TOP

幼女「幼馴染の女の子・・・略して幼女だよ!」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 10:57:23.263 ID:0D8WR9yWM.net

男「何だ いきなり!?」

幼女「幼馴染は負けフラグって言うけどさ それって制作側の怠慢じゃないの?」

  「結局 王道を描き切る自信がないから 小手先の細工に走る・・・」

  「これを卑劣と言わずして何と言う! 恥を知れ!!」

男「こんな時間に 男の部屋に入り込んで来るお前こそ恥を知れ!」

 「訳の分からない戯言を捲し立てやがって・・・何のつもりだ?」



2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 10:59:29.078 ID:0D8WR9yWM.net

幼女「ええっと 近年の萌学における 幼馴染冷遇措置に対する抗議っていうか・・・」

男「全く分からん・・・そもそも萌学って何だよ?」

幼女「二次元コンテンツにおける キャラクターの魅力について 科学的見地から研究する専門学だよ!」

  「・・・誰が研究してるか知らないけど」

男「・・・それで?」



4:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:01:10.249 ID:0D8WR9yWM.net

幼女「最近 男ちゃんが冷たいのは 流行に踊らされてるせいじゃないかなーって」

男「どういう理屈だよ!」

幼女「だって男ちゃん 最近私の事 ちっとも構ってくれないんだもん!」

男「あのなあ いつまでもガキじゃないんだから 年頃の男女が疎遠になるのは 別におかしな事じゃないだろ?」

幼女「それはそうだけどさ・・・」



6:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:02:26.112 ID:0D8WR9yWM.net

男「分かったらさっさと帰れ・・・俺は忙しいんだ」

幼女「忙しいって・・・どうせオナ○ーぐらいしかしないくせに!」

男「女の子が オナ○ーとか口にするんじゃありません! はしたない!!」

幼女「オナ○ー! オナ○ー!! オナ○ー!!!」

男「やめんか 馬鹿たれ!」



7:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:04:10.189 ID:0D8WR9yWM.net

幼女「じゃあ遊んで?」

男「駄目だ これからオナ○ーするから忙しい!」

幼女「言い切った!?」

男「・・・男には 果たさねばならん務めがあるのさ」

幼女「やだ・・・男ちゃんカッコイイ」

男「納得したなら帰れよ」

幼女「・・・チッ これで勝ったと思うなよ」

男(面倒臭い奴だなあ・・・)



8:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:06:11.558 ID:0D8WR9yWM.net

― 音古野高校 放課後 -

男「・・・と いう事が昨日あってな」

 「大事なオナ○ータイムを邪魔されて 俺も息子も憤慨している訳ですよ!」

友「うるせえリア充爆発しろ!」

男「ちょっと待て 何でお前がキレてんだ!?」

友「深夜の自室に幼馴染が遊びに来るとかエロゲかよ!」

 「そんな自慢話を聞かされる俺の身にもなれ!!」



9:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:07:22.599 ID:0D8WR9yWM.net

男「おいおい 思春期男児の性欲を舐めるなよ? 日々のお勤めなくして平常心を保てるか!」

 「いい加減に年相応の慎みを身に付けてもらわんと 俺の理性が持たねえよ」

友「え? 何だって?・・・ふゥ やれやれだぜ」

男「うわー すっげえムカつく」



10:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:09:15.203 ID:0D8WR9yWM.net

女「ねえ・・・さっきから なに話してるの?」

男「ああ女 聞いてくれ」

 「幼女が毎夜 俺の部屋に忍び込んでは神聖なオナ○ータイムを邪魔しやがる」

 「おかげで 俺の怒りも股間も爆発寸前なんだ・・・ひどい話だろう?」

女「・・・違う意味でもひどい話だけど」

 「確かに若い男女が 深夜に部屋で二人っきりなのは問題だね」

男「そんな事はどうでもいい! オナ○ーを邪魔されるのが問題なんだ!!」

友「お前 清々しいな・・・」



11:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:11:12.276 ID:0D8WR9yWM.net

ギャル子「なんか盛り上がってんね・・・あたしも混ぜてよ」

男「・・・お前って 案外いやらしいな」

ギャル子「なにそれ ちょっと意味わかんない」

男「いや 俺たちはオナ○ー談議に花を咲かせていたんだ」

女「違う! 幼女ちゃんが男くんの部屋に 毎晩闖入してる事に物議を醸してたんでしょ!」

ギャル子「サイテー! 男の方がよっぽどいやらしいじゃん!!」

    「深夜に二人っきりで 一体なにやってんのさ!!」

男「もう 説明するのも面倒だから >>1から読んでこい」

ギャル子「・・・なるほど 男も苦労してるんだね」

男「わかってくれればいいんだ」



12:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:13:15.647 ID:0D8WR9yWM.net

ギャル子「じゃあさ おわびも兼ねて 帰りにどっか寄ってこーよ」

    「あたしバイト代入ったばっかで フトコロあったかいんだあ・・・おごるよ?」

友「え!マジで!? やったー!」

ギャル子「おめえじゃねえよ! すっこんでろ小僧!!」

友「ひいッ!? ごめんなさい!」

女「まあまあ ギャル子ちゃん落ち着いて」

 「男くん どう? ・・・私も遊びに行きたいな」

友「俺も!俺も!」

女「ごめん 今大事な話の途中だから しばらく黙っててもらえるかな」

友「・・・ひどい」



13:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:15:11.772 ID:0D8WR9yWM.net

男「みんな悪いな・・・今日はどうしても外せない大事な用事があるんだ」

 「悲嘆に暮れる我が息子を 一刻も早く慰めてやらねばならん・・・直訳するとオナ○ーだ!」

友「お前・・・こんな時間からおっぱじめるつもりか!?」

男「友よ 逆転の発想だ 深夜の営みを邪魔されるなら 明るい内に済ませておく・・・冴えてるだろ?」

友(なんでこんな オナ○ー野郎がモテるんだ?)



14:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:17:12.104 ID:0D8WR9yWM.net

友「・・・なんかムカつくな 殴っていい?」

男「別にいいよ? もちろんやりかえすけど」バキッ

友「痛え! 何でお前から殴ってくるんだよ!?」

男「フッ 悪いな・・・お前の殺気に 俺の中の『獣』が反応しちまったぜ・・・」

友「その年で厨二は いろんな意味で痛々しいぞ・・・ついでに俺は頬が痛い」

女「男くんカッコいい!」

ギャル子「ああ 男はちょっと子供っぽいぐらいでいいんだよ」

友(こいつら頭おかしい!? ・・・いや 俺の感覚がズレてるのか?)

 (だから 女の子にモテないんじゃあ・・・くっ 泣けてくるぜ・・・)



15:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:19:10.164 ID:0D8WR9yWM.net

男「ごめん友 泣く程痛かったか? 軽くしたつもりなんだけど」

友「・・・いや お前の拳が 俺の心に響いただけさ・・・いいパンチだったぜ」

ギャル子「うわっ コイツきもっ! 殴られてるのに 涙流して喜ぶ変態!!」

女「もしかして この後BL的な展開に? やだ素敵・・・じゃなくて不潔!!」

友(・・・涙が止まらない・・・ママン 心が痛いよ)



16:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:21:10.853 ID:0D8WR9yWM.net

― 洋叙野中学 放課後 ―

幼女「最近 男ちゃんが冷たいんだよ!」

友子「はいはい・・・だからって 深夜に男の部屋に上がり込むのはどうかと思うよ?」

幼女「えー 何で?」

友子「何でってあんた・・・まあ お子様には関係ないか」

幼女「むー レディに対して失礼な 友子ちゃんも冷たいよ!」



18:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:23:29.835 ID:0D8WR9yWM.net

友子「あーゴメンゴメン・・・そもそも 何で深夜に遊びに行くのよ?」

幼女「だって男ちゃん いっつも帰りが遅いんだもん」

   「でも 食事時や入浴中にお邪魔するのも失礼だし・・・」

友子(オナ○ーを邪魔する方が よっぽど失礼な気がする・・・)



19:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:25:11.829 ID:0D8WR9yWM.net

幼女「男ちゃんてば高校生になってから 学校の友達とばっかり遊んでさ・・・」

友子「あー ちょっと前まで ずーっと一緒だったもんね」

   「でもいいじゃん 来年からまた同じ学校でしょ?」

幼女「甘い! 甘いよ友子ちゃん!!」

   「コーヒーに砂糖を入れて飲むぐらい甘々だよ!!」

友子「普通じゃねえか」



21:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:27:37.194 ID:0D8WR9yWM.net

幼女「あっ そうか・・・なら 雪印のコーヒー牛乳に砂糖を入れて飲むぐらい甘いよ!」

友子「それは確かに甘そうだ・・・なんか胸やけしてきた」

幼女「一年もしたら 男ちゃんは彼女でも作って 私とは遊んでくれなくなるよ」

   「酷い・・・私との事は遊びだったんだね・・・」

友子「あんた・・・自分で何言ってるか分かってる?」

幼女「・・・なんかよく分かんなくなってきた」



22:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:29:18.228 ID:0D8WR9yWM.net

級友「ねえ幼女ちゃん そんな薄情な奴の事は放っておきなよ」

幼女「級友くん・・・」

級友「それより 今なら僕もフリーだよ・・・どうかな?」

幼女「お断りします」



23:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:31:13.898 ID:0D8WR9yWM.net

級友「ええっ どうして!?」

   「自分で言うのもなんだけど 成績優秀 スポーツ万能なイケメンなのに!」

   「一体・・・僕のどこが不満なんだい!?」

幼女「うん そうやって自分の優秀さを 鼻にかけて自慢してくる所かな」

級友「人格を全否定された!?」



25:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:33:17.909 ID:0D8WR9yWM.net

幼女「あと 男ちゃんのほうがカッコイイんだもん」

級友「トドメまで刺された!? うわーん 酷いよ!!」

友子「・・・あんたって全く容赦ないねー 級友くん 女子に結構人気なんだよ?」

幼女「そうなの? じゃあ 私なんかに声かけなくてもいいのに・・・」



27:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:35:32.543 ID:0D8WR9yWM.net

友子(それにしても・・・男さんが卒業してから 明らかに幼女に告ってくる男が増えたわね)

   (まあ 今迄 四六時中べったりだったからなあ・・・)
  
   (なんでこんな 乳も尻も頭も足りないお子様がモテるのかしら?)



28:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:37:55.210 ID:0D8WR9yWM.net

友子「・・・ねえ ちょっとムカつくから叩いていい?」

幼女「いいよ? 叩き返すけど」ペシッ

友子「痛っ! 何であんたから叩くのよ!!」

幼女「私ね 感じたの・・・とても強大で邪悪な念を! 見える・・・私にも見えるぞ!!」

友子「あんたね 厨二は去年の夏までに済ませときなさいよ」



29:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:40:14.779 ID:0D8WR9yWM.net

幼女「だって友子ちゃん とっても失礼な事考えてたでしょ? 顔に出てたよ」

友子「だからって叩く事ないでしょ!」

幼女「ごめんね・・・悪いと思ってないけど許して」

友子「あんたって ホントいい度胸してるわ」

幼女「やだな そんなに褒められると照れちゃうな・・・私 調子に乗っちゃうよ?」

友子「いや 褒めてねーし・・・今でも十分 調子に乗ってるじゃねーか この小娘」



30:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:43:16.537 ID:0D8WR9yWM.net

― 夕方 男の自宅  ―

男「ただいまー・・・母さん居るー?」

  「なんてな 今日は町内会の寄り合いで 夜まで帰って来ないんだよ!」

  「もー速攻でパンツ一丁になっても 誰にも文句を言われないぜ!」

  「ビバ マイルーム!」

  「おっといかん ちゃんと学生服を片付けておかないとな」テキパキ

  「右よし・・・左よーし! では気を取り直して・・・レッツ オナ○ータイム!!」



31:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:45:12.990 ID:0D8WR9yWM.net

幼女「うーん・・・あ 男ちゃんお帰りなさい」むにゃむにゃ

男「よッ 幼女!? 何で俺のベッドで寝てやがる!?」

幼女「えっと 男ちゃんの帰りを待ってたら ついウトウトしちゃって」

男「何でこんな時間に来るんだよ!」



32:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:47:17.936 ID:0D8WR9yWM.net

幼女「ふふっ・・・よくぞ聞いてくれました!」

   「深夜に行っても追い返される・・・なら早い時間に待ち伏せをかけようって計略さ!」

   「いわゆる逆転の発想・・・私って冴えてる?」

男「・・・」

幼女「・・・」



33:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:49:53.391 ID:0D8WR9yWM.net

幼女「えーと・・・男ちゃん 何でパンツ一丁なの?」

   「しかもフル○起してるし・・・」

   「・・・もしかして するの?」

男「・・・今日は帰ってすぐしようと思って 期待に胸と股を膨らませてたんだ」

幼女「・・・」

男「・・・」



34:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:51:28.882 ID:0D8WR9yWM.net

幼女「・・・」ヌギッ  

男「よっ幼女!? 何故に脱ぎ出す!?」

幼女「男ちゃんのパンツ姿を見ちゃったから 私も脱がないと失礼かなって・・・」

男「馬鹿 いいから服を着ろ!」



35:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:53:11.263 ID:0D8WR9yWM.net

男(落ち着け俺! 何 お子様の下着姿に興奮してんだ!!)

 (性欲盛んな思春期男児じゃあるまいし・・・いや 俺は性欲盛んな思春期男児だった・・・)



37:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:55:10.788 ID:0D8WR9yWM.net

幼女「ふつつか者ですが よろしくお願いします」

男「なに イッてんだよお前は!?」

幼女「・・・」

男「・・・」



38:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 11:57:16.809 ID:0D8WR9yWM.net

男「・・・ごめん 今のは下品すぎた・・・反省してる」

幼女「わかればよろしい」

男(・・・でも 今のでちょっと頭と亀頭が冷えた)← 反省してない

男「いいか よく聞け幼女」

幼女「はい」



40:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:00:14.360 ID:0D8WR9yWM.net

男「健全な思春期男児の性欲を舐めるな」

  「女と見れば 誰とでもヤりたくなっちまうお年頃なんだよ!」

  「・・・俺は お前とそんな浅い関係にはなりたくないんだ」

幼女「男ちゃん・・・」

男「それにお前だって 俺の事を 身近にいる年上の男性って色眼鏡で見てるだけだ・・・少し頭を冷やせ」

幼女「そんな事ない!!」

男「・・・何で断言出来るんだよ?」



41:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:02:14.720 ID:0D8WR9yWM.net

幼女「だって私は 男ちゃんが えげつねぇズリネタ使用してても 嫌いになんかならないもん!」

男「・・・ちょっと待て 何でお前が 俺の秘蔵のお宝を知ってる?」

幼女「さっき調べものしたいって おばさんに言ったら 男ちゃんのPC貸してくれたの」

男「何してくれてんの ウチの親!?・・・っつうか 調べものなんて自分のスマホでやれよ!」



42:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:04:11.336 ID:0D8WR9yWM.net

幼女「ちなみに調べものって 男ちゃんのズリネタ調査なんだけど」

男「ハハハ そいつァ一本取られたネ・・・人様のズリネタを調べるなんて 貴様は鬼か!」

幼女「大丈夫だよ安心して・・・男ちゃんが炉利輪○モノを大量所持してるの 警察には黙ってるから」

男「いやーッ! 聞きたくない!! 何でそんな悪趣味な事するのよ この人でなし!!」

幼女「えっとね 男ちゃんの好みのタイプが知りたくて・・・私 凌辱物のヒロイン目指して頑張るね!」

男「もうやめて! 男のHP(ヘンタイポイント)はとっくにゼロよ!!」



43:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:06:17.526 ID:0D8WR9yWM.net

幼女(・・・男ちゃんが 燃え尽きた白い灰みたいになってる・・・)

   (私・・・酷い事しちゃったの?)

幼女「ごめんね男ちゃん・・・今日は帰るね」

男「・・・」



44:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:08:11.767 ID:0D8WR9yWM.net

男「・・・」







男「・・・ククク イッたか?」

  「甘いな幼女 まんまと俺の演技に騙されおって」

男(・・・演技だよ! 泣いてなんかない!!)



45:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:10:11.514 ID:0D8WR9yWM.net

男「さーて 邪魔者がいなくなった所で オナ○ータイムと洒落込みますか!」

  「大体俺は変態じゃねえっての 少々他人と性的嗜好が異なるだけだ!」

  「では気を取り直して・・・」

  「・・・」

男(・・・あれ? あれれ!?・・・変だな?)



46:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:12:09.964 ID:0D8WR9yWM.net

― 翌日 音古野高校 早朝 ―


女「男くん おはよう・・・って一体どうしたの!?」

男「おはよう女・・・何か変?」

女「凄いよ男くん・・・まるで悟りを開いた 聖者みたいに輝いてる!」



47:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:14:10.907 ID:0D8WR9yWM.net

男「ああ なんかスゲースッキリした」

  「完全に目が覚めた・・・いや解放されたって感じかな?」

  「super(超)great(偉大な)intelligence(知性的)賢者タイム」

  「略してすごい賢者タイム!」

  「今なら 人類史にその名を刻む 偉業を成し遂げる事さえ出来そうだ」



48:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:16:12.179 ID:0D8WR9yWM.net

友「おはよう男・・・って どうしたお前!?」

男「おはよう友・・・なあ 人は何故生きるんだろうな?」

  「果たせぬ願いを子に託し 数多の遺志が世界の在り様を変えていく・・・」
 
  「そうして幾星霜の時を重ねた果てに ヒトは大いなる御許へと還ることを許されるのだろうか?」




友「・・・コイツどうしちゃったの? 何か悪いものでも喰ったのか?」

女「分かんない・・・私もさっき会ったばかりだし」



49:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:18:14.683 ID:0D8WR9yWM.net

ギャル子「おっはよー みんな元気? あたしは今日も元気だよ!」

男「おはようギャル子・・・今日も可愛いな」

ギャル子「!? なッ なに言ってんのよもー!」

女「男くん 熱でもあるんじゃ・・・」

友「お前・・・頭は大丈夫か? 正気に戻れ」

ギャル子「おい小僧! サラっと失礼な事言ってんじゃねーぞ!!」

友「すッ すいません 失礼しました姐さん!」

ギャル子「誰がアネさんだ!!」



50:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:20:10.161 ID:0D8WR9yWM.net

男「ははっ 君達そろそろHRの時間だ 席に着きたまえ」

友「・・・」

女「・・・」

ギャル子(・・・男に可愛いって言われちゃった///)



51:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:22:10.174 ID:0D8WR9yWM.net

― 洋叙野中学 昼休み ―



友子「・・・んで 男さんのオナネタを無断閲覧した挙句 フル○起パンツ姿を拝見して おまけに自分の下着姿を晒してきたって訳ね・・・」

幼女「・・・うん」

友子「馬鹿だ馬鹿だとは思ってたけど ここまで馬鹿とは思わなかった・・・あんたは馬鹿の世界王者だわ」



52:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:24:10.995 ID:0D8WR9yWM.net

幼女「ひどいよ友子ちゃん そこまで言わなくていいじゃんか!」

   「せめて クイーン・オブ・フール《愚者の女王》とかカッコいい呼び方にして!」

友子「うわっ ダサッ! つーか お前余裕あんじゃねーか」

幼女「そんな事ない! 胸が痛くて苦しいよ・・・」

   「・・・男ちゃんに嫌われたらどうしよう」



53:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:26:13.083 ID:0D8WR9yWM.net

友子(男さんが この馬鹿娘を嫌ったりする事は無いと思うけど 今回はちょっとまずいわね 色々と・・・)

   (ここは親友として どうするのが正しいのかしら?)

→ ①勿論二人の仲を取り持ってあげるのが人の道

   ②面白いからこのまま放置して事の成り行きを見守る



54:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:28:10.679 ID:0D8WR9yWM.net

友子「いい幼女? この件は私と兄ちゃんが何とかしてあげる」

   「だからあんたは 少し頭を冷やして反省しなさい」

幼女「友子ちゃん・・・」



55:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:30:10.755 ID:0D8WR9yWM.net

友子「しばらくは 男さんの部屋に行っちゃダメよ?」

幼女「・・・うん 一晩たったら 急に恥ずかしくなって どんな顔して男ちゃんに会ったらいいのか 分かんなくなっちゃった」

友子(・・・あのアホ子がしおらしくなってる)

   (これはマジでヤバイかも・・・)



56:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:32:10.897 ID:0D8WR9yWM.net

― 夕方 友の自室 ―



友子「・・・という訳なんだよ兄ちゃん!」

友「妹様・・・大変恐縮ながら 入室の際は 応答を窺ってからにしていただけないでしょうか?」

友子「なんで? あたしと兄ちゃんの仲じゃん」



57:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:34:10.821 ID:0D8WR9yWM.net

友「妹様も来年より高校生・・・学生生活を営まれる上で 最低限の礼儀作法や嗜みを身に付けられた方が宜しいかと思い 誠に僭越ながら進言させて頂いた次第に御座います」

友子「兄ちゃん何言ってんの?」



59:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:36:10.842 ID:0D8WR9yWM.net

友「頭の悪いお前にも分かりやすく説明するとだな 人の部屋に入る前にはノックしろってんだよ!」

友子「ケッ 小僧が一丁前に色気付きやがって・・・」

   「何がノックだ! テメエのドタマをバットでノックしてやんぞ!!」

友「・・・」

友子「あ・・・怒った? 人間ちっさ!・・・嘘だよ兄ちゃん」

友(このガキ・・・いつか犯す!)



60:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:39:38.919 ID:0D8WR9yWM.net

友子「それより二人が大変なんだってば!」

   「ついに幼女がやらかしたの! 何とかフォローしてやんないと!!」

   「男さんは今日 どんな感じだった?」

友「そういやあいつ 朝から様子が変だったな・・・」



61:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:41:11.824 ID:0D8WR9yWM.net

友子「・・・変って どんな風に?」

友「えーと いきなり世界平和とか人類の未来について語り出しやがった」

友子「何それ? 訳わかんない!」

友「俺だって分かんねえよ!」



62:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:43:10.352 ID:0D8WR9yWM.net

友子「んー とりあえず 怒ってはいなかったのね?」

友「どっちかって言うと 上機嫌だった気がする・・・ハイテンションで」

友子「じゃあ兄ちゃんは 男さんにそれとなく探りを入れといて」

   「私は幼女を慰めつつ 軽率な行動を控えるように促すから」



63:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:45:19.313 ID:0D8WR9yWH.net

友「えー めんどくさいなー」

友子「兄ちゃん・・・親友のピンチに 何その態度!」

   「そんなだから女の子にモテないんだよ!!」

友「おっ お前! 言っていい事と悪い事があるぞ!!」

友子「じゃあ やってくれるよね?」



64:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:47:10.601 ID:0D8WR9yWM.net

友「人の恋路を手伝うほど 俺は愛に恵まれてないんだよ!」

友子「兄ちゃん・・・幼女と男さんは 大事な友達じゃないの?」

友「だってあいつ 学校で女の子にキャーキャー言われてんだぜ ムカつくじゃん」

友子「兄ちゃんだって キャーキャー言われてるじゃん・・・キモいって」

友「実の兄に対してこの暴言! もー怒った!! 絶対手伝ってやんねえ!!!」



65:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:49:12.596 ID:0D8WR9yWM.net

友子「悪かったってば・・・機嫌直してよ」

友「いーや激高するね! 学校では馬鹿にされ 家では妹に虐待される毎日・・・もう耐えられない!!」

 「父さん母さん・・・先立つ不孝をお許しください」

友子(あー うぜえ・・・仕方ないなぁ)



66:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:51:10.715 ID:0D8WR9yWM.net

友子「分かったよ兄ちゃん・・・パンツ見せたげるから元気だしな」ピラ

友「おッ お前! 何考えてんだ!?」

友子「元気でた?」

友「あ はい」

友子「じゃあ 見た分は働いて・・・タダ見は駄目だよ?」

友「・・・しょうがねえなあ」



69:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:53:11.180 ID:0D8WR9yWM.net

― 深夜 男の自室 ―



男「・・・ふう 俺は一体どうしてしまったんだ?」

男(結局昨日は 秘蔵のエロネタに全く反応しなくなってしまった・・・)

 (代わりに 幼女の下着姿が目に焼き付いて離れなくなって ついそれで抜いてしまった)

 (人生で 一番大量に放出したかも・・・)



70:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:55:32.056 ID:0D8WR9yWM.net

男「・・・これって やっぱりアレか?」

  「俺は 幼女の事が・・・」

男(待て 結論を早まるな!)
 
  (性欲と愛情は別物・・・取り合えず性欲を発散させてから 冷静に思考するべきだ)



72:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 12:58:11.600 ID:0D8WR9yWM.net

男「・・・駄目だ やっぱり反応しない」

  「それでは 幼女の下着姿を脳内再生して・・・」











男「我思う 故に我あり」





74:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:00:09.956 ID:0D8WR9yWM.net

男(いかん・・・瞬時に ハイパー賢者モード《明鏡止水の心》が発動してしまった)

  (とりあえず幼女に謝っておこう)

男「ごめん幼女・・・でも ありがとう」

  「さて この曇り無き真冬の夜明け空の如く 凪いだ心で 思考に専念するとしよう」



75:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:02:10.767 ID:0D8WR9yWM.net

男(しかしこうしてみると 性欲が如何に 普段思考の妨げになってるかよく解るな)

  (この状態を保つ技術を開発すれば 人類の文明は一気にチンポ・・・もとい進歩するんじゃないか?)

  (いや・・・成熟した先進諸国の出生率低下と 混沌とした途上国群の人口増加を省みるに 一概に断言は出来ない)

  (何事もバランス・・・そう考えれば得心がいく)



76:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:04:30.393 ID:0D8WR9yWM.net

男「では考えよう 俺は幼女の事をどう思っている?」

→ ①好き

   ②嫌い

男(まあ 好き嫌いでいえば①だな)



77:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:06:09.596 ID:0D8WR9yWM.net

男「では次・・・俺は幼女に」

→ ①欲情している

   ②誰があんなお子様に欲情するか!

男(これも①だな たった今しがた抜いたばかりで 否定しようがない)



78:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:08:12.362 ID:0D8WR9yWM.net

男「俺が虹炉利輪○陵辱モノに癒しを求めるのは 幼女にそういう事をしたいという代償行為なのか?」

  ①その通り 俺は幼女を滅茶苦茶に犯したい

  ②いやそんな事はない

男(難しい・・・確かに幼女にそういう事をする妄想で 激しく性的興奮を覚える)

  (だが俺は 幼女の泣き顔なんて見たくない・・・ずっと笑顔でいてほしい)



79:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:10:11.467 ID:0D8WR9yWM.net

男「そういえば 今日はあいつ来ないな・・・」

  「いや 来られても どう接していいか分からず困るんだが」

 




  「・・・幼女が俺の部屋に来ないのって 高校になってから初めてじゃないか?」



80:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:12:10.948 ID:0D8WR9yWM.net

男(よく考えてみると 卒業してから ずっと幼女と遊んでないな・・・)

  (毎日顔を合わせてたけど そんな事にも気付いてなかった)

  (・・・ちょっと前まで 何をするにも一緒だったのに)








男「俺は・・・」



81:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:14:10.127 ID:0D8WR9yWM.net

― 翌日 音古野高校 早朝 ―



女「おはよう男くん・・・なんか元気ないね」

男「おはよう女・・・そう見えるか?」



女「うん・・・昨日はあんなに元気だったのに」



82:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:15:18.978 ID:0D8WR9yWM.net

男「そっか・・・俺は元気がないのか」

男(たった一日 幼女と会ってないだけなのに・・・)

女「本当に大丈夫?」

男「・・・」



83:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:16:10.711 ID:0D8WR9yWM.net

ギャル子「おっはよー二人とも!・・・男ってば どうしたの?」

女「んー なんだか元気ないみたい」

ギャル子「・・・どれ お姉さんが相談にのってあげよう」

      「あたしに話てみ?」

男「お前って 結構カワイイよな・・・スタイル良くて 面倒見もいいし・・・」

ギャル子「ちょ ちょっと!? どうしちゃったの? 変だよ男!!」



84:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:18:12.389 ID:0D8WR9yWM.net

男「・・・なのに 全く欲情しないのは何故だろう?」

ギャル子「なっ なんて失礼なヤツ!」

      「あたしをからかって遊ぼうっての?」

男「いや 俺は至って大真面目だ」

ギャル子「なお悪いわ! 何なのコイツ!?」

      「昨日も変だったけど 今日は輪を掛けて酷くなってない?」

女「それが さっきからこの調子なの・・・心ここに在らずっていうか」



85:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:20:09.913 ID:0D8WR9yWM.net

― 昼休み 教室 ―



友「なあ男・・・ちょっといいか?」

男「なんだよ 改まって?」

友「ここじゃなんだから 場所変えないか?」

男「・・・いいけど なんか大事な話なのか?」

友「んー まあ・・・それも含めて あんまり聞かれたくないんだよ」

男「別にいいけど・・・」



86:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:22:15.170 ID:0D8WR9yWM.net

女(・・・ひょっとして 友くんが男く○に告白!?)

  (昨日 何かあったのかしら?)

  (でもそう考えると 男くんの様子が変だったのも納得だわ・・・)

女「きっと あんな事やこんな事・・・あまつさえ そんな事まで色々あったのね!」

  「駄目よ 男同士でそんなの・・・一体 どっちが受けなの? いやらしい!!」

ギャル子「いやらしいのはオメーだ この腐り姫!」ペシッ



87:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:24:10.665 ID:0D8WR9yWM.net

女「ちょっとギャル子ちゃん・・・今いいところなんだから邪魔しないで!」

  「ああ イッちゃった・・・んもう! 早く追いかけないと!!」

ギャル子「よしなよ女」

女「何よ・・・ギャル子ちゃんは気にならないの?」

ギャル子「そりゃ気になるけど わざわざ場所を変えるって事は 人に聞かれたくない話なんだろ?」

      「覗きに行くのは良くないよ」

女「それはそうだけど・・・・」



89:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:26:13.048 ID:0D8WR9yWM.net

― 特殊教室 踊り場 ―



男「なあ・・・一体何の話だ?」

友「えーっと・・・お前 今気になってる娘はいるか?」

男「はあ!? なんだよイキナリ? キャラ違うぞお前」

友「いいから茶化さず答えろよ! どうなんだ?」



男「まあ・・・いるよ」



90:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:28:11.640 ID:0D8WR9yWM.net

友「そっ そうか・・・意外だな」

男「この年頃なら 別に意外でもねえだろ・・・で 何でそんな事聞くんだ?」

友「いや・・・パンツが妹と約束してな」

男「何言ってんだお前?」

友「悪い・・・忘れてくれ」



91:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:30:12.681 ID:0D8WR9yWM.net

友「じゃあ 幼女ちゃんの事はどう思ってる?」

男「・・・何で幼女が出てくるんだよ?」

友「だってお前 幼女ちゃんにオナ○ー邪魔されるって 散々ぼやいてたじゃないか」



男「・・・わかんねえ」

友「分からない?」



92:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:32:09.689 ID:0D8WR9yWM.net

男「なあ・・・俺たちずっと 一緒につるんでたよな? ついこの間まで」

  「それが高校に進学して 疎遠になって 今まで通りの関係が崩れても それが自然な事だと思ってた」

  「いつまでも 子供じゃいられないってさ・・・」

  「でも一方で 今まで通りの関係を続けたいと思ってる気持ちもあって 幼女が変わらずいてくれるのが嬉しくもあったんだ」

  「それって悪い事なのかな?」

友「・・・」



93:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:34:12.212 ID:0D8WR9yWM.net

友「男・・・一つだけ言わせてもらっていいか?」

男「何だよ?」

友「そんなの 俺みたいな非モテ男に分かるわけねえだろ!!」

男「おっ 落ち着け!」

友「いーよなあ お前は女の子に持て囃されて! だからそんな贅沢な悩みが出来るんだよ!!」

男「おい・・・いい加減にしないと怒るぞ」



94:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:36:13.114 ID:0D8WR9yWM.net

友「はあ!? 怒ってんのはこっちだっての!!」

  「結局お前は いつまでも決断せずに 曖昧な関係を続けたいだけじゃねえか!」

  「誰かを選ぶ事もせず ぬるま湯みたいな心地よい状態を ずっと維持していたいんだろう?」
 
  「俺には振り向いてくれる女の子すらいないのに お前こそふざけんな!!」

男(そうか!?・・・俺は今の関係を壊したくなくて 幼女の気持ちを知りながら ずっと誤魔化してきたんだ)

  (それであいつが どんな思いをしてるかなんて 全く考えずに・・・最低だな 俺は)



95:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:38:10.588 ID:0D8WR9yWM.net

友「はあ はあ・・・」

男「・・・友よ ありがとう」

友「は?」

男「確かに お前の言う通りだな・・・」

友「男・・・」

男「お前には 振り向いてくれる女の子なんていないもんな」

友「ぐはッ! そっちかよ!?」

男「冗談だ・・・そのうちきっと お前の魅力を分かってくれる娘が現れるさ」

友「男・・・」



97:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:40:15.279 ID:0D8WR9yWM.net

女「ねえ ギャル子ちゃん・・・聞こえる?」

ギャル子「んー ちょっとここからだと無理かなあ?」

女「じゃあ 服を脱いだり脱がせたりとか 始まった?」

ギャル子「・・・いい加減にそっちから離れろ」

      「まあでも・・・男の友情ってのも悪くないね」

女「ええっ ギャル子ちゃんも 遂に此方側に開眼してくれたの? 嬉しい!」

ギャル子「違うっての・・・同好の志を募りたいなら 他を当たりな」



98:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:42:11.829 ID:0D8WR9yWM.net

― 夕方 幼女の自宅 ―



幼女母「ごめんなさいね 男くん・・・あの子 ちょっと気分が悪いみたいで」

男「いえ わかりました・・・それじゃあ お大事に」

幼女母「・・・」

     「ちょっと幼女! 本当によかったの? せっかく男くんが来てくれたのに!!」

幼女「いいの! 私は気分が悪いんだよ!!」

幼女母「・・・はいはい 分かりました」

幼女(今は 男ちゃんと会えないよ・・・)



99:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:44:12.080 ID:0D8WR9yWM.net

男「やっぱり仮病だったか・・・」ガラガラ

幼女「お 男ちゃん!? 何で!?」

   「レディの部屋に 窓から入って来るのは失礼だよ!!」

男「どの口で そんな戯言をほざきやがる!」

  「俺の部屋に 散々無断侵入したのは何処のどいつだ!!」

幼女「・・・えっと 男の子と女の子は違うの!」

男「生憎俺は 男女平等主義でな・・・却下だ」



100:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:46:11.145 ID:0D8WR9yWM.net

幼女「男ちゃん・・・一体 何しに来たの?」

男「幼女・・・大事な話がある」

幼女「ヤダ! 聞きたくない!!」

男「駄目だ 聞いてくれ!」

幼女「嫌だよ! 絶対に聞かない!!」








男「・・・これから お前に告るって言ってもか?」

幼女「・・・え?」



101:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:48:10.307 ID:0D8WR9yWM.net

男「なあ幼女・・・俺 あれから色々考えたんだ」

  「俺にとってのお前の存在・・・それから自分の気持ち・・・」

  「一人じゃ答えを出せなかったけど 背中を押してくれた奴もいる」

幼女「・・・それって 友くん?」

男「・・・まあ そうだ」

  「何遍も考えて 辿り着いた結論だ」



102:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:50:14.100 ID:0D8WR9yWM.net

男「好きだ! 俺と付き合ってくれ!!」

幼女「男ちゃん!?・・・嘘だよ そんなの」

男「こんな時に 嘘なんてつくもんか!」

幼女「だって私は 発育不良のちんちくりんだよ?」

男「安心しろ 俺はちっちゃい子が大好きだ!」






幼女「・・・でも・・・信じられない」



103:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:52:12.971 ID:0D8WR9yWM.net

男「仕方ない・・・これだけは言いたくなかったんだが」

  「実はあの日以降 ずっとお前の下着姿で抜いてたんだ!」

幼女「・・・え?」

男「二人だけの秘密だぞ?」

幼女「あはっ・・・ あははっ・・・何それ ひどい」

   「男ちゃん 最低の告白だよ・・・でも 嬉しい」

男「よかった・・・ようやく笑ってくれたな」

幼女「男ちゃん・・・」



104:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:54:44.013 ID:0D8WR9yWM.net

友子「うう・・・ええハナシや・・・」グスッ

男「友子!? 何でここに!?」

友子「何でって 傷心の幼女を慰めてただけですけど?」

   「でもって 今トイレから戻って来たの」

男「・・・ひょっとして 大きい方か?」

友子「ほう・・・男さん? 私にそんな口をきいていいんですかねえ?」

   「とっくに小さい方を済ませた私は 部屋の前で何をしてたと思います?」

男「お前・・・まさか・・・」



105:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:56:25.487 ID:0D8WR9yWM.net

友子「ええ・・・男さんの一世一代の大告白を 最初から最後まで 一字一句余すところ無く完全に拝聴させて頂きました!」

男「ノオ!? マジか!?」

友子「ついでに録音しちゃった」

男「オウフ!?」

スマホ『幼女・・・好きだ! お前で・・・抜いたッ!!』

友子「更に 編集加工してみましたw」

男「消せッ! 今直ぐ消せ!! 跡形もなく!」

友子「おやおや・・・まだ ご自分の立場を理解されていない・・・と?」

男(くッ・・・なんて卑劣な!)



106:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 13:58:12.414 ID:0D8WR9yWM.net

男「友子様・・・私めが愚かで御座いました」

  「どうか我が無礼・・・平にご容赦くださいませ」

友子「うむ 赦してつかわす・・・苦しゅうないぞ 面をあげい」

男「はッ・・・ありがたき幸せ!」

友子「では これより裁きを申し渡す!」

   「ファミレスでスイーツ食べ放題じゃ!・・・もちろん 男さんの奢りでね!」

男「えーと・・・コンビニじゃ駄目?」

友子「ダメです」

男「そんな・・・ひどい」



107:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 14:00:12.695 ID:0D8WR9yWM.net

友子「・・・昔みたいに みんなで行こうよ」

   「いっつも イベント後の打ち上げは あそこでしてたじゃない」

   「男さんの告白成功と カップル成立のお祝い・・・いいでしょ?」

男「友子・・・」

友子「あと もう一つ」

男「まだあるのか!?」



108:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 14:02:11.259 ID:0D8WR9yWM.net

友子「幼女が望んだ時には ちゃんと言葉で『好きだ』って 言ってあげて」

   「それを約束してくれるなら スマホのデータは消してあげます」

男「・・・分かった 約束する」

友子「だってさ・・・よかったね 幼女!」

幼女「ありがとう・・・全部 友子ちゃんのおかげだよお」グスッ



109:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 14:04:10.315 ID:0D8WR9yWM.net

友子「馬鹿だね あんたは・・・」

   「男さんが幼女の事を好きでなきゃ 私や兄ちゃんが何を言っても意味ないよ」

   「だから もっと自信を持ちな」

幼女「うー・・・でも でも」

友子「わかったから・・・もー 泣くなってば」

幼女「うん・・・でも 嬉しい時は泣いてもいいって 漫画で読んだよ」

友子「へー・・・どんなの?」



110:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 14:06:11.769 ID:0D8WR9yWM.net

エロ漫画『げへへ・・・口では嫌がっても 下の方は嬉し涙を流してやがる』

男「おい! 俺のエロ漫画じゃねえか!!」

友子「男さん・・・幼女になんてもの読ませてるんですか!?」

男「待て! 濡れ衣だ!! むしろ 俺は被害者で・・・」

幼女「男ちゃんてば最低だよ!」

男「ちょ ちょっと待て お前!!」

幼女「・・・えへへ」

男(・・・まあ いいか)



112:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 14:08:13.049 ID:0D8WR9yWM.net

― 翌日 音古野高校 ―



友「それで! 何で俺だけハブるんだよ!!」

男「すまん友よ・・・悪気はあったが許してくれ」

友「あったのかよ!?」

男「うるせえ! おまえの妹にたかられて 俺の財布じゃ三人分が限界だったんだ!!」

 「恨むなら 食い意地の張った 自分の妹を恨むんだな!」

友「逆ギレかよ!?」



113:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 14:10:11.913 ID:0D8WR9yWM.net

男「・・・大体 友子がお前を呼ばなかったのは 自分の食い分が減るからだぞ」

友「意地汚い妹ですまん」

男「いや お前も苦労してるんだな」

友「分かってくれるか?」

男「ああ もちろんだ!」

  「いつか二人で あいつをギャフンと言わせようぜ!」

友「男・・・ありがとう」

男(チョロいなあ コイツ・・・)



115:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 14:12:10.495 ID:0D8WR9yWM.net

友「・・・それにしても お前と幼女ちゃんがねえ」

男「意外か?」

友「逆だよ 順当過ぎて・・・でも もっと時間がかかると思ってた」

男「正直・・・今回の件がなければ そうだっただろうな」

  「・・・あいつ お子様だし」



116:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 14:14:09.988 ID:0D8WR9yWM.net

友「お前・・・」

  「ひょっとして もう幼女ちゃんと Hな事したんじゃないだろうな!?」

男「馬鹿野郎! ここは紳士淑女の集うVIPだぞ? そんな不埒な真似が許されると思うなよ!!」

友「オナ○ーはいいのか?」

男「それは紳士の嗜みだ!」

女(そして BLは淑女の嗜み・・・)

男「!?・・・今 何か変なの聞こえなかった?」

友「いや 別に?」

男(・・・気のせいか?)



117:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 14:16:10.783 ID:0D8WR9yWM.net

友「でもその調子だと 彼女を作るのはお前の方が早かったけど 童貞卒業は俺の方が早そうだな」

男「ははっ 中々面白い冗談だ・・・寝言は寝てから言え この小僧! 身の程を弁えろ!!」

友「ごっ ごめんなさい! 図に乗りました!!」

男「おいおい 冗談だよ・・・本気になるな」ニッコリ

友(嘘だ! 俺の中の『獣』(小動物)が ヤツの殺意に反応した!!)

  (殺気だけで 俺をチビらせるとは・・・男・・・恐ろしい子!)



118:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 14:18:10.480 ID:0D8WR9yWM.net

男「全く・・・使う相手もいない小僧が いきがりおって・・・」

友「お前・・・親友に対して酷くない?」

男「何言ってるんだ? 親友だからこそ こうして本音で語り合えるんじゃないか」

友「そうか・・・そうだよな!」

男(本当にチョロいなあ コイツ・・・)



119:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 14:20:29.293 ID:0D8WR9yWM.net

― 夕方 男の自宅 ―



男「ただいまー」

幼女「おかえりなさい 男ちゃん!」

男「幼女・・・何故ここに居る?」

幼女「男ちゃんが帰って来るのを待ってたの! ねえ 早く遊ぼうよ!!」

男「答えになってねえ!」

幼女「ゲームしよゲーム! 私・・・男ちゃんと対戦するの 久しぶりだな・・・」

男「・・・しょうがねえなあ」



120:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 14:22:13.700 ID:0D8WR9yWM.net

幼女「・・・」

男「・・・」

幼女「・・・ねえ 男ちゃん」

男「なんだ?」

幼女「えっちなこと したい?」

男「・・・そりゃあしたいけど」

幼女「いいよ 私なら」

男「・・・ばか お子様が無理すんな」

幼女「男ちゃんだって 無理してるでしょ?」



121:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 14:24:11.741 ID:0D8WR9yWM.net

男「ふっ 舐めるなよ?」

  「伊達に オナ○ーマスター《光速の自慰王》の異名で 呼ばれてないぜ?」

  「脳内に保存された下着姿があれば 俺は あと十年は戦える!」

幼女「凄いよ男ちゃん・・・カッコイイ!」

男「それにまだ 警察のご厄介になるつもりはないからな」

  「せめて 合法の年齢になるぐらいまでは我慢するよ」



123:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/11/08(日) 14:26:24.922 ID:0D8WR9yWM.net

幼女「じゃあ・・・ハグして ちゅーは?」

男「・・・まあ それぐらいなら」

幼女「・・・ん」

男「・・・」











母(どうしましょう・・・完全に中に入るタイミングを逃したわ・・・)

 (とりあえず 今晩はお赤飯炊かなきゃ!)



おわり



転載元
幼女「幼馴染の女の子・・・略して幼女だよ!」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1446947843/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (26)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月08日 16:34
          • 1 気持ち悪いです…
            苦手です…
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月08日 16:47
          • 1 ※1  同意だ(°ω°)
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月08日 16:51
          • 1
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月08日 16:55
          • 1 救いはないね
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月08日 17:08
          • あ、それカンです
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月08日 17:43
          • ※5 麻雀かな?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月08日 17:46
          • ※5
            上手い! クソワロタwww
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月08日 17:49
          • 句読点を使うと死ぬ病気かな?
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月08日 18:16
          • 誠っぽい
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月08日 19:09
          • 何でか低評価だな
            俺はこういう欲望をぶちまけた、女の子スリスリするようなのが好きなんだが
            みんなもっと話にダイブしてかなきゃダメよ
            それとも妄想力が足りないのかな?まぁいいけど
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月08日 19:26
          • ※10
            作者かな?つまんないから帰っていいよ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月08日 19:57
          • さきにここみてよかったよ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月08日 21:02
          • ※10
            文にクセが有りすぎて読みづらく、雑談場面すら都合の良い妄想をハーレムもののテンプレにぶちまけたようなものに対して妄想力とか言われましても
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月08日 21:26
          • まず読みにくいんだよね
            その上つまらないってもく…
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月08日 22:26
          • ここのコメ自演多くない?1、2、3、4、11全部同じ人じゃん
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月08日 22:29
          • ※15
            批判したらみんな同じ人なんですね分かります
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月08日 22:51
          • ※15
            自演の意味を調べてから※しろ間抜け。
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月09日 00:41
          • ※15
            仮にそれら全部除いても不評なのには変わりないぞ
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月09日 03:03
          • やっぱり自演かぁ…わかりやす過ぎるわ 次はもっと頑張れよ
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月09日 03:16
          • ※19
            人の言ってることが理解出来てないとか、もしかして文字が読めない?

            小学校辺りからやり直してみてはいかがですか?
            今さら勉強し直すのも恥ずかしいでしょうけど、その状態のままでいる方が生き恥を晒し続けるわけですから早めに勉強し直すことをオススメしますよ?
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月09日 04:41
          • とりあえず読んだけどクソつまらんわ。これ
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月09日 09:44
          • とりあえずここの※欄キモイ
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月10日 01:27
          • ---------------ここまで全部自演-------------------
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月10日 18:59
          • 貧乳の時点でヒロインの資格なし
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月11日 23:29
          • ※20
            はいはいw お前はもっと自演のスキルを学ぼうな小学生w
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月26日 20:01
          • 自演ども、ジ・エンドだ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 久々に会った友人「ハサウェイって知ってる?」
        • 幼ワイ「マッマの誕生日なに渡そうかなぁ」
        • 彡(゚)(゚)「あー…帰りにアレ買わないとな、覚えとこ」
        • 彡(゚)(゚)「あー…帰りにアレ買わないとな、覚えとこ」
        • 彡(゚)(゚)「あー…帰りにアレ買わないとな、覚えとこ」
        • 彡(゚)(゚)「あー…帰りにアレ買わないとな、覚えとこ」
        • 彡(゚)(゚)「あー…帰りにアレ買わないとな、覚えとこ」
        • 彡(゚)(゚)「あー…帰りにアレ買わないとな、覚えとこ」
        • 彡(゚)(゚)「あー…帰りにアレ買わないとな、覚えとこ」
        • 彡(゚)(゚)「あー…帰りにアレ買わないとな、覚えとこ」
        • 彡(゚)(゚)「ワイらがジャンプで連載するやと?」
        • 美少女「部屋に誰か知らない人がいる…」俺「>>4(ここ俺の部屋なんだけど)」
        • 美少女「部屋に誰か知らない人がいる…」俺「>>4(ここ俺の部屋なんだけど)」
        • 【龍が如く】春日「よっしゃぁ!行くぜサイゼリヤッ!」
        • 【シャニマス】芹沢あさひ「分かんないっす」
        • 俺「>>3(俺)っておかしくね?」
        • 男「まさか妹が>>3(兄の盗撮)してるなんてなあ」ニチャア
        • 男「YouTubeで再生数稼げるっていうから犬飼ったけど稼げねえから捨てるわw」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ