TOP

Steins;Gate「二律背反のライデマイスター」【後半】

関連記事:Steins;Gate「二律背反のライデマイスター」【前半】





Steins;Gate「二律背反のライデマイスター」【後半】






276: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 17:50:14.95 ID:DxMxfMiOo

Chapter4



 真っ暗闇の中、自宅の扉をそっと開け、音を立てないように慎重に閉める。
 寝ているだろうと思っていたが、しんと静まり返った奥の部屋からはかすかに明かりが漏れていた。
 注意深く足を擦るように歩を進めると、フローリングの床からわずかにぎぃぎぃと軋みを上げた。
 すると部屋で起きていた彼女が振り向き眠そうな目を向けて言った。

「あ、おかえりー」

「ただいま、まだ……起きてたのか」

「うん、ちょっと夜泣きがね」

「今は……よく寝ているようだな。鈴羽ももう休め、疲れているのではないか?」

 今はすやすやと眠っている我が子を眺めながら声を抑えて言う。
 目線を鈴羽に戻すと彼女はかすかに笑みを浮かべて言った。

「でも、もうちょっとしたらまた起きだしちゃうかもしれないし、見とかなきゃ」

 できるだけ、疲れを見せまいと精一杯笑っている、そんな気がした。

「すまないな、大変な時期に中々そばに居てやれなくて……」

 この子が生まれてからやがて1年──
 俺は大学で、いまだ例の研究に没頭していた。そう、タイムトラベル研究だ。
 けれど目的は違う。興味本位で研究していたあの頃とは全く違っていた。

「まったくだよー。大事な我が子と妻を置き去りにして毎日研究研究。この子が大きくなったらうんと羽伸ばさせてもらわないとね!」

 頬をふくらませながらもおどけたような口調で責める。冗談交じりなのだが本気の部分も多少ありそうだ。

「ああ、その時はこの俺が最高のもてなしをしてやろう」

「期待してるよ」

 とその時──
 あううう、と口を歪ませながら、次の瞬間にはその声が甲高い泣き声へと変えていた。



277: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 17:52:18.22 ID:DxMxfMiOo

「う、うおお……起こしてしまったか……?」

 おそるおそる尋ねる。まずいことをしてしまった。

「ううん、いつもこんな感じだから。はーい、母さんだよー、よしよーし」

 火が付いたように泣き続ける我が子を抱きかかえながらなだめる鈴羽。
 その様子はかなり手馴れていた。1年という長い時間が母として成長させたのだろう。

「おしっこかなー? おっぱいかなー?」

 その姿を眺めながら俺の心の中では申し訳ない気持ちが張り裂けそうに膨れ上がっていた。
 赤ん坊のことは鈴羽に任せっきりでほとんどなんの手助けもしてやれない。講義やゼミにもほとんど力を入れられず学生からはもはや呆れとも言える声が届いているようだ。タイムトラベル研究に関しても全くと言っていいほど成果は得られていない。
 全てが中途半端だ。
 何か俺にできることはないのか?
 紅莉栖の言うように、大人しく鈴羽のそばにいて支えになってやるのが一番ではないのか?
 くそ、だめだな。また考えが堂々巡りになっている。

「どしたの? 疲れてる?」

「え?」

 いつの間にか深く考え込んでしまっていたようで、鈴羽が顔を覗き込むようにしてこちらを見上げていた。

「あ、ああ……。まあ、少し寝不足なだけだ」

「へへ、じゃあお互い様だね」

 そういって屈託のない笑顔を向ける。あくまで疲れは見せない。その表情を見て俺はまた、深く考えこむ。
 俺に一体、何ができるというのだ?



278: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 17:53:07.13 ID:DxMxfMiOo

 翌日、大学の研究室にて。

「───教授!」

「──助教授!」

「宮野助教授!」

 はっ!

「お、おお?」

 気づけば名前を呼ばれていた。最近はこうしてぼんやりすることが多い。

「まったく、しっかりして頂きたいものですな」

 偉ぶった口調で俺を戒めるのは牧瀬章一。後ドクター中鉢である。

「で──なんの話だった……か」

 ううむ、全く覚えていない。というか知覚すらしていない。



279: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 17:55:29.81 ID:DxMxfMiOo

「僕らもそろそろ卒業です。このひねくれ者にどこか良い企業を紹介してくだされば、と思って──」と幸高が話すが、それを遮って章一がまくし立てる。

「ええい! 私はどこの組織にも属さん! 個人でタイムマシン研究を行っていくと言ったであろう!」

「そんなこと言ったって1人じゃ限界があるだろ。資金の問題だってある。一般企業に入って知識や技術を蓄えるのも手だ」

「ふん、社会の歯車になることなど選ぶものか。それにタイムトラベルを研究している企業などありはせんだろう!」

「そりゃあ、そうだけど……」

「そうら言ったことか!」

「だがこのままだと無職のままだぞ?」

「う、うるさい!」

 世は1989年になって早一月が過ぎた。後2ヶ月もすると卒業の彼らである。章一のように進路が決まっていない方が珍しいだろう。
 今や日本はバブル景気に差し掛かっている。
 景気はうなぎのぼり、日本中がその熱に浮かれ、昼夜問わず騒ぎ立てた時代だ。
 後1年もしないうちに日経平均株価は最高値をマークするだろう。そしてそれがずっと続くと人々は夢見ている。
 もっとも、90年代前半でその夢も泡と消えるのだが。
 そんな上向きの景気もあってか、企業は人材を確保しようと必死だった。1人の学生に何社も内定が出るのは当たり前で、企業説明会にいけば一万円支給だの、研修と称して国内はもちろん、海外旅行にも連れて行った時代だ。
 無論、この時期まで就職先が決まっていない学生でも、企業の受け入れ体制は万全だ。それを見越してぎりぎりまで決めずにいる学生すら居る。
 だから彼のようにあえて卒業後の就職先を決めようとしない学生はほんの一握りなのである。
 それもそのはずだ。
 彼のやりたい仕事とは、タイムマシン研究なのだから。そんなことを公にやっている企業などあるはずがない。



280: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 17:56:18.84 ID:DxMxfMiOo

「それより、そういうお前はどうなのだ、幸高!」

 そういって指を幸高の方に向け、攻め立てる章一。

「僕かい? 僕はもう決めているよ」

「な、なにっ!?」

 意外、というほどでもないが、これまで志を同じくしてタイムトラベル研究を行ってきた彼はあっさりと進路先を決めていたようである。どういう道を選んだのかが気になって尋ねてみた。

「幸高はどうするのだ?」

「会社を起こそうと思っています」

 さらりと言ってのける。口ぶりに反して内容は随分と挑戦的である。

「ほう……」

「な、起業だと? 学生の分際で!」

「お前だって学生じゃないか」

「で、何をするつもりなのだ?」

 起業、と一言で言っても事業内容なしには語れない。



281: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 17:58:50.41 ID:DxMxfMiOo

「まだはっきりとは決まっていないんですが、いずれは東京の都市開発に携われるような大きな会社にしたいですね」

「ずいぶんとまた、漠然としている上に、敷居が高いな……」

「ええ、それだけにやりがいもきっとあると思います。軌道に乗るまでは秋葉で細々と電子部品や企業向けOA機器などを扱って販売しようかと……」

 まあきっと抜かりのない彼のことだから、ちゃんと達成するだろうが。
 現に2010年においては秋葉の都市開発に深く関係していたはずだ。
 だがそんな幸高に対して、章一は憤慨といった様子だ。

「く、貴様1人だけ抜け駆けなど許さんぞ幸高! 貴様と私は一蓮托生なのだからな!」

「抜け駆けなんてするつもりはないさ」

「タイムマシン研究はどうする! 会社運営などに現を抜かしておっては研究がおろそかになるではないか!」

 友人に先を行かれたことがよっぽど気に食わなかったのか、顔を真赤にして怒鳴り立てる章一。いくら説得しようと、幸高は考えを覆さないだろう。それは歴史からも明らか。

「僕にもともと研究者としての才能は備わってなかったみたいだよ。正直、2人の話についていくのがやっとだ。自ら理論を創造なんて向いていないんだろうね」

 深くため息をつきながら弱音を吐く幸高、彼にしては珍しい口ぶりだ。

「貴様……諦めるというのか!」

 章一が立ち上がって大声で責め立てると、それにたじろぐ様子も見せずに幸高は言った。

「だから、研究は章一に任せる。僕は資金面でサポートをするつもりさ」

「な!? 幸高、お前……」

 途端に章一の顔色が変わる。今までの怒りが雲散していくようだ。



282: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 17:59:46.80 ID:DxMxfMiOo

「不満かい?」

「ふ、不満などはありはしない……。資金提供についてはありがたく受けよう……がしかし、金で夢を買おうなどという魂胆は賞賛するには値しない……な」

「また始まったよ。素直になればいいのに。これもビジネスさ」

「うるさい! 金で夢を買うなど、ロマンのかけらもないといっているのだ!」

「失敬な、ビジネスも夢とロマンに溢れているんだぞ?」

 夢──か。
 俺にはこの2人が輝いて見えた。
 ただ未来に向かって夢を見て、それを実現させようとひたすら前を見て歩いている。
 俺はどうだろうか。
 前は向いているかもしれない。
 しかしそこから一歩踏み出すことをまだ恐れているんじゃないか?
 どの道が正しい未来へと続いているか、分からず、ただ足踏みをしている状態なんじゃないか?



283: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:02:46.54 ID:DxMxfMiOo

「宮野助教授? どうされたんです?」

 章一が俺の変化に気づいたようで訊いてきた。俺は素直な気持ちを伝えた。

「いやなに、少々2人がうらやましくなって、な……」

 すると2人は顔を見合わせて、やがて幸高が言った。

「何を言っているんです。僕ら2人とも、あなたが羨ましくて自分の道を選んだんですよ」

「え?」

「自分のやりたいことだけを見つめていて、それに夢中になっている。そんなあなたの姿に惹かれたんです。って少しクサいですかね、はは」

「俺の……やりたいこと……」

 それはタイムマシン研究のことだ。
 もちろん、大学に研究者として雇われている上、多少はやらねばいけないことに専念しなくてはいけない時もあった。
 けれども、タイムマシンという2人にとって夢あふれる研究に周りの目を気にとめずに打ち込む俺の姿が──やりたいことをやっている姿がきっと彼らにとっては輝いて見えたのだろう。
 今の2人のように──
 俺はふっと鼻を鳴らして笑った。
 どうやら俺は大学の研究以上に、2人に色々と残してやれたようだ。

「宮野助教授?」

 俺は色々な人に助けられている。
 紅莉栖は絶望の中で希望を見出すためにもがくという手段を見せてくれた。
 椎名さんは俺に、自分のために一生懸命になれ、と言ってくれた。
 鈴羽は俺に安らかな時間と、守りたいものを与えてくれた。
 そして今、一回りも年下の2人の学生にも教えられた。
 やりたいことを、すればいい。抱いてきた夢を追えばいい──と。



284: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:03:52.60 ID:DxMxfMiOo

「くくっ……」

「ちょっとクサすぎましたかね……」

「いやなに、久々にハマった気分になってな。ここまで気分爽快なのは久々だ」

 俺は心のなかで言った。
 ああ、そうだとも。この俺は狂気のマッドサイエンティスト!
 まゆり、お前はどこにもいかせない。この俺の人質なのだからな。
 我が助手を勝手に世界に殺されるようではマッドサイエンティストの名が泣く。
 鳳凰院凶真の貴重な遺伝子を継ぐ存在は、世界に残していかねばならん。
 そして──
 未来は300人委員会などという一部の特権階級の支配されるなど、もってのほか!
 この俺が──この俺こそが変革をもたらすのだ。
 独善的と言われようとも構わん!
 必ずやタイムマシンを完成させ、自らの望む世界を作り上げてみせよう!

「フハハハ!」

「宮野助教授!?」

「何か悪いものでも食べたんでしょうか……」

「くくっ、33にもなって何をやっているんだろうな、俺は!」

「自分の世界に入ってるな」

「ああ……」

 学生2人は俺を訝しげな目で見つめて何か言っている。だがそんなことは関係ない。
 体に力がみなぎってくる。歯車がカチッと噛み合った気分だ。



285: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:06:06.57 ID:DxMxfMiOo

「秋葉幸高ぁっ!」

「は、はい!」

「貴様の起業、この俺がサポートしてやる!」

「え? 本当ですか?」

「無論だ! 時の支配者であるこの俺の助言を聞き入れれば貴様の会社は、これから没落していく日本企業の中で繁栄をしていくだろう! まずは俺が所有する土地のいくつかを管理を任せよう」

「そして牧瀬章一ぃっ!」

「むむっ!」

「貴様には、この俺に付き合ってもらう、嫌だと言ってもな!」

「そ、それではタイムマシン──」

「そうだ!」

 俺が食い気味に叫ぶと章一の顔がぱぁと明るくなる。

「近い将来、人間の経済活動は遮断され、科学技術も一部の特権階級のものたちに独占される日が来る!」

「やっ、やはり連中は企んでいるわけですね!」

「その通り!」

「やれやれ、また始まったよ……」

 そんな俺達を見て幸高が半ば呆れ混じりの様子で肩をすくめた。でも不思議と不快なものが混じった様子はなく、むしろ晴々しい思いを顔に浮かべていた。

「表面上は平和そのものだが、人々の生活レベルは極限まで落とされ、世界人間牧場計画が遂行されるのだっ!」

「耳にしたことのない陰謀ですな……。しかし許しがたい計画だ!」

「そう、未来を統べるのは我々だからだ!」

「仰るとおりです! この我らこそがっ──」

「フゥーハハハハ!!」

「…………っ」

 俺の高らかな笑い声に遮られて章一が口をぱくぱくさせている。

「やっぱり、何かタガが外れちゃったみたいだよ章一」

「うぬぬ、こんな助教授は久々だ……実に鬱陶しい……だが──」

「この方が、らしいな」

 この後、高笑いを続ける俺に大学の職員が苦情を言いに来たのは内緒の話である。



286: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:08:25.71 ID:DxMxfMiOo

 その夜、家に帰ると我が子を抱きかかえた鈴羽が玄関まで迎えてくれた。ぱたぱたとスリッパを鳴らして弾むような歩調で近づいてくる。

「おっかえりー」

「ただいま帰宅した。鈴羽よ。首尾はどうだ」

「守備? 攻撃なんてされてないよ?」

「その守備ではないわ! 様子はどうだ、と聞いているのだ!」

 と、抱えられた我が子をちらり。よく眠っているようだ。目をつむって穏やかな様子で寝入っている。

「ああ、今日はよく寝てるよー、すっごくお利口」

「ふ、なにせこの俺の血を引いているからな。すでにマッドサイエンティストのとしての素質に目覚めている」

「あっはは、眠ってるけどね」

 鈴羽のそのにこやかに笑う様子はいつもより明るい印象を受けた。俺はさりげなく尋ねてみる。

「何か嬉しいことでもあったのか? 顔ににじみ出ているぞ?」

「えへへ、ちょっとねーっていうか君こそ、なんかご機嫌じゃない? なんかあった?」

 狂気のオーラが溢れ出ていたのだろうか。逆に質問されてしまった。

「うむ……。って質問に質問で返すなっ。爆殺されても知らんぞ」

「ええー? それはやだなー」

 眉間に皺を寄せる鈴羽。基本的に鈴羽はこういった冗談が通じない天然だ。もっとも怒らせると俺以上の狂気のオーラをまとうので迂闊にいじることができない。
 だが長い付き合いの末、どこまでならいけるかといった許容範囲を把握することができていた。



287: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:09:50.66 ID:DxMxfMiOo

「大方、この俺の帰宅が早くて嬉しいのだろう、うんうん。その素直に感情を表せるところは賛辞の言葉を送ってもいい──」

「そうじゃなくてー」

ガクッ

 おのれ、この俺の華麗なジョークをスルーしおって。

「なんとー、紅莉栖が近々日本に拠点を移すんだってー」

「なにっ? 助手が?」

「前から思ってたけど、その助手ってなんなの? 所属研究所は別だから、助手でもなんでもないじゃん」

「奴は生まれる前からこの俺の助手なのだっ」

「ふーん」

「で、本当なのか? 日本に帰ってくるというのは……」

「嘘言ってどーすんのさー」

「そ、そうか……。研究の成果が、出た……のか?」

「なんの研究してんの? あたしが聞いても難しくてよくわかんないんだよねー」

「え? あ、ああ……いや、俺も詳しくは知らない……。脳科学者だからな、奴は。大方人の頭を開いて直に脳をいじくり回しているんだろう」

「うげー……っていうかこの子の前で変なこと言わないでよー」

「寝ているだろうがっ! っていうか、まだ言葉わからんだろっ! そもそもお前が聞いたんではないか!」

「あーはいはい、パパはこわいでちゅねー」

 寝ている赤ん坊にそうささやくと、鈴羽は部屋の奥へと行ってしまった。

「お、おのれ……この俺に牙を剥くとは……」

 だがこの感じは悪くない。久々に心が踊っている。
 さて、クリスティーナはどんな研究結果を持ってくるのだろうか。
 それはある意味楽しみであり、恐くもあり、いい刺激だった。



288: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:11:23.71 ID:DxMxfMiOo

 数日後、クリスティーナが大きな荷物を持って俺達の自宅を訪ねてきた。
 移住先はまだ決めておらず、しばらくは御茶ノ水のホテル住まいになるそうだ。

「ふー、やっぱり日本は人が多いわねー。どこ行っても人、人、人の波」

「日本へおかえりー、紅莉栖」

 お盆に3つの湯のみを乗せてやってきた鈴羽は、言いながらその1つを紅莉栖の目の前に置いた。
 差し出された湯のみを両手で持つと、紅莉栖は音を立ててお茶をすすった。

「サンクス、はー。熱いお茶が喉に染みるわー」

「ふん。いきなりババ臭いことを」

「なっ、べ、別にいいじゃない!」

「鈴羽、俺はドクペをもらおう」

「そんな甘いモノばっか飲んでると糖尿病になるよー? はい、君もお茶で我慢我慢」

 そっと差し出されるお茶の入った湯のみ。茶柱が立っている。
 じゃなくて。

「なっ!? この俺に知的飲料を我慢しろと? 糖尿病? 望むところだ!」

「いやいや、望むなよ……」

「だめだめ。君ももう30代なんだから、少しは健康に気を使いなよ」

「健康を気遣うマッドサイエンティストがどこにいる──」

「ねえねえそれより、顔見せてよ。マッドサイエンティストの子孫」

 と俺の話を遮って紅莉栖が切り出してくる。テーブルに肘をつきながら得意げな顔をしている。



289: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:12:31.31 ID:DxMxfMiOo

「ふっ、ついにこの俺をマッドサイエンティストと認めたか」

「皮肉で言ったんだが……」

 呆れ顔に変化させた紅莉栖の言葉を無視して俺は大げさに手をかざしながら言う。

「でぇはっ、ついてくるがいい!」

「もう、そんな大声出すとまた起きちゃうよー?」

 鈴羽に諌められながらも俺は、寝室へと助手を連れて行く。
 木製のベビーベッドに寝かされている我が子を取り囲むように覗きこむ3人。
 その姿を見るなり紅莉栖は感嘆の声を上げながらまじまじと見つめた。

「へ~! かわいいじゃない。ふふ、よく眠ってる」

「今はね。でも夜中になると夜泣きが酷くてねー。お陰で寝不足だよ」

「まあ、赤ん坊だから、仕方ないわよね」と、微笑みながら紅莉栖が言う。

「そそ、いきなり火が付いたように泣き出しちゃうからねー、困ったもんだよー」

「お母さんにかまってほしいのね」

「あはは、そうなのかな?」



290: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:14:18.84 ID:DxMxfMiOo

「さすが我がマッドサイエンティストの血を引く者だ。生まれたてにして人を混乱に陥れるとは、将来に期待せざるを得ないな」

「だとするとあんたもお母さん──つまるところ鈴羽に甘えたいってっていうことになるわけだが」

 ジト目でほくそ笑みながら言う紅莉栖。

「なっ!」

 そんな紅莉栖の言葉に鈴羽が反応する。

「そうそう、たまーに甘えん坊になるんだよねー」

「お、おい! 何を言っている! 口を慎め!」

「ちょっとー、大声出すと起きちゃうってばー」

「うっ……」

 つい声を荒らげてしまう。冬だというのに顔のあたりが妙にほかほかと熱い。
 だがそんな恥ずかしさもこいつの妙な一言で冷静になる。

「うわー、壮大なのろけを聞いてしまったー。リア充爆発しろ」

 あいも変わらず@ちゃん用語を使い続けていた。恐らくは魂レベルにまで刻まれているのだろう。



291: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:15:36.59 ID:DxMxfMiOo

「後10年もしたらあの掲示板も開設される。それまでそのような発言は控えるのだな。我が子の発育にもよくない」

「う、うっさい!」

 と紅莉栖が顔を真赤にして大声をあげたその時。
 その声に反応して起きてしまったようで、赤ん坊の泣き声が部屋中に鳴り響いた。

「わ、これは強烈ね……」

「く、それみたことか……」

「あんたが焚き付けたようなもんじゃない」

「俺は貴様の@ちゃん語を差し控えるようにだな!」

「あーはいはい、もうやめやめ。はーい、母さんはここにいるよー」

 そう言って鈴羽は赤ん坊を抱き上げ、ゆりかごのように揺らしていく。
 すると不思議なもので、悲鳴のように続いていた泣き声が徐々に止んでいった。
 相変わらず魔法のようだ。



292: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:16:41.47 ID:DxMxfMiOo

「へー、すごい。もう立派に母親やってるのね」

「まあねー」

 そう言って鈴羽と言葉を交わす紅莉栖の眼差しは優しげであり、どこか淋しげでもあった。
 再び赤ん坊が眠りについた後、鈴羽は夕食の買い物があるから、と言って1人出かけていった。
 俺も一緒に着いて行くと提案したが、客人と赤ん坊を残すわけにはいかない、と言うわけで留守を任される。
 部屋には眠った赤ん坊、そして俺と紅莉栖が残された。
 俺たちは静かになった赤ん坊を一瞥すると互いにみやり、頷いて部屋を移した。
 互いにテーブルへ隔ててソファに腰を下ろし、紅莉栖が話を切り出すのを待つ。
 しかし、待てど暮らせど沈黙を続けたままの紅莉栖。俺はとうとうしびれを切らして尋ねた。

「で、進捗状況はどうなっている。日本に拠点を移すということは、ある程度研究の成果が出たのであろう?」

「…………」

 俺の問には答えず、紅莉栖は口をつぐんだままだ。

「おい、何か言ったらどうなのだ」

「端的にいうと……」

 追撃する俺に対し、少し食い気味に言うが、続きの言葉が出てこないようだ。
 俺は急かさず、じっと待った。



293: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:17:42.36 ID:DxMxfMiOo

「正直な話、研究は限界を迎えてきている」

 限界……。その言葉が意味することは、紅莉栖のしてきたことが無駄に終わるということ。
 つまり、まゆりを助けるための手段は確立されていないことを意味する。

「人々の意識の所在。魂の存在。2010年でもその存在が証明できないように、やっぱりなんの手がかりも掴めないまま。数年間費やせば、少しくらい解に近づけるかもって思ったんだけど……」

 紅莉栖は深くため息をつく。心底残念といった様子で続ける。

「ある仮説を立てて、それを元に実験と検証をしても、結局空振りに終わるだけだったわ。もう、お手上げ状態」

「そうか……ご苦労だった。」

 落胆の色を見せぬよう、できるだけ落ち着きを見せて言ってみせる。

「怒らないの?」

 以前の俺ならばここで激昂し、紅莉栖を責めていたかもしれない。
 もしくは絶望に似た感情が支配し、目の前が真っ暗になっていたかもしれない。

「ふっ、怒りに身を任せて何になるというのだ」

 俺は肩をすくめて、わざと尊大な態度で言い捨てた。



294: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:18:55.98 ID:DxMxfMiOo

「あんたも、変わったわね……。いや、あの頃に戻った、って言ったほうがいいか」

 世界線を変えるためにタイムマシン研究に尽力してきたとはいえ、紅莉栖の研究に期待をしていなかったわけではなかったから、今回の話を聞いて多少の気落ちはしている。
 がしかし──

「ふん、この俺鳳凰院凶真は諦めたりはしない。たとえ失敗しても不死鳥のように蘇るのだ」

 久々にこいつ相手に鳳凰院凶真を出してみた。
 もう違和感はない。

「それに、お前とて諦めたわけではあるまい? 日本に来たということは大方、この俺の力を借りに来たというところか。この俺のために身を粉にして働くというのであれば本当に助手にしてやらんでもないぞ?」

 こいつの頭脳があればタイムトラベル研究は今よりもずっと進むに違いない。俺は共同で研究するよう誘ってみた。

「残念だけど、日本に来たのはあんたに協力してタイムマシンを作り上げるためじゃないわ」

「なに?」

 思わず聞き返していた。
 ならばどうするというのだ?
 紅莉栖の研究が頓挫した今、タイムトラベル研究以外でに他に選択肢があるはずもない。
 だとすると俺に泣いて頼みこむのが嫌なのか? く、わがままでプライドの高いヤツめ。

「いやいや強がらなくても──」

「今の研究チームの研究員から、とある誘いがあったの」



295: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:21:19.14 ID:DxMxfMiOo

「とある、誘い?」

「その研究員はEMBIにも所属してるんだけど、そのEMBIの部門の1つが日本の企業にある研究を委託するっていう話があったみたいなの。そこで研究員として力を貸してくれないか、って」

「EMBI?」

 聞き慣れない単語が出てきて思わず聞き返す。口ぶりから察するにどこかの研究機関だろうか。

「EMBI──European Molecular Biology Instituteの略称で、日本語にすると欧州分子生物学研究所と訳されるドイツのハイデルベルクにある分子生物学の研究施設よ」

「ほう……? しかし、なぜ日本の企業に研究を委託など……」

「知っての通り、今の日本はバブル期まっただ中にある。それを見越して日本の企業に多額の資金を注入してもらって研究を推し進めようっていう腹積もりらしいわ。研究には、優秀な研究員と潤沢な資金、この2つが不可欠だから」

「確かに今の日本企業は、見込みの薄い研究にすら多額の投資するのに躊躇がないからな」

「むしろ税金対策としても優秀な手段なのよ、投資は」

 ううむ。金と権力が渦巻いてそうな話だ。



296: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:22:34.76 ID:DxMxfMiOo

「そういう理由で日本の企業に白羽の矢が立ったみたいだけど、研究自体は、EMBIの研究員がごっそり引きぬかれて引き継ぐらしいわ」

「つまり、拠点だけ移して潤沢な資金を得ようという魂胆か。黒い、実に黒いな、陰謀の臭がする」

「それだけじゃない。研究の内容というのが──」

 紅莉栖は大きく息を吸い、わずかに逡巡する。やがて口を開いたかと思ったら──

「──不老不死の実現なのよ」

「なっ……」

 紅莉栖の口からはおよそ信じられないような言葉が出てきた。

「不老不死……だと……?」

「と言っても、フィクションにあるような完全な不老不死じゃない。色々アプローチの仕方はあるみたいね」

「というと?」

「倫理的に問題は山積みだけれど、クローン技術」

「クローン……か」

「それと、仮死状態移行に基づく擬似的不老状態。擬似的タイムトラベルとも言えるわね」

「仮死状態……いわゆるコールドスリープ的なやつか」

「そう」



297: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:23:38.43 ID:DxMxfMiOo

 中々に荒唐無稽な話だ。
 しかし、不老不死よりもまだ実現可能性はありそうな気がする。
 実際にタイムマシンという、実現不可能と言われていた発明もした俺たちからすれば、幾分かマシな話かもしれない。
 事実、ドリーという羊が哺乳類での世界初の体細胞クローン体としてこの世に生まれるのもあと数年後に迫っている。

「受けるのか? その話……」

「今のところ、受けようと思っている……」

「そうか……。ならばまゆりを救うための手段については、今後俺1人で考えねばなるまい」

「え?」

「元々お前1人に押し付けるのもお門違いな話だったしな、今後はお前の好きなように研究するがいい」

 懐の広いところを見せる。やりたいように生きるのもまた、人生。
 それを咎めるようなことはしない。そう教えてくれた人がいるから。

「ストーップ!!」

「お、おお?」

 なぜかすごい形相で諌められる。

「私がいつそんな話をした?」



298: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:24:50.85 ID:DxMxfMiOo

「いつって……今回の誘いを受けるのであれば、今行っているお前が研究は中止になるのでは……」

 それはつまり、まゆりを助けることを諦めたことになる。
 タイムトラベル研究に手を貸さずに今回の話に乗るというのであれば、それはもはや紅莉栖はまゆり救出の選択について与しないことになる。

「私は諦めたつもりはない!」

「いや、しかし……」

「まゆりを救う可能性につながるから、この話をもってきたのよ!」

「助ける……可能性につながる……?」

「考えてみて。例えば、クローン技術に関して言うなら……」

「まさか……」

「倫理的に、そして人間的感情に委ねるなら、あまり言いたくはないけど……」

 俺は紅莉栖の言いたいことを察する。
 要はまゆりの生体細胞用いてクローン体を作り、擬似的にまゆりを生かすということ。
 だがそれは──あまりにも無慈悲ではないか……。
 結局オリジナルのまゆりは死ぬ。それは揺るぎない。

「だめだ! そんなことはできない!」



299: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:27:59.57 ID:DxMxfMiOo

「仮死状態に関して言えば……」

 仮死状態なら……。
 8月13日、襲いかかる運命の時間までにまゆりを仮死状態に移行させておき、しかるべき時が来た際、仮死状態を解く。
 そうすれば、まゆりはそれ以降も生き続けることができる。理屈で言うなら可能性はある。

「だが……そんな博打のようなこと……」

「でも、可能性が0というわけじゃない。だったら、その可能性に賭けてみるのも1つの手をよ」

「しかし……世界に死が約束されている以上、仮死状態から復帰せず、事実上の死を迎える可能性のほうが高い」

「それは私も考えた。でもね岡部……」

 紅莉栖はこちらをまっすぐ見据えて言う。

「たとえ0に近い可能性だとしても、0でない限りは切り捨てるべきではない。0でないのなら、その可能性に賭けて、足掻いて足掻いて、そして解を導き出すのよ」

 真摯な顔つきで俺を見つめるその表情は、いくら時間を積み重ねてもやはりあの頃のままで。
 根は真面目すぎるほど真面目で。実験大好きっ子で。
 そして、諦めの悪い、根っからの科学者だった。

「……分かっているさ。俺とて、諦めるわけにはいかんからな」

「それに、何がきっかけになって解が導かれるかわからないしね。ともかく、私も最後まで足掻いてみせるから」

「ああ……」

 そう互いに約束し、話は終わった。



300: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:31:52.55 ID:DxMxfMiOo

 1989年冬、タイムトラベルを敢行して実に14年もの歳月が流れていた。
 紅莉栖が不老不死の研究に掛かりっきりなってから約半年。
 たまに訪れる紅莉栖の話によると、どうやら研究はいくつかのセクションに分けられているらしい。最終的な全体の目標としては不老不死の実現であるが、そこから細かく分けて、アプローチの方法──つまりはクローン技術。コールドスリープ技術など──が枝分かれしていく。分かれた先で遺伝学、生物学、生物細胞学などそれぞれの分野の科学者が共同に研究を行うというわけだ。
 定期的に各セクションの研究の進捗具合も報告し合うこともあり、研究の情報共有はされているようだが、研究員がセクションを跨いで別のセクションに口出しすることは基本的にはないらしい。
 紅莉栖は脳科学の専門研究員としてとあるセクションに配属された。
 そのセクションとは、記憶及び意識のデジタルデータ化と、それに伴った専用ハードへの移植技術の研究である。
 簡単にいえば、人間の人格をまるごと専用のハード──例えば機械──にまるごと移植してしまおうという意図だ。老いることのない機械の体と脳を持っていればそれこそ不老であり、また、コピーが容易にできようになるのであれば、不死。文字通り不老不死である。
 まさにSFの世界だ。現時点での実現可能性は低いだろう。
 しかし、紅莉栖は元々2010年において、記憶のデータ化に成功している。
 意識もそれに追随するように、過去へと送られた。
 それはタイムリープマシンを使用したことのある俺からしてみれば明らか。
 その問題はすでにクリアされたも同然だ。
 後はハード面。入れ物の問題である。
 当然人間の脳は複雑で、記憶と意識がコピーされたからといって、正しく機能するとは限らない。それを入れる器も複雑になるだろう。
 やれやれ、研究は難航しそうだな……。
 しかし、EMBIは不老不死を本当に実現させたとして、どうするつもりだ?
 倫理的な問題は山ほどある。
 特にヒトのクローン技術においては、世界各国で倫理的な問題故に、後に規制する法案が整備され始める。この研究に手を付けた人間──誰だか知らないが──もそれが分からない訳ではないだろう。
 人の人格のデータ化にしてもそうだ。人格を機械に移すということは、機械に魂を与えることと同義。欧米では宗教観からか、そういった研究には否定的なところがあると聞いたことがある。
 逆に日本では昔から物にも魂が宿るとされてきた。故に日本で研究すれば問題をクリアできると?
 あまりにも短絡的な気もする。
 ともかく、EMBIの研究に関しては紅莉栖に任せるしかない。
 俺は世界線を変えるためのタイムトラベル研究を行うまでだ。



301: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:33:49.17 ID:DxMxfMiOo

 がちゃりという扉が閉まる音が静かな部屋の奥に消えていく。

「ふぅー……」

 自宅へ戻ると我が子を抱きかかえた鈴羽が出迎えてくれる。日に日に大きくなる我が子を見て思わず頬を緩める。

「おかえり、遅かったねー」

「ああ、ただいま。まあ、研究漬けだからな。しかし研究室にこもりっぱなしという紅莉栖よりはマシだ」

「紅莉栖は今日も泊まりなのかな? 大変だねえ」

 着ていた上着をハンガーにかけ、身軽な服へと着替えると俺はソファへと身を預けた。
 テレビのリモコンを操作し、電源を付ける。
 ブラウン管の中でレポーターが興奮した様子でしゃべっている。その次に映されたのは、壁。
 その壁が今人に埋め尽くされ、ドリルやツルハシで壊されている。

──ベルリンの壁。

 西ベルリンと東ベルリンを分かつ、東西冷戦の象徴でもある巨大な壁が28年の役目を終え、取り壊されようとしていた。
 この歴史的大事件を転換に、民主化の波が東ヨーロッパに波及する。
 東西冷戦の終結、そして共産主義の元祖であるソビエト連邦の解体……。

──1991年のソ連解体。

 鈴羽は言っていた。1991年は大分岐の年である──と。
 大分岐──仮定の話をするとして、1991年と2000年の大分岐で別の世界線がアクティブになったらどのような世界線になるのだろう。
 ソ連が解体されることがない世界線──
 2000年問題が実際に起こる世界線──
 想像もつかない。
 テレビに映るのは歓喜に満ち溢れる東ベルリンの市民。自由を勝ち取ったという喜びに溢れ、夢に見た壁の向こうへと足を運ぶ。
 自由な世界へと──
 2036年はSERNが作り上げたディストピア──管理社会だという。
 生活レベルは18世紀の共産主義のようなものだと、鈴羽──ジョン・タイター──は言っていた。
 鈴羽も壁の向こう側を夢見て、日々戦っていたんだろうか。
 俺はその鈴羽の夢を、想いを守ることが出来るだろうか。
 答えは分からない。だが今は、ただひたすら、やるしかないだろう。
 それが壁の向こうへと通じることを、ただ祈りつつ。



302: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:35:40.84 ID:DxMxfMiOo

 そして季節は流れていく。

 相変わらず紅莉栖の研究は一進一退といったところ。理論としてはもはや完成されているらしい。
 しかし、現代の技術力と2010年の技術力では大きな差があり、どうにもいかないようだ。
 正確に言えばハードの差らしい。
 そんな調子だからか、紅莉栖は別のセクションの研究にもちょくちょく関わっているようだ。
 定期的な情報共有の際、紅莉栖の助言により停滞していた研究が大きく進むということもあるという話である。
 リーダーの男は大いに喜んでいるようだが、他の研究員はどうも面白く無いらしい。
 まあ、それもそうだろう。自分が進めている研究に勝手に口出しされ、それをぽっとでの研究員が荒らしていくようなものだからな。
 そのせいもあり、紅莉栖は研究所内で少し孤立しているという話だ。
 


 今、俺は東京電機大学内の研究室にいた。一言で言えば俺の研究室である。卒業した章一と幸高がいた頃は賑やかなものであったが、最近は俺1人か、もしくはたまに章一が訪ねてくる程度でとても侘びしいものだった。
 ソファーに腰掛けて冷蔵庫から取り出したドクペを一口。そして前を見る。
 視界の先には紅莉栖がいた。
 先日、紅莉栖の方から話があると言われて研究室に招き入れたのであった。
 当の紅莉栖は、というと──どうも上の空と言った様子。研究所内で孤立しているのがよっぽど堪えているのだろうか。
 どうも気が強い割にデリケートなところがあるからな。
 狭い研究室内に2人、重苦しい雰囲気が漂う。
 そんな空気をばっさり切って捨てるために俺は仰々しい態度で言う。
 
「ふはは、どおーうした助手よ、そんな退屈そうな顔して! 今度はどこでランチをすまそうか、と考えあぐねていたのか!? 便所飯はお前のプライドが許さんだろうからな!」

「はぁ……」

 露骨にため息をつかれる。
 おのれ、せっかく元気づけようとしてやったのに。



303: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:37:36.22 ID:DxMxfMiOo

「岡部、あんた自分の研究が無駄なものだと言われたら、どう思う?」

「無駄……だと? いきなり何を言っている、そんなの……」

 例えるなら、俺がしているタイムトラベル研究は全く無駄、ということになる。それは許されないことだ。

「怒る……だろうな」

「今日、研究リーダーに連れられて別の研究施設に視察に行ってきたわ」

「別の……?」

「そう、管轄は一応、私が所属している企業と同じということになってはいる。けれど全く異質といっても良かった」

「何が言いたい……」

「じゃあ、はっきり言う。私……いや、私達の研究はただの隠れ蓑」

「隠れ蓑だと……? というと、EMBIの連中は不老不死など本気で実現させようとは思っていないということか?」

「…………」

 俺の質問に紅莉栖は答えない。だがやがて口を開いてにべも無く言った。

「私のどころか、今の研究所で進められてる皆の研究はある1つの目的を達するための、口実にすぎない」

「なん……だと……?」

「そのある1つの目的とは──」

 紅莉栖の口から発せられる言葉が段々と重々しいものに変わっていく。
 まるで一言一言に怨念を込めるかのように。



304: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:39:12.01 ID:DxMxfMiOo

「クローンや記憶のコピーと言った擬似的なものではなく、ヒトが老いず死ぬこともない。文字通りの、不老不死」

 なっ……。
 文字通りの……不老不死だと!?

「EMBIはそんな神に背くような技術を開発しようとしている」

「……そんなこと、可能なのか?」

「可能か不可能かじゃないわ。未知のものを認める勇気を持つのが科学者であり、それを実現させるのが科学よ」

「しかし、なぜ紅莉栖にそんな……」

「分からない。私の頭脳が認められたのかもしれないし、単に人手が足りなくなったのかもしれない」

 さらっと自慢。だがそんなことはどうでもいいという風に紅莉栖は吐き捨てる。

「すでに動物実験にまで進展してるわ。もっとも結果は酷いものだけれど」

「それって……まさか……」

「そう、倫理もクソもあったもんじゃない。動物愛護団体がとち狂ってテロでも起こしかねないような、酷い実験を繰り返している。正直、狂ってるわ」

「そんなに酷いのか……」

「前々から思っていたけど、やはりEMBIは普通の研究機関にしては行き過ぎている。倫理的にどうとかだけじゃなく、研究者をバカにするような仕打ち……。そしてそこまでしてひた隠しにする研究の内容……」

「つまり、裏に巨大な闇が渦巻いている可能性が……ある、と」

「陰謀論は好きじゃないけど、そう実感せざるを得ない」

「以前のお前ならば中二病乙、で片付けていただろうな」

「昔の話はいいわよ」



305: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:39:51.48 ID:DxMxfMiOo

「で、どうするのだ? 正義感に駆られ、告発でもしようというのか?」

「…………」

 突然押し黙る。その様子は今、紅莉栖の胸の中で葛藤が生じ、まさにちょうど決着がついたようだった。
 長い沈黙の後、やがて紅莉栖は言った。

「私は……研究に参加しようと思っている」

「なに……? 気は確かか?」

「安心して。知的好奇心を満たすためでもなく、富や名声を得るためじゃないから」

「ではなぜ……」

「意外に察しが悪いな? まぁ、詳しい研究内容を聞いてる私とあんたじゃ、認識が違って当然か」

 戸惑う俺をよそに紅莉栖がこちらを真っ直ぐ見て言った。

「オーケイ、じゃあ説明する」

 冷静な紅莉栖と違い俺の心臓は激しく脈打っている。



306: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:42:04.16 ID:DxMxfMiOo

「今までの私は、まゆりを救うために研究してきた。第一段階は魂の所存と、死の定義について。これは世界がどういうものを死と定義しているか、それを突き止めようとしていた。けれどそれは結局わからずじまい。だから最終的にはやはり、あんたが観測してきたまゆりの死、これを世界が与える死と仮定せざるを得ない」

「…………」

「第2段階は実際に、どう救うのか。世界が与える死は絶対。ならば抜け道をどう探すのか。そのために今の研究所に所属して、手段を確立しようとしていた。クローン技術、コールドスリープ、記憶と人格の移植──」

 今まさに紅莉栖が行っている研究のことだ。EMBIから日本の企業に委託された擬似的な不老不死の研究。その中でも紅莉栖は記憶と人格の機械への移植という部門を担当していた。

「第3段階、これからの話ね。つまり、その文字通りの不老不死の開発に携わり、2010年までに完成させる」

 紅莉栖は相変わらず淡々と続ける。俺は彼女が言わんとしていることが分かってしまっていた。

「そ、それはつまり……」

「そう、まゆりに不老不死にすることで、世界の死を回避する」

 とんでもないことを、さらりと言ってのけた。

「そんなことできるわけないだろう! たとえできたとしても世界が与える死は絶対だ!」

「なんでそう言い切れる?」



307: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:44:14.73 ID:DxMxfMiOo

「それは……俺は実際に見てきたからだ。まゆりは死んだ、実際に」

 そう、何度もだ。

「最初は銃に撃たれた。その次は車に轢かれた。電車に轢かれてばらばらになった! 病院に連れて行って検査してもらっても心臓麻痺で死んだ! SERNに連れて行かれてLHCが作ったブラックホールに突っ込まれてゼリーマンにもなった!!」

「落ち着いて」

「はぁっ……! はぁっ……!!」

 思わず息を荒らげる。心臓が跳ね上がるように脈動していた。
 あの当時のことを思い出すとやはり身が引き裂かれるように辛い。
 まゆりが死ぬのを何もできずにただ見ていることしかできなかったから。

「私達はなんのためにここまできた?」

「まゆりを……助けるため……」

「そう。このままただ手をこまねいているだけじゃ、何も変わらない。何かを変えるためにここにいるなら、あがいてみないと……」

「確かに……そうだが」

「もちろん、外傷や疾病による物理的細胞の破壊に対して不死身というのは生物学的にありえない話だわ。けれど、可能性としては0じゃない」

 0じゃないなら……少なくとも諦めるべきではない。こいつはそう言いたいのだろう。

「もちろん手を貸してなんて言わない。あんたはあんたの道を見つけてすでに歩き出しているから。あんたは世界線理論を完成させてちょうだい」

 そう言って紅莉栖は研究室から出て行った。



308: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:47:12.88 ID:DxMxfMiOo

 紅莉栖がEMBIの怪しい研究に与してから、数週間が経った。
 公にされておらず、他の研究を隠れ蓑に使うような研究でありながら、紅莉栖は怖気づくこと無く携わっていった。傍から見ればこの俺よりもマッドサイエンティストにふさわしいだけの行動力がヤツにはあった。
 
 一方俺はというと、自宅でソファにだらりと身体を預けて大きく息をついていた。

「はぁ……」

「どしたの、ため息なんてついて。研究、うまくいってないの? それとも会社?」

 鈴羽が心配した面持ちでこちらを見ながら言った。
 今、俺は大学の教授をしながら、秋葉幸高が経営する会社のブレーンとしても知恵を絞っていた。
 それが幸高との約束だったから。

「いやなに、前から進めていたプロジェクトの1つがうまくいっていなくてな。そちらを切り捨てて別のミッションを発令しようかと思い悩んでいるところだ。会社としては無論上手くやっている。給料も破格の待遇だろ?」

「そりゃ、助かってはいるけど。たまの休みの日にゆっくりしてるかと思ったら、ため息連発なんて、見てられないよー。ねー?」

 そういって抱きかかえた我が子の片手をそっと持ち上げながら微笑む。
 そんな2人の脳天気な空気に思わず笑みが溢れる。

「ふっ、まったく、いい気なものだな」

 それが照れくさくて少し尊大な態度を取りつつやれやれと肩をすくめてみた。

「そうそう、君はそうやって笑ってればいいんだって。大声で笑うのはなしね? この子が泣いちゃうから」

「くっ、おのれ。この狂気のマッドサイエンティストのアンデンティティを否定するとは……!」

「前々から思ってたけどそれなに? わけわかんないってー」



309: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:47:56.61 ID:DxMxfMiOo

「ならばもう一度説明しよう。この俺、狂気のマッドサイエンティスト鳳凰院凶真は世界の支配構造を塗り替えるための極秘作戦中である! ゆえに、他人に悟られぬよう1人ほくそ笑むのだ! 今日も愚かな支配者たちは間抜けにもこの俺を自由にさせすぎている、とな! 奴らの喉元を切り裂くミッションが今か今かと始動しようとしているのも関わらずだ! フゥー──」

「はいはい、わかったわかった」

「なにっ! きさまっ──」

「そこまでわかってるならさ、やってみれば?」

「なに……?」

「迷ってんでしょ? なんだかわかんないけどさ」

「迷い……だと?」

「さっき言ってたじゃん。今のプロジェクトやめて、新しいのがどーたらって」

「あ、ああ……そうだな。そうだった」



310: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:49:47.79 ID:DxMxfMiOo

 そう。俺は迷っていた。
 このままずっとタイムトラベル研究に没頭していてもいいのかと、問い続けていた。
 無論、自分にできることといえばタイムトラベル研究によって世界線を変えることだろう。
 今いるα世界線から跳躍し、αでもβでもない世界線へと辿り着くには世界の構造、及び世界線理論を完成させなくてはいけない。
 だがあまりにもリスクが大きいこと。そして理論の完成が難しいことはよく分かっていた。
 なぜなら世界の構造、アトラクターフィールド理論が提唱されるのはこのα世界線においてずっと未来の話だからだ。
 その事実を差し置いてこの俺が完成させることができるのだろうか。
 さらに言うのであればいかに理論を完成させたからといってαでもβでもないアトラクターフィールドレベルの大分岐を起こすほどの世界線変動を行えるかという問題がついてまわるのである。
 俺は前を向いて歩き続けてはいても、やはり心の何処かに迷いを抱えていたのだ。
 だからこそ、自分が今まで重ねてきた研究をばっさりと切り捨てて、新しい領域へと足を踏み入れていく紅莉栖が羨ましくもあった。
 俺も……今の研究──タイムマシンに関する研究──を一旦捨てて。
 紅莉栖のいるところまで──

「ええい、それでは俺がやつを追いかけるみたいではないか!! そんなの俺のプライドが許すわけ──」

 いやまてよ?

「そう、俺はこの世界の支配構造を塗り替える! ならば! 秘密裏に行われている神への挑戦とも言えるその研究を俺が打ち砕く──いや、ごっそり横取りしてやろうではないかフゥーハハハ!!」

 とその時おぎゃあおぎゃあと我が子の泣き声。
 どうやら俺の笑い声に呼応したようだ。うむ、実にマッドである。
 とかなんとか思っていたら。

「ちょっと、静かにして!」

「おわっ──ぐええ、うぇいうぇいうぇい!!」

 鈴羽に羽交い締めにされ頸動脈を閉められる。
 うぐぐ、マジで落ちる。というか死ぬ!



311: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:52:14.78 ID:DxMxfMiOo

 数日後俺はEMBIがひた隠しにする研究室におとずれていた。
 場所は詳しくは言えないが東京のどこか、とでも言っておこう。とどのつまり秘密ということだ。
 俺を研究者として招き入れることについて、紅莉栖がすでに話を付けてくれていた。
 異例の早さで大学教授まで上り詰めたという実績と、この東京において高騰している土地をいくつか所有する資産家だという話をしたら特別研究員として招き入れてくれたのであった。
 もっとも生物細胞学や生体分子工学は専門外ではあるが、紅莉栖はうまく話をしてくれていたようである。

「本当に大丈夫? あんたも危険な綱渡りをするわけだけども」

「危険はもとより承知のうえだ。なんのためにここまで来たと思っている? お前もこの前言っていただろう」

「そうね……」

 地上十数階建てのビルに備えられたその地下室は異様な空気に包まれていた。
 ひんやりとした室内はおおよそ学校の教室分といった広さであり、その中で数名の研究員が各自資料やデスク、コンピュータといった物とにらめっこしている。
 研究室自体からは音という音はせず、むしろ静謐な空間だった。
 その静けさが、研究室の扉の向こうからの異音を際立たせていた。
 その先からはきぃーきぃーや、きゅーいきゅーいといった身の毛もよだつような音がいくつも重なりあい、静かな轟音を形成していた。



312: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:53:23.88 ID:DxMxfMiOo

「この音は……実験動物か?」

 俺は小声で隣の紅莉栖に話しかける。
 そっけなく返事する紅莉栖。

「そう。何匹ものラットが日々肉を刻まれ、骨を削られ、血を抜かれているわ。用済みになった肉塊は無残に処理される。それに対する怒りといったところかしらね」

 紅莉栖は自身の両腕を抱き、機嫌が悪そうに言った。
 気のせいかその細い両腕がふるふると振動している気がした。
 怒り? それとも恐怖か。
 紅莉栖が室内の研究員たちに声をかけると、彼らは静かにこちらを向いた。
 その顔にはあまり生気は感じられない。青白く、やつれた印象を受ける。
 課題に追われて徹夜続きの学生──というよりは悪夢にうなされ眠れない日々を過ごす精神病患者と言った様子だ。
 待遇がよくないのか? それとも研究に没頭するあまり、健康を害しているのだろうか。
 紅莉栖が簡単に俺のことを紹介すると、俺の言葉を待つこともなく、各自それぞれのタスクへと戻っていった。
 これではさすがの紅莉栖も共同研究などできはしないのではないか?
 そう思ったが、どうやらすでにある程度重要なポジションを任されているようだ。



313: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:53:56.53 ID:DxMxfMiOo

「あんたも専攻ではないとはいえしっかりついてきなさいよ? 理解できなかったら文献を漁るなり努力を怠らないこと!」

「あ、ああ……」

「はい、じゃあこれ! 今日までにデータまとめておいて。大丈夫、単純作業だからあんたでもできるわ」

「くっ、助手の分際でこの俺に指図を──」

「分かったらさっさと作業に移る! いいかしら助手さん?」

「ぬがっ!」

 散々迷って行動したは良いが、助手としていいように使われる始末。
 この時から俺は──いや、俺たちは新たな研究に見を投じていくことになる。
 それはまさに、この身を研究に捧げたマッドサイエンティストのごとく。



314: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:57:08.47 ID:DxMxfMiOo

 人の体は無数の細胞によって構成されている。俺という存在も同様に無数の細胞から成る。そしてその細胞は日々生まれ変わっている。
 生まれ変わっては死に、生まれ変わっては死に──命と呼ばないまでも、命の源が入れ替わっている。
 人体を構成する細胞は、4,5年で生まれ変わるという話を聞いたことがあるだろうか。
 つまり、今俺を構成しているこの腕も足も、細胞レベルでみれば別のものだ。
 さらにいえば、分子レベルで考えた時、5年前の俺は今の俺とは別の存在であるとも言えるだろう。
 当然だ。人間は日々老いる。
 年月を積み重ねることにより確実に年を取り、体は衰え、臓器機能は低下していく。
 それが老化というものだ。
 老化の原因としては──諸説あるが──もっとも有力なものは、細胞分裂によるものだ。
 分裂する細胞にはそれぞれ、分裂できる限界の回数がある。これをヘイフリック限界と言う。
 ヘイフリック限界を迎えた細胞は細胞老化と呼ばれる状態になり、これ以上細胞分裂はしなくなる。つまりその細胞は寿命を迎えたということだ。
 この寿命がきた細胞はプログラム細胞死を迎え、他の細胞に取り込まれ、死ぬ。
 ではこのヘイフリック限界を決めている要素とは何か。
 それは染色体の末端部に付属するテロメアという小粒だ。
 細胞が分裂する時、このテロメアが短縮される。
 やがてテロメアが一定の長さより短くなると不可逆的に増殖をやめ、それ以上は分裂しなくなるのだ。それが細胞の寿命である。
 ならばこのテロメアが短くなるのを人為的に防ぎ、伸長することができれば老化を防ぐことができるかもしれない。
 事実、テロメラーゼと呼ばれる酵素によりテロメアが伸張されて、活性化及び細胞分裂の寿命の延命が認められている。
 だがこのテロメラーゼは生殖細胞、幹細胞、及びガン細胞においては強い活性が認められるものの、ヒトを構成する体細胞に対する効果は薄い。
 現段階の科学力では完全に老化を防ぐことは無理なのだ。
 しかし──このテロメラーゼ活性により、体細胞の寿命も延命させられるようになればどうか。
 老化の防止、不老。ひいては不死につながるのではないか。
 もっとも物理的破壊による不死を実現するという話になればそれこそSFや漫画の世界になるだろうが。



315: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 18:59:46.09 ID:DxMxfMiOo

 1991年12月。
 時代はバブル崩壊を迎え、ゆっくりと長い冬の時代が訪れようとしていた。
 身を刻むような寒さの風が人々を縮こませている。だがそれにさらされる人々の表情は明るい。
 すでに株や土地の値段高騰のピークは過ぎ景気後退期に入っていたが、それでもバブル時代のバラ色を忘れられず、再びそれが訪れると信じきっている顔だ。
 
 秘密の研究が始まって2年。研究に明け暮れる日々を送りながらも、進捗具合を一言で言えば、難航していた。
 2010年でも実現できていない技術を20年も前に完成させようとしているのだから当然だ。冷静になるまでもなく、考えれば分かる話だった。
 けれども何もせずにはいられない。
 いかに行動しようとも、少なくとも無為よりはマシである。
 だがこうもうまくいかないと苛立つ気持ちも湧いてくる。
 俺は吹き付ける風に急かされるように家路を急いだ。
 
 玄関に経つといつものように鈴羽が出迎えてくれる。3歳になる我が子も同様だ。すでに言葉を発するまでに成長した。そっと抱きかかえてやると歓喜の声が部屋に広がった。
 リビングのソファーに腰を埋め、テレビをつけると大々的なニュースが映る。
 つい目線が釘付けになった。

──ソ連崩壊。

 ゴルバチョフ大統領が辞任を発表し、全世界の共産主義政党をリードしたソ連共産党はついに廃止される。これを機に世界の構造は再び大きく変化していくだろう。
 俺がタイムトラベルしてから16年──歴史は史実通りに事を運んでいた。
 自分の手をまじまじと見つめてみる。
 浮き出た血管。ゴツゴツと隆起した骨。浅く刻まれたこれから増えていくであろう皺。
 世界も俺も、確実に年を積み重ねていた。



316: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 19:03:33.94 ID:DxMxfMiOo

「どうしたのさー。手なんか見つめちゃって」

「いやなに、遥か未来に思いを馳せていたのだ」

「何言っちゃってんのー? ほらほら、今日はクリスマスなんだから、もっとパーッと行こうよパーッと」

「そうだったな、今日は12月25日だった」

「ごほっ、ごほ……」

 鈴羽が咳をする。先ほどから頻度は少ないが何度か咳が出ていた。どうも調子が悪いようだ。

「風邪か? 熱はあるのか?」

「ううん、大丈夫。ちょっと咳が出るくらいだから──で、クリスマスプレゼントは?」

 しまった。忘れていた。

「す、すまん。明日用意しておく」

「えー? もう、また研究のことばーっか!」

 口をとがらせて拗ねる鈴羽。でも不思議と機嫌は悪くないようだ。

「あたしは用意したんだけどなー」

 目を細めてまとわりつくような視線を送りながらも笑みは絶やさず言う鈴羽。やはりどこかしらご機嫌な様子である。

「で、ではそれに見合ったものをプレゼントしよう」

「それは無理だと思うよ」

「な、なに? そんなに大層なものなのか!?」

 く、迂闊だった。



317: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 19:05:14.25 ID:DxMxfMiOo

「じゃあさ、プレゼントはいいからさ」

 そう言って鈴羽は自分のお腹を擦って我が子の方を見る。
 どこか遠い目をしながら照れたような笑いを浮かべている。
 
「ん……? いいのか?」

「うん。代わりに、この子の弟か妹の名前、考えといてよ」

「うむ、そのくらい容易い──」

 は? 弟? 妹?

「な、なんだと!?」

「3ヶ月位……かな?」

 少し照れながらはにかむ鈴羽。
 だがすぐに表情が変わる。

「ごほごほ……」

 また、咳をしている。風邪でも引いたのだろうか。少し不安に思いつつも俺は立ち上がって鈴羽を支える。

「大丈夫か? 今日は俺が夕食作るから、あまり無理をするな。大事な時期なのだからな」



318: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 19:06:00.34 ID:DxMxfMiOo

「もう、心配し過ぎだよー。ってかその優しさをいつも見せてくれればいいのにね」

 ぶーっと膨れる鈴羽。
 まさか再び俺たちに子どもができることになろうとは。
 狂気のマッドサイエンティストも日常に浸かりきってしまったものだ。

「ふっ、何を言う。これは優しさなどではない。狂気のマッドサイエンティストであるこの俺の子孫繁栄、一族繁栄のために貴様には生け贄になってもらわねばならんのだからな!」

「はいはい、わかったわかった」

「フハハ!」

 しかし、世界の支配構造を打ち砕くための極秘任務中だというのに。
 だが、目の前の歓喜に満ちた表情を見ていると不思議と胸が熱くなり、いっぱいになる。
 その胸の高鳴りが、この輝きを失わせてはいけないとより心に強く願う原動力となるのだ。
 俺は確かに幸せを噛み締めていた。

──そんな幸せが音を立てて崩れるとも知らずに──



319: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 19:08:15.99 ID:DxMxfMiOo

 ただの風邪にしてはいつまで経っても良くならない鈴羽の体調に不安を覚えた俺は、鈴羽を連れて病院へと赴いた。産婦人科ではなく、総合病院だ。
 鈴羽は平気だと言っていたが、無理矢理連れて行った。
 そこで重大な事実が発覚する。考えてもいなかったことだ。
 鈴羽を診断していた医者は俺も呼び出して話を聞くよう促したのだ。
 険しい医者の表情がより一層不安を駆り立て、俺の心臓は激しく脈打った。医者の声色は重篤患者に対するそれを想像させるようなものだった。
 診断結果は──

──原因不明の進行性多臓器不全。
 
 極めて珍しい病状のようで、医者も表情を固くしている。
 話によると、体内組織の一部が半固形状化していく症状のようだ。
 半固形状化──ゲル化。
 脳裏にかつての記憶が蘇り顔を歪めた。
 ゼリーマン──
 SERNの不完全なタイムトラベル研究の被験者が、ブラックホールの超重力によって体組織を破壊されできたのがゼリーマンである。
 不安と恐怖が胸を貫く。タイムマシンの影響なのだろうか。
 だとすると、俺や紅莉栖の体にも症状が出てきてもおかしくないとも思ったが医者はさらに驚くべき事実を俺たちに伝えた。
 鈴羽のお腹の中に宿った新しい命。その子の命は諦めた方がいい──と。
 医者としても、母子ともに助けたい気持ちはあるようだ。
 けれど症状的に例のない病気のため、治療法は不明確のままである。
 そんな状態で数カ月後に訪れる出産という大きな試練は母体に恐ろしく負担をかける。それが予想された故に医者は勧めたのだ。

──中絶することを。

 もちろん、治療法が確立すれば出産前に治る可能性もあるかもしれないが、現段階ではやはり可能性としては薄いようだ。
 それならば、時間が経ち母体にかかる負担が大きくなる前に楽になった方がいい、というのが医者に判断だったようだ。



320: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 19:10:13.16 ID:DxMxfMiOo

 
 今、自宅のリビングでは重苦しい雰囲気に包まれていた。
 俺と鈴羽は2人とも言葉を発しようとせず、押し黙ったままうつむき加減でテーブルに置かれたお茶を眺めている。
 沈黙を破ったのは、鈴羽。

「あはは、心配すること無いよ……。体力には自信あるし、きっと良くなるよ」

 バツが悪そうに頭をかいて眉尻の下がった笑顔でぼそっと呟いた。

「いつから……自覚していた?」

 俺は目を見て探るように問う。鈴羽はお茶を両の手にとり、ずずと音を立てて一口飲んだ後言った。

「おかしいな、と思い始めたのは半年くらいまえ……かな。少し体がだるいな、って……それからしばらくして少し呼吸が苦しくなったり、手が震えたり、ね」

 最後の言葉が発せられると同時に俺の目線は鈴羽の手に釘付けになった。大事に抱えるようにして手の中に収まっている湯のみが微かに震えているのがわかった。
 その震えが伝染するように俺の肩を震わせた。
 くそ、鈴羽が1人で苦しんでいたというのに、この俺は研究にかまけてそれに気づいてやることができなかった。俺は唇を噛み締めて言った。

「お前はどうしたい……」

「どうしたいって……」

 疑問をはっきり声にすることは憚れた。
 現実と向き合いたくない気持ちの表れなのかもしれない。

「…………」

「そりゃあ、産めることなら産みたいけど……」

 その先は言わなくても分かった。



321: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 19:11:26.45 ID:DxMxfMiOo

「お前はそれでいいのか。本当にそれでいいのか?」

 もう一度確かめるように尋ねる。愚問なのはわかりきっていることだ。

「……いいわけないじゃん」

 冷たく重たい口調で、ぼそっと言い捨てる。

「…………」

「でも、こんな体でどうしろっていうのさ。産むだけ産んであたしが死んだら、この子はどうなるの? 君にも苦労かけちゃうよ……」

「…………」

 何も言葉が見つからない。声をかけてやることができない。

「もう色んな考えが巡って頭パンクしそうだよ……それこそ脳みそゼリーになってんのってくらいぐちゃぐちゃだよ!」

 そう言って鈴羽は項垂れるようにして両腕をテーブルに押し付けた。ぽつぽつとテーブルの上に雫が1つ2つ、落ちては弾け、落ちては弾け、重苦しい室内を濡らしていく。
 俺はいたたまれなくなり、鈴羽の横に行って床に膝をつき、鈴羽の小さな肩を抱いた。
 そっと頭を手で包み、胸へと引き寄せる。鈴羽の震える体に呼応して俺の胸もかすかに揺れ動いた。



322: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 19:13:32.97 ID:DxMxfMiOo

「心配するな」

 胸の中で小さく震える鈴羽を感じていたら自然に言葉が出てきた。

「…………」

 嗚咽。声には出さないが、しゃくりあげるような声にならない声。必死にこらえながら肩を、いや、体を震わせている。
 それは体の慟哭とも言えるような、小さくも激しい揺れだった。

「俺が必ずお前を守る。お前がどんな選択をしようともだ。鈴羽だけじゃない。みんなみんな守ってやる」

「…………」

「そう、決めたんだ。だから安心して俺に任せるがいい」

 それはなんの根拠もない言葉。だが不思議と口にすることができた。
 少しでも安心させたくて。少しでも鈴羽を楽にしてあげたくて。
 鈴羽がぎゅっと俺の肩を掴むと、俺のシャツがクシャっと歪んだ。
 そして鈴羽はつぶやいた。

 結局鈴羽は──いや、俺たちはお腹の子を守ることに決めた。
 それが例え無謀だと分かっていても。
 その志が保たれることもなく、途中半ばで母親もろとも命が失われてしまうかもしれない。
 命の誕生と引き換えに母体が危険にさらされるかもしれない。
 だが、わずかな可能性と。新しい命の未来のために、俺たちは戦うことを決めた。
 その夜鈴羽は、恐らく一生分の涙を流したかもしれない。



323: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 19:15:08.52 ID:DxMxfMiOo

 ふわり、と白く大きなカーテンが波打つ。穏やかな風が病室内を駆けまわり、春の訪れを知らせてくれていた。
 窓の外では鮮やかな青を覆った白い雲がゆったりと流れている。
 俺の傍らではベッドに身を任せ静かに眠りこける鈴羽がいた。
 
──1992年春。

 お腹の子は順調だった。いや、順調すぎるくらいだった。
 病魔は新しく宿った命には影響を及ぼしていない。だが、病床に伏せる鈴羽の体を確実に蝕んでいった。
 表情や言葉にこそ出さないものの、診断結果には顕著に出てしまう。臓器機能は確実に低下し、内分泌系にも影響が出ている。
 ところが出産の際に強まるホルモンの成分などにはほとんど影響はなく、このままいけば無事に出産は可能だという。
 あくまで出産のみに関しては──の話ではあるが。
 走り回っていた風が鈴羽の頬を撫で、髪を揺らした。それと同時にまぶたがゆっくりと開かれ、覆われていた瞳がこちらを捉える。

「あ……おはよう。今日も、来てたんだね」

 寝ぼけ眼で目をこすりながら体を起こそうとする鈴羽。その動作は緩やかで弱々しい。震える両腕を伸展させやっとの思いという様子で上体を起こした。



324: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 19:18:25.02 ID:DxMxfMiOo

「君も来てたんだ、久し振りだね──紅莉栖」と鈴羽が付け加えた。

「寝てるとこ悪かったわね。起こしちゃったかしら」

 俺の隣に座っていた紅莉栖が静かに言った。

「ううん、大丈夫。ずっと眠ってたから、多分誰もいなくても起きてたと思うよ。それにしてもだらしないとこ見られちゃったなぁ、あはは……」

 屈託のない笑顔を向ける鈴羽。今日は調子がいいのだろうか。

「聞いた話によると最近はあんまり体調が芳しくないって思ってたけど、今日の状態を見る限りじゃ、そんなに心配しなくても大丈夫みたいね」

「わかるー? まだまだわっかいからねー! 病気なんかに負けてらんないよ!」

 そういって力こぶを作ってみせた。しかし、袖に覆われた二の腕は明らかに細くなっており、手首に至っては強く握れば折れそうなくらい、弱っていた。

「せっかく生まれるんだもんね……。健康に……丈夫に産んであげなきゃ……。こんなところで負けてらんないよ!」

「そうだな……」

「あ、そうだ。ちょっと紅莉栖と話したいことがあるんだ。だから2人にしてもらえるかな?」と鈴羽。

「む? それは構わんが……珍しいな」

「ちょうど良かった。私も鈴羽に話があるの」

 いい機会だ、といった様子で紅莉栖も切り出した。

「むむ、俺だけ仲間はずれというやつか……」

「ごめんね、久々だから。女同士の話ってやつ」

「そうそう。さ、男は退散すること。オーケイ?」

 そう言われると素直に引き下がるしか無い。少し内容が気になったが仕方なく時間を潰すことにした。



325: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 19:20:19.22 ID:DxMxfMiOo

 小一時間ほど売店やロビーをふらふらとうろついていると、俺に対して声が掛かった。振り向くとそこには紅莉栖がいた。俺は努めて自然に振る舞う。

「話とやらは……終わったのか?」

「ええ。他愛もない話をしたり、あんたの愚痴を言い合ったり、楽しかったわ」

「む……」

 それを俺に言うとは。

「女同士の世間話が1時間程度とは……少々あっさりしているな」

「眠っちゃったから、鈴羽。久々に話し続けて疲れちゃったみたい」

「お前と話しているのは疲れるからな」

「はぁ、もう。何かあるとすぐこう」

「調子が良いように見えたが……やっぱり悪いのか?」

「……鈴羽なら大丈夫よ。あんたが信じてあげなくて、誰が信じるのよ」

「ああ……そうだな……」

 こいつにしては論理性に欠ける発言。

「ともかく、今は研究の方はいいから、鈴羽の側にいてあげなさい。散々放ったらかしにしたんだから」

「……言われなくともそうするさ」

「そ、じゃあ頼んだわよ」

「ああ、そっちは任せる」

「オーキードーキー」

 会話の中身は気になったが、今は捨て置こう。そう心の中でつぶやき俺は再び鈴羽の病室に足を踏み入れた。
 先ほど起きていた時間がなかったことになったかのごとく、同じようにベッドの中で眠りこける鈴羽。
 すぅすぅと穏やかな寝息と裏腹に血色はよくない。

「鈴羽……」

 目の前の愛しい人を想い、俺はそっと額を撫でた。



326: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 19:21:33.57 ID:DxMxfMiOo

 3ヶ月後──
 夏の始まりとともに臨月を終え、出産予定日になった。
 医師や看護師たちが慌ただしく準備を進めている反面、鈴羽は落ち着いていた。
 俺はそんな鈴羽の手をそっと握った。汗にまみれ震えているが、力強く握り返す。まるで最後の力を振り絞るように。

「はぁっ……ふぅっ……」

 息が荒い。それでも眼差しに宿る光は力強く輝いていた。

「鈴羽……」

 俺は名前を呼ぶことしかできない。

「大丈夫、心配しないで。ちゃんと帰ってくるから……。元気な赤ちゃんと、一緒にさ。だから、待っててよ」

 鈴羽が笑って別れを告げると、次の瞬間手の力が抜けた。

「ああ……!」

 手が離れ、ストレッチャーに乗せられた鈴羽が徐々に遠くなる。やがて手術室へと消え、ゆっくりと扉がしまった。
 俺は4年前を思い出していた。だがあの時とは状況が違う。あの時も口がからからになるほどの緊張感と焦燥感に苛まれたが、今回はそれ以上に重々しかった。
 大丈夫なはずだ。医者も何とか出産の体力は残っていると言っていた。大丈夫だ! どうにかなる!
 そう呟きながら、永遠ともとれるような長い時間を過ごした。
 ふと気づけば隣に紅莉栖が座っていた。友の頑張りを見届けるためだろう。俺たちは2人で祈りながら鈴羽の帰還を待った。



327: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 19:23:57.15 ID:DxMxfMiOo

 鈴羽は約束を違えること無く、元気な赤ん坊とともに帰ってきた。
 しかし、出産による負担は体に大きな傷跡を残したのであろう。
 日に日にバイタルは弱まっていき、ついには医者も匙を投げた。立つこともできなくなるほどの容体に医者は首を振った。もはや何もできることはない……と。

──余命宣告。

 覚悟はしていたことだ。この決断を下したときに、予想はしていたことだった。
 けれども実際に日々弱っていく鈴羽を見ているとやりきれない気持ちがこみ上げてくる。
 どうして彼女が苦しまなければいけないのか。なぜもっと猶予をくれないのか。せっかく出会えた新しい奇跡との時間がこんなにも短いなんて。

──そして第2子の出産後、しばらくして鈴羽は永い永い、とてつもなく永い眠りにつくこととなった。

 その光景を隣で俺と一緒に目の辺りしていた紅莉栖はやがて事が済むと俺の肩に手を当てて言った。

「これ、あんたに渡すように言われてた。こうなってしまったときに……ね」

 暗い室内で項垂れる俺に、紅莉栖が一枚の封筒を差し出した。俺は力なくそれを受け取ると中身を取り出して手紙を広げた。
 そこに綴られていたのは震える文字で書かれた二言。だがそのたった二言は俺の心に大きな衝撃をもたらした。

 あたしの人生は無意味なものじゃなかった
 ありがと──

 熱い想いが体中を駆け巡り、全身の水分が目に集中したかのように、俺は泣き続けた。
 その夜、俺もまた、一生分の涙を流し尽くしたかもしれない。



328: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 19:25:50.96 ID:DxMxfMiOo

 数日が経って。
 未だに別れの悲しみから立ち上がることのできない俺を責めるわけでもなく、慰めるわけでもなく、紅莉栖はただただ身の回りの世話や諸々の手続きをしてくれていた。
 俺の手の中にはまだ、彼女の残した手紙がある。ずっと握りしめていたその手紙は何年も経ったかのようにしわくちゃで、いくつもの染みができていて。
 もう彼女はここにいないんだ、そう実感させられる。
 俺は過去の記憶に思いを馳せていた。
 2010年──故障したタイムマシンの修理が終わり、まゆりの名推理によって導かれたダルと鈴羽の親子の絆。
 そしてその後手にした絶望が綴られた手紙の最後の文。

 ”こんな人生は無意味だった”

 震える手で書かれたとおぼしき不安定な文字。
 そして目の前の手紙には似ているようでまるで違う文。

 ”あたしの人生は無意味なものじゃなかった”

 同様に震える手で書かれたのであろう。懸命に手を動かし、一文字一文字綴っていく鈴羽を想像し、胸が痛くなる。
 だが鈴羽はちゃんとこの世に生まれた証を刻んだ。それも、2つもの。
 鈴羽の残した証を守っていかなければならないんだ。だからいつまでも落ち込んでいるわけにはいかない。
 果たさなければいけない約束だってある。
 未来を変えるという、約束が。
 だったらこんなところで立ち止まってはいけない。
 俺は立ち上がり、上着を羽織った。
 その時隣の部屋で赤ん坊の世話をしていた紅莉栖がいつの間にかこちらの部屋に来たいた。

「ちょっと、何してるの?」

「研究所に行く」



329: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/16(金) 19:28:44.80 ID:DxMxfMiOo

「は? なんで突然……」

「俺にはやるべきことが残っている」

「そうだけど……だとしても、もうちょっとくらい休んだって……」

「気持ちの整理を付けた訳じゃない。だが、やらねばならない。いや、そうしたいんだ……。鈴羽が残したものを守るためにも」

「やれやれ、もうちょっと時間がかかるかと思ったけど、案外立ち直りが早かったわね」

「だから協力してくれ。紅莉栖」

「初めてまともに名前を呼んだな……。って頼まれなくてもそうするつもりだけどね」

「…………感謝する」

「別に、あんたのためじゃない。頼まれたのよ。鈴羽に……」

「もしものことがあったら、子どもたちをお願い、って鈴羽の頼みじゃ断れないでしょ? あんたのことはついでよ、ついで」

「ついでだろうがなんだろうが構わん。俺は世界に抗い続けるまでだ。もうどこにも逃げない」

「立ち直ったみたいね……」

 そういって紅莉栖は淋しげな表情を浮かべた後、顔を引き締めた。
 そうだ。俺はこんなところで立ち止まっているわけにはいかない。猶予は刻一刻と迫っている。

──まゆりを助け。

──紅莉栖も死なせず。

──鈴羽との約束を果たすため。

 戦い続けるんだ。そのために1975年へと跳んだのだから。
 敵はあまりに巨大である。
 科学の権威が集まる研究機関。国家の枠組みを越えた謎の組織。そして、何物も抗うことのできぬ世界が下す運命。
 その全てに抗い、乗り越えるため、戦い続ける。
 本当の戦いはこれからだ。
 俺は決意を新たにし。
 再び歩き続ける。
 仲間のため。
 自分のため。
 いずれ再会する、愛しき人のために──


Chapter4 END



334: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 18:44:41.12 ID:63BRwyN0o

Chapter5



 1994年。鈴羽との別れから2年が経とうとしていた。
 周りの者にとっては、俺がその悲しみから逃れるように研究に没頭しているよう見えていたであろう。だが鈴羽のことを考えない日はなかった。
 鈴羽との約束を果たすため。
 鈴羽の残した証を守るため。
 そのために戦い続けるとこの胸に誓ったから。
 2人の子どもたちは順調に育ってきている。
 上の子は行動力があり、鈴羽に似ているようだ。いたずら好きの明るい性格。
 逆に下の子は年場も行かぬ割に落ち着きがあり、知性を感じさせる。俺に似たのだろうか。
 赤ん坊特有の夜泣きもほとんどせず、まったく手のかからない子だった。そのためか、赤ん坊の世話に慣れていない紅莉栖もだいぶ楽だったようだ。
 今2人の子どもの面倒は紅莉栖も見てくれている。鈴羽との約束だそうだ。俺だけに任せておけないということらしい。
 まぁ、鈴羽の心配も分かる話だが……。
 2人の子が後に論破が趣味の実験大好きっ子になってしまわないかどうか、将来を悲観せざるを得ない。
 そして今、俺と紅莉栖は婚姻関係にあった。
 別に鈴羽がいなくなって残された2人がくっついた、などというメロドラマのような話ではない。単に子どものためだ。
 幼い2人には父親だけでは不十分だろう。母親の愛が必要だ。不器用な女だが、それでも俺だけが愛情をそそぐよりも幾分かいいだろう。
 結局俺と紅莉栖は仮初の夫婦として2人を育てていくことにしていた。



335: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 18:46:33.14 ID:63BRwyN0o

 
 研究の方はというと、やはり深刻な状況と言わざるを得なかった。
 1994年、すでにバブル崩壊の煽りを受け、潤沢な研究資金を得ることは難しくなっていた。支援の数は減り、研究の規模は縮小されていく。
 我々はこの流れが一時的なものではなく、今後、失われた10年と呼ばれる不景気が継続していくことを知っていたから焦りがあった。
 焦燥感に煽られるように研究にのめり込み、やがて周りを顧みなくなるほどに没頭した。
 そのせいで俺はかろうじて大学に残っていた籍を失い、学会からも除籍されていた。
 今行っている研究を公にするわけにもいかないから、大学にも寄り付かず適当にまとめた仮初の研究報告書で実態をぼかすだけの毎日。
 それに加えて、大学の講義や研究発表もままならず、もはや研究者としてやるべきこともやれていない状況だったから連中の処遇も仕方ない。
 そんな中、所有する土地を売却して自ら研究資金を捻出する俺の姿は、他者から見ればまさに研究にとりつかれていたマッドサイエンティストと見られていたことだろう。

 だがおかげで得るものもあった。
 逆風にも負けず、生活の大半を研究に当てていた成果が──



336: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 18:48:30.72 ID:63BRwyN0o

 外界を覆う真っ白な壁に阻まれていて、厳重な警備が施された研究施設の裏手。
 高い壁が太陽の光を遮っていて日当たりは最悪だ。そんな白い壁と壁の間わずかな隙間。じめじめと湿気ており、滅多なことでは人が寄り付かないその場所に、根を張ったようにしゃがみ込む1人の女の背中があった。
 俺はその背中に向かって声を投げかけた。

「こんなところにいたのか。助手よ」

「…………」

 それに対する答えは返ってこない。
 まるでそこだけ時間が止まってしまったかのような錯覚に陥る。
 俺はゆっくりと紅莉栖の横から回り込む。じっと目をつぶって手を合わせる紅莉栖の姿と、彼女の前に積み上げられたいくつかの小石の上に、手のひらほどの瓦ような物が乗せられているのが目に入った。
 例えるなら亀の甲羅のような──
 その変わった構築物に目を奪われていると、やがて紅莉栖がゆっくりと立ち上がって言った。

「墓を建てて、祈っていたの」

「墓……? 動物たちのか……」

「そ。もっとも、遺体を中に埋葬してあげることはできないけど……」

 そういって紅莉栖はわずかに笑みを浮かべた。寂寥感が入り混じったような、かすかな笑顔。
 それにつられて思わず物悲しさを覚える。



337: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 18:49:58.13 ID:63BRwyN0o

「変わった形の墓だな。見たこともない」

 よく見ると亀の甲羅のように緩やかに曲がるその屋根が覆っている部分には空洞ができている。

「カーミナクーバカといって、沖縄に古くからある墓様式よ。あんたが知らないのも無理は無いわ」

「沖縄……? 知らなかったな、助手に沖縄と縁があるとは」

「以前、私の先輩から教わったのよ。亀の甲羅のような形から亀甲墓とも呼ばれてる。母親の胎内を模して作られたもので、人間が母の身体から生まれてやがて母の身体に帰っていく、っていう母体回帰の思想ね」

 そう言って紅莉栖は遠い目をした。何かを思い出すような表情で遠い空を見つめている。

「ねえ。私たちが進んでいる未来はちゃんとあの夏への扉に続いているのかな」

「いきなり何を言う。ポエムか?」

「そんなんじゃないわよ。ただ、こうやって数多の命を奪い続けていることに少しだけ迷いが生じてしまったのかもね」

「…………」

「大丈夫。迷っていてもきっとやり遂げるから」

「それはそうと、研究主任が俺たちを呼んでいたぞ。恐らくは例の実験結果についての考察とデータの要求だろう」

「分かった」



338: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 18:51:47.07 ID:63BRwyN0o

 実は先日、研究の完成を暗に示唆する反応が一匹の実験動物に見られたところだった。
 いや、完成というよりは、道筋を逸れた思わぬ反応ではあったが。
 事切れていたはずのラットにわずかな生体反応が見られたというのだ。
 度重なる実験にその命を削られ、やがて絶命したはずのラットが生きていた──いや、蘇ったというべきか。
 この事実はラボの一同を驚愕させ、そして実験の着地点を明るく照らしてくれた。
 セレンディピティという言葉を知っているか。
 それはある物を探している時に、全く別の物を探し当てるという能力だ。
 どうやら俺たちにはそれが備わっているらしい。電話レンジ(仮)の時同様、世紀の大発見とも言える境地に達したのだ。
 だが、まだまだ人体に効果を及ぼすのには時間がかかるだろう。
 発生条件や個体条件も未知のままだ。今まで以上に詳細なデータを取るために、数多の命が使われ、そして捨てられていくだろう。
 ラボの仲間たちは夢のようだと浮かれているが、過程を含めとても恐ろしいものだ。
 タイムマシン同様人間が足を踏み入れてはいけない領域。
 だが、願いを込めて完成させなければいけない。
 この禁忌の力を。



339: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 18:53:18.66 ID:63BRwyN0o

「ひょっとすると、とんでもないものを作ってるのかもしれないわね……私達」

 紅莉栖は自らの腕を抱きしめながらおそるおそる言った。

「もとより覚悟のうえだろう」

「分かってる、けれどまさかこんなことになるなんてね。今更ながら実感として湧いてきた。手を出している領域が自然の法則を逸脱した神をも冒涜する禁断の研究だっていうことに」

「それくらいの狂気でなければたどり着けないさ。俺たちが成そうとしているのはまさに、その神をも欺くための所業なのだから」

 俺は淡々と言う。恐怖や罪悪感が無いといえば嘘になる。

「はぁ、言ってることはただの厨二病なのに、当事者として聞いてると本当のことだから困る……」

 そういって紅莉栖はため息を付きながら肩をすくめた。

「北欧神話になぞらえるならば、お前はさながら死と老衰を司る女神ヘルといったところか。ラットたちにしてみればまさにヘル──地獄への呼び鈴を鳴らしてくる存在でもあろうがなフー──」

 そこで紅莉栖の突き刺さるような視線が体中を貫いた。
 こんなやりとりももはや慣れきってしまったものだった。



340: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 18:54:43.33 ID:63BRwyN0o

「なんだ、元気づけてやろうとしているのに」

「その横柄な態度が励ましと思ってるなら常識を疑うわ──って元からそうか」

 再び溜め息を漏らす紅莉栖。

「そう。常識などくそくらえだ。こんな非常識が蔓延している日常で常識などもはやなんの意味ももたない」

「はいはい、ワロスワロス」

「それに、俺たちは進むしかないんだ。それはお前も分かっているだろう?」

「…………そうね、もう後戻りはできないものね。でも万が一完成させてしまったら、恐らく人間社会のバランスは崩壊するわ。それこそ、SERNがタイムマシンを開発したとき同様に」

「そうだろうな、多くの人が望むような技術だ。様々な利権や思惑が交錯し、争いが起こるかもしれない」

「ラボの仲間は浮かれてるわ、夢のようだって。でも、さっき私が言ったように、とても恐ろしい力だと思うの」

「分かっているさ」

「本来、人間は時の流れには逆らえないもの。それを無理やり捻じ曲げようとすれば、人は罰を受ける」

 紅莉栖は伏し目がちに言った。

──時の流れに逆らえば罰を受ける。

 そう。
 かつての俺が、罰を受けたように。

「いずれにせよ、EMBIは信用するには不審な点が多すぎる。研究は続けるが、あくまで俺たちは俺たちの目的のため全力を尽くすまでだ。タイムマシンのように、一部の支配者層だけが独占するようなことにはさせない。ことが済んだら、こんな研究は破棄しよう。データだってそうだ」

「そうね。……わかった」

 こんな危険な研究が完成し広まったら、間違いなく世界のバランスは崩れるだろう。
 そんな事態に陥らないためにも、俺たちはこの力を覆い隠すことに決めた。
 あくまでまゆりを救うためだから。
 その願いが叶えばこんな力、いつでも捨ててやる。



341: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 18:56:34.63 ID:63BRwyN0o

──だが俺たちは自分がどれだけ甘いか気づいていなかった



 EMBI──欧州分子生物学研究所。
 European Molecular Biology Instituteと訳され、それぞれの頭文字を取ってEMBIと略される組織。
 本部はドイツのハイデルベルクにあり、イギリスを始め各地に研究施設を有する。
 そんな巨大な組織に対して認識が甘かったのだろう。もともと一介の大学教授や研究員が太刀打ち出来る相手ではなかったのだ。
 まず初めに違和感を覚えたのは自宅の物の配置だった。
 俺1人が住んでいる家ではないため、物などあちこちに動くはずだが、それにしてもどこかおかしい。
 最初は上の子のいたずらとでも思っていたのだが、どうも腑に落ちない。
 書斎の本の並びが微妙に違ったり、椅子の高さが異なっていたりと妙な気配を感じることが増えてきた。
 紅莉栖が入ったのかと思って尋ねたこともあったが、逆に紅莉栖からは私物を触ったか、とか部屋に勝手に入ったな、とか責められもした。当然俺はそんなことしていない。
 子どものいたずらにしたとしても、証拠というか、足あとが少なすぎる。
 まるで空き巣が入り込んで物を物色しているような、そんな奇妙な感覚に襲われた。
 それ以上に気になるのが、決定的証拠を残さないまでも、わずかな違和感程度の痕跡を残していくこと。
 まるで俺たちの情報を掴もうとしているのことを、あえて知らしめようとしているような。
 そう、例えるなら──

──あの時のメールのような。

 俺は2010年で送られてきた2通の脅迫メールのことを思い出していた。冷たい手で背中をなぞられるような、ぞくりとした感覚が襲い掛かる。

 『お前を見ているぞ』
 『お前は知りすぎた』

 もしや、SERNはすでに俺達の事を捕捉しているのではないか。いつか闇に紛れて俺たちに襲いかかってくるのではないか。
 そんな不安な思いを払拭しきれず、ただただ神経をすり減らして過ごす日々が続いた。



342: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 18:58:58.63 ID:63BRwyN0o

 都内某所──
 道を行き交う人々の流れから立ち止まって見上げると、薄汚れた看板に喫茶店の文字が爛れたように浮かび上がっている。
 ところどころ煤けたような汚れが目立っており、文字に至っては消えかかっているその状態が、手入れがされてないことを物語っていた。
 まさに昭和に取り残された喫茶店という表現が似合うボロさだった。
 俺は店内に入るとまず、目線だけ動かして辺りを見回した。からんころんとベルが鳴り続けている。店は当然のように閑散としていた。
 客は1人だけ。その客の姿を確認するとそいつの座る席へと腰を掛けて言った。

「これは随分とまた、テンプレな店を選んだな」

「悪い? 今流行のオシャレなカフェとかだと、人がたくさんいて話すに話せないでしょ?」

 紅莉栖はそういって口を尖らせながらコーヒーを啜った。
 遅れて店主と思しき老婆が緩慢な動作で出てきて、注文を聞いてくる。「同じ物を」と一言告げた。
 少しして、湯気を建てた真っ黒なコーヒーが運ばれてきて、店主は無愛想な顔をして再び奥へと引っ込んだ。

「よくあの態度で店が潰れないな」

「これから潰れるんじゃない? 今は貯めた貯金を食いつぶしてる時期なんでしょ」

「それも、そうか……」

 コーヒー一杯300円オーバー。かつての狂乱の時代ならともかく、懐が寒い今では普通のコーヒー一杯にそんな値段は出せまい。
 無論2010年の物価からすれば多少安い方ではあるが。
 それに加えてこの店内の小汚さと店員の愛想の無さである。寂れるのも納得がいった。
 それ故にこうして内密な話が出来るのだから時代というものに感謝せねばなるまい。



343: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 19:00:18.70 ID:63BRwyN0o

「そろそろ、なんらかの対応策を取らなきゃね……」

「…………」

 自宅への何者かの忍び込みは相変わらず続いていた。
 物を取られるだとか、壊されるといった直接的被害は今のところない。
 俺たちとしてもあまり大事にはしたくなかったし、侵入した証拠も見つけられないので警察には頼れなかった。
 監視カメラや盗聴器も試してみたが効果はなし。それでも周到に仕掛けられた俺たちだけに分かる侵入の痕跡は確実に俺たちを追い込んでいる。
 もはや限界だった。
 子供のこともあるしこのまま不安を抱えて暮らしてなどいけない。
 もとより平穏に暮らせるなどとは露ほども思っていなかったが、ここまで不安を駆り立てられ、得体のしれない恐怖に怯えさせられるとは予想していなかった。
 やはり認識が甘かったのだろう。

「目的は、やはりあの実験結果についてなのだろうか」

「可能性としてはありえるけど、断言してしまうのは危険よ」

 研究の転機を迎えることとなった先の実験結果──死亡したはずのラットが蘇った件についてだ。
 俺たちは意図的にデータを改ざんしていた。
 EMBI委託のあの研究施設で完成させてしまえば、やがて世間に公表されるか、あるいは一部の権力者に行き渡るであろう禁忌の力。
 そんなことさせないためにも俺たちはEMBIを出し抜き、自らの力で完成させようとしていたのだ。
 改ざんはうまく行ったと思っていた。
 事実、あれから実験は失敗の一途を辿っていた。いくら繰り返そうがあの状況を再現することはできなくなっていた。
 ラボの仲間たちは失敗の結果が出るたびに失望の念を禁じ得ないといった様子だったが、それでも完成に向けて浮かれているようでもあった。
 いつかはこの研究が実を結び、我々が世界を驚愕させるのだと、信じきったように。



344: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 19:01:00.43 ID:63BRwyN0o

「2人に危害が及ぶような状況にはしたくない。犯人の目的がはっきりとはしない以上大きく動くのは危険だ」

「それはもちろん分かってる。でももうそんなこと言ってられる状況じゃないわ」

「…………」

 そう、昨日のことだ。今までにない危険な状況が見られた。
 帰宅して赤ん坊を寝かせようとしたら、ベビーベッドの布団に血痕がついていたのだ。
 中央に1滴、飛沫した血痕のように真っ赤に丸を描いていた。
 まるで心臓をわしづかみにされたようなおぞましい感覚が襲ったのを覚えている。
 すぐさま一緒に連れて帰ってきた赤ん坊の体を調べるが特に外傷らしきものはなかった。
 上の子のいたずらも疑ってみたが子どもの仕業にしては度が過ぎる。やはり可能性としては薄かった。

 このままでは俺たち以外にも被害が広がる。
 そう判断した俺たちはこうして人目につかない場所で作戦を練っていたのだった。



345: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 19:02:44.08 ID:63BRwyN0o

「いずれにしても中途半端な策で犯人が諦めたりするとは思えない。ここまで徹底してきてるんだから、何かこう、大きな組織的陰謀の可能性を疑ってみるべきね……」

「ふっ、陰謀論とは。助手にしては珍しいな。陰謀論などくそくらえだと言っていたのにな」

「そんな冗談言ってる場合じゃないでしょ? まじめに考えなさいよ、まじめに」

 組織……機関……SERN……300人委員会。行き着くのは300人委員会の影。
 2036年においてSERNを影から操りディストピアを形成──世界を完全な管理社会としている。
 どうしても最終的には300人委員会の大きな存在を捨てきれない。

「一家4人で夜逃げでもするか……?」

「そう上手くいくかしらね……。これだけのことをやってくるなら、地獄の底まで追ってきそうだけど……」

「それはそうだが……」

 考えが浮かばない。正直、事が大きすぎて打開策が思い浮かばない。
 俺たち2人ならば身軽でどこへでも逃亡できそうだが、子どもも居るとなるとそうもいかない。
 逃げ果せるかどうかは別として、子ども2人にも負担がかかる生活を強いることとなる。
 拠点は何度も変わるかもしれない。その度に多大なストレスを抱えることとなるだろう。それでは何の意味もない。
 年端もいかぬ2人にそんな十字架を背負わせる訳にはいかない。

 寂れた喫茶店で、何時間ほどお互い向き合っていただろうか。
 傍から見れば家庭に深刻な問題を抱えた夫婦に見えたことだろう。
 悩み果てた末に俺たちは、すべてを捨てて2人の子どもの側から離れることを選んだ。
 ただ行方をくらますのではなく、死を偽装して。
 そうすれば研究とは無縁な2人に危害が及ぶことはないだろう。2人にとってそれが最善の策かどうかは分からない。が少なくとも、他の選択肢は見つからない。
 研究中の事故死を装い、どこか別の場所に身を隠すことにしたのだ。
 2人の身は誰か信用のおける人間──例えば秋葉幸高のような──に委ねたいが無理は言えない。
 ヘタに話してしまえば彼を巻き込むことになるし、加えて彼には既に一歳になる娘がいる。
 そう、秋葉留未穂──フェイリスである。
 彼らをこの運命に巻き込んでしまって危険に晒すわけにはいかない。
 恐らく何も話さずとも、俺と親交の深かった彼にも監視の目はいくかもしれない。
 しかし何も知らないと分かればきっと必要以上に関わることはないはずだ。迷惑がかかるかもしれないが許して欲しい。
 2人の子どもの処遇については、もはや流れに任せるしかあるまい。
 児童福祉施設か、あるいは特別養子縁組か。
 願わくば2人が離れること無く、穏やかに、幸せに暮らせることを強く懇望する。



346: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 19:04:20.56 ID:63BRwyN0o

 そして作戦決行の日──

 夜も更け、ひんやりと冷涼感漂う地下の研究所。
 天井からぶら下がったむき出しの照明器具が別れを惜しんでいるかのようにちかちかと明滅していた。
 動物たちも今は鳴りを潜めているようで、物音といえば空調機器から発せられる静かな唸り声だけ。

「これでこの研究所ともおさらばか。まさか数年入り浸ったこの場所を自らの手で──」

「はい、無駄口は謹んで。どこで誰が聞いているかわからないでしょ」

 感傷に浸る俺の言葉を遮って紅莉栖は言う。その尊大な態度とは裏腹に震えた自分の肩を抱いていた。怖いのだろう。
 それもそのはず。今から行うことは完全な犯罪行為。
 無論、戸籍を偽り神に欺くような研究を行うのも犯罪行為ではあるが、これから始まるのは完全なる破壊行為。目に見える破壊行動。
 それゆえ良心の呵責は半端ない。
 俺たち夫婦は現在、この研究室内で徹夜で研究中ということなっている。そんな中でこの研究所は破壊される。徹底的にだ。
 そして俺たちが行方不明になれば──
 警察をはじめ世間は死んだものとして見てくれるだろう。
 今回のようなケースで遺体が見つからないままであれば認定死亡される──つまり死んだとみなされるはずだ。
 資産に関しては1年が過ぎれば失踪宣告の要件が満たされるだろう。その後は秋葉幸高がその辺りの手続はしっかりやってくれるはずだ。何も心配する必要はない。



347: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 19:05:29.46 ID:63BRwyN0o

「さて、始めるとするか」

「ええ……」

 そういって俺たちは手はず通りに行動し始めた。
 筋書きはこうだ。
 俺たち2人が研究に没頭する中、研究所は原因不明の爆発によってその役目を終える。今まで築いてきたデータもろともだ。
 俺たちの遺体は発見されないが、この室内に痕跡はしっかり残すようしてある。つまり研究中に死んだように見せかける。
 さすがにこの規模の事故となれば警察の介入により研究は滞るだろう。メンバーにも聞き込みや取り調べが入るはずだ。
 俺たちは一時探される身になるかもしれないが、大々的に探されることはないだろう。
 研究所が300人委員会とつながっているならば、もみ消すことも考えられる。
 そして、原因不明の事故によって研究員2人死亡。そう報じられ、きっと風化していくに違いない。
 希望的観測だが、可能性は高い。
 後は流れに任せるままだ。
 研究を続け、まゆりを助ける手立てを確立し、時を待つ。
 そして完全無欠の解を目指して戦いぬくのだ。



348: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 19:06:47.82 ID:63BRwyN0o

 室内の至る所に仕掛けられた小型の爆弾や発炎機械を一瞥し、一息つく。

「後は抜け出すだけ……だな」

 そう言って変装用のウィッグやマスクを身につける。姿を確認されてしまえば元も子もないから。

「…………」

「怖いのか?」

「……まあね。怖くないと言ったら嘘になる。こんなことして、本当にいいのかって」

「信じよう。この先が俺たちの望む未来につながっていると信じて」

「…………」

「鈴羽が望んだ未来に、つながっていると、信じてな」

「鈴羽……」

 紅莉栖は目を閉じて何かを思案している。
 2人の絆はすでに強く硬いものになっていた。2010年で敵対していた頃では考えられないほどに。
 時の漂流者として結ばれた絆はそれほど強固なのだろう。
 紅莉栖はその親友の想いを背負って──

「わかってる。鈴羽のためにも私は──」

 俺たちは時空を歪めた咎人。
 そして今再び、罪人として2人歩いて行く。

「ああ──俺たちは共犯者となる」

 そして俺たちは数十分後には跡形も無いであろう研究所を背にして歩き出した。
 踏み入れるのは身を切り刻む茨が蔓延った獣道。
 その先は光明か、はたまた深淵か。



Chapter5 End



349: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 19:11:06.37 ID:63BRwyN0o

Intermission



 この5年間は研究に明け暮れてはいつつも、比較的ゆっくりと時間が流れていた気がする。
 時は1999年12月。
 世間がミレニアムだの、2000年問題だの騒ぎ立てているのに比べてこの私──牧瀬紅莉栖の生活は至ってのどかなものだった。
 私が1975年へとタイムトラベルして24年。もう私40代である。
 イギリスや東京で、何かに駆り立てられるように研究に明け暮れた激動の日々に比べれば、この青森の地ではるか昔に想いを馳せながら研究をするのは穏やかすぎたくらいだ。
 1994年、私と岡部が研究中の事故死を装いEMBIの目を欺いて逃亡した後、私達は再び上野の犯罪組織のニンベン師──キドさん──を訪ねていた。
 懐かしい顔が訪ねてきたのを歓迎こそしなかったものの、彼らは私達を邪険に扱おうとはしなかった。それ相応のお金を提示したっていうのもあるけれど。
 私達は再び人生を偽り、ゼロからスタートした。そしてこの青森──パパの故郷である土地──で新しい生活を始めたのだ。
 青森を選択するに至ったきっかけは、私と一緒に逃亡した岡部だった。
 どこへ身をくらますかの相談をしていて、突然青森へ行くと言い出した時は思わず言葉を失ったのを覚えている。
 それは随分前に交わした約束だった。
 タイムリープマシン作成にかかる前夜、父親との軋轢に悩み果てていた私に対して岡部がしてくれた約束。

──俺がついて行って、父親との仲を取り持ってやる。

 24年越しの約束な上、その時パパは青森にいなかったんだけれど、岡部がその約束を覚えていてくれたのが嬉しくて。
 私は結局2つ返事で青森行きを決めていた。
 そういう経緯を経てこの地に来てから5年。
 研究に明け暮れながらも時がゆっくり流れるような田舎の雰囲気を味わいながら過ごしていた。



350: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 19:14:51.65 ID:63BRwyN0o

 身を裂くような寒空の中、星たちがまたたいている。
 都会とは違いこの場所は夜ともなれば人が作り出す光はなくなり、その分星の輝きをひときわ際立たせていた。
 あの星たちの輝きは何万年、何億年前の物だ。
 私たちが目にしているあの光を放っていた星たちは、すでに生涯を終えているのかもしれない。
 そう考えると思わず胸が締め付けられる。姿を失ってなお消えない強烈な光。
 私は遠い昔に別れた親友たちの顔を思い浮かべた。

──まゆり。

──鈴羽。

 今はまだ会えないけれど、遠い未来で彼女たちも輝き、きっと私たちと共に再び時を歩んでいくんだろう。

「もう、5年になるのね」

「どうした。都会のけたたましい喧騒が恋しくなってきたか?」

 湖のほとりにぽつんと置かれた木製のベンチに岡部と2人腰掛けて、肩を並べながら他愛もない話をする。

「まあ、それもなくはないけど。そっちはどう? 問題ない?」

「無論だ。この俺を誰だと思っている」

 青森へと逃げこんでから2年が経った1996年のある日。
 岡部は残してきた2人の子どもが気になるのか「ほとぼりは冷めた」といって東京へと戻っていった。
 もちろん捜索の手を考えたら勧められる行為ではなかったけれど、こんな奴でも人の親だ。
 正直私も2人のことが気になってはいたから、結局岡部が東京へと引き返すのを許可した。
 それからは私がこの地青森で。
 岡部は東京で、お互い情報共有をしつつ研究に没頭していた。



351: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 19:17:34.18 ID:63BRwyN0o

「あーはいはい。久しぶりに会ったかと思うとすぐにそれなんだから。っていうかいつ卒業するのよそれ」

「だから卒業とか言うな。俺は常に狂気のマッドサイエンティストで在り続けるのだ」

 要は常に虚勢を張っているというわけだ。いつまで経っても分かりやすい。

「そう言えば、お前には話していなかったな……」

 突如、岡部は難しい顔をして話題を変えた。

「どうしたの? 何かあったの?」

 神妙な面持ちで口調変える彼に不安を覚えた私は慎重に尋ねた。

「ああ……驚くべきことにとんでもない事態が待ち受けていたのだ」

 岡部は目を固く閉じ、わずかに間が空いた。その間が重大な事実を伝えるべき雰囲気を醸し出していた。

「驚くべきことに……?」

 その間に耐えられず私は岡部の言葉をなぞるように再び尋ねた。

「ことに……」

 ごくり。

「先月、ミスターブラウンに娘が生まれたのだ」

 はい?
 Mr.Brown?
 ミスターブラウン?
 私はこめかみに指を当てて記憶の引き出しを探るように連想していた。
 ああ。彼のことか。



352: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 19:19:41.61 ID:63BRwyN0o

「ミスターブラウンって……ブラウン管工房の店長さんだっけ? もしかして接触したの?」

 名前は確か天王寺裕吾。2010年未来ガジェット研究所の階下でブラウン管工房を営む大柄な男性だ。
 そんな彼に娘ができたと岡部はいう。きっと綯ちゃんのことだ。

「ああ、奴は2年ほど前から俺が世話をしてやっている。俺が大檜山ビルの1階を貸してやって、ブラウン管工房も営んでいるのだ」

 天王寺裕吾。綯ちゃん。大檜山ビル。ブラウン管工房。
 懐かしい名前や言葉を聞いたことで昔の思い出がありありと脳裏に蘇る。
 狭苦しくて独特な空気に満ちたラボ。けれどいつだって私を暖かく迎えてくれた。
 そこにはまゆりがいて、鈴羽もいて、ついでに橋田も居て。
 そして岡部がいた。
 思い起こされるのは仰々しい態度で白衣を翻しながら世界の構造について妄想を垂れ流すこいつにげんこつを食らわす筋肉質の店長さん。
 そこで気づいた。

「って、それがなんでとんでもない事態なのよ」

 依然として眉間にしわを寄せながらうつむく岡部に問いかける。

「よく考えろ……。あのタコ坊主と小動物、似ても似つかないあの2人のことだ。俺はきっと誘拐かなんかでさらって来た偽りの親子関係だと思っていたのだ。それがまさか……本当に親子だと実証されるとはぁぁ……」

 岡部は頭を抱えている。

「あの純真無垢な赤ん坊が将来筋骨隆々の霊長類最強になる日が来るかと思うと夜も眠れん……」

「んなアホな……」



353: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 19:23:02.35 ID:63BRwyN0o

 相変わらず岡部は岡部で。
 そしてあの2週間の夏のまま、狂気のマッドサイエンティストだった。
 そう思ったら思わず笑いがこみ上げてきてしまって、声に出してしまう。

「どうした。何がおかしい」

「いや、なんでもない。ちょっと安心しただけ。私たちのやってることは無駄じゃない、そう思っただけよ」

「なぜそうなる」

「だって私たちが世界線を変えてしまうことで、とんでもない変化が起こっていたかもしれない。それはつまり、あの2010年に繋がらなくなるかもしれない。でもそうやって店長さんがブラウン管工房を営業して、綯ちゃんが生まれたってことは少なくともあの時代のラボに繋がる要因が作られたってことよね」

「ふうむ。まあ、それもそうだが……」

「そう考えたらようやく、このまま世界は変わらずあの夏への扉までつながっていくんだって、思えて……。根拠としては不完全だけどね」

「そうか……そうだな」

 岡部も遠い目をする。きっと10年後の未来──いや、過去に思いを馳せているのだろう。
 とても短く──でも濃密だった2週間。
 あの2週間で私たちの運命は大きく変わってしまった。
 まさかこんな風に大きな使命を背負って生きていくなんてね。思いもしなかったわ。



354: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 19:26:46.31 ID:63BRwyN0o

「……ちなみに、今のミスターブラウンにはふさふさの髪の毛があったぞ。貴様にも見せてやりたいくらいだった」

「へぇ……」

 私が知っている店長さんは頭のハゲたおじさんだったけど、11年前の今ともなると随分若々しい容姿なんだろう。
 想像するのは難しい。色んな髪型の彼の姿が思い浮かんでは消え、思い浮かんでは消え。

「というか店長さんに変な話してないでしょうね?」

「むむ、変な話とはなんだ」

「たとえば……数年後に岡部倫太郎という青年が現れるから彼にはよくしてやってくれ、だとか」

「……そこまで考えなしではないわ」

「そっか。よかった。それなら大丈夫ね」

 そう、変におかしなことを言えば世界線を変えてしまう恐れがある。
 岡部の場合店長さんが苦手だったし、そういうことを言うかもしれないとは思ったけど、さすがのこいつも分別をわきまえていたようだ。

「いずれ貸しに出すであろう2階で、あまり法外な家賃交渉をするようだとその頭に天罰が当たるぞ、とは言ったがな、フゥーハハハ!!」

 ……だめだった。
 私は思わず項垂れる。
 でも不思議と不安はなくて。
 きっと私たちがやっていることは無駄じゃない。
 私たちがやろうとしていることは無意味じゃない。
 そう、信じることができた──

──だから私は告げる。



355: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 19:28:04.69 ID:63BRwyN0o

「ねえ岡部」

「む、なんだ」

「先日、ひとまず研究が一段落ついたわ」

「……ああ、聞いている。だからこうして青森まで足を運んだのだ」

「…………」
 
 研究は完成を間近に迎えていた。
 すでにラットをはじめとした哺乳類での動物実験はクリアしている。効果も認められた。
 研究所での死を偽装して逃亡生活を初めて5年、ついにだ。
 だけどまだ完成じゃない。
 完成とみなすには人体実験──つまり人間での効果を試す必要があった。
 ヒトに対しても目的の効果が出るかどうか。
 理論的には大丈夫なはずだ。
 けれど、内容が内容なだけに不安を覚えざるを得ない。
 ヘタをしたら上手く作用せずに死ぬかもしれない。いや、その方が可能性は十分にありえるはずだ。
 だけど、私たちが積み重ねた仮説によれば──
 きっと成功するはず──
 私と岡部の間には今、気まずい沈黙が漂っていた。
 その沈黙を破ったのは岡部。



356: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 19:29:50.76 ID:63BRwyN0o

「実験だが……」

 重苦しい口調で囁くように切り出してきた。
 私は岡部の方は見ずにそのまま暗い闇に染まる地面を見つめていた。

「俺が被験体になる」

 彼ならそう言い出すと思っていた。

「でも、私のほうが確実だわ。このままいけば恐らくSERNのタイムマシン開発に協力することになる。それならここで死ぬことはきっとない」

「それをいうなら俺だってそうだ。SERNに楯突くテロリストとして2025年までは生存するはず」

「…………」

「…………」

 お互いゆずらず、平行線。
 まあ、ある意味こうなることは分かっていたけれど。
 時に抗う禁忌の研究。今まさに生け贄が捧げられることによって終止符が打たれようとしていた。

「なら2人とも実験体になるだけよ。データは多いほうが想定外の反応にも対処できるようになる」

「…………」

「もし万が一、まゆりを救えない可能性があったとしても改良に改良を重ねていけば、きっと……」



357: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/23(金) 19:31:38.91 ID:63BRwyN0o

「フ……フフ」

 突如、岡部が体を揺らして鼻を鳴らした。

「え?」

「真の狂人とは自身の保身など考えない。時として自らの命を道具として差し出すことすら厭わない」

 岡部は立ち上がってにやりと笑った。

「貴様もまたマッドサイエンティストの素質を備えていたようだな」

 月明かりに照らされて仰々しく振る舞う岡部の輪郭はとても大きくて──

「俺は確信している。研究はすでに確立していると!」

 根拠なんてひとかけらもないはずなのに──

「だから安心して身を委ねるが良い」

 不思議と信じることができて──

「なぜならそれが、シュタインズゲートの選択だからだ──」

 私は安心感に満ち溢れていた──

 だから大丈夫。
 岡部も私も実験で死ぬようなことはない。
 100%とは言い切れないけれど、きっと大丈夫だ。
 全然論理的じゃないけれど、直感のようなものが伝えている。
 
 1999年12月25日、私たち2人は神の目を欺くための実験を開始し──
 そして時の流れに逆らうこととなった。



Intermission END



370: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/27(火) 02:46:23.36 ID:h4KHVdK3o

Chapter6



 生暖かい風が俺の頬を撫でる。黄昏時の燃えるような陽差しが肌を赤く照らし、染めていた。
 ラジオ会館の屋上から眺めるその光景は、俺──岡部倫太郎──が35年前に見た記憶と一切変わらない。
 一度は奥底に眠った記憶と共に積み重ねた年月に思いを馳せる。
 ついに来てしまった。いや、やっとここまで来た。
 2010年8月13日。まゆりの死が決定づけられた日──
 その運命に抗うため。鈴羽の思い出を守るため。
 こうして時を過ごしてきた。
 視線をちらりと横にずらせば、銀色の人工衛星のような巨大な機械がラジ館の壁をぶちぬいて鎮座しているのを確認することができた。

──予定通り。

 俺たちの思惑通り、タイムトラベラージョンタイターは2010年7月28日に跳躍してきた。
 紅莉栖の話によれば、俺たちが1975年へと跳んだ後、ダイバージェンスメーターは壊れていたらしい。
 一番左のニキシー管が損傷していて、一の位が確認できなかったというのだ。
 紅莉栖は代用のニキシー管を用意し、悪戦苦闘しながら修理したと言っていた。
 度重なる試行錯誤の後、なんとか値を確認することができのだったが、その数値は0であり、1%の壁は越えていなかった。
 それはこの世界線がα世界線のままだということを示していた。



371: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/27(火) 02:50:18.03 ID:h4KHVdK3o

──α世界線。

 アトラクターフィールドレベルでの収束を起こすのであれば──
 ここはSERNがディストピアを構築する世界線。
 さらに言えば、そのディストピアを打ち砕くために、ジョンタイター──鈴羽がタイムトラベルしてくる世界線。
 そして期待を裏切らず、跳躍してきた鈴羽はラボメンとして2010年を過ごし、そして昨日──8月12日に本来の”俺”たちと共に有明へと自転車を走らせた。
 そこで交わされた約束を俺は覚えている。
 延々と繰り返される2日間の環から俺を救い出してくれた鈴羽は、ある話を持ちかけた。
 共に1975年へと行ってくれ、と。
 そうなることは分かっていた。
 紅莉栖と散々議論した果てに行き着くのはやはりその答えだった。
 世界が今を形作るための収束を起こすのであれば──
 因果の環を成立させようとするのであれば──
 鈴羽はこの2010年に跳躍してきて、やがて俺たちが経験したあの2週間の後、いかなる理由かは分からないが、俺たち3人は必ず1975年へとタイムトラベルする。
 これが俺たちの憶測だった。
 ”俺”たちが過去へ跳ぶことが無ければ、今の俺たちは矛盾した存在となり、消えるだろう。
 かと言ってその矛盾を解消するために俺たちの存在が消えればそれもまた、因果は成立しなくなる。
 なぜなら、ねじれた世界線が形を戻した先は、鈴羽が不完全な状態のタイムマシンに乗って記憶を失い、やがて自らの命を絶つ世界線のはずだから。
 そうなれば”俺”は鈴羽の思い出とまゆりの命を天秤にかけることができずにタイムリープで2日間を延々と繰り返すだろう。
 そのループの行き着く先は、この俺が積み重ねた35年に収束するはず。俺の存在が無くなってしまうのであればそれもまた、矛盾だ。
 だから何かしらの理由で、俺たち3人は1975年へと跳躍する。俺と紅莉栖はそう結論づけた。



372: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/27(火) 02:51:32.12 ID:h4KHVdK3o

──あるいは──

 いや、これはもはや今は考えなくともいいことだ。
 きっと後に世界線理論の研究でこの答えが見つかるかもしれないし、見つからないかもしれない。
 だがそれでいい。
 現に鈴羽がこの時代にタイムトラベルしてきて、”俺”たちが1975年へと跳躍する。その事実さえ確定されれば俺たちは存在できる。
 今成すべきことは、この俺が確かに1975年で存在して、そして積み重ねて来た年月を元にまゆりを救うことだけ。今はそれだけ考えればいい。
 俺は待望する未来と変わらない結末の2つを思い浮かべ、身を震わせる。
 大丈夫だ。やれるだけのことはやってきた。俺たちは世界に抗うだけの知識と経験を積んできた。
 そう自分を鼓舞して振り向く。
 俺は特別な夕日を背に歩き始めた。あまり長居はできない。
 そろそろ”俺”と鈴羽がタイムマシンに乗り込むべくここに訪れるはずだ。



373: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/27(火) 02:52:54.32 ID:h4KHVdK3o

 屋上の階下である8階で、俺はその時が訪れるのを入口付近の物陰に身を潜めて待っていた。
 俺の主観では、35年前に俺と鈴羽は1975年に跳ぶべく、ラジオ会館屋上で落ち合った。
 そして出発の直前、この部屋で俺たちを呼び止めたのは紅莉栖だった。
 結局、その場の勢いで紅莉栖も共に1975年へと旅立つこととなった。
 軽率な判断だと思ったが、俺だって鈴羽に誘われた時、2つ返事で承諾してしまったため反論はできない。
 結果、その判断は良かったのだろう。紅莉栖が居なければここまで辿り着くこともできなかっただろうから。
 そして3人の時間旅行の果ては──
 俺が経験した35年もの歳月──そして俺が今、ここにいる。
 俺は自らの胸を掴んで目を閉じた。
 もうすぐだ。もうすぐ結果が出る。
 俺が──俺たちが導き出した解法に対する、世界の判断が。
 大丈夫なはずだ。
 再三自らに言い聞かせていると、やがて静寂な空間にこだまするかのように2人の人間の足音が交錯するしながら反響してきた。
 現れたのは18歳の”俺”──そして、鈴羽。
 なぜだか心臓が激しく脈打った。抑えきれない想いが溢れてくる。
 思わず涙が出そうになるのを必死に堪えた。
 旅立つ前のやりとりに耳を傾けながら、俺は懐かしいようなむず痒いような感覚に陥った。相当な過去とはいえ自分たちの会話を直に聞かされると体がこそばゆくなる。
 そしてタイムマシンに乗り込もうかという時になって紅莉栖も現れた。
 彼女はあの時と同じように息を荒らげながら、2人の下した判断を責め立てる。
 その鬼気迫る態度も今の俺からすれば納得の行くものだったが、俺は当時そんな態度にふつふつと感情を沸き立たせたものだった。
 やがて”俺”がケータイを耳にあて儀式をすますと、3人は携帯電話や身分証、財布と言った2010年にいた物的証拠となる荷物を各々床に置き始めた。
 それが終わり、3人はお互いの顔をみやり無言で頷くと、静かにタイムマシンに乗り込んでいった。
 俺は、最後にタイムマシンに乗り込んだ”俺”の背中を見つめながら、早鐘を打つ心臓を抑えこんでいた。
 ふと自分に語りかける。

──ここからお前たちの長い戦いが始まるんだ。



374: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/27(火) 02:54:42.55 ID:h4KHVdK3o

 繰り返し35年間の道のりに思いを募らせるときゅっと胸が締め付けられるような感覚に陥る。この胸の痛みは本物だ。俺は確かにここに存在している。
 そして気がつけば”俺”がはっと表情を変えたように見えた。暗がりのためはっきり確認することはできなかったが、目線はこっちを向いていたような気がする。
 ひょっとして見られた?
 そう思ったのも束の間、すぐにマシンのハッチが降りてきて、”俺”の姿は見えなくなくなる。
 まずいか? 今のがタイムパラドックスにならなければいいか──と思ったところで閃く。
 よくよく思えばこの俺も、今まさに自分が身を潜めている辺りに妙な気配を感じたはずだ。
 ふっと小さく息をつく。
 なるほど、合点がいった。あの時の気配はもしや──
 俺は自分の中で答えを導き出す。
 結局こうなることは決定済みだったのだろう。
 そう、1人思案に耽っていると、タイムマシンが音を立てて動き出した。
 部屋がわずかに揺れ始め、空気が震えだす。甲高い警報音と共にラジオ会館8階は赤い灯火に染められた。
 すると警報音に混じってすぐ横の入口の方から、パン──と空気の入ったビニル袋が破裂したようなと妙な音が耳をつんざいたと思った刹那、金属と金属がぶつかり合うような鋭い音が辺りに反響した。

「…………っ!?」

 なんだ!?
 鼓膜が破れるような強烈な音に肩をすくませながらタイムマシンを注視すると外壁がへこんでいた。人間の拳くらいのわずかな範囲ではあるが。
 そのへこみは破裂音のような響きと共にどんどん増えていく。
 3個──4個──5個──6個──!
 俺は思わず音の発生する方を振り向いた。

──なっ!?



375: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/27(火) 02:56:08.65 ID:h4KHVdK3o

 俺は目を疑った。
 突然、息が止まると同時に鈍器で殴られたような衝撃が俺の脳を襲う。目の前の光景が信じられなかった。
 まるで思考に1枚の薄い膜を隔てているかのように現実感が薄れていく。脳がその事実を認識したくないと拒んでいるかのように、眼前が白く覆われていく。
 なんの間違いだ?
 そこにいたのは、桃色のかわいらしい服に身を包み、両側の髪をシュシュで結んだ少女だった。

──天王寺綯。

 なぜ彼女がここにいるのか──
 いやそれよりも。
 なぜこの年端もいかぬ少女が拳銃を両手に構え、タイムマシンに向かって発砲していたのか。
 声にならない音が喉から漏れる。
 その息遣いに気づいたのか、少女がこちらをゆっくりと振り向き、口元を歪ませた。
 そしてひどく緩慢に口を動かした──ように見えた。それはやがて遅れて俺の耳を震わせる。



──そこにいたのか、岡部倫太郎──



376: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/27(火) 02:58:03.41 ID:h4KHVdK3o

 「はっ!?」

 まるでぎゅっと心臓を手づかみされたような胸の締め付けが俺を襲った。
 忘れていた呼吸を思い出したように息を吸い込む。けれど息が上がっていてすぐに吐き出してしまう。
 ぜいぜいと、酸素を取り込もうとするのにうまく行かず苦しみが増してくる。
 心臓はものすごい勢いで脈づいていた。どくんどくんという鼓動が自分の耳に響いているかのような感覚。
 声が出せない。理解が追いつかなかった。
 なぜ彼女が──
 なぜ天王寺綯がここにいるのか。
 なぜタイムマシンに向かって発砲していたのか。
 なぜ俺のことを岡部倫太郎などと呼んだのか。
 疑問が目まぐるしく脳を駆け巡っては、俺の頭の壁をがんがんと打ち付ける。
 そんな頭痛に喘ぐ俺に対して、目の前の少女は輪にかけて追い打ちを掛けてきた。
 ゆっくりと銃口がこちらを向き、俺の額をとらえる。俺の視線はその銃口の奥の暗い闇に釘付けになった。
 どこまでも深い闇の淵。覗き続けていると吸い込まれてしまいそうな──
 まさか──撃たれる──?
 この少女に!?
 なぜ俺が?
 俺はこんなところで死ぬのか?
 疑問が疑問を呼び、理解が追いつかない。もはや立っている気力もない。
 この気味の悪い光景が夢か何かだと思いたかった。
 だが予想に反して銃弾が発射されることはなく、腕はゆっくりと降ろされる。

「今は殺せないからな。お前は15年後に殺してやるよ、岡部倫太郎」

 淡々と、抑揚の少ない口調で告げられる恐ろしい宣言。
 15年後? 何を言っているんだ?
 俺が言葉に窮していると、子どもとは思えない憎悪に満ちた視線が俺を貫いた。



377: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/27(火) 02:59:27.75 ID:h4KHVdK3o

「私は、許さない」

 目の前の少女はほんの10歳くらいの子どもなのに。
 それなのに──
 まるで子どもを相手にしているような気がしなかった。

「父さんを死に追いやったお前を絶対に許さないから。私がこの手で殺してやるまで許さないから」

 なに──!?
 父さん──天王寺の事か!?
 俺が!? 俺が死に追いやった!? どういうことだ!?
 もう訳が分からなくて、思考が追いつかない。天王寺綯を前にしながら、天王寺綯ではないような、そんな感覚。

「お前は15年後に殺す。それまで、怯えて待ってなさい。あは……あはははは」

──あはははははははははははははは。
 
 不気味な笑いとともにその小さな体を翻し、彼女は階段の闇へと消えていった。
 俺はとてつもない衝撃に、その場に膝をついて絶句していた。
 15年後に……殺す? 父親を死に追いやった? どういうことだ? あいつはいったい何を言っているんだ?
 いや、あいつはいったい──
 
──誰なんだ。



378: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/27(火) 03:03:06.55 ID:h4KHVdK3o

 俺の中で様々な疑問が疑問にぶち当たり玉突きのように波及していく。
 広がった波紋は、解こうとすればするほど絡む蜘蛛の糸のごとくまとわりついて俺の頭から離れなくなる。
 だがすぐに今の状況が思った以上にまずい事態になっていることを悟った。
 ラジ館の外からざわざわと人々のどよめきが鳴り響いていたのに気づいたからだ。
 外壁に衝突するようにして埋まっていたタイムマシンが消えた上に、銃声が何発も聞こえてきたとなれば大騒ぎになるのも当然だ。
 ともすればこの場所にいる俺は厄介なことに巻き込まれる恐れがある。
 考えるのは後だ。
 事態は急を要すると判断し、俺は咄嗟に立ち上がった。
 俺はすぐに跳躍した”俺たち”が置いた荷物を回収すると、足早にラジオ会館の階段を下った。
 脱出は想像よりも容易かった。街を行き交う人々の視線はラジ館の上の方に釘付けだったからである。
 俺はその視線を集めないようにこっそり入り口から脱出し、人々の雑踏に紛れ込んだ。



379: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/27(火) 03:04:33.58 ID:h4KHVdK3o

 時間を確認すると7時手前。運命の時間までは後1時間ほど余裕がある。
 俺は迷っていた。
 このまま計画を実行していいのかと。
 予定通りならば、今はダルとまゆり、そして──俺とともに跳躍した──紅莉栖はラボにいて。
 運命の時間──8月13日の午後8時を廻る前に計画が実行されるはず。
 まゆりを運命の輪から逃がすための計画が。
 俺は紅莉栖に連絡を取っていた。
 ともかく俺1人の判断ではどうしようもない。
 だが、携帯からは呼び出し音がひたすら鳴り続けている。どれだけ待ってもだ。
 それは紅莉栖が電話に出られないことを意味していた。
 くっ、こんな時に! 
 俺は思わず顔をしかめた。余裕がない。焦りが止まらない。
 ラボへと行くべきだろうか。
 だがその前に気になることがあった。
 綯は言っていた。俺が天王寺裕吾を死に追いやった──と。
 なぜだ? いったいなぜなんだ?
 理由が見当たらない。
 俺はその疑問を解消すべく、御徒町の天王寺裕吾の自宅へと向かった。
 山手線と大江戸線を乗り継ぎ、新御徒町駅を降りて徒歩5分。少しだけ都会の喧騒から離れたところに彼の自宅はある。昔ながらの一軒家といった佇まい。
 おそるおそる呼び鈴を鳴らす──が反応はない。その静寂が家の主の不在を知らせていた。
 試しにドアノブを捻ってみるとカチャリと音がしてドアが開いた。不用心にも鍵はかかっていなかった。
 一言断りを入れるが、案の定無反応だったため、勝手に上がらせてもらう。
 薄暗い廊下を一歩一歩、踏みしめながら歩く。あまりに静か。
 まったく無音のこの家の中で床が軋みを立てて鳴く音だけが響いている。
 手当たり次第に部屋という部屋を覗いてみるが、人の姿は確認できない。
 そして小さな客間に当たったところで俺は声にならない悲鳴をあげた。



380: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/27(火) 03:07:45.12 ID:h4KHVdK3o

「…………っ!!」

 俺の眼の前に飛び込んできたのは凄惨な光景。筋肉質の大男が机に突っ伏すように倒れている。
 頭部からは血液と脳漿が流れ出ていた。
 見るも絶えない状況に思わず吐き気がこみ上げてくる。
 だが戸惑っている場合ではない。事態は逼迫している。急がねばならない。
 俺は拒否反応を示す体にムチを打って自らを奮い立たせた。
 静かに歩み寄り、しゃがみ込んで遺体を確認する。
 顔を見たが、その男は間違いなくミスターブラウン──天王寺裕吾だった。
 俺は思わず目をぎゅっと瞑った。
 なぜだ。……なぜこの男が死なねばならない。
 再度、疑問が体全身を侵食していく。
 俺が世界線を変えてしまったから?
 それは考えたくなかった。
 ともかく、俺は再び遺体の確認を始める。死因は火を見るより明らかではあるが……。
 四肢の硬直もないことから、まだ亡くなって2,3時間といったところだろうか。
 右側頭部には銃創と火傷の跡があった。左側頭部からは、弾が貫通しているようで、そこから円錐状に血液が飛び散っており、壁にまで飛沫している。
 つまり拳銃自殺を試みたものだと思われる。
 しかし妙なことに握られているはずの拳銃は失われていた。
 だれが持ちだしたのだろうか?
 そう思った瞬間、天王寺綯が拳銃を握る場面が脳内にフラッシュバックした。
 もしやあの銃……。



381: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/27(火) 03:09:29.86 ID:h4KHVdK3o

 銃がなくなっている疑問は解決した。だがしかし、なぜ天王寺裕吾は自殺を?
 そしてなぜあの少女の中で、俺がこの人を死に追いやったことになっているのか。
 さらなる鍵が隠されていないかどうか、辺りを見回して探ってみる。
 するとある箇所に違和感を覚えた。
 彼が突っ伏している机は、大量の飛沫血痕と頭部から流れでた血液で汚れている。その血痕に奇妙な部分がいくつかあったのだ。
 途中で血液が途切れ、定規で引いたような線を描いているいくつかの血痕。
 それはまるで、2つの長方形の何かが置いてあったような。
 つまりそれは天王寺が命を絶つ前、ここに何かが置いてあったことを示唆しているのではないか。
 ちょうど長形3号の封筒程度の大きさから推察するに、きっと天王寺の遺書だろうか? 
 となると、その2つは天王寺綯が持ちだしたと思ってもいいはずだ。
 が、2つ……となると……いったい……。
 1つは娘宛のものだろう。もう1つはなんだ?
 もしや俺宛か?
 そうすると、その遺書の中に”天王寺裕吾を死に追いやったのは俺”と天王寺綯が思い込むような内容を指し示す何かが書かれているはずだ。
 それを知っておかねばならない。そんな気がした。
 曲がりなりにも、世界線を変えてしまった原因は俺にあるのだから。



387: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 02:56:45.26 ID:x6AuZOQho

 俺は御徒町の天王寺の自宅から飛び出て、ラボへの道を走っていた。
 すでに時刻は7時30分を回ったところだ。急がねばならない。
 人々の雑踏をかいくぐりながら中央通を駆け足で南下する。
 合計で2kmに満たないその道程だったが、ラボにつく頃には俺の心臓は異常に脈打ち、今にも張り裂けそうだった。

 大檜山ビル2階。
 重々しい鋼鉄の扉が俺の前に立ちはだかった。乱れる呼吸を抑えながら、おそるおそるノブに手をかける。
 この扉の先は一体どうなっているのか。計画通りならば紅莉栖とまゆりとダルがいるはずだった。
 だが紅莉栖が電話に出なかったのが気になる。
 俺は不安に押しつぶされそうになりながらドアノブを回す。
 回し終えたところで一度息を大きく吸う。俺は固唾を呑んで一瞬息を制止した。
 そして息を押し出すと同時にその勢いのままドアを一気に押し開け室内へと飛び入る。
 視界に飛び込んでくる懐かしの風景。だがいるはずのまゆりたちの姿は見えなかった。
 薄暗い空虚な室内で俺の荒い息遣いだけがこだましている。

「誰か……誰かいないのか!?」

 しーんと静まり返った間が俺の問いに対する返事だった。
 なぜだ。なぜなんだ。
 3人はここにいる手はずになっている。それなのにもぬけの殻ということは、もしかしてすでに襲撃があった? 
 しかし、ラウンダーの襲撃は8時頃のはず。



388: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 02:59:16.98 ID:x6AuZOQho

「くそっ!」

 ここにきて計画が次々と予想外の展開へと変化する。
 この時のために長い年月をかけて来たというのに。

「まゆりっ……!」

 助けたいと願った幼なじみの名前が口からにじみ出た。
 バタフライ効果により襲撃が早まってしまったのだろうか。
 だがこういう事態に陥った時のために、”例の薬”は紅莉栖にも持たせている。
 だからこの場にまゆりがいなくてもきっと計画自体には支障は出ない。
 もっとも、紅莉栖とまゆりが一緒にいればの話ではあるが。
 奥の開発室へと視線を移す。暗闇の先でそれはひっそりと佇んでいた。

──タイムリープマシン。

 ラウンダーの襲撃があったのならこのマシンも回収されていておかしくないはずだったが、依然としてこの場所におかれていた。
 紅莉栖たちを捕らえたはいいが、もう1人の開発者である俺がいなかったため、探し回っているのだろうか?
 それとも紅莉栖たちはまだ捕まっておらず、彼女らを追っていてマシンの回収どころではないのだろうか?
 それならばまゆりの命はきっと紅莉栖が救ってくれるはずだ。



389: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:02:01.83 ID:x6AuZOQho

 だがそれと同様に気になる事があった。
 天王寺裕吾と綯のことだ。
 綯の言葉が真実ならば俺は15年後に死ぬ。
 恐らくこのままレジスタンスを設立して、SERNに抵抗する人生を歩み、そして志半ばで倒れるのだろう。
 だがそれはいい。たとえこの身が滅んだとしても俺の意志はきっと誰かに引き継がれる。
 鈴羽の志がその形を保ち、俺に宿ったように。
 しかし──天王寺親子を取り巻く環境が大きく変わってしまったこの世界──
 きっと彼らの因果を歪ませてしまったのは俺なのだろう。
 ならばその歪ませてしまった環を少しでも正したかった。 
 
 俺は35年ぶりにその機械を間近で見て目を細めた。電話レンジ(仮)──タイムリープマシン。
 この機械があったせいで、色んな人が傷ついた。だが同時にまゆりを救う手立てを与えてくれたのも、この機械だ。
 俺は心の中で礼を言い、設定を完了させた。
 行き先は1時間ほど前。俺がラジ館屋上でタイムマシンに乗り込もうとする”俺”たちを待っていた時間だ。
 そこでもう一度綯と対峙し、問いただす。
 一体何があったのか。一体なのが起こるのか。俺はそう決意しヘッドギアを頭に被せた。
 再び過去へと跳ぶことに抵抗がないわけではない。
 俺は幾度と無くタイムリープした日々に思いを馳せる。
 まゆりを助けることもできず、鈴羽の思い出を消すこともできずに繰り返したあの2日間。
 その2日間の中で俺は少しずつ因果律から外れていった。
 だがその延々と繰り返される環の中から、手を掴みとって引っ張りだしてくれたのは鈴羽だった。
 その彼女の想いに応えるためにももう二度と逃げないと誓った。
 そう、今からするタイムリープは決して逃げではない。歪な楽園へと逃げこむためのタイムリープなどではなく。

 確かめに行くのだ。真実を──
 そのために俺は、もう一度時を超える──!

 そう心の中に刻んで。
 俺の意志は再び時を越えた。



 2010年8月13日 19:50 → 2010年8月13日 18:30



390: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:04:02.06 ID:x6AuZOQho

「あうぐっ……!!」

 強烈な痛みと痒みが俺の脳内で暴れまわっている。脳に痛覚はないはずなのに無数の針でぷつぷつと突かれているような感覚が襲う。
 俺は側頭部を拳で抑えながら痛みが収まるのをひたすら待った。
 忘れかけていた感覚だ。まさかもう一度この感じを味わう事になろうとは。
 やがて世界のぐらつきは止み、俺の感覚を司る五感が正常に機能しだした。

 目を開けると黄昏時の燃えるような陽差しが肌を照らし赤く染めていた。
 さっきまで真っ暗な室内にいたはずなのに、目が眩まない。
 まるで最初からその光の中にいたように。
 そう、一時間後から跳んできた俺の記憶と意識は今まさにこの肉体に宿ったのだ。
 ここはラジオ会館屋上。
 携帯で時刻を確認すると8月13日の午後6時30過ぎだった。
 タイムリープは成功した。
 考えたいことは色々あったが俺はすぐに8階へと降り、物陰に隠れて綯が姿を現すのを待った。
 やがて俺が見たのと同じ光景が巻き戻したビデオのように繰り返され始めた。
 まず最初に”俺”と鈴羽がやってきて、タイムマシンに乗り込もうとする。
 それをすんでのところで紅莉栖が止めに入り、3人は話し合う。最後には3人共1975年へと飛び立つ決断をし──
 3人がタイムマシンへと近づき、中へと入っていった。
 ”俺”が最後に乗り込むと、こちらを振り向き表情を変えるがすぐにハッチが閉められ、その顔は確認できなくなった。

──時はきた。

 俺はその場で立ち上がり、扉の方を見た。
 予想が正しければ、すでにそこにいるはず──
 想像に違わず、綯が拳銃を握ってそこに立ち尽くしていた。



391: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:05:07.13 ID:x6AuZOQho

「待て!」

「っ……! そこにいたのか、岡部倫太郎」

 俺が大声を出して名前を呼んだので多少たじろいだ様子を見せたが、やはり綯は俺のことを岡部倫太郎と呼んだ。
 俺が既に経験した”先ほど”と同じように。
 まるで子どもとは思えない口調と、表情で。
 すぐに銃口が俺の方へと向けられる。
 タイムマシンが動くことを知らせる回転灯が辺りを赤く照らす中で俺と綯は対峙していた。
 震えている場合ではない。なんとしても聞き出さねばならない。

「お前は……お前は一体……誰なんだ……?」

 俺の問いに目の前の少女は──

「あは、あはは。私は天王寺綯だよ。紛れも無くな」

 笑みを浮かべ、さらりと言った。さも当然かのように。
 だがその口調はやはり俺の記憶にある綯とは似ても似つかない。
 この少女に感じている違和感は普通じゃない。何かがおかしい。

「ただし、私は15年先の記憶まで、”思い出している”」

「15年先の記憶……だと!?」

 ”思い出している”ってなんだ。その言い方は、まさか──

「お前、もしやタイムリープを……!」

「そうだ。私は15年後──2025年でお前を殺してからタイムリープマシンを使ってここまで戻ってきたんだ。一度に48時間しか遡れない欠陥品だったからずいぶん苦労したけど」

 2025年……! 俺を殺して!?
 目の前の少女の発する言葉に俺は絶句した。



392: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:07:58.46 ID:x6AuZOQho

「お前を殺した時のこと、教えてあげよっか?」

 綯は先ほどまでの憎悪に溢れた表情を狂気に満ちた笑顔に変えた。

「なんかレジスタンスの創始者とか言って、SERNに歯向かってたみたいだけど、私が拉致して監禁して、考えつく限りの拷問をくわえてやったよ。ついでにお前が集めていた仲間も同様だ。その中でもお前が一番傑作だったなぁ……」

 なっ……!

「お前は痛みに泣き、喚き、クソとションベンをまき散らしながら命乞いをした」

 恐ろしい言葉を楽しげに言ってのける綯。
 いったい何が彼女をここまで変えてしまったのか。

「実に醜かったよ、岡部倫太郎」

「なぜだ……なぜそこまで俺を憎む!」

「お前は父さんを死に追いやった。その復讐だ」

「たったそれだけのために、15年もの歳月を遡ってきたのかよ!」

「たったそれだけだと? 私にとってはそれがすべてだ」

 それがすべて……。こいつはもう復讐の鬼と化している。
 こいつは15年後に再び俺を殺すと宣言している。だったら、俺に復讐心を抱いたまま15年間を再びすごすことになる。
 そしてその復讐心は俺を殺すまでは果たされない。それはあまりにも虚しい生き方ではないか。
 だが──
 なぜだろう。妙な違和感──
 15年もの歳月を遡ってきたにも関わらず、俺に対して何かするわけでもなく──
 こうして恐怖心を煽るだけ。
 そもそもだ。
 こいつはすでに俺を殺した記憶を持っている。だとすればこいつの復讐は果たされているはずだ。
 ならばいくら俺が憎かろうが、それ以上は何もできないはず。
 それなのにあえてこの時代まで何千回ものタイムリープを繰り返してここにいる。あまりに不自然だ。
 それほど俺が憎いのか? やり場のない怒りをぶつけるためにこの時代まで戻ってきたと?



393: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:09:21.18 ID:x6AuZOQho

「お前は15年後に殺す。それまでただ怯え、後悔し続けろ、岡部倫太郎。15年後に私が迎えに行くまで」

 そう言い捨てると、少女は俺の目の前から姿を消し、駆け足で階段を下り始めた。

「あ、待て!」

 俺は考えるより先に追いかけていた。このまま放っては置けない。
 静かなラジ館内にコツコツコツと足早に階段を駆ける音が交差する。いくら先に降り始めたとはいえ相手は子ども。
 数段飛ばしで下っていた俺は数階降りたところで追いつき、小さな肩をつかんで強引に引き寄せた。
 すぐに綯がこちらを振り向き厳しい視線をこちらに送ってくる。

「待てと言っている!!」

「…………っ」

 15年後の記憶を持っているとはいえ、やはり体力では俺の方に分がある。
 何十段もの階段を全力疾走で降りたせいか、綯はぜいぜいと息を荒らげながら俺を睨みつけてきた。
 まるで矢のような視線。それほどまでに俺が憎いのか……だが──

「本当にそれだけか!? 本当に俺が憎いというだけで、15年もの歳月を遡ってきたのか!?」

 俺は叫ぶ。子供相手に大人げないかもしれないが、状況が状況なだけに気持ちを抑えられない。
 傍から見れば少女の肩を強引につかんで息を荒らげる変態にしか見えないかもしれない。
 タイムマシンが消えればここは大騒ぎになるだろうからことを急ぐ必要がある。幸い今は誰もおらず見られる心配もない。



394: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:11:19.90 ID:x6AuZOQho

「俺を殺してタイムリープして! 再び15年を積み重ねて俺を殺したら、また繰り返すのか!? タイムリープを!」

 俺は勢いに任せてまくし立てる。
 それでも目の前の少女は動じず、俺をまっすぐと見据えたまま睨みをきかせている。
 日本人の瞳よりも少しだけ碧く見える2つのそれが俺の姿を捕らえて逃さない。
 だがその瞳の色は暗く淀んでいる。小学生の少女とは思えない深いダークブルー。
 繰り返される時の環に絡め取られ、少しずつ心が壊れていっているんだろうか。

「俺もタイムリープを繰り返したから分かる! いくら繰り返したからと言って心が満たされることは永遠にない! それどころかいずれ自分を蝕むように侵食していくんだ! あれはそういうものなんだよ!」

「そんなの知ったことじゃない。お前は父さんを殺した。だから許さない。絶対にだ。あらゆる場所。あらゆる時のお前を殺してやる。そのためだけに生きてやる」

 いや、そうじゃない。きっとそうじゃない。
 こいつは多分──

「お前は──」

 父親の死をなんとか防ぐために戻ってきたんじゃないのか?
 俺を殺してもやはり満たされることはなくて。
 一筋の希望を携えて時を超えてきたんじゃないのか?
 そしてタイムリープがもたらす歪みに耐えられなくなってしまったんじゃないのか?

「父親を助けるために跳んできたんじゃないのか!?」



395: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:12:39.45 ID:x6AuZOQho

「……っ!」

 突如、今まで揺るぎない眼差しをしていた瞳が激しく揺れ動いた。
 今まで俺が何を叫ぼうとも動揺の色すら見せなかった綯の表情が歪んでいる。

「俺を自らの手で始末したところでお前の気持ちは晴れなかった。そうじゃないのか!」

 綯は肩を掴む俺の手から逃れようとじたばたと暴れまわる。
 が、所詮は大人と子供。体力の差は歴然である。どう足掻こうが逃れられない。

「私は……私はっ……!」

「だからこうしてここまで跳んできた! だってそうだろ。俺は2025年まで生きてることが確定している!」

「15年後にお前を殺すっ……! お前を怯えさせるために……!!」

「こんな俺に対してできるのは所詮そうやって恐怖心を煽って不安に陥れようとするだけだ!」

「…………っ」

 この時代において特別に成し遂げたいことがあるわけでもなく、ただ俺を脅すだけにタイムリープをしてきたというのなら。
 そんな人生はあまりにも悲しすぎるじゃないか。
 だから俺は願う。
 どうかこの目の前の小さな復讐者にもまだ──人として自然に芽生えるはずの感情が残っていてくれ、と。



396: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:13:19.39 ID:x6AuZOQho

「だが俺はお前の脅しになど屈しない! 俺には勝たねばならない戦いがある! 引き継ぐべき意志がある!」

 故に──

「お前のやっていることは無意味だ!」

 確かな口調で、はっきりと告げてやった。こんな復讐は無意味であると。
 その発言を皮切りに綯を支えてきたものがガラガラと音を立てて崩れるように倒れていくのが目に見えて分かった。
 少女はついにその場で膝をついて顔を覆って泣き出し始めた。

「だとしてもどうすればいいんだよ……。私は……っ私はっ……どうにも……できない……! できなかった……!!」

 ラジ館の暗い階段に響き渡る少女の泣き声。
 大人である俺が完全に泣かした構図だ。いや、間違いはないのだが。
 こういう風にただ泣いている姿だけ見ればただの少女にしか見えない。
 いや、本当はただの少女なのだろう。
 だが15年後の記憶と収束する父親の死という絶望が人格に偏りをもたらし、やがて復讐に狂わせたのかもしれない。
 目の前で泣きじゃくる少女を見ていると、つい居た堪れなくなり罪の意識が強くなる。

「俺に任せてみないか?」

 気づけば自然と口にしていた。



397: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:14:14.79 ID:x6AuZOQho

「…………」

 それに対する返答はなかった。が返事はなくとも食いついたのは明らかだった。

「俺だったら──世界線が変動しても記憶を持ち続けることができるこの俺だったら──お前の父親、天王寺裕吾を救えるかもしれない」

 それは希望的観測だ。
 それに俺の目的はあくまでまゆりを救うこと。本来であればこうして寄り道をしている場合ではない。
 だが、この俺の想いがこの親子の運命を変えてしまったのであれば──
 少なくとも何もせずにはいられなかった。

「…………」

 俺がそう声をかけると綯は懐から何かを取り出してこちらに差し出してきた。
 それは血にまみれて汚れた1枚の封筒だった。

「これは……」

「……父さんの……残した遺書だ。お前宛のな……」



398: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:17:18.71 ID:x6AuZOQho

 現場から持ちだされていたヤツか!
 やはり綯が持っていたか。
 だが宛名は俺ではなく、なぜか秋葉幸高だった。
 俺が不思議に感じているとそれを察したのか、綯がその謎を補うように声を掛けてきた。

「それは本来、お前宛に父さんが幸高おじ──秋葉幸高に託したものだ」

「なに? 幸高に……?」

「父さんはお前と秋葉幸高につながりがあることを知っていた。お前の居場所を知らなかった父さんは彼に託したんだ。もともと、秋葉原商店街の顔なじみの関係で、2人は知り合いだったしな」

 確かに、幸高とは俺が東京電機大学で教えてる頃からの知り合いで、一旦は関係を絶っていたものの、やがて俺が東京に戻った1997年以降も付き合いがあった。
 管理を任せていた大檜山ビルのこともあったし、何より残してきた2人の子どもたちのことが気になっていたから。
 幸高の話によれば、2人は一時施設へと預けられた後、幸高の知り合いが里親として2人一緒に引き取ってくれたという。
 もちろん、会いに行ったり、話をしたりすることは叶わなかったが。
 94年以降はバブルもすでに弾けていて彼の会社の経営も苦しいものになっていたし、その頃には幼い留未穂もいたから、何も告げずに皆の前から姿を消した俺が幸高に何か言えた口ではなかった。
 いや、むしろ施設に定期的に様子を見に行っていてくれたことや、里親となってくれる知り合いをあたっていてくれたことに感謝してもしきれないくらいだった。
 特に2000年以降、研究を完成させる上で実験体とならざるを得なかった俺は、様々な困難に見舞われる可能性があったため、誰か信頼の置ける人物の籠が必要だった。
 俺はその役目を幸高に頼み、そして今まで手助けをしてもらっていたのだった。
 そのように、礼をしてもしきれないくらい秋葉幸高には世話になっていた。



399: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:19:37.72 ID:x6AuZOQho

「そしてこの時間軸では、秋葉幸高の手に渡る前にこの私が回収したものだ。父さんが命を絶った後、御徒町の自宅に彼が訪れる予定だったから」

「なぜ……、そんな真似を?」

 そんなことをする意図が見えてこない。
 まさか秋葉幸高がこの件に1枚噛んでいるのか?
 いや、そんなはずは……。

「あまり彼を巻き込みたくはなかったからな。まぁ、どちらにせよ彼がお前に加担するのは未来で確定済──ってそれはどうでもいい。早く中身を読め、そして知れ。お前が──お前たちがどれほど軽率な行動をしていたのかを──」

 俺はそんな綯の言葉に誘われる様にに手紙の中を探った。
 端々に血がついて固まっているため封筒から中身を取り出すのに苦労した。
 中には秋葉幸高に対して、綯の世話を頼むという天王寺の思いと、この遺書を俺へと託すよう願いを込めた手紙が入っていた。
 そしてもう一回り小さい1枚の封筒。中には折りたたまれたA4サイズの手紙。
 そちらには書き出しに謝罪の言葉と俺が1994年、死を偽装した後に使っていた偽名──つまり1997年に天王寺裕吾に出会った時、名乗った名前が記されていた。
 以下に書かれていたのは、彼の悔恨と懺悔の想い。
 そして紛れも無く、俺が巻き込んでしまったことの証だった。



400: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:26:53.91 ID:x6AuZOQho

───────────────────────────────────



 本当に悪いと思っている。
 あんたには世話になっておきながら最後まで迷惑かけっぱなしだった。

 どうしてこんなことになっちまったんだろうなぁ?
 
 1997年に俺が秋葉原に赴いた際の任務は2つあった。
 1つはIBN5100の捜索。
 もう1つは、あんたの監視だった。
 
 驚かせちまったか?
 なんで自分が俺に監視されるんだって思っただろう。
 俺に理由はわからない。あんたが何をしたかまでは聞かされてないから。

 でもあんたにはきっと心当たりがあるはずだ。
 監視対象はSERN──300人委員会に害を及ぼす可能性がある人物。
 だからその対象者にあんたが選ばれた。
 そしてその監視者にこの俺が選ばれた。
 SERNの治安部隊という位置づけであるラウンダーという組織の構成員として。

 ところで隠していたみたいだが、あんた娘が2人いるんだってな。
 俺にも娘がいるからその愛おしさがよく分かる。
 そんな娘と離れ離れになってでもやりとげようっていうあんたの目的、気になって仕方がなかった。
 その疑問がいつしか俺の中で葛藤を生み始めた。
 命令通り、このままあんたを監視し続けてもいいのかって。
 恩を讐で返すような結末になっちまうかもしれないのにって。
 結局、俺は家族を守るために任務に徹した。流されちまった。
 
 あんたは気づいちゃいなかったかもしれねえが、あんたの娘2人にも委員会の監視がついていたようだ。
 委員会の周到さをナメすぎちまったかもな。
 その監視の情報は父親であるあんたを監視している俺にも伝わってきた。
 どこそこで暮らしていて、何を学んでいて、何を食べてるのかまで気持ち悪いくらいに詳細にな。
 そして委員会は傘下のとある組織の研究員に2人を加えて、あんたがやっていた研究を引き継がせていたらしい。
 けれどどうも、姉の方には研究の役に立たねえという理由から、結局俺たちがやってるような末端の汚れ役にされちまってたみたいだ。
 そんな組織のやり方が気に食わなかったんだろうな。姉は妹を連れて組織をぬけ出す算段を立ててたみたいだ。
 けれど委員会はそんなに甘くはない。
 何か理由をでっち上げて、姉を処分する腹積もりだったらしい。
 俺はどうにかそれを止めてやりたかった。
 あんたには世話になったから。家族を失ってほしくなかったから。

 ある時俺が、なんだって縁もゆかりもねえのにこんなによくしてくれるんですかって、聞いたことあるよな。
 そしたらあんた笑ってこう答えた。

 巡り巡って人は誰かに親身にしてもらうことになってる、だから貴方もいずれ誰かに親身にしてあげることだ、ってよ。
 
 そんな言い方もできる人なんだって感心したけどよ。
 その後、特に家賃に関してはって、付け加えたのがおかしくてよ。
 
 あんたと一緒に居た数年間。あんたの強引な空気に振り回されつつもそれがそんなにイヤじゃなくて。
 気づけばあんたのこと、父親かなんかのように思ってたのかもしれない。
 
 2000年を境に煙のように姿を消しちまったのは驚いたけどよ。
 あんたがなにかの目的のために娘2人と離れてまで生きてきたことは知っていたんだ。
 そんな風に何かを犠牲にしてまで歩んできたあんたが、俺のために色々してくれたこと本当に感謝してた。
 だから恩を讐で返すような真似はしたくない。したくなかった。
 けれど俺は止められなかった。
 あんたの娘は委員会に処分された。
 
 なあ、あんた今、近くにいるんだろ?
 せめて妹だけは守ってやってくれよ。
 俺にその力はない。俺にはこうやって、あんたに知らせることくらいしかできない。
 もし反抗すれば、委員会に仇をなす裏切り者として処分されちまうだろう。
 それはできない。綯を危険に晒すことだけは……できない。
 かといって、今までのようにあんたに迷惑をかけ続けることも、できねえんだ。
 俺にはもう、この道しか選べない。

 本当にどうしてこんなことになっちまったんだろうなぁ。



─────────────────────────────



401: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:28:45.88 ID:x6AuZOQho

 握った手に力が篭り、俺の手に包まれる便箋が音を立ててしわくちゃになっていく。
 色々な事が一度に頭に入ってきてぐちゃぐちゃだった。整理しきれない。
 1994年、死を偽装して上手くEMBIの連中を出し抜いたと思っていた。

──けれどそれはバレていた。
 
 天王寺裕吾が俺を監視していた。

──ラウンダーとして。
 
 俺の娘が監視されていた。

──そして殺された。

 ああああああ──
 絶望にも似た思いがこみ上げてきて、思わず叫びだしそうになっていた。
 鈴羽が生きてきた証である娘が殺された?
 俺が──俺と紅莉栖が守り通そうとした存在が奪われた?
 委員会の手にかかって?
 なんてことだ。俺たちは結局逃げきれてなどいなかった。
 それどころか守るために遠ざけたはずの娘たちにすら危険を及ぼしていた。
 そして殺された。彼の遺書にかかれていることが本当ならば。
 いや嘘など書く必要があるだろうか。
 文章を見る限り、俺の娘を守れなかった後悔と責任から彼は死を選んだようだった。
 ならば嘘を書く必要は──ない。紛れも無く真実だということ。
 その真実が俺の胸に深い闇を生じさせ、ぽっかりと穴を開けた。
 喪失感と絶望感。
 真っ暗な闇を漂うように俺も周りも不気味に揺らめいている。夢なら早く醒めて欲しかった。
 やがて訪れたのは悲しみ、怒り、悔み。
 俺はラジ館の壁を拳で打ち付けていた。
 くそ! ここまできて、なんでこうなるんだよ!
 俺はその場でへたり込んで下を向いた。ラジ館の無機質で冷たく暗い床に一滴の涙がはじけた。
 悔し涙で視界が滲んで見えなくなる。



402: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:29:51.98 ID:x6AuZOQho

「…………理解できたみたいだな、父さんが死んだ理由が」

「…………」

 俺は答えなかった。答えることができなかった。
 しかし綯の中ではその沈黙を肯定として受け取ったようだった。
 事実、俺は理解していた。紛れも無く俺のせいであった、と。
 俺と関わってしまったがために、彼は自ら命を絶つこととなった。

「そう、お前と関わってしまったがために父さんは死んだ」

 まるで心の中を読むかのように綯は俺を追及する。

「お前が中途半端に優しくなんてしたから父さんは死んだんだ!」

 先ほどとは打って変わって──
 綯は目尻に涙を浮かべながら俺の胸ぐらを掴んで、怒りに身を任せながらまくし立てる。
 俺は何も言い返せないでいた。
 結局、俺がやってきたことは無駄だったのだろうか。
 1975年に跳んで、記憶を失って。
 それから10年、鈴羽と共に穏やかな時間を過ごし、彼女がこの世に生きた証を刻むことができた。
 後に紅莉栖から知らされたのは、そんな幸せを壊す絶望だった。
 このまま時を過ごせば俺の幼なじみであるまゆりの命が失われる、と。
 すべてを捨てて1975年に跳んだのはそんな運命を変えたかったからなのに。
 その運命を変えようとすれば、1975年に跳んだ紅莉栖も俺も鈴羽も消える。
 そして鈴羽が生きた証である娘の存在も消える。
 そうならないために十数年間を費やし、そしてこれからまた数十年、戦い抜くはずだった。
 けれどムダだった。俺の生きてきた意義は霧消と化した。



403: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:32:02.26 ID:x6AuZOQho

 俺が前を向いて進み続けると決意するに至ったあの娘の命はすでに失われた。
 俺が長年かけて組み立てた計画は結局意味がなかった。
 2025年に俺は死ぬ。
 それはまだいいとして。
 こいつの言うことが本当なら俺が集めた仲間たちは、俺が死ぬのと同時に壊滅状態。
 何人かはダルとともに生き残り、タイムマシンを作り上げて共にSERNに立ち向かい、鈴羽がタイムトラベルをするために尽力してくれるだろうが……。
 それではきっと、未来は変えられない。
 鈴羽の意志は守れない。

「お前のせいだ」

 そうだ……。
 全部俺のせいだ。

「お前のせいなんだよ岡部倫太郎!!」

「…………」

「お前が何の算段もなしに1975年へとタイムトラベルなんてしなければこんなことにはならなかったんだよ!!」

 綯の容赦無い詰責が再び俺の心をえぐった。
 紛れも無く、本当のことだった。
 俺の心は急速に悔恨の念に支配されていく。
 俺がダルに最初のDメールを送らなければ。
 俺がSERNにハッキングしようなんて言わなければ。
 俺がDメール実験と称して世界線を不用意に変えなければ。
 俺が鈴羽の誘いを受けて、1975年へと共に旅立たなければ。
 俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が。



404: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:35:36.07 ID:x6AuZOQho

──俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺が俺俺俺俺俺俺俺俺。



405: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:37:45.78 ID:x6AuZOQho

 自責の思いは次々に生まれては俺の心をえぐりながら侵食していく。
 ずぶずぶと胸の中に沈み込んで楔を打ち込んで心を腐食させていく。
 頭がどうにかなりそうだった。
 逆に今ここで気が狂ってしまえば楽になれるとも思ってしまえるほどに。

「…………」

 そこでふと、違和感が俺の体の中を駆け巡った。
 待てよ?
 今こいつはなんといった。
 俺が1975年にタイムトラベルしなければ?
 いや、もちろんそれもあるが、そうではない。
 その前……。俺だ。俺の名前を呼んだ。
 岡部倫太郎、と。確かに!
 確かに俺は岡部倫太郎だ。紛れも無く。そして1975年へと旅だった。それは間違いない。
 けれどなんだこの違和感は。

「ま、まて。まてまてまて、綯よ! なぜこの俺が1975年へとタイムトラベルしたことを知っている!」

 そうだ。こいつにとっての岡部倫太郎は、今しがたタイムマシンに乗り込み、タイムトラベルした岡部倫太郎のはずだ。
 そして仮にあの機械がタイムマシンだと分かっていても1975年へと跳んだことが分かるはずがない。
 とするとなるといったいどういうわけだ。



406: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:40:10.32 ID:x6AuZOQho

「そんなこともわからないのか」

 わけが分からずうろたえる俺に反して綯は冷静だった。
 その冷静さが、感じている違和感を増長させ、余計に不気味なものと変えていく。
 俺は何か、とんでもないことを見落としているような。
 そうだ。天王寺の遺書に記された宛名は岡部倫太郎宛じゃなかった。
 宮野の名前でもなく、その後作った偽名だ。1994年に身をくらましてから使っていた戸籍の名だ。
 そして例え俺と幸高のつながりを知っていたとしても、岡部倫太郎と、後の2つは絶対につながらないはずだ。
 だから綯が岡部倫太郎と認識しながらこの俺に天王寺の手紙を渡すことは不自然なんだ。
 なのになぜ──
 いや、待て。もしかすると鈴羽が事あるごとに出した俺の本名が筒抜けだったということか?
 だとすると、もしや──
 いや、そんな、まさか──

「お前はバレていたんだよ。ずっとな」

 な……に?

「どういう……ことだ? EMBIを裏切って死を偽装して逃げてきたことか……?」

「ちがう。そうじゃない。そういうことじゃない」



407: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:42:51.02 ID:x6AuZOQho

「1975年へのタイムトラベル。それ自体、バレていたんだよ」

「なん……だと……?」

「まだ、わからないのか。お前は監視されてきた。1987年からずっとな」

「なに……1987年……?」

 思い出せ、1987年に何があったか。思い出すんだ、よく考えろ!
 1987年、それは──
 俺が記憶を取り戻した年だ。
 鈴羽の妊娠をきっかけに世界線を変えることができなくなった紅莉栖が俺に求めたのは記憶を取り戻すことだった。
 もはや世界線を変える決断をできなくなった紅莉栖は、判断を俺に委ねた。
 リーディングシュタイナーをもたない彼女ではもはやどうにもできなかったから。
 そして2人でロンドンへと赴き、とある人物の助けを経て俺は記憶を取り戻した──

「そう、お前の監視をし続けた人物は──」

 記憶を取り戻すための治療法は精神療法──

「1987年にお前の精神療法を施した──」

 その人物とは──

「ミゲール・サンタンブロッジオ──」

 ミギーの愛称で呼ばれていた男──

「300人委員会を構成する1人だよ──」



408: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:44:16.72 ID:x6AuZOQho

 突然、頭を殴られたような衝撃が俺を襲った。理解が追いつかない。
 なんてことだ、信じられない。
 あの朗らかで気立ての良いイタリア人が300人委員会の連中だと?
 あの時から俺は監視対象だった、と?
 しかしなぜだ。俺はバレるようなことは何もしていないはずだし、紅莉栖もうまくフォローしてくれたはずだ。

「奴は世界中に隠し子がいるみたいでな。それは日本も例外じゃないんだよ」

「なに……?」

「奴は日本語も堪能だ」

「バカな……」

 だが彼は紅莉栖に通訳を依頼していたはずだ……。それがなぜ……?

「わからないのか?」

「え……?」

「1975年に跳躍したお前たちはその場でタイムマシンを破棄──姿をくらませたはずだ。だけど、タイムマシンは自然に消える訳じゃない。委員会は調査し、調べあげ、そして解き明かした。それがタイムマシンであるものだったと」

「まさか……1975年でそんな……」

 いや、SERNはすでに1973年において時空間転移の研究を極秘に行っていた。
 ならばあの機体をタイムマシンと結びつけるのはおかしな話ではない。



409: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:45:52.50 ID:x6AuZOQho

「タイムマシンはあれど、タイムトラベラーはいない。ならば委員会はどうする? ずっと探されていたんだよ、お前たちはな」

 あのタイムマシンは国籍不明の人工衛星のまま、調査が進まずにやがて破棄されたはずだった。
 けれどそれはきっと情報統制された報道だったのだろう。
 俺たちはまんまとその罠に乗せられたんだ。

「候補は他にも数名いたようだが、その中に牧瀬紅莉栖がいた。無論彼女はそれなりに上手くやっていたようだが、少し目立ちすぎたようだ。委員会を甘く見ていたな。ミゲールは巧妙に牧瀬紅莉栖に取り入り、そして手に入れた。確たる証拠を」

「…………」

「精神療法の最中にお前が口走った記憶の残滓には、当然タイムマシンの情報もあるだろう。牧瀬紅莉栖がそれを上手くフォローしたとしても当のミゲールには筒抜けだ」

 だとすると紅莉栖がEMBIの研究に携わったのも、偶然の産物などではなく。
 紅莉栖や俺を監視下に置くための策だった──?
 結果は予想以上の成果が出て、その成果を封印するため俺たち2人は逃亡を企てたが、それでも奴らは俺たちを捕捉し続けたということだ。
 周到に、狡猾に。
 委員会に牙をむく時の反逆者として。
 つまり、俺たちの目論見は結局甘かったということだろう。



410: ◆gzM5cp9IaQ:2015/10/30(金) 03:46:58.26 ID:x6AuZOQho

「お前たちのような個人が死に物狂いで頑張ったところで委員会という大きな壁は打ち崩せないんだよ」

 綯の言うとおり、国家の枠組みを超越した機関に対して、あまりに希望的観測な判断で挑みすぎた。
 時を越えたとはいっても俺はただの研究者。スパイ映画に出てくるような超人なんかじゃない。
 きっと己の力を過信しすぎていたのだろう。
 時を見定める者として、なんでもできると思っていた。
 そんな傲慢な観測者に対して罰が下ったのだ。

「そしてお前は絶望に打ちひしがれながら命乞いをして──死んでいくんだよ」

 EMBIでの不老不死の研究のさなか、紅莉栖は言った。
 本来、人間は時の流れには逆らえない。それを無理やり捻じ曲げようとすれば、人は罰を受ける。
 まさに今の俺がそうだった。



419: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 11:47:48.39 ID:BuEWzbFwo

「…………」

 言葉が出なかった。俺の喉からにじみ出るのはひび割れたような呼吸音だけ。
 再び、涙がこぼれた。
 滴り落ちた涙は俺の頬を伝って、固く冷たい床に叩きつけられてばらばらに砕け散った。
 やはり俺たちは1975年へと跳ぶべきではなかったのだろうか。
 35年もの歳月を積み重ねて突きつけられた現実。
 世界はどこまで行っても非情なものだった。
 俺は鈴羽を失い。娘も失い。さらに未来も失った。
 そんな俺はこれからどう生きていけばいい?
 絶望の未来が待つ15年後に向けてどんな想いを持てばいい?

「……っ」

 先ほどから嗚咽と震えが共鳴するように大きくなり、次第に見えてるもの全てを歪ませるようにかき回していく。
 絶望などという言葉では表現しきれないほどの深い闇が、俺の世界を破って侵攻しようとしてきた。
 その深淵に、俺の体は刻まれていく。心が切り離されていく。
 信じてきたものが散り散りになり、もはやかき集めることも不可能なくらい、崩壊しようとしていた。
 このまま闇に飲まれて何も感じなくなれば、まだ苦しまなくていいかもしれない。
 襲いかかる底なしの暗黒に身を委ねかけていたこの俺を引き戻したのは綯の一言だった。

「さあ約束だ。父さんを助けろ」

「な……に……?」

 からからに乾ききった喉を奮い立たせ、懸命に動かした。
 雑音が混じったようなだみ声に自分でも驚く。



420: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 11:50:24.14 ID:BuEWzbFwo

「任せてみろと言ったよな? このまま父さんを見殺しにしたまま生きていくというのなら、お前を殺す。15年後にな」

 見るに耐えないひどい顔をしていたであろう俺にかける、綯の情け容赦ない辛辣な言葉。

「それが嫌なら父さんを助けてみろ、救え。このまま何もせずに無為に過ごすなんて許さない。お前はすでに時の環を崩した大罪人だ。罪の意識を抱け。贖え」

 だがある意味で、この酷薄な罵倒が現実感と気概を与えてくれる。
 天王寺を助けるという新たな目標を目の前に、俺の心と体はつぎはぎながらも足並みを揃えてまとまったような気がした。

「無茶を……言ってくれる……」

 相変わらずしゃがれ声しか出すことができないが、先ほどより幾分か鮮明に聞こえたような気がした。
 俺としてもこのまま黙って見過ごすことなんてできない。
 ならどうすればいい?
 どうすれば天王寺を助けられる。どうやって死んだ人間を救う。
 それには世界線を変える他ない。つまりはタイムリープかDメールを送るしか方法は無い。
 タイムリープは論外だろう。タイムリープのみでは世界線を大きく変えることはできない。
 人のちょっとした行動や過程を変えることはできても、結果までは変えることはできない。
 天王寺の死因を変えることはできても、死を回避することはできないだろう。まゆりの時と同じように。
 ならばまゆりを救うための”薬”を使うか?
 いやしかし、まゆりならともかく、天王寺が俺の言うことを素直に聞いてくれるとは限らないし、彼の悔恨が消えるわけではない。
 そもそも、天王寺を助けたとしても俺の娘が死んだことには変わりは無いんだ。
 ならDメールだ。
 だがどう送る? いつにどんなメッセージを送れば俺が望んだ結果になる?
 俺が初めてメールを使い出したのは1995年にMindorz95のパソコンを導入した日だったか。
 ケータイへのメールと違ってパソコンのEメールで、Dメールの受信はできるだろうか。
 仮に送れるものとして、だ。
 1995年──確かに、天王寺との出会いの2年前ではある。
 その日の俺に彼と必要以上に近づかなくなるようなメール……つまり彼がラウンダーであるという旨のメールを送ればどうか?
 そうすれば当時の俺は警戒し、彼と親しくなることはなく、天王寺が自殺することもなくなるのではないか?
 だがそれだけでは不十分だ。
 なぜなら、それだけでは俺についた監視の目は取り除けない。
 それはつまり、俺の娘まで監視下に置かれるのは変わらず、やがて……命を落とす可能性が高いだろう。
 そんなのだめだ。それはさせてはいけない。そんなことあってはならない。
 鈴羽の生きた証である彼女をわずか22年という短い命で終わらせたくはない。
 もっと生きていて欲しい。
 親としては当然の感情ではあるが、鈴羽がいない今、その感情はより一層大きくふくれあがっていた。
 絶対に、死なせたくない──



421: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 11:52:56.12 ID:BuEWzbFwo

 
 ならばどうする。どうすれば助けられる。
 どうすれば過去を変えられるというのだ。
 俺は自分の中で自問自答を繰り返す。
 ミゲールにタイムトラベラーとしての証拠を掴まれたことによる付いた監視の目。それを取り除かねば、恐らくは俺の望む結果にはならない。
 だが1995年へのDメールではその過去を改変することはできない。
 薄暗い階段の踊場で膝をつき解法に考えを巡らせるが答えは出てこない。
 やがて外が随分と騒がしくなってきた。
 消えたタイムマシンが話題となり、野次馬を呼び寄せているのだろう。パトカーのサイレンも鳴り響いている。

「タイムマシンが消えたことによって警察が動き出したか……」

 綯は壁の向こう側を見透かすように目を細めて音がする方を見ながらつぶやくと、やがて俺の方を見て言った。

「捕まるのはごめんだ。私は先に行くぞ岡部倫太郎。いいか、必ず父さんを救え。さもなくば──」

「わかっている……」

 俺がそう答えると綯は階段の闇へと消えていった。
 徐々に近づいてくるサイレンの音が、俺に時間が残されていないことを告げていた。
 早くこの場を離れなければ、という思いが一層強まり、俺は立ち上がって階段を駆け下り始めた。



422: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 11:54:52.02 ID:BuEWzbFwo

 急いでラジ館を抜け出し、人の群れをかい潜るようにしてラボへと逃げてきた。
 薄暗いラボ内に充満するのは、時が止まったのではないかと錯覚するほどの静寂。
 時計を確認すると7時30分の表示が、ちょうど7時31分へと変わったところだった。時間は確実に通りすぎようとしている。
 俺はその静けさの中、再び考え始めた。
 どうすれば天王寺裕吾を救い、俺の娘の助けることができるか……。
 それも過去を大きく変えずに、だ。
 下手に世界線を変えてしまえば今までの計画は水の泡になる可能性があった。
 だから慎重に考えてDメールを送らねばならない。
 俺は再度自らに問う。
 そんなこと本当にできるのか? 俺はみんなを助けられるのか?
 誰かを助けるためには、誰かの命を切り捨てなければいけないんじゃないのか?
 普通はそうだ。普通なら誰もがみんな、取捨選択して生きていく。
 なにもかもを手に入れる人生なんて、ない。
 だが俺はそうしなければいけない。
 だって、そうするために戦ってきたんだから。
 鈴羽の思い出を消さずに、まゆりを助ける。俺はその想いを抱きながらここまで戦ってきた。
 今更それを諦める訳にはいかない。
 俺は俺が思うがまま、すべてを手に入れてやる。そう強く決心したんだ。
 傲慢といいたくば言え。不可能だと笑いたくば笑え。俺は俺の道を貫いてやる。
 だからこんなところで立ち止まっているわけにはいかない。
 志半ばで息絶える訳にはいかない!

──必ず、みんな救ってやる!!



423: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 11:56:09.01 ID:BuEWzbFwo

 ふとまゆりのことを思い浮かべた。
 ここまで来るのに35年かかった。やっとここまできた。
 後もう少しで、悲しい運命からまゆりを解き放ってやれると思っていた。
 だがあと少しのところで俺の行く手を阻む魔の手が忍び寄っていた。それは世界の罠ともいうべき存在。
 すべてを手に入れるなどとのたまう傲慢な人間に与えられた罰。
 だから俺から奪っていくのだ。そう感じた。
 せっかくまゆりを助けられるところまで……来たのにな。
 俺は目を閉じて、35年の人生を反芻した。
 思えば色々なことがあった。
 鈴羽と紅莉栖と俺の、奇妙ながらも賑やかだった共同生活。
 資金繰りに苦しみつつもIBN5100を目指し躍起になったこと。
 幸せはすぐそばにあったのに、あまりに近すぎて見えなかった10年間。
 そして手に入れた温もりと、宝物。
 失われた記憶が蘇るとともに追随するように訪れた絶望。
 闇と落ちていく俺に手を差し伸べてくれた恩人達。
 そして今この時に至るための計画と、神をも冒涜する研究に身を投じた日々。
 35年間の歩みが走馬灯のように思い出されていた。

──そこに、ヒントがあった。



424: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 11:58:31.75 ID:BuEWzbFwo

「…………っ」

 思わず息を呑む。脳髄に電流が走ったかのような衝撃が襲い、体全身を痺れさせた。
 まさか……そんな。
 まるで呼吸の仕方を忘れてしまったかのように口を大きく開けては閉じる。
 傍から見れば餌をほしがる金魚のように見えたかもしれない。それくらいの衝撃だった。
 地に足がつかないようなふわふわとした感覚に陥る。
 行けるかもしれない。いや、行ける。届く。

──1987年に。

 たとえ偶然の産物だとしても。
 俺はそれが必然のように感じられた。

──ポケベルだ。 

 そう、俺は1986年にポケベルを手にしていた。
 鈴羽が持っていたこともあり、俺も強引に持たされていたのだ。
 例えポケベルだろうとDメールを受信することは可能であり、それに伴う世界線の変動も確認している。
 ルカ子の母親に送ったDメールが何よりの証拠である。
 そしてそのDメールは見事に機能し、ルカ子は男から女になった。
 ならば今回もポケベルは使えるのではないか。
 あいにく、俺が持っていたポケベルは文字表示ができない。がしかし、2タッチ入力といって、2つの数字を組み合わせて文字を表現することはできる。
 だから2タッチ入力で目的の文に相当する数字を送れば、文字として解読できる。
 すぐにネットで情報を得て文章を考えた。
 ポケベルへのメッセージ送信の方法についても調べる。
 まず宛先は俺のポケベルの番号だ。
 そして関東地方なら*2*2と打ち込む必要がある。
 その後に入力した数字が相手のポケベルに表示されるという仕組みだ。
 つまり*2*2の分も必要になるため、ひらがなで16文字。さらには濁点も一文字として換算せねばならない。
 俺は考えた文章を数字に変換し、ポケベルへと打ち込む。
 焦りと不安が俺の指を震わし文字がうまく入力できない。
 落ち着け、焦るな。
 やがて入力が終わると俺は間違いがないか何度も確認する。



425: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 11:59:40.22 ID:BuEWzbFwo

     *2 *2 
     72 24 04 69 93 61
     34 93 03 55 44 31
     22 19 69 38

 文字入力に対する数字の割り当てはこうだ。
 変換するとこうなる。

     みけ゛─るは
     せるんのてさ
     きD─M

 最後のD─Mの意味するとこはきっと俺と紅莉栖ならば理解できるはず。

     D─M──D─Mail──Dメール



426: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:00:40.74 ID:BuEWzbFwo

 これがDメールであると、理解してくれるだろう。
 この文章を見ればミゲールサンタンブロッジオに接触する危険性に気づき、行動も変わるはず。
 厳密に言えば奴はSERNの手先と言う訳ではなく、300人委員会の1人ではあるが、文字数制限と、単なるいたずらで済ませられてしまう可能性を考えればこの文章の方がベターだろう。
 あとは信じるしか無かった。
 このDメールがきっかけで再び世界線は大きく変わるかもしれない。
 まったく変わらないかもしれない。
 そのことに対する不安がないわけではなかった。
 しかし──
 いかに行動しようとも、少なくともそれは無為よりはましである。
 タイムリープで逃げ込んだあの2日間のようにこのまま何もせずに生きていくなんて、できない!



427: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:06:55.88 ID:BuEWzbFwo

 俺は自分の携帯をにぎりしめ、祈った。
 もしかしたら俺が積み重ねてきた年月が無駄になってしまうかもしれない。
 もしかしたら過去は変わらず、絶望を突きつけられるかもしれない。
 だが不思議と怖くはなかった。
 だって俺には大切な仲間がいるから。決して1人じゃ無いから。
 鈴羽も紅莉栖も、そのことに気づかせてくれた。
 彼女らが居てくれれば俺はきっと、再び立ち上がる。
 不死鳥のように何度でも──
 なぜなら俺は狂気のマッドサイエンティスト、鳳凰院凶真だからだ。
 俺は決して──
 諦めない──!!

 そう心に強く念じ、指に力を込め──
 メールは過去へと送られた。



428: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:08:12.63 ID:BuEWzbFwo

 世界が暴れまわっていた。
 突然強烈な夕日に照らされてあらゆるものがその姿形を崩していきながらゆらりゆらりと揺れまわっている。
 今は懐かしい、世界線変動の証明。リーディングシュタイナーが観測する世界の歪み。
 
 世界線は変わった。
 強烈な目眩によって抑えたまぶたをぐりぐりとほぐしながら、おそるおそる現実を直視する。
 不安も恐れも、今になって怒涛の勢いで襲い掛かってくる。
 俺の心臓は激しく波打ち、全身を震わせるように血液を送り込んでいる。息が苦しい。汗が止まらない。
 ラボの開発室で電話レンジを目の前にしていたはずの俺は今、ラボ──大檜山ビル2階──の扉の前にいた。
 1枚の鉄の扉を挟んだこの先がいったい、地獄なのか、はたまた俺が望んだ楽園なのか。
 動機が収まらない。
 このまま観測しなければ未来は確定しないのではないか。
 そんな甘えた思いが俺の胸によぎる。がすぐにそんな考えは捨てる。
 まず携帯を取り出し、すぐにとある人物の元へと電話をかけるために記憶に残る彼の番号を打ち込む。
 宛先はミスターブラウンこと天王寺裕吾。
 今ここで電話に出れないというのであれば、変動したこの世界線でも命を落としている可能性がある。
 そうなれば俺がDメールを送った意味がなくなってしまう。
 俺は震える手でケータイを握りしめ、意を決して電話をかけた。



429: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:08:54.17 ID:BuEWzbFwo

 コール音が俺の耳に響く。
 1,2,3,4……。
 出ない……。
 5,6,7,8……。
 俺の賭けは無駄だったのか?
 9,10,11,12……。
 すべてを台無しにするリスクまで負って、無駄で終わってしまったのだろうか。
 13……のコールが鳴る寸前、電話がつながった──

『はい、天王寺ですが──』

「…………っ」

──言葉が出なかった。

 救うことができた。
 きっと歪めてしまった綯の因果も正すことができたに違いない。
 だがここで安心するのは早い。もう1つ確かめねばならないことがある。
 だから俺は彼を問い詰めた。
 娘の名前を出し、どこへ連れて行った、と勢いに任せてまくし立てた。
 すると彼の反応は──



430: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:10:12.24 ID:BuEWzbFwo

『は、はぁ!? 誰のことだよおい──ってかあんた、誰だ。まず名乗れや、それが礼儀って──』

 そこで俺は電話を切る。
 この口ぶりからすると、恐らく何も知らないのだろう。
 彼の預かり知らぬところで娘が命を落としているという可能性は拭い切れないが、天王寺の反応を聞く限りでは過去は変わっているようだった。
 ミゲールに俺たちがタイムトラベラーだと確たる証拠を掴まれなければ──
 いや、それ以上に、奴が俺たちの敵だと、1987年の時点で感づいていれば──
 きっと監視の目に怯えて逃げまわるような人生も変わっているかもしれない。
 それはつまり、俺たちが子供2人を残して姿を消すようなことはしなかった──そう信じるには十分な反応だった。
 もちろん娘の安否を確認するまで確証を得られたわけではなかったが、天王寺の無事が俺の心を幾ばくか罪の意識から解放してくれた。

「さて、問題は……」

 この扉の先──ラボの中である。
 時刻を確認するとすで7時50分を回っている。8時を過ぎれば恐らくラウンダーが襲撃してくる。時間はあまり残されていない。
 3人がこの中に居ることを祈って──
 俺はあの夏への扉を開いた。



431: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:12:32.50 ID:BuEWzbFwo

「…………」

 飛び込んでくる照明の光。一瞬目がくらむ。
 おぼろげに浮かぶのは、扉を開けた人物を探るようにこちらを見つめる3人。ラボの中央で談笑していたようである。
 紅莉栖、ダル、そして──まゆり。
 紅莉栖とまゆりは隣同士、ソファに座っていた。
 ダルはテーブルを挟んだ向かいで地べたに座している。
 俺は眩しさや、込みあがってくる色々な想いに目を細めながら心のなかで言った。

──ただいま。

「あー、オカリンだぁー。どこ行ってたのー? 遅いよー。もー」

「ちょ、タイムマシンの修理乙の宴会するっつったのオカリンなのに遅れてくるとか……。そのせいで僕たちはピザを目の前にお預け食らったわけだが。許さない、絶対にだ」

 まゆりとダルは俺を責め立てるように口をとがらせている。
 あまりの懐かしさに思わず目頭が熱くなる。



432: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:14:22.39 ID:BuEWzbFwo

「岡部、遅いわよ」

 紅莉栖は俺の目をじっと見ながらこちらに寄ってきた。そしてまゆりとダルには聞こえぬようそっと耳打ちしてくる。

「ちょっと、何やってたのよ。私たちや鈴羽の荷物を回収するだけでしょ? なんかトラブった訳じゃないわよね」

 この言葉を聞いて──いや──”紅莉栖の姿”を見て安心する。恐らく計画通りに事は進んでいるのだろう。

「いやなに、問題はない。多少の困難はあったがな。だが事を起こす前に確認したいことがある」

「なによ……」

「俺たちはシルバーブレットを開発した。そして今鈴羽の想いを引き継ぐためにここにいる、それでいいな?」

「いきなり何を……」

 紅莉栖は俺の言葉に怪訝な顔をする。
 むむむ……この反応は……?
 もしや世界線の変動で計画自体なくなったことに?
 いやだがしかし、そうでなければ今この状況は生まれていない!
 俺には確信めいた思いがあった。



433: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:16:51.07 ID:BuEWzbFwo

「あっ……」

 そこで紅莉栖は何かに気づいたようにはっとして小さく声を漏らす。

「そっか。1987年のポケベルへのDメール……が送られたのが今なの……?」

 さすがに察しがいい。しっかり記憶に残っていたようだ。

「そうだ。つい今しがた俺はDメールを送ってこの世界線に辿り着いた。計画の内容を聞きたい。俺の予想通りならば──」

「分かった、端的に話す」

 俺はぼそぼそと話す紅莉栖の内容に聞き入っていた。

「ちょっとちょっとオカリンと牧瀬氏内緒話ー? リア充爆発しろー、こらー!!」

「うるさいぞ、少し黙っていてくれ」

 ずかずかと紅莉栖の耳打ちを聞こうと近づいてくるダルを押さえつけて言い放つ。

「ちょ、オカリン昨日から僕に冷たくね? サイクリングの時もさー……」

「ダル、今は落ち着け。ピザでも食ってろ」

 むすっとして不平を言うダルを腕で押しのけながら言う。
 今は時間がない。一刻も早く現状を把握しなければならない。

「共食いしろってことでおk? じゃなくて固有結界イクナイ。何がクニだよおらー」

 とダルが怒りながらいうのとは別に、まゆりがぼそりと言葉をこぼした。

「オカリンとクリスちゃん、今日はなんか別人みたいだねー」

「…………っ」



434: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:19:09.66 ID:BuEWzbFwo

 俺と紅莉栖は一瞬言葉を失った。
 やはりまゆりには分かるのだろう。おそらくは直感のようなもので。

「なんだかねー。とっても若いのに、とっても年を取ったー、みたいな感じがするよー?」

「ちょ、まゆ氏イミフー──って、もしかして2人は知らず知らずのうちに大人の階段を……はぁはぁ……はぁはぁ……」

 通常運転でHENTAI街道をまっしぐらなダルは一度捨て置こう。
 俺はこれから訪れる悲劇に備えて仮面をかぶった。

「何を言うまゆり! 俺は別人などではない。紛れも無く狂気のマッドサイエンティスト鳳凰院凶真であーる!」

 そう、俺がまゆりを助ける為に作り上げたペルソナを今一度身につけ──

「人質を我がものとすべく、幾度と無く時空を超え──ついにこの瞬間まで辿り着いたのだぁっ!」

 長い年月を経て、この場所へと降り立った──

「まゆり、我が言葉。覚えているな?」

「言葉ー?」



436: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:20:49.86 ID:BuEWzbFwo

 まゆりを連れて行かせないための文句はこうだった──

「貴様は我が人体実験の生け贄だ」

 まゆりは俺の人体実験の生け贄──

「もちろんだよー」

 ガキの頃口を衝いて出たセリフをもう一度言うと、まゆりは笑顔を輝かせながら頷いた。

「ならば、この薬を飲むのだ」

「なぁにー? これー。お薬ー?」

「いいから、飲むのだ」

「ちょ、いきなり怪しげな薬飲ますとか……ぺろっ、これは媚薬……!? それなんてエロゲ? ってか牧瀬氏止めたほうがいいんじゃね……?」

「…………」

 ダルは紅莉栖に、それとなく制止を促した。
 紅莉栖はこっちを見たまま押し黙ったままだ。
 紅莉栖には止める気がないと見てやがてダルは溜め息をついて諦めた。
 それもそうだろう。紅莉栖が否定するはずがない。なにせ、この薬を作ってきたのは俺たち2人なのだから。
 まゆりのため──
 まゆりを救うため──
 まゆりを──



──殺すために。



437: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:23:16.72 ID:BuEWzbFwo

「まゆり! お前には今、恐ろしい病魔が潜んでいる! ゆえにその薬を服用するのだ! だが覚えておけ? それは人質を救うためなどではない。この先、俺が世界の支配構造を打ち砕く為の実験なのだフゥーハハハ!!」

 まゆりは訝しげに薬を見つめている。やはり俺からとはいえ、見るからに怪しい薬を飲むことには抵抗があるようだ。
 そんなまゆりに対して俺は怒るでも急かすでもなく。

「大丈夫だ。俺が──いや、俺たちが保証する」

 紅莉栖を見ながら、努めて優しい声色で言った。まゆりが紅莉栖を一瞥すると紅莉栖は無言で頷いた。

「信じろ──俺たちを──」

 今度はまゆりの目を見て言った。 
 紅莉栖に向けられていた視線が再び俺へと戻る。まゆりは何かを探るように視線をぶつけてくる。
 俺たちの様子を見て納得したのか、まゆりはやがて──

「それじゃあ、仕方ないねえ~。なんのお薬かは分からないけど……オカリンと紅莉栖ちゃんが言うなら……まゆしぃは、飲むよ……」

「ちょ、まゆ氏マジで? だいじょぶなん?」

「大丈夫だよ~、ダル君。2人が言うなら……きっと……」

 そう言って、薬を口にし、飲み込んだ。
 飲んだ。飲み込んだ。
 本当に飲ませてよかったのかと、ほんの一瞬、思う。
 だって──だってこれから起こるのは──

──椎名まゆりの死だから。



438: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:26:46.60 ID:BuEWzbFwo

 
 世界が決定づけたまゆりの死が訪れるはずだから。
 まゆりが薬を飲み込んで十数秒。わずかだけど、とても長い時間が経ったように感じた。
 筆舌に尽くしがたい緊張感が室内を駆け巡る。
 そして変化は突然に訪れた。

「うぅ……」

 まゆりが苦しそうに呻き始める。時計を見やると8時。
 始まった──
 許してくれとは言わない。なんとか──耐えてくれ。

「ま、まゆ氏……? どしたん? その演技はちょっとシャレになってない件……」

「演技ではない」

「あ……うっ……うぅっうぅ!」

「いやいや、だからー。ぼ、僕を騙そうったってそうはいかないんだからね!」

「演技などではない……!」

 喉元を掻き毟りながら涎を垂れ流し、ついには膝をついて唸り始めた。
 あまりの急な変化に、体が凍りついてしまったかのように硬直する。
 悲痛な呻き声が俺の心を抉る。苦しみにゆがむ顔が俺の体を引き裂く。
 思わず目を背けたくなる光景。
 だが俺は目を背けなかった。
 紅莉栖も同様だった。自分の腕を強く抱き、身体を震わせながらまゆりを見つめている。



439: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:28:05.25 ID:BuEWzbFwo

「お、オカリン! 何飲ませたんだよ! まゆ氏に何を飲ませたんだよ!!」

 ダルが鬼気迫る勢いでこちらを問いただしてくる。
 それを紅莉栖がそっと制して首を振る。

「牧瀬氏……? なんで止めるん? なんでなにも説明してくれないん?」

「ダル、今はただ、黙ってみていてくれ……。直に、わかる。そしたら全て、話そう」

 もっとも、その猶予もあるかどうかは、わからないが。
 すべてを語るのはきっと遅くなるかもしれない。

「オカリン! お前自分がしたこと分かってんのか!? なあ!」

 ダルのその言葉に俺は反応しない。体が動かなかった。
 動いてしまえば俺の心と体はばらばらに四散してしまいそうなほど、緊張感と罪悪感によってがちがちに固められていた。
 拳が裂けそうになるほどほど強く握り、唇が破れそうになるほど歯を食いしばりながら耐える。
 ダルはそんな俺の様子にたじろいだのか、やがてその怒気を無くし、静かになった。



440: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:29:10.92 ID:BuEWzbFwo

「ぁ……うぅっ……」

 依然として苦しみに耐えながら悶えるまゆり。
 膝で立っていることもできなくなり、最後には床に横たわりうずくまる様にして体を丸めている。
 とてもじゃないが見ていられない。見ていられないが──
 見届けなくてはいけない。椎名まゆりがちゃんと、この世に生きていたという証を。
 それが俺たちに出来る最後の責任だから。

「あつい……からだが……あつい……よ、おかり……」

 俺の名前を呼んだかと思うと──

「ぁっ……」

 小さく言葉をもらし──
 体を大きく跳ね上げ──
 やがて──



441: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:30:35.53 ID:BuEWzbFwo

「まゆ氏……?」

 ダルは目を皿のようにしてまゆりを見つめている。
 俺はがくがくと打ち震える両脚に鞭を打ってしゃがみ、そっとまゆりの手を握る。
 とても、とても熱かった。まるで最後の命の灯火を燃やしてるかのように。

「ごめんな、まゆり……苦しかったろう? 痛かったろう? だがもう少しだ。もう少しで楽になる……」

──まゆりは動かなくなった。

 すまない──まゆり。
 こうするしかなかったのだ。
 重くのしかかる罪悪感に押しつぶされそうになりながらも俺は最後までまゆりの姿を見続けた。
 その場に居た者は誰1人として言葉を発することはなかった。いや、できなかった。
 俺も紅莉栖も、ダルも。

──そしてまゆりも。



442: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:31:54.27 ID:BuEWzbFwo

 どれほど時間が経ったのだろう。
 ラウンダーによる襲撃は未だに起きていないことから、決して長時間は経過していないはずだ。
 けれども重度の緊張とうだるような熱さのせいで衣服は汗に湿り、そして時が止まったかのように苦しんだままのまゆりの姿が心の臓を氷のように凍らせ、体は冷えていった。
 やがて室内に煙のようなモヤが発生した。煙の発生源は──まゆりの体。
 その体は──
 徐々に──
 放出した煙と比例するように──
 その体積を失っていき──
 終いには──

──小柄な子どもの体へと、変化を遂げた。

 さっきまでの静寂とは種類の異なる別の静寂が乗り移ったかのように、静まり返っていた。
 相変わらず、誰も言葉を発することはなかった。



443: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:33:37.81 ID:BuEWzbFwo

「…………」

「うぅ……」

 小学生低学年ほどの体のその主はまぶたを閉じたまま、小さく唸った。
 その声が──反応が、彼女の命を証明してくれる。

「な、な……」

 隣でダルが信じられないものを見たような表情をしていた。

「まゆ氏が……ろ、ロリに……?」

 紅莉栖はただただ黙ってその小柄な少女の姿を見つめていたが──やがて、その子を抱きしめて言葉を発した。

「ごめん……ごめんねまゆり……。こんな思いをさせてしまって。とても辛かったでしょう……?」

 罪の意識にまみれた言葉をかけながら、労るように、慈しむようにぽつりぽつりと言葉を紡いでいく。
 そんな紅莉栖の言葉に対して、少女は一言、ただ一言だけ言葉に出した。

「クリスちゃん……? まゆしぃは、だいじょうぶ、だよ……?」

 その言葉を聞いた瞬間、紅莉栖は泣きだしてしまった。
 俺も、崩れるようにその場にうずくまった。
 きっと助けられたんだ。
 椎名まゆりという存在はきっと消えてしまったけれど。
 まゆりの命、ひいては魂は世界に奪われること無く、助けることができた──救うことができた。



444: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:35:16.41 ID:BuEWzbFwo

  
 そう、これが俺たちの研究。
 長年を費やして完成させた薬。とても恐ろしい研究成果。神をも冒涜する禁忌の力。
 最初はまったくの偶然だった。奇跡の産物だった。
 動物実験のさなか、偶然、死亡したと思われていた個体が幼児化し、生体反応を示した。
 その被験体を詳しく調べてみると、テロメアは伸長し、細胞は若返っていた。
 薬の作用によって、故意に爆発的なアポトーシス──細胞の自死を引き起こした後、テロメラーゼ活性により細胞の増殖能力を高める。
 その後アポトーシスの作用によりDNAプログラムが逆行し、神経組織を除いたすべての細胞──骨格、筋肉、内蔵、毛髪、すべてが遡るのだ。

──まるで記憶を除いた体のすべてが、過去へと遡ったかのように。

 だが俺たちは思った。これはまゆりを殺すと同時に──救うこともできるんだ、と。
 再構成されたまゆりは椎名まゆりであって、椎名まゆりではない。
 細胞レベル、分子レベルで見れば全く別の存在とも言えるだろう。
 そして人間の命の設計図ともいわれるDNAは、日々自己変革を遂げている。
 その理由は様々だ。環境の変化、傷害、傷病。
 長い年月をかけることにより少しずつ変化をするDNAはやがて、人体の構造をも変えていく。
 再び、まゆりが先ほどまでの年齢にたどり着く頃には、社会はもちろん、彼女を構成していく様々な要因は劇的に変化しているだろう。



445: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:36:32.92 ID:BuEWzbFwo

──まゆりの存在を消すことで、まゆりを救う。
 
 俺たちはその薬に1つの願いを込めてこう名付けた。
 まゆりを殺すはずだった一発の銃弾になぞらえて──
 けれどもそれは、課せられた無慈悲な運命をも打ち砕く厄除けの弾丸──



       シルバーブレット
     ” 銀 の 弾 丸 ”──と。



446: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:37:32.85 ID:BuEWzbFwo

 弾丸を打ち込まれた椎名まゆりは今ここで死んだ。
 桐生萌郁たちラウンダーが邪魔者であるこのまゆりを殺すことも、恐らくないはずだ。
 いや、そんなこと絶対にあるはずがない。俺はそう確信する。
 運命がまゆりを殺すのであれば、この薬こそがまゆりを殺すはずだから。

「まゆり、すまない。こんな結果になってしまって……」

 俺はぶかぶかになった衣服に包まれるまゆりを抱き上げた。
 持ち上げられるほどに軽くなったその体。それでも俺の腕にはズシリと重くのしかかる。
 今のまゆりは年齢にして6,7歳。体重は20kg前後はあるだろう。
 俺はふと昔を思い出していた。
 俺たち2人は幼なじみとしてよく遊んでいた。
 目を話すといつもふらふらとどこかへ行ってしまいそうな少女。
 どこか頼りない感じのするまゆり。
 小学生の頃、ふざけあってキスした覚えだってある。
 まゆりの祖母が亡くなってからはより親密に、より密接に関わるようになった。
 人質とマッドサイエンティストという関係。人体実験の生け贄。
 ガキの頃覚えたそのセリフが、半世紀近く経った今実現するような形になってしまった。



447: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:38:51.13 ID:BuEWzbFwo

「まゆしぃは、オカリンの役に立てたのかなぁ?」

 まゆりはどこか遠くを見るようにたどたどしい口調で、言った。

「当たり前……だろ?」

 俺がそう答えると、まゆりは力なくも、満面の笑みを浮かべた。

「そっかぁ……えへへぇ……」

 俺はその笑顔を見ながら抱きかかえたまゆりを開発室へと運んでいく。
 開発室の隅っこに置かれた巨大な球状の機械に目をやると、まゆりを床にそっとおろし、その球状の機械を持ち上げる。
 未来ガジェット7号、攻殻機動迷彩ボール。
 6型ブラウン管を組み合わせ巨大な球体を作り小型のMosカメラを用いて擬似的に光学迷彩を再現することが出来る。
 中は空洞になっていて、小柄であれば大人でも入り込めるほどの容積がある。
 まさかこんな風に使う日が来るとはな。
 その巨大な球体をまゆりの上にそっと被せた。大事な大事な宝物をしまいこむ様に。



448: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:39:59.67 ID:BuEWzbFwo

「しばらく、ここで大人しくしていてくれ。いずれ俺の手の者がお前を迎えに来るだろう……」

 迷彩ボールに覆い隠されたまゆりに向かってそう言うと、球体の中から不安げな声が届いた。

「オカリンは……オカリンはどこかに行っちゃうの?」

「ああ……少し遠くにな」

「もう、会えなくなっちゃうの? これでお別れなんていやだよ……置いて行かないでよ……」

「大丈夫だ、いずれまた、迎えに行く。絶対にだ」

「本当……?」

「ああ、約束だ」

「絶対に、絶対だよ?」

「当たり前だろう。お前は俺の人質なのだからな」

 そう言って微笑み、俺は攻殻機動迷彩ボールから手を離した。
 俺は息をつき、立ち上がると俺を心配そうに見つめていた2人に目配せした。



449: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:40:55.31 ID:BuEWzbFwo

「さあ、2人とも準備しろ。そろそろ奴らの襲撃だ。抵抗は無駄だろう。ここは大人しく従っておく。虚をつくのだ。反撃の機会はいずれくる。それまで息を潜めているのだ」

「ちょ、何言ってるかわからない件。牧瀬氏も何か言ってやってくれお……」

「橋田、残念だけれど岡部の言ってることは本当よ」

「牧瀬氏まで厨二病すっかぁ~? これはもうだめかもわからんね。つーか説明ぷりーず!!」

「ふ……」

 俺は自嘲気味に笑うと、ラボのドアを見つめた。
 長い、とても長い戦いになるだろう。
 俺達の戦いはまだまだ続く。



450: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/03(火) 12:42:00.49 ID:BuEWzbFwo

 そんな風に感慨に耽っていると、やがて勢い良くラボのドアが蹴破られ──
 外国人観光客の装いをしたラウンダーたちが矢のように入ってきて銃を向けてきた。
 この状況において俺と紅莉栖はさも当然というごとく手を上げて無抵抗を演じる。
 ダルは慌てふためいていたが。
 続いてヒールの音を響かせながら階段を登る音。
 悪夢の音。
 だが、待ちわびた瞬間でもある。

「タイムマシンは……SERNが回収する……」

 桐生萌郁だった。

──待っていたぞ。さあ連れて行け。俺たちを……。

 俺たちは後ろの開発室にまゆりが隠れていることを悟られぬよう、大人しく従う。
 だがそれは飽くまで演技である。

 オペレーションヴァルハラ
 オペレーションワルキューレ
 オペレーションエインヘリヤル
 オペレーションギャラルホルン

 4つの作戦を包括する最終ミッション。その偉大なる作戦が今、始動する。
 ラグナロックを勝ち抜くための戦いが今、始まる──

「オペレーションラグナロック、始動である」

 俺は敵に悟られぬよう、2人にそっと告げた。
 恐怖に打ちひしがれたあの場面はすでに過去のものとなった。
 俺は振り向かず進み続ける。
 1つの想いを、胸に抱きながら──



Chapter6 END



460: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:28:31.89 ID:H4FDJiAAo

Last Chapter Side A



 夕焼け空に染められた虚ろな町を廃墟の屋上から見下ろす。
 オレンジ色の西日が、役割を取り上げられた建物たちに影を作り、統一感のないデコボコのシルエットを影絵のように映し出していた。
 なぜか淋しげに感じるのは、黄昏時特有のアンニュイな気分によるものだけじゃないだろう。
 ラジオ会館の屋上から見下ろす秋葉原の今は、人の気配がなく荒廃している。
 昔の賑やかさを知る者にとっては、心にぽっかりと穴を空いてしまったような悲しげな情緒を植え付けるのには十分な姿をしていた。

──2036年。
 
 世界は歪な平和に支配されていた。
 2年前──2034年にタイムマシンを開発したSERNは急速に世界の形を塗り変えていった。
 恐らくはタイムマシンで過去を操ることによって、長い時間をかけて変えていったものなんだろうけど。
 争いというものは、ミクロなものからマクロなものまで消滅した。
 完全なる平和──
 だけど経済活動は遮断され、科学技術の発展はあっても、一般の人々に提供される機会はない。タイムマシンと同じように。
 徹底した管理社会。
 人々に自由はなく、プライバシーも人権も死語と化している。
 食べる物も行動も制限され、人々の意思はないと言っても過言ではない。家畜同然の扱い。
 人々は郊外に追いやられ、農場で作物を育てさせられている。
 至る所に設置された大型のスクリーンには支配者層の連中が垂れ流すテレビ放送が延々と繰り返されている。
 偏向報道、思想警察によって捕縛された人間の処刑、偏った思想を植え付けるための教育放送、人々の不満を解消するために用意されたお情け程度の娯楽番組。
 そのスクリーンには監視カメラの役割も課せられていて、民衆の働きぶりから言動に至るまで細部を見張っている。
 もし仮に、この管理体制に対して不満を口にしようもんならすぐに思想警察がすっ飛んできて有無をいわさず処刑されるだろう。
 出生率は故意に操作され、新たに生まれた奴隷階級の子らには徹底した思想教育が行われる。
 その終局には、思想犯罪すら起こりえない最悪の未来だ。そうした思想を表現する言葉すら、失ってしまうのだから、反逆のしようがない。
 偽りの平和。歪んだ楽園。繋がれた首輪。
 そんな世界を変えるため、SERN及び背後でそれを操る300人委員会に反旗を翻すレジスタンス、ワルキューレにあたし──阿万音鈴羽は所属していた。



461: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:29:45.24 ID:H4FDJiAAo

 タイムマシンが開発される以前から、SERNや300人委員会の陰謀にいち早く気付き、警鐘を鳴らしていた人たちの集まりだ。
 心強かった。
 人々の意思がねじ曲げられて、ただ死んだように生きていく人ばかりの世の中で、自由を勝ち取るために抗おうとする者が自分以外にも存在することが心強かった。
 けれどそれももうわずか数名になってしまっていた。
 あたしたちワルキューレは作戦行動中に、事実上のSERN治安部隊であるラウンダーの襲撃に曝されることになった。
 きっとタイムマシンを使うことで時間に干渉し、事前にあたしたちの横っ腹を思いっきり打ち付けるつもりだったに違いにない。
 そうとしか言えないタイミングで奴らは襲いかかってきたんだ。
 結果、ワルキューレは壊滅と言っていい状態だった。生き残りは数名。その数名も絶望に打ちのめされ戦意は喪失したも同然だった。 
 このままじゃ父さんのワルキューレが無くなってしまう。そんな危機に瀕した数日前、母さんから一通のムービーメールを受け取ったんだ。
 そのムービーメールの送り主はバレル・タイター──父さんだった。
 いつ撮影したのかは定かじゃない。けれど最後に見た時よりも少しやつれていて、年をとったように感じた。
 でも確かに父さんだった。
 その動画の中で父さんは言っていた。タイムマシンを作ることに成功した、と。
 それを使えばSERNと同じように時間に干渉することが出来る。過去を変えることが出来る。
 過去を変えれば──
 今も変わる──
 今を変えれば──
 世界も変えられる──
 この欺瞞に満ちた世界を変えることが出来る。
 死んだように生きている何十億もの人の意思を取り戻して、自由な世界にすることができるんだ。
 3年前に殺された父さんも──
 まさに数日前ラウンダーの手にかかって殺されてしまったという母さんも、きっと救うことが出来る。



462: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:30:38.97 ID:H4FDJiAAo

 タイムトラベルした後、今のあたしは過去を──世界線を変えてしまえば、消えてなくなってしまうかもしれない。
 けれどもそれでいい。
 父さんの遺志を継いで、世界に自由をもたらし、母さんを救うことができれば、それで良い──
 人の姿が消えてしまった夕暮れの秋葉原を眺めつつあたしはそんなことを考えながら待っていた。
 タイムマシンの到着を。
 タイムマシンは父さんが根城にしていたというとある地下研究所に保管されていた。
 未完成ではあるものの、過去には跳躍できる。
 けれども、空間を移動することはできないから、今はその地下研究所から大型輸送用ヘリで輸送中だ。
 もちろん、計算する座標を少しいじれば、過去で他の場所へと出現することはできるという話なんだけど、あいにく可変重力ロックシステムの動作が不安定で、この場所──ラジ館屋上から直接跳躍を行ったほうが確実という話だった。
 だからあたしはそのタイムマシンを待っていた。
 もうじき仲間が操縦するヘリが到着してここに届けてくれるはずだ。
 そしたらいよいよこの2036年とはお別れになる。



463: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:31:51.50 ID:H4FDJiAAo

──作戦名オペレーションブリュンヒルデ。

 タイムマシンで過去へと跳躍し、2010年のとある組織へとIBN5100を届ける。
 ワルキューレの前身である、未来ガジェット研究所へ。それがあたしのミッションだった。
 今一度自分がやり遂げねばならない使命を確認すると、再び目の前に広がる景色を見渡す。
 寂しげで空虚で、忌々しい眺めだと思っていたけど、もう見ることのない景色だと思うと、複雑な思いだ。
 感慨深い、というやつなんだろうか。意外にセンチメンタルな部分があることに自分でも驚いていた。
 父さんやワルキューレの皆の遺志を継いで世界を変えるためには、きっとそんな気持ちは邪魔で、もっとこう、研ぎ澄まされた刃のような鋭さが必要になってくるんじゃないかな、とは思っているんだけど。
 このままあたしは1975年へと飛び立って良いんだろうか。まだできることがあるんじゃないか。
 
「はぁ~……」

 そんな迷いが胸の中にもやを作ったのち、溜め息となって秋葉の空に入り交じる。

「どうすればいいのかな……」

 この期に及んで迷ってる? いや、びびってる?
 二度目の溜め息が漏れた時、空気を切り裂くプロペラの音とともに、タイムマシンを運んでくるヘリの姿を目視することができた。
 ヘリの胴体部分の真下からワイヤーが伸び、樽型の巨大な機械を積載している。
 きた、ワルキューレのヘリだ。



464: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:32:30.60 ID:H4FDJiAAo

「時間は待ってはくれないんだ……。あたしはミッションを完遂することだけ考えればいい……」

 そう、心に強く秘めて。
 徐々に近づいてくるヘリに集中して、作戦行動に移るために心を研ぎ澄ませていく。
 迷い、雑念、恐怖。
 そういった感情をそぎ落としていくように。目をつぶりイメージする。作戦にのみ集中する自らの姿を。
 自分を自分じゃないように見せかけるのは、簡単なんだ。
 偽りの自分を作ってやればいい。ただ任務に徹する自分だけを作り上げればいい。
 息が漏れた。今度は溜め息とは違う。肚の中心から深く強く息を吐きだす。そして目を開けた。

──うん、大丈夫。あたしはきっとやれる。

 と、そこで違和感に気づいた。

「え……?」

 1台のはずのヘリが2台──いや、あれは──

「襲撃!?」



465: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:33:58.16 ID:H4FDJiAAo

 タイムマシンを輸送するヘリに対し、後ろの武装用ヘリが発砲している。
 ラウンダーのヘリ!? こんな時に!
 いや、こんな時だからなのだろう。きっとSERNがタイムマシンを使って襲撃してきたんだ。
 世界中のあらゆる抵抗組織がそういう手段でいとも容易く潰されてきた。
 それはもはや争いとは言わなかった。一方的な虐殺だ。結局時間を操ることは世界を操るに等しい。
 こちらのヘリは重い荷物を抱えている分、圧倒的に機動力が劣る。このままではただの的だ。
 腰のホルスターに収められた物を抜き出し、ぎゅうっと握りしめる。
 携帯している武器は拳銃とサバイバルナイフが一挺ずつ。
 けどこんな武器ではサポートにすらならない。
 このままヘリが撃墜されるのを指をくわえて見ていることしかできないのだろうか。
 歯を食いしばりながら2台のタイムマシンを睨み付ける。
 けれどどこかおかしい。
 ラウンダーのヘリは執拗に後ろを取ってはいるが、機関銃の発砲は途切れ途切れだ。慎重な姿勢とも見えるが敵の背を目の前にあまりに消極的すぎる。
 まさか猫が鼠をいたぶるように、狩りの時間と称してこの状況を楽しんでいるとでも?
 でもあたしが今までに戦闘を交わしてきたラウンダーたちはそんな一面は持ち合わせていなかった。
 ただ任務のみに集中し、作戦の遂行を第一とした行動をするだけだった。まるで洗脳されてるかのような徹底ぶり。
 2034年にSERNがタイムマシンを開発したという衝撃的ニュースが世界中に広まり、やがて完全な管理社会ができてからは、特にそうだ。
 だとすればこの行動は不可解だ。
 機関砲を容赦なくぶっ放すか。ロケット砲や空対空ミサイルでも撃てば容易に撃墜できるはず。ラウンダーともあろう組織の武装用ヘリがそんな装備もないなんて考えられない。
 少なくともオペレーションブリュンヒルデを妨害したいのなら事前に準備しているはず。撃墜できないなんてことはない。
 だとすれば、何か別の理由がある?
 しばらくその空中戦──と呼ぶには一方的な暴力──を眺めながら拳に力を込める。
 くそ、このまま父さんの残してくれたタイムマシンが破壊されるのを黙って見てろっての!?

「…………っ!!」



466: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:35:32.53 ID:H4FDJiAAo

「…………っ!!」

 そこである1つの答えに思い至った。
 もしかして彼らは撃墜しないんじゃなくて、本当にできないのではないか。
 なぜならば、ワルキューレのヘリが運んでいるのはたとえ未完成とはいえ、過去に跳躍できるタイムマシンだ。
 それすらも取り上げて、SERNの研究ないしは管理社会の構築に役立てようという算段なのでは。
 そういう理由があるのなら総攻撃に出ないのも合点がいく。
 ヘリが堕ちればタイムマシンももちろん無事では済まさない。
 奴らの目的はあくまでオペレーションブリュンヒルデを妨害することにあるが、あわよくばタイムマシンも回収するよう命令されているのでは。
 そんなこと、絶対に許せない!
 SERNのディストピアを打ち砕くために作られたタイムマシンが──
 父さんが人生を費やしてあたしたちに遺してくれたタイムマシンが──
 そんなことのために使われるのには絶対に許せなかった。
 だとしても、今取りうる手段が見つかるわけではなかった。
 ただただ狩られる者と狩る者を見守ることしかできない。
 ワルキューレのヘリは振り切ることは諦め、なんとか致命傷を避けようと蛇行を繰り返すが機動力に難がある状態では上手くかわせない。
 だがその回避行動が功を奏している。
 向こうの目的がタイムマシンなら、ヘリの撃墜はなんとしても避けたい。
 結果、手を出して引っ込めるような慎重な射撃が続いている。
 燃料タンクにでも当たれば装甲を貫き爆発を起こしかねない。それは奴らも避けたいだろう。そのおかげで、ここラジオ会館まではたどり着けそうだ。
 だがそこからが問題だ。
 襲撃を受けながら着陸など到底できない。
 仮に敵が着陸を許したとしても、それでチェックメイトだ。向こうがタイムマシンの無事を確保した瞬間集中砲火を浴びせてくるに違いない。
 着陸してから殺されるか、このままじわじわと追い詰められてやがて不時着した後に殺されるか、2つに1つだ。
 ぎりりと歯と歯がこすれる音が脳内に響き渡る。あたしは何もできないのだろうか。
 せっかく父さんが。母さんが。みんながミッションの遂行役という使命を与えてくれたのに。
 空を切り裂く轟音と、途切れ途切れに発射される銃弾の音が交錯する中、2台のヘリはこちらに近づいてくる。

──このままじゃ巻き込まれる!



467: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:36:45.15 ID:H4FDJiAAo

 どうにかする前に流れ弾にでも当たって死んでしまってしまっては元も子もない。
 あたしは一旦、屋上から下る階段へと引っ込んで様子を伺った。
 相変わらずふらふらと揺れながら曲がりくねって進むヘリと、致命傷を与えないよう慎重に射撃を行うヘリとの戦いは続いている。
 猛烈な風切り音と強風が階下に避難しているあたしにも襲いかかってきた。
 癖を帯びた前髪がより一層うねって視界をちらちらと塞ぐ。
 2台のヘリは止まることなく、あたしの上空を通り過ぎていった。
 空の攻防はラジ館を通り過ぎても終わることはなかった。再び旋回し、こちらへ舞い戻ってくる。
 どうにかここに着陸してタイムマシンをあたしに送り届けようというパイロットの考えが読めるようだった。
 くそ、どうすればいい! どうすれば……!
 再び携帯している銃を握りしめながら慎重に屋上へと頭を出す。
 2台のヘリはラジ館の周りを上下左右にうねりながら飛行を続けていた。
 味方のヘリのコックピットを見ると、苦い顔をしながらも操縦をするパイロットの姿。
 なんとかしてあげたいけど、どうしたらいいのか考えが浮かばない。
 そのまま目視を続けているとふとパイロットと目があったような気がした。その目が何かを訴えているようで。
 あたしは危険だと思いながらも、屋上に顔を出したまま空の戦いを見続けていた。
 幾度と無く建物の上空を交錯し続けても、お互いがお互いを諦めることをせず、膠着状態が続いていた。
 撃墜させず無力化したい敵と、タイムマシンを無事にラジ館屋上へ着陸させたい味方。
 だが、明らかにこちら側が不利だった。
 攻撃を受けているのはもちろんのこと、タイムマシンという重荷を背負いながらの防御。
 さらには不安定な飛行でラジ館屋上をすれすれで飛んでいる。いつ壁にぶち当たって大きくバランスを崩すとも限らない危険な飛び方だ。
 そんな飛行をラジ館に円を描くように繰り返していた。
 それを何度も繰り返すパイロットの腕は本当に賞賛に値する。
 そこでふと、1つの考えに気づく。



468: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:37:32.89 ID:H4FDJiAAo

 なぜそんな無謀な飛び方をしているのか──
 もしかして、彼はあたしに託しているのでは。
 屋上すれすれを飛行することによって、あたしに飛び移らさせ、タイムマシンを固定しているフックを外して、タイムマシンだけラジ館へと不時着させる。
 そんなことできるだろうか。飛び移るのも、着陸させるのも、どちらともシビアなタイミングが要求される。
 飛び移るのに失敗すればあたしは間違いなく重症、ヘタすれば死んでしまう。
 不時着に失敗すればタイムマシンは故障して世界を変える手立てが失われる。
 正直、負けの可能性が高い賭けだ。分が悪すぎる。
 だけど──
 こうして手を拱いているだけじゃ、何も変わらない。
 世界を動かしてきたのはいつだって確固たる意志だ。待っているだけじゃ、そこに何も生まれはしない。
 だからこそ、父さんやワルキューレの皆はタイムマシンという切り札に身を委ねることができた。
 あたしはやらなきゃいけない。ここで機を逸して、逃げまわるだけの日々なんて送りたくない。
 床を見つめながら握りしめた武器を再度ホルスターに収めるとあたしは決意を胸に囁いた。

「力を貸して──父さん──母さん」



469: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:38:25.63 ID:H4FDJiAAo

 顔を上げると変わらず2台の飛行物体は激しくせめぎ合っていた。
 守る側と、攻める側。どちらもゆずれない想いを翼に乗せて。
 あたしは注意深く機体を観察しながら状況を確認する。
 飛行経路。操縦の癖。あたしの脚力と柵の高さ。
 全てはタイミングだ。タイミングが鍵になる。
 ヘリが旋回して、タイムマシンが慣性で大きく揺れるその時。そのわずか一瞬に大きく速度が下がる瞬間がある。
 その一瞬を見計らって飛ぶんだ。
 あたしは目を閉じて頭の中で思い浮かべた。
 脳内でイメージを形作る。
 この階段からまっすぐ駆け抜けて。
 ヘリが右側から出てきてこっちに向かって大きく旋回してくる。ヘリの時間の流れが遅くなる。あたしはまだ床を蹴っている。
 タイムマシンが大きく揺れてヘリを追い越すように飛び出してくる。
 ここであたしは柵を蹴って空高く跳躍。
 そして巨大な樽はゆっくり速度が下がっていく、静止に近いところまで──
 脳内ではヘリから伸びたワイヤーとあたしの両腕が噛みあった。あたしは両腕を絡ませ力を込めて手繰り寄せる。
 そこで目を開ける。
 イメージは成功した。
 その想像を膨らませるよう、大きく息を吸って機を見計らう──

──そしてあたしは階段を激しく蹴って跳び出した。



470: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:39:14.58 ID:H4FDJiAAo

 腹に力を入れて体幹を引き締める。息は止めたまま、全速力で駆け抜ける。
 ヘリのメインローターが激しく回転していた。
 あたしの行く手を阻む風の壁がすごい。
 全力疾走による空気抵抗のせいか。はたまたヘリのブレードから発せられる風速20m以上の風圧のせいか。
 前傾姿勢を保ちながら分厚い風壁をくぐり抜けていく。

 ここであたしが失敗したらどうなってしまうだろうか。
 ヘリの操縦者や数名の生き残りの仲間たちが計画を引き継いでくれたりするんだろうか。
 それとも別の作戦が始動してSERNの陰謀を打ち砕いてくれるだろうか。
 もしくは、やはり世界は何も変わらず人々は家畜のように支配されたままなんだろうか。
 そんな未来には、絶対にさせない!

 そんなことを脳内で思い浮かべつつ、全力で駆け抜けて。
 いよいよ柵が迫ってきた。
 視界はクリア。思考もクリアだ。
 あたしは迷いなく地面を蹴って跳躍する──

──はぁぁぁぁぁぁ──!!

 溜めた息を強く吐き出しながら──
 右足が柵に乗り、スパッツに覆われた大腿四頭筋が大きく膨れ上がり──
 さらに左足を大きく前に出して、右足で柵を潰しかねないほど強く蹴って──
 重力の支配を逃れて、あたしは宙を舞った。
 何もない夕暮れの空が近くなる。場からあらゆる音が消えてなくなった。
 体が宙に浮いている。

──あたしは確かに空を飛んでいた。



471: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:39:44.22 ID:H4FDJiAAo

 体があらゆるものの重みから開放されてわずか数秒にも満たない短い時間。
 でもなぜかあたしにはこの一瞬が1分にも2分にも感じられるほど時間が引き伸ばされていた。
 極度の集中状態や、突発的に起こる死の間際には個々が感じる体感時間が引き伸ばされるという。
 脳が精神に大きな衝撃を与えるような──例えば交通事故といった──出来事の情報をより多く集めようとするためと言われている。
 危険な体験をした時の記憶を活用するため、多くの情報が処理されることになる。
 つまり命の危険が及ぶような経験をするときには、いつもの数倍の情報が記憶され処理されるため、時間の経過がゆっくりになったように感じる、というわけだ。
 次に似たようなことに巻き込まれた時にも、対応できるように。
 まぁ、こんな体験、次はないんだろうけど。



472: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:40:35.66 ID:H4FDJiAAo

 
 ヘリがあたしのすぐ斜め上をゆるりと通り過ぎ、代わりに銀色の巨大な樽型の機械が振り子のように斜めに傾きながら眼前に近づいてきた。
 相変わらず音はしない、無音の世界。
 高さは十分。タイムマシンに叩きつけられることは無い。大丈夫、やれる。
 手を伸ばせ。掴みとれ。握りしめろ。
 ヘリとタイムマシンを繋いでいる太いワイヤーに手を伸ばすんだ。腕さえ絡ませられればなんとか食らいつける。
 あたしは十分な思考時間を得て、手を伸ばした──いや、伸ばそうとした。
 けれど手は伸びてくれない。
 まるで砂の中にいるように抵抗を感じる。
 徐々にしか伸びない腕とは逆にワイヤーの距離はどんどん遠ざかっていく。10cm、20cm──離れていく。

──待って。

 ヘリの風圧による抵抗!? いや、体感時間が引き伸ばされていることの弊害!?
 無音の抵抗によって体がうまく言うことを聞いてくれない。
 このままじゃ手は空を切り、そのままあたしの体は地面に叩きつけられてしまう。
 数十メートルの高さから無防備な状態で落ちたら重症は免れない。死の可能性だって高い。
 30cm、50cm──掴み取ろうとする手からワイヤーが遠ざかっていく。

──くっ。



473: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:41:29.33 ID:H4FDJiAAo

 なんとかワイヤーにすがろうと手を伸ばそうとするが上手く伸びてくれない。
 非常に緩慢な動作だ。
 体感時間が引き伸ばされて思考はどれだけでもできるのに、体は思うように動いてくれない。
 意識と肉体の間に、感覚の遅延が出ている。
 体をねじって、遠ざかっていくワイヤーに手を伸ばす。でも届かない。
 やがて、手がまっすぐ伸展したところで──
 完全にワイヤーはあたしから離れていってしまっていた。

──そんな。

 こんなところで?
 こんな風に死んでしまうの?
 戦いの舞台にすら立てないの?
 
 緩やかにプロペラをはためかせているヘリは無残にも徐々に離れていき──
 望みを託したワイヤーも──遠ざかっていく。
 
──ごめん、みんなごめん。



474: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:42:13.88 ID:H4FDJiAAo

 後悔の波が押し寄せてきて。
 あたしの世界はやがて暗く淀んでくる。
 刹那──
 暗くなり始めたあたしの視界にあるものが飛び込んでくる。
 無我夢中。そんな言葉が思い浮かぶ中で──
 瞬間──
 伸びたあたしの手はそれを掴みとっていた。
 それはもう1本のワイヤー。
 ヘリの真下に設置してあるカーゴフックに固定されたワイヤーはまっすぐ伸びていき、途中で分岐していた。
 ちょうどアルファベットのYを上下逆さまにしたように。
 その片方をあたしは手に収めていたんだ。
 文字通りの命綱を握りしめた瞬間と同時に、全身の感覚が戻ってくる。
 縦横無尽に駆け巡る風の粘付き。
 轟音ともいうべくすさまじい音の洪水。
 パイロットと一瞬目があったけど、失速せずに駅のホームを通り過ぎる電車のように一気に遠ざかった。
 次の瞬間、強烈な衝撃とともに腕が引っ張られる。
 思わず握る手を離しそうになる。
 けれど絶対に離すもんか。
 あたしの肩関節はギシギシと悲鳴をあげながらあたしとタイムマシンとを繋いでいる。
 突き放そうとする風に負けないようじわりじわりともう片方の腕を引き寄せて、両腕で握る。
 少しずつ慎重にワイヤーを下っていって──
 あたしはようやくタイムマシンへと接触した。



475: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:43:11.47 ID:H4FDJiAAo

「ふぅーっ!」

 地に足──といってもヘリに吊られたタイムマシンの上だけれども──を付けてやっと一息つくことができた。
 思えばずっと呼吸を止めていた気もする。よくもったもんだ、と自分でも思う。
 けれどこれでなんとか第一段階が終了しただけだ。
 ここからタイムマシンをラジ館屋上に降着させないといけない。
 後ろを振り向くとSERNの武装用ヘリコプターがすぐ背後に迫ってきていた。
 コックピットは黒い強化ガラスに覆われていてその先を遮っている。
 発砲はしてこない。したくてもできないだろう。
 なぜならあたしのすぐ傍にタイムマシンがあるから。
 タイムマシンをできるだけ無傷の状態でSERNの科学者に提供したいであろう彼らがこのあたしめがけて発砲などできようはずもないだろう。
 装備したハンドガンで十分に狙いをすまして射撃してやろうかとも思ったけどそんなことしても意味が無い。
 あたしの拳銃なんかじゃ武装用ヘリの分厚い装甲には歯がたたない。
 すぐに頭を切り替えてワイヤーの固定箇所を目を細めながら確認する。
 今はゆっくりと飛行しながらラジ館の周りを旋回しながら飛行している。それでも風はとんでもなく強い。
 飛行ルートはあたしが階段に身を潜めている時と一緒。向こうが強硬手段に出ない分、操縦者にも少し余裕が生まれているのかもしれない。
 じりじりと慎重にワイヤーを伝ってタイムマシンの側面に張り付いていく。
 2つに分岐した線はタイムマシン側面の上部にがっちりとフックで固定されていた。もう片方も同じように固定されている。
 少なくとも飛行中に手動で切り離すのは不可能だろう。



476: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:44:22.56 ID:H4FDJiAAo

 さてどうしたもんかね。
 ワイヤーをよじ登ってヘリの下から伸びるワイヤーを外すのも人の力では無理だろう。
 もとより正攻法は考えていない。
 腕に力を込めて体を起こし、今度は分岐の機転となっているワイヤーの太さを確認する。
 直径およそ50mm程度。素材はナイロンだろうか。結構頑丈そうだ。
 けどやってやれないことはない。
 あたしは分岐したワイヤーの片一方を左手で握りしめながら、空いた右手でホルスターを探る。手にした拳銃を取り出した。
 トカレフTT-33。
 SIGやベレッタなどの9mm銃に比べれば人に対する殺傷力は低めだけど、極めて高い貫通力を持っている。
 過去に日本の暴力団組員が所有していた中国製で、メンテナンスもロクにされていなかった粗悪品ではあるが、それでも威力は高い。
 取り出した銃を片手で構える。
 通常で拳銃は両手で撃ったほうが命中精度も連射性も上がる。
 けれども今回はそこまで深く考えなくていい。この至近距離で外すようなら拳銃なんて持たされていない。
 後は相変わらず、タイミングだ。
 ヘリは変わらず決まったルートを飛行、旋回している。
 タイムマシンがラジ館屋上の上すれすれを飛行している最中にワイヤーを切らないといけない。
 それ以外の──例えばラジ館から大きく外れた空中で切れようもんなら……。
 そこから先は考えるのも憚られる。
 ラジ館を上昇中するタイミングでも遅い。
 床と機体の距離が離れれば落下の衝撃でタイムマシンに深刻なダメージが発生しかねない。
 それどころか大きくバランスを崩し、転がって屋上から転落してしまうかもしれない。
 何にしても極めてシビアなタイミングが要求される。先ほどと同じ──いや、それ以上かもしれない。
 再び大きく息を吸って集中する。
 心臓は早鐘を打っていてあたしを急き立てている。
 惑わすようなこの音をかき消すように大きく息を吐ききる。
 そうすることで体は自然とリラックスしていくんだ。もう一度肺に空気を取り込んで──
 今度はその空気を貯めこむように息を止めた。
 真下を見て飛行軌道を確認し精神を研ぎ澄ませる。
 再びあたしの脳内は加速する。
 頭のなかでヘリがゆっくりとラジ館屋上に進入し、遅れて吊られたタイムマシンがゆったりとラジ館に入っていく。そう、その瞬間だ──
 再度軌道を確認すると、まさに今頭のなかで思い描いた通りの軌道に入ろうとしていた。風が強い。
 止めた息はそのままに──
 反動で照準がブレないように体幹と腕をに力を込めて──
 至近距離のワイヤーに向かって銃を構え──

「…………」

 入った! 今──



477: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:45:23.74 ID:H4FDJiAAo

 ここ、というタイミングに差し掛かった瞬間あたしの人差し指が素早く引き金を押し込んだ。
 引き金は軽かった。
 ワイヤーが切れたかどうか確認する前に次弾を発砲。そんな猶予はない。
 反動で銃口がブレるのも考慮に入れ、一回引き金を引く度に力を込めて修正しなおす。
 空気の入れたビニール袋を破裂させたような音が空に舞う。
 間髪入れず乾いた銃声が8回響いた後あたしは銃を放り投げた。
 前方確認──ワイヤーは──
 太いワイヤーの中央部分は銃弾によって貫かれ、飛び出した幾本もの繊維が縦横無尽に走っている。

──切れてない。

 どうしようか迷うこともなくあたしはすぐ様サバイバルナイフを逆手に持って、激しくワイヤーに突き立てた。
 一突き、二突き!!
 三度目の突きの前にワイヤーは音もなくねじ切れ──
 一瞬重力が無くなったような浮遊感が漂った後、がくんと、体が落下していくのを感じた。

「あっ──」

 声にならない音を漏らしながらもあたしはもう片方の手でちぎれたワイヤーを必死で握りしめていた。
 すぐに金属と金属のぶつかり合う激しい落下音とすさまじい衝撃に襲われる。
 あたしは文字通りタイムマシンに落下した。
 その衝撃でワイヤーを手放してしまい、なすすべも無くラジ館屋上に転げ落ちた。



478: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:46:31.91 ID:H4FDJiAAo

「がぁっ……」

 そのまま硬い床に叩きつけられ転がる。受け身は取ったもののやはりダメージは大きい。
 息が止まりそうになる。頭がくらくらする。脳が新鮮な酸素を求めている。
 かろうじて両腕で体を支えながら上体を起こす。早く行動を移さねば敵の攻撃を受けてしまう!
 ぐわんぐわんとうつろう視界で空を見やると、火を吹きながら明後日の方向を浮遊していく味方のヘリ。
 タイムマシンという盾を失ったせいで無防備になって、敵の攻撃に晒されたんだろう。それでも致命傷は避け、向上した機動力でなんとか逃げ切っているようである。撃墜されず、無事でいてくれればいいんだけど。
 その時大きな影があたしを覆った。
 嫌な予感がして後ろを振り向くと──
 SERNのヘリだ……!
 ヘリを見た瞬間、ブレードが空気を切り裂く音があたしの耳をつんざく。
 空に浮かぶ巨大な鉄の塊が発する暴風と威圧感が尻餅をつくあたしの身を震わせた。

「あ……う……」

 蛇に睨まれた蛙ってのはこういうことを言うんだろうか。
 体はいうことを聞いてくれない。ただただ小刻みに振動させて恐怖に囚われている一方だった。
 かろうじて視線をタイムマシンに向ける。あたしからゆうに数メートルは離れてしまっていた。
 あたしがタイムマシンの後ろに隠れるために飛び出しても間に合わない距離。
 あたしは一瞬で蜂の巣にされてしまうだろう。
 そのことが頭で分かっていたからこそ、あたしの足は頑としていうことを聞いてくれなかった。
 だからせめて。
 あたしは最期の最期まで奴らに抵抗したという証を見せるため。
 じっと睨みをきかせた。
 あたしはここで殺されてしまうだろうけど、勇敢に戦って負けた。
 武装用ヘリの側部に装着された2つの機関砲があたしを捉える。もういつでも発砲できるだろう。
 でも──
 この体が引き裂かれて消え去ったとしてもこの思念は残存し、いつか誰かに宿るだろう。
 そう心に強く思い──
 目は背けず、対峙する敵をしっかりと目に焼き付ける。
 そして──
 砲口から発せられる銃弾が激しいマズルフラッシュを発生させ目を眩ませる──

 夥しい数の銃弾は押し寄せる波のように屋上の床を削りながらあたしに近づいて──
 やがて──
 激しい爆音とともに──
 あたしの身を切り裂いた──
 


──かのように思えた。



 徐々に──けれど確実に近づいていた銃弾の波があたしの体を貫くことはなく。
 気づけば奴らのヘリは爆炎に包まれて赤く染まっていた。



479: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:47:37.52 ID:H4FDJiAAo

「なっ……!?」

 目をそらさず見続けていたからわかる。今、下方から何か直撃したような──
 もしかして地対空ミサイル!?
 ヘリは激しい炎に包まれながらバランスを崩し、少しずつ屋上からフェードアウトしていく。
 ものの4,5秒もしない間に、地面に叩きつけられたようで爆発音が響き空を赤く染め上げた。
 よろめく体に鞭を打ちながら屋上の柵から下を覗き込む。
 ヘリは無残にも爆散し、炎があたりに散らばっている。
 搭乗者の生死は絶望的状況だろう。
 逆にあたしはその絶望的状況から脱した。
 でも一体誰が……。
 ヘリに乗ってたワルキューレの誰か?
 いや、でもこの僅かな時間で不時着して地対空ミサイルなんて準備できるとは思えない。
 だったらいったい誰が……。いやまてまて、今はそんなことを考えてる場合じゃないよ。
 そんなことを考えながらあたしはふらふらとタイムマシンへと歩み寄っていた。
 誰かが手助けしてくれたのは確かだろうけど、このまま悠長にしているわけにはいかない。
 敵の敵は味方……とは言ったものだけど、必ずしもそうとは限らない。
 体が重い。視界が激しく揺れ動いている。
 落下と転倒の衝撃で軽度の脳震盪を起こしているんだろうか。
 体を動かせないのは恐怖故にかと思っていたけど、どうもそれだけじゃなかったみたいだ。
 重たくふらつく体を引きずりながら、やがてタイムマシンまで後数歩まで近づいた時──

「待て!」

 あたしを静止する大声が空にこだました。
 驚いて、声のする方を振り向くと階段から男が姿を見せていた。
 その人物はツカツカと確かな足取りで近づいてくる。



480: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:48:43.84 ID:H4FDJiAAo

「やれやれ、無茶をしてくれる。あんな自殺行為まがいの行動にでなくとも、我々の仲間が虎視眈々と機会を伺っていたというのに……」

 よろめく体を必死に奮い立たせながらその男を見据える。
 白衣を着た細身の男。東洋人。年齢は20代前半……といったところだろうか。
 けれどもその眼には20台特有の若々しさや幼さといったものはなく。
 まるで苦渋に満ちた人生を味わい尽くしたかのような鋭くて、重々しい眼光を放っている。

「何者……?」

 息苦しさが止まず、絞りだすように声を押し出す。
 この男は仲間が居ると言った。ならば下からヘリを撃墜したのはこいつの仲間か?
 敵か……味方か……。それはこの男の今後の発言内容を吟味して判断する。

「知る必要はないな」

 あたしの問いかけに、男は冷たく言い放った。
 掴みどころを見せない。

「それじゃあこっちが困るんだけど。君の呼び方とかさ」

「呼び方などただの記号だ。なんの意味も持たない」

「じゃあお前って呼んでも、いいのかな?」

 何かしら情報を手にしたいんだけど、中々手の内を見せてこない。
 ただ1つ分かるのは、この男が只者ではないということだ。
 年齢不相応のオーラ。この管理社会で銃火器を手にするほどの才覚。
 なにより、あたしのこの心臓の早鐘がこの男の強大さを体中に警告しているみたいだ。

「そうだな。お前呼ばわりされるのも癪だし……」

 あたしがこいつの風貌から見て取れる要素を材料にして、推し量るように睨みを効かせていると、やがて男はぶつぶつとつぶやきはじめた。



481: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:49:28.06 ID:H4FDJiAAo

「そうだな…………ペトロニウス──とでも呼んでもらおうか。無論、偽名だがね」

 ペトロニウス?
 恐らく日本人──少なくともアジア人なんだろうけど、意外な名前を出されて面を喰らう。
 ペトロニウスと言われて思い浮かぶのは古代ローマ。皇帝ネロの側近だった人物だ。
 それが何か関係しているんだろうか。それともただふざけて思いついた名前を出したのか。

「オーキードーキー。ペトロニウス」

 あたしは精一杯皮肉を込めて一字一句はっきりと口に出して目の前の男の呼び名を発音した。

「なんであたしを呼び止めたの? これでも忙しいんだ。これからこのレアメタルの塊を解体してとある筋に売却しなきゃなんだけど」

「下らないカマかけはやめてさっさと本題に移ろうじゃないか」

 バレてる?
 そりゃ地対空ミサイルを持ちだしてまでやったわけだから、それなりに情報は得た上での行動なはず。
 だったらやっぱこのタイムマシンが目的?

「率直に言わせてもらうと──このままお前を1975年へと跳ばせる訳にはいかない」

「なっ──」

 思わず声が出た。
 やっぱりこれがタイムマシンだと分かっていての口ぶりだ。いや、それよりも──

「なぜ……あたしが1975年なんかに……?」

 動揺を隠し切れないまま探り探り情報を引き出そうと尋ねる。
 こいつはオペレーションブリュンヒルデの概要も知っているんだろうか。
 その上で妨害してくるということは……もしかして。



482: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:50:22.64 ID:H4FDJiAAo

「世界を変えてもらっては困るんだよ」

 やはりSERN──いや、300人委員会の側の者!?
 だとしたらなぜ味方を裏切るような真似を……。 

「考えてもみろ。極端な管理社会とは言え、争いは以前と比べて激減した。理由もなしに一般市民の命が奪われることはなくなったんだ。平和な世界だと思わないのか? 本当に世界を変えてしまうのか? それは果たして本当に正しい行動と言えるのか?」

「お前は……何者だ!」

「さっき伝えたじゃないか。ペトロニウスだと」

「そうじゃない! お前はSERNの者か! いや、300人委員会に与する者か!」

「やれやれ、考えて呼び方を教えたのにお前呼ばわりか」

「答えろ!」

 怒声を上げて男を睨む。体が万全の状態なら一瞬でこの男との間合を詰めて首の骨でも折ってやったところだ。

「…………」

 あたしががなり声で急かしても男は沈黙を守ったままだ。
 やはりこいつはSERNの手の者なのか。

「まったく、こうなったら手が付けられないのは一緒だな」

「なに……?」

 一体何を言っている?
 さっきからとらえどころのない発言があたしの心臓を急き立てる。



483: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:51:09.69 ID:H4FDJiAAo

「仕方ない、答えよう」

 男は腕を組んで観念したように語り始めた。

「我々が委員会と関係しているのは確かだ」

 やっぱり!

「お前が……! お前たちがみんなを……! 父さんと、母さんを──!」

「だが、彼らと我々は一緒でいて本質は大きく違う。言わば光と影のようなものだ」

 あたしの言葉を遮って目の前のペトロニウスは淡々と続ける。そんな態度に腹が立って、余計に声を荒らげてしまう。

「何が違う!」

「彼らと我々はまったく間逆だよ。そう──見るものによっては本当に、間逆なんだ」

 一緒でいて逆……? 何を言ってるのか全くわからない。けれどもふざけているようには見えない。

「300人委員会も一枚岩ではないのでな」

「つまりはディストピアを構築した奴らとお前は違う、そう言いたいのか?」

「そうだろうな。我々が最終的に成そうとしている目的を考えれば、そうなのだろう」

「目的……?」

「さあ、質問には答えた。今度はこちらの質問に答えてもらおう。問いは先ほどと一緒だ」

 男は目を細めてこちらを睨んでくる。



484: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:52:08.50 ID:H4FDJiAAo

「管理社会の何をそんなに憎む。なぜ、世界を変えようなどと目論む」

 その視線は、さっきのような話の脱線は許さない、と牽制するようにあたしを貫いてくるようだった。
 この男から問いただしたいことはもっとあったが、やむを得ずあたしは答えた。

「そんな……決まってるじゃん。人には自由な意思があって、自由な行動が許されるべきだよ」

「その自由な意思の結果が、お前たちレジスタンスの抵抗なのか?」

「そうだ! 世界に自由を取り戻すという、立派な志だ!」

「だったらなぜ民衆はそれに加担しない? 自らの自由が欲しければ自分の足で立ち上がればいい」

「力で人々を縛り付けておいて何を言っているんだ!」

「我々は縛り付けた覚えなどないな。彼らは感覚的に──そして深層的に支配されるのを求めているのだ」

「求めている……?」

「そうだな。2034年、SERNがタイムマシン開発に成功する以前の世の中のことを思い出してみるがいい」

「以前の……?」

「そう。この管理社会が構築される以前のことだ。今よりも遥か多くの問題が蔓延っていた中で、果たしてどれほどの人間が自らの意思で行動していた? 世界を変えようと──改善していこうと、リスクを背負い、そして自分の見定めた道を自分の足だけで歩いてく。そんな人間がどれだけいた?」

「それは……」

「世界が変わった後だってそうさ。権利だけは声高に主張して自らの手は汚さない。世界を変えてくれる救世主の登場を待っているばかり。自分こそが世界を変えてやろうなどという考えは微塵も持ち合わせていない。それが民衆というものだ。ただ管理する者の用意した道を漠然と歩いて行く。その道から逸れてしまった爪弾き者のことはまるで最初からなかったかのように目を逸らしながら」

「…………」

「そんな民衆に、果たして自分の意思などと──自由な意思などというものが、あったのだろうか」

 男は拳を握りしめ、苦悩に満ちた顔つきで声を絞り出している。



485: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:53:02.24 ID:H4FDJiAAo

「最初からそんなもの……存在しなかったのだ。その結果がこの社会だ。人はみな、管理されたいと望んでいるのだ」

 何も言えなくなる。確かに、こいつの言ったとおり、周りの人たちは何もしてくれはしなかった。
 ただ怯え、見て見ぬふりをするばかり。やがて見て見ぬふりすらもしなくなった。
 あたしたちの姿は目に映ることすらなくなったんだ。

「そんな世界をなぜ変える。争いは消え、社会は平和を構築する手段を得たというのに?」

「それは……皆の……父さんの遺志で……あって……。……あたしはそれを遂行するだけ……」

 問われ、苦し紛れに答える。以前のあたしなら自信満々に言い切ったであろうその言葉を。
 今は自分の中で積み上げてきたものがふらふらと揺れているように心の中がざわついてしまっている。

「父親の遺志? フッ」

 あたしの答えを男は鼻で笑った。顔をそらし、顔を歪ませている。

「何が……おかしい」

「結局意思がないのはお前も一緒なのではないか?」

「……!!」

 ずどんと。胸の中央を銃弾で貫かれたような衝撃が襲った。
 あたしは絶句してしまった。もはや立っているのがやっとだった。

「父親が成そうとしてきたことを妄信的に信じ、それを成す。用意されたレールの上を何1つ疑わず、歩いて行く。管理された民衆とどこが違う」



486: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:54:01.20 ID:H4FDJiAAo

 目の前の冷酷な男の言うとおりだった。
 あたしは確かにSERNに抵抗するレジスタンス、ワルキューレに所属していたんだけど、それは父親であるバレルタイターが設立メンバーだったからという理由だ。
 あたしは生まれながらにしてワルキューレの一員になる運命だったんだ。
 そのことに対してもちろん納得はしていたけれど、そこにあたしの自由意志はない。
 世界を変えることに対してだって、悩んで葛藤して、眠れない夜はいくつもあった。
 でも父さんの遺志だったから。それがあたしのやるべき使命だって思ったから……。

 改めて考えれば考える程、あたしに意思はないように思えてきてしまう。
 結局あたしも運命にただ流されただけの取るに足らない人間だった。

「お前も管理されてるようなものではないか?」

「そんな……あたしは……あたしはそんな……」

 足ががくがくと震える。あたしを根底から支えてきたものが今、土台から崩れ落ちようとしている。
 今膝を折って地面にへたり込もうものなら二度と立ち上がれないような気がした。

「まるで操り人形だな」

 突然、あたしの周りで糸が意思を持ったようにうねり、絡みつき、行動を許さまいと腕や脚に纏わり付いてくる。
 幻覚だと分かっていても振り払うことができない。
 まるで切れたあやつり糸たちがあたしを雁字搦めにしてしまったように動けなくなる。

「そんな……あたしは人形なんかじゃ……」



487: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:55:32.73 ID:H4FDJiAAo

 かろうじて反論するも、絡まった糸たちに押さえつけられて体が思うように動かない。
 巻き付いた糸たちはやがて全身を覆い、縛り付けていく。
 幻なのに痛みすら感じる。息も苦しくなって、涙がにじみ出る。
 後もう少しのところでオペレーションブリュンヒルデを開始することができたのに、その一歩が果てしなく遠くなっていくように思えた。
 あたしの中でタイムマシンが遠く離れていく。
 手を伸ばしても届かないくらいはるか遠方に。
 それと同じように、浮かび上がった父さんと母さんの顔も薄っすらと消えてしまっていく。
 けど、ある一言であたしはその絡まった糸を解く意思を取り戻すことができた。

「全く酷い父親だ……。娘を巻き込んで、自分の死後も使命に縛り付けるとはな……。自分の娘を人と思ってもいないのかもしれんな……」

 酷い父親──
 傍から見れば、そうなのかもしれない。
 娘を置き去りにして、レジスタンスなんていう危険な組織に身をおくような運命を課して。
 けれど、父さんはそんな人じゃない。
 結果として、あたしは重大で危険なミッションに身をおくことになってしまったけれど、決してそれを父さんが望んだ訳じゃない。
 だって、父さんがあたしや母さんの目の前から姿を消したのは、あたしたちに危険が及ばないようにするためだったから。
 その時のことを、今も鮮明に思い出すことができる。
 大きな手で頭を優しく撫でてくれたあの日。
 悲しげに笑いながらさよならを告げた父さんは、娘を危険に晒すこと望んでいるようには思えなかった。
 決して、あたしを操り人形にして自分の望む世界に作り変えようとする酷い父親なんかじゃなかった。
 あたしのためを思って、あたしがこれから生きていくためにすべてを託したんだ。
 ポケットの中の、小さなバッジを握りしめる。
 それは父さんとあたしの絆。
 きっとまた会おう、という約束の証。
 そのバッジを手の中に収めながら、あたしは叫んだ。

「あたしは父さんの操り人形なんかじゃない! 正真正銘の意思を持った人間だ!」



488: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:56:56.73 ID:H4FDJiAAo

 目の前の男の言葉に身をよじりながら悶えていたあたしが突然叫んだことで、ペトロニウスは泡を食っている。
 だけど、すぐにすました顔になって口にする。

「ほう。お前にはちゃんと意思がある、と? ならば聞かせてもらおう。お前の意思とやらを。希望とやらを」

「…………え?」

 相変わらず質問の意図が見えなくて、掴みどころのない発言だ。そんなこと聞いてなんになるんだろう。
 気づけばあたしは涙をこぼしていた。熱い液体が頬を伝って、滴り落ちていく。

「お前の考える、お前の意思を持ってしてやりたいことだ。父親の遺志を継ぐようなことじゃない、本当に成したいことだ」

「わからないよ……。そんなの、考えたことない……。あたしはただ、あたしの意思で父さんの遣り残したことを達成するだけだよ」

「本当にか? 考えないようにしてきただけじゃないのか? 自分の胸の奥底に封じ込めてきただけじゃないのか?」

「…………」

 なぜだろう。
 この男にはすべてを見透かされているような感覚に陥る。



489: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:58:04.28 ID:H4FDJiAAo

「お前が本当に望む未来を、聞かせてくれ」

「あたしの、望む未来……」あたしはその言葉をなぞった。
 
 もう一度頭の中で反芻する。
 あたしの望む未来は……。
 父さんにもう一度会いたい。
 会ってもう一度あの大きな手に触れたい。

「…………それだけか? 父親に会うことが本当にお前の望むことか?」

 いつの間にか声に出てたんだろう。
 男は追撃とばかりに質問してくる。
 でも、その声色はさっきまでと違ってあたしを貫くような鋭さは持ってなかった。
 その不思議な温かみがあたしの心に栓をしていた何かを外して、封じ込めていたはずの想いがにじみ出てくる。

「…………もっと、自由に、生きたいよ……。友達と自由に……。他愛もない話をして笑い合って……時にはケンカして……」

 友達なんて2036年のあんな社会じゃ到底望めないものだった。
 仲間と呼べる存在はいたけれど、それはワルキューレの同志であって、戦友だ。
 生きるか死ぬかの今日を、神経を張り詰めさせながら背中を守り合う存在だ。

「いつ襲撃されるか分からないような状況になんかじゃなくて、平和な世界で胸を高鳴らせてみたいよ……」



490: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 18:58:50.70 ID:H4FDJiAAo

 平和な世界に生まれて。
 平和に生きる阿万音鈴羽。
 何度想像したことだろう。
 何度夢に見たことだろう。
 でもそれは望んじゃいけないことだから。
 使命を果たす上でじゃまになってしまうから。
 ずっと封じ込めてきた。

「父さんと母さんみたいに、出会って……」

 本音が止めどなく流れてくる。
 ぽろぽろと涙をこぼしながら自分の想いを告げる今のあたしは、傍から見ればただの小娘だったんだろう。
 戦士の仮面が剥がれて、溢れてくる。
 自分を強くするためにあえて見ないようにしてきた想いが。希望が。夢が。

「本当はあたしだって、恋をして、好きな人のそばにいたいよ……」



491: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 19:01:30.59 ID:H4FDJiAAo

 涙で滲んで先が見えない。
 そのせいで目の前の男がどんな表情をしているのかは全く分からない。
 ただ何か考え込み、言葉を選んでいるようだった。

「…………それがお前の望む世界なら──」

 やがて一言一言選ぶように絞り出した言葉を紡ぎながら。

「跳んだ先で果たしてくるといい。お前の使命を。自らに課した使命を」

「……え?」

 男はもう、あたしを引き止めるようなことは言わなかった。

「もっとも、こんな半人前の戦士が、たった1人で世界を変えられるとは思えんがな」

「むむっ……」

 肩をすくめて、皮肉たっぷりな言い草。なき散らしたい気持ちが少し収まって逆に腹が立ってくる。

「我々としては、世界を変えられては困るから、失敗してもらって構わんがな。ハハハ」

「むむむっ……」

 本当は過去に行く理由だって、エゴなんだ。
 世界を変える理由だって、エゴなんだ。
 あたしが身を挺して世界線を変えることが、平和な世界のあたしにつながっているって信じてるから。
 そこではきっとあたしの周りの皆はSERNの襲撃に脅かされることなんてなくて。
 楽しく笑い合ったり、時にはケンカしたり仲直りしたりしてるんだろう。
 そんな世界を見るのが、あたしの望みだ。
 だから──

──あたしは、あたしのために、あたしを犠牲にする。

 迷いも後悔も、あったっていいじゃないか。
 そんなことで沈んだり浮かれたりするのが、本来の人間の姿なんだから。



492: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 19:03:00.21 ID:H4FDJiAAo

 迷いも希望もすべて背負い込んで。
 あたしは指紋認証システムを起動してタイムマシンのハッチを開けた。
 相変わらず目の前の男は微動だにせず、あたしを止める素振りを見せずにそこに突っ立ったままだ。

「本当に、行くよ?」

 涙を抑え鼻を鳴らしながら頬を膨らませて言うと、男は屈託のない笑顔を向けて来た。

「ああ、行ってくるといい。父親に会って、友達を作るんだろう?」

「むむ……」

 なんだか小馬鹿にされてる気分。
 というかこの人ホントなんだろう。止めたいのか行かせたいのか分からない。
 でもさっさと乗ってしまわないと。
 心変わりでもされたら大変だから、急いでタイムマシン内に足を踏み入れる。
 乗った後、機内からもう一度男の姿を確認して。
 涙で滲んだ目と、遠目からじゃよくは分からなかったけど、なんだか無性に懐かしいような、それでいてデジャブのような感覚。
 でもやがてその姿はゆっくりと沈んでくるハッチに遮られて完全に見えなくなった。
 一気に閉塞感が増していく。
 無機質な室内で、内部に灯るボタン類の明かりが微かに光っている。



493: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 19:04:07.43 ID:H4FDJiAAo

「まったく、なんだったんだ」

 座席に座りシートベルトで身体を固定しながら、対峙していた男のことを思い出す。
 委員会の関係者だとか言ってたけど、本当に何しにここまできたんだろう。
 彼の言っていたとおり、SERNにも今のディストピア懐疑派がいて、抵抗する人間もいるっていうことなんだろうか。
 だとしたら心強いけど、あんまり楽天的に考えすぎるのも良くない。
 あたしは託された使命を、あたしの意思でやり遂げる。
 だから──

──見ててよ、父さん。

 あたしは今一度、固く決意をして胸に刻んだ。
 迷いも後悔もするかもしれない。
 そうしたら、その時にまた思っきり悩めばいい。その時に悩んで出した結論に従えばいい。
 例え神に背くことになろうと、道徳に反していようと。

──自分の気持ちにだけは背を向けたくないから。

 そう、心の中で呟いて。
 あたしは1975年へ跳躍するための設定を終える。
 終えたところで指が止まった。



494: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 19:05:33.37 ID:H4FDJiAAo

 だめだな、早速迷い出してる。
 このまま1975年に飛び立ってしまっていいのか。
 そう思うのには理由がある。
 あたしは父さんに会いたい。一目見るだけでもいい。
 そうすればほんの少しでも父さんの人となりがわかるような気がするから。
 どんな気持ちで父さんがあたしにこのミッションを託したのか、少しでも分かるような気がするから。
 それはきっと使命を遂行する長い年月において大きな励みになると思う。
 だからさ──
 ちょっとだけ、あたしのわがままを許してよ、みんな。
 あたしは心の中でワルキューレのみんなに謝りながら、設定を変更する。
 行き先は2010年7月28日。
 父さんはこの年の8月9日に行われるタイムマシンオフ会に参加したことがあるらしい。
 だからその年に跳躍すればひと目見るっていう願いだけでも叶うかもしれない。
 それに2010年はワルキューレの前身、未来ガジェット研究所の設立の年だ。設立メンバーである父さんの他に、岡部倫太郎も所属しているはず。

「2010年かぁ」

 人々は自由を謳歌していると聞いたことがあるけど、どんな時代なんだろう。
 あたしはまだ見ぬ過去──ひいては変わった後の未来へと思いを馳せた。
 そこではきっと、父さんや母さんは戦いに明け暮れることのない普通の夫婦で。
 戦友だったワルキューレのみんなはあたしの友達で。
 岡部倫太郎は英雄でも何でも無く、普通の人で。
 あたしを取り巻く環境も大きく変わっているんだ。
 でもきっと今のあたしは消えてしまっていて、戦いに明け暮れた日も。
 父さんと別れを交わした幼い日も。
 母さんが殺された数日前も消えてなくなる。
 何も知らないあたしがきっとそこにいる。
 でも、それでいい。平和な世界で自由に生きるあたし──阿万音鈴羽の礎になれるなら、それでいいんだ。

「あれ……」

 気が付くと、また涙が溢れていた。
 焦がれるほど夢に見た日常を胸に抱きながら、あたしは跳ぶ。
 このミッションが成功することを祈って、指に力を入れる。
 その瞬間身体から重みが消え、重力から解放された。
 さあ、行こう。
 希望を胸に。
 何物にも縛られることのない世界へ──



Last Chapter Side A END



495: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 19:10:25.94 ID:H4FDJiAAo

Last Chapter Side B



 甲高い警告音とともに強烈な紫外線を放つ機械を眺めていた。
 それはやがて一瞬で燃え尽きる花火のように一際眩い光をはなかったかと思うと、すでにこの地球上には存在しなくなっていた。
 ラジ館屋上の床に入った亀裂と、鼻を刺激するオゾンの香りだけが現在における鈴羽の存在を未だに証明していた。

「二度目のさよならだ。鈴羽」

 大切な物を撫でるように優しい口調が出たと、自分でも思った。
 こんなに声色を出したのは随分と久しぶりのような気がする。
 思えば10年以上も前からずっと気を張ってきた。
 全ては今日──この日のためだった。
 今日ですべてが終わる。もう、仰々しい口調をする必要もなくなる。
 そこでふっと鼻から息が漏れた。
 咄嗟に出した偽名がペトロニウスとは、自分でもおかしかった。ペトロニウスというよりは、ピートの方がしっくりくるだろうか。
 それはともかくとして、結局自分もあの夏へと通じる扉を求めていることに気がついた。
 自由で豊かで、まだ何も知らなかったあの夏。



496: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 19:11:06.26 ID:H4FDJiAAo

「きっとこの作戦はあの夏へと繋がっているだろう」

 誰ともなく、俺──いや、僕は呟いた。
 そうとも、もうこんな大げさで厨二病的な発言はしなくともいい。
 もうすぐ終わるんだから。

「そうだよな、オカリン……」

 友の名前を呟いて、僕は携帯電話を取り出す。
 当然旧時代の遺物だ。今や一般市民に与えられる機械ではない。
 使えるのは一部の特権階級の者達。つまりは支配者側の人間だ。
 だがそういった仕組みがある以上は抜け道が無いわけではない。
 十分に対策は可能だ。それが何十年も前から分かっていたことなら、なおさら。
 機械を操作し、たった一文、友に届くよう通信した。
 そう、たった一文だ。
 見届けた、と。

──本当は行かせたくなかった。

 さながら戦地へと息子を送る母親の気分といったところだろうか。

──本当は引き止めたかった。



497: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 19:12:05.99 ID:H4FDJiAAo

 頭では無駄だと分かっていつつも、僕にできる最後の抵抗だった。
 だが世界は許してくれないし、代わりがいるわけでもなかった。
 結局、その通りにしか、ならないんだろう。
 何より「父親に会いたいなど」と、父親であるこの自分に告げられてしまえば、何も言えなくなってしまう。
 家族のためと自分に言い聞かせて別れた娘に、寂しい思いをさせてしまったんだな、と胸がえぐられるような思いになった。もちろん分かっていたことだが。
 だからつい、本音を出してしまった。
 娘の望んでいることを知りたくなった。
 今まで何もしてやることができなかった。
 未完成のタイムマシンしか遺してることができなかった。
 だったらせめて、やりたいようにやらせてあげることしか、僕にはできない。
 それが過酷な運命を背負わせてしまった娘に対する、せめてもの贖罪だった。
 だから鈴羽──
 頑張って幸せになってくれ。
 犠牲となったみんなのためにも、幸せに──
 そう願い、白衣のポケットに仕舞っておいた眼鏡をかける。
 鈴羽を目の前にしては、きっと涙が溢れてしまうかと思ったから、今までかけないでいた。
 いつもの感触が戻ってきて、ぼやけていた視界がクリアになる。
 僕はオレンジ色に燃える空を見上げた。傾いた夕日が目の前の役割を失った幾つもの廃墟を破滅的に照らしている。
 世界が今、終わろうとしている。



498: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 19:13:21.96 ID:H4FDJiAAo

 斜陽。神々の黄昏。
 もっともその神々は、神を自称する愚かな支配者の連中だ。
 そしてその神を地べたに引きずり落としてただの人間にしてやろうじゃないか。
 そのためのオペレーションラグナロック始動の証として、角笛を今鳴らそう。
 そして世界は今、再び始まろうとしている。
 握りしめた細身の携帯電話の感触を強く確かめて、計画を担っている関係各所へ通達した。
 先ほど友に送ったメッセージも。
 今しがた送った通達も。
 もしかしたら電波傍受でこちら側の動きは読まれるかもしれない。でも、もう遅い。
 今から1分もしない内に角笛は全世界へと鳴り響く。
 SERNもタイムマシンでの過去改変をしている暇などない。
 ここにも追手が来るかもしれないが、それでも構わない。
 どの道僕は、3年前に死ぬ予定だったんだ。それが少し遅くなっただけのこと。
 もちろんむざむざやられるつもりは毛頭も無いけども。
 26年前にまゆ氏の運命を知って。それからオカリンと牧瀬氏、そして鈴羽の運命を知り。
 衝突もあった。
 やり場のない怒りに震えた夜もあった。
 11年前に引き継いだ意志の重みに何度も潰れそうになった。
 こんな僕にレジスタンスのリーダーなんて務まるわけがないって思ってた。
 それでも僕は我が友と、我が娘を信じて、ここまで来たんだ。
 大丈夫、僕は1人じゃない。そう信じて。
 様々な思いを胸に──
 僕は最後の通信相手へと繋がるボタンを押した。
 向こうは今か今かと僕からの連絡を待っているはずだ。
 案の定、わずか数コールの呼び出し音の後に通話が繋がる音が聞こえてきた。
 相手はこちらの心境を探るように低く、抑揚のない声で言った。

『…………俺だ』

「もしもし、僕だ。バレルタイターだよ」



499: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/08(日) 19:14:46.62 ID:H4FDJiAAo

『終わったのか』

「うん、全部ね」

 少しの逡巡の後、聞こえてくる言葉。

『ご苦労だった。よくぞここまで着いてきてくれた』

 それは紛れも無く本物の労いの言葉。厨二病でもなんでもなく。
 本当に頑張った。それだけは胸を張って言える。
 けどもう、僕に出来る事はもうないだろう。
 だから──
 託す。人々の想いというものに。

「後は彼らの働きに任せよう。そのためには──」

 電話の主は意図を汲んだようで、僕が言葉を紡ぐ前力強く告げてきた。
 そう、何十年も前から変わらない、その大げさで痛々しくて──
 それでいて、何かを惹きつけるようなあの口調で──
 我が友、岡部倫太郎は、支配構造を打ち砕くべく成り代わる──

『分かっている。全て任せておけ。この狂気のマッドサイエンティスト──』



──鳳凰院凶真に。



Last Chapter Side B END



509: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:06:25.36 ID:H2DFSvqUo

Last Chapter Side O



 耳元に当てたクリムゾンレッドの携帯電話をゆっくりと下ろし、見つめる。
 数十年ぶりにその感触を握りしめていると、感慨深い想いが沸き上がってきた。
 2036年現在においては完全に時代に取り残された過去の産物。
 一般人はおろか、支配者側の人間が持っている通信端末にこういう型の物は存在しないだろう。
 だがあえて俺がこの端末に拘ったのには訳がある。
 共に戦ってきた──言わば戦友だからである。
 外装はボロボロで古めかしく、液晶画面は傷だらけで薄汚れている。電池に至っては電源を入れればものすごい勢いで消耗していく。
 語るまでもなく、寿命は過ぎていた。
 だからこそ、幾多の困難を乗り越えてきたゆえの重みがそこに感じられる。
 俺だって、同じだった。
 追手の襲撃を懸念しない日は無かった。計画に見落としがないか確認を怠らない日はなかった。いつだって神経を張り詰めていた。
 肉体こそ若々しさを保ってはいるが、すでに俺の精神は擦り切れる寸前だ。
 懸念材料は他にもある。
 俺は自らの胸に拳を当て、目を閉じた。
 どくんどくんと、一定のリズムで刻まれる脈動は未だに俺の命を証明してくれている。

──大丈夫。まだこの心臓は動き続けている。

 我が右腕──バレルタイターことダルの協力を得て、我々が何十年も前から計画してた作戦が、今始まる。
 そこまではなんとしても、気力を持たせなければならなかった。



510: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:08:41.76 ID:H2DFSvqUo

「…………」

 俺はすでに立ち上がっている薄型のタブレット端末を手に取り、デスクの上に固定した。
 畳ひとつ分はあろう大きさの机の上で、タブレットの他に、複数のPCモニタが並んでいる。
 学校の教室ほどの広さを有する部屋で1人溜息をついた。
 天井にはむき出しのダクトが縦横無尽に走っており絡み合っている。
 温かみの感じられない無機質な白色の壁。それらを照らす真っ白な照明の光。
 他に人の姿は無く、ただただ静謐な空間だけがそこにあった。

 2010年8月、薬を飲ませてまゆりを世界の運命から切り離した後、俺たち──俺と紅莉栖とダルはラウンダーの連中に拉致された。
 およそ1年半に渡るSERN内での拘束の後、俺たちは脱走計画──オペレーションヴァルハラを実行。
 計画自体は失敗に終わり、俺は負傷した。
 本来ならばそこで俺たちにはSERNに楯突く反逆者として始末されるだけの理由があった。
 けれども、それすら世界線の収束に阻まれることとなった。
 SERN──300人委員会の連中は、因果を歪めるようなことはできるだけ控えるべきだと判断したのだ。
 どの道俺は2025年に死亡。ダルは2033年に死亡するという情報があったからこそ、俺たちを脅威だと思ってはいても、2011年において因果を歪めてまで排除すべき存在ではないと結論づけたのだ。
 結局、紅莉栖がSERNに残って研究に携わり、俺とダルが解放されるという結果で事態は収拾した。
 果たしてそれが本当にSERNとしての自由意志だったのか、世界線収束による終局だったのかは今でも分からない。だが奴らは俺を──
 人の意志というものを侮りすぎた。



511: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:10:26.76 ID:H2DFSvqUo

 その結果、俺がここにいる。
 ここはとある研究所内。
 今は2036年9月末。
 本来であれば、俺はとうの昔にラウンダーの手によって暗殺されている。
 しかしながら、シルバーブレットを服用することによって世界線収束の呪いを打ち破ったのだ。
 2025年において、その薬の効果はすでに、任意の年齢に狙い定めるまでに進歩させていた。
 俺はあの夏と同じ歳──18歳前後の姿まで若返り、その後はワルキューレの指揮権をダルに一任し、俺は別のミッションへと尽力することになる。
 そして2033年に存在を否定されるダルも自らの運命を断ち切った。
 今や俺は29歳、ダルは21歳程度の肉体まで若返っている。
 まゆりと同様に、世界の運命から逃げ切ったのだ。収束の魔の手から──いや、あるいは。
 この世界では、それすら収束事項だったのかもしれない。
 俺や鈴羽、紅莉栖がねじ曲げた世界線。そのねじ曲げられた事象は世界の過程に大きな変化をもたらし、そして今、世界を変革しようとしている。
 さあ、思い出に浸るのは後でいい。準備はすでに整っている。
 そう心で呟いて。
 俺はプログラムを起動した──
 デスクの上に立てられた薄型端末のモニタとは別のPCモニタに、髪がボサボサ乱れて縦横無尽に伸びきった頭の男の顔が映りだされる。
 無精髭を顔にまき散らし疲れきった顔をした男。29にしては老けているようで、それでいて瞳の奥の光はぎらりと鋭い。
 俺が指で顎を触ると画面の男も同様に顎を触った。

──相変わらず、にじみ出る狂気のオーラがマッドサイエンティストたらしめているな。鳳凰院凶真よ。

 俺はモニタ越しの自分に向かって心の中でそう言った。
 すでに全世界に向けた放送は始まっている。



512: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:11:35.36 ID:H2DFSvqUo

 農場で作業をしている者。つかの間の休息をかみ締める者。すでに睡眠を取っている者。
 色々な人間が居るだろう。
 人々にとって唯一の情報源であるテレビスクリーンは、そこら中に設置されている。
 支配者に使役される立場の執行者をはじめ、奴隷階級の者たちの近くにも蔓延している。
 そしてその機械は人々に偏った思想を植え付けるだけではなく、民衆を監視し、恐怖を植え付け、管理する。
 放送内容は酷いものだ。2010年では平然と放送されていたようなバラエティ番組、ドラマ放送、情報を得るためのニュース番組は一切無く。
 代わりに労働の喜びを称えるような説法から、社会への奉仕を勧める吐き気を催す歌詞ばかりを集めた歌番組。
 そして民衆が貯めこむ不満の吐きどころにするスポーツ番組。
 反逆を企てた──というにはあまりにも大げさな──者の公開処刑といったところだ。
 当然ながら他に何もすることのない一般人はそれを拠り所にするしか無い。
 結果、余計に今日を生き伸びるためだけに汲々とし、未来への希望を失って、より家畜に近づくのだ。
 だから、その放送を、ジャックする。
 全世界に向けたこの俺の言葉を、今この放送で発信するのだ。
 すでに放送用の衛星はクラッキングによって押さえてある。
 邪魔が入ることもない。
 俺は1つ咳払いをした。
 これからはじまるのは狂気に満ち溢れた反乱。その革命を焚きつけるのはこの俺の言葉だ。
 ミスは許されない。
 人々の心に、呼びかけなくてはいけない。人々の魂に、刻み付けなくてはいけない。
 2日間のループで心を失いかけていた俺を呼び戻してくれた彼女の言葉のように。
 ただ生かされるために今日を生きる──そんな世界から救い出してくれた鈴羽のように。



513: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:13:13.44 ID:H2DFSvqUo

「あ──あ──、諸君。日々の労働、ご苦労である。まず始めに1つ断っておきたいのは、この放送は諸君の少しばかりの不満のはけ口でなければ、救いを差し伸べる蜘蛛の糸でもなんでもない。だが現状にわずかでも疑問を抱いている者が君たちの中にいるのであれば──ほんのわずかでも未来を変えたいという意志が君たちの中にあるのであれば──どうか、このまま耳を傾けていて欲しい」

 俺は真摯な眼差しをモニタの世界に向けた。
 目元に深く刻まれる皺に囲まれた2つの瞳がきらりと輝いた。

「なぜならこの俺も、まだ多く燻っているであろう君たちと同じように未来を変えたいと願い、今日まで生きて来たのだから。紹介が遅れたが、俺の名は岡部倫太郎。知っている者もいるだろう。SERNという独裁者に楯突いたテロリストだ。本来であれば2025年に暗殺されて生涯を終えていた。だが俺はこうして生きている。時空を操ることで自分の命運を変えた。それも全てはSERN及び機関の陰謀を打ち砕くためだ。今、俺がどこにいるか分かるか? わからないのであれば教えてやる」

 俺は映っていた身体を翻し背後を指さした。
 その先には規則正しく並べられた数台の車。どれもシボレーのコルベットである。
 モニタに映ったのを確認すると俺は再びカメラに向かい合って、その部分を大げさに強調するように言った。

「そう──ここはSERN研究所内であり──あれはタイムマシンだ」

 告げた。はっきりと。
 これがどういうことかは、言わなくとも分かるだろう。



514: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:16:06.96 ID:H2DFSvqUo

「あらゆる困難と陰謀を乗り越え、俺はついにSERNの中枢へと潜り込み、こうして奴らの首元に刃を押し当てることに成功した。この諸悪の根源、タイムマシンさえ無くなれば──これさえ破壊してしまえば──君たちの過去を縛るものはもう居なくなる。君たちの未来を遮るものは無くなるのだ!」

 言葉に力を込める。群集心理を煽るように声たかだかに。
 心に届くように。

「まだ、俺の声が聞こえているか。聞こえているならば安心しろ。操られる今日に悲観する必要はもうない。分かりきった明日に絶望する必要はもうどこにもない。君たちは家畜じゃなければ機械でもない。君たちは紛れも無く人間だ。理性ある世界に生きる人間だ。その理性ある世界のために──人々の幸福を導いてくれる世界のために闘おう」

 俺は白衣のポケットから小型のスイッチを取り出す。
 これを押せば背後の車に仕掛けられた爆弾が炸裂し、支配者たちの愚かな夢を粉々にするだろう。



515: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:18:12.16 ID:H2DFSvqUo

「さあ、立ち上がるのだ! 自らを神格化した愚かな支配者のためなどではなく、自分のために──自分の足で立って歩き出し──そして、その手で自らの未来を掴み取ろうではないか!」

 俺は高らかにそう宣言し握られたスイッチを押す。
 その刹那、背後からものすごい熱量と圧力と爆音が一斉に襲ってきた。
 仕掛けておいた爆弾を一斉に爆破させた。コルベット達は無残にも爆散し、赤く染まっている。
 奴らの首元に突き立てられた刃は喉元に深々と沈み込んでいった。
 後は煽るだけ。
 両手を広げて行動を促す。

「障害は取り除いた! 外に出て周りを見渡すがいい! 君たちの同志は押しなべて自由を欲している!」

 少し間を空けて、今度は穏やかでありつつも堂々たる威厳を醸しだして述べる。

「そして自由を欲する民とは別に、愚かな支配者に従う兵士たちにも告げる。君たちは支配者たちから囲われ、守られ、そして報酬を与えられている。しかしそれは単なる幻想に過ぎない。ひとたび革命が起きれば奴らは無慈悲に君たちを切り捨てるだろう。盾にし、弾にし、食いものにする。奴らは意地汚い獣だ。自分の身1つでは何もできない、臆病者だ。そんな意気地なしの腰抜けのために命を張るな。それでも奴らのために身を削るというのであれば、それはもはや、君たちが家畜だと思い込んでいる被支配階級そのものだ。奴隷そのものだ。だから兵士よ。奴隷を作るために戦うな。自由のために闘え!」



516: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:19:27.45 ID:H2DFSvqUo

 俺は目を閉じ、息を大きく吸い込んだ──

「最後に、これまで支配を許してきたあらゆる者たちにこの言葉を贈ろう」

 それはかつて、俺自身が受け止めた言葉──
 贈った男は、俺が憎むべき敵側の人間だったけれど、今は感謝すらしている。

「私の運命の支配者は私であり、私の魂の指揮官は私である──」

 門がいかに狭かろうと──
 いかなる罰に苦しめられようと──

「武運を祈る。エル・プサイ・コングルゥ」

 俺は何ひとつ、恐れはしない──



517: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:20:47.10 ID:H2DFSvqUo

 最後にそうつぶやき、放送を終えた。
 この放送は皮肉にも、管理社会を作り上げた科学者たちの開発した高精度の通訳ソフトにかけられ、あらゆる言語で、あらゆる地域に流されるであろう。
 時差や放送を見逃した者にも配慮し、放送は繰り返される。そしてそれを見た民衆はきっと立ち上がる。
 なぜなら人間は革命のために生きているようなものだから。
 この管理された世の中で家畜のような生き方をするようにはできていない。誰もが皆、自由を欲している。
 俺はその自由を欲する魂にほんの少しのきっかけを与えたに過ぎない。

──そう、これこそがオペレーションラグナロックの全容だ。

 過去を変え、世界線を跨ぐことでディストピアをなかったことにするのではなく、文字通り世界を変えるための作戦。
 鈴羽が観測した2036年の今日までの結果を変えることはできない。
 しかし、それ以降の未来であれば確定はしていない。ゆえに今日、この時を待ち準備を進めてきた。
 支配者層に対する、文字通りの革命。解放戦争。そして最終聖戦──
 その先に訪れるのは混沌とした未来だ。平和とは言いがたい未来かもしれない。
 きっと治安も悪くなるだろう。憎しみは憎しみを生み、やがて深い悲しみを生むかもしれない。
 だがそれでいい。
 人々は本来自由であるべきだから。自由な意思があるべきだから。
 そのために戦うべきなのだから。



518: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:25:14.65 ID:H2DFSvqUo

 はたしてこの世界線の未来は俺が望んだ世界へと通じているだろうか。
 俺が望んだ夏への扉を、開けられたのだろうか。
 それはまだ分からない。
 だがきっと──
 きっとあの自由だった世界へと通じていることを願う。
 18年を生きた2010年を捨てて1975年へと辿り着き、今この時、2036年──
 実に79年間。
 あの閉ざされた2日間を考えれば、きっとさらに長い年月を積み重ねたであろう我が人生を省みる。
 きっと失敗ばっかりだった。
 まゆりを救うことに何度も失敗して。
 鈴羽の絶望とまゆりの命の間で永遠にゆらぎ続ける環の中に閉じこもり。
 その環からなんとか抜けだした先にもさらなる試練が待っていた。
 だがそれすらも乗り越えて。
 今、約束を果たす時がきた。
 あの日ラジ館の屋上で交わした鈴羽との約束──

──きっと未来を変えてね。今みたいな、自由な世界に変えて──

 鈴羽に救い出されて、紅莉栖と共に足掻いてきた。
 そして今もまた、俺は色々な人たちに支えられている。
 みんなの想いをぎゅっと胸にしまいこんで。

──きっと未来を変える。あの時のような、自由な世界に変えてやる──

 自由で笑い合って、ときにはケンカもして、争いがあって悲しい時もある。そんな世界に──



519: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:27:20.62 ID:H2DFSvqUo

 
 もしかしたら世界は変わらず、自由は取り戻せないかもしれない。
 それどころか人類のためには、世界を変えない方がいいのかもしれない。
 けれど自由を望む人々は確かにいて、彼らは立ち上がる。
 ならばその意思は紛れも無く本物だ。押さえつけられていいものじゃない。
 どちらが正義でどちらが悪なんて決め付けるつもりはない。
 人は何かのために戦い続ける。
 それが自分のためであれ、誰かのためであれ関係ない。

 ふと、これからの未来に思いを馳せてみた。
 きっと長い戦いになるだろう。
 いつ終焉を迎えるか分からないこの戦い。
 終わった後、俺は次代の英雄として歴史に名を刻むだろうか。
 それとも戦争を炊きつけた史上最悪の暴君として蔑まれるだろうか。
 だがどちらでもいい。俺は英雄にも暴君にもなりたくない。
 なぜなら俺は狂気のマッドサイエンティスト鳳凰院凶真だから。
 望むのは混沌とした未来。望むのは世界の支配構造の破壊。
 ただ、何者にも縛られない、自由な明日──

 俺はただっぴろい室内で1人つぶやく。

「これも──シュタインズゲートの選択だ」


Last Chapter Side O END



520: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:30:13.89 ID:H2DFSvqUo

Epilogue



 広くはあるが、無機質で息の詰まりそうな薄暗い室内。
 かろうじて残った照明も、せわしなく明滅を繰り返しながら辺りを照らしては薄黒く染めている。
 爆発の影響で照明器具の調子がおかしくなったのか、あれ以来ずっとこの調子だ。
 天井に張り巡らされたダクトからは獣が低く唸ったような音が鳴り続けている。それ以外の音はまるで聞こえてこない。
 この部屋だけが世界から遠く切り離されてしまったかのような。
 時折PCモニタが暗転し、再び切り替わってぼんやりと明るい画面が床と壁を優しく照らている。
 モニタに映し出されるのは常に同じ映像だ。

──そう、俺が数日前に行った演説の放送である。

 何度も心に訴えるため、繰り返し流し続けている。
 暴動のさなか、テレビの放送網は依然としてこちらの手の中にあった。
 一度決起した人々の力は侮れない。これがその結果だ。
 俺のこのプロパガンダによって立ち上がった民衆を見てさらに他の者は立ち上がる。
 その立ち上がった戦士たちを見て別の民衆も立ち上がる。
 やがてその意志はウィルスのように広がっていく。一度焚き付けられたらもう立ち止まらないだろう。
 これこそが俺の──俺たちの立てた計画。
 オペレーションラグナロック。
 すでにギャラルホルンは鳴らされた。後はいかなる結果が待とうと、戦いぬくだけだ。
 ふとPCモニタとは別に、タブレットのモニタが切り替わり、通話ソフトが立ち上がった。

『あーもしもし、オカリン? 僕だお』

 画面にはSOUND ONLYの文字。だが顔を見なくとも誰であるか一瞬で把握した。



521: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:31:26.49 ID:H2DFSvqUo

「緊張感のない奴め。せっかく奪還したインターネット通信網だ。こう、クールにコードネームとかをだな……」

『あーはいはい、こちらバレルタイター。これでおk?』

「まぁいいだろう……。で、首尾は?」

『守備? んーまぁ、攻撃してんのはこっちだから全然問題ないっつーか。でもやっぱNASAをはじめとした300人委員会傘下組織の治安部隊が結構抵抗してる感じ。洗脳されてたり肉体改造されてて手強いって。僕らが集ったエインヘリヤル達が踏ん張ってはいるけど敵前逃亡もちらほら出てきてるって話。まあしゃーないわな。逃げる奴はベトコンだ、逃げない奴はよく訓練されたベトコンだ』

「ホント戦争は地獄だぜフゥハハハーハァ──ってやかましい!」

『オウフ、厳しいツッコミ。まぁ軍事衛星の類も無力化してるし、核とかの大量破壊兵器も簡単には使えないだろうからしばらくこの膠着状態が続くと思われ。つーかもうIBN5100様様っつーか、まさに情報を制するものは戦争を制する、キリッ』

「それで? SERNはどうなっている?」

『SERNについてはもう制圧完了。やっぱり諸悪の根源だけにヘイト稼ぎまくりワロス。フランスやドイツをはじめとした各地の精鋭たちが送り込まれてラウンダー共をなぎ倒したって。その姿はさながらかつてのフランス外人部隊だったそうな。おーこわ。まぁ、あそこは秋葉氏も指揮取ってるし、予定調和じゃね?』



522: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:32:14.20 ID:H2DFSvqUo

「タイムマシンについては?」

『そっちは現地に潜り込んでたエスブラウン氏たちが破壊済み。牧瀬氏が提供してくれた情報の通り、全部ね』

「ふむ。さすがこの俺が見込んだエージェントだ……。この俺の目に狂いはなかったということだな」

『まあそこは牧瀬氏に感謝っしょ。リスク背負って僕らにSERN研究所内の情報を横流ししてくれたからこそ選択肢が増えて、こうやってプランBを実行できたわけだし。プランAだったら今頃オカリン蜂の巣かもよ?』

「ああ、感謝しているさ。こうして”日本”で事態を見守ることができているのだからな」

『オカリンが演説の後しゅんころされても、士気に関わるからね。そう考えると初期案は怖すぎワロエナイ』



523: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:34:25.49 ID:H2DFSvqUo

 そう、初期段階では俺の演説は実際にSERNに潜り込み、目の前でタイムマシンを破壊して民衆を焚きつけるという計画だった。
 しかし潜入には大きなリスクがあった。
 まず第一に、いかにコネクションがあろうと、いきなりSERN中枢に潜り込み、タイムマシンに接近するなどということをSERN及び委員会の連中が見逃すかという問題があった。
 厳重な監視もついているだろう。
 作戦が事前にバレて俺が殺されてしまえば計画は破綻だ。
 第二、第三の潜入者を予想して、警戒はより一層高まるのは間違いない。そうなればタイムマシンを破壊することは難しくなる。
 故に俺はこの日本にて、託された情報を元に”SERN研究所内と同様の見た目の部屋を作り”さらに、”タイムマシンの偽物”を部屋に配置した。
 モニタ越しにみればテレビ内の俺はSERN研究所内にいるように見えるという訳だ。
 そしてあたかも本物のタイムマシンを破壊したかのように見せかけ、民衆に脅威は消え去ったと思い込ませる。
 そうなれば計画の第一段階は達成だ。
 結果、見事に人々は決起し、今の状況が生まれている。
 さらに計画を成功させるためには第二段階の達成が肝となる。

──その第二段階とは、タイムマシンの破壊だ。



524: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:38:55.90 ID:H2DFSvqUo

 タイムマシンが残ってしまってはこの計画は台無しになってしまう。
 奴らにしてみれば、過去に戻って計画を阻止すればいいのだから。
 そこで俺は、民衆にSERN研究所と思わせるだけではなく、緻密な情報を下に研究所を細部まで再現し、SERNの研究員やラウンダー達にも研究所内だと思わせたのだ。
 そうすることによって現地に潜り込ませておいたスパイを使ってタイムマシンの在処を確定し、接近する。
 放送が始まれば俺を止めようと奴らは必死になるだろうからな。
 必然的にタイムマシンを保管するその場所に人が集まる。
 その騒ぎに乗じてエージェントがタイムマシンを破壊するという手はずだ。
 計画はまんまと成功し、タイムマシンを全て破壊したとのことだ。
 優秀なエージェントと、この頭脳があってこその計画である。
 これで奴らは時間という4つ目の次元に干渉する手立てを失った。こちらの土俵に誘い込んだ。
 すなわち、身の削り合いで勝負せざるを得なくなったということだ。
 奴らが再びタイムマシンを作ろうと画策しようと、すでにSERN研究所が俺達の手の中にある以上、それも叶わないだろう。
 少なくとも膨大な時間はかかるはず。
 タイムマシンの破壊という現実は、ラウンダーや委員会の手下どもの士気を下げるには十分だったはずだ。
 現に執行者を気取っていた支配者の犬達は次々と降伏をし始めている。
 結局タイムマシンと、委員会の後ろ盾がなければ何もできない連中だ。当然の結果である。
 そしてそれはこちら側の士気を上げることにも繋がる。
 結果ある程度の小競り合いは続いてるとはいえ、確実に世界の支配構造を覆し始めていた。
 オペレーションラグナロックは成果を出しつつある。



525: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:40:48.92 ID:H2DFSvqUo

──オペレーションラグナロック。

 紅莉栖の計画を元に俺が練りに練って、紅莉栖やダル、そして数多の仲間たちと共に実行した計画だ。
 その概要は──
 世界線を変えることで未来を変えるのではなく、世界の権力者たちを引きずり落とすことによる支配構造の破壊。
 一言で言えば革命だ。
 世界線を変えてしまえば、それと引き換えに多くのものが失われてしまう。
 世界線を変えなければ、俺たちが過去を捨ててまでタイムトラベルした意味が失われてしまう。
 そのジレンマに打ちひしがれた俺と紅莉栖は、世界線を変えないことを選んだ。
 だが──世界線を変えられなくとも、俺たちは自分の意思で行動することが出来る。
 そして──結果は変えられなくとも、過程は変えられる。そう信じた。
 その願いにも似た想いを胸に、長い年月を費やし、俺たちはまゆりを救う手立てを確立──そして見事に世界を欺いたのだ。
 その後に訪れる未来はSERNが構築するディストピア。
 その管理社会を打ち砕いて世界に自由をもたらすことこそがタイムトラベルの目的の1つであり──
 何より、鈴羽との約束だった。
 まゆりに仮初の死が与えられた8月13日、俺とダル、そして紅莉栖の3人はラウンダーに捕らえられることなる。
 それはすでに鈴羽から情報を得ていたため、周到に計画を企て、脱走するつもりだった。

──それがオペレーションヴァルハラ。
 
 結果は失敗に終わって、俺とダルだけが解放されるという結末だったが……。



526: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:41:57.17 ID:H2DFSvqUo

 そして次に俺たちはレジスタンスを設立した。これも鈴羽の証言通り。
 2011年においてSERN──いや、300人委員会の陰謀に気づき、彼らに抵抗しようとしてた勢力はすでに存在した。
 そいつらとコンタクトを取り、抵抗勢力を作り上げ、ディストピア構築を防ぐ組織にする。

──それがオペレーションワルキューレ。

 だが──表向きは、だ。
 もっとも俺は、ワルキューレが最終的にSERNを打ち砕いてくれればいいと思っていた。そう願っていた。
 だが奴らは強大だ。
 その上俺がレジスタンスを設立するという情報はすでに敵側に伝わっていたから、SERNを出し抜けるとは思えないのも事実だった。
 だから俺は、2025年に死んだと見せかけて、裏で暗躍していたのだ。
 ワルキューレは言ってしまえば──言い方は悪いが──隠れ蓑のようなものだ。
 奴らから俺の動きを悟られないための目眩まし。
 2025年、世界から死を約束されているはずの俺はシルバーブレットを使って若返り──その頃にはすでに薬品の効果は、任意の年齢まで若返ることを可能としていた──2036年の革命のため──そう今、この時のための勢力を構築していたのだ。
 秘密裏に動かなければ意味がないため、非常に気を張る仕事だったが、バレてしまえばすべてが水泡と化すため、細心の注意を払った。
 
──それがオペレーションエインヘリヤル。



527: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:44:02.07 ID:H2DFSvqUo

 刑務所に服する者やギャング、ヤクザと言った社会のはみ出し者──つまりは管理に抗ってきた者たちに接触し、協力を仰ぐ。
 ディストピアなどという極端な管理者会において、彼らは確実に抵抗するだろう。
 そんな反骨精神を持った者たちをSERNやその犬たちにむざむざ殺されるのを放ってはおけない。
 きっと彼らは戦力になる。
 自由のために共に戦ってくれるだろう。
 気性の荒いただのごろつきが多いのも事実だったが、中には目を瞠る者もいた。
 
 1人は猟奇殺人事件を何件も起こし、自ら進んで刑務所に服役し、罪を償っていた男だ。
 狂気に満ち溢れた男だろうと想像していたのだが、色々な偶然や陰謀や重なってそういう結果になったらしく、本人は至って公明正大な人物だった。
 そして彼との出会いは俺に、目の前の事象すら歪める能力者という人智を超えた世界の存在を知らしめてくれた。
 その邂逅が無ければ、きっとこの計画もどこかで綻びが生じていたに違いない。
 
 もう1人は、大量殺人──と表現するにはあまりに物足りない──を企てたテロリストの女だ。
 レジスタンスメンバーのツテを頼って接触をはかったのだが、彼女もまた、様々な陰謀の渦中、巻き込まれた被害者の1人だった。
 委員会の野望について存知しており、それに警鐘を鳴らす優秀な人物でもあった。
 
 その2人も、この聖戦に至るまでの立役者であったことだろう。
 世の爪弾き者や自由を欲する者、SERNに敵対する者たちが身を潜め、その計画の瞬間を待ち望んでいた数日前。
 この俺のプロパガンダにより民衆は立ち上がった。
 だがそれだけでは足りない。
 戦う術を知らないただの有象無象が集まっただけでは委員会の連中に蹴散らされるだけ。
 それを前線に立って指揮するための戦士が必要だった。
 オペレーションエインヘリヤルによって集められた勇者たちが戦う姿を見て民衆は勇気づけられただろう。
 そして自らも戦って自由を取り戻したいと願っただろう。
 つまり俺のあの放送は人々の魂へ訴えかけるプロパガンダでもあり、エインヘリヤルたちにラグナロックの始まりを知らせる角笛でもあったのだ。
 そして立ち上がった人達を見てさらに他の人間は決起、奮闘する。

──それがオペレーションギャラルホルン。



528: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:45:04.43 ID:H2DFSvqUo

 オペレーションヴァルハラ──
 オペレーションワルキューレ──
 オペレーションエインヘリヤル──
 オペレーションギャラルホルン──

 この4つの計画の実行こそがオペレーションラグナロックである。
 
『なあオカリン』

 物思いに耽っていた俺の思考が、ダルの呼びかけによって一気に現実に戻される。

「どうした、改まって」

『僕さ、オカリンのこと……殴ったことあったじゃん』

「……さてな、どうだったか。もうそんな昔のことは覚えてないな」

『オカリンたちが実は、1975年にタイムトラベルしてて、鈴羽と──まだ生まれてもいなかった鈴羽との間に子どもがいるっていう話をされた時、僕もう頭に血が上っちゃってさ……』

「…………」

 ダルの言いように思わず沈黙する。言葉が出てこない。
 俺はダルの気持ちを推し量るように息を止めた。
 少し間が空いて、やがてスピーカーから聞こえてきたのは意を決した男のセリフだった。

『今、謝っておく。……すまんかった』

「……謝る必要などはないさ……。きっとそういうものだろう、父親というのは」



529: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:46:14.48 ID:H2DFSvqUo

『正直に言うと』

 ダルは再び改まった様子で言葉を紡ぎ続ける。

『鈴羽を見送ったあの時まで──いや、今の今まで、僕、オカリンのこと許しきれてなかったんだ』

「…………」

「鈴羽のこと、飛ばせたくなかった、ホントは。引き止めてやるって、そう思ってた。だってそうだろ? 使命を背負って生きて、記憶を失って死ぬなんて。そんな人生辛すぎる。そんでもって、その使命を父親から託されたんじゃ、鈴羽も従うほかないっしょ? そんなんで縛っちゃってほんとにいいのかって……」

 それは独白のようであり──

「だからオカリンの計画に賛同しつつも、どこかで迷ってたんだ。ずっとな。父親が娘の幸せを奪っていいのかって、僕が娘の幸せを願わなくていいのかって。で、鈴羽の話、聞いて。鈴羽の気持ち、少しだけど理解して……。そんで今、自由のために立ち上がる人達を見てたらさ……」

 父親としての懺悔のようでもあり──

「ああ、これが鈴羽のしたかったことなんだなって、そう思えてきてさ……。だから、なんか、上手く言えんけど、今はオカリンに感謝してる」

 そして人が人を想う気持ちそのものだった。



531: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:47:25.02 ID:H2DFSvqUo

「オカリン、鈴羽のこと……幸せにしてくれたんだよな……?」

「ああ、無論だ……。幼い2人の娘を残して永い眠りに付いたことはいささか不本意だろうが、彼女は最後まで笑顔でいたよ」

「そっか。さんくす……」

 ずびび、と鼻をすする音が聞こえてくる。
 きっと溢れてくる思いが抑えきれなくなったのだろう。

「僕が見送った鈴羽も、幸せになってくれてると、パパうれしいお……」

 すすり泣きながらダルは涙声でそう言った。
 父親にしてみれば、辛い選択だったことだろう。
 迷いもあったことだろう。
 だがそれを乗り越えて、今、俺にありったけの想いをぶつけてきたんだ。

「あーこんな歳になってみっともなく泣きはらすなんて……もうなんか悔しい! でも感じちゃう! ビクンビクン。あでぃおすぐらっしあー!」

 ダルは勢いに任せて通信を遮断したようだ。
 俺にかっこわるいところを見せたくないという、奴なりの義父親としてのプライドだろうか。



532: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:48:32.76 ID:H2DFSvqUo

「ふ、あいつめ……」

「ダル君ってばジェラシーメラメラだねぇ……」

 突然、背後でゆるりとした声がした。
 俺は思わず肩を張り上げた。

「うおおうっ!? なんだ……お前か……」

 振り向いた俺は、見慣れた彼女を目の前にぼそっと呟く。
 椎名まゆり。
 幼なじみにして我が人質。人体実験の生け贄である。
 どこからともなく現れるとは。
 相変わらず、スニーキングフェードアウトを遺憾なく発揮している。

「オカリンとダル君、なんだかお互い少しギクシャクしてた感じがするけど、今の感じだと、なんだか前に戻ったみたいだね~」

「奴とは切っては切れない縁だからな。なにせこの狂気のマッドサイエンティスト鳳凰院凶真の右腕……」

「やっぱりああやって楽しそうにしてるのを見るのが、わたしは嬉しいよー。だからねー、これからいっぱいいっぱい危ないこととか、辛いこと悲しいことがあるのは、いやだな……」

「何を言うまゆり。それを乗り越えてこそ手にする価値のある自由が手に入るのだ。そこを忘れてもらっては困る」

 まゆりは少しだけ寂しそうに眉尻を下げながらうつむく。
 あの頃とさほど変わらぬ、ゆったりとした口調で喋りながら。

「そっかー、だったら仕方ないねー」



533: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:50:21.82 ID:H2DFSvqUo

 2010年、薬の効果でまゆりは6歳前後まで若返ることとなった。
 結果椎名まゆりとしてではなく、新しい人生を歩んで今まで暮らしてきた。
 椎名まゆりはもう、この世には存在しない。
 俺が──俺と紅莉栖が選んだ道だ。
 迷いが無かったといえば、嘘になるかもしれない。
 だが、今も彼女はこうして生きている。
 だからそれでいい。
 まゆりにとって大事なものを奪ってしまったのは確かだけど、その代わりにかけがえのない時間を過ごすことができたから。

「ねーねー、オカリン?」

「なんだ?」

「わたしは、オカリンの重荷になってなかったかな……」

「…………そんな訳無いだろ」

「ずっとオカリンの人質として、守られる立場なんだーって、なんとなく思ってた時期もあったけど、やっぱりそれじゃあダメだな~っていう風にも思ってたりしたんだー」

「そうなのか……?」

「だからね? 実を言うとすごく、すごーく勉強したりしたんだー。オカリンの役に立てるようにーって。オカリンのやろうとしてること、すごく立派なことだと思う。けどね、人がたくさん傷つくでしょ? だからせめて、わたしはそれを治せないかなーって。いっぱいいいっぱい勉強したんだよー?」

「ああ、分かっている。さほど勉強が得意でないまゆりにしては健気に頑張っていた。そこは認めよう」

「もー、一言多いよー。でね? 資格とか、免許とか持ってはないけどー」

 口調は相変わらずゆっくりで。
 容姿だってあの頃とそんなに変わらないのに。
 妙にまゆりが大きく見える。頼もしく感じる。

「オカリンとダル君と、それと戦ってくれてるみんながケガしたら、わたしが診てあげるからねー?」

「ほおう? そこまで知識を蓄えていたのか? だがそれではモグリの医者ではないか。法外な治療費を請求されると勘違いして断られるのではないか?」

「治療費なんて取らないよー。わたしはみんなの──ううん、オカリンの役に立ちたいから……」



534: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:52:07.80 ID:H2DFSvqUo

 先ほどの言葉が思い起こされて。
 俺は頭の中でまゆりのセリフをもう一度繰り返した。

──オカリンの重荷になってなかったかな──

 きっとそれはまゆりの中でくすぶっていた気持ちなのだろう。
 俺と紅莉栖の35年もの歳月を犠牲にしてまで得た現在に、俺は納得していても、まゆり自身は納得しきれないのかもしれない。

「バカを言うでない。貴様は俺の人質だ。人質は何もせず俺のそばにいるだけでいいのだ」

 思わず後ろを振り向いてそんな言葉を口にする。

「うん……」

 返ってくるのは気落ちしたような返事。
 そんな口調のまゆりに少しだけ罪悪感がこみ上げてくる。
 今、まゆりはどんな表情をしているだろうか。
 役に立ちたいという気持ちを蔑ろにされたと思って落ち込んでいるだろうか。
 それともやはり自分は守られるべき存在として大人しくしているのがいいのかと悩んでいるだろうか。



535: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:53:19.02 ID:H2DFSvqUo

「少し外の様子でも見てみるか! この狂気のマッドサイエンティストが直々に視察に赴いてやろう!」

 気まずくなった雰囲気を払拭するため、俺は白衣を翻しながら大げさな態度で叫んだ。

「ええー? 危ないんじゃないかなぁ……」

 まゆりの意見はもっともだった。
 ここ日本では抵抗勢力の勢いが強いとはいえ、まだまだ安全とは言い切れない。
 もし委員会側の人間に接触してしまえば命を狙われるだろう。
 そんな立場の俺はのこのこと外を出歩くべきではない。

「案ずるな。ちゃんと変装していくさ」

 そう言って、無造作に放っておかれた髪を手櫛でかき上げ、ヘアワックスを使いまとめていく。
 鬱陶しく目の前をちらついていた毛束たちが天を仰いだ。
 俺が髪型をつくり上げると同時にまゆりが感嘆の声をあげる。

「わあ~。やっぱりオカリンはその髪型の方がオカリンだぁって思うな~」

「狂気度も跳ね上がっただろう」

「うん、うん~っ。でもねえ、残念だけど、白衣はちょっと脱いだ方がいいと思うな~」

「くっ、この俺のアイデンティティーを奪うというのかっ!」

「だって、とっても目立つよー?」

「仕方あるまい。白衣は脱いでいくか……」



536: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:54:17.00 ID:H2DFSvqUo

 そんなやりとりをしつつも、なんだか数十年ぶりに若い頃の2人に戻ったようで、俺たちは意気揚々とエレベーターで、地上へと登っていった。
 外へ出るとまぶしい光が差し込んできた。
 もう10月になるというのに陽差しが強い。太陽がぎらついていた。
 ここは秋葉原UPXのすぐ北に位置する秋葉原タイムズタワー。
 フェイリスの父親である、秋葉幸高が所有していた高級マンションだ。といっても、”元”がつくのだが。
 SERNがタイムマシン開発に成功した2034年以降、住んでいた人々は居場所を追われ、地上1階からフェイリスの自宅である最上階まで、がらんどうの空間と化している。
 だが、秘密裏にその地下をこの俺が根城とし、見事に奴らの目を欺いていたのであった。



537: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:55:44.64 ID:H2DFSvqUo

 
 さて、外の世界がどう変わってきたのか。実際にこの目で見ていくとしよう。
 俺は注意深く歩きながらも、秋葉原の街を歩いて行く。
 ついこの間までビル群が寂しく立ち並ぶだけだった荒廃した街。廃墟の森。
 けれどもわずかながら人の喧騒が聞こえてきている。
 郊外の農場に追いやられていた人々が自らの場所と自由を求め、萌えの街、秋葉へと戻ってきているようだった。
 オペレーションエインヘリヤルによって集めた人選の中には、変遷後の世界のために、指導者として指揮をとるための人材も確保していた。
 そいつらがうまくこの革命をまとめていくれているようだ。暴徒化した民衆などは出ていないようである。
 戻ってきている人々の表情は疲れを隠せないものの、どこか明るい。活気に満ち溢れている。
 先が見え切ってしまう絶望。そして同じ毎日の繰り返しの世界が終わりを告げ。
 一転、何が起こるか分からない世界へと変わったためであろうか。
 そう──
 その変化は、まさにあの閉ざされた2日間を繰り返したこの俺に等しい。
 2日間の環から抜けだして、何が起こるか定められていない未来へと旅だったあの時の俺のように。

 鈴羽──お前が望んだ自由な世界がすぐそこまで来ているぞ。
 俺は青く染まる空を見上げながら心のなかでそう呟いた。
 時間はかかるだろう。けれど待っていてくれ。必ず、お前との約束を果たして見せるから。
 自由な世界にしてみせるから。
 緩やかに流れてゆく真っ白な雲のように、世界もまた確実に移りゆくだろう。



538: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 00:59:29.35 ID:H2DFSvqUo

 だがその一方で──
 この革命がもたらした変化は、決していい面だけではないのも事実だった。
 支配者に従う人間──執行者側の者達にも深い闇が蔓延っていたのを見せられることになった。
 立ち上がった人々に立場を追われ、家族と離れ離れになった者。
 家を失い居場所を無くし、浮浪者として道行く者に罵倒を繰り返す者。
 自棄になって、レジスタンスの勢力に無謀な戦いを挑み制圧される者。
 今まで奴隷階級にやりたい放題やっていた者たちが高みから転落し、そしてもがき苦しむ姿を垣間見ることとなったのだった。
 あんな奴らにも守るべき者はあっただろう。
 それがこの革命で多く失われることは分かっていた。汚名を着せられること、恨みを買うこと、覚悟はしていたつもりだ。
 だがこうして直に黒い感情がずぶずぶとにじみ出ているのを目の当たりにすると堪えるものがある。

 しかし俺は立ち止まってはいけない。
 これからどうするかは彼ら次第だ。
 たとえ膝をつき、倒れたとしても、人間は再びその脚で立ち上がることができる。
 考え方1つでどうとでもなる。必死になって行動すればきっと何かが変わる。
 けれど、心に刻んでおく。
 俺が革命を起こし、民衆に希望の光を与えた裏で。
 支配者層の中でも──特に使役される立場にあった執行者層の間に絶望の闇を見せてしまったことを。
 忘れてはいけない。光があれば闇もまたある。
 戦いはまだ終わっていないのだから。
 生きるということは本来、そういうものだから。
 エゴかもしれないけれど、俺はまだ立ち止まらず進んでいく。立ち止まってはいけない。
 我が手足となって戦ってくれた仲間たち、犠牲となった死者たちに報いるためにも──
 そう、心に誓って──
 俺は踵を返し、研究所への道を歩き出した。



540: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 01:01:27.74 ID:H2DFSvqUo

 数時間ほど辺りを散策して、再び地下研究所のあるタイムズタワーへと戻ってきた。
 歩みを止めて、まゆりと共に辺りを見回す。
 日は傾きかけ、泣きはらしたような陽差しがビル群の影を作り出している。
 1日の終わりを告げる光達。斜陽。黄昏時。
 けれどもこれから世界は始まる。
 北欧神話においてラグナロクは世界に終焉をもたらす戦いだった。
 世界はスルトの放った炎に焼きつくされ、大地は海の底へと沈んでいく。
 しかし後に陸地は蘇り、失われていた太陽も新たに生まれ、世界の営みは復活を遂げる。
 この終焉は真の終わりではない。
 再び新世界の胎動が始まるのだ。

「さあ、帰ろうか……」

 俺は隣に佇む幼なじみに声をかけて再び歩き出す。
 忍び寄る魔の手が訪れたのは、その時だった──

「…………っ!!」

 名状しがたい感触が腹部をほとばしり、意図せずして足が止まった。
 痛みはない。あるのは熱。
 焼きごてを押し当てられたかのような感覚が腹の中を暴れまわっている。



541: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 01:03:20.00 ID:H2DFSvqUo

「オカリン……?」

「がっ……はっ……!」

 声にならない悲鳴が口の中で響き渡った。
 遅れて激痛が腹に集中する。熱を持った刃が腹の中に埋まっているようだった。

「オカリン!!!」

 異変に気づいたまゆりが駆け寄ってきて俺に声をかける。
 悲鳴のようなその呼びかけも、薄い膜を隔てたかのごとく人事のように感じられた。
 痛みと感触だけがやけにリアルだ。
 意識が途切れそうになる。膝をつきそうになる。

「ぐっ……」

 口の中に広がる鉄の味と匂い。
 内蔵が損傷したことで血流が逆流してきたか。
 かろうじて吐き出さなかったものの、ダメージは深刻そうだ。

「なんでも……ない……」

 俺は平然を装う。それが全く意味を成さないことは理解していたが、ここで倒れるわけにはいかなかった。
 脚を前に踏み出すと、再び激痛が暴れ回り、液体が食道を伝って喉から飛び出してきた。
 口元を手で覆うと、真っ赤な鮮血がまとわりついていた。



542: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 01:04:30.96 ID:H2DFSvqUo

「がっ……うっ……」

「う、動いちゃダメだよ!」

 俺の体にまゆりがしがみついて、支えてくれた。この場で横になるよう促してくる。

「だい……じょうぶだ……。研究所に……行くぞ……」

 そんなまゆりを俺は腕で制して、歩みを始めた。
 何かを察したのか、まゆりは何も言わずに肩を貸してくれた。
 こうなった以上、最後の計画を早める必要がある。できればきちんと説明してやりたかったが、この分だと満足にできそうもない。

──そう、俺もまた鈴羽と同様、病魔に侵されていた。

 体組織の一部がゲル化していく、進行性多臓器不全。
 1999年12月、シルバーブレットの効果により肉体を若返らせることに成功したものの。
 その呪いは解けること無く、俺の背後に忍び寄っていた。
 先ほどの吐血は、壁を失った消化器官に血液が流れ込み、嘔吐反射によって吐き出されたのだろうか。
 俺の精神と同じくして、肉体はすでに限界寸前だった。



543: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 01:06:12.81 ID:H2DFSvqUo

 まゆりに肩を借りながら地下の研究所に降り立つ。
 歩いてきた道のりには血の滴り落ちた後。まるで俺が歩んできた過去そのものだった。
 色々な物を犠牲にして、ここまで辿り着くことができた。
 後は因果を成立させるための環を作るだけだ。

「オカリン、横になって! 今応急処置するから。ダル君にも連絡したよ? 後でちゃんとしたお医者さんに診てもらおうね……絶対よくなるから」

「なあ……まゆり……寒くないか……? ここ……」

 俺がそう呟くと、まゆりは掛けてあった白衣をさっと手に取り、俺に着せてくる。
 白衣に包まれると少しだけ暖かさを感じた。

「横向きに寝て身体を丸めて!」

 まゆりは手際良く俺を寝かせると、どこからとも無く救急キットを持ってきた。

「安心して! 絶対、助けてみせるから……!」

 俺を不安にさせぬよう力強く語りかけながら、毛布で俺の身体を包み、身体が冷えないようにと処置をしてくれた。血液で溢れかえる俺の口の中を拭ってもくれた。  
 設備の整っていないこの状況では満足に治療などできやしないだろうが、まゆりは真剣な表情で応急処置を施してくれる。
 そんな風に真面目な面持ちで俺を手当するまゆりの顔を見ていたらなんだか頼もしいような、寂しいような気持ちが浮かんできた。



544: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 01:07:34.90 ID:H2DFSvqUo

──ふと思い出す。

 牧瀬章一から託された1枚のSDカードのことを。
 それは俺達が2010年から1975年へとタイムトラベルする前、紅莉栖が自分のケータイから抜き取った物だ。
 そのSDカードを俺に託す時、章一は苦虫を噛み潰したような顔をしながらこう言ったのを覚えている。

『まったく、あいつは常に私より先んじておる。忌々しいにもほどがある。タイムトラベル研究も、年齢も──そして、死すらも……だ。本当に、忌々しい……』

 最後は消え入りそうな声だった。娘の死を無念に思うかのごとく悔恨の色を混じらせていた。
 SERNという敵の檻の中で続いた長年の共同研究により、親子の間に入った亀裂は消えていったのだろう。
 そう信じたかった。
 でなければ、紅莉栖の遺言だとしても、章一は俺にこのSDカードを託すことはしなかっただろうから。
 
──そう、紅莉栖はすでにタイムマシンが完成した後、事故で亡くなっていた。

 彼女は最期まで俺やダルの説得には応じず、自分の運命を全うすることを選んだ。



545: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 01:09:21.77 ID:H2DFSvqUo

『自分はすでに何人もの命を犠牲にしてきたし、今の年齢より長い人生を歩んできた。何より、私が若返って生き永らえることで、少しでも計画に支障をきたす可能性があるから』

 彼女はその長い髪をなびかせながら、凛とした態度で続けた。

『だったらそのままSERNや委員会が把握している歴史通りに事が運ばれるのがベスト。鈴羽との約束はあんたたちに委ねるわ』と──

 そう、言い遺して、この世を去っていった。
 彼女が遺したそのSDカードの中身には、ほんの3通のメールデータのみが残されていた。



     オカリンとス
     ズさんいなく
     なっちゃうよ



546: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 01:10:37.80 ID:H2DFSvqUo

──オカリンとスズさんいなくなっちゃうよ──

 宛先はもちろん、紅莉栖のケータイで。
 送信した人物は──まゆり。
 送信日時は2010年8月13日の19時30分頃。
 受信日時はその12時間ほど前────つまりDメール。
 最初の世界線で俺と鈴羽の2人がタイムトラベルした後、まゆりが送ったものだろう。
 そのメールによるリーディングシュタイナーを観測した覚えはないから、はっきりとは断言できない。
 どんな経緯でそのメールが送られたのかもわからない。
 けれどきっとまゆりが、何かを変えようとして──
 自分で考えて、送ったメールが、そのメールなんだ。
 そしてそのメールを受け取った紅莉栖が、俺と鈴羽2人だけの時間跳躍に加わり、今の世界を作ることができた。
 俺がいるこの場所にたどり着くことができたのは、言わば鈴羽のおかげであって、紅莉栖のおかげでもあって。
 そしてまゆりのおかげでも、あるんだ──
 皆の想いで、今の俺がここにいる。
 皆の想いが、この世界線をつくっている。
 きっと俺1人では途切れてしまう道のりだった──



547: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 01:12:14.00 ID:H2DFSvqUo

 しばらく応急処置が続いて。
 体の具合に大分余裕が出てきた。
 これなら喋っても大丈夫かもしれない。そう判断して、俺は口を開いた。

「ながらでいいから……聞いてくれ……」

 まゆりに声をかける。ひび割れたような声を押し出すように。
 痛みで意識が遠くなって声に張りが出ない。
 返事がないから聞こえていないのかと思ったけれど、まゆりは俺を一瞥すると、小さく「うん」、とだけ返事をしてすぐに処置に戻った。
 ありがたい。喋らないように制されるかと思ったが、俺の気持ちを汲んでくれたのだろう。
 おぼつかない唇でゆっくり、言葉を紡いでいく。
 今まで心に留めていた、まゆりへの気持ちを。

「ありがとう、まゆり。俺がここまで、走り抜けることができたのは、お前の存在が、あったからこそだ……」

 まゆりは一瞬信じられないといった表情を浮かべたがすぐに手当に集中を戻す。

「お前が知らないだけで、俺は今までにもずいぶんと助けられてきたんだ」

 そう──

「もはや人質だとか、人体実験の生け贄なんかじゃない」

 まゆりは──

「お前は、俺の、かけがえのない、仲間だ──」

 俺にとってなくてはならない存在だった──
 俺のその言葉に、まゆりの涙腺が決壊したようだった。

「……そっかぁ……。わたしはオカリンの役に、立ってたんだね……。良かったぁ……」

 目に涙を貯めて声を震わせる。
 そうだとも。
 お前がいなければ、本当にここまで来ることはできなかったんだ。
 だから言い渡す。
 俺からお前への、最後のミッションを。



548: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 01:13:22.36 ID:H2DFSvqUo

「あの扉の奥に……とある部屋がある」

 俺は目線だけで方向を指示するとすぐに言葉を続けた。

「その部屋の中には……ダルが作ったタイムマシン──鈴羽が跳躍に使ったものとは別の物が……ある」

「え……?」

 思わず手が止まったようだった。目を大きく見開いて驚いていたが、すぐに顔を引き締める。
 さすがのまゆりもこの俺の言葉の意味を瞬時に理解した様子だった。

「そう。今からお前は、過去へと……跳躍するんだ。それが未来ガジェット研究所……ラボメンナンバー002に与えられた役割である……」

 かすれた声で音にする。
 ラボメンナンバー002──椎名まゆり。
 彼女はこれまで守られるべき存在だった。
 けれどもこれからは──違う。



549: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 01:14:33.78 ID:H2DFSvqUo

「跳ぶのは……」

 手を止めたまま俺の言葉を一語一句聞き逃さまいと、じっと耳を傾けるまゆりに告げた。

「1975年……だ」

 まゆりはさらに驚いた面持ちでこちらを見つめた。茫然自失としている。

「え……? 1975年って、どう……して……?」

「そこには、俺や紅莉栖、鈴羽がいる。鈴羽に至っては、記憶を失って1人心細い思いをしているだろう……。だから、まゆり。1975年へと旅立って、俺を──紅莉栖を──そして鈴羽を──たすけてくれ……」

 絶え絶えになる力を振り絞って、一語一語伝えていく。

「手を握って、大丈夫、大丈夫って、応援してやってくれ……。たのむ……」

 そんな俺の話を、まゆりはただ黙って聞いてくれていた。

「おれはもう、だいじょうぶだから」

──おれならもう、だいじょうぶだから。



551: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 01:17:20.75 ID:H2DFSvqUo

 まゆりはほんの少しだけ戸惑うような息遣いをしたが、やがて決意を下したようだった。

「分かったよ……オカリン。オカリンがわたしにくれた役目なら……わたしはそれを全うしたい……。みんなのこと、守ってくる……ね」

「ありがとう、まゆり……」

 俺はもう目を閉じていた。
 痛みを通り越して、すでに感覚が麻痺している。

「応急処置……終わったよ? もうすぐダル君たちが来るみたいだから、それまで、頑張ってね……。きっと助かるから。オカリンもきっとわたしが助けるから」

 まゆりは涙で濡れた声を精一杯張りながら、呟いた。
 熱い気持ちが伝わってくる。
 俺は再度まゆりに肩を支えられながら、残ったタイムマシンの元へと向かう。
 一歩一歩、ゆっくりではあるが、確実に別れの時間が近づいてくる。
 灰色の通路を通り過ぎると、ダルの作ったタイムマシンとは別の型の機械が部屋の中央に鎮座していた。
 無機質なシルバーメタリックの外装の樽型のマシン。基本的な設計図はFG204 2nd Edition2.31と同様だ。



552: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 01:18:12.28 ID:H2DFSvqUo

「……跳んだ後、必要になるものはすべて、タイムマシンの中に用意してある」

「さよなら……。オカリン……」

「ああ、さよならだ。きっとまた、会おう……」

 マシン内部へとまゆりが吸い込まれていき、タイムマシンが起動する。
 それを包むまぶしい光が俺の視界をより一層狭める。
 かろうじて目を開けて、今この時に、彼女が存在したこと心に刻んでおく。
 ちりちりと鮮やかな、虹色の繭がマシンを包み込みだした。
 光は一層強くなって──
 やがて幾数もの粒子をはためかせながら、そのマシンは過去へと消えていった。

 げんきで。
 たのしくやれよ。

──椎名さん。



553: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 01:20:42.99 ID:H2DFSvqUo

 応急処置のおかげか。それともすでに近づいている死への適応か。
 ともかく、もはや痛みは消え去っていた。
 腹部は熱を持った状態から、今や凍り付きそうな寒ささえ感じる。相変わらず冷や汗が止まらない。
 だが先ほどより楽になっているのは確かだった。
 おかげでタイムマシンのあった部屋から、もう1つの──厳重に管理されている部屋へと移動するのにはそこまで苦労しなかった。
 体はだるくて今すぐにでも横になって目を閉じてやりたいのはやまやまだが、生憎とまだ成したいことがあった。
 俺は身体を丸めながら足を引きずるように通路を歩き、ロックされた扉の前に立ち尽くす。そしていつもの手はずで扉のロックを解除した。
 扉は自動的に開き、中の部屋の闇を映し出す。
 6畳ほどの手狭な倉庫のようなその部屋に照明は付いておらず、薄暗い。
 目の前には、暗い部屋の中でぼんやりとかすかに光を放つ1台の大型の機械。
 人の胸の高さくらいあり、横の長さは2メートルをゆうに超えている。
 長方形の無機質な機械のそれはまるで──

──棺桶のようだった。



554: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 01:23:15.69 ID:H2DFSvqUo

 その機械からは絶えず獣が小さく唸るような稼働音が聞こえている。
 その音に共鳴するかのように、下部からは白いもやのようなものが発生していた。
 一歩一歩、ゆっくりと近づいていく。
 機械表面の一部は透明なガラス張りになっており、そこから中の様子が伺えるようになっていたが、うっすらと霜が張っており中に何があるかは視認できない状態だった。
 機械の前に立ち、手のひらでそっとガラスをなぞる。
 かすかな体温がガラスを覆った霜を溶かしていき、その先を映し出した。
 その向こうでは1人の女性が死んだように眠っている。
 あの頃と変わらぬ姿のまま、穏やかな顔で眠りこける彼女。
 中で眠る人物の名を──そっと呟いた。

「…………鈴羽」



──そう、ここに『彼女』は今もいる──



555: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 01:25:18.95 ID:H2DFSvqUo

 1992年、2人目の娘を出産し日に日に弱っていく鈴羽を見て、俺達はある決断をした。
 その決断があったからこそ、鈴羽はこうして生きている。
 それはある技術に頼ることだった。

──コールドスリープ装置。

 EMBIはあらゆるアプローチから不老不死の実現を目指していた。
 実はこのコールドスリープも実現可能段階まで来ていたのだ。
 当時の技術力は、解凍時の安全確保を確実にするのみが課題だった。
 そして俺と紅莉栖、そして鈴羽は、そのわずかな可能性に賭けた。
 その後度重なる実験により、解凍技術も確立した。
 限られたものしか知らない技術だが、今やほぼ100%に近い形で安全にコールドスリープからの解凍を実現している。
 
 それでもなお、鈴羽を眠りから覚まさせない理由。
 それは未だに病魔の治療法が見つからないからだ。
 2人の娘たちは必死になって研究してくれているものの、現在でもそれは確立されていない。
 シルバーブレットを服用し、肉体の再構成を行ったとしてもなお解けないその呪縛。
 そこに鍵があると仮定し、研究を続けてきたが、とうとう完成には至らず、ここまで来てしまった。
 あとはもう、2人に託すしか無い。
 今の俺の願いはただ1つ。
 彼女がこれから作られる世界で、自由闊達な人生を謳歌すること……。
 出来ることならば共に歩いて行きたかった。
 俺は腹部をそっと指でなぞる。吐血した時に手に付着した血液が、腹部を赤く染めた。
 さっきから腹の感覚がない。体が震えている。
 コールドスリープの冷却装置による理由だけではないだろう。
 もはや俺の体は限界に近づいていた。
 血が付いた手とは反対の手で、再びそっとガラス越しに彼女の頬を、額をなでる。
 膝ががくがくと揺れ始めて、今にも崩れ落ちそうだった。
 ふと、コールドスリープ装置のそばに置かれる小型の機械が目に入った。
 ニキシー管をいくつも台座の上に連ねたその機械──ダイバージェンスメーター。

──0.674374



556: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 01:27:48.94 ID:H2DFSvqUo

 このメーターはこの俺が作り上げたものではなく、1975年へのタイムトラベルの際に持っていったものだ。
 相変わらず、1%の壁は超えていない。
 それも当然だろう。
 β世界線に移る必要はもう、ないのだから。
 ふと、まばたきをしたら、一瞬数字が変わったかのように見えた。

──0.337187

 けれどもう一度目を凝らして見つめると、数字は元通り、0.674374を映し出していた。
 極度の消耗による幻覚か、あるいは──糸のゆらぎによるものか。
 それは神にしか答えようのないことなのだろう。



557: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 01:30:34.60 ID:H2DFSvqUo

 俺と紅莉栖は2000年以降、世界の構造を理解するため世界線理論について議論を重ねてきた。
 最終的に出した結論は、タイムトラベルした俺たちの存在を保つため、あらゆる収束が働き、いかなる理由があろうとも、3人は再び1975年へと旅立つというものだった。
 ”俺”たち3人が過去へ跳ぶことが無ければ、1975年へと跳んだ俺たちは矛盾した存在となり、消えるだろう。
 かと言ってその矛盾を解消するために俺たちの存在が消えればそれもまた、因果は成立しなくなる。
 なぜなら、ねじれた世界線が形を戻した先は、鈴羽が不完全な状態のタイムマシンに乗って記憶を失い、やがて自らの命を絶つ世界線のはずだから。
 そうなれば”俺”は鈴羽の思い出とまゆりの命を天秤にかけることができずにタイムリープで2日間を延々と繰り返すだろう。
 そのループの行き着く先は、この俺が積み重ねた年月に収束するはず。俺の存在が無くなってしまうのであればそれもまた、矛盾だ。
 だから何かしらの理由で、俺たち3人は1975年へと跳躍する。俺と紅莉栖はそう結論づけた。
 
 けれどそれは間違っていたのかもしれない。
 構築した世界線理論に元に考えれば、世界は1つだ。それは紛れもない事実。
 だがこの世界はきっと、2つに揺らいでいる。
 この俺がまゆりの死を経験し、使命を鈴羽に託し、絶望の手紙を受け取った世界。
 そしてその絶望から逃れるためループを繰り返し、やがて1975年へと旅立つ世界。
 その2つが切り替わるように。
 なぜなら今ここにいる俺は、まゆりの死と鈴羽の絶望の間で揺れ、悩み、迷い、そして立ち上がった存在だからだ。
 その過程がなければ、きっとここまで辿り着くことはできなかった。
 その軌跡こそが今ここにいる俺の存在を、俺たらしめているのだ。
 今のこの世界線がオフになれば、俺という存在は矛盾になる。
 再びこの世界線がオンになれば、俺という存在は形作られる。



558: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 01:33:03.00 ID:H2DFSvqUo

 世界5分前仮設という思考実験を知っているだろうか。
 この世界がわずか5分前に、今の記憶や状態を形作った上で構成されたとする仮説だ。
 その仮説を否定する術を我々はもたない。
 なぜなら世界線の変動による再構成もまた、同様の性質を持っているからである。
 再構築された記憶に疑問を持ち得ないように。
 世界線という1本の糸が、結び目理論におけるライデマイスター変形のように、ねじれ、交わり、小さな環を形成する。
 その逆もまたしかり。作られた因果の環は やがて1本のただの糸へと戻る。
 言わば今の世界線はまさに二律背反の状態で揺らいでいるとも言えよう。
 2つの世界線の存在は、お互いの世界線の矛盾──対立。
 その揺らぎは一度解消され、世界は元に戻ったのかもしれない。
 そして再びリーディングシュタイナーを持つ俺という歪みが世界を捻じ曲げた結果、この俺がここに立っているのかもしれない。
 相反する2つの世界線がお互いの存在を否定しあうかのように、切り替わる。
 それは言うなれば──

──二律背反のライデマイスター変形。



559: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 01:35:09.29 ID:H2DFSvqUo

 俺は確かに世界線を捻じ曲げた。

 捻じ曲げられた糸は、歪められる原因となった応力が消えた時その弾性に従い元の形へと戻る。ならば同様に世界を決定付ける糸たちも、俺というイレギュラーが消えた時、いつか元の姿へと収束するのだろうか。
 答えは見つからない。結局のところ、宇宙の中に住む我々に宇宙の広さが計り知れないように、神の視点を持てぬ我々に世界線の構造もまた解明しきれないのだろう。我々は結局、ただの人なのだから。
 けれどもこれだけは言える。

 この身が──例えば消えても──意思は残留し未来のあなたにいつかは辿り着くだろう。

 塗り替えられた記憶を宿し──
 震えて歪む定めを乗り越え──
 絡みあう糸たちの軌跡を辿り──
 孤独を抱き、避けられない痛みと共に燃える。

 神に抗いし騎士たちは進むだろう──ふりむかずただ前へ。
 時を見つめる者のまなざしさえすり抜けて。



560: ◆gzM5cp9IaQ:2015/11/14(土) 01:37:01.42 ID:H2DFSvqUo

──運命のファルファッラが今、羽をはためかせ舞い上がる。

 蝶はかすかな羽ばたきで、光の軌跡残し地平線越えてゆく。
 神に抗いし騎士たちは挑むだろう──訪れる運命に。
 時を見つめる者のまなざしさえすり抜けて。

 装置を背に、俺はしゃがみこむ。
 口の中に広がる血の味が再び蘇り、白衣のポケットから手を抜き口元を覆う。
 俺は移ろいゆく意識の中、鼻を鳴らしつぶやいた。
 その言霊が音となり、この部屋の空気を震わせたのかは定かではなかった。
 俺の魂はすでに宙を羽ばたく蝶となって揺らめき、この世界から飛び立っていたから。



──これもまた──シュタインズゲートの選択だよ──



Epilogue END



元スレ
Steins;Gate「二律背反のライデマイスター」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443338021/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (30)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 04:20
          • 長い!
            読み途中だけど鈴羽好きにはおすすめする
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 06:07
          • 始発の電車内でゆっくり読んだ
            救いがあったのかとか明記されていない設定とか色々あるけど面白かった
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 08:23
          • 面白かった。
            ……だけど、ああ。そうか。確かに「宮野」だった、声優繋がりかと、盲点盲点。
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 09:37
          • かなり面白かった。
            クロス無しの長編はチェシャ猫以来か?
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 12:02
          • 2 ん?(´・ω・`)
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 13:15
          • 抵抗勢力の一人が拓巳しゃんってのはわかるんだがもう一人のテ口リストの女がわからん
            ロボノのねーちゃんか?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 13:17
          • 3
            背反って、ついパイパンって読んじゃうよね


            みんなはどう?^^
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 14:29
          • 夏への扉とか懐かしい
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 14:56
          • これは力作にして名作
            休みを使ってまで読む価値あったな
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 17:40
          • 長い割りにスカっと出来なかった
            なんというかマヴラブみたいな展開だった
            1良い事があると2悪い事が起き
            エンドレスなストレス状態で最後のカタルシスは大した事が無いみたいな
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 19:02
          • まあ救いがないのは置いといて、全体的に面白かったけどな
            良いことが置き悪いことが置きの展開も本編と似たようなもんだし

            ループの絶望からすれば救われたほうじゃね
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 19:40
          • スッキリ出来なかったけど
            面白かったのは否定しないわ
            クオリティの高い作品だった
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月15日 01:03
          • 4 エンディングに関しては原作トゥルーみたいなカタルシスを目指してた訳じゃないだろう
            クリスエンドやルカ子エンドの後味の悪さを考えれば十分救いはある

            つか原作レベルのカタルシスを求めるのは酷ってもんだ
            くそ長いから期待するのも無理はないが
            まあssにしてはよく出来てるよ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月15日 01:16
          • クオリティが高くて普通に面白かった。中々考えさせられたし、伏線の回収も上手かった
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月15日 05:41
          • まさかのバーロークロス
            しかしクオリティ高いな、原作愛を感じる
            最後に岡部を死なせた(?)のはシュタインズゲート世界線に置ける岡部のリーディングシュタイナー対策だろうな
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月15日 07:19
          • めちゃくちゃ良く出来てたわ。そしてクロス先がわかるとネタが分かるから隠すのも納得
            特にこのまま終わりに向かうかと思ったら綯が来た辺りの展開の感じは原作の雰囲気があって良かった
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月15日 20:56
          • ※6
            隠されたクロス先の人じゃない? 何となく、カオスやロボみたいな縦の繋がりは考えて無さそうだし。
            ふと刑務所に入ってる人で思いついたのは、『ホタルが友達』の人だけど。
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月15日 21:54
          • ※17
            組織が殺人鬼として仕立てようとしたけどどうにも使えないから18歳の少女にプレゼントされたあいつか?w

            公明正大な人物とは言い難いなw
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月16日 01:12
          • カオチャやってない人結構いるのな
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月16日 02:31
          • カオチャそんな売上良くないみたいだし
            ssはアニメ勢多いからカオへやカオチャわかんない人多いと思うよ
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月16日 06:28
          • 設定に無茶あることは置いといても、会話劇として普通に面白かったし次回作に期待。
            てか、シュタゲファンとして、カオへ、ロボノ、カオチャはやっといた方が良いのか?
            特にロボノとシュタゲの関わりおっきい気がするんだけど…
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月16日 11:12
          • 21
            関連商品漁りつくして他にやることがないなら手を出してもいいんじゃない?
            シュタゲとロボノまあ、綯さんでてるからね
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月16日 21:06
          • ※21
            カオチャはまだ終わってないから何とも言えんけど、カオヘやるならシュタゲみたいのは期待したらいけんぞ?
            と言うか人によっては精神をゴリゴリ削られるからなぁ……マジで人を選ぶと思うわ。

            ロボノは……まぁ気になるキャラとか気に入りそうなキャラがいるならやってみたらいいんじゃない?でも、気に入るキャラいないとちょっとダレるかもな。

            まぁとりあえずどれにも言えるのは、主人公を気に入るかどうかってことではあるだろうけど。
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月17日 23:02
          • 5 つかプロットがすごいな
            鈴羽ルートその後とか下手にいじると矛盾だらけになりそうなのに、全体を通して納得いく形になってる
            最後の独自の世界線の構造の説明は無理やり感がなくもないが、劇場版のR世界線よりかはまだ理解できるし、〝シュタインズゲート〝と似た匂いを感じた
            ほんと感心する、マジで名作だわ
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月20日 21:48
          • フェイリスルートその後のssとγ世界線ssの作者かな
            今回も楽しませてもらった
            関連商品漁ってる自分のとしては色々にやにやできる描写があった
            ラストに関しては賛否両論あるみたいだけどよかったよ、乙
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年12月17日 17:27
          • 読んでるだけだから山場と感じられるものがなかっただけじゃね?
            個人的にはすごく良かったわ、こんな中身のあるSSしかも長編は珍しいし
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年01月04日 04:11
          • 5 2010年の時点で既に薬で若返ってたのね、何でまゆりやダルと普通に接してるのかと混乱したわ

            この紅莉栖は幸せだったのかな
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年01月14日 22:27
          • 5 鈴羽ルートの続きとしてここまで正統派なのは貴重だ、すばらしい
            紅莉栖の心を考えると少し切ないが、α、βに比べればね
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年02月19日 21:45
          • まゆりの一人称ってまゆしぃじゃなかった?
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月12日 19:50
          • 5 最初はあまりの長さにビビったけどそれだけの価値はあったな
            いやーおもしろかった

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 家出少女「なんでもするので泊めてください」俺「>>4(就職)」
        • キモオタデブ男「彼女欲しいからマッチングアプリ使うことにしたお。まずはプロフィール画像が必要みたいだから>>3にするお」
        • キモオタデブ男「彼女欲しいからマッチングアプリ使うことにしたお。まずはプロフィール画像が必要みたいだから>>3にするお」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ