TOP

【艦これ】提督「あれはもしや大破した艦娘!?」 ヲ級「ヲ……」

1:変態糞提督:2015/09/24(木) 17:13:33.82 ID:4k3wlcMx0

とある鎮守府近海 輸送船甲板-

提督「いよいよ俺も艦隊提督かぁ。艦娘の子達は生で見るとどんな感じなのかな。やっぱかっこいいのかな」ワクワク

提督「士官学校じゃ教科書で見てばっかりだったからなぁ。っていうか実戦経験なしの新米を卒業後すぐ着任させるってどんだけ人手不足なのよ大本営」

ザザーン……ザザーン……

提督「にしても今日は波が荒い。どこか遠くで艦隊戦でもあったのかもわからんね」

ザザー……ン……

ヲ……

提督「……を?」



??『ヲヲ……』ザブッ…



提督「なんだあれは……水上に人影……艦影? まさか……」

??「……ヲ……ヲヲ」ギシッ ゴゴゴ…

提督「あれはもしや大破した艦娘!?」ガタッ

ヲ級「ヲ……」



5:変態糞提督:2015/09/24(木) 17:31:05.06 ID:4k3wlcMx0

ーとある鎮守府ー

球磨「――新しい提督がくるって本当かクマ?」クマクマ

那智「あぁ、先ほど伝令が入った。まもなくこの鎮守府に到着するそうだが……」コツコツ

鳳翔「入渠準備は整っていますが……大破漂流した艦娘を見つけた、と?」

那智「うむ……が、我々の艦隊に行方不明の艦はいない。おそらくは別の所属だと思われるのだが」

球磨「球磨たちここ最近、出撃さえしてないクマ。指揮する提督がいないから当たり前クマ」

那智「まぁ、生存者を発見できたなら悪いことではないさ……見えたな、あの輸送船だ」



提督「――よし、到着したぞ! もう少しの辛抱だ!!」

ヲ級「ヲ……」ズル……



「「「!!!???」」」



6:変態糞提督:2015/09/24(木) 17:42:15.53 ID:4k3wlcMx0

提督「おお、みんながここの艦娘か! すまんが手を貸してくれ、俺ではこの子を引っ張り上げられん!」

那智「ま、待て! ちょっと待て! なぜそんなものを連れてきた!?」

提督「見りゃわかんだろ! 大破した艦が漂流してたって入電いれたっしょ!?」

球磨「アホかクマ!! それは、そいつは艦娘じゃなくて、その――」

提督「早くしろーーーーっ!!!!! どうなっても知らんぞーーーーっ!!!!!!」ビリビリ

那智「ぐぬ……!(な、なんという気迫だこの提督……!)」

鳳翔「……」ザバァ

球磨「鳳翔!? 何する気クマ!」

鳳翔「まずはこの艦の武装、通信装置をすべて解除しましょう。そうすれば……この子達とてひとまず害あるものではなくなります」

提督「ありがとう!! さぁ早く入渠するんだ!」

ヲ級「ヲヲ……」ギギギ…

那智「ぐ……ええい、どうなってもしらんぞ!」



8:変態糞提督:2015/09/24(木) 17:55:54.18 ID:4k3wlcMx0

ー執務室ー

提督「やったぜ。これで一安心だ……俺が通りがからなかったら轟沈していただろうなあいつ」

那智「……」ギロリ

提督「え、なんでそんな怖い顔してるのかな……あ、自己紹介してなかったなそういえば! えー本日は日柄もよく――」

那智「貴様のことは聞いている。この鎮守府に着任する新米提督だろう」

提督「そうだよ(便乗)」

那智「私は那智。この鎮守府における第一艦隊の旗艦を務めている」

提督「へぇ~……通りでねぇ。なんか頼りになる面構えしてんねぇ!」

那智「貴様は……まったく無知な面構えをしているな、新米」

提督「え?」

ガチャ

球磨「クマ~……とりあえずドックは一杯だってことで鳳翔に監視してもらってるクマ。あんなのほかの艦娘がみたら大騒ぎになるクマ」

提督「なんだ? 大破した艦娘がいたらそんな問題なのか?」

球磨「……こいつ本当にわかってないクマ?」

那智「本当にわかっていないらしい……おい、よく聞け提督」

提督「?」

那智「お前がさっきつれてきたアレは……深海棲艦、空母ヲ級。すなわち我々の敵だ」

提督「は?」



11:変態糞提督:2015/09/24(木) 18:09:22.76 ID:4k3wlcMx0

提督「またまたご冗談を。深海棲艦ってのはアレだろ? なんか入れ歯みたいな……あの子どうみてもヒト型だし、艦娘だろ」

球磨「あんた教科書しか見ないで学校卒業したクマ? ヒト型の深海棲艦も多数存在するクマ。球磨たちとは肌の色も違うクマ」

提督「はぇ~……」

那智「あれはその中でも驚異的な正規空母に属するヲ級艦だ。よもや艦娘と間違えて拾ってくるなど……とんでもない男だ」

提督「……だって傷ついて苦しそうにしてたし。若干睨まれてたけど」

球磨「那智、本当にこいつが球磨たちの司令官になるクマ?」

那智「信じたくないが、やってしまったものは仕方あるまい……だがこの一件が落着するまでは我々は貴様を提督とは認めん」

提督「ウッソだろお前」

那智「敵艦を本拠地に招き入れたバカ者を信用できるか! まったく……後でドックの様子を見てこい。あのヲ級を処理するまでは貴様らを厳重に監視する」

提督「(やべぇよやべぇよ……着任以前に大変なことになってしまったぞ)」



12:変態糞提督:2015/09/24(木) 18:22:02.87 ID:4k3wlcMx0

ー入渠ドックー

コンコン

提督「どうも、こんちゃーす。提督カッコカリですけど、入っても?」

鳳翔「……どうぞ」

提督「おじゃましまーす……はぇーすっごいおっきい風呂場」

ヲ級「……」ブクブク

提督「……あの、この子本当に艦娘じゃないの?」

鳳翔「我々とは異なる出自をもつ存在……であることには違いはありません。確かに姿形は似ていますけど……深海棲艦の秘密に関しては我々にも不明な点がほとんどですから」

提督「そーなのかー……あ、ところで俺は新しい提督カッコカリです、はい、よろしくぅ!」

鳳翔「軽空母鳳翔です。第一艦隊の随伴艦を務めております」

提督「艤装も手入れバッチェしてありますもんねぇ……ん、なんで入渠ドックで艤装なんか?」

鳳翔「……万が一に備えて、です」

提督「……あ、そっか」



16:変態糞提督:2015/09/24(木) 18:43:42.02 ID:4k3wlcMx0

ヲ級「……ゥ……ヲ、ヲ」ギギギ…

鳳翔「……意識が戻ったようですね」

提督「おっ、そうだな」

ヲ級「……コ、コハ」

提督「よーしもう大丈夫だぞ。俺は提督カッコカリだ。よろしくぅ!」ナデナデ

鳳翔「あの、なぜカッコカリなのです……?」

提督「まだ正式に認めてもらってないから……」

ヲ級「……。!!」ザバァ

提督「オッ大丈夫か、大丈夫か? まだ中破程度の傷が残ってるんだ。じっとしとけよな~」

ヲ級「……ワタシヲドウスルキダ」

提督「ん?」

ヲ級「ナゼ、テキヲタスケタ……ワタシハナニモハナサンゾ……!」

提督「あーうん。敵だとは思わないで助けた。なので別に何も話さなくていいよ。怖いことしないから」

ヲ級「……!?」

鳳翔「……提督、あなたが何をお考えかまだ分かりませんが……このヲ級を解体するかどうか、この場でご判断ください」



18:変態糞提督:2015/09/24(木) 19:01:04.24 ID:4k3wlcMx0

提督「え、なんでそんないきなり……って弓引き絞りすぎィ! ストップストップ!」

鳳翔「申し訳ありません、私もこの鎮守府の安全を守る艦娘です……敵である深海棲艦を一時保持したのも情報を得るためです。提督にそのようなご意志がないのでしたら、むやみに脅威の種を残しておくわけには参りません」ギギ…

提督「いやいやいやいやいやいやだって解体とか拷問とかかわいそうじゃん! せっかく助けたのに!」

鳳翔「では敵空母をこの鎮守府にとどめ置くための説得力のある理由をご説明ください。ここは小さくとも戦場の一端……一個人の感情だけでは皆も納得いたしません」

提督「徹底的に正論。はっきりわかんだね」

鳳翔「ご決断を。殺生を避けたいお気持ちはわかりますが、これも戦場指揮官の役目だとお思いください」

ヲ級「……」ギロリ

鳳翔「……十数えた後の暗黙は了承とみなします」ギ…

提督「鳳翔早いっすね! いやその、とりあえず回復してこの子の気持ちを見てからですね」

鳳翔「子供の相手をしているのではありません! それは敵艦です!」

提督「やめてくださいよ、ほんっとに――」

ガラッ

鳳翔「!!」

暁「ふー、遠征ばっかりで嫌になるわ」

雷「早くさっぱりしましょ!」

電「なのです! あれ、鳳翔さん……と……」

響「……男だ。男と……」

提督「……これもうわかんねぇな」


「「「「きゃあああああああああああ!!!!!!!!!」」」」



19:変態糞提督:2015/09/24(木) 19:06:49.99 ID:4k3wlcMx0

空母ヲ級

19_1



23:変態糞提督:2015/09/24(木) 19:25:00.50 ID:4k3wlcMx0

ー執務室ー

高雄「……で、混乱した駆逐隊の子達に」

愛宕「コテンパンにされちゃったんですねぇ。あ、私は愛宕っていいま~す♪」

提督「よろしく、どうぞ」ボロボロ

那智「とにかく、これでほとんどの連中にコイツの存在が認知されてしまったな……もうあの4人が方々に言いふらしているだろう」

ヲ級「……」(←鎖でぐるぐる巻きにされている)

球磨「どうする気クマ? まぁさっさと解体するのが一番だと思うクマ」

提督「そんな殺生なクマ」

球磨「マネするなクマ!」

鳳翔「……」

提督「ん~……あの、俺まだ実戦経験もないし、みんなの常識から明らかにかけ離れた不作法なこと言うかもしれんのだけどさ」

那智「何を言う気だ」

提督「そのー、つまり。どう違うの? みんなとこの子と」

ヲ級「……?」

球磨「アホかクマ? いやアホクマ。こいつは敵で、球磨たちを襲うクマ。球磨たちは――」

提督「深海棲艦を襲うんでしょ?」

「「「!!!」」」



24:変態糞提督:2015/09/24(木) 19:40:30.44 ID:4k3wlcMx0

提督「まぁ向こうが先に侵略はじめたのは知ってるんだけど……戦争って大体そうじゃん。個人の事情関係なく、互いが敵対心もってると思い込むから話し合う間もなく殺し合いになるじゃん」

高雄「それは……」

那智「……確かに歴史をさかのぼれば事実はわからん。だが現実には――」

提督「戦場っていう特殊すぎる環境のことは俺だって手に負えんよ。でもここはまだ戦場にはなってないだろぉ?」

球磨「そいつが暴れだしたらすぐ戦地と化すクマ!」

提督「んなもんただの叩き合いですむだろうが。艤装もつけないでどうやって戦争するんだ」

球磨「……ク、マ」

提督「いや、ホントに限定的な話ね? 俺、ただの人間。君たちは兵器。でも非武装状態。今こうして普通に話してるじゃん」

愛宕「深海棲艦と話したことはないけど……そっかぁ。確かにこうやってじっとしてたら見かけはほとんど変わらないものねぇ」ジー

ヲ級「……」プイ

那智「愛宕、貴様っ……」

鳳翔「つまり……『このヲ級は直ちに致命的な戦火をもたらす脅威とはならない。よって早急に解体処分とする必要はない』……そう判断される、ということですね? 提督」

提督「そうだよ(便乗)」



27:変態糞提督:2015/09/24(木) 20:10:18.81 ID:4k3wlcMx0

鳳翔「……提督がそう判断されるのであれば。この件はいったん保留としておきませんか、那智さん」

那智「鳳翔……お前まで!」

鳳翔「立場上、上官の意志には従うのが我々の務めです。しかし、進言することはお許しいただけますね?」

提督「あっはい」

鳳翔「まず一つ。その子が我々に一方的な危害を加えた場合、提督の指示を待たず我々はヲ級を捕獲します。これは他の艦娘にも同じ規則です」

提督「かしこまり!」

鳳翔「……。もう一つ、この鎮守府内におけるヲ級の行動範囲は、提督の行動範囲内に限定していただきます。要するにその子から決して目を離さないでください」

提督「いいゾ~それで」

球磨「なんかその口調ムカつくからやめるクマ」

提督「自分が気に入らない存在は全否定か? そんなんじゃ甘いよ」

球磨「クマーーー!!」ダッ

高雄「ま、まぁまぁ球磨さん落ち着いて」ガッ

那智「……いいだろう。貴様が我々の信頼を捨てることも厭わずその深海棲艦を飼うというのならば、勝手にしろ。何か奴らの弱点が見つかるかもしれないしな」ギロ

提督「ありがとナス! じゃない、ありがと那智!」

那智「言い直さんでいい!」

ヲ級「……フン」



31:変態糞提督:2015/09/24(木) 20:33:26.14 ID:4k3wlcMx0

………………

ー提督'sROOMー

ヲ級「……」ジャラ(←左手錠)

提督「こうでもしないとみんな納得しないからね。まぁ多少はね?」ジャラ(←右手錠)

ヲ級「……カッテニシロ」

提督「えーと……じゃあまず、年齢を教えてくれるかな?」

ヲ級「1サイ」

提督「1歳? まだ赤ん坊なの、じゃあ?」

ヲ級「ウマレタトキカラ クウボダ」

提督「生まれた時から? あっ……フーン(艦娘も同じようなものだよな)」

ヲ級「コレヲハズセ。ワタシハウミニカエル」

提督「それはダメみたいですね。逃げたらその瞬間みんなから集中砲火受けるから」

ヲ級「……ナゼ ワタシヲイカシテオク?」

提督「え、それは……大破してたから? 助けたのにまた壊すってそれ逃れられぬカルマじゃん」

ヲ級「リユウニナッテナイ。オマエタチハ ワタシタチヲ コロスノガシゴトダロウ」

提督「んー……そうだな。正しくは『襲ってくる深海棲艦を撃退する』のが仕事かな。俺の考え方だけどね」

ヲ級「? ナニガチガウノダ」



32:変態糞提督:2015/09/24(木) 20:47:30.79 ID:4k3wlcMx0

提督「お前、今俺たちを襲うのか? 殺したいと思うか?」

ヲ級「……」

提督「まぁどっちみち今は無理なんだけどな。俺一人を殴り殺そうってんなら可能だけど」

ヲ級「ソンナコト、メイレイサレテナイ……」

提督「命令? そっちも誰かの命令で出撃するの?」

ヲ級「……ワカラナイ。ナニカ、アタマノナカデ ツヨイチカラガ メイレイシテクル。ソレニシタガッテルダケ」

提督「はぇ~……じゃあ自分の意志で動いてるわけじゃないんだ?」

ヲ級「ジブンノ……? ソンナノ カンガエタコトモナイ」

提督「これもうわかんねぇな……ところでヲ級、夜中腹減んないっすか?」

ヲ級「ハラ?」

提督「この辺にぃ、美味いアイスクリームの店。できてるらしいっすよ」

ヲ級「アイスクリーム……? シラナイ」

提督「んん? ご飯……補給とかはどうしてるの?」

ヲ級「ウミニカエッテ、ツギニソトニデルトキニハ ホキュウデキテル」

提督「え、何その完璧なシステムは……まぁいいや。とりあえず食べたことないんだよな?」

ヲ級「ナイ」

提督「じゃけん夜、甘味処間宮行きましょうね~」



36:変態糞提督:2015/09/24(木) 21:05:30.73 ID:4k3wlcMx0

ー甘味処 間宮ー 18:00(夜とは言ってない)

ガチャコン

提督「こ↑こ↓」

ヲ級「……ヲ?」

間宮「はーい、いらっしゃ……」

パッキュイィィィン!

提督「またこれか壊れるなぁ……」

間宮「え、あ、あのな、なんでこん、ヲ、ヲ級が」

提督「大丈夫だって安心しろよ~……ホラ、こうやって手錠してるからヘーキヘーキ」ジャラ

間宮「あ、あの新しくきた提督さんですよね? それは一体……?」ガタガタ

提督「えーと、とりあえず害はないんで本当に。高かったよねこの湯呑みなぁこれ……なぁ?」

間宮「いいいいいえいいんですそんなの……!」

ヲ級「……アマイニオイガスル」キョロキョロ

間宮「あわわわわわ……!」

提督「とりあえず、アイスクリームで。ほらヲ級、あそこに座ろう」



37:変態糞提督:2015/09/24(木) 21:13:29.00 ID:4k3wlcMx0

間宮「お、おまたせしました……」カチャ

提督「ありがとうございます」

ヲ級「……コレガ アイスクリーム?」

提督「そうだよ(便乗)」

ヲ級「……」クンクン

提督「……うん、美味しい! やっぱり噂に聞いてた、間宮さんをアイスを……最高やな!」

ヲ級「……」ペロ

間宮「……」

ヲ級「……」ハム

ヲ級「……!!」ピキーン!

提督「どうだ? どんな感じだ?」

ヲ級「ヲ……ヲイシイ?」

提督「なんで聞く必要なんかあるんですか……」

ヲ級「ヲイシイ ッテイウカンジガ……ハジメテダ」

提督「あー……食べるってことをしたことがないのか」

ヲ級「ナイ」



38:変態糞提督:2015/09/24(木) 21:25:11.24 ID:4k3wlcMx0

ヲ級「……ヲ」カチャカチャ

提督「もう食べたのか……やっぱ甘いもの好きなんすねぇ~女の子は」

ヲ級「オイ」

提督「ん?」

ヲ級「モットタベタイ」

提督「いいゾ。じゃああのお姉さんに頼むんだ」

間宮「ひぃ!?」

ヲ級「……」ジー

間宮「な、なななんでしょう……?」

ヲ級「モットタベタイ」

間宮「ア……アイスクリームですか?」

ヲ級「ソウダ」

提督「そんなんじゃ甘いよ。『アイスリームください。何でもしますから』って言うんだ」

ヲ級「アイスクリームクダサイ。ナンデモ――」

間宮「ふ、普通に言ってもらえればいいですから!」



39:変態糞提督:2015/09/24(木) 21:43:02.74 ID:4k3wlcMx0

ヲ級「……」ゲップ

提督「……空母はよく食べる。はっきりわかんだね」

ヲ級「モット」

提督「今日はこれで終わりィ! 閉店! 間宮さんごちそうさまでした」

間宮「は、はい。ありがとうございました」

ヲ級「……」

提督「食べた後は『ごちそうさま』ってこれ一番言われてるから。言ってみ?」

ヲ級「……ゴチソウサマ」

間宮「……はい。ありがとうございました」ニコッ

ガチャコン

トホホ… オレモ ボーキサイト タベヨウカナ…

ソレハ ヲイシイノカ?



間宮「……本当にあの子が深海棲艦なのかしら……?」



44:変態糞提督:2015/09/24(木) 22:19:07.68 ID:4k3wlcMx0

-提督'sROOM-

提督「とりあえず今日はもう寝よう……俺もどうすればいいのかわかんねぇなこれもう」

ヲ級「……」

提督「……あ、そっか。陸上で寝られる?」

ヲ級「ワカラナイ」

提督「っていうか、男と一緒に寝られる?」ジャラ

ヲ級「?」

提督「……どうすっかなー俺もなー……」チラチラ

ヲ級「ナニヲ チラチラミテイル?」

提督「いや……ヲ級ってイイ体してんねぇ!」

ヲ級「?」

提督「(無反応……これは間違いなく赤ん坊ですね)」

ヲ級「……オマエハ ウミニイケナイノカ?」

提督「海? いやーキツイっす、人間なんで」

ヲ級「ソウカ……」

提督「……海に帰りたいの?」

ヲ級「……ワカラナイ。カエラナクテモ イイノカ? ワタシハ……」

提督「今はそのー……頭の中は何も命令は聞こえないの?」

ヲ級「アァ……ナニヲスレバイイノカ ワカラナイ」

提督「じゃあ、明日一緒に考えよう。ヲ級が海に帰りたくなったら、その時はそれでいいからな」

ヲ級「…………」

提督「で、寝るときは『お休み』ってこれ一番言われてるから。お休み」

ヲ級「ヲ……ヲヤスミ」



72:変態糞提督:2015/09/25(金) 07:06:40.44 ID:jh5Diygj0

ー翌日 執務室ー

提督「おっはー」

ヲ級「ヲッハー」

那智「……貴様、ヲ級と一夜を共にしたのか?」

提督「そうだよ(便乗)」

ヲ級「リクジョウデモ ネムレルノダナ。デモ ホキュウガナイ」グゥ~

提督「そら深海とは違うからな……じゃけん朝ごはんもしっかり食べましょうね~」

ヲ級「アサゴハン……?」

那智「待て。貴様もしやそいつを食堂に連れて行くつもりか?」

提督「そうだよ(便乗)」

那智「そのヲ級はあくまで捕虜だ。我々と同じ環境で同じ待遇を受けさせるなど、軍の士気に関わる」

提督「あっ、そっかぁ……だからって俺だけ行くわけにもいかんしなぁ」ジャラ

ヲ級「アサゴハン……」

ガチャコン

鳳翔「……でしたら私がお二人に朝食をご用意しましょう」

那智「おいおい……お前がそんなことをしたら、それこそ他の者が羨ましがるぞ」

鳳翔「そんな大したものではありませんよ。それに……」

ヲ級「アサゴハンハ ヲイシイノカ?」

提督「場所によって違うとは聞いてるけど……おっいしいゾ~?」

鳳翔「……深海棲艦の日常生態を観察できるいい機会だと思いませんか?」

那智「……まぁ、いいだろう」



74:変態糞提督:2015/09/25(金) 07:45:45.29 ID:jh5Diygj0

鳳翔「――さ、おまちどうさまでした」

ヲ級「……イイニオイダ」クンクン

提督「米!味噌汁!卵焼き! 米!味噌汁!卵焼きってな感じで、日本の良い朝食だゾ~これ」

ヲ級「……」カチャ

提督「食べる前には『いただきます』ってこれ一番」

ヲ級「イタダキマス」

鳳翔「どうぞ召し上がれ」

提督「……うん、美味しい!」

ヲ級「ヲイシイ」モグモグ

那智「…………」

提督「なんだ那智、そんなだらしねぇ♂顔して」

那智「……深海棲艦も食事を摂るのか」

提督「みたいだね。というか、俺が見る限り生活環境以外ほとんど艦娘と変わりねぇな」

那智「一緒にするな。我々はそもそも成り立ちが違う……と聞いている」

提督「はっきりわかんないんだね。まぁ今んとこさほど大きな問題も見受けられない……ホントホント」

那智「ぬぅ……」

ヲ級「オカワリ クダサイ」

鳳翔「はい。……提督が躾なさったのですか?」

提督「まぁ多少はね? でもこの子生まれてから1年だし、戦闘以外何一つ知らずに生きてきたみたいでさ……俺が直々に稽古つけてやらんとな!」

鳳翔「……ふふ、左様でございますか」



75:変態糞提督:2015/09/25(金) 08:09:20.97 ID:jh5Diygj0

提督「ごちそうさま」
ヲ級「ゴチソウサマ」

鳳翔「お粗末様でした……おや、口元に米粒が」ソッ

ヲ級「!!」バシッ

那智「鳳翔! 貴様……!」

鳳翔「構いません。お口にご飯がついていますよ」

ヲ級「……」パクッ

鳳翔「流石に敏感ですね。警戒心を持った相手には」

ヲ級「……」ギロ

提督「まだ警戒してる……してるよな。まるで動物みたいだぁ」

鳳翔「何とも……無垢なのですね」

提督「ごめんな鳳翔。もうちょっと人慣れ……艦慣れ? していかせるからさ」

鳳翔「お気になさらず。膳をおさげしますね」

那智「……警戒を怠る理由はなさそうだな。とりあえず貴様には引き続きその状態で監視を続けてもらうからな」

提督「かしこまり」



76:変態糞提督:2015/09/25(金) 08:27:24.93 ID:jh5Diygj0

ー鎮守府内資料室ー

提督「今日は深海棲艦について少し調べてみよう」

ヲ級「ホンガ イッパイアル」

提督「こういうのも初めてか? 力抜けよ」

ヲ級「ヲヲ……」キョロキョロ

提督「(……にしてもなぁ)」



那智『――あまり目立つ行動は控えるように。小さな鎮守府とはいえ、事件が明るみになれば我々もどんな処分を受けるかわからんからな』

那智『そして、あまり余計な情報をこいつに与えるな。機密が漏洩すれば我々は殺されるぞ』



提督「……あのさ」

ヲ級「ナンダ」

提督「字とか読める?」

ヲ級「ヨメナイ」

提督「(漏洩する可能性が微粒子レベルなんだよなぁ……)」

ヲ級「ワレワレハ タガイノハチョウヲ シンゴウトシテ ウケトルコトガデキル。モジヲツカウヒツヨウハナイ」

提督「はぇ~すっごい高性能……ん? でもじゃあなんでこうやって話せるの?」

ヲ級「……ワカラナイ。ワカラナイガ、オマエタチノコトバハ リカイデキル」

提督「(やっぱり艦娘とほとんど変わらないじゃないか。たまげたなぁ……)」



78:変態糞提督:2015/09/25(金) 11:56:29.96 ID:jh5Diygj0

提督「ふーーーーむ……やっぱりほとんどわかってないんだね、深海棲艦の生態って」ドサッ

ヲ級「……」ペラペラ

提督「そもそも誰かが本格的♂調査したことあるのかなぁ? 性能とか艦種別程度は実戦情報からわかるんだろうけど……これホントに艦娘と変わらねぇしな……」

ヲ級「……」ペラペラ

提督「ところで何読んでるの?」

ヲ級「ヲ……ヲヲ……」ポロポロ

提督「オッ大丈夫か大丈夫か!? ていうか字読めないはずじゃ……」

球磨「『かわいそうな ぞう』クマ」

ヲ級「!」

提督「あぁ絵本か……通りでねぇ」

球磨「全く、お前ら少しは緊張感ないのかクマ? さっきからみんな怖がってこの資料室から出ていってるクマ」

提督「でもこの子のためだし、多少はね? 球磨は何しに来たクマ?」

球磨「マネすんなクマ。クマはお前らを追い払いに来たクマ……けど」

ヲ級「ヲ……」ポロポロ

球磨「……ねぇ、なんで泣いてるクマ?」



79:変態糞提督:2015/09/25(金) 12:14:29.36 ID:jh5Diygj0

ヲ級「……ゾウガ オナカヲスカセテ シンデシマッタ……!」

球磨「可哀想だと思ったクマ?」

ヲ級「……ワタシハ コノマエ ミンナトモハグレテ オナカヲスカセテ スゴククルシカッタ……デモワタシハ コイツニ ヒロワレタ」

球磨「……」

ヲ級「コノゾウハ ダレモ タスケテクレナカッタ。シニタクナカッタダロウ二……」

球磨「お前らも『死にたくない』って思うことあるのかクマ?」

ヲ級「……フダンハ ソンナコトカンガエモシナイ。タタカエト、メイレイサレルダケダ。デモ コノマエワタシハ ハジメテジブンノ『シ』ヲ ソウゾウシタ」

球磨「……球磨たちも死ぬのは怖いクマ」

ヲ級「コワイ……コワイノカ? コレガ キョウフナノカ?」

球磨「クマー。たぶんそうクマ。そして仲間が死ぬのは悲しいクマ。泣いちゃうクマ」

ヲ級「カナシイ……?」

球磨「クマ……お前にも、誰かに死んでほしくないって思える気持ちがあるってことクマ」

ヲ級「……ヨクワカラナイ」

球磨「子供なんだクマ。これからわかっていけばいいクマ」ナデナデ

ヲ級「ッヲ……」ビクッ

球磨「子供は撫でられてろクマ~」ナデナデ

ヲ級「……ワタシハ コドモナノカ」

提督「そうだよ(便乗)」

球磨「その話し方やめるクマ」



81:変態糞提督:2015/09/25(金) 13:00:24.31 ID:jh5Diygj0

ー執務室ー

愛宕「ヲ級ちゃんヲ級ちゃん」

ヲ級「ナンダ」

愛宕「ぱんぱかぱーん♪」

ヲ級「パ……?」

愛宕「一緒にやってみて? せーのっ♪」

パンパカパーン
ワーヨクデキマシタ!

那智「…………」

提督「那智ー那智ー」

那智「なんだ」

提督「俺、何か作戦の指示とかしなくていいのかな?」

那智「貴様の横にいるのはなんだ」

ヲ級「パンパカパーン」

愛宕「きゃーなんか新鮮ですねぇ!」

提督「カワイイ女の子が二人。以上!」

那智「戯けが。敵艦の横で作戦会議なぞできるものか……聞けばそいつらは互いに特殊な信号を送受できるらしいな。すでにこちらの情報が漏れている可能性も――」

提督「ヲ級、今ほかの深海棲艦と連絡取れたりするの?」

ヲ級「……」コショコショ

提督「……ほう……」

那智「!? ま、まさかもうすでにこちらの戦力情報が……!」

提督「『お前ムカつくから教えてやんねー』だってさ。笑っちゃうぜ!」

那智「フンッ!!」ドゴォ!!

提督「アッーー!!」

ヲ級「ヲゴォ!!」

愛宕「あーんヲ級ちゃんまで!」

那智「戯け共が!!」プンスカ



83:変態糞提督:2015/09/25(金) 13:28:05.81 ID:jh5Diygj0

ー陸上演習場ー

暁「いっちに! いっちに!」タッタッ

雷「いっちに! いっちに!」タッタッ

電「いっちになのです! いっちになのです!」タッタッ

響「アヂン、ドゥバ、アヂン、ドゥバ」タッタッ

提督「アンドゥ! アンドゥ!」タッタッ

ヲ級「ヲ、ヲ、ヲ」ドスドス

暁「うしろー! 遅れてるわよ! もっと声出してー!」

提督「おかのした。アンドゥ!! アンドゥ!!」

ヲ級「ヲ、ヲヲ、ヲ……」ゼェゼェ

雷「ほらもう少しよ! 頑張って!」

ヲ級「ヲヲ、ヲヲ……!」

電「頑張るのです! ゴールは目の前なのです!」

響「ダー」

暁「ピピーッ! はぁはぁ、よし、今日はここまで! みんなよく頑張ったわね!」

提督「ぬわああああん疲れたもぉぉおぉぉん」

ヲ級「ヲッ……ヲッ……」ゼェゼェ

雷「お疲れ様! あなたも一緒にお風呂入って…………」

電「はぇ?」

響「ん?」



「「「「んきゃあああああああ!!!!」」」」



提督「気づくの遅すぎィ!!」



84:変態糞提督:2015/09/25(金) 13:42:12.59 ID:jh5Diygj0

暁「あなたたちいつの間に一緒にいたのよぉ!?」

提督「や、俺も少しは体力つけなきゃ(使命感)と思って……」

ヲ級「ヲヲ……ヲヲ……」ゼェゼェ

電「び、びっくりさせないで欲しいのです!」

雷「な、なんかでもずいぶん疲れてるみたいねこの子。大丈夫?」

ヲ級「リ……リクジョウガ ココマデ ツライトハ オモワナカッタ……」

響「……深海棲艦は海中が基本の行動範囲。陸は体に合ってないのかも」

雷「ちょっと、呼吸が苦しそうよ? ひとまずお風呂に行きましょ!」

暁「え、で、でも……そいつと入るの?」

電「大丈夫なのです。ドックはちょうど5人分空いてるのです」

暁「そういうことじゃなくて……」

響「万が一のことがあっても、こんなに弱ってるなら私たちでもなんとかなるさ」

暁「……ま、まぁレディーにはそのくらいの余裕も必要よね」

提督「あ、じゃあ俺も一緒に入っていいっすかぁ?」ジャラ

雷「ダメ! こんなときくらい外してもいいでしょ!」

提督「ポッチャマ……でもこれ外したら鳳翔と那智に殺される……」

響「そこは提督がうまくやってくれ」ポン

提督「しょうがねぇなぁ……」



85:変態糞提督:2015/09/25(金) 14:04:13.54 ID:jh5Diygj0

ー入渠ドックー

ザブーン…

雷「どう? 少しは落ち着いてきた?」

ヲ級「ン……」

暁「……」ジー

響「ヲ級はスタイルがいいな」

暁「は! べべ別にうらやましいわけじゃないわよ!」

電「でも不思議なのです……肌の色以外本当に電たちとあんまり変わらないのです」

響「実際、私たちも深海棲艦も、誕生のメカニズムについてははっきりしてないらしい。意外と似たような存在なのかもしれないよ」

ヲ級「……オマエタチハ ナニモノダ?」

暁「私は鎮守府1のレディー、そしてこの第六駆逐隊の旗艦! 暁よ!」

雷「私は雷!」

電「電なのです!」

響「響だよ。キミの名前は?」

ヲ級「ナイ」

暁「……え?」



86:変態糞提督:2015/09/25(金) 14:22:52.62 ID:jh5Diygj0

ヲ級「ワタシニ オマエタチノヨウナ ナマエハナイ。クウボヲ級。ソウシテウマレタダケダ。オナジヲ級ハ ホカニモ タクサンイル」

雷「で、でもあなたはあなたでしょう? みんな全く同じってことはないんじゃないの?」

ヲ級「……ワタシガ ワタシダトイウ ショウメイガ ドコニアル? ワタシ……ワタシトハ ダレダ?」

電「あうぅ……なんだか難しい話になっちゃったのです……」

響「ふむ……じゃあ、私たちがキミに名前をつけてあげるっていうのはどうだい?」

ヲ級「……ワタシノナマエ?」

暁「いいわね! ヲ級っていうとやっぱり敵みたいなイメージがあるし」

ヲ級「……テキ……ワタシハ テキジャナイ?」

雷「えっと……たぶん」

電「あ、あなたは電たちを襲うのですか?」

ヲ級「…………………」

「「「「……」」」」



ヲ級「……オソ……ワナイ」



暁「! じゃ、じゃあ大丈夫よ!」

雷「こんなに似てるんだし、きっと仲良くできるわ!」

電「えへへ……じゃあ早速名前を考えるのです!」

響「どんなのがいいかな……カッコよくいきたいね」

「「「「う~ん……」」」」

ヲ級「……」



87:変態糞提督:2015/09/25(金) 14:46:46.56 ID:jh5Diygj0

ー入渠ドック前ー

高雄「やはり鳳翔さんと組むと戦いやすいです。援護がいつも的確で……」

鳳翔「演習で余裕があるからこそです。本番ではどんな不測の事態があるかわかりませんから。私などまだまだ……」

ドタドタドタドタ

響「さぁいくぞヲーちゃん。風呂上りの一杯もまた格別なんだ」

暁「ちょっと響! ヲーちゃんの髪まだ拭いてないでしょ!」

ヲ級「ヲー……ヌレテルホウガ オチツクナ」

電「みんな待ってくださいなのですー! まだ電は着替え終わってないのですー!」

雷「ああ待ちなさい電! そんな恰好で走ったら風邪ひくじゃない!」

ドタドタ……

高雄「……い、今のは」

鳳翔「……ふふ、流石はあの子達ですね」

提督「あっ、おい、待てィ! 肝心の手錠つけ忘れてるゾ!!」ドタドタ

鳳翔「提督」

提督「ん?」

鳳翔「……その枷はもう結構です。ただし、やはりあの子達から目を離さないでくださいね」

提督「おっそうだな。じゃけん早く追いかけましょうね~!」ドタドタ…

高雄「……みんながあんな風になれたらいいんですけどね」

鳳翔「ええ……本当に」



88:変態糞提督:2015/09/25(金) 16:03:18.21 ID:jh5Diygj0

ー執務室ー

那智「全く……提督があれでは結局指揮できる司令官がいないのと同じだ。どうなっているのだこの鎮守府は……飲まねばやってられん」グビグビ

バーン!!

那智「!?」

響「やぁ。バーボンハウスへようこそ。このウォッカは前任提督のサービス品だからまずは飲んで欲しい」トクトク

ヲ級「ミズ、カ?」

響「そんなものかな」

暁「ちょっと響! ヲーちゃん独り占めしないでよね!」バーン!

雷「お邪魔するわよ!」

電「那智さん、こんばんはなのです」

那智「あぁ、こんばん……じゃない! 貴様らなにを慣れ合っている!? そいつは敵で――」

響「ヲーちゃんだ」

那智「……は?」

暁「今日からこの子はヲーちゃんよ! ヲ級のヲーちゃん、可愛いでしょ?」

那智「そんなことはどうでもいい! 危険だろう!」

電「で、でもヲーちゃんは電たちを襲わないって言ってくれたのです」

那智「そんな戯言、嘘に決まっているだろう!!」

雷「なんでそんなこと言うのよ! ヲーちゃんはもう友達なのよ!」

ヲ級「……ニガイ。カライ」

響「そのうち癖になるさ」

那智「響! いますぐそいつから離れろ!」



89:変態糞提督:2015/09/25(金) 16:12:38.89 ID:jh5Diygj0

響「む……固いな那智さんは。ヲーちゃん、ちょっと……」ゴニョゴニョ

ヲ級「……ワカッタ」

那智「ええいいい加減にしろ! さもないと間宮券没収だぞ!」

雷「鬼ー!」

暁「悪魔ー!」

電「なのですー!」

那智「黙らんか!」

ヲ級「オイ」

那智「!」

ヲ級「……アッカンベー」ベロベロ

那智「なっ――」カチーン

ガチャコン

提督「お ま た せ」

那智「歯を食いしばれ貴様ーーッ!!」

提督「アッーーーー!!!?」ドゴム



90:変態糞提督:2015/09/25(金) 16:38:03.32 ID:jh5Diygj0

――810秒後

那智「いい加減貴様にも司令官としての職務を果たしてもらわねばならん」

提督「オッス」ボロ…

那智「ちょうど奴も駆逐隊のみなと馴れ合っている……この際、今のうちに必要な情報を貴様に教えておく」

提督「オナシャス」

那智「この鎮守府近海はどちらかというと遠征の中継地点としての役割が大きい場所だ。規模も小さく、配属されている艦娘が少数なのもそのためだ」

提督「つーことは、敵艦隊の積極的な撃滅より防衛戦や迎撃が主になるのか?」

那智「そうだな。ここは特に提督の異動命令が頻繁に下される場所だ。司令官不在の間も、我々が独自判断で防衛作戦を張ることが多い」

提督「ってことは迎撃に関しては歪みねぇ♂練度があるわけだ。安心したよ」

那智「?」

提督「俺はできれば積極的にお前たちを戦場に向かわせたくないからな。守りの方が性格的にも向いてるし」

那智「……そうだろうな。見ていればわかる。逆に貴様に突撃命令など出されても従う気にはなれん」

提督「えっそれは……」

那智「安心しろ。この近海でそうそう大きな戦いは起こらん。だが最低限……特にあのヲ級を管理し、鎮守府を守るための作戦指示はしてもらう」

提督「大丈夫だって安心しろよ~。無用な争いは避けるつもりだからさ」

那智「……フン。そう願いたいものだ」



91:変態糞提督:2015/09/25(金) 17:10:18.64 ID:jh5Diygj0

ー夜・執務室ー

提督「くそ~那智のやつ言うだけ言って書類仕事全部押し付けていきやがった……秘書艦ってなんなんですかねぇ?(半ギレ)」

ヲ級「オイ、シレイカン」

提督「んにゃぴ?」

ヲ級「ジャンケンシロ」

提督「なんでする必要なんかあるんですか」

ヲ級「……イヤナラ ベツニイイ」

提督「嫌じゃないけど。ほい、ジャンケン」

ヲ級「ポン」グー
提督「ポン」チョキ

ガチャコン

鳳翔「夕餉をお持ちいたしました」

ヲ級「カッタカラ シレイカンノブンモ ワタシガタベル」

提督「アイェエエエ!? そういうジャンケンだったの!? 聞いてねーよ!」

ヲ級「ココノ ゴハンハ ヲイシイ。イタダキマス」モグモグ

鳳翔「はい、召し上がれ」

提督「俺にも食べさせてくれよな~頼むよ~」

ヲ級「……アーン」

提督「おっ、なんだなんだ~? お前そういうのに興味あんのか~? でゅふふふ」

ヲ級「ナカマニハ コウシテアゲルト キイタ。オマエハ ナカマダカラ、アーン」

鳳翔「あらまぁ……」

提督「……あ~、たまらねぇぜ。いい子だなヲ級は……」モグモグ



93:変態糞提督:2015/09/25(金) 19:35:01.24 ID:jh5Diygj0

ヲ級「……チガウ」

提督「ん?」

ヲ級「ヲーちゃん」フイ

提督「ファッ!?」

ヲ級「ヲーちゃん、ガ……ワタシノナマエダ」

提督「(今の顔……すげぇ可愛かったゾ)」

ヲ級「ダメカ?」

提督「いやぁいい! いやいいよいいよいいよ~! よかったなヲーちゃん!」

ヲ級「……ウレシイ?」

提督「なんで聞く必要なんか……あぁ。嬉しいだルォ?」

ヲ級「ナンダ……コンナキブンハ ハジメテダ。モットクエ シレイカン。アーン」

提督「んほぉ」モグモグ

ヲ級「オマエモ ウレシイカ? ホラ、アーン」

提督「ちょ、多すぎィ! あっあっ……んあああああああっ!」モゴォ

鳳翔「……お邪魔みたいですし、食べ終わられましたらお膳下げにきますね」

提督「ん、おかのした」

ヲ級「アーンシロ!」

提督「オン! ァオン!」モゴモゴ



95:変態糞提督:2015/09/26(土) 00:58:07.44 ID:XAEqUe1L0

ー翌日 資料室ー

雷「ヲーちゃんってなんかカタコトよね。もしかして日本語苦手?」

ヲ級「ジハ ヨメナイ」(←絵本を見ている)

響「それでは何かと不便だろう。私たちが日本語を教えてあげようじゃないか」

暁「それはいいわね! レディーの日本語というものをヲーちゃんに教えてあげるわ!」

電「えっと、じゃあ……これでまずは読み方の練習をするのです!」つ(いろは歌)

雷「よーし、じゃあ右の行からいくわよ? いーろーはーにーほーへーと!」トントン

ヲ級「イー……イーローハー、ニー、ホ、へ、ト」トントン

響「ハラショー。これは筋がいい」

暁「次はここからね? ちーりーぬーるーお!」トントン

ヲ級「チ、リー、ヌールー……オ? ヲ?」

電「えーと、読み方はオ、でいいのです。この発音は『お』と『を』の二種類の書きかたがあるのです」

雷「これはヲーちゃんの『を』ね。あなたのことよ!」

ヲ級「…………ヲ級」

電「? どうかしたのですか?」



96:変態糞提督:2015/09/26(土) 01:17:22.97 ID:XAEqUe1L0

ヲ級「チ級……ジュウライジュンヨウカン。リ級……ジュウジュンヨウカン……ケイクウボ……ヌ級……」

暁「あっ…………」

ヲ級「クウボ……ヲ級……ワタシハ……タダノ」

響「ヲーちゃん」ポン

ヲ級「!」ビクッ

響「キミはヲーちゃん。私たちの友達」

雷「そうよ! 私がただの駆逐艦じゃなくて、『雷』なのと一緒」

電「ヲーちゃんはヲーちゃんなのです。私たちがいつも戦わないといけない深海棲艦とは……きっと違うのです」

ヲ級「……チガウノカ? ホントウニ?」

雷「本当本当! 不安なら私に頼っていいんだからね?」

暁「……少なくとも私は、ヲーちゃんと友達になりたいって、思ってるからね」

ヲ級「……トモダチ?」

響「友達」

ヲ級「ト……友達……友達トハ、ウレシイモノカ?」

暁「ええ! とっても素敵なものよ!」ニコッ

ヲ級「ソウカ……友達カ!」



提督「……逃れられるカルマ……涙がで、出ますよ」コッソリ

球磨「……なんか、全然悪い奴じゃないように思えてきたクマ」コッソリ

提督「っていうかなんでお前まで隠れて見てるんだよクマ五郎」

球磨「偵察クマ。あいつらの邪魔したくないだけクマ。あともう一回クマ五郎って言ったら魚雷ぶち込んでやるクマ」

提督「センセンシャル」



99:変態糞提督:2015/09/26(土) 10:13:46.80 ID:XAEqUe1L0

雷「――なまむぎなまごめにゃまたみゃご!」

ヲ級「ナマムギナマゴメナマタマゴ」

電「雷ちゃんが言えてないのです」

雷「だってこれ難しいもん! なまむぎゅい……ううう」

暁「だらしないわね。そんなんじゃ一人前のレディーになれないわよ!」

雷「じゃあ暁が言ってみてよ!」

暁「い、いいわよ? そんなの簡単に言ってあげるわ!」

響「じゃあこれを読んでみて」

暁「ん……あおまきがみあかまきがみきみゃきぎゃ……き、きにゃ」

ヲ級「アオマキガミアカマキガミキマキガミ」

響「ヲーちゃんの方が上手いな」

雷「暁だって言えてないじゃん!」

暁「こ、こういうのは練習が必要なの!」

ヲ級「ガスバスバクハツ」

電「はらしょーなのですヲーちゃん!」

ヲ級「フフフ……」



提督「……球磨さ夜中腹減んないっすか?」

球磨「まだ昼間クマ」

提督「この辺にィ……美味いアイスクリームのお店あるんすよ」

球磨「間宮のことクマ」

提督「じゃけん……あいつらに差し入れしましょうね~」スタスタ

球磨「……世話好きな提督クマ」クマクマ



100:変態糞提督:2015/09/26(土) 12:59:51.36 ID:XAEqUe1L0

ー夜 執務室ー

提督「……」パチ

ヲ級「……」パチ

提督「……ずいぶんと強気じゃないのぉ?」パチ

ヲ級「角取ッタ」パチ

提督「! うわああああ! 忘れてたああああ!」

ガチャコン

那智「今度は何をしている」

提督「見てわかるだろう。これこそ日本の伝統的盤上戦略遊戯!!」

ヲ級「オセロ」パチ

那智「そこは将棋ではないのか!? というか、そいつにルールを理解できるのか?」

提督「お前どれだけヲーちゃんのことバカにしてんのよ……理解するどころかさっきからどんどん強くなっててな」パチ

ヲ級「マタ角取ッタ」パチ

提督「おじさんのこと本気で怒らせちゃったねぇ!!」

那智「……もしや貴様、戦略を組むのが下手なのではあるまいな?」

提督「戦略? なんのこったよ(すっとぼけ)」

那智「貴様が提督だというのがいまだに信じられん……」



102:変態糞提督:2015/09/26(土) 13:15:54.89 ID:XAEqUe1L0

ヲ級「ン……御飯ノ匂イガスル」クンクン

那智「犬のようなヤツだ……そら、夕飯を持ってきたぞ」

提督「え? 那智が作ってくれたの?」

那智「毎度鳳翔に作らせるわけにもいかんからな。これでも秘書艦経験はそれなりにある。甘く見るなよ」ドン

提督「おお……たこわさ、だし巻、枝豆、冷奴、焼き鳥……って酒のつまみばっかりじゃねぇか!(半ギレ)」

那智「美味いからよいではないか」

提督「栄養バランス壊れる^~」

ヲ級「イタダキマス」

那智「……貴様、私のことが嫌いなんだろう? 私の作った料理を食べるということは、私に従順になるということだぞ?」

ヲ級「ソレトコレトハ 関係ナイ。オ前ハ嫌イダケド 食べ物ハ好キダ」モグモグ

那智「お、おのれ生意気な屁理屈を……!」

提督「那智も結構……作り方美味いじゃん」モグモグ

那智「ふ、少しは私の実力がわかったか?」

ヲ級「アァ。ヲイシイ」

那智「……ふん。捕虜にはもったいない食事だな」

ヲ級「デモ少ナイ。モット持ッテコイ」

提督「そうだよ(便乗)」

那智「ああくそ! 餓鬼か貴様らは!!」



106:変態糞提督:2015/09/26(土) 15:06:27.17 ID:XAEqUe1L0

――1145.14秒後

那智「そもそも貴様がこんなのを拾ってくること自体有り得んのだ!」ダン!(←マイボトル)

提督「酔っぱらいは害悪。はっきりわかんだね」

ヲ級「ウザイ」グビ

那智「害悪は貴様だろうが! 本来なら考えられんことだぞ、鎮守府の司令官に深海棲艦のオマケが付いてくるなぞ!」

提督「だって一人ぼっちで大破してんの見たからね。しょうがないね」

ヲ級「……アノ時オ前二見ツケテモラエナカッタラ……私ハ私デアルコトスラ ワカラナイママダッタノダ」

提督「ヲーちゃん……」

ヲ級「司令官……」スス

那智「寄り添うな見つめ合うな私をほったらかしにするなーー!!」ダムダム!(←マイグラス)

ヲ級「羨マシイノカ?」グビ

那智「違う! なぜか貴様らを見ていると無性に腹が立つ!!」

ヲ級「知ラン。オカワリ下サイ」コン

那智「おら」ドボドボ(←マイボトル)

提督「お前ら喧嘩しながらちゃっかり飲み交してんじゃん……ヲーちゃんいつの間に飲めるようになったの?」

ヲ級「響二モラッタ酒ガイツノマニカ空ニナッテイタ」

提督「酒豪かよ……たまげたなぁ」

那智「おいヲ級、貴様も注げ」(←マイグラス)

ヲ級「ヲーちゃん」

那智「……ヲーちゃん! 注げ!!」

ヲ級「フ、ヨカロウ」トクトク

提督「(こいつら実は相性いいんじゃ……?)」



108:変態糞提督:2015/09/26(土) 15:19:47.31 ID:XAEqUe1L0

………………

ー空母用弓道場ー

鳳翔「…………」ギギ……

ヒュッ―― カッ!

鳳翔「ふー…………私に何か御用ですか?」

ヲ級「……」

鳳翔「……」ギギ……

ヲ級「オ前ハ 何者ダ?」

ヒュッ―― カッ!

鳳翔「軽空母鳳翔。この鎮守府に配属されて久しい、ただの一艦娘ですよ」

ヲ級「何故オ前ハココニイル?」

鳳翔「弓の鍛錬のためですよ。こうして精神を常日頃から研ぎ澄ますことで――」

ヲ級「ソウイウ意味デハナイ」

鳳翔「……」

ヲ級「……」

鳳翔「……貴女方、深海棲艦と戦うためです。そのために私たちは生み出され、戦地に生き、そして死んでいくのです」

ヲ級「私モソウダ。オ前達ト戦ウタメニ生ミ出サレタ。ソレ以外ノコトハワカラナイ」

鳳翔「……」ギギ……

ヲ級「……ズットソウダッタ ハズナノダ」

鳳翔「……?」



109:変態糞提督:2015/09/26(土) 15:45:45.75 ID:XAEqUe1L0

ヲ級「私ノ仲間……深海棲艦達ハ何モ知ラナイ。名前ヲ呼バレル嬉シサモ、友達ノ優シサモ、御飯ノ ヲイシサモ」

鳳翔「……貴女……」スッ

ヲ級「深海棲艦ヲ……敵ヲ助ケルヨウナ馬鹿ガイルコトモ、何モ知ラナイ。海ノ底デハ誰モ教エテクレナイコトガ コノ世界ニハ沢山アル」

鳳翔「そうですね。この世界には沢山の人々がいますから」

ヲ級「……何故ダ。私ハソレガ……コノ『生キテイル』感ジガ 懐カシイ」

鳳翔「懐かしい……ですか?」

ヲ級「ウム……私ハソンナコト知ラナイハズダ。ダガ、私ハカツテ コウシテ皆ト共二生キテイタヨウナ……ソンナ気ガスル。マルデ生マレタ時ハ、心二暗イ霧ガカカッテイタヨウナ」

鳳翔「……艦娘が、深海棲艦がどうして誕生したのか。どちらが先に現れたのか。我々はまだ知り得ていません。もしかすると……私たちはどこかで繋がっているのかもしれません」

ヲ級「……ワケガワカラナイ。私ハ一体何者ナノダ……?」

鳳翔「……貴女は、我々の敵である深海棲艦。空母として生まれ、私たちと戦い……そしてあの提督に救われたヲ級」ザッ…

ヲ級「……!」



鳳翔「ヲーちゃん。それが貴女。この世でただ一人貴女を呼ぶための名前をもらった子。それが今、確かなことですよ」ニコ

ヲ級「……ソウカ。ソウダナノダナ」



110:変態糞提督:2015/09/26(土) 16:15:55.79 ID:XAEqUe1L0

ガチャコン

高雄「鳳翔さん、いらっしゃいますか!」

鳳翔「こちらに。何事ですか?」

高雄「鎮守府近海に深海棲艦の機動艦隊が観測されました! 出撃準備を――あ」

ヲ級「……!」

愛宕「あら~……ヲーちゃんもここにいたのね。ごめんねお邪魔しちゃって」

鳳翔「……承知いたしました。すぐに参ります」

ヲ級「……」

鳳翔「ヲーちゃん」

ヲ級「! ナ、ナンダ」

鳳翔「貴女は提督のお傍に居てください。帰ってきてからまたお話しましょうね」ポン

ヲ級「……ワカッタ」



ー鎮守府近海 沖ー

チ級『…………』ドドドド

リ級『…………』ドドドド

ヌ級『…………』ドドドド



ヲ級e『…………』ドドドド



114:変態糞提督:2015/09/26(土) 17:49:09.35 ID:XAEqUe1L0

ー指令室ー

提督「やべぇよやべぇよ……」ドキドキ

那智「案ずるな。この程度の迎撃戦は珍しいことではない。新米の貴様にすれば初陣は不安だろうが……まぁ任せていろ。作戦要綱は過去のデータを参考にするがいい」

提督「オッス……」

那智「偵察機の情報で確認されたのは重巡、雷巡がそれぞれ2隻に加えて軽空母。それと――」

ガチャコン

ヲ級「……」

提督「お、ヲーちゃん」

那智「……それと、正規空母1隻。こちらに正規空母はいないが、我々だけで充分に撃退できる戦力だ。鳳翔もいる」

ヲ級「……」

那智「それでは私も出撃する。作戦が開始次第、状況を連絡する」

提督「よろしくナス! ……あっそうだ(唐突)」

那智「なんだ? 何か策でもあるのか?」

提督「帰ってきてください。オナシャス。全員必ず」

那智「……貴様こそ、捕虜が逃げ出さぬようしっかり監視しておけよ」コツン

ヲ級「ヲタッ……何ヲスル!」

那智「貴様の深海棲艦用艤装は工廠に保管してある。『くれぐれも緊急時だからといって勝手に侵入しないように』。いいな?」

ヲ級「……フン」



115:変態糞提督:2015/09/26(土) 18:13:30.02 ID:XAEqUe1L0

ゴォォォォン……

高雄「……ヲーちゃんはどうでしたか?」

那智「提督に監視は任せている。『万が一』があっても……その時は我々が処理するだけのことだ」

球磨「その万が一っていうのはいい方に転んだ場合クマ? 悪い方に転んだ時クマ?」

那智「好きに想像しろ。奴のことはもはや我々全員の問題だという話だ」

愛宕「大丈夫よ、ヲーちゃんは良い子だから♪」

鳳翔「……」

球磨「クマ? 鳳翔は不安そうな顔してるクマ」

鳳翔「いえ、ヲーちゃんに関しては何一つ不安はありませんよ。ただ……」

高雄「?」

鳳翔「いえ、今はこの鎮守府を守ることだけを考えましょう。余計な煩悩は敗戦を招くだけです」

那智「その通りだ……よし。那智戦隊! 出撃するぞ!」

ザザァァァァ!!



ー鎮守府正面海域ー

ヲ級e『…………!』バッ

チ級『…………!』コクン

リ級『…………!』コクン

ヌ級『…………!』ガパァ…

ビビビビビビビビビビビ



116:変態糞提督:2015/09/26(土) 18:37:12.13 ID:XAEqUe1L0

鳳翔「……敵機確認! 艦載機多数、接近します!」

那智「よし、全艦対空砲火! 聞こえるな提督!!」

提督『オッス――』ガガ…

那智「まもなく敵艦隊と接近する! 緊急時は互いに即時報告を行うぞ!」

提督『オッスお願いしま~す――』ガガ…

球磨「あいつ真面目にやってるのかクマ?」

那智「あれで意外と我々のことを大事に考えているのさ……来るぞ! 対空構え!」

愛宕「よ~そろ~!」

ガガガガガガガガ…!!



ヲ級e『…………』ビッ

チ級『…………!』ザザッ

リ級『…………』コクン



117:変態糞提督:2015/09/26(土) 18:52:52.67 ID:XAEqUe1L0

高雄「航空機殲滅です!」

愛宕「う~、装甲が少し焦げちゃった」

鳳翔「……こちらの航空隊も殲滅された模様です。損害は互いに五分といったところでしょう」

那智「(正規空母の分、航空戦は向こうに押されるかと思ったが……防衛に回したか? まぁよい)」

球磨「敵艦隊、目視クマー!」

那智「砲雷撃戦、用意! 迎撃するぞ!」

リ級『…………!』ドドン

チ級『…………!』ズン!



――一方、鎮守府

ー指令室ー

提督「損害は軽微で抑えてくれよな~。頼むよ~」ソワソワ

ヲ級「……!!」ピクッ



『・・…・・……・・・……・…・・・……・』



ヲ級「ヲ……ヲヲ……!」ガタガタ

提督「!? お、大丈夫か? 大丈夫か?」



118:変態糞提督:2015/09/26(土) 19:09:46.87 ID:XAEqUe1L0

ヲ級「…………ミンナガ ヨン、デル」ガタガタ

提督「……! 深海棲艦の信号を受け取ってるのか!?」

ヲ級「……ッ!」コクコク

提督「なんて言ってるんだ? お前を呼んでるのか?」

ヲ級「サ……サガシテイル……ワタシヲ……」ブルブル

提督「あっ……(察し)」



ヲ級e『…………!』

ヲ級「………!」



ヲ級「此処へ来ル! 私ガ……ヲ級ガ来ル!!」

提督「!! し、しかし艦隊は交戦中のはずじゃ――」

ヲ級「デモ……コレハマサカ……陽動……!?」

提督「ファッ!? ま、まずいですよ!!」バッ



119:変態糞提督:2015/09/26(土) 19:33:39.29 ID:XAEqUe1L0

ヌ級『…………!』

ドゴォォン……!



那智「よし……あとは正規空母のみだ!」

高雄「……!? ちょ、ちょっと待ってください! ヌ級以外の空母の艦影が見当たりません!」

那智「何?」

球磨「撤退したのかクマ?」

鳳翔「航空機戦の段階では確認していたはずです。どこかに――」

ガガッ――

提督『みなさん、ご無沙汰しております』ガガッ

那智「おい、そちらの索敵情報はどうなっている? ヲ級の艦影がこちらの戦場から消失した!」

提督『やはりやばい(確信)……たった今ヲーちゃんが深海棲艦の信号を受け取った! 今撃沈した五隻は陽動の可能性が高い!』ガガ…

那智「なっ……一隻が鎮守府に侵攻しているのか!?」

提督『そうだよ(便乗)』ガガ…

愛宕「そんな……別動隊もなしに単独でってこと?」

球磨「もしかしてこれ、最悪の場合ってやつクマ?」

鳳翔「……! とにかく戻りましょう! 一隻ならば第六駆逐隊の子達も食い止めてくれるはずです!」

提督『よろしくナス――アッーーーー!?』ガガ… (プッ)

高雄「た、大変だわ!」

那智「(おのれ、このために温存していたか……!)」



120:変態糞提督:2015/09/26(土) 20:25:55.69 ID:XAEqUe1L0

ー鎮守府正面ー

ウーウーウーウー!

提督『空襲警報也! わわわわわわわがちんちん、鎮守府にくくくくくくく空母、空母がきちゃう! きちゃうきちゃうきちゃうきちゃーーう!! 鎮守府壊れるーーー!!』ビリビリビリビリ

暁「落ち着きなさいよ司令官!!」

雷「わ、私たちだっているんだから! というか残存戦力は私たちしかいないんだけど……」

電「だだだだいじょうぶなのです! 電の本気をみるのです!」

響「ダー、対空は得意じゃないがやるしかない!」

提督『だ、第六駆逐隊! 鎮守府も大事だけどお前らの方が大事だ! 大破しそうになったら避難して、どうぞ!』

暁「レディーの実力を侮らないでよね! みんないくわよ!」



提督「これはヤバいかもわからんね……ヲーちゃん、敵の狙いはお前なんだろう? 今のうちに工廠の方へ避難しておくんだ!」

ヲ級「シ、シカシ……司令官ハ!?」

提督「こんなゆるケツでも提督なのよね俺! 戦いが終わるまで敵からは逃げられん!」

ヲ級「ッ……」

提督「お前は俺たちの仲間だ! 絶対にまもるっ! さぁイけ!」

ヲ級「……ワカッタ」ダッ



121:変態糞提督:2015/09/26(土) 20:49:26.07 ID:XAEqUe1L0

ガガガガガガ……!!

ドドォン!

電「はわわわわ……!」

響「く、やはり単装砲だけじゃ限界があるね」

暁「か、数が多すぎておとしきれない……! きゃあっ!?」ドゴン!

雷「暁ッ!!」

ザザァァァ…



ヲ級e『――…………』ギラン



響「!」

電「ヲ、ヲ級……なのです」

雷「しかもあれ、上位艦……!?」

暁「そんな……いくら私たちでもアレの相手はできないわよ……!」

提督『第六駆逐隊! 無理はするな! 撤退しろ!』ガガッ

響「でも……敵の狙いはヲーちゃんなんだろう? なら退けないな……!」

雷「そうよ……! 友達を捨てて逃げられるもんですか!」

暁「そんなことしたら一生一人前のレディーになれないわ……!」

電「ヲーちゃんは……電たちが守るのです!」

提督『お前ら……なんて歪みねぇ♂艦娘なんだ!』ブワッ



122:変態糞提督:2015/09/26(土) 21:05:45.27 ID:XAEqUe1L0

ヲ級e『…………』バッ

ヒュンヒュン――ガガガガガガガガ!!

「「「「んきゃあああああああ!!!!」」」」ドカーン!

提督「やっぱりな♂ ……って言ってる場合か!!」ダッ



電「はぅう……」(大破)

雷「もううごけないよぉ……」(大破)

響「この程度じゃ……沈まんさ」(大破)

暁「さすがに……むり……」(大破)

ヲ級e『…………』バッ…

提督「おぃ、待てィ! おぃ、肝心な提督倒し忘れてるゾ!」デデドン!

電「し、司令官!? 無茶なのです!」

雷「人間に勝てるわけないじゃない!」

提督「バカ野郎お前俺は勝つぞお前」(←日本刀)

ヲ級e「…………ドケ」

チュドォォォォン!!

提督「シュバルゴ!!」ドサッ(瀕死)

暁「司令官!!」



123:変態糞提督:2015/09/26(土) 21:23:09.39 ID:XAEqUe1L0

響「すまないヲーちゃん……せめて私の最後の名を教えてあげたかった……」

提督「アー逝キソ……アー逝キソ逝キソ……アッアッ……」

ヲ級e「ジャマヲスルナ……!」バッ

――ガガガガ!!

ヲ級e「――ッ!?」グラッ

暁「い、今のは!? 艦隊が戻ったの!?」

雷「でもあれは……深海棲艦の艦載機じゃ」

電「あっ……!」



ヲ級「…………」ザザァァ…



響「ヲーちゃん!? そうか、艤装を……!」

ヲ級e『・・…・! …・・・…・……・……!』

ヲ級『……・…・・…・・……・……・・』

暁「な、なに……? 何か話してるの……?」

提督「……!? ヲーちゃん……!」



124:変態糞提督:2015/09/26(土) 21:35:22.69 ID:XAEqUe1L0

ヲ級「エッ……!?」

ヲ級e『・・……・…・・・…・……・……・・・……・・』

雷「な、なになに? どうなってるの司令官?」

電「ヲーちゃん……びっくりした顔してるのです」

ヲ級「……」

ヲ級e「……」

提督「これもうわかんねぇな(思考停止)」

ヲ級「………………スマナイ」

ヒュンヒュンヒュン――

ガガガガガガ!!ガガガガガガ!!ズドォオン!!

暁「きゃーー!!!」

提督「やはりやばい(確信)みんな伏せろ!!」

ガガガガガガガガガガガガ!! ドドドドドド!!

ヲ級e『…………!』バッ

ヲ級「グ………ヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲ!!!」

シュンチュイン! カン! カンコン!! ブッチッパ!

ガガガガガガガガガガ――ズドン!

ヲ級「ガッ……!!」ガクン

ヲ級e『…………!』

響「ヲーちゃん!!」



126:変態糞提督:2015/09/26(土) 21:59:50.20 ID:XAEqUe1L0

ドゴゴォン!!

ヲ級e「グヲッ……!?」



那智「全砲門、左舷側のヲ級に照準合わせェ!!」ドンッ

球磨「魚雷発射クマー!!」ドシュッ

高雄「てええぇい!!」ドンッ

愛宕「喰らいなさい!!」ドンッ

鳳翔「……悪く思わないでください!」バンッ

提督「間に合ったか!」

ズドドドォン!!! ブッチッパ!



ヲ級e「……ゴ……ヲ……!!」ガクン…

電「ち、沈黙したのです! やったのです!」

ヲ級「……! 待テ!」ザッ

雷「あっ、ヲーちゃん危ないわ!」

提督「……まさか、あのヲ級は」



127:変態糞提督:2015/09/26(土) 22:14:39.24 ID:XAEqUe1L0

ヲ級e『…………』グラ…

ヲ級『…………!!』ガシッ

ヲ級e『…・…・・…・……・…・・・・……――』ニコ

ヲ級「……マ、待ッテ! アッ……」

ヲ級e『……』ズルッ…



ボコボコボコ……ドプン…



那智「……空母ヲ級の撃沈を確認。敵艦隊の撃退は完了、だ」

球磨「ふぅ……もう少しで鎮守府が壊滅するところだったクマ」

ヲ級「………………」

高雄「……ヲーちゃん、もう」

鳳翔「……みなさん、今はそっとしておいてあげましょう」

愛宕「こればっかりは……避けられないものね」

那智「第六駆逐隊のみなもよく頑張ってくれたな。お前たちは……先に入渠しておけ」

暁「……わかったわ」

提督「……悲しいな(諸行無常)」



128:変態糞提督:2015/09/26(土) 22:38:35.86 ID:XAEqUe1L0

――191分9秒後

ー執務室ー

那智「……修理が完了したぞ」

提督「あっ、ありがとナス」

ヲ級「…………」

那智「……ヲーちゃん。第一艦隊の旗艦として、この鎮守府を守ってくれてことに礼を言う。ひとまずゆっくりと……身も心も休めるがいい」

ヲ級「……アァ」

那智「私も汗を流してくるとしよう。あとは貴様に任せるぞ」

提督「かしこまり!」

ガチャコン……

提督「……あのヲ級は誰だったんだ?」

ヲ級「私ノ一世代前二生マレタ ヲ級……私ノ姉二アタル ヲ級。行方不明トナッタ妹ヲ……私ヲ探シテイタラシイ」

提督「深海棲艦にもそんな絆があったのか……なんか芸術的(恍惚)」

ヲ級「……『一緒二帰ロウ』ト……私ノ無事ヲ……喜ンデイタ。デモ私ハ結局アンナコトヲ シテシマッタ」

提督「…………」

ヲ級「私ト姉ハ……ココデ一緒二生キラレナカッタノカ? 何故私ダケガ コンナ二悩ンデイルノダ? モシカシタラ、ココニイタノハ姉デ、今日死ンダノハ私ダッタカモシレナイ」

提督「……」

ヲ級「オ前ハ……何故私ヲ助ケタ!? ナンデ姉ノコトハ助ケテクレナカッタノダ!?」



129:変態糞提督:2015/09/26(土) 22:58:10.82 ID:XAEqUe1L0

提督「偶然だ」

ヲ級「!」

提督「俺は偶然……無力なお前を助け、ここで暮らすことを許した。もしお前たちが二人で一緒にいたならば俺は警戒し、敵としてすれ違うだけだっただろう」

ヲ級「ソンナ……ソレダケカ!? ソレダケデ 私ダケガ助カッタトイウノカ!?」

提督「そうだ。俺の気まぐれな判断と、お前の大破漂流状態……そしてこの鎮守府にいた艦娘の同情と良心。それらすべてが偶然重なってお前は今、ここにいる」

ヲ級「……ナラバ、コレカラ起キルコトモ偶然カ?」ガッ!

提督「うっ……うもぅ……!」

ヲ級「オ前ハ偶然助ケテシマッタ敵二……深海棲艦二殺サレルノダ。偶然二……タダ偶然二!」グググ…

提督「そ、それも……ゆるケツ提督の末路にはふさわしいかもな……っがは」

ヲ級「私ハ……深海棲艦ダ……オ前達ヲ殺ス存在ダッタハズダ……!」グギギ…!

提督「っ…………ッヲ、ヲーちゃん」

ヲ級「!!」

提督「せめて俺を殺すのは……その涙が止まってからに、してくれよな」

ヲ級「ッ……?! ナ、ナンダ、コレハ……!」ポタッ…

提督「ヲーちゃんが……人の心を持ってるという……痛み……生きてる証拠だよ……」

ヲ級「イ、痛ミ……?」パッ



130:変態糞提督:2015/09/26(土) 23:21:24.80 ID:XAEqUe1L0

提督「っ、ゲホッゲホッ!(迫真の咳き込み)」

ヲ級「オカシナコトヲ言ウナ! 私ハ別二ドコモ痛クナンカ……!」ポロポロ

提督「心の中が……痛いんだよ。大切なものを失った時、自分が嫌いになってしまった時……心は痛む。苦しくなるんだ」

ヲ級「ッ…………ワカラナイ! 私ハ……生キテイテイイノカ……姉ノ代ワリニ死ヌベキダッタノカ……ドッチダ!?」

提督「……正しいことが何かは、はっきりわかんないんだ。だから……ヲーちゃんが『どうしたいか』。それだけでいい」

ヲ級「……私……私、は」

提督「……」

ヲ級「……」

提督「……」

ヲ級「……オ前を、殺したくなイ……私の仲間も殺しタくない。友達も……みんなと一緒がイイヨ……」ボロボロ

提督「そうか……俺も同じだ。できることなら誰とも戦いたくはない。俺以外の誰だって、戦争は嫌だ」

ヲ級「ウッ……うぅ……ううううぅぅ」グスグス



――ガチャコン

暁「司令官! ヲーちゃんは無事なの!?」

電「はわわ! ヲーちゃん泣いてるのです!?」

雷「大丈夫!? あぁ大丈夫じゃないのよね……私を頼ってもいいからね? よしよし」ナデナデ

響「もしや司令官に何かされたのか?」

ヲ級「……あァ、された」

提督「(俺は何もして)ないです」

暁「ま、まさか変なことしてたんじゃないでしょうね!? 不潔よ! 野獣!」

提督「(変なことはして)ないです」

キャー キャー



ヲ級「(……二度も助けられたよ。お前には……)」グスッ



133:変態糞提督:2015/09/26(土) 23:35:44.96 ID:XAEqUe1L0

………………

――後日

ー甘味処 間宮ー

ガチャコン

間宮「いらっしゃいませ。あら、ヲーちゃん!」

ヲ級「こんにちハ」

提督「全く……朝からアイスアイス言うんじゃねーよガキのくせにオォン?」

ヲ級「アイスクリーム下さイ」

間宮「はい、かしこまりました♪」

提督「このスルースキル、間違いなく進化してるゾ……」

ヲ級「球磨から『あいつの言うことは半分無視していいクマ』と言われたからナ」

提督「あのクマ今度鞭でお仕置きしてやる……!」

ヲ級「……」ソワソワ

提督「なにそわそわしてんでィ」

ヲ級「いや……ちょッと」

提督「便所か? あくしろよ」

ヲ級「違ウ。便所はあとでイく」

提督「イくのか……(驚愕)」

間宮「お待たせしました。ごゆっくりどうぞ~♪」カチャン



135:変態糞提督:2015/09/26(土) 23:56:43.95 ID:XAEqUe1L0

提督「うん、美味しい! やはり間宮さんのアイスを……最高やな!」

ヲ級「……」

提督「お、なんだなんだ? お前今頃遠慮でも覚えたのか~? でゅふふふ」

ヲ級「あ、あーン」カチャ

提督「……は?」

ヲ級「い、いいから口を開ケろ!」

提督「なんで開ける必要なんかあるんですか……あーん。むぐむぐ」

ヲ級「……ヲいしいか?」

提督「あ~たまらねぇぜ。やはり間宮さんのアイスを……」

ヲ級「ヨし。あーン」

提督「ムグ……やはり間宮さんの」

ヲ級「あーン!」

提督「あ、おィ、待てィ。おィ肝心な自分の分食べ忘れてるゾ」

ヲ級「イイ。今日は司令官に食べさせてあげるのが目的だからナ」

提督「は?」

ヲ級「ホレ、あーン」

提督「……あ、あーん」



間宮「(……ふふ、ヲーちゃん自覚してやってるのかしら? まぁ提督さんもニブチンみたいだけど)」



136:変態糞提督:2015/09/27(日) 06:17:32.30 ID:s6nONaQK0

ー執務室ー

那智「……もはや常駐守備戦力として期待しているからこそ、貴様らの挙動には多少なり目をつむるつもりであったが」

提督「ん? 遠征計画書の確認だろ? 次あくしろよ」

那智「ど う し て 貴 様 ら は 肩 を 寄 せ 合 っ て い る の だ !!!」

ヲ級「……引っ付きたいからダ」

提督「まぁ仕事に支障はないし、多少はね?」

那智「業務中だ! 節度をわきまえてだなーー」

ヲ級「……知っているゾ。そういうのヲ『嫉妬』というんだろう」

那智「……あ?」ピキ

ヲ級「この前飲んだ時に言っていたものナ? 『私とて殿方との……だ、男女関係に憧れがないわけではなイ///』ト」

提督「はぇ~……まぁ女の子だからね。仕方ないね」

那智「あ、あれは、その、貴様が提督との関係を惚気はじめたから……!」

ヲ級「羨ましくなっタんだろウ? だが諦めロ。こいつは私が……喰ウ」ピト

提督「えぇ……(困惑)」

那智「言っておくがな、私は別にこのだらしのない提督に気があるなどとは一言も――」

ヲ級「『たまに漢の顔になったリ、突然撫でられたリすると、少し胸が熱くなってナ……///』と言っていたのはどこの重巡洋艦ダ?」

那智「み、妙な声を出すな! そんな色じみた声で言った覚えはない!!」

提督「言ってたことは否定しないんですね。たまげたなぁ……」

那智「」カチン



提督「このあとヲーちゃんと那智ゃんがめちゃくちゃ喧嘩した。なんで俺まで殴られる必要なんかあったんですか……鈍感? なんのこったよ(すっとぼけ)」



138:変態糞提督:2015/09/27(日) 09:57:05.33 ID:s6nONaQK0

ー海上演習場ー

暁「みんな用意はいいわね? それじゃ、うちかたはじめー!」

雷「えーい!」

電「なのです!」

響「行くよ」

ドーン… ドーン…

ヲ級「……訓練カ?」

暁「あら、ヲーちゃんじゃない。ええそうよ、防空射撃訓練をやってるの。この前の戦いで対空精度が全然足りないことが分かったから……」

ヲ級「……すまなかっタ。もっと早くに私が駆けつけれバ」

暁「そんなことないわ、ヲーちゃんはちゃんと私たちを助けてくれたじゃない! それに一人前のレディーなら対空性能も万全にしておかないとね!」

ヲ級「……よし、私モ付き合おう」

暁「はぇ?」

ヲ級「実戦の艦載機は縦横無尽に飛来するシ、機銃も撃ってくル。実際に空母を相手にした方が練度も上がるはずダ」ガパッ

暁「ちょ、ちょっとまって! いきなりそんな」

ヲ級「参ル」ヒュンヒュンヒュン

ズゴゴゴォン

ンキャーーー!! ナンナノデスー!?



140:変態糞提督:2015/09/27(日) 10:24:24.92 ID:s6nONaQK0

ー執務室ー

提督「……で、全員大破するまで訓練に熱中してしまったと」

ヲ級「……ウム」ボロ

響「少しやりすぎたかもね」ボロ

電「なのです……」ボロ

雷「暁が無茶するから……」ボロ

暁「で、でもヲーちゃんをあそこまで追い詰められたんだから! 訓練としては成功で――」

提督「ふざけんな!!!!!!」ビリビリ

一同「」ビクッ

提督「訓練で大破までしてどうすんだ!! 頭にきますよ! お前らさっさと風呂で頭バッチェ冷やしてこい!! 今度から防空射撃訓練を行う場合は鳳翔に指導してもらうこと!! わかったら返事ィ!!!!!」ビリビリ

一同「ははははい!!!」

提督「それとヲーちゃん!!」

ヲ級「な、なんダ」ビクッ

提督「頼むから俺の前で二度と大破するな。いいな!!!」

ヲ級「! わ……わかっタ」

ガチャコン!



那智「……過保護な男だ。言いたいことはわからんでもないが」

提督「……やっぱなぁ。どこまでいっても見た目は敵艦だルォ? あまり白熱するとなぁ、これ……なぁ?」

那智「……今夜は一杯やるか」

提督「Foo↑」

那智「その書類が片付いたらな」

提督「ポッチャマ…」



141:変態糞提督:2015/09/27(日) 11:18:53.61 ID:s6nONaQK0

ー入渠ドックー

カポーン…

雷「なんか今日は一気に練度があがった気がするわ……」

電「そうだといいのです」

暁「少なくとも空母の弱点はわかった気がするわ! 艦載機が出る前に叩いてしまえばいいのよ!」

響「それができればハラショーさ……」

ヲ級「……」ブクブク

響「浮かない顔だねヲーちゃん」

ヲ級「……司令官、怒っていタ?」

暁「……まぁ、怒ってたわね」

ヲ級「……嫌われちゃったかナ」

電「そんなことないのです! きっとヲーちゃんのことがすごく大事だから、司令官はあんなに厳しく言ったのです」

雷「……あー、もしかしてヲーちゃんって!」

ヲ級「!」

響「ホの字というやつかな。彼のことが好きなんだね」

ヲ級「ス……好きカ。そうだナ、好きだナ」

暁「ふ、ふーん。まぁ良い人だとは思うわ?」

ヲ級「暁のことモ好きだぞ?」

暁「ほ、ホント? えへへ……ありがと」テレテレ

響「……その『好き』とは別じゃない?」

ヲ級「え?」



142:変態糞提督:2015/09/27(日) 11:39:51.05 ID:s6nONaQK0

ー再び 執務室ー

提督「ぬわぁぁぁぁぁん疲れたもぉぉぉぉぉん」

那智「ふむ、確かに。今日はこれでよかろう」

提督「うし、今日は一杯飲むゾ~」

ガチャコン

ヲ級「……ただいマ」ホカホカ

提督「お、お帰り。もうそんなに時間経ってたのか……」

ヲ級「……あ、アの、司令官」

提督「あん? なんでィ♂」

ヲ級「……」ジー

提督「?」

ヲ級「……お前のことが好きダ」

提督「ファッ!?」ドキッ…!

那智「!? お、おい待て貴様それはどういう……」

ヲ級「……? いや、ナンダ、そういうことではなク……んヲ?」

那智「……ははぁーん。よし貴様。今日は呑むぞ。私が奢ってやる」

ヲ級「……お前のことも少し好きになっタ。今だケ」

那智「現金なヤツだな。まぁいいから来い、いろいろ貴様に教えてやる」

提督「おい待てィ、肝心な提督呼び忘れてるゾ」

那智「貴様は一人酒でも嗜んでおけ朴念仁」

提督「あぁんお姉さんひどぅい……(絶望)」



143:変態糞提督:2015/09/27(日) 12:28:33.18 ID:s6nONaQK0

ー食事処 鳳翔ー

鳳翔「なるほど、ヲーちゃんがそんなことを……」

愛宕「それはもしや……? ふふっ」

高雄「恋ね! と言って差し上げますわ!」

ヲ級「……鯉? ヲイシイのかそれハ?」

球磨「なんてテンプレな反応クマ……」

那智「その鯉ではない。いや確かに鯉こくも美味いが……貴様は提督に恋慕の情を抱いているのだ」グビ

ヲ級「??」

愛宕「具体的に言うと~……ぎゅっと抱きしめたり、チュ~してあげたくなることよ♪」

ヲ級「エ……ちゅー?」

愛宕「そうそう! こうやって口をチューって♪」チュ

球磨「クマー! いきなり何するクマ!!」///

ヲ級「な、なんだカ恥ずかしいぞこれハ……」

愛宕「うふふ。今のはほっぺだけど、口同士でキスしたらもっと恥ずかしいわよ?」

ヲ級「口ヲ……引っ付けるのカ?」

那智「ふ、仲が進めばもっとすごい……らしいぞ。こう……」ゴニョゴニョ

ヲ級「……!! ほ、本当にそんなことするのカ!?」///

那智「それが大人の付き合いというものだ!」

球磨「……球磨、那智が男性経験あるって聞いたことないクマ」

鳳翔「純粋だからこそ思い描ける夢もあるんですよ。ふふ」



146:変態糞提督:2015/09/27(日) 14:37:19.36 ID:s6nONaQK0

――3643.64秒後

那智「もーあれだ! 強引にいけ! 押し倒せ! そうすれば奴とて野獣と化すよ!」グビ

ヲ級「それだと私が襲っていルだけではないカ! もっと私は……ア、甘える感じデ」///

愛宕「ヲーちゃん甘えるのが好きなの? いいわよ~いっぱい甘やかしてあげちゃうんだから~でへ♪」ギュウ

ヲ級「……デカイ」

高雄「あぁ~んおねえちゃんのことも甘やかしてよぉ~」ギュム

ヲ級「やはりデカイ……男はデカい方が好きなのだろうカ」

球磨「さぁ、人によるんじゃないかクマ? あの提督はおっぱいには興味なさそうクマ」

那智「何? まさか……そっちの人間か?」

球磨「……なんとなくそんな気配がするだけクマ。たぶんノンケクマ」グビ

那智「よし! ヲーちゃん今度確かめてこい! やはり強引に胸を押し付けるのが一番だ! 愛宕、手本を見せてやれ!」

愛宕「うふふ、ぱんぱかぱ~んっ!」ギュム

高雄「ぱんぱかぱ~ん! あはははははは!!!」ゲラゲラ

ヲ級「むグ……わ、私ではこれは無理ダ……!」

鳳翔「みんな、殿方に触れるのは構いませんが節度は守りましょうね。はい、空豆の甘露煮です」コトン

球磨「クマ~♪ これ好きクマ。鳳翔も飲んでるクマ?」

鳳翔「楽しんでおりますよ。こうして種族を越えて盃を交し合える時間というのはとても貴重ですから」コク…

那智「女は胸ではない! な、鳳翔!」

鳳翔「もちろん。それだけで女性の価値は決まりませんよ」

那智「ほらみろ! 私たちは大丈夫だ!! 貴様も安心しろ!! ふはははははは」

ヲ級「ウザイ……」グビ



149:変態糞提督:2015/09/27(日) 14:59:14.78 ID:s6nONaQK0

――3341,919秒後

高雄「むにゃ……わたしがおねえちゃんなの~……」

愛宕「クマちゃんかわいい~……えへへ」ナデナデ

球磨「なでなでしないでほしいクマ~。酔っぱらいはこれだから毎度困るクマ」

那智「なかまらひのからきら~……ちゅいげきしゅる~」フラフラ

ヲ級「昼間と全然違ウ……変なヤツダ」

鳳翔「ヲーちゃんがいてくれて助かりました……いつも三人を二人で運んでいましたから」

球磨「ヲーちゃんは酒に強いなクマ。酔わないクマ?」

ヲ級「いや……酔ってはいル。とても、楽しイ」

鳳翔「ふふ……あ、ここまでで大丈夫ですよ。ヲーちゃんは先にお休みください」

      『提督'sROOMー』 こ↑こ↓

球磨「……よく考えたら監視の名目で二人とも毎晩一緒に寝てるクマ。よくそれで手を出されないクマ」

鳳翔「提督は……初心といいますか、純真な方ですから」クス

ヲ級「……優しい奴なんダ」

球磨「クマー……でもヲーちゃんはそれじゃ足りないクマ? 少しくらい求めてもきっと罰は当たらんクマ」

鳳翔「据え膳食わぬは何とやら……という言葉もございますからね。愛し合うことを恥じる理由はありません」

ヲ級「……ありがとうございまス。鳳翔、球磨、皆モ」

球磨「焦らずしっかりやるクマ~」

鳳翔「おやすみなさい、ヲーちゃん」

ヲ級「おやすみなさイ」

ガチャコン…



150:変態糞提督:2015/09/27(日) 15:35:04.29 ID:s6nONaQK0

ー提督'sROOMー

提督「クゥーン……クゥーン……」zzZ

ヲ級「……」トコトコ

提督「ヴォー……」zZ

ヲ級「司令官」

提督「ゥーン……あぁヲーちゃん……? お帰り」

ヲ級「ただいマ」

提督「……ンゴ」zzZ

ヲ級「……そうカ。ここガ……私の『ただいまを言う場所』なンだ」

提督「シュー……」zz

ヲ級「司令官」

提督「ゥーン……?」

ヲ級「私ハ……ずっとお前にただいまを言いたイ。お前に『お帰り』ヲ言ってほしい」

提督「オッス……」

ヲ級「……もう私は普通の深海棲艦にも戻れなイ。こんなに色んなことを知ってしまっタ。お前に会ってしまったかラ」



『あれはもしや大破した艦娘!?』

『ところでヲ級、夜中腹減んないっすか?』

『よかったなヲーちゃん!』

『お前は俺たちの仲間だ! 絶対にまもるっ!』



『人の心を持っている……痛み……生きてる証拠だよ……』



151:変態糞提督:2015/09/27(日) 15:50:40.25 ID:s6nONaQK0

ヲ級「お前ヲ……愛したい心を知ってしまったから」ギシ…

提督「……? ん!」

ヲ級「んク……」チュウ

提督「う……うもう……」チュウ

ヲ級「……私はお前のことが好きだ」

提督「……」ガバッ!!

ヲ級「!!」

提督「俺だって……ずっと……」

ヲ級「し、司令官……」



提督「お前のことが好きだったんだよ……」ギュ

ヲ級「……そうか。嬉しい」ギュウ…



ヲ級「………………」

提督「……ん?」

ヲ級「……zzzZZ」

提督「これは安心しきって昏睡していますね……どうすっかなぁ俺もなぁ……」


野獣提督『(やっちまおうぜオイ。そのための右手、あとそのための拳?)』

ビューティー提督『(ふざけんな! レイプは犯罪、はっきりわかんだね)』


提督「……」

ヲ級「……zzz」

提督「……俺も寝るか。クゥーン……」zzZ



152:変態糞提督:2015/09/27(日) 16:09:26.48 ID:s6nONaQK0

ー翌日 執務室前ー

那智「くっ……久々に調子に乗りすぎたか……頭が痛い……」ガンガン

ガチャコン

那智「遅れてすまない、朝食は……」

ヲ級「ほら、こっちもヲイシイぞ。あーん」

提督「詰め込みすぎィ! 口からで、出ますよ」ボロ

ヲ級「ヲイシくないのか? せっかく鳳翔に教わって作ったのに……」シュン

提督「美味しすぎィ! でも分量多い……多くない?」

ヲ級「お前にいっぱい食べてもらいたかったから……な?」

提督「これって……勲章ですよ(恍惚)」

ヲ級「じゃあもっと食べろ。ホラホラホラ」

提督「んああああああああ」ボロボロ

那智「……………頭が痛い……朝っぱらから何をしている戯けが」

ヲ級「愛し合っているのだ」

提督「あの~、俺仕事あるんで後でまた……」

ヲ級「……ご飯が冷める」シュン

提督「逃れられぬカルマ(絶望)」



153:変態糞提督:2015/09/27(日) 16:26:11.15 ID:s6nONaQK0

ー鎮守府正面ー

暁「んー、今日もいい天気!」

雷「たまにはゆっくり過ごすのもいいわよね」

響「ダー」

電「なのです」

高雄「あら、みんなは今日はお休み?」

愛宕「駆逐隊療養の日、ね♪」

球磨「クマたちも休むかクマ?」

鳳翔「巡洋も大切なお仕事ですよ」

那智「その通りだ。さっさと出発するぞ」

球磨「お、酔っぱらいが来たクマ。二日酔いしてないかクマ~?」ニヨニヨ

那智「……生憎と一発で酔いが冷めたよ。アレを見たらな」

高雄「あぁ……私もです」

雷「? 何かあったの?」

愛宕「え~っとね……」

――ドドドドドド

提督「はっ、はっ、はっ、はっ! もう勘弁してくれ!」

ヲ級「待て司令官! まだ半分も食べてないぞ!」

鳳翔「おや……噂をすれば、ですね」



154:変態糞提督:2015/09/27(日) 16:49:36.46 ID:s6nONaQK0

ヲ級「深海特製ソースが全然減ってないじゃないか!」

提督「もう十分堪能したよ! み、みんな助けてくれ! ヲーちゃんが俺を超弩級提督にしたてや、仕立て上げようとすんだよ!!」

那智「断る」

響「愛されてるじゃないか」

愛宕「乙女の想いは全部受け止めてあげなきゃ♪

球磨「自分でなんとかするクマ」

高雄「ごちそうさまでした」

提督「なんだこの扱いは……たまげたなぁ(驚愕)」

ヲ級「司令官! 私のことが好きなんだろう!? なぜ逃げる!」ドドドド

提督「空母はやすぎィ!?」ドドドドド

雷「もう、司令官も大変そうね」

電「でもヲーちゃん……楽しそうなのです」

暁「まったく、あれじゃレディーには程遠いわね……今度みっちり特訓してあげなくちゃ」

鳳翔「……ふふ」



提督「トホホ……もう深海棲艦なんてこりごりだぁ~~っ!!」

ヲ級「……深海棲艦は嫌なのか?」ヒョコ

提督「嘘だよ(便乗)」

ヲ級「フフッ……捕まえた!」チュ

提督「ファッ!?」



ヲ級「また私に……『お帰り』ヲ言ってくれよ?」




~提督レイプ! 艦娘と化したヲ級~

      「艦」



元スレ
【艦これ】提督「あれはもしや大破した艦娘!?」 ヲ級「ヲ……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443082413/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 61. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月28日 12:48
          • ヲ級SS流行らせコラ!
          • 62. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月28日 12:59
          • あーいいっすねぇ
          • 63. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月28日 13:06
          • さいきん深海側が味方になるSS多いよな

            そのうちゲームでも深海側が仲間に…いいと思います!
          • 64. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月28日 13:19
          • 淫夢語録使わないとうまく喋られない人かな?
            マジで語録使わなければ良いのに自分の提督のキャラに自信が持てなかったのか?
          • 65. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月28日 13:25
          • 語録しか言えんのかこの猿ゥ!
            -1145141919810364364点
          • 66. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月28日 13:46
          • 淫夢要素あったっていいじゃないか。SSだもの。

            面白かったゾ、いいゾ〜コレ
          • 67. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月28日 13:57
          • ヤメロォッ(語録使うの)ナイスゥ(本音)
          • 68. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月28日 14:07
          • 淫夢用語が無かったら読んでなかった
            おもろい
          • 69. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月28日 14:49
          • 那智いいな
            かわいい
          • 70. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月28日 15:17
          • 中途半端な語録で台無しだよホモガキ
          • 71. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月28日 16:25
          • 深海棲艦を憎まない提督が生まれるほど海の安全が守られていることが重要だと思う。
            艦娘がすごい頑張って一般人の被害を全く無くしているのか、民間人に対して深海棲艦は一切の攻撃をしないのか。
          • 72. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月28日 17:09
          • 面白かったぜ
            語録があってこそ引き立つってもんだな!
          • 73. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月28日 19:29
          • 5 ごめんぶっちゃけめっちゃ好き
            後味良いし、読んでて気持ちよかった
            提督のキャラも俺は好き
            だけど淫夢は万人受けはしない、はっきりわかんだね
          • 74. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月28日 21:01
          • 1 俺ホモだけど
            なんの意味もなく淫夢語使われるとイラがつくし萎える
            あと面白くもなかった

            駄作
          • 75. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月28日 21:29
          • ヲーちゃんの深海特製ソースを心行くまで堪能したいゾ
            あとところたどころのそうだよは(便乗)じゃなくて(肯定)ですね…間違いない…
          • 76. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月28日 21:55
          • 流石に淫夢語録多過ぎぃ!?よみにくいよ!?

            と、思ったけど、そういうもんだと思えば普通に面白かったです。ヲ級ちゃんきゃわわ。

            語録は要所要所で適量に使う形にした方がいいかなぁとは思いました、でも貫き通したのでそれが味とも言えるとは思います。合わない人がでるけど仕方ないね
          • 77. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月28日 23:01
          • 提督「バカ野郎お前俺は勝つぞお前」(←日本刀)

            提督は刀剣男士だった……?
          • 78. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月28日 23:16
          • 4 ちょっと淫夢語録多すぎだったけど、変にだれずに読めた。話もそれなりに起承転結しててよくまとまってた。
            334点。
          • 79. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月28日 23:44
          • 徹底して語録キャラ貫くのは好きやで

            ヲ級ペロペロ
          • 80. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月29日 01:20
          • これは純愛物ですね間違いない。

            あぁ^~たまらねぇぜ!
          • 81. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月29日 01:28
          • 4 実はコミュ障なんだけど、敢えて汚物以下の淫夢厨になりきる事で女性との関係を何とか保っているって設定にするといいゾ~これ
          • 82. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月29日 04:04
          • ※61
            女性と接したいがためにホモになるのか(困惑)

            クッソウザキャラだったけど堅物提督よりはすき
            深海棲艦SS流行らせコラ!
          • 83. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月29日 04:05
          • ※82
            ※81だったゾ…(池沼)
          • 84. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月29日 10:09
          • ヲツ
          • 85. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月29日 10:39
          • 1 臭すぎしね
          • 86. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月29日 11:20
          • やっぱり野獣先輩は提督の屑じゃないか!
            ただ人間の鑑には違いないので代わりにひでしね
          • 87. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月29日 12:18
          • 「ありがとナス!じゃない、ありがと那智!」で草
          • 88. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月29日 13:03
          • 構成と展開はくっそ面白いのになあ
            淫夢入れなければこの多いコメントのほとんどが称賛になってだろうに
          • 89. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月29日 13:35
          • ※88
            ほんこれ勿体無い
          • 90. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月29日 16:43
          • 提督の喋り方なんだこれ?、と思ってたけどなんかネタありだったのか
            意味が分かると面白いって訳じゃなさそうだな
            でも話は好き
          • 91. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月29日 17:19
          • 淫夢ネタは賛否ありそうだけど、なかったら完成度高過ぎるか話が重く感じただろうし、個人的には良かったぜ!
          • 92. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月29日 21:21
          • 5 内容もいい構成もいい

            そして語録でじわじわきた
          • 93. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月29日 22:20
          • 5 淫夢はいらない。はっきりわかんだね
          • 94. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月30日 00:31
          • 淫夢の方がシリアス厨二セリフをドヤ顔で言ってくる真のくさい提督より好きよ
          • 95. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月30日 02:53
          • さむい
          • 96. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月30日 03:24
          • 淫夢が邪魔で邪魔でしかたない
          • 97. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月30日 10:11
          • 多少暗くなりがちな話を語録がマイルドにしてくれたと思うんですけど……
          • 98. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月30日 12:57
          • 5 なんでわざわざつまらないと思ったものに臭いコメント残す?
          • 99. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月30日 13:09
          • 自分が気に入らなければ全否定だから仕方ないね
          • 100. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月30日 13:18
          • 5 よかった
          • 101. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月30日 14:28
          • 途中まで大丈夫だったのにヲーちゃんがターちゃんに見えた瞬間からもう腰蓑付けた男にしか思えなくて萎えた
            ヲ級ちゃんはヲ級ちゃんでないと
          • 102. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月30日 18:43
          • 提督が淫夢厨じゃなけりゃTDNテンプレ優男にしかならないから結局叩かれると思うんですけど
            ましてシリアスとなると臭いだの中二だのほざく輩が確実にで…出ますよ
            そこで敢えて提督を淫夢厨にする事で叩かれる要因を淫夢要素だけに出来る、書いた奴頭いいっすね~
          • 103. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月01日 12:32
          • これはこれでいいじゃねーか
            クセが強いだけで良く出来てると思うが
          • 104. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月01日 13:30
          • 案外いい話で草1145141919点
          • 105. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月01日 15:55
          • ホモの力でウイークリーランキング2位
          • 106. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月01日 22:24
          • 人を選ぶかもしれんが普通に面白かったしヲーちゃんがだんだんカタコトじゃなくなってくのがGJ
            提督をシリアスな口調にせず淫夢提督にしたことでギャグ調になってテンポが良かった
            ヲーちゃんの前世とヲ級eのあたりをもうちょっと掘り下げて欲しかったかな
          • 107. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月02日 07:24
          • 3 ハナシハヨカッタガヤジュウクサイノハサムケガスルカラヤメロ
          • 108. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月02日 12:27
          • 臭すぎ。
            淫夢とか関係なくストーリーもキャラも臭すぎて普通じゃまともには読めん。
            むしろ淫夢要素のおかげでその臭さがごまかされてる。
          • 109. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月02日 15:59
          • ↑結構王道なストーリーだし、キャラも提督がクサイ以外は普通のキャラ付けだとおもうんだけど・・・普段一体どんな話読んでんのよ
          • 110. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月03日 22:11
          • 淫夢とパンレスでコミカルさが出てて自分は読みやすかった
            あと、爆発音がブッチッパで草
          • 111. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月03日 23:14
          • 5 話は大好きです。キャラもヲ級の話も特に躓きもなく最後まで面白さを保って読めた。
            でも淫夢は衰退してください! ネット上の癌ですよ!!
          • 112. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月04日 02:14
          • 5 淫夢のお加減で話がコミカルに進んだって、はっきりわかんだね
            これがただの優男提督だったらこう上手く纏まらないって、それ一番言われてるから。
            何せ大抵オチが相思相愛ラブラブENDに如何してもなっちゃう場合が多いし、
            淫夢だからこそ甘くなり過ぎないでスッキリ纏まったんだろう(語録無視)

            でも淫夢はくさくてきたないので、廃れて、どうぞ
          • 113. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月04日 07:34
          • 5 これぐらいの緩いキャラでいいんだよ
            正直ただの堅物提督や優男提督とかだと臭くなってたと思う
            淫夢語録自体はもう慣れてるんで大丈夫です
          • 114. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月04日 10:56
          • ウイークリーランキング1位に草
            どうすっかな~俺もな~
          • 115. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月04日 19:59
          • 淫夢系スレ以外で語録みるのはなぁ~

            -1145141919893364364810334点
          • 116. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月07日 00:47
          • 5 個人的には語録もっとあってもよかったゾ...
            ストーリーは良かった+114514点
          • 117. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月08日 00:12
          • 淫夢要素がほんとキモイ無理二度と書かないで欲しい
          • 118. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月11日 14:03
          • 淫夢語録にレスリング…なんJかな?
          • 119. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月12日 17:37
          • なんかキモいノリだから鳳翔さんと会話し出したとこで止めたわ…しかし艦これSS久々に見たが酷いのしか無いな
          • 120. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月14日 22:10
          • バーテンといい淫夢と言い。
            なんで微妙に博識なホモがSS書いてるんですかねぇ……
          • 121. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月24日 23:09
          • 自衛隊「災害派遣 出動直ちに10式と90式と92式メーサー車と機動戦闘車AH-1とAH-64DとAH-88と93式メーサー攻撃機 派遣せよ!」
          • 122. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月25日 20:15
          • ※63
            瑞穂「まったくその通りですね」
          • 123. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月26日 14:46
          • 5 いちいち野獣先輩とMURとかヒゲクマのボイスで脳内再生されてこれもうわかんねぇな
            語録もっと増やしてくれよ頼むよ〜(懇願)
          • 124. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月28日 11:59
          • 4 王道を征くストーリーに流れるような語録使い、誇らしくないの?
          • 125. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月23日 22:24
          • ホモじゃ、ないけど、面白かったです
          • 126. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月26日 20:30
          • 1 他のジャンルに寄生しないと生きれない淫夢とかいうカスはとっとと死んでくれマジで
            ツマらん以前の問題
          • 127. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年01月25日 03:29
          • シリアスシーンで急にぶっこんでくるブッチッパには草。
            あとは秀逸。はっきり分かんだね。
          • 128. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年02月29日 03:47
          • 5 おもしろいじゃん
          • 129. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年03月03日 22:57
          • ヲ級は可愛い、はっきりわかんだね
          • 130. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年03月20日 18:46
          • はえ~すっごい名作、ハッキリ分かんだね
            ところでヲ級の元って誰だろ
            姉がいて正規空母で司令官呼び
            まあオリジナルかもしれんが
          • 131. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年03月26日 21:01
          • ※130
            司令官呼びは第六駆の影響じゃないの?
          • 132. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月04日 03:33

          • 面白かった
          • 133. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月04日 23:04
          • 自衛官A「なあ」自衛官B「なんだ?」自衛官A「「先 見たアレて アレでしょ」自衛官B「先そこで捕まえて」自衛官A「ヤバイて」自衛官B「うん マジでヤバイ‼」
          • 134. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月05日 16:09
          • ホモなのかノンケなのかわかんねぇな
          • 135. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月03日 05:10
          • 5 淫夢要素のせいで叩かれまくっててワロタ
            普通に面白かったけどな
          • 136. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月19日 23:42
          • まもるっの使いどころが秀逸
          • 137. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年06月14日 03:00
          • 5 下手な小説より面白いレベル
          • 138. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年06月26日 07:28
          • 1 とにかく語録ぶち込んどけばいいと思ってるファッション淫夢厨きらい
          • 139. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月01日 15:53
          • 真夏の夜の淫夢タグ付けてホラ
          • 140. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 00:11
          • 普通にめちゃくちゃ面白かったですよ~

            やっぱいがみ合うんじゃなくて仲良くした方がいいってハッキリわかんだね


            ……さて

            婬夢が入るだけでも萎える人は絶対童貞だろ

            恋愛ものなんてこれぐらいネタが入ってるぐらいがちょうどいいんだよ
          • 141. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月12日 12:15
          • 4 一番最後の〜提督レ亻プ! 艦娘と化したヲ級〜に物凄いそそられるでござる
          • 142. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月18日 23:28
          • 淫夢なんて大抵の奴は見ないんだよなぁ!
            自重してどうぞ
            でも少し読めば分かるんだよなぁ!
            ※書くより別のとこ見に行った方がはやいいんだよな
            お互い悪い
          • 143. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月20日 00:49
          • 内容は普通に良かったのに口調でな…
          • 144. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月22日 16:34
          • 5 ノンケに媚びない精神+114514点
          • 145. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月24日 21:51
          • 3 語録は要らなかった-1145141919点
          • 146. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月30日 03:09
          • ナデシコみたいなもんだろ
            淫夢の皮をかぶってシリアスさとかを中和してて良いと思うぞ
          • 147. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月20日 14:38
          • (語録は必要)ないです
            内容は悪くないのに語録が台無しにしてる
          • 148. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月26日 20:09
          • 口調と態度がどうしても受け付けなかったんで最初のページで諦めた
            気持ち悪いわ
          • 149. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月31日 16:30
          • 1 うむ。面白くない

            好きな人向けだろう
          • 150. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年11月07日 04:39
          • シリアス系で平穏な日常を書くのはその先に絶望があるからなんだよなあ
          • 151. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年11月16日 01:19
          • 5 なんか淫夢語録に温かみが感じられてとても良かった
          • 152. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年11月23日 00:16
          • 5 普通に面白かったゾ
            続編とかあったらいいな
          • 153. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年11月30日 03:23
          • 5 内容は良いけど口調はw
          • 154. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年01月27日 17:23
          • 5 いんむ?は苦手だけど、こういう提督は好き
          • 155. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年01月28日 04:40
          • つまらないです
          • 156. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年02月01日 15:24
          • 淫夢が無かったら無かったで臭いとかいうくせによく淫夢要らないとか吐けますね.....
          • 157. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年02月01日 15:25
          • 5 艦これとかやってんじゃねえよホモの癖にオォン!?
          • 158. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月06日 00:31
          • 1 酷い
            もう書かなくていいよ
          • 159. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月27日 11:08
          • 糖質粘着荒らしニキ
            臭っせぇ
          • 160. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月29日 21:57
          • やたらめったらに語録をぶち込んで♂いくスタイル俺は嫌いじゃないよ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • モバP「雪の頃のとんぼ返り」
        • モバP「雪の頃のとんぼ返り」
        • モバP「雪の頃のとんぼ返り」
        • 少年「ナゲット割って、父ちゃん」父「わ、割れない……ッ!?」母「どうすんだい!!!」
        • 【ミリマス】百合子「仲良しショッピングデート」
        • 【ミリマス】百合子「仲良しショッピングデート」
        • 【ミリマス】百合子「仲良しショッピングデート」
        • 【ミリマス】百合子「仲良しショッピングデート」
        • 【ミリマス】百合子「仲良しショッピングデート」
        • 【ミリマス】百合子「仲良しショッピングデート」
        • 【グラブル】グラン「蘭子ちゃんを仲間にするぞ―――ッッ!!!」
        • 【グラブル】グラン「蘭子ちゃんを仲間にするぞ―――ッッ!!!」
        • 【グラブル】グラン「蘭子ちゃんを仲間にするぞ―――ッッ!!!」
        • 【乃木坂46】初恋の人を今でも【曲SS】
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ