TOP

男「なに!?捕まえたモンスターを擬人化できるRPGだと!?」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 16:05:06.102 ID:4ui/d1KnK.net

男「美少女モン娘達とハーレム冒険できるぜ!!」



5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 16:07:03.399 ID:4ui/d1KnK.net

『ただし 雄雌は擬人化したときに判明します』

男「なん…だと? まぁいい…多少ギャンブル性があった方が楽しみだしな…」



7:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 16:08:36.860 ID:4ui/d1KnK.net

『不要な擬人化モンスターは商人に売ることができます』

男「なんだ 結局ハーレム化はできるわけか…安心した」



8:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 16:10:46.779 ID:4ui/d1KnK.net

男「さっそく 冒険だぜ!!」

『スライムが現れた』

男「よっしゃ!!スライムだ!!スーちゃんみたいなかわいこちゃんに違いない!!」



9:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 16:13:25.803 ID:4ui/d1KnK.net

戦闘後『スライムを捕まえました 擬人化しますか?』

男「もちろん!!」

ピロピロリーン

スライム(♂)「お…おでスライムだと…フゥ…フゥ…よ…よろしくだど…フゥ…フゥ…」プルルン

男「………」



12:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 16:15:21.316 ID:4ui/d1KnK.net

男「気を取り直して次行くか…」

『キラーアントが現れました』

男「いかにも雄っぽいのが出てきたなぁ…』



16:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 16:19:22.528 ID:4ui/d1KnK.net

戦闘後『キラーアントを擬人化しますか?』

男「まぁ いらなければ売ればいいだけだし 擬人化するか」

『キラーアント(♂)を擬人化しました』

男「やっぱりか…」

アント「あ…あの…僕…アントっていいます…」ショターン

男「!!?」



20:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 16:22:49.841 ID:4ui/d1KnK.net

男「そういう趣味はないけども…」ジロジロ

アント「な…なんですか?」モジモジ

男「これはこれでなかなか……」ニヤニヤ

アント「あ…あの…僕…なにか変ですか?」

男「えっ!? あっ!いやいや!なんでもないよっ うん!」

アント「そうですか…よかった…」ホッ



22:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 16:25:18.995 ID:4ui/d1KnK.net

男「それじゃあ いこっか」

アント「はい!!」

アント「あ…あの…」

男「ん? ないだい?」

アント「す…スライムさんが遅れてるみたいなんですけど……」

男「あぁ いいの いいの あれは放っておいて」



24:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 16:28:03.289 ID:4ui/d1KnK.net

『ポイズンモスが現れた』

男「うわっ 毒系のモンスターか… 回復薬持ってないぞ…」

アント「任せてください!! 僕 毒耐性がありますから!!」

男「なんて頼りになるんだ」

アント「えーーーーい!!」ドガッ



25:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 16:32:54.895 ID:4ui/d1KnK.net

『ポイズンモスを倒しました』

アント「ご主人様!!僕 やりましたよ!!」

男「え…?ご主人様…?」

アント「あっ…す…すみません…勝手にご主人様だなんて…僕みたいのが…」

男「あっ いや!そんな風に呼ばれたのは初めてだったから驚いただけだよ」

アント「ほんとですか…? じゃあご主人様って…」

男「あぁ 好きなように呼んでもいいよ」

アント「よかったぁ~!!」パァー



27:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 16:36:59.862 ID:4ui/d1KnK.net

『ポイズンモスを擬人化しますか?』

男「そういや 忘れてたな とりあえず擬人化しとくか」

アント「……」

男「ん? どうしたアント」

アント「え…あ…いや…新しい仲間ができたら ご主人様と二人きりではなくなるなぁ…なんて」

アント「す…すみません!! 僕みたいのが意見するなんて…ごめんなさい!!」

男「アント……」



30:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 16:40:54.821 ID:4ui/d1KnK.net

男「心配するな 商人に渡すこともできるから アントが望めばずっと二人きりのままでいいぞ」

アント「ご主人様…ありがとう…」ウルウル

男「それじゃあ擬人化っと…」

ピロピロリーン

『ポイズンモス(♀)を擬人化しました』

男「なん……だと!!?」



39:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 17:23:01.189 ID:4ui/d1KnK.net

モス「やっほ~!! あたしはモス!! よろしくね マスター!!」

男「び…美少女キターーー!!」

モス「美少女だなんて照れるなぁ~」

アント「………」



42:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 17:25:43.471 ID:4ui/d1KnK.net

男「モスちゃんいくつ?好きなものは?あっ 誕生日は?」

モス「マスター 慌てすぎwwww落ち着いて♪」

男「あ…あぁ ごめん! モスちゃんが可愛くてちょっと興奮しすぎた」

アント「………」



43:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 17:28:16.726 ID:4ui/d1KnK.net

男「アント どうした?やけにおとなしいじゃないか?」

アント「いえ…別に…」

モス「アントくん元気ないよ?元気だしてこ♪」

アント「チッ……」



46:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 17:33:22.002 ID:4ui/d1KnK.net

~数日後~

アント「あの…ご主人様 ちょっとお話が…」

男「ん?なんだ アント」

アント「アイツ…いつ売り飛ばすんですか?」

男「アイツ?」

アント「モスですよ モス」

男「売り飛ばすって…そんな可哀想なこと……」

アント「ご主人様言いましたよね?僕が望めば二人きりのままでもいいって」

アント「新しく仲間にしたやつは商人に売り飛ばすって」

男「え…あ…まぁ…確かに言ったといえば言った……かな?」

アント「言いました! 言いました!!言いましたぁぁああ!!!」



47:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 17:37:36.433 ID:4ui/d1KnK.net

モス「どうしたの?すごい騒がしいけど?」

男「あっ モスちゃん なんでもないよ♪」
モス「ねぇねぇ マスター!! 向こうにおいしそうな果物見つけたよ!!」

男「まじか!! 食料確保だな!!よくやったモスちゃん!!」

モス「えへへ♪ 誉められちゃった♪」

アント「……」ギリギリ



49:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 17:43:31.444 ID:4ui/d1KnK.net

男「おぉ!!たくさんあるな!! これなら余った分を商人に売れるな!!」

モス「でしょ♪それでね…マスター…」

男「どうしたんだいモスちゃん?」

モス「あたしね…この前 行った街で すっごい可愛いアクセサリー見つけたんだけど……」ジー

男「買ってあげるとも!! 売った果物のお金でプレゼントしてあげるよ!!」

モス「ほんと!?ありがとうマスター!!大好き♪」ダキッ

男「んほほほほほ~いや~モスちゃんのためならお安いご用さ~♪」

アント「果物と一緒に売られてしまえばいいのに……」



51:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 17:46:29.000 ID:4ui/d1KnK.net

モス「えっ…? アントくん今 なんて……?」

アント「いえ…別に何もいってませんが?」

モス「そ…そう…ごめんね 変なこと言って……」

男「よーし!! それじゃあ 明日は街に行こうか!!」

モス「は…はーい」チラッ

アント「………」



52:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 17:51:11.256 ID:4ui/d1KnK.net

~街~

男「意外と高く売れたなぁ」

モス「そうですね マスター♪ あ…あの…それで…」ソワソワ

男「大丈夫♪慌てなくてもアクセサリーは逃げないよ♪」

モス「す…すみません…恥ずかしい」カァーッ

男「ほんと モスちゃんは可愛いなぁ~」

モス「あ…あれ?アントくんは?」

男「そういえば いないな…迷子?」



53:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 17:55:51.657 ID:4ui/d1KnK.net

アント「すみません お待たせしました」

男「どこいってたんだい?」

アント「いえ…ちょっと……情報収集に」

モス「情報収集?」

アント「この街の近くに珍しい花が咲いているらしく その花は高値で取引されているそうです」

モス「お花!? いいなぁ~きれいなのかなぁ~?」

アント「えぇ…それはもう言葉では表せないくらいに綺麗らしいですよ モスさん」ニッコリ



54:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 17:58:20.608 ID:4ui/d1KnK.net

モス「ねぇねぇマスター…」ジー

男「わかってるって♪ アクセサリー買ったら 探しに行こうな」

モス「わーい!!やった~!!」

アント「……」ニヤリ



57:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 18:04:23.422 ID:4ui/d1KnK.net

男「よく似合ってるよ モスちゃん♪」

モス「ほんと? えへへ ありがとうマスター♪」

モス「マスターが買ってくれた このアクセサリー あたし大事にするね♪」

男「可愛いなぁ モスちゃんは♪」

アント「そろそろ 例の花があるところなんですが……」

男「アント その花はどんな花なんだ?」

アント「七色に輝く美しい花だそうです」

モス「あっ!! 向こう見て!! もしかしてあれじゃない!?」



58:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 18:09:25.672 ID:4ui/d1KnK.net

男「ほんとだ! 案外さっくり見つかったな それじゃあ早速取りに……って…あれ?」

モス「こ…これって……」

アント「ワー大変ダー 向コウトノ間ニ 崖ガー」

男「こんな大きな崖があったら取りにいけないぞ……」

モス「そんな……すぐ近くにあるのに……」グスッ

アント「なに言ってるんですか?取りにいけるじゃないですか?」



61:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 18:13:25.860 ID:4ui/d1KnK.net

男「どういうことだ?アント」

アント「羽があるものならば飛んでいけるでしょ? ねぇ…モスさん?」ニッコリ

モス「そっか!! あたしが向こうまで飛んでいけばいいんだ!!」

男「大丈夫か?一人でいけるか?」

モス「だいじょーぶ♪あたしに任せて マスター♪」

男「お…おう…気をつけるんだぞ…」

モス「はーい!! じゃあ行ってきまーす♪」パタパタ



63:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 18:20:07.167 ID:4ui/d1KnK.net

男「どうやら 無事に着いたみたいだな…」

モス「マスター!!お花取ったから そっちに戻るねぇーー!!」

男「おーー!! 気をつけろよーー!!!」

アント「……」ニヤリ

ガササッ!!!

モス「キャー!! あなた達誰!?」

男「な…なんだ!あいつら! おい!!モスちゃんに触るな!!」

悪漢「ぐへへへ おとなしくしな!! お嬢ちゃんに恨みはないが これも仕事なんでね」

モス「キャーーー!! 助けてーー!! マスターーーー!!!」

男「くそっ! 今 助けに行くぞ モスちゃん!!!」

アント「ご主人様!!! 危険です!! 僕達じゃこの崖は越えられません!!!」ガシッ



65:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 18:26:05.828 ID:4ui/d1KnK.net

男「ならこのまま黙って見てろって言うのか!!?」

アント「街に戻って衛兵を呼びましょう!!!」

男「そんことしてる間にモスちゃんが……!!!」

アント「落ち着いてくださいご主人様!!!衛兵隊には飛行隊もいます!!」

アント「今すぐ報告しにいけば悪漢どもも遠くにいかないうちに対処できます!!」

男「くそっ…!!なんて……なんて 無力なんだ俺は……!!」

アント「さぁ!ご主人様!街に戻りましょう!」

男「わかった…モスちゃん…必ず助けてみせる!それまで…それまで無事でいてくれ…!!」



69:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 18:32:52.534 ID:4ui/d1KnK.net

~街~

アント「衛兵隊に報告してきました」

男「すまない…こんな不甲斐ない 主人で…」

アント「気を落とすことはありません ご主人様…僕達だけではどうすることできなかったんですから…」

男「仲間を助けることすらできずになにがご主人様だ…なにがマスターだと言うんだ…」

アント「気をしっかり ご主人様!! 大丈夫です!!衛兵隊が必ず見つけてくれますよ!!」

男「アント……ありがとう…」

アント「いえ…なによりご主人様のためですから……」ニッコリ



71:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 18:40:45.712 ID:4ui/d1KnK.net

~数日後・宿屋~

男「くそっ!! 俺達もあちこち聞き込みしてるっていうのにまだ見つからないのか!!」

アント「大丈夫です!! きっと見つかりますよ」

男「衛兵隊は何をしてるんだ!! もうとっくに悪漢どもは遠くに行ってるだろ!!」

コンコン

男「誰だ!?」

店主「あの~お客様に伝言が…」

男「伝言?誰から?」

店主「はぁ~アクセサリー屋の主人から『お客様の探している女の子を見かけた』とのことで……」

男「なに!!? どこだ!!どこで見かけた!!」ガシッ

店主「ひぇ! さぁ…詳しいことは アクセサリー屋に…」

男「いくぞ!!アント!!」

アント「はい」ニヤリ



74:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 18:46:35.910 ID:4ui/d1KnK.net

~アクセサリー屋~

男「おい!!店主!!どこだ!!どこで見かけた!!早く言え!!」

アント「ご主人様 落ち着いて……それでご店主さん お話を…」

店主「あ…あぁ…私が女の子を見かけたのは商人区域でだよ」

男「商人区域…? なんでそんなところに……」

店主「さぁ? 他にも擬人化されたモンスター達もたくさんいてねぇ みんな手や体を拘束されてたよ」

男「ま……まさか……」ガタッ

アント「ご主人様?ちょっ……どこへ!? 待ってください!!」ガタッ



75:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 18:53:17.926 ID:4ui/d1KnK.net

~商人区域~

男「どこだ…どこなんだ…」

アント「ちょっと…待ってくださいって ご主人様!!」

男「どこなんだよアント!! モスちゃんは…モスちゃんはどこにいるんだよ……」ガクッ

アント「ご主人様…… 僕が…僕がいるじゃありませんか…」ダキッ

男「アントォォ…」ギュー

商人「旦那 旦那!! 良いモン娘はいりませんか?」

男「な…に?」

商人「最近 とびっきりの上玉が入荷しましてねぇ~」

商人「早くしないと他の人に先をこされちまいますよ~」ニヤニヤ



78:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 19:01:11.697 ID:4ui/d1KnK.net

男「おい!!詳しく教えろ!!」

商人「おほっ ずいぶんノリ気ですねwww モス型のモン娘なんですがね これがまたえらいべっぴんでねぇ」

商人「ただ愛想がなくてただ『マスター…マスター…』と呟くばかりなんですよ…」


男「モス…ちゃん…」

商人「そんなんじゃ買い手が見つからないだろうから薬で…」

男「どこだ!!どこにいる!!」

商人「えっ?あっ…ああ その商品なら向こうの2番檻に…」

男「2番だな!わかった!…それから…」

男「擬人化モンスターは『商品』じゃねぇぇぇぇええええ!!!」ボグッッ!!

商人「ぶべぇぇ!!!」ドシャー



79:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 19:06:50.160 ID:4ui/d1KnK.net

~2番檻~

男「どこだ!どこにいる!モスちゃんっっ!!」

アント「ご…ご主人様! あそこ……」

男「モス…ちゃん!」

モス「あう~~?」ニコニコ

男「モスちゃん!!よかった!!無事なんだね!!」

モス「あうあ~?あう~~」ニコニコ

男「モス…ちゃん?俺だよ?マスターだよ!?」

モス「あうーあうー」キョロキョロ

男「モス…ちゃん…俺…だよ…わかってくれよ……」



81:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 19:12:50.785 ID:4ui/d1KnK.net

アント「ご主人様…彼女はもう……」

男「うるさい!!」

アント「ご主人様…」

男「なにか!なにか方法はないのか!?モスちゃんを元に戻す方法は!!」

男「そうだ!まずはモスちゃんをここから出さないと!!」

男「商人!!おい商人はどこだ!!!」

商人「はいはい なんでしょう旦那」

男「この子を買う!いくらでも払う!だから早くこの子を出してくれ」

商人「あぁ~ 惜しかったですねぇ~ 今さっき他の方と契約が結ばれましてねぇ」



82:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 19:21:16.298 ID:4ui/d1KnK.net

男「ふざけんな!!倍だ!倍額払う!だから俺によこせ!!」

商人「あきませんねぇ~旦那ぁ そんなことしたら 商売信頼がた落ちになってしまいますよ~」

男「なにが『信頼』だ!!擬人化モンスターを…俺の『仲間』を商品扱いするゲスが……!!」

商人「おい…あんた商人ナメすぎなんとちゃいますの?」ギロリ

商人「こちとら法にのっとりキチンと商売してんのや 文句があるんなら お上にいいなはれや」

男「お…おい!待て!!話はまだ… おい!」

アント「ご主人様!!これ以上騒ぎを大きくしたら衛兵が…」



83:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 19:25:48.633 ID:4ui/d1KnK.net

男「そんなの知るか!! モスちゃんを出さないと!!」ガチャガチャ!

番人「おい!お前何してる!!」

男「モスちゃん!モスちゃん!!」ガチャガチャ

番人「やめろ!!」ドガッ

男「ぐはっっ!」ドシャー

番人「おい!野郎ども!盗っ人だ!やっちまえ!!」

番人達「おーー!!」



86:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 19:31:19.755 ID:4ui/d1KnK.net

―――――
――――
―――


アント「大丈夫ですか…?」

男「あ…あぁ…なんとかな…」

アント「あいつら!なにもここまでしなくても!!」

男「おかげさまで だいぶ頭が冷やされたよ…」

アント「ご主人様…」

男「しばらく……独りにさせてくれないか…」

アント「……はい……」スッ

男「っそうだ…ちょっと待て……これを」スッ

アント「なん…ですか?これ?」

男「モスちゃんへのアクセサリーを買ったときに一緒に買ったんだ」

アント「これを……僕に…?」

男「すまない…渡すのが遅れたな…」



87:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 19:37:31.327 ID:4ui/d1KnK.net

アント「えっ…」

男「なんか…アントとモスちゃん 仲がよい風ではなかったからな…二人に同じもの贈れば喜んでくれるかなって……」

アント「そんな…ご主人様はモスさんのことが…」

男「二人とも大事な『仲間』だから…みんな仲が良いのが一番だから」

アント「なんで…なんで今更そんな……」

男「アント…?」

アント「なんで今更そんなこと言うんですか……!?」

アント「僕は……僕が……!!」

男「どうした…アント」



89:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 19:43:46.076 ID:4ui/d1KnK.net

アント「嘘なんです…」

男「えっ…?」

アント「あの時 街で『情報収集』してたというのは嘘なんです」

アント「ほんとは…悪漢どもに仕事を依頼してたんです…」

男「な…なにを言っている…?」

アント「悪漢どもにモスさんを拉致らせて商人に売り飛ばすように指示したのは僕なんですっっ!!」

男「それじゃあ…衛兵隊を呼んだのは…」

アント「それも嘘です!! 衛兵隊に報告なんて…して…ないんです……」グスッ

男「な…なんで……なんで…そんな…」

アント「なんで?そんなの決まってるでしょ!!」

アント「邪魔だったんですよ!!アイツがぁ!!僕の…僕のご主人様を独り占めして!!」



90:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 19:49:24.751 ID:4ui/d1KnK.net

アント「ご主人様もアイツばかりに構って!!だからっっ!! だから消したのに!!」

アント「それなのに…今更…そんなこと言われたら…僕は…僕は…」

男「お前…そんなことのために…」

アント「『そんなこと』?僕にとって…いや…僕達にとって『そんなこと』じゃないんです!!」

アント「擬人化されたモンスターはもう『モンスター』じゃないんです…かといって『人間』でもないんです…」

アント「誰かに使役することでしか生きていくことができないんです 主人に見捨てられたら…僕達は『死ぬ』しかないんです…」



95:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 19:57:57.908 ID:4ui/d1KnK.net

アント「だからモスさんも僕も…必死だったんです…ご主人様に好かれようとして…」

男「すまない……お前たちの事情なんて気にもせず…俺は自分のことばかり……」

アント「いいんです…『最後』に大好きなご主人様からプレゼントもらえましたから…」

男「『最後』って…」

アント「当然でしょ? 僕はもう ご主人様と一緒にいられません……」

男「そんな…さっき擬人化モンスターは一人では生きていけないって……」

アント「当然の報いです…大事な『仲間』を奪ってしまったんですから…」

男「それは……! 俺が悪いのであって!!」

アント「やめてください!!!最後ぐらい恨み言を言ってください…でないと…僕は…」

男「アント……」



96:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 20:02:42.846 ID:4ui/d1KnK.net

男「わかった…じゃあこうしよう…俺が新しい主人を探してやる!!信頼できる奴を!!」

アント「ご主人様…」

男「俺は…『仲間』を…擬人化モンスターを見捨てたりしない!!!」

アント「ご主人様ぁぁあああ!!!」ダッ

男「アントォォォオオオオ!!!」ダッ


ブヨヨヨヨーーーーン!!

アント「!!?」

男「!!?」



99:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 20:14:45.018 ID:4ui/d1KnK.net

スライム「おで……おで……許さない……」

男「お…お前は!」

アント「なんで…生きて……?」

スライム「お前…ら…二人とも…許さない………」


男「いや……ほら…あの時は始めたばかりでね…」

アント「そうそう!まだ 信頼関係とか築く前だったし!!」

スライム「お前…ら…もう…だま…れ」

ブヨヨヨヨーーーーン!!

男「ゴボォッ! い…息が……」

アント「ゴボォッ!ぼ…僕は悪くな……い!」


―――――
――――
―――
――

???「どうやら ようやく死んだみたいね」



101:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/21(月) 20:15:12.330 ID:4ui/d1KnK.net

悪漢「姐さん ナイス演技でしたね」

???「こんな奴じゃなくてあたしに付いた方が得だったでしょ?」

商人「アントの甲殻もそれなりの値で売れますさかい助かりますわ」

???「雄なんてちょろいもんよね♪」

スライム「助けて…くれて…ありがと」

???「いいのいいの気にしないで『仲間』でしょ♪」


悪漢「よくもまぁ言いますね姐さん」

???「人間もあたしたちもみんな『仲間』よ♪」





元スレ
男「なに!?捕まえたモンスターを擬人化できるRPGだと!?」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1442819106/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (19)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月21日 22:23
          • 以下?禁止
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月21日 22:28
          • スライムの存在完全に忘れてたわ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月21日 22:48
          • この気持ち悪さリアルアカウントに似てるな
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月21日 22:57
          • 以下?解禁
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月21日 23:36
          • 不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまったんだよ

            !?
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月21日 23:57
          • タイトルで勝鬨くん思い出した
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月22日 00:13
          • 最近なにがしたいのかよく分からないSSばっかだな
            内容見てまとめてんのか?
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月22日 00:25
          • せっかくモンハン擬人化の続きかと思ってwktkして開いたのに……
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月22日 01:21
          • お、おう…
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月22日 01:37
          • 以下?解禁



            って何言ってんだバカの一つ覚えみたいに
            予防線張りに作者様降臨かw

          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月22日 03:59
          • ※10
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月22日 05:29
          • 男がうざかったのでこのオチは妥当
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月22日 06:51
          • ずいぶんとハイリスクローリターンな計画なことで
            こんなんしちまう奴等なら、口封じと身入りを増やすの兼ねてモスも薬漬けにして売るんだろうな
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月22日 07:52
          • 「擬」人化の意味も変化してきてるのかねえ

            あと働きアリも兵アリも全部メスだとあれほど
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月22日 09:36
          • 擬人化雌モンスター共は皆エロゲメーカーの縁のヒロインの様な目に会えば良いと思う。
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月22日 12:37
          • 最初からハーレムを貫かなかった男が悪い
            仲間になった時から説明してあげるべきだった。
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月22日 12:38
          • 2 何この……なに?
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月22日 15:39
          • 俺は好きだぞ
            感情移入しちゃうタイプだからこういうの辛い
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月22日 19:59
          • ヤンホモすき

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 女「えーすごい立派…」女2「ちょっと待ってヤバイよ」女3「私これ好きかも…」俺「えへへ」
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ