TOP

エリウッド「ヘクトルが君の好意に気づいてくれない?」リン「ええ……」

1: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:04:19.09 ID:JU/22xozO

エリウッド「直接好きって言わないのがいけないんじゃないのか?」

リン「そ、そんな……言えるわけないじゃない!」

エリウッド「じゃあ手紙で思いを伝えるっていうのはどうかな?」

リン「……それならもうやったわ」

エリウッド「結果は?」

リン「結果は……」












ヘクトル『なあリン、この間送ってくれた手紙だけどよ……』

リン『!!』

ヘクトル『悪りぃな。 俺、勉強してねーから一文字も読めねえんだよ。 今ここで直接言ってくれるか?』

リン『……大したことじゃないからいいわよ』

ヘクトル『? そうか……』











エリウッド「馬鹿とかそういうレベルじゃないな」

※キャラ崩壊注意



2: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:04:56.76 ID:JU/22xozO

リン「参考程度に聞くけど……エリウッドの場合はどうだったの?」

エリウッド「もちろんニニアンに直接言ったさ、なあニニアン」

ニニアン「はい、あの時は同時でした……」

リン「同時!?」

エリウッド「ああ、誰もいない場所に呼んで……お互い言いたいことがあるから同時に言ったら……」

リン「……二人とも『好き』って言ったってこと?」

ニニアン「はい」

リン「……相思相愛って羨ましいわ」

エリウッド「僕たち、羨ましがられているぞニニアン!!」ガシッ

ニニアン「最高のラブラブ夫婦ということですねエリウッド様!!」ガシッ

リン「……」



3: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:05:29.33 ID:JU/22xozO

エリウッド「……そうだ、手紙がだめなら違うものをあげればいいんじゃないか」

リン「違うもの?」

エリウッド「ああ、ヘクトルが喜びそうなものとか……そうすれば君に対する好感度も上がるはずだよ」

リン「あいつが喜びそうなもの……あっ!!」

エリウッド「心あたりがあるのかい?」

リン「……ええ! 早速明日渡してみるわ! ありがとうエリウッド!」ダッ

ニニアン「リン様、成功するといいですね……」

エリウッド「ああ、だが結ばれたところでナンバーワンカップルが僕らなのには変わりないな」

ニニアン「はい!」

エルバート「私とニニアンの間違いだろう」

エリウッド「母上をなかったことにしないでください父上」

エルバート「だってあいつ、顔が老けて腐ってるし……」

エリウッド(腐ってるのはあんたの頭だよ)



4: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:06:02.44 ID:JU/22xozO

セーラ「ヘクトル様ー、遊びましょーよー」

ヘクトル「しつけーな、俺は忙しいって言ってんだろ」

セーラ「斧を見ることのどこが忙しいんですかー?」

ヘクトル「十分忙しい。 どこかに傷が入ってないか一つ一つ確認しねーとな」

セーラ「うわー……すっごいつまんなさそう」

ヘクトル「お前には一生分からねーかもな……俺の斧コレクションは」

リン「ヘクトル!!」

セーラ「あ、リンじゃない」

ヘクトル「どうしたんだよ、何かあったのか?」

リン「ヘクトルって……斧集めてたわよね?」

ヘクトル「ああ」

リン「……私から斧のプレゼントよ!」

ヒラ〜

リン「……折紙で作ったのよ」

ヘクトル「……行くぞセーラ」

セーラ「えっ!? 遊んでくれるんですか!?」

ヘクトル「ああ、ここから大分離れたところに行こう」

リン「ちょ、ちょっと! これは!?」

ヘクトル「……俺の趣味を冷やかすな」

スタスタ……

リン「……」



5: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:06:52.44 ID:JU/22xozO

リン「普通……手作りプレゼントの方が喜ばれるわよね?」

エリウッド「そうだな……けど単細胞のあいつには手作りプレゼントだろうが関係ないみたいだ」

リン「にしても……何よあの態度!! マーニ・カティでぶった斬りたいわ!!」

エリウッド「落ち着いてくれリンディス……」

リン「闘う姿はカッコいいのに……それ以外は本当最悪」

エリウッド(闘う姿に惚れたのか)

エリウッド「よし、じゃあ本物の斧をあいつにあげよう」

リン「本物?」

エリウッド「ああ……あの人達なら予備の斧ぐらいもってるだろう」

ニニアン「『あの人達』?」



6: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:07:22.93 ID:JU/22xozO

ダーツ「予備の斧だぁ?」

エリウッド「ああ、持ってないか?」

ダーツ「……あった」

リン「『あった』?」

ダーツ「頭……そうですよね?」

ファーガス「ああ……俺たちの斧は全部あいつに回収された」

ニニアン「あいつ?」

エリウッド「まさか……」

ファーガス「……あの斧小僧だ」

エリウッド「やっぱり……」

リン「遅かったみたいね……」



7: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:07:48.14 ID:JU/22xozO

リン「どうしよう……斧をプレゼントするのは諦めようかしら」

エリウッド「いや……まだ手はある」

ニニアン「エリウッド様……?」

エリウッド「僕が直接ヘクトルに聞こう」

リン「ほ、欲しいものを?」

エリウッド「いや、持ってない斧の種類を聞くんだ、それを僕らがプレゼントすればいい」

ニニアン「エリウッド様……」

エリウッド「斧バカのあいつは斧でしか喜ばないと思うからね……それでいいかいリンディス?」

リン「ええ……」



8: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:08:26.28 ID:JU/22xozO

ヘクトル「珍しいな、お前が俺の斧を見たいだなんて」

エリウッド「僕だってたまにはそう思う時ぐらいあるさ」

ヘクトル「……ここが斧部屋だ、勝手に触るなよ」

エリウッド「ああ、分かった」

エリウッド(こんなにあるのか……気持ち悪いな)

エリウッド「……これで全ての斧を揃えてないのかい?」

ヘクトル「ああ、まだ足りねえんだよ……山賊の斧が」

エリウッド「!!」

ヘクトル「あいつらしか持ってねー斧が欲しいんだけどよ……どこにいるのか分からねえからな……」

エリウッド「そうか……」

エリウッド(山賊の斧か……)

エリウッド(……そうだ、一応これも聞いてみよう)

エリウッド「……ヘクトル、君って好きな人とかいるかい?」

ヘクトル「ああ、斧が好きだな」

エリウッド(やっぱりな)



9: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:08:52.20 ID:JU/22xozO

リン「山賊の斧?」

エリウッド「ああ、ヘクトルは知らないだろうが、山賊だけが住む村がある」

ニニアン「つまりそこに行けば……」

エリウッド「ああ、そういうことだ」

リン「でも山賊よ? 素直に斧を渡してくれるかしら……」

エリウッド「まあその時は強行突破で行くさ」

ニニアン「強行突破……?」



10: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:09:20.80 ID:JU/22xozO

山賊が住む村

エリウッド「……というわけで斧をください」

山賊「ああん? なんでてめえの言うことを聞かなきゃいけねえんだよ!!」

山賊「この斧がなかったらどうやってぶっ殺せばいいんだよぉ!!」

ニニアン「やっぱり素直には渡してくれないみたいですね……」

リン「エリウッド……どうするの?」

エリウッド「こうなったら……」パチン!

マーカス「エリウッド様!」

ロウエン「お呼びですか!」

リン「いつの間に……」

エリウッド「マーカス、ロウエン! 村を襲うぞ!!」

マーカス・ロウエン「はっ!!」

リン・ニニアン「!!?」



11: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:09:49.15 ID:JU/22xozO

リン「ちょ、ちょっと待ってエリウッド!! どういうこと!?」

エリウッド「さっき言っただろ? 強行突破するって」

リン「まさか……力づくで? いくら何でもそれは可哀想よ!!」

エリウッド「君の嫌いな山賊がボッコボコにされるんだぞ? 君にとっては愉悦以外の何でもない気がするけど……」

リン「!!!」

エリウッド「……」

リン「……さっさと襲いなさい!!」

エリウッド「勿論!!」

マーカス・ロウエン「うおおおお!」

山賊「ぎゃああああ!」

ニニアン(エリウッド様もリン様も上に立つ器じゃないわ……)



12: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:11:15.82 ID:JU/22xozO

エリウッド「見ろリンディス! こんなに斧が手に入ったぞ!」

リン「ありがとうエリウッド!!」

エリウッド「これだけヘクトルにあげればきっと喜ぶはずだよ。 そしてあいつは……」

エリウッド「『俺と一緒に……斧を探す旅に出ないか?』……みたいなことを言うはずだよ!」

リン「ええ、きっとそうね」

ニニアン「これから渡しにいくんですか?」

リン「ええ! そうするわ!」ダッ

エリウッド(僕のクオリティの高いモノマネは無視か……)



13: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:11:42.89 ID:JU/22xozO

リン「ヘクトルーー!」

ヘクトル「なんだ、リ……うおお!?」

リン「ど、どうしたの?」

ヘクトル「おま……なんだよお前の持ってるでけー袋は!?」

リン「ふふん……知りたい? きっと喜ぶわよ」

ヘクトル「俺が?」

リン「ええ……見せてあげる!!」バサッ

ヘクトル「!! こ、これは……」

リン「山賊の斧よ! あなたの為に手に入れたの!!」

ヘクトル「……」プルプル

リン(嬉しくて震えてるのかしら……)

ヘクトル「……てめえよくも!!」

リン「!!?」



14: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:12:12.60 ID:JU/22xozO

リン「ど、どうしたのヘクトル?」

ヘクトル「どうしたもこうしたもねぇ! いいか! コレクションってのはなぁ……自分の力で手に入れてこそ集めがいがあるってもんだろ!」

ヘクトル「それをお前は……俺が探してた山賊の村を勝手に探して……斧を勝手に手に入れやがって!!……このサカ野郎が!」

リン「!!! なんですって……?」

ヘクトル「何度でも言ってやるよ! てめえはサカだからこういうことを……」

パァン!

ヘクトル「うっ!!」

リン「……オスティアの面汚し」

ヘクトル「ああ!? なんつったてめえ!?」

リン「そっちが先に言ってきたんじゃない!」

ヘクトル「……もう出てけよ」

リン「言われなくても出て行くわよ」ダッ!

ヘクトル「……」



15: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:12:38.44 ID:JU/22xozO

ヘクトル「……ったく、なんだったんたあいつ……」

ヘクトル「俺……あいつになんか変な事でもしたか?」

バキバキ……

ヘクトル「ん? 天井が……」

ガシャーン!!

ヘクトル「うおお!?」

エリウッド「一部始終、見させてもらったぞ」

ヘクトル「……なあエリウッド」

エリウッド「なんだい?」

ヘクトル「クリティカルヒットで俺の天井壊すのはやめてくれるか?」

エリウッド「すまない、盗み聴きするには天井から聞くしかなかったんだ」



16: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:13:06.54 ID:JU/22xozO

エリウッド「ヘクトル、今すぐリンディスに謝ってこい」

ヘクトル「はぁ!? なんでだよ、謝るのはあいつだろ?」

エリウッド「……ヘクトル」

ヘクトル「?」

エリウッド「相手の気持ちを理解しようとせず、自分のことだけを理解してもらおうとするやつが王になれると思うな」

ヘクトル「!!」

エリウッド「君はリンディスが嫌がらせをするようなやつだと思うのか?」

ヘクトル「……」

エリウッド「……きっと彼女なら城に帰ったはずだ」

ヘクトル「……ああ」ダッ

エリウッド(うん、我ながらいい台詞が言えた)

ニニアン(エリウッド様、全く説得力がありません……)



17: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:13:38.68 ID:JU/22xozO

リン「うっ……うぅ……」

セイン「リンディス様、ずっと泣いていたら可愛い顔が台無しになりますよ。 さぁ、俺の胸に……」

ウィル「違いますよセインさん、こういう時は面白い顔をすれば……」

ケント「おい、一人にさせろ」

セイン「ちぇっ……」

ウィル「はーい……」

コンコン!

セイン「誰か来たぞ」

ケント「私が出よう」

ガチャッ

ヘクトル「ケントか……」

ケント「ヘクトル様……?」

ヘクトル「リンに会いに来た、いるか?」

ケント「少々お待ちを……」









リン「……ヘクトルが?」

ケント「如何なさいますか?」

リン「……」

ケント「……」

リン「……いれてあげて」

ケント「分かりました」



18: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:14:07.99 ID:JU/22xozO

ケント「……入っていいそうです」

ヘクトル「ああ、悪いな」









ケント「この部屋に……」

ヘクトル「ああ」

コンコン

ヘクトル「……開けるぞ」

ガチャッ

リン「……」

ヘクトル「……なぁリン」

リン「……何?」

ヘクトル「……俺が悪かった」

リン「!……」



19: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:14:35.50 ID:JU/22xozO

ヘクトル「その……あれだ……俺はお前のこと全然考えなくてな……悪かったよ」

リン「ヘクトル……」

ヘクトル「だからよ……その……あれだ……」

リン「……?」

ヘクトル「お前のいうこと……何でも一つ聞いてやるよ」

リン「!!」

ヘクトル(これで許してくれるんだよなエリウッド……お前の言うことを信じるぜ)

リン「……何でもいいの?」

ヘクトル「お、おう」

ヘクトル(自殺してくれとかだったらやべーな……)

リン「じゃあ……」

ヘクトル「……」ゴクリ

リン「……一緒にいて」

ヘクトル「!!」



20: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:15:04.91 ID:JU/22xozO

ヘクトル「い、一緒に……ここにか?」

リン「うん……」

ヘクトル「ほ、ほかに何かねえのか?」

リン「……ない」

ヘクトル「そ、そうか……」

リン「……」

ヘクトル「……」

ヘクトル(なんでだ……なんで一緒にいたいなんて言い出したんだ?)

ヘクトル(もしかして……俺に自由を与えないのが目的か?)

リン「……ねえヘクトル」

ヘクトル「な、なんだ?」



21: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:15:38.55 ID:JU/22xozO

リン「ヘクトルは……好きな人とかいないの?」

ヘクトル「はぁ? なんでそんなこと聞くんだよ?」

リン「い、いいから!」

ヘクトル(何考えてるかさっぱり分かんねえな……)

ヘクトル「……俺は斧が好きだな」

リン「私、『好きな人』って言わなかった?」

ヘクトル「……だったらいねえよ」

リン「……そう」



22: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:16:06.79 ID:JU/22xozO

ヘクトル(さっきエリウッドが言ってたよな……相手の気持ちを理解しようとしねえと)

ヘクトル(……)

ヘクトル「……分かったぜ」

リン「……へ?」

ヘクトル「リン……お前が俺にそんなことを聞いた理由がよ」

リン「ほ、本当!?」

リン(もしかして……気づいたの?)

ヘクトル「……悪いな」

リン「えっ……」

リン(嘘……嘘よ……)

ヘクトル「俺……一度も女と付き合ったことねえんだよ」

リン「……?」



23: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:16:34.00 ID:JU/22xozO

ヘクトル「俺に好きな人がいるか聞いてきたのは……俺が誰かと付き合ってる女がいるかもしれないって思ったからだろ?」

ヘクトル「そんで俺がどうやって告白したかを聞きたかったんじゃねえのか? 参考にする為に……」

リン「……」

ヘクトル「まだそいつに告白してねえんだろ? 誰なんだよ」

リン「……フフ」

ヘクトル「? なんだよ、急に笑って」

リン(良かった……『悪いな』って言ったからもう誰かと付き合ってるのかと思った)

リン「……なんでもない」

ヘクトル「??」



24: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:17:01.01 ID:JU/22xozO

リン「ねえヘクトル、外に出ましょ」

ヘクトル「外? 何しにいくんだよ」

リン「なんだっていいじゃない、散歩よ散歩」

ヘクトル「散歩ぉ……面倒くせえな」

リン「あら? 今日は私と1日中一緒にいるって……」

ヘクトル「わーかったわーかった! 行くよ! 行けばいいんだろ!?」

リン「ふふ……分かればよろしい!」

ヘクトル(悪魔の笑顔だ……)








セイン「おい見たかウィル!! リンディス様とヘクトル様がデートに行ったぞ!!」

ウィル「けどヘクトル様、良く気づきませんね……察し悪すぎ」

ケント「……」



25: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:17:31.40 ID:JU/22xozO

エリウッド「いいぞリンディス、その調子だ」

ニニアン「エリウッド様……追いかけますか?」

エリウッド「勿論だ、僕は他人の恋愛模様を観察するのが大好きでね」

ニニアン「エリウッド様……」

エリウッド「そしてそのカップルに最強の夫婦は僕とニニアンだということを示すためにいきなり現れていちゃいちゃするのさ」

ニニアン「酷い……」

エリウッド「ん?……リンディス達の様子が……」















リン「なんであなたってそうやって人前で『うんこ』なんて言えるの!?」

ヘクトル「お前だって今言ったじゃねーか!!」













ニニアン「喧嘩してますね……」

エリウッド「なんでそうなるんだ……」



26: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:18:01.55 ID:JU/22xozO

エリック(ふふ……ヘクトルは今喧嘩の真っ最中。 僕が近くにいる事なんて気づいちゃいないはずさ)

エリック(僕とその部下の不意打ちをして倒せば……これで僕は君より上だと証明できる)

エリック(キアランの公女は……ついでだから彼女も殺ろう)

エリック(そして僕は……ふふふ……)

エリック「あーーはっはっはっはっ!」














ニニアン「エリウッド様、あそこで笑っているのは……」

エリウッド「ただの馬鹿だ、気にするな」



27: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:18:36.29 ID:JU/22xozO

エリック「よし、お前達! 出撃だ!!」

部下達「はっ!!」ダッ













ヘクトル「じゃあお前はうんこのことなんて言うんだよ!」

リン「言い方ぐらいいくらでもあるわよ! ていうか女の子の前ではそんな話は普通しないわよ馬鹿!」

ヘクトル「んだとぉ!? ……ったく、てめえと話してるとずっとイライラしっぱなしだぜ」

リン「こっちの台詞よ!!」

ヘクトル「……確かにお前とずっといるのはある意味罰ゲームだな」

リン「あら、じゃあもうやめる?」

ヘクトル「ああ、そうさせてもらうぜ」

リン「へえ……1日も我慢できないなんて男らしくないのね」

ヘクトル「てめ……」

ヘクトル「………!!」

リン「……どうしたの?」

ヘクトル「危ねえ!!」

ガンッ

リン「きゃあっ!」

ヘクトル「おらぁ!」

リン「ちょっと! 何いきなり押し倒して……」

部下「ぐはっ……」バタッ

リン「!!」

ヘクトル「怪我ねえか?」

リン「……私を助けてくれたの?」

ヘクトル「逆にそれ以外に見えるか?」


















ニニアン「エリウッド様、私達も……」

エリウッド「いや、その必要はない」

ニニアン「エリウッド様……?」



28: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:19:05.77 ID:JU/22xozO

エリック「くそっ、不意打ち失敗か……」

ヘクトル「エリック、なんの真似だ」

エリック「決まっているだろう、君達を殺すためだ」

ヘクトル「てめえが恨み持ってんのは俺だけだろ!! リンは関係ねえ!!」

エリック「君に関わる人物は全て殺す」

ヘクトル「なんつー頭の持ち主だよ……」

エリック「お前達! 総攻撃だ!!」

部下「うおおおおおおお!」

ヘクトル「下がってろ……俺一人でやる」

リン「な、何言ってるのよ!! 私もやるわよ!!」

リン「見てなさい……三分の二は私がやっつけてあげるわ」

ヘクトル「へえ……じゃあ俺は十分の九だな」

リン「じゃあ勝負する? どっちがたくさん倒せるか」

ヘクトル「いいぜ、乗った」

リン「はあああああああ!」

ヘクトル「うおおおおおおおおお!」

エリック「ひいいいいいいいいいい!」



29: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:19:34.85 ID:JU/22xozO

リン「ふう……」

エリック「よ、よくも部下を……」

ヘクトル「安心しろよ、殺してねえからよ」

エリック「お、覚えていろ!」ダッ

ヘクトル「……行ったか」

リン「……ヘクトル」

ヘクトル「なんだよ?」

リン「さっきはごめんなさい……庇ってくれたのも知らないで怒っちゃって……」

ヘクトル「別に気にしてねえよ……それより……」

リン「……?」

ヘクトル「膝、怪我してるじゃねえか」

リン「だ、大丈夫よこのくらい」

ヘクトル「いいから治せよ、ほら、傷薬だ」

リン「あっ、ちょっと!」

ヌリヌリ……

ヘクトル「……治ったか」

リン「あ、ありがとう……」



30: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:20:16.79 ID:JU/22xozO

ヘクトル「俺も悪かったな……うん……いや、大便なんて人前で言っちゃいけねーのによ……」

リン「い、いいのよ……私もちょっと怒りすぎたから」

ヘクトル「なあ、本当に俺と一緒にいるだけでいいのか? ほかになんかやってほしいこととかあるだろ?」

リン「ううん……いいの……こうして一緒にいるだけで幸せだから」

ヘクトル「幸せ……?」

リン「!!」

リン(ど、どうしよう……これじゃまるで私がヘクトルのことを……)

ヘクトル「お前、俺を振り回して幸せだなんて……ドSなやつだな」

リン「」

ヘクトル「ん? なんだよその顔」

リン「……なんでもないわよ、馬鹿」

ヘクトル「は、はぁ?」



31: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:20:52.01 ID:JU/22xozO

エリウッド「帰ろう、ニニアン」

ニニアン「もういいんですか?」

エリウッド「ああ、これ以上僕達が干渉する必要はない」

エリウッド「リンディス、ヘクトル、その域だ……」

エリウッド「さあ、早く僕達の下まで来い! だが最強のカップルが僕らなのに変わりはないけどな!!」

エリウッド「そうだろうニニアン!?」

ニニアン「も、勿論ですエリウッド様!」

エルバート「私とニニアンじゃ……」

エリウッド「あんたはもう死んでくれ」

〜終わり〜



32: ◆LYNKFR8PTk:2015/06/30(火) 21:21:44.97 ID:JU/22xozO

なんかパント夫妻みたいになっちゃった



転載元
エリウッド「ヘクトルが君の好意に気づいてくれない?」リン「ええ……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435665859/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (12)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月30日 21:41
          • EDFのヘクトルかと思ったじゃないか!
            ヤスダさんの好きなEDFかと思ったわ!
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月30日 21:54
          • 相変わらずだな、この作者(誉め言葉)
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月30日 22:09
          • 烈火なつかしいなぁ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月30日 22:10
          • ひどい(褒め言葉) エルバートさまはさっさと成仏してください
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月30日 22:10
          • >>マーカス、ロウエン! 村を襲うぞ!!
            おい軍師が居るぞ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月30日 22:11
          • 烈火と封印まとめてリメイクしてくれないかなぁ
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月30日 22:30
          • ああそうだ、エリウッドのキャラの崩れ方誰かに似てると思ったらパントさんだ。さすがにここまでではないけど。
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月30日 23:05
          • ※5
            ああ、軍師がいるな……

            懐かしのミノル軍師(はぁと
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月01日 00:37
          • このヘクトルさん文字読めないのに分数はわかるのね。

            ヘクトルってHP力防御高い速さそこそこで安定感あるけど中盤で援軍湧き賢者ドルイドの集中砲火食らってたまにやらかす記憶がが。
            慢心ダメ、絶対。
            あと闘技場の銀の剣傭兵剣士マジふざけんな。
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月01日 20:59
          • さすがに紙製の斧渡されたら反応に困るだろ
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月04日 22:02
          • ヘクトルは、下級クラスなのに、敵将アーマーナイトや、パラディンを一撃で仕留めてたのが衝撃的だったな。
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月12日 17:43
          • たけのこの里を食わざるを得ないな

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 友「お前の彼女ってサバサバ系なんだって?」男(ていうかサバなんだけどね……)
        • 紙兎ロペ「シンデレラガールズ……すか?」アキラ先輩「最近ハマってんだよ」
        • 紙兎ロペ「シンデレラガールズ……すか?」アキラ先輩「最近ハマってんだよ」
        • 琴葉「おかえりなさい、あなた」
        • 琴葉「おかえりなさい、あなた」
        • 女「はじめてレンタル彼氏利用しちゃった…」どきどき
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ