TOP

騎士「くっやめろ!私は男だぞ!」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 04:38:51.649 ID:6scG7hb10.net

貴族「やあ!待たせちゃったかな?」

騎士「とんでもございません」ザッ

貴族「よしてくれ。君と僕の仲じゃないか」

騎士「しかし……」

貴族「そう言ってくれるなよ。幼馴染なんだからさ」

騎士「……」

貴族「僕だって毎日毎日堅苦しい礼儀作法ばかりでうんざりしてるんだ」



2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 04:42:40.207 ID:6scG7hb10.net

貴族「こんな日くらいは息抜きしないと。ね?」

騎士「……わかったよ」

貴族「あー良かった!たまの休暇くらいこうでないと!」

騎士「しかし一介の騎士と貴族がこんな事誰かに見られでもしたらだな」

貴族「まだ言うのかい?一介の騎士と言ったって君はもう次期副団長候補とも言われてるそうじゃないか!」

騎士「そんなのはただの噂さ。買いかぶりすぎだよ」



3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 04:48:53.837 ID:6scG7hb10.net

貴族「その若さでそんな噂がたつだけでも十分じゃないか。幼馴染として鼻が高いよ」ウンウン

騎士「幼馴染って……俺は平民出じゃないか。そんな事言うはやめた方がいい」

貴族「そんなの関係ないだろ。よく遊んだじゃないか」

騎士「それはお前がお忍びで勝手に屋敷を抜け出してたからだろ。まさか当時は貴族だなんて夢にも」

貴族「ははは。くだらない物に皆縛られすぎなんだよ反吐が出るね」

騎士「世間はそう決まってるんだ。高貴な身分の者はあまり卑しい出自の人間と親しくしない方がいい」



5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 04:53:22.279 ID:6scG7hb10.net

貴族「まったく。身も俗物に染まったなあ」

騎士「な、なんだよ」

貴族「幼い頃の君はもっと唯我独尊でガキ大将だったのに。僕もよく泣かされたものだった」

騎士「子供の頃と今を一緒にするなよ。大人になったんだっ」

貴族「そういえばあの時は髪の毛が気に入らないとか言われて引っ張られたったけ……」

騎士「む、昔の話だろ……すまなかったよ。俺らと違って綺麗だったから羨ましかったんだ」

貴族「嫉妬してたと言うわけだな!ははは!」

騎士「そ、そういう訳じゃなくてだなあ……!」



8:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 04:56:59.189 ID:6scG7hb10.net

貴族「あー語りつくした語りつくした。でもまだだ語り足りないな!」

騎士「ふふふ。俺も人々に楽しい時間を過ごせたよ」

貴族「もう少し君とこうしていられたら良いんだが……時が経つのは早いね」

騎士「貴族様はお忙しいからな。それじゃあ失礼させて貰うよ」

貴族「待ってくれ。僕が送るよ」

騎士「な、何言ってるんだ。一人で帰る」

貴族「そう言うな。君との時間が惜しいのさ」



10:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 05:01:36.032 ID:6scG7hb10.net

貴族「歩いて帰ろう!」

騎士「おいおい!誰かに見られでもしたらどうするんだ!」

貴族「何を恥じる必要があるんだ?」

騎士「何度も言うけどだな……」

貴族「そんなこと僕は気にしない!さあ行こう!」

騎士「……はあ。分かったよ」



11:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 05:04:14.155 ID:6scG7hb10.net

貴族「それでだなー」ペチャクチャ

騎士「もうこの辺で良いだろう。ありがとう」

貴族「ん?そうか。んー……よしあの店に入って少し飲もう」

騎士「お、おいっ」

貴族「僕の奢りだ!いくぞ!」

騎士「あっ、おい!たく……どっちがガキ大将だよ」



12:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 05:07:18.202 ID:6scG7hb10.net

貴族「いやー君とこうして飲み直すのも悪くない!」

騎士「そんな事より時間はいいのか?」

貴族「ははは構わない構わない。どうせくだらん婦女子たちのお喋り会なんだ」

騎士「そんな言い方は……」

貴族「貴族のやる事なんか大抵はくだらないお遊びばかりさ。面倒ったらありゃしない」

「なぁおい。あれ」

「ああ貴族様と騎士様じゃないか」



13:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 05:11:17.984 ID:6scG7hb10.net

「団長に媚売って取り入ったかと思えば、次は貴族様か」

「かっー。やはり平民出は野心が違うね」

騎士「……」

貴族「気にするな。成功者を妬む奴はどこにでもいる。堂々とするんだ」

「噂じゃ団長の愛人になって出世したそうだぜ?」

「うひゃあ!まるで娼婦だな!」



14:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 05:14:42.411 ID:6scG7hb10.net

騎士「な、なあ。俺もう帰るよ」

貴族「何言ってるんだ?逃げる事になるぞ」

騎士「俺は構わないよ。でもお前にまであらぬ噂が及んでしまったら申し訳ない……」

貴族「僕の事は気にするな。まったく不愉快な連中だな。どれ僕が一つ懲らしめてやる」

騎士「や、やめろって。ああいう連中はしつこいんだから。なあ帰ろうぜ」



15:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 05:18:02.460 ID:6scG7hb10.net

騎士「それじゃ今日は楽しかったよ。またな」

貴族「……最後僕のわがままで不快な思いをさせてしまってすまなかった」

騎士「ははは。気にしないでくれ。僕と君の仲なんだろ?」

貴族「あ、ああっ。やはり君は良い奴だよ」

騎士「俺もお前がいてくれて良かったよ」

貴族「何か困ったら言ってくれよ。力になる。君は自分の力で今の地位を手に入れてるんだ。」

貴族「変な噂があるのも君の美貌があってこそさ。やましい事なんかないんだからどーんと構えておけ!」

騎士「そうだな……そうするよ。ありがとう」



17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 05:22:04.465 ID:6scG7hb10.net

騎士「ふぅ。やましい事は何もないか……」

騎士「……」コンコン

「入れ」

騎士「失礼します……」ガチャ

団長「遅かったな。待ちくたびれたぞ」

騎士「も、申し訳ありません」

団長「どこで油を売っていたんだ?」



20:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 05:24:36.005 ID:6scG7hb10.net

騎士「それは、その」

団長「なんだ?私には言えぬのかね?」

騎士「いえ、決して……あの……その」

団長「ふん。まぁ良い、大方あの変人貴族のところだろう」

騎士「……」

団長「うん?なんだその顔は?変人といったのが気に食わなかったのか?」

騎士「そ、そのような事はございません!」



21:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 05:27:31.050 ID:6scG7hb10.net

団長「ふぅむ。最近どうにも君は忠誠心に欠けるように思えるな」

騎士「わ、私は忠誠を誓っております!」ザッ

団長「ほう。ではその忠誠の証を見せてもらおうではないか」

騎士「……」

団長「そんな所で畏まってないでもっと近寄れ」

騎士「は、はい」ススッ



22:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 05:30:54.120 ID:6scG7hb10.net

団長「うむ。何度見ても美しい顔だ」クイッ

騎士「あ、ありがとうございます……」

団長「跪いて頭を垂れろ」

騎士「は、はいっ」ガッ

団長「君が忠誠を誓うものはなにかね?」

騎士「はい。私の忠誠は騎士団長様に誓っております」

団長「その言葉に偽りはないか?」

騎士「ございません!」



25:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 05:36:54.779 ID:6scG7hb10.net

団長「そうか。では君の忠誠を私に見せてくれたまえ」

騎士「はいっ失礼いたしますっ」カチャカチャ 

団長「ふふ、そうがっつくでないわ」ボロンッ

騎士「も、申し訳ありません」

団長「まずはどうてくれるのかね?」

騎士「は、はい。口でご奉仕させていただきます」



27:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 05:40:15.100 ID:6scG7hb10.net

団長「よし、と言ったら咥えたまえ。それまでは質問させて貰うぞ」

騎士「はいっ」

団長「君は今日誰と会ってきたのかね?」

騎士「き、貴族とです」

団長「うん?なんだって?何貴族だと?」

騎士「……」

団長「忠誠を誓うのならば答えられる筈であろう?」



28:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 05:43:35.795 ID:6scG7hb10.net

騎士「へ、変人貴族です……」

団長「ほーう。それでその変人と何をしていたんだ?」

騎士「は、他愛もない昔話を……」

団長「そういえば平民出のお前とは元からの知り合いだったな。わははは!さすがキチガイは違うな!」

騎士「……」

団長「どうした?笑いたまえ。君のような下賎な人間とお似合いのキチガイじゃないか。ん?」

騎士「は、ははっははは……」



30:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 05:50:26.736 ID:6scG7hb10.net

団長「もっと笑いたまえよ」

騎士「あはは、あははははは!」

団長「うんうん。素直なのは好きだぞ」

騎士「ありがとうございます……」

団長「お前のような何の価値もない人間を取り立ててやっているのは誰かよく覚えておきたまえ」

騎士「はいっ勿論でございます!一時も忘れた事などはございません!」

団長「可愛い奴だ」ナデナデ

騎士「騎士団長様……」

団長「おおっと、忘れていたわ。よし、しゃぶれ」



31:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 05:54:11.197 ID:6scG7hb10.net

騎士「はむっじゅぽっじゅぽっ」

団長「おおぅ……お前の舌使いも上手くなったものだ……」ブルルッ

騎士「あ、ありがとうございます。団長様のご指導のお陰です」ペロペロ

団長「奉仕中はご主人様と呼べと言っているだろう」グイッ

騎士「うぶっ!えごっおごっ」ジュボジュボ

団長「仕置きに喉奥まで突くからな」グイグリッ

騎士「えごっうえぶっ!おぁぁっ……うぶぅぅう」プルプルプル



32:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 05:56:20.942 ID:6scG7hb10.net

団長「ふむ」パッ

騎士「げほっげほっ!はぁぁー……はぁぁぁ……」クラクラ

団長「窒息寸前までいったか?」

騎士「は、はひ……」ハァーハァー

団長「よし、もう一突きいくぞ」パンッ

騎士「うぶっ!ごほっ!うぶぁぁう!」

団長「それっそれっ」グリグリ



35:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 06:06:18.669 ID:6scG7hb10.net

騎士「う、うっ……んおっ……!」

団長「おっと危ない」パッ

騎士「おええええっ!ごほっかはっ……」ゲロゲロ

団長「まったく。お前はいつまでたっても慣れんな」

騎士「ごほっごほっ……も、申し訳っ……はぁぁーはぁー、ございません……」ヒューヒュー

団長「よし寝室に来い。それは後で使用人に片付けさせておく」

騎士「は、はいっ」フラフラ



36:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 06:10:40.442 ID:6scG7hb10.net

団長「ほれ、ベットで休んでおれ」ドンッ

騎士「うああっ」ボフンッ

団長「良いものを用意しておいたのだよ。どれ少し待ってろ」ガサガサ

騎士「は、はいっ……」ハーハー

団長「ほれ、これだ。首輪」

騎士「く、首輪……?私に、ですか?」

団長「うむ、そうだ。お前が誰の所有物で飼い犬なのかと言う事をよく覚えさせてやろうと思ってな」カチャカチャ

騎士「あっ……う、うれしいです」ゾクッ

団長「ふふふ、よく似合うぞ」



37:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 06:14:59.071 ID:6scG7hb10.net

騎士「す、少し苦しいです」

団長「それで良いのだよ。鎖もつけてあるぞ、ほれっ」グイッ

騎士「うああっ!」

団長「よし、それじゃあさっきの続きでもして貰おうか」

騎士「はいっ……!あむっはむ……」ペロペロ

団長「お前は忠実な可愛い犬だ」

騎士「あぅっ……ありがとうございますご主人様……」



38:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 06:16:11.205 ID:6scG7hb10.net

団長「散歩にでもいくか」グイッ

騎士「ひいっ」



39:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 06:19:13.308 ID:6scG7hb10.net

団長「散歩にでもいくか」グイッ

騎士「ひいっ」

団長「ほれ犬らしく四つん這いになって歩け」

騎士「は、はぃぃぃ」ペタペタ

団長「ははは、無様だなあ。卑しいお前にはお似合いの姿だ。ほれっ庭までいくぞ」

騎士「そ、そんなっ誰かに見られでもしたら……」

団長「黙ってついてこいこの駄犬が!」ビシッ!

騎士「ひあぁっ!」



40:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 06:21:59.070 ID:6scG7hb10.net

団長「鞭で叩かれたくなかったら黙っておれ」

騎士「も、もうしわけございませんっ」

団長「犬の癖に人語を喋るでないわ!」バシッ!

騎士「いぎぃっ!」

団長「お前のような畜生同然の身分は犬のように這い蹲って鳴いておれば良いのだ!」ビシッバシッ

騎士「ひっ、ぎっっ……き、きゃううんっ!」

団長「そうそう、その調子だ」



41:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 06:29:52.997 ID:6scG7hb10.net

団長「どうだ?犬になって庭を散歩するのは気分が良いだろう?」

騎士「はあっはぁっ……わ、わんっわんっ」ペチペチ

団長「もっと早く歩かんか」バシッ!

騎士「わぅん!」ビクンッ

団長「お前の友人だというキチガイ貴族がこの姿を見たらなんと言うだろうなあ」

騎士「……」

団長「鳴け!」ビシッ!

騎士「わんっわんっっ!」ビクビク



42:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 06:32:36.074 ID:6scG7hb10.net

団長「そろそろお楽しみといこうか。尻をあげろ」

騎士「は、はいっ」クイッ

団長「なんだ?この尻は?パクパクと物欲しそうにしておるぞ?」

騎士「ぅ、うぁっ……」

団長「叩かれて喜んでおったのか、この変態が」パシッ

騎士「ああっ!は、はいっ!そうですっ!」

団長「わはは。ここまで調教できたのは感慨深いものがあるわい」ナデナデ



47:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 06:39:16.414 ID:6scG7hb10.net

団長「欲しいか?」

騎士「欲しいですっ!」

団長「懇願しろ」

騎士「わ、私の卑しいお尻にご主人様の雄雄しくて逞しい高貴なおチンポをお恵みくださいっ」

団長「はっはっは。面白い事言うじゃないか」ガシッ

騎士「ああっ」

団長「お望み通り犯してやる」ピトッ



48:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 06:43:59.443 ID:6scG7hb10.net

団長「おお、尻穴がチンポを飲み込もうと必死になっておるぞ」

騎士「ああっ!は、早くっ」

団長「ふっ。それ、一突きで一気に奥まで突っ込んでやろう!」ズブンッ! パァンッ!

騎士「あっ!あっあ、あっ……あぁぁあああ~!!!」ビクビクビク ビュプビュプ

団長「おお……入れられただけで達してしまったのか?」

騎士「はぁぁあっ」ガクガクガク ビュルル

団長「本番はこれからだぞ?今夜も天国へ連れて行ってやる」パンッ!

騎士「あああ!!ご主人様ぁ!」



51:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 06:47:39.215 ID:6scG7hb10.net

団長「ほれほれほれ!」パンパンパン

騎士「ああっ!ぅうあああ!!」ビクンビクン

団長「イッてもなお突かれるのをやめられないってのはどうだ!」パンパンパンパン

騎士「あひぃぃい!さ、最高でしゅうう!」

団長「これが犯すって事だ!これが犯されるって事だ!!覚えておけえい!」パンパンッ!

騎士「えあああ!く、狂っ狂ううぅう!!」



53:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 06:51:02.392 ID:6scG7hb10.net

団長「ぐうっ、いくぞ!中に全部射精するぞ!」パンパンパン

騎士「ひぃっひぃいっ!」

団長「う、おおぉぉっ……!」ガシッ ドピュッドピュッドピュッ

騎士「ふぁああぁ……」ガクガク

団長「ふぅ、ふぅ……奥までしっかりと種付けしてやる」コネッコネッ ドピュドピュ

騎士「ぁぁあ」ビュルビュルッ



55:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 06:53:24.599 ID:6scG7hb10.net

団長「ふぅぅ。しっかりと注いでやったぞ」ヌポッ

騎士「んおっ」ビクンッ

団長「ほほう、尻穴が完全にチンポの形を覚えておるなあ」ナデナデ

騎士「はぁはぁ。ご、ご主人様のおちんぽ凄いです……」

団長「ほれ、へばってないでこっちを向け」グイッ

騎士「うああっ」

団長「キスしてやるっ」チュッジュルルッ

騎士「んふぅぅ……んふぁぁ……」レロッレロッ



56:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 06:59:24.056 ID:6scG7hb10.net

団長「お前は可愛い奴だ、一生俺のものにしてやるっ」ジュルルッチュパチュパ

騎士「は、はいっ。私はご主人様のものですっ。一生お仕えいたしますっ」ダキィッ レロッジュルッ

団長「あむっじゅるっれろっれろっ」

騎士「ぷはあ……はむっあむっ」

団長「ふうう。可愛い奴だ、お前の事は副団長にしてやるからな」

騎士「ああっ嬉しいっ!」ダキッ



57:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 07:07:16.135 ID:6scG7hb10.net

騎士「ご主人様に抱きしめられるの好きぃ」チュッチュッ

団長「おおうよしよし」

騎士「一生こうやってご主人様のお役に立ちますからっ。絶対私を……」

団長「わかっておるわかっておる。公私共によろしく頼むぞ?」

騎士「はいっはいっ」ギュッ チュッチュッ

団長「どれ、もう一回戦いくか?」

騎士「ご主人様が満足なさるまで……どうぞ私をお使いください」ギュウッ



58:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 07:11:05.116 ID:6scG7hb10.net

貴族「やあ!副団長就任が正式決まるらしいじゃないか!おめでとう!」

騎士「ははは。まだ決定したわけじゃないよ」

貴族「もう決まったようなものじゃないか!騎士団長からの強い推薦があったらしいな!」

騎士「……」

貴族「やっぱり君の能力を評価しての事なんだろう!現場はわかってるんだなあ」

騎士「そんな、俺なんか大した事ないよ」

貴族「いやいや!謙遜しなくていいんだ!僕は友人として君が誇り高い!」



60:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 07:17:55.402 ID:6scG7hb10.net

貴族「君は騎士団入団のときも実技が抜群だったじゃないか」

貴族「そんな君を周囲の反対を押しのけて身分に関係なく騎士にさせたのが現団長だったと聞いてるよ」

騎士「ああ、そうらしいな」

貴族「能力あるものが上にたつべきなんだ!騎士団長は良い理解者だな!」

騎士「……はは。気に入られてるだけさ。入団のときからずっとね」

貴族「君が気に入られるだけの能力があるってことさ。もっと誇っていいんだぞ?」



63:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 07:35:46.956 ID:6scG7hb10.net

騎士「そんな事よりも今日はどうしたんだ?まさか俺の昇格を祝ってくれるだけか?」

貴族「あっ、ああ!もちろん君を祝いたいと思ってだよ!」

騎士「そうか。ありがとう。お前みたいな友人が居て俺本当に幸せだ」ニコッ

貴族「ただっその……話は他にもあるんだが、それは後にしよう!」

騎士「なんだよそれ」ハハハ

貴族「まずは君とおしゃべりを楽しみたいからね!」



64:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 07:41:08.593 ID:6scG7hb10.net

貴族「いやー君といるのは楽しいよ。」

騎士「俺もお前といると全てを忘れられるよ……」

貴族「何かあったのかい?やっぱり妬む連中が?」

騎士「ああ、別に大した事じゃない。そんなのはもう慣れっこさ、ははは」

貴族「ふーむ。そうだ!綺麗な花園があるんだが見に行かないか?」

騎士「ええ?そんなもの見てどうするんだよ?」

貴族「ふふ君みたいな荒っぽい人間には無縁かもしれないけど、中々良いものだぞ」



65:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 07:43:41.512 ID:6scG7hb10.net

貴族「ほら、どうだい?綺麗だろ!」

騎士「ああ、そうだな」

貴族「はは。花より団子って訳か」

騎士「そ、そういう訳じゃない」

貴族「あはは。でも僕は花が好きでね心が洗われるようだよ」

騎士「……」

貴族「世の中は醜いものさ。汚い事ばかりだ。でも自然はこんなにも綺麗なんだよ」

騎士「そう……だな。本当に汚くて醜い……」



66:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 07:49:10.462 ID:6scG7hb10.net

貴族「副団長っていう立場になったら君も何かと面倒だろうな。会える機会も少なくなるかもしれない」

騎士「どうだろうか。それでもこういう時間はできるだけ作りたいと思ってるよ」

貴族「あはは。嬉しい事を言ってくれるなあ。よいしょっと」プチッ

騎士「ああっ、おい!勝手にとっていいのか?」

貴族「いいんだいいんだ。気にしない気にしない」

騎士「まったく……」

貴族「綺麗だなあ。これ君にあげるよ」



67:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 07:52:14.446 ID:6scG7hb10.net

騎士「ええ?」

貴族「水に挿しとけば枯れないからさ」

騎士「いや……もらってもなあ」

貴族「いいからいいから!部屋に花が一輪でもあれば女の子にモテるぞ!」グイッ

騎士「ははは。じゃあもらって置くよ」

貴族「うんうん。そうしてくれ!僕からのプレゼントさ」



68:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 07:55:22.394 ID:6scG7hb10.net

騎士「ちなみにこれなんて言う花なんだ?」

貴族「それはねマーガレットだよ」

騎士「ふーん。でも確かに綺麗だな」

貴族「だろ?大事にしてくれよ」ニコリ

騎士「もちろん大事にするさ……ありがとう」ニコッ

貴族「そっ、それじゃあ帰ろうか!」

騎士「ああ」



73:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 07:58:36.183 ID:6scG7hb10.net

「あらっ貴族様じゃないですか」

「キャー!貴族様だわ」

騎士「なんだか騒がしいな」

貴族「はは、厄介な人たちに見つかってしまったみたいだ」

「ごきげんよう」

「今日はどうしてこんなところへ?まさか私たちに……なんて!」

「やだーもうっ」

貴族「はは、息抜きに少し来ただけですよ」



74:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 08:02:29.037 ID:6scG7hb10.net

「まぁ、お隣の方も麗しくて素敵なお方ですわね」

騎士「はあ、どうも」

「ちょっとちょっと、やめなさいよ」

「え?どうして?」

「あの男は噂の騎士よ」

「ええっあの……卑しい身分の癖に成り上がりものの……」

貴族「ちょっとご婦人方は何をお話されてるのかな?」



75:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 08:06:20.345 ID:6scG7hb10.net

「貴族様、あのような男と親しくするのはおやめになった方がよろしいですわ」

「そうよ、平民の汚らしい出自だそうですわ」

「しかも今の地位を手に入れる為に男に身体を売ってるだとか……おぞましい!」

「ちょっとお下品ですわよwww」

「あらごめんあそばせww」

貴族「彼を侮辱するな!君たちはいつもそうだウンザリさせられる!」

騎士「お、おい落ち着け。俺は大丈夫だ気にしないから」



78:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 08:09:29.876 ID:6scG7hb10.net

「あの男に騙されてらっしゃるのですね……」

「貴族様はお優しい方ですから」

貴族「どっかへ行ってくれないか。君たちの声はもうこれ以上聞きたくない」

「……ではまた」

騎士「……」

「この下賎な男がっ」

「汚らしいっ」

貴族「うせろ!」

騎士「……いいんだ。怒らないでやってくれ」



80:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 08:12:03.759 ID:6scG7hb10.net

貴族「これが怒らずにいられるか!」

騎士「俺は大丈夫だよ」

貴様「君は人が良すぎる!僕はこんな誹謗中傷を受けられたら黙ってられないよ!」

騎士「ははは……」

貴様「とりあえずそこで一服しよう。紅茶でも飲もうじゃないか」

騎士「ああ、その方がいい。気分も落ち着くだろう」

貴様「ふぅ。まったく!」



81:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 08:15:12.601 ID:6scG7hb10.net

騎士「落ち着いたか?」

貴族「うん。少しはね。ただ腹の底は煮えくり返ってるさ」

騎士「ははは。ほんとお前はいい奴だよ人の為にそんな怒れるんだからな」

貴族「僕からしたら君の方がいい人だね!あんな事言われても紳士でいられるのだから!君こそが真の紳士だよ!」

騎士「俺は慣れっこだからね。だから平気なだけだよ」

貴族「それだよ!君とのこの時間はそう言うものを忘れてもらってさ。リラックスして欲しいんだ。なのにあいつらは……」

騎士「わかったわかった。もういいから落ち着けって、な?」



82:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 08:18:43.074 ID:6scG7hb10.net

貴族「ほんと最近はああいう雑音が多くてね。僕の耳にまで入ってくる」

騎士「そ、そうなのか」

貴族「君がそんな人間ではない事位少し知っていればすぐわかるだろうに!」

騎士「……」

貴族「まったく。若くして成功すると大変だな。僕が君の後ろ盾になれる位力があればよかったんだが……」

騎士「気持ちだけでも十分だよ。ありがとう」

貴族「僕は君の事を信じているよ。君の事はちゃんと分かってるさ、だから安心してくれよ」

騎士「あ、ああ……痛いくらい分かってるさ」



83:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 08:22:02.167 ID:6scG7hb10.net

貴族「おっともうこんな時間か。君は用事があるんだったけ」

騎士「ああ、そうなんだよ。騎士団長に呼ばれててね」

貴族「ふふっ期待されているなあ。頑張れよ」

騎士「……ああ」

貴族「しかしどうも外に出ると良い事がないな。次からは控えようか」

騎士「それがいいな。怒る姿はあんまり見たくはない」

貴族「それじゃあまた会える日を楽しみにしているよっ」



102:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 10:57:51.667 ID:6scG7hb10.net

騎士「確か水差しがあったから、そこに花を……」スッ

騎士「ふふ、なんだか似合わないな。でも悪くないかもしれない」

騎士「……」

騎士「よし、そろそろ騎士団長をお出迎えする準備をしなくては」



104:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 11:04:39.822 ID:6scG7hb10.net

団長「騎士君いるかね。入るぞ」

騎士「どうぞお入りください」

団長「ほう……」ガチャ

騎士「ご足労頂きありがとうございます」

団長「玄関で跪いてお出迎えか。悪くないな」

騎士「ありがとうございます」

団長「しかし馬車で来たとはいえ歩いたのだ。足が汚れてしまったよ」ズイッ

団長「舐めて綺麗にしたまえ」

騎士「はっ……」ペロペロ



106:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 11:10:32.362 ID:6scG7hb10.net

団長「君、恥ずかしいと思わんのかね?騎士ともあろう者が跪いて足を舐めるなどと」

騎士「騎士団長様にご奉仕できて私は幸せ者です」ペロペロ

団長「ふん。確かにお前のような卑しい人間はそんなもの持ち合わせておらんか」グリッ

騎士「あ、ありがとうございます」グリグリ

団長「踏まれて感謝するなんて君は本当に屑だな!」

騎士「はいっ私は屑ですっ何の価値もございませんっ!騎士団長様にご奉仕する事だけが私の価値でございます!」

団長「ふふふ。いいぞ、よく言った。君の忠誠心は本物だな」

騎士「ありがとうございます!」



108:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 11:15:25.821 ID:6scG7hb10.net

団長「顔を上げなさい」

騎士「はいっ……ぶあ!?」ゲシッ

団長「まったく。腹の虫が悪くな。君はストレス発散に付き合ってもらうぞ」ゲシッ

騎士「うがっ……は、はいっ本望でございますっ」

団長「まったく!何が山賊だ!そんな物で一々騎士団を呼び出す出ないわ!」ゲシゲシ

騎士「いぎっぐぅっ」

団長「大体スキャンダルだなんだと……貴様ぁ!勝手に顔を庇うなぁ!」ゲシィッ!

騎士「ひぎゃあ!も、申し訳ございません!!」



109:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 11:18:09.618 ID:6scG7hb10.net

団長「ふうー。だいぶスッキリした」

騎士「は、はい……ありがとうございますっ……」ボタボタッ

団長「鼻血を垂らして汚らしい。さっさと綺麗にしてこい」

騎士「し、失礼します」

団長「先に部屋に上がっているぞ」スタスタ

騎士「ど、どうぞご自由におくつろぎください」



110:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 11:22:43.213 ID:6scG7hb10.net

団長「ようやく来たか」

騎士「あっ……騎士団長様まだ居間におらしたのですか」

団長「ご主人様と呼べ」

騎士「も、申し訳ありませんっご主人様」

団長「君が副団長になった際にもう少しマシな屋敷でも用意してやろう」

騎士「ほ、本当ですか!」

団長「この家もワシが用意してやったものだが、それなりのポストについたのならそれなりの格も必要だからな」

騎士「あ、ありがとうございます!」



112:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 11:25:00.964 ID:6scG7hb10.net

団長「それにしてもだな君」

騎士「は、はい」

団長「なんだ?これは」

騎士「は、花の事でしょうか?」

団長「そうだよ。まさか君が用意したわけではあるまい?」

騎士「あ、そ、その友人からの贈り物でして……」

団長「ふざけるなぁ!」バキッ!

騎士「ぐぅぁっ……!」ヨロッ



114:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 11:28:31.427 ID:6scG7hb10.net

団長「貴様ぁ、女でも作っていたのか!」

騎士「ご、誤解です!決してそのような事は!」

団長「ワシを愚弄するのも大概にしろ!」バシッ! バシッ!

騎士「ぐぅぅ、ご、ご主人様!私はご主人様だけをっ」

団長「まだぬかしおるか!」ドカッ

騎士「あぁ」ドサッ

団長「お前のような屑には副団長などふさわしくはない!取り消させて貰う!」

騎士「そ、そんなっ……!」



115:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 11:31:42.845 ID:6scG7hb10.net

騎士「お許しください!どうか、どうか!」

団長「知るか。お前の代わりなんぞいくらでもおるわ」

騎士「お願いします!どうかお許しください!!私にはご主人様しかいないのです!」

団長「不愉快だ帰らせてもらうぞ」

騎士「なんでもします、なんでもしますから!」

団長「ええいひっつくでないわ!」バシッ

騎士「誤解なんです、大切な友人からの贈り物というだけなんです。お許しください……」グスグス

団長「ふん。ならば君の忠誠を今一度見せてもらおうじゃないか」



117:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 11:34:38.859 ID:6scG7hb10.net

騎士「は、はい!なんでもいたします!」

団長「この花は大切か?」スッ

騎士「う、そ、その……」

団長「正直に答えろ」

騎士「た、大切です。しかしご主人様より大切なものなどございません……」

団長「ふーむ。誰からの贈り物なんだ?」

騎士「……それは、き、キチガイ貴族からのものです……」

団長「ああ、あいつか。本当かどうか怪しいものだがな」

騎士「ほ、本当です!私の一番大切な友人です!」



120:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 11:37:10.968 ID:6scG7hb10.net

団長「ふん気狂いの屑同士お似合いだな」

騎士「っ……」

団長「おい、このの花を踏め」ポトッ

騎士「は、はっ……?」

団長「二度は言わんぞ。ワシへの忠誠を見せる唯一のチャンスださっさとやれ」

騎士「し、しかし……ぐ、ぅ……」

団長「できんのか?」

騎士「で、できます!やれます!やります!」



122:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 11:39:35.805 ID:6scG7hb10.net

団長「たかが花を踏むというだけで許してやるのだ。わしはなんと寛大であろうか」

騎士「はい、ご主人様は慈悲深く素晴らしいお方ですっ」

団長「踏め」

騎士「……す、すまない……許してくれ……」グッ

騎士「ふ、踏みました」

団長「ふざけてるのか?踏み潰せ」

騎士「……はい」グリッグリッ



124:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 11:41:46.807 ID:6scG7hb10.net

団長「見せてみろ」

騎士「は、はい」

団長「なんだこれは?お前加減したな?」

騎士「し、してません!」

団長「ならば原型など留めぬようにやらんか!!」バキィッ

騎士「ぐうぅ。はい、申し訳ございませんでした」グリグリグリ

団長「踏め!踏め!もっとだ!!」

騎士「ぐぅぅぅ」グリグリ ポロポロ



125:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 11:43:21.425 ID:6scG7hb10.net

団長「なんだ貴様泣いてるのか」

騎士「こ、これは……ご主人様にお許し頂けた喜びの涙です」グスンッ

団長「ふん。そういうことにしてやる」

騎士「ありがとうございます!」

団長「筆と紙をもってこい」

騎士「は、はい」サッ

団長「よし、書け」

騎士「は、はい?」



126:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 11:46:39.616 ID:6scG7hb10.net

団長「手紙だよ。贈り主にそのゴミを送り返してやれ」

騎士「は……」

団長「君の素直な言葉を紙に綴りなさい」

騎士「……」

団長「書けないか?」

騎士「てきます……」カキカキ



127:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 11:50:19.400 ID:6scG7hb10.net

団長「ふーむ。悪くない文章だ」

騎士「ありがとうございます……」

団長「君は自分の保身の為にならここまで友人をなじる事ができるのだな」

騎士「っ……」

団長「だがその方が良いのだ。ワシの物だと言う事をよく認識しておけ」

騎士「は、はい。申し訳ございませんでした」

団長「お前のような屑の味方は騎士団に誰もおらんからなあ。ワシだけだぞ?」

騎士「分かっています……ご主人様だけをお慕いしております……」



129:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 11:58:31.578 ID:6scG7hb10.net

団長「この手紙は使用人に出させておく」

騎士「はい」

団長「まさかお前これで終わりだと思ってるんじゃあないだろうな?」

騎士「えっ……」

団長「お前の副団長就任は見送る」

騎士「そ、そんな……」ヘナヘナ

団長「そんなに副団長のポストが欲しいのか。平民出の癖に」

騎士「うぅっ……」

団長「ワシの寵愛がなければ貴様なんぞ騎士になる事すら叶わん事を忘れるな!」



131:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 12:02:08.120 ID:6scG7hb10.net

団長「と言ってもワシも鬼ではない」スッ

騎士「ああっご主人様っ」

団長「今度貴族連中の接待をしようと思っているのだが、どうだろうか?」

騎士「そ、そうすればっ」

団長「もちろんだとも」

騎士「やります!いえ、やらせてください!」

団長「期待してるいるぞ?」ナデナデ

騎士「お任せください!きっとご満足いただけます!」



132:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 12:06:39.518 ID:6scG7hb10.net

団長「連中は何かとうるさくてな。金を何度もせびられていてはワシも干上がってしまう」

騎士「んっじゅっぽっ……んぷっぷぁっ」ペロペロ

団長「君のように美しい男ならば趣向も変わってお楽しみ頂けるだろう」

騎士「はいっ……きっとご主人様のお役に立てれます……」

団長「上手くやればワシは政治の中枢に入れる」

騎士「おめでとうございますっ」

団長「その時は君が次代の騎士団長様だぞ?」

騎士「ああっ……凄い……」ウットリ



133:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 12:15:07.936 ID:6scG7hb10.net

団長「ほれ、夢を見ていないでケツを捧げろ」

騎士「はいっ」グイッ

団長「よーく使い込まれておる尻穴だ」グチュグチュ

騎士「ああっ……は、恥ずかしいです……」

団長「お前の処女を初めて食らった時からずーっとワシのチンポを咥えてきた尻穴だな?」

騎士「は、はいっ。入団テストでご主人様の物にして頂いたときからずっと……」

団長「美味そうな尻穴に仕上がったものだなあ?」ニヤニヤ



135:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 12:19:24.028 ID:6scG7hb10.net

団長「あんなに取り乱して泣いた姿を見て初めてお前をレイプした日を思い出したよ」

騎士「……」

団長「必死に抵抗していたのに騎士にしてやると言った途端にピタリと静かになってなあ」

騎士「ご、ご主人様……」

団長「今も昔もお前は変わらんわ」パンッ!

騎士「ああ!!」ビクンッ



137:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 12:21:43.366 ID:6scG7hb10.net

団長「ほっほっ」パンパン

騎士「あっあっあぁっ」

団長「こうして抱いてるうちにすぐに喘ぎ出しておったなあ」パンパン

騎士「ぁぁっだめっ」ビクン

団長「お前は根っからの淫売だ!」パァンッ! ドクドクドク

騎士「は、あぁぁぁ……」ブルルッ

団長「ふぅ……」ヌポッ



139:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 12:28:31.389 ID:6scG7hb10.net

騎士「はぁぁ……気持ち良かった……この瞬間が一番好きぃ……」

団長「ふふふ。中に出したのが垂れてきたぞ」ドロッ

騎士「ああっ。ほじってかき出さないでっ」

団長「ほれ、これがお前の中に入ってた物だぞ。舐めろ」グイッ

騎士「ん……あむっちゅっちゅぱっ」レロッレロ

団長「今度の件頼んだぞ?」

騎士「お任せください。見事に果たしてみせます」



140:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 12:37:41.778 ID:6scG7hb10.net

騎士「ふう。仕事も片付いたかな……そろそろ帰るか」

新人「先輩!」

騎士「……」

新人「先輩ってば!」ポンポン

騎士「え?もしかして私の事か?」

新人「そうですよ!先輩これから帰るんですか?」

騎士「あ、ああ。そうだが……」



142:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 12:41:27.880 ID:6scG7hb10.net

新人「これから一杯いくんですよね!お供させてください!」

騎士「えっ……いや、そのまま家に帰るつもりだが……」

新人「ええ!?先輩毎日仕事詰めじゃないですか」

騎士「そりゃまあ……その方が楽だからな」

新人「だったらたまにはストレス発散しないと!」

騎士「……君はなんなんだ?なんの目的なんだ?」

新人「えっ?あ、すいません。覚えてもらえてなかったですか。今年から騎士団に加入した新人です!」



143:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 12:46:46.082 ID:6scG7hb10.net

騎士「新人?そうか、すまなかったな。すると君は見習いか」

新人「そうです!出来立てほやほやです!」

騎士「見習いがあまり気安く先輩に声かけない方が良い。特に私のような役職もある人間にはな」

新人「あっすいません怒ってます?」

騎士「いや怒ってはないんだが……中には怒る人もいるからという話だ」

新人「じゃあ先輩はなしかけてもOKってことですね!」

騎士「……それも止した方がいい。あまり私と関わっても良い事はないぞ」



145:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 12:49:31.204 ID:6scG7hb10.net

新人「なんでですか?先輩は仕事めっちゃできる人じゃないですか尊敬してますよ!」

騎士「困ったな……」

「おーい、新人何してんだ……ゲッ」

新人「あ、どうも!」

「お前なあ、あの人とはあんまり話すな」コソコソ

新人「なんでですか?」

「平民出の卑しい人間だぞ。しかも騎士団長の愛人とかなんとかって話も……」

新人「……」



148:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 12:52:21.258 ID:6scG7hb10.net

新人「分かりました。忠告ありがとうございます」

「おう。おえー気持ち悪い。俺は先に帰るぜ」

新人「はいどうも!」

騎士「分かってくれたみたいだな。それじゃあな」

新人「はい!お供します!」

騎士「は、はあ?お前話聞いてなかったのか?返事だってしてだろ」

新人「そんなの関係ないですよ。返事はしただけですから!」



149:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 12:56:01.379 ID:6scG7hb10.net

新人「俺は能力のある人について行きたいんですよ」

騎士「……」

新人「その点先輩は抜群でしょ?隣で色々盗ませて貰いますから!」

騎士「や、やめた方が良いと思うぞ。君は私を買いかぶりすぎだ……そんな人間じゃない」

新人「どっちにしろ先輩は上に行く人なんだから取り入らせてくださいよー」

騎士「き、君は……珍しい人間だな……」



150:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 12:59:01.321 ID:6scG7hb10.net

新人「どこ行きますか!やっぱり皆が行き付けのとこですか?」

騎士「すまない。その行きつけの店を私は知らないんだ」

新人「あー。それじゃ先輩のお勧め教えてくださいよ!」

騎士「……おすすめ……困ったな……」

騎士「どこか静かであまり俺の噂が耳に入らないような……こんな所でいいかな」カランカラン

新人「うわっ……俺こんな店入るのは初めてですよ」

騎士「好きなの飲んでいいぞ。金ならある」



151:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 13:01:36.530 ID:6scG7hb10.net

新人「いやー先輩とこうしていきなり飲めるなんて思ってなかったですよ!」

騎士「そうか」

新人「誰とも接しないで仕事してるからもっと堅物と言うか冷淡な人かとばっかりね」

騎士「……その方がお互いの為になるからな」

新人「いやーでもね!」ペチャクチャ

騎士(後輩ってのはこんな感じなんだろうか……新鮮だ。不思議な感覚だな)



152:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 13:04:18.687 ID:6scG7hb10.net

騎士(俺の事をこうして接してくれる人が貴族意外にもいるんだな)

新人「先輩聞いてます?」

騎士「あ、ああ。すまん」

新人「だからー俺は先輩の事尊敬してるんですよ」

騎士「……今日はこうして飲みに連れてきたけど、あまり私とは関わらない方がいい」

新人「またそれですか?」

騎士「君の為に言ってるんだ。君も嫌な思いをするぞ。じゃあもう帰ろうか」

新人「ええ?もうですか?分かりました、それじゃまた明日!」



153:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 13:07:12.050 ID:6scG7hb10.net

騎士(今日も来るんだろうか)

「それでよー」

新人「あはは、そうなんですかー」

騎士(なんだ、他の奴と仲良くしているじゃないか)

騎士(そうそう。それでいいんだ)

騎士(……なんで少し寂しく思うんだろうか。バカバカしいな、早く仕事を終えよう)



155:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 13:09:24.031 ID:6scG7hb10.net

騎士「よし、こんなもんでいいか」

新人「あ、先輩終わりましたか?」

騎士「あっ……」

新人「待ちくたびれましたよー」

騎士「ま、待ってたのか?何で?」

新人「何でって……先輩と話したいからですけど。今日もどっか連れて行ってくださいよ!」

騎士「あ、ああ……」



156:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 13:14:35.212 ID:6scG7hb10.net

騎士「昨日と同じ店でいいか?」

新人「えっ同じところでいいんですか!?」

騎士「ああ。駄目か?」

新人「いやいや……先輩凄いですね」

騎士「そ、そうかな」

新人「はぁ~成功者は違いますね。俺先輩に一生ついていきますよ!」

騎士「あははっ」



157:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 13:17:33.856 ID:6scG7hb10.net

新人「先輩!今日もいきましょ!」

新人「先輩今日はどうすか!」

新人「先輩今日も遊びましょー!」

新人「先輩!いきましょう!」

新人「先輩!」

新人「先輩今日もおねがいしまーす!」


騎士「か、金がちょっとキツくなってきたな……」



159:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 13:19:29.458 ID:6scG7hb10.net

新人「先輩!」

騎士「ああ。来たか」

新人「先輩今日も遊びましょうよ!」

騎士「ち、ちょっと待ってくれ」

騎士(こう毎日派手にやってると厳しいな……副団長になれればもっと楽なんだろうけど)

騎士(どうしよう。でも自分がもう少し切り詰めれば……大丈夫かな……)

新人「先輩どうしたんですか?」



161:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 13:23:07.099 ID:6scG7hb10.net

騎士「ああっなんでもない。大丈夫だ、行こうか」

新人「あ、もしかしてやっぱり流石に懐厳しいですか?今日はやめときますか」

騎士「な、何言ってんだよ!大丈夫だ!」

新人「そ、そうですか?」

騎士「あ……ああ。だから、今日も飲みに行こう」

新人「それじゃあごちになります!」



163:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 13:26:51.580 ID:6scG7hb10.net

新人「俺こういうお酒飲んでるともう同期たちと酒飲めないですよー」

騎士「あはは。そうだろうな」

新人「やっぱり先輩凄い人ですね」

騎士「ふふ。私と一緒にいたら好きなだけ飲めるぞ」

新人「先輩ばんざーい!かんぱーい!」

騎士「かんぱい」カンッ

騎士(後輩ってこんなに可愛いものなんだな。孤独だったから慕ってもらえると嬉しくて仕方ない)

騎士(コイツの事手放したくない……)



164:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 13:31:10.246 ID:6scG7hb10.net

新人「俺先輩の事好きですよー」ヒックヒック

騎士「えっ。お、俺も好きだよ」

新人「にへへ。あ、もう一杯飲んでいいですかぁ?」

騎士「あ、ああっ。うんいいよ」

新人「ありがとうございます!」

貴族「……」カランカラン

騎士(き、貴族っ……この店に来るのか)ズキッ



165:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 13:33:11.445 ID:6scG7hb10.net

貴族「あっ……」

騎士「ぅ……」

騎士(罵られるだろうか、嫌われてしまっただろうか。あんな手紙送ってしまって……)

貴族「……す、少しいいだろうか?」

騎士「あ、ああ」

新人「?」

貴族「すまなかった」ペコリ



168:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 13:36:37.824 ID:6scG7hb10.net

貴族「いつも君に迷惑をかけてしまっていたようで。僕のようなキチガイが君に……」

騎士「あ、ち、ちがっ」

貴族「君にはもう近づかないように気をつけるよ。今まで本当にごめん」

騎士「……」

貴族「花も……その。あんなゴミを君に渡してしまって……悪かった……」ズビッ

騎士「き、貴族っ!違うんだっ!」

貴族「本当にすまなかった。今までこんな僕に付き合ってくれていてありがとう」バタンッ カランカラン



171:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 13:39:25.227 ID:6scG7hb10.net

騎士「あ……貴族……」

新人「せ、先輩?」

騎士(大切な友人を失くしてしまった……)

騎士(きっともう二度と帰ってきてくれないだろう。あんなに酷い事をして傷つけてしまった)

騎士(俺は自分の保身の為だけに……)

騎士「う、うああっ……ううううぅ」グスグス

新人「ど、どうしたんですか?先輩?」オロオロ



172:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 13:43:14.626 ID:6scG7hb10.net

新人「あ、俺そろそろ帰りますね!」

騎士「か、帰らないでくれ!」ガシッ

新人「え、で、でもぉー……」

騎士「ううっ……頼む……なんでもするから……」グスングスン

騎士(嫌だ、また誰かがいなくなるのはもう嫌だ。独りになりたくないっ)

新人「……と、とりあえず先輩の家帰ります?送りますよ」

騎士「あ、ああ。ありがとう……」



174:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 13:46:04.491 ID:6scG7hb10.net

騎士「そ、その前にちょっと待ってくれ」

新人「は、はい」

騎士「この金、で買えるだけ酒を頼む」

「はい、かしこまりました。どうぞ」

騎士「ありがとう」

新人「せ、先輩そんなに高い酒買ってどうすんですか。今の財布の中身全部ですよね?」

騎士「これ、一本まずお前にやるから。送ってもらうお礼に……だから……」

新人「いいんですか?貰っちゃいますね」



176:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 13:49:03.493 ID:6scG7hb10.net

騎士「ここが俺の家だよ。送ってくれてありがとう」

新人「それじゃ俺はこれで……」

騎士「ま、待ってくれ!」パシッ

新人「ま、またですかあ?俺そろそろ帰らないと」

騎士「あ、上がっていかないか?な?ほら、酒買って用意してあるからさ」

新人「また今度って事で……」

騎士「そ、そんな事言わないで。ほら、またもう一本好きなのやるから」

新人「うーん。それじゃあちょっとだけ……」



177:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 13:52:57.890 ID:6scG7hb10.net

新人「お邪魔します」

騎士「遠慮しないでくれ。好きなところに腰掛けといて」

新人「あ、はーい」

騎士「料理作るからちょっと待っててくれ」

新人「え?ご飯食べるんですか?」

騎士「いやっほら。酒飲むだろ?だから簡単なつまみだよ」

新人「あーそうですね。お先に空けててもいいですか?」

騎士「いいよ。もちろん」



179:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 13:56:14.003 ID:6scG7hb10.net

新人「やっぱりこの酒美味いなあ」グビッ

騎士「つまみ、できたけど食べるか?」コトッ

新人「お、美味そうですね!いただきます!」パクパク

騎士「良かった。口にあったなら」

新人「しかし先輩なんで使用人いないんですか?料理くらい人に作らせりゃいいのに」

騎士「ははは。俺はいいんだ……自分一人の方が色々と」

新人「へー。そういうもんですか。あっこの酒も持って帰ってもいいですか?」

騎士「ああ。すきなの持って行っていいからな」



182:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 14:00:21.313 ID:6scG7hb10.net

新人「しかし綺麗な部屋ですね。何もないっていうか……」

騎士「寝て起きてするだけの部屋だからな」

新人「誰かと遊んだりとかしないんですか?」

騎士「ああ……基本的にはあんまりないかな……」

騎士(唯一の友人だった貴族ももう今はいないんだ。もう俺には……)グスッ

騎士「ふぐっぅぐ……ひぐっ……」ポロポロ

新人「……あ、俺そろそろこここらへんで……」



184:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 14:10:19.692 ID:6scG7hb10.net

騎士「待って!さ、酒飲もう!?」

新人「で、でも先輩ほらだいぶ酔ってるみたいだし」

騎士「こんなの全然平気だからっ」グイッ ゴクゴクゴク

新人「おお……大丈夫ですか?」

騎士「ぷはっ……な、なあ。頼むよ」ゴトッ

新人「やっぱり酔ってますよ。ねた方が良いですって。このお酒残りは僕がもらって置きますから」

騎士「嫌だっ嫌だ!一人にしないでくれ!」ガシッ ドンッ

新人「うわっ!?何すんですか先輩!?」ドテチッ



186:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 14:12:47.620 ID:6scG7hb10.net

騎士「なんでもするから……どうしたらいいんだよぉ」グスンッグスンッ

新人「と、とりあえず先輩どいてくださいよ」

騎士(酒飲んでも駄目、あげても駄目。お金はお酒買うのに使ってしまったから)

騎士(後は、あとは俺にできる事は……)

新人「せ、先輩?」

騎士「……俺後はこれくらいしか分からないんだ……」スッ

新人「あっ!?ど、どこ触ってるんですか!?」



188:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 14:16:28.804 ID:6scG7hb10.net

騎士「大丈夫、気持ち良くできるから俺」

新人「や、やめてくださいってば!俺今なら全部忘れますから!」

騎士「嫌だ!お前は俺の傍にいてくれよ!」

新人「せ、先輩酔ってるんですよ。ねっねっ」

騎士「……」チュッ

新人「んぶ!?」

騎士「ちゅっ……れろっ……んむっはむ……あむっれろっちゅ」サワサワ

新人「んぅぅ……」ビクビク



189:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 14:19:15.749 ID:6scG7hb10.net

騎士「ぷはっ……はは。ほら大きくなった」サワサワ

新人「うぁ……せ、先輩……」

騎士「口でしてあげられるけど……どうする?手の方がいいかな?」

新人「……お願いします」

騎士「ん……」パクッ

新人「うあっ……すげっ……」

騎士「ふぅぅ……ちゅっれろっれろっんんっ……じゅぷっぺろっ」ジュポジュポ



190:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 14:21:31.009 ID:6scG7hb10.net

新人「ううっ」ドピュッ

騎士「うわっ……いくなら言ってくれないと……」ジュポッ ジュルルッ

新人「す、吸われるっ!ぁぁ!」ビュルビュル

騎士「ぷはぁっ。全部飲んじゃった」クパァ

新人「……ごくっ」ドキドキ

騎士「早かったな。俺の口気持ち良かった?」

新人「す、凄い良かったです」



191:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 14:25:19.389 ID:6scG7hb10.net

騎士「なぁ、まだ帰らないよな?」

新人「……どうしようかな」

騎士「もっとしてあげるから!な?な?」

新人「そんなに言うんじゃ仕方ないかなあ。お酒いただきますね」

騎士「ああ……良かった。今日はずっと一緒にいてくれ……」

新人「俺酒飲んでる間にさっきの口でまたしてくださいよ」グビッ

騎士「うん。分かった、してやるからなっ」ペロッペロッ



220:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 17:50:59.980 ID:6scG7hb10.net

騎士「すぅすぅ……」

騎士「ん……朝か……」ムクリ

騎士「起きないと……あっ!」バッ

新人「ぐかーぐかー」ムニャムニャ

騎士「ああ、良かった。いた……」モゾモゾ

新人「ううーん……ぐぅうう」

騎士「……ちょっと位遅れてもいいよな……」ソッ



222:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 17:57:23.359 ID:6scG7hb10.net

騎士「ふう。やっと仕事が終わった」

新人「あ、先輩」

騎士「今日はどうするんだ?また飲みにいくか?」

新人「それより先輩ちょっと来てくださいよ」

騎士「な、なんだよ。どうしたんだ?」

新人「昨日のアレしてくださいよ」

騎士「えっ……でもここでだと……家帰ってからならいいけど」



225:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 17:59:21.643 ID:6scG7hb10.net

新人「いいから!やれって!」

騎士「……んっ仕方ないな」カチャカチャ パクッ

新人「うああっ」

騎士「じゅぽっじゅぽじゅぽっ」

新人「うぅぅぅい、いくぅぅ」ガシッ

騎士「んぶっ!」

新人「はあぁ」ドピュドピュドピュ

騎士「んっ……くっ……んくっ」ゴクン



226:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 18:02:09.429 ID:6scG7hb10.net

騎士「ごほっごほっ……いきなり突っ込むなんて酷いじゃないか」

新人「あー気持ち良かった」

騎士「まったく……ふふ。そんなに気持ち良かったのか?」

新人「最高です。また明日もお願いしますよ」

騎士「あ、おい。今日は飲まないのか?」

新人「今日はちょっと用事があるんで……」

騎士「そ、そうか。またな」



227:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 18:04:51.158 ID:6scG7hb10.net

騎士「よし、仕事が終わった」

新人「せんぱーい」

騎士「ああ、来たか。それじゃ行くか?」

新人「それよりもこっちお願いしますよ」

騎士「またか?」

新人「いいじゃないですか!俺と先輩の仲なんだから!」

騎士「そ、そうだな。うん。してやるよ」

新人「早く早く。待ちきれないですよ」ボロンッ



228:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 18:06:43.048 ID:6scG7hb10.net

新人「ふぃぃ。出した出した」

騎士「ごほっごほっ……三回もするなんて……」

新人「今日も最高でしたよ先輩!」

騎士「はは、ありがとう」

新人「それじゃあ俺はこの辺で」

騎士「ま、また駄目なのか?」

新人「俺も何かと忙しいんですよ。それじゃ!」



230:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 18:09:17.798 ID:6scG7hb10.net

新人「先輩!」

騎士「ああ分かってるって」パクッ ジュポジュポ

新人「はぁぁ。これがあるから一日仕事頑張ってるようなもんですよ」

騎士「ふふ、ありがとな」ペロッペロッ

新人「うぅっイク!」ドピュッ

騎士「……ぺろっ。早かったな」

新人「あー気持ち良かった。こんな美形の上司に気軽にチンポしゃぶってもらえるとか最高だわ」



231:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 18:11:01.976 ID:6scG7hb10.net

騎士「な、なあ……今日も駄目か?」

新人「すいません先輩。俺もなんとか頑張ってるんですけど」

騎士「そ、そうか……無理強いはできないな」

新人「ちゃんと絶対行きますから!その時までお願い!」

騎士「ああ。待ってるよ……」

新人「それじゃー先輩またよろしくお願いしますね!」



232:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 18:12:46.640 ID:6scG7hb10.net

騎士「ふぅ。仕事終わりだ。今日は給料日か……」

騎士「最近はずっと口でしてあげるだけで寂しいな……必要とされるのは嬉しいけど……」

新人「せんぱーい!きましたよ!」

騎士「ああ待ってたよ。いつも通りするか?」

新人「お願いしますね!」

騎士「ああ。このチンポももう手馴れたもんだよ。もうどこが弱いのかも分かってるからなっ」

新人「ふああっ。そ、そこっいいです……」ビクンビクン



233:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 18:15:04.112 ID:6scG7hb10.net

新人「でるっ!」ビュルルッ

騎士「んふっ……んぐっ。ぷはぁ」ゴクン

新人「毎日精液ごっくんしてくれて俺嬉しいですよ」

騎士「へへ。なあ、今日も駄目そうか?」

新人「今日はOKですよ!予定あいてます!」

騎士「ほ、ほんとか?じゃあ久しぶりにお前と話せるんだな」ニコッ

新人「良い店連れてってくださいよ~」

騎士「ああ。今日は給料日だから奮発してやるよ!」ニコニコ



234:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 18:17:32.436 ID:6scG7hb10.net

新人「うぃー。ひっく」

騎士「飲みすぎじゃないか?」

新人「うるせー!もっとお酒!」

騎士「ああ……俺が注いでやるよ」トクトク

新人「ごくごく……ぷはっ!んーまいっ!」

騎士「なあ酔い覚ましに一度私の家にでも……」

新人「え?帰るんですか?そうだなあ、このお酒お土産に買ってくださいよ」

騎士「あ、ああ。構わないぞ」



235:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 18:19:29.639 ID:6scG7hb10.net

騎士「ほら」

新人「ありがとうございます!」

騎士「それでこの後どうする?時間は平気そうか?」

新人「んー明日も早いんで帰ります」フラフラ

騎士「お、おい。大丈夫か?」

新人「いいんですってば!またお願いしますね~」

騎士「……ああ。またな」ヒラヒラ...



236:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 18:22:40.533 ID:6scG7hb10.net

騎士「今日は仕事が速く片付いたなあ」

騎士「昨日使いすぎちゃったけど……まだ余裕があるな」

騎士「そうだ、今日は俺があいつを迎えに行ってみるか……」スタスタ

新人「あはははは!」

騎士「あっ、いたいた。おーい……」

「お前なんであんな奴にくっついてんの?平民出の成り上がりじゃん」

新人「だからだよww金遣い荒いしなんでも言う事聞いてくれんだよww」

「マジかよー得してんなお前」



237:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 18:25:15.266 ID:6scG7hb10.net

新人「やっぱり平民ってバカなんだよwww酒簡単に奢ってくれるしさwww」

「お前かなり良い店行ってるらしいもんな」

新人「そーそー。そこは本当に良いところだよ。やっぱり金と地位あるだけあるね」

「羨ましいな。今度俺も連れてってくれよ」

新人「いいぜ。あいつ完全に俺の財布状態だから紹介してやるよww」

「ラッキー!お前の友達でよかったわ!」

騎士「……」

騎士(帰ろう)



239:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 18:28:20.386 ID:6scG7hb10.net

騎士「ただいま」ガチャ シーン

騎士「……結局俺は一人ぼっちか」

騎士「やっぱり俺はバカなんだな」

騎士「……」

騎士「あはは。平民出はやはりバカだ。あははは……」

騎士「ぐすっ……うぅっ……どうしたら皆俺の事を認めてくれるんだよ……ひぐっ……」

騎士「ふぐっうぐっひぐぅ」グズグズ



244:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 18:31:22.656 ID:6scG7hb10.net

騎士「うわあああん!!!」ウワァアアン

騎士「もう嫌だ嫌だ嫌だ!どうして俺はっ俺は平民なんだっ!」グスグスグス ガチャッ

騎士「だ、誰だっ!」バッ

団長「なんだお前主人に向かって」

騎士「あっ、き、騎士団長様。申し訳ありません」グシグシ

団長「騒々しかったが、泣いていたのか?」

騎士「はっ……、い、いえ。なんでもありません」



247:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 18:37:38.713 ID:6scG7hb10.net

団長「どれ、こっちへ来い」

騎士「し、しかし」

団長「来いと言うておる」グイッ

騎士「あっ」

団長「泣き腫らしておるではないか。折角の美しさが台無しだ」

騎士「き、騎士団長様……」

団長「お前はワシの所有物なのだぞ?気をつけろ」

騎士「はいっご主人様」



249:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 18:40:39.132 ID:6scG7hb10.net

団長「まぁそんな事はどうでも良い」ドンッ

騎士「うあ」ドサッ

団長「例の貴族連中どもの相手は明日だ。馬車で迎えに行くから用意しておけ」

騎士「は、はい!分かりました!」

団長「お前の副団長、ひいては騎士団長への道が開かれるチャンスだぞ」

騎士「重々承知しております!」

騎士(騎士団長にさえなれば……もう俺をバカにする奴はいなくなる筈だ……!!)



253:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 18:45:00.042 ID:6scG7hb10.net

騎士「よし。今日が戦いの日だ」

騎士「俺にとって今日こそが……!」グッ

「お迎えに参りました」

騎士「ああ、今行く」

団長「来たか。乗れ」

騎士「はいっ」

団長「目隠しをしろ。お前如きの人間は何も知らんで良い」スッ

騎士「分かりました」キュッ



254:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 18:47:36.734 ID:6scG7hb10.net

騎士(一体どこへ運ばれるのだろう)ガラガラ

団長「……ついたぞ」ヒヒーン

騎士「あっ、では……」

団長「目隠しはまだ取るな。部屋まではずっとしていろ」

騎士「は、はい」

団長「首輪をしてやる」カチャカチャ

騎士「……は、はい」

団長「ワシが引っ張るからそれに従ってついて来い」



255:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 18:50:02.668 ID:6scG7hb10.net

団長「皆様メインディナーですぞ!」ギィィ

「おお、それが噂の」

「ほほう。中々これは美しい」

「よく調教されてそうだ」

「これは楽しみですなあ」

騎士「……」ゴクッ

団長「それでは私はこれで失礼いたす。お楽しみください」



257:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 18:52:14.467 ID:6scG7hb10.net

「目隠しをとりなさい」

「そうだな顔が見たいのお」

騎士「は、はいっ」パラッ

「おおっ」

「予想以上だ!これは楽しませて頂こう!」

騎士「あっ……」

貴族「……」



259:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 18:55:06.905 ID:6scG7hb10.net

騎士「き、貴族……」

貴族「な、なんで君が……こ、ここに……」

「おや?知り合いですか?」

「おやおや。貴族君もすみにおけませんねえ」

「普段はあんなに堅物気取りだったのにのおww」

騎士「あ、う……」

貴族「こんな悪趣味な催しに仕方なく連れてこられたと思ったらまさか君に会えるとはね」フッ



261:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 18:58:05.804 ID:6scG7hb10.net

貴族「君がいなくなって半ば自棄になってはいたが」

騎士「……」

貴族「……まさかだよっ。まさか、そんな……」

騎士「う、み、見ないでくれ……俺の事を……」

貴族「み、見るなだとっ!皆さん!この男は私が一番に頂きますよ!」

「どうぞどうぞ」

「若い者同士の激しいプレイを期待していますよ」

「これを肴にするのも一興ですなあ」



264:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 19:00:51.410 ID:6scG7hb10.net

貴族「このっこのっこのっ!」バシッバシッバシッ

騎士「っ……」

貴族「僕だって参加しているんだ!君を君を自由にする権利があるんだ!」バシッバシッ

「おいおい。暴力はいかんよ」

「わしらの楽しみもとっておいてもらわんと」

「そうですよ折角の顔が」

貴族「うるさいっ!畜生、畜生!犯してやる!」ドンッ

騎士「……」ドサッ



265:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 19:05:21.123 ID:6scG7hb10.net

貴族「君は、君は僕を二度も裏切ったんだ!」グイッ

騎士「…………」

貴族「信じてたんだ!本気で信じてたのに!!」グイッ ズパンッ

騎士「んぅっ」ビクンッ

貴族「なんで黙ってるんだよ!なんとか言え!言ってみろよ!」パンパン

騎士「うっ……あっ……んっ……」

貴族「くそっくそっくそっ!ぐっ、うぅぅ……!」ドビュドビュ

「おやおやwwもう果ててしまったのですか?ww」

「やはり若いと早いんですねえww」



267:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 19:11:08.203 ID:6scG7hb10.net

貴族「はぁはぁはあ」

騎士「……」

貴族「くそっ、くそっ……何とか言えよぉ……」

騎士「君が友人で幸せだったよ……」

貴族「僕も幸せだったのに」グスッ

「さあどいたどいた!」ドンッ

「そろそろワシらも楽しませて貰おうじゃないか!」



269:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 19:15:37.703 ID:6scG7hb10.net

騎士「ああっ!」ビクンッ

「おお、こりゃ気持ち良いわ!」

「どれワシは口でしてもらおうかの」

騎士「んぶう!んあむっ……れろっれろっ」

「私は手でとりあえず我慢しますかね」

貴族「……」フラフラ

「おや?帰るのですか?もう一発ヤるまで見学すれば良いのに」

貴族「か、帰らせて貰います。もうここにはいたくない」バタンッ

騎士(貴族……さよなら……)



274:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 19:25:14.402 ID:6scG7hb10.net

「いやあ中々良かったよ」

「またよろしく頼むぞワハハハ」

団長「ご満足いただけたようで」

「部屋で伸びておるからちゃんと拾ってやりたまえよ」

団長「ははは。承知いたした」

「次が楽しみだよ」



275:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 19:28:56.327 ID:6scG7hb10.net

団長「おい」ゲシッ

騎士「うぁっ……」

団長「起きろ。さっさと風呂に入れ」ゲシッゲシッ

騎士「あ、あ……き、騎士団長様……ふ、副団長っ……」

団長「あー分かった分かった。ご満足いただけてるよ。お前の将来は約束してやる」

騎士「あはっ……よ、かっ……た」

団長「寝るな。さっさと起きろこの屑が!」



276:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 19:33:15.840 ID:6scG7hb10.net

騎士「……」ザッザッ

「あーあ……あいつ副団長だってよ」

「ああ、知ってる。ついにだな」

「こりゃもう言葉には気をつけた方が良さそうだな」

「俺らの首なんかスパッとやられるかもしれねえ」

「糞っ平民如きが……畜生の分際で」

騎士「……」ジロッ

「副団長様!お疲れ様です!」

騎士(これが副団長の力か。ああ、なんて気持ちが良いんだろう!)



277:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 19:37:42.873 ID:6scG7hb10.net

団長「ふむ。こんなものでいいだろう」

騎士「はいっ」

団長「しかし君もだいぶ副団長ぶりが板についてきたじゃないか」

騎士「ありがとうございます」

団長「どうだね?上からの景色というのは」

騎士「素晴らしいです。最高の気分ですよ」

団長「ふ。あんまりやりすぎるなよ」



278:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 19:40:15.447 ID:6scG7hb10.net

「たくっムカツクよなあ」

「あーああんな屑が上なのに俺らは下っ端かよ」

「あっおい!」

騎士「……」

「お疲れ様です!」

騎士「……この中に私を中傷した者がいたようだが」

「と、とんでもない!」

騎士「だまれ!言わなければ連帯責任だぞ!」



281:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 19:42:03.757 ID:6scG7hb10.net

「こ、こいつです」

「なっ!お前ら!」

騎士「棒打ちの刑だ。お前らが交互にたたけ!」

「ひぃっ!お、お許しください!」

騎士「分かったな。やれ」

「す、すまねえ」

「……悪い」

「うぎゃあ!!!」



283:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 19:44:18.779 ID:6scG7hb10.net

「ひ、ひぃぃ、お、お許しください……」

「はぁ、はぁ。ま、まだ叩きますか?」

騎士「ふふふ……まぁもう良いだろう」

「あありがとうございます……」

騎士「うせろ!屑が!」

「は、はいっ……」ヨロヨロ

「大丈夫か?ほら、掴まれ」

騎士「ああ、そこの二人は待て」



284:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 19:45:52.206 ID:6scG7hb10.net

「な、なんでしょうかっ」ビクビク

「……」

騎士「よく仕事をしてくれたな。今後も私に忠実でいてくれよ」

「は、はあ」

騎士「これはさっきの仕事ぶりを評価してのボーナスだ。受け取っておけ」

「あ、ありがとうございます!」

「おおっ!」

騎士「行け」



286:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 19:49:56.645 ID:6scG7hb10.net

騎士(ああああ!気持ちいい!!!気持ちいいい!)ゾクゾクゾク

騎士(こんなに俺が上に立てるだなんて!バカにする奴をもう怖がらなくてすむ!)

騎士「「最高の気分だ……」ウットリ

騎士「はあ。もっと、もっと感じたい。もっと権力を感じたい!」

騎士(もう少し見回ってみよう……)



290:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 19:54:35.665 ID:6scG7hb10.net

騎士「そうだ、この店は確か……あいつらの溜まり場だったな」ガラッ

「でさー」

「やってらねーなあ」

「あっ……おい」

騎士「……」

「ふ、副団長じゃないか」

「何でこんなところに……」

「こんなところまで嫌がらせにきてのんかよ」

「しっ!余計な事言うな!」



291:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 20:01:10.905 ID:6scG7hb10.net

騎士「おいこの中で私の事を中傷した者がいるなら申し出ろ」

「……」

騎士「いないか?ならば私に教えてくれ。そしたら」ジャラ

騎士「褒章をやるぞ」

「ごくり」

「お、俺言っちゃおうかな!あいつが言ってました」

「な、何言ってんだよ!俺は言ってない!お前だろ!」

「こ、コイツだよ!俺はちげえ!」

騎士(ふふふ、争ってる争ってる。ああ、最高のショーだなあ)



302:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 20:46:03.466 ID:6scG7hb10.net

騎士「……」カツカツカツ

「副団長様!おはようございます!」ザッ

「おはようございます!」

「おはようございます」

騎士「ふん。さっさと持ち場に着け」

騎士(ああ、この瞬間が好きだぁ……一番気持ちがいい……)ゾクゾクゾク



303:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 20:48:40.202 ID:6scG7hb10.net

騎士「失礼します」ガチャ

団長「遅かったな」

騎士「申し訳ありません」

団長「まぁいい。実は問題が起きているんだ」

騎士「は?問題、ですか?」

団長「ああ。外敵という奴だよ。隣国が攻めて来ると思われる」

騎士「えっ……」



307:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 20:55:23.858 ID:6scG7hb10.net

団長「どうにも最近山賊に資金を流しているものがいるという情報もあったんだが」

騎士「そ、そんな事が」

団長「そいつの手引きで我が国家の地図を手に入れたらしい」

騎士「そ、それは誰なんですか!?」

団長「それがわからんから困ってたんだよ。だが今はそれよりも目の前の敵だ」

騎士「は、はい」

団長「ひとまず君が偵察も兼ねて中規模の部隊を率いて欲しい」

騎士「じ、実戦……ですか」



309:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 20:57:43.821 ID:6scG7hb10.net

団長「ああ。騎士団長の座はそれなりの成果もあればより近づけるぞ」

騎士「ごくっ……是非やらせてください!」

団長「うむ。任せる」

騎士「はい!」

団長「大した事はないと思うが……気をつけろよ」

騎士「お任せください!」



310:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 21:00:30.344 ID:6scG7hb10.net

騎士(と言って進軍はしてるけど……敵影はまるで見えないな)

騎士「本当にいるのか?いや、いるはずだ。絶対にいる」

騎士(居なければ困るんだ。俺が何も成果を上げられず帰るだけになってしまうじゃないか!)

「ふ、副団長殿。疲労も溜まっておりますしそろそろ行軍を休止しては……」

騎士「ばか者!この程度で根をあげるような者は騎士団にはいない!」

「し、しかし」

騎士「黙れ!付いて来れないものは切り捨てろ!行くぞ!」



311:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 21:04:05.224 ID:6scG7hb10.net

「副団長殿!これ以上は危険です!偵察任務なのですからもう……」

騎士「ええい!うるさい!!何の為に騎士団長が戦闘能力をもつだけの兵を与えたと思っているんだ!」

騎士「我々は敵を発見しそれを排除するのが役割なのだ!進め!進め!」

「……はっ」

騎士「くそぅ。敵は、敵はどこにいるんだ……」

「うわああああ!」

「敵襲だああああ!」

騎士「な、なに!どこだ、どこからだ!」



312:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 21:06:10.829 ID:6scG7hb10.net

「ぎゃあああ!!!」

「助けてくれええ!」

騎士「ぐ、うう。逃げるな!戦え!!」

「副団長殿!退却するべきです!ご命令を!」

騎士「黙れぇ!こんな所で兵を失って逃げ帰れだと!?私の立場がどうなると思ってるんだ!!」

「しかし!」

騎士「うるさい!お前に何がわかる!!!貴様も騎士ならば戦え!!」



314:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 21:08:19.613 ID:6scG7hb10.net

騎士「ううっ、なぜだ。なぜっ」

「無理な行軍で疲労が溜まっているのです。いくら精強な騎士団と言えど……」

騎士「お、お前は私のミスだというのか!そう報告するつもりか!」

「えっ、ち、ちがっ」

騎士「うるさい!死ね!」ザシュッ

「げひゅっ」

騎士「逃げるものは私が切り捨ててやる!戦え!!戦うんだ!」



318:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 21:11:12.731 ID:6scG7hb10.net

「いたぞ!敵の大将首だ!」

騎士「わああ!?来るな、来るな!お前ら、私を守れ!」

「も、もう駄目だっ逃げろ!」

「助けてくれええ!投降する!」

「ぐわあああ!!」

騎士「うぐ……くそぉ!くそお!!」カカカッ

「にげたぞ!」

「逃がすな!追え!追え!」



319:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 21:13:35.967 ID:6scG7hb10.net

騎士「はあ、はあ……に、逃げ切れたか……?」ヨロヨロ

騎士「た、助かった……」ヘナヘナ

騎士「……」

騎士「これからどうすればいいんだ……」

騎士「部隊は全滅。何の成果もなし。指揮官はおめおめと逃げ帰って……」

騎士「ははは……おしまいだ……今までの努力が、積み上げてきたものが……」

騎士「……」



320:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 21:15:55.170 ID:6scG7hb10.net

騎士「い、いやまだだ。まだなんとかなる」

騎士「俺には騎士団長の寵愛がある」

騎士「それにこの敗戦だって、そうだ。そうだ部下になすりつければいい」

騎士「適当な奴を仕立て上げればいいんだ……」

騎士「よし、まずは王都に戻らないと」

「おっ、いたいた」

「見つけたぞお!」

騎士「くっ!も、もう追っ手が!?」



322:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 21:18:10.980 ID:6scG7hb10.net

騎士「こんな所で死んでたまるか……!」

「うぎゃ!」

「こいつ中々強いぞ!」

騎士「な、なんだこいつら。さっきの軍隊とは違うみたいだが……」

「いまだ!」バキッ

騎士「ぐあっ!」

騎士「う、あい、意識が……」ドサッ

「おかしらのところにつれていこうぜ」



324:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 21:20:18.877 ID:6scG7hb10.net

騎士「……うう……ここは……」

山賊「ようお目覚めかい?」

騎士「な、なんだお前たちはっ!私を誰だと思っている!」

山賊「あんたは騎士さんだろ?違うか?」

騎士「なっ……知っているならさっさとこの縄をほどけ!」

山賊「おお、当たりだ。使いを出しておけ」

騎士「お前らはなんなんだ!答えろ!」



327:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 21:23:50.882 ID:6scG7hb10.net

山賊「おれはあるお方からのご依頼でね。あんたを捕まえたんだよ」

騎士「だ、誰だソイツは!」

山賊「さあね?あんたの政敵か何かじゃないか?恨めれるような事さんざんしてきただろ?」

騎士「……」

山賊「まぁあんたはそのお方が来るまでの間は俺たちのモノって訳だ」

騎士「な、何を言ってるんだ」

山賊「まさかこんな綺麗な顔してるとは思わなかったぜ。ちょっと俺たちと遊ぼうじゃないか」

騎士「なっ!私は男だぞ!」



331:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 21:26:02.244 ID:6scG7hb10.net

騎士「やめろ!お前らのように汚らしい奴らと誰が!」

山賊「おっと、静かにしな。暴れないほうがいいぜ?」スチャッ

騎士「ひっ」ビクッ

山賊「抵抗されたって事で多少は傷つけたってバレやしねえんだ。痛い思いはしたくねえだろ?」ペチペチ

騎士「や、やめっ……助けて……」プルプル

山賊「はははっ!すっかりしおらしくなっちまいやがった!」



334:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 21:29:41.711 ID:6scG7hb10.net

山賊「最初からそうしておけばいいんだよ」

騎士「ぅ、ぁぁ……」ホッ

山賊「そうすりゃこんな思いはせずに済むんだからよ!」ザクッ!

騎士「ぎゃやあああ!!?」

山賊「ははは。あんり怯えるもんだから面白くてついやっちまったよ」

騎士「い、痛い痛い痛い!し、死にたくない!た、助けて助けてっ!」

山賊「安心しな殺しはしねえよ。抵抗しなきゃな?」

騎士「しないっ……しません!絶対しません!だから、だから殺さないでくださいっ!」



337:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 21:32:56.380 ID:6scG7hb10.net

騎士「うああ、死にたくない死にたくない……まだ俺はもっともっと上に行くんだぁぁ」グスグス

山賊「うるせえなあ。痛い思いしたくなかったらさっさとしゃぶれよ」

騎士「は、はむっ!」

山賊「はは、そんなに急がなくても刺しゃしねえって」

騎士「じゅぽっぺろっ……あむっじゅぽっじゅぷじゅぽっ!」

山賊「うおっ……すげえ、慣れてやがる……中々っ上手いじゃねえか」

騎士「はぁはぁ、ご満足いただけますよう、精一杯努めますからっ……」ジュポッペロッペロッ



338:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 21:37:00.833 ID:6scG7hb10.net

山賊「ぐっ……射精すぞ!飲め!」ドビュッ

騎士「んふぅぅ!んぐっ……」ゴクンッ

騎士「ぷはぁっ……全部飲みましたぁ」クパァ レロォッ

山賊「ひひひ。中々仕上げられてんじゃねえか」

騎士「チンポ掃除もしますっ」ペロッペロッチュルルッ

山賊「おおう、こりゃあいいや」



344:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 21:44:29.357 ID:6scG7hb10.net

山賊「そろそろ尻で遊ぶとするか」

騎士「っ……そ、それはっ」

山賊「ああん?なんだよ?」

騎士「わ、私はっ騎士だぞ!それも、それも副団長なんだ!騎士団長も約束されているんだぞ!」

山賊「だから?」

騎士「それを騎士の私をお前ら山賊みたいなっ……」

山賊「ふーん?」ニヤニヤ 



345:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 21:47:33.370 ID:6scG7hb10.net

山賊「屈辱かい?」ペチッ

騎士「ひ、いぃぃっ」ビクッ

山賊「騎士としての誇りとやらの為にもう一回痛い思いしたいって事だよな?」

騎士「ち、ちがっ違うっ!違います!」

山賊「じゃあどうしてくれんだよ?ええ?」

騎士「わ、私のケツマンコをお使いくださいっ」

山賊「ははは!けつまんこだとよ!ああ、なるほどなるほど。よく使い込まれててらあ」

山賊「こりゃ確かにマンコだな!」ガハハハ



350:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 22:02:16.810 ID:6scG7hb10.net

山賊「お望み通りケツマンコを好きに使わせてもらうぜっ!」ズブンッ

騎士「ほぁあああ!?」ビクンッ! ドビュゥウウ!

山賊「おいおい、俺は入れただけだぜ?」

騎士「ほっ、ほっ……ほひぃぃぃ」ビクンビクン

山賊「まだまだガンガン突いてやるぜ!」パンパンパン!

騎士「あっんっっんぉおお!ほおおお!?」



351:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 22:04:44.942 ID:6scG7hb10.net

山賊「おらおらおら!どうだ!」パンパン

騎士「し、しらないっひらないひぃぃ!こんなちんぽっこんなセックス初めてだからあっ!!!」

山賊「へへっ今までずいぶんと生ぬるいセックスばかりだったみてーだな!」パンパン

騎士「んほえおぇっ!」

山賊「俺様のを経験したらもう二度と帰ってこれなくなるぜ!」

騎士「あ、ああぁぁあああひぃぃぃぃぃ」ガクガクガク



354:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 22:11:01.761 ID:6scG7hb10.net

山賊「オラッ!行くぞっ!」

騎士「んぎぃ!ゴリゴリッゴリゴリやめれぇぇ!」

山賊「狂っちまえ!いくぞおらぁぁ!」ドビュウウ

騎士「んははぁああ!んほおおぉぉ」ドヒュルルッ

山賊「ははっ!ところてんしたな!」ビュービュー

騎士「ひぃひぃぃ。奥の中にびちゃびちゃって当たってるぅぅう」ドビュビュ

山賊「うっ、ふぅ」ヌポッ

騎士「んはぁっ」



356:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 22:13:33.784 ID:6scG7hb10.net

山賊「お前の尻穴最高に美味いぜ」ペロッ

騎士「はぁぁあ」ガクガクガク

山賊「少なくとも1週間は迎えはこないだろうから、その間はしっかりと楽しませてもらうからな?」

騎士「あぁ、すごぃぃいいっ」

山賊「チンポで脳みそとろけさせてやる」ズイッ

騎士「ふああ……さっき私をイかせた狂わせたチンポ……!」

山賊「どうだ?俺様のチンポ、お前を雌にしてやったチンポだぜ?」

騎士「す、素敵です……」ゾクゾク



358:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 22:17:50.184 ID:6scG7hb10.net

山賊「ひひひ。乳首も美味そうにさせやがって」

騎士「ふぁあ……?」

山賊「うんまそうっ」パクッ

騎士「ひぁあ!?」

山賊「れろれろれろっ」チュパチュパッ

騎士「す、吸われてっだ、駄目っ駄目っ駄目!!」ガクガクガク

山賊「……乳首噛みされたらお前イッちまうだろうな」ガブッ

騎士「うあああああ!?」ビュルルッ!



359:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 22:20:37.819 ID:6scG7hb10.net

山賊「ほら、いった」ニヤニヤ

騎士「にゃ、にゃんでぇ……」

山賊「俺はお前が雌だって事わかってるからだよ」ニヤニヤ

騎士「め、めすぅぅ……」

山賊「お前は雌なんだよ。チンポ狂いの雌犬がっ!」グリッ

騎士「ち、乳首引っ張らないでぇっ!」

山賊「オラ舌出せ!キスすんぞ!」

騎士「ふぇぇああ……んぶうれろっじゅるっれろろっ」ピチャピチャ



360:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 22:23:02.457 ID:6scG7hb10.net

山賊「んじゅるるっ!ちゅぱっれろっ」グリグリグリ!

騎士「んふぅうううう!」ビクッ ビュッビュッ

山賊「ぷはっ。お前の舌も美味かったぜ。キスされながらの乳首弄りはどうだったよ?」

騎士「て、天国……見てましたぁ……」クラクラ

山賊「脳みそチンポで幸せになっただろ?」

騎士「な、なったぁ」

山賊「それがお前の真の姿なんだよっ!」ガバッ チュウウ



362:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 22:27:20.818 ID:6scG7hb10.net

騎士「二回戦やらああ!もう何回もイってるからああ!」

山賊「うるせえっお前は俺のオナホなんだよ!」ズプッ

騎士「うああああ!」

山賊「くぅうう!このケツマンコ最高だ!一生俺の犬にして飼いてえ!」パンパン

騎士「あっあぁぁっああああああ!」

山賊「なれっ俺の犬になれっなれよっ俺のもんになれっ!」パンパンパンパンパパン

騎士「ひぃっひぎぃいいな、なるっなるからあ!なるからもうイきだくない゛い゛!」

山賊「俺のものになれっ!!」ドビュッドビュッ

騎士「うあああ!?」バチバチバチ ガクンッ

山賊「くふぅう。コイツマジさいこぉ……」ビュルルル



363:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 22:31:59.801 ID:6scG7hb10.net

山賊「お前最高っもうマジで俺のモノになれってレロッレロチュパッ

騎士「お、俺はぁ騎士だぁぁ……」

山賊「まだ言うのかよっ絶対落としてやるっ」グイッ

騎士「うあぁあぁ」

山賊「お前が俺のモノになるまでずっとチンポ突っ込んでやるからな」

騎士「い、嫌だぁぁぁ……!お前らなんかのものになるもかぁぁ……」



365:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 22:36:57.886 ID:6scG7hb10.net

山賊「この一週間ずっと調教続けたのにまだ駄目か?」

騎士「お、俺は騎士、騎士なんだっ……」

山賊「チンポで幸せになるよりずっと大切かよ?そんなもんが?」ズイッ

騎士「ううっチンポ見るだけで脳みそとろけるっ……でもき、騎士になる為にっ成り上がる為に俺は全部捧げてきたんだ!」

山賊「まったく。俺の負けだよ。それに時間切れみたいだからな」

騎士「うあ……?」

山賊「依頼主が着ちまったよ。お前をこのまま帰すのは惜しいぜまったく」



367:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 22:41:31.231 ID:6scG7hb10.net

貴族「……」

騎士「き、貴族……なんで……」

貴族「今は寝た方がいい。疲れてるだろう?」

騎士「お、お前は俺の事を……俺は、お前を……」

貴族「いいんだ。今は何もかも忘れて眠ろう?おやすみ」

騎士「う、あぁ……」カクン

貴族「ご苦労だったな。報酬だ」



370:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 22:44:28.788 ID:6scG7hb10.net

騎士「……ん……ここは……」パチッ

貴族「おはよう。目は覚めたかい?」

騎士「貴族……な、なんでっお前がっいや、それよりここはっ」

貴族「ここは王都だよ」

騎士「お、王都?この瓦礫の山が……?」

貴族「そうさ。隣国に侵略され徹底的に破壊された王都だよ。まだ戦火の中にあるけどね」

騎士「あっ……き、騎士団っ!騎士団は!?」

貴族「見に行こうか」



371:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 22:46:32.051 ID:6scG7hb10.net

騎士「あ、あ……これが、これが……」

貴族「騎士団なんて敵の軍部の本拠地みたいなもんだからね。すぐに攻撃されたんだろう」

騎士「うあ……だ、団長はっ、騎士団長は!?」

貴族「……そこに転がってる首がそうじゃないかな?」

騎士「ああ、ああああ……団長が死んだら、お、俺はこの後どうやって復権すれば……」

貴族「そんな必要はもうないんだよ」

騎士「えっ……」



373:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 22:49:32.988 ID:6scG7hb10.net

貴族「まだわからないかい?もう王国も騎士団も終わりだ」

騎士「終わり……?」

貴族「そうさ。もう何もかも終わったんだよ。後は滅び行くだけって事だ」

騎士「終わり?騎士団がっ終わり……」

貴族「もう時期に止めを刺しに隣国の第二波が来るだろう」

騎士「お、俺のすべてを、すべてを捧げてきたものが……終わり……」

貴族「きっとその時に僕らは殺されるだろうね」



375:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 22:52:21.620 ID:6scG7hb10.net

騎士「あはっ、あははは……あはははははは」

貴族「その時まで僕は君の傍にいるよ」

騎士「あははははは!!あはははははは!!!!!」

貴族「……」

騎士「あはははっ……あれ?貴族なんでこんなところにいるんだ?皆は?」

騎士「母さんは?父さんは?なんで誰もいないんだろう?」

貴族「僕がいるよ」

騎士「そっかあ!なら良かった!」



378:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/26(金) 22:54:45.950 ID:6scG7hb10.net

貴族「ほら見てごらんよ」

騎士「うんなんだ?どうした?」

貴族「あの炎さ。綺麗だろ?全部ぶち壊してやったよ」

騎士「ほんとだあ綺麗だなあ」

貴族「もう一度君に捧げる花だよ」

騎士「あははは~ありがとお」

貴族「一緒にこの国の終わりを眺めようね」

おしまい



転載元
騎士「くっやめろ!私は男だぞ!」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1435261131/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 03:31
          • アメリカ同性婚合法化と合わせてきたのだろうか。
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 04:02
          • 胸糞なりに割と良い出来
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 04:46
          • 同人エロゲでありそうな話だった
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 05:35
          • クズビッチの男娼騎士とかちnこびんびんですよ神
            終わり方がアッサリしてたからもっと読みたかった
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 07:08
          • こっからパッパラパーになった騎士と貴族の逃避行が続いたらエロゲとして十分商品になるレベルだな
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 08:55
          • 息子がギンギンなんですがどうしてくれるんでしょうねえ
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 09:09
          • 貴族と騎士がどんな形であれ幸せになれたら、満足
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 09:38
          • いつオーク出てくるんだろうと思ってたらタイトルそんなこと一言も書いてないことに気づいた
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 09:43
          • あのさぁ…
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 10:22
          • 中々いい出来で全部読んだけど俺はホモじゃないよ
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 12:12
          • マーガレットの花言葉
            「恋占い」「真実の愛」「信頼」

             西洋の花言葉では
            「secret love(秘密の恋)」「faith(信頼)」
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 13:29
          • こういうのなんて言うんだっけ?

            クレイジーサイコホモ?
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 13:33
          • ビッ、ブリュッ、ブリュブリュブリュゥゥゥーーーーーッッッ




            まで読んだ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 13:40
          • ※8
            おまおれ
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 14:02
          • 何で最後まで真面目に読んじゃったんだろ・・・
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 14:03
          • 幾つか言わせて貰うが
            ①騎士は下級だが「貴族」である(平民では無い)
            ②騎士が忠誠を誓うのは国と国民そして国王・王族である。
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 14:58
          • 泣いた
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 16:42
          • 4 /hが今一つだかなかなかよかった
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 17:04
          • こういうの書く人って書いて食べれるほどでもなくても結構な出来のもの作るよな
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 18:06
          • タイトルに釣られただけなのにラストまで真面目に読んでしまった。オチもすばらしい鬱…。
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 19:33
          • 中盤終わりあたりから最後はいいな
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 19:46
          • 泣いた
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 21:46
          • たまげたなぁ…
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 23:45
          • ※8
            俺も思った
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月27日 23:52
          • くっころ女騎士だと思って開いたら男騎士だっただと…?
            予想裏切って良かったよ…
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月28日 06:58
          • 出来はいい
            だがホモだ
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月28日 10:03
          • ※16
            前提として、騎士身分と貴族身分は由来が違うため、本来は別物である。
            時代が進むに連れ、騎士身分は下級貴族の一種となっていくが、本来はそれぞれ別の由来を持つ。
            貴族は大雑把に言えばゲルマン系民族の族長に由来しており(むろん一概にそう言えるわけではないが)貴族の家に生まれれば生まれつき貴族になるのに対し、騎士は後天的に騎士叙任されることで騎士となる。
            また、騎士と貴族は別なものであるため、貴族であるからといって騎士であるとは限らないのが面白いところである。
            仮に王子であっても、騎士叙任を受けねば騎士とみなされないのだ。
            ゆえに主人公が貴族扱いされていない描写は間違っているとはいえない。
            なお英国でも騎士は貴族ではないとされているが、あの国は相当に特殊例なのでここでは省く。何が貴族の国だ異端児め。
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月28日 10:04
          • 続き

            さて、ここで平民が騎士になりえるかについてだが、中世期のドイツ地方の場合、貴族が自分の農奴のうちの屈強なものに一定の権力や領地を与え騎士とすることが多クみられる。
            ミニステリアーレといわれる制度であるが、この場合、法的な身分は農奴もしくは平民であるが騎士でもあるというユニークな立場におかれる。
            また中世において騎士身分はわりと自由に発行されている。なぜならば伝統的な慣習においては、騎士か貴族であるならば、自由に他人を騎士に叙任できるためである。ただし近世に近づき王権が強化されるに従って、騎士叙任権は王に独占されていくことになるが。
            ゆえに、身分制度や貴族制度がガチガチに固まる前の、中世ヨーロッパにおいては平民出身の騎士はそこまで珍しい訳ではない。また近世や現代においても、手柄をあげたり国に貢献した平民に国王が騎士称号を褒美として与える例は多々ある。
            つまり主人公が平民出身であるのも何の不自然もない。
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月28日 10:05
          • 続き2

            最後に騎士が誰に忠誠を誓うかについてなのだが、中世期の騎士であるならば封建契約を結んだ相手に対して、契約の範囲内で、である。間違っても国でも王でも国民にでもない。むろん王に対して何らかの封建契約を結んでいるなら別である。

            ・・・まー、出世させるとか言われて団長に従ってんだし、この場合の臣従先は団長じゃねーの?(なげやり)
            御恩と奉公(意味深)だし封建契約みたいなもんでしょ


            なお上記の文章は中世期の封建社会の基準で書いてあるため、例えば絶対王政や近代国民国家化した国には当てはまらない場合が多いと補足しておく。
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月28日 18:28
          • くさそう
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月28日 22:13
          • 気がついたら最後まで読んでた

            ハッピーエンドじゃなかった( ;∀;)
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月28日 22:26
          • ホモは苦手な筈なのに引き込まれた。
            すごく良かった。
            あとは騎士と貴族が幸せに暮らしてる後日談とかも欲しいところ
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月29日 19:05
          • これはファンタジーものなんだから騎士は貴族だの貴族じゃないだの意味ないだろ
            肩の力抜いて楽しめよ
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月30日 08:48
          • ファンタジーものなんだからなんでもOKとか頭わいてるんじゃね
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月30日 16:49
          • コメント欄、9割腐だよね?
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月30日 17:57
          • 最高だな
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月05日 13:41
          • 俺ノンケだけどなかなかくるものがあった
            俺ノンケだけど
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月05日 20:34
          • 俺女わきすぎだろ
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月11日 08:23
          • 騎士が女なら割りと普通にある寝取られ物である話だな
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月18日 01:59
          • 貴族と騎士は幸せなキスをして終了
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年01月22日 09:49
          • 女騎士だと思って開いたのに…何故か最後まで読んでしまった
            メリーバッドエンドかな?いいね
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年02月20日 22:11
          • なぜか北斗イチゴ味で再生されてしまった
            おかげで、ほんのり笑えた
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月14日 19:08
          • ※8
            別によくない
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月30日 12:07
          • やっぱりホモは文豪
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月31日 11:33
          • 最後まで見ちまったw
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月05日 23:30
          • もしかしてヤンキー♂がDQN先輩♂のお○ンポ奴隷になるSSと一緒の作者?
            あれもバッドエンドで鬱展開だけど面白かった 
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 15:36
          • 私女だけどっていうの以内のどうしてなんだろう
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年01月23日 19:54
          • 騎士をへしきり長谷部の声で脳内再生したらものすごい抜けた

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ