橘「…はい」

絵里「…終わったわ、ラブライブ」

橘「…はい」

絵里「…その」

橘「…?」

絵里「…まだ、私は」

絵里「純一君の、恋人…よね」

橘「え…違うんですか…?」

絵里「ち、違わない!…けど、こんなに放っといたから…不安で…」

橘「先輩…」

絵里「…」



757: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 23:46:57.44 ID:9LHLOyN10

橘「…僕が」

絵里「…」

橘「裏切るわけがないじゃないですか」ギュッ

絵里「ぁ…」

橘「この3ヶ月…」

橘「僕も不安でした。もしかして、忘れられてるんじゃないかって」

絵里「そんなこと…!」

橘「でも、こうしてるとわかります」

絵里「…!」ギュッ

橘「絵里先輩」

絵里「…」



758: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 23:49:26.41 ID:9LHLOyN10

橘「…絵里!」

絵里「…はい」

橘「…愛してる」

絵里「っ…」ポロッ

橘「好きです」

絵里「うん…うん!」

絵里「私も…」

絵里「私も、純一君が大好き…!」ボロボロ

橘「…」ギュゥッ

絵里「ぅっ…ごめんね…嬉しすぎて、なみだが、とまらない…」グスグス

橘「…」ポム

絵里「グスッ…ヒッグ…」ギュゥッ



759: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 23:51:33.62 ID:9LHLOyN10

――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――

―――――――――――――――

絵里「…」

橘「…落ち着きました?」

絵里「…うん、ありがとう」

橘「どういたしまして」

絵里「…」



760: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 23:52:31.87 ID:9LHLOyN10

絵里「純一君」

橘「はい?」

絵里「問題です」

橘「?」

絵里「私は…誰でしょう」

橘「…絢瀬絵里先輩ですよね」

絵里「…ふふっ」

絵里「残念、はずれ」

橘「えっ?」

絵里「私はね…」タッ…



761: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 23:53:03.28 ID:9LHLOyN10











絵里「…あなたの恋人、あなたの…大切な人」













762: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 23:53:43.01 ID:9LHLOyN10

橘「…!」

絵里「もちろん…私と一緒に、来てくれるわよね…?」スッ

橘「…」

橘「はい」タッ

橘「隣に並んで、どこへでも」ギュッ

絵里「ふふっ…」

絵里「せーかいっ」ギュッ



763: ◆14OmzaYn4c 2015/11/19(木) 23:54:24.13 ID:9LHLOyN10





橘純一『soldier game』


おわり







773: ◆14OmzaYn4c 2015/11/21(土) 17:08:14.28 ID:fbY7RHRk0

おまけ『…絵里はあいつを選んだ。けど…仲間の門出を祝福しないはずがないじゃない』

―――――卒業後、3月某日

にこ「…」

希「おめでとう、えりち」

絵里「ありがとう、希」

希「いやー、仲いいとは言ってたけど、まさか本当に付き合うとはなぁ」

絵里「私も自分でびっくりしてるわ…恋愛なんて、してこなかったし…」

希「お相手がそれだけいい人、ってことやな!」

絵里「そうね。私にはもったいないくらい」

希「あ、惚気?惚気?ええなー!ええなー!!」

絵里「もう、からかわないでよ!」



774: ◆14OmzaYn4c 2015/11/21(土) 17:08:48.54 ID:fbY7RHRk0

にこ「…」

希「…?にこっち?」

絵里「にこ…?」

にこ「…ふん」

絵里「…?」

にこ「なんでもないわよっ!幸せそうでいいわね!」

希「あれー?にこっちも欲しくなった?こ・い・び・と」

にこ「なぁに言ってんのよ!にこにーはぁ、みんなのも・の♪でしょ?」キャルン

希「それいくつになるまでやるんや…」

にこ「年齢なんて関係ないわよっ!にこは生涯アイドルなんだからっ!」



775: ◆14OmzaYn4c 2015/11/21(土) 17:09:16.51 ID:fbY7RHRk0

希「はいはいそうやね。いい歳になったらウチがもらったるからな」ヨシヨシ

にこ「あやしてんじゃないわよっ!」ビシッ

絵里「…ふふっ」

にこ「もー…」

希「にこっちは芸人さんやねー」

にこ「誰が芸人よっ!ア・イ・ド・ル!」

絵里「にこならなんでもやっていけるわよ。人をひきつける魅力がいっぱいだもの!」

にこ「ちょっと、芸人も視野に入れてるみたいな言い方やめてくれる!?」



776: ◆14OmzaYn4c 2015/11/21(土) 17:10:28.77 ID:fbY7RHRk0

希「せっかく褒めてるのに、素直やないなぁにこっち」

絵里「そこがにこのいいところなのよ」

希「そうなんやろうなー」

にこ「何の話よっ!」

絵里「うふふふっ」

希「あははははっ」

にこ「…」フフッ



777: ◆14OmzaYn4c 2015/11/21(土) 17:11:01.51 ID:fbY7RHRk0

にこ「…」

にこ「…絵里」

絵里「ん?」

にこ「…」

にこ「…おめでとう。幸せにね」

絵里「!」

絵里「…」ワナワナ

希「えりち…?」

絵里「!!」ガバッ

絵里「にこー!!!!」ギュッ

にこ「うわっ!?」ガシッ



778: ◆14OmzaYn4c 2015/11/21(土) 17:11:36.61 ID:fbY7RHRk0

絵里「にこにこにこー!!」スリスリスリ

にこ「わっぷ、な、なにすんのよ!むぐぐ…」

希「!」

希「ずるいやんえりち!ウチもー!」ダキッ

にこ「ぬわー!!!!!ち、窒息する!落ち着きなさいよあんたたちっ!!」

絵里「うぅ~…愛くるしい…」モフモフ

希「いい匂いする~」モフモフ

にこ「…」ヤレヤレ

にこ「…しょうがないわねぇ」ナデナデ



779: ◆14OmzaYn4c 2015/11/21(土) 17:12:09.62 ID:fbY7RHRk0

絵里「…」

絵里「にこ」

にこ「?」

絵里「希」

希「はいはい?」

絵里「…ありがとう、大好きよ」

希「!」

にこ「!」

希「ふふふっ…ウチもやで、えりち」

にこ「…ふんっ」

絵里「うふふ…」



780: ◆14OmzaYn4c 2015/11/21(土) 17:12:43.58 ID:fbY7RHRk0





にこ(こうして、絵里の幸せ報告は終わった)

にこ(完敗…だったけど、案外悪くないじゃない)

にこ(なんてったって、あの絵里が見てられないほどのだらしない笑顔だったもの)

にこ(…お幸せに、絵里)



781: ◆14OmzaYn4c 2015/11/21(土) 17:13:23.48 ID:fbY7RHRk0


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――



782: ◆14OmzaYn4c 2015/11/21(土) 17:14:05.67 ID:fbY7RHRk0

おまけ2 『もうこんな時間じゃないか!早く帰らないと…』

橘「たっ、ただいまっ!」ガチャ

絵里「あら、おかえりなさーい。早かったわね」

橘「そりゃもう、だって今日は」

絵里「結婚記念日だから?」

橘「けっこ…って、先に言わないでよ…」



783: ◆14OmzaYn4c 2015/11/21(土) 17:14:34.49 ID:fbY7RHRk0

絵里「ふふっ、ごめんなさい。でも、ちゃんと覚えてたのね。あなた」

橘「忘れるわけないだろっ!…はい、これ」スッ

絵里「え?…ハラショー!素敵な花束…!」

橘「絵里」ギュッ

絵里「わっ!もう…なに?」

橘「絵里と知り合って、結婚して、色々あったけど…」

橘「…今までありがとう、これからもよろしくっ」

絵里「…うん!」

絵里「こちらこそ、よろしくね」クスッ



784: ◆14OmzaYn4c 2015/11/21(土) 17:16:03.92 ID:fbY7RHRk0

?「わっ、こら凛ちゃん、もう少し引っ込まんとばれるで!」コソコソ

?「しゃらくさいにゃー!凛だってあまあまの雰囲気見たいもん!」コソコソ

??「声が大きいっての!もう少し抑えなさいよっ!」コソコソ

???「にこちゃんも声大きいよっ!ばれちゃうって!」コソコソ

??「ほ、穂乃果ちゃんもだよ…というか、私の場所狭い…」ダレカタスケテー

???「うぅ~…小窓からちょっとしか見えないよぉ…」セノビー

??「ことり、もう少し下にいてください!そこは私の場所です!」

??「みんな必死すぎよ、意味わかんない」クルクル



785: ◆14OmzaYn4c 2015/11/21(土) 17:16:53.32 ID:fbY7RHRk0

橘「…あはは」

絵里「もう、あの子達は…」

橘「来てるんだね?」

絵里「ええ。一緒に祝いたい、って。せっかくあなたをびっくりさせようと思ったのに…」

橘「十分びっくりしたよ。でも、そうだな…」

絵里「?」

橘「オーディエンスの期待には応えるべきだよね」

絵里「え?それってどういう…」

バッ



786: ◆14OmzaYn4c 2015/11/21(土) 17:17:21.00 ID:fbY7RHRk0













8人「「「「「「「「あーーーーーーーーっ!?!!!?!??」」」」」」」」






















チュッ



787: ◆14OmzaYn4c 2015/11/21(土) 17:17:54.07 ID:fbY7RHRk0


おわり



788: ◆14OmzaYn4c 2015/11/21(土) 17:27:10.54 ID:fbY7RHRk0

これにて
絢瀬絵里編完全終了です。

長々だらだらとしてしまい、すみませんでした。
ここまで見てくださった方、ありがとうございました。

ラブライブ!×アマガミ、次回は誰にするのか未定です。
たぶんまだやってない一年生でやりますので、
また見かけたら読んでいただけると幸いです。
誰のが見たい!とかあれば書き込んでいただけると参考にします!

では、いつになるかわかりませんがまたお会いできたら。



元スレ
橘純一『soldier game』
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1441899053/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてNANASAKIがお送りします
          • 2015年11月21日 19:46
          • 「先輩なにしてるんですか。アマガミに帰りますよ」
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月21日 19:54
          • 橘さんならニコからまきを寝取ってくれるって信じてる
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月21日 20:44
          • 大将なら仕方がない
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月21日 20:47
          • 紳士だからね
            しかし同じ様なトラウマ持ち、妹あり、千葉民なのに
            八幡とはどこで差がついた……
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月21日 20:53
          • 長いんだよなぁ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月21日 21:21
          • さすが大将
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月21日 21:31
          • ※4
            イケメン度でしょ(適当)
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月21日 22:08
          • ※4 変態紳士か否か。
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月21日 23:24
          • 橘くんは頭おかしい子って印象が強いんですけど
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月21日 23:33
          • お宝本が繋いだ絆……みたいな?
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月22日 09:41
          • 5 次は真姫がいいな〜
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月22日 10:34
          • 4 楽しませてもらいました。
            ありがとうございます。
            アマガミヒロイン側の主役が前作が薫(だと思う。)
            今回がラブリー・・・。
            次は一年生・・・七咲・・・かな?
            こうとなると絢辻梨穂子をヒロイン側の主役にしたらどうなるか・・・?
            ただ、梨穂子をヒロイン側の主役にすると難度はかなり上がるからある意味読んでみたい。
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月22日 13:22
          • 高田健志のお通りだあああああ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月22日 14:41
          • 5 次回は凛ちゃんを希望
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月23日 00:07
          • 5 次は花陽ちゃんがいい
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月23日 03:11
          • ただただ素晴らしかった。ラブライブ!自体はさわり程度しか知らなかったけど、キャラの良さが伝わりってきた。

            そして、橘さんはやっぱりどんなタイアップしても、味の出る良い変態紳士だった
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月23日 14:06
          • 八幡はトラウマ多すぎた。中学までの環境が悪かった。当時は小町しか味方いなかったし。八幡にも中学ころから梅原と薫がいたら少しはかわってたやもしれん
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月23日 20:13
          • 5 ラストおまけも含めよかった。

            八幡は既に言われてるように環境がなぁ…それ踏まえると大将はまだ恵まれてる方かと。
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月24日 01:04
          • このあと、超おまけもあったぞ?
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月28日 15:16
          • このssシリーズのせいでラブライブ関連の出費増えたわ。
            今まで興味なかったのに。。。。
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年12月09日 13:38
          • 5 大将人気だなぁ。こんなに好かれるギャルゲ主人公は他にいないんじゃなかろうか。

            ハラショー!!!

            Урааааааааааааааа!!!
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年12月09日 17:29
          • ※4
            変態さと紳士度かな
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年12月11日 18:11
          • 20に俺がいた
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年02月14日 05:16
          • やっぱり変態紳士がナンバー1!!

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【モバマス】喜多見柚「グリルドスクエア」
        • 【モバマス】喜多見柚「グリルドスクエア」
        • 【モバマス】喜多見柚「グリルドスクエア」
        • 【モバマス】喜多見柚「グリルドスクエア」
        • キョン「Detroit: Become Human?」長門「……一緒にプレイして欲しい」
        • モバP「歌が聴こえる」
        • モバP「歌が聴こえる」
        • 【アイマス】美希「ほしいの!」
        • 高峯のあ「メラメラ…を、教えてほしい?」
        • 高峯のあ「メラメラ…を、教えてほしい?」
        • 高峯のあ「メラメラ…を、教えてほしい?」
        • 佐天「お風呂にカンディルを召喚する能力か~」
        • 【BEAT LESS】レイシア「海内紫織との病室での密会の件ですが」アラト「!?」
        • 【BEAT LESS】レイシア「海内紫織との病室での密会の件ですが」アラト「!?」
        • 【BEAT LESS】レイシア「海内紫織との病室での密会の件ですが」アラト「!?」
        • 【BEAT LESS】レイシア「海内紫織との病室での密会の件ですが」アラト「!?」
        • 【にじさんじ】美兎「たこ焼きパーティーですか?」
        • 【にじさんじ】美兎「たこ焼きパーティーですか?」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ