TOP

ミリP「シアター組魅力本です」

1: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/07(土) 23:42:12.91 ID:RaoXTxVQ0

小鳥「プロデューサーさんはあなたのことが大好きみたいね」



「え?」






2: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/07(土) 23:47:01.52 ID:RaoXTxVQ0

@某日 765PRO

prrrrrr

小鳥「お電話ありがとうございます765プロの....」

P『スイマセン音無さんですか?』

小鳥「あらプロデューサーさん、どうしましたか?」

P『手帳を置いてきた事に気付きまして、代わりに確認してほしい所があるんですが....』

小鳥「了解です」

P『ありがとうございます。引き出しの二段目を開けてくれますか』

小鳥「引き出し引き出し.......」ガラガラ

小鳥「えっと手帳はっと.....はい、ありましたよ」

P『えっと再来週土曜日のBBS収録は莉緒と奈緒になってますか?』

小鳥「....」ペラペラ

小鳥「そう....ですね。お二人になってます。変更ですか?」キュポン

P『はい、そこに環を追加でお願いします』

小鳥「了解です」カキカキ

P『後、来月17日の合同ライヴの予定を......』







P『以上です、助かりました』

小鳥「いえいえ、お仕事頑張ってくださいね」

ピッ

小鳥「えっと二段目の引き出しに戻して.....」

小鳥「あら?何かしらこれ...........」

小鳥「...........」



小鳥「シアター本......?」



3: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/07(土) 23:49:48.47 ID:RaoXTxVQ0

@翌日


小鳥「あのー、プロデューサーさん」

P「はい何でしょうか」

小鳥「昨日手帳を確認する際、引き出しを開けたんですが........」

小鳥「単刀直入に聞きますけど......シアター本って何ですか?」

P「シアター.....あぁ、見つかってしまいましたか」

小鳥「あれって一体?」

P「シアター組が新たに加わって、判別をつけるためメモしていたんです。春香達13人は把握できたんですが、37人ともなると大変で」

小鳥「ほう.......」

小鳥「それを私にひとつ見せてくれませんかねぇ」(ゲス顔)

P「いいですよ。特にマズイ事も書いてないと思うので」ガラガラ

P「どうぞ」スッ

小鳥「ありがとうございます~」ペラペラ

小鳥「.....プロデューサーさん、これ読み返したりしてます?」

P「もう全員覚えたので、しばらく読んでないですね。何か変なコト書いてありました?」

小鳥「いえ、読み返して思い出に浸るのかなぁと」

P「その時間があれば新しい思い出を作ることに専念します」

小鳥「なるほど」

P「すっかり存在を忘れてたなぁ......あっ、もう時間なので出ますね」

小鳥「こ、これは......!これアイドルに見せてもいいですか?」

P「あっ別にどうぞ。印象を聞かせるのは大切なことだと思うので。それじゃ行ってきます」

小鳥「行ってらっしゃい~」


ガチャ

バタン


小鳥「.....『マズイ事は書いてない』........」ペラペラ


小鳥「マズイ事だらけだわぁぁぁ~~~!!」(歓喜)



4: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/07(土) 23:58:11.85 ID:RaoXTxVQ0

@Pが事務所を出て数分後

小鳥「アカン......アカンやで......」ペラペラ

小鳥「これ逆に見せちゃいけないやつ?」

ガチャ

「「おはようございます!」」

小鳥「のぅわっ!?」ササッ

伊吹翼「?」

4_1

箱崎星梨花「どうして慌ててるんですか?」

4_2

春日未来「小鳥さん、今何か隠しませんでした?」

4_3

小鳥「かかかかかかか隠してななななないいわよよよよ!?」

最上静香「バレバレです」

4_4

翼「見せて下さいよ~」

小鳥「こ、これは駄目!誰にも見せちゃ」

星梨花「シアター本........?」

小鳥「なっ!?星梨花ちゃんいつの間に後ろに!?」

静香「シアター本.........小鳥さん、いい加減そういう本を事務所で読むのはどうかと.......」

小鳥「違う違う!これはプロデューサーさんが書いたもので!」

未来「プロデューサーさんが?」

翼「どういうこと?」

小鳥「あっ..........」



5: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/08(日) 00:00:13.34 ID:uehNtzVY0

静香「つまりその本には私達の第一印象や特徴、そして現状が書かれていて、読む許可は得ていると」

小鳥「そ、その通り.......」

星梨花「知りたいですけど、ちょっと怖い気がします........何が書かれているかわからないので.....」

未来「でもプロデューサーさんに限って、悪い事は書かないと思うよ!それに星梨花なら、なおさら大丈夫!」

翼「そーそー!」

星梨花「そうでしょうか........」

静香「.........」

未来「どうしたの静香ちゃん、浮かない顔して」

静香「....確かに星梨花は愛想がいいから好印象だわ。でも私は......その、プロデューサーと仲が良くなかったから........」

翼「あー、確かに最初の方はツンツンしてたもんね」

未来「でも、今は前よりずっとずーっと仲良しでしょ?だったらイイ事書かれてるハズだよ!」

静香「そうかしら........だったらいいのだけれど」

翼「きっと大丈夫だよ。さぁ小鳥さん、その本見せてください♪」

未来「見せてくださいっ!」

小鳥「見せるのは禁止よ」

翼「なんでなんでー!」

小鳥「ここには全員分の事が書かれているの。当然読まれたくない人だっているハズ。もし知りたいなら、私が話してあげるわ」

翼「あ、なるほど~。じゃあお願いしまーっす♪」



6: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/08(日) 00:03:50.87 ID:uehNtzVY0

翼「なんて書かれてるかな~♪」ウキウキ

小鳥「えーっと翼ちゃん翼ちゃん.........あっ、これね。まずは出会って間もない頃から」ペラペラ


【伊吹翼】

『よくわからないが、これを小悪魔系というのだろうか?何にでもそつなくこなすタイプで、さすがは美希リスペクトである』


翼「そつなくこなすだって!」

静香「悔しいけど、その通りかも」

未来「才能に溢れてるからね。小悪魔系もひとつの魅力だし!」

星梨花「欠点がなくて羨ましいです!」

静香「ただその小悪魔でプロデューサーに迷惑を掛けてなきゃいいけど」

翼「大丈夫だよ~。心配なし!」


『歌・ダンス・ビジュアル、全てにおいて磨きがかかったようだが、厄介なことに小悪魔な部分まで。上目遣いで「ダメぇ?」と言われると断れない。小悪魔系自体が人気で翼にも合っているため路線はそのままで進めるが、月6回もデートに連れだされるのは少々体力が必要』


星梨花「.........」

静香「デートねぇ..........」

未来「ふーん.........」

翼「み、皆顔スッゴク怖いよ?どうしたの?」

未来「どうしたもこうしたもないよね」

星梨花「はい」

翼「え?」

静香「本当翼って目を付けてないと何をしでかすかわからないわね」

星梨花「監視が必要でしょうか?」

未来「今度からちゃんと見ててあげるからねっ♪」

翼「.........え?」



7: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/08(日) 00:08:39.27 ID:uehNtzVY0

小鳥「次は.......」

未来「はい!小鳥さん、次私お願いします!」

小鳥「未来ちゃんね~、未来ちゃんは~......」ペラペラ


【春日未来】

『考える前に行動するタイプ。危なっかしい。元気で張りのある歌い方が特徴』


静香「確かに危なっかしいわね」

翼「ヒヤヒヤさせてもなんだかんだ成功させる未来は、ある意味才能だね」

星梨花「羨ましいです!」キラキラ

未来「そ、そうでもないよー!」テレテレ

『以前よりは考えて行動するようになったが、まだ目が離せないでいる。しかし逆にずっと見ているおかげで、彼女の底知れぬ魅力を発見することが出来た。辛いことも忘れさせる屈託のない笑顔、どんな状況でも「何とかしたい」と必死で解決策を見つけだそうとする姿勢、それが上手くいかず焦って失敗する事が多いが、結果的に周りを笑顔にしている。未来は、なくてはならない存在だと改めて実感する』


未来「なくてはならない存在.......!でへへ.....///」

星梨花「未来さんがいなければ、今のシアターはないと言っても過言ではありません!」

翼「悔しいけど、確かにそうなんだよねー」

静香「私もたくさん未来に助けられたわ。感謝してる」

未来「そ、そんな大袈裟だよ!...........」

未来「でも........」



未来「プロデューサーさん......私のこと好きなのかな......///」



3人「..........は?」



小鳥「(ヤバイわ.....)」



8: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/08(日) 00:11:59.20 ID:uehNtzVY0

静香「そういう意味ではないんじゃない?異性とかではなく、アイドルやリーダー的な意味で」

未来「でも大好きって......」

星梨花「(言ってない気がします)」

翼「ちょ!さらっと捏造してない!?」

静香「とりあえず!この話題は破棄!次に行ってください小鳥さん!」

小鳥「あぁ....はい」

小鳥「次は」

静香「あの、私は最後でいいです」

小鳥「了解。じゃあ必然的に星梨花ちゃんになるけどいいかしら?」

星梨花「はいっ!」

小鳥「箱崎星梨花........これね」


【箱崎星梨花】

『明るくて元気。好奇心が強い。育ちの良さが見受けられる』


翼「わかる!」

静香「実際星梨花は育ちがいいから、雰囲気や態度に出てしまうのね。私達も見習うべきよ」

翼「でもそう簡単に真似できないよ~」

未来「難しい!星梨花、私が上品になれるよう特訓をお願いします!」

星梨花「えぇ~~~!」アタフタ

小鳥「頑張ってね三人とも、それで現状は......」


『彼女の歌声には驚異的な中毒性があり、ファンの心をグッと掴む魅力がある。彼女の行動のひとつひとつに可愛い擬音が聞こえるのは俺だけではないハズ。子供ながら上品な立ち振舞いも体得している』


翼「見っつめちゃったらどうしよう♪」

未来「あっ、翼上手!」

翼「えっへへ~。星梨花、歌ってみてよ!」

星梨花「えっと.....見っつめちゃったらどうしよう♪」

翼「わぁ可愛い!!」

静香「愛くるしいわね」

未来「星梨花の勝ち~」

翼「負けた~」

小鳥「歌も確かにそうだけど、この擬音ってのもポイントだわ」

静香「トテトテとか、パタパタ?」

小鳥「星梨花ちゃんの言動が可愛いということは、プロデューサーさんが一番思ってるみたいよ」


『追記:ただただ可愛い』


星梨花「か、書かなくてもいい気がします......///」ポッ

翼「うーっ、直球はズルいですよープロデューサーさーん」



10: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/08(日) 00:16:14.16 ID:uehNtzVY0

小鳥「最後は静香ちゃんね。どうする?皆いても大丈夫?後でコッソリ教える?」

静香「私は......いえ、ここで聞きます。何か助言があれば聞きたいので」

小鳥「了解!静香ちゃんはね.....」ペラペラ


【最上静香】

『気の強い性格。打ち解けてくれるには時間がかかりそう』


静香「あまり酷いことが書かれてなくて安心した.....」

未来「取らぬ狸の皮算用ってやつだよ静香ちゃん!」

静香「意味違うわよ、それ」

未来「ありゃ~.....」ポリポリ

翼「問題は現状だね~」

星梨花「とても気になります!」

小鳥「(これあんまり話したくないのよね......)」

静香「小鳥さん、続きをお願いします」

小鳥「はーい......えっと」


『出会った時と比べ、大分柔らかくなった。冷徹な目を向ける事もなく、今となっては温かい母性に溢れた瞳。うどんが好きみたいで、一心不乱に食べる静香は愛くるしい』


静香「やっ、やだっ!」カァァ

未来「愛くるしいだって!」

静香「ぅぅ....///」

小鳥「ちなみにもう一行」


『ピアノが上手。椅子に一緒に座って、隣で静香にピアノを教わりたい、というただの願望』

10_1


静香「やぁっ!?///」

翼「やぁっだって!可愛いなぁ。それズルくな~い?」

静香「あ、あの人は一体何を言って....!!」

星梨花「でも静香さんとっても嬉しそうです」

未来「うん....」

静香「う、嬉しくなんか!」



11: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/08(日) 00:19:03.71 ID:uehNtzVY0

未来「静香ちゃんはどうなの?プロデューサーさんにピアノ教えたい?」

静香「わ、私は別に!///」

翼「わたしとのデートは体力勝負だ~とか言ってるのに、静香とピアノレッスンしたい、って不公平だと思うな~」

翼「こうなったら、好きになるまでデートに誘うしかないよね」

未来「え?」

星梨花「え?」

小鳥「さっ仕事仕事」クルッ

未来「無理だよ?だってプロデューサーさんは私のことが大好きだもん」

翼「え?」

静香「え?」

小鳥「書類が全然片付いてなかったわ。検閲資料はっと」

星梨花「未来さん、冗談はもっと面白くないとダメだってプロデューサーさんが言ってました!」

静香「そうよ未来、あなたらしくない」

翼「でも充分面白い冗談だと思うよ!」

静香「プロデューサーと一緒になるのは 私 だ け だ も の 」

星梨花「可愛いは、 好 き っ て こ と で す よ ね ? ? 」

未来「冗談ってそう言うんだ......勉強になったよ二人とも」

翼「ふーん......ふ―――ん......ふ――――――ん..........」



小鳥「(私のせいじゃないし。後はご自由に)」カタカタ



19: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/08(日) 10:26:07.46 ID:uehNtzVY0

@未来達を職場に行かせ数分



小鳥「ふーっ......あれもこれもプロデューサーさんのせいよね。私は関係ない関係ない......」

小鳥「軽い気持ちで話したのが間違いだったのかしら.....じゃあ読ませなければいいのよ」

ガチャ

「「おはようございます」」

小鳥「あら、おはよう皆~」サッ

矢吹可奈「あぁ~疲れたぁ~.......」ドサッ

19_1

北沢志保「可奈、来て早々ソファーにダイブだなんてはしたないわよ」

19_2

可奈「だって~.....志保ちゃんのランニングがハード過ぎるんだもん.....」グデーン

望月杏奈「杏奈も限界.......」グデーン

19_3
2
志保「二人とも....」

七尾百合子「小鳥さん、この前探してるって言ってた本、これじゃないですか?」

19_4

小鳥「それ!それよ百合子ちゃん!助かるわ~!ずっと探してたのよ~」

百合子「お役に立てて光栄です!」

小鳥「あっそうそう、百合子ちゃんに一度読ませたい本があったのよ!これなんだけど」

小鳥「男女の禁断の愛でね?甘酸っぱくて切なくて」

百合子「シアター本........?」ペラッ

小鳥「あっ」



21: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/08(日) 10:51:58.58 ID:uehNtzVY0

小鳥「それは読んじゃダメ!」バッ

百合子「あっ」

志保「どうしたんですか?」

可奈「?」

杏奈「騒がしい.......」

百合子「小鳥さんが渡した本にアイドルの印象や今のことが書かれてて....」

小鳥「あの数秒でそこまで読んだの!?」

志保「一体それは.......」

可奈「気になります!」フンス

杏奈「気に....なる.....」

小鳥「........」



23: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/08(日) 11:13:26.17 ID:uehNtzVY0

小鳥「えー.....まずは百合子ちゃんからね」ペラペラ

百合子「!」ワクワク

小鳥「コホン.....」


【七尾百合子】

『読書が好み。没頭して自分の世界から帰ってこないことがしばしば』


百合子「やっぱり書かれてたー!」

杏奈「そこが.....重要だから......当然....」

可奈「確かに本ばかり読んでてちょっと話しかけづらかったです」

百合子「コミュニケーションのために本を封印......うぅ~!そんなの出来ない~!」

小鳥「安心して百合子ちゃん、ちゃんと続きがあるから」


『根っからの本好きの様で、暇さえあれば読書に励む。その世界に完全に没頭するため、少々周りが見えてないことも。しかし仕事と趣味のけじめはあるので安心。読書好きというだけで暗いイメージはあるが、決して暗くなく、むしろ人一倍明るい』


志保「インドア派だけど、コミュニケーション能力は低くない......よく見てますね、プロデューサーさん」

百合子「と、とりあえず迷惑をかけてないみたいでよかった.....かな?」


『読書中は没頭するあまり、俺が隣に座っても気付かなかった』


百合子「ふぇっ!?///」

杏奈「集中しすぎ.....」

可奈「わぁ、恋人みたい!」

百合子「こここここ恋人!?私が!?」

百合子「わぁぁぁぁぁ!!////」ダッ!

小鳥「百合子ちゃん!?」

志保「あんな端っこでうずくまって......」

可奈「ハムスターみたいで可愛い!」

百合子「隣に座っ.....それが恋人みたいって......そのまま一緒に本を読み合って肩を寄せて.....あわわわわ/////」

志保「早速現実と理想がゴチャゴチャに....」

小鳥「えっと、次に行くわ。お次は杏奈ちゃん!」

杏奈「!」



26: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/08(日) 11:51:48.11 ID:uehNtzVY0

【望月杏奈】

『ゲームが好きで、とてもおとなしい』


可奈「淡泊!」

志保「この頃は杏奈の秘密をあまり理解してなかったみたいね」

杏奈「つ、続き.....!」


『彼女はハッキリ自分のON・OFFが存在し、おとなしい無口な部分を封印して仕事に臨める、いわゆるけじめがしっかりしている子だ』


杏奈「自分のこと....褒められるの......恥ずかしい.......」

可奈「私もけじめがあるって言われてみたいな~」


『ただOFFの状態での杏奈とコミュニケーションを取るため彼女の持ってる協力プレイゲームを買ったものの、操作が難しくて足手まといになると思い、あえなく断念』


杏奈「プロデューサーさん....!ゲーム買ってたの.....!」

可奈「担当アイドルと打ち解けるために同じゲームを買うって凄い。愛を感じるね」

志保「えぇ」

杏奈「ダメ......優しくされるの........///」

小鳥「プロデューサーさんの愛はまだまだこんなもんじゃないわ」



27: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/08(日) 12:41:43.07 ID:uehNtzVY0

小鳥「続いては~.....志保ちゃん!」

志保「!」

可奈「なんて書いてあるのかな~♪」

志保「ど、どうして可奈がワクワクしてるのよっ」

可奈「だって~♪志保ちゃんプロデューサーさんのこと好きだもんね~♪」

志保「す、好きなんかじゃっ!////」

小鳥「はい読むわよ~」


【北沢志保】

『気が強い。嫌われてはいないようだが、必要とされていない』


杏奈「あっ」

志保「.......」

可奈「.....そ、そういえば志保ちゃん、結構態度キツかったよね......で、でも大丈夫だよ!」

志保「..........」ズーン

可奈「あぁほら!嫌われてはいないって、まだ印象悪くないよ!元気出して!....ね?」

志保「....ありがとう、可奈」


『志保に関しては一時期本当にどうなるかわからなかった。しかし途中で志保は大人嫌いで邪険に扱うのではなく単に慣れていないだけだと気付いた』


志保「ホッ........」

可奈「プロデューサーさん、やっぱり志保ちゃんを見抜いてたんだね!」

志保「安心した......今まで接してたのが演技に思えて....でも良かったわ」


『今は大分慣れてくれたようで事務所のみならず、俺にも笑顔を見せるようになった。嫌々でもご主P様呼ばわりは凄い可愛い』


志保「なっ!?///」

可奈「わぁ!志保ちゃん顔真っ赤っか~!」

志保「あ、赤くない!///」

志保「で、でも........嬉しいかも.....」ボソッ

可奈「え?」

志保「何でもない!///」



30: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/08(日) 12:56:50.45 ID:uehNtzVY0

小鳥「お次は可奈ちゃんね」


【矢吹可奈】

『歌が好き。その方向で売り出したいのだが......』


可奈「うぅ......私やっぱり音痴.....」

志保「そんなこと、ないわよ」

可奈「今一瞬躊躇った!」

杏奈「大丈夫......だよ.....」

可奈「う~」


『楽しそうに歌うのが特徴。千早は聴き入りたくなるのに対し、可奈は一緒に歌いたくなる。歌っている時が一番いい顔をする。最初は音痴でどうしようもなかったが、徐々に成長している模様』


可奈「私、成長してる!?」

小鳥「してるわ。プロデューサーさんも積極的に歌番組の仕事を考えてるし、もっと頑張れば全体曲のソロなんて夢じゃないかも!」

可奈「ソロ~!」

小鳥「後もう一言」

可奈「え?」


『中学のかったるい合唱コンクールのリーダーが可奈なら、俺も一生懸命歌えたのになぁ』


可奈「え?え?どういうこと??」

小鳥「つまり、かわいい可奈ちゃんと同級生だったら楽しく歌えたのにってことよ!」

杏奈「好きな子の前だと......頑張りたく.....なる.......」

可奈「す、好き!?///うぇぇ~!?///」アタフタ

可奈「プチシュー////」バターン

志保「可奈――――!!」



38: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/08(日) 16:07:52.40 ID:uehNtzVY0

小鳥「皆レッスンに行ったわね....それにしてもマズイことだらけよこの本。アイドルにこれを教えて悶えてもらおうって安直な考えだったけど、さすがにこれは.....」

小鳥「でもいいことも書いてあるのよね~......あぁこれ懐かしい。そうそう、エミリーちゃんと話すのを戸惑ってた時期が....」

野々原茜「外国の人だからね~。戸惑うプロちゃんにも同情するよ~!」

38_1

小鳥「本当よね~。特にエミリーちゃんは私達より日本語が達者で」

小鳥「って茜ちゃん!?どうしてここに!?」

茜「だって今日レッスンじゃん。それに挨拶したよ?」

小鳥「全然聞こえなかったわ....」

篠宮可憐「結構何度も挨拶しましたが.....」

38_2

高山紗代子「5回くらいですか?」

38_3

木下ひなた「そんくらいかなあ」

38_4

松田亜利沙「凄い集中してましたけど何を読んでたんですか?」

38_5

小鳥「ぎょ、ぎょえぇぇぇ!皆いるぅぅぅぅぅ!!!」

茜「それでそれで?一体何の本読んでたのかな?かな?」キラキラ

小鳥「あうぅ....これは、その.....」



39: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/08(日) 16:29:20.83 ID:uehNtzVY0

可憐「わ、私は聞かれたくないですっ!」

小鳥「じゃあ可憐ちゃんは別室でいいわね。後はどうかしら?紗代子ちゃんは?」

紗代子「私は恐らく聞かれて恥ずかしい事は書いてないと思うので大丈夫です」

小鳥「へぇ........そう.........」

紗代子「?」

亜利沙「ありさも自分でそう思います!元々アイドルじゃないですから、魅力なんてどこにもないですし.....」

ひなた「あたしも普通に聞くよお」

小鳥「亜利沙ちゃんとひなたちゃんは普通に聞くのね、わかったわ。茜ちゃ」

茜「もっちろん皆の前で聞くよ!だって茜ちゃんの魅力は皆に知ってほしいからね!」

小鳥「お、オーケー。それじゃトップバッターは......」

茜「茜ちゃんで!」

小鳥「はーい。茜ちゃんは......」


【野々原茜】

『如何なる時も明るい。交友関係は幅広く、目上の人でも気軽に接せられる。それが吉と出るか凶と出るか.....』


茜「よっし!「ウザイ」って書かれてない!てっきり書かれてると思ったんだけどねぇ~!」

可憐「人見知りな私に、気軽に接してくれた茜ちゃんには本当感謝してるなぁ......」

茜「感謝したまえ~!してくれたまえよぉ~~~!」

亜利沙「ふふっ!それ、社長さんの物真似ですか!?スッゴク似てます!」

紗代子「似てる似てる!」

小鳥「現状はと言うと」

茜「ほほう」


『彼女は人を選ばない。誰にでも平等に接してくれる。もちろんうちのアイドルは人を選ばないと思うが、茜は別格。こんな子がクラスにいたら、ぼっちな俺は惚れてしまう』


茜「へっ......えっへへ~......」ニヨニヨ

亜利沙「これはさすがの茜ちゃんでも、恥ずかしいみたいですね!」

茜「恥ずかしいってうより......嬉しいんだな~これが.....///」

ひなた「顔真っ赤でリンゴみたいだべさ」



40: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/08(日) 16:30:43.77 ID:uehNtzVY0

茜「惚れちゃうか~......///」モジモジ

小鳥「はーい、お次は紗代子ちゃんね」


【高山紗代子】

『見かけによらず、かなりの熱血。引っ込み思案の部分もあるが、自己解決して突撃する、ある意味心配のない子』


紗代子「私ってそれほど熱血.....?」

可憐「私はオドオドしちゃって何もできないから......尊敬してます」

ひなた「なあんにでも挑戦できるって、すごいことだべさ。あたしも尊敬してるんだわあ」

紗代子「そ、そう?」


『感情が昂る(やる気を出す)時は眼鏡を外すが、全然見えないようで、近くじゃないと顔を判別できない。俺と至近距離で見つめあうケースがある。ドキドキする』


紗代子「~~~!!!/////」

小鳥「思い当たる節あったみたいね.......」

紗代子「は、は、恥ずかしいぃぃ~~~!!////」

亜利沙「ムフフ♪無自覚が一番恥ずかしいのですよ!」

小鳥「そんな余裕ぶっこいてる亜利沙ちゃん!」

亜利沙「どぅえぇ!?」



41: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/08(日) 16:32:40.43 ID:uehNtzVY0

亜利沙「アリサは別にアイドルちゃん達と比べて可愛くないですから.....!」


【松田亜利沙】

『アイドル愛好家、もはやアイドル学者と言っても過言ではない。尊敬しなければ』


亜利沙「学者!アリサの知恵はついに尊敬されるまでに進化していたとは!」

可憐「亜利沙ちゃんは本当にアイドルに詳しいよね」

亜利沙「ちなみに可憐さんの下着の色まで答えられますよ!」

可憐「えぇぇ!?」

茜「何色~?」

可憐「だ、ダメぇ~~~!///」

亜利沙「冗談ですよ!」

紗代子「(関係ないけど焦った.......)」


『アイドルが好きなだけで、実際自分がアイドルになることを考えてもいなかったらしい。なので憧れのアイドルと同立場にいることが今でもまだ信じられないようで引目を感じている』


可憐「亜利沙ちゃん......」

亜利沙「アハハ.....プロデューサーさんにしっかりバレちゃってますね.....」


『生半可な態度じゃ伝えるのは難しいが、俺は本当に亜利沙はアイドルに向いていると思う。十分可愛い』


亜利沙「か、かわいい!?///」

小鳥「実際にプロデューサーさんもこの事で悩んでたわ。どうやって自信をつけさせればいいかって」

亜利沙「あわわわ....」

小鳥「プロデューサーさん、何度も可愛い可愛いって言ってたわよ」

亜利沙「うっへぇっ!/////」

紗代子「うっへぇって......」クスッ



42: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/08(日) 16:34:46.00 ID:uehNtzVY0

小鳥「ひなたちゃん行こうかしら」


【木下ひなた】

『田舎育ちでまだ都会には慣れていない模様。そのため訛りも取れていない』


ひなた「直したほうがいいかねえ」

小鳥「それが魅力だってプロデューサー言ってたわよ。それに方言持ちの女の子は男子に人気あるし直さなくて大丈夫」

ひなた「そうなんかねぇ」


『都会に慣れていないため、街中で迷子にならないよう俺の手を握ってくる。これが何とも言えない可愛さ。リンゴの様にむしゃぶりつきたくなる』


亜利沙「わわっ!年少組になんてこと言ってるんですか!!」

小鳥「私じゃないし」

ひなた「......///」

ひなた「は.....」

ひなた「恥ずかしいんだわあ....///」テレテレ

小鳥「プロデューサーさんはひなたちゃんのこと本当に愛らしく思ってるわよ」

ひなた「あたしもプロデューサーのこと大好きだよお」

全員「!?!?」

紗代子「若さ故の若さ故の若さ故の.....」ブツブツ

可憐「強敵.....」ボソッ



43: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/08(日) 16:36:20.28 ID:uehNtzVY0

小鳥「お次は可憐ちゃんね.....それじゃ別室に」

可憐「は.....はいっ....!」

ガチャ バタン

茜「ここは盗み聞きをしたいだけど.....今回は大目にみてあげよう!」

紗代子「そうだね」

亜利沙「アリサは別に可愛くなんか.....で、でもプロデューサーさんが可愛いって....ムフフ♪///」

紗代子「.........」

茜「.........」





@別室

小鳥「心の準備はいいかしら?」

可憐「は、はいっ!」

小鳥「まずは最初のほうね....」


【篠宮可憐】

『見た目は少々派手だが、奥ゆかしい』


小鳥「無難ね。そのままの印象って感じだわ」

可憐「やっぱり私、派手ですよね.....」

小鳥「大丈夫。ギャップよ、ギャップ!続いて今はというと.....」

可憐「....」ドキドキ


『オドオドしているのが可愛い。引っ張ってあげたくなる存在。他の男に任せられない』


可憐「かっ!可愛いだなんて!///」

小鳥「他の男に任せられない、ですって。プロデューサーさん、完全に彼氏気取りよ」

可憐「かっ、彼氏!?////」

可憐「そ....わ、わ、私が彼女っ.....えっ....えぇ~~~!?////」

可憐「」バタンキュー

小鳥「やっぱこの本燃やそ.......」



49: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/10(火) 22:56:19.39 ID:AvQE26hV0

@数分後



永吉昴「皆に聞いても答えてくれないんだぜ?おっかしいよなー」

49_1

舞浜歩「アタシもそうだった!目も合わせてくれなかったし....」

49_2

ジュリア「まさかあたしら.....ハブられてる....?」

49_3

歩「嘘っ!?」

昴「み、皆に限って、そ、それはないと思うぜ!?オレ別に皆に嫌われるようなこと......」

昴「もしかして...オレの喋り方とか性格とかに嫌気がさしたとか......男っぽいし....」ショボーン

歩「そんなことないよ!昴は昴だし、皆そんな昴が大好きだよ!きっと何かワケがあるんだって!」

ジュリア「あたしもそう思う」

昴「なぁ小鳥さん、皆が何も話してくれない理由、知ってる?」

小鳥「..........」

小鳥「(これは昴ちゃん達に話すのが吉か.......でも平等よね、平等)」

小鳥「恐らく......これのせいだと思うわ」

三人「本?」



50: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/10(火) 23:14:36.38 ID:AvQE26hV0

説明中..............



昴「だから皆何も教えてくれなかったのか!わ~ホッとした!」

小鳥「親じゃない第三者に好きな所を言われて、なおかつそれを他人に話すことなんて恥ずかしくて出来ないわよ」

ジュリア「あのアカネでさえ教えてくれなかったってことは、相当なことが書いてあるみたいだな.....」

三人「.......」

三人「ジャンケンポン!!」

昴「よし!」

ジュリア「ぐっ!」

歩「アタシが最初かー!」

小鳥「(聞く気マンマンの順番決め......)」

小鳥「はいはい、まずは歩ちゃんなのね」ペラペラ


【舞浜歩】

『就職先に悩んだ結果アイドルを選択。動機はどうあれ、ダンスが人一倍上手。留学経験あり』


ジュリア「就職に悩んだからってのが歩らしいよな」

昴「そうそう」

歩「そうかな」


『留学経験を活かしたダンスはより一層磨きがかかり、今では他アイドルの指導を任せたりもする。この数年で彼女の欠点を見つけたが、それもまた魅力で可愛い』


ジュリア「可愛いだってよ」ニヤニヤ

歩「や、やめてよっ!」カァァ

昴「欠点ってカナヅチの事か?」

ジュリア「あと、高所恐怖症な所とか?」

歩「うん....どうにかできないかな」

小鳥「ちなみにもう一行」


『歩の寝顔可愛すぎて一緒に寝たい』


歩「うぇぇ!?////」

50_1

歩「い、い、一緒に寝っ.....え!?///どういう意味!?///」

ジュリア「いや、ただ純粋にだと思うぜ」

歩「だよね!?そうだよね!」アセアセ

昴「プロデューサーも男だからな、何されるかわかんないぜ?」

歩「あわわわわわ!////」

ジュリア「こんな取り乱してる歩も久しぶりだな!アッハハハハ!」

小鳥「ジュリアちゃんも結構書かれてるわよ」

ジュリア「え?」



51: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/10(火) 23:38:42.87 ID:AvQE26hV0

【ジュリア】

『ギターが得意。ジュリアは芸名。何かの手違いでアイドルになったらしい』


ジュリア「わっ、ちょ!まだ心の準備が!」

歩「存分に辱めてやってください!」

昴「何かの手違い.....そういえば本当はアイドル志望じゃなかったんだっけ?」

ジュリア「あぁ。なのに今ではアイドル......まぁ楽しめてるし、歌手とあんまり変わんないしな。結果オーライ?」

昴「じゃあ『手違いでも楽しんでくれて何より』って書いてありそう」

歩「『手違いでよかった』とか」

ジュリア「そう書かれてると嬉しいかも........で、なんて書いてあるんだ?」


『髪下したジュリア可愛いよぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!』


ジュリア「なんだよそれぇぇぇぇぇぇ!!!!//////」ズコー!!

51_1



53: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/10(火) 23:45:21.12 ID:AvQE26hV0

歩「よかったなジュリア!可愛いって言ってもらえて!」ニヤニヤ

ジュリア「うるさいうるさいうるさいっ!///」

ジュリア「前文全く関係ないじゃんか!!全っ然関係ない!!」

昴「アハハ!.....でもジュリアはそういう女の子っぽいとこ、羨ましいなぁ」

ジュリア「そ、そうか....?」

小鳥「あっ、もう一言書いてあるわ」

昴「今度こそさっきの事書いてあるんじゃないか?」

歩「次こそね!」

ジュリア「まぁ何はともあれ自分の長所を褒められ」


『ジュリア可愛いんんんんんんん!!!!!!!』


ジュリア「うわぁぁあぁぁぁぁぁ!!!!!///////」ズッコー!!



54: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/10(火) 23:47:06.81 ID:AvQE26hV0

ジュリア「バカバカバカバカ!アイツ本っ当のバカ!バカP~~~!!///」

歩「大分恥ずかしがってるな」

小鳥「はい、ラスト昴ちゃんいくわよ」

昴「つ、次はオレか!」

ジュリア「こうなったら一番恥ずかしいのを!!」


【永吉昴】

『言動や性格が男性的。本人は女の子を目指して今も勉強中』


昴「うーん.....やっぱり男っぽいよな~」

歩「でも最近はメッキリ女の子っぽくなってるよ」

昴「ほんと!?」

ジュリア「そこらへんちゃんと書かれてると思うぜ」

小鳥「え~っと.......」

昴「どうしたの小鳥さん、やっぱり書かれてないか?」

小鳥「書かれ......えーっと、とりあえず読むわね」


『男性的な部分が大半を占めているとしても、逆にその中で女性的な部分は一層際立つ。本人は気付いていないかもしれないが、徐々に女の子らしく成長している。当初は親の気持ちでプロデュースしていたものの、最近急に女の子らしくなり、正直ムラッとする』


昴「む、むむむムラっとする......!?」

昴「わっ.....なっ、何言ってんだプロデューサー!////ムラって....わー!////」

ジュリア「ド直球.....」

昴「うぅ...../////」ヘナヘナ



55: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/10(火) 23:48:49.27 ID:AvQE26hV0

小鳥「どうだった皆、プロデューサーさんの事考えたら、ドキドキしちゃうんじゃないかしら?」ニマニマ

三人「!」

昴「こ.....小鳥さん.....違うんだ......ドキドキじゃないんだ....」

小鳥「?」

昴「そのなんていうか......お腹が....」

小鳥「お腹が?」

昴「プロデューサーのこと考えると.....お腹がキュンキュンするんだ!////」

小鳥「」

ジュリア「わ、わかる!ドキドキは胸だろ...?お腹がキューってするっていうか///」

歩「ア......アタシも......///」

小鳥「.....」

昴「なぁ小鳥さん!これって一体何なんだ!?」

小鳥「私が聞きたいくらいよ.....」



60: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/11(水) 15:59:15.66 ID:TTHiXUr20

小鳥「もう何人かやった結果....口の中が甘々.......角砂糖でも食べたかしら」

小鳥「ブラックブラック..........あら、コーヒーが切れてるわ。今朝はあったはずなのに」

小鳥「皆はレッスンしてるし、買いに行ってこようかしら」




@外 自販機前

小鳥「無糖だけ売り切れ?ちょっと遠いけどコンビニに.......」






高坂海美「プロデューサーも大変だよね~。私達を迎えに行った後すぐに打合せだなんて」

60_1

徳川まつり「37人もいますからスケジュールがキツキツなのでしょー」

60_2

天空橋朋花「体を壊しかねないですね~♪」

60_3

大神環「最近おやぶんと遊んでないなー」

60_4

海美「ま、プロデューサーは超人だからね、大丈夫だと思うけど」

ガチャ

海美「おはようございまーす!」

シーン

朋花「誰もいらっしゃらないみたいですね~」

まつり「小鳥さんもいないのです」

環「どこ行ったのかな?」

海美「どっか買い出しにでも行ったんじゃない?レッスンまで時間あるし、どうしよっか」

環「ならたまき遊びたい!」

朋花「室内で遊べるもの.....」

まつり「そういえばトランプがどこかに~........あったはずなのですが........」キョロキョロ

まつり「.........ほ?」

海美「どうしたのー?あったー?」

まつり「いえ.....でも不思議なものが.....」

朋花「?」



61: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/11(水) 16:13:04.23 ID:TTHiXUr20

環「シアター本??」

朋花「何でしょうか~」

海美「小鳥さんの机の上にあったんだよね?これって小鳥さんが好きなやつじゃない?」

朋花「でもこの字、プロデューサーさんですよね~」

まつり「どうしてわかるのです?」

朋花「いえ~♪」ニコニコ

ガチャ

小鳥「ふーっ、ついでに事務所のコーヒーも買ってきちゃ」

海美「読んでみる?」

環「気になるもんね!」

小鳥「ス、スト――――ップ!!!」ズデーン‼

海美「こ、小鳥さん!?」

まつり「一体どうしたのです!?」

小鳥「その本だけはー!」

朋花「どうやら私達の事が書いてあるみたいですね~」ペラペラ

小鳥「あああああああああ!!」



62: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/11(水) 16:20:50.66 ID:TTHiXUr20

海美「わー!すっごい楽しみだなー!」

まつり「なんて書かれてるんでしょー!」

環 ワクワク

朋花「緊張しますね~♪」

小鳥「(ここまで来たならもう引き下がれないわ......)」

小鳥「わ、わかったわ。誰から読もうかしら」

環「たまき!」

小鳥「環ちゃんね。えっと」


【大神環】

『天真爛漫で響の妹みたいだ。体を動かす事が好き。運動系の仕事を考えているが、楽しくさせるような歌い方が特徴的であり、そちらも考慮したい』


海美「わかる!」

まつり「環ちゃんは本当に元気よく歌うのです。姫も見習わないと」

環「次は!?次は!?」ワクワク


『まだ12歳ではあるが、徐々に女性らしさを恐らく無自覚に体得している。見え隠れする女性らしさに嬉しさを感じる反面、少し寂しい』


環「た、たまき、女の子っぽくなったのかな......///」

朋花「異性であるプロデューサーさんが言うのですから、間違いないですね~」

環「うぅ......ちょっと恥ずかしい.....///」

海美「(実際環が恋心なんて持ったら強敵どころの話じゃないよね)」

朋花「そうですね~♪」

海美「読まれてる!?」



63: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/11(水) 16:48:08.52 ID:TTHiXUr20

小鳥「お次はまつりちゃんでいいかしら?」

まつり「はいなのです!」


【徳川まつり】

『個性的で掴めない。語尾に「なのです」を付けて話す』


海美「やっぱまつりはキャラが強いよねー。そこが良い所なんだけど」


『確かに個性的ではあるが、感情表現が豊なのでコミュニケーションには困らない。立ち振舞いも彼女の言う通り姫のようで一言でいえば優雅。突っ走るタイプと思いきや周りをしっかり見ている優しい子』


朋花「まつりさんの良いところがちゃんとわかってます~♪」

まつり「姫はちょっと恥ずかしいのです.....」カァァ

朋花「プロデューサーさんはまつりさんのことを良く見てるんですね~♪」


『生まれ変わるなら姫に一生仕えたい』


まつり「ほ!?///」

海美「わー、大胆告白....」

まつり「まつりは.....あわわっ!」

朋花「愛されてますね~.......」

まつり「愛され.......!?へっ!?////」ボーン

環「あれ?まつりが止まっちゃったぞ」



66: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/11(水) 19:24:29.56 ID:TTHiXUr20

朋花「次は私でお願いします~♪」

小鳥「OKよ」


【天空橋朋花】

『飴と鞭を使い分けるタイプ』


環「あめとむち?」

海美「厳しさの中に優しさがあるって感じかな」

環「あー!朋花にピッタリだね!」

朋花「うふふ♪そうでしょうか~♪」

小鳥「続き読むわね」


『素朴な疑問だが、朋花は好きな人の手を繋いだりするのか?そもそも恋愛に興味はあるのか?』


朋花「........」

海美「それ私にも気になるー!」

環「どうなの?」

朋花「ご想像にお任せします~♪」

環「?」

小鳥「まぁそれは朋花ちゃんに任せるとして、海美ちゃんいくわよ」

海美「私か....落ち着きないとか書かれてるのかな」

まつり「ふー......目が覚めたのです...」

海美「お、復活したね!」



67: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/11(水) 19:29:26.12 ID:TTHiXUr20

【高坂海美】

『体を動かすことが好き。交遊関係は広いようだ』


海美「よかったー!書かれてなかったー!」

まつり「友達がいっぱいいるということは、良いことなのです」

海美「友達ひとり増える度、楽しい事も増えるからね!」

環「たまきも見習おー!」

小鳥「(凄くいい雰囲気の中にぶっ込みたくないけど......)」

海美「それでそれで!続きは小鳥さん!」

小鳥「は、はいはい........えーっと....」


『ハキハキとした歌声は身体の柔軟さから来るのだろうか?後で知ったが、海美は上半身に自信がないようだ。俺的には上半身も充分魅力的だと思うが....決して本人には言えないが、なで回したい上半身だ』


海美「へぇ~!..........」

海美「.........へっ!?」カァァァ

海美「やっ........やだっ........////」

朋花「.............」

まつり「(朋花ちゃん凄い怖い顔っ!?)」ビクゥ!

海美「た....確かに上半身に自信ないけどさ......でも....やだぁっ......///」

小鳥「プロデューサーさんは全く何を書いてんだか......まぁそれを発表してる私も私だけど」



68: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/11(水) 19:30:27.43 ID:TTHiXUr20

海美「あの.......小鳥さん........その本、貸して下さい」

小鳥「燃やす気.....?」

海美「そんなことしません!30秒だけ貸してください!」

小鳥「30秒なら.....」

パシッ

まつり「?」

ガーガー

小鳥「何してるの、海美ちゃん」

海美「コピー/////」

まつり「ズルイのです!まつりも!まつりも!」

朋花「私もお願いします~♪」

環「たまきも欲しいぞ!」

まつり「海美ちゃん!?20枚もコピーしてどうするのです!?」

海美「いや!こういうのは多めに取っておかないと!」

小鳥「(口に出さずとも嬉しさが伝わって来るわね)」



70: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/11(水) 22:47:24.01 ID:TTHiXUr20

ガチャ

真壁瑞希「おはようございます」

70_1

小鳥「あら、瑞希ちゃん早かったわね?」

瑞希「はい。プロデューサーが迎えに来てくれたので」

小鳥「皆も?」

瑞希「もうすぐ来ます」

「「おはようございまーす」」

エミリー・スチュアート「外寒かったですね~」

70_2

豊川風花「本当、プロデューサーさんが迎えに来てくれてよかった~」

70_3

横山奈緒「うぅ寒い......温泉入りたい...」

70_4

佐竹美奈子「それじゃ体のあったまる物でも作ろっか!」

70_5

奈緒「ええけど、作りすぎんようにな?」

美奈子「はいはーい♪」



71: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/11(水) 22:49:28.66 ID:TTHiXUr20

小鳥「.....」カタカタ

美奈子「はい、小鳥さんもどうぞ!」

小鳥「わぁ、杏仁豆腐?しかも熱い!」パクッ

美奈子「試作品ですが、味は保証できると思います!」

小鳥「美味しい~、冷たい杏仁豆腐しか知らないけどこれは絶品だわ!」

美奈子「ありがとうございます♪」

オイシイ~ モットアルカラネ! ツクリスギヤ! デモオイシ

小鳥「(バレてないバレてない...本は元の場所に戻したし安全安心!)」

小鳥「(さっ、今日中に片づけられるだけ片づけないと....)」カタカタ

小鳥「(相手先にPR表を送って....来週の水曜日が....)」カタカタ

瑞希「皆さん、杏仁豆腐を食べながら、瑞希のマジックショーもお楽しみください。ぱちぱちぱち」

奈緒「面白そうなの始まったなぁ」

瑞希「ここにある一枚のトランプを別のものに変換させます。では」

瑞希「ドラムロール、お願いします。どるるるるるる」

奈緒「自分でやるんかいな」

瑞希「えいっ」ポン!

エミリー「わぁ!」

瑞希「見てください、トランプが花瓶に.......失敗」

瑞希「本になってしまいました」

小鳥「えっ」



72: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/11(水) 22:50:10.18 ID:TTHiXUr20

エミリー「ちなみにこの本は一体....」

美奈子「シアター本....?」

小鳥「待たれぇぇぇい!!」ドザー!!

奈緒「うわっ!?」

風花「ど、どうしたんですか!?」

小鳥「この本だけはぁぁぁ!この本だけはぁぁぁ!」

瑞希「はいっ」ポンッ

瑞希「なるほど.....私たちのことが書いてあります。ぎっしり」ペラペラ

小鳥「またこの展開ぃぃぃ!」



73: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/11(水) 23:05:59.00 ID:TTHiXUr20

@説明終了


小鳥「それじゃまずは本を出した本人から」

瑞希「わくわく」


【真壁瑞希】

『ポーカーフェイス。常に無表情で何を考えているかわからないのが難点』


奈緒「確かにわからんなぁ」

美奈子「でもちょっとずつわかってきたかも」

瑞希「表現したいのですが、わかりません。顔の筋肉が硬直?難しい」

小鳥「それをしっかり見抜くプロデューサーさんはこちら」


『彼女と時を共にしてるうちに、ポーカーフェイスでは無いことに気付いた。よく見れば口元が緩んでいたり、眉が吊り上がっていたり本当は表情豊かなのである。それを100%表すことが難しいようだ。これで何が困るかというと、その小さな表情変化を確認するため彼女の顔をジッと見つめなければならないことだ。
つまりこちらも恥ずかしいのである』


瑞希「.......」

風花「どうして手で顔を隠してるの?」

瑞希「恥ずかしいからです。もうプロデューサーの顔、見れません」

奈緒「瑞希~、耳真っ赤やで?」

瑞希「熱いです。顔だけ異常に。アツアツ」

瑞希「冷ませ瑞希、冷ますぞー。恥ずかしくなんかない、恥ずかしくなんかない....」カァァ    

エミリー「瑞希さんでも恥ずかしいものってあるんですね!」

小鳥「次いくわよ」



74: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/11(水) 23:14:50.50 ID:TTHiXUr20

小鳥「ランダムにいくわね。次は風花さん」

風花「は、はい!」


【豊川風花】

『スタイルが抜群』


風花「それだけ!?うう.....やっぱり私は体しか...」

奈緒「いや、体が十分すぎる」

美奈子「そうそう」

エミリー「私は羨ましいです。その、豊満?といいましょうか」

瑞希「.........」


『彼女の魅力はスタイル限らず、幼い表情から母性溢れる表情も出来るとこがいい。顔もスタイルも十分魅力的なので、どこを見ればいいかわからない』


風花「プロデューサーさん....ちゃんと体以外も見て...それに顔のことなんてあんまり言われなかったから....」ジーン

美奈子「いいなぁ」

奈緒「本当に同じ人間かって感じやなあ」プニッ

風花「ちょ奈緒ちゃん!?どこ触って///」

瑞希「秘訣、教えてください」プニッ

風花「ひゃん!もう瑞希ちゃんまで!///」

小鳥「あぁ^~」パシャパシャ



75: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/11(水) 23:26:33.06 ID:TTHiXUr20

小鳥「参ります」


【エミリー・スチュアート】

『外国人のアイドルと社長から聞いて、緊張したが日本語が達者で安心した。下手をすれば俺より上手。歌声は優しく子守唄のよう。歌番組をメインとしよう』


エミリー「やはり異国であると日本の方は怖がってしまうというのは本当のことだったのですね」

小鳥「最初の頃なんてプロデューサーさんがカタコトの英語を一生懸命使ってて面白かったわ」

美奈子「でもエミリーちゃんが日本語ペラペラだってわかった時のプロデューサーさんの安堵、忘れないなぁ」

奈緒「わぁなっつい」

小鳥「そんな英語に弱いプロデューサーさんでも、幸せなことがあるみたい」

エミリー「なんでしょう?」


『完璧な大和撫子を目指しており、日々勉強を怠らない努力家。13歳という若さでありながら日本女性らしくなり綺麗になっていく。勉強家のエミリーに日本語を教えている時が俺の一番好きな時間かもしれない』


エミリー「えっ?///」

小鳥「もっとわかりやすくいえば、可愛い子と隣同士勉強を教えあうっていうのが、プロデューサーさんにとってたまらないみたいね」

エミリー「うぅ恥ずかしいです.....でも私も仕掛人様と一緒にいる時が、一番好きです///」

奈緒「メッチャ嬉しそうやん!なんやエミリー、プロデューサーさんに惚れとったん?そう思われても仕方ないで?あはは!」

小鳥「いっそのこと仕掛人様から旦那様になったりして!」

奈緒「小鳥さ~ん、冗談キツイわぁ!」

エミリー「旦那様......でも、いずれそう呼びたいです」ポッ

奈緒「えっ」

美奈子「えっ」

瑞希「えっ」

風花「えっ」

奈緒「ちょ、待ちぃやエミリー!そんなんここで暴露しても意味ないて!本人に言わな!」

美奈子「(奈緒ちゃん!?)」

エミリー「はっ...そ、それもそうですね!私こんなところで皆さんに.....////」ワタワタ

奈緒「せやせや~........」

奈緒「..........あれ?地雷踏んだ?」

小鳥「私は悪くない私は悪くない」



76: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/11(水) 23:39:50.84 ID:TTHiXUr20

美奈子「奈緒ちゃん.....」

奈緒「こ、小鳥さん!次私お願いしまーす!」

小鳥「はいはい!えーと奈緒ちゃん奈緒ちゃん」


【横山奈緒】

『関西出身。しかし標準語は勉強したらしく、普通に話せる模様』


奈緒「せ、せやねん!私関西弁しか喋られへん思われとるけど、実は標準語完璧でーす!」

風花「自然に直せる辺り、結構上手なのね~」

奈緒「そう?標準語勉強すんのほんま大変やったわ~。で、小鳥さん、続き続き!」

小鳥「はいはい.......」


『趣味は温泉巡りということで、温泉のおかげか、よく見ると肌がキメ細かい。奈緒と新婚なら、一緒に風呂入りたかった』


奈緒「な、なななななに言うてんねん!///」

エミリー「旦那様ったら大胆!」

風花「(ちゃっかり仕掛人様から旦那様に昇格してる)」

奈緒「ほんま!アカンて!アカン!///」

小鳥「奈緒、今日一緒に風呂入ろうぜ?とか言わ」

奈緒「わぁぁぁ!!!///」

ダッ!!

グルグル

奈緒「アカンてアカンてぇ......うぅ~~~///」※毛布にくるまる

小鳥「奈緒ちゃん可愛いわねぇ~。さ、次に行きましょうか。最後は美奈子ちゃん!」

美奈子「は、はい!」



77: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/11(水) 23:41:54.84 ID:TTHiXUr20

【佐竹美奈子】

『中華料理が得意。面倒見がいい?』


瑞希「佐竹さんの料理、美味しいです」

風花「料理上手はいいスキルよね。私も頑張らなくちゃ」

美奈子「私は家がそうでしたから自然と」

小鳥「羨ましいわぁ~。続きね」


『中華料理だけと思いきや和洋中全ての料理が得意。料理中は仕事と同じくらい楽しそうで何より。美奈子はいい嫁になる』


美奈子「い、いいお嫁さん!?それはつまりプロデューサーさんの!?」カァァ

小鳥「いや、そうとは書いて」

美奈子「えへへへ......♪///」

小鳥「(こりゃダメだわ)」

小鳥「えっと、もう一行......」

小鳥「あっ」

美奈子「?」

エミリー「?」

小鳥「............はい!これで皆の評価はおしまい!!これを活かして仕事に」

美奈子「小鳥さん」ガシッ

小鳥「なっ、何かしら美奈子ちゃん.......」ダラダラ

美奈子「まだ読んでない行、ありますよね....?」

小鳥「な、なんのことかしらね~!?」ダラダラ

美奈子「最後の行、読んでください」

小鳥「これは.....その......!!」

美奈子「お願いします」ズイ

小鳥「は、はいぃぃぃ!!」

小鳥「......えっと、正直これは言っていいのかどうかわからないけど、そこまで聞きたいなら言うわね」

美奈子「はい!」

小鳥「(プロデューサーさん......あなた何てことを.....)」


『追記:夜は激しそう』


美奈子「夜は激し........」

美奈子「ふぇっ!?!?!?!?//////」

美奈子「」チーン

小鳥「死んでしまったわ....仮眠室に運んでおきましょう」



85: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/12(木) 21:00:44.75 ID:idUZvkeh0

@それぞれ職場、レッスンを経て数分後。



宮尾美也「おはようございます、音無さん~」

85_1

小鳥「美也ちゃん?今日はオフじゃ」

美也「シアター本ってなんですか~?」

小鳥「ブフォ!」

美也「?」

小鳥「どこで聞いたの!?」

美也「茜ちゃんからメールが来たんですけど、私よくわからなくて~」

小鳥「ふー....あのね美也ちゃん。シアター本というのはとっても危険な」

北上麗花「楽しみ~」

85_2

福田のり子「なんて書かれてんのかな?」

85_3

ロコ「他人の評価はとても大事なことなので聞きに来ました!」

85_4

二階堂千鶴「同じく、ですわ!」

85_5

小鳥「ゴホッ!ゴボォ!!」



86: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/12(木) 21:06:58.01 ID:idUZvkeh0

美也「危険なものなんですか?」

小鳥「そりゃあもう!症状はピンからキリ、悪い時は精神崩壊まで!」

ロコ「せ、精神崩壊....!」

小鳥「想像してみて。志保ちゃんや静香ちゃんがニヤニヤしいてるのを.....!」

ロコ「すごいですね....」

千鶴「おぞましい、ですわ.........」

小鳥「それでも聞く?私は止めないわよ」

のり子「止めないんだ」

美也「怖くなってきました~」

ロコ「うーむ」

千鶴「悩みますわね」

麗花「怖いかな~」

千鶴「退くのもアリでしょうか?」

小鳥「それじゃ、聞く人!」

スッ(全員挙手)

小鳥「聞くんかい!!」



88: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/12(木) 22:23:29.26 ID:idUZvkeh0

小鳥「トップバッターは誰にする?」

ロコ「ロコはラストの一歩手前がベストです」

千鶴「なら私は最後で」

麗花「じゃ私が一番~」

美也「二番でお願いします~」

のり子「半分がちょうどいいよね、三番目で!」

小鳥「はい、麗花ちゃんから見ていこうね」


【北上麗花】

『自由奔放タイプ?言動も何も包み隠さず、なんでもオープンな性格』


ロコ「麗花さんはミステリアス?ですから、性格を掴むのはとってもディフィカルトなのです」

のり子「なんていうか、全体的にフワフワっとしてる感じ」

千鶴「麗花はB型ですの?」

麗花「ううん、A型だよ~」

ロコ「い、意外です」


『まだハッキリと麗花のことを掴めてはいないが、彼女と一緒にいるととても居心地がいい』


麗花「ふふ~♪」

のり子「おお!いつも異常にニッコニコだね!」

千鶴「一緒にいると居心地がいいなんて、一度でいいから言われてみたいですわ。羨ましいですわね、麗花」

麗花「彼女呼ばわり~」

全員「そこぉ!?」

麗花「告白もまだなのに、彼女だって言い切られてたら嬉しいなーって~♪」

美也「え~?」

千鶴「は?」

麗花「私はプロデューサーさんの女だったんだね~♪」

小鳥「(荒れる前に次いこう)」



89: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/12(木) 22:35:16.69 ID:idUZvkeh0

小鳥「次は美也ちゃん!」

美也「はい~」


【宮尾美也】

『おっとり系。のんびり話すのが特徴。囲碁や将棋が趣味。』


のり子「美也は麗花より緩やかだよね」

千鶴「そういうの、脳が溶けると言うのでしたっけ?」

小鳥「まぁ大体合ってるわね」

美也「こうやって皆さんに言われるのって、結構恥ずかしいですね~」

ロコ「ブレインが溶ける....ちょっとわかった気がします」

小鳥「で、次はというと」


『常に和やかで、怒ったことがないらしい。わかる。あの性格でヤンデレ、ちょっと見てみたい』


美也「ヤンデレですか~....難しいです~」

小鳥「でも美也ちゃん、ヤンデレはなろうと思ってなれるものではないのよ?その人のことが好き、これが大前提。しかも好きじゃダメ。大好き、もしくはそれ以上」

美也「その点は心配ないと思います~」

小鳥「そう、なら出来るわ」

ロコ千鶴のり子小鳥「「「(ん?心配ない?)」」」

小鳥「(波乱の予感....)」



90: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/12(木) 22:37:47.39 ID:idUZvkeh0

小鳥「じゃあのり子ちゃん」

のり子「よっしゃ!」


【福田のり子】

『格闘技好き。女性の格闘技離れを解消させるアイドルとなれ』


のり子「わっ、責任重大」

千鶴「期待されてますわね」

のり子「続き続き♪」


『シアター組の中で、トップクラスに属すナイスバディの持ち主。のり子が頻繁にプロレス技をかけてくるが、当たってる。興奮する』


のり子「き、き、気にしてなかったぁぁぁ!!!/////」

麗花「罪深いな~♪」

ロコ「(.......ロコはまだ成長途中ですし)」シュン

のり子「もう技かけられない!恥ずかしい!///」ドタバタ

千鶴「技をかける相手なんてプロデューサーだけじゃないですし」

のり子「じゃあ今度から千鶴さんにかけるね」

千鶴「なんでそうなりますの!?」



91: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/12(木) 22:57:50.44 ID:idUZvkeh0

小鳥「順番通りにロコちゃん」

ロコ「もうロコですか!」


【伴田路子】】

『アーティスティック系アイドル???』


千鶴「プロデューサー、大分混乱してますわね」

のり子「アタシも最初何言ってるかわかんなかったなー。でも最近はわかってきた」

美也「難しいですよね~」

麗花「うんうん」


『日常会話の5割が英語混じり。難解だが理解してあげるのがプロデューサーの努め。発想力に長け、芸術センスも素晴らしく、なおかつそれを自分で作り上げるのがまた凄いところ』


ロコ「プロデューサーはロコのスキルをわかってるのです!ロコのアーティスティックなベストセンスに」

小鳥「もう一行あるわ」

ロコ「まだ話してるんですが!?」プンスカ


『言動に子供っぽさは見受けられるが、意外にも甘えるケースが少ない。「頼りにしてる」と言われたものの形にわかるほど頼られない。もっと甘えてほしい』


のり子「ロコってあんまり頼らないよね。意外と何でも出来るからかなぁ」

千鶴「もっと甘えてほしいですって。プロデューサーもきっと寂しいんですわ」

ロコ「ろ、ロコは別に一人で出来ますから、甘えるなんて....」

千鶴「プロデューサー、という役割以前に、あくまで人間関係として」

のり子「年下だしね」

千鶴「そうですわね、年下として甘えてほしいのではないですか?」

ロコ「わかりました。ちょっと甘えてみます!」

麗花「その調子~♪」



93: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/12(木) 23:00:49.77 ID:idUZvkeh0

小鳥「最後は千鶴さんね」

千鶴「セレブなわたくしのことですから、良いこと尽くしに決まってますわ!!」


【二階堂千鶴】


『セレブでどこかのお嬢様らしい。しかしどことなく庶民の匂いが......』


千鶴「なっ!?」

ロコ「庶民のスメル...千鶴さん、もうプロデューサーにはバレバレなのです!」

千鶴「コロちゃんは黙って!」

ロコ「ロコです!ロ・コ!!」プンスカ

千鶴「続きを!巻き返しの続きを!」

小鳥「あぁ....はいはい」


『千鶴から溢れ出る庶民オーラは』


千鶴「お待ちください!庶民なんてゲホッ!ゴホッ....!」

小鳥「続きがあるから」


『他と違って母親の様な包容力を持っている。千鶴がお母さん、これはいいかも』


千鶴「お、お母さん!?わたくしが!?」

千鶴「きょ、今日からプロデューサーの母親になりました二階堂千鶴ですわ!!」

麗花「お母さん、息子さんを下さいませんか~?」

千鶴「却下!!!!」



94: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/12(木) 23:21:02.45 ID:idUZvkeh0

@それから数分後




百瀬莉緒「その本を読んで、皆火照っちゃってるらしいわ!」

94_1

馬場このみ「それは聞くしかないわね!」

94_2

中谷育「なんて書かれてるのかな?」

94_3

周防桃子「桃子は別に興味ないけど」

94_4

莉緒「楽しみよね~!」

このみ「本当楽しみだわ!一体何て書かれてるのかしら!」

このみ「ね!!小鳥ちゃん!!??」ズイ!

小鳥「..............」

このみ「ね!?!?」ズイズイ!!

小鳥「わ、わかりましたよ.....」



95: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/12(木) 23:43:43.62 ID:idUZvkeh0

莉緒「早く教えて!」

このみ「小鳥ちゃん早く!ハーリーハーリー!」

小鳥「それでは誰から先に」

莉緒「早速聞きたいところだけど、ここは......若い子に譲るわ!」

育「やったー!」

桃子「桃子は別に興味ないから聞かないよ」

このみ「やっぱり私は最後ね!楽しみは最後に取っておかなくちゃ!」

小鳥「じゃあ桃子ちゃんは三番目でいい?」

桃子「き、聞かないってば!」

このみ「ふーん.....」ニヤニヤ



96: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 00:07:56.89 ID:PV3xFrQ70

小鳥「それじゃ、育ちゃんからね~」

育「はーい!」


『好奇心旺盛とはいえ、最年少のため非常にプロデュースが難しい。自分には何が子供向けなのかわからない』


莉緒「やっぱり苦労してるのね~」

育「むーっ......わたしはこどもじゃないのにー」


『新しいことへの挑戦、視野を広げるため背伸びしてでも仕事に向かう姿は幼くとも尊敬できる部分がある。本人は子供扱いされるのを嫌っているが、存分に子供っぽさの魅力も引き出したいところ』


育「尊敬!?」

莉緒「確かに、私も純粋さを思い出して仕事をしてみたいわ」

育「わたし尊敬されてるんだー!」

このみ「良かったわね、育ちゃん」

育「うん!」


『大人になってほしくない』


育「えー?どうしてー?」

莉緒「いつまでもそのままの育ちゃんでいてほしいのよ」

育「?」

桃子「.....」



97: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 00:12:16.64 ID:PV3xFrQ70

小鳥「それでは莉緒さん」

莉緒「来たわ!」


【百瀬莉緒】

『セクシーを売りにした方が吉か。しばらくは様子見。大人の女性、といった感じ』


莉緒「聞いた!?大人の女性ですって!それにセクシーさも理解してるわ!」

このみ「うーん....」


『莉緒は頼り甲斐がありそうに見えるが、実際空回りすることが多い。さらに言えば子供っぽい』


莉緒「こ、子供っぽい.....まさか私が......」ズーン

桃子「確かに莉緒さん、よく空回りするよね」

育「わかるかもー。いつも慌ててたりしてるよね」

莉緒「年少組にまで悟られて......」ズーン

このみ「大丈夫よ莉緒ちゃん!そういうとこ含めて魅力の一つなんじゃないかしら!」

莉緒「このみ姉さん.....」

小鳥「実際そうみたいですよ」

莉緒「え?」


『だからこそ見守ってあげたくなる。俺は彼女の見せる子供っぽい所や、意外と純粋な所が大好きだ』


莉緒「...........」スクッ

このみ「莉緒ちゃん......?」

莉緒「.....」スタスタ

このみ「ちょっと、どこに行く気」ガシッ

莉緒「プロデューサーくんを抱きしめに行って来る」ダッ!

このみ「待ちなさい!!」ガシィ!!

莉緒「放してこのみ姉さん!今プロデューサー君が恋しいの!」

このみ「させるもんですか!!」グググ

桃子「まったく大人が何してるんだか.....ハァ」



98: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 00:24:46.23 ID:PV3xFrQ70

莉緒「ハァ...ハァ......」←23歳体力の限界

このみ「ゼェーゼェー.....」←24歳同じく

小鳥「さて、二人聞いたわけだけど、どうする?桃子ちゃん」

桃子「..........」

莉緒「(聞きたくないならオフの日使って来ないわよね)」

このみ「桃子ちゃん、聞いてみたら?人の意見を聞くって大人にはとっても大事なことよ」

桃子「......」

小鳥「ちなみに、とってもいいこと書いてあるわよ~?」

桃子「!」

育「いーなー」

桃子「.........かっ」

桃子「勘違いしないでよね、あくまで〝今後のため”に聞いてあげるだけなんだから」

莉緒「そうそう、印象を聞いて仕事に活かせるしね~」ニヤニヤ

桃子「なにニヤニヤしてるの」

莉緒「し、してないしてない!」



99: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 00:28:21.64 ID:PV3xFrQ70

【周防桃子】

『いらないと言われた。死にたい』


このみ「これって.....?」

育「ほんと?」

桃子「本当。桃子、最初お兄ちゃんを避けてたからしょうがないよ」

小鳥「(静香ちゃんでさえ落ち込んでいたのに、桃子ちゃんは落ち着いてるのね)」

桃子「でも大丈夫。次は絶対いいこと書かれてるから」

このみ「凄い自信ね......でもわかる!」


『気が強くプライドが高いが、彼女の言うことは正論。幼い子から学ばされるのは少々情けないが、正直助かっている。子役というキャリアが今のプライドの高さを形成したものと考える。子供という自覚があり、その制限された中でどう動けるかを考える頭の良い娘』


桃子「ほら!」フフーン

莉緒「さすが先輩だわ....感服よ」

育「桃子ちゃんたっくさん褒められてるね!」

桃子「当たり前だよ、だって桃子それなりに努力してるもん」フンス

小鳥「そんな桃子ちゃんにもう一言~」

桃子「お兄ちゃんったらまだ褒める気?まぁ、それだけ桃子は.....」


『そんな気の強い桃子が俺を「お兄ちゃん」と呼ぶ。嬉しい。可愛くてたまらない。本当の妹にしたい』


小鳥「プロデューサーさんはあなたのことが大好きみたいね」

桃子「なっ....!?///」

桃子「ばっ、バッカじゃない!?///お兄ちゃんったら!バカバカ!////」ニヤニヤ

このみ「その割にはニヤけてるわよ?」

桃子「ニヤけてなんかっ.......」

桃子「.......」

桃子「....」ニヤ~

桃子「~~!!///」

桃子「嬉しくない!嬉しくなんかない!!///」ブンブン

小鳥「(相当嬉しかったみたいね~微笑ましいわ~)」



100: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 00:31:38.12 ID:PV3xFrQ70

このみ「最後はわったし!最後はわったし!」

小鳥「はい落ち着いてくださいね最年長~、子供みたいですよ」

このみ「そ、そうね.....ここは大人のレディらしくしないと」

小鳥「えっとこのみさんこのみさんは......と」ペラペラ


【馬場このみ】

『こう見えても最年長。子供扱いは嫌い。レディとして振る舞わなくては』


このみ「こう見えてって......まぁいいわ。今回は許してあげましょう。最初の頃だしね」

育「いくと身長変わらないのかな?」(142cm)

このみ「うぐっ.....私のほうがまだ1cm高いからっ....!」(143cm)

桃子「このみさん、桃子より3cmも高いんだよ」(140cm)

このみ「3cmも!?やったわ!」キャッキャ

莉緒「(黙っとこう)」(168cm)

小鳥「身長の話はさておき、続き読みますね」

このみ「はーい!」


『背に関係なく面倒見が良い。さすがは最年長、とても頼りになる』


このみ「よしっ!背に関係なくってのがいいわね!頼りにされてるし、文句なし!」

小鳥「.........」

このみ「あら小鳥ちゃん、その顔はもう一行あるって顔ね?いいわよ言って!もっともーっとこのみお姉さんを褒めてちょうだい!!」フンス!

小鳥「えぇ.....ではお言葉に甘えて....」


『このみさんを一日中抱っこしてギューっと抱きしめていたい』


このみ「ほら!やっぱり頼りになるお姉さん...........」

このみ「......え?」カァァァァァ

このみ「え~~~~!!!/////」

このみ「えぇだだだだだだ抱きしめたいって!?!?抱きしめたいって言ったの!?!?////」

小鳥「えーと、はい」

このみ「わぁー!!わぁー!!」ダダダダダダ!

莉緒「(最年長が事務所内を爆走)」

このみ「抱ーきーしーめーたーいーでーすーっーてー!うふふふふ//////」ゴロゴロゴロゴロ

小鳥「(最年長が事務所内を回転)」

育「プロデューサーさんだいたーん!」

桃子「お兄ちゃんのヘンタイっ.....」ボソッ

このみ「うふふふふふふふ//////」



106: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 14:38:21.41 ID:PV3xFrQ70

ガチャ

所恵美「おっはよー!」

106_1

田中琴葉「おはようございます」

106_2

島原エレナ「おはようダヨー!」

106_3

ゴロゴロゴロゴロ

琴葉「キャッ!?何!?」

莉緒「あっ、それこのみ姉さん」

このみ「うっふふふふふ///」ゴロゴロゴロ

エレナ「コノミは一体どうしたノ?」

莉緒「えっと色々あってね」

恵美「あっ!もしかしてシアター本とかいうやつ!?」

小鳥「もう逃げられないのはわかってましたよ」



107: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 14:42:10.57 ID:PV3xFrQ70

莉緒「私達は一旦出るわね。姉さんちょっとヤバイし」ガシッ

このみ「うへへへへ~」

桃子「桃子も」

育「じゃあ育も!」

ガチャ

バタン

恵美「あれがシアター本を読んだ後の症状なんだね~」

琴葉「あの小鳥さん、あれって本当の話なんですか?」

小鳥「シアター本のこと?えぇ本当よ」

エレナ「何が書かれてるノ?」

恵美「なんでも、アタシ達の好きなところとか書いてあるとか~!」

琴葉「もう恵美ったら、誇張しすぎじゃない?」

恵美「わっかんないよ?琴葉をああしたいこうしたい~って書かれてるかもよ~!?」

琴葉「ちょ、ちょっと!」

恵美「にゃっはは、冗談だってば、冗談~!」

小鳥「(案外冗談でもないという......)」



108: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 14:55:42.37 ID:PV3xFrQ70

小鳥「決まったかしら?」

恵美「えと、エレナ、琴葉、アタシの順番で!」

小鳥「それじゃエレナちゃんから読んでいくわね」

エレナ「~♪」


【島原エレナ】

『漢字に弱いものの、日常生活にきたさぬ程度。ダンスがべらぼうに上手い』


エレナ「べらぼー?」

琴葉「とてもって意味よ。エレナはダンスがとても上手ってこと」

エレナ「オーウ!ダンス大好きだから得意ダヨー!」

恵美「それで続きは?」

小鳥「友達の評価も気になるなんて、本当に仲良しね。続きはというと」


『いつも陽気で落ち着きがなく、少々危なっかしいが何にでも全力で取り組む姿勢は最大に評価する』


エレナ「落ち着きがないカー」

恵美「落ち着きがないところがエレナだし、そのまんまでいいんじゃない?」

琴葉「私もそう思うわ」

エレナ「そう?二人ともありがとうダヨー!」

小鳥「それともう一言」


『彼女のコミュニケーション方法は接触で、それは十分距離を縮められると思うが、抱き着かれるのは慣れない。俺自身、理性を保つのが大変』


恵美「理性を保つってプロデューサー何言ってんのさ!」

琴葉「///」

エレナ「どういうコト?」

恵美「ほら琴葉、詳しく教えてあげて」

琴葉「えぇ私!?」

エレナ「コトハ、教えテ!」

琴葉「なんで私が.....えーっとそのつまり、エレナを時々襲いたくなるって感じかしら.....」カァァ

エレナ「フーン......」

エレナ「....」カァァァァ

エレナ「プロデューサー...そういうのダメダヨー....///」モジモジ

恵美「エレナが内気になってる!?可愛い~!」



109: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 15:34:06.14 ID:PV3xFrQ70

琴葉「次は私かぁ、なんて書かれてるのかしら」

恵美「ズバリ真面目すぎ!」


【田中琴葉】

『真面目な性格で委員長タイプ。真剣に取り組む姿はアイドル達のお手本になってくれるだろう』


恵美「ビンゴぉ!イエーイ!」

琴葉「やっぱり肩の力を抜いた方がいいのかな?」

恵美「あんまり真面目すぎるのは体に毒だよ。天然キャラでもないんだから。いっそのこと不真面目キャラでもやってみたら案外ウケるかもよ~?ね、エレナ!」

エレナ「うぅ~恥ずかしいヨ~....」

恵美「ありゃ、まだモジモジしてる。とりあえず続き聞いてみよ」

琴葉「そうね。いいことが書いてあるかもしれないし」

小鳥「ちょっと心配みたいよ?」


『真面目な部分が返って精神的圧迫になる恐れがある。完璧主義者ではないが、それに似たタイプである。どうやら己の能力・魅力の幅に気付いてないため自信をなくしがち』


琴葉「懸念されてるわ」

恵美「もうちょっとアタシみたいにお気楽でパパーッと生きてみれば?」

琴葉「む、難しそうね」

恵美「そうかなぁ、簡単だよ!」

琴葉「別に気楽が嫌いってわけじゃないけど、なんていうか性に合わな」


『能力は高く魅力も他に負けていない。いわゆる正統派。恋人にするなら琴葉かな』


琴葉「えぇ!?!?」

恵美「い、今なんて!?」

小鳥「恋人にするなら琴葉ちゃん」

琴葉「えぇぇぇぇ!?!?///」アタフタアタフタ



110: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 15:35:10.65 ID:PV3xFrQ70

恵美「........」

琴葉「えっ嘘!?恋人って!えっ!?やだっ!嬉しっ....やだ!///」

恵美「.........」

琴葉「恥ずかしい!すごい恥ずかしい!でも嬉しっ....やっ!///」

琴葉「やっぱり恥ずかしい~~~~~!!!////」ダッ!!

恵美「琴葉!?」

ガチャ

小鳥「あまりの恥ずかしさに事務所を飛び出しちゃった.....」

恵美「琴葉は可愛いな~」

小鳥「まぁしばらくしたら戻ってくるでしょう」

恵美「外寒いしね~。火照った体も冷める冷める」

小鳥「そうね。じゃ最後の恵美ちゃん、覚悟はいいかしら?」

恵美「う~ん」



111: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 16:36:56.77 ID:PV3xFrQ70

小鳥「あら、どうしたの?」

恵美「いやぁ、あんなの聞いちゃったらさ、もうそれ以上のものはないって思っちゃって。緊張もほぐれたっていうか~」

小鳥「でも聞いてみることが大事よ。読んでみるわね」

恵美「お願いしま~す」


【所恵美】

『イマドキと言った感じ。ポジティブな性格でこれといった悩みはなさそう』


恵美「なるほどねぇ~」

小鳥「続けて読んでみるわね」


『悩みがないと無神経に俺は何もわかっていなかった。聞くところによると彼女は自分の容姿に自信がないみたいだ。だから自分が本当にアイドルとして活動していいのか引目を感じている』


恵美「おっ!わかってんじゃ~ん!」

小鳥「それぞれの悩みを解決するのがプロデューサーさんのやり方だからね。恵美ちゃんの悩みがプロデューサーさんの悩みでもあるから。次に書いてあるわ」


『どうすれば彼女に自信を付けさせるだろうか?こんなにも可愛いのに』


小鳥「ね?」

恵美「恥ずかしいこと言ってくれるね~!でも琴葉と比べたらな~」

小鳥「本編はここからよ」

恵美「え?」


『見えそうで見えない恵美、そそる』


111_1

恵美「へっ!?」カァァ


『汗かいてる恵美、そそる』


111_2

恵美「なっ!?///」


『きわどい衣装の恵美、そそる』


111_3

恵美「ちょ!///」


『可愛い恵美と密室、そそる』


111_4

恵美「待って!!///」


『自信ないくせにウルトラエロボディの恵美、そそる』


111_5

恵美「やめてってばぁぁ!!/////」

恵美「うぅ~~~~!///何でそういうこと書くかな~!!///」

エレナ「うぅ........///」

小鳥「(一人はモジモジしてるし、一人は飛び出していくし、一人はのたうち回ってるし....なんてカオスな事務所)」



112: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 16:37:54.37 ID:PV3xFrQ70

ガチャ

小鳥「あら、レッスン終わったのね」

ゾロゾロ

小鳥「仕事組もお帰りのようで」

百合子「......」

朋花「.....」

瑞希「........」

小鳥「(皆黙ってる?)」

ジュリア「.....」カァァ

昴「...」ブンブン!

歩「.......」アセアセ

このみ「.....」ニヤニヤ

小鳥「(なるほど.....全員葛藤の真っ最中なのね。思い出しては治め、治めては思い出すの繰り返し)」

小鳥「(よしっ.....ちょっと遊んでみようかしら)」

小鳥「あれ、プロデューサーさん帰ってきた?」

全員「!?!?!?」ビクッ!!

小鳥「勘違いだったわ」

全員「.........///」モジモジ

小鳥「(あぁぁぁ楽しいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ)」



114: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 16:49:56.28 ID:PV3xFrQ70

@一方、琴葉はまだ街を駆けていた


琴葉「私がっ.....恋人......!///」タタタ

琴葉「恥ずかしい~!///」タタタ


「琴葉!?」


琴葉「!?」

琴葉「あっ......あっ......////」

琴葉「プロデュー.....///」


ダッ!


P「何で逃げ.....待て琴葉!」


グイッ


琴葉「やっ!?」

P「何があったか説明してくれ」キリッ

琴葉「(プロデューサーの顔近っ....////)」

琴葉「あの......その.....っ」

P「ここじゃ話しづらい?事務所に行ってみるか」

琴葉「あっ」



115: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 16:52:26.57 ID:PV3xFrQ70

小鳥「(あれから数分経っても会話一つもなし。37人....いえ、36人密集してて何の会話もなし。ある意味恐怖だわ......)」

小鳥「(このまま沈黙も変だし、かといって爆弾を投下するのもねぇ......)」

環「あれ、美奈子と奈緒はどこ?」

小鳥「二人なら、仮眠室で横になってるわ」

環「病気?」

小鳥「うぅん、恥ずかしいこと言われてそれでずっと気絶してて......奈緒ちゃんは」

全員「恥ずかしいこと.....?」ギラリ

小鳥「あっ」

瑞希「(あれのことですか)」

エミリー「(あれのことですね)」

風花「(あれのことね.....)」

全員「(ま、私が一番恥ずかしいこと言われたけどね!!!!)」ドヤァ



116: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 16:54:49.98 ID:PV3xFrQ70

ガチャ


P「うわっ!!?何でこんなにいるんだ!?」

全員「うわぁぁぁ!?!?!?」ガタガタガタ

P「....?何故にそんな驚く...?」

全員「.......///」カァァァァ

P「悪いが琴葉、皆がいる所じゃ話しづらいよな。大事な話はまた今度ということで....」

琴葉「は.....はい....///」

全員「大事な話?」

翼「ねぇプロデューサーさん、大事な話ってなんですか?」ニッコニコ

P「いや、これは俺と琴葉の秘密っていうか」

全員「はっ!?!?!?」

琴葉「~~////」

静香「い、一体なんの話ですか!?内容によっては私達だって!」

ビュン!ダキ!

ビュン!ダキ!

P「わっ」

P「わっ!?どうしたロコ、急に抱きついたりして」

ロコ「ロコはプロデューサーに甘えることにしました!」

P「おぉ~!実は俺、ロコに頼られたくてな?」

ロコ「なのでこれからはずーっと甘えます!」ギュゥゥ

P「可愛い奴だなこの野郎!任せてくれ!」ナデナデ

P「えっへへ~///」

全員「(先手を取られた....)」

桃子「ねぇお兄ちゃん」

P「どうした桃子」

桃子「お兄ちゃんは、桃子のお兄ちゃんになる気はある?」

P「あるある!桃子みたいな可愛い妹欲しかったんだよ~」

桃子「べ、別にいいよ。お兄ちゃんが、本当のお兄ちゃんでも」

P「これは嬉しいぞ先輩~!」ワシャワシャ

桃子「やっやめてってば!///」

千鶴「迂闊ですわね桃子、妹なら結ばれることはありませんわ」

桃子「何言ってるの千鶴さん」

桃子「義妹だよ」

千鶴「」

桃子「望みなんてたくさんあるよねお兄ちゃん」

P「なんのこと?」



117: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 17:01:20.28 ID:PV3xFrQ70

P「....てか海美はさっきから何してんだ?俺を見たまま硬直して」

P「このみさんも」

このみ海美「へぇっ!?」

海美「あっえっそのっ」←体を撫で回したいと言われた人

このみ「こ、これはっ!えっと!」←一日中ギューっとしていたいと言われた人

海美「う、うみみーん!!!////」ダッ!!!

このみ「このみーん!!!///」ダッ!!!

P「どこ行くんだー!うみみー!!このみさーん!!」

P「一体どうしたんだ二人とも....あっロコ、手まで握るなんてよっぽど......朋花?」

朋花「はい~♪」

P「何故ゆえに私の手を?」

朋花「あら~嫌なんですか~?」

P「いえ、とっても嬉しいです」

朋花「うふふ~」カァァ

桃子「莉緒さんは何してるの。抱きつくんじゃなかったの?」

莉緒「い、いざ前に出てみれば恥ずかしいもので///」

ダキッ

P「おぉっと、後ろから抱き着いてくるなんてどんな甘えん坊さんかな~?」

志保「えへへっ、ご主P様~♪ぎゅぅ~♪」

P「」

風花「あぁ!プロデューサーさんが立ったまま気絶しちゃった!」

麗花「プロデューサーさんは私の彼氏さんですよね~♪」

まつり「な、何を言ってるのです!!姫の家臣なのです!」

奈緒「新婚やもん!私結婚したもん!!」

千鶴「母親であるわたくしが許しませんわ!誰にも渡しませんのよ!」

P「皆なんの話をしてるんだ!?彼とかなんか言ってなかった!?」

千鶴「あ、あぁ!カレーうどんの話をしてましたの!ブロデューサーには関係のない話ですのよ!」アセアセ

P「カレーうどんか。俺も好きだぞ」

静香「奇遇ですね私も好きです。なら結婚」

杏奈「乙女ストーム!!」ドゴォォォ!!



118: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 17:04:08.70 ID:PV3xFrQ70

育「ねぇねぇプロデューサーさん、育のこと好き?」

全員「なに!?育ちゃんか.....若気のいたり。許す」

P「急にどうした育、俺は好きだぞ~?」

育「えっへへ~♪」

恵美「ねぇプロデューサー、アタシのこと好き?アタシは好きだよ」

P「えっマジ」

全員「若気のいた.....許すカァァァ!!」

恵美「先手必勝!///先手必勝!///」ジタバタ

エレナ「メグミのどろぼーネコー!」ポカポカ

P「今好きって!?」

美也「聞き間違いですよ~」

P「えっでも」

美也「聞き間違いですよね~プロデューサーさん.....そうですよね~?」

P「は、はい」ゾクゾクッ

美也「ならいいんです~」

亜利沙「あのエミリーちゃんは何を書いてるんですか?」

エミリー「婚姻届です♪」

亜利沙「」



119: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 17:05:12.74 ID:PV3xFrQ70

P「どうして百合子達は隠れてるんだ?」

瑞希「わかりません」

紗代子「(は、恥ずかしくて...)」

百合子「(前に....)」

環「(出られないよぉ....///)」

可憐「うぅ~~....///」

のり子「馬鹿っ.....」

P「皆どうした。マズイことでもしたのか?」

瑞希「違うと思います。たぶん」プイッ

P「.....なぁ瑞希、どうして俺と目を合わせてくれないんだ?」

瑞希「なんでもありません」プイッ

P「俺の目を見てくれ」

瑞希「いえ、なんでもありません」プイッ

P「じゃ他の質問....耳が真っ赤だが、寒いのか?」

瑞希「.....みないでください。恥ずかしい。ぽっ」

P「?」



121: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 17:06:21.20 ID:PV3xFrQ70

ガチャ

美奈子「う~ん...今日一日の記憶が曖昧だなぁ...何か忘れてるような?」

P「おはよう、美奈子」

美奈子「あっプロデューサーさん!おはようござっ...」

美奈子「....」



ホワワワ


『美奈子.....お前、夜は激しいんだな』

『は、恥ずかしいです///』

『さぁ、一緒に朝を待とう....』

『はい....♪』


........チュンチュン...


『...おはよう、美奈子』


美奈子「思い出したー!!!」

奈緒「何をや」



122: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 17:09:17.89 ID:PV3xFrQ70

P「今日は皆やたらとテンションが高いな」

ひなた「どうしたんかねえ」

P「でもひなたは落ち着いてるな」ナデナデ

ひなた「ひゃっ」パッ

P「えっ.......」

ひなた「(.....恥ずかしいんだわあ///)」

P「ひな.....た.....?」ジワァ

茜「のわー!?プロちゃん違う違う!嫌だからとかじゃないと思うよきっと!」

P「あぁ.....茜~~!!」ダキッ

茜「わっ!?///ちょ、プロちゃ~ん!茜ちゃんが大好きだからって抱き着かなくても~!////」

昴「羨ましい....///」キュンキュン

ジュリア「でも今抱き着かれたりしたら...///」キュンキュン

歩「な、何かが起こる気がする...///」キュンキュン

翼「プロデューサーさん~、聞いてくださいよ~」ユサユサ

P「....おぉ、翼どうした」

翼「わたし、欲しいものがあるんです!」

P「答えられる範囲なら」

翼「子供♪」

P「」ドサッ

未来「私も!」

可憐「あ、あの......私もその.....////」

美奈子「あっ」

奈緒「どないした」

美奈子「蹴った」

奈緒「何がや」



123: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 17:12:01.00 ID:PV3xFrQ70

桃子「お兄ちゃんが息してない!」

まつり「じ、人工呼吸なのです!」

恵美「アタシがやる!」

風花「私がやる!」

莉緒「なんの!私もやるわ!」

エレナ「エレナだってやるヨ!」

茜「そこは茜ちゃんでしょ!」

志保「却下です。ご主P様の面倒はメイドの務めです」

翼「わたしもしたいよ~!」

ワタシモ!アタシモ!ワタシモワタシモ!

このみ「なら私が!」

全員「..............」

このみ「そこはどうぞどうぞでしょうがぁぁぁ!!!!」



124: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 17:22:48.07 ID:PV3xFrQ70

小鳥「まぁなんというか」




琴葉「それじゃあ恋人の私がやりますね」

奈緒「新婚がやるで!」

まつり「姫がやるのです!」

麗花「彼女がやるよ~♪」

美也「絶対やらせませんよ~」




小鳥「愛して愛されるって」




可奈「あっ」

星梨花「どうしました?」

可奈「プロデューサーさんが気絶してる今なら、既成事実が作れます!」

全員「盲点ッ!!!!!!」

茜「かっかれー!」

ワァァァァァァ!!!



小鳥「この上ない、最高の関係よね」



P「.....ん!?なっちょお前ら何して!?服を脱がすな!やめろ!!」




P「やめてくれぇぇぇぇぇぇ!!!!!」



125: ◆3R9GEH/ofI:2015/11/13(金) 17:23:22.71 ID:PV3xFrQ70

お付き合いありがとうございました・・・!



転載元
ミリP「シアター組魅力本です」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446907332/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月13日 18:18
          • あー恵美可愛すぎんよー
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月13日 18:41
          • この百合子とひなたを貰っていってかまいませんね?
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月13日 19:08
          • もー、駄目だなーこのPは。
            ほら杏奈、私と一緒にゲームしようねー
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月13日 19:13
          • 一部あっさりしてるのはあるけど特徴出ててよくできてる
            これを職場で書いて放置するのは危険だと思うけど
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月13日 19:31
          • 5 筆者のミリマス愛 尊敬するわぁ~
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月13日 20:00
          • これ腐鳥が書き足してないか?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月13日 20:02
          • 全員分書くとは素晴らしいミリマスPの鑑

            多少あっさりになっちゃった子もいるけど、全員分の魅力を詳しく把握するのはなかなか難しいし仕方ないね

            書ききったことを評価するべき
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月13日 20:19
          • 5 ありがとう>>1
            ありがとうミリオンライブ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月13日 20:40
          • で、この後は真打ちの765オールスターズとの一大決戦ね

            わかるわ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月13日 20:43
          • ありがてえ、ありがてえ…
            みんなかわええ…
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月13日 20:46
          • 5 この作者はそろそらASも加えた50人verを書くべき
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月13日 21:08
          • シアター全員とか嬉しすぎる作者乙!

            瑞希がかわいすぎるなこれ…淡々と照れるとかもうね
            のり子の照れ方も叫びながら全力で照れるのがのり子らしくて素晴らしい
            あとまつり朋花が登場してきたときの大物感が凄いw
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月13日 21:15
          • 5
            やるじゃない
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月13日 21:26
          • 1 アイドルとPが恋愛?論外ですな
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月13日 21:27
          • 37人みんなの特徴をキチンと捉えている・・・凄いな~尊敬します!
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月13日 21:49
          • ミリマスは相変わらず下半身がエロいなぁ
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月13日 21:57
          • やっぱり姫が一番なのです!…ね?
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月13日 22:05
          • 5 こういう安易なハーレムもの



            大好き
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月13日 22:24
          • 5 すばらしい。ミリPの鏡ですわ
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月13日 22:25
          • ほかはともかく昴くんはほんとにドチャシコ
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月13日 22:54
          • みんな特徴出てたし美也のヤンデレとか可能性を感じた、あと杏奈の乙女ストームがツボったわww作者さん本当に乙
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 00:39
          • みなさん。これがアイドルマスターです。アニメ以降恋愛はダメみたいな風潮がありましたが、これが正しいアイドルマスターなんですよ
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 00:52
          • みゃおみゃーのヤンデレこわすぎだろ
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 00:56
          • 4 後半に行くにつれてPが変態になってった…
            一言がちょっと余計だと思ったけど可愛ければ良し
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 01:02
          • ちょこちょこ爆弾ばらまいてるやんけ
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 01:03
          • 美奈子は間違いなく夜は激しいだろうな
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 01:06
          • 千鶴さんはお母さんっていうか奥さんだな
            確かに母性愛すごいけど
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 01:12
          • このPはわかってないな
            俺ならロコに甘えられた所でいったん突き放してしょげてるのを見て更に可愛がるぜ
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 01:21
          • 高槻さんは私が貰っていきますね
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 02:12
          • ※29
            環に発育で負けてるからって見苦しいぞ
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 03:24
          • これに触発されてモバマス版でやる人とかいんのかね…
            いたら尊敬するってレベルじゃない
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 03:29
          • AS組がPと積み上げてきた信頼を歴戦のオーラの如くまとって帰ってきてシアター組が戦慄する展開はまだですか
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 05:53
          • 恵美Pの俺、無事昇天
            あー恵美可愛すぎるんだよちくしょおおおおおおお!
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 09:11
          • ※30 歌唱力では上だから…(震え声)
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 10:17
          • 5 ありがとう!いやされました!
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 12:25
          • ※32
            春香「未来ちゃん、少し頭冷やそうか?」ニッコリ
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 19:54
          • >常に和やかで、怒ったことがないらしい。わかる。あの性格でヤンデレ、ちょっと見てみたい

            孤独のグルメっぽくてなんかわろた
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月14日 21:50
          • 天海さん、それ、管理局の白い悪魔や。どっちか言わなくても、律っちゃんの役回りやがな。
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月15日 00:57
          • 最後に恵美とは嬉しいな。
            恵美はマジ天然エロすぎるんよー
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月15日 12:08
          • もじもじ照れるエレナかわいすぎ
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月18日 03:57
          • 5 端的に申しますと最高でした
            お前がナンバーワンだ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【ミリマスSS】P「また新商品ですか?」音無小鳥「はい」
        • 【ミリマスSS】P「また新商品ですか?」音無小鳥「はい」
        • 【ミリマスSS】P「また新商品ですか?」音無小鳥「はい」
        • 【ミリマスSS】P「また新商品ですか?」音無小鳥「はい」
        • 【ミリマスSS】P「また新商品ですか?」音無小鳥「はい」
        • 【ミリマスSS】P「また新商品ですか?」音無小鳥「はい」
        • 【ミリマスSS】P「また新商品ですか?」音無小鳥「はい」
        • 【ミリマスSS】P「また新商品ですか?」音無小鳥「はい」
        • 【ミリマスSS】P「また新商品ですか?」音無小鳥「はい」
        • 【ミリマス】薄切り揚げ芋と優等生の堕とし方
        • 【ミリマス】薄切り揚げ芋と優等生の堕とし方
        • 【ミリマス】薄切り揚げ芋と優等生の堕とし方
        • 【ミリマス】薄切り揚げ芋と優等生の堕とし方
        • 【ミリマス】薄切り揚げ芋と優等生の堕とし方
        • 【ミリマス】薄切り揚げ芋と優等生の堕とし方
        • 【ミリマス】伊吹翼「太陽の彼女」
        • 【ミリマス】伊吹翼「太陽の彼女」
        • 【ミリマス】伊吹翼「太陽の彼女」
        • 【ミリマス】伊吹翼「太陽の彼女」
        • 【ミリマス】伊吹翼「太陽の彼女」
        • 【ミリマス】伊吹翼「太陽の彼女」
        • 【ミリマス】伊吹翼「太陽の彼女」
        • 【ミリマス】伊吹翼「太陽の彼女」
        • 【ミリマス】伊吹翼「太陽の彼女」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ

        ページトップへ

        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ