TOP

吹雪「第五遊撃部隊と2人でクリスマス会をした」

1: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/04/22(水) 21:40:16.40 ID:McEc+aO70

夕立「ぽい?」ピカ-

吹雪「ゆ、夕立ちゃん!また光ってるよ!?」

夕立「ホント?」ピカ-

睦月「うん!ホタルイカみたい!」

暁「今度は改三になるって言うの?」

雷「改三!?」

電「そんなの聞いたことないのです…」

響「いや、もしかすると練度が限界を突破したのかもしれない」

暁「それって、スーパーサ○ヤ人を超えたスーパー○イヤ人みたいなもの?」

響「可能性は大いにあるね」

吹雪「(あわわ…夕立ちゃんがまた進化したら)」ホワンホワン


ーー
ーーー

夕立「ぱんぱかぱーん!っぽい!」タユンタユン



24: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/04/23(木) 21:40:06.99 ID:Vhqq22F90

吹雪「第五遊撃部隊でお鍋をつついた」

記念すべきシリーズ一作目


吹雪「第五遊撃部隊で王様ゲームをした」

シリーズ二作目 みんながブッキー呼びになった話


吹雪「第五遊撃部隊でキャンプをした」

三作目 長門さんがゲスト


吹雪「第五遊撃部隊でボウリングをした」

四作目 二本立て


吹雪「第五遊撃部隊で野球をした」

五作目 第一シリーズ最終回



2: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/04/22(水) 21:40:58.70 ID:McEc+aO70

吹雪「フヒwフヒヒ…いいねぇ」ジュルリ

睦月「吹雪ちゃん…涎」

長門「どうした!偉く光っていたので来てみたんだが」タッ

吹雪「長門さん!夕立ちゃんが!!」

長門「これは…!夕立、すぐに工廠へ来い!!」

夕立「り、了解」タッタッ

吹雪「夕立ちゃん…どうなるんだろう」ワキワキ

暁「その手つき、レディじゃないわね」

電「暁ちゃんもよく自分のおっぱいをあんな風に触っているのです」

暁「なあっ/////」カァァ



3: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/04/22(水) 21:41:53.10 ID:McEc+aO70

~工廠~

吹雪「心配になって来たけど…夕立ちゃーん!」

睦月「いたら返事してぇ~!」

ポ-イ!

吹雪「夕立ちゃん!!」

コレヲヨンデホシイッポイ

睦月「手紙?」

ポポポポポポ…

ダルビッシュ

吹雪「えっ、なになに!?」

capture

戊辰戦争

EMURATED EMURATED EMURATED…

吹雪「夕立ちゃん!どうしたの!?」

睦月「加熱した欲望は、遂に危険な領域へと突入する…」

吹雪「睦月ちゃんまでぇ!?」



4: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/04/22(水) 21:42:34.69 ID:McEc+aO70

シャッー

サイクロップス夕立「ポイー!」

吹雪「な、なんじゃこりゃあ!!」

睦月「カッコいいサングラス…」

サイクロップス夕立「吹雪ちゃん、睦月ちゃん、見てて」カチャ

サイクロップス夕立「ポイッ」ドウッ

ズガガガガガガ!!!!!!

ガシャァァァァァァン!!!!!!!!

吹雪「ち、鎮守府が!夕立ちゃん止めてぇ!! 」

サイクロップス夕立「と、止め方がわからないっぽい~!」ドウッ

睦月「崩れる!崩れる!」

サイクロップス夕立「ぽいー!!」

ドォォォォォォォン!!!!!!!!!!!

ーーー
ーー

夕立「…という夢を見たっぽい」

ふぶむつき「…」

ふぶむつき「夢かいっ!!」



9: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/04/22(水) 21:52:20.23 ID:McEc+aO70

長門「ジングルベール♪ジングルベール♪」

陸奥「長門ったら、この時期になるといつも浮かれるわよね」

長門「当たり前だ。何てたってクリスマスだぞ?1年に1度しかない胸熱イベントだからな」

陸奥「ふふ…」

長門「よいしょと…陸奥、リースズレてないか?」

陸奥「大丈夫よ」

長門「そうか!」

長門「あぁ早く25日にならないかな~」

長門「ジングルベール♪ジングルベール♪」ルンルン

大淀「…」

大淀「あっ、サンタさんにプレゼントお願いしなくちゃ」

もうすぐクリスマス♪街も鎮守府も深海もクリスマスムード一色です!



10: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/04/22(水) 21:53:05.76 ID:McEc+aO70

大鳳「クリスマス会?」

吹雪「はい」

北上「結成してからもう三度目のパーティだね」

瑞鶴「いやブレーキランプ5回点滅しなくていいから」

加賀「ト・マ・リ・マ・スのサインだっけ?」

瑞鶴「合ってるけど違うわよ!!」

金剛「Christmas partyやりたいデース! 」

大和「私も!七面鳥食べましょう!! 」

瑞鶴「」ピクッ

大和「瑞鶴さん、七面鳥苦手なんですか?」

瑞鶴「」ピクピクッ

瑞鶴「え、えぇ…まぁ、そうね。嫌っちゃあ嫌よ」

加賀「ぷぷっ」

北上「今回は誰が酔い潰れるんだろうねぇ」ナデナデ

レ級「にゃ?」ゴロゴロ

大井「お酒は止めましょうね…」

大鳳「そうね」

吹雪「加賀さんはどうですか?クリスマス会」

加賀「ご飯が食べられるのなら構いません」

吹雪「それじゃあ、決定ですね」



13: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/04/23(木) 00:40:00.19 ID:Vhqq22F90

吹雪「パーティパーティ楽しいパーティ♪」ルンルン

夕立「吹雪ちゃんテンション高いっぽいね」

吹雪「うん!だってクリスマスパーティだよ?」

睦月「また隊の人達でパーティするの?」

夕立「いいなぁ、夕立も素敵なパーティしたいっぽい~」

睦月「夕立ちゃんはパリピだもんね」

夕立「ぱ、ぱりび…?」

吹雪「睦月ちゃん、それなぁに?」

睦月「パリピっていうのは、パーティピープルの略語でパーティ好きのノリがいい人って意味だよ」

吹雪「へ、へぇ…そうなんだ」

夕立「睦月ちゃんは何でも知ってるっぽい」

睦月「えへへ、それほどてもないよぉ」

吹雪「よかったら2人も一緒にパーティする?」

睦月「えっ、そんな…隊の皆さんに悪いよぉ」

夕立「夕立は夕立達でパーティするから、吹雪ちゃんは心配しなくていいっぽい!」

吹雪「…うん!」



14: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/04/23(木) 00:51:31.63 ID:Vhqq22F90

暁「クリスマスかぁ…」

雷「みんなはサンタさんに何をお願いするの?」

暁「はんっ、サンタなんてお子様ねぇ。一人前のレディはサンタなんて信じないわよ?」

雷「へー、じゃあ暁はプレゼント無しね」

暁「えっ…あぁ…」

雷「暁の分は私が貰うわ」

暁「ダメぇ!」

電「雷ちゃん、いじわるはいけないのです」

響「それで、雷は何をお願いするんだい?」

雷「私はねぇ、お裁縫セットが欲しい!」

暁「び、貧乏くさ…」

雷「何よ!どうせなら使えるものがいいでしょ!?」

暁「もっと年相応のものをお願いしなさいよ」

響「電は?」

電「電はJR○海の株券が欲しいのです」

雷「(もっと凄いのキタ━━━━━━━━!!)」

電「ふふ…ふふふふふ」

暁「(電から黒いオーラが)」

響「は、ハラショォ…」

暁「響、貴女は何をお願いするの?」

響「私かい?私は…」

響「誰も傷つくことのない、平和な世の中が欲しいな」

3人「(す、スケールが大き過ぎる)」のです



15: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/04/23(木) 01:00:09.99 ID:Vhqq22F90

赤城「…クリスマス会を」

加賀「どれほどの食事が出るのか、今から待ちきれません」

赤城「私も…考えただけでお腹が」グ-

加賀「少し、休憩しましょう。ケン○のクリスマスバーレルを買ってきてあるので」KFC

赤城「まあ!」

(クマ-

赤城「んー!」ムシャムシャ

加賀「美味しいですね」ムシャムシャ

赤城「加賀さんは骨までいく派ですか?」

加賀「はい、フライドチキンに捨てるところなんてありませんから」バリバリ

赤城「流石ですね」バリバリ

飛龍「こんにちわっしょい…って、KFCぃ!?」

蒼龍「よく食べられますね…」

赤城「飛龍さん蒼龍さん」

加賀「こちらへどうぞ」

飛龍「どうもどうも…えへへ、ぎゅーっ」

加賀「ひゃっ!」

飛龍「あー、やっぱり加賀さんあったかいですぅ」ヌクヌク

蒼龍「あ、私も!」ギュッ

加賀「重い…」

飛龍「寒い日は加賀さんストーブに限りますよ」

蒼龍「ホントホント」

赤城「加賀さん、私もぎゅーってしていいですか?」ベトベト

加賀「そ、そんな油まみれの手で…」

赤城「はい、ぎゅーっ!」

イヤァァァァァァ



16: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/04/23(木) 01:27:23.93 ID:Vhqq22F90

大鳳「うっんめい~せ~ん♪」テクテク

大鳳「この歌何だったかしら」テクテク

那珂「あ、タイホーさーん!」フリフリ

大鳳「え、えぇと…」

那珂「もー!艦隊のアイドル、那珂ちゃんだよー!ちゃんと覚えてぇ!」

大鳳「ご、ごめんなさい」

神通「こんにちは、大鳳さん」

川内「特型は元気してる?」

大鳳「えぇまぁ、いい感じに」

川内「いい感じ?まぁいっか。ところで、聖夜に夜戦したい?したくない?」

神通「姉さん!」

大鳳「夜は静かに過ごしたいから」

川内「ちぇっ、つまんないのー」

那珂「那珂ちゃんのクリスマスライブ、絶対見に来てね!!」

大鳳「そうね。いけたら行くわ」

神通「あっ...(察し)」

川内「(こりゃ来ないな)」

那珂「絶対だからねー!!」

川内「ところでさ、1人で何してたんだい?」

大鳳「石を投げれば巨乳当たるを実行してたのよ…それが」チラチラチラ

大鳳「…はあ」

川内「なっ…どこ見てるんだよ!!」

那珂「那珂ちゃんは成長期だもん!!」

神通「////」

大鳳「投げたのが小石だったからかもしれないわね。それじゃ」テクテク

大鳳「きっみっとなっら~きっと~でっきっるこっと~♪」テクテク

川内「アイツ…やな奴だねぇ」

那珂「ぷんぷん!」プンプン

神通「…」

川内「神通?」

神通「当たった小石って、誰なのでしょうかね?」

2人「!!」



17: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/04/23(木) 01:36:11.10 ID:Vhqq22F90

間宮「へー、クリスマス会を」

大和「そうなんです」

間宮「貴女達について行ったらまた美味しいお酒が飲めるかもしれないのよね…」チラッ

大和「だ、ダメです!!間宮さんはもうお酒禁止です!!」

間宮「ちぇっ、誘ってもらえると思ったのに」

大和「あんなに暴走されては困ります!ましてやキリスト様のお誕生日だと言うのに」

間宮「へー、大和さんってそっち系だったんだ」

大和「そうじゃないですけど、誰だってお誕生日を邪魔されては嫌な気持ちになりますよ」

間宮「それもそうね。もし私だったらエルボードロップからのウエスタンラリアット喰らわせちゃうかも」

大和「!」ゾクッ

間宮「ふふ、まぁ今回は貴女達だけで楽しみなさいね。また調理が必要なんだったら厨房貸すわよ?」

大和「ありがとうございます!」

大和「あっ、あと牛丼お代わりを」

間宮「はーい、アタマの大盛りでいいかしら?」

大和「はいっ!」



25: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/04/23(木) 21:41:45.33 ID:Vhqq22F90

レ級「にゃにゃ~」

大井「あの…北上さん」

北上「ん?」

大井「この子って、どうやって連れてきたんですか?その…深海棲艦ですし」

北上「そう言えば言ってなかったっけ。最近、これ始めたんだ」スッ

大井「を、ヲ級集め?」

北上「海岸近くに資材を置いとくとヲ級が遊びに来てくれるんだよ。この子はレアでね、来るのに苦労したんだぁ」

レ級「にゃっ」スリスリ

大井「…」

北上「大井っちもやってみる?」

大井「へ?いいんですか?」

北上「うん、資材ならたっぷりあるから」

(ヲッヲ-!

大井「…これでいいんですか?」

北上「後はヲ級が来るのを待つだけだね」

レ級「ふにゃあ」

~数分後~

ゴソッ

北上「来たよ!」タッタッ

大井「どんなヲ級なんでしょう…」

ル級「!!」

ル級「に、にゃあ」

大北「…」

レ級「うわキツ」

ル級「キツいって言わないで!これでもすっごく恥ずかしいんだから!!」



26: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/04/23(木) 21:50:19.00 ID:Vhqq22F90

大井「…で、何でおばさんが猫なんてやってるんですか」

ル級「おば…!」

ル級「」チラ

レ級「にゃ?」キョトン

ル級「そうよね…ふふ、こんな売れ残り誰も拾わないわよね」イジイジ

北上「あーあ拗ねちゃった。ダメだよ大井っち、猫はデリケートなんだから」

大井「え、えぇ!?」

ル級「はぁ…もういっそこのまま海の底へ沈みたい」

大井「元々深海住まいじゃないの!!」

北上「ほーらル級、機嫌直して」シパシパ

大井「そ、そんな猫じゃらしで機嫌が」

ル級「うにゃっ!うにゃっ!」

大井「直ったー!!」

大井「でもやっぱりキツい」

ル級「!!」ガ-ン

レ級「にゃ」ポン

ル級「れ、レ級ちゃん…」

レ級「にゃあ」ゴ-トゥデプス

ル級「うわぁぁぁぁん!!!!!」ザバザバ

北上「あぁ、行っちゃった…」

大井「何か今になって可哀想になって来ました」

北上「でもル級はアンチエイジング代が馬鹿にならないからやめた方がいいよ…ソースは私」ホロリ

大井「き、北上さん…」ホロリ

大井「と言うか、いつの間に!?」



28: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/04/23(木) 23:14:12.86 ID:Vhqq22F90

瑞鶴「翔鶴姉~」ガチャ

翔鶴「あら瑞鶴」

瑞鶴「あれ?翔鶴姉リングは?」

翔鶴「瑞鶴ったら遅れてるわねぇ、もうプロレスの時代は終わったの!これからはJリーグよぉ!!」

翔鶴「ななみー!!」

瑞鶴「…翔鶴姉」

瑞鶴「(翔鶴姉って、ズレてる?)」

翔鶴「それで、私に何か用なの?」

瑞鶴「あぁそうそう。翔鶴姉はクリスマス予定ある?」

翔鶴「あるけど…瑞鶴は隊の皆さんとパーティよね」

瑞鶴「なんでわかったの…?」

翔鶴「今までの流れから行くと、そんな気がして」

瑞鶴「あはは、私達って一体…」

翔鶴「遊んでばっかり部隊の名に恥じないよう精一杯遊びなさいね」

瑞鶴「遊んでばっかり部隊が恥ずかしいんだけど…」

翔鶴「ふふ」

瑞鶴「あ、そうそう翔鶴姉」

翔鶴「どうしたの?」

瑞鶴「今はもうカガワよ」

翔鶴「!?」



30: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/04/24(金) 00:15:00.63 ID:fufHegGO0

金剛「ンー…beefstewもいいデスけど、curryも捨てがたいデスネ」ブツブツ

比叡「お姉様~!」

金剛「Oh、比叡デース」

比叡「どうかされたんですか?」

金剛「Christmas partyのdinnerを作るつもりなんデスけど、何にしようか考えてたところデース」

比叡「Christmas party…まさか、私と2人きりで!?」

比叡「たはーっ!聖なる夜が性なる夜にぃ!!」バンバン

金剛「…比叡の将来が心配デスネ」

金剛「ほら比叡、現実に戻るネ」パンッ

比叡「ハッ!」

比叡「お、お姉様…」

金剛「比叡は役に立たないので、榛名に聞くデース」テクテク

比叡「お姉様!?」

金剛「うーん…curry or stew」ブツブツ

比叡「ひ、ひぇぇ」

(ヒエ-

金剛「はーるなー」トテテ

榛名「お姉様!どうされました?」

金剛「curry stewとbeef riceならどちらがいいデスカー?」

榛名「えっ、えええ!?」アセアセ

榛名「(カレーシチューと牛丼ですか…?一体どちらがいいのでしょうか。非才な榛名にはわかりません…)」

榛名「あ、あの…間をとってビーフシチューはどうでしょうか」

金剛「Oh!名案デスネー!!」

金剛「Thank you榛名!助かりマシター」

榛名「お姉様…!」

金剛「流石は榛名デース。beefとstewを組み合わせるなんて…」

金剛「ん?」



31: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/04/24(金) 00:29:25.34 ID:fufHegGO0

吹雪「あーたごさん!」モミュッ

愛宕「や~ん、吹雪ちゃんどうしたのぉ?」

吹雪「いやあ、つい」

愛宕「もぅ、そーいうのはちゃんと言わないとダメよ?」

吹雪「は~い」モミモミ

高雄「そう言えば、第五遊撃部隊の皆さんはクリスマス会するんですか?」

吹雪「はい、勿論です」モミモミ

高雄「本当に仲が良いですね」

愛宕「んぅ…吹雪ちゃん、もっと優しくぅ」

吹雪「ダーメ」

愛宕「んんっ」ビクッ

高雄「(凄い…愛宕ちゃんの感じやすいポイントを抑えてる)」

高雄「吹雪ちゃん、折角のクリスマス会なんですし仮装してみてはどうですか?」

吹雪「火葬?」

高雄「仮装です」

吹雪「楽しそうですけど、私そんな衣装持ってませんよぉ」

高雄「大丈夫、一度吹雪ちゃんに着せたい服があるんですよ」

吹雪「えっ」コリッ

愛宕「(≧Д≦)ンアッー!」プシャッ

吹雪「あ、イった」

高雄「愛宕ちゃん、持ってきてくれるかしら?」

愛宕「ハァ…ハァ…はぁい////」ビクンビクン



37: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/04/28(火) 20:26:30.24 ID:ibD4zklc0

シャッー

吹雪「ど、どうでしょうか…」

高雄「とても似合っていますわ!」

吹雪「えへへ」

吹雪「でも少し胸のところがブカブカなんです 」

高雄「ホント?」

愛宕「高雄ちゃん、それ中学の時に着た衣装よね?」

高雄「ふふ…ずっとタンスの奥に眠ってたのよ」

吹雪「(中学生の時の高雄さん…そしてこの胸の空きよう)」

吹雪「フヒヒ…」ハァハァ

愛宕「吹雪ちゃあん、大変な顔になってるわよ?」

吹雪「ハッ!」

高雄「それ渡しておくから、クリスマス会の時にまた着てくださいね?」

吹雪「あ、わかりました!」



51: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/18(月) 23:33:59.84 ID:IBCWCbsX0

金剛「うーん…」テクテク

比叡「あっ!お姉様~!」タッタッ

金剛「Oh 比叡~!」

比叡「どうかしたんですか?そんな難しい顔をして」

金剛「Christmas partyのdinnerを任されたんデスけど、何を作ろうか迷ってるところデース」

比叡「クリスマス会…まさか、今年はお姉様の手料理!?」

比叡「あはぁ~!もう普段より味の落ちたチキンを食べなくていいんだぁ!!」

金剛「…」

金剛「Sorry、今年はNo5遊撃部隊のみんなでpartyやりマース」

比叡「えっ」

金剛「ブッキーや加賀が私のdinnerを楽しみにしてるネ」

比叡「そう…ですか」

比叡「…大丈夫です!妹達の料理は私に任せてください!お姉様は吹雪ちゃん達と楽しく過ごしてくださいね!!」

金剛「Thank you比叡」

比叡「では!」タッタッ

金剛「…」

金剛「シースーを頼んでおきまショー…Christmasに死人が出るのはNoデース」



52: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/19(火) 00:06:14.19 ID:Hbrbh+Ka0

~数日後~

ビーッ!ビーッ!

『あーテステス、鎮守府沖に深海棲艦が現れた。第五遊撃部隊出撃せよ』

吹雪「…」

瑞鶴「あら?どうしたのかしら」

北上「きっとクリスマス会のお誘いかも」

レ級「にゃあ!」

大井「何にせよ寒いのでコートを着ていきましょう。はい北上さん」

北上「ありがとね」

加賀「(どこから出てきたのかしら…)」

金剛「冬の海はvery coldネ…」

瑞鶴「(年寄りだから冷え性なのかしら)」

吹雪「まぁまぁ、カイロ持っていきますので」

金剛「Thank youデース」

『ブッキー、聞こえるか』

吹雪「あ、長門さん…どうしたんだろう」

『折角だからホットココアでも持っていけ。ブッキーの艤装に装備しておいた』

吹雪「あ、どうも」

大和「寒い日のココアってとても美味しいですよね!」

大鳳「そうね。ココアの暖かさが五臓六腑に染み渡るわ」



80: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/25(月) 21:23:08.79 ID:sAZKMZgZ0

~海上~

チ級「…」

リ級「…」

イ級's「「「イーッ!」」」

加賀「雷巡が一隻に重巡が一隻」

瑞鶴「それに、駆逐艦が数杯ね…」

吹雪「私が気を引きます。皆さんは周りから攻撃を!」

金剛「ブッキー、無茶は禁物デース」

大和「ブッキー、私に任せて下さい」

吹雪「大丈夫です」

大鳳「ブッキー…」

吹雪「…」

吹雪「」スッ

深海棲艦「ッ!」

コポポポポ

吹雪「いや~、寒くなりましたねぇ。これ、温かいココアです」

チ級「あ、どうも」

リ級「ありがとうございます」



81: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/25(月) 21:24:59.45 ID:sAZKMZgZ0

チ級「ぷはー、美味しいです~」

北上「ブッキ~、レジャーシート引いたからこっちおいで」

吹雪「あ、はーい」

瑞鶴「早いものでもう12月ねぇ」

リ級「1年もあっという間でしたね~」

金剛「ブッキー!クォクォアのおかわりお願いしマース!」

吹雪「はいは~い」コポポポポ

大井「あら、そのコート素敵ですね」

チ級「えへへ…これ、彼からのクリスマスプレゼントなんです♪」

瑞鶴「イチャついちゃってこの~」ツンツン

チ級「きゃー、被弾しちゃう~!」

大鳳「(…深海棲艦、悪くないわね)」ワキワキ

大和「なでなで♪」

イ級「い~////」



82: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/25(月) 21:27:23.08 ID:sAZKMZgZ0

レ級「にゃっ!にゃっ!」チャプチャプ

リ級「昨日の観ました?」

吹雪「歌の祭典ですか?」

リ級「そうそう!」

吹雪「観ましたよ!まさかサプライズであの人が出てくるなんて思いもしませんでした!」

リ級「ビックリでしたよね~!私も思わず声でちゃいましたもん」

北上「えぇ、アレがサプライズだとしたらちょっとレベル低すぎない?」

吹雪「充分なサプライズですよ~。今年はもう干されて出てこないと思ってましたから」

リ級「しかも干した噂のあった人とのコラボでしょ?凄いの一言です」

北上「そうかなぁ…」

ワイワイ

瑞鶴「…で、その彼とやらは一体どこで知り合ったの?」

加賀「教えるまでは帰しません」

チ級「えと…サークルの先輩です」

瑞鶴「ほらきた。やっぱりサークルだったわ」

金剛「circle…懐かしい響きネ」

チ級「元々引っ込み思案だった私にいつも声かけてくれて…そこからだんだん好きになっちゃったんです」

大井「どっちから行きましたの?」

チ級「彼の方から」

加賀「…その彼は貴女が深海棲艦だってことは知ってるの?」

チ級「はい。遠距離になるけどそれでも構わないって言ってくれました/////」

瑞鶴「かーっ!いい男じゃないの!!」

チ級「////」

大和「もふもふ♪」

イ級「いー////」



83: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/25(月) 21:44:52.76 ID:sAZKMZgZ0

リ級「ところで、クリスマス会ってやったりしますか?」

吹雪「勿論です」

北上「激しく盛り上がらなくっちゃ。遊撃部隊の名が廃るよ」

吹雪「深海の方ではクリスマス会は」

リ級「ありますよ。ただ」

吹雪「ただ?」

リ級「サンタは深海に来ないって吹き込む悪魔が現れたんです…それで、待ち望んでいた子達がみーんな落ち込んじゃって」

北上「誰だ。そんな酷いことをする深海棲艦は」

リ級「なんでも、『私はまだピチピチよ!キツイだなんて言わせないわ!』とか叫んでいたと聞きます」

北上「あ…」

吹雪「北上さん、なにか心当たりがあるんですか?」

北上「何でもない…何でもないよねレ級?」

レ級「にゃあ?」カジカジ

マグロ「」ビチビチ

北上「贅沢な子だねぇ…大トロのところだけ齧って」



84: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/25(月) 21:46:40.20 ID:sAZKMZgZ0

吹雪「リ級さん、一刻も早くその悪魔を見つけ出してガツンと懲らしめないと!」

リ級「子供達の夢は私が守ります!」

北上「おおっ!その意気だよ!」

ワー!ワー!

瑞鶴「…で、したの?」

チ級「な、何がですか!?」

瑞鶴「えっ…えぇと…その」

加賀「彼氏彼女と言えばコレしかないでしょう」ズボッ

チ級「ふぇぇ!?」

瑞鶴「アンタ見境もなくよくそんな事できるなぁ!」

金剛「膜はあるんデスカー?」

チ級「そ、それは…ゴニョゴニョ」

加賀「よく聞こえないわ。耳にバナナが入ってるから」

金剛「OH、耳コキデスネー!」

瑞鶴「んなわけあるかぁ!!」

チ級「え、えぇと…」

チ級「し、しました////」ボソッ



85: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/25(月) 21:50:59.27 ID:sAZKMZgZ0

加賀「ほらもっと聞かせなさい」

金剛「イエース!これからの為に勉強しておくネ!」

チ級「あぅぅ…」

瑞鶴「ほらもう困ってるじゃない。経験済みってことでいいでしょ?」

チ級「瑞鶴さん…!」

瑞鶴「後で信号頂戴ね。どんな感じだったか」ヒソヒソ

チ級「ひゃ…ひゃいっ」

瑞鶴「さ、そろそろ帰りましょう。ココアも無くなったし」

吹雪「そうですね。これ以上いても寒いだけですし」

リ級「また今度ファミレスでも行ってゆっくり話しましょうか」

北上「その方がいいね」

大和「もっともふもふしたかったのに」

イ級「イーッ!」

レ級「ふにゃあ!」

大井「レ級、お手伝いありがとう」

瑞鶴「あー、でも何もしなかったら提督に怒られるんじゃない?」

大鳳「じゃあ取り敢えず無駄射ちして戦ったとだけだもしておきましょう」

加賀「そうね」

バシュ!ドンドンッ!バババババ

北上「うーん…このお魚に対するいじめ」



86: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/25(月) 23:57:22.05 ID:sAZKMZgZ0

~鎮守府~

コンコンコン

『入れ』

ガチャ

吹雪「駆逐艦吹雪です。任務より帰ってまいりました!」ビシッ

長門「おー、お疲れ様」ニュッ

吹雪「おぉぅ」

陸奥「あら、そんなに驚くことないでしょ?」

吹雪「いや…お二人が炬燵から出てきたら誰だってビックリしますよ」

長門「大淀、お前はビックリするか?」

大淀「いえ、逆に可愛いなと思います」

陸奥「ね?」

吹雪「…」

吹雪「これ、報告書です」スッ

長門「了解した。引いていいぞ」

吹雪「はいっ!失礼します!」ビシッ

ガチャ

長門「…ふむ」

長門「今年の有馬は4-12が熱いのか」

陸奥「毎年飽きないわねぇ」



88: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/27(水) 00:36:45.33 ID:VnuJcz4S0

~何だかんだでクリスマス前日~

吹雪「今日はクリスマスイブですよ!クリスマスイブ!」

加賀「ブッキー、はしゃいだところでサンタは来ないわよ。もうそんな年じゃないでしょう?」

吹雪「あぅぅ…ですよね~」

瑞鶴「あら?去年サンタが来なくてガチ泣きした空母がいたって聞いたんだけど」

グニッ

瑞鶴「痛い痛い!」

加賀「これ以上言うと抓りますよ」グイ-ッ

瑞鶴「もう抓ってるじゃない!」

大和「1日前ですし、パーティの準備をした方がいいかもしれませんね」

北上「皆は交換用のプレゼントとか買ったの?」

大鳳「ロンモチよ」

金剛「バッチリデース!」

北上「それじゃ、今日はプレゼント買いにいこっかな」

大井「私もお供します!!」

北上「大井っちが一緒に来てくれるなら心強いなぁ。私、そういうの選ぶの苦手だし」

瑞鶴「あ、じゃあ私も行くわ」

大井「チッ」

金剛「ブッキー!私達はいつもの商店街で買い出しに行きマショー!」

吹雪「はいっ!」

大和「あっ、私も行きたいです!」

金剛「OH!では今日は大和と3人で行くデース!」

加賀「大鳳さん、私達はレ級と一緒に部屋の片付けをしましょう」

大鳳「わかったわ」



91: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/27(水) 00:58:23.19 ID:VnuJcz4S0

~東急ハ〇ズ~

北上「どれにしよーかなー」

大井「北上さん!これなんてどうですかぁ!?」

北上「手帳かぁ…確かにスケジュールは大事だもんね」

大井「北上さんに似合うデザインを選んでみました!」

北上「大井っち、嬉しいけどプレゼントは交換だから私が買っても当たんないよ」

大井「!!!???」

大井「な、なんたる失態…」

瑞鶴「大袈裟なんだから。でもこれ可愛いわね」

北上「…孫の手?」

瑞鶴「そうよ。一航戦狙いで、ウキウキからの微妙なプレゼントにどう反応していいかわからない顔をみたいのよ」

北上「…また限定的だなぁ。もしそれがブッキーに当たったらどうするのさ」

瑞鶴「それは…一航戦からのプレゼントって言い張ればなんとか」

北上「ならないから」

瑞鶴「そうよねー」

大井「北上さん!これは絶対いい物です!!」

瑞鶴「孫の手被ったー!!」



98: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/27(水) 23:43:41.03 ID:VnuJcz4S0

北上「やっぱ無難にマグカップかなぁ」ヒョイ

瑞鶴「(あ、かわいい…)」

北上「どう思うずいずい?」

瑞鶴「悪くないと思うわよ。マグカップなら誰に渡っても喜んでもらえるし」

北上「じゃあこれにしようかな」

大井「北川さ…!!」

大井「(なんて可愛らしいマグカップなの!?これは絶対に獲得しなくては!!)」

瑞鶴「大井っちは何に決まったの?」

大井「私はこれです」

瑞鶴「へー、タンブラーかぁ」

北上「あると便利だもんね」

大井「はい!」

瑞鶴「じゃ、レジ行きましょうか」

北上「そうだね」

大井「(ホントに孫の手買うつもりなんですね…)」



100: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/28(木) 10:22:50.05 ID:JL3nlN5vO

瑞鶴「ねぇ、気になったんだけど大井っち今北上のことを北川さんって言ったわよね?」

大井「へ?言いましたっけ?」

北上「いや…特に」

瑞鶴「絶対言った!絶対言ったから!!あぁ気になって夜も睡れなぃぃ!!!!!」

北上「ずいずいどうしたんだろう」

大井「さぁ?」

北上「北川は私の本名だよ。ずいずい」

瑞鶴「!?」

瑞鶴「え…待って、じゃあ北上は北上であって北上じゃないの…?」

大井「いやいや…誰だって氏名はあるじゃないですか」

瑞鶴「???」

北上「…もしかして」

北上「(ずいずいってオリジナルの艦娘なんじゃ…?私達みたいなスカウトじゃなくて)」



105: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/28(木) 22:03:09.26 ID:Is/M4UrG0

~いつもの商店街~

金剛「明日はcurryを作るつもりデース」

大和「カレーですか!?わーい!!」

吹雪「金剛さんの作ったカレー、食べてみたかったんですよねぇ」

金剛「具材が溶けるまで煮込んだgolden curry…テートクにも食べてもらいたかったデース」シュン

吹雪「ま、まぁまぁ…あの大会はほぼ決まってたものですから」

大和「あの大会って?」

吹雪「ここの鎮守府では毎年カレー大会があるんですよ。そこで優勝すればメニューのカレーが自分達の作ったカレーになる。と言うわけでして」

大和「それはとても興味深いです!」

吹雪「でも、審査員の長門さんが辛いの苦手で…多分この先も第六の甘口カレーになりそうです」

金剛「正直、足柄のcurryの方が食べたかったネ」

吹雪「カツの差は大きいですよねぇ」

大和「なるほど…究極のカレー対至高のカレーですね」

金剛「あ、着きマシター」

店員「あらいらっしゃい」

金剛「curryの材料をくだサーイ!」

店員「かしこまり!」



106: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/28(木) 22:04:24.82 ID:Is/M4UrG0

大和「ねぇ、ブッキー」

吹雪「どうしました?」

大和「あの店員さん、普段からあんな格好なんですか?」ヒソヒソ

吹雪「うーん…時々違う服来てたりするんですけど、まぁ大抵はお母さんがきりもりしていますから」

大和「そうなんですか…」

大和「(このクソ寒い中ご苦労様です)」

店員「どうぞ」

金剛「Thank youネ!」

店員「アリガトナス」

吹雪「あ、荷物持ちますよ!」

金剛「No problemデースブッキー。これくらいどうってことないネ!」

大和「流石は高速戦艦ですね!」

金剛「後はbeefとchickenデスネ」

吹雪「お肉たっぷりカレーですか!」

金剛「NoNo、chickenはroastにするデース」

大和「ローストチキン…想像するだけでも涎が」ジュル

吹雪「大和さん…」



107: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/28(木) 22:06:45.59 ID:Is/M4UrG0

~東急ハ〇ズ~

瑞鶴「ホントどういうことなの…?スカウトって、2人は正規の艦娘じゃないの? 」

北上「…まぁ、そうなるね」

大井「あれは私と北上さんがお買い物に出かけてる時でした」


ーー
ーーー

北上「大井っち~、テスト勉強したー?」

大井「ぜーんぜんやってませんよぉ♪」

北上「あはは、そっかぁ♪」

北上「(絶対やってるよ…)」

???「そこの2人」

北上「んあ?」

大井「な、なに…なんなの貴方!?」

???「僕と契約して艦娘になってよ」

大北「艦娘?」

???「戦況は悪化している。今すぐ君達の力が必要なんだ」

北上「…でも、艦娘って下手したら死ぬんじゃないの?」

???「それは問題ない。艦娘として死ぬだけだ。そこで契約終了ってわけだから。君達には次の日からまた普通の日々に戻るってわけだ」

大井「…じゃあお断りします。そんな面倒なことするよりもテスト勉強があるので」

???「給料は弾むよ」ボソッ

大北「!!」

???「そうだな…30分で、5万円くらいだね」

大北「30分で、5万!?」

ーーー
ーー


大井「…と、言うわけで私達は艦娘になりました」

北上「いやぁ、平和になったから何もしなくてもウハウハだよね~」

瑞鶴「そう…だったんだ」

瑞鶴「(あれ?それじゃあどうして私には小さい頃の記憶があるの?翔鶴姉と一緒に遊んだ記憶が)」



110: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/28(木) 23:06:54.54 ID:Is/M4UrG0

~お部屋~

加賀「掃き終わりましたか?」

大鳳「えぇ、そっちの窓ふきは?」

加賀「完璧です」

ピカピカピカ

レ級「にゃあ~」シパシパ

加賀「どうしたのレ級」

レ級「にゃっ」つ折り紙

大鳳「なるほど、飾り付けね! 」

加賀「でも、クリスマスは明日」

レ級「にゃー!」

加賀「…わかったわ」

大鳳「今の内に作っておく方が明日になってすぐに飾れるもんね」



111: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/28(木) 23:08:38.34 ID:Is/M4UrG0

~司令室~

長門「…さて、今年もこの時間がやってきてしまったな」

陸奥「子供達へのプレゼントね。今年はどんなのがあるのかしら」

長門「大淀、頼んだぞ」

大淀「はい。では発表します…駆逐艦暁」

大淀「『レディのたしなみセットがほしい』」

長門「ふむ…化粧セットと言うわけか」

陸奥「でもまだ早いんじゃないかしら」

大淀「いえ…今の内に失敗を学んでいた方が成長してから役に立ちます」

長門「よし、ドモホル〇リンクルに決定だな」

大淀「(それは早すぎる気が…)」

長門「それで、次は雷か」

大淀「はい。裁縫セットとのことです」

長門「ババ臭いな」

陸奥「長門、子供のプレゼントに文句言っちゃダメよ」

長門「…すまない」



112: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/28(木) 23:24:16.20 ID:Is/M4UrG0

大淀「電は…じぇ、JR〇海の株券」

長陸奥「!!??」

長門「待て待て待て…そんなのどう用意しろと言うんだ」

陸奥「ここは造船所の株券でお茶を濁しましょう」

ポンポン

長門「提督?」

スッ

長門「これは…JR東〇の株券!?」

グッ

長門「て、提督しゃん…」ウルッ

大淀「男前ですね」

陸奥「えぇ、本当に」

大淀「では最後に、響のプレゼントを」

大淀「誰も傷つくことのない、平和な世の中がほしい」

四人「…」

四人「響(ちゃん)」ホロリ



114: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/28(木) 23:48:24.35 ID:Is/M4UrG0

長門「響…響のプレゼントはどうしようか」

陸奥「平和な世の中ねぇ」

大淀「深海棲艦を呼んで記念撮影でもしてみてはどうでしょうか?」

長門「それが最良だな」

ぴーぴー

陸奥「…はい、はい。えぇそうよ。お願いね」

ガチャ

陸奥「数人が来れるそうよ」

長門「そうか。なら我々も暇そうな人物を選んで撮ってもらうとしよう」

大淀「(そんなので大丈夫なのかしら…)」

長門「大淀、他の艦娘のプレゼントはどうなってる」

大淀「はい。えぇと…弥生が枕、五月雨がセリフ、睦月が…き、如月。と」

長門「…」

陸奥「弥生ちゃんのは何とかなりそうだけど…後二つはちょっとね」

長門「仕方ない。ここは代用で乗り切るか」

大淀「その方がいいですね」



115: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/29(金) 00:01:03.34 ID:A5kB9SRG0

~いつもの商店街~

店員「今日いい鶏が入ったんですよ。金剛さん好みじゃないかなぁって」

金剛「Oh」

店員「でもまだ未調教だから、お出しできないんですよねぇ」

吹雪「え、調教…?」

金剛「まぁそれでいいのでくだサーイ」

店員「かしこまり!」テクテク

大和「ねぇ、ブッキー」

吹雪「なんですか?」

大和「ここの店員さん、上半身に比べて下半身が貧弱すぎませんか?」

吹雪「あー、確かにそうですねぇ…どんな鍛え方したらこんなアンバランスになるんだろう」

店員「お待たせしました」

金剛「Thank you」

吹雪「さて、後は飲み物だけですね」

大和「ここの商店街って、とても美味しいお酒が売られてあるんですよね!?」

吹雪「あー、何故かぶっとんだお酒が置いてありますね」

大和「是非行ってみたいです!」



121: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/29(金) 22:53:25.70 ID:A5kB9SRG0

~お部屋~

加賀「…」

大鳳「…」

レ級「~♪」

大鳳「…」

加賀「…」

大鳳「よし出来た」スッ

加賀「…」

レ級「にゃあ~♪」

大鳳「綺麗な鶴ね」

レ級「にゃふふ」ドヤ

加賀「…」

大鳳「でもね、今作らなくちゃいけないのは輪っか。鶴じゃないの」

レ級「ハーイ」

大鳳「言いだしっぺなんだから頑張ってよね」

加賀「よし」ワサァ

大鳳「凄…」

加賀「やりました」ドヤ

レ級「長いにゃあ」



124: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/31(日) 00:11:06.34 ID:gqWkz2dX0

~いつものスーパー~

瑞鶴「パーティと言えばお菓子よねぇ」

北上「お、このチョコレート安いな。買っちゃお」ヒョイヒョイ

こんもり

瑞鶴「こんなに買ってどうするのよ…」

北上「大丈夫だって。余ったら大井っちが全部食べてくれるから」

大井「えっ」

瑞鶴「流石は重雷装巡洋艦ね」

大井「重雷装巡洋艦関係ありませんよ…」

大井「(こんな量食べたらブッキーみたいに太るわよ…)」

北上「大井っちチョコレート大好きだもんね」

大井「へ?あ、はい!大好きですっ!!」

北上「よし、じゃあチョコレート追加だぁ」ドサドサドサ

大井「」

瑞鶴「うわぁ…」



125: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/31(日) 00:34:01.32 ID:gqWkz2dX0

~いつもの酒屋~

ラッシャッセ-

大和「ほぁぁ…!」

大和「金剛さん!森伊蔵ですよ!あ、こっちには薩摩茶屋…!」

大和「ワインも凄いです!ロマネコンティまで揃えてあるなんて…」ピョンピョン

ワ-!ワ-!ナンダ!?ジシンカ!?

吹雪「大和さんがあんなにはしゃぐなんて…」

金剛「(外がearthquakeと騒ぎになってるネ…)」

大和「店員さん!あれとこれとそれください!!」

店員「えっ」

吹雪「えっ」

金剛「What's!?」

大和「お支払いはカードで!名前は○○です!」

吹雪「(し、司令官の名前…)」

金剛「(どうしてテートクのcard number知ってるんデース?)」



126: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/31(日) 00:38:13.91 ID:gqWkz2dX0

~甘味処 間宮~

間宮「はいお待たせ。新作よ」コトン

睦月「わぁ~!」

夕立「鹿っぽい~!」

間宮「トナカイなんだけど…」

夕立「あっ」

睦月「夕立ちゃん、クリスマスなのに鹿はないよ…」

夕立「よ、よく見ると鼻が赤いっぽい!これはトナカイっぽい!!」

間宮「ふふ、そうよねそうよね。じゃ、ごゆっくり」

睦月「いただきまーす」

ガララ

赤城「こんにちは」

間宮「あらいらっしゃい」

睦月「あ、赤城先輩」

夕立「こんにちわっぽい」

赤城「こんにちは。睦月さん、夕立さん…そこ、いいかしら?」



127: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/31(日) 00:39:55.26 ID:gqWkz2dX0

赤城「今日はクリスマスイブ。プレゼントは何かお願いしましたか?」

夕立「夕立は新しい装備をお願いしたっぽい!」

睦月「私は…」

睦月「…」

夕立「睦月ちゃん?」

睦月「な、何でもないよ!折角だから降霊術の指南書でもお願いしようかな」

夕立「(睦月ちゃん…やっぱり如月ちゃんのことを)」

赤城「…あら?睦月さんその上着」

睦月「気がつきました?実はこの前改二になったんです♪」

夕立「いつの間に…」

睦月「如月ちゃんのこと考えてたら、何だか腹たってきて気がついたら光ってました」

赤城「なるほど…穏やかで純粋な心と激しい怒りによって覚醒したのね!」

夕立「(改二ってそんな感じでなるんだったっぽい?)」

赤城「ふふ、心做しか少し凛々しくなりましたね」

睦月「えへへ////」

夕立「これで残すは吹雪ちゃんだけっぽいね」

睦月「吹雪ちゃんならきっとなれるよ!」

赤城「そうですね。あの子ならきっと…」

~いつもの酒屋~

吹雪「いーっくし!」

金剛「OH、風邪デスカー?」

吹雪「ちょっと寒いです…」

金剛「暖房上げてもらうデース」

大和「お待たせしました~」

吹雪「またどっさりと買いましたね…」

金剛「流石にこれ全部飲んだらやばい気がするネ…」

大和「早く明日が待ち遠しいです!!」



128: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/31(日) 00:57:50.41 ID:gqWkz2dX0

~お部屋~

加賀「これだけ作ったら上出来ね」

大鳳「そうね。はぁ、手が疲れた」

レ級「ふにゃあ…」

加賀「レ級もよく頑張ったわ」ナデナデ

大鳳「加賀さん、私お腹が空きました」

加賀「奇遇ね。私もよ」

レ級「にゃあ!」

大鳳「レ級も?じゃあ3人でご飯でも食べに行きましょうか」

加賀「名案ね」

ガチャッ

北上「たっだいま~」

瑞鶴「あら?ブッキー達は?」

加賀「お帰りなさい。ブッキーはまだ帰ってきていないわよ」

瑞鶴「まぁあそこが一番の荷物だしゆっくり帰ってるのかもね」

大井「凄い…これ全部輪っかの飾りですか?」

大鳳「そうよ。片付け掃除が意外と早く終わったから作ってたの」

大井「こっちには可愛らしいサンタクロースが」

レ級「にゃっ!にゃあ!」

大井「まぁ!レ級が作ったの?」

レ級「にゃしい!」ドヤ

北上「やるじゃんレ級」ナデナデ

レ級「ふにゃあ////」フリフリ

加賀「ずいずい、私達いまから食堂行ってくるから
。帰ってきたらブッキー達にも伝えておいて」

瑞鶴「ん、りょーかい」



129: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/31(日) 00:58:48.04 ID:gqWkz2dX0

~港~

離島棲鬼「…」

飛行場姫「…」

空母棲姫「…」

空母水鬼「…」

北方棲姫「暇してる人達を集めてみたよ!」

長門「…あぁ、恩に着る」ナデナデ

利根「ふむ、深海棲艦との記念撮影かのぉ。昔じゃありえないことじゃな」

筑摩「まぁまぁ、それだけ今は平和だということですよ」

愛宕「ねぇ高雄ちゃん、これに呼ばれたのって相当な暇人ってことよね?」

高雄「言っちゃダメ…それだけは言っちゃダメよ」

陸奥「そろそろ撮るから、所定の位置についてもらえるかしら?」

ゾロゾロ…

大淀「はい、皆さん肩を組んで」

大淀「いい笑顔お願いしますね~。響が安心出来るような、平和に満ち溢れた笑顔を」

大淀「はい行きまーす。3,2,1…」

パチリ

大淀「…もう一枚行きますねー。はい3,2,1」

パチリ



130: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/05/31(日) 01:09:26.51 ID:gqWkz2dX0

大淀「…いい笑顔です!ありがとうございました」

離島棲鬼「ねぇちょっと、撮れた写真見せてもらえるかしら?」

大淀「はい。どうぞ」スッ

飛行場姫「私にも見せて~」

空母水鬼「あ、私もー」

北方棲姫「ほっぽも!ほっぽも!」ピョンピョン

長門「はいはい、ほっぽは私達と後で見ようね」ヒョイッ

北方棲姫「キャッキャ!」

離島棲鬼「可愛く撮れ…!?」

飛行場姫「えっ、何これ…」

空母水鬼「頭身可笑しいでしょこれ」

空母棲姫「まるで主将翼ね」

長門「何かあったのか?」

利根「深海棲艦共が騒がしいのぅ」

離島棲鬼「長門さん!撮った写真の頭身がおかしなことになってるわよ!」

空母水鬼「ほっぽが…異常に胴長だよ」

北方棲姫「いや!こんなのほっぽじゃない!!」

陸奥「あらあら」

高雄「ひーふーみー…15頭身くらいありますね」

愛宕「スーパーモデルもびっくりね」

筑摩「…あの、これはどなたでしょうか」スッ

離島棲鬼「へ?」

筑摩「ここに…角のような残像が」

空母棲姫「貴方の頭じゃないの?」

長門「いや、あれは邪魔だから外してる」

空母水鬼「となると…妹さん?」

中間棲姫「むっちゃんなら端にいるんだから有り得ないでしょ」

北方棲姫「じゃあ…だあれ?」

一同「…」

一同「!!」ゾクッ



140: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/02(火) 00:06:43.78 ID:cq3CnISd0

離島棲鬼「なな…ななな!」ガクガク

空母水鬼「嘘…でしょ」

中間棲姫「こ、これってお化けよね…? 」ガクガク

利根「そ、そんなわけあるか!第一深海棲艦が艦娘の亡霊みたいなもんじゃろうが!!」

空母棲姫「し、深海棲艦だってお化けは怖いもん!」

筑摩「(いい年して『もん』って…)」

北方棲姫「怖いよぅ…」グスッ

長門「大丈夫だ。私がついてる」ギュッ

離島棲鬼「それで、どーすんのよこれ」

大淀「どうするって…お焚き上げするしかありませんよ」

空母水鬼「こんな簡単に焚き上げていいものなのかしら。心霊写真って」

利根「知らん」

中間棲姫「んな簡単に言わないでよ!アンタらが用意したカメラでしょ!?」

利根「文句は我輩に言うな!」

ワー!ワー!

愛宕「…」

愛宕「あら?この角の形」

愛宕「ほっぽちゃんのお姉ちゃんじゃないかしら?」

一同「えっ」



141: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/02(火) 00:15:22.79 ID:cq3CnISd0

愛宕「そうよね?ほっぽちゃん」

北方棲姫「えーと…ほんとだ。これお姉ちゃんの」

中間棲姫「な、なんだぁ…って、何で港湾がいるのよ!!」

離島棲鬼「出かける時は5人だったはずよ」

空母水鬼「余計怖いんだけど…」

港湾棲姫「あの…」

空母棲姫「ぎゃあっ!!」

港湾棲姫「ひっ…」

北方棲姫「お姉ちゃん!」

港湾棲姫「み、皆がどこかへ出掛けたから気になったの…」

中間棲姫「あー、いたこと完全に忘れてたわ」

港湾棲姫「ひどいっ!!」

長門「まぁ…なんだ。取り敢えず幽霊じゃなくて良かったじゃないか」

陸奥「そうね。今度は港湾棲姫も一緒に、ちゃんと撮り直しましょう」

大淀「それじゃあもう一度…行きますよ」

パシャッ

大淀「…うん、今度は大丈夫です!」



144: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/02(火) 23:13:17.17 ID:cq3CnISd0

~お部屋~

吹雪「只今戻りました~」

瑞鶴「お帰り~…ってまた凄い量買ってきたわね」

金剛「Christmas partyのdinnerデスからネー」

大和「テンションが上がっちゃって、つい」

加賀「わかるわ。初めての商店街って何故かテンション上がるのよね」

大和「こんなにたくさん格安でお酒が買えたのは初めてです!ブッキー、私をここに連れてきてくれてありがとうございます!」

吹雪「いやいや~それほどでもぉ」

金剛「さてと、私はcurryの仕込みに取り掛かるデース」

瑞鶴「あ、カレーなんだ」

金剛「イエース!本番の英国式ネ!」

大鳳「英国式が本番なのかしら…?」

北上「日本で食べられてるカレーは英国式だし本番でいいんじゃない?」

金剛「ブッキー、お手伝いお願いするデース」

吹雪「はーい」

金剛「それじゃ、kitchenに行ってきマース。覗いちゃnoヨ?」

瑞鶴「誰も覗かないわよ!」

ガチャン

加賀「…他には何を買ったのかしら」ガサゴソ

加賀「…」

加賀「」グルングルン

大井「加賀さんのサイドテールが高速回転してる!?」

北上「あぁ、めっちゃ明日が期待できそうだよ」

レ級「にゃあ~」



150: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/06(土) 15:44:03.66 ID:a1exRMFy0

本番→本場でオナシャス



151: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/06(土) 22:51:01.80 ID:a1exRMFy0

~甘味処 間宮~

吹雪「いつもすみません、助かります」トントン

間宮「いいのよいいのよ。それで、今回は何を作るの?」

金剛「私のお手製curryデース!」

間宮「あ、もしかしてカレー大会の時の?」

金剛「イエース!」

間宮「味見は任せてちょうだいね。ご飯炊いてこなくちゃ」

吹雪「(間宮さん…食べる気満々)」トントン

金剛「ブッキー、vegetablesはcutできマシタカー? 」

吹雪「あ、はーい!」トテトテ

金剛「Thank youネ」

吹雪「金剛さん、お肉は入れないんですか? 」

金剛「beefは私が切りマース。ブッキーはお鍋の用意をお願いするデース 」

吹雪「わかりましたー」

金剛「~♪」ゴソゴソ

間宮「あら、ルーは市販のものなのね」

吹雪「ルーは金剛さんでしょ」

間宮「いや…そのルーじゃなくて」

金剛「spiceから作るとか抜かすのはアホのやることデース」

間宮「こ〇まろカレーなのね」

金剛「私はこれが1番大好きデスネ」パキッ

吹雪「あれ?金剛さん1つ違うルー混じってますよ」

金剛「あ、それは隠し味ネ」

吹「へー…こくまろみるくかぁ」



153: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/06(土) 23:25:13.19 ID:a1exRMFy0

~お部屋~

瑞鶴「色々あってもう夜ね」

加賀「お腹が空きました」グ-

大鳳「私も」グ-

大和「私もです」グ-

北上「晩御飯でも食べに行こっか」

瑞鶴「でもまだブッキーと金剛が帰って来てないわよ」

大井「あの二人どこで何をしているの!?北上さんがこんなにお腹を空かせているのに!!」

北上「いや…明日の準備してくれてるんだよ」

大井「で、ですよねぇ!」

瑞鶴「はぁ…」

加賀「大和さん、大鳳さん、カップ麺でも食べましょうか」

大和「あぁ~いいですねぇ」

大鳳「お湯用意しますね」

ガチャ

吹雪「ただいま戻りましたぁ!」

加賀「くっ…折角食べようと思ったのに」

吹雪「へ?」

瑞鶴「いいのよ。こっちの話だから、ブッキーは気にしないで」

吹雪「はぁ…」

金剛「ヘーイエビワン!明日のdinnerは楽しみにしててくださいネー!」

3人「はいっ!!!」

北上「元気のいい返事だねぇ」



154: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/06(土) 23:44:29.18 ID:a1exRMFy0

~夜中 司令室~

長門「…よし、プレゼントは持った」

陸奥「気を付けてね。特に響ちゃんは警戒心が強いから」

長門「大丈夫だ」

長門「では、行ってくる」ガチャリ

陸奥「…ホントに大丈夫かしら」

大淀「何だかんだで毎年届けていますからね」

~第六駆逐隊の部屋~

暁「zzz…」スヤスヤ

雷「zzz…」ムニャムニャ

電「ナノデスwwwwwwwwwナノデスwwwwwwwww」

響「zzz…」クカ-

キィー…

長門「…」ソ-

長門「」キョロキョロ

長門「(ふふ、可愛い寝顔だ)」

長門「メリークリスマス」ソッ

電「なーがとさん!!」

長門「!!!!!」ビックゥ

電「セクハラはしけーなのです…」ムニャムニャ

長門「なんだ…寝言か」ドキドキ

長門「(死刑になるレベルのセクハラって私は何をしたんだ…)」

長門「…よし、次へ行こう」

キィー

暁「んん…おしっこ」

長門「!!」

暁「むにゃ…だれぇ?」

長門「っ!さらば!!」ダッ

暁「はにゃ?」



155: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/07(日) 00:01:15.42 ID:bZ1WWYFO0

長門「ふぅ…あぶなかった」

長門「…次は第四艦隊の部屋か」

長門「突然の催しには気を付けないとな」テクテク

~第四艦隊の部屋~

睦月「にゃしい…にゃしい…」スヤスヤ

キィー

長門「こんばんはー…」ソ-

最上「…」スヤスヤ

長門「…」

長門「(あれ?こんなの鎮守府にいたっけ?)」

最上「…」スヤスヤ

長門「(まぁいっか。メリークリスマス)」スッ

長門「(メリークリスマス)」スッ

睦月「如月ちゃん…」ムニャ

長門「!」

睦月「如月ちゃん…ごめんね」ムニャムニャ

長門「睦月…」

~第五遊撃部隊の部屋~

キィー

長門「メリーk」

吹雪「そーれっつのっとせー♪」

金剛「ぐーっばーい♪」

大和「わぁぁぁ!!!!」パチパチ

吹雪「いやぁまさか加賀さんがカラオケセット持ってたなんて!」

加賀「この日のためにAmaz〇nで注文してたのよ」

大井「北上さん!次は私とこの曲デュエットしましょう!」

北上「うん!」

~♪

瑞鶴「あら?この曲誰が歌うの?」

大鳳「私よ」スッ

大鳳「とぉ~りゃんせ~とぉ~りゃんせ~」

吹雪「怖っ!ナントカさんその歌い方怖すぎますよ!!」

ワイワイ

長門「…」

キィーバタン



156: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/07(日) 00:15:38.80 ID:bZ1WWYFO0

~長門型の部屋~

陸奥「お疲れ様。あら?その荷物は」

長門「知らん。もう寝る」プンスカ

陸奥「あらあら」

長門「…」

長門「…zzz」

陸奥「ふふ、メリークリスマス。長門」スッ

長門「…zzz」

長門「…むっちゃん」ムニャムニャ

陸奥「////」

陸奥「」ナデナデ

長門「」ニヘラ

~次の日~

雷「見て!裁縫セットよ!」

響「うん、ハラショーな写真だ。やっぱり平和が1番だね」ウンウン

電「…おかしいのです」

雷「何が?それってJR東〇の株券なんでしょ?」

電「株券はもう電子化されてて紙じゃ手に入らないのです。電はいじわる言ってみたのです」

響「…結構酷いね」

雷「ちょっと見せてみなさい…って、これJRじゃなくてRJじゃない!!」

電「騙されたのです!!」

響「いじわる言ったから司令官に仕返しされたね」

電「こんなことなら素直に言っておけば良かったのです…」

暁「おはよー」キラキラ

3人「」

暁「ふにゃ?どうしたのよ」

電「暁ちゃん…あの」

雷「身体、光ってるんだけど」

響「工廠へ行こう。今すぐに」

暁「へ?へ?」



158: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/07(日) 00:31:02.61 ID:bZ1WWYFO0

吹雪「くぁ~、おはよ~」

睦月「おはよう吹雪ちゃん!」

吹雪「睦月ちゃんおはよ~」

睦月「」フンスフンス

吹雪「今日はクリスマスだねぇ。早く夜にならないかなぁ」

睦月「そ、そうだね!」

吹雪「交換するプレゼント、買ったはいいんだけど喜んでくれるか不安だなぁ」

睦月「大丈夫だよ。吹雪ちゃんが選んだプレゼントなら第五遊撃部隊のみなさんも絶対喜んでくれるよ!それより」チラッチラッ

吹雪「あれ?睦月ちゃん頭に」

睦月「やっと気付いて」

吹雪「埃、付いてたよ」ヒョイッ

睦月「そっちじゃないよぉ!!」

吹雪「へ?」

島風「おっはよー!あれ?睦月ちゃんその髪飾り」

睦月「もう!島風ちゃんはすぐに気付いたのに!!」

吹雪「あ、あー!それ如月ちゃんと同じ髪飾りだね!」

島風「吹雪ちゃん気付くのおっそーい」

睦月「サンタさんが届けてくれたんだね…ありがとう」

島風「へー、睦月ちゃんは髪飾りだったんだ。私はこれー」ジャ-ン

吹雪「何それ?」

島風「ロケットエンジン!これでマッハまで出せるの!すっごーーーーく速いんだから!!」

吹雪「へ、へぇ…」



166:訂正です:2015/06/08(月) 10:42:27.87 ID:/Wo5HaQAO

ガラガラッ

電「おはようなのです」

暁「ごきげんよう」

吹雪「暁ちゃんおはよう」

暁「ふふ」ファサァッ

睦月「…暁ちゃんどうしたんだろう」

島風「また縮んだ?」

暁「縮まないわよっ!むしろ進化したの!!」

島風「へー」

電「暁ちゃんも遂に改二になったのです」

吹雪「確かに帽子が変わったね」

睦月「そんな微妙なところに気づくのに私の髪飾りは…」

吹雪「ホントにごめんってばぁ!」

暁「ふふん、これで私もモノホンのレディですのよ。おほほ」

響「やめなよ。変だから」

暁「へ、変なわけないでしょ!!あのBismarckさんと同じ話し方なのよ!」

響「Bismarckさんはスーパーモデルだからカッコイイんだろ?暁は痛々しいよ」

暁「痛々しくなんかないもん!!」

響「やれやれ」

ガララッ

足柄「はーい、授業始めるわよ~」

足柄「あら暁、なんか雰囲気変わったわね」

暁「私も改二の仲間入りしたの!」フフン

足柄「睦月もいつの間にか改二になってるし…まるで改二のバーゲンセールね」

吹雪「なんで私だけいつまでたっても改二にならないんだろう…」



167: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/08(月) 10:54:00.28 ID:/Wo5HaQAO

瑞鶴「ふんふんふふ~ん♪」テクテク

加賀「5点ね」ヌッ

瑞鶴「どぅおえっ!いきなり出てこないでよ!!」

瑞鶴「て言うか、人の鼻歌勝手に採点するな!!」

加賀「ズイズイリサイタルとして新しい武器になるんじゃないかしら」

瑞鶴「私は練馬のガキ大将か!!」

赤城「ふふ、仲が良くて羨ましいですね」

瑞鶴「べっ!別に私は…」

加賀「えぇ、ずいずいとは切っても切れない縁ですから」

瑞鶴「なあっ////」カァァ

赤城「あらあらうふふ」

瑞鶴「もぅ////」

加賀「…」

加賀「ん?」

泊地水鬼「…」ボケ-

赤城「見たことない深海棲艦ですね」

瑞鶴「新しい刺客かしら」

加賀「ならばここで仕留めるべき」ググ

泊地水鬼「…いな」ボソ

加賀「?」

泊地水鬼「…空を自由に飛びたいな」



168: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/08(月) 11:02:41.00 ID:/Wo5HaQAO

赤城「空を自由に…?」

瑞鶴「何言ってんだこいつ」

泊地水鬼「もう…飛べないのよ…飛べないの」ブツブツ

泊地水鬼「わかる?」

3人「ぜーんぜん」

泊地水鬼「」

泊地水鬼「もういいや…死のう」キュッ

瑞鶴「ちょ!ちょっと待って!!何もそんなことで早まらなくても!!」

赤城「そうですよ!何か別の方法があるかもしれないわ!!」

泊地水鬼「…」

泊地水鬼「例えば?」

赤城「そ、それは…えぇと」

加賀「ねぇ貴女、もう一度空を自由に飛びたいと言ってみなさい」

泊地水鬼「えっ」

泊地水鬼「そ、空を自由に飛びたいな」

加賀「違うわ。国民的アニメの主題歌のように言いなさい!」

泊地水鬼「そ、そーらをじゆうにとーびたーいなー♪」

泊地水鬼「(ハッ!この流れはまさか夢にまで見たあのタケなんとか出てくるのね!)」

加賀「はい♪」

加賀「helicopter(ネイティブ)」

AH-64「やあ」

泊地水鬼「」

デ-ン!デンデケデン

加賀「乗れよ」

瑞鶴「また懐かしいネタを」

赤城「これがわかる人は相当なおっさんね」



169: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/08(月) 11:13:12.27 ID:/Wo5HaQAO

イヤァァァァァ

大和「…どうしたのでしょうか」スッ

パサッ

大鳳「さぁ」スッ

パサッ

大和「早く夜にならないんでしょうか。私、もう待ちきれなくて」スッ

パサッ

大鳳「私もよ。ご馳走と言うだけでハイテンションなんだから」スッ

パサッ

大和「…その割には普段と変わらないような」スッ

パサッ

大鳳「ほら、スカートが2センチ短いでしょう?」スッ

パサッ

大和「そんな微妙な」スッ

パサッ

大和「あっ、あと1枚です」

大鳳「んなっ!」

大和「ふふふ…さぁ引いてください」

大鳳「くぅ…」スッ

大和「やりましたー!」

大鳳「っ!持っていきなさいよ!!」

大和「ありがとうございまーす!」ムシャムシャ

大鳳「(楽しみに取っておいた金の食パンがぁ)」

蒼龍「…あの、高台で何をしているんですか?」

大和「飛龍さん!」

蒼龍「蒼龍です。いい加減覚えておいてください…それと、殴るわよ?」スッ

大鳳「まだ何もしてないですけど!?」ビクッ

大和「まぁまぁ、蒼龍さんもここに座って金の食パンを食べましょうよ」



173: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/08(月) 19:54:43.86 ID:pjZOwbut0

蒼龍「へぇー、お互いの取って置きをかけてババ抜きを」モチャモチャ

大和「はいっ!」モチャモチャ

蒼龍「でもなんでまた高台なんかで…部屋ですればいいのに。クソ寒いし」ゴクン

大鳳「クソ寒い中でやるから意味があるんですよ。馬鹿なんですか?脳味噌に栄養いってないからそんなおっぱいになるんですよ。だから揉ませてください 」

蒼龍「うーん…私がお前の言ってることを理解できないのは本当に馬鹿だからなのかしら」

大和「(とうとうお前呼ばわりに…)」

大鳳「本当に馬鹿なんでしょうね」

蒼龍「じゃあ頭で理解できないから拳で理解しよう」

ドガッ!バキッ!グシャッ!

大鳳「ああっ!そこの関節はそっちに曲がらないぃぃ!!」

大和「ひえーっ…」ガクガクモチャモチャ



174: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/08(月) 22:13:28.80 ID:pjZOwbut0

リンゴーン

足柄「はいじゃあ今日はここまで」

ガタガタッ

吹雪「くぁ~っ」ノビ-

睦月「吹雪ちゃん、お昼食べに行こうよ!」

吹雪「うん、いいよー」

睦月「間宮さんのところ、クリスマス限定メニューが出来たんだって」

吹雪「ほぇ~」

~間宮~

間宮「いらっしゃい。何にする?」

睦月「クリスマス限定メニュー!」

吹雪「あ、私も」

間宮「は~い」

吹雪「どんなのが出てくるんだろう」

睦月「きっとクリスマスっぽいメニューが出てくるんだよ!」

吹雪「はは、直球だね」

睦月「にゃしい」

ガラガラッ

間宮「あらいらっしゃい」

金剛「ヘーイブッキー!」

吹雪「あ、金剛さん!」

金剛「curryの出来具合を見に来マシター!」

間宮「カレーのお鍋なら奥で寝かせてあるわよ」

金剛「Thank youデース」



175: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/08(月) 22:23:51.08 ID:pjZOwbut0

金剛「very goodネ!ブッキーと睦月も味見するデース!」

吹雪「ありがとうございます」

睦月「ど、どうも」

ズズズ…

ふぶむつ「!!」

吹雪「ホントだ!美味しい!」

睦月「コクがあってまろやかで、辛すぎず甘すぎずルーが喉を通っていく…」

金剛「大成功デスネー!」ドヤァ

吹雪「うわぁ!昼ご飯前なのに夜が待ちきれないよぉ!」

睦月「間宮さん!これメニューにしてください!」

間宮「えっ、えぇ!?」

金剛「recipeをあげるから、睦月も作ってみるといいネ!」

睦月「ホントですか!?」

金剛「テートクに振舞うcurryなら、何万通りものrecipeが出来上がりマース。その一つくらい渡してもno problemネ!」

間宮「レシピが貰えるんだったら…ちょっと試してみるのもいいかも」

間宮「あ、これがクリスマス限定メニューね」スッ

吹雪「へー、タンドリーチキンですかぁ」

間宮「チキンじゃなくて、ターキーよ」

吹雪「なんと!」

睦月「流石クリスマスですね!」

間宮「まぁね。あまり数が出せないから、2人はちょうどいい時に来たわ」

ふぶむつ「いただきまーす!」



176: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/08(月) 22:32:59.89 ID:pjZOwbut0

北上「大井っち、そろそろ飾り付けの準備する?」

大井「よしよーし」ナデナデ

レ級「にゃあん」ゴロゴロ

北上「大井っち?」

大井「ひゃ、ひゃいっ!」

北上「…どうしたの?」

大井「な、なんでもありませんよ!飾り付けしましょうか」アセアセ

北上「レ級もお手伝いよろしくね」

レ級「にゃあ!」ビシッ

ガチャ

大和「ただいま戻りました~」

大鳳「あー酷い目にあった…」ボロッ

北上「お帰り…って随分やられたね」

大鳳「きっとあの日だったのよ。多分」

大井「蒼龍さんも大変ですね…本当に」

大鳳「私の心配もしてよ」

大井「嫌です」キッパリ

大鳳「うぅ…」

北上「ねぇ、2人も飾り付け手伝ってくれる?」

大和「はい!」

大鳳「私はドック行ってくるわ…」ヨロヨロ

北上「夕飯までには戻ってくるんだよ~」

北上「さて、始めよっか」



177: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/08(月) 23:17:06.31 ID:pjZOwbut0

北上「輪っかってこんな感じでいいかな?」

大井「はい!」

北上「それにしてもたくさん作ったなぁ」

レ級「にゃふふ」ドヤ

北上「偉い偉い」ナデナデ

レ級「にゃあ////」テレテレ

大和「よいしょと」

大井「あら?そんな飾り付けありましたっけ?」

大和「あっ、この前買ったんですよ。キラキラしててクリスマスっぽいかなぁって…ダメだったでしょうか?」

大井「うぅん、凄く素敵ですよ♪」

大和「ホントですか!?よかったぁ~!」

北上「…うん、輪っかはこんな感じでいいかな」

レ級「にゃあ!」ズルズル

北上「レ級何それ」

レ級「クリスマスリースにゃ」

レ級「これを玄関に付けて…」

レ級「付けて…」ググ

レ級「…」

レ級「にゃあ」ショボ-ン

大和「私が付けますね」ヒョイッ

レ級「にゃ、にゃあ…」



178: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/08(月) 23:36:40.72 ID:pjZOwbut0

~数時間後~

北上「ふぃ~…色々やってたらもう夕方だぁ」

大和「でも、とてもいい感じになりましたね」

北上「そうだね。後はアレだけ」

大和「アレ?」

大井「ツリーですよっ」

大和「ああ!」

レ級「部屋のどこにも見当たらないにゃあ」

北上「うーん…小さいのだけどダッシュで買いに行くか」

ガチャ

大鳳「あぁ~死ぬかと思った」

大和「お帰りなさい」

大井「意外と早かったですね」

北上「まぁ被弾したわけでもないしそんなもんなんじゃない?」

大鳳「あら、なかなかいい感じになったわね」

大和「はい。でもまだクリスマスツリーが」

北上「大鳳さん、知ってる…訳ないよね」

大鳳「ロンのもちよ」

レ級「ツリーがないとクリスマスが始まらないにゃ」

大鳳「クリスマスインテリアのメインと言っても過言じゃないしね…」



179: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/08(月) 23:47:15.36 ID:pjZOwbut0

北上「誰か持ってないかなぁ」

大井「姉さん達のところはどうでしょうか?」

北上「あぁ…あの二人なら冬眠でもしてるんじゃない?」

大井「そうですよねぇ」

大和「あの、お二人のお姉さんと言うのは」

北上「球磨姉と多磨姉だよ。私達は球磨型の軽巡なんだ」

大井「今はもう重雷装巡洋艦ですけどね」

大和「ほぇー、知らなかったです」

大鳳「ま、この話にも関係ないしね」

レ級「きっと出てくることないにゃ」

北上「そうだね」

ガチャ

瑞鶴「ただいま~…って、凄いことになってるわね」

北上「ふふん、友情コンボだよ友情コンボ」

大井「ずいずい、クリスマスツリーどこにあるか知ってますか?」

瑞鶴「クリスマスツリーなら」

加賀「たった今買ってきたところよ」ゴトッ

クリスマスツリー「よろしくニキ~」

4人「…」

4人「(加賀しゃん…)」ウルッ



180: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/08(月) 23:59:03.73 ID:pjZOwbut0

吹雪「ただいま戻りました~」ガチャ

北上「おっかえりー」

大井「もうみんな準備できてるわよ」

瑞鶴「後は金剛さんの料理を待つだけ」

吹雪「みなさんきっちり椅子に座ってらっしゃる…」

吹雪「あっ!!」

加賀「ブッキーどうしたの?」

吹雪「高雄さんとの約束を忘れていました!」

大和「高雄さんとの約束?」

吹雪「すぐに戻りますから!!」ダッ

北上「約束ってなんなんだろうね」

レ級「にゃあ」

~数分後~

吹雪「じゃじゃーん!」

瑞鶴「あら可愛い」

北上「サンタの出来損ないみたいだね」

加賀「胸のところ思いっきり縛ってる…」

大和「ブッキーの背丈で胸の大きな人が着ていたんですね」

吹雪「えへへ、ちょっと下がスースーするような気がしますけど…可愛いですか?」

大井「えぇまあ。北上さんに比べれば微塵にも満たないですけど」

北上「高雄さんとの約束ってそれなの?」

吹雪「はい」

加賀「(…と言うことは高雄さんはブッキーの年でバインバイン)」

瑞鶴「(う、羨ましい)」

大鳳「(ロリ巨乳か…いけるわね)」ジュルリ

吹雪「高雄さんのところ行ってきますので、金剛さんがきたら先に準備していて下さい」



181: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 00:05:18.32 ID:ioJLy13R0

吹雪「ふぅ」

瑞鶴「お帰り。何て言われたの?」

吹雪「養子にならないかと」

瑞鶴「…」

加賀「そういう役回りは長門秘書艦だけでいいのに」

大和「全くです」

大鳳「にしても金剛さん遅いわね」

北上「きっと料理に手間取ってるんだろうね」

大井「お手伝いに行けばよかったかしら」

レ級「心配ないにゃ。カレーの匂いがもうすぐそこからしてるにゃ」

加賀「やっとお出ましね!」

大和「さぁさぁさぁ来ましたよ!!」

大鳳「そのための右手!後そのための拳!!」

北上「いや拳なんの関係があるの…」

コンコンコン

ガチャ

金剛「ヘーイ!dinnerの準備が出来マシター!」

3人「待ってました!!」

金剛「さぁ、Christmas partyの始まりデース!」



188: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 19:20:02.49 ID:ioJLy13R0

大和「みなさん最初は何を飲みますか?」

加賀「かっこよくシャンパンと行きたいところね」

瑞鶴「あら奇遇ね。私もそう思っていたわ」

加賀「ずいずい…」

大和「シャンパンですね。わかりました」スッ

大和「ほかの皆さんもシャンパンでいいですか?」

北上「うん」

吹雪「大丈夫ですっ」

大和「それでは、注いでいきますね」トクトク

大井「何だかロマンチックですねぇ」

大鳳「高級レストランに来たみたいね」

レ級「にゃあ」

大和「レ級も飲みたいの?」

レ級「にゃあ!」

大和「ふふ、どうぞ。一緒に乾杯しましょうね」トクトク

レ級「うにゃ~」



189: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 19:21:02.88 ID:ioJLy13R0

金剛「それではー、merry…」

加賀「待って、いつもの旗艦の挨拶がまだよ」

金剛「Oh sorry」

瑞鶴「ブッキー、ビシッと頼むわよ!」

吹雪「は、はいっ!」ガタッ

吹雪「え、えぇと…こうして皆さんと無事にクリスマス会が出来たことに感謝です。アーメン」

北上「別にクリスマスだからってキリストっぽくしなくていいよぉ」

吹雪「そ、そうですよね。では皆さん、メリークリスマス!」

メリークリスマス!!!!!



190: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 19:21:44.73 ID:ioJLy13R0

北上「美味し~い!」モグモグ

大井「北上さん!食べやすいように切り分けておきました~!」

北上「ん、ありがとね」

吹雪「美味しいね」モグモグ

レ級「うめーにゃあ」モグモグ

金剛「curryはまだまだありますからおかわりOKデース!」

加賀「おか」

大鳳「わり」

大和「お願いします♪」

瑞鶴「はやっ!もっと味わって食べなさいよ…」

加賀「ちゃんと味わってるわよ。ねぇ」

大鳳「もぐもぐもぐ」

大和「もぐもぐもぐもぐ!」

瑞鶴「アンタ達…」

北上「まぁまぁ、ずいずいも今日はツッコミはお休みしようよ」

吹雪「そうですよ。パーっといきましょう!パーっと!」

瑞鶴「どこかで聞いたようなセリフね…でもま、そうね。今日くらいははっちゃけてもいいわよね」

金剛「はっちゃけマショー!」

瑞鶴「イエーイ!!」



191: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 19:22:44.93 ID:ioJLy13R0

吹雪「他の皆はどんな感じでパーティしてるのかなぁ」モグモグ

金剛「妹達は私がorderしたシースーでpartyやってるはずネ」

瑞鶴「翔鶴姉も空母の皆で飲み食いするって言ってたわ」

北上「各々で楽しんでるんじゃない?」

吹雪「そう…ですよね」

大和「誰か気になる人がいるんですか?」

吹雪「あ、いえ…睦月ちゃんが」

加賀「あぁ、そう言えば…」

吹雪「1人じゃないのはわかりますけど、何だか心配で」

大井「そこまで気になるのなら連れてこればいいじゃない」

吹雪「そ、それは流石に悪いですよぉ」

北上「何で?睦月も同じ鎮守府の仲間じゃん」

吹雪「…」

吹雪「ちょっと行ってきます」ガタ

ガチャリ

瑞鶴「…ま、駆逐艦が1人増えるくらいなら大丈夫よね」チラ

加賀「何故私の方を見るの…?」



192: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 19:23:56.91 ID:ioJLy13R0

吹雪「睦月ちゃーん…」キィ-

夕立「ぽーいー!!」

島風「夕立ちゃん大貧民ね~」

連装砲ちゃん「きゅ~」

夕立「禁止あがりなんて聞いてないっぽいー!」

睦月「ジョーカー上がりはダメだよ夕立ちゃん」

夕立「うーん…夕立の地元じゃこんなルール無かったぽいのにぃ」

望月「ローカルルールの食い違いねぇ…」

弥生「…ありがち」

夕立「また島風ちゃんに強いカード渡さなきゃダメっぽいー!!」ビエ-

吹雪「…」キィ-

バタン

~第五遊撃部隊の部屋~

吹雪「ただいまでーす」

瑞鶴「おかえりー、睦月は?」

吹雪「睦月ちゃんなら、私が心配すること無かったです」

北上「だと思った」

大井「貴女が心配するほど睦月は弱い子じゃありませんから」

大鳳「ほら、さっと戻ってパーティの続きするわよ」

吹雪「はいっ!」



193: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 19:26:44.17 ID:ioJLy13R0

吹雪「あぁ~、いい感じに酔いが回ってきた。この年でこんな経験できるのも艦娘だからなんだよねぇ」

北上「そーそー、普通なら今頃お縄でピーポーだよ」

大井「少年法があるからへーきですよぉ。ねーレ級」

レ級「え…あ、はい。そっすね」

大井「あら?レ級元気無いわねぇ」

レ級「いや…これでも自分バリバリ元気っす」クイッ

加賀「お酒が美味しいと食が進むわね」モグモグ

大和「本当ですね。あ、まだまだありますからお酒のお代わりもどんどん言ってくださいね♪」

大鳳「ワインおかわり~!」フラフラ

金剛「スコッチはまだデスカー!!」

大和「金剛さん、スコッチは買ってないって。言ったじゃないですか」

金剛「オウソーリー!」

大和「はぁ…もうこれで3度目ですよ?わかってますか?大体金剛さんはいつもいつも」クドクド

金剛「大和ー、そっちはChristmas treeデース」

ワイワイガヤガヤ

瑞鶴「…」

瑞鶴「(非常にマズイことになったわね…私以外が酔ってきてるわ。お鍋の失敗を活かして飲みすぎないようにしてるけど、もう手遅れかしら)」

大和「はいじゃあここで1曲歌いましょー!!」

金剛「おーっ!」

吹雪「1番吹雪!歌います!チチをもげ!」

大鳳「いィぞォ〜!」パチパチ

北上「ピュィーッ!」

瑞鶴「ちょっと待てぃ!!」



194: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 19:34:50.55 ID:ioJLy13R0

吹雪「ちーちち…もぅ、邪魔しないでくださいよぉ!」

金剛「そうデース!折角ブッキーがsing a songしてくれるのに」

北上「ずいずい、今日はツッコミ無しのはずだよ?」

瑞鶴「もう我慢できない。アンタ達、手に持ってるグラスを下ろしてお水飲みなさい!」

加賀「お水…?お水ってこれかしら」ヒョイッ

大和「それれすぅ~」フラフラ

瑞鶴「ばかっ!これ焼酎よ!!」バッ

加賀「あぅ…ずいずい怖い」グスッ

大和「よーしよし、怖いでちゅねぇ」ナデナデ

瑞鶴「っ!」

瑞鶴「レ級!みんなにお水配ったげて!!」

レ級「えっ、あ…はい」

瑞鶴「(てか何でレ級こんなにしおらしいの!?)」

瑞鶴「酔が覚めたらやるわよ!」

加賀「何を?」

大鳳「ナニに決まってるでしょ」

大井「キマシタワ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!」

瑞鶴「違う!プレゼント交換!!」

吹雪「あーそーいえばそんなことを」フラフラ

北上「あれれー?プレゼントどこだぁ」フラフラ

大井「北上さぁん!プレゼントなら是非私を!!」

北上「わぁい、大きなプレゼントだねぇ」ダキッ

瑞鶴「…」

瑞鶴「(お願い…レ級早く来てぇ!!)」

~ドック~

レ級「ふふ…温泉水うめえうめえ」ガブガブ



195: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 19:48:59.52 ID:ioJLy13R0

瑞鶴「はぁ…何とかちょっと酔いは覚めてくれたわね」

瑞鶴「はいじゃあプレゼント交換の時間よ!みんな、プレゼントはもったかしら?」

一同「イ゛ェア゛ァ゛ァ゛ァ゛ァ゛ァァァ」

瑞鶴「よし、時計回りでまわしてね。ミュージックスタート」ピッ

~♪

瑞鶴「どんどん回しなさいよ~」スッスッ

吹雪「(何で特攻野郎…?)」スッスッ

金剛「(これじゃあarmyデース)」スッスッ

加賀「(私の…私のが来るように!)」スッスッ

大和「(どなたのが回ってくるのかなぁ)」スッスッ

北上「(中身知ってるからずいずいと大井っちのはやだなぁ)」スッスッ

大井「(北上さん北上さん北上さん北上さん北上さん北上さん北上さん北上さん北上さん北上さん北上さん)」スッスッ

レ級「(にゃあ~)」スッスッ

大鳳「(ちゃっちゃと終わって早くケーキ食べたいわぁ)」

ジャン!

瑞鶴「はーいストップ!」

大井「レ級!そのプレゼントは北上さんのでしょう!?交換しなさい!!」

レ級「にゃにゃ!?」ビクッ

北上「大井っち、ズルは無しだよ」

大井「うぅ…北上さぁん」



196: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 19:53:44.79 ID:ioJLy13R0

瑞鶴「はいじゃあプレゼントお披露目タイムよ!」

加賀「わー」パチパチ

瑞鶴「ではまず私から。これは誰のかしら」

吹雪「あ、私です」

瑞鶴「ブッキーかぁ…って、1つずれただけ!?」

金剛「消すタイミングが遅かったら自分のものデシター」

瑞鶴「その時はもっかいなんだけど…ブッキー、開けていいかしら?」

吹雪「はい、どうぞ」

瑞鶴「なんだろなぁ」ゴソゴソ

プレゼント>>198



198:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/06/09(火) 19:55:42.15 ID:dWA5zlE/o

手袋付きマフラー



200: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 20:01:34.99 ID:ioJLy13R0

瑞鶴「うわー!可愛い!」

吹雪「えへへ、これから寒くなりますし戦闘に支障が出たら大変だなぁっと思いまして」

瑞鶴「ありがとうブッキー!大切に使うわね」

吹雪「喜んで貰えてよかったです」

北上「ブッキーのことだからもっとおっぱい関連のものかと思ったよ」

加賀「豊胸マシーンなら良かったのにね」

瑞鶴「うっさい!」

吹雪「加賀さん、豊胸マシーンなら人にあげるより自分で使います」キリッ

加賀「なーる」

吹雪「じゃあ次は私いきますね」

金剛「私のpresentデース」

吹雪「金剛さんのなら期待出来そうだなぁ」ゴソゴソ

>>201



201:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/06/09(火) 20:11:13.18 ID:E1NqERhoo

ティーカップ



203: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 20:34:23.36 ID:ioJLy13R0

吹雪「うわぁ!ティーカップだぁ!」

金剛「ブッキーもいずれは美味しい紅茶を煎れることが出来るようになって欲しいデース」

金剛「イイ女はイイ紅茶が煎れられる女デース」

吹雪「はいっ!頑張ります!」

吹雪「あっ、これ色がそれぞれ違うんですね」

金剛「イエース。IrelandにScotland、EnglandにWalesのcolorデース」

瑞鶴「どこまでイギリス好きなんだか」

大和「でもいいなぁ。私欲しかったです」

金剛「次は私デスネー」

加賀「私のプレゼントね。自分で言うのもなんだけどこの中では多分1番当たりだと思うわよ」

金剛「Oh それはいいことを聞きマシター」ゴソゴソ

加賀「…ふふ」ニヤ

>>206



206:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/06/09(火) 20:39:40.80 ID:OXjEL1SyO

金券



207: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 20:51:19.38 ID:ioJLy13R0

金剛「Oh…」

瑞鶴「金券って…」

北上「当たりだけど外れだよ…」

加賀「1番役に立つプレゼントだと思うけど」

金剛「ま、まぁこれはこれで嬉しいネ!Thank you加賀」

加賀「」コクン

金剛「(正直、1万円はかなり嬉しいデース)」

大和「では、私ですね」

北上「大和さんが気に入ってくれるかどうかわからないけど…」

大和「プレゼントは質より気持ちですから」ゴソゴソ

どんなマグカップ?>>210



210:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/06/09(火) 21:12:15.12 ID:EVQQAU2c0

ILOVE大和と書いてる



211: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 21:22:10.42 ID:ioJLy13R0

大和「えっ////」

北上「いやぁ…たまたま目に付いちゃってさ」

大和「はわ…はわわわわわ////」プシュ-

大鳳「どんなマグカップだったの?」

大鳳「!!!!」

瑞鶴「北上!大井っちが息してないわよ!!」

大井「」

レ級「にゃっにゃっふ~」グイグイ

北上「あはは、ちょっとマズかったかな」ポリポリ

吹雪「大和さんに当たらなかったらどうなってたんでしょうね…」

金剛「大和soulの大和ってことでteaを濁しおうデース」

加賀「いやそれ大和さんの大和でしょうよ」

大和「////」カァァ

北上「じゃ、私か…大井っちのプレゼント知ってるんだけどね」ゴソゴソ

>>214



214:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/06/09(火) 21:30:11.30 ID:ftkDR/hmO

46cm3連装急須



215: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 21:55:23.31 ID:ioJLy13R0

北上「はぁ…」

吹雪「き、北上さん…それ」

北上「こんな馬鹿でかい急須、どうやって使えばいいんだろうね」

加賀「でもほら、三連装よ?1度に3つもお茶がいれられるじゃない」

瑞鶴「46cmもあるんだけど…」

加賀「…」

北上「大井っち…びっくり箱のノリでプレゼントするつもりだったんだよね」

大鳳「それがよりによって」

吹雪「大井さーん…起きてくださーい」ツンツン

大井「きた…きたかみさぁん」ピクピク

北上「大井っち再起不能っぽいから大井っちの分は私が開けるね」

吹雪「レ級のプレゼントって、どんなのだろう」

金剛「予測不可能デース」

大和「北上さん////」クチュ

>>219



219:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/06/09(火) 22:09:10.76 ID:eCc8OCI6o

1ヶ月間宮無料食べ放題券



220: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 22:16:25.28 ID:ioJLy13R0

加賀「うわ…」

大鳳「いいなぁ」ジュルリ

瑞鶴「こんなんどこで手に入れたのよ…」

レ級「お手伝いしたら貰えたにゃ」

吹雪「それをプレゼントするって…」

レ級「ホントは北上お姉ちゃんにあげたかったにゃ」

レ級「でも大井お姉ちゃんもいつも優しくしてくれるにゃ」

北上「レ級…」

北上「よしよし、レ級は優しい子だね」ナデナデ

レ級「にゃあん////」

金剛「これは羨ましいデース」

レ級「それで、今度は私のプレゼントにゃあ」ゴソゴソ

レ級「何かなぁ、楽しみだにゃあ」ゴソゴソ

大鳳「何でしょうかね」

吹雪「(あ、やな予感)」

>>222



222:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/06/09(火) 22:20:30.45 ID:kb2iTI0Xo

チョーカー



223: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 22:26:28.77 ID:ioJLy13R0

レ級「にゃあ…」

加賀「あら可愛らしい」

北上「首飾り?」

大鳳「チョーカーよ。レ級、付けてあげるわ」

レ級「ふにゃ」

大鳳「うん、似合ってるわね」ムニュ

レ級「にゃあっ!?」

大鳳「うーむ…まだまだ発展途上と言ったところかしら」

吹雪「さりげなく触る!なんて高度な技なんでしょうか!!」

瑞鶴「いやいやいや…」

レ級「////」

北上「良かったねレ級」

レ級「にゃあ」

大鳳「…さて、私か」

瑞鶴「絶対役に立つものだから、期待しててよね」

大鳳「え、えぇ」ゴソゴソ

北上「ずいずいのプレゼント…あっ」

大鳳「え、なにこれ…」

瑞鶴「孫の手だけど?」



224: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 22:38:25.00 ID:ioJLy13R0

大鳳「う、うん…嬉しいわよ。嬉しい」

吹雪「ナントカさん、目に涙が」ヒソヒソ

金剛「(これは最低最悪のpresentデスネ…)」

加賀「ずいずいやるじゃない」

大鳳「あ、あはは…痒いところに手が届くわ~」ポリポリ

北上「キッツイなぁ…」

瑞鶴「ね?大鳳さん、それ掻き傷がつかない高級孫の手なのよ?」

大鳳「ありがとうございます…ホントに」ポリポリ

金剛「き、気を取直してcakeを食べマショー!」

吹雪「そうですよ!ほら、加賀さんのおっぱいですよぉ」グイッ

加賀「ちょっ…」

ムニィ

加賀「んん…」

大鳳「ふへぇ」

北上「元に戻ったかな?」



226: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 22:47:29.65 ID:ioJLy13R0

吹雪「んー!ケーキも美味しいですっ!!」

金剛「お口に合って良かったデース」

北上「大井っち、ほらあーん」

大井「」ア-ン

北上「大丈夫だから。大井っち元気出しなよ」

大井「」コクン

加賀「おかわり」

大鳳「私も」

大和「私です」

金剛「sorry…cakeは1人1切れだけなんデース」

加賀「おーのー」

大鳳「こんなに美味しいのに」

大和「仕方ありませんね。付いたクリームでも舐めておきましょう」

3人「」ペロペロペロペロ

レ級「…汚いにゃ」

ワイワイ

瑞鶴「…」

瑞鶴「(みんな、普通の女の子なのかしら…私と違って)」



227: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 22:54:44.09 ID:ioJLy13R0

~一夜あけて~

吹雪「ちっちっちっち おっぱい ぼいんぼい~ん♪」テクテク

長門「おーいブッキー」

吹雪「あ、長門さんおはざーす」ペコ

長門「おはざーす」ペコ

長門「あ、そうそう。ブッキー宛に電報が届いたんだ」

吹雪「電報ですか?誰からだろう」

長門「ほれ」スッ

吹雪「あざーす…深雪ちゃんからだ」ペラ



228: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 22:57:19.08 ID:ioJLy13R0

『ヲババキトク スグカエレ ミユキ』



229: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/09(火) 22:58:37.62 ID:ioJLy13R0

To be continued…



235: ◆oBu9CNyDDG0s:2015/06/10(水) 00:08:54.38 ID:IUIOviOq0

【おまけ】

港湾棲姫「ほっぽはサンタさんに何をお願いするの?」

北方棲姫「ゼロ!」

港湾棲姫「貰えるといいわね」

北方棲姫「うん!」

港湾棲姫「(ゼロ…確か〇天で安売りしてたわよね)」

~次の日~

北方棲姫「お姉ちゃん!お姉ちゃん!ゼロきたよ!!」

港湾棲姫「よかったわね~ほっぽ」

北方棲姫「わぁい!」ピョンピョン

ウイングガンダムゼロ「…」



転載元
吹雪「第五遊撃部隊と2人でクリスマス会をした」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1429706416/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (30)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 02:01
          • (゜ロ゜)
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 02:02
          • しょっぱながまさしく淫夢で草
            たまげたなあ…
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 02:29
          • 第五遊んでばっかり部隊は今日も平和なやさしいせか……最後…
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 02:44
          • なんだかんだで
            このシリーズほんとすこ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 03:40
          • 艦娘年収約9億?
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 03:42
          • ん?
            「To be continued…」
            ってあるけど、本当に終わったのこれ?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 06:48
          • アンチエイジングとかアベナナサンジュウナナサイかよ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 07:36
          • アンチエイジングが必要なのは
            金剛型…じゃなくて川島さんだろうがにわかは去れよ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 08:19
          • 久しぶりだけど相変わらずで安心した
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 08:41
          • 牛丼はbeef riceじゃなくてbeef bowlだったような……

            それはともかく毎回安定して面白いw
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 09:24
          • ドラえもんのフラッシュ懐かしい
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 09:34
          • ※6
            次回最終回だそうだ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 10:00
          • 5 衝撃のラスト、過去作追ってるとようやくヲババを助けた提督に逢えるのかとも思うが

            次回ラストか、寂しくなるなぁ(二回目)
            この作者に二期監督を与えたいんですが構いませんね‼︎
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 10:41
          • バラバラバラバラ
            どっか行く?
            別に・・・
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 11:52
          • 長門「宇宙兄弟?」がないな。
            アレ誘導なかったら絶対気がつかんわ!(タイトルでカモフラしてる)
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 12:47
          • でも正直、空母お姉さんよりもよっぽどおばさんぽいよな、ル級

            進化キャンセルされた吹雪に再び改の機会はくるのか…

            記念撮影の面子でくそ笑ったけど、飛行場さん、貴女アニメに出てたじゃないですか
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 12:56
          • 5 ヲばあちゃん大丈夫かな…。
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 14:11
          • ここにきて新たな設定かよ
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 18:15
          • 5 初見の人は是非シリーズの最初から見てみて欲しい
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 18:17
          • 季節感ガバガバじゃねーかww
            ほんとこのシリーズは読んでて楽しい
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 18:22
          • 1  
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月10日 19:56
          • 5 第二シリーズもリンク貼って欲しいわ。


            相変わらず面白くて続きが気になる。
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月11日 05:41
          • やっぱりこの人の作風癖が強くて苦手だわ
            キャラ崩壊しすぎ
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月11日 06:06
          • まだ20代だ…おっさんじゃない…はず
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月11日 07:40
          • >>北上「海岸近くに資材を置いとくとヲ級が遊びに来てくれるんだよ。この子はレアでね、来るのに苦労したんだぁ」


            マジかよ早速試してみるわ
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月11日 11:42
          • 次回完結かー
            この優しい世界で如月ちゃんだけが犠牲者ってのも悲しいし、深海経由で復活とかないかな
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月12日 10:54
          • 2 別人かと思った
            流石に長いし疲れてきたのかね
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月12日 10:54
          • 2 別人のなりすましかと思った
            流石に長いし疲れてきたのかね
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月13日 05:29
          • 俺も別人かと思った
            こんなんだったっけ?
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月17日 18:43
          • 5 このシリーズ嫌いじゃないし好きだよ

            でも申し訳ないがノンケの為に淫夢ネタはヤメロォ(建前)ナイスぅ(本音)

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 【モバマス】城ヶ崎美嘉「いつまでも」
        • 【バンドリ×けいおん】唯「バンドリ?」香澄「けいおん?」【前半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ