TOP

美琴「あ……アイドルグループ???」

777:美琴「あ……アイドルグループ???」:2010/06/16(水) 23:34:52.98 ID:wigKmdY0


ある日

とある喫茶店


佐天「…………やっぱ土御間君だよね、かっこいいもん」


初春「えー、そうですかあ、私はやっぱり海山君が……」


佐天「ええ~、海山君なんて……まったく、趣味悪いなあ初春は」


初春「んな……そ、そんなことありませんよ!!
春上さんも、私と一緒でかっこいい、っていってましたもんっ!!」


黒子「はあ……全く……そんなくだらない話、どーーでもよろしいですわ………

………って、あら、ようやくお姉さまもいらっしゃったみたいですの」


美琴「………ごめんごめん3人ともー、ちょっと補習で遅れちゃって……」


佐天「御坂さん!!御坂さんもいいと思いますよね、土御間君のこと!?」


初春「いや、海山君の方がいいですよね、御坂さんっ!!??」


美琴「え?え?…何…??なんの話???」



778:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/16(水) 23:36:54.33 ID:wigKmdY0

佐天「なにって……学園神起48のことですよっ!?
……ほら、あの48人組の男性アイドルグループの……」


美琴「あ……アイドルグループ???」


初春「い、今めちゃくちゃ話題になってるのに…

…御坂さん、ひょっとして知らないんですか!!??」



779:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/16(水) 23:40:23.97 ID:wigKmdY0

美琴「あ、……ああ、そういえばなんか、最近、テレビで見たことあるような気がするけど…
…はっきりいって、よくは知らないわね……メンバーが誰とかなんとかはもう全然……」


佐天「ええ~、今あんなに話題になってるのにですかあ!!??

……そ、そりゃ、48人全員の名前は私だって知らないけど、
その中でもいっつも真ん中で歌ってる土御間君くらいは……」


初春「う、海山君だって、有名ですよ、御坂さん!!?
いっつも前列で踊ってますしっ!!」


美琴「う、うーーん、ごめん……私、本当に、そういうのあんまり興味なくてさあ…」


佐天「えええ、ほ、ほんとですか!?そんな…今、すっごいブームなのに……」



785:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/16(水) 23:56:22.64 ID:wigKmdY0

初春「白井さんも興味ないっていうし…
…常盤台中学の人って、全然そういうの知らないんですかね?」


黒子「いやまあ、そんなことはないとは思いますけど…
…ワタクシも、今、そのアイドルグループが大人気なことくらい知ってますし…
そのメンバーの中でも、最近よくテレビにでてる殿方の名前くらいは知ってますわ」


美琴「え、うそ、黒子も知ってるの!??な、なんでアンタがそんなこと知ってるのよ!」


黒子「なんでって……お姉さまが知らなすぎなんですの…
…お姉さま、興味がないにしても、少しは世の情勢くらい知っておくべきですのよ?」


美琴「んな……、ひ、人を世間知らずみたいに言わないでよ!!!
私だって普段、ニュースくらい観てるわよ!!」


黒子「……あら、ですけど、昨日だってテレビに食い入るように観ていると思ったら、
ニュースなんかじゃなく、

『子供向けアニメ☆誕生2周年記念!それいけゲコ太の冒険』の特集を
あんなに真剣なまなざしで…」


美琴「わ、わーーーわーーー!!う、う、うるっさいわね、アンタはぁ!!
わ、私がなんのテレビ観ようが関係ないでしょうがあ!!」


初春・佐天「…………」



786:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/16(水) 23:59:13.84 ID:wigKmdY0

初春「…ってことは、やっぱり御坂さんが特別なんですかねぇ…
けどまあ、確かに御坂さん、男のアイドルのファンになって、
キャーキャーいう感じじゃないですもんね…
…普段、どんな男の人がタイプとか、そんな話もしないですし」


佐天「うーーん、けど、気になるなあ……御坂さんの好きな男性のタイプとかさあ…」


佐天「……あ!そうだ、御坂さん!?
この雑誌に、学園神起48全員の顔写真付きのプロフィールが載ってるんですけど…
…御坂さん、この中で誰がタイプとかありますか!?」


美琴「え、えええ!??そ、そんなこと突然いわれても…」



787:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/17(木) 00:09:26.63 ID:NoVs5so0

佐天「ほら、この一番最初に乗ってる土御間君なんか、かっこよくないですか!?
なんかすごいワイルドな感じで…
…大切なものが妹ってあたり、少しシスコンっぽくて嫌ですけど!」


美琴「う、うーーん、なんかちょっと、チャラチャラして、
調子のってる感じが嫌かも……髪も金髪だし…」


佐天「え、えええ?そ、そうですかあ??わ、私は良いと思うんですけど…
え、ていうか、アイドルなんだから、髪くらい染めててもいいじゃないですか!??」


初春「う、海山君は!?海山君はどうですか、御坂さんっ!!土御間君とくらべて、
すっごくさわやかで優しそうな顔してますよね!?髪も染めてないし!!

趣味がアステカ文明を学ぶこと、っていうのがちょっとおかしい感じですけど!」


美琴「うーーん、なんだかなあ……確かにさわやかな感じで
悪い人じゃなさそうだけど…

…魅力を感じるかっていわれると……あんまり…」


初春「えええ……、そ、そんなぁ…」



788:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/17(木) 00:12:36.94 ID:NoVs5so0

黒子「無駄ですのよお二人とも。お姉さまが、
そんなどこの馬とも知れない男のことなんか、
おいそれと好きになったりするわけないんですの」


佐天「そういう白井さんはどうですか?この中でタイプの人っていますか?」


黒子「はん!!ワタクシはそんな顔だけが取り柄のガキどもなんかに興味はありませんの…

ワタクシが興味があるのは、なにを隠そうこの世でただ一人!!お姉さま一人なんですのよぉぉーー、おねえさぐはあ!!!」バキィ!!!


美琴「あーーーもう!!うっとおしいわねアンタはいっつもいっつも!!!」


初春・佐天「……………」


佐天「ま、まあ確かに、白井さんには聞くだけ無駄だったかもしれないけど……」


初春「そ、そうですね……」



790:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/17(木) 00:20:58.01 ID:NoVs5so0

初春「そ、それじゃ、御坂さん、こ、この
青髪飛明日君なんかどうですか!?関西弁の…」


美琴「ええ~、な、なんか胡散臭そうで嫌かなあ……」


佐天「この捨入君なんかは…!?赤髪でワイルドな感じで良くなくないですか!?」


美琴「うーん、けど、趣味が火遊び、って書いてあるわよ…?
危ないんじゃないかしら…?」


初春「それじゃこの垣根山帝都君なんかは………あ、いや……この人は私も嫌いかも……
一見さわやかそうで、裏じゃ怖い人そう…」


佐天「え、そうかなあ…垣根山君、かっこいいと私は思うんだけど……」


美琴「いや、良く見てよ佐天さん、ほら、
なんか口癖が『常識は通用しねーぜ』ですって!!
何よ、かっこつけて、馬鹿よ馬鹿!!」


わいわい………



黒子「(やれやれ……)」



792:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/17(木) 00:33:43.79 ID:NoVs5so0

初春「この砂浜面って人は…」


美琴「なんかその辺のどこにでもいる不良みたい…」


佐天「削板倉って人は…」


美琴「格好が馬鹿みたい」


初春「この亜鈴巣他亜って人は……あ、いや…これは私もないですかね…」


美琴「うん……だって、趣味が逆立ちって、なんか変よ…格好も病人だし……」


佐天「じゃあこの一方向通行人って人は…」


美琴「こいつは無理!!!絶対に無理無理無理!!!
なんかよくわかんないけど生理的に無理だわ!!!」


佐天「え、そ、そんなにですか……?」


初春「け、けどまあ……確かにグループ一の強面ですけど……
けど、他のメンバーの話だと、案外優しい一面もあるらしくて……」


美琴「無理!!!!!こいつだけはなんか無理!!」


初春「そ、そうですか……」



794:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/17(木) 00:45:29.30 ID:NoVs5so0

………
数十分後……

佐天「はあ……やっぱ、御坂さんの好みって難しいなあ……」


初春「これだけ時間かけて、一人も首を縦にふりませんでしたしね……」


美琴「う、うーん、ごめん…
…けど、なんか、別に全然、誰もかっこいいって思わないっていうか……」


黒子「ほらほら、だから言ったじゃありませんのお二人とも。
ワタクシのお姉さまが、こんなアイドルの男どもなんかの中に
好みの殿方なんかいるはずないんですの」


佐天「うーん……けど、それじゃ御坂さんのタイプの男性って、
一体どんな人なんですかあ??」


初春「確かに、学園神起48の中にも一人もいないとなると、
ますます興味がありますねえ」


美琴「わ、私の好み……??え、ええーと、そうねえ、どうなのかしら…

…………ん??」


初春「……?どうかしたんですか、御坂さん??」


美琴「いや、メンバーの中のこいつは……??紹介してもらったっけ……?」



796:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/17(木) 00:55:47.90 ID:NoVs5so0

初春「……え?誰のことですか??」


美琴「ほら、このツンツン頭の」


佐天「え、あ、ツンツンって、よ、横条君のことですか!??
た、確かに紹介するの忘れてたけど……」


初春「御坂さん横条君がタイプなんですか…?」


美琴「え?…いや、別にタイプとかそんなんじゃないと思うけど…
なんとなく、目に入ってきたから…」


美琴「(あれ……なんかこの顔…誰かに似てるような…)」


佐天「そ、そっかあ、横条君を選ぶなんて、御坂さんもなかなか、
渋いところをつくというか、マニアックというか…」


美琴「え?え?なにそれ、どーいうこと??」


初春「え、えっとその……言いにくいんですけど御坂さん…
…横条君って全く人気ないんですよ…学園神起48の中で」


佐天「ちょ、ちょっと初春!?」


美琴「え、そ、そーなの!?」



797:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/17(木) 01:07:47.97 ID:NoVs5so0

佐天「あ、い、いや、実はそうなんですよ…
…い、いや別にとりわけ顔がかっこ悪いとかじゃないんですけど…
…なんか、地味、っていうか…

ほら、趣味もスーパーの特売に行くこと、ってなんか主婦っぽくて地味だし…」


初春「口癖も『不幸せだあ』、っていうのもなんか…
…夢を売る仕事なのに、ネガティブな感じでアイドルらしくないですしね……」


美琴「ふ、ふーーん、そ、そうなんだ……」


佐天「あ、けど、いるんですよ!!すごく少数派なんだけど、横条君のファンって!!
決して、ファンがいないわけじゃあ……」


初春「そ、そうそう!!そうなんですよ!なんか横条ファンって
固定層が多いらしくて…」


美琴「い、いや、私は別にコイツのファンになったわけじゃないし…」


美琴「(…………)」


美琴「(ああ、そっか……なーんかどっかで見たことあると思ったら…

…名前から何まであの馬鹿に似てるんだわ…この横条ってのは)」


美琴「……………」



799:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/17(木) 01:18:35.82 ID:NoVs5so0

…………

佐天「……あ、そーだ二人とも!!実は私たち、今週の日曜日に
学園神起48のライブに行くつもりなんですけど…
…良かったらお二人も一緒にいきませんか!?」


初春「ええ、ちょうどチケットが2枚余ってますし…
…一緒に行きましょうよ白井さん、御坂さん!」


黒子「…ワタクシは結構ですわ……さっきも申しあげたとおり、
そんなガキどものライブなんかに興味はありませんから」


佐天「えーー白井さん、そんなこと言わずに一緒に行きましょうよぉ」


初春「……御坂さんはどうですか??一緒に行きませんか??
ほら、横条君も来ますし……」


黒子「お姉さまも黒子と一緒で行きませんわよね、そんなライブなんか
横条なんて男、どーでもいいですわよねえ??」


美琴「……うーーん、そうねえ、私は………」



816:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/18(金) 23:50:38.47 ID:swPZsmA0

そして日曜日…

学園神起48のライブ会場前


ざわざわ……


美琴「……うわあ、すごい人の数……これ皆、ライブを見るために来てるの??」


佐天「そりゃ当然そうですよ御坂さん!学園神起48のライブっていったら、
毎回、観客動員数が4万人はくだらないんですからっ!!」


初春「若い子だけじゃなく、子供やお年寄りにも人気がありますからね、学園神起48は」


美琴「へ、へえー、そうなんだ……そこまで人気だっただなんて……」



817:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/18(金) 23:54:03.73 ID:swPZsmA0

黒子「……全く、お姉さまったら……せっかく貴重な日曜日ですのに…
…こんな人ごみが多いとこで来てなにが楽しいんですの……?」ぶつぶつ…


佐天「もう、まだぶーたれてたんですか、白井さん?
だったら、白井さんは着いて来なきゃよかったのに……」


黒子「はん!何言ってますの佐天さん!ワタクシは、お姉さまが向かうところであれば、
例え火の中水の中……どんなところでも着いて行きますわよ!」


佐天「そ、そうですか…」


黒子「(……それに……ありえないとは思いますけど…

…お姉さまがこんなくだらないアイドルなんかにうつつ抜かすようにならないように、
しっかり見張っておかなければ…!)」



818:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/18(金) 23:56:17.94 ID:swPZsmA0

初春「それはそうと、ちょっと早く会場に着きすぎてしまいましたねえ」


美琴「そうね、ライブの開始時間まで、あと1時間くらいあるみたいだし」


佐天「ええ~、まだそんなにあるんですか、弱ったなあ……
…あ、そうだ、それなら!!ライブが始まる前に、
好きなメンバーのグッズを買いに行きましょうよ!!」


初春「あ!そうですね、行きましょうみなさん!!」


美琴「え……グッズって??ライブにそんなの売ってるの??」


佐天「なに言ってるんですか御坂さん!!そんなの当たり前じゃないですか!!
ほら、あそこにメンバーの顔がプリントされたTシャツやら、
タオルやら売ってるところがありますよね!!あれのことですよ!!」


初春「やっぱりライブを盛り上げるために、たいてい皆、自分のファンのウチワなんかを
買ってから、会場に入るモンなんですよ、御坂さん!!」


美琴「ふ、ふーん、ウチワねえ……良く分かんないけど、そういうモンなのね…」



819:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/18(金) 23:57:05.21 ID:swPZsmA0

佐天「ああ!!こ、こーしちゃいられないわ!!
早く行かないと土御間君のウチワ、売り切れちゃうかも!!」


初春「わ、私も海山君のウチワ買わないと……!!
早く行きましょう、ほら、御坂さん、白井さんも!!」


美琴「え、ええ……」


黒子「はあ……まったく、どーでもよろしいのに……」



821:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/18(金) 23:58:31.70 ID:swPZsmA0

アイドルグッズ販売店

ざわざわ……

店員「ほらほら、押さないでください!!ま、まだそんな売り切れたりしませんから!!」


ファン1「土御間君のウチワとTシャツくださいっ!!」


ファン2「私は海山君のタオルとキーホルダーを…!!」


ファン3「私は、一方向通行人君の……」


わいわい……がやがや……


佐天「う、うわ、すごい人だかりになってる……そ、それにや、やばい……
土御間君のグッズを買って行ってる人、めちゃくちゃいるじゃん!!?」


初春「あ、海山君のグッズも飛ぶように売れてますよ!」


佐天「初春!!わ、私急いで、土御間君のグッズコーナーがあるとこの列に
並んでくるね!!」


初春「ええ!わ、私も海山君のグッズコーナーに行ってきます!」


美琴「ちょ、ちょっと二人とも…」


初春「すいません、御坂さん、白井さん!ちょっと行ってきますね!!」


佐天「また後でここで落ちあいましょう!!」


タッタッタッタッ……(人ごみへと消えていく初春と佐天)


……………



822:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 00:01:51.53 ID:LvRP6Is0

……………

美琴「………行っちゃった………どーしとこうか黒子?私たちも買いに行く、ウチワ?」


黒子「……はあ…もう、ここで素直に待っとけばいいんじゃないですのお姉さま…?

……黒子はもう、この場内の暑さのせいで完全に疲れ果ててしまいましたの…
…あんまりその辺をうろつくということはしたくないですわ…」


美琴「……なんか黒子、アンタすごいしんどそうね…

…まあ、確かにそういえば、ここって、異常に蒸し暑いわよねえ…
…やっぱこれだけ人がいるから………んん?」


黒子「………どうしたんですの、お姉さま??」


美琴「……なんか、あそこの一帯だけ、全然人が集まっていないけど…
…一体、どうして……って、ええええ!!!???」


黒子「な、なんですの……一体どうしたんですのお姉さま…?」



823:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 00:05:16.91 ID:LvRP6Is0

美琴「……な、な、ななんで横条コーナーだけ全然、列ができてないのよ!!??
なんで誰もいないの!!?なんで全然売れてないのよ!!??」


黒子「ええ……?…あら、そういえばそうですわね…
…けど、お姉さま、初春と佐天さんが言ってたじゃありませんの…
…横条はメンバーの中でも人気がないって…」


美琴「人気がないって言っても、土御間君とかと差がありまくりじゃないのよっ!!!
な、な、何考えてんのよあの馬鹿!!!信じられない!!

あーーーもう!……行くわよ黒子!!!」


黒子「え…………行くってどこに………?」



824:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 00:06:25.34 ID:LvRP6Is0

横条グッズコーナー

販売員「いらっしゃいませー」


美琴「横条のウチワくださいウチワ!!10枚!!!」


販売員「じゅ、じゅ、10枚!???」


黒子「じゅ、10枚ってお姉さま!!
会場に持ち込むウチワは1枚で十分なんじゃないんですの!!??
な、なんでそんなに……??」


美琴「あ、あーーーもう、そりゃ、そうだけどっ!!けど、別にいいでしょ?

こんだけ暑いんだから、10枚くらい買ったって!!!
私とアンタで5枚づつ使えばいいじゃない!!」


黒子「い、いや、お姉さま…ウチワってそういうモンじゃない気がするのですけど……」



827:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 00:18:57.31 ID:LvRP6Is0

美琴「あ!!そ、それに、他の商品も…タオルなんかも売ってるのに、
全然売れてないじゃない!!く……ほんとに人気ないのね、あの馬鹿は……!!!

……………黒子ォォォォォ――――――――――――!!!」


黒子「は、はい!??な、なんですのお姉さま!!???」


美琴「アンタ今、暑くて汗かいてるからタオルあったほうがいいわよね!!!
私も買うから、アンタも買いなさいよタオル!!5枚!!!」


黒子「い、いやいやいやだからああああーーーーー!!!
なんでそんなにタオルがいるんですのお姉さま!!!!

っていうか、そんな横条の顔がプリントされたタオルなんて
5枚もいらないですわっ!!!」


美琴「だ、大丈夫よ、この暑さなんだから!!
タオル5枚くらいすぐ消費するでしょっ!!?」


黒子「お、お姉さまあ!!!!しょ、消費ってなんですの!!!
い、いつからお姉さまの中でタオルは消耗品になったんですのーーーっ!!!」


……………



828:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 00:26:49.98 ID:LvRP6Is0

……………

そして……ライブ会場

ざわざわ……

佐天「……さて、無事、土御間君のウチワも買えたし…!!
後はライブ開始を待つだけね!!」

初春「はい!私なんかウチワだけじゃなく、タオルも買っちゃいましたよ!!

……って、ああ!あと本番開始5分前……!!私、なんか胸がドキドキしてきました…!」


佐天「……それはそうと、御坂さん……ずいぶん沢山、ウチワ買いましたね……」


美琴「え、ええ?そ、そうかしら…
…け、けどほら、こうやってまとめて仰ぐと一枚より涼しいかなって…
……ね?」ゴアアアッ!!ゴアアアッ!!


佐天「そ、そうですか……??た、確かにただならぬ音はしてますけど、
すっごく腕が疲れそう……」


初春「白井さんも、横条君のタオル、そんな何枚も首かけてどうしたんですか……??
なんか隣にいるだけで、すっごく暑苦しいですけど……」


黒子「う、ううううるさいですの初春!!!
好きでこんなことになったんじゃないんですのよぉぉぉ!!!」


………



831:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 00:32:50.66 ID:LvRP6Is0

…………
ビーーーーー!!(ブザーが鳴る音)


初春「あ!!とうとう本番が始まりますよ!!」


佐天「あ、見て初春!!次々と舞台に学園神起48のメンバーが…
…ってあああ!!!初春みてみて!!

土御間君!!!土御間君が出てきたよ!!!キャーー!!!土御間くーーん!!」


初春「う、海山君も出てきましたよ!!!
……う、海山くーーん!!!!がんばってくださーーい!!」


きゃーーーー!きゃーーーー!(次々と会場に巻き起こる歓声)

………

歓声1「捨入君、愛してるーーーーー!!!!!」


歓声2「海山君、かっこいいーーーーー!!!」


歓声3「きゃーーー一方向くーーーん!!!」


……………



834:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 00:40:58.12 ID:LvRP6Is0

……………

美琴「わ……す、すごい歓声ね、黒子…
…ど、どうしよう、私たち、なんかちょっと浮いてないかしら……?」


黒子「……い、いやそんなことよりお姉さま……黒子は…、…か、横条の…
…横条のタオルのせいで……暑くてたまらないんですけどお姉さま……」ぜいぜい……


美琴「あ、そういえば、アイツは……??横条はもう舞台に出てきてるかしら……??」


美琴「(ええっと横条横条……あ、出てきた出てきた!!!)」

…………

美琴「(………って何アイツ、自信なさそうに舞台にでてきてんのよ!!
…そんでなんで、舞台の後ろ端の目立たないところにいっちゃうわけ!??
もっと前の方行きなさいよ!!土御間の隣とか行きなさいって!!)」


美琴「(…あ!そ、そういえばあの馬鹿、他の連中みたいに
全然歓声も上がってないじゃない……!!
固定層はどーなったのよ固定層は!!!)」


佐天「うわあ、私、土御間君を生で見るなんて初めてだよ、初春!!
やっぱかっこいいなーー!!」


初春「私も海山君を生で見れて感激ですっ!!ホント、来てよかったです!!!」

……………


美琴「(な、なんかイライラするわねアイツ……!!)」


黒子「ぜいぜい……(は、早く帰りたいですの……)」



835:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 00:44:21.39 ID:LvRP6Is0

土御間『今日は俺達もライブに来てくれてありがとうだにゃー!!
それじゃあ、さっそく行くぜ一曲目!!!『とあるIKEMEN☆の禁止事項』!!』

きゃーーーーー!!!!!!


初春「さ、さっそく定番の曲ですね、佐天さん!!!」


佐天「う、うん!!!なんたって、学園神起48のデビュー曲だもんね!!!
これは盛り上がるわよぉぉ!!」


美琴「(なんでさっきから、あの土御間って奴ばっかり目立ってんのよ……!!)」
イライラ……



838:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 01:04:07.31 ID:LvRP6Is0

…とあるIKEMEN☆はparallel world 幾千もの時間に
同じものなどないIKEMEN☆で織り成す 時空へ…♪


きゃーーーーーーーー!!きゃーーーーーーーーーー!!


佐天「う、うわああ、すごい、やっぱ生ライブは違うわあ…!!歌って踊ってる
学園神起のメンバーがこんなにかっこいいだなんて……!!!」

初春「ええ!!!みなさんとってもかっこいいです!!!」

佐天「……けど、やっぱ一番は土御間君だな!!ほら、メンバーの中で一番
、踊りも歌も上手だと思わない!??絶対、あの中で一番上手いよ!」


初春「な……!!そ、そんなことないです!!海山君だって、
歌も踊りもとっても上手ですよ!!なんたって、どの曲でも前列にいますし……!!」


美琴「…………」


美琴「(なによあの馬鹿……自信なさげにしてるから、歌も踊りも下手なのかと思ったら…

普通に上手いじゃないのよ……!!!
っていうか、土御間とかよりもよっぽど上手いじゃない!!!
……それなのに、なんであんな隅っこで縮こまって踊ってんのよっ!!!!


ああああーーーー!!!見ててイライラするーーーーー!!!!!!)」


…………

なんか蚊帳の外の黒子

黒子「……ぜいぜい…あ、あつ…すぎ…です…の……

ひっ…ひっ…ふーー……ひっ…ひっ…ふーー………」

…………



840:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 01:17:48.04 ID:LvRP6Is0

【イケメン】駆け抜けて【トオクマデ】
【ミクダス】ブサメンを蹴って【ブサメンケッテ】♪


佐天「ああ!!つ、ついに曲のサビに入るよ、初春!!」


初春「そ、そうですね!!ここは盛り上がりますよね、佐天さん!!!」


美琴「」イライライライライライラ………!!!!!!!!!!!


佐天「や、やっぱここは声援を送らなきゃ……!!!!!


土御門くんがんばって…」



美琴「こらあぁぁぁーーーーー横条おおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉーーーー!!!!!!!!
なーーーにやってんのよぉぉぉーーーー!!!!!!

ちゃんと堂々と歌って踊りなさいよ
この馬鹿あああぁぁーーーーーー!!!!!!!!!!!」


佐天・初春「え…………」



843:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 01:37:54.39 ID:LvRP6Is0

初春「み、御坂さん……?」


美琴「歌も踊りも他のヤツより上手いんだからぁぁーーー!!
もっとしゃきってしなさいよっっ!!!!もっと頑張んなさいよぉぉーーーー!!!!!」


佐天「あ、あの御坂さん……」


美琴「あ!!!もしかして、自分は歌も踊りも下手だと思って
馬鹿を見てる感じになってんじゃないでしょうねえええーーー!!!
アンタもっと自信もって…」


初春・佐天「御坂さん!!!!!」


美琴「……え?」



844:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 01:42:46.48 ID:LvRP6Is0

初春「あ、あの御坂さん…
…じ、自分のファンのメンバーに声援を送るのはいいと思うんですけど、その……?」


佐天「え、ええ……そのもっとライブらしく『キャーーー』とか『かっこいいー』とかなら自然なんですけど……その御坂さんのは……」


初春「その……むしろ叱咤?とか、激励に近いっていうかその……」


美琴「え?…あ、ああ、そ、そうね…そうよね……そう、ライブだもんね!!

ご、ごめんごめん分かった分かった…
…そう、『キャーーー』とか『かっこいいー』とかよね……うんうん……


…………


美琴「キャーーーー横条かっこいいーー!!!

……って、いい加減にしなさいよアンタはあ!!!もっと真剣にやんなさいよっっ!!!!
だいたいアンタはいつもいつも……!!!!」


佐天「御坂さーーーーん!!!!!」


初春「佐天さんが言ったことを付け足しただけで何にも変わってないですう!!!!」



850:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 02:13:28.02 ID:LvRP6Is0

その後も美琴の横条に対する声援は会場に鳴り響いた…

3曲目


美琴「だっからああーーーー!!!!
もう、なんでアンタはそんな目立たないように踊るのよ!!!
もうアンタはバク転とかしなさいバク転!!!他のヤツと違うことしなさいよ!!!」


佐天「い、いや御坂さん…それぞれの曲によって踊り方が決まってて……」


5曲目

美琴「もっと大きな声で歌いなさいよアンタはああ!!!!!何?全然聞えないわよっ!!もしかしてマイク切られてるのアンタだけ!!??」


初春「ちょ、み、御坂さん、そ、そんなことないですから……」


7曲目


美琴「あーーーーもう!!イライラするわねええ!!!!!
もう、アンタは前列に出なさい前列に!!!そんで土御間のポジションぶんどって…!!」


佐天・初春「御坂さーーん!!!!」

ぎゃーーー、ぎゃーーー……

…………

横条「(……なんだあの子……さっきからなんで俺に対して
あんなに怒ってんだ……??

はあ……なんかよくわかんないけど……
俺っていっつも貧乏くじばっか引いてる気がする……

…………………不幸せだ………)」



852:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 02:38:11.45 ID:LvRP6Is0

その後…

ライブ会場前

初春「……いやあ、盛り上がりましたねえライブ!」


佐天「うん、生の土御間やっぱかっこよかったなあ!!……また絶対来ようね、初春!!」


初春「そうですね、また御坂さんと白井さんも誘って……って、あれ…??2人は??」


佐天「あ、あそこだ……また横条君のグッズコーナーにいる…」


初春「ら、ライブがはじまる前、あんなにたくさんウチワとか買ってたのに…
…まだなにか買うつもりなんですかね……?」



854:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 02:41:50.82 ID:LvRP6Is0

横条グッズコーナー

美琴「……な、な、な、なんでまだこんなにグッズが余ってんのよ!!!!
ライブももう終わったっていうのにっ!!!

……あの馬鹿!!どんだけ人気ないのよっっ!!!!」


黒子「…も、もも、もうよろしいではありませんのお姉さま…
…グッズなら、ライブが始まる前、あんなに……」


美琴「すいませーん!!!この横条のカレンダーを7枚ください!!!!」


黒子「はあ………また……」



855:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 02:43:51.75 ID:LvRP6Is0

美琴「……それにしても、人気ないくせに種類だけは多いのねえ、
あの馬鹿のグッズは……!!!ああもう……!!!!!

……黒子ォォォォォ――――――――――――!!!」


黒子「…………………………なんですのお姉さま……?」


美琴「アンタ!!汗で服がビショビショじゃない!!!
そのままじゃ風邪ひいちゃうわよ!!!!仕方ないから、この横条Tシャツを12枚……」


黒子「着るわけないですのよオオオオオーーーーー!!!!!!!!!!!!!
だ、だだだだれが、そ、そんな横条の顔がプリントされたTシャツなんて!!!

っていうかなんで12枚!!??なんでいちいち大人買いするんですのっっ!!!!?」



857:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 02:57:12.57 ID:LvRP6Is0

……………

美琴「…ごめんごめん、2人とも遅れちゃって」


佐天「うわ……み、御坂さん、これはまた沢山買ってきましたね……
そ、そのカレンダー、そんなに買ってどうするんですか……?
ぜ、全部同じ年のやつなのに……」


美琴「え、ええ?……け、けどほら、7枚買っとけば、
同じ日に7つ分の予定が書ける
じゃない?だ、だ、だから、お得なのよ……うん、うん」


佐天「ぜ、前回より言いわけが苦しくなりましたね御坂さん……」


初春「うわっ……し、白井さん、そんな横条Tシャツ何枚も重ね着してどうしたんですか…?そんな格好で寮まで帰るつもりですか……??
それに、なんかさっき以上に暑苦しいんですけど……」


黒子「て、てめ……初春うぅぅぅぅーーーーー!!!!
絶対、あなたわざと言ってるでしょうがああああーーーーーーー!!!!!
好きでこんな格好してるわけじゃないですのよおおおーーーーーーー!!!!!!!!!!」



869:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 00:41:56.83 ID:cb1EqMc0

……………

美琴「あれ……?そういえば、ライブが終わったっていうのに、
なんで会場の入り口の方、めちゃくちゃ人が集まってるのかしら……」


佐天「ああ!そ、そーだった忘れてました御坂さん!!どうも今から、入口から
メンバー全員が出てくるみたいなんですよ!!帰りのバスに乗り込むためにっ!!」


初春「えええ~~!!!って、ことは、ライブ会場より間近で海山君が見れるかも!!
そ、それじゃは、はやく行きましょうみなさんっ!!!」


佐天「うん!!ほら、御坂さんと白井さんも早く!!!!」


美琴「え、ええ……!」


黒子「ええ~~~、ま、またあんな人ごみの多いところに行くんですのお姉さま…

…はあ……」



871:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 00:46:47.58 ID:cb1EqMc0

…………

ライブ会場入り口前

わいわい……がやがや………

鉄装「お、押さないでください!!こ、これ以上入らないで!!」


黄泉川「ほらほら、このラインより前に入ってくるなよお前ら!!
いまからメンバーが出てくるんだから!!入り口をふさぐんじゃねーじゃん!!」

…………

黒子「こ、こんなライブのためにアンチスキルまで警備にかりだされているだなんて…
信じられないですの……」


美琴「う、うわあ、や、やっぱすごい人だかりね……」


初春「けど、なんとかこの位置ならメンバーの顔も見れそうですよ御坂さん……!!」


佐天「……って、ああ!!!見てみて初春、御坂さん!!!
入り口からメンバーが出てきたみたいですよ!!」



872:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 00:49:20.93 ID:cb1EqMc0

(入口から次々の出てくるメンバー)

きゃーーーーーーーーーーーー!!!!!


歓声1「きゃーー!!土御間君、こっち向いてーーーー!!!!!!」


歓声2「海山くーーーん、愛してるーーーー!!!!」


歓声3「きゃーー!!捨入くーーーん!!!」

……………

佐天「あ、ああ!う、初春!!土御間君、こっちに近づいてくるよ…!!

……って、あ、きたきた……!!!…きゃーー!!土御間くーーん!!!」


初春「あ…海山君もこっちに来た……!!
う、海山くーーん!!!こっち向いてくださーーい!!!」

……

美琴「(ええっと……あの馬鹿は………あ!!出てきた出てきた)」


(他のメンバーと一緒に、入り口から出てくる横条)



874:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 00:54:37.58 ID:cb1EqMc0

美琴「………ってあの馬鹿あああ!!!!
何ほかのメンバーの影に隠れるようにして出てきてんのよ!!!
なんでアイドルのくせして、いちいち目立とうとしないわけえええ!!!???」


美琴「……ほらああ、アンタ!!もっと、しゃきっとしなさいよしゃきっとお!!
これだけ言って、まだ分かんないのアンタはああーーーー!!!」


佐天「み、御坂さんまた……」


初春「も、もう何を言っても無駄みたいですね……御坂さんには……」

………



875:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 00:57:16.53 ID:cb1EqMc0

……………

ぎゃーーーー……ぎゃーーーー……




横条「(ん……?な、なんかまた俺に対する罵声が聞えるような…

…って、またあの子か……はあ…

…あの子一体、俺になんの恨みがあるんだろ…

…はあ……不幸せだ………)…

……って、んん??」


横条「(なんだぁ……お客の中にいるあのマスク姿の男は……?
あんな周りをきょろきょろ見渡して…

ライブに来た人にしては、ちょっとスタイルが怪しいような……)」

…………



876:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 01:02:29.95 ID:cb1EqMc0

……………

美琴「………そんなんだから、アンタはいつまでたっても
人気があがんないのよぉぉーーっ!!!

わかったら、ちったあしゃきっとしなさいよおおー!!!」


初春「……これはもう、御坂さん独特の応援として、
あきらめるしかないですね佐天さん……」


佐天「そーだね……けどまあ、この方が御坂さんらしいっちゃあ、らしいかも…

……っていたあ!!!」ドンッ


(突然佐天の肩にぶつかって走り去るマスク姿の男)



877:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 01:08:54.91 ID:cb1EqMc0

佐天「あいたたたた……」


初春「だ、大丈夫ですか、佐天さんっ!!?」


佐天「い、痛ったあ……な、なんなのよアイツ………ってああああ!!!!


初春「ど、どーしたんですか佐天さん!!??」


佐天「ない!!ないよ初春!??ポケットに入れてた私の財布が

……なくなってる!??」


初春「え、ええ!!!!??」


美琴「なんですって!!!」



879:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 01:25:21.16 ID:5ihNwJ20

佐天「き、きっとさっきぶつかってヤツが盗っていったんだ!!……

だ、誰かーーー!!あの男を止めてください!!泥棒です!!その人!!」


美琴「黒子!!!」


黒子「ええ!!分かっていますわお姉さま!!すぐにテレポートで追いかけますの!!
初春はすぐに、警備のアンチスキルに連絡を………!!!」


初春「は、はい!!分かりまし」


横条「おおおおおおおーーーーーーーーーー!!!!!!!!!」


黒子「………え?」


美琴「よ、横条……??」

(突然、全速力で犯人を追いかける横条)


……………



881:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 01:34:59.00 ID:5ihNwJ20

………



そのころ、犯人は……

男「はあ、はあ…、こ、ここまで来ればもう大丈夫だろ…」


男「それにしても、ライブ終了後の会場前ってのは絶好のスリ場所だぜ…!!

人ごみに紛れやすいし、ライブに来る馬鹿女どもってのは大概、
グッズなんかを買うために、たんまり金を持ってきてやがるしな……!!!」


男「それにしても…くくく…警備してたアンチスキルは何やってんだろうなあ……!
まったく、張り合いがねえ、っていうか………んん?」


横条「どおおりゃあああーーーー!!!!!待ちやがれテメエ!!!」


男「な、なんだアイツは……!!???アイツ確か、学園神起48のメンバー
の奴じゃ……!??…………ってどあああああ!!!!」

(犯人に飛びかかる横条)


横条「はあはあ…やっと、捕まえたぜ犯人!!!さあ、はやく、
女の子から盗った財布を返しやがれ!!!!」



883:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 01:43:32.70 ID:5ihNwJ20

男「な、な、なんでアイドルが俺のことを邪魔しやがるんだっ!!!
テメエには関係ねーじゃねーか!!!とっとと離しやがれ!!!!」


横条「関係…………ねえだと……!!??」



…………
一方そのころ…


美琴「はあ、はあ……ど、どこまで追っていったのよアイツ!!」


黒子「あ…!!いましたわお姉さま!!あそこですのよっ!!!」


佐天「ほ、ほんとだ!!横条君、犯人捕まえてる!!」


初春「け、けど、一体なんで横条君が……!??」


美琴「と、とにかく行ってみましょう!!!」


………



885:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 02:01:26.13 ID:5ihNwJ20

…………

男「そーだろ、関係ねーだろうがテメエにはあ!!テメエみたいな
糞アイドルごときがこの俺の仕事の邪魔してんじゃ」


横条「ばっかやろおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!」


男「!!!!!!??」


横条「何が関係ねー、だ!!大アリなんだよっ!!あの女の子はなあ……!!
ライブを見に来てくれた、俺達の大切なファンの一人なんだよっ!!

俺達の仕事は、そんなファンの子たちに夢と希望を与えるのが仕事なんだ!!!

大切なファンの子が、テメエみたいなヤツに財布を盗まれて、
黙って見てるわけにはいかねえんだよぉぉ!!!!!」



886:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 02:16:39.00 ID:5ihNwJ20

男「は、はん!!な、なにが大切なファン、だよ、ばかばかしい!!!
し、知ってんだぞ俺は!!テメエ、
メンバーの中でも全然、人気ない横条ってやつだろ!??

ファンなんかほとんどいねーらしいじゃねーか!!!
て、てめえみてえなヤツが、なに人気アイドルぶってえらそーに!!!!」


横条「ああそうさ!!確かに俺は人気ねーよ!!メンバー1の無人気者さ!!だがな……
そんな俺でも学園神起48の一員なんだ!!!
例えあの子が誰のファンだろうとそんなの関係ねえ!!

メンバーのことを応援してくれてるファンの子を悲しませるヤツはこの俺が許さねえ!!
そんな幻想、俺がぶっ壊してやる!!!」


佐天「横条さん………」


初春「け、結構熱い人だったんですね横条さん……」


美琴「(アイツ……)



888:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 02:27:07.21 ID:5ihNwJ20

男「く、くそこの野郎!!!いい加減に……!!」


(横条に殴りかかろうとする犯人)


横条「って、う、うわっ、やばい!!!!!」


黒子「そこまでですわ!!!ジャッジメントですの!!!
窃盗罪で貴方を拘束いたしますわ!!!」


男「………く、…………ち、畜生、ここまでか………!!

こ、こんなアイドルごときに俺が…………!!!」


横条「……はあ、助かったぁ~………」

…………

美琴「(……………ふーん……)」


美琴「(なかなかやるじゃない、アイツ……)」

……………



889:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 02:36:17.78 ID:5ihNwJ20

その後………

………

黄泉川「ほらっ!!とっとと車に乗るじゃん!!!」


男「く、くそ……」


…………


横条「…………」


横条「(窃盗犯を追うなんて……我ながらトンデモナイことしてしまったけど……
まあ、犯人も無事捕まったことだし……一件落着か……)」


黒子「………お手柄でしたわね、横条方麻さん?」


横条「…ん……?君たちはさっきの…」



890:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 02:41:08.59 ID:5ihNwJ20

佐天「財布を取り返してくれてありがとうございました!!!
なんか私、横条さんのこと見なおしました!!」


初春「ええ!!とってもかっこよかったですよ、横条さん!!!」


横条「え、そ、そうかな……はは……いや別に俺は」


美琴「何よ、褒めてるんだから素直に喜びなさいよ、
犯人を捕まえたのはアンタなんだから、もっと胸を張ればいいでしょうが」


横条「う………君は確か……罵声女……」


美琴「はあ?なんだって??」


横条「い、いや別に………」



892:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 02:51:58.56 ID:5ihNwJ20

黒子「けどまあ、ホントにお手柄だったですのよ横条さん…
…お友達の財布を取り返してくれたお礼といってはなんですけど…
…あなたの勇気をたたえて、ジャッジメントであなたを表彰したいと思うのですの」


横条「ええ……表彰……!??お、俺が!!!??」


佐天「ああ、確かに、よく事件解決に貢献した一般の人に感謝状
送ったりしますもんね!!」


初春「うわあ、それはいいアイデアですね白井さん!!!」


横条「い、い、いやいい、いいよ俺はそんなの!!」



893:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 03:03:39.76 ID:5ihNwJ20

初春「え、ええ?なんでですか?別に断らなくても……」


佐天「そーですよ!もしかしたら、表彰されることでファンが増えるかも
しれないですよ?」


美琴「そーよ、何言ってんのよ、表彰するっていってんだから、
素直に応じたらいいじゃないのよ、なんで断ってんのよアンタは、まったく」


横条「……(ま、また罵声女が間からごちゃごちゃと……)
い、いや別に俺はそんなつもりで犯人を捕まえたわけじゃないし……

………それに、無事、財布も戻ってきたんでしょ?」


佐天「え、ええ、そりゃまあ…」


横条「だったら、何の問題もないからいいよ、
…君がこれからも学園神起48のファンで
いてくれれば、それでいいっていうか……」


美琴「……………」


美琴「……へえー」



895:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 03:13:48.14 ID:5ihNwJ20

黒子「……お姉さま?」


初春「どうしたんですか、御坂さん?」


横条「な、なんだよ……何かまだ文句でもあんのかよ…」


美琴「こりゃ驚いたわ……そんなセリフしれっと言っちゃう人間なんて、
あの馬鹿ぐらいのモンだと思ってたけど……

やっぱアンタ、なかなか見込みあるじゃない」


横条「え……あ、あの一体……??」


美琴「それじゃあ、アンタ……犯人を捕まえてくれたお礼に、
この御坂美琴様が気が向いたときに、ファンの一人として、
アンタのこと応援してやってもいいわよ……!?」


横条「……………え?」


佐天「……………」


初春「……………」


黒子「……………」


一同「(な、なぜにこんなに高圧的……?)」


…………



897:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 03:27:55.94 ID:5ihNwJ20

初春「あ、あのー御坂さん……??」


佐天「あ、アイドルのファンの人って、普通、
アイドルにそんな上から目線な態度、とらないと思うんですけど……」


初春「ファンになってあげてもいい、っていうセリフはちょっとおかしいような……」


美琴「さあ!どーなのよっ!!ファンになって欲しいの欲しくないのっ!!!」


横条「え、え、えっとその………欲しくないです!!!」


美琴「な、な、なんですってええええええーーーーーーーー!!!!!!
ふ、ふざけてんじゃないわよおおおおおおーーー!!!!!!!」


佐天「み、御坂さーーん!!!!ちょ、ちょっとぉ!!!」


初春「お、おさえてくださいーーー!!!!」



900:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 03:32:35.63 ID:5ihNwJ20

黒子「お、おおお姉さま!!そんな!特定の殿方のファンになるだなんて……!!
馬鹿なことを言うのはおやめになってくださいまし……」


横条「……あれ、そういえばツインテールの君、俺のグッズTシャツ来てるけど…
…もしかして俺の数少ないファンなの?

……けど、そんなにTシャツを重ね着するのはおかしいような…」


黒子「だから好きでやってんじゃないんですのよぉぉぉーーーー!!!!!!!!!
だれが、あなたのファンなんかにぃぃぃ!!!!!
ふざけてんじゃないですのぉぉぉぉーーー!!!!!!!!」


横条「ひいいいいいい!!!」


美琴「待ちなさいアンタはああ!!!!何処行くのよぉぉぉ!!!!」


黒子「ふざけんなですのおおおお!!!!!!!!!!!!」


横条「どわあああああ、だ、誰か、誰か助けてえええええーーーー!!!」


…………

初春「御坂さん……白井さん……」


佐天「仮にも一人の国民的アイドルに対してこの仕打ち……ひどすぎる」



横条「ふ、不幸せだあああーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!」

…………



901:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 03:45:34.62 ID:5ihNwJ20

その後……


とあるアイドル事務所

横条「はあ……やっと帰ってこられた……ほんと今日はさんざんな一日だった…」


土御間「おつかれだにゃー横ヤン、犯人を捕まえるなんて、ホントお手柄だったにゃー」


青髪飛明日「ああ、やっぱ横ヤンはすごいわあ、感心するでホンマ!」


横条「おまえら……」


海山「一人のファンの為にあそこまで体を張れるなんて、
自分たちには到底できないことですからね」


一方向通行人「けっ!!正義のヒーロー気取りやがって……!!!
だがなァ、確かにあンなこと、てめえにしかできねえ…!!尊敬するぜ、横条」


横条「な、なんだよお前ら……そんなに褒めたって何にも出ねーぞ?
……だいたい俺はメンバー1の無人気者なんだから…
…俺よりお前らの方がよっぽどすげーじゃねーか」



903:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 03:55:16.44 ID:5ihNwJ20

土御間「確かに横ヤンの人気は俺達の中でも最下位……ファンの数も一番少ないにゃー。

……けど、それはきっと、横ヤンの魅力が俺達と違って、表面的なモンじゃなくて、
ちょっと分かりにくいってだけなんだにゃー」


青髪飛明日「うんうん、横ヤンの魅力は顔とか、そういう外見じゃなくて
内面にあるからな!きっと、テレビや雑誌を見ただけじゃなかなか伝わらないんやで」


海山「けど、そのかわり、横条さんの魅力に気づいたファンの人は
熱狂的な人が多いですよね…固定層が多いし……」


一方向通行人「けっ!!くっだらねえ……だが、やっぱテメエには
俺達にはない魅力があるとしか思えねえな」


横条「お、おまえら……」



905:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 04:04:30.37 ID:5ihNwJ20

青髪飛明日「ファンといえば、今日のライブでも来とったなあ…
…横ヤンの熱狂的ファンが」


土御間「ああ、そういえばそうだにぁー!!
ライブの間、ずっと声を張り上げて応援してた女の子がいたにゃー」


海山「自分はあの子、すごく好みだったんで、正直、嫉妬しましたけど……」


横条「ね、熱狂的ファンって……も、もしかして、あの罵声女のことか!?
ち、違うだろアイツは!!!ファンっていうか、むしろ俺の敵っていうか…」



906:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 04:05:57.68 ID:5ihNwJ20

土御間「いやあ、やっぱ横ヤンはわかってないにゃー、
あれほどのファン、俺達にはなかなかいないんだにゃー」


青髪飛明日「うんうん、間違いなくあの子は横ヤンの魅力を分かってたと思うで!」


横条「い、いやだから……」


土御間「いやあ、やっぱ横ヤンファンは違うにゃー…
…なんというか……その…

……男を見る目があるんだにゃー」


…………



908:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 04:16:49.30 ID:5ihNwJ20

それから数日後……

常盤台中学 寮

(とあるトークバラエティ番組を見ている美琴)

美琴「……あ、あーーーもう、あの馬鹿!!ぜんっぜんトークに混じれてないじゃない!!
何やってんのよホントに!!!」


美琴「あ、もうほら……!!あの馬鹿が全然、しゃべらないから、司会者のサンマーさんも土御間ばっかに話をふってるじゃないのよっ!!!やる気あるのかしら、あの馬鹿!!!」


美琴「あ!!アイツ、今、ぼそっ、って『不幸せだ』って言ったわねえ!!!
なに本番中にそんなこと口走ってんのよ!!気づかれてないとでも思ってんのかしらっ!!そんなにテレビに自分が出演するのが嫌なの!!?

だったら、そんな職業もうやめちまいなさいよあの馬鹿!!!」

…………


初春「す、すっかり横条のファンになってしまいましたね御坂さん……」


佐天「い、いや、あれは、ファンなのかなあ…?ファンっていうのとは
ちょっと違うような……」



913:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 04:57:05.71 ID:OgKKAOs0


黒子「はあ……全くお姉さま……ワタクシには全く理解できませんわ……なぜそこまで
横条さんに肩入れするのかが……

…ん、………まてよ、横条……??……

……はうわあああ!!!」


初春「きゅ、急にどうしたんですか、白井さん!!??」


佐天「ま、まあ突然奇声を発するのはいつものことですけど、一体どうしたんですか!?」


黒子「」ぶるぶる…

黒子「(そ、そ、そういえば……横条という名前といい……あの容姿……!!!あのアイドル……よくよく考えたら………あの腐れ類人猿にそっくりですの………!!!!!)」


黒子「(お姉さま……!!!ま、まままままさか……横条とあの類人猿を重ねて応援を……?
そ、そんなまさか……!!!!)」がくがくがくがく……


佐天「ちょ……!!し、ししし白井さん!!なんかめちゃくちゃ体が痙攣しはじめてますけど、大丈夫ですか!!!???」


黒子「(ままままままさか、ワタクシのお姉さまに限ってそんな……!!)
ビクンビクンッ!!


初春「け、痙攣がますますひどくなっていってます!!!!
し、白井さん!!!!」





911:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 04:45:40.08 ID:OgKKAOs0

美琴「だーーーーー!!もう、また、せっかくサンマ―さんが話をふってくれたのに
そんなつまんない返しをする!!全然、番組に集中できてないわねあの馬鹿は!!!

どーせあの馬鹿、あの馬鹿と一緒で今夜の夕食何作ろっかな、
とかくだらないこと考えてたんだわ!!!」


美琴「…ちょ……あ、あ、あーーーもう!!!!!!
ほんっとイライラするわねあの馬鹿あああああーーーーー!!!!!!!!!!!!

ほんっとあの馬鹿はあの馬鹿に似てむかつくんだからああーーーーーーーーーー!!!!!」


黒子「おおおおねえさまあ!!!!!
さっきから、会話の中に2人の馬鹿が出てきてますけど!!!
一体それは、誰と誰のことを言ってるんですのオオオ!!!!!」
びくびくびくびくびくびくびく……!!!!


初春「きゃあああーーーーー!!!!!し、し、白井さんの体の痙攣が信じられないくらいひどくなっていってますよおお!!!」


佐天「白井さあああああーーーん!!!お、おおおお気を確かにいぃぃぃぃぃ!!!!!!
は、はやく!!きゅ、きゅ、救急車、救急車をおおおおおおーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!」




いつもの絶叫オチでなんとなく

おしまい



転載元
美琴「私のことビリビリいってりゃいいのよ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272986043/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (9)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月16日 08:13
          • なんで昔のまとめだしたん?転載?
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月16日 08:28
          • 全部同じスレでしょ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月16日 09:14
          • なつい
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月16日 09:25
          • 5 これ凄く好きだからまた読めて嬉しい
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月16日 20:15
          • このssほんと好き
          • 6. MCC
          • 2015年04月17日 01:42
          • 5 捨入(ステイル)wwwwwwww
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月17日 03:24
          • 上条さんもいる設定なのかw
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月17日 10:27
          • 5 面白かった!
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月17日 15:41
          • 名前を偽ってアイドルやってる設定じゃ無いのねw
            上条さんと横条さん邂逅が見たい

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 【モバマス】城ヶ崎美嘉「いつまでも」
        • 【バンドリ×けいおん】唯「バンドリ?」香澄「けいおん?」【前半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ