TOP

武内P「特技は”オトコプター”です。」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/08(木) 20:57:42.73 ID:b9cHRGLa0

凛「え……何それ?」

未央「オトコプター?」

莉嘉「ねえねえまたやってよー!オトコプター!」

みりあ「わー、みりあも混ぜてー!」

仁奈「回って風の気持ちになるですよー!」

武内P「では、実際にやりながら説明します。まず両腕を水平に広げます。」

未央「ふむふむ。」

武内P「そしてその両腕に一人ずつ、ぶら下がります。」

莉嘉「はい!」

みりあ「えい!」

仁奈「仁奈は首につかまるですよ!」

武内P「とまあこの具合で、定員3人です。」

凛「力持ちだねプロデューサー……。それから?」

武内P「そして勢い良く、ぐるぐる回ります!!!」

莉嘉「キター!!」

みりあ「わーい!」

仁奈「楽しいでやがりますー!」

未央・凛「」



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/08(木) 20:58:47.21 ID:b9cHRGLa0

凛「……ああ、それで回るから、オト"コプター"なんだ。」

未央「……すごい漢だ。」

みりあ「あーおもしろかった!」

仁奈「またやりやがるですよー!」

武内P「これがオトコプターです。」

凛「うん、わかった。」

未央「ああ、なんか見たことあるある。小さい時になんか
おっきい人につかんでもらって、ぐるぐる回って
投げ飛ばしてもらうのとか海でよくやったよ。」

凛「未央、それジャイアントスイングだから。」

千佳「ねーねーPくん!またオトコプターやってよー!」

薫「せんせー!薫もー!」

雪美「……背中に……乗る。」

舞「私も、次にお願いします!」

未央「おーおー。意外と人気だねぇプロデューサー。
っていうかあたしらアイドルより人気になってどーすんの。」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/08(木) 20:59:29.67 ID:b9cHRGLa0

凛「……まあ、愛着は持てる方じゃないかな?」

未央「愛着?」

凛「ほら、よく言うじゃん。"子供に好かれる男性は
好印象だー"みたいな話。」

未央「ああ、よく聞くねぇ。」

凛「ほら、プロデューサーってよく補導されるほど顔が
……あれじゃない?」

未央「そんな回りくどく言ってやるなよ……。」

凛「それでさ、顔が怖くてもあんな感じでいいところがあったら、
なんかほっとするっていうか……。」

未央「しぶりん、それじゃあプロデューサーにイイとこが
一つもないみたいじゃん。」

凛「そ、そんなひどい言い方してないよ!!?」

未央「まあねえ、やっぱ和むよねぇ。」

凛「そうだよね……平和を感じるよね。あんな感じで明るいと。」

未央「平和ねぇ……。」

武内P「……!」オトコプター

凛「平和……。」

武内P「……!」オトコプター

未央・凛「……。」

武内P「……!」オトコプター

未央・凛(ごめんなさい、やっぱ顔が平和じゃないです。)



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/08(木) 21:07:42.85 ID:b9cHRGLa0

5_1

↑オトコプターの図



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/08(木) 21:29:56.48 ID:b9cHRGLa0

桃華「……。」

ありす「……。」

凛「あんたたちはやんないの?」

桃華「あんなの子供のやることですわ。レディがたしなむものではありません。」

未央「自分だって子供のくせに。」ブフーッ

ありす「興味ありません。あれで楽しめる要素が皆目見当つきません。」

武内P「……!」オトコプター

ぶら下がってるアイドル達「ワーイワーイ!キャッキャウフフ」

ありす「……。」

桃華「……。」

凛「言ってる割には目線が向こう(プロデューサーの方)に行ってるんだけど。」

桃華「べ、別に、見ているからと言ってやりたいとは……!!」

未央「特にありすちゃんはねぇ~♪」

ありす「だ、だから興味はないと……それに、ありすって呼ばないでください!」

舞「あの~私の番が来たんですけど……二か所つかまるところが空いてて、二人はどう?」

桃華「二か所……。」

凛「ちょうど二人だね。」

ありす「……。」ジーッ




未央「や ら な い か?」




ありす「な、なんてこというんですか!わたしはそんな……!!」顔真っ赤

未央「ん~?私はそんなつもりで言った覚えはないんだけどな~?
っていうか何を思い浮かべたのかな?ありすちゅわん?」

ありす「~~~~~~っ!!!」

舞「それで……どうする?」

桃華「し、仕方ありませんわね!そこまで言うのなら、乗って差し上げますわ!!」

ありす「……私も、乗ります。」

未央「観念したなツンデレめ。」

武内P「いいんですか二人とも。無理はしなくても……。」

桃華「かまいませんわ!!客を待たせるつもりですの?」

ありす「これは社会勉強の一環……そう、一環です……!!」

凛「どんな社会勉強よ。」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/08(木) 21:44:01.29 ID:b9cHRGLa0

武内P「……!」オトコプター

舞「わぁ~!遊園地であった乗り物みたい!!」

桃華「わ、悪くない……乗り心地ですわね!」

ありす「……ふふっ……!(やばい、テンションあがってきた。)」

未央「……しぶりん。」

凛「……うん。」




未央・凛「平和だなぁ~。」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/08(木) 22:11:18.37 ID:b9cHRGLa0

数分後……。


武内P「はぁ……。」グッタリ

凛「お疲れ。まあ、あんだけ動いたらそうなるよね。」

未央「なかなか様になってたよ~んプロデューサー君。」




武内P「……警察は来ていませんか?」




凛「ええっ!?」

未央「開口一番それ!?」

凛「なんでこのタイミングで警察を気にするの!?ここ事務所の中だよ!?」

未央「っていうかまさかプロデューサー、警察がガサ入れに来そうなことを
やらかしてたりとか!?不法取引!?枕営業!?」

武内P「それはあり得ません。」

未央「デスヨネー。」ホッ

凛「じゃあなんで?」

武内P「これはまだ、自分がオトコプターをやり始めた初期のころの話です。」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/08(木) 22:25:52.96 ID:bu3cuRB/O

これかと思った


        BlogPaint



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/08(木) 22:35:14.73 ID:Pq6CKamd0

それは警察きますわ



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/08(木) 22:59:49.80 ID:b9cHRGLa0

武内P「アイドルたちとのコミュニケーションを促進させるためにどうすればいいか、
悩んでいました。」

未央「まあそんな顔してんだもんねぇ。」

凛「もう顔をいじってやるな。」

武内P「それであらゆる人から話を聞いて、情報収集をしているうちに、とある人物から
オトコプターをやってみたらどうかという話を聞き、後に実践してみました。」

凛「あれ?オトコプターはプロデューサーが始めたのじゃないの?」

武内P「自分が始めたものじゃありません。とある人からアドバイスをもらうついでに
教わったものです。」

凛「それと警察がどう関係あるのさ?」

武内P「初期のころにやったものと、今先ほどやったものとで、条件が違ったのです。
今回私は、普通にスーツを着てオトコプターをやりましたが……。」

未央「え?どういうことだってばよ?」




武内P「まず身なりは"上半身裸"の半裸であること。頭に頭巾をかぶること。
つまり、以下のような身なりでやるのが条件でした。」

23_1
<うおおおおおおおおおおおおおお!
↑当時の武内P




未央・凛「」

武内P「そして最後にもう一つ条件として、オトコプターで回転する際は、
力の限り、死力を尽くして、叫び倒すことでした。」

凛「うわぁ……。」

未央「見たいような見たくないような……。」

凛「……それで、プロデューサーはそれをやったの?」

武内P「はい。恥ずかしながら……。」

未央「ええ~……。」

武内P「そしてその結果、その様が怪しく見えたらしく、通報されました。
それで、事務所内に警察が来ることがあったんです。」

凛「……。」(ため息)

武内P「宴会芸の類かと思ったんです。」

未央「なぜやったし。」

武内P「目的のために藁をもすがりたい勢いでした。それでです。」

凛「恥ずかしながらと思ってるならそれを優先すべきだったね。」

武内P「ご尤もです。」



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/09(金) 14:32:28.18 ID:VFpAdr7c0

未央「っていうか、その時オトコプターに付き合ったのって誰よ!?
さっきのロリ組がもうその時から!?」

武内P「高垣さんでした。」

未央「おいおい。」

武内P「酔っておられた様子で。」

未央「おいおいおい。」

凛「絶対楓さんに宴会芸と間違われているよそれ。」

武内P「あとは遊佐さんでした。」

未央「おいおいおいおい。」

凛「こずえか……絶対状況わかってないよそれ。」



-未央と凛の想像図-


武内P(半裸+頭巾)「うおおおおおおおおおおおおおお!!!!」

楓「は~い、武(たけ)コプタ~♪」

こずえ「ふわ~」



未央「もうカオスやな。」

凛「……うん。どう見ても壊れてるようにしか見えないよ。」

武内P「そしてその時の反省を生かし、試行錯誤を繰り返しながら、
今の形に至ったという所です。」

凛「通報されておきながらも、オトコプターを慕ってくれる子たちは、
その試行錯誤の産物ってこと?」

武内P「そんなところです。」

未央「そんなプロデューサーには、"愛すべきバカ"の称号を与えよう。」

武内P「恐縮です。」

凛「受け取るなよ。」



32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/09(金) 14:33:35.72 ID:VFpAdr7c0

凛「っていうか、そもそもプロデューサーにオトコプター(初期の条件付き)を
教えたのは誰よ?」

武内P「それなんですが……」





346プロ廊下


加連「それでさ~」

奈緒「へぇ~」



ドドドドドドドドドド!!!!!!!



凛「!!!!!!!!!!!!!!」

加連「!?」

奈緒「り、凛!?」

加連「な、なんかすんごい形相してたけど……。」

奈緒「ま、まさかトライアドの問題かな……?」




-某アイドル所属部署-


紗南「よし、ここでコンボでたたみかけて……!」




バァァァァァン!!!!!!!!!!




凛「お前が犯人かぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッ!!!!!!!!!!!!!」

紗南「ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ!?」



45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/09(金) 23:46:20.06 ID:VFpAdr7c0

凛「全く、紗南も紗南で一体何吹き込んでんだか……ただいまー。」

未央「しぶりーん!これ結構面白いよー!」腕にぶら下がり

武内P「……!」オトコプター

凛「なにやってんだおのれは。そして警察が怖いんとちゃうんかいおのれは。」

武内P「周りに人がいないこと、通報されるような怪しい雰囲気が
出ていないかの確認したうえでやってます。もちろん防音も配慮の上です。」

凛「お、おう……。」



・・・

凛「……。」腕にぶら下がり

未央「結局やってるね。」腕にぶら下がり

武内P「……!」オトコプター

凛「結構テンションあがる。」

未央「どーだいしぶりん!いい風が気持ちいいだろう!」

凛「いや、バイクに乗ってるんじゃないんだから。」

未央「っていうか結構ぐるぐる回ってるよね?目ェ回らないのプロデューサー?」



ガッ!!!



凛「あ。」

未央「あ。」

武内P「ッッッ!!!!!!!」

凛・未央(足の小指ぶつけた……。)

武内P「スゥゥゥゥッ!!!!!フゥゥゥゥッ!!!!!スゥゥゥゥッ!!!!!フゥゥゥゥッ!!!!!」

凛「お、おうおう!無理すんな!無理すんなよ!?」

未央「い、一旦ストップ!!ストップ!エマージェンシーだよ!!」



50:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/10(土) 17:59:08.75 ID:zEZ7oKrU0

武内P「だいぶ落ち着きました。」

凛「今まで見た中ですんごい顔してたね。」

未央「ああいうのを"悪鬼羅刹"っていうんだね。」

凛「……これ、私たちでも結構楽しめるものだね。」

未央「素直になっちゃいなよしぶりん。今時そんなツンデレキャラはありきたりだよ?」

凛「ほっといてよ……これやるとさ、なんていうかさ、その……」

未央「なになに?」

凛「どうでもよくなるよね。」

武内P「!!!!!!!!!!!!!!!!」ガーン

未央「うわ―踏みにじりやがった。一番の嫁が一番に旦那の努力を踏みにじりやがった。」

凛「そ、そういうもんじゃないよ!」

未央「うわープロデューサーの顔が"恐ろしい子……!!"みたいな白眼の顔になってる。」

凛「い、言い方悪かったよ。説明不足だった。」

未央「……。(嫁と旦那のくだりに突っ込みは無しかい。)」

凛「なんていうか……細かいことを気にしなくてもよくなるって感じなんだよね。」

未央「こまけぇこたぁいいんだよ!ってやつ?」

凛「そんなとこかな。もしくは、"過程や方法なぞ、どうでも良いのだァー!"みたいな。」

未央「うん。しぶりんが言うとすんげえ様になるねぇ。ラスボス的な意味で。
さっきのプロデューサーの羅刹の顔と合わせると最悪のコンボだよ。」

凛「どういう意味だよ。」



55:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/10(土) 23:29:51.11 ID:nYdK8DaT0

凛「それにさ、気にしなくなるってだけでもないんだよね。」

武内P「他に何かあるのですか?」

凛「なんていうかさ、何か楽しくなるってさっき言ったけど、具体的に言うとね……」

未央「オトコプターをやっているときに限り、脳をはじめ中枢部に直接作用する
感知されにくいちょっとした麻薬成分のような中毒要素が実は発生しているとか?」

凛「あんたそんな小難しいような事をスラスラ言ったところで、くだらんことはくだらんからな。」

未央「まぁ~あムキになってマジレスしちゃうしぶりんったらか~わいい!」

凛「また"アイドル辞める"寸前に追い込むぞ。」

未央「すんません。そいつばかりは勘弁してください。」

凛「具体的に言うと、気にしなくなる要素と相まって、そこはかとない
懐かしさをも感じるようになって、童心に帰る感じがするんだよね。」

未央「それとそこから来る遊び心も……かな。」

凛「お前今ここにきてようやくまともなこと言った。」

未央「そんなこの本田未央ちゃんを捕まえて奇人変人みたいに……。」

凛・武内P「……。」

未央「お願い!そこで黙らないで!……私バカみたいじゃん。」

凛「君は実にバカだなぁ。」

武内P「結果は当然の物です。」

未央「ああ……そのライダーダブルキックに負けず劣らない一撃……
今までの中で一番効いたよ。」

蘭子「仙豆だ。食え。」

未央「あざっす。」

凛「とまあ方向はまあアレだけど、ポジティブな方面に言ってるし、そっちに
おけるパワーがある気がするんだよね。」

未央「ふむ。」

凛「プロデューサー、オトコプターから出たこの感じ、今後のプロジェクトを
進める上での要素として使えそうな気がするよ。どうかな?」

武内P「渋谷さん……。」

凛「今回企画するシンデレラプロジェクトのテーマは笑顔。笑顔になるにしても、
プラスなパワーは絶対条件だと思うんだよね。」

武内P「そうですね。どうなるかはわかりませんが、前向きに検討してみましょう。」メモメモ

未央「家z……じゃなくてチャンスがふえるよ!やったねしぶりん!」

凛「変なフラグ立てんじゃないよ。」



56:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/10(土) 23:36:05.33 ID:nYdK8DaT0

こうして、武内Pの特技オトコプターには、シンデレラプロジェクトを
存続及び進行させるうえでのヒントが隠されていると判断され、346プロにて、
武内Pによるオトコプターが積極的に行われるようになった!



63:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/11(日) 14:22:48.14 ID:y9BmN2dC0

ラブライカの二人の場合


アナスタシア「シトー?おと……こぷたー?」

未央「これがまた巷のヤングたちを魅了させてるわけですよ。」

美波「でも、これが企画のヒントになるなんてねぇ……。」

凛「口で説明するよりかは、実際にやってもらった方が早いかもね。」

美波「二人が楽しいって言うのなら、やってみようかしら?」

アナスタシア「何事も冒険……私はこういう冒険大好きです!」

武内P「それでは、しっかりつかまっててください。」

美波「……今の私たち、傍から見てどんな感じなんだろう……?」

アナスタシア「ワクワク。」

武内P「……!」オトコプター

美波「……。」

アナスタシア「……。」

未央「いや、そんな雪美ちゃんや小梅ちゃんじゃないんだからそんな無口になられたら……。」

凛「異様な光景だ……大人3人が……。」

武内P「……どうでしょう?お二人は。」

未央「なんか、楽しい気分になりません?」

美波「う~ん確かに、なるって言ったら、なるけど……。」

凛「微妙だね。」

美波「個人的な感想を言わせてもらうと、父親に高い高いをしてもらってた
小さいころを思い出す感じはするかな。そういう意味では童心っていうのも
間違いじゃないと思う。ただ……。」

凛「ただ?」

美波「私としてはこの歳になって、そんな高い高いをされても今更なぁ……って感じはする。」

未央「年齢ゆえの抵抗感が勝ってるってこと?」

美波「ごめんなさいね。私たちのためにやってるみたいだけれど……。」

武内P「……ターゲット層をもっと絞るべきという意味合いになるかもしれませんね。
参考にします。」

美波「お役にたてるなら……。」



66:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/11(日) 16:34:28.83 ID:y9BmN2dC0

未央「それでそれで、アーニャちゃんは?」

アナスタシア「ううっ……!」

武内P「ど、どうされましたか!?」

凛「まさか、酔ったんじゃない?」

未央「それで無口だったの!?」

アナスタシア「じ、人生は冒険旅行……!」

凛「ああ、酔うあまりになんか変なこと言ってるよ。」

未央「酔って変なこと言うなんて楓さんだけで十分だよ。」

武内P「とにかく、無理強いしてすみませんでした。休みましょう。」

アナスタシア「マッサン、ウィスキー早ク作ロウネ。ワタシ、冒険シテルヨ?」

凛・未央・武内P「」



68:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/11(日) 16:46:58.52 ID:y9BmN2dC0

美波「あ、アーニャちゃん?」

アナスタシア「ハジメチョロチョロ、ナカパッパ、アカゴナイテモフタトルナ。ダイジョブダイジョブヨ。」

凛「やばい!これ完全にやばい奴だ!」

アナスタシア「私ママニ手紙書ク。私ハ幸セ、マッサント一緒ニイツモ楽シクAdventureシテルッテ。」

美波「落ち着いてアーニャちゃん!っていうか、マッサンって誰!?」

未央「っていうか、妙に発音がいいぞアドベンチャー!」

アナスタシア「スコットランドデハ夫婦ハ助ケ合イ。困ッタ時ハ女モ男ト同ジ様ニ働ク。」

未央「アーニャちゃんロシア人設定どこ行った!?いつからスコットランドに!?」

凛「設定とか言うな。」

武内P「と、とにかく、病院に!!救急車を!!」



74:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/11(日) 18:38:42.91 ID:y9BmN2dC0

武内P「まさか……この特技には病院送りに至らしめるほどのリスクがあったとは……。」

凛「その顔で病院送りとか言わないでよ。シャレになんないよ。」

未央「一部の人間かもしれないけど、ハイリスクすぎでしょ。」

美波「アーニャちゃん……冒険することを追い求めるあまりにこんなことに……!」

未央「人生は冒険旅行という所に引っかかったか。」

凛「合ってるような違うような……。」

武内P「リスクありということが判明したからには、みだりにできなくなりましたね。」

凛「でも、ここで止まっちゃダメだよ。」

未央「しぶりん?」

凛「そりゃ、あの鉄仮m……常務をうならせるほどの事をするとなったら一筋縄じゃいかないよ。
多少のリスクは承知の上でやらないと。」

美波「凛ちゃん……今美城常務の事、鉄仮面って……。」



79:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/12(月) 00:02:59.10 ID:UnCBT5co0

アスタリスクの場合


みく「う~ん……。」

武内P「……!」オトコプター

李衣菜「……。」

凛「二人はどう?」

みく「美波チャンと同意見だにゃ。わからなくはないけど、今更感が……。」

未央「立て続けに受け悪いなー。」

みく「それに恥ずかしいにゃ。」

未央「ライブであれだけニャーニャー言っててそれこそ今さらでしょ前川さんよ。」

みく「なんかそう言われるとみくのやってることがやばそうに聞こえるんだけど。」

李衣菜「……だ。」

みく「え?なんかいったりーなちゃん。」

李衣菜「これは……ロックかもしれない!」

みく・未央「なにゆえ!?」

凛「……どのへんが?」

李衣菜「確かにみくの言う通り、こんなのさせられたところで
恥ずかしいだけかもしれない。だがしかし!この屈辱的なものを
乗り越えることこそロックなんじゃないかって思ったんだよ!」

凛「李衣菜にしてはえらい熱血だね。」

李衣菜「それになんていうかこの羞恥心による呵責……それを乗り越えられた時……
この恥じらいが快感に変わるそんな気がするんだ……!」

みく「りーなチャン!なんかそれもう危ないにゃ!!なんかロックから別の道に
踏み外そうとしてるにゃ!」

李衣菜「そして破天荒!そうだ!これこそまさにロックだったんだ!!」

凛・未央・みく「な、なんだってー!?」

李衣菜「それを考えたら、もっとその恥を感じるためのいでたちを……
ええーい!しちめんどくさい!!もうこの身ぐるみすべて脱ぎ去って、
全裸で舞台に立ってやればいい!!!

みく「やめるにゃー!それじゃただの変態さんだニャー!!」



80:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/12(月) 00:27:59.10 ID:UnCBT5co0

李衣菜「全てを脱ぎ去ることで得られる爽快感と解放感!!!ウッヒョー!!」

みく「うえ~ん!りーなチャンが壊れた~!!!」

武内P「……今回もダメだったみたいですね。」

未央「空回りしてんなー。何もかもが裏目に出てるよ。」

凛「今度こそアスタリスク解散か。主にあたしらのせいで。」

武内P「これ以上やって被害が拡大してしまっては問題です。ここは一旦実践を中断……。」

凛「だめだよ!まだ諦めるときじゃない!」

未央「しぶりん、一体何があってそんなにあきらめ悪いのさ。そんなにあの鉄仮面こと
美城常務倒したいの?」

凛「……まあそうだね。私もあの鉄仮面ババアに一泡吹かしてやんないとって思うくらいだよ。」

武内P「そもそも、なぜ鉄仮面ですか?」

凛「なんでって……あの一切表情変わらない年中真顔の仏頂面、まさに鉄仮面じゃん。」

武内P「それを言ったら、自分も鉄仮面ですが……良く仏頂面って言われますし。」

80_1

凛「わかってるならなら直せよ。その状態で何があなたの笑顔ですだ。」

武内P「……はい。」



85:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/12(月) 12:57:30.30 ID:UnCBT5co0

シンデレラプロジェクト一行はあきらめなかった。
多少のリスクがあったとしてそこでくじけはしなかった。
時に空回りし、被害を出してダメージを受けることがあれば、
時に良い結果を得て快進撃。

一進一退の状況を繰り返しながらも、計画を地道に進めていく。

ところが……。



86:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/12(月) 12:58:36.84 ID:UnCBT5co0

武内P「ぐっ……!?」

未央「プロデューサー!?」

凛「どうしたの!?」

武内P「すみません。右肩を痛めてしまったみたいで……。」

未央「ああ、もう立て続けにオトコプターやってるもんね。」

凛「ごめん、前を見るあまりに気付いてあげられなくて……一旦休もう。」

未央「そろそろ限界か。こうなっちゃったらオトコプターは中断かなぁ。」

武内P「いえ、ここで終わらせはしません。」

凛「とはいえ無理しちゃだめだよ?」

武内P「はい。一旦は休ませていただきますが、回復次第早急に復帰させていただきます。
私も、この特技に可能性を見ていますから……。皆のプロジェクトの皆さんのためにも。」

凛「プロデューサー……。」

未央「おうおう、凛ちゃんの熱血がうつっちゃったねぇ。」

凛「それに今オトコプターの右につかまってた子はどうなった?プロデューサーが
崩れちゃったから、その子も落ちてるんじゃ?」





智絵里「大丈夫かな子ちゃん!?」

かな子「うぅ……いたたた……。」





凛「」

未央「うわぁ……。」

かな子「え?ええ!?な、なにこの雰囲気!?」



92:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/12(月) 18:43:05.24 ID:UnCBT5co0

凛「こんな時に……。」

未央「なんてタイミングの悪い……。」

武内P「……。」(右肩抑え)

かな子「あのこれってひょっとして……なんかエレベーターに乗った時によくある
けたたましいブザーが鳴った時と同じ感じがするんですけど!?」

未央「うん、そうだね。」

凛「そしていちばんにかな子が見られるんだよね。」

瑞樹「わかるわ。」

かな子「ま、まさにその冷たい状況が今再現されて……!!」

武内P「三村さん、自分の方は大丈夫ですから、その……気にしないでください。」

かな子「プロデューサー……。」

武内P「そういう所が三村さんの個性なんです。そこはめげずに
ぜひとも存続してもらいたいです。」

凛「そういえば、かな子からスイーツとったら何が残るのかしら?」

未央「あ。」

智絵里「あ。」

かな子「がはぁっ!!!」

智絵里「血をはいた!!」

笑美「三村さんが血ィ吐きおったでぇ!せ、せや、あかんかったんや!
三村さんからスイーツ個性をとり上げた話をしたらあかんかったんや!
そんなことしてもうたらタダの脂肪の塊にすぎないことを言うてしもうたら
あかんかったんや!」

かな子「うわああああああああああああああああああん!!!!」

智絵里「かな子ちゃーん!」

未央「かな子ちゃーん!せめて差し入れのお菓子は置いてってー!」



99:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/12(月) 22:26:09.10 ID:UnCBT5co0

凛「さーて、ここまで進めてきたわけだけども。」

未央「進めるにつれてだんだんカオスになってきてる気がするよね。」

凛「最初はまだ年少組とか同年代組あたりでそれなりに盛り上がったけど……。」




武内P「……!」オトコプター

友紀「空飛ぶランニングホームラ~ン♪」ぶらさがり

楓「武(たけ)コプタ~~♪」ぶらさがり

留美「次私じゃ~!終わったら婚姻届じゃ~!」

早苗「私もやれやァ~!やらんかったら逮捕じゃ~!!」

瞳子「ヒャアーッハッハッハァー!!!」

礼子「オトコプターで男酒じゃ~!」

瑞樹「わかるわボケがァ~!!」

亜里沙「先生とオトコプター!ウサコちゃんも乱れるわよ~!」

志乃「今宵も美酒じゃ~!!」

心「回せ回せー!つーか回せー!」

美優「宴じゃ宴じゃ~!」

ちひろ「課金せえやダボがァ~~!」

菜々「げっひゃひゃっひゃっひゃっひゃっひゃァァッ!!!!」



凛・未央「これは一番あかんやつや……。」



結論……オトコプターに酒と大人を混ぜてはいけない。



105:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/13(火) 01:54:05.18 ID:O39qW7kX0

武内P「悪酔いしました。」

凛「そらそーだ。」

未央「っていうか結構大丈夫そうだけど、いいの?」

武内P「問題ありません。神崎さんのおかげで助かりました。」

蘭子「仙豆だ。食え。」

未央「これがほんとの神コロさん?いや、ランコロさん?」



「にょわーーーーーーーーーーーーーーーーっ!」



凛・未央・武内P「!?」

きらり「おっすおっすばっちし!」

未央「きらりちゃん!?どうしてここに!?」

莉嘉「勝負だよ~!」

みりあ「だよ~!」

未央「勝負って……何の勝負!?」

凛「話が見えないんだけど?」



莉嘉「オトコプターと勝負だよ!!」



凛・未央・武内P「何故!?」

未央「なんでオトコプターと勝負!?っていうかどんな勝負!?」

きらり「Pちゃんが、みんなをぶら下げてぐるぐる回って、
はぴはぴしてるっていうから、きらりもやってみたくなったんだにぃ!」

凛「それが何で勝負につながるのよ?はぴはぴしたきゃ、勝手にやればいいじゃない。」

莉嘉「あまーい!凛ちゃんはサッカリン並にあまーい!」

武内P「サッカリンとはまた懐かしいものを……。」

未央「懐かしいものと言えば、ウサミンに聞けばわかるかな?」

莉嘉「大きいものにつかまって楽しむっていうのは、Pくんの
オトコプターだけじゃないんだよ!?っていうかこれはきらりちゃんが
元祖なんだからね!?」

凛「そうなの?」

未央「そうだっけ?」

莉嘉「それを急に出てきたオトコプターなんていうのに、みんなを
取られちゃったから、きらりちゃんと遊ぶ人が急に減って、
周りがさびしくなっちゃったんだよ!」

みりあ「きらりちゃんかわいそ~。」

凛「そういうあんたもオトコプターを楽しんでたじゃないの。」

莉嘉「というわけで、どっちが皆がよりかかる大木みたいな存在としてふさわしいか、勝負だー!」

未央「きらりちゃんはそれでいいのかよ……すんごいキャラ付けされてるよ。」

きらり「きらりはぁ~みんなと一緒にぐるぐる回って、それでPちゃんもオトコプターでぐるぐる回って、
み~んなはぴはぴできたら、それでおっけ~だにぃ。」

凛「焚きつけたのは莉嘉か。」

未央「どうするプロデューサー?」



112:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/13(火) 07:36:54.17 ID:O39qW7kX0

武内P「その勝負、受けましょう。」

未央「マジぴょんですか!?」

凛「わざわざ茶番に付き合わなくても……。」

武内P「話を聞いていると、どうやら自分の特技が、諸星さんの個性を
奪い取ってしまったみたいなので……。せめてこの勝負を通して、
諸星さんの個性を固着させ、自信を持たせようと思いました。」

未央「ええ子やなぁ……きらりんもプロデューサーも。」


―――――――――――――――


未央「さぁ~はじまりましたぁ~!奇跡のドリームマッチ大バトル!
実況は私、本田未央!解説は渋谷凛ちゃん!」

凛「何を解説しろというのだ。あんたも盛り上がってどうすんの。」

未央「そして皆さまお待ちかね!本日行われる決闘(デュエル)のカードはぁ~!?」

きらり「にょわ~!」

未央「赤コーナー!そのパワーは伊達じゃない!全てを包み込む優しさでできた
輝きを纏う光の巨人!チャンピオーン!諸星きらり率いる、"キラコプター"!!」

みりあ「わ~い!」ぶらさがり

莉嘉「いっくよ~!」ぶらさがり

未央「対する相手はぁ~!?」

武内P「よろしくお願いします。」

未央「青コーナー!無駄に威圧感のある顔をはじめとした、黒きいでたちはまさに
ダークホース!光の巨人に挑む上での力量は果たして~?ニューチャレンジャー!
プロデューサー武内率いる、"オトコプター"!!」

凛「無駄にってあんた……。」

未央「さぁ、今回初挑戦のオトコプターがどのようなファイトを見せてくれるかが
まさにの見ものだぁ!そんなオトコプターの腕に寄り添う心強き味方はぁ~!?」



美嘉「……なぜ私がここに連れ出されるわけ?」ぶらさがり

蘭子「ふん……化け物め。好きにしろ。」ぶらさがり



122:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/13(火) 19:10:02.17 ID:O39qW7kX0

莉嘉「勝負だよお姉ちゃん!」

美嘉「いや、こんな勝負することになってもさぁ……。」

莉嘉「私たち姉妹、でもアイドル……頂点を目指すなら互いに譲れない立場……
いずれは闘う運命だったんだよ!!」

美嘉「だったらアイドルとして戦いなさいよ。なんなのこのイロモノ騎馬戦は。」

未央「それでは両者準備を済ませたかー!?風呂は行ったかー!?宿題済ませたかー!?
歯を磨いたかー!?トイレ済ませたかー!?」

凛「トイレはマジで済ませたほうがいいかもね。」

未央「それでは、アイドルファイト、第1回戦!!」

レディィィィィィ……




ゴォォォォォォッ!!!!!!!!!!!!!




武内P「……!」オトコプター


ギュァァァァァァァァァァァン!!!!!!


きらり「にょわぁぁぁっ!」キラコプター


ギャギャギャギャギャンッ!!!!!!!!


未央「両者激しく猛回転(アクセラレーション)!!互いに強大な力を
持つ竜巻となった戦士たちが、激しくぶつかり合おうとしています!!」

凛「ところで、未央あんた実況だけじゃなくレフェリーも兼ねてやってるの?
両方やってるっぽいけど。」

未央「レフェリーならちゃんといるじゃん。ほら、リングのど真ん中に……」





乃々「む、むぅぅぅぅぅぅぅりぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!」





凛「あ、これ森久保死んだな。」



ズガァァァァァァァァァァァァァッ!!!!



乃々「むぎゃああああああああああああああああああああああ!!!」



127:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/14(水) 01:09:11.20 ID:vlzvm4uJ0

未央「お~っとレフェリーがぶっ飛ばされたー!アクシデント発生だー!
レフェリーがいなくなってしまった今、ルール無用の大乱闘(お楽しみのタイム)が
火蓋を切ってしまったー!」

凛「ルール無用の乱闘がお楽しみタイムって……そんなんするくらいなら
レフェリーの必要性はなんなの?」

未央「そりゃまあやっぱあれですよ。せめて形だけでもレフェリーの
存在を表現しとかなくっちゃ。で、その存在を破壊してようやく
束縛するものがなくなったよっていう、視聴者に対して分かりやすい
視覚的表現だよ。」

凛「森久保は犠牲となったのだ。」


バァン!!


武内P「……!」オトコプター


ガァン!!!


きらり「にょわっ!」キラコプター


ダァン!!!ドァァァン!!!!



未央「両者激しくぶつかり合っております!火花が散る!そしてその瞬間に出る
衝撃波のインパクトは凄まじきものです!!」

凛「う~んなんていうかこんな風景どっかで見たことあるんだよね……。」

菜々「ミミミン♪ミミミン♪ウーサミン……ってうおおお!?な、なんですかこれは!?」

未央「あ、ウサミン(大先輩)だ。」

凛「あ、ウサミン(明らかに私らより先の世代)だ。」

菜々「菜々としてはその()とその中のワードを取っ払ってくれたらうれしいんですけど……。」

未央「こんなところで何やってるの?」

菜々「たまたま通りかかっただけなんですが、一体これは何をやっているんですか?」

未央「かくかくしかじかまるまるうまうま>>105ggrks」

菜々「へぇ~、そんなことが……。」

凛「説明省いた……。」

菜々「でも、なんていうか、この風景、どっかで見たことあるんですよねぇ。」

凛「菜々さんもそう思いますか?」

未央「どっかで見たっていうのは、ドラゴンボールか何かで?」

凛「いや、そこまで規模は……」

菜々「でもインパクトあるっちゃありますよね。回るものがぶつかるバトル……。」

凛「……あ!」

菜々「あ!」

凛「菜々さんもわかりました!?」

菜々「はい、ようやく思い出しました!」

未央「じゃあその答えが何か同時に言ってみましょうか!さん、ハイ!」



凛「ベイブレード!!!」

菜々「キャラコバッチ!!!」



凛「え?」

菜々「え?」



144:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/14(水) 15:10:49.62 ID:DzHgjfzq0

菜々「あ、いや、その……これは……。」

凛「菜々さん、キャラコバッチってなんですか?」

菜々「そ、そう!べ、ベイブレードですよね!!やっぱ時代はベイブレード……」

未央「キャラコバッチって何ですか?」野獣の眼光

菜々「いやぁ、あれ結構売り出したときなんか売り切れ続出でしたもんね。
もうほんとスゴイ……」

凛「キャラコバッチって何ですか?」ゴマカサナイデヨ

菜々「は、ハイパーヨーヨーぐらいのブレイクは叩き出したかと……。」

凛・未央「キャラコバッチって何ですか?」

菜々「……。」

凛・未央「キャラコバッチって何ですか?」

菜々「……ウッサウッサミーン♪」ダッシュ!

凛「あ、逃げた。」

未央「他人のネタをパクって逃げた。」




武内P「……!」オトコプター

美嘉「これいつになったら終わるの?これ腕疲れるのよね。」

莉嘉「とりゃーっ!」ブンッ!!

美嘉「うおっ!?ちょ、何すんのよ!?」

莉嘉「言ったはずだよ!!これは勝負だよって!!」

美嘉「だからって、なんであんたが仕掛けてくるのよ!?
こんなに回ってる中、片手だけでぶら下がって空いた手で
攻撃とか器用なことして!!」

莉嘉「私はきらりちゃんのチームメイトだよ!!チームメイトなら
サポートして当然でしょ?」

美嘉「当然でしょって、今聞いたんだけどそんなルール。」

莉嘉「今作った!!」

美嘉「小学生の後出しルールかい。」

みりあ「おもしろーい!みりあもやるーっ!」ブンッ!!

美嘉「ぐっ……!回転力も相まってなんて破壊力だ。腕がしびれてきた……!
下手に片腕外すと振り落とされる……反撃しにくいぞこれ……!」

蘭子「十円!!!!」ブンッ!!

美嘉「蘭子ちゃん!?」

莉嘉「反撃してきた!!」



148:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/14(水) 21:08:23.23 ID:DzHgjfzq0

美嘉「おお、蘭子ちゃんは反撃できる元気があるか!」

蘭子「十円!!!!」ブンッ!!

美嘉「良し、攻撃は任せたよ。私はできる限り指示してサポートしてくから。」

蘭子「十円!!!!」ブンッ!!

美嘉「よーし。遠慮はいらん、そのままたたみかけろ~。」

蘭子「十円!!!!」ブンッ!!

美嘉「そのままそのまま……」

蘭子「十円!!!!」ブンッ!!

美嘉「……あの、蘭子ちゃん?」

蘭子「十円!!!!」ブンッ!!

美嘉「あ、いや。積極的に攻撃してくれるのはいいけど……。」

蘭子「十円!!!!」ブンッ!!

美嘉「いや、レスで蘭子ちゃんのその……蘭コロさん?のキャラが
受けてるからといって何もそこまで十円を連呼することはないんだよ?」

蘭子「十円!!!!」ブンッ!!

美嘉「十円連呼したところでテンプレで字数稼いで手を抜いてるとしか
思われないから……。下手するとまたブロリストかと……」

蘭子「十円!!!!」ブンッ!!

美嘉「いや、じゅーえんじゃなくて……人の話聞いてる?」

蘭子「十円!!!!」ブンッ!!

美嘉「そんな壊れたテープじゃないんだから……壊れたテープ?」

蘭子「十円!!!!」ブンッ!!

美嘉「……蘭子ちゃん。ちょっと目を見せてみなさい。」



149:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/14(水) 21:16:15.91 ID:DzHgjfzq0

149_1

蘭子「十円!!!!」ブンッ!!(画像はイメージです。)



151:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/14(水) 21:32:34.81 ID:DzHgjfzq0

美嘉「あかんわこの子……ゲシュタルト崩壊起こして、目がイってる。」

莉嘉「スキあり―ッ!!!」



ドンッ!!!



蘭子「クソマァーッ!!!!!」ドシャァァァァァッ!!!!

未央「おーっと蘭子ちゃん、痛恨の一撃でふっとんだーッ!!!」

武内P「神崎さん!!」

美嘉「ああ、攻撃の要が……。」

蘭子「……やみに……のまれよ……ぐふっ。」

凛「ここにきて普通の蘭子かい。」



153:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/14(水) 23:22:11.48 ID:DzHgjfzq0

未央「これ、ゲシュタルト崩壊起こしたのはあれじゃない?
オトコプターであんなにぐるぐる回ってる中、片手を開けて攻撃するんだから……」

凛「ああ、それで腕が疲れるわ、目が回るから三半規管がやられるわで、
それで頭がおかしくなって、他の言葉が思い浮かばなくなって……」

未央「それで十円十円と連呼しかできなくなった。それでもきつい状態に
変わりはないし、疲れと混乱でゲシュタルト崩壊起こしたというわけか。」

凛「そんな、ブラック工場のライン作業に耐えられなくなった社畜じゃないんだから。」

未央「見てよ、蘭コロさんの顔……オトコプターという名の修羅の地獄から解放されて、
安らかになってる。成仏いたせよ。」

凛「殺すな。」



155:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/14(水) 23:57:17.58 ID:DzHgjfzq0

きらり「にょわぁーーーーーーーっ!」



凛「!?」

武内P「!?」

美嘉「今度は何!?」



きらり「きらりんぱわー、MAXIMUMだにぃ~!」



未央「いきなり奇声……もとい咆哮上げたきらり選手から発せられた謎のワード!!
きらりんぱわーMAXIMUMとは、一体何なのか~!?」

きらり「みんな戦って倒れちゃったにぃ。でも、大丈夫!きらりが、はぴはぴのエネルギーを
フルパワーでばらまけば、み~んな元気になれるにぃ!そしたらみんなでまた、
はぴはぴできるにぃ!」

凛「これはいわゆる、必殺技発動ってやつ?」



ギャギャギャギャギャギャギャギャ!!!!!



武内P「諸星さんが回転し始めました!!」

美嘉「やな予感しかしない……。」




きらり「きらりんビームフラッシュ……タイフーン!!!!」




バババババババババババババババババ!!!!!!!!!



未央「なんと!きらり選手、得意のきらりんビームを拡散照射させつつ、
キラコプターで回転させることで四方八方へと乱れ射ちだー!!
しかも飛び出るビームの一本一本がとんでもない高威力の弾幕!!
これはサイコガンダムのビームより性質が悪いぞ!!」

凛「むしろ、イデオンの全方位ミサイルみたいになってるね。」

武内P「いけない!皆さん、伏せてください!!」未央と凛を匿う

未央「うおっ!」

凛「うわっ!」



ドカーン!ズドーン!!バゴーン!デデーン!!



未央「これは、周りへの被害がすごいなぁ。」



156:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/15(木) 02:01:00.87 ID:4FmPkIeu0

きらりはビームを放った。本当に放った。
きらりがビームを撃つと、建物が崩れ、地面を揺るがした。

もう十分。未央はきらりに言う。
しかしきらりはまだビームを撃っている。

きらりがビームを撃つと、嵐が吹き荒れ、周りの建物を次々と吹き飛ばした。

もう十分。凛がきらりに言う。
しかしきらりはまだビームを撃っている。

きらりがビームを撃つと、波が押し寄せ、町全体を海にひっくり返した。

もう十分。武内がきらりに言う。
しかしきらりはまだビームを撃っている。

きらりがビームを「まてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇい!!」



美嘉「まてぇぇぇぇぇぇぇい!!!!!!!!!」



凛「お、生きてた。姉ヶ崎生きてたよ。」

未央「死んだと思わせて実は生きてましたっていう復活パターン?少年漫画でよくあるよね。」

武内P「城ヶ崎さんは、ヒーロー路線をご希望ですか?前向きに検討を……。」

美嘉「んなこたぁどうでもいいんだよ!!上のあれはなんだよ!?
あれ、"ぼくはおこった"じゃないの!!」

156_1

↑ぼくはおこった

美嘉「"ぼくはおこった"の流れじゃないの!!地球崩壊させる気か!!」

凛「美嘉、ネタバレはよくないよ?」

未央「ええ~もういいじゃん美嘉姉ぇ。あたしらもう十分頑張ったよ~?
これってモバマスのSSでしょー?ショートストーリーでしょー?
つまり小話でしょー?ここまで来るともう話が長いよー?」ハナホジホジ

凛「あんまり長いと読者がリタイアしちゃうから、ここいらで終わらせるってこと?」

未央「前置きとか無くてもなんかもう話がグダグダだし、モバマスアニメは総集編か
特別編ばっかで全然話が進まないし、キャラコバッチが結局は何なのかわかんないし、
ニコ動の"にんます"は全然更新されないし。」ハナホジホジ

美嘉「ちょ、ちょっと!話を打ち切る気!?っていうかほとんど関係ないよね!?」

未央「打ち切り?違うよー。ちゃんと終わらせるよー。きらりんが地球ぶっ壊して
みんなおしまいハイ終わりってことで。」ハナホジホジ

凛「全方位ミサイルどころじゃなかった。もうこれ、イデの発動(TV版)だよ。」

美嘉「バッドエンドじゃないの!!ちゃんと終わらせなさいよ!!
こんなアイドルマスターは嫌だ!!」

凛「こんなアイドルマスターは嫌だって……なに、鉄拳に弟子入りでもするの?」

美嘉「じゃかぁしゃぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!!」

未央「しぶりんどーするー?」ハナホジホジ

凛「……私にいい考えがある。」



158:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/15(木) 19:30:11.07 ID:h1FE8jVE0

武内P「……それが、今回の作戦ですか?」

凛「多少バクチになるかもしれないけど、もはや今やれることはこれしかないよ。」

未央「無いよりはマシだね。」ハナホジホジ+真顔

美嘉「あんたはまず鼻をほじるのをやめようか。」

武内P「とにかくやってみます。自分にできることならば……。」

凛「うん。これに関してはプロデューサーの方が比較的効果的だからね。」

武内P「……!」

美嘉「前に出た……あんなにビームぶっ飛んでて危ないのに……。」

きらり「にょわっ!?Pちゃん?」

武内P「スゥゥゥゥゥゥゥゥ~ッ……!」深呼吸

凛「いけるか……!?」





武内P「漬物ォ!!!!!!」





きらり「!!!!!!!!!!!!!」ビクゥッ!!



161:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/15(木) 20:50:21.30 ID:h1FE8jVE0

未央「止まった!!」

美嘉「漬物で止まった!?なんで!?!?」

武内P「漬物ォ!!!!返事ッッッ!!!!!!!!」

きらり「!!!!!!!!!!!!!」ビクゥッ!!

未央「法則がよくわかんないけど、"こうかは ばつぐんだ!"」

凛「計画通り!!!」

美嘉「漬物ときらりには一体何が……。」

武内P「漬物ォ……!!」ニタァ

きらり「……。」ぶわっ

未央「涙した!」

美嘉「真顔で且つ目から光が失われた状態で涙してる……。え、これ大丈夫なの?」

凛「いろいろ問題はあるとは思うけど、あれだけの高火力を出すきらりを真正面から
相手にしたらこちらの命が危ないよ。」

未央「もうあれは、手段を選んでいられない状況だよね。」

凛「武器を持った奴が相手だから……使わざるを得なかったのよ。」

美嘉「そういわれるとあれだけど……。」

きらり「……。」

凛「完全に止まったね。」

未央「完封できたか……。」

美嘉「きらり、大丈夫?意識ある?」

きらり「……。」

未央「へんじがない。ただのしかばねのようだ。」

凛「だから殺すなって。」

きらり「んがああああああああああああああああ!!!!」

凛・未央・美嘉・武内P「!?」

きらり「の、脳が……脳が痛ぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!!!!」



163:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/15(木) 22:10:28.91 ID:h1FE8jVE0

美嘉「ちょ、ちょっと!なんかやばいことになってるんだけど!?」

凛「あれれー?おかしいぞー?」

未央「バーローwww」


コロコロ……


未央「なんか転がってきたよ?」

美嘉「金属?でもなんかへんな突起が付いてる。」

凛「なんだろうこれ、オーメダル……じゃないよね?」

??「まって~!」

未央「あの声は……。」

菜々「まって~あたしのキャラコバッチ~!!」

凛「あ、ウサミン(時代遅れ)だ!」

未央「あ、ウサミン(昭和の人)だ!」

美嘉「あ、ウサミン(家に行ったらβデッキが置いてあった人)だ!」

菜々「うう……普通にウサミンじゃだめなんですか!?」

未央「っていうか、これがキャラコバッチなんだ。ストⅡのリュウが描かれてる。」

凛「うん、全然見たことない。」

美嘉「え?これピンズか何かじゃないの?」

未央「美嘉姉ぇですらキャラコバッチの存在を知らないなんて……
これはまたウサミンの年齢疑惑にまた拍車が……」

菜々「うう~!ウサミンはウサミンなんです!17歳なんです!!」

凛「あ、それはそうと別のもう一個が転がっていきましたよ?」

未央「きらりんの方に行くよ?」

きらり「……。」キャラコバッチ拾う



165:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/15(木) 22:52:08.25 ID:h1FE8jVE0

きらり「……。」

きらり「…………。」

きらり「……………………。」

凛「な、なに?」

未央「きらりんの中で何が起こってるんだろう?」

きらり「……………………。」













神は言っている……ここで死ぬ運命(さだめ)ではないと。












アイドルマスターシンデレラガールズ

Press Any Button!


きらり「にょわ!?」

凛「きらり!?」

きらり「あれ~?きらりは一体何してたの?」

美嘉「戻った!平常に戻った!!」

未央「キャラコバッチで戻った!!」

凛「キャラコバッチに一体何が……!?」

菜々「え、え、え?なに?どういうこと?」

凛「このキャラコバッチは菜々さんの所持品……。」

美嘉「つまり菜々さんがこの状況を……。」



……。



ガシッ!!


凛「英雄!!」菜々の手を握り締めて

美嘉「ウルトラセブン!!」菜々の手を握り締めて

未央「ナショナルキッド!!!」菜々の手を握り締めて

菜々「凛ちゃんはまだ分かりますけど、後の二人は誉めてるんですかそれ?」



167:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/17(土) 19:25:57.18 ID:jzHiwrsW0

未央「まだやるのしぶりん?」

凛「そうだねぇ……私としてはだいぶ目的に近づいている感じはするんだけど……
一応念のためにやっとくか。」

未央「一応って、何が一応なの……。ほとんどろくな結果で終わってないけど……。」




-KBYDの詰め所-


幸子「」黒こげ

紗枝「えらいすんまへんなぁ。幸子ちゃんがこの始末どして……」

友紀「なんか知らないけど、向こうからビーム飛んできたんだよ。
あ、いや、レーザービーム(投球)のほうじゃなくて。」

紗枝「幸子ちゃん、そのビームに直撃してしもうたんどす~。」

凛・未央「バトルの弊害が……。」



169:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/17(土) 21:16:10.14 ID:jzHiwrsW0

未央「ねえ、しぶりん。気づいてる?」

凛「何が?」

未央「後ろから来る視線。」

凛「ああ、あれね。」





まゆ「……。」





未央「まゆちゃん、さっきからずっとこっち見てるよ?」

凛「そうだね。」

未央「そうだねって……いいの?またプロデューサー狙ってるかもしれないよ?」

凛「それはないね。特に今回は。」

未央「特に今回は?どゆこと?」

凛「視線に迷いがある。」

未央「ま、迷い!?」

凛「狙った相手は逃がさないっていう感じの視線を出すのがまゆなんだけど、
今回は本当にそれがないのよ。」

未央「迷いがなかったらどうなるのさ?」

凛「あのまゆを見てこう思わない?なんていうか、本当は仲間に入りたいけど、
素直になれないがゆえに~……って感じの。ツンデレとはまた別の。」

未央「……ああ、なんとなく。確かにいるよね。仲間に入りたくても入れないって人。」

まゆ「……。」

未央「……で、まゆちゃんは一体何に迷ってるんでしょう?」

凛「知らないよ。」

未央「知らないって……しぶりんでもわかんないの?」

凛「視線に迷いがあることはわかっても、何を考えているかまではわかんないよ?
何があってこっちの仲間に入りたいかなんて……っていうか、何の仲間かすらも
わかんないよ?」

未央「"しぶりんスカウター"でもやれないことあるんだねぇ。」

凛「なんだよ"しぶりんスカウター"って、人を戦闘力測るものみたいに……。」

未央「別名、"正妻スカウター"。自分の好きな相手に近寄ってくる別の女の
スペックを計測する特殊能力なのだ!!」

凛「そんなものこそまゆにでも搭載しろよ。いや、搭載されてるかもしれないけど。」

未央「あ、ちひろさんだ。プロデューサーに近づいていく。なんか用事かな?」

凛「ちひろさん……」



ピポッ!ピピピピピピ……ピーッ!!



凛「正妻力たったの"5"か、ゴミめ。」

未央「ほら、スカウター。」



174:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/18(日) 00:27:57.38 ID:IuvFpDKv0

まゆ「あ……あの……。」

凛「!?」

未央「き、来た!!?」

まゆ「あの……まゆをそんな少年漫画に出てくるような強敵みたいに……。」

未央「……それで、今回は何用で?」

凛「さっきからずっと後ろにいたみたいだけど……。」

まゆ「い、いえ……特に用事というわけではないのですが……その……」

凛・未央「?」

まゆ「……オトコプターって、楽しいですか……?」

凛・未央「【審議中】 (´・ω・) (・ω・`)」

まゆ「な、なんでそこで審議するんですかぁ……!?」

凛「い、いや、だって……。」

未央「ねぇ……。」

凛「まゆ。今日のあんた、何でそんなに覇気がないの?」

まゆ「な、なんでまゆに覇気が……?私そんなキャラじゃないですよぉ……?」

未央「うん、覇気っていうと多少違和感あるね。なんていうんだろう……邪気?」

凛「暗黒面?」

まゆ「お二人はまゆを何だと思ってるんですか?」

未央「ヤンデレアイドル。」

凛「Nice Boatアイドル。」

まゆ「そんなきっぱり言いますか……。」

凛「いやだってさ、あんた自分の担当プロデューサーが話題に絡む時、
後ろからとてつもない暗黒オーラ見せるじゃないの。」




まゆ「他の子との話、楽しいですかぁ?」暗黒オーラ





まゆ「まゆ……そんな威嚇しているつもりないんですけど……。」

凛・未央「本人自覚なしかい。」

凛「で、さっきのオトコプター楽しいですかって聞いた時のまゆ、
上のセリフの時と比べて全然その暗黒オーラがないんだよ。」

未央「あたしらはそこを審議したんだよね。」

凛「え?なんで今日のまゆはこんなに覇気がないの?ってね。」

未央「そうだよ。ヤンデレが特徴のあなたからそのインパクトを
抜くとただの気弱アイドルよ?」

凛「ぼののとそう変わんないし。」

まゆ「」



175:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/18(日) 00:44:17.78 ID:IuvFpDKv0

未央「なんていうか例えると、肉の無い牛丼。」

凛「麺の無いラーメン。」

未央「ルーの無いカレー。」

凛「粉の無いタコ焼き。」

未央「えびの入ってないかっぱえびせん。」

凛「ジャガイモが入ってないポテトチップ。」

未央「ジャンプしないマリオ。」

凛「吸い込まないカービィ。」

未央「波動拳のないリュウ。」

凛「サイコクラッシャーの無いベガ。」

未央「モビルスーツに乗らないアムロ・レイ。」

凛「かっこよさが一切ないシャア。」

未央「リボンの無い天海春香。」

凛「ツンデレの無い水瀬伊織。」

未央「主人公補正が一切なくなったハーレム系アニメの主人公。」

凛「6つ子じゃないおそ松くん。」

まゆ「……。」フルフル

凛「あ。」

未央「あ。」

まゆ「ふえぇ~ん」(泣)

凛・未央「すんません。言い過ぎました。」



177:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/18(日) 02:55:21.19 ID:IuvFpDKv0

未央「話を戻しますと、オトコプターやりたいんだったっけね?」

まゆ「あ、いえ。あれって楽しいのかなぁって……思っただけで。」

凛「楽しいかって言われると、人によるとしか言えないね。
検証したところ、何人かは微妙な答えだったし。」

まゆ「そうなんですかぁ……。」

未央「っていうか、まゆちゃんはやりたいと思わないの?楽しいかは
その人にしか分からないなら、実際に体験しないとわかんないよ?」

まゆ「それはごもっともなんですが……。」

凛「何か問題でも?」

まゆ「まゆは思うんですが、あのオトコプターをやると……」

未央「やると……?」



まゆ「浮気になるんじゃないかと思って、できないの。」




凛・未央「おいおいおい。」

未央「極論なのか飛躍しすぎなのか、ぶっ飛んだ答えが来た。」

凛「うん、あまりに考えるに考えてぶっ飛んでてわけがわからなくなってる様の
考え方はまゆだ。」

未央「さて、話を戻そうか。脱線しすぎないうちに。」

凛「なぜそうなる?」

まゆ「オトコプターをやるってことは、武内Pさんにつかまる……
つまり触れるってことよね?」

未央「まさか触っただけで浮気とか?」

凛「この調子だと、触っただけで妊娠とか言いかねないね。」

まゆ「そこまでは言わないですよぉ……。ただオトコプターをやると、
その人のそばで、楽しい時間を過ごすってことじゃないですか。
他人のそばで楽しい時間を過ごすってことは、それだけ他人を
意識しちゃって、担当のPさんの方を向かなくなるってことじゃないですかぁ。
それって浮気ですよねぇ?」

凛・未央「うん。メチャクチャだ。」

まゆ「だからまゆはオトコプターに加わるのは遠慮していたんですけど、
傍から何回も見ていると、結構楽しそうで楽しそうで、気になって目が
離せないんですよ。」

未央「つまりやりたくてもできない。そんな歯がゆい状況に悩んでると?
それで思いきって聞いてみて、今に至る、と?」

まゆ「つまりそうです。」

凛「めんどくさいなぁ……。」

まゆ「ジレンマですぅ。」

未央「だったら、わざわざうちのプロデューサーにやってもらわなくても、
まゆの担当Pにやってもらったら?」

まゆ「あ。」

凛「その発想はなかったって顔してるね。」



179:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/18(日) 20:56:01.07 ID:IuvFpDKv0

まゆ「今ので悩みが晴れました。そうですねぇ。最初からそうすればよかったんですよ。」

未央「おお、なんか妖しいオーラが戻った感じが……
最初からそうすればっていうくだりがまさに……!!」

まゆ「ではさっそく……私はこれで。」

凛「お、おう……。」

未央「お役に立てたなら……。」

凛・未央「……。」

凛「まゆって意外と"バカ"なのかもしれない。」

未央「いきなり喧嘩吹っ掛けるねぇ。」

凛「一途に思い込むのを通り越してヤンデレとか、ヤンデレ通りこしてサイコパスとか言うけど……。」

未央「サイコパスって……。」

凛「まゆの場合は、一途に思うあまりに、通り越すどころか一周して"バカ"なのかもしれない。」

未央「しぶりんが言うとコメントに困るねぇ……。」



180:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/20(火) 01:55:15.76 ID:NjM270fE0

・・・



??「……。」

凛「待たせてごめん。」

未央「いやぁ、来てなかったらどうしようかと思ったよ。」

??「……。」

未央「しかしまあ、前よりはマシな顔になったんじゃない?」

凛「うん、だいぶ落ち着いてる。」

??「……それで、用事って何なんですか?」

凛「いや、何も取って食おうってわけじゃないんだから。そんな警戒しなくても……。」

武内P「……。」

未央「もしかして、後ろで構えてるプロデューサーに圧倒されてる?」

凛「プロデューサー、ちょっとでいいから抑えてくれない?はやる気持ちはわかるけど。」

未央「構えただけで何かあるオーラを出せるのも、ある意味才能だね。」

武内P「ああ、すみません……島村さん。」




卯月「いえ……。」



183:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/20(火) 21:00:49.01 ID:NjM270fE0

卯月「……ひょっとして、例のライブの件ですか?」

凛「それもあるけど、本題はそこじゃない。」

卯月「大丈夫です……ライブに向けて、ちゃんと頑張ってますから……。」

未央「しまむー、また頑張ってるんだね。」

卯月「やっぱりどう考えても、私に……私だけでやれることと言ったら、
これしかないですから……。」

凛「あ、なんかパターン入ったっぽい。」

卯月「それで、頑張って、頑張って、もう一度頑張ってるんですけど、
やっぱり、笑顔がわかんなくて……。」

未央「これはあかんやつかもしれん。」

卯月「やっていくうちにどんどん不安になって……もう、みんなはどんどん先に
進んでいるのに、私だけ何にもなくて……結局みんなに追いつけないですよ……。」

武内P「島村さん……。」

卯月「やっぱり、私のする笑顔なんて誰にでも……。」

凛「卯月。ちょっとこっち見て。」

卯月「へ……?」




武内P「……。」オトコプタースタンバイ

凛「ステンバーイ。」ぶら下がり

未央「ステンバーイ。」ぶらさがり




卯月「な、なんですかそれはぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」



184:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/20(火) 22:33:32.33 ID:NjM270fE0

未央「おお、ようやくパワーのあるしまむーの声が聞けたよ。」

凛「ツッコミだけど。」

武内P「自分の特技、オトコプターです。」

卯月「な、なんで今の話からそのようなことになるんですか!?」

凛「これが今回の本題だからだよ。っていうか卯月に変なスイッチが
入っちゃったから強制的に進ませてもらった。」

未央「芸能界におけるある人が言ったそうだよ?"空気など読むな"と。」

武内P「どこかで聞いたような気がしますが、はて……だれだっけ……?」

??「そう、僕だ。」

凛「!?」

未央「!?」

武内P「!?」

卯月「今……何かいませんでした?」

未央「一体何だったんだ……?!」

卯月「……それで、私にどうしろと……?」

未央「そんなの決まってんじゃん!!」




ガガシシッ!!!




卯月「へ!?」羽交い絞め

凛「卯月も……やるんだよ!!!」

未央「パイルダーオーン!」




ガガシシッ!!!




武内P「……。」オトコプタースタンバイ

凛「ステンバーイ。」ぶら下がり

未央「ステンバーイ!」ぶら下がり

卯月「ふえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?」背中につかまり

凛「今回は緊急事態だから、特別に特等席を譲ってやる。」



185:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/20(火) 23:04:35.57 ID:NjM270fE0

未央「全システムオールグリーン!安全確認よーし!オトコプター武内号、はっし~ん!」

武内P「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」オトコプター

卯月「ひええええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!?」

凛「うん、ここできてなんだけど、ひえ~っって叫ぶ人初めて見た。」

未央「しまむー!力入れてしがみつかないと、振り落とされるよ!?」

卯月「こんなの絶対おかしいよぉぉぉぉォォォォォォォォォォ!!!!」

凛「それで卯月、早速本題に移らせてもらうよ!!」

卯月「こんな時にぃぃぃぃっ!?」

凛「卯月……今さっき、私たちが来た時、"また性懲りもなく応援にきやがったとか思ったでしょ!?"

卯月「な、なんでそんな……!!!」

未央「"言われなくたって、応援されなくったって、今自分はがんばってるよ。あんたらに
あたしらの気持ちがわかるかよ、ほっとけよ。"とか思ってるでしょ!?」

卯月「そ、そんなこと……!!!」

凛「あるんだよ!!"必死に頑張ってるけど、それでもだめなんだ。"っていう状況に
陥っている人にはよくあることなんだよ!!!卯月がそうなんだよ!!!
卯月この前言ったじゃん!!!どんだけ頑張っても笑顔が分からないって!!」

卯月「それは……!!!!!」

未央「でもね、その人に対して応援はかえって逆効果なんだよ!!どんどんへこませちゃうんだよ!!」

卯月「だったらなんで……!!?」

未央「だからね……今日ここには応援に来たんじゃあない!!!」




凛「文句を言いに来たんだよ!!!!!!!!!!!!!!」




卯月「!!!!!!!!!!!!?????」



187:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/23(金) 16:06:43.05 ID:gxnDIB7k0

凛「卯月さ、この前"笑顔なんて誰にもできる"とかいってたでしょ!?」

卯月「う……うん。」

凛「それであたしは思わず"ごまかさないでよ"とか"嘘の笑顔"だの言ったその後、
ああ、うつ病患者相手に変な無理強いしちまったなどうしようとか思ったよ!!」

卯月「うつ病患者……。」

凛「それであたしは、卯月の笑顔はほんとうに誰でも猿でもできるものなのか実際に
検証して探してみたよ!このオトコプターを通してさ!」

卯月「なぜお、おと、おと、ぷ……オトコプターに!?」

未央「オトコプターやるとさ、なんか知らないけど、テンションが上がっちゃってさ、
細かいこととか結構どうでもよくなってくるんだよね。」

卯月「なんか知らないけどって、なんで……!?」




未央・凛「こまけぇこたぁいいんだよ!!!!!」




卯月「!!!!!!!!!!!!」

凛「やっぱ人間ってさ、テンションあがると顔がほころんじゃうんだよ!そして笑顔になる!
オトコプターを通して、そんな笑顔になった人間を何人か見てきた!!!
小さい子から、年上の人たち、キュート、クール、パッション、さまざまなアイドル達……。
いろんな子たちの笑顔があった!」

未央「笑顔になるあまりに人種の設定変わったり、服を脱いでロック始めたり、ビーム乱れ射ちで
出したり、キャラコバッチする子……人もいれば、十円十円と連呼して疲れと混乱でゲシュタルト
崩壊起こす子もいたし、もはやノリと勢いで真昼間から酒盛りはじめて宴会するような人たちもいたけど……」

凛「いろんな笑顔があったよ……でもね。」

卯月「でも……?」




凛「卯月と一緒の笑顔なんてどこにもなかった!!!!!!」




卯月「!!!!!!!!!!!!!!」

未央「この矛盾に関して、私たちは異議を申し立てるよ!!!」

凛「卯月は笑顔なんて誰にもできるといった……。」

未央「誰にでもできる……!?」

凛「誰にでもできるのにどうして卯月と並ぶ笑顔がないのさ!?」

卯月「!!!!!!!!!!!!!!」

凛「まだ世の中にはいろいろな笑顔が存在する。自分もその中の一つ……。
でも、自分の持つその笑顔は、誰かが持っているのと一緒ってことはない。」

未央「どこかでやっぱり違いはあるんだよ。誰のものと変わらないって、
勝手に決め付けちゃだめだよ!!」

凛「卯月、あんたは細かく考えすぎて、見えるものすべてが見えていない
状態なんだよ!!だから一回考えてることリセットして、もう一回いろいろ
見てみなよ!!」

未央「色々あるけど、主に自分を!!!自分に自信を持とうよ!!!」






凛・未央「自分自身、島村卯月をナメるなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッ!!!!!!!!!!」



188:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/23(金) 23:50:44.59 ID:xBnLESgN0

卯月「……。」

凛「もう一回言うけど、これ応援じゃないから。叱咤激励してハッパかけてるつもりでもないから。
これはあくまで文句だよ。」

未央「結果的に叱咤激励になってる気もするけど。」

卯月「……。」

凛「だから、今言ったこと全くもって気に入らなかったら、すぐに忘れなよ。無責任かもしれないけどさ。」

卯月「……。」

未央「それにさ、しまむー。あのときさ、もう一回友達になろうよとも言ったよね。」

卯月「え……。」

未央「オトコプターってさ、何となくだけど、一緒にやってる人と一体になれる感じがあるんだよね。
なんていうかその……」

凛「喜びが共有できる。」

未央「そうそうそれそれ。」

卯月「共有……?」

未央「それにさ。あたし思うんだよね。バラバラになってる人間同士がそう簡単に思ってること
共有できるのかなって。」

卯月「……でも、私わかんないです。凛ちゃんや未央ちゃんと同じようになってたかなんて……。」

未央「まあ、そう言われると……いや!そこは……!!!」

卯月「!?」

未央「……ちょっと置いとこう。」

凛「保留かい。」

未央「今思ったたんだけどさ。私たち、しまむーが……全しまむーが泣いた前回から通して、
結構話してるよね。」

卯月「ぜ、全しまむ―……。」

未央「そもそもさ、もし共有できなかったとしたら、意思疎通なんかできないんじゃない?」

卯月「で、でも、今回の私そこまで何も話して……」

未央「しまむーは前回本音言いまくったじゃん!今回はあたしたちが叫び倒す番!
これでおあいこだよ!!貸し借り無し!!借金チャラだよ!!」

凛「コラ。いつ借金した。」

未央「だからさ、このオトコプターやって、何もかもオープンになって、テンションあがって
意思疎通できれば、もうそれで絆のあるニュージェネレーションとして、思いを共有できてるよきっと。」

卯月「絆のあるニュージェネレーション……。」



189:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/23(金) 23:52:29.11 ID:xBnLESgN0

未央「しまむー。もう一回友達になろうよってこの前言ったけどさ。こいつにもう一つ"付け加え"を
入れさせてもらうよ。」

卯月「付け加え……?」

未央「私たちニュージェネレーションの辞書に、置いてけぼりという文字はないのだよ!!」

卯月「置いてけぼり……」

未央「しまむーはさ、私としぶりんがやること先に見つけちゃって、置いてけぼりを
くらったようなことになったみたいじゃん?」

卯月「そ、そんなこと……あるかもですけど。」

未央「えらい。多少現在の状況を認めるようになっただけでも進歩だよ。」

凛「ほんと何様だよね。私らがそんなこと言ったところで。」

未央「でもさ、そんな風に考えることなんかないよ。」

卯月「へ……?」

未央「この状況を傍から見て、"どう見たって置いてけぼりだろこれ"と言われようがさ……」

凛「私たち3人が揃って存在さえしていれば、どんな時だろうとニュージェネレーションなんだよ。
ニュージェネレーションに変わりはないんだよ。」

卯月「凛ちゃん……未央ちゃん……。」

未央「ニュージェネのユニットが永遠に組めなくなった……そんな話ってあったっけしぶりん?」

凛「全くもって身に覚えないね。シンデレラプロジェクトの解体の話は聞いても、ニュージェネを
永遠に廃止なんて、聞いたことないよ。」

未央「ほれ、どーよしまむー!どこかで私たちがニュージェネでいることに問題なんかないんだよ。」

凛「どんだけ距離があったって……」

未央「どんだけ差があったって……」

凛「胸張っていこうよ。卯月。」

未央「私たちが保証するからさ。ニュージェネレーションというユニットをもとにね。」






卯月「……うあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!!!!!!!!」



191:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/24(土) 00:21:53.83 ID:0+yyDSFh0

未央「おーよしよし。辛かったー。辛かったねしまむ―。」

卯月「うあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!!!!!!!!」

凛「また泣いちゃったね……。」

未央「でもさ、この涙、前よりはマシだとは思わない?」

凛「マシ?」

未央「この前は、どうにかわからなくて混乱して、絶望的に泣いてたけどさ、今回は……」

凛「……縛りが解けたような感じがするね。なんか解放的だ。いっそ清々しい。」

卯月「うあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!!!!!!!!」

未央「いいよいいよ、しまむー。どんどん泣きたまえ。絶望的な涙を見るのはごめんだけど、
そんな安心の涙はバイキング形式できても大歓迎だよ。」

凛「もうこの際、中のもの全部ぶちまけちゃいなよ。」

卯月「うあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!!!!!!!!」

未央「プロジェクトのみんなも心配していることだし……」

凛「そうだね。連絡しといてもいいかもしれない。」

未央「もういっそ、みんなに向けて中継しちゃおうか。題して……」

凛「中継?題して……?」




未央「島村卯月 号泣会見。」




凛「おいバカやめろ。」

卯月「ア゛ーーーーーア゛ッア゛ーー!!!! ゴノ! 世の! 中ガッハッハアン!!ア゛ーー世の中を!
ゥ変エダイ! その一心でええ!!」

凛「あんたもやるな。」



195:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/24(土) 20:05:52.93 ID:0+yyDSFh0

オトコプターストップ



未央「落ち着いた?」

卯月「はい……なんとか……。」

凛「卯月、今さっき言った、テンション上げて笑顔にするオトコプターの特性を台無しにする発言になるかもけど……。」

卯月「?」

凛「オトコプターをやっても、笑顔になれない人間もいた。」

未央「ああ、みくちゃんや美波ちゃんの事も言うんだ。」

凛「笑顔なんて誰でもできるっていうけどさ、どうやっても笑顔になれない人だっているんだよ。
だからもう一度言わせて。」

凛「誰にでもできるとか簡単に言わないでよ。」

凛「笑顔になれない人たちがいる中で、笑顔になれるって、十分だよ。そのうえで卯月に
しかない笑顔があるとか、結構プレミアムだよ。」

未央「限定品って、お客さん結構食いつくよ。それこそその気になればファンのみんなはよだれをダラダラ……」

凛「やめろ気持ち悪い。」


・・・


未央「さて、だいぶ落ち着いたことだし、そろそろ行くとしますか!」

武内P「……。」

凛「どうしたのプロデューサー?さっきから全然しゃべってないけど……。」

未央「言われてみれば、プロデューサーが空気になってるね。」

武内P「……。」

凛「プロデューサー?」




武内P「ブスウウゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ」ブシューヴブブブブドボボゲボゲボ




凛・未央「!?」

未央「ま、真っ白に!!フェードアウトする感じで真っ白に!!!」

凛「体のありとあらゆるところからなんか色々ぶちまけながら真っ白になっていく!!!!」

未央「やばい!なんかこれやばい!」



武内P「ウセドアゲ!!!ウセドアゲアホナヌsテシアtナビhシ!!!!!!!」



バタリ



武内P「……。」死~ん

凛・未央「……(;゚д゚)。」

未央「真っ白になりつつ、無表情になりながら意味不明な断末魔を吐いて倒れた……。
しかもそのまま無表情かつ目を開けたまま倒れてる……。」

凛「本格的に壊れたか……!!!(;゚д゚)」アワワ



198:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/27(火) 02:02:12.87 ID:S8+dimn00

シンデレラ舞踏会当日


卯月「いよいよ始まりましたね……舞踏会……。」

凛「……。」ジーッ

卯月「会場の熱気がすごいです……!」

未央「……。」ジーッ

卯月「私たち……ニュージェネレーションで、ここにいるんですよね……。」

凛・未央「……。」ジーッ

卯月「……あの、凛ちゃん、未央ちゃん。何でそんなに私を見つめるんですか?」

凛・未央「…………。」ジーッ

卯月「……あの、別に逃げたりしませんから……。」

凛「それならそれでいいんだけど……。」

未央「ちょっと……ね。」

卯月「ど、どうしたんですか?」

凛「未央!」

未央「しぶりん!」

凛・未央「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」

卯月「い、いったいなにが……!?」

凛・未央「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ!!!!!!」ベチベチドカドゴスカバキボカ!!!!

卯月「ひいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ!?」

美波「な、なに殴りあってるのあなたたち!?やめなさい!!」

凛「ぜぇぜぇ……」

未央「はぁはぁ……」

卯月「い、いったいなにが……」

凛・未央「ギロッ!!」

卯月「ひっ!?」

凛「卯月は見えている……。」

未央「ちゃんといるね……。」

卯月「あ、あの……一体何を……!!?」

凛「……。」ペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタ

未央「……。」ペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタペタ

卯月「や、やめてください!!私をぺたぺたしないでぇ~!!!」

凛「卯月にちゃんと触れられる……。」

未央「ちゃんといるね……。」

卯月「ええええ……?」



凛・未央「問題なし!!!」



美波「あなたたちが大問題よ。」



199:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/10/27(火) 22:41:46.31 ID:S8+dimn00

美波「舞踏会本番前なのに、一体どうしたの!?」

卯月「わ、わたし……なんかやりましたかぁ……!?(泣)」

凛「いやなに、この舞踏会に、今私たちの目の前に……」

未央「自分の個性に関する状態にあれほど悩んでいたしまむーがいるってことはね……」

凛「もしかするとこれは夢じゃないかと。」

未央「もしかすると頭がいかれて幻覚でも見てるんじゃないかと。」

卯月「わ、私そんなに信用ないですか!?」

凛「それで、夢じゃないかどうか確かめた。」

美波「大丈夫。夢じゃないわよ。卯月ちゃんはここにいるわ。」

未央「夢だけど!!!」

凛「夢じゃなかった!!!」

美波「頭がイカれてるのはあってるけど。」

未央「僕たち!!」

凛「私たちは!!」

凛・未央「ニュージェネしまーす!!」

美波「なんの卒業式?」



201:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/11/03(火) 01:01:25.92 ID:tNoNsN0g0

武内P「ニュージェネレーションのみなさん。そろそろ時間です。」

凛「よし、出番だ。」キリッ

卯月「立ち直り早い……!!」

未央「よし、じゃあ行くよ二人とも!!」





卯月「キャッチ!」

凛「マイ!」

未央「ハート……」

ニュージェネレーション「ベリーメローン!」






武内P「これで、"渋谷さんの目的"が果たせたのならなによりです。」

美波「目的?それは、どういうことなんですか?」

武内P「渋谷さんと本田さんとで初めてオトコプターをやった時のことです。
渋谷さんの感想は、"どうでもよくなる。細かいことを気にしなくてもよくなる"でした。」

美波「凛ちゃんが?」

武内P「はい。その答えを見出した時から……」



202:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/11/03(火) 01:01:54.25 ID:tNoNsN0g0

~回想~



武内P「島村さんにですか?」

凛「ここまで前向きになれるんならさ、卯月にも効き目あるんじゃないかって思うんだよ。」

武内P「しかし、この前会いにいって、島村さんと話し合ったのでしょう?
本人の心情も聞き、渋谷さんの言うことも伝えたと聞きました。」

凛「確かに。」

武内P「島村さんは、精神的にマイナス状態と聞いています。あまり無理に焚きつけないほうが
最善と思われます。」

凛「プロデューサーの言う通りだよ。出しきったつもり……そっとしとくべきだよ。」

武内P「でしたら、なぜ?」

凛「でも、卯月は消化不良って感じもした。まだしこりが残ってるって感じはしたんだよ。」

武内P「しこり……ですか。」

凛「だからさ、こんなに前向きに発散できる効力があるんならさ、今の卯月にいけるかも
しれないって思うんだよ。」

武内P「私の特技で、そこまで……。」

凛「自信ない?」

武内P「正直言って……たかが一個人の知れた特技ですし。」

凛「……じゃあ、検証しようか。」

武内P「検証?」

凛「慕ってくれる子、結構いるみたいだけど、全員にやったってわけじゃないでしょ?」

武内P「確かに、そうですけど……。」

凛「じゃあ、試してみようよ。このオトコプター、どこまでいけるかさ。」



203:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/11/03(火) 13:12:47.99 ID:tNoNsN0g0

~現在~


美波「オトコプターをあそこまでアピールしてたのは、そんなことが……。」

武内P「下手をすれば性質の悪いいたずらになりえたかもしれませんが……。」

美波「美城常務打倒が目的じゃなかったんですね。」

武内P「あれは、建前だそうです。」

美波「(建前で言うことかしら……?)でも、卯月ちゃん……ニュージェネレーションの
ためにやったんですよね。」

武内P「まこと恐縮ですが……。」

美波「卯月ちゃんの事は、前から聞いていましたけど、やっぱ凛ちゃんも気に病んでたんですね。」

武内P「気づいていましたか。」

美波「トライアドを結成して、未央ちゃんも一人で活動してから、卯月ちゃんどころか
凛ちゃんも似たような顔をしてましたし。それで、卯月ちゃんの状態を本格的に知って、
いてもたってもいられなくなったんでしょうね。」

武内P「渋谷さんは割とアクティブだという事を改めて知りました。」

美波「物静かだけど、意外と黙っていられないタイプの子ですから。」



204:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/11/03(火) 13:26:48.28 ID:tNoNsN0g0

武内P「それより、そちらは大丈夫ですか?」

美波「ええ。私たちは大丈夫ですよ。アーニャちゃんも、ああなったとはいえ
普通の状態でもちゃんといられますし。」



アナスタシア「人生は……冒険旅行……マッs」

蘭子「何を寝言を言っている!!ふてくされてる暇があったら戦え!!」

美波「……まあ、たまにああなっても蘭子ちゃんで何とかなりますから。」

みく「テーマはセクシーキャット&ロック!!これで決まりにゃ!」

李衣菜「ロック……ロック……ロック……!!!」

みく「りーなチャン?なんか勇者ライディーンの発進前みたいに言ってるけど、
それ以上脱いだらダメにゃ?この前そのやばい水着まがいの衣装で思いとどまるってことで
話はついたんだからね?」

李衣菜「それよりなんかあつくないですか?」

みく「それは他人のネタにゃ!!」

かな子「がはぁっ!!!」

智絵里「血をはいた!!」

笑美「三村さんが血ィ吐きおったでぇ!」

きらり「きらりんぱわー、MAXIMUMだにぃ!」

莉嘉「ぜんりょくぜんかーい!!」

みりあ「パワーぜんかーい!!」

美嘉「あんまりやりすぎないようにしなよ。前みたいにビームブッ飛ばすのは……。」

きらり「にょわああぁぁぁぁぁ……」

美嘉「ああ、もうなんかやばい。」

杏「黙れ、漬物。」

きらり「!!!!!!!!!」ビクッ!!!

美嘉「あんた、いたんだ……。」

杏「ほれ、キャラコバッチやるから大人しくしろって。」

きらり「にょわっ!?」

美嘉「ほんとどういう仕組みなんだろう……。」



武内P「……本当に大丈夫ですか?」

美波「大丈夫です……たぶん。」



206:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/11/05(木) 01:23:51.11 ID:cM0sENgP0

こうして、シンデレラ舞踏会は、難なく成功お納め、有終の美を飾った。


未央「はぁ……終わったねぇ。」

凛「一時はどうなるかと思ったよ……。」

卯月「……。」

未央「さすがのしまむーも今回はダウンですかい?」

卯月「ひっ!?だ、大丈夫です!!落ち込んでなんかいませんから!!」

未央「もう殴りあいもぺたぺたもなしだよ。」

凛「余韻にふけってた?」

卯月「……考え事してました。自分の笑顔について。」

凛「どう?なんかふっきれたっぽい?」

卯月「……正直言って、やっぱまだわかんないです。自分の笑顔っていうのが。」

凛「卯月……。」

卯月「でも、わからないからといって、前みたいにやな感じじゃないんですよ。」

未央「ほう。」

卯月「私の笑顔って、どこまで行けるんだろうって……何か不思議と気になるんです。」

未央「おお、しまむーがなんか求道者(チャレンジャー)っぽい事言い始めたよ。」

凛「それで卯月も……卯月は卯月で自分の道を進みたくなったとか?」

卯月「それに近い……感じはするんですけど、ちょっと違うような……。」

凛「それはどうして……?」

卯月「ニュージェネレーションだっていう、今の感じもなくしたくないんです。」

未央「それのどこに問題が?」

卯月「なんか、前に進もうとしているのに、後ろ向きみたいじゃないですか。なんかちぐはぐですよ。」

凛「……で、卯月はどうしたいのさ?これから何かするための宛みたいなものはあるの?」

卯月「……とりあえずは、私も進んでみようと思います。でも……」

未央「でも?」

卯月「やっぱり帰る場所は欲しいです。ニュージェネレーションっていう帰る場所が。」

未央「帰る場所……か。」

卯月「やっぱり、この先島村卯月として、前に進んで活動していたら、この前みたいに自信を
なくすことって必ずあると思うんです。だから、そんな時のために……。」

凛「原点回帰か。」

卯月「ニュージェネレーションである時のこの感じを持った笑顔を、思い出すために。」

未央「そうだよね。なんだかんだ言って、このメンツが私たちすべての始まりだもんね。」

卯月「未央ちゃん!凛ちゃん!」

未央「うお!?いきなり何だ!?」

卯月「この感じをなくしたくないです!だから……」

凛&未央「だから……?」



卯月「これからもニュージェネレーションでいてくれますか!?」



凛&未央「……。」

卯月「……。」



凛&未央「あたり前田のクラッカー!!!」



207:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/11/05(木) 16:15:45.89 ID:cM0sENgP0

未央「しまむーのその頼み、この本田未央様が断ると思うてか!!甘い!甘すぎるよしまむー!
いろんな意味で甘すぎるよ!!!」

凛「これ、べつに卯月だけに限ったことじゃないしね。私たちにだってあり得る話だよ。
これは私たちのためにもなるんだよね。」

卯月「凛ちゃん……未央ちゃん……!」

未央「よし、じゃあ、私たちが道に迷ってくじけそうになった時はこのことを思い出すようにしよう!!」

凛「また、みんなで集まる?」

未央「そうだね、でもそれだけじゃあ締まらないね。」

卯月「未央ちゃん?」

未央「グレンキャノ……もとい、オトコプターもだ!」

凛「そうだね。これが一番発散できるし、なによりチームの一体感も感じられるしね。」

未央「またみんなでオトコプターやってすべてをブッ飛ばそう!!」

卯月「……。」

未央「あ、あれ?しまむー?」

凛「ひょっとして、卯月はダメだった?」

卯月「……です。」

凛&未央「……?」




卯月「……好きかもです、オトコプター!!」




凛「よしっ!」

未央「パーフェクツ!!エクセレーント!!」

凛「聞いた?プロデューサー!」

武内P「はい。」曲がり角から出てくる

卯月「い、いたんですか!?」

武内P「はい。"正直自分の笑顔が分からない"というくだりから.」

卯月「ほとんど話してたことじゃないですか……わからなかった。」

未央「しまむー、功労者忘れるなんてひどいな。」

武内P「私の特技一つだけでそこまで思われるとは思ってもいませんでした。」

凛「こっぱずかしかったりする?」

武内P「ですが、誇らしくもあります。これでみなさんが笑顔でいられると思うと……。」

未央「いうねぇ。プロデューサー。」

武内P「みなさんが笑顔でいられるなら、私はこれを最善の特技とします。」

ニュージェネ「その特技は……!!」




武内P「特技は"オトコプター"です。」








208:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/11/05(木) 17:20:05.99 ID:cM0sENgP0

おまけ


未央「ねえ、しぶりん。気づいてる?」

凛「何が?」

未央「後ろから来る視線。」

凛「誰だよ今度は。またまゆ?」

まゆ「まゆならここにいますよ?」

凛「そうだよねぇ。」

未央「っていうかいたんだ。」

まゆ「ええ、ずっと。」

凛「じゃあ今度は一体誰なの?振り向いても誰もいないんだけど。」

未央「え、それってひょっとして霊の類か何かでは……?」

まゆ「ひっ……!?そ、そんなこといわないで未央ちゃぁん……!!」

凛「どう、小梅。なんかいる?」

小梅「……凛さんの言う方向にはだれもいないよ。」

凛「いないんだ。」

小梅「あの子も今日は出払ってる。」

凛「出払うことあるんだ……どんな用事で……?」

未央「じゃあ一体何なんだろう……この違和感は?」



209:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/11/05(木) 17:21:59.93 ID:cM0sENgP0

????「……。」ジーッ




部長「常務、そこで何をやってるのかね?」

美城常務「……査察です。」

部長「君が直々にかい?珍しいね。して、なにを査察しているんだい?
今彼らは特に目新しいことはしていないはずだが……。」

美城常務「日常を査察して手に入る有力情報も存在はします。」

部長「これはまた、君にしてはらしくないことを言うね。」

美城常務「まあ、とはいえ手に入るとはいえ所詮は可能性があるかないかの程度。
ここに来るついでに少し立ち寄っただけです。」

部長「その割には結構まじまじと見ていたようだが。」

美城常務「っ……それはそちらの気のせいです。」

部長「気になるのかね?彼の特技が……。」



武内P「……!」オトコプター

みりあ「わーい!」

千佳「わーい!」



美城常務「やはり彼とは方向性が違う。こうも違えば互いの道が交わることなど……」

部長「そう言ってる割にはまじまじと見ている気がするんだが……。」

美城常務「……。」

部長「こういうのもなんだが、そんな顔で言われてもあまり説得力はないよ。」

美城常務「っ……。」

部長「やはり気になるのかね?彼の特技(オトコプター)が……。」

美城常務「/////。」




凛「……オメーかよ鉄仮面。」




終わり。



元スレ
武内P「特技は"オトコプター"です。」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1444305462/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 18:43
          • ・・・すごい漢だ。
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 18:51
          • 真っ先に>>17の状態を思い浮かべてしまった
            というかAAあるのかww
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 18:52
          • ・・・すごい漢だ。
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 18:58
          • 完全オリジナルBGMが流れてきてやばい
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 18:59
          • …すごい漢だ。
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 18:59
          • >>17のこれかと思った のAAで笑った
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 19:09
          • マッサンのエリーはスコットランド人だろwwwww
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 19:16
          • なぁにコレ?(AIBO感)
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 19:19
          • >>55
            蘭子「仙豆だ。食え。」

            アイエエエエ! ランコ!?ランコナンデ!?
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 19:32
          • 漬物ォ!!!!!
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 19:34
          • ※9
            あんさん、随分未来にコメントしてやがりますなぁ。
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 19:35
          • ウホッ、いい漢。
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 19:45
          • 真っ先に>>17を想像して「武内Pついにぶっこわれたか」と思ったわ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 19:47
          • きらりんパワーmaximumからの『脳が痛い』はやっぱりレイズナーなのかしらん。
            あとキャラコバッチにやられたわw
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 19:48
          • あのフランクリンをも凌ぐと言われる武内P
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 19:50
          • ※11
            コメ55にではなく本文のレス55に対してのレスだ
            大丈夫だ、問題ない
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 19:53
          • 絶対>>17みたいなチン○プターだと思って開いた
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 19:59
          • どう考えても超級覇王電影弾
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 20:03
          • 序盤だけで良いわコレ
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 20:13
          • 最初は面白いと思ったけど、進むうちにメタだのネタだのがしつこい上に、漬物とか他所のネタまで使いはじめて萎えた
            ネタ要素は用法用量を守らんと逆効果だと良くわかるな
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 20:38
          • 「漬物ッ!返事ッ!!」ってどうぶつの森なら完全犯罪の人ネタか。

            なんか口調がすごいリアルな女子高生っぽい。
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 20:45
          • ワシズコプターする武内Pを想像したw
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 21:08
          • ※16
            何だって!
            それは
            本当かい?
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 21:15
          • 長えわ。半分くらいまで読んだけど知らんネタ盛り込んで意味わかんなくなったわ。勢いあるんだろうけど長く感じて飽きる。
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 21:23
          • 食べ過ぎると胃がもたれるアーティチョークのようなssだな。
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 21:24
          • 師範が完全オリジナルBGMで完全オリジナル技出してるのが脳裏に浮かんで草生える
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 21:30
          • 凛じゃなく中の人で再生された。
            オトコプターってすごい(ブロロン
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 21:33
          • ★★☆☆☆
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 21:33
          • 序盤は面白かったけど長い上に失速感がな
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 21:43
          • ※26 この戯けがっ!
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 21:46
          • なんだよ……鉄球を首にぶら下げてその遠心力で回るワシズコプターじゃねぇのかよ……。
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 21:59
          • いい感じにブッ飛んでて面白かった
            欲を言えばアニメ最終回直前に読みたかったかな
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 22:10
          • キミは俺の6チャネルのチン○プターを上手く操縦できるかな?
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 22:17
          • ハガー市長とザンギエフのWウリアッ上でくるくる回るイメージかと思ってた。
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 22:20
          • どうせならブーメラン背中に背負ったらいいんじゃないか?カッコいいぞ
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 22:24
          • アーニャ「冒険が始まるドキドキが始まる」
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 22:24
          • これを一言で表すなら、混ぜすぎ注意!
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 22:44
          • ・・・すごい漢だ。
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 22:53
          • 武内Pが変態アクロバットオヤジみたいになるSSかと思ったのに・・・。
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 23:27
          • 彡(゚)(゚)
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月05日 23:28
          • わからんのか!
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月06日 00:24
          • 自分も>>17かと思ってたが残念だ
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月06日 00:25
          • ※16
            そんな簡単なことも解らなかった非力な私を許してくれ…!
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月06日 00:58
          • 完全オリジナルだな
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月06日 01:50
          • 幼稚園でこれやって事故ったなぁ。訴えられなくて良かった
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月06日 01:58
          • SSで顔文字でてくると、伝説のSSが思い出される。あの頃の~
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月06日 02:03
          • 武内Pが「うおおおおおおおおおおお」とかいいながらオトコプターやってんの想像したら草生える。
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月06日 02:06
          • 1 前半はともかく、だれてるうえにキャラディスもひどくなってきて駄目だったわ
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月06日 04:56
          • >>17しか思い浮かばなかったわ
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月06日 05:48
          • 美形会議とかもうわかる人少ないだろw
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月06日 06:48
          • 武内Pの♂プターとかごんぶとすぎる
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月06日 08:30
          • 中古で安くなってる10年くらい前の厚めのギャグ同人誌ってこんな感じだよな
            出オチなのにやたら引き延ばすわ無駄にいい話にしようとするわ…
            こういうのは適当でも絵があればまだしも文だけだとキツいな
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月06日 12:00
          • ※36
            美波「本当のエナジーが動き出している」
          • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月06日 12:27
          • 1 割とゴミだった
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月06日 15:53
          • 序盤のほんわか乗りで終わっておけば良かったのに…
          • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月06日 22:07
          • そもそも最初からアニメ的な世界なんだか所謂SSで登場するCGプロのモバPを武内Pに替えただけなのか分らん感じだし長いしネタがアレだし…
          • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月07日 11:48
          • 途中からつまらなくなって※見たら同じ意見の人結構いた
            武内Pの時点でアニメ準拠になるんだから、キャラ崩壊にも限度あるよ
          • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月07日 13:07
          • 3 面白いけど長いな・・・そこが唯一の不満w
            凛と未央の互いに遠慮なしな掛け合いいいねw
          • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月07日 20:56
          • 真空斬首刀とう…とう…とう…
          • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月12日 11:47
          • 米欄、Mr.師範知ってるひと結構多いなww
            師範兄貴とpprn氏は御元気だろうか…

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ラブライブサンシャイン】8人「ポッキーの日だからCM撮るよ果南ちゃん!」果南「えっ!?」
        • 琴葉「最後の夜だから」【ミリマス】
        • 琴葉「最後の夜だから」【ミリマス】
        • 琴葉「最後の夜だから」【ミリマス】
        • 琴葉「最後の夜だから」【ミリマス】
        • 【ミリマス】千鶴「懐古」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ