TOP

花「復讐してやる」 キヨシ「なんですかこれは」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:08:26.75 ID:9dkVM72tO

花「復讐だ 食え」

キヨシ「(一つのアイスクリームを食べ合うことが復讐なのか…?!)」

花「なにしてんだよ…早く…」

キヨシ「は…はぁ…じゃぁ…いただきます…カプッ」

花「ふふふ…いただいたぞ ちゅーに続いておまえの初間接ちゅー…
モテないてめーなんかこんなこと初めてだろ」

キヨシ「(流石に間接キスくらいは今まで生きてきてあったような)」

花「わ、私も…は、はじめて…だけど カプッ…
お、おまえの嫌がる事はなんでもやってやる…カプッ」

キヨシ「……」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:13:02.68 ID:9dkVM72tO

花「ほら、写真撮るぞ」

キヨシ「え?ああそっか 俺の弱味を握る為に
二人のラブラブ写真を撮らなきゃいけないんでしたっけ」

花「ブッ…ら、ラブラブじゃねーよ!フリ…!フリだからな!!」

キヨシ「わ、わかってますよ…」

花「じゃあいくぞ……あんまくっつくなよ」

キヨシ「はいはい…」

花「はい チーズ」

パシャ



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:14:05.02 ID:9dkVM72tO

今まで俺は花さんに酷い事をしてきた。
メデューサ(いわゆるアソコ)を生で見たり、
野外放尿現場を見たり、
俺自身のおしっこを体中にぶっかけたり
俺のエリンギ(いわゆるアソコ)を花さんのお股に挟ませたり…
むりやりディープキスをして失神させたり…
あと何かあったかな?
まあそんなこともあって、今俺の隣にいる花さんは
俺を恨んでいる。

だからこの…

花「お、おまえ…ほっぺにアイスついてるぞ」

キヨシ「え? あ、どっちですか?」

花「…いいシャッターチャンスだから…お、おまえケータイ持ってろ」

キヨシ「え?あ、はい…! ほ、(ほあああああ!!!)」

花「ぺろっ」

キヨシ「(花さんに俺のほっぺ…というかほぼ口元についてる
アイスを舐め取られたー!!!!)」

パシャッ



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:15:25.11 ID:9dkVM72tO

花「おい、か、可愛く撮れてるか?」

キヨシ「ええ!花さんはいつも可愛いです!」

花「は、はあ?!/// な、な、なに言ってんだようっせーよ!
おまえなんかに…言われても…ぅ、ぅれしく…ねぇょ…///」

キヨシ「(可愛い)」

そしてこれが、俺に対する復讐だそうだ。
もはやご褒美のような気がするが花さんにとっては復讐だそうだ。
俺は元々、栗原千代ちゃんという子が好きで、花さんもそれは知ってる。
だからこそこうして、俺が花さんに何か逆らったら
今まで撮った花さんとのラブラブ写真を見せると脅されている。

花「き、キヨシ…ほら…あーん」

キヨシ「あーん カプッ」

花「…///」

キヨシ「(これって復讐なのか?)」





6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:16:24.89 ID:9dkVM72tO

花「さて…じゃぁ…どうする?」

キヨシ「え?もう終わりじゃ…」

花「はあ?こんなんで私の気が晴れる訳ねーだろ
おまえが私にした事がこれで清算できたと思ってんのかよ」

キヨシ「でも花さん…一回俺の部屋で俺におしっこぶっかけましたよね」

花「ま、まだイロイロ恨みはあるだろ!///
私の気がおさまらない内は復讐は完遂されないの!」

キヨシ「(まあそんなに辛くないからいいけど…)
わかりましたよ…でもどこ行くって聞いてくることはまだ何も決めてないんですか?」

花「は?こういうのって男が考えるんじゃないの?」

キヨシ「いやいや…デートならそうでしょうけどこれは花さんの復讐でしょ…」

花「デ、デデ、デ、デートじゃねーよばか!!!ふ、フリだ!コロすぞ!///」

キヨシ「いやだからわかってますって…」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:17:27.07 ID:9dkVM72tO

花「た、ただ、デートのフリってことは、
おまえも考えなきゃいけねーんだよ」

キヨシ「(何故俺が俺に対する復讐のプランを考えにゃならんのだろう…)」

花「ふ、不満そうな顔しやがって…そんなに帰りてえのかよ…」

キヨシ「え?い、いや…今日は暇なので…全然大丈夫なんですけど…
むしろ…フリとはいえ花さんみたいな可愛い人とデートできるのはご褒美というか…」

花「そ、そうか…/// ふーん…」

キヨシ「うーん…逆に花さんはどこか行きたいとこはないんですか…?」

花「そ、そりゃ…行きたいとこっていうか…したいことは沢山あるけど…」

キヨシ「いっぱいあるんだ…」

花「まあ…色々考えてたからな… おまえの…」

キヨシ「え?俺のことを…?」

花「ぁ!お、おまえに対する復讐の事だよ!
勘違いしてんじゃねー!!」

キヨシ「あ、ああー!そ、そうっすよねー!ハハハ」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:18:05.07 ID:9dkVM72tO

花「……///」

キヨシ「……えーっと?」

花「いいのか…」

キヨシ「え」

花「私の勝手にして連れまわしていいんだな」

キヨシ「は、はい…(てかこれはそういう復讐じゃないのか?)」

花「あとでツマンネーとか…うぜーとか…思うんじゃねーぞ…」

キヨシ「思いませんよ(復讐なのに何故そんなことを気にするんだ)」

花「じゃ…じゃあ ついてこい…」

キヨシ「はい…(どこに行くんだろ)」





9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:18:53.62 ID:9dkVM72tO

キヨシ「ここは…ゲーセン?」

花「…」ぎゅっ

キヨシ「? (ぁ 袖掴まれた) 」

花「やるぞ…」

キヨシ「花さん ゲームしたかったんですか?」

花「違う…プリクラだ」

キヨシ「あー…そっちか …したかったことてこれですか?」

花「そうだ」

キヨシ「へぇ……撮ったことあるんですか?」

花「ねーよ だからこうやっておまえ連れてきたんじゃねーか」

キヨシ「俺だってそんなに撮ったことあるわけじゃないですけど…」

花「え?ある…の?」

キヨシ「ありますよ…中坊の時に…」

花「ちっ…なんだよそれ…復讐になんねーじゃん」

キヨシ「いや初プリクラ奪われたところで何のダメージもないですけどね…」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:19:55.59 ID:9dkVM72tO

花「まあいいや…せっかくだから撮ってくか」

キヨシ「やっぱ撮るんですか…」

花「…」ぎゅ

キヨシ「ん?」

花「早くしろよ」

キヨシ「え?」

花「経験者のおまえが先導しなきゃダメだろ…
早く連れてけよ」

キヨシ「はぁ…ほらいきますよ…花さん」ぐいっ

花「ぁ…///」

花「…///」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:20:48.80 ID:9dkVM72tO

キヨシ「ここらへんですかね プリクラコーナー」

花「台数がやけに多いな」

キヨシ「最近のは色んな種類があるんですよ 多分」

花「どれも同じようなものじゃないのか?」

キヨシ「さぁ…俺もよくわからないんですけど
より可愛く撮れるのや、可愛くデコレーションできるものとか
あるみたいですよ」

花「ふーん…別にどれでもいいぞ
どうせおまえと撮るプリクラだし…決めろよ」

キヨシ「え? うーん そうですね…
あのusagiっ子ってのに入りましょうか」

花「たくっ しょーがねーな」

キヨシ「(アンタが撮りたいって言い出したんだろ…)」

いつも通りの傲慢プレイに耐えながら
俺たちはプリクラの中に入った



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:21:45.91 ID:9dkVM72tO

花「お… ぉぉぉ///」

キヨシ「(花さんが感動してる…)」

花「ど、どうすればいいんだ? 教えろ!キヨシ」

キヨシ「あーはいはい…まずここにお金を入れてですね…」

花「か、金か?! わ、わかった!いくらだ?!」

キヨシ「400円ですね…って、え?花さんも払ってくれるんですか?」

花「は?あ、当たり前だろ? 一緒に撮るんだから」

キヨシ「(この人…これが復讐だってこと忘れてないか?…)」

花「おまえ…持ってるのか…? 金?」

キヨシ「え? ああ、勿論持ってますよ…つか
さっきのアイスクリームも花さんが買ってくれましたし…
ここは俺が…」

花「いいつってんだろ! 私はおまえより年上だし
それに付き合わせてるのは私なんだから!」

キヨシ「(いやだからこれ復讐…)」

花「ほら!金入れたぞ!次はどうするんだ!」

キヨシ「(全額払ったぞこの人…)」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:22:59.17 ID:9dkVM72tO

キヨシ「あ、は、はい…次はモードを選択して…
っと…その前にここに二人で座りましょう」

花「へ?! あ、ああ!」

チョコン…

キヨシ「え…えと…じゃぁ…(めっちゃくっついとるぅぅ!)」

花「(くそ!緊張と興奮を隠すために先に金を入れて
優位に立ってやろうと思ったが
やり方がよくわかんないから結局キヨシに主導権を握られちまう!)」

キヨシ「これタッチパネルになってるんですよ…
それでこれを押して…」

花「(でも…主導権取られてコイツになすがまま…でも…)」

キヨシ「えっと…これは…この大きさでいっか」

花「(悪くない…///)」

キヨシ「あの…花さん…俺の顔に何かついてます?」

花「な、なんでもねーよ!」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:24:12.53 ID:9dkVM72tO

キヨシ「そ、そうですか…で…今から多分4回くらい連続で撮るんで
その度にポーズ変えて写るんです」

花「へぇー…」

キヨシ「撮れたらそのプリ写に文字を書きます…
これはちょっと俺苦手なんで花さん頼んでもいいですか…?」

花「は?! そんな恥ずかしいことできるわけないだろ!!」

キヨシ「そ、そうですよね…じゃあなしで…」

花「いや待て…ここで何も書かなかったらあとで何も書けないのか?」

キヨシ「どうなんだろ…多分書けないんじゃないかと…」

花「…」

花「わかった 書く…ただ勘違いすんなよ」

キヨシ「何がですか」

花「恥ずかしいこと書いても、それはリアリティを出す為であって
別に本気で書くわけじゃねーからな…」

キヨシ「勿論それはわかってます…」

花「(……何書こうかなー)」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:25:24.10 ID:9dkVM72tO

キヨシ「じゃあ撮りますよ…笑って 花さん」

花「え? あは…はは…」

パシャ

キヨシ「花さん…もうちょっとリラックスした方が…
顔が引きつってますよ…」

花「そ、そうか…?おまえだって顔作りすぎだろ…」

キヨシ「そ、そうですかね…とにかくもう少し自然体に…」

花「ぅ、うん…///」

パシャ

花「(くそ!キヨシのやつ 自分だけ経験あるからって
調子に乗りやがって…こうなったら…)」

キヨシ「花さん、あと2回ですよ!ほら!ポーズポーズ!」

花「キヨシ …ちょーし…のんな」

ちゅ

キヨシ「え?」

パシャ



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:31:38.19 ID:9dkVM72tO

キヨシ「な!なな花さん!?(ほっぺにキスされたー!)」

花「フン♪(慌てているな…これで私がこの空間を支配できる)」

花「最後のプリ写だな」

キヨシ「花さん…」

花「最後は普通に二人でピースでもするか?ん?」

キヨシ「お返しだ」

花「え? はむ…んん!んん!!(こ、これは…あの時の馬鹿になるやつ?!)」

キヨシ「(こっちはあなたの弱点なんかおみとおしなんですよ )」

レロレロレロ じゅる…じゅる…んちゅんちゅ…レロレロ

花「んふぅぐぅぅぅぅ!!」

キヨシ「(ディープキスしてるところのプリクラなんて
あいつらに見られたら殺されるんだろうな…)」

花「んちゅ…ん んんんん!!!」 ビクン! ビクン!

パシャ

花「や…んぐ…ん…んふ……ぁぐぅぅ…」

ビチャビチャビチャビチャ

キヨシ「ちょ!花さん!しっかりして! げぇえ!今漏らすのかよこの人!」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:33:00.53 ID:9dkVM72tO

花「……ぅぅ」

キヨシ「しっかり立ってください花さん!
今ここで倒れたら周りに注目されてお漏らしがバレます!」

花「は!」

キヨシ「ほら…とりあえず…鼻血これで拭いて…」つハンカチ

花「く…身体に力が…」

キヨシ「拭いて…さしあげますね…」

花「んんん…///」

キヨシ「前から言おうと思ってたんですけど…
花さんのそれ、何かのご病気なんじゃ…」

花「い、いきなり…こんなことされたら誰だって…
フツーなるだろ……!」

キヨシ「(フツー漏らすか?!)」



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:33:40.53 ID:9dkVM72tO

花「手…手…離すなよ……
今…体が …力入らない…」

キヨシ「花さん大変です…こんなことしてる間に
プリクラに文字書く時間がなくなってしまう!」

花「そんなこと言ったって…!
おまえが余計なことするから…まだ足がガクガクして…!」

キヨシ「だからなんでそんなんなっちゃうんですか?!」

花「ちゃ、ちゃんと支えてろよ!」

キヨシ「わかってますけど もう時間が…!」

花「うるせーな!そんなの「初プリ」とか
「大好き」とか「ずっと一緒」とかベタなのでいいだろうが!」

キヨシ「わかりましたよ!」

キヨシ「(こっちばっか手間のかかる復讐だな!)」





19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:34:19.86 ID:9dkVM72tO

プリクラ「また 撮ってね!」

花「ちゃんと書けたか?」

キヨシ「ええ…まぁ…多分」

花「そうか…もう立てるからいいぞ…」

キヨシ「はい……で…どうします…それ」

花「ん?」

キヨシ「その…ビチャビチャのハーフパンツです…」

花「………キヨシ」

キヨシ「はい」

花「このことを誰かに言えば…」

キヨシ「わ、わかってますって!言いませんよ絶対!」

花「……また一つ復讐することが増えたな」

キヨシ「はいはい…とりあえずそのハーパン…」

花「とりあえず脱ぐから…あっち向け…」

キヨシ「あ…はい…」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:35:05.18 ID:9dkVM72tO

ぬぎ…

花「おい…」

キヨシ「はい…」

花「もう…いいぞ…」

キヨシ「あ…(ミニスカートだけの花さん…新鮮だ…)」

花「……」

キヨシ「あれ?…花さん…」

花「…」

キヨシ「脱いだハーパンはどこに…?」

花「バックに入ってる」

キヨシ「ぁ、ぁぁ…(ニオイ大丈夫か…)」

花「おまえ…今私を心の中で卑下しているだろ」

キヨシ「そ!そんなこと思ってませんよ!」

花「いや、思ってる。汚い女だとか、おしっこ臭いとか…
ぜってー…思ってるよな…」

キヨシ「お、思って…!」

花「……」ポロポロ…



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:36:05.48 ID:9dkVM72tO

その時の花さんの顔は…いつもの怒り狂う鬼の形相ではなかった。
ただただ、涙を我慢するいじらしい少女だった…
その時俺は…幼き頃…布団にオネショしたことを
お母さんに…申し訳なくて…でも決心して告白したのを思い出した。
恥ずかしさや申し訳なさから…涙が止まらなかった俺を母さんは…

キヨシ「……思うわけないじゃないですか…」

母さんは…優しく抱きしめて…ごめんなさいって言えて
キヨシは偉いねっ…って言ってくれた。

花「え?!…ちょ…」

キヨシ「花さんを汚いと思うならこんなことできませんよね…」ナデナデ

花「…!!!!!!////」

キヨシ「汚くない…花さんは汚くないですよ…」ナデナデ

花「わ、わかったよ!///もう… ばか」

キヨシ「さて…そろそろ現像できたでしょうし、
外に出ますか」

花「うん…」

女子1「ねえなんかおしっこ臭くない」

女子2「思った…このニオイどっから?」

花「」



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:36:48.20 ID:9dkVM72tO

キヨシ「ほ…ほらもうここから離れましょう…」

女子3「ねえなに? この水……」

花「!」

キヨシ「げ!」

俺たちは気付かなかった…花さんのおしっこが
床を流れて他の機械の方にまで侵入してることを…

女子1「え…こ、これまさか…お、おし…っこ…?」

キヨシ「いきましょう!花さん!」

花「そ、そんなに大きな声で私の名前を言うな!」

キヨシ「とにかく走りますよ!」

花「あ!ぷ、プリクラ!」

キヨシ「そうだった!(これを置いてけば人生が終わる!)」

花「ま、待って…そんな早く走れない…///」

キヨシ「何してんですか…早く!」



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:37:30.03 ID:9dkVM72tO

店員「あのう」

キヨシ「すみませんちょっと急ぐので!!」

花「…(ヤバイヤバイヤバイヤバイ)」

俺たちは全力疾走でその場を後にした…



キヨシ「はぁ…はぁ…大丈夫ですか!花さん!」

花「…大丈夫じゃない」

キヨシ「はは…まあそうですね…お互い…もうあのゲーセンには行けませんね」

花「………」

キヨシ「だ、大丈夫ですよ花さん! DNA鑑定でもしない限り
あの場所で女子高生がまさかおしっこしたなんて
そんなこと誰も思いませんって!小学生じゃあるまいし!」

花「……おまえ…それ慰めてるつもりなのか…?」

キヨシ「あ…いや……すみません…」

花「……」

キヨシ「……(まずい…何か話を変えよう…) 」



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:38:06.60 ID:9dkVM72tO

花「……キヨシ

キヨシ「そうだ花さん!プリクラ一緒に見ましょう!」

花「え?」

キヨシ「ほら!なんやかんやで俺たちじっくり撮れたプリクラ見てないし
花さんのことだからきっと可愛く撮れてますよ!」

花「な!ば、ばか……///」

キヨシ「確かこっちのポケットに……あった!」

花「み、見せて///」

キヨシ「はい!(よし少し気が紛れたみたいだ)」

しかし次の瞬間…
プリクラを見た俺たちは凍りついた。

キヨシ「」(滝汗)

花「」(滝汗)



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/08(火) 05:38:40.89 ID:9dkVM72tO

1枚目 二人並んで『初プリ♪』

2枚目 二人笑顔でくっつき 『なかよし♪』

3枚目 キヨシにちゅーする花 『大好き♪』

4枚目 二人でディープキス 『おしっこ(ハート)』

時間がなく焦っていたため、思いつく単語を
反射的に殴り書きした俺は、4枚目にして
とんでもない事を書いてしまっていた…
もしこのプリクラがあそこに残ってしまっていたらと思うとゾッとする…

キヨシ「い、いやーよく撮れてるなぁーはなさ」

花「どういうつもりだ…キヨシぃ…!!」

キヨシ「(めっちゃキレてるー!!!)」

花「てめーやっぱり私の事をバカにしてたんだな!」

キヨシ「いやいや!ち、違いますよ!あの時は急いでたから思わず…!」

花「咄嗟にしても おしっこはねーだろうがよ おしっこはよお!!!」

どごおおお!!!

キヨシ「あべしぃぃ!!!!」

俺の意識は…ここで飛んだ…



32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 02:15:52.23 ID:D444uyaVO

朝チュン



キヨシ「朝チュンだと…? …ここは…」

きょろきょろ

キヨシ「俺の部屋か…」

ガクト「おや?気がついたでござるか?キヨシ殿」

キヨシ「ああ おはようガクト…」

ガクト「もう体の具合はいいでござるか?」

キヨシ「ああ…それはいいんだけど…俺、どうして…」

ガクト「びっくりしたでござるよ 昨日の夕方 花殿が突然 男子寮に来て」



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 02:17:38.90 ID:D444uyaVO

昨日

ドンドン

ガクト「おや? キヨシ殿でござるか?」

ドンドンドン

ガクト「鍵は開いてるでござるよー!」

ドゴン!!!←ドアを蹴破った音

ガクト「乱世ーーーーーーー!」

花「ふしゅぅぅぅ」

ガクト「鬼?! いや…花殿でござるか?!
ドアぶっ壊さなくてもちゃんと開いてたでござるよ!」

花「おいガクト…今 私は猛烈に機嫌が悪い わかるな?」

ガクト「……承知したでござる むやみに突っ込まんでござる」

花「キヨシを預かってくれ」

ガクト「そういえば…何故 キヨシ殿をお姫様だっこしてるのでござるか?」

花「……」ギロ

ガクト「(聞くなということでござるな)」

花「じゃあな……」

ガクト「さよならでござる…」





34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 02:26:37.34 ID:D444uyaVO

ガクト「てなことがあったのでござるが…
キヨシ殿…今度はいったい何をやらかしたんでござるか?」

キヨシ「(そ…そうだ…確か俺は…プリクラにおしっこと書いて花さんを傷付けたんだった)」

ガクト「(キヨシ殿?)」

キヨシ「いや、食当たりで死んでたところを
偶然花さんに助けられただけだよ」

ガクト「ほぉ……本当でござるか…?」

キヨシ「ぁ、ぁぁ…(すまんガクト…昨日のことは花さんの名誉の為に言えない…)」

ガクト「まあ…花殿が何故あのような恐ろしい般若の形相だったかは…
余計な詮索のようでござるな…」

キヨシ「…」

ガクト「さて…もうそろそろ学校でござるよ
せっかく監獄からも出て普通に勉強を受けられるように
なったのでござるから…遅刻しちゃダメでござる」

キヨシ「ああ すぐ支度するよ」



35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 02:28:16.51 ID:D444uyaVO

…学校

キヨシ「あれ?何かあそこ人集りできてないか?」

ガクト「掲示板の方でござるな」

キヨシ「どうしたんだろう?」

千代「キヨシくーん!」

キヨシ「あ!千代ちゃん! ぉ、おはよう…///」

千代「おはよう!ガクトくんも!」

ガクト「おはようでござる」

キヨシ「そうだ千代ちゃん…あの人集りって…なんなの?」

千代「それが…昨日…不審者が出たらしくて…」

キヨシ「不審者…?」

千代「うん…学校の近くの八光商店街の
ゲームセンターなんだけど」

キヨシ「ぇ」

ガクト「なんと…小生達もよく行くとこでござるな」

千代「なんでも……
プリクラコーナーでノーパンでおしっこした女子高生がいるとか…」

キヨシ「」



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 02:30:14.13 ID:D444uyaVO

ガクト「世も末でござるな…乱世 乱世」

千代「男の子と一緒にいたみたいで…
そういう趣味のあるカップルなんじゃないかって…」

ガクト「それはそれはウラヤマ…ではなく、
まことに遺憾でござるな。して、犯人はまだ捕まっておらんのでござるか?」

千代「それなんだけど…その学生…どうやら八光学園の制服を着てたらしいの…」

ガクト「へ?」

キヨシ「(つかノーパンとかきいてねぇ…! そういえば!)」

ーーー

キヨシ「とにかく走りますよ!」

花「あ!ぷ、プリクラ!」

キヨシ「そうだった!(これを置いてけば人生が終わる!)」

花「ま、待って…そんな早く走れない…///」

キヨシ「何してんですか…早く!」

店員「あのう」

キヨシ「すみませんちょっと急ぐので!!」

花「…(ヤバイヤバイヤバイヤバイ)」

ーーーーー



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 02:31:28.49 ID:D444uyaVO

キヨシ「(あの時…花さんは…そんなに早く走れないと言った…
まさかおしっこでびしょ濡れだからって…ハーパンだけじゃなく
下着まで脱いでいたのか……)」

キヨシ「(そして俺が無理矢理手を引いて走らせたもんだから…
勢いでスカートがめくれて…店員さんに花さんのノーパン姿を…
ちくしょう!こんなことなら俺のパンツをはかせておくべきだった!)」

千代「キヨシくん…どうしたの?難しい顔して…」

キヨシ「い、いや…怖いなーって思ってさ…早く捕まるといいね…そのカップル…」

千代「うん でもきっと大丈夫だよ…裏生徒会ももう動いてくれてるし」

キヨシ「へ、へぇ…」

千代「極めて悪質かつ、変態的な不純異性交遊として
もう親衛隊総出で聞き込みとかしてるらしいよ」

キヨシ「」

ガクト「彼女達に任せておけばきっと大丈夫でござるな」

キヨシ「……(花さん…大丈夫ですか)」



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 02:33:59.73 ID:D444uyaVO

裏生徒会室

花「し…しつれいしまーす…」

万里「花 遅いわよ…いつも言ってるでしょ5分前行動が基本だと」

花「ご、ごめんなさい会長ー…」

芽衣子「む?顔色が優れぬようだが…大丈夫か?花」

花「へ?!だ、大丈夫大丈夫! いつも通りだよやだなー あはは」

芽衣子「?」

万里「まあいいわ これで揃ったことですし…始めるとしましょう」

芽衣子「…」

花「…」

万里「変態カップル 摘発 オペレーション HTO作戦会議」

花「(なんでこうなった)」

芽衣子「(ま、毎度の事ながらまたしてもオペレーションと作戦の意味が重複している!
指摘すべきか…いや…会長のことだ…すぐに自らの間違いを自らで改め…)」

万里「…」

芽衣子「(改めない!!!??)」(汗ダラダラダラ)



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 02:36:52.04 ID:D444uyaVO

花「(こうなったら身代わりの人間を…いや…
不用意に動けば怪しまれる…やはりここは事件の迷宮入りを狙った方が…)」

芽衣子「(そうか!会長は少し具合の悪そうな花を試してらっしゃるのだ!
これに気付かぬようでは会議に参加させずに休ませようと!
流石です会長!さあ花!指摘するんだ!もう気付いているんだろう…早く指摘…)」

花「(となると…私がこの裏生徒会書記の立場を利用して
捜査を撹乱させて……)」

芽衣子「(指摘しない!!!!????)」(汗ダラダラダラダラダラダラ)

万里「ふぅ…」

芽衣子「!!!…(タメ息?!)」

芽衣子「花ーーーー!!!!」ガタっ

花「ふぇえええええ?!?!? な、なに?!」

万里「…」

芽衣子「何故 おまえともあろうものが気付かぬ! 会長のお考えが!」

花「は?! なに? 何が?!」

芽衣子「会長は試しておられるのだ!! おまえのことを!」

花「な!(なんだってーーーー!)」



40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 02:40:02.81 ID:D444uyaVO

芽衣子「会長は試しておられるのだ!! おまえのことを!」

花「な!(なんだってーーーー!)」

芽衣子「さあ言うんだ! おまえの口から!会長に!」

花「(ま、まさかバレてる?!)」(滝汗)

万里「…」

花「ぁ、ぃ、ぃや…そ、これは…ち…ちが…」ポロポロ

万里「…」

芽衣子「花…もう気付いてるんだろう?」

花「(隠し通せない…ことを…?…私から自白しろって…言ってるの…?)」

芽衣子「さあ言うんだ!花!」

花「ぁ…ぅぅ……ぅ」ガクガクガク

花「(おわった……私の…学園生活は……人生は…これでもう…私は……)」

花「か、会長…わ、私は…」

ガラガラガラ!



41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 02:42:00.32 ID:D444uyaVO

万里「!」

花「!」

芽衣子「! お、おまえは!」

キヨシ「失礼します!」

花「き…(きよひぃ…もう私は…おまえしか…)」ポロポロポロ

キヨシ「会長! 俺にも手伝わせてください!変質者探し!」

花「な!(バカ!会長はもう気付いてるんだよ!)」

芽衣子「キヨシ!不躾だぞ!気安く生徒会室に入り会長に口をきくなぁ!」

万里「いいわよ」

花「いいのかよ!!」(汗)

芽衣子「な!」

キヨシ「ありがとうございます!」



42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 02:43:14.16 ID:D444uyaVO

万里「? どのみち彼らも容疑者なのだから、動向を観察するなら近い方がいいわ」

芽衣子「は!流石です会長!虎穴に入らずんば虎児を得ず…そういうことですね!」

万里「 というか副会長…あなたは先ほどから何を怒っているのですか?
花が怖がってるわよ」

芽衣子「ぁ、い、いえ…そんな…私はただ
花をお試しになられてる会長の意向を仲間として花に気付いて欲しく…」

花「……は?」

万里「何を言ってるのかサッパリだわ…
とりあえずキヨシ…あなたには後で仕事を振るので、
生徒会室からは出なさい」

キヨシ「え?ぁ はい」

万里「変態カップル摘発オペレーション…HTO作戦の会議は
我々 裏生徒会だけで行います……あら?」



43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 02:44:17.63 ID:D444uyaVO

キヨシ「(あれ?オペレーションのOと…作戦の意味が…)」

万里「失礼 オペレーションのOと作戦の意味が重複してるわね
改めて…変態カップル摘発オペレーション…HTOの会議を始めましょう」

芽衣子「流石です会長!花に気付かせようと…見せかけて
あえてご自分で過ちを指摘されるとは…!
私めでは全く考えが及びません!」

万里「私も あなたが何を言ってるのかわからないわ」

花「まぎらわしんだよぉお!!!!」

キヨシ「(これ ほっといても大丈夫な気がしてきたぞ)」



44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 02:46:00.06 ID:D444uyaVO

屋上

花「キヨシー! きーよーしー」

キヨシ「花さん!ここです!」

花「そこだな…今行く…」

キヨシ「大丈夫でしたか?HTO会議…」

花「まあ…とりあえずは…私が疑われてる感じはしなかったな…」

キヨシ「そうなんですか…一先ずは安心ですね…」

花「だが…あの日は店員にも一瞬顔を見られたし…
どこから足がつくかはわからない…」

キヨシ「そうですね…花さん…ものは相談なんですが…
俺と花さんで分けたプリクラ…やはり処分した方が良さそうですね」

花「…え?いや…それは…」

キヨシ「もったいないけど…事が終わればまたいつでも撮りにいけます
とりあえず今回は色々と失敗してますし…(おしっことか…)
どこから足がつくかわからない以上、これは捨てましょう…」

花「わ、わかったよ…あとで私も捨てておく…」



45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 02:47:11.29 ID:D444uyaVO

キヨシ「よし…それでは本題に入りましょう。
犯人を摘発するはずの裏生徒会の中に…
真犯人である花さんがいるのはある意味で好都合だ…
聞かせてください…HTOの詳細を…!」

花「……真犯人っ…ていう言い方はやめろ…少し傷付く…」

キヨシ「あ! す、すみません!あれはほぼ不可抗力…
というか俺のディープキスのせいでもありますもんね!」

花「もうその話はやめろ!!///」

花「とりあえず…HTOの現在の状況だが…
会長達はカップル…///のうちの男の方から洗っていくことにしている」

キヨシ「男の方からですか?」

花「ああ 何せこの学園には1000人以上の女子がいる…対して男子はおまえら5人だけだ」

キヨシ「なるほど 言われてみればセオリー中のセオリーですね
そうして芋ずる式に女子の方もあぶり出すということですか」

花「そういうことだ。つまり、危ないのはむしろ私よりも…おまえだキヨシ」

キヨシ「大丈夫ですよ花さん…仮に俺が捕まっても…
花さん…貴女の名誉だけは守ってみせます 任せてください」

花「な!…/// かっこつけんじゃねえよ…」



46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 02:49:48.35 ID:D444uyaVO

キヨシ「花さん?」

花「私らは運命共同体みたいなもんだろ…これから私はおまえに疑いが向かないように
生徒会をコントロールする…しかしそれでもおまえが捕まった時…
おそらくこの次に疑われるのは…私だ…」

キヨシ「へ?」

花「何故なら私は…その日、おまえをパシリに使って
紅茶の葉っぱを隣街に買わせにいったと証言してある」

キヨシ「な、なるほど…それが嘘とバレれば
俺を庇った花さんも怪しまれるというわけですね」

花「わかっただろ…?私たちはどちらかが破滅すれば…
共に破滅する運命共同体…だから私は私の為に…全力でおまえを守るから…///」

キヨシ「わかりました…俺も自分自身と、花さんの為にも、花さんを最後まで守り抜きます!」

花「…/// ふん…」

花「いいか?まず私たちは、おまえら5人の男共の好きな女をそれぞれあげていった…」

キヨシ「ふむふむ」



47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 02:51:04.50 ID:D444uyaVO

花「ガクトは、ミツ子…シンゴは杏子、ジョーは…佐藤
アンドレは…副会長だがそれはないはずだから…リサを容疑者にあげた」

キヨシ「ふむ…で…俺は?」

花「……おまえは…千代…ちゃんだろ…」

キヨシ「まあそうなりますよね…実際相撲デートもしたことありますし…」

花「………だが、キヨシが一方的なだけで、千代ちゃんは
キヨシなんか全く眼中にねーから二人でプリクラ撮るとかはない…
という結論に誘導はさせておいた。」

キヨシ「なるほど!流石です花さん!」

花「まあ実際その通りだしな!」

キヨシ「いや…そう自信満々に言われるとヘコみますけどね…」

花「会長も自分の妹がおしっこ漏らしたなんて思いたくないだろうし
割と簡単だったよ で…この中でも最初に疑われたのは
ジョーとガクトだ」

キヨシ「それはなんで…」

花「みつ子はドジっ子だ…ションベンをうっかり漏らしたとしてもそこまで驚きはしない
なにより、ガクト自体がクソ漏らし野郎な為に、そういう趣味があると推理できる」

キヨシ「アイツかわいそうだな…ス◯トロマニアと思われてんのか」



48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 02:52:17.10 ID:D444uyaVO

花「次にジョーだが、佐藤…通称ケーキという女は得体が知れない為に
なんか変態っぽいジョーと、そういう危ないプレイに興じる
感じがするという推理だ」

キヨシ「それ推理でもなんでもない気がするんですが」

花「しかしこいつらに関してはケーキがずっと家庭科室で、
お菓子を作っていた事が証言されたためにすぐに無罪となった」

キヨシ「じゃああとは…」

花「シンゴとアンドレだな… シンゴの奴に信用はねーが…
ただ裏生徒会親衛隊の隊長である横山杏子が
流石にそんな変態行為に興じるはずがないと疑いは低い」

キヨシ「そうですね 杏子さんだと考えにくいですもんね」

花「そしてアンドレだが…リサのアリバイは表生徒会の面々が証言している上に
そもそもあの体格なら聞き込みの際にすぐにわかるだろうと…限りなく白だ」

キヨシ「つまり…犯人として疑われているのは」

花「そう、犯人はガクトとみつ子だ」

キヨシ「いや犯人はアンタだろ」



52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 03:04:37.72 ID:D444uyaVO

花「て、てめーは誰の味方なんだよ!」

キヨシ「いやいや…ずっとツッコミ入れようと思ってましたけど
あたかも自分は犯人じゃないみたいな感じで推理してたんで
俺まで一瞬 真犯人探ししてると錯覚してましたけど…
真犯人はオレ達なんだから今はどうやって逃げ切るかの話し合いですよね?」

花「ちげーよ これは如何に誰かに罪を擦りつけるかの話し合いだ
悪いが ガクトとみつ子にはクソ漏らし×尿漏らしのカップルになってもらう」

キヨシ「ゲスの極みだよ花さん…」

花「仕方ないだろ!私たちが助かるにはやるしかないんだ!」

キヨシ「花さん!聞いてくれ!」

ガシっ

花「痛っ え?」

キヨシ「どんなに取り返しのつかないことをしても!
どんなに尿だろうが糞だろうがかけられても、
俺に友達を裏切ることはできない!」

花「ぇ…ゃ…でも…」

キヨシ「もし友達を裏切るくらいなら…俺は自首する…」



49:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 02:55:29.21 ID:D444uyaVO

花「そ、そんな…でも…でも…」グズッ

キヨシ「…花さん…ごめん」

花「………」

キヨシ「…」

花「……いい 私の方こそ…ごめんな…」

キヨシ「え?」

花「私は自分のことばかりで、おまえに友達を裏切らせようとしてたんだな…
私も一緒に自白して…おまえとプリズンに入る…だから許して…くれ…」

キヨシ「花さん…ありがとう…」ギュ

花「…///」ぎゅっ

キヨシ「俺、花さんって優しい人なんだなって最近思うことが増えました」

花「そんなことねーよ…でもこんな私でも…
(ゴニョゴニョ)…優しくなれたならおまえのおかげ…かな…なんて」

キヨシ「ん?なんですか?花さん…?」

花「なんでもねーよ ばか…キヨシ…///」むぎゅ



50:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 02:56:25.65 ID:D444uyaVO

キヨシ「?…///」

花「あーあ…これで私の人生もおしまいだな…てめー覚悟しろよ…私はおしっこした女
キヨシはおしっこさせた男として学校に知れ渡るんだからな
もう…私には…おまえしかいないんだからな…責任とれよ…」

キヨシ「花さん…それも悪くないかもしれませんね…でも…」

花「ん?」

キヨシ「でも花さん…俺は何もあなたに捕まって欲しいわけじゃない
誰も傷付けずに…オレ達二人が逃げ切る方法を考えましょう!」

花「え?」

キヨシ「諦めるのはそれからでも遅くないはずだ」

花「キヨシ…グズっ…」

花「そうだな…私としたことが…つい弱気になっていたな」涙ゴシゴシ

キヨシ「花さん…最後まで戦い抜きましょう!」

花「ああ!」

こうして、公共の場所でおしっこをした女と
おしっこをさせた二人の変態の熱き逃亡劇が開幕した。



56:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 11:20:29.18 ID:D444uyaVO

翌日

花「なんだこれ」

キヨシ「カツラです」

花「これは?」

キヨシ「マスクとサングラスです」

花「……これは?」

キヨシ「他校の制服です」

花「おまえ何をするつもりだ…」

キヨシ「花さん…俺は昨日必死に考えました…
どうすればオレ達二人が誰も傷付けることなく
プリズン送りを回避することができるか…」

花「それがこれなのか?」

キヨシ「はい…まず、俺たちの奇行の印象を薄くする為には
それ以上の奇行を この学園の外で起こすことが必要と思いました」

花「マジかよ」

キヨシ「おしっこやノーパン以上の異常事態が発生すれば
裏生徒会はそちらに意識を向ける
さらに、俺が全寮制の他校に忍び込んで手に入れたこの制服があれば
犯人は制服趣味のある変態で、その日はたまたま八光学園の
制服を着ていただけ…だという結論に至る…」

花「な…なるほど!それで容疑者を他の学園にまで広げさせれば
事態はもう八光学園だけの話ではなくなり、私達への疑いの目もなくなるな!」

キヨシ「その通りです!(俺が制服を盗んできたことには触れないんですね)」

花「いける!それなら逃げ切れる!(制服盗むのは少し引くけど…)」



57:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 11:21:30.21 ID:D444uyaVO

キヨシ「一応言っておきますが… 制服を盗んだとこにはちゃんとことが終われば返しますからね
クリーニングして」

花「そうだな それがいいな(良かった)」

キヨシ「それでは本日の夕方…動きますので、おしっこはできるだけしないように我慢して
八光公園のトイレで落ちあいましょう…」

花「あ…ああ…(え?おしっこすんの?)」ドキドキ

キヨシ「来る前にこの制服を着るのと、マスクをし、カツラを被って変装してきてくださいね」

花「わかった!」ドキドキ

夕方

公園 トイレ

花「くそ…ついはりきって20分も早くついてしまった…
20分も私は変装したままトイレでおしっこを我慢しながら
キヨシが来るのを待たなければいけないのか…」



58:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 11:24:03.25 ID:D444uyaVO

5分後

花「はぁ…はぁ…こんなに長くトイレにいたら おしっこしたくなっちまう…」

5分後

花「ん…ふぅ…はぁ…したいぃぃ…」

5分後

花「(おしっこしたい…ずっと我慢してたから…トイレにいると視覚的に膀胱が刺激されて…)」

花「もう我慢できない…だいたいなんで私が あいつの命令でおしっこを我慢しなきゃならないんだ…
これじゃ本当に変態カ…か…カップ…」

キヨシ「花さーん!」
花「るーーーー!!!」

キヨシ「花さん…驚いたにしても ルー!はないでしょう… 普通 きゃー とか わー でしょう…!」

花「お、おせーよ クソキヨシ!」

キヨシ「いや…待ち合わせ時間…ジャスト5分前ですよ花さん…どんだけ早く来てたんですか」

花「とにかくそこじゃ目立つから 早く入れよ」

キヨシ「はいはい…」

パタン



59:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 11:27:13.72 ID:D444uyaVO

花「で?これから何をすればいいんだ?」

キヨシ「これからオレ達がやるのは…商店街全尿疾走オペレーション…SZO…です」

花「なんだそのゴロの悪い作戦名は」

キヨシ「花さん…まずはオレ達のような変態カップルが
他の学校の制服を着てる事実をこの商店街中に広める必要があります」

花「変態…!(イラっ)…カップルか……///」

キヨシ「小さいところでちまちまやっても、裏生徒会に気付いてもらえなければ
この作戦の意味はない わかりますね?」

花「あ、ああ…確かにな」

キヨシ「なのでオレは……この全長150mほどある八光商店街という直線を
花さんにおしっこさせながら走るんです!!!」

花「作戦名である程度想像ついてたけど おまえ頭いってんじゃねーのか…」

キヨシ「いやいや…考えてもみてください花さん…
この商店街で多くの人の前で制服フェチのおしっこ変態男女の
存在を知らしめるならこの方法が一番てっとり早い…
そうは思いませんか?」

花「い、いや…だってこれ…こんなことしたら…
私はどうなっちまうんだよ…人前で…ダッシュしながらおしっこだと…?
これからの人生観…おかしくならないか…?」

キヨシ「大丈夫ですよ花さん…俺がついてますから」



60:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 11:34:46.77 ID:D444uyaVO

花「……おまえ…私がそんなことして…のちのち影で笑わないだろうな」

キヨシ「大丈夫です…花さんは何も悪くない
悪いのは…花さんにおしっこをさせてる俺なんだから…」なでなで

花「キヨシ…(なでなできもちー…)」

キヨシ「オレ達は運命共同体って…そう言ったのは花さんでしょ?」

花「そう…だったな…」

キヨシ「俺も俺の人生の中でまさかこんな日が来るなんて想像もしませんでしたよ」

花「私も同じだ…おまえといると頭が馬鹿になる…」

キヨシ「でも…やらないと…」

花「ああ… やろう!」

キヨシ・花「SZO作戦を!」

花「(ドキドキドキドキドキドキ)」

キヨシ「(しまった…作戦とオペレーションの意味が重複してしまった…
最先が悪いな…何事もなく終わればいいが……)」



61:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 11:35:52.31 ID:D444uyaVO

商店街 東口

キヨシ「よし、スタート地点に到着しましたね…
ここからゴールの西口まで ほぼノンストップですよ!」

花「な、なんか心なしか既に目立ってる気がするんだけど…」

キヨシ「まあ男女二人が マスクとサングラスでウロついてれば
少し怪しいですよね…」

花「最初は私からだったな…じゃあ…脱ぐぞ…パンツ…」

キヨシ「はい…」

花「…///」するするする…

キヨシ「花さん…パンツを渡してください…」

花「ああ」

民衆の声
「なにやってんのアレ」
「あの女の子…パンツ脱いで男に渡してたぞ…」
「え?ノーパン??」
「あれ、七節(ななふし)学園の制服じゃね?」

花「何か…とんでもないことをしているんじゃないのか…私達は…」フルフルフル…



62:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 11:36:59.39 ID:D444uyaVO

キヨシ「そうですね…でも…ここまできたらもう後戻りできません…」

花「はぁ…はぁ…はぁ…くそっ 足が震える…」

キヨシ「安心してください…ウブな花さんがこの状況で
最高のパフォーマンスを出し切れないのもわかっています…
なので最初は…俺が抱っこする…そういう作戦ですよね!」

俺は震える花さんの後ろに回り、
そのままメデューサ(いわゆるアソコ)が前を向くように
足を抱きかかえて立ち上がった

ザワザワザワ…

キヨシ「いき…ますよ…花さん…」

花「はぁ…はぁ……///はぃぃ…/// (見られてるぅぅ!私の大事なとこ晒されてるぅぅぅ!!!)」

キヨシ「ピースの準備は…いいですか?」

花「ピース…した方が…いいの?…(ヤバイ 何も考えられなくなってきた)」

キヨシ「そっちの方がより変態っぽいでしょう」



63:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 11:38:17.92 ID:D444uyaVO

花「わ、わかった…えへ…えへへ…///」

俺は大きく息を吸った。

キヨシ「うおおおおおおおおおおおおおお!!!」

俺は全力で走った。
もう何が理性で何が正しいことなんてどうでも良かった。
ただ今は、余計な思考なんて全て取っ払い…
この変態プレイにのみ没頭するしかないと…そう思ったんだ…

キヨシ「うおおおおおおお!!!(花さん!早くおしっこを!)」

花「うへへぇぇぇええ ダブルピース♪ぴーすーーー(何も考えられなぃぃ)」

キヨシ「(ヤバい…極度の恥ずかしさで我を忘れている…
このままじゃ…おしっこすることなく完走してしまう…!)」

???「止まれぇえ!!」

キヨシ「!! あ、あなたは…」

花「んへぇ?」



64:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/09(水) 11:39:42.60 ID:D444uyaVO

70m走った先だろうか…
丁度前回の事件現場だったゲームセンター前…
そこには我が校…最大の胸にして最強の女性
八光学園生徒会副会長…白木芽衣子が立っていた。

ビシィ←ムチの音

芽衣子「貴様らだな…ここ最近…この商店街に現れる変質者は…」

キヨシ「く!…まさか…よりにもよってこの人が…!」

芽衣子「正解だった…この時間…この場所で張り込めば…
おまえらクソ変態カップルが表れるという会長の読みは!」

花「うへへ うへへ うへへ」

キヨシ「しっかりするんだ! は…じゃなくて…コードネーム、メデューサさん!
今オレ達はとてつもない敵を目の前にしてる!」

花「あは…あはははー」

キヨシ「(くそ!ダメだ!こんな状態の花さんを放置したら
確実に捕まる!かといって…花さんを抱えたままの状態で…
切り抜けられるのか…?! この絶体絶命ピンチを!)」



69:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 02:14:12.48 ID:KyGUbv6RO

70m走った先だろうか…
丁度前回の事件現場だったゲームセンター前…
そこには我が校…最大の胸にして最強の女性
八光学園生徒会副会長…白木芽衣子が立っていた。

ビシィ←ムチの音

芽衣子「貴様らだな…ここ最近…この商店街に現れる変質者は…」

キヨシ「く!…まさか…よりにもよってこの人が…!」

芽衣子「正解だった…この時間…この場所で張り込めば…
おまえらクソ変態カップルが表れるという会長の読みは!」

花「うへへ うへへ うへへ」

キヨシ「しっかりするんだ! は…じゃなくて…コードネーム、メデューサさん!
今オレ達はとてつもない敵を目の前にしてる!」

花「あは…あはははー」

キヨシ「(くそ!ダメだ!こんな状態の花さんを放置したら
確実に捕まる!かといって…花さんを抱えたままの状態で…
切り抜けられるのか…?! この絶体絶命ピンチを!)」



71:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 02:16:44.75 ID:KyGUbv6RO

芽衣子「覚悟しろよ…今日の日の為に特注で作った
合金製のムチだ 金属なのにしなる…殺傷力は…!」

ドォォン!!

芽衣子「下手な金属バットよりも高いぞ?」

キヨシ「(…! ムチで地面のコンクリ叩き割るだと?!
毎度ながら本当に化物じみてる…!)」

芽衣子「これで貴様らのその腐った性器という性器をぶって 使い物にならなくしてやる」

キヨシ「(やめてぇぇぇえ! まだ使ったことのない新品なんですぅぅう!!
産地直送新鮮なエリンギとアワビなんですぅぅうう!!!)」

芽衣子「とりあえずその腐れマ◯コをしまええええ!!!」

キヨシ「(くそお!花さんのメデュさんは腐ってなんかない!
まだ美味しく頂ける鮮度抜群の高級アワビだぞ!
いくら副会長とはいえ暴言が過ぎる!!!)」

花「ほへぇぇぇ ほっ ほっ ほへぇぇぇ」号泣 ダブルピース

ビシィ! バシィ!

俺は副会長の猛攻を
紙一重で何とか避け続けた。



72:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 02:17:56.96 ID:KyGUbv6RO

芽衣子「く!ちょこまかとぉお!」

キヨシ「ここで貴女に捕まるわけにはいかないんだあ!」

ふと俺は…抱きかかえている花さんを見る…
興奮状態で鼻血を出し、絶賛アヘ顏ダブルピースをしている花さんを…

キヨシ「(こんな状態で捕まったら…多分 花さんは自[ピーーー]る!!
マジで!!!!)」

ーーーーー「俺が花さんを守りますから」


キヨシ「こんなとこで…こんなとこで約束を破るわけには…
いかないんだよぉぉおおおおおおお!!!」

芽衣子「約束?! なんの話だ!!(コイツ…動きが!!)」ビシィ!

キヨシ「…はぁああ!!」

芽衣子「く!何故だ!…(何故コイツは……女を一人抱えた状態でこんなに早く動ける!)」

キヨシ「絶対に逃げる!守る!おしっこをする!」

芽衣子「おのれぇぇぇ!!!」



73:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 02:18:53.58 ID:KyGUbv6RO

ーゲーセン内

シンゴ「やりぃ また俺の勝ちだなー」

ジョー「くそっ !もう一回だ!」

アンドレ「やっぱりシンゴ君はすごいねー」

ガクト「諦めるでござるよジョー殿…
素人目から見ても圧倒的だったでござる」

ジョー「ちぇ…」

シンゴ「まあ、俺に勝つなら…杏子くらいの奴を出さねーとなー」

女子高生A「ねえ!外ヤバいことになってるよ!」

女子高生B「えー?どうしたのー」

女子高生A「この前話題になった変態カップルと
八光学園の副会長が闘ってるんだって!」

アンドレ「ふ!副会長!?」ムラムラムラ

ジョー「そういえば最近変質者が出たらしいな…ゴホッ」

ガクト「副会長殿…大丈夫でござるかな…」

シンゴ「おい ちょっと見てみようぜ!」

アンドレ「はふはふはふ」ムラムラムラ



74:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 02:19:56.87 ID:KyGUbv6RO



芽衣子「うおおおおおおお!!!」

キヨシ「はあああああああああ!!!」

花「ピースぴーす!」

観客「あの変態すごくね?」

観客「ああ あの目に追えないほどのムチの動きを
まるで未来が見えてるかのように足と体のバネだけでいなしてやがる」

アンドレ「シンゴくん…あ、あれってまさか…」

シンゴ「ああ 間違いねえ…あの変態……ゾーンに入ってやがる」


キヨシ「(俺は守る!花さんのメデュさんを…アワビを!人生を!)」バチバチバチ!!


ジョー「ゾーン?なんだそれ」

ガクト「簡単に言えば…持てる最大のパフォーマンスを出せる最高に調子のいい状態でござる」

ジョー「最高のパフォーマンス?そんだけか?」

ガクト「いやいや…通常なら人間はどんなに頑張っても
その時の精神状態や体調や…もろもろで持てる力の半分くらいしか
発揮していないのでござる…それが100%の状態を引き出せているというのは
凄まじい状態でござるよ…」

シンゴ「俺も一度入ったことがある…あれは…確かゲーセンで
杏子との戦いを放棄した時だ」



75:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 02:21:03.92 ID:KyGUbv6RO

ーーーーー回想

シンゴ「俺 やーめた! もうお前強すぎ 誰も勝てね ぐふぉお!」

杏子「シンゴぉ!!」グーパン

シンゴ「な、なにすんだ!」

杏子「私が…喉から手が出るほど欲しいもの(ゲームの才能)を…
おまえは持っているのに…
そのおまえが…勝負を投げ出そうとしている…
怒りで気が変になりそうだ」ポロポロ

シンゴ「たかがゲームでどんだけ?!」

ーーーーーー回想終わり

ガクト「ほう…それでどうしたのでござるか?」

シンゴ「何故か…本気で杏子とぶつからなきゃ…て思ったらみるみる力が湧いて…
勝ったんだ…俺…その日はじめて!」

ジョー「な!」

ガクト「あのゲームで不敗の女王と言われてる杏子殿を負かしたのでござるか?!」

シンゴ「ああ これがゾーンに入った状態だ」

アンドレ「実は…僕もあるんだ…ゾーンに入った経験が…」



76:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 02:22:07.10 ID:KyGUbv6RO

ーーーーーー回想

芽衣子「この豚が…この私にうっかりお姉ちゃんとはいい度胸じゃないか…」

アンドレ「申し訳ございませんんん!
罰として靴を綺麗に舐めさせていただきますぅぅ!!!はふはふはふ…///」

芽衣子「ええい!汚らわしい! 」ドス!!

アンドレ「ぎゃああ!!ケツ!ケツの穴にヒールが刺さるぅぅう!」

芽衣子「フン、 おい、おまえのケツ穴でヒールが汚れてしまった
やはり舐めろ 踵を重点的にな」

アンドレ「ふぉふぉふぉおおおお!」ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ

アンドレ「(いつもより2倍舐めております!!)」

ーーーーーーーー回想終わり

アンドレ「てなことがあったんだ」

シンゴ「おまえ多分ゾーン入ってねーよそれ
いつも通りだわ」



77:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 02:23:06.30 ID:KyGUbv6RO

カキン! バヒュン! ジャキン!

観客「副会長ー頑張ってー!」
魚屋「変態のニイちゃんイカしてるぜー!」

キヨシ「(まずい…)」

ガキン!

芽衣子「このションベンたれがああ!!」

キヨシ「(やはり基本スペックで劣る俺じゃいくらゾーンに入っても
持久戦になったらいずれ体力が尽きてやられる!)」

ヒュンヒュン ジャキン! ビシィ!!

キヨシ「(こうなったら…花さんの力を借りるしかない…!)」

芽衣子「いい加減その不細工な面を見せてみろ!
腐れマ◯コと腐れ外道があ!」

キヨシ「(イラ… 花さんが…不細工だと…??? )」

ヒュン……

芽衣子「!?(な…なんだ…この切り返しの速さは…!
ついていけ……) なあ!」



78:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 02:26:33.29 ID:KyGUbv6RO

ガクン

芽衣子「どういうことだ!私が…転ぶなど…!」

シンゴ「アンクルブレイク…」

ガクト「急速な切り返しをすることで 相手を触れずに転ばせる技術でござるな…」

シンゴ「(どうなってやがる…アンクルブレイクは 中坊時代からキヨシが得意な技だぜ…??)」

キヨシ「は…ゲフンゲフン…メデュさんに逆らう奴 親でも許さない…頭が高いぞ!」

芽衣子「くっ…! (メデュ…? 親ってなんだ?何故、親の話が出る!)」

キヨシ「(そして副会長が転んで地にひれ伏した時がチャンス!すみません花さん!その唇!またいただきます!)」

んちゅううううう!!

花「んんん?!」

んちゅううううううう

花「んぐ…ちゅぷ…れろ…ぺろぺろちゅううううう んんん!!!」

キヨシ「ぷはっ!! くらえ!ピースサンダーーー!!!」

ぷしゃああああああああ!!!

芽衣子「ぎゃああああああああ!!!」



80:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 02:28:36.92 ID:KyGUbv6RO

ガクン

芽衣子「どういうことだ!私が…転ぶなど…!」

シンゴ「アンクルブレイク…」

ガクト「急速な切り返しをすることで 相手を触れずに転ばせる技術でござるな…」

シンゴ「(どうなってやがる…アンクルブレイクは 中坊時代からキヨシが得意な技だぜ…??)」

キヨシ「は…ゲフンゲフン…メデュさんに逆らう奴 親でも許さない…頭が高いぞ!」

芽衣子「くっ…! (メデュ…? 親ってなんだ?何故、親の話が出る!)」

キヨシ「(そして副会長が転んで地にひれ伏した時がチャンス!すみません花さん!その唇!またいただきます!)」

んちゅううううう!!

花「んんん?!」

んちゅううううううう

花「んぐ…ちゅぷ…れろ…ぺろぺろちゅううううう んんん!!!」

キヨシ「ぷはっ!! くらえ!ピースサンダーーー!!!」

ぷしゃああああああああ!!!

芽衣子「ぎゃああああああああ!!!」



81:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 02:30:00.45 ID:KyGUbv6RO

アンドレ「副会長ーーーーーーー!!!」

シンゴ「おいおいおい!嘘だろ?!」

ジョー「あの副会長がプリキュアみたいな技で! 」

ガクト「おしょんべんまみれでござるぅぅううう!!」

キヨシ「よし!このまま突っ切ってやる!
おらおらおらどけどけどけ!!!!
さもなくば おまえらもメデュさん黄金シャワーの餌食だぞ!」

ぷしゃああああああああ

花「はっ はっ はぁっ はぁっ !!!…//// ひや ひやぁぁぁああ!!!」 ビクン! ビクン!!

ぷしゃああああ!!!

そうして…オレ達は危機を脱した。


芽衣子「う…ぐぅぅ…」

八光男子「副会長ー!」

シンゴ「だ、大丈夫ですか?!」

ガクト「しっかりするでござる副会長ー!」

芽衣子「ぅ…ぅ…ん…ん…ぽ…ぽえ…?」

アンドレ「…ぽえ?」

ジョー「…まさか」

芽衣子「ふぇぇぇ~ なんでこんなに濡れてるんですかぁぁ
びしょびしょで恥ずかしいですぅぅ ぽえぽえ~」泣

アンドレ「」



82:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 02:31:17.09 ID:KyGUbv6RO

その頃オレ達は…
あまりにも目立ちすぎてしまった為、
商店街の完走は無理と判断し、
予定を変更して途中で商店街を外れて、
近くの空き地の影に身を隠すことにした
まあ予定通り目立つことが出来たのだからよしとしよう。

キヨシ「はぁ…はぁ…はぁ……もうダメだ…一歩も動けない…」

花「き、キヨシ…わ、わ、たし…は…」ブルブル

キヨシ「花…さん?」

花「私は…人間か?…もはや…人ではないんじゃない…のか?」ブルブル

キヨシ「花さん…!(唇が真っ青だ……体が震えている…)」

花「わ、私…私は…いったい…何を……」

キヨシ「大丈夫です花さん!正体はバレていません!」

花「キヨシ…でも…副会長に…ダブルピースしながら…
おしっこ…かけて……アソコ丸出しのまま…
キヨシとチューして……体ビクビクして…ふぇ」

キヨシ「花さん…!(ビクビクってなに?)」

花「ふぇぇえええええぇぇ(号泣)」



83:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 02:32:23.74 ID:KyGUbv6RO

キヨシ「ちょ!花さん!人が来ちゃいますよ!」

花「なんなんだよこれはよおお!
マジモンの変態になっちまったじゃねえがよおお」

キヨシ「お、落ち着いて花さん!」

花「げっきょくおまえはおしっこしてねーし!
私だけこんな!わだ…わだし…ふぇ…ぁああぁぁあ!!!」

今までになく泣きじゃくる花さんを見て、
俺はとんでもないトラウマを花さんに植え付けてしまったのではないかと
後悔した…だから…何とかしなきゃと思ったんだ。

キヨシ「は、花さん すみません!!」ペロン!

花「へ?…き、きゃあ!!が!」

じょぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼ!!!

その時の俺が何を思ってこんな行動に出たかは説明のしようがない…
ただ…花さんがこの世界でひとりぼっちになったような…
そんな寂しい目をしていたんだ…その目を見たら…
気付いたら自分のえりんぎを取り出し…かけていた…
おしっこを………花さんに…



84:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 02:33:29.78 ID:KyGUbv6RO

じょぼぼぼぼ

花さんの頭に…顔に……

花「ひ、ひぐぅぅ キヨシな、なにを…!ぶふぇ!」

花さんの口に…

花「げぇぇ…けほっ けほっ!」

花さんの胸に…身体に

花「ゲホっ き、キヨシ…なんで?…はぁ…はぁ…」

そして股間にも勢いよく…
スカートをめくってメデュさんにも勢いよくぶっかけた

花「あん!あ!らめ! おひっこで…そん…なぁ!///
変なとこに…きよひのおひっこ…ぉ…イ…イひ!」

ぶしゃぁああああぁああ!! ビクンビクン

キヨシ「は、花さん……はぁ…はぁ…」

花「あ…あ……こ、この…へ、へんた… うぶぐぅ!」

仕上げに…唇にもう一度かけた



85:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 02:34:20.05 ID:KyGUbv6RO

じょぼぼぼぼぼ…ちろちろちろちろ…ちろ…

花「あげ…げ…ゴクン…ゴクッ うぷっ げっ…え…」

キヨシ「はぁ…はぁ…/// 花さん…」

気がつけば…そこには俺のおしっこを浴びて…漏らし…
力なく項垂れ…痙攣する グロッキーな花さんがいた…

花「なん…なんだ…これ… グズっ」

キヨシ「花さん…俺のことを…どう思いますか」

花「げぷっ…ぅ…はぁ…はぁ……え?」

キヨシ「泣いてる女の子に突然 おしっこをかける俺のことを!
どう思いますか?!」

花「へ、…変態……」

キヨシ「そう、変態です…しかも俺は、花さんの口に重点的に
おしっこを勢いよくぶっかけた!筋金入りのど畜生変態野郎ですよ!」

花「はぁ…はぁ…はぁ…キヨ…シ…?」

キヨシ「だから花さん…泣かないで…」

花「…(どうしよう…何を言ってるのかサッパリわかんねぇ…)」



86:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 02:35:05.38 ID:KyGUbv6RO

花さん…花さんが初めて俺におしっこをぶっかけた時…
俺はあなたの前で情けなく泣いてしまいましたよね。
でも、そんな俺に…あなたは優しくキスをしてくれた。
俺は今日までその意味がわからなかった。
何故あの時、花さんは俺にキスをしたか…今ならわかる…

キヨシ「花さん…」抱き…

花「へ…?」

キヨシ「…」すっ

花「…ん……/// 」

その日、俺は優しく彼女にキスをした。

だって、この世界で彼女が孤独を感じることなんてないんだから。



……ずっと側にいるよ 花さん



92:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 17:04:10.72 ID:/Gg96xSw0

翌日

キヨシ「……」ぼけぇ

ガクト「キヨシ殿」

キヨシ「……」ぼげえ

ガクト「キィ↑ヨシ殿!!」

キヨシ「え? ああ どした?」

ガクト「どうしたじゃないでござる!
呼ばれてるでござるよ!」

キヨシ「え?!」

先生「コホン…大丈夫かね?」

キヨシ「あ!す、すみません!えっと…何ページでしたっけ…」

ガクト「はぁ…」



93:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 17:08:04.19 ID:/Gg96xSw0

ーーー昼休み

ガクト「どうしたでござるかー キヨシ殿… 今日は何やら心ここにあらずという感じでござるが…」

キヨシ「んー そうかー?」

千代「キヨシくん…元気ないね?」

キヨシ「わ!ち、千代ちゃん…あはは…そんなことないよ…」

千代「ふぅん…ならいいけど…」

キヨシ「(俺みたいな変態が…千代ちゃんと話してもいいのかな…はは)」

千代「ねえキヨシ君…聞いた?昨日の八光商店街の事件」

キヨシ「え?」

ガクト「ああ それなら小生達もその場に居たでござるよ」

キヨシ「え?そ、そうなのか?」

千代「うそ!じゃあ芽衣子ちゃんのことも知ってるんだ…」



94:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 17:08:44.66 ID:/Gg96xSw0

ガクト「うむ…小生達で副会長を寮まで運んだでござる。 しかし…変態との戦いで色々と傷付き…今は自室で安静にしておられるのでござる」

キヨシ「(副会長……ごめん…)」

千代「あ!てことは、ガクト君達は身の潔白を証明できたんだね!」

ガクト「はいでござる。ただキヨシ殿以外は…でござるが…」

キヨシ「お!俺はその時、花さんと変質者の聞き込みを別のエリアで…」アセアセ

ガクト「そうだったでござるな…だからあの時遊びに誘っても来れなかったわけでござるし…」

千代「ふーん……ちょっと意外だなー」

キヨシ「へ? な、何が?」

千代「キヨシ君と花ちゃんって…少し前から意外と仲が良いよね…?」

キヨシ「ぃ!いやいや!俺と花さんが?! あはは!とんでもない!よくパシられてるだけだよ!」

ガクト「そうでござるよ千代殿…あんな暴君と仲良くなりたがる 男子はこの学園には存在しておらんでござる」

キヨシ「 イラッ はは…そうだよなー」 イライライラ

千代「そうかなー……」



95:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 17:10:04.63 ID:/Gg96xSw0

ーーー会議室

ティータイム会議中

万里「……ズズ…」カチャ

花「……ズズ…」カチャ

万里「どうやら失敗したようね…HTO作戦…失礼、HTOは…」

花「そうみたいですね…」

万里「副会長もアノ状態ではしばらく動かせません…変質者にも困ったものね…」

花「…ズズ」

万里「ズズ…」

花「会長…今回の事件で八光学園の…いや、少なくとも男子共の白は
確定したんだし、もう私達の出る幕はないんじゃ…」

万里「そうね…自治体も動いてるようだし…
事態は思ったよりも大きくなってしまったわね」

花「……(え? そんな話大きくなってんの?!)」



96:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 17:12:25.66 ID:/Gg96xSw0

万里「だからといって…ここで諦めるわけにはいかないわ」

花「いや…もう諦めましょうよ…あとは他に任せてさあ…」アセアセ

万里「花…私はね…犯人が憎いのよ」

花「え?」

万里「副会長…白木芽衣子は心身共に間違いなく我が八光学園最強よ…その彼女が、また幼児退行してしまった」

花「…」

万里「憎いわ…変質者は、その彼女が幼児退行してしまうほどに卑劣な手段で
彼女を絶望に突き落とした…そういうことよ」

花「い、いや…でも…その女もわざとじゃなかったんじゃあ…」

万里「………!」

花「?」

万里「わざと、わざとじゃないの問題じゃありません…
おしっこを他人にかける行為はどんな理由があろうとも、絶対悪です」

花「(そんなことない……)」

万里「花 あなたはおしっこをかけられた人間の気持ちがわかりますか?」

花「さ…さぁ…(わかっちゃうんだなぁ これが)」



97:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 17:13:42.97 ID:/Gg96xSw0

万里「きっと…絶望の淵を彷徨うはずよ…もう自分は…普通の人間ではないと…その苦しみは…想像を絶するはずだわ…」

花「…」

万里「せめて…副会長が幼児退行し、苦しみを覚えてないのが救いでした」

花「そうですね…」

万里「花…我が裏生徒会…副会長がおしっこをかけられたまま引き下がったら
今後の威信に大きく関わります…私達は何としても…
何としても彼女の仇を取らなければいけないのですよ」

花「…は、はい(諦めてよぉ……)」

万里「二人だけになってしまいましたが… 必ず成し遂げましょう…続HTO…作戦!」

花「(だからなんでそこ被っちゃうのかなぁ…)…ズズ」

万里「もし、仲間一人の無念も晴らせないで終わるなら…私は裏生徒会を辞任するつもりです」

花「ぶほっ……え?会長…ちょ…マジ?」

万里「そうなったら…あとは頼みましたよ…花」

花「…え?…ちょ……………………え?」



98:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 17:15:32.76 ID:/Gg96xSw0

屋上

花「はぁぁぁ~ まさか会長があそこまで執念深かったなんて…」

花「……まあ…おしっこかけられたら普通怒るのわかるけど」

ピロ…つ[プリクラ]

キヨシと初めて撮ったプリクラ
キヨシが書いてくれた…大好き…の文字…
そして、キスしながら…おしっこ…の文字。
最近、気がついたらこの写真を
物思いに隠れて眺めるのが日課になってしまった。

こんな…私達の犯行の決定的な証拠品になってしまうものだから
キヨシには「捨てよう」と言われて、私は「わかった」…
と答えてしまったけど…どうしても捨てられない…

花「キヨシ…」



99:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 17:16:40.62 ID:/Gg96xSw0

私も最初おしっこをかけられた時は…
キヨシを憎んだ…でも、今は違う…
キヨシは汚いはずの私を抱きしめて…
ディープキスまでした…
あいつ自身も…甘んじて私のおしっこを受け入れてくれた…
だから私もあいつにキスをした…

もう私にとって…私達にとって おしっこは…

【絆】…なんだ。

私とキヨシを繋ぐ…黄金の絆…

今でも…身体中に残るキヨシにおしっこをかけられた時の感触…
酷い臭い…しょっぱい味…喉を通った時の嘔吐感…
でも…最初にかけられた時のような絶望感はまるでなかった…
それどころか私は……

変態行為に興じてしまった自責の念から救われた…

満たされたんだ…

おしっこをかけられた人間が味わう絶望の先にある高翌揚感。
この学園で…ただ一人、私だけが知っている…

今も…トイレで用を足す度に思い出してしまう…
あの時…おしっこ塗れの…私の汚い唇に優しくキスしてくれたキヨシ…

花「はぁ…はぁ… ヤバイ…また思い出しちゃった…///」

もう…私…

花「変態なんだ…///」

クチュ



100:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 17:18:45.61 ID:/Gg96xSw0

キヨシ「花さーん どこですかー!

花「きゃああ!!」

キヨシ「ああ そこか」

花「(ヤバッ プリクラ隠さなきゃ…!)」

キヨシ「今日はここに隠れてたんですね」

花「は、早かったな!」 アセアセ

キヨシ「そうですか?…約束の時間5分前ですけど…」

花「え?あ…もうこんな時間かよ…
(いったいどんだけの時間…こいつとおしっこのことばっか考えてんだ私は…)」

キヨシ「それより…副会長…申し訳ないですね…」

花「え?あ、ああ…でも幼児退行してるからその時の事は覚えてないみたい…
安静にしてればそのうち元に戻るんじゃないかって…」

キヨシ「え?そうなんですか?だったら少しは安心ですけど…」

花「うん…」ドキドキ…



101:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 17:23:20.17 ID:/Gg96xSw0

キヨシ「まあ色々ありましたけど…とりあえずは
逃げ切ることができましたね 後はこのまま俺たちも
事態が沈静化するまで大人しくしていれば…」

花「それがそう簡単な話ではなくなったわ…」

キヨシ「え?」

花「会長が自ら商店街に出向き…犯人を捕縛することが決まった…」

キヨシ「そ、そうなんですか…でも、こっちがもう動かなければ 足はつきませんよね…?」

花「そうだな…だが…今回の事件で…副会長の無念が晴らされなければ 会長は…裏生徒会 会長を辞任すると言ってた」

キヨシ「え?!それってつまり…」

花「…うん」

キヨシ「濡れTコンテストが無くなるってことー!?」



102:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 17:24:34.52 ID:/Gg96xSw0

花「ちげーよ 裏生徒会の威信だだ落ちってことだよ… こんな醜態晒して負けたままで終わったらな…」

キヨシ「そんな…ぬ、濡れ…」

花「話を聞けよ…つか裏生徒会自体が無くなるわけじゃないんだから 濡れTコンテストがなくなるわけじゃないからな」

キヨシ「でも…それで万が一にも覇権が表生徒会に移ったら… 結局年間行事は 変わってしまうということですよね?!」

花「そうだけど…そこはいいじゃねえかよ…
いったい誰の濡れTが見てーんだよ…クソキヨシ…(どーせ千代ちゃんなんだろ)」

キヨシ「そんなの花さんに決まってるじゃないですか!!」

花「………は?! わ、私…だと?!」

キヨシ「……あ!…い、いや!すみません…つい…/// すみません許してください!」

花「ち、違…怒ってねーよ…別に…でも… なんで私なんだよ……千代ちゃんじゃ…ねえのかよ…///」

キヨシ「い、いや…俺もなんでか…即答してしまいました…すみません」

花「……なんだそれ」

キヨシ「うまく説明できないです…」



103:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 17:26:19.42 ID:/Gg96xSw0

花「…じゃあ千代ちゃんを目の前にしたら、即答で千代ちゃんって答えるかもな…」

キヨシ「い、いや…それは……どうでしょう…」

花「…別に…どうでもいいど……フン」

キヨシ「(どうしよう…やはり機嫌を損ねてしまってる…)」

花「……はぁ…こんな時に私達がいがみ合ってもしょうがないか…」

キヨシ「す、すみません…」

花「とにかく…このまま、会長率いる裏生徒会の威信が地に落ちれば
会長もいなくなり、裏生徒会は存続すら危うくなる…
それだけは絶対ダメだ…どんなに変態と罵られたとしても
裏生徒会書記の私だって 誇りを失ったわけじゃない」

キヨシ「花さん…なるほど だいたい話は飲み込めました」

花「そこで…おまえに頼みたいことがあるんだ」

キヨシ「わかりました 花さんの…いや濡れTの…いや花さんの濡れTの…?為なら何でもやりましょう!」

花「動機が不純なんだよ…バカ…///…おまえに…会長へ負けを認めて欲しいんだ」

キヨシ「ほう?」



104:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 17:27:11.01 ID:/Gg96xSw0

花「それも大衆の前で、裏生徒会が変態に勝ったことが世に知れ渡るように…」

キヨシ「なるほど…でも それって俺捕まっちゃうんじゃあ…」

花「だから…おまえは正体を隠したまま、もう変態行為はしないと誓い、負けを認めた上で逃げるんだよ!」

キヨシ「結構 難しくないですかそれ」

花「大丈夫…私がいるからな…私が裏生徒会の立場から
色々と会長の動きをセーブする…不本意ながら副会長も脱落したし
大分やりやすくはなったしな」

キヨシ「いやいや待ってください…花さん…生徒会側なんですか? 変態メデューサ側じゃなくて…?」

花「しょうがないだろ…副会長が不在の今、私が会長の側にいないのは不自然なんだ」

キヨシ「じゃあ…俺のソロプレイじゃないですか…
いくら学園最強の副会長がいないとはいえ…大丈夫なんですか…それって」

花「それについては私に考えがある 安心しろ 今回はおまえがおしっこを我慢してこいよ?」

キヨシ「はぁ…しょうがないですね いいでしょう!やりましょう!裏生徒会の為に!花さんと濡れTの為に!」

花「……ありがと…」

キヨシ「ちなみに作戦名は?」

花「え?…そうだな……うーん……KGO……」

キヨシ「KGO…?」

花「 会長、ごめんなさい、作戦…てところかな」

キヨシ「弱気な作戦名ですね…(大丈夫かな…)



105:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 17:28:31.06 ID:/Gg96xSw0

その夜…男子寮

キヨシ「(明日の夕方6時…八光公園 女子トイレ…か)」

俺はこの日、中々寝付けずにいた…

キヨシ「(明日さえ乗り切れば…もうこんなこと…しなくてすむ…)」

明日のKGOさえ乗り切れば
もう花さんを危険に晒さなくてすむ…
しかしその安堵感とは別に、
どこか寂しさも心の片隅にあった

花さんのメデュさんを剥き出しにし抱えたまま走った
あの言いようのない開放感…
花さんにおしっこを狙ってかけた時の
背徳感…の中に確かに存在した快感…

もちろん、あの時 花さんにおしっこをかけたのは
一人変態に成り果てたと思い孤独に苛まれた花さんを
救いたいという気持ちはあったし、
この気持ちに嘘はなかった…
でも、それでも…



106:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 17:29:52.17 ID:/Gg96xSw0

あの時、俺のエリンギは…硬くなっていた…

心でどんな誤魔化しても…
犬のしっぽが感情を正直に表してしまうのと同じ…
俺は…正直 めちゃくちゃ興奮していた

キヨシ「ふふ…ふ ふはははははは!」

思わず笑みが溢れた

キヨシ「なんてことはない…俺は…俺は… 変態だ!!!」

この日、月は満月だった。
人は満月の夜には引力の関係で
気持ちが昂りやすくなるらしい
そんなことは何も関係ないと思うが
俺はとりあえずこの気持ちの昂りを
そんなバカなことを考えながら発散していた。

今ならできる。

満月の夜に俺は全裸で外に大の字で寝ることだってできる!

キヨシ「ふはははははは!!ふはははは

ガチャ!

シンゴ「おいうるせえぞキヨシ!」

ガバ!

ガクト「安眠妨害でござる!!!」

ジョー「ゴホッ…気でも触れたか」

アンドレ「もう1時だよ~早く寝なよキヨシ君 むにゃむにゃ」

キヨシ「あ ごめん」



107:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/10(木) 17:31:56.04 ID:/Gg96xSw0

そういえばここ、壁が薄い上に
ガクトもいるんだった…

ガクト「ところでキヨシ殿…さきほど、自分のことを変態と言っておったでござるが…」

キヨシ「え?」

シンゴ「俺も聞いたぜ…ハッキリと自分を変態だと高らかになぁ」

キヨシ「」

キヨシ「(ななな!なんてこったぁぁああああ やっちまったぁあああ!!)」

ジョー「まさかおまえ…ごほっ」(汗)

アンドレ「ん?なになに?」

キヨシ「はは…何言ってんだよみんな 俺が変態だって? そぉんなわけ…ないだろ?俺はただ、そうゆう夢を見ていただけだ 」

シンゴ「夢?」

キヨシ「ああ、闇に迫るメデューサとこの俺がキスしそうになる展開なんだが… 笑っちゃうだろ? メデューサとキスなんてさ!」

シンゴ「なあキヨシ…おまえにずっと聞きたいことがあったんだけど…」



111:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/11(金) 02:24:27.97 ID:rjjtSfnlO

キヨシ「キスで終わればよかった!でも違ったんだ!メデューサの目的はキスなんかじゃなかった!」

シンゴ「おまえが中坊の頃に得意だった技あるよなあ?」

キヨシ「なんとびっくり!ソイツは俺に呪いのシャワーを浴びせかけたんだ!
それも…未来永劫続く呪いの!」

シンゴ「アンクルブレイク…事あるごとに俺に使ってたよなあ?!」

キヨシ「ははは!笑っちゃうだろ!…キスしたいと思っただけなのに
欲にかられた俺はメデューサの呪いにまんまとかかったのさ」

シンゴ「図にのるなよシンゴ!僕に逆らう奴は親でもコロす!
何度も言ってたよなぁあ?!」

ガクト「なんなんでござるか…全く話が噛み合っておらんでござる…」

キヨシ「俺はまさしく…メデューサによって愛のプリズンに囚われたのさ!」

シンゴ「何度も受けてきた技だ!見間違うわけねえ!
あの時!商店街でアンクルブレイクをやった変態はおまえだ!キヨシ!」

キヨシ「…果てのない……プリズン…」

キヨシ「プ……」

キヨシ「」

アンドレ「わかりやす」



112:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/11(金) 02:26:02.23 ID:rjjtSfnlO

ジョー「もうちょっとマシな言い逃れの仕方はなかったのかよ」

キヨシ「」



ガクト「で、実際、どうなんでござるか?」

キヨシ「…」

シンゴ「どうって限りなく黒に近いグレーだよな」

キヨシ「…」

アンドレ「ねえ 何か言ってよキヨシ君…」

キヨシ「…」

ジョー「…ゴホッ」

キヨシ「みんな…すまない…俺からは何も言えない…
でもこれだけは言える…皆に迷惑は絶対にかけない」

シンゴ「はあ?もうかけてるだろうがよ」

キヨシ「…」

シンゴ「ダチが危ねえことやってるってわかって…
止めないダチなんて…ダチじゃねえだろ」

キヨシ「…シンゴ」



113:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/11(金) 02:27:13.45 ID:rjjtSfnlO

シンゴ「おまえのことだ…何か理由があるんだろ…?」

ガクト「キヨシ殿…我らは幾度となく死線を共に乗り越えた
いわば同胞でござる。誰もキヨシ殿を売るような人間はここにはおらんでござるよ」

ジョー「ふっ…」

アンドレ「副会長に幼児退行させたのは残念だったけどね…
(まあリサさんがいるからいいや)」

キヨシ「みんな…!ぐずっ…みんな!みんな!」

俺に優しく笑いかけてくれる友達…

俺…こんなに汚いのに…
もう普通の人間じゃないのに…変態なのに!

キヨシ「みんな!ありがとう…みんな! 」

ああ…俺…一人じゃなかったんだなぁ…




キヨシ「みんな…ごめん…俺、それでも…守らなくちゃいけない人がいるんだ」

シンゴ「あん?」



114:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/11(金) 02:27:59.28 ID:rjjtSfnlO

キヨシ「その人の為にも…今は…俺はみんなに本当の事を話せない…
許してくれ!でも…全てが決着したら!
俺が俺の気持ちに決着がついたら…その時、みんなにその…
大事な人を…紹介するよ…」

シンゴ「そうかよ」

ジョー「ちっ カッコつけやがって」

ガクト「まあ…少し考えればそれが誰かは小生じゃなくとも察しがつくとは
思うでござるが…無用な詮索でござろうな
(キヨシ殿のアリバイを証言しているのは一人しかおらんでござる)」

シンゴ「はは…そうだよな」

アンドレ「楽しみにしてるよ キヨシくん」

キヨシ「シンゴ…ガクト…ジョー…アンドレ
ぅぐ…ぐず…ありがとう!!」

花さん…どうやら…
変態でも友達は作れるみたいですよ…



115:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/11(金) 02:28:48.73 ID:rjjtSfnlO

翌日

放課後 教室

ガラガラガラ…

ガクト「キヨシ殿… 」

キヨシ「……ガクト」

ガクト「もう…行くのでござるな」

キヨシ「ああ 決着をつけにいく」

千代「あれ?キヨシ君…?どっか行くの?」

ガクト「あ」

キヨシ「あ…千代ちゃん…」

千代「そんな鬼気迫る顔で…どこ行くの…?」

キヨシ「……千代ちゃん…俺は」

シンゴ「おーい キヨシ…っと…千代ちゃんも一緒か…」

アンドレ「キヨシ君…男らしい顔つきだね」

ジョー「ふっ 勝手に一皮向けやがって…」



116:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/11(金) 02:29:48.32 ID:rjjtSfnlO

シンゴ「もう…行くんだな…キヨシ…千代ちゃん」

キヨシ「ああ……(ん?)」

シンゴ「おまえらのことだ止めても聞かねえんだろ?」

千代「……??」

キヨシ「(ま、まさか…コイツ…いや…)」

アンドレ「ニヤっ」

ジョー「ニヤっ」

キヨシ「(コイツら…!そろいもそろってわかってねえじゃん!!!
くそ!!変態カップルを千代ちゃんだと思い込んでやがる!
このままじゃヤバい!!)」

ガクト「(ま、まさか…シンゴ殿達は気付いていなかったでござるか!?)」

シンゴ「キヨシ…千代ちゃん…おまえら…ちゃんと帰ってきてくれるんだよな?」

キヨシ「あ…い、いや…(コイツらのアホさを甘く見てたぜちくしょぉぉお!!)」

千代「帰るよ」

キヨシ「(え?!)」

ガクト「あれ?」

千代「何があっても帰ってくる…!
信じて…みんな」



117:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/11(金) 02:30:40.62 ID:rjjtSfnlO

キヨシ「(何が何だかわからない…だがここは合わせておくか)」

キヨシ「ああ約束する…オレ達は必ず…ここへ戻る」

シンゴ「へっ いい面構えだ…もう何も言わない…行ってきやがれ」

キヨシ「ああ」

千代「うん!」

ガクト「(あれ?小生が間違ってたでござるか?)」

俺と千代ちゃんは…
みんなの熱い思いを胸に送られることになった。
真剣な表情でオレ達は…校門を一緒にくぐる。

ふと後ろを見ると…
クラスの窓越しからオレ達にエールを送る男達の姿が見える…

シンゴ「…しかし…まさか千代ちゃんがあの変態女の正体だったとはな」

アンドレ「人は見た目によらないんだね…あんなに可愛いのに…」

ジョー「相撲好きでシコを踏むんじゃなくて…シッコをかけるのが趣味なんてな…w」

シンゴ「ぷくくく…!www」

アンドレ「ぷくくく!や、やめなって…ぷくwww」

ガクト「……ぶっww」



118:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/11(金) 02:32:00.41 ID:rjjtSfnlO

下校中

千代「じゃあ…キヨシ君…」

キヨシ「うん…ここでお別れみたいだね…」

千代「それにしても…なんでみんな、私が明日からの
連休を利用してお父さんと大相撲秋場所を見に行くって知ってるんだろ~」

キヨシ「さ、さあ…(君も紛らわしいとはいえ…千代ちゃん…ごめん…)」

千代「キヨシ君も何か旅行行く予定だったの?」

キヨシ「そ、そうなんだ…ちょっとした旅にね…」

千代「旅?…そうなんだ…」

キヨシ「うん…」

千代「なんか、キヨシ君 変わったね」

キヨシ「そ、そうかな?」

千代「うん、なんか男らしくなったっていうか…
顔付きが小結から横綱くらいに変わったみたいに凛々しくなったかも」

キヨシ「……(ただの変態行為をしてるだけなんだけど)」



119:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/11(金) 02:32:53.55 ID:rjjtSfnlO

千代「キヨシ君が今何を頑張ってるかよくわからないけど…がんばってね!」

キヨシ「うん、ありがとう千代ちゃん」

千代「じゃあね!キヨシくん!」

キヨシ「じゃあね!(千代ちゃん…多分今…俺の友達が君に対してすごい失礼なこと考えてる…ごめん)」

ー教室
変態ごっこ中

シンゴ「いくよー千代ちゃーん」(キヨシ役)

ジョー「きゃーキヨシ君のえっち!」(千代役)

アンドレ「貴様ら…! ここは通さんぞ!!」(芽衣子役)

シンゴ「おらおらおらおら!千代ちゃんのおしっこだぞ!!」

ジョー「のこったのこった!のこったのこった!じょぼぼぼー」

アンドレ「きゃああああ!!」

ガクト「最低でござるな…」

ガラガラガラガラ

ガクト「おや?」

「………」

ガクト「お、お主…!!!」



120:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/11(金) 02:34:56.25 ID:rjjtSfnlO

ー公園

何はともあれ…ようやく公園にたどり着くことができた…
女子トイレの一番奥のドア…
その先に…俺の大事な人がいる


そして、最後の闘いが始まる。



花「なあ キヨシ…6時っつったよな?」

キヨシ「は、はい…」

花「今 何時?」

キヨシ「6時10分です…」

花「おまえ状況わかってんのかよ」

キヨシ「すみません…ちょっと面倒なことが起こって… 何故か千代ちゃんと下校することになったんです…」

花「」



121:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/11(金) 02:36:48.58 ID:rjjtSfnlO

キヨシ「それで…怪しまれないように公園とは方向が逆の
実家の方に歩いてたので…すみません」

花「お、おまえ…私との約束ほったらかして…
千代ちゃんと下校してたのかよ… !」ぐぐ…

キヨシ「は、花さん、冷静に!話せば長くなるというか、
俺もうまく説明できませんが、仕方なかったんです!」

花「黙れ!私がおまえを待っている間…おまえが中々来なくて…
どんな気持ちでいたかわかるか…!?」

キヨシ「え?」

花「変態の私が…いつ愛想を尽かされるかわからない変態が…
こんな狭い個室で…待たされてる気分がわかるかよぉぉ」ポロポロポロ

キヨシ「ご、ごめん花さん!でも俺が花さんのことを見捨てるなんて有り得ません
俺はこれから先、何があっても花さんを信じる!
だから花さんも俺を信じて…」

俺は自分の言葉に嘘偽りがないことを必死で伝える為に
花さんから絶対に目を逸らさなかった。

花「…///」

キヨシ「…」

花「……ちゅーしろ」

キヨシ「え」



122:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/11(金) 02:37:37.27 ID:rjjtSfnlO

花「お互い…信じ合うって…約束のちゅーだ…」

キヨシ「は、はい…じゃあ…」スっ

花「ま、待って…///」

キヨシ「?」

花「ディープはダメだぞ!普通のキスだからな!」

キヨシ「わかりました(漏らしちゃいますもんね…)」

花「ん…///」

キヨシ「花さん…」スっ

ちゅ

花「ん…んん…///」

花「ぷは……はぁ…はぁ…///」ムラムラ…

キヨシ「(まったく…手間のかかる人だな…でもそこが可愛い…)」

花「や、やっぱ…ディープしよ///…ディープ…」ムラムラムラムラ

キヨシ「だ、ダメですよ!時間ないんでしょ?!」




123:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/11(金) 02:38:48.72 ID:rjjtSfnlO

午後6時30分

俺は手筈を整えて花さんと別れ…
八光商店街に舞い降りた

その瞬間、幾多の悲鳴があがる。

何故なら花さんの持参したパンツを被って顔を隠し、上半身は裸。
ダッチワイフをパンツに固定して抱えた変態が突如現れたのだから。

花さん……あんたさあ……ホント…どうなってんだよ…

「きゃーーー変態よーーー」
「出たぜ!! 八光商店街名物 マジキチ変態カップル!」
「これの為にわざわざ遠征してきたかいがありましたよ」
「今日は本番してんぞー!」
「あれ?女の方なんかおかしくね?」

ちなみにダッチワイフは空気式で
上から六星(ろくせい)高校の制服を着せてカツラとマスクをつけてる
…とはいえ、誰から見ても関節とか胴回りとか不自然だ。

こんなんで会長を騙せるとでも思っているのかあの人は…



127:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 05:30:07.15 ID:aOPt9HGLO

キヨシ「まあいいや…ケーサツ呼ばれる前にさっさと終わらせて帰ろう…」

ただ、メンタルはかなり鍛えられた気がする。
これだけ大衆から変態扱いされても動じないんだぜ?

俺は軽くランニング程度で
ダッチワイフをゆっさゆっささせながら商店街を駆け抜けた。

空気式のダッチワイフは花さんよりは軽く、動きやすかった為
俺は昨日よりも早くゲーセン前まで辿り着くことができた。


カーカーカー!

キヨシ「さっきからやけにカラスが多い…近いのかもな」

裏生徒会会長 栗原麻里とは、別名カラス使いの麻里という異名を持つ。
何故大量のカラスを使役するに至ったかという設定は作中で明らかにはなっておらず
最近ではその設定も花さんのゆるふわ系女子と共に忘れ去られ、
てっきり無かったことになったのかと思ったがそうでもなかったみたいだ。

ゲーセン前を超えたあたりのとこ…途中…空き地前に
目的の人物がいた。

万里「変態さん…会えて光栄だわ」



128:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 05:32:53.39 ID:aOPt9HGLO

花「…(改めて見るとひでぇな…)」

足を止める。

キヨシ「ふぅ…(ようやく始まりますね…花さん…ラストミッション…)」

花「(ここで決着をつけるぞ…キヨシ!)」

…KGO(会長 ごめんなさい オペレーション)開始だ!



万里「私は八光学園 裏生徒会 会長…栗原万里」

花「同じく書記の緑川 花…あんた達ね…うちの副会長に小便ぶっかけたって輩は」

キヨシ「(どの口がそんなこと言ってんだ…)」

だがなんて迫真の演技なんだ。
俺も合わせないと…

キヨシ「いかにも、私が八光商店街に巣くう制服フェチ変態カップルが一画…エリンギだ
そして今抱きかかえているパートナー…彼女がメデューサだ」

花「(その喋り方なんなんだよ)」



129:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 05:34:01.77 ID:aOPt9HGLO

万里「ごめんなさいね…趣味に興じてるところ呼び止めてしまって
今日は貴方と戦いにきたわけじゃないの」

キヨシ「!?」

花「え?か、会長? 」

キヨシ「なんだと?」

万里「そちらの空き地にティータイムスペースを用意したわ
私、貴方と少しお話をしたいのよ」

会長の指を指す方向を見ると、そこには
空き地に用意されたパラソルと、その下には
場違いなオシャレな白いテーブルと5つのイスが用意してあった。

キヨシ「貴様…何を考えている…私の目的は知っているであろう
(なんだよこの展開…聞いてないぞ…!)」



130:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 05:35:59.35 ID:aOPt9HGLO

回想ー公園トイレ

花「いいか…おまえのせいで時間がないから手短に話すぞ」

キヨシ「はい…」

花「今からおまえはこれに着替えろ そして着替えながら聞け」

キヨシ「…なんだこれ…これ…まさかダッチワイ…」

花「質問は受け付けない…」スルスルスル…

キヨシ「! な、何故 御自身のパンツを!」

花「マスクを忘れた これでも被って顔を隠せ…///」

キヨシ「えぇぇぇ…(この人…頭おかしいよぉぉ)」

花「今からおまえは前と同じように商店街東口から西口にかけてダッシュしてもらう」

キヨシ「(このパンツ…なんか…変な香りする…)」

花「途中、必ずどこかで私と会長が待ち構えている」

キヨシ「(この人、さっきキスした時絶対ちょっと漏らしただろ…)」

花「そこでアンタは隙を見て会長におしっこをぶっかける…」

キヨシ「ええ?! なんでそうなるんですか?!」



131:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 05:36:56.11 ID:aOPt9HGLO

花「安心しろ…もちろん私がそれを阻止する為に
用意しているこの傘で防ぐ…会長には尿飛沫一滴も浴びさせない」

キヨシ「(この人 何言ってるんだ)」

花「結果的に私は会長を守り、おまえは会長におしっこをかけられなくなる」

キヨシ「……」

花「そこで私はこう言う…

「おまえごときのしょっぱい小便では 裏生徒会は屈服しねぇ
悔しかったら尿の一滴でも飛ばしてみろ」

と…」

キヨシ「はぁ…」

花「そこでおまえはこういう…

「これではもう女におしっこかけられない…負けたよ裏生徒会さん
オレ達は改心して…これからはおしっこはトイレにするぜ」

…と」

キヨシ「…」



132:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 05:38:10.66 ID:aOPt9HGLO

花「やりましたね 会長」

花「ええ、流石の変態も膀胱が空になれば何もできないでしょう」(麻里役)

花「私達 裏生徒会にたてついたのが運の尽きでしたね
これであいつらも二度とここには現れないだろうし」

花「ふふ…完全勝利ね…」(麻里役)

花「…という感じだ」

キヨシ「いつから変態の目的が 女におしっこかける設定になったんですか」

花「私は考えたんだ 変態にとっての勝利とは何か 敗北とは何か
そして私達 裏生徒会の勝利とは何か 敗北とは何か…」

キヨシ「それで?」

花「変態にとっての敗北は変態行為を完遂できないこと
裏生徒会にとっての勝利とは変態行為を阻止し 二度とさせないこと」

キヨシ「なるほど」



133:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 05:38:58.44 ID:aOPt9HGLO

花「と考えれば、今までやみくもにオシッコ出したりしてた変態にも
打ち砕くべき何かしらの目的が必要となる」

キヨシ「それが…女性におしっこをかけるという行為…」

花「そうだ…私達変態がこれまで一貫してやってきたこと…
それはおしっこという行為…不本意ではあるがそれを利用する」

キヨシ「しかしその目的って裏生徒会の間ではどうなってるんですか?」

花「安心しろ 既に 会長には挑戦状を叩きつけてある…」

キヨシ「なんだと」

変態より
『今日 栗原麻里に 八光商店街で おしっこ ぶっかける』

花「新聞紙を切り取って作ったから筆跡ではバレない」

キヨシ「もう完全に犯罪者ですね」

花「私達に逃げ場はない…もうやるしかない」

ーーー回想 終わり



134:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 05:40:03.96 ID:aOPt9HGLO

万里「さあ変態さん 遠慮などしなくていいわ 彼女さんの席も用意したのよ」

キヨシ「…(どうしよう…これに乗ってもいいのか…)」

花「か、会長…いったい何を…?」

万里「何も…? ただ興味が湧いたのよ 変態さん達が何故おしっこを女性にかけたがるのか」

花「(えーーーー)」

キヨシ「(花さんの動向を見るに、どうやら予定外のことらしいな…)」

花「(だが…やることは変わらない…わかってるなキヨシ)」

キヨシ「(…花さん! わかりました!…なんとしても会長におしっこを…!
かけ損なう!)」

万里「さあ変態さん おかけになって」

キヨシ「失礼しよう」ガタッ

花「(その喋り方 吹きそうになるからやめて)」



135:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 05:41:10.56 ID:aOPt9HGLO

万里「あら?」

空き地に用意されたパラソルの下の
場違いなイスに3人が腰掛けた時、
まず口を開いたのが会長だった

万里「どうしたの?変態さん達…仲がいいのはいいことだけど
いつまでも抱き合ってたら疲れるし
用意した紅茶が飲めないわよ」

キヨシ・花「(まずい)」

今ここでかかえてるダッチワイフをイスに座らせたら
仮にコンタクトをつけてないど近眼の千代ちゃんが相手でも
バレてしまう!

万里「どうしたの?変態さん?早く座らせてあげて?」

キヨシ「じ、実は…彼女…とても恥ずかしがりで…
人前だと私とくっついてないと何もできなくなってしまうのだ」

花「ふーん、まあそれならしょうがねーな」



136:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 05:42:26.36 ID:aOPt9HGLO

万里「ウフフ 人前では大切な場所を剥き出しにするのに、
イスに座るのが恥ずかしいなんて変わってるわね」

キヨシ「……それが、変態というものなのだよ 会長さん」

万里「あら麻里でいわよ 変態さん そうだ、変態さんだとあなた達二人のどちらかのことか
わからないわね。エリンギさんと、メデューサさんで良かったかしら?」

キヨシ「好きに呼ぶがいい」

万里「じゃあ鬼畜変態露出野郎さんと淫乱腐れおまん尿娘さんと呼ぶことにするわ」

キヨシ「エリンギとメデューサで頼む」(汗)

万里「わかったわ よろしくね 花、私達と、こちらのお二人に紅茶を 」

花「は、はい」

万里「それにしても…メデューサさんは本当に無口なのね
大好きなエリンギさんとくっついているのに…」

キヨシ「そ、そうだな…今日は少しお眠のようだ」



137:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 05:43:37.29 ID:aOPt9HGLO

万里「お眠?あらそれは大変…だったらなおさらイスで寝かせてあげた方がいいわね
ここに毛布があるわ これでも着せてあげて」

キヨシ「(よし…これなら不自然なダッチワイフの関節も目立たないし…
俺もフリー状態で会長におしっこをかける体制になりやすい)」

花「(この状況で寝るってなんだよ)毛布は私がかけますねー」

キヨシ「ああ ありがとう」

パサー

万里「さて、ようやくこれでゆっくりお話ができるわね あら?」

キヨシ「(今度はなんだよ)」

万里「メデューサさん…とても大きな唇ね…」

キヨシ・花「!? (で、ですよねー!!!)」

キヨシ「(しまった…関節ばかりおかしいと思ってたが よく考えたら
男のナニを挿れる口も気持ち良さを重視するために不自然な形になっているんだった!)」



138:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 05:44:38.01 ID:aOPt9HGLO

ダッチワイフ「…」

万里「それに口がずっと開いてるわよ…?」

キヨシ「どうやらメデューサはもう寝てしまったようだ」

万里「そう…残念ね この紅茶…せっかく美味しいのに…仕方ないわ」カチャ

花「え?」

次の瞬間、会長はとんでもない行動に出た

万里「せっかくの紅茶ですし、飲ませて差し上げましょう」

キヨシ「ちょ…」

ダッチワイフ「ゴボゴボゴボゴボゴボゴボ」

会長はダッチワイフの口に紅茶を流し込んだ

万里「ふふ 全部飲んでいただけたわね まだ飲めるかしら」

キヨシ「や、やめろ…(所詮は男のナニを突っ込むところ!
容量など男のナニとザー汁が入る程度しかないはずだ!)」



139:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 05:47:17.55 ID:aOPt9HGLO

万里「どうして?こんなに美味しそうに飲んでいるわよ」

ダッチワイフ「ごぷっ ごぷっ」

花「(バレてる!これ絶対バレてる…)」(滝汗)

キヨシ「彼女の好物はホットミルクと黄金水のみだ…
それ以外は摂取しない…」

ダッチワイフ「…こぷっ」

万里「そう 偏食家なのね」

花「(バレてない?!バレてないの?!これ…どう見ても人間じゃねーだろ コレ!)」

花「そ、それより会長…早く話を進めましょうよ…
私、こんな変態共と同じ空気吸ってると思うと辛くなってきちゃった」

万里「そうね 花…でもその前に…エリンギさん…あなたも紅茶をどうぞ」

キヨシ「え…あ…そうだないただくとしよ…ん?」

俺は紅茶を飲もうとした時、口元に違和感を感じた

花「あ」

キヨシ「!」

キヨシ「(そうだ、俺は花さんの脱ぎたてパンツを被っていたんだったー!)」



140:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 05:48:40.50 ID:aOPt9HGLO

万里「あら?そのままでは紅茶は飲めないわね…
どうかしら?誰にも言わないから…そのパンツのような、マスク…
取っていただけないかしら…?」 ニヤ

キヨシ「(これが狙いかー!!)」

花「(いや!別に無理して飲む必要はなんじゃないか?!)」

キヨシ「(いや…できる! 花さんのパンツは既に俺の顔に…馴染んでる!
まさか花さんのパンツを被ったまま紅茶を飲む展開になるとは
思っていなかったが…飲める!飲めるぞ!)」

万里「どうしたの?ほら」

キヨシ「ふふふ ふははは! なるほどな! さっきからやけに
紅茶を飲まそうとすると思ったら…狙いはこれか!」

万里「どうしたの?」

キヨシ「あんまり飲まそうとするので初めは毒かと思ったが…
同じポットに入ってた紅茶をおまえ達も飲んでる為その可能性はゼロ!
だが…私が飲む為には…このパンツを脱がなければいけない…そういうことだな」



141:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 05:49:52.23 ID:aOPt9HGLO

万里「え?それパンツだったの?パンツっぽいマスクじゃなくて?」(汗

花「(どっちにしても 社会的にダメだよ…会長)」

キヨシ「だが残念だったな!飲める!飲めるんだよ!」

万里「?」

花「(いやだから そこまで無理して飲むなって)」

キヨシ「何故ならこのパンツは通気性の高い綿100%素材!
つけたままでも飲めるんだよぉおお!!」

花「(そこ張り合ってどうすんだよお!!!)」

俺はパンツ越しにティーカップを口につけて
勢いよく流し込んだ

キヨシ「ゴクゴクゴク!(飲める!飲みにくいが飲める!!)」

花「(おいぃいいい!!人のパンツに何してくれてんだてめぇええ!)」



142:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 05:52:11.62 ID:aOPt9HGLO

万里「あら…本当に飲めてるわね…」

キヨシ「(ははは!何かよくわからない雑味がある気がするが…
飲める!問題なく飲め…!?)」

花「…!」

万里「あら?どうしたの?エリ…」

キヨシ「ふぉげぇぇぇえぇええぇぇええ!!」ゲロゲロゲロ

花「ぎゃあああああああああ!!(私のパンツにゲロ吐きやがったー!!!)」

万里「な……お口に合わなかったかしら……
花は取り乱しすぎよ…落ち着きなさい…」

キヨシ「はぁ…はぁ…おぷっ…はぁ…いえ、紅茶はとても…うまい…が…
このパンツに既にあった乾燥していたシミが紅茶と混ざり…
私の口に流れてきたのだ…」

花「………(まさか)」

キヨシ「私は…飲んでしまった……このパンツの主の…おしっこを…」

花「」

万里「そう……本当…気持ち悪いわね…あなた…」

キヨシ「(うげぇぇえ くっせぇぇええ!
自分のゲロと花さんのパンツ染みくっせえええ!!)」

花「(事が終わったらぶっ殺してやる…)」



143:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 05:54:07.23 ID:aOPt9HGLO

万里「一応聞くけど…そのパンツ…彼女のものなのよね…?」

キヨシ「そ、そうだ(くそっ…臭いで気が変になりそうだ…脱ぎたい…
でも脱げない……!地獄だ…これ…は…!)」

万里「そう…なら安心しなさい…それはおしっこなんかではないわ」

キヨシ「え?」

花「え ちょ…会長…それは…」

万里「それは膣分泌液といって、女性が興奮した時に膣から出るものよ」

キヨシ「な、なにぃぃぃ!」

花「」

万里「そう、俗に言う、愛液…というものね」

キヨシ「そうなのか!そうだったのか!?AV知識で知ってるぞ!愛液!」

俺は思わず花さんを見てしまった

花「ぅ…ぅぅ…ぅ///」



144:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 05:55:41.50 ID:aOPt9HGLO

恥ずかしさで顔を赤らめて俯いている彼女の姿があった…
マジだ…マジなんだ…じゃあ花さんは…
俺とキスをしたあの時も…あの時も…興奮しパンツを濡らしてたのか!?

花「や…やめ…///」

万里「あら?どうしたの?花 …具合でも悪いの?」

花「…ん…なんでも…ないです…(こんなに言われて否定できないなんて…
悔しい…///)」ジュンジュンジュン…ビクッ ビクン

キヨシ「(花さんのことだ……多分あの様子だと また興奮してるんだろう…
ビクビクってそういうことだったのかよ…!)」

万里「あまり無理しないようにね 花」

キヨシ「(栗原麻里…恐ろしい女だ……図らずとも紅茶だけでオレ達の
攻撃翌力を弱体させた!! それにしても臭い!!ちくしょお!)」



145:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 05:57:13.51 ID:aOPt9HGLO

もはや時間の猶予はないと思った。
このままでは俺が花さんのパンツの激臭で気絶するのが先か…
花さんがビクビクで気絶しボロを出すのが先か…
考えてる暇はない…でなければ俺も花さんも社会的に死ぬ。
すぐに作戦を実行するべき…そう思った。

キヨシ「うおおおおおお!もうアンタの話は聞いてられねえ!
今ここで決着をつけさせてもらう!!」

俺は勢いよく立ち上がり、テーブルに乗り上げて
自分自身を取り出し、それを会長に向けた

キヨシ「(花さん!今だ!)」

花「(よし)や、やめろぉお///」

万里「…」

キヨシ「?!」

花「?」

ちょろ…

なんだ…あれだけ溜めていた小便が…出ない!

キヨシ「クソ!なんで出ない!出ろ出ろ!」

花「え…ちょ…おまえ…なんで…」



146:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 06:01:47.75 ID:aOPt9HGLO

キヨシ「出ない…おしっこ…おしっこが出ねぇよぉぉ(泣」

花「(何故だ!何故出ない!キヨシのオシッコが…! まさか…!)」

万里「フフ 二人とも行儀が悪いわよ…席につきなさい…
丁度全てを解き明かすもう一人が到着したようですし」

花「!?(あれは…)」

キヨシ「え?!」

ビシっ

芽衣子「また会ったな 変態野郎」



間違いない…そこにいたのは脱落したはずの…
学園最強の副会長…白木芽衣子だった。

キヨシ「な!アンタ!幼児退行したはずじゃ!」

花「(ば、ばか!)」



151:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 16:28:15.05 ID:aOPt9HGLO

芽衣子「ほーう 幼児退行か」

万里「どうして…副会長が幼児退行したことをご存知なのですか?エリンギさん?」

キヨシ「! あっ ち、ちが」

万里「そう…貴方の言う通り、確かに彼女は幼児退行していました…
一瞬だけ…ですけどね…それ以降は演技をしてもらってただけです」

キヨシ「え?! 演技?」

花「(あ…ありえない…)」

万里「以前、カラスの木を燃やした時ほどのショックではなかったのでしょう私の顔を見たら すぐに元に戻りました」

キヨシ「バカな…演技だったとしても…大衆の面前でおしっこを浴びたのは事実!
あれほどの絶望感を味わい…この短期間で這い上がってくるなど…!」

芽衣子「舐めるなよ変態!元より私は会長に心臓を捧げている身!
この覚悟…おしっこをかけられた程度で揺らぐものか!」

キヨシ「ば、化け物め!」

花「で、でも…会長……私聞いてな…」

万里「ごめんなさいね 花…申し訳ないとは思ったけど、一応 あなたも容疑者には入っていたから」



152:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 16:29:48.84 ID:aOPt9HGLO

花「え?わ、私が?あ…あは……なんで?」(汗

万里「あのHTO会議の段階では言いませんでしたが…
ガクト以外のアリバイが完璧すぎるのが妙に引っ掛かりましてね…
自分なりにそのアリバイの信憑性も加味してみたのです」

花「…」

万里「その結果、複数の証言者がいるジョーとアンドレを除き、
シンゴとキヨシには…一人の女性の証言からなどしかなく、
信憑性にかけると思われます
そもそも今回の犯行は二人の共犯…一人程度の証言ではアリバイとはいえません」

花「それで…キヨシのアリバイを証言した時点で…私も容疑者だったって…そういうこと?」

万里「ごめんなさいね…花…もしあなたがこの一件に何も関係がないなら謝るわ… ない…ならね」

芽衣子「さて、この男がいったい誰か…察しはついてると思うが言わせてもらおう
そのゲロ塗れのパンツはさぞ苦しかっただろう…脱いでいいぞ…藤野清志」

キヨシ「」

花「」



153:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 16:31:11.51 ID:aOPt9HGLO

キヨシ「な、何を…私はそんな名前ではなーい!! 誰だそれは!!」

芽衣子「フン …私が幼児退行したと聞いて…油断し、注意散漫になってたのだろ?」

キヨシ「え?」

芽衣子「全てはいたぞ…アンドレがな」

キヨシ「な!! (あの顔面パーツ中央寄せ野郎!裏切りやがったのかよ!)」

芽衣子「他の三人にお仕置きをいくらくれてやってもはかなかった…
だが…アンドレは私の敢えておしおきをしないおしおきをすることで…
拘束したまま、おしおきをされてる三人を見せつけるだけで呆気なく吐いたぞ?
おまえらの友情など…所詮はそんな安っぽいものというわけだ!」

花「(は?!…どういうこと…まさか…キヨシ、あいつらに話してたの?!)」

キヨシ「う…ぐぐ…ぐ」

万里「逃げようとしても無駄ですよ…キヨシ
今のおしっこのできない貴方では…副会長に勝つことなどできないでしょう」

花「やっぱり…さっきおしっこが出なかったのは…
そういうことだったんですね…会長」



154:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 16:35:13.40 ID:aOPt9HGLO

キヨシ「え?…ま、まさか!」

万里「そう…さきほど私達が飲んだ紅茶には…膀胱の尿成分を分解し
汗として体外に分泌される成分が含まれてるのです
最初からおしっこを沢山して膀胱を空にした私は飲んでも何もないですけどね」

キヨシ「くっ…さっきからやけに汗の量が多いと思ったら!
このパンツが臭すぎて自分の汗の臭いとかわからなかった…! 」

花「(やけにゲロ臭の中にほのかにキヨシのおしっこの香りが含まれてると思った!)」

芽衣子「さあどうする? まだ無駄な抵抗をするというなら
相手になるが…おしっこの使えないおまえで…私に勝てるかな?」

キヨシ「(もはやここまでだな…俺の変態行為をバラしてしまったのは俺の責任…
俺のせいで花さんに迷惑をかけるわけにはいかない)」

キヨシ「ふっ…やっと…この臭いパンツを脱げるな」

花「(ば ばか!)」

俺は……顔面を覆う花さんのパンツを脱ぎ捨てた



155:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 16:37:18.29 ID:aOPt9HGLO

キヨシ「そうです… 俺が変態…エリンギの正体です!」

万里「ごきげんよう キヨシ」

花「き、キヨシ…」

芽衣子「フン…やはり貴様だったか」

キヨシ「……」

正体がバレた俺がやるべきこと…
それは…一番最初にした約束を…守り通すこと…

花さん…

キヨシ「(花さんだけは…絶対守る)」

万里「なぜ こんなことをしたのですか? キヨシ」

キヨシ「何故…ですって? ぷ…ぷははははは!ぷはは!!!
愚問ですよ会長!自慰に理由が必要ですか?!性欲発散することが
何かおかしなことですか?! 僕はねぇ…会長…この、恋人のメデュちゃんと
お散歩をしてただけなんですよねぇ」

花「(キヨ…シ?)」

万里「なんですって?」

芽衣子「とうとう本性を表したか!この腐れ外道め!!」



156:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 16:39:15.89 ID:aOPt9HGLO

キヨシ「皆さんももう本当はわかってらっしゃるかとおもいますが…
この僕の隣で座ってるメデュちゃん…」

パサー(毛布を脱がせる)

キヨシ「ダッチワイフだったんですよぉ!」

芽衣子「なんだと?!(ずっと誰かな?と思ってたぞ!)」

万里「なんですって?!(想定外…!!)」

花「(気付いてなかったのかよ!)」

キヨシ「僕はねえ、スキあらばこの空気式ダッチワイフのメデュちゃんと
毎日色々ヤッてたんですけどねぇ…ある日 見せつけてやりたくなったんですよ
僕と彼女がこれだけ愛し合ってるということを…この商店街のみんなにねえ!」

花「(キヨシ…おまえまさか…罪を自分だけで被ろうとしているのか?)」

キヨシ「ある日花さんに隣町へ紅茶の葉を買ってこいと命令された時に思いました
今なら花さんにアリバイを証言させる形でゲームセンターで
変態行為に興じることができると!」



157:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 16:40:51.38 ID:aOPt9HGLO

花「(キヨシ!何言ってるんだ!私達は運命共同体だって…!)」

キヨシ「(花さん…何も言わないで…)」

芽衣子「くっ…悪寒が走る…」

万里「貴方はその本性を…脱獄の時に私といた時も、
騎馬戦で戦った時も…私達に隠し…騙していたのですね?」

キヨシ「そうだ!空気式ダッチワイフなら持ち運びに便利だしなぁ!
アンタらが生徒会室で会議してる間に俺は屋上や中庭など
ありとあらゆるとこで変態プレイをメデュちゃんとやってたんだよ!
一連のおしっこも全て俺のおしっこさ!メデュちゃんにぶっかけたり
本番しながら出すことでみんなメデュちゃんがおしっこしたと
勘違いしてましたがねえ!!」

芽衣子「醜い…実に醜いな…キヨシ…この人間のクズめ」

キヨシ「は、はは…なんとでも言ってください…
変態に何を言ったところで…無駄ですよ」

花「…」

芽衣子「これでは…おまえのことを最後まで庇ったあの4人達が不憫だな」



158:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 16:42:07.35 ID:aOPt9HGLO

キヨシ「え? 庇った…アンドレが…喋ったんですよね?」

芽衣子「違うな…あの4人は、どんな拷問にかけても、おあずけプレイをしても、
友を売ることはしなかった…ただ、あの場にいないキヨシの所在を聞いても
全員何も喋らないので…『全員キヨシのことで何かを隠してる』…
くらいのことは容易に想像がついたぞ?」

キヨシ「」

芽衣子「最後まで仲間を信じることのできなかったおまえの完敗だ…クズ野郎」

キヨシ「は、はは…嘘だろ?」

芽衣子「ありがとな わざわざ自分から 自白してくれて」

キヨシ「う、嘘だ…お、俺は…俺は…友達を信じることが…できなかった…
俺は…俺は……本当に……クズだ…うああああ!!」

花「キヨ…シ」

キヨシ「友達を裏切ったのは…俺の方だ!ちぎしょう!ちぎしょう!!」

花「キヨシ…」ほろり…

万里「あら?どうして涙を流してるのですか?花…」

花「別に…」ポロ…ポロポロ



159:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 16:43:35.68 ID:aOPt9HGLO

花「(いつもそう…あいつが泣くと釣られて私も泣いてしまう…)」

キヨシ「うああああ!!」

花「(すぐに駆け寄って抱きしめてあげたい…慰めたい…
寄り添っていたい…でも…それはできない…)」

キヨシ「はぁ…はぁ…!うぐっ…うう!」

花「(約束しただろ?キヨシ…おまえは私が守るって…)」

万里「……」



花「(私は…言ったことは必ずやる女だ…
キヨシ…おまえには素晴らしい友がいる…
だが…私にはもう…居場所がない…プリズン送りになるのは私だ
…親友を悲しませるようなことをするな…おまえは…
友達思いな奴だ…そんなおまえが…私は……私は…)」



160:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 16:44:54.36 ID:aOPt9HGLO

キヨシに出会ったのは風呂場を覗いた犯人として会長が連れてきた頃だっけな…
その時はバカで稚拙で、ケダモノだと思ってた
こんな奴…早くこの学園から消えちまえって思ってた…でも…

おまえは私に…色んなことを教えてくれた…
見られるってどういうことか…
かけられるってどういうことか…
はさむってどういうことか…
キスってどんな味か…
恋人気分ってこんな感じか…
ウロボロスってこんな気持ちか…
夢中になるってこういうことか…
変態行為ってこういう気持ちか…

男なんて嫌いだ
みんな下品だ…少女漫画の男や映画の俳優なんて幻想だ

でも、おまえは私に、色んな気持ちをくれた。
男といるのがこんなに楽しいなんて知らなかった。
バカになるくらい四六時中おまえのことを考えるなんて思わなかった。

なのに、私と言ったら…
怒りっぽくて、すぐに手が出て…口が悪くて…
いつもキヨシを困らせて…

ゴメンね…おまえが初めてだったから…
どうやって接すればいいかわからなかったんだ…
でも…最後くらい…私はおまえに…何かしてやりたい…

ああ…しょっぱいなぁ…恋って…キヨシのおしっこと…同じ味だ…

花「あはっ」

万里「?」

芽衣子「む?」

花「アハハハハハハハ!!アハハハハハハハハハ!!!!」



161:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 16:46:41.77 ID:aOPt9HGLO

キヨシ「花…さん?」

花「くだらねえ!おまえ、まさか私の事が本気で好きになったのか?」

キヨシ「え?」

花「てめーに庇われるくらいなら死んだ方がマシだ
何故なら私は…てめーの下半身以外には興味がねーからな!」

芽衣子「お、おい、なんの冗談だ!花! 下半身に興味があるのか!」

万里「今 問題なのはそこではありません 副会長!」

花「ふ…ふふ…」

万里「そこにあるダッチワイフが人じゃないとわかった瞬間から…
私は…やはり共犯の女性は貴女じゃないかという可能性を考えた
何故なら一連のキヨシの犯行がダッチワイフによるものだとしたら
商店街で聞き込みをしていた親衛隊からの情報とは食い違うもの
やはりそうだったのね…花」

花「へえ…さすが 会長ね 気付いてたんだ…
まあ自分からパンツを脱いでキヨシに渡したりしてるのを
見せつけたりしたからね…流石に単独犯だとむりがあるとは思ったわ」

芽衣子「ま、まさか…花…おまえが…本当に!」

花「アハ、アハ、アハハハハハハハハハ!」

私は笑いながらハーフパンツを脱ぎ、
そして、スカートをたくし上げて、
ノーパンであることを会長達にアピールした。

花「そうだ……私がメデューサだ…」



162:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 16:48:29.70 ID:aOPt9HGLO

万里「メデューサ…(キヨシが被ってたのって…そこにあったやつなの?!)」

芽衣子「な、なんだと…(何故ノーパンなのだ…?)」

花「そう…私がメデューサだ…だったらどうする…ここでコロすか?」

万里「(何故コロすという話になるのかしら…)」

芽衣子「(いや殺しはしないだろう…)」

花「いいか…私はメデューサだ…しかし…裏生徒会の書記だ」

万里「(新世界の神みたいな言い方してるわ…)」

芽衣子「(最近ドラマやってるからってアイツも漫画を読んだ口だな…)」

花「現在、八光学園の裏生徒会に対する支持率は表生徒会の乱から少しずつ回復し
ついに覇権を取り戻すことに成功した…しかし 生徒達の間では消えることはないだろう…
私達が一時でもプリズンに入ったという無様な姿を!」

万里「(何か演説が始まったわ)」



168:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 02:32:17.43 ID:p2fi95tVO

花「だから私はキヨシを脅して利用し…この商店街で変態の噂を広め
我ら裏生徒会が変態を捕まえたという功績を、全学園生徒に知らしめることにした!」

キヨシ「な、…(何言ってんだ花さん) は、花さ…

花「簡単だったよ!キヨシを脅して言いなりにするのはなあ!
無理やり初ちゅーを奪ってこっそり写メを撮ってやった!
そしてそれを大好きな千代ちゃんに見せるって言ったら
泣いてそれだけはやめてくださいって頼みこんできたよ!
それからはキヨシは私の犬さ!
私の計画した変態行為に無理矢理協力させた! 」

万里「……」

芽衣子「」

花「なのにまさか今ここでこのゲスな男に庇われるとは思わなかったよ
ありがとう?キヨシ…でもな 反吐が出るんだよ!」

ガスっ

キヨシ「ぐへっ!!う…ぐ…(何て重い一撃だ!だが…絶対にここで気絶してはいけない…!
気絶したら…全てが終わってしまう!!)」

ガクン…

芽衣子「キヨシ!」

花「男に助けられるくらいなら死んだ方がマシだ 私のプライドがそれだけは許さねえ」



170:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 02:35:00.10 ID:p2fi95tVO

万里「花…今までのは…全ては貴女の犯行で…
裏生徒会の躍進の為にキヨシを脅し、利用した…そういうことでいいのね?」

花「さすが会長…理解が早くて助かるなぁ~」

芽衣子「ふざけるな花!そんな偽りの功績で躍進した未来など! 裏生徒会の伝統ある歴史に傷を付けるだけだぞ!」

花「傷ならもうついてんじゃん?DTO…男子退学オペレーションが失敗したあの日から」

芽衣子「くっ」

花「もう綺麗事なんて言ってる場合じゃないのよ…うかうかしていれば、ケイトに!リサに!表生徒会にいつ寝首をかかれるかわからない!」

万里「…」

花「それを会長達が指くわえて何もしないから 書記の私が動いてあげたんじゃない!」

芽衣子「思い上がるな花!会長にもお考えがあるんだ!」



171:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 02:37:09.50 ID:p2fi95tVO

花「誰かがやらなければいけないなら私がやるしかない
ゲーセンで初めておしっこを漏らした時…私は思った…
やるしかない…いや、私にしかできない!これは私に課せられた…使命…!
私はこの長い裏生徒会の歴史の中で革命を起こす為に選ばれた人間…!
フラワーレボリューション!!」

芽衣子「どうやったらオシッコを漏らしただけでそんな考えに発展するんだ!」

花「他の者にできたか?!ここまでやれたか?!この先できるか?!
おしっこ漏らして はいごめんなさーいで終わるようなヘタレしかいないじゃないか!
おしっこを人にかけたことも!かけられたこともないヌルい奴らしかいないじゃないか!
私ならわかる!おしっこをかけられる気持ちも!おしっこをかける気持ちも!」

芽衣子「おしっこおしっこうるさいぞ花!!」

万里「落ち着きなさい副会長」

キヨシ「がふっ…(大分痛みが…おさまってきた…)」

花「会長…あなたにだってわかるはずよ…
今置かれてる裏生徒会の立場が…そして…私がここで捕まり、
プリズン送りになることがどういうことか」

万里「…」



172:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 02:43:36.73 ID:p2fi95tVO

万里「…」

花「今、あんた達が目の前にしているのは…メデューサだが…
裏生徒会の書記だ」(ドヤァ

万里「いいえ…あなたはただの変態よ…花
そしてあなたが今までやってきたことは…史上最悪の変態行為です
あなたはおしっこの力に負け、裏生徒会の立役者になろうなどと勘違いしている…
クレイジーな変質者…ただそれだけの…何者でもありません」

芽衣子「…」

キヨシ「…(何の話だ…これ)」

花「…言ってもわからぬ 馬鹿ばかり…」

かちっ かちっ かちっ…(時計の音)

花「…」

キヨシ「……(すごい間だ…)」

芽衣子「(仕込んだノート…は流石にないな…)」



173:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 02:51:06.12 ID:p2fi95tVO

万里「ふっ…ただし…今のが本当に…貴女自身の気持ちであれば…ですけどね」

花「…は?」

万里「花…それが…貴女の…本当の気持ちなの?」

花「…当たり前じゃん…会長達も知っているでしょう?
私はやると言ったら必ずやる女…でしょ?」

万里「……もういいわ」

花「尿と性器を賭してこのフラワーレボリューションを完遂する」

万里「もういい」

花「私らの…変態の…おしっこの邪魔をするな!!」

万里「もういいと言ってるでしょう!お遊びは終わりよ!
そこらへんの漫画の名言を乱用して自分を誤魔化すのはやめなさい!!」

芽衣子「か、会長…」

花「おまえは今まで自分の出した尿の量が何ccか覚えているのか?」

万里「ちゃんと自分の言葉で…自分の気持ちを喋りなさい…花」

花「…会長……おしっこが……したい…です…」



174:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 02:53:41.92 ID:p2fi95tVO

万里「何故あなたはそんなに辛そうにしているの?
自分の気持ちに嘘をついていないなら、そんな悲しい顔はしないわ」

花「わ、私は…(私は…どんなに周りに変態と思われても…キヨシだけは守るって決めたんだ…
キヨシの為なら…私は…!)」

万里「それに…待っていれば おのずと全てがわかること…
全てを解き明かす…最後のもう一人が到着すればね…」

花「え?」

副会長「え?」

キヨシ「?」

ダッチワイフ「?」

花「いや…もう解き明かしてるじゃん…副会長が来て…
並べてあった椅子…5人分埋まってるじゃん!」

万里「まだ…この事件は解決ではないわ…
それに、そこのダッチワイフさんは正直 想定外だったわけで、
本物の女性をキヨシが連れてきたと思った時…正直焦ったわ…
共犯者は花じゃないの…?あらやだ…席をもう一つ用意しなきゃ…てね」

芽衣子「私もこのダッチワイフとやらには騙されました」

花「気付けってそこは 明らかにおかしいじゃんこれ」



175:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 02:55:59.45 ID:p2fi95tVO

キヨシ「あの…」

花「キヨシ てめーは黙ってろ 騒いだらコロす」

キヨシ「(…花さん…)」

万里「でも結果的にはやはり私の想定通り、ここに必要な椅子は5つだけだったわ
というわけで 副会長 お願いできるかしら?」

芽衣子「はい」

ガシっ

花「え…」

キヨシ「な!」

副会長が立ち上がり…ダッチワイフの頭を掴んだ
そして次の瞬間…

芽衣子「くたばれ!」

ぱぁぁん!!

ダッチワイフ「解せぬ」

キヨシ「メデュちゃぁぁぁああぁん!!」

ダッチワイフのメデュちゃんは合金製のムチによる一撃で
中の空気もろとも弾け飛び玉砕された…

キヨシ「てめえ!メデュちゃんは俺の彼女だっつってんだろ! 何してくれるんだ!」



176:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 02:58:12.82 ID:p2fi95tVO

芽衣子「何を怒っている…そのダッチワイフは事件に何の関係もないことが 今の花の話でわかっただろう?」

キヨシ「い、いや…だから…」

花「キヨシ…いくら約束を守りたいからってダッチワイフ愛好家の
気持ち悪いキャラ作りはやめろ…約束は私が果たす…おまえはそこで黙って…この私を見ていろ」

万里「約束…約束って何かしら?…ふふ…」

花「会長には関係ないこと…」

万里「ねえ…その約束ってもしかして…お互いの秘密を守りきるって約束じゃないかしら?」

花「」ゾクッ

キヨシ「」ゾクッ

花「(やっぱり…会長はすごい)…なにそれ?秘密?何の話?」

万里「いえ、根拠という根拠はないのだけど… 2人を見ていると不思議とそんな風に思えてしまうのよ」



177:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 03:00:39.42 ID:p2fi95tVO

芽衣子「会長?」

万里「あなた達は…お互いを愛し合ってるのではないのかしら?」

花「ま!////」

キヨシ「…!? (愛し合ってる…?)」

花「いくら会長でも 根拠のねぇーことほざいてるとキレるぞ!!!///」

万里「ごめんなさい…花…でもね根拠があるかないかは…これからわかることよ……ほら 来たみたいだわ」

芽衣子「!?」

花「!?」

キヨシ「!?」

万里「最後の一人がね…」

関口「あ どうもー」

芽衣子・花・キヨシ「誰だ!!!!!????」



178:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 03:04:19.23 ID:p2fi95tVO

関口「関口っていいます…遅くなってすみません」

万里「ふふ…いいわ…むしろタイミングとしてはバッチリよ」

キヨシ「(な、なんだ…この人…ここに来てオリキャラだと?
舐めてるのか?ずるいとかそんなレベルじゃねーぞ…会長…)」(汗)

花「(てっきり杏子か…大穴で千代ちゃんかと思ったら誰だよコイツ…知らねーよ)」(汗)

万里「改めて紹介するわね…と言っても彼とはもう、花とキヨシは会ってるかもしれないわね」

花「は?!」

キヨシ「俺と…花さんが会ってる?…どこで…?俺と花さん…?俺と…!!(まさか)」

万里「彼はすぐそこのゲームセンターの従業員の関口さんよ」

花「(なにーーー!?)」

キヨシ「お、思い出した!あの時の店員!」



179:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 03:05:53.83 ID:p2fi95tVO

ーー回想

プリクラコーナーで一番最初に花さんがお漏らしした時…

キヨシ「とにかく走りますよ!」

花「あ!ぷ、プリクラ!」

キヨシ「そうだった!(これを置いてけば人生が終わる!)」

花「ま、待って…そんな早く走れない…///」

キヨシ「何してんですか…早く!」

店員「あのう」

キヨシ「すみませんちょっと急ぐので!!」

花「…(ヤバイヤバイヤバイヤバイ)」

ーーー回想終わり

キヨシ「…」

花「…」

ーーーー回想

店員「あのう」

ーーー回想終わり

あのうあのうあのうあのう
あのうあのうあのうあのう

関口「あのう…思い出していただけ

キヨシ・花「おまえかよ!!!」



180:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 03:09:17.36 ID:p2fi95tVO

万里「2人とも…ほぼ初対面とも言える方に おまえ はいけないわ」

芽衣子「会長…この方が…今回の騒動を納める最後のピースを持ってるのですか!?」

万里「さあ?それを今から聞くのよ」

花「ま、待ってよ!やっぱりわかんない!何で急にこの人が出てくるんだよ!」

万里「どういう意味?」

花「い、いや…(確かにコイツにはちらっと顔も見られたかもしれない…
ノーパンもバレたかもしれない…だがそれだけだ!)」

キヨシ「(確かに…花さんの言う通り、いくら少し顔を見られた可能性があるとはいえ…
それだけでは花さんの嘘を暴くには弱いはず…会長は何を…)」

万里「ねえ花…私はあなたを最初から容疑者には入れていたと言ったけど…
副会長が不在となったあと、その疑いは確信に変わったのよ」

花「な、何…」

万里「あなた…裏生徒会室でウッカリ漏らしたわよね…」

花「生徒会室では漏らしてません!////」

万里「おしっこの話ではないわ…」



181:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 03:12:18.70 ID:p2fi95tVO

花「(はかられた!)」

キヨシ「今のは花さんが悪い」

万里「花…貴女、私が副会長がおしっこをかけられたと言った時、
何も言ってないのに、『その女もわざとじゃない』と…
もしかしたら男がかけた可能性もあるのに、
女がかけたと最初から決めつけて話していたわね?」

花「…!…い、いや……」

芽衣子「なるほど…親衛隊が見ていたとしても…報告は全て
杏子が取りまとめて、第一に会長に知らせるよう決めている…
会長より先にその場にいなかったはずの花の耳に止まるはずがないですな…」

万里「まあ、もう貴女は自白してるわけだから…ここまでは別にどうでもいいわね…
私が言いたいのは…早い段階であなたを犯人だと確信することで、
今日、この時間、ここに至るまでの過程に用意すべき準備が見えたということよ」

花「…ここまで…計画通りだったというの…」

万里「ダッチワイフ以外はね」

キヨシ「(確かにダッチワイフは予想できませんよね…)」

万里「花…親族以外で貴女とは副会長とケイトに次いで付き合いが長いのよ?
私が咄嗟に裏生徒会の会長を辞任するという話をすれば、
おかしな挑戦状を送ったり、こういう強行に出ることは容易に予想できたわ」

花「」

キヨシ「(会長スゲー)」



187:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 18:23:20.81 ID:cyMveUJjO

万里「それに私はそこのキヨシと時間としてはそこまで長くなかったとはいえ、
かなり濃密な監獄生活を送り、どんな人間かはよく理解しています」

芽衣子「これが会長が会長たる所以だ。上に立つ者として人を見る目は誰よりも優れている」

万里「まず、犯人が花だと限定した時、私の知ってる花では
さっきの自白の供述は色々とおかしいわ。
第一の事件、最初の犯行…プリクラコーナーでのおしっこ騒動は
八光学園の制服を着ていた上に顔も隠していないなんて
あまりにも計画性がない…この事から考えられる事は一つ」

花「…」

万里「ただのお漏らし! 」

花「」

万里「第二の事件…これは第一のお漏らしを隠蔽する為のものね
わざわざ他の学校の制服を持参し、疑いを限定させないようにした…
ただし、ただのお漏らしであるなら花なら迷惑かけまいと私だけに話したでしょうし
キヨシもそれに付き合うことはなかった…本当に隠したかったのは…そう、
2人仲良くデートしていた事実…あるいは愛ゆえに花のお漏らしの事実をキヨシも隠し通したかったか…
いずれにしても不純異性交遊…お互いがプリズン送りになるこの罪を
なんとしても隠したかった…だって2人は…愛し合ってたのだから…」

花「ぅ…ぅ…///」

キヨシ「(ちょっとまて…俺たち愛し合ってたの…?…///)」



190:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 18:31:45.19 ID:cyMveUJjO

万里「そして今回の最後の事件…正直…もう私の中では確固たる確証があったけど
このまま何もせず逃げられる可能性があった為に
花…あなたの裏生徒会に対する信仰心を利用させてもらい、
裏生徒会から私が辞任させてもらうと話し、それを阻止させようと動かし、
ここに追い詰める算段をつけさせてもらいました」

花「…」

キヨシ「(このKGOを計画したこと自体が、まんまと会長の策略にハマっていたというわけか…)」

万里「さらに追い詰めたその後…キヨシ…花…
あなた達が2人ともお互いを庇い合うということも想像できました
何度も言いますが…あなたたちは…愛し合ってるのですから…」

花「あ、愛し合ってなどいない!私は…こいつを利用しただけ…!
会長だって知ってるだろ!私が男を嫌ってること!」

万里「ええ、ですが…花…あなたは誰よりも純粋で、本当は乙女な子…
私も彼と監獄にいたからわかるわ……側にいればいるほど…
あなたのような子ならキヨシに夢中になっていくとこなんて容易に想像できる」

花「やめてよ!///」



191:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 18:34:10.77 ID:cyMveUJjO

万里「もしかして告白はまだだったの?」

花「やめてってば!////」

万里「顔が赤いわよ…花……キヨシはカッコいいものね…」

花「…ぅぅ…ぅぅ…//////」

キヨシ「も、もうやめてくださいよ!花さんが困ってるじゃないですか!」

万里「あら?キヨシ あなたは認めるの? 花と愛し合ってたこと…」

キヨシ「い、いや…それは…なんというか…」

万里「これは重要なことよ…これを認めるか認めないかで
あなた達の罪状が変わってくることになる…」

花「(認めなければ…全て私の犯行で片がつく…!
認めれば共犯で2人とも捕まり…不純異性交遊という罪もついてしまう…!)」

花「認めるか!絶対に認めない!(キヨシは私が守るんだ!)」

キヨシ「………」



192:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 18:37:46.01 ID:cyMveUJjO

万里「いいわ…ではこの事件を解き明かす最後のカギがあったかなかったか…彼に聞いてみましょう…関口さん」

関口「」

万里「関口さん?」

関口「ああ…いや…何か…皆さん大変だなあ…と思いまして…」

万里「ふふ いつもの事よ…それより…」

関口「はい…確かにありましたよ…これ」

つ[プリクラ]

キヨシ・花「?!」

キヨシ「ぬぁぁあにぃいいい!」

花「いやあああああ!見ないでぇえ!見ないで!」

万里「あら?どうして?とても素敵に撮れてるじゃない」

芽衣子「な、なんだこれは…おまえら…本当にこういう関係だったのか…」

店員の関口さんが出してきたプリクラは…
間違いなく、あの時、花さんと初めて撮ったものと同じプリクラだった…

そう、ほっぺにキスしたり…ベロチューしたりしてる…
どう考えても付き合ってるカップルにしか見えないプリクラ…



193:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 18:40:19.31 ID:cyMveUJjO

キヨシ「(やっぱり…そうだよな…俺と花さん…愛し合ってるようにしか見えないよな…)」

花「な、なんで?! 現像されたプリクラはちゃんと回収したはず!」

万里「甘いわね花…あなた達が使ったプリクラ機のusagiっ子はね
撮った2.3日は撮影者がネットでダウンロードしてケータイに取り込む為に
機械内に保存されてるのよ…ちゃんとモード選択すれば
保存されないはずだけど…まさか漏らすなんて思わないものね?」

花「なん…だと」

万里「店員の関口さんなら管理パスワードから保存されてる画像をチェックすることができるわ」

花「キ、キヨシ!プリクラならまかせろって言ったじゃねーか!なにやってんだよ!聞いてねーよそんな機能!」

キヨシ「い、いや俺だって初心者ですし…まさか花さんがプラクラ中に漏らすなんて…」

ビシ!

キヨシ・花「ひぃ!」

芽衣子「決定的だな…誰が見てもこれは愛し合ってる… 変態行為の共犯+不純異性交遊の罪で2人とも拘束させてもらう」

花「ちょ、ちょっと待ってよ!これは…キヨシを下僕にするため…
キヨシは千代ちゃんが好きだから!私が…千代ちゃんに見せるぞ…って脅す為に…」



194:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 18:44:27.85 ID:cyMveUJjO

芽衣子「見苦しいぞ花…この後に及んでまだそんな…」

万里「いいわ…副会長…… ならもう一つ…あなた達の秘密を暴いてあげる」

花「!」

キヨシ「!」

万里「このプリクラ…普通に考えれば決定的証拠になる為に燃やして捨てるけど…
あなた達にそんなことはできないんじゃないかしら…?
大切な二人の思い出だもの……おそらく現像したものを肌身離さず持っている…」

芽衣子「確かに…キヨシを脅す目的で撮ったとしても肌身離さず持っておく必要はない…
もし持っているなら…それは愛ゆえに…となりますね」

花「ふ…ははは!当てが外れたわね!もうそんなのとっくに捨ててるわよ!捕まったら元も子もないもの!」

花「(ヤバイ!ここはハッタリでもなんでもいい!持っていないことを自信持って主張しないと!)」

キヨシ「花さん…もうやめましょう」



195:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 18:48:26.08 ID:cyMveUJjO

花「な、何言ってんだよキヨシ!おまえは私に利用されただけ…!」

キヨシ「全部 会長の言う通りです…俺たちは…いや… 少なくとも…俺は花さんのこと…愛してた…だから…
ずっとこんなものを持って…一人で眺めてるんだ…」

俺は…一人の時…無意識にあの日撮った花さんとのプリクラを眺めていた…
花さんとの思い出だったから…捨てようとしても…捨てられなかった…
ああ、やっぱりそうか…薄々気づいてたけど…
やっぱり…俺は…

キヨシ「花さんが…好きだ…」

花「…! キヨシ……///」ポロポロ

つ[プリクラ]

キヨシ「会長の言う通り…俺…持ってます…花さんとのプリクラ」

万里「そう…」

芽衣子「決まり…だな」



196:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 18:53:42.11 ID:cyMveUJjO

キヨシ「自分で捨てた方がいいって言ったくせに…俺だけ持っててすみません…
はは…本当…笑っちゃいますよね…
でも俺…これ以上花さんを好きな気持ちにうそをついてまで…
罪から逃れようなんて…思えない…」

花「違う…キヨシ…違うんだ…私の方こそ…ごめん…ぐずっ」

キヨシ「え?」

花さんは自分のスカートのポケットから
会長の思惑通り…証拠品であるそれを取り出し、俺に見せた…

花「一緒…///」

キヨシ「は、花さん!…これ…!」

花「え…へへ…/// 私も持ってた…捨てられるわけない…
だって…キヨシが大好きって書いてくれた…宝物だから…///」

キヨシ「花さん!…」

花「わ!」

気が付いたら…俺は会長…副会長…関口さんの前で
花さんを抱きしめていた…
もう言い逃れなんかできない…
するつもりもない…
俺は花さんが大好きだって…
学校中に知れ渡っても構わない
この気持ちに…正々堂々向き合っていく

花「…キヨシ……私も…好き…///」



197:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 19:00:27.02 ID:cyMveUJjO

腕を俺の背中に回して抱きつく花さんが…愛おしくて仕方なかった…ただ…

花「キヨシ…キヨシ…///」

ダバダバダバダバダバダバ…

キヨシ「花さん…///」

ダバダバダバダバダバダバダバダバダバダバダバダバ

例に漏れず…というか…漏らす…というか…
やはりこうなった…

花「ら、らめ…幸せすぎて……止まら…ない」ビクン!ビクン

ぷしゃああああ!!!!!

万里「」

芽衣子「」

関口「」

キヨシ「花さん……ノーパンなだけ良かったですね…今回は…」

花「うん!///」

かなり引いてしまってる会長達三人の前で…
俺はそっと花さんに口付けをした

花「ん…////…んん…/////んふんんんん…!!/////」

じょばばばばばばばばば…

ダッチワイフ「」



198:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 19:06:06.01 ID:cyMveUJjO

翌日

今日は学校が休日の日である。
学校のみんながそれぞれ休日を楽しんでいる中
オレと花さんだけは学校に来ていた。

キヨシ・花「失礼します」

俺と花さんは、緊張しながら裏生徒会室に入る
そこにいたのは、いつも通り…会長と、副会長だった。

芽衣子「約束の10分前か…早いな」

万里「どうでしたか?執行猶予期間中は…」

キヨシ「…」

花「…」

執行猶予…
つまり実刑が言い渡される前の猶予期間である。
昨日の会長達との死闘の末に敗北したオレ達は、
その場で会長に判決を言い渡され…
そして執行猶予期間として一時親御さんのとこへ向かう許可を貰った。

万里「改めて…あなた達の処分を提示させていただきます
…罪状①…校外の変態行為について」

花「…」

キヨシ「…」



199:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 19:10:59.54 ID:cyMveUJjO

万里「商店街の方々に迷惑をかけ、不快感を誘発し、一部八光学園の品位を落とした行為…
極めて悪質と言わざる終えません…よって1カ月以下の懲役を課します」

キヨシ「会長…昨日 会長からその罪を言い渡された時、改めて自分のやったことの重さを感じました」

花「……」

キヨシ「これからは…僕達は合意の上でなければおしっこをかけません…
そして…もし漏らしたら…心を込めて謝罪することを…ここに誓います」

花「私も……キヨシと同じ気持ちです…」

万里「そう…良かった…でもね…キヨシ…昨日から今日にかけての執行猶予期間中に
おしっこをかけるなどの変態行為が無ければ刑務執行はできないのよ」

キヨシ「え?!」

花「?!」

万里「2人とも…昨日 家に帰って、大人しく過ごし、
今日は遅刻することなくこの生徒会室に来た…そういうことよね?」



200:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 19:14:03.89 ID:cyMveUJjO

キヨシ「は、はい…家族には…連休中…そう、シルバーウィーク中は家に帰れないと伝えて…
昨日はお互い実家で寝て…今日…何事もなく登校しました!」

花「わ、私は…(トイレでキヨシのこと考えながらモゾモゾしてたのはセーフか?セーフだよな?!)
同じく…誰にも迷惑をかけずに連休帰れないことを伝えて本日登校しました」(汗)

万里「ふふ 安心して 花」

花「え?」

万里「目の届かないとこでのオ◯ニーは罪にならないわ」

花「私のモノローグの意味ねぇからもっとオブラートに包めよ!!!」(滝汗)

キヨシ「お、落ち着くんだ花さん…今は言葉をつつしむべき時です…」

花「あ…ご、ごめん…///」

万里「ふふ…あんなに大量のラブジュースを漏らしたんだもの… 家に帰ってしないほうがおかしいわ」

花「す、すみ、ません…///(キヨシの前で言わないでよぉぉぉ!!)」



201:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 19:17:14.88 ID:cyMveUJjO

万里「オ◯ニーはしたが、誰にも迷惑をかけず、変態行為を行わず、
罪を甘んじて受ける為に連休をプリズンで過ごす覚悟でここに来た…
その事実があれば…酌量の余地はあるわ」

キヨシ「あ、ありがとうございます!!会長!!」

花「ぁ…ぁりがとぅ…ござぃ…ます…(何だよこの羞恥プレイ…///)」

万里「正直ね…これ以上、八光学園の品位を落としたくないのよ
幸い、商店街の人にとって、今や変態は名物となってしまい、
八光学園の生徒ではなく、ただの制服フェチの中年カップルの仕業と思われてるわ」

キヨシ「そ、そうなんですか」

万里「ちなみに関口さんには隠れダッチワイフ愛好家と判明したので高級ダッチワイフを送ることで口止めはしてあります」

キヨシ「」

花「」



202:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 19:23:25.73 ID:cyMveUJjO

万里「お気づきかもしれないけど…あの空き地に野次馬も集まらなかったのは、
関係ない人間をカラスが空き地に近付けないようにしてた為、よって関口さん以外の目撃者もいません」

芽衣子「流石です会長!」

キヨシ「(カラスの設定…ここで活きてくるのか)」

花「(カラス使いの設定忘れてた…)」

万里「これで万事解決…これからは再発しないことをここに誓ってくれるなら
この罪状は無罪とし、これまで通り花には生徒会の書記の仕事を頑張ってもらいます」

キヨシ「良かった…良かったぁ!」

花「ほ、ほんとに…いいの?」

万里「安心するにはまだ早いわ…無罪になったのは あくまで変態行為の件…
あなた達にはもう一つ罪状があるはず…」

キヨシ「…」

花「…ぅ」

万里「そう、罪状②不純異性交遊…これに関しては、昨日、私はある条件を提示しましたね?」



203:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 19:25:37.08 ID:cyMveUJjO

キヨシ「はい…執行猶予期間中に…どちらからでもいいから別れを告げること…」

花「お互いの学園生活の為に…きちんと別れ、勉学に励むと誓えば 無罪となる…」

万里「フフ そう、よく覚えてたわね…さあ 答えを聞かせてもらえるかしら?」

花「…」

キヨシ「…」

万里「と言っても…答えは一目瞭然ね…だって」

そう…オレ達は初めからこの罪に対して正直に向き合うことに決めていた
昨日、俺から花さんに電話をした時、
花さんは別れの電話なんじゃないかって怖くて仕方なかったらしい…
でも、そんなわけないですよね…俺が花さんを離すわけないですよね
絶対離さない…この手を…花さんを

万里「だって…入室した時からずっと恋人繋ぎしてるんだもの…挑戦的過ぎるわよ」

キヨシ「…すみません…でも…俺、花さんを失うくらいなら…退学した方がマシです…///」

花「私も…もう…キヨシがいないと…ダメなんです…愛し…てるから…///」

万里「まったく…」



204:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 19:28:10.50 ID:cyMveUJjO

会長は、怒るでもなく、呆れたように席を立ち、窓を見た

万里「残念よ…花…あなたには期待していたのに…」

花「すみません…」

万里「判決を言い渡すわ あなた達の懲役は…シルバーウィーク期間いっぱいまで…
そして刑期満了後は…あまり他が引いちゃうくらい人前でイチャつかないこと…以上よ」

花「……え!?」

キヨシ「…え…会長…そ、そんなんで…?」

万里「質問や刑期を軽くなんてものは受け付けないわ…やはりケジメは大切なのよ」

キヨシ「いや…それ、そんな軽くていいんですか?!」

万里「軽い?シルバーウィークといえば世のカップルが旅行などのお出かけするなど
お楽しみ期間よ それをプリズンで過ごすなんて最低でしょ?」

キヨシ「え?そ、そうなん…ですかね?」

花「(キヨシと一緒なら私はどこでもいいけど…)」

万里「これにて終了よ あとは副会長の指示に従ってプリズンに収容されにいきなさい」

キヨシ「は、はい!」

万里「花、連休後も裏生徒会は忙しんだから、頼むわよ」

花「は、はい!ありがとう…会長!」

芽衣子「ほら…行くぞ」



205:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 19:31:05.04 ID:cyMveUJjO

監獄~プリズン~

芽衣子「入れ」

キヨシ「は、はい」

花「はい…」

芽衣子「本日はおまえらをこのプリズンに入れたことの手続きで理事長に説明するなど
私と会長は忙しい…だが明日からは校庭の整備や故障したニワトリ小屋の修繕など
仕事は沢山ある…ねを上げるなよ」

キヨシ・花「はい!」

芽衣子「フッ…いい返事だ…」

そういって副会長は、俺たちをこの、お馴染みの更生ルームに閉じ込めて
出て行こうとした…が、何かを思い出したかのように立ち止まった

芽衣子「そうだ…キヨシ」

キヨシ「は、はい なんでしょう」

芽衣子「あれで決着がついたと思うなよ…あの、商店街での戦い…今度はサシで戦おう」

キヨシ「い、いや…あの時はたまたま自分でも信じられない力が出ただけで…オシッコありでも普通にやったら負けますよ…」

芽衣子「黙れ…これでも割とオシッコをかけられたことに関してはイラついているんだ…私も貴様にぶっかけてやる」

花「!」



206:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 19:33:50.17 ID:cyMveUJjO

キヨシ「(みんなそういう発想になってしまうんだなあ…)」

花「だめ…」

芽衣子「む…」

花「だめ!!キヨシは私のよ!おしっこをかけていいのは私だけだし!かけられていいのも私だけ!」

芽衣子「……」

キヨシ「花さん…///(おしっこ耐性つきすぎぃぃ)」

芽衣子「まったく…どうかしてるな……だが、花らしいな」

キヨシ「はは…」

芽衣子「じゃあな…大丈夫だと思うが、こんなとこでおっぱじめるでないぞ?いたずらに刑期を延ばすなよ」

キヨシ「は、はじめませんよ!」

芽衣子「あといい加減…恋人繋ぎをやめろ…」

キヨシ「ぁ…これは……(確かに離さないとは言ったけど…花さんが離してくれない…)」

花「ムスー…///」



207:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 19:37:01.59 ID:cyMveUJjO

ガラガラガラ ピシャ

副会長は呆れながら部屋を出て行った。

花「…」

キヨシ「…」

花「二人っきりだね」

キヨシ「そうですね…」

花「ね、ねえ…」

キヨシ「は、はい?」

花「……///」

キヨシ「………花さん」

花「え?」

キヨシ「ナデナデ」

花「うへ~~////////」



208:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 19:46:15.96 ID:cyMveUJjO

ーーー夕食

芽衣子「夕食だぞ」

花「あっ 副会長ありがとう!私がキヨシのとこ持っていくね~///」

カチャカチャ

芽衣子「あ、おい…勝手に…」

キヨシ「ふ、副会長…ありがとうございます」

花「キヨシ はい あーんして あ~~ん////」

芽衣子「おい…花…おまえの分…」

キヨシ「あむ…」

花「おいしい?…キヨシ…///」

芽衣子「……ここに置いておくぞ」

花「はい あーーん////」

芽衣子「…」イラッ



210:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 19:50:16.79 ID:cyMveUJjO

ーーートイレ

芽衣子「駄目だ」

花「私もいく」

芽衣子「駄目だ」

花「私は一度言ったら必ずやる女」

芽衣子「わがままなだけだろ」

キヨシ「あの…花さん…俺でしたらトイレはあとでも…」

芽衣子「そうか… なら花から先にいくぞ」

花「キヨシとトイレが一緒じゃないなら…いかない…」

芽衣子「イライラ」



211:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 19:53:55.14 ID:cyMveUJjO

ーーー風呂

芽衣子「駄目だ!」

花「何で?!」

芽衣子「当たり前だろ いい加減にしろ」

花「やーだー!キヨシと一緒じゃなきゃやーだーー!!」

芽衣子「イライライライラ」

キヨシ「…」



212:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 19:56:44.84 ID:cyMveUJjO

ーーーー就寝時間

花「ヤダヤダヤダヤダヤダヤダ!!!」

芽衣子「ええい!諦めろ!普通に考えて一緒の独房で寝れるわけないだろ!!」

キヨシ「(そうか…)」

花「キヨシと一緒がいーの!一緒に寝たい!イチャイチャしたいぃぃい!!」

キヨシ「(そうか……花さんは…基本的に恋愛では心がお子様だった…)」

花「お願い副会長!一生のお願い!」

芽衣子「囚人としての自覚がおまえは足りなすぎるぞ!!」

花「すぐそこにキヨシがいるのにチューもできないなんて拷問よー!!」

ガチャン!!!←やっと閉じ込めた

芽衣子「そうか…ならせめてキヨシの独房は花の目の見えないとこにしよう」

キヨシ「じゃ、じゃあ花さん…おやすみ…また明日…」

花「いーーーやーーーー!!!おやすみキヨシ大好きぃぃ!!」

キヨシ「…」(苦笑)

芽衣子「イライライライライライライライラ」

キヨシ「すみません…副会長…」

芽衣子「もうおまえらさっさと出所してくれ」



213:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 19:59:50.49 ID:cyMveUJjO

ーーーーーーー翌朝

花「キヨヂィィおはよぉおぉぉおぉ 会いたかったぁぁ」(号泣)

ダキィ!!!

キヨシ「は、花さん…そんなに抱き締めたら苦し…っ…ヨシヨシ」ナデナデナデナデ

花「うへぇぇ…////」

芽衣子「さっさと点呼しろ!!」 イライライライライライラ

キヨシ「1!」

にぎにぎ

花「にぃぃ~」(笑顔)

芽衣子「恋人繋ぎをやめんかぁああ!!」イライライライライライライライライライラ

ーーーー作業中

花「キヨシ…見てぇ/// 四つ葉のクローバーだよぉ///」

キヨシ「わ! めずらしー!」

芽衣子「無駄口を叩くなぁあ!!!」ビシ!

イライライライライライライライライライライライライライライライラ



214:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 20:05:23.61 ID:cyMveUJjO

ーーーー自由時間

花「充電~////////」

キヨシ「ち、力が強いですよ…花さん…抱きしめるなら…もっとふわっと…///」

花「えー?だって全身にキヨシの香りこすりつけてないとよく眠れないもん~」

キヨシ「…花さん…ナデナデ…」

花「んん…そんなことしたら ちゅーしたくなる……///」

キヨシ「駄目ですよ花さん…もし見られたら怒られますよ…」

花「ちょっとだけ…ディープじゃなくていいから…10秒だけ…///」

キヨシ「駄目ですって…」

花「え~~~」

なお、俺と花さんの監獄生活はこれのループである。

芽衣子「」イライライライライライライライライライライライライライラ

副会長のストレスも二日目にして限界が近かった……
だがあと3日だ…3日大人しくしてれば出所できる
それまで俺が花さんの暴走を止めないと…



215:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 20:08:22.58 ID:cyMveUJjO

花「……………決めた…もう我慢できない…」

キヨシ「ん?」

花「せっかく一緒になれたのにキヨシとキスもできないおしっこもかけられないしかけてくれない…一緒に寝れない…トイレも一人」

キヨシ「」

花「…キヨシ…脱獄しよう」

キヨシ「(駄目だこの人…なんとかしないと…)」

結局俺は…花さんの暴走のせいで二度の脱獄を止められず
刑期が延びに延び、シルバーウィークを飛び越えて2週間経ってしまった。
しかも退学寸前まで追い込まれながら…
プリズン史上初、あの会長が妥協する形で出所することになった。

その理由はというと

芽衣子「うおおおおおお!!」

ドガ!バギ!

万里「ふ、副会長!!落ち着きなさい!!何故トイレを破壊するの?!」

芽衣子「会長…私は他人のイチャラブを延々と見せられることがこれほどイラつきストレスになるとは思いませんでした!」

バキバキ!!ドカドカ!

芽衣子「こうやってストレスを発散しなければやってられない!!!」

万里「落ち着きなさい!!」

むしろ副会長に対する拷問に近かったからだ。



216:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 20:12:04.10 ID:cyMveUJjO

ーー更生ルーム

キヨシ「今日…副会長遅いですね…何かあったのかな」

花「ん~?別にいいんじゃーん?」すりすりすり

キヨシ「花さん…くっつき過ぎですよ…」

花「だってプリズンから出たら他の生徒の目があるからイチャイチャできないもん…
こうしてられるのって今だけなんでしょ~?」

キヨシ「まあ…そうですね…///」ナデナデ

花「へなぁぁ…////」



217:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/13(日) 20:16:09.01 ID:cyMveUJjO

ーーーーーーー理事長室

万里「失礼します」

理事長「どうしたんだ…会長」

万里「今日は…藤野清志…緑川花の刑期を縮めて頂くご相談に…」

理事長「なるほどなぁ…しかしプリズン史上初だな…おまえが刑期を延期でなく…短縮の願いを申し出てきたの……は!」

万里「もう……こちらが限界です…理事長…どうか…」

理事長「何も言うな…状況はわかっている…辛かっただろう…だがこれが愛ゆえの結果…だ!!」

万里「…理事長」

理事長「右の尻と左の尻が離れられないように…また彼らの愛も他人が引き離すことはできないのだろう…
言わばあそこは藤野君と緑川君の愛の巣…となってしまいプリズンとは呼べなくなってしまった…」

万里「…」

理事長「これがホントの愛のプリズンだ…………なっ!!!」

万里「誰がうまいこと言えと」

終われ



元スレ
花「復讐してやる」 キヨシ「なんですかこれは」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1441656506/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (49)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月16日 16:51
          • 監獄SSもっと増えろ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月16日 18:42
          • 長くてタイトルでやめた
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月16日 18:45
          • 感動で目からおしっこ出た。
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月16日 19:51
          • 原作のウロボロスの時の2人のあり得た未来みたいなシーンでガクブルだった、先を確かめるのが怖くて中断してる
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月16日 20:24
          • おしっこ(ハート)はずるい
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月16日 20:32
          • 多分、今までの監獄ssで最低の出来だった
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月16日 21:39
          • 口調が違う
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月16日 21:41
          • ※6
            アゴゲンファンには最上級の褒め言葉なんだよなあソレ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月16日 22:44
          • 二人の合体シーンはまだですか?
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月16日 23:10
          • なんで全部読んじゃったんだろう

            俺もこういうぶっ飛んだプレイしたい(迫真)
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月16日 23:33
          • 花さんの犯行の自供の仕方ワロタw

            デスノートっぽいものが脳内再生されたわ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月17日 02:24
          • 面白かったよ。
            デスノネタがでたのにもてキングのネタが真っ先に浮かんだのは俺だけのはず。
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月17日 02:27
          • 5 中々話の構成が良かった!
            でも変な性癖発症するかと思った
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月17日 03:44
          • このssを呼んでキヨシが某バスケ漫画のラスボスなのは知ってたけど
            シンゴもキセキの世代だったことに気付いたw
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月17日 07:04
          • クオリティ高めのアホ
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月17日 10:17
          • 最低(最高)
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月17日 10:41
          • 4 最後の理事長ワロタwwwwwww
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月17日 12:36
          • あぁ^〜堪らねえぜ
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月17日 19:11
          • 俺もこんな関係築きあげたい
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月17日 22:21
          • ○汁ブッシャァァァァ!!
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月18日 07:22
          • 5 これは良作
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月18日 09:25
          • 面白かったけどさすがに長いかな
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月18日 14:00
          • 千代ちゃんの霊圧が・・・消えた・・・?
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月19日 03:39
          • 面白かった!
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月19日 17:05
          • 5 この長いssを最後の最後で理事長が閉めたwwww

            ジャージ脱いでスカート託しあげて
            ノーパンアピールしながら凶器の顔で独白する花ちゃん想像したら草
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月19日 22:43
          • 5
            俺もこんな青春送ってみたか……
            やっぱいいや
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月20日 06:10
          • おまえら普通に犯罪だろと。。。
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月20日 16:02
          • 5 最高でしたわ
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月20日 17:49
          • 大作だった
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月20日 21:39
          • 5 クソワロタ ありがとう

          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月21日 01:40
          • これ話しとしてはよく出来てるなw
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月21日 08:11
          • えーと、花と変態イチャラブしてるだけにしかみえん
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月23日 13:49
          • 5 原作がギャグだと、ギャグ展開なだけ良作になる不思議
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月23日 20:00
          • ダッチワイフに紅茶飲ませた辺りから笑いっぱなしだった
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月27日 23:40
          • 最低なssでした(褒め言葉)
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月29日 02:53
          • 5 フラワーレボリューションてなんやねんw
            唐突なジョジョネタや黒バスネタやるろ剣ネタで噴いたww
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月29日 13:11
          • キヨシが花のパンツを被った状態でシミのせいで
            ゲロ吐いて悶えてるあたりがクソワラタw
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月30日 03:25
          • 確かにスマイルプリキュアの黄瀬やよいちゃんと花ちゃんは似てるけどさあ
            ダブルピースしながらおしっこして それをアヘ顏ピースサンダーとかもうやべぇだろコレ…
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月01日 03:04
          • 脳内再生余裕過ぎ。最高だわ
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月19日 02:52
          • う…羨まし…??
            …羨ましくは無いな。うん。
            ラブラブな点以外は全く羨ましくないな。
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年01月17日 08:28
          • めちゃめちゃ面白かったー
            はじめはいまいちで、脳内再生も不可だっけど、途中からどんどん面白くなっていった

            最後ww
            まさかのアニメ主題歌ネタwww
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年01月17日 23:34
          • 花さんかわいいなぁ
            原作でも結ばれてほしい
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年01月21日 04:03
          • 5 最後の理事長までの壮大な前フリw
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年02月25日 13:06
          • くだらなさが原作っぽくて良かった
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年03月12日 22:01
          • 5 花ちゃんいいなー
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年03月29日 17:22
          • 新作書いてくんないかなー
            原作だとキヨシが一時的に死んで
            花が泣きわめいてるところに
            キヨシが蘇ってから「花さん、愛してます」
            って告白されて花さんが舞い上がってるとこまで
            きてますよ。
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年03月30日 11:20
          • このssのセリフ全て神谷さんが言ってると考えると草生える
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月04日 23:28
          • ブラボー!
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月12日 15:50
          • まさか原作のほうが、このSSが医療用ガーゼみたいに綺麗に見えるような結末を迎えるとはな……w

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 【シンフォギアXV】マリア「切歌の変身バンクエロすぎ問題」
        • 【安価】彡;(゚)(゚)  「あかん・・・腹が痛い」
        • 俺「暇だ..>>6(就職)するか」家族「!?」
        • 彡(゚)(゚) 「ワイが>>2(ゴミ)やと?!」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 【デレマス】ロマツア水戸黄門
        • 【ゼロワン】福添准「美食家なヒューマギア?馬鹿馬鹿しい」
        • 【うちの娘。】ラティナ「大きい方が好き?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「ワイが……仮面ライダー!?」ヒロイン「そうよ」
        • 死後俺「うっ…ここは?」係員「はい、以上で底辺シミュレーターは終了です」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 【変好き】紗雪「根本的な事を忘れていたわ・・・」
        • 暗殺者(♀)「よう。こんな夜更けになにをしているんだ?」
        • 男「へぇ~、課長ってスト2がお好きなんですか」女上司「ファイッ」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ