TOP

裸女盗賊「私たちは『裸女盗賊』」

1: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/24(金) 00:58:54.77 ID:SO56/xw20

初めまして。僕の名はアレクと言います。
僕は今、とある地方の領主である貴族様の元で、騎士見習いとして働いています。
僕のような子供にはもったいない仕事ではありますが、憧れの騎士になるため、日々努力しています。
仕事にも慣れ始めた頃、とある任務を任されました。

「娘が領内の小さな村に遊びに行きたいの言うので、護衛として同行するように」

領主様の娘である、フィーナ様。
僕より少しだけ年上であるにも関わらず、既に気品と清楚さを備えた美しい女性だ。



2: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/24(金) 01:05:15.22 ID:SO56/xw20

「アレクくん、そんなに堅くならなくていいですよ。楽になさってください」
「い、いえ。村の中とはいえ、盗賊の噂もありますので気は抜けません」

フィーナ様は長いブロンドの髪を背中の中ほど辺りで一つに纏め、ブラウスに黒いスカートと、あまり派手すぎない恰好をしていた。
それでも、彼女の少し垂れている優しい目を見ると、どうしても見とれてしまう。
だめだ。今は任務の最中なんだ。

僕を初め、数人の騎士見習いがフィーナ様の護衛として村に同行していた。
この村は、豊かな自然と特産物であるジャムが知る人ぞ知る名物とされており、お忍びで貴族様やその家族が訪れることもあるそうだ。
しかし、最近ではこの地域で盗賊が暴れているという噂があったので、僕らが護衛としてついて行くことになった。

「さて、もう夜も遅いですし、宿に戻りましょうか」
「は、はい」



3: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/24(金) 01:10:00.18 ID:SO56/xw20

一通り村を見て回った僕たちは、暗くなった道を歩いていた。
その時、僕たちの前にローブをすっぽりと被った人物が現れた。
その人物は、僕たちの方にまっすぐ向かってくる。
正直言って、とても怪しい。

「ちょっといいですか?」

ローブの人物がフィーナ様に近づく前に、仲間の騎士見習いがその人物に声を掛けた。

「はい?」

ローブの人物が応えます。声からして、どうやら女性のようだ。
近づいて見てみると、彼女のローブは胸の部分が大きく盛り上がっていた。
これは怪しい。まさかフィーナ様を狙った刺客だろうか。



4: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/24(金) 01:13:09.31 ID:SO56/xw20

「最近、この辺りで盗賊が現れるという噂が立っています。夜道には気を付けてください」
「まあ、物騒ですわね」
「それで、我々は領主様の使いでやってきた者たちなのですが、失礼ですがこちらで何を?」
「はい、少し散歩をしていたのですわ」

こんな夜中に散歩を? しかもこんな人通りの少ない道で?
怪しい、実に怪しい。
仲間が女性に詰め寄る。

「……失礼ですが、持ち物を検査させていただいてもよろしいですか?」
「え?」
「そのローブを脱いで頂くだけでいいです」
「あ、あの……」

ローブを脱ぐように言っただけで、女性はあからさまに動揺した。



5: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/24(金) 01:16:06.86 ID:SO56/xw20

「どうしたのですか? 特に怪しい物が入っていなければ脱げるはずですが」
「あ、その……」

女性は顔を赤らめ、もじもじと体を動かす。
その動きで、胸のふくらみが左右に揺れた気がした。
それを見て、仲間は腰の剣の柄にさりげなく手を掛ける。

「わ、わかりました……」

女性は観念したように、胸元にあったローブの紐を解く。
すると、目を瞑って一気にローブを脱ぎ捨てた。

「……え?」

一瞬、目の前の光景を理解できなかった。
数秒遅れて、脳はその光景を処理する。

目の前の女性は……おっぱいを丸出しにしていた。



11: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/24(金) 20:08:00.97 ID:SO56/xw20

「……」

僕も仲間もフィーナ様も、あまりの光景に声を出せないでいる。
腰に巻きつけた小さな布で辛うじておま○こを隠しているが、女性はおっぱいだけでなく、その裸体のほとんどを僕たちの前にさらけ出していた。
片方だけでメロンほどはあろうかという爆乳、膨らんだおっぱいの下にある引き締まった腹部、くびれたウエストから曲線を描いて張り出しているお尻。
さらに、その肌にはシミ一つなく、月明かりに照らされていやらしく輝いている。
そして、女性は恥ずかしそうに顔を赤くして俯いているが、腕を頭の後ろに組み、その裸体を見せつけるようにくねらせていた。

「あ、あの、いかがですか……?」



12: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/24(金) 21:47:44.31 ID:SO56/xw20

女性の言葉に仲間も僕も我に返る。
しかし、「いかがですか」の意味がよくわかっていなかった。

「あの、ローブを脱ぎましたけど……検査をするのではなかったのですか?」
「え、いや……」

検査も何も、女性が全裸になってしまっては武器を隠しようがない。
正直、もうローブを着てもらって終わりにするべきだったが、僕たちは言葉が出なかった。

「あの、後ろも見ますか?」
「え?」

そう言って、女性は僕たちに背を向ける。



13: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/24(金) 22:31:09.14 ID:SO56/xw20

「ああ……」

彼女は背を向けた状態で、長い金髪を両手ですくい上げて、美しい背中を見せた。
肩甲骨が腕の動きに連動しているのが、なぜかいやらしい。
さらに下半身に目をやると、腰に巻かれている布は小さすぎてその大きな尻の大部分を隠せていなかった。
肉付きのいい尻は、鍛えているおかげなのか垂れずにハリがある。
そして尻の割れ目の奥をよくみると、前部分から刺しこむ光によって、陰毛が少し見て取れた。

「う、うわあ……」

仲間の一人が、思わず感嘆の吐息を漏らす。
騎士見習いではあるが、僕たちも年頃の少年だ。
ここまで美しい女性の裸体はお目にかかったこともなく、僕たちは見とれるしかなかった。



14: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/24(金) 22:41:25.53 ID:SO56/xw20

「はあ、はあ……」

荒い呼吸の音が聞こえて女性の顔を見ると、彼女はその緑の瞳を潤ませ、頬を真っ赤に染めていた。

「あ、ああん……見られてるぅ……」

その言葉のおかげで、女性が顔を赤くしているのは羞恥心からだけではないことがわかった。
おっぱいの先端にある薄いピンク色の乳首は、一目見ただけで通常より立っているのがわかる。

「……」

女性は僕たちに流し目を送り、もう許してくれと言わんばかりに目に涙を溜めていた。



15: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/24(金) 22:50:31.66 ID:SO56/xw20

「ア、アレクくん、もういいんじゃないかな……」

その時、フィーナ様が口を開いた。
確かにそうだ。女性が武器を持っていないのなら、これ以上調べる必要はない。
それより、フィーナ様の護衛に戻るべきだ。そう思って、彼女の方に振り返る。

だが、僕は思わず息をのんでしまった。

「……はぁ」

フィーナ様の顔は、裸の女性と同じく赤く染まっており、目が潤んでいた。
その顔から受ける印象はいつもの清楚さではなく、どちらかというと淫靡なものに近い。
目を細め、両腕で体を抱き、足をすり合わせるフィーナ様は明らかにいつもの様子と違っていた。



16: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/24(金) 22:53:57.16 ID:SO56/xw20

「フィーナ様、大丈夫ですか?」

僕は思わず問いかける。

「え、うん、大丈夫よ……早く、戻りましょう……」

フィーナ様の様子は明らかにおかしかった。早く戻った方がいい。
しかし、裸の女性が僕たちを呼び止めた。

「あ、あの、すみません」

呼びかけに対して、僕たちは振り返ってしまう。
女性は未だローブを着ずに、裸体を晒したままだった。



20: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/25(土) 20:21:56.33 ID:+bw4KfP+0

「あの……実は、あなたたちに調べてほしいことがあるのですが……」

調べてほしいこと?
なんだ? 僕たちになにか依頼があって、近づいてきたのか?
だけど正直、女性の裸を見てしまって変な気分になっている僕たちは、早くこの場を離れたかった。

「な、なんですか?」

仲間の内、二人が女性に近づく。

「実は、その……おま○この中を調べてほしいんです」

……は?
今、彼女は何て言ったんだ?



21: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/25(土) 21:46:20.81 ID:+bw4KfP+0

「あの、なんですって?」
「ですから、おま○この中も武器が無いか調べてほしいのです……」
「……」

思わず仲間たちは顔を見合わせてしまう。
この人は何を言っているのだろう。
そう考えている内に、女性は次の行動に出ていた。

「お願いです……おま○この中も見てくれれば、私が潔白だとわかるはずです」

女性は腰布を両手で摘まんでたくし上げた。
すると、その後ろから髪の毛と同じ金色の陰毛に覆われたおま○こが現れる。



22: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/25(土) 22:09:39.37 ID:+bw4KfP+0

「あ、ああ……」
「もっと、近づいて見てください……」

女性の言うとおり、仲間たちは彼女の股間に顔を近づける。
彼女のおま○こからは透明な液体が溢れており、足の付け根まで濡らしている。

「んっ……」

女性は両手でおま○こを広げると、ピンク色の内部が仲間たちの前にさらけ出され、おま○こからトロリと液体が溢れた。
思わず見とれる仲間たちだったが、女性に声を掛けられる。

「い、いかがですか? 武器は、無いですよね?」
「え、ええ、そのようです」
「よかった……じゃあ、これはお礼です」
「え? うわあっ!」

仲間たちが聞き返そうとした瞬間、彼らは目を押さえて苦しみだした。



25: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/26(日) 07:40:44.93 ID:P+5IMzhW0

「うわあっ!?」
「め、目がっ!」
「な、なんだ!?」

突然の事態に困惑する。どうやら、女性の股間から何かを目にかけられたらしい。
苦しむ仲間たちに対し、女性が行動に出る。

「えいっ!」
「がっ!?」
「ぐあっ!?」

女性は体を捻り、その爆乳を仲間の頭に叩きつけた。
仲間は吹き飛ばされ、もう一人の仲間を巻き込んで倒れる。
そして二人とも起き上ってこなかった。どうやら気絶したらしい。



26: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/26(日) 15:28:56.66 ID:P+5IMzhW0

「な、何を!?」

ここに来て、僕はようやく彼女が敵だと認識し、腰の剣を抜いた。
女性は尚も顔を赤くはしているものの、こちらを見て、不敵な笑みを浮かべている。

「ふふふ、私たちはその御嬢さんを貰いに来たのよ」
「まさか、あなたが盗賊!?」
「その通り、私たちは『裸女盗賊』。周りを見てみなさい」

裸女盗賊の言葉を受けて周りを見てみると、すでに僕たちは囲まれていた。
僕たちの周りを囲んでいるのは、全て女性。しかも目の前の裸女盗賊と同じく、腰布一枚だけを身に着けた姿で、裸体をむき出しににしている。
みな、若い女性ではあったが、中には僕とそう変わらない年齢であろう少女もいた。
だが、その少女でさえ、年齢に不釣り合いな巨乳をさらけ出している。
裸女盗賊たちはこちらを挑発するようにおっぱいを揺らしたり、お尻を振ったりしていたが、中には両手でおっぱいを必死に隠している少女もいる。
迂闊だった。裸女盗賊たちは十数人はいる。こちらはフィーナ様を合わせても五人。守りきれるだろうか。



28: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/26(日) 16:10:36.51 ID:P+5IMzhW0

「安心しなさい、命はとらないわ。裸女盗賊は人殺しはしないという信条なのよ」
「そんなもの、信用できるか!」
「あらそう、まあでもこの状況で御嬢さんを守り切れるかしら?」
「くっ……」

裸女盗賊たちが、ジリジリと近づいてくる。
しかし……僕はどうしても彼女たちのおっぱいに目が行ってしまう。
大きくて、それでいてハリがあるおっぱい。彼女たちはそれを惜しげもなく晒しているのだ。
しかも、ここが屋外だということが、僕の興奮を一層助長させた。
それは彼女たちも同じなのか、肌をほんのりと赤く染め、乳首がビンビンに立っている。



29: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/26(日) 16:52:49.01 ID:P+5IMzhW0

「ん……」

興奮が高まったせいなのか、一人の裸女盗賊が両手の人差し指で乳首をツンツンと突く。

「あ、あん……」

自分で乳首を突くたびに、彼女は甘い吐息を吐き、それを見る者を興奮させた。
だめだ、彼女たちは敵なのだ。見とれてはいけない。

「う、わ……」

しかし仲間の一人が、口をだらしなく開けた状態で裸女盗賊に見とれながら近づいていった。

「ま、待て!」

だが次の瞬間、その仲間は裸女盗賊に抱きつかれた。



30: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/26(日) 16:58:36.65 ID:P+5IMzhW0

「うわあっ!」

さらに裸女盗賊はその裸体を抱きついた騎士見習いの身体にこすりつける。

「ああん! 乳首が擦れるぅ!」

おっぱいを擦り付けてあえぎ声を上げる裸女盗賊。その時、抱きつかれた騎士見習いに異変が起こった。

「あ、ひゅ、ひぎいいいいいい!」

叫び声を上げて身体をビクビクと痙攣させたかと思うと、彼の全身から力が抜ける。
それを確認した裸女盗賊が彼を解放すると、あおむけに倒れた。
白目をむいて身体を痙攣させる騎士見習いの股間は、グッショリと濡れていた。

「な、なんだ!?」
「ふふふ、裸女盗賊に抱きつかれた男は例外なく射精した後に気絶してしまうのよ」
「なっ!?」

なんということだ。
こっちは裸の女性たちを前に動揺している。対して彼女たちはこちらに抱きついた瞬間に僕らを倒せる。
まずい、これは不利だ。なんとかしてフィーナ様だけでも逃がさないと……



32: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/26(日) 18:54:48.45 ID:P+5IMzhW0

「うわああああっ!」
「ひゃああああっ!」

だが動揺していた仲間たちは碌な抵抗も出来ないまま裸女盗賊たちに抱きつかれて、次々と気絶してしまう。
そしてあっというまに、フィーナ様を守れるのは僕一人になった。

「くそっ……」
「ふふふ、観念してそのお嬢さんをこちらに渡しなさい」

最初に僕たちの前に現れた裸女盗賊がおっぱいを揺らしながら右手を差し出す。
思わずその姿に見とれそうになるが、気を引き締める。

「だ、誰がフィーナ様を盗賊なんかに渡すか!」
「そう、なら君も気絶してもらうしかないわね」

そう言った裸女盗賊は裸体を見せつけるように両手を広げて近づいてくる。
だめだ、このまま動かなければやられる。こっちから仕掛けるしかない!



33: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/26(日) 18:59:02.14 ID:P+5IMzhW0

「うわあああああっ!」

だが、僕が両手に握った剣は振り上げた拍子にすっぽ抜けてしまった。

「あっ!?」

そして裸女盗賊はすぐ目の前に迫っていた。

「わああああああっ!」

僕は反射的に拳で攻撃する。
すると――

「あんっ!!」

裸女盗賊の甘い声が聞こえた。同時に僕の拳に柔らかい感触が伝わる。

僕は寸分違わず裸女盗賊のむき出しのおっぱいに打撃を加えていた。

「あらら、おっぱいを殴るなんて……無意識に願望が出てしまったのかしら?」
「ち、ちが……」

あわてて手を引っ込める僕だったが、次の瞬間裸女盗賊に抱きつかれていた。



34: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/26(日) 19:00:48.55 ID:P+5IMzhW0

「しまっ……ぐむっ!」

顔におっぱいが押しつけられて、声が出ない。
そして……

「~~~~~~~!!」

もはや暴力的と言ってもいいほどに、強制的な快感に襲われた。
その直後、なす術なく僕の快感の象徴が股間から吹き出す。

「~~!! ……」

そして僕の全身から力が抜け、裸女盗賊から解放されると同時に地面に倒れる。

「あ……」

意識を失う直前に見たのは、裸女盗賊に連れて行かれるフィーナ様の姿だった。



43: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/26(日) 23:58:45.57 ID:P+5IMzhW0

一年後。

フィーナ様を盗賊に連れ去られた僕たちはその失態を咎められ、騎士になる道を閉ざされてしまいました。
在野に下った僕はそれでもフィーナ様を助け出したい気持ちで必死に修練を積み、同時に裸女盗賊についても調べ上げました。
そして今、僕はあの時の村に戻ってきています。

僕はあらゆる手段で裸女盗賊についての情報を集め、その結果彼女たちのアジトがあの村の近くにあるということを突き止めたのです。

村から少し離れた森の中に、古い砦がありました。どうやらここが裸女盗賊のアジトのようです。
僕は木の陰に隠れて様子を伺うことにしました。
すると……

「ん、ああん……」



44: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/27(月) 00:35:08.59 ID:0LQvi9EV0

砦の裏手に、若い女性がいた。
腰に小さな布を巻きつけただけで、おっぱいを丸出しにしている。
裸女盗賊だ。

「ああん、お外でおっぱい丸出しになるの、気持ちいいよお……」

裸女盗賊は自分の乳首をツンツンと指で突き、目を瞑って腰をくねらせている。
さらに彼女は足をガニ股に開き始め、露わになったおま○こに手を伸ばそうとしていた。
しめた、これはチャンスだ。

僕は裸女盗賊に気づかれないように後ろからソロソロと近づく。
そして……

「ひぎいっ!?」

丸出しのおま○こに思い切りつま先をめり込ませた。



45: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/27(月) 00:56:37.55 ID:0LQvi9EV0

「あ、きゅ、ひうううん……」

僕がつま先をおま○こから離すと、裸女盗賊は気の抜けたような声を発しながらガクガクと震え、おま○こから液体を噴出させた。
そして涙を流しながら僕の方を振り返ったが、その直後にその場に倒れて意識を失った。

「どうやら、情報は正しかったみたいだね」

これが裸女盗賊の弱点。彼女たちは特殊な修練によっておっぱいやその他の部分への攻撃を無効化することが出来るが、唯一おま○こへの攻撃だけは無効化出来ないのだ。
だが、抱き着いて男を気絶させるには裸でないと効果が無いらしいので、彼女たちはせめてもの気休めとして、腰に布を巻くことで少しでもおま○こを守っているらしい。

「さて、まだ見張りはいるかな?」

僕は砦の正面に回る。
すると、二人の裸女盗賊が体を密着させていた。



47: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/27(月) 19:53:25.88 ID:0LQvi9EV0

「やあん、ちょっとおっぱい揉まないでよぉ……」
「えー? 先に乳首を当ててきたのはそっちじゃない」

見ると、一人の裸女盗賊がもう一人の裸女盗賊のおっぱいを後ろから揉んでいる。
おっぱいを揉まれている方の裸女盗賊は顔を真っ赤にしながらも、息を荒くして抵抗らしい抵抗をしていなかった。

「あん、もう見張りの最中なんだよ?」
「こんなところに誰も来るはずないんだから、楽しまないと損よ。ほら、乳首立ってきたよ?」
「ああん、言わないでぇ……」



48: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/27(月) 20:32:40.39 ID:0LQvi9EV0

二人の裸女盗賊による甘美な光景を目にしながらも、敵の本拠地に来ていることを思いだし気を引き締める。
とにかく二人同時でも倒せるだろうが、一人ずつになるのを待とう。

「もお、なんか変な気分になってきたじゃない……」
「あ、ちょっと待って。一応誰かいないか確認してくるから。誰もいなかったら、ね?」
「うん……わかった」

そして一人の裸女盗賊が僕の隠れている物陰に近づいてきた。
――まずいな。ここは、やるしかないか。



51: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/28(火) 20:34:04.14 ID:s7CqqIse0

「えーと、あれ? むぐっ!?」

物陰に隠れている僕に気づいた裸女盗賊の口を素早く塞ぎ、同時に抱き寄せて行動を封じる。
こちらから抱きつけば気絶することはない。
裸女盗賊のむき出しのおっぱいが身体に当たるが、そんなことを気にしている余裕はない。

「んんっ! むうっ! んむぐっ!!?」

うなり声を上げる裸女盗賊のおま○こに素早く膝蹴りを入れる。
すると彼女は涙を流して白目を剥き、全身から力が抜けた。僕の腕に裸女盗賊の体重がかかる。
僕は音が鳴らないように、彼女を静かに地面に横たえて、もう一人の裸女盗賊を見る。



52: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/28(火) 20:35:38.71 ID:s7CqqIse0

「あれ、どうしたの?」

仲間のうめき声に気づいたのか、裸女盗賊がこちらに振り向く。
倒れた仲間と僕に気づいた彼女は、驚愕に目を見開いた。

「ひっ!?」

裸女盗賊は小さく悲鳴を上げただけで大声を出すことも逃げることもしなかった。
どうやら恐怖で身体が硬直したらしい。
その隙に僕は一気に距離を詰め、裸女盗賊の目の前に立つ。

「ひいいっ!!」

ようやく逃げようとする裸女盗賊だったが、それよりも前に僕の右手が彼女のおっぱいを掴んでいた。



53: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/28(火) 20:36:46.47 ID:s7CqqIse0

「あうんっ!」

先ほどの仲間とのやりとりですっかり興奮していたのか、おっぱいの先端にある乳首はすっかり固くなっており、僕の手のひらにその感触が伝わる。
僕はおっぱいを円を描くように動かした。

「ひうう……」

おっぱいを揉まれた裸女盗賊は気の抜けたような声を出す。
裸女盗賊は一般的な暴力には強いが、快感には弱い。
つまり彼女たちを倒すにはおま○こに攻撃するか、快感を与えるのが効果的であるようだ。

「ひ、こ、殺さないで……」

裸女盗賊は涙目で僕に訴えかける。



54: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/28(火) 20:38:17.26 ID:s7CqqIse0

「質問に答えてくれれば命はとりません。フィーナ様……一年前にあなたたちが連れ去った女性はどこですか?」
「あの、えっと、この砦の中にいます……」

よかった。フィーナ様はどこかに売り飛ばされたわけではなかった。

「それで、あなたたちの人数は?」
「えっと、今ここにいるのは六人です……」

六人。
さっき倒した二人とこの人の他には三人だけ。
これはチャンスだ。一気にフィーナ様を救い出そう。



55: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/28(火) 20:39:48.23 ID:s7CqqIse0

「わかりました、ありがとう!」
「ひぐうっ!?」

僕は裸女盗賊を膝蹴りで気絶させ、静かに地面に寝かせる。
目の前の砦は正面の扉が一つだけ。ここから入るしかないようだ。
僕は扉を慎重に開けて、隙間から中を伺う。
扉の向こうは広間になっていて、イスに一人、壁際に一人の裸女盗賊がいた。

「あれ? そろそろ見張りの交代の時間だっけ?」
「そうだったね、ちょっと呼んでくるよ」

壁際にいた方の裸女盗賊が入り口に近づいてきた。
僕は扉から離れて、彼女が出てくるのを待つ。

「あれ、扉が開いて? えっ!?」

仲間が倒れているのを見て動揺した裸女盗賊のおま○こを素早く蹴る。



56:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/07/28(火) 20:40:39.03 ID:s7CqqIse0

「はぎいっ!?」

うつ伏せに倒れる裸女盗賊をまたぎ、砦の中に走る。

「え!? ちょっ……」

イスに座っていた裸女盗賊はだらしなく足を開き、おま○こをさらけ出していたため立ち上がる前に踏みつけた。

「ひぐうううううううっ!!」

彼女は全身をビクビクと震わせた後、ぐったりとイスにもたれ掛かって気絶した。

「これであと一人……フィーナ様は二階かな……?」

先ほどの言葉が正しければ裸女盗賊はあと一人いる。
もうすぐだ、もうすぐでフィーナ様を……



57: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/28(火) 20:42:23.13 ID:s7CqqIse0

「おや? みなさんどうされたのですか?」

その時、奥の階段を下りてくる人物がいた。
僕は知っている。この声の主を知っている。

「フィーナ、さ、ま……」

歓喜のあまり、思わずお名前を呼ぼうとした声が徐々に小さくなった。
無理もない。

「ああ! アレクくん、お久しぶりですね」

階段を降りてきた人物は僕に笑顔を向けた。



58:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/07/28(火) 20:43:27.34 ID:s7CqqIse0

「あ、あ……」
「ああ、アレクくん、もっと見て下さい……」

僕は愕然とした。
階段を下りてきたのは確かにフィーナ様だった。
しかし……

「どうですか? 私のおっぱい、随分と大きくなったでしょう?」

フィーナ様は全裸に腰布を巻き付けただけの姿で、一年前より遙かに大きくなったおっぱいを見せつけるように揺らし、その顔はかつての上品さは残しつつも頬を赤らめた淫靡なものに変わっていた。
さらに腰をくねくねと動かし、おま○こからあふれ出ている液体が足の付け根まで濡らしている。

「アレクくん、もっと見て下さい……私、あなたに裸を見せるのが夢だったんですぅ……」

まるで熱に浮かされているかのように顔を真っ赤にしたフィーナ様はその裸体を微塵も隠そうともせずに僕に見せつけていた。



59: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/28(火) 20:44:31.95 ID:s7CqqIse0

「そ、そんな、どういうことですか……?」
「わかりませんかぁ? 私も裸女盗賊に入れてもらったんです。一年前のあの日、皆さんを見たときの衝撃は今でも忘れません。私に、新しい世界を見せてくれたのですから」
「う、うそだ! フィーナ様がそんな!」
「うそじゃありませんよぉ。私はこんなにいやらしい女だった……それだけです」

そう言って、おっぱいをユサユサと揺らしながらフィーナ様が近づいてくる。
違う、フィーナ様は望んでこうなったわけじゃない。何者かに操られているんだ。

「う、うわああああ!!」

僕はたまらず、フィーナ様のおっぱいに拳をつき入れた。

「ああああん!!」

おっぱいが押しつぶされると同時に、フィーナ様が嬌声を上げる。
僕は尚も、フィーナ様のおっぱいにパンチを打ち続けた。



60: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/28(火) 20:45:39.95 ID:s7CqqIse0

「あっ、あんっ! ああんっ!」

僕の拳が当たる度に、おっぱいがまるで一つの生き物のように跳ねて、フィーナ様が喘ぎ声を上げる。
僕は目を覚まして欲しい一心で、打撃を続けた。

「あん! あふんっ! もっと、もっとおっぱい叩いてぇ……」

しかしフィーナ様は目を覚ますどころか、ますますいやらしい声を上げ、乳首を勃起させている。
このままじゃダメだ。こうなったら……

「……ごめんなさい!」

僕は最後の手段に出た。
おま○こを蹴って気絶させることにしたのだ。
しかし……

「あっ!?」
「うふふ、残念でした」

おま○こに当たる寸前で僕の足はフィーナ様の太股に挟まれてしまう。



61: ◆BEcuACNawuaE:2015/07/28(火) 20:47:35.32 ID:s7CqqIse0

「は、はなし……」
「いいですよ?」
「うっ!?」

足をいきなり放された僕はバランスを崩してしまう。
なんとか倒れるのをこらえたが遅かった。

気がつくと、フィーナ様の身体が僕の身体を包み込んでいた。

「あ、ああっ!」
「ああ、やっと捕まえましたよアレクくん」

しまった、離れないと!
しかしもう遅かった。あらがえない快楽が襲ってくる。処理しきれない快楽が襲ってくる。

「ひいいいいいいいん!!」

僕は情けない声を上げながら、無様にも射精してしまった。

「もう放しませんよ。あなたには私たちの仲間になってもらいますからね……」

もはや別人のように聞こえたフィーナ様の声を聞き、完全なる敗北を悟った僕は意識を手放した……






転載元
裸女盗賊「私たちは『裸女盗賊』」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437667124/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (10)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月28日 23:34
          • うん…………うん?
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月29日 00:14
          • わけがわからない
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月29日 01:16
          • 終わり……終わった?
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月29日 01:45
          • ほら、人間にはガス抜きが必要だから...
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月29日 03:48
          • いや終わるなよ
            ここからが本番だろ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月29日 06:49
          • イイハナシダナー
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月29日 07:23
          • 続き下さい。
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月29日 07:44
          • 地上波のロードショー並みに尻切れな終わり方。
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月29日 21:26
          • ふぅ...
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月06日 02:09
          • ふむふむ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 彡(゚)(゚);「あぶない!」(´゚ω゚`;)「うわあああ!」
        • 彡(゚)(゚);「あぶない!」(´゚ω゚`;)「うわあああ!」
        • 【アイマス】春香「プロデューサーさん!」男「えっ?」
        • いじめっ子「昔お前いじめてたよな...本当にごめん」彡(^)(^)「何言ってんねや もうええんやで」
        • バーン「ハドラーよ、2020夏アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020夏アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020夏アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020夏アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020夏アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020夏アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020夏アニメのオススメは何だ?」
        • 暴走族の総長「俺の女になれや」優等生JK「私、不良の男の人とか嫌いなので無理です」
        • 男「ゲームでどんな名前をつけてた?」
        • J( 'ー`)し「ワイは結婚しないんか?」彡(゚)(゚)(キタ!!)
        • 幼じょりーん「じょじょのきみょうなぼうけん」
        • 幼じょりーん「じょじょのきみょうなぼうけん」
        • 幼じょりーん「じょじょのきみょうなぼうけん」
        • オレ「ライターで火つけるか」ボッ エルフ♀「詠唱無しで火炎魔法を炸裂させるだと…!?」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ