TOP

八神マキノ「甘いのは...いいでしょ」

2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/02(土) 22:28:30.95 ID:HV1Z9nNA0

カタカタ...


P「はぁ...」

ちひろ「......」

P「うーむ...」

ちひろ「プロデューサーさん?」

P「どうすっかな...」

ちひろ「もしもし?」

P「えーっと...」

ちひろ「プロデューサーさん!」

P「うおっと!はいはい!なんでしょう!?」

ちひろ「頼まれた書類が終わったので確認をお願いします」

P「ああ、わかりました、ありがとうございます...」

ちひろ「...プロデューサーさん、大丈夫ですか?」

P「だ、大丈夫ですよ?」

ちひろ「そうは見えませんよ、今日はなんだか朝からずーっとウンウン唸ってますし...」

P「そ、そうでしたか...」

ちひろ「ふぅ...仕方ありませんね、お茶を淹れてあげますからちょっと休憩しましょう」

P「あ、ありがとうございます...」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/02(土) 22:39:45.89 ID:HV1Z9nNA0

------


ちひろ「はい、どうもお待たせしました」

P「すみません、わざわざありがとうございます」

ちひろ「いえいえ、それにしても今日のプロデューサーさんは変ですねぇ、なにかあったんですか?」

P「うーん、大したことじゃないんですけど...まぁ...」

ちひろ「やれやれ、じゃあそんなプロデューサーさんには、はいどうぞ」

P「おっ、これは...」

ちひろ「シュークリームです、とっても美味しいんですよこれ」

P「これなんかの雑誌で見たことあります、結構高級なやつじゃないですか」

ちひろ「ええ、本来なら大事なお客様にお出しする物ですが、今日は特別です」

P「いいんですか?」

ちひろ「まあ、たまにはこういうのがあってもいいですしね」

P「ありがとうございます、はむっ...うん、美味い...」

ちひろ「...もしかして、マキノちゃんとなにかあったんですか?」

P「っ!!」ビクッ!

ちひろ「やっぱり...」

ちひろ「まあ、なにが原因か知りませんけど、イライラした時や落ち込んだ時は甘い物を取るのが一番ですよ」

P「ふむ...確かにそうですね、糖分は脳を活性化させますし、機嫌も直り...」


P「...そうだ、そうしよう!今日帰る時に買って...」


ちひろ「どうしたんですか?」

P「あっ、いえこっちの話です」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/02(土) 22:52:09.28 ID:HV1Z9nNA0

------



「いらっしゃいませー!」

P「えーっと...すみません、これを二つ...いや、三つお願いします」

「かしこまりました、お持ち帰りでよろしいですか?」

P「ええ、それでお願いします」

「ありがとうございます、少々お待ちください」



P(これが好きだったはずだから、機嫌直してくれるといいんだが...)

P(あれは確か、一緒に市場調査に行ったとき...)



---

------

---------



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/03(日) 03:02:30.24 ID:OTsTMZCW0

P「ちょっと早く来すぎたかな...」

P「まあ、遅刻するよりは早めに来た方がいいだろう」

P「確かあそこで待ち合わせ...」


マキノ「......」ペラッ


P「もういる...」

マキノ「あらP、ずいぶん早いわね」

P「こっちのセリフだよ...まだ待ち合わせの時間の30分前だぞ...」

マキノ「P、時間を無駄にするのは愚かな事よ」

P「そりゃそうだけどさ...ちなみにどれくらい前からいたんだ?」

マキノ「ついさっきよ、貴方の来る数分前」

P「ふーん、そうか...」

マキノ「それじゃ、予定より少し早いけど出発しましょうか」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/03(日) 06:23:20.72 ID:OTsTMZCW0

------


P「しかし...マキノと二人で出かけるのもずいぶん久しぶりだな」

マキノ「そうね、わりと久々だわ」

P「ここ最近忙しいからなぁ、俺も出張とかあるしマキノは仕事だし...」

マキノ「ちゃんと休めているの?」

P「ああ、大丈夫だよ」

マキノ「本当に?貴方は時々自分の身を顧みない事があるから...」

P「平気だって、心配しすぎだ、ちゃんと寝てるよ」

マキノ「...本当に?」

P「本当だ」

マキノ「...本当に、無理だけはしないでね」

P「わかってる、マキノこそ最近結構スケジュールが詰まってるけど大丈夫か?」

マキノ「私は平気よ、体調管理は全ての基本だもの」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/03(日) 07:02:33.45 ID:OTsTMZCW0

P「さすがだなぁ...でもお前今日はオフだろ?わざわざ市場調査に着いて来なくたってゆっくり休んでれば...」

マキノ「いいのよ私は、それに自分のデータを調査しておくのは無駄な事ではないでしょう?

P「まあ、な...」

マキノ「それより今日は市場調査以外の予定はないのよね?」

P「ああ、一応な」

マキノ「そう、じゃあ...」


ギュッ


マキノ「邪魔が入ることはないのね」ギュウウウウウ


P「お、おい...」

マキノ「なあに?嫌なの?」

P「いや、そうじゃないけど...」

マキノ「...じゃあ、いいじゃない」

P「でも誰かに見られたら...」

マキノ「大丈夫よ、ちゃんと気を付けているわ...」

P「うーむ...」

マキノ「早く行きましょう...」



マキノ「二人きりの外出なんて、久しぶりなんだから...」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/03(日) 07:03:41.63 ID:OTsTMZCW0

八神マキノ(18)

8_1
8_2



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/03(日) 08:52:06.73 ID:OTsTMZCW0

---CDショップ---



P「おっ、見ろよマキノ、お前のCDだぞ」

マキノ「ええ、そうね、少し目立つ位置に陳列されているわね」

P「ポップまで作られてるぞ、『注目度急上昇中!』だってさ」

マキノ「ふむ、なるほど...」

P「ちょっと在庫の消費量を店の人に聞いてみるか、マキノは待っててくれ」

マキノ「私は行かなくていいの?」

P「今日は一応プライベートだしな、適当にCDでも見ててくれ」

マキノ「じゃあ、お言葉に甘えるわ」

P「すいませーん!私、CGプロの者ですが...」


マキノ「あら、このCD...」

マキノ「...うん、これならいいかもしれないわ」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/03(日) 10:15:42.87 ID:OTsTMZCW0

ありがとうございましたー」


P「結構いいペースで在庫を消費していってるらしいぞ、これなら追加注文もあるかもってさ」

マキノ「そう...つまり私の曲はファンの購買意欲を刺激できる、という解釈でいいかしら?」

P「そうだ、自信持っていいと思うぞ!」

マキノ「随分嬉しそうね?」

P「そりゃそうだろ、マキノがちゃんと評価されてるってことだからな」

マキノ「そう、ありがとう...でもこれはPのプロデュースのおかげよ」

P「謙遜するなって、マキノの実力だよ」

マキノ「フフッ♪じゃあそういうことにしておくわ...」

P「そうそう、それでいいんだ、ところでなに買ったんだ?」

マキノ「これよ」ガサッ

P「おっ、イージーリスニングのCDか」

マキノ「そう、心が落ち着く音楽よ」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/03(日) 10:18:50.29 ID:OTsTMZCW0

P「いいんじゃないか?リラックスできそうだし、レッスンや仕事で疲れた時とかに効果が...」

マキノ「フフッ♪私のじゃないわ、貴方のよ」

P「俺の?」

マキノ「そう、デスクワークの時に流せば少しはリラックスできるでしょう?」

P「わざわざ俺のために買ったのか?」

マキノ「ええ、貴方には少しでもストレスを溜めないで仕事をしてほしいもの」

P「マキノ...」

マキノ「身体を壊したら大変だから...ねっ?」

P「...サンキュー、ありがたく使わせてもらうよ」

マキノ「ええ、どういたしまして」



?「ほほーう♪」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 10:34:30.78 ID:gRDiWpVI0

---書店---



P「...はい、では今後ともよろしくお願いします」

P「これでよし...おーいマキノ」

マキノ「あら、もう終わったの?」

P「ああ、書店の人に挨拶しただけだしな、なにか見てたのか?」

マキノ「ええ、これをね」

P「おっ、その本なら知ってるな」

マキノ「読んだ事あるの?」

P「いや、でも映画化されたのは見たぞ、スパイ映画の中でも一番有名だし」

マキノ「原作もおもしろいわよ」

P「マキノは読んだのか?」

マキノ「ええ、初めて読んだスパイ小説だったわ、確か小学校くらいだったと思うけど...」

P「へぇー、ずいぶんとませた小学生というか...」

マキノ「あら、せめて知的好奇心が強い、と言って欲しいわね」

P「はいはい...でももしかしてスパイ活動のきっかけって...」

マキノ「そうね、これを読んだのがきっかけだったかもしれないわ」

P「なるほどなぁ...」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 10:38:18.31 ID:gRDiWpVI0

マキノ「Pも読んでみたら、漫画ばっかり読んでないで、ねっ?」

P「まあ、そのうちな...」

マキノ「見どころは多いわよ、カーチェイスにカジノでのバカラに...」

P「カジノか、今度のライブ衣装にピッタリだな」

マキノ「それと...拷問されるシーンかしら?」

P「拷問?」

マキノ「ええ、主人公が敵の組織に捕まって、裸で拷問を...」

P「へぇ、スパイが...全裸で...拷問...」


ギュッ!


P「いででで...」

マキノ「今、変なことを考えたでしょ...」

P「い、いや別にそんな...マキノが全裸で拷問されるところなんて考えては...」

マキノ「...バカ」

P「つ、次に行こう、次に!」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 10:57:27.60 ID:gRDiWpVI0

---ゲームセンター---



P「見ろ、UFOキャッチャーでもウチのアイドルが商品になってるぞ」

マキノ「ふむ、なるほどね...」

P「欲しいのあれば取ってやろうか?」

マキノ「いえ、自分でやるわ」

P「やったことあるのか?」

マキノ「ないわ、でも仕組みはわかってるもの、理論上は可能よ」

P「それはそうだろうけど...」

マキノ「まあ見てなさい、こんな単純なのすぐに攻略して見せるわ」





---20分後---



ウィィィン...



マキノ「よし、今度こそ...ああっ!」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 11:26:18.02 ID:gRDiWpVI0

P「マキノ、もうそろそろ...」

マキノ「ま、待って!もうコツがわかってきたから...」

P「そのセリフさっきも聞いたぞ...」

マキノ「次!次でやめるわ!あっ...」

P「どうした?」

マキノ「小銭が...両替してこないと...」

P「まったく...んっ?」


「おい、あの女の子見たことないか?」ヒソヒソ

「あのUFOキャッチャーやってるのか?そういえばどっかで...」


P「ほら、もう行くぞ!」グイッ

マキノ「あっ...ち、ちょっと...まだ...もう一回だけ...」

P「ダメだ、ワガママ言うな」



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 11:33:41.34 ID:gRDiWpVI0

テクテク...


P(危なかった、もう少しで気付かれてたな...)


マキノ「くっ...あれは機械に何か細工が...?いえ、もしかすると...」

P「おいマキノ、もう少し気を付けないとダメだぞ?」

マキノ「なんのことかしら?」

P「仮にもアイドルなんだからもっと周りに気を配らないといけないだろ、いくら俺がプロデューサーとはいえ男と二人きりだし...」

マキノ「失礼ね、その言い方だと私が周りを見ていないように聞こえるわ」

P「いや、だってさっき危なく他の人に...」

マキノ「ありえないわ、常に冷静な思考を保って自分を俯瞰で観察するのは諜報活動の基本よ」

P「お、おう...」


P(どう見てもさっきのUFOキャッチャーの時は冷静じゃなかったような...)


マキノ「...なによ?その目は」

P「...いや別に、それより結構歩き回ったから疲れただろ、お腹減ってないか?」

マキノ「...別に平気だけど、確かに少し疲れたわ」

P「それならどこかカフェにでも寄ろう、俺も少し喉が渇いたし」

マキノ「そうね、じゃああそこにしましょう」

P「ああ、そうしよう」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 12:13:11.61 ID:gRDiWpVI0

------



「いらっしゃいませー、ご注文はなにになさいますか?」

P「うーんと、カプチーノとチーズケーキ」

マキノ「私はチョコレートサンデーを」

「かしこまりました、では少々お待ち下さい」

P「へぇ...」

マキノ「どうしたの?」

P「いや、なんだか...」

マキノ「私がチョコレートサンデーを頼んだのがそんなに意外?」

P「まあ、ちょっとだけな」

マキノ「確かに、本来は歩きまわって疲れた身体には糖分よりもタンパク質を摂取する方がいいのだけど...」

P「けど?」

マキノ「ほら、その...甘い物は...美味しいでしょ?」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 14:36:24.01 ID:gRDiWpVI0

P「......」

マキノ「な、なによ?」

P「クスッ、いや、なんでも...ふふっ...」

マキノ「ば、バカにしているの?」

P「してないしてない、でもどうしてそんなに恥ずかしそうなんだ?」

マキノ「だって...その、子供っぽいじゃない...」

P「気にしすぎだって、いいじゃないか可愛くて」

マキノ「...そうやって、また私を子供扱いして」

P「マキノ...」

マキノ「そういう顔をする貴方は...嫌いよ」

P「機嫌直せよ、むくれてたって可愛くないぞ?」

マキノ「むぅ...」

P「ところでUFOキャッチャーはどうだった?」

マキノ「あとでもう一度挑戦したいわ、私の理論が正しい事を証明してみせる」

P「おっ、頑張れよ」

マキノ「Pは取れるの?」

P「まあ、そこそこな、わりと得意な方だし」

マキノ「なぜ貴方にできて、私にできないのかしら...?」

P「あれにはコツがあるんだよ、あとは店員さんとの交渉が...」

マキノ「なるほど...そういう手段も...」


「お待たせしましたー、チーズケーキとカプチーノ、それとチョコレートサンデーになります」



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 15:47:47.60 ID:gRDiWpVI0

マキノ「はむっ...」

P「美味しいか?」

マキノ「ええ、チョコレートの甘さとイチゴの酸味が程よく...」

P「ははっ、マキノらしい表現の仕方だな」

マキノ「...要約すると、とても甘くて美味しいってことよ」

P「そっか、ならよかった」

マキノ「...うん、甘いわ♪」

P「やっぱりマキノも女の子だな、さっきまで機嫌悪かったのに、甘い物を食べたらすぐご機嫌になったみたいだ」

マキノ「あら、どうかしら?意外な私を見せて、貴方を油断させてるだけ、なんてね、フフッ♪」

P「じゃあ今のマキノは演技ってことか?」

マキノ「さあ、どうかしらね?」

P「うーむ、だとしたら演技派だなぁ、マキノは」

マキノ「フフッ、安心して頂戴」

マキノ「貴方の前で、ウソはつかないから...」



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 16:40:42.57 ID:gRDiWpVI0

P「そっか...」

マキノ「ええ...」

P「うん、なんかいいな...そういうの...」

マキノ「フフッ...♪」パクッ

P「マキノ、楽しいか?」

マキノ「ええ、とっても...」

P「そうか、ならよかった」

マキノ「いいものね、貴方とこうしてゆっくりするのも...」

P「ああ、また来よう、今度は俺もそのチョコレートサンデーを頼もうかな」

マキノ「フフッ、この味が気になるの?」

P「まあな、このチーズケーキもすごく美味しいけど、そっちも甘くて美味しそうだし...」

マキノ「だったら...一口食べてみる?」スッ...



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 17:58:31.40 ID:gRDiWpVI0

P「いいのか?」

マキノ「ええ、でも...見返りは高くつくわよ?貴方にその覚悟があるのなら...」

P「なにを要求されるやら...まあ、いいけどさ」

マキノ「そう、じゃあ...あーん」

P「あー...んっ!?」


真尋「おぉー!見て見て!Pさんってばあーんしてもらうみたいだよ!?」ヒソヒソ

里奈「マジマジ?そこまでのカンケーになってたなんて知らなかったぽよ~☆」ヒソヒソ

アヤ「意外とやることやってたんだな、あの二人」ヒソヒソ

智香「ラブラブですね♪ラブラブ♪」ヒソヒソ


P(あ、あいつらいつの間に...後をつけてたのか...)

P(や、ヤバい...)



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 17:59:26.55 ID:gRDiWpVI0

若林智香(17)

24_1
24_2

藤本里奈(18)

24_3
24_4

北川真尋(17)

24_5
24_6

桐野アヤ(19)

24_7
24_8



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 18:20:40.25 ID:gRDiWpVI0

マキノ「どうしたの?」

P「あ、あのさマキノ...自分で食べれるから...」

マキノ「もう...何を今さら遠慮してるの?ほら、あーんしなさい」

P「で、でも今はちょっと...」

マキノ「...いやなの?」

P「ぐっ...」


P(ええいっ!ままよっ!)


パクッ



真尋・里奈・アヤ・智香「おぉーっ!」


マキノ「どう?美味しい?」

P「う、うん...美味い...」

マキノ「そう、ならよかったわ」


P(こいつめ...全然周りに気づいてないじゃないか...)

P(でもまあ...楽しそうだし、いいか)



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 22:37:42.85 ID:Aeq0WARB0

P「ところでマキノ、見返りってのはなんなんだ?」

マキノ「私の求めるものはいつだって同じ、情報よ」

P「情報?」

マキノ「UFOキャッチャーの情報、教えてくれない?」

P「情報って...やり方のことか、まだ気にしてたのか?」

マキノ「当たり前よ、今度こそ攻略してみせるわ」

P「わかったわかった、じゃあ今度はオフの時に一緒に行こう」

マキノ「...約束よ?」

P「わかってるよ、それじゃそろそろ...」

マキノ「もう行くの?まだ残ってるわよ、チーズケーキ」

P「あ、ああ...なんか腹いっぱいになって...」


P(これ以上いたら、真尋たちに一部始終見られることになるし...)



29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 22:55:11.38 ID:Aeq0WARB0

マキノ「...ねえP、一つお願いがあるのだけど...」

P「んっ、なんだ?」

マキノ「...その、よかったらでいいんだけど...」

マキノ「そのチーズケーキ、私も食べてみていいかしら...?」

P「ああ、別にいいけど...」

マキノ「じ、じゃあ...あーんっ...」

P「ええっ!?」

マキノ「わ、私だけがするなんて...不公平じゃない、こういうのはギブアンドテイクが基本だから...」

P「そ、そうかもしれんが...」

マキノ「は、早く...恥ずかしいわ...」

P「うぅぅ...」チラッ


真尋・里奈・アヤ・智香「♪」ジーッ...


P(めっちゃ見てる...)

P(ああ...もう、どうにでもなれ!)


パクッ


マキノ「あむっ...」

P「どうだ?」

マキノ「...うん、チーズケーキも...悪くないわね」



マキノ「でも、やっぱり私はチョコレートサンデーの方が好き...♪」



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 23:16:56.94 ID:Aeq0WARB0

---

------



P(そうそう、確かそんな感じだった...)

P(あとでマキノに気付いてたかどうか聞いたけど、全然気づいてなかったみたいだな...)

P(まあ、本人は顔を真っ赤にして否定してたけど...)

P(次の日、真尋たちから質問攻めにあって困ったっけ...)

P(それとマキノのやつ、実は約束の1時間前から待ってたらしいし...)

P(懐かしいなぁ...)



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 23:17:54.33 ID:Aeq0WARB0

ガチャッ



P「ただいまー...」


ダダダダ...


p「パパ、おかえり~♪」


P「ただいま、今日もいい子にしてたか?」ナデナデ

p「うん、してた~♪」

P「そうかそうか、よしよし」

p「えへへっ!」

P「...ところでp、ママは?」

p「いまごはんつくってるよ!」



32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 23:19:14.62 ID:Aeq0WARB0

トントントントン...


P「よ、よう...ただいまマキノ」

マキノ「おかえりなさい...」

P「き、今日は何か変わったこととかなかったか?」

マキノ「なにもないわ、pもいい子にしてたし...」

P「そ、そうか...」

マキノ「ええ...」


P「......」

マキノ「......」



P(気まずい...)

P(でも、ちゃんと言わないとな...)


P・マキノ「「あの...」」



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 23:20:27.25 ID:Aeq0WARB0

P「ま、マキノが先に...」

マキノ「いえ、貴方が...」

P「いいって、ほら言えよ」

マキノ「......」

P「マキノ?」


ペコッ


マキノ「ゴメンなさい...」

P「えっ...?」

マキノ「今朝はその...ちょっと言い過ぎたわ...」

P「あ、あれ?」

マキノ「お詫び、というわけではないのだけれど...」

マキノ「今日は...貴方の大好きな鶏のから揚げにしたから...」

P「お、おう...」

マキノ「ほら味見して、あーんっ」

P「あーん...あふっ...あちち...」

マキノ「どう?」

P「うん...美味い...」

マキノ「よかった...」

P「マキノ...俺の方こそ、悪かった...」

マキノ「いいのよ、でも...」



マキノ「もうあんなに夜更かしするのは、やめてね?」



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 23:21:18.41 ID:Aeq0WARB0

P「いや、でも仕事が立て込んでたからさ...」

マキノ「だったら私を頼ればいいじゃないの!」

P「だけどお前は一日家事とかやってるから、疲れてるだろうし...」

マキノ「平気よ、それより貴方が無理して身体を壊したりでもしたら...」

P「大丈夫だよ、ちゃんと俺なりに考えてるから」

マキノ「またそうやって軽く考えて!貴方ひとりの身体じゃないんだから...」

P「だから!お前は俺に対して過保護すぎるんだってば、それよりもっと自分のことを労わって...」

マキノ「Pこそ私のことを考える前に自分のことを...」


p「ママ、パパ、またけんかしてるの?」


P・マキノ「あっ...」

p「けんかしちゃだめー!なかよくしてー!」

P「...そうだな」

マキノ「ええ...」

P「ゴメンなp、パパたちもうケンカしないよ」

p「ほんと?」

マキノ「本当よ、ゴメンなさいねp...」

p「えへへっ!なかよしなかよし!」

マキノ「P、もうすぐ夕飯ができるわ、着替えてきて」

P「ああ、わかった」

マキノ「それと、今度からお仕事は多いときは私にも手伝わせて」

P「...わかったよ、だけど無理するなよ?」

マキノ「ええ、大丈夫よ、でも心配してくれてありがとう...」チュッ



35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 23:22:31.06 ID:Aeq0WARB0

p「あーむっ♪」パクッ

マキノ「美味しい?」

p「おいしー!」

P「ママの料理は最高だよな?」

p「うん、さいこー!」

マキノ「フフッ、ほらこぼしてるわ、気を付けて」

P「そういえばさマキノ、俺も今朝のお詫びってわけじゃないんだけど...」

マキノ「なあに?」

P「これ買ってきたんだ、お前好きだったろ?」

マキノ「あら、チョコレートサンデー...」

p「パパのおみやげー?わたしもたべるー!」

P「いいぞ、でもご飯食べた後でな」



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 23:23:40.48 ID:Aeq0WARB0

マキノ「P、これはどこで買ったの?」

P「えーっと、帰りがけに駅前でファーストフード店で...」

マキノ「そう...」

P「なんだ?」

マキノ「Pの気持ちはとっても嬉しいわ、ただ...」

P「ただ?」

マキノ「あそこのチョコレートサンデーはイマイチなの、クリームも少ないし、イチゴも小さいし...」

P「おぉ、さすが大好物、こだわりも強いなぁ...」

マキノ「別にこれが美味しくないわけじゃないのよ?でもどうせなら美味しいのを食べたいでしょ?」

P「じゃあ、今度外に食べに行くか?」

マキノ「外に...?」

P「ああ、最近あまり3人で出かけてなかったし、ちょうどいいだろ」

マキノ「いいの?たまのお休みくらいゆっくりしなくて...」

P「俺も食べたいんだよ、美味しいチョコレートサンデー」

マキノ「...そう♪」



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 23:24:25.19 ID:Aeq0WARB0

p「ママー、どこかいくの?」

マキノ「ええ、今度のお休みにパパとママとお出かけするのよ」

p「おでかけー!」

P「ゲームセンターにも行ってみるか?ママがUFOキャッチャーでお人形取ってくれるかもしれないぞ?」

p「おにんぎょう?とる?」

P「ママの特技なんだよ、でもママは集中すると周りが見えなくなるから適当なところで声かけないと...」

マキノ「P!」

P「わかったわかった、まあとにかくパパとママとお出かけだ!なんか欲しい物一つ買ってやろう!」

p「やったー!」

マキノ「フフッ、よかったわね♪」

p「うんっ!」

P「ちょっと甘やかしすぎかな?」

マキノ「いえ...」




マキノ「たまには甘いのも、いいでしょ?」




おわり



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 23:26:40.60 ID:Aeq0WARB0

駄文失礼しました~
だいぶ遅れましたがマキノ新SRおめでとう!ありがとう!
初登場時からずっと応援してきた身からすると今回のSRのシチュは感慨深いです
劇場も最高でした マキノかわいいよマキノ
あと個人的にはチョコレートサンデーよりストロペリーサンデーの方が好き
ではまた~



転載元
八神マキノ「甘いのは...いいでしょ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430573132/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (21)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月05日 00:47
          • タイトルだけで特定余裕
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月05日 01:04
          • マキノさんは首絞めてみたいアイドルではあるよねー
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月05日 01:16
          • ツキノヨルオロチノチニクルフマキノ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月05日 01:55
          • 安定と信頼の駄文P
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月05日 02:09
          • 結婚までしちゃってるSS、子供が既にいるSS率高いイメージがあるマキノさん
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月05日 02:18
          • 砂糖だ!砂糖を持ってこい!
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月05日 02:49
          • ちょっと自分には甘過ぎるんで飛鳥と一緒にエスプレッソ(無糖)飲んでくるわ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月05日 03:01
          • 5 正妻ポジに収まってるまきのんがナチュラルすぎるぜ駄文さん!
          • 9. 以下、VIPにかわりましてSTRAWBERRYがお送りします
          • 2015年05月05日 03:40
          • つまりイチゴがポイントですね
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月05日 04:13
          • 今回はタイトルで特定余裕だったぜ!
            というか、何気にあのシリーズだよね?
            Pの好物とか一緒だし
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月05日 06:54
          • 駄目だ!砂糖が多すぎる!
          • 12. 以下、VIPにかわりましてあやかし京娘がお送りします
          • 2015年05月05日 07:17
          • 洋菓子もいいけどさ、和菓子もどう?
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月05日 07:42
          • 駄文さん、本妻の愛梨もSRが出てますよ(ゲス顔)

            今年は駄文P搾られすぎィ!!
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月05日 07:58
          • マキノと夫婦になりたい
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月05日 08:58
          • おう、タブレットたたき割るぞ橘。
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月05日 09:46
          • 京都も苺も蒼紅も胸が足りない
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月05日 12:07
          • 莓は論外で紅蒼も駄文P的には足らんが、
            京都の狐は新田ちゃんと身体スペックほぼ変わらんからDカップあるんだよなあ
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月05日 12:25
          • 5 駄文~さん待ってたぜ!
            マキノが食べたチョコレートサンデーより甘い内容だ!
            次は夏ごろに水着姿で再登場してほしいなぁ
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月05日 13:32
          • ※17
            印象の問題じゃねえかなぁ
            周子の絵ってどれも細いし
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月05日 16:54
          • 軍曹のイチャイチャも書いてくだせー!
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月05日 21:29
          • ※20
            既に書いているんだよな~
            ・アキーズブートキャンプ
            ・プロデューサーを起こさないでくれ、死ぬほど疲れてる

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 【シンフォギアXV】マリア「切歌の変身バンクエロすぎ問題」
        • 【安価】彡;(゚)(゚)  「あかん・・・腹が痛い」
        • 俺「暇だ..>>6(就職)するか」家族「!?」
        • 彡(゚)(゚) 「ワイが>>2(ゴミ)やと?!」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 【デレマス】ロマツア水戸黄門
        • 【ゼロワン】福添准「美食家なヒューマギア?馬鹿馬鹿しい」
        • 【うちの娘。】ラティナ「大きい方が好き?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「ワイが……仮面ライダー!?」ヒロイン「そうよ」
        • 死後俺「うっ…ここは?」係員「はい、以上で底辺シミュレーターは終了です」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 【変好き】紗雪「根本的な事を忘れていたわ・・・」
        • 暗殺者(♀)「よう。こんな夜更けになにをしているんだ?」
        • 男「へぇ~、課長ってスト2がお好きなんですか」女上司「ファイッ」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ