TOP

奈緒「志保、風邪ひいてもうた」

2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/20(木) 20:42:05.88 ID:j2JVJq8j0

 小鳥さんが私の脇から体温計を抜き取り、何度か振った。
 その先端をみてたら、何だかあたまがぐわんぐわんしてくる。
 おまけに寒気が、どかんとやって来たわ。
 ……あかん。駄目かも。やっぱ無理して来んで、家で寝とればよかったわ。
「……うーん、八度七分……かなり高いわね。奈緒ちゃん、気分はどう?」
「……阪神が八連敗くらいした時の気分ですわ」
「それはかなりまずい……のよね? とりあえず、氷枕持ってくるわね」
 バタバタと小鳥さんが慌ただしい。
 私はソファに寝転びながらそれを眺めてるけど、何だか分身しとるようにみえてきた。
 音無って名字、なんか忍者の末裔っぽいもんなぁ。
 ……なにをいうてるんや私は。風邪や。すべて風邪が悪いんや。
 いや悪いのは腹出して寝てた私か。
 あかん。何もわからんくなってきた。



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/20(木) 21:03:33.82 ID:PpvwDkPA0

>>2
横山奈緒(17) Da

24_124_2

>>2
音無小鳥(2X) Ex

24_324_4



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/20(木) 20:42:39.68 ID:j2JVJq8j0

「はい、氷枕、頭の後ろにね。少し楽になると思うわ。あと薬もあるんだけど、これは何か食べてからの方がいいのよね……」

 小鳥さんは辺りをきょろきょろと見回しとる。
 その時、事務所の扉が開いて、ひょこりと影が。あ、志保や。

「どうしたんですか? 下に車、出てますけど」
「あ、志保ちゃん! ちょうどよかった。奈緒ちゃんの看病、頼めないかしら?」
「え? 別に、いいですけど……」
「私、ひなたちゃんたちの送迎をしなきゃだったのよ。すぐ戻ってくるから! そしたら奈緒ちゃん、家に送ってあげるからね!」

 小鳥さんはそう告げて、ばたばたと外へ出ていく。
 時間をずっと気にしていたし、私えらい迷惑かけてしまったな……。
 普段、体調悪くなるとかないから、本当あかんわ。



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/20(木) 21:03:33.82 ID:PpvwDkPA0

>>3
北沢志保(14) Vi

24_524_6

奈緒と志保といえば水泳大会で騎馬くんでたっけ、普段も仲いいといいなぁ

24_724_8



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/20(木) 20:43:09.23 ID:j2JVJq8j0

「……しぃーほぉー?」

 おらへん。さっきまでおったのに。
 アホなのに風邪をひいとる私を見限って、帰ってしまったんやろか。
 うぅ……なんか心細くなってきた……。

「私は志保をそんな子に育てた覚え、あらへんでぇ……」
「そもそも育てられた覚えがないんですけど」

 おるやん。給湯室から何かを抱えて持ってくる。
 ばさっと身体にかけられた。
 ……タオルケットか。



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/20(木) 20:43:42.45 ID:j2JVJq8j0

「暑いですか? それとも、寒いです?」
「めちゃ寒い」
「温度は二十八度なんですけどね。毛布の方がいいかな……」

 再び志保がいなくなる。寒さよりも人恋しさのほうがつらいわ。
 もう一回、志保の名前を呼んだら、呆れた様子で戻ってきた。
 今度もばさりと身体に毛布がかけられる。

「いなくなりませんから」
「ほんまに?」
「……奈緒さん、もしかして風邪とか引いたことないです?」
「記憶にあらへん。体調ってこんなに悪くなるもんなんやな……」
「どうせお腹でも出して寝てたんでしょう」
「しかもクーラーがんがんに効かせてな。温度上げる前に寝落ちしてもうたわ……」
「そりゃ風邪も引きます」

 ぺしんと額を叩かれた。いたい。



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/20(木) 20:44:23.24 ID:j2JVJq8j0

「汗かいてますね。もうちょっと経ったら、身体拭きましょう。食欲はありますか?」
「全くあらへん。粉モノみたくないとかありえへん心境なんやけど」
「何がありえないのかいまいちよく分からないですが。……これ食後か。お粥はどうです?」
「むり。あついものは、むり……」

 あかん、つらくなってきた。目を閉じる。
 かといって眠れる気配は全然ないのがつらい。
 額にひんやりと冷たい感触。
 うっすら目を開けると、志保が額に手をあててくれとった。



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/20(木) 20:44:55.09 ID:j2JVJq8j0

「志保の手、ちべたいなぁ……」
「奈緒さんの額が熱すぎるんです。……いいですか、いなくなりませんから、ちょっとここで待っててください。準備、まとめて終わらせるんで」

 そう言って、志保は立ち上がって視界から消えた。
 それを追う気力もあらへん。
 私は目を瞑り、暑くなってきたから毛布を蹴飛ばした。
 そしたら寒気が増して、再び毛布を頭から被る。
 あかん、死ぬんやないかこれ。



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/20(木) 20:45:27.91 ID:j2JVJq8j0

 そんなんを何度か繰り返していると、志保が戻ってきた。
 色々なもんを抱えとる。
 まず、洗い桶に張られてた水でタオルを絞ってくれた。

「……それ、雑巾ちゃうよな」
「冗談を言える元気はあるんですね」
「……空元気ってやつや」

 額にタオルを置いてくれる。
 あんま冷たくないなぁって思ってたけど、その上に更に氷が詰まったビニル袋を載せてくれた。
 おぉ、ちべたい……。



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/20(木) 20:46:00.12 ID:j2JVJq8j0

「あとこれ。舐めてください」

 志保が氷をつまんで、私の口元へ持ってくる。

「え、指を? それはちょっと、えろいんやないかな……」
「違いますよ、氷です……指じゃないって言ってるでしょう!」
「そんな細かいこと出来るわけあらへんやろ……」

 口の中でころころと氷を舐める。正常やったら志保の指の味とかもしたんやろか。
 こんなこと考えとる時点で正常やないけども。あー、ちべたい。

「もっと氷食べられそうだったら、いってくださいね」
「……ほな、もう一個、あーん」

 今度は舐める前に指が即座に消えていった。なんや、つまらんな。



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/20(木) 20:46:49.25 ID:j2JVJq8j0

 しばらく、氷を舐めては入れられてを繰り返していると、ふと、思う事があった。

「なんや、ひな鳥みたいやな」
「みたいじゃなくてまさにそれですから。……本当は、一緒にダンスレッスンだったはずなんですからね。反省してください」
「……なんや、志保だけいけばいいやん」
「もう事情を説明して休みにしてもらいました」
「さよか。……ごめんな。なんか埋め合わせ、するからな」
「別にいいですよ。大体、迷惑をかけられてるのはいつもですし」

 そんな事ないやろ……いや、あるかもなぁ。



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/20(木) 20:47:23.22 ID:j2JVJq8j0

「……ちょっと、黙らないでくださいよ。冗談ですよ、冗談」

 慌てた様子で取り繕っとる。
 別にそういう反応をさせたかったわけじゃないから、逆にへこむわ。
 ……あかんな、体調悪いとやっぱ調子でーへん。なんとかせな!

「志保の冗談はつまらんからなぁ。もうちょっと勉強せーへんと、バラエティ出られへんで」
「……別に、いいですよ。奈緒さんが一緒に出てください。助け合いの精神です」
「さよか。ほな、私がドラマにでも出たら脇役で引き立ててくれや」
「引き立つほどの魅力があればですけどね」

 志保がイタズラっぽく笑う。
 このー、人が気を使ってやったらこの仕打ちや。むかつく!
 ……決めた。こうなったら風邪を逆手に困らせまくったる。



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/20(木) 20:47:51.50 ID:j2JVJq8j0

「……なー、志保、なんか手が熱いわ」
「そうですか。氷袋、もう一つ作ってきますね」

 立ち上がろうとした志保の手を取る。

「これでええわ」

 ぽつりと呟いた。
 志保の掌は割と冷たい。私のが熱いのかもしれへんけど。

「……まぁ、奈緒さんがいいなら、いいですけど」

 すとんと志保がソファに腰を下ろす。見上げた頬がちょっと赤くなっとる。

「なに照れとんねん」
「照れてませんから!」

 お腹の方にばしんと衝撃。やめてや、吐いてまうよ。



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/20(木) 20:48:21.65 ID:j2JVJq8j0

「なんやこれ……あぁ、桃缶かぁ……」
「えぇ、シンクの所にあって。これなら食べられるんじゃないです?」
「そうかもなぁ……」

 正直、あんまり食欲はわかんけど。
 まぁ、お好み焼きとかよりはマシっぽいかな。

「じゃあ、開けますから、ちょっと待っててくださいね。……手は離してください」
「えぇー、ややー」
「片手じゃ出来ないんですよ! ……まったく、わがままばっかり……」

 ぱかりと缶が鳴り、中身が手際良く皿に移しかえられていく。

「……なんや、猫になった気分や」
「元から似たようなものでしょう」

 いや、それはきみには言われとうないわ。



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/20(木) 20:48:56.34 ID:j2JVJq8j0

「はい、食べられますか」
「無理そうやから、さっきみたいに、あーん」
「……食べられますよね?」

 私はひかへんで。ほんまに無理やし。私は今ひな鳥やし。
 餌を求めてぱくぱく口を動かしていたら、志保が大きくため息をついた。
 諦めた様子で、桃をフォークで四等分にしている。
 その内の一つを上手いことすくい、口へ持ってきてくれた。
 もぐもぐ。

「うまいな」
「そうですか。ならよかったです」
「いや、手際が。慣れとる」
「……まぁ、弟がいますから。子どもって体調、すぐ崩れちゃいますからね」

 看病くらいは出来ます、と志保が呟く。



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/20(木) 20:49:32.87 ID:j2JVJq8j0

「なんや、私は弟くんと同レベルかい」
「以下ですよ。こんなに大きいのに手が掛かりすぎです」

 とんでもない言いがかりや、と呟いた後に再び口をぱくぱくさせる。
 もう突っ込む気力もありません、と志保は観念して桃を次々と私の口の中へ運んでくれた。
 食えへんと思ってたけどぺろりと一缶食べられて、
 食後ににがぁい粉の薬を飲み下し、
 たっぷりかいた汗を拭いて着替えも手伝ってもらったら、
 段々うつらうつらとしてきよった。



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/20(木) 20:50:04.06 ID:j2JVJq8j0

「……しほぉ。なんか眠くなってきたわ」
「本当、子どもみたいですね。……いいですよ、寝ちゃってください」
「さよか? ほな、一緒におってな……」
「はいはい、わかりましたから」
「手も握っててくれな?」
「こうですね」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/20(木) 20:50:37.27 ID:j2JVJq8j0

「……志保、ずっと一緒におってな」
「小鳥さんが来るまではいますよ」
「ずっと」
「……治るまでいますよ」
「ずぅっとや」

 意識が落ちていく。掌はいつの間にか冷たくなくて、温かい。
 薄れゆく意識のなか、志保の困ったような笑顔がみえる。

「えぇ、ずっと一緒です」

 偶には風邪ひくのもええかもしれんな。
 眠りの間際、そんな事を思うのやった。



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/20(木) 20:51:06.32 ID:j2JVJq8j0

     ☆

 さて、それから2日が経ったんやけど。
 嵐のあとの快晴みたいに、けろっと体調がよくなってしまった私は、
 たっぷり膨らんだビニル袋を抱えてとある場所を目指す。
 プロデューサーさんに教えてもらった住所のメモと、
 あんまりうるさくするなよ、という金言を胸に私がやってきた場所は――。



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/20(木) 20:51:39.40 ID:j2JVJq8j0

 ぴんぽんぴんぽーんとリズミカルにドアチャイムを押す。

「あ~! はよしてや荷物重いんやって!」

 がちゃり、とドアが開く。

「志保、看病しにきたったで! ひとりで寂しかったやろ!」
「帰ってください」

 ノータイムで無情にもしめられるドア。なんでや!

「お母さんおらんって聞いとるんや! うるさくせぇへんから看病させて!」
「もう既にうるさいんですよ……!」
「いれてくれへんとこれ以上うるさくするで! ライアルージュ5回くらい熱唱するからな!」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/20(木) 20:53:27.09 ID:j2JVJq8j0

 渋々といった様子で再び開いたドアから、ひょこりと顔を出してくる志保。

 額に冷えピタはって、頬も真っ赤。
 うわー、めっちゃ体調悪そう。

「とんでもない顔しとるな」
「誰のせいだと思ってるんですか」
「私のせいやからきとるんやろ」

 それくらいわかっとるわ、もう。

「ほら、今日はもう笑いとかなしで看病したるから。
 ささっ、中入って。なんでもしたるからな!」

 言い争うのもしんどいのか、あるいは私を受け入れてくれたのか。
 志保はため息のような笑いを吐き出して、首を少し傾ける。

「……それじゃあ、今日はずっと一緒にいてください」
「ええよ。いたるわ。ずぅっとな」

 ……やっぱり、偶には風邪もええもんやな。
 こんな素直な志保、普段はみれへんもん。

 ほな、看病がんばりますか!


 ~おわり~



転載元
奈緒「志保、風邪ひいてもうた」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440070861/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (16)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月20日 22:34
          • ペイ!
            (^∀^)ノ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月20日 22:35
          • 5 良い。すっごく良い。
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月20日 22:49
          • コミック版といい奈緒株上がり中
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月20日 23:17
          • ほほう。これは良いものですな!
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月20日 23:18
          • 声もイメージできたいいね
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月20日 23:55
          • なおしほの可能性を感じる
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月21日 00:11
          • 5 志保とかいう万能カップリング小学生メイド
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月21日 00:17
          • 小学生メイドの癖に生意気だゾ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月21日 00:19
          • なおしほとは作者わかってるな
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月21日 00:21
          • 風花「それは私の役目なのに……」
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月21日 00:23
          • 志保161
            奈緒159
            志保の方がデカいんだな
            なお、ツンデレ太眉奈緒は154
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月21日 00:28
          • この独特の距離感いいね
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月21日 00:49
          • で、座薬は? 熱といえば座薬やろ?
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月22日 13:17
          • 奈緒のベタベタしすきない程度に馴れ馴れしい感じ好き
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月24日 20:02
          • ミリマスのssふえてきて嬉しい
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月29日 23:41
          • 大阪人=粉ものみたいな風潮やめろ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 母「そろそろ働いたら?」俺「>>3(だが断る)」
        • 母「そろそろ働いたら?」俺「>>3(だが断る)」
        • ロリ「>>3」お姉さん「ロ…ロリちゃん!?」
        • ロリ「>>3」お姉さん「ロ…ロリちゃん!?」
        • 彡(_)(_)「アカン、給料日まで食うもんがないわ…」ブリリ
        • 彡(_)(_)「アカン、給料日まで食うもんがないわ…」ブリリ
        • 妹「>>4(お兄ちゃんにつく悪い虫を掃除)してあげるね」俺「えっ」
        • 【ゾンビランドサガ】フランシュシュ「……アメリカ旅行?」
        • 【とある】御坂「アベンジャーズ!アッセンブル!」
        • 【まちカドまぞく】シャミ子「桃桃桃桃桃桃桃もんも桃桃桃もも桃桃桃桃もも桃桃桃桃もんも桃桃桃もんも桃桃桃もも桃桃桃桃!!!!!!」
        • 息子「早く避難所に行こうよ!」父親「大丈夫大丈夫」
        • 息子「早く避難所に行こうよ!」父親「大丈夫大丈夫」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはトマト」
        • 【まちカドまぞく】シャミ子「ふははは!出たな魔法少女!トリックオアトリート!お菓子くれなきゃイタズラしますよ!」
        • 【まちカドまぞく】シャミ子「ふははは!出たな魔法少女!トリックオアトリート!お菓子くれなきゃイタズラしますよ!」
        • 【まちカドまぞく】シャミ子「ふははは!出たな魔法少女!トリックオアトリート!お菓子くれなきゃイタズラしますよ!」
        • 【マギレコ】八雲みたま「第2回ミラーズカップ開催よ~♪」
        • 霊能者「0時まで何があっても振り向いてはなりません」彡(゚)(゚)「おかのした」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ