TOP

【俺ガイル】八幡×陽乃

2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 13:30:34.73 ID:uvVIlkC7O

【序 章】

~放課後~
奉仕部へ向かう途中にて

八幡(最近、雪ノ下さんが奉仕部に顔を出す回数が増えてきた。
あの人の事だから、雪ノ下をからかって遊んでいるだけなんだろう。
実際に毎回、雪ノ下は何も言えなくなって、その姿を見てから満足したように帰っていくのだから。)

トテトテッ・・・

八幡(しかしながら、雪ノ下をからかう為とは言え、俺に密着するのはやめてほしい。いくら理性の塊であり、英国紳士も真っ青になるくらいのジェントルマンである俺でも、あんな美人に抱き付かれたら少しばかりと言わずに欲情する。なんなら、俺の小八幡が大八幡に変身するまである)

???「比企谷くん、何か悩み事かな?」ギュ

八幡「うぇ?!」

???「せっかくこんなに美人なお姉さんが心配してあげたのに、そんな嫌そうな反応しちゃうんだ?」

八幡「ゆ、雪ノ下しゃん、ちょ、歩きづらいんで離れてくれませんか?」

陽乃「良いじゃん良いじゃん♪ 比企谷くんだってホントは嬉しいクセにぃ~!」スリスリ



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 13:33:23.58 ID:uvVIlkC7O

八幡(うわ、なんだコレ? 甘くて良い匂い
。 しかも、背中に押し付けられてる柔らかくて温かい物体はアレですか?! 男ならいつかその頂を拝みたいアレですか?!)

八幡「いや、他の人にこんな所見られたら学校での立場とか無くなっちゃうんで。これ以上無くなったら、本当にヒッキーするしか無くなっちゃうまであるんで」

陽乃「えー? 元々、比企谷くんに大切にするほどの立場なんてあるとは思えないし、もしホントに引きこもりになるなら、お姉さんが養ってあげるから大丈夫だよ♪」

八幡(くそ、この人なら本当に養えそうだから冗談に聞こえない)

陽乃「冗談じゃないから安心して引きこもりになってね♪」

八幡「ナチュラルに心を読まないでほしいです」

陽乃「あははっ♪ 比企谷くんの考えてる事なんてお姉さんにはお見通しなんだよ? だから、私には逆らわず、嫌がらず、愛情を持って接するように♪」ギュ-

八幡「・・・俺は小町以外に注ぐ愛情なんて持ち合わせていないの・・・。 いや、戸塚! 戸塚になら愛情を注げる!」クワッ

陽乃「・・・そこで妹と男の子の名前が出てくる事に、お姉さんは不安を隠しきれないよ」パッ

陽乃「さ、雪乃ちゃんに怒られる前に奉仕部に行こっか」ギュ

八幡「部室に行くのは構いません。 ですが、この手はなんですか?」

陽乃「気にしない、気にしない♪ ・・・それとも、お姉さんと手を繋ぐのはイヤ?」ウワメヅカイ

八幡「ッ! ・・・仕方ないですね、部室の前までですからね?」

陽乃「わーい! 比企谷くん、大好き♪」

八幡(やはり雪ノ下さんには敵わなかったよ・・・)



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 13:34:52.42 ID:uvVIlkC7O

~奉仕部 部室前~

八幡「じゃあ、手を離してください」

陽乃「えー? このままでも良いじゃない」

八幡「いやいや、そんなことしたら雪ノ下にまた罵倒されるんですけど?」

八幡(なんなら、雪ノ下との会話の8割が罵倒されるだけなまである。 あれ? それ、会話って言わなくない?)

陽乃「じゃあ、お姉さんが守ってあげるから平気だね~」ガラガラ-

陽乃「ひゃっはろー!」グイッ

八幡「え!? ちょっと!」

雪乃「姉さん、何をしに・・・」チラッ

陽乃「今日も比企谷くんに会いに来たの♪」

雪乃「会いに来た、というのならその手は何かしら?」キッ

陽乃「うん♪ 途中で比企谷くんを見つけてね、同じ場所に向かうんだから一緒に行こうと思って」

雪乃「同じ場所に行くだけなら、手を繋ぐ必要はないと思うのだけれど?」イラッ

陽乃「いや、必要だよ? 雪乃ちゃんも知ってるでしょ? 比企谷くんの性格なら隙を見て適当な言い訳をして離れちゃうだろうし。 そうしたら“一緒に行く”って目的が果たせないでしょ?」

八幡(いや、あんたが俺の何を知ってるんだよ? まぁ、そうしただろうけどさ)

雪乃「確かに、そうする可能性は高いでしょうね。 だからといって無理矢理、その、手を繋ぐ、のはどうかと思うわ」

八幡(あ、これはヤバい)

八幡「雪ノ下さん、ちょっとトイレに行きたいんで手を離してもらっても良いですか?」

陽乃「えー? もうちょっと我慢して」

八幡「いや、実はさっきから我慢してて本当にヤバいんですよ」

八幡(何がヤバいって、このあとの雪ノ下さんの発言がヤバい。 言質を取られているのがマズイ)

八幡《部室の前までですからね》カラネ・・・カラネ・・・

八幡(あのときの俺に言ってやりたい。 優しさは時として笑顔を与えることだけでなく、爆弾としても使われるんだと。 微笑みの爆弾かよ。 指先から霊力でも打ち出しちゃうの?)



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 13:36:07.33 ID:uvVIlkC7O

陽乃「大丈夫大丈夫。 もし、比企谷くんがお漏らししちゃってもお姉さんがちゃんと後処理してあげるからね♪」

八幡「いや、そんなことされたら何もかもボロボロになっちゃいますからね!?」

八幡(え、それなんてエロゲー?)

雪乃「姉さん、いい加減にして」ギロッ

陽乃「あれれ? 何で雪乃ちゃんが怒ってるのかな? かな?」ニヨニヨ

八幡(雪ノ下さん、そのキャラ間違ってます)

陽乃(嘘だッ!!)

八幡(コイツ、脳内に直接・・・ッ!?)

雪乃「私は姉さんと違って、神聖な学舎で男子高校生がお漏らしをするなんて特殊な状況に興奮する性癖は持ち合わせていないの。 それに、姉さん。 まだ私の質問に答えてくていないのだけど?」キッ

陽乃「いや、私もそんな性癖はないけど・・・。 あ、私が無理矢理手を繋いだって話だっけ? 実は比企谷くんの許可をちゃんと貰ってるんだよ♪」ニヨニヨ ギュ

八幡(・・・オワタ)

雪乃「・・・・・・」ギギギギ ニコッ

八幡「雪ノ下、落ち着いて聞いてくれ。 俺は折衷案として部室の前まで手を繋ぐ事には同意した。だから、雪ノ下さんは契約違反な訳だ。つまりだな、 俺は悪くねぇ!」

八幡(あ、これフルボッコのフラグだ。 こういう時のために普段から髪の毛赤く染めとけばよかった。 なんで髪の毛赤い奴は謝罪の気持ちを表す時に髪の毛切るんだろうな。 花道もルークも。そこからカッコ良くなったし、俺も髪の毛切ればニュー八幡になれるかな、無理か、無理だな。 なんだよニュー八幡て。 ホテルか!だいたい・・・)

なんて現実逃避している最中も現実も戻ってきてからも、雪ノ下にいつもより多く罵られたのは言うまでもないと思う。
その姿を隣で笑いながら見てるだけの魔王はるのん、許すまじ!!

序章 終わり



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 13:38:34.43 ID:uvVIlkC7O

【一章】

~月曜日 朝~

小町「お兄ちゃん、朝だよ?」

八幡「んー? あれ、今何時だ?!」ガバッ

小町「8時40分くらいかな?」キョトン

八幡「はぁ?! ヤベェ! 完璧遅刻コースじゃねーか! 小町、とりあえずお前だけでも送っていってやる! 今から飛ばせば中学には間に合っ」バタバタ

小町「ストップ!」ビシィ!

八幡「うだろ・・・。 ど、どうした小町?」オロオロ

小町「お兄ちゃん、今日は祝日だよ? 自分の心配より小町を心配してくれるお兄ちゃんはポイント高いけど」ハァ・・・

八幡「・・・祝日? あ、そうか」

小町「で、朝ごはん出来てるけど、いつもみたいにお昼に食べる?」

八幡「いや、完璧に目覚めたから今から下降りるわ」

小町「ほーい。 じゃあ、準備しとくね」トテトテ

八幡「せっかく二度寝出来る日だったのに、今日はツイてないな」ハァ・・・

・・・・・・・・

八幡「ごっそさん」

小町「お粗末さまでした~」

小町「今日は何か予定ないの?」

八幡「さっきまで学校だと思ってた位だからな。 遊びに行く予定なんてあるわけがない」ドヤァ

小町「うわぁ・・・。 さすがにそのドヤ顔は小町でもイラッとするよ、ごみぃちゃん」

八幡「って言っても、何して過ごそうか」

小町「雪乃さんや、結衣さんと遊んできたら?」

八幡「いやいや、由比ヶ浜はまだしも雪ノ下はない。 休日まで罵られたいとは思わない」

小町「あ、あはは・・・」

ユーガッターメール!ユーガッターメール!

小町「珍しいね、お兄ちゃんの携帯が鳴ってるよ?」チョンチョン

八幡「どうせスパムメールだろ?」ピッ



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 13:39:31.19 ID:uvVIlkC7O

haruno-y-80000-love-ykn-cute・・・
件名: ひゃっはろー!
本文
比企谷くん、ひゃっはろー!
起きてるかな? かな?
せっかくの祝日だし、
お姉さんとお出かけしよ("⌒∇⌒")

ちゃんとおめかししておいてね?

10時位に迎えに行くから
ちゃんと準備しておくように♪

じゃ、また後でね(* ̄∇ ̄)ノ



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 13:40:44.43 ID:uvVIlkC7O

小町「これって陽乃さん?」キョトン

八幡「・・・・・・スパムメールだろ? 雪ノ下さんと連絡先交換した覚えないし、もし交換してても、わざわざ休日に俺を呼び出したりしないだろ、あの人が」ガタガタ・・・

小町「うーん、でもホントに陽乃さんだったら準備しておかなきゃお兄ちゃん、何されるか分かったもんじゃないよね?」

八幡「それは・・・」

アザレアヲサカセテ-

八幡「!?」ビクゥ!

アタタカイニワマデ-

小町「お兄ちゃん、出ないの?」キョトン

ツレダシテ-

八幡「・・・知らない番号だしな」ガタガタ

ツレダシテ-

小町「出た方が良いよ、絶対!」ユサユサ

八幡「・・・分かった」

ナンテネェ- ピッ

八幡「も、もしもし?」

陽乃「あ、やっと出た! もー、お姉さんを待たせちゃダメでしょ?」

八幡「あー、色々聞きたいことがあるんですけど、何か用ですか?」

陽乃「比企谷くん、つめたーい!」

八幡(いやいや、なんで俺の電話番号知ってるんだよ? ストーカー? 怖えよ、つうか、怖い)

陽乃「で、さっきメール送ったんだけど、ちゃんと届いたか確認しておこうと思ってね♪」

八幡「は? メール?」

陽乃「そ! 休日デートのお誘いメール♪」

八幡「あー、ちょっと今日は家族で出かけ・・・」

陽乃「はい、ダウト~。 比企谷くん、嘘はいけないな~」

八幡「・・・なんで嘘だと思うんですかね?」ギクッ



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 13:42:13.86 ID:uvVIlkC7O

陽乃「お姉さんの勘だよ」

八幡「いやいや、そんな勘が当たるわけないじゃないですか」

陽乃「じゃあ、比企谷くんが嘘をついていた場合、しっかり償ってもらうからね?」

八幡「は、え? いや、ちょっと・・・」タラリ

陽乃「だって、家族で出かけるんだよね? 嘘じゃないんなら小町ちゃんに代われるよね?」

八幡「分かりました、ちょっと待ってください」

八幡「小町、雪ノ下さんに家族で出かける用事があるって言ってくれ!」

小町「はぁ、これだからごみぃちゃんは。 とりあえず代わって? 話してみるよ」

八幡「助かる」

小町「もしもし、お電話代わりました~。 陽乃さんですか?」

八幡(よし、これで小町とDVDでも借りに行けばミッションコンプリート。 小町は家族で、家から出るわけだし、嘘ではなくなる)

小町「あー実は今日・・・え? はい、はい・・・」ウンウン

八幡(ん? 雲行きが怪しくなってないか?)

小町「え?! それは本気ですか?! ・・・いや、小町は別に反対とかしないですけど」チラッチラッ

八幡(え? なになに? お兄ちゃん、内容が気になって気になって仕方ないよ小町)

小町「なるほどなるほど~♪ そういう事なら仕方ないですね♪ 今日はお兄ちゃんと出かける予定でしたが、お兄ちゃんの為に陽乃さんにお譲りしちゃいましょう! 兄を想って身を引く小町とか小町的にポイント高い!」キラッ

八幡「ポイント高い! じゃねーよ!?」

八幡「何なの、ねえ? 何の話をした結果、そういう結果になったの?! 小町にまで見捨てられたら俺、どうやって生きていけば良いんだよ・・・」ヨヨヨ

小町「これも全てはお兄ちゃんの将来を思っての事なんだよ? 今は許せないかもしれない。 けど、近い未来、絶対に小町に感謝する結果になるから!」ナデナデ

八幡「未来とか良いんだよ。 今さえあれば、小町さえいてくれれば問題ないんだよ! ・・・今の八幡的にポイント高いな」

小町「そのシスコン具合はどうかと思うけど? はい、陽乃さんとちゃんと話してみて?」スッ

八幡「こうなったら仕方ないか」ハァ・・・

八幡「もしもし?」

陽乃「あ、比企谷くん? ゴメンね、妹ちゃんとお出かけする予定だったんでしょ?」

八幡(この人、嘘だって気付いてるんだろうな)

八幡「悪いと思うなら遠慮してほしかったですけどね」

陽乃「あはは。 でも、今日は妹ちゃんに譲って貰っちゃったからね。 だから、ちゃんと準備しておいてね♪」

八幡「はいはい」

陽乃「じゃあ、また後でね♪」ツーツー

八幡「はぁ・・・」ガックリ

小町「お兄ちゃん、頑張ってね♪」ニコッ

八幡「もう、今日は1日引きこもりたい」

小町「そんなこと言ってないで、ほらほら準備するよ~♪」グイグイ

八幡(俺の妹の張りきり具合は間違っている)

一章 終わり



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 13:44:22.46 ID:uvVIlkC7O

【二章】

~比企谷家 リビングにて~

八幡「どうしてこうなった・・・」

小町「いやー、小町のコーディネート能力の凄さが発揮されちゃったね♪ スーパーコーディネーターだね♪」

八幡「え、何? お前、コーディネーターなの? そのうち、ガン○ムとか乗っちゃうの?」

小町「女の子にそういう分かりにくいネタ振るお兄ちゃん、ポイント低いよ?」

八幡「いや、今のは明らかにお前から・・・」

ピーン・・・ポーン・・・

小町「はーい! 今いきます!」

八幡(あれぇ? うちのチャイムってあんなに死刑宣告みたいな音だったかなぁ? ホラー映画なら、小町が真っ先にころ・・・)

陽乃「比企谷くん、ひゃっはろー!」ギュ

八幡「ひっ?!」ビクゥ!

陽乃「うんうん。 ちゃんと準備出来てそうだね♪ 惚れ直しちゃうな~」ジーッ

八幡「・・・全く、いきなり抱き付かな」クルリ

陽乃「ん? どうしたの?」ニヨニヨ

八幡(目の前にいる雪ノ下さんは、落ち着いた雰囲気のドレスを身にまとい、普段とは違うメイクをしていた。 美しすぎる姿を見て家に女神が降りてきたのかと思った)



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 13:45:43.09 ID:uvVIlkC7O

八幡「・・・家に女神が降りてきたのかと思った」ポーッ

陽乃「ちょ! 比企谷、誉めすぎっ///」テレテレ

八幡「はっ! い、今のは聞かなかったことに・・・」アワアワ!

陽乃「せっかく比企谷くんに誉めてもらえたんだもん。 しっかり記憶に焼き付けておくよ♪」ニコッ

八幡「くそ、反則すぎる・・・」プイッ

八幡(この雪ノ下さんが笑顔を向けたら、大抵の男はまず落ちるだろう。 だが、俺は違う。 エリートぼっちは勘違いをしない。 これは強化外骨格の一つ。 俺にだけ見せる特別な顔なんかではない。 大丈夫、落ち着けば何の問題もない)

陽乃「さ、行こっか♪」ギュ

八幡「え? どこに行くんですか?」

陽乃「車の中で説明するからさ♪」テクテク

陽乃「じゃ、小町ちゃん比企谷くん借りてくね~」

小町「はーい! 好きなだけ使っちゃってください! 頑張ってね、お兄ちゃん♪」

八幡(え、使うって何を? お兄ちゃん、何されちゃうの?)

小町「いってらっしゃい」バタン ガチャ

陽乃「さ、比企谷くん乗って乗って!」

八幡(あ、俺が引かれた車と違う・・・。 気を遣ってくれたのか?)

陽乃「出して」ブロロロロッ

陽乃「比企谷くん、今日は無理言っちゃってゴメンね? 今朝まで比企谷くんを呼ぶかどうか悩んでたからさ」ペコリ

八幡「いや、もう気にしてないんで大丈夫ですよ」

八幡(なんか、調子狂うな・・・)

陽乃「今日は昔お世話になった人の結婚式なんだよね。 それで、私が行く事になっていたんだけど」シュン

陽乃「結婚式ってさ、祝いの場であると同時に出会いの場でもあるの。 それはなんとなく分かるかな?」

八幡「・・・同じ業界の人で別の会社の人同士が結婚すると、お偉いさん同士に面識が生まれる。 そうすると、商談なんかの時に『あの時は~』みたいなきっかけになる、とか聞いたことあります」

陽乃「確かに企業からしたらそういう面もあるかな。 でも、それだけじゃないの」

陽乃「男女の出会いの場にもなる。 だって、美味しい料理にお酒、幸せそうな新婚夫婦。 『次は私も』なんて誰でも考えるでしょ?」ニコッ

八幡「確かにそうなるかもしれませんね」

陽乃「そういう所に一人で行ったら私なんてすぐ声掛けられちゃって面倒なんだよね」

八幡「確かに雪ノ下さんはルックス良いですからね///」テレッ

陽乃「それだけじゃないんだよね。 外見だけじゃなく、家柄も良しなんだよ。 つまり、一粒で二度美味しい女なんだ」ニコリ

八幡(企業からしてみたら、名士の雪ノ下とは付き合いが欲しいし、独身男性からしたら、こんだけ美人の奥さんなんて憧れるものだろう。 だから、今回俺に白羽の矢が立ったのか)

八幡「・・・男避けの為なら最初から言ってくれれば良かったじゃないですか」

陽乃「君の場合、素直に言っても協力してくれたとは限らなくない?」

八幡「日頃お世話になってるんで、それくらいなら協力しますよ」



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 13:47:04.73 ID:uvVIlkC7O

陽乃「お世話なんかしてないよ? お、それとも美人のお姉さんに頭の中でお世話されちゃってるのかな? このこの~♪」グリグリ

八幡「痛い痛い! 脇腹を拳でぐりぐりしないでください! それに下ネタとか引きます」

八幡(比企谷だけに)ドヤァ

陽乃「おやおや~? 比企谷くんはどんな想像しちゃったのかなぁ? 私はただお姉さんにお世話されちゃってるのかなって言っただけだよね?」ニヨニヨ

八幡(やっちまったぜ!)

八幡「いや、あの、決してそういう妄想をしていたわけではなくてですね、なんと言うか、そう! 深読みし過ぎてしまったと言うか・・・」ビクビク

陽乃「ふーん。 お姉さん、傷付いたなぁ~。 普通に会話してただけなのになぁ~」ニヨニヨ

八幡「すいませんでした!」ガバッ

八幡(傷付いたなら、その笑顔やめてくれませんかね)

陽乃「比企谷くんが私のお願い聞いてくれるなら許してあげるよ?」ニコッ

八幡「どうせ拒否権はないんですよね? ・・・何をすれば良いんですか?」ゲッソリ

陽乃「これからずっと、私のことを陽乃って呼ぶように♪」ニッコリ

八幡「いや、それはいくらなんでも・・・」

陽乃「お姉さん、ショックすぎてさっきの事、雪乃ちゃんとかに話しちゃうかもなぁ~」

八幡「は、陽乃・・・さん」

陽乃「は・る・の、だよ?」チョン

八幡(鼻先を指でちょん! ってされた! 何これ? あざとすぎるだろ、スゴくドキドキします!)

八幡「は・・・るの///」ドキドキ

陽乃「なぁに、八幡♪」ニコッ

八幡「やっぱり、違和感あるので陽乃さんじゃだめですか?」

陽乃「仕方ないなぁ~。 じゃあ、特別だぞ、八幡♪」

八幡「・・・魔王」ボソッ

陽乃「な・あ・に? 八幡?」ニ コ リ

八幡「ナンデモナイデスヨ、陽乃サン」

陽乃「最初から素直に従ってくれれば良かったのに~」ツンツン

八幡「あはは・・・」ハァ・・・

運転手「そろそろ式場に着きます」

陽乃「しっかりやってね? 八幡♪」

八幡「わかってます、陽乃さん」ゲッソリ

八幡(早く終わってくれないかなぁ・・・)

運転手「どうぞ。 式が終わるまでこちらにいますので何かありましたらお呼び下さい」

陽乃「分かったわ。 じゃ、行こっか八幡♪」ギュ

八幡(めちゃくちゃ良い匂い。 後、腕に柔らかいものが二つ当たってるんですけど・・・)

八幡「・・・陽乃さん、もう少し離れてもらっても」

陽乃「それじゃ、男避けにならないでしょ、八幡ったら恥ずかしがり屋なんだから♪」ニヨニヨ

八幡(こうして、人生で一番疲れるであろう間違った1日が始まったのであった)

陽乃(八幡、何いってるの?)

八幡(脳内モノローグに割り込むヒロインは間違っている!)

二章 終わり



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 14:57:21.66 ID:uvVIlkC7O

【三章】

~結婚式 会場~

八幡「すげぇ・・・」キョロキョロ

陽乃「八幡、あまりキョロキョロしない」メッ

八幡「すいません」

陽乃「さ、中に入るよ♪」ギュ

八幡(やっぱり腕は組むんですね・・・)

八幡「そういえば、急に参加することになって大丈夫なんですか?」

陽乃「もともとうちからは二人参加する予定だったから平気だよ♪」

八幡「そうなんですか。 あ、あとどなたが結婚されるんですか?」

陽乃「今日は私が昔、音楽を教えてもらってた先生が結婚するんだ」ニッコリ

八幡「へぇ」

陽乃「八幡。 つまんないかも知れないけど、とりあえずこれから3時間位は頑張ってね」

八幡「・・・うす」

八幡(式が始まると新郎新婦の馴れ初めやら、人物紹介やらが始まった。 まったく知らない人間だが、幸せそうな二人を見るとこちらにも暖かな感情が広がる)

陽乃「ねえ、八幡。 八幡は結婚式とか挙げたいの?」キョトン

八幡「・・・特にそういう願望は無いですね。 ただ、小町には『ちゃんと結婚式挙げてあげなきゃダメだよ! ウェディングドレスは女性の憧れなんだから!』って言われた事ありますね」

八幡(結婚式どころか、結婚できないまである)

陽乃「そうなんだ」ウンウン

陽乃「私はね、結婚式とかどうでもいいの。 籍を入れて、そばに居てくれればそれだけで満足。 あ、そばに居るだけじゃなくてね、心から寄り添ってほしいの。一心同体になるって感覚があればそれだけで良いの」

八幡「・・・」

陽乃「だから、結婚式じゃなくて結魂式だね♪」ニッコリ

八幡(あんた、それが言いたかっただけじゃねーの?! ひゃっはろーとか言ってるからもしかしたらと思ってたけど、北斗の拳好きすぎだろ! 南斗最後の将なの? ケーン!)

ストン

八幡「陽乃さん?」

陽乃「ちょっとだけ肩、貸してて・・・」

八幡「・・・はい」
き行きます。



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 14:58:40.89 ID:uvVIlkC7O

八幡(そんな事をやっているうちに式は進み、最後のブーケトスとライスシャワー?を残すのみとなった)

八幡「陽乃さん、ブーケ取るために前に出なくて大丈夫ですか?」

陽乃「大丈夫♪ 私、ああいうのあまり信じてないから」ニコニコ

八幡「そうっすか」

八幡(花嫁がよっぽど勢い良く投げなきゃここまでは来ないか)

八幡「・・・え?」

陽乃「あらま」

八幡(高々と投げられたブーケは待っていた女性達の頭を越えて少し離れた所に立っていた陽乃さんを狙ったように飛んできた)

花嫁「はるのー! 隣の彼氏と結婚するときは連絡くらいしてよね」

八幡「彼氏って・・・//////」ボンッ

陽乃「あ、あはは・・・。 さすがにこれは予想外だったなぁ・・・///」テレテレ

陽乃「はいはーい! 分かりました! だから先生、お幸せに!」ニッコリ

八幡(ちょっとちょっと!)

八幡「陽乃さん!」

陽乃「八幡ゴメン、もう少し話し合わせてね?」

八幡(あの花嫁、許すまじ!)

陽乃「なんだか良くわかんない方向に向かって行っちゃったなぁ」タハハ・・・

~結婚式 閉式後~
車内にて

八幡「ぷっはぁ~。 疲れたぁ」ゲッソリ

陽乃「ありがとね、八幡」ニコリ

八幡「あの式場にいた陽乃さん狙いの男たちの視線、怖かった・・・」

陽乃「ま、八幡が視線を独り占めしてくれたお陰で、私はずいぶん気楽だったけどね~」ニコニコ

八幡(最後、挨拶した時に花嫁に『陽乃のタイプ、こういう子なんだね。 陽乃が甘えてきたらちゃんと癒してあげてね』と言われてしまった)

八幡「陽乃さんが甘えてくる、か・・・」ボソッ

陽乃「八幡?」キョトン

八幡「いや、なんでもないですよ」

八幡(この人の強化外骨格を剥がして、素のままで居て良いよと言ってあげられる男とは、どんな人物なのだろう・・・)

陽乃「八幡、本当にありがとう。 お疲れ様」ギュ

八幡(温かくて、良い匂い・・・)ウトウト



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 14:59:21.77 ID:uvVIlkC7O

陽乃「おやすみ、八幡♪」ナデナデ


・・・・・・

陽乃「八幡、起きて」ユサユサ

八幡「んぁ?」ボケー

陽乃「八幡、家着いたよ?」

八幡「あー、ありがとうございます・・・」ボー

陽乃「そのありがとうは、膝枕のお礼かな? 私の膝枕はどうだった?」ニコニコ

八幡「スゴく気持ち良かったです・・・」ボー

陽乃「あははは♪ 寝起きの八幡は素直だなぁ~」ナデナデ

八幡「陽乃さん」ボー

陽乃「ん? どうかした?」ニッコリ

八幡「陽乃さんは頑張り屋さんです。 だけど、頑張り過ぎはダメです。 そのままでも陽乃さんは素敵です・・・」ボー

陽乃「は、八幡?! 急に何を言い出すのかな! かな!」ズババババッ

八幡「いってぇ! あれ、うちに着いてる。
てか、めちゃ痛い。 陽乃さん送ってくれてありがとうございました」ペコリ

陽乃「う、うん。 は、八幡! またね!///」

ブロロロッ

八幡「たでーま」ガチャ

小町「お帰りぃ~」ニヨニヨ

八幡「小町、悪いが今のお兄ちゃんに小町の質問攻めに耐えられるほどの体力はない」ゲッソリ

小町「ん? 何かあったの?」キョトン

八幡「夕飯の時にでも話す。 ちょっと寝る」

ガチャ バタン

八幡(頭が冴えてくるにつれ、眠る前に考えていた事が甦ってくる。 まず、俺の中にある陽乃さんのイメージは頭が良く、外面も良く、外見も良く、自分が面白いと思ったものを壊してしまう位に滅茶苦茶に遊ぶ。 そんな人だ。)

八幡「癒してあげてね、か・・・」フゥ・・・

八幡(よくよく考えてみれば、人間、生まれた時から何でも出来るヤツなんかいない。 陽乃さんだって何でも出来る訳じゃ・・・。 いや、あの人なら何でも出来るかもな。 でも、その分努力をしてきただろうし、辛いこともあったはずだ)ウーン

八幡(・・・あれ? なんでこんなに陽乃さんの事を考えてるんだ?)キョトン

八幡「・・・着替えて、寝よう」ガサゴソ

八幡(俺が考えなきゃいけない事じゃない。 俺は陽乃さんの本物の彼氏ではないんだから)ゴロン

・・・・・・

小町「お兄ちゃん?」コンコン ガチャ

八幡「ん?」ノソリ

小町「夕飯、できましたよ~♪」ニヨニヨ

八幡「ん、じゃ行くか」

八幡 小町「「いただきます」」

小町「で? で? で? 何があったの?」ウキウキ

八幡「お前は大王かなんかなの? ・・・特に何かあった訳じゃねぇよ」パクパク

小町「お兄ちゃん的には何もなくても、小町的には何かあるかも♪ さ、全部話した話した!」ワクワク



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 15:00:50.81 ID:uvVIlkC7O

八幡「陽乃さんがお世話になった人の結婚式に行った」モグモグ

小町「ほうほう」キラキラ

八幡「以上」

小町「・・・ごみぃちゃん?」ジトー

八幡「特に何かあった訳じゃねぇって言ったろ?」パクパク

小町「じゃあ、陽乃さんと何か話したり何かあったりしなかったの?」

八幡「特に」ヒョイ パク

小町「例えば・・・結婚するならこういう風にしたい、とか? ブーケトスでブーケ取ったりとか?」

八幡「ねぇ、何なの? 俺の周りには千里眼の持ち主ばっかなの?」

小町「やっぱり何かあったじゃん!」

八幡「はぁ・・・」

八幡(それから簡単に今日あったことを説明して夕食は終わりとなった。 腕を組んだり肩を貸したり彼氏に間違われた事は言わなかったが)

小町「陽乃さんらしからぬ結婚観だね」ハイ オチャ

八幡「そうか?」サンキュー

小町「だって、陽乃さんって派手な事とか好きそうじゃない?」ズズズッ

八幡「まぁ、文化祭でも指揮者とかやってたしな」フーフー

小町「いやぁ今日は意外な事ばっか起きちゃったね~♪」ニコニコ

八幡「まぁ、そういう日も一生に何度かあるだろ」ズズッ アチ

小町「お兄ちゃん、頑張ってね」ニコリ

八幡「は? なにをだよ?」

小町「さあね~♪ じゃ、小町はお風呂に行ってくるから」スタスタ

八幡(小町は何を頑張れと言ったんだ?)ウーン

【三章 終わり】



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 16:06:37.34 ID:uvVIlkC7O

【四章】

~翌日 放課後~
奉仕部 部室にて

八幡「・・・うす」ガラガラ

雪乃「こんにちは、比企谷君」

八幡「・・・由比ヶ浜は?」

雪乃「貴方、由比ヶ浜さんと同じクラスでしょ? クラスメイトなのに会話もしないのかしら? ごめんなさい、引きこもり君には会話なんて出来るはずも無かったわね」

八幡(あっれ~? なんか、いつもより罵声増し増しなんですけど?)

雪乃「ちなみに、由比ヶ浜さんは少し遅れてくるそうよ。 貴方と二人きりなんて虫酸が走るわ」

八幡「そうかよ」ガサゴソ

雪乃「・・・」ペラッペラッ

八幡「・・・」ペラッペラッ

雪乃「・・・」ペラッペラッ

八幡「・・・プッ」ペラッペラッ

雪乃「・・・」ペラ

結衣「やっはろー!」

雪乃「こんにちは、由比ヶ浜さん」ニコリ

結衣「ゆきのん、やっはろー♪ ヒッキーも挨拶くらい返してよ!」プンプン

八幡「・・・よ」ペラッペラッ

結衣「そんなの挨拶って言わないし!」ガルルルルッ

八幡「はいはい」ペラッペラッ

結衣「ヒッキーサイテーマジでキモい!」プイ

雪乃「由比ヶ浜さんも来た事だし、紅茶を入れようと思うのだけど」ガタッ

結衣「わーい! ゆきのんありがと♪」ダキッ

雪乃「そこの挨拶もまともにできないグズが谷君に紅茶は必要かしら?」

八幡「・・・頼むわ」ペラッペラッ

雪乃「それと比企谷君。 後で話があるから少し残ってくれないかしら」コポコポ

八幡「は?」

結衣「ん?」

雪乃「貴方、眼だけではなく耳まで腐ってしまったの?」ジト

八幡「いや、雪ノ下が俺に何の話があるのか全く予想が出来ないから、不思議に思っただけだ」

結衣「え、え?」

雪乃「・・・そう」ハイ

八幡「おう」サンキュー

結衣「え、あ、ゆきのん!」

雪乃「何かしら、由比ヶ浜さん」ハイ アツイカラ キヲツケテ

結衣「ヒッキーと何の話するのかなって・・・」アリガト

雪乃「ちょっと確認したいことがあるだけよ? 特に深い意味はないわ」



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 16:07:45.85 ID:uvVIlkC7O

結衣「・・・あたしがいると話せないこと?」シュン

雪乃「あ、そういう事じゃないの。 でも、そうね。 由比ヶ浜さんにも一緒に聞いてもらった方が良いかもしれないわ」コホン

結衣「ありがとーゆきのん!」ダキッ

雪乃「由比ヶ浜さん、暑苦しいから抱き付かないで欲しいのだけど」

結衣「あはは、ゴメンね」

雪乃「比企谷君、貴方に限ってそんな事はないと思うのだけれど・・・」モジモジ

八幡「なんだ、聞きにくいことか?」キョトン

雪乃「その、姉さんとつ、付き合っている、というのは事実なのかしら?」

八幡「・・・は?」

結衣「え、えぇ?!」ガタン

雪乃「私は大して興味はないのだけれど、身内の人間が貴方のような腐った人間とつ、き合っているなんて私には許容できないの。 だから、当事者である貴方に確認しているだけであって貴方個人に興味関心があるわけではないから。 そこは勘違いしないで欲しいのだけど」

八幡「お、おう」ビクビク

結衣「ヒッキー!」

八幡「な、なんだよ?」

結衣「陽乃さんと付き合っているってどういう事?! ホントなの?! ねぇ!」ガシ ブンブン

八幡「ゆい、が、はまっ! 揺すら、ないで、くれ!」グワングワン!

結衣「あ、ゴメン・・・」パッ

雪乃「で、実際問題、どうなのかしら?」

八幡「まずそんな事実はない」

結衣「良かった~」

八幡「は?」

結衣「あ、なんでもない! なんでもないから!」ブンブン

八幡「・・・。 で、雪ノ下はどうして陽乃さんと俺が付き合っていると思ったんだ?」

雪乃「陽乃・・・?」

結衣「さん・・・?」

八幡(あ、やっちまった)



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 16:09:19.20 ID:uvVIlkC7O

雪乃「比企谷君。 この間まで姉さんのことを『雪ノ下さん』と呼んでいなかったかしら?」ピクピク

結衣「あたしもそうだったと思うな」ユラーリ

八幡「これは、その・・・」

八幡(誰か助けて・・・マジで)

ガラガラ

陽乃「ひゃっはろー!」

雪乃「・・・」ギロ

結衣「やっはろー、です」ジー

陽乃「あれ、私なんかしたかな?」ニコニコ

スタスタ ガタガダ スッ

八幡「・・・なんで俺の隣に座るんですかね」

陽乃「良いでしょ、別に♪」ニコニコ

雪乃「姉さん、やめて。 今、私達は比企谷君と話をしているの」ギロッ

陽乃「へー。 気になるな~。 八幡と何の話をしてたのかな?」ニコリ

雪乃 結衣「「八幡?!」」

八幡(これ以上はやめて! 八幡のライフはもうゼロよ!)

雪乃「比企谷君、さっきは私達に嘘をついたのかしら?」クワッ

八幡「・・・イイエ」

雪乃「では何故姉さんと親しげにお互いを名前で呼び合っているの?」

八幡「それは・・・」

陽乃「それは私がそうしてってお願いしたの♪」ニコニコ

雪乃「何故比企谷君に名前で呼ぶようにお願いしたのかしら?」ピクピク

陽乃「今日はそれを説明するためにわざわざ来たんだよ♪」ギュ

八幡(腕に抱きつくのやめてくれませんかね、良い匂いだから)

陽乃「雪乃ちゃん、ガハマちゃん。 私、八幡の事、本気で好きになっちゃった♪」

八 雪 結「「「え?」」」

陽乃「最初は雪乃ちゃんを焚き付けるためにちょっかい出してただけなの。 でも、そうしてるうちに、こっちが本気になっちゃった♪」ギュ-

陽乃「だから、八幡を本気で落としにかかるね♪」ニコニコ

雪乃「」
結衣「」

八幡(やめて! 二人のライフはもうゼロよ!)

陽乃「だから、これは宣戦布告♪」チュ

雪乃「!!?」

結衣「え!?」

八幡(頬っぺたに、柔らかいものが当たったなー)トオイメ

陽乃「八幡、私は本気だから。 これからもよろしくね♪」

八幡(由比ヶ浜と雪ノ下の視線が痛い。 ナニコレ、死亡フラグ?)ハァ・・・

八幡(やはり俺の青春ラブコメは間違って・・・)

陽乃(こんな所で終わらせないよ?)ニコリ

八幡(やはりこんなヒロインは間違っている!)

【四章 終わり】



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 17:32:56.27 ID:uvVIlkC7O

【五章】

~数日後~
八幡(どうしてこうなった・・・)

奉仕部 部室にて

雪乃「八幡、紅茶のおかわりはいる?」ニコ

八幡「いや、まだ大丈夫だ」

雪乃「欲しくなったら遠慮なく言ってね? 私、意外と尽くすタイプなのよ」テレテレ

八幡「お、おう」

結衣「は、はちまんっ! お腹すいてないかな? クッキー焼いてきたんだけど食べる?///」

八幡「いや、今お腹すいてないから・・・」

結衣「そっかぁ・・・」シュン

八幡(もう一度言おう。)

八幡(どうしてこうなった・・・)



35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 17:38:30.34 ID:uvVIlkC7O

○回想○
~宣戦布告の後~

雪乃「姉さん! 悪ふざけもいい加減にして!」ギロ

結衣「そ、そうですよ! ヒッキーだって嫌がってます!」ガルルルルッ

陽乃「ふーん。 八幡は嫌がってなんかないよね?」ウワメヅカイ

八幡「え、あ、まあ世の中の男で陽乃さんみたいな美人に抱きつかれたりして嫌がるヤツは男じゃないと思いますよ?///」プイ

結衣「ヒッキーィィィ!?!?」ガルルルルッ

雪乃「ゲスが谷君。 これ以上姉さんに何かしてみなさい。 警察を呼ぶわ」ギロ

八幡「おい、冗談に聞こえないんだが?」ヒビクビク

雪乃「冗談なんかじゃないわ。 私、虚言は吐かないもの」

八幡「マジかよ・・・」

陽乃「はいはい! 注目!」パンパン

陽乃「雪乃ちゃんとガハマちゃんは、なんでそんなに怒ってるの? 別に八幡は二人の彼氏でもなければ婚約者でもないでしょ?」



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 17:39:56.45 ID:uvVIlkC7O

雪乃「それは・・・」グッ

結衣「そうですけど・・・」ウルウル

陽乃「私は八幡の事が好き。 二人は全く無関係じゃない! これは私と八幡の話なの。 貴女たちは人の色恋に口出せるほど偉いの?」キッ

結衣「ぐぬぬ・・・」

雪乃「・・・関係ならあるわ」

陽乃「・・・へぇ、どんな関係なのかな?」ニヤリ



雪乃「私もひきが・・・いえ。 八幡の事を異性として好きなのだから///」キッ


八幡「ファッ?!///」

結衣「ゆきのーん?!」ギョッ

雪乃「由比ヶ浜さん、ごめんなさい。 こうなってしまった以上、私は自分の気持ちを隠せない。 いえ、隠したくないの」

結衣「ゆきのん・・・」

雪乃「由比ヶ浜さん。 ここで強がってしまったら、八幡を姉さんや私に取られても何も言えなくなるわ」ギュ

雪乃「本当に八幡の事が好きなら・・・」

結衣「・・・大丈夫だよ、ゆきのん」ギュ



結衣「陽乃さん、私もヒッキーの事が大好き! だから、ヒッキーを渡したくありません!」



八幡「えぇ?!///」


陽乃「・・・良かった~」ニコニコ


八 雪 結「「「・・・え?」」」

陽乃「だって、想いを伝えられないまま終わる恋は辛いじゃない?」ニコリ



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 17:40:43.27 ID:uvVIlkC7O

陽乃「私は正々堂々と八幡の彼女になりたいからね♪ 禍根を残さず二人と勝負したかったの」ニコニコ

雪乃「姉さん・・・」

結衣「陽乃さん・・・」

陽乃「だから、これからが本当の勝負だからね? 私、負けないから」ニヤリ

雪乃「勝負となったら、負けるわけにはいかないわね。 この勝負だけは特に」キッ

結衣「私も! ヒッキーと付き合いたいもん! ゆきのんにも陽乃さんにも負けないんだから!」ガルルルルッ


陽 雪 結「「「勝負だよ!(よ!)(だし!)」」」


八幡「・・・あれ? 俺の意見は聞かないスタイル?」オロオロ

八幡(話が見えない俺ガイル・・・)

回想 終了



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 18:07:46.46 ID:uvVIlkC7O

八幡(どうすればいいんだ、これ・・・。 同じ部活の女子《どちらも美少女》とそのお姉さん《かなりの美人》が男を取り合うとか、それなんてエロゲー?)ハァ・・・

八幡(由比ヶ浜も雪ノ下もあれ以降、積極的に話しかけてくるし、陽乃さんに至っては・・・)

ユーガッターメール ユーガッターメール ピッ



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 18:08:30.02 ID:uvVIlkC7O

雪ノ下 陽乃

件名:デートしよ♪
本文
ひゃっはろー("⌒∇⌒")

八幡、暇な日ある?
答えは聞いてないけど(ノ´∀`*)
無くてもお姉さんの為に空けてほしいな♪

買い物に付き合って欲しいんだ。
ちょっと買う量もあるし、
1人じゃ無理そうなんだよね。

だから、今週の日曜日
10時に迎えにいくね♪



40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/16(月) 18:09:20.08 ID:uvVIlkC7O

八幡(了解です。 っと)

雪乃「・・・八幡?」キョトン

八幡「あ、どした?」

雪乃「今日はもう終わりにしようと思うのだけれど?」

八幡「そうか」ガタッ

結衣「はちまん! 一緒に帰ろうよ!///」

雪乃「八幡、私と一緒に帰って貰えないかしら?///」

八幡(またか・・・)ゲッソリ

八幡「今日は1人で帰るわ。 寄りたい所もあるし」スタスタ

雪乃「なら私も付いていくわ」ギュ

結衣「あ、あたしも!」

八幡「結局、こうなるんだな・・・」

八幡(・・・)



46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/17(火) 13:27:30.36 ID:89as8KapO

~比企谷家~

八幡「たでーま」ガチャ

小町「おかえりお兄ちゃん♪」

八幡「なぁ、小町」

小町「あ、ちょっと待ってね~」ガサゴソ ピ

小町「なぁに、お兄ちゃん?」キョトン

八幡「雪ノ下と由比ヶ浜の事なんだけどよ」

小町「ん? 二人がどうかしたの?」

八幡(小町には今の状況を教えてある。 今までもそうだったが、小町は人間関係に対してのアドバイスが上手い。 ※八幡調べ)

八幡(今、俺が不安に思っている事を小町に相談すれば多分何かしら助言を貰えるだろう。 決断するのは俺自身だが、色々な意見は欲しい。 だから、小町に相談することにしてみた)



47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/17(火) 13:28:29.44 ID:89as8KapO

八幡「もし、俺が誰かを選んで・・・」

小町「雪乃さんか、結衣さん、陽乃さんを選んで?」

八幡「前のような関係を続れられるんだろうか?」

小町「ははーん」ニヨニヨ

小町「つまり、お兄ちゃんは不安なんだね? 1人を選んだ事で残り二人に見捨てられちゃうのが」ニコニコ

八幡「そうじゃな・・・それもあるかもしれんが、例えば雪ノ下と由比ヶ浜は友達としてまた仲良く出来るんだろうか?」



48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/17(火) 13:29:42.32 ID:89as8KapO

小町「それは無理だね」キッパリ

八幡「!?」

小町「でも、二人ともお兄ちゃんが好きなんだし、お兄ちゃんがしっかり考えて出した答えなら二人とも受け入れてくれると思うよ? 煮え切らない態度の方が小町は嫌かな」ニコリ

八幡「そうか・・・」

小町「お兄ちゃん」

八幡「ん?」

小町「お兄ちゃんはまず、自分が選んだ人をお兄ちゃんごと全力で幸せにすることを考えなきゃダメだよ?」

小町「それから周りの人の事を考えるの」

小町「今、お兄ちゃんがしなきゃいけない事は、答えを出した後どうなるかを考えるんじゃなく、お兄ちゃんは誰を一番幸せにしたいのか、だよ♪」ニコニコ

八幡「小町・・・」

小町「小町はいつでもお兄ちゃんの幸せを願ってるんだよ? ・・・今の小町的にポイント高い!」キャピキャピ

八幡「あぁ、本当にポイント高いよ」ニコリ



49:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/17(火) 13:30:39.96 ID:89as8KapO

小町「お兄ちゃんが答えを出した後、雪乃さんと結衣さんの仲が悪くなったら、小町が何とかしてあげるよ♪」

八幡「そう言ってもらえるだけで、ありがたいよ」ナデナデ

小町「と、言うことで! 今日はお兄ちゃんが夕食作ってね♪」

八幡「そうだな。 相談に乗ってもらったし、それくらいはやるよ」

小町「じゃあ、夕食出来たら呼んでね♪ 小町、自分の部屋で勉強してくるから!」タタタツ ピッ

~小町の部屋~

小町「メールを送ってっと・・・」カタカタ

小町「お兄ちゃん、頑張ってね♪」

【五章 終了】



51:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/17(火) 13:32:03.07 ID:89as8KapO

【六章】
~日曜日~

陽乃「八幡、ひゃっはろー!」フリフリ

八幡「おはようございます、陽乃さん」ペコ

陽乃「八幡、今日は荷物持ちよろしくね♪」

八幡「お手柔らかにお願いします・・・」

~ららぽーと~

陽乃「今日は買い物の後、行かなきゃいけない所があるんだ~・・・」ギュ

八幡(周りの人の視線が痛い・・・。 特に男の視線で心に穴開きそう)

陽乃「・・・だから、ちょっと大変かも知れないけど頑張ってね♪」

八幡「え、あ、はい・・・」

八幡(陽乃さんの買い物は案外すぐに終わり、量も少なかった)

八幡(これなら俺、必要なかっただろ!)

八幡(なんて、少し前なら思ってただろうな。 だが、今は違う。 これは陽乃さんが俺と出掛ける口実として買う物があると言った事を知っている)



52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/17(火) 13:33:17.25 ID:89as8KapO

~サイゼリア 店内~

陽乃「八幡?」キョトン

八幡「・・・なんか、夢みたいだと思いまして」シミジミ

陽乃「え、なにが?」ニコリ

八幡「今の状況がですよ。 部活が同じ美少女二人と陽乃さんみたいな美人に好かれてる。 まるでアニメかラノベの世界観じゃないですか」

陽乃「ほうほう・・・」ニコニコ

八幡「リアルが充実する、って、こういう事なんだろうなって」テレテレ

陽乃「うんうん」ニヤニヤ

八幡「でも、不安にもなるんです」シュン

陽乃「と、言われますと?」ニコニコ

八幡「俺の決断一つで誰かが不幸になる。 そう思ったら、この状況から逃げたいって思うんですよ」



53:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/17(火) 13:34:00.48 ID:89as8KapO

陽乃「それで?」ニコニコ

八幡「え?」キョトン

陽乃「確かにフラれたら悲しいよ? でも、私たちはその覚悟をして八幡に告白したの。 だから、あまり気にしないで八幡の好きな人を選んで欲しい」ニコリ

八幡「・・・はい」

陽乃「でも、優しい八幡の事だから気になっちゃうんだよね? 自分を犠牲にしてまで他人を救えちゃう君だもの。 ま、そういう所が好きなんだけれどね♪」ウフフ

八幡「俺は優しくなんて・・・」

陽乃「君は優しいよ。 だから、決断できないの」ナデナデ

陽乃「でもね、八幡。 優しさは時として向けた相手を傷付けることもあるんだって知って欲しいな」ニコニコ

八幡「・・・はい」

陽乃「さ、お昼ご飯食べよ♪」

八幡(昼食を食べた後、少しウインドウショッピングを楽しみ、ららぽーとを後にした)

八幡「そこまでは良かったんだが・・・」



54:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/17(火) 13:36:08.89 ID:89as8KapO

帰宅後
比企谷家 玄関

雪乃「八幡♪」ギュ

結衣「はちまん~♪」

八幡(どうしてこうな・・・)

陽乃(八幡、最近それ使うこと多いね?)

八幡(もうつっこまない・・・)

八幡(えっと・・・買い物を終えて、ららぽーとから陽乃さんと自宅まで帰ってきた。 自宅に入ると、雪ノ下と由比ヶ浜が泣きながら抱き付いてきた。 どういう状況?)

雪乃「ありがとう、八幡///」

結衣「はちまん~///」

八幡「・・・何があったんだ?」オドオド

小町「おかえりお兄ちゃん」ニヨニヨ

陽乃「上手くいったみたいだね♪」ニコニコ

小町「はい♪」ニコニコ

八幡「え? 小町、説明してくれ」

小町「小町がお兄ちゃんの不安を拭ってあげたんだよ♪」キャ///

八幡「どういうことだ?」キョトン



55:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/17(火) 13:37:28.03 ID:89as8KapO

小町「ふふーん! ボイスレコーダー」テッテテーン!

八幡(あ、嫌な予感がする・・・)

小町「このスイッチを押すと・・・」ピッ

八幡『雪ノ下と由比ヶ浜の事なんだけどよ』

小町『ん? 二人がどうかしたの?』

八幡『もし、俺が誰かを選んで・・・』

小町『雪乃さんか、結衣さん、陽乃さんを選んで?』

八幡『前のような関係を続れられるんだろうか?』ピッ

小町「お兄ちゃんの相談内容が流れるんです!」エッヘン

八幡「・・・」パクパク

小町「そしてそれを二人に聞かせた結果がこれです!」



56:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/17(火) 13:38:38.76 ID:89as8KapO

雪乃「八幡が私たちの事を真剣に考えてくれていたと分かって嬉しかったわ///」

結衣「それに、あたしたちも後のことを考えてたんだけどお互いに切り出せなくて・・・」

雪乃「八幡の相談内容を聞いて、二人で決めたの」ニコリ

結衣「誰がはちまんと付き合っても、仲良しでいようって。 三人で奉仕部だもんね!」ニコニコ

八幡「でも、それは・・・」

雪乃「それに、八幡が私以外の誰かと付き合っても、振り向かせれば良いのよ」ニヤリ

結衣「しこたんたん、に狙い続けるからね♪」

雪乃「由比ヶ浜さん、虎視眈々よ・・・」

陽乃「雪乃ちゃんも言うようになったね♪」ニヨニヨ

雪乃「私は八幡以外と付き合う気はないもの。 誰かと付き合ったとしても、私は諦めないわ」ニコリ

陽乃「八幡、愛されてるね~♪」ウリウリ

八幡「・・・そうですね」

八幡(本当に勿体ないくらいの状況ですよ。 俺も、覚悟を決めるしかないな)キリッ



57:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/17(火) 13:39:42.52 ID:89as8KapO

八幡「あのよ・・・」

陽乃「どうしたの?」ニコリ

雪乃「何かしら?」キョトン

結衣「なにかな?」ニコニコ

八幡「俺、しっかり考えるわ。 いや、今まで手を抜いてた訳じゃないんだが・・・。 時間掛かるかもしれない。 けど、もう逃げない。 だから、これからもよろしく頼む」ペコリ

陽乃「もちろん♪」ニパー

雪乃「はい」ニコリ

結衣「いつまでも待ってるよ」ニコニコ

小町「じゃあ、お兄ちゃんの写真を見ながらお兄ちゃん話に花を咲かせましょう!」

陽乃「さんせーい!」オジャマシマス!

雪乃「私も見せていただくわ」ドキドキ

結衣「あたしもー!」ワクワク

八幡「恥ずかしいからやめてくれ!」ドタドタ


【六章 終わり】



63:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/17(火) 22:52:07.56 ID:89as8KapO

【七章】

~八幡の部屋~

八幡(やっと帰ったか・・・)

八幡(時間を掛けてもちゃんと答えを出すと宣言した以上、しっかりと三人と向き合わなければ)ムムムッ

八幡(とりあえず、三人の評価を見直してみよう)

八幡(由比ヶ浜は、巨にゅ・・・。 こほん。 優しいし、気も遣える。 料理は壊滅的だが、常に周りを気にかけ、笑顔を振り撒く。 そんな由比ヶ浜の優しさは嫌いじゃないし、ありがたいと感じる。 性格も外見も含めて大切にしたいと思う)

八幡(次に雪ノ下だな。 雪ノ下は貧にゅ・・・。 おっほん。 毒舌で常に俺を罵ってくる。 ただ、本当は誰よりも努力家で、常に正しくあろうとする。 そんな雪ノ下に俺は憧れている。 雪ノ下の魅力は普段無愛想な雪ノ下が見せる笑顔と好きなものを見つめるときの無垢な表情だと思う。 すべてを含めて考えてみても、俺は雪ノ下が好きかもしれない)

八幡(最後は陽乃さんだな。 陽乃さんは完璧超人で魔王だな。 結婚式に一緒に参加した後からだが、陽乃さんの事を良く考えるようになった。 そのなかで陽乃さんは誰よりも他人と距離を取っているんじゃないか、という考えに至った。 そんな陽乃さんが俺を選んでくれたと思うとすごく光栄な事だと感じる)

八幡(それぞれに良さがある。 しかも三人とも魅力的だ)

コンコン
小町「お兄ちゃん夕食出来たよ?」ガチャ

八幡「・・・おう、今から下降りるわ」

八幡 小町「「いただきます」」

八幡「・・・」ムムッ

小町「・・・」ジー

八幡「・・・」ウーン

小町「・・・お兄ちゃん、悩み事?」キョトン

八幡「あぁ。 だけど三人の事だから、小町に相談したら意味がないからな」

小町「ほほー」ニヨニヨ

八幡「・・・なんだよ?」ジトー

小町「ここは小町にお任せあれ!」ビシィ!



64:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/17(火) 22:52:52.21 ID:89as8KapO

八幡「は?」

小町「お兄ちゃん、悩んでいるだけじゃ行動には移せないよ? だ・か・ら♪ これから一人ずつとデートしてもらいます!」

八幡「デートってもなぁ・・・」

小町「小町のプランはこう! 三人にそれぞれ、お兄ちゃんを落とす為にデートの内容を考えてもらって、そのデート中にお兄ちゃんが『この人となら、お付き合いしてもいい!』と思わせた人を選ぶ、というのはいかが?」

八幡「いや、でもな・・・」

小町「もし、それでも選べないってなっても、判断材料にはなるんじゃないかな?」ニコニコ

八幡「・・・かもな。 やるだけやってみるか。 ありがとな、小町」

小町「お兄ちゃんの幸せの為なら、たとえ火の中、水の中、なんなら、あの娘のスカートの中まで入れちゃうよ♪ あ、今の小町的にポイント高い!」ニコリ

八幡「はいはい、高い高い」シラー

小町「うわぁ・・・、適当だなぁ・・・」トオイメ

八幡「・・・」

小町「・・・」

八幡「・・・ぷっ」ククッ

小町「・・・っふ」プルプル

八幡 小町「「あははっ」」ゲラゲラ



65:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/17(火) 22:53:32.04 ID:89as8KapO

八幡「本当、ありがとな。 なんか、一人で悩んでたのがバカみたいだわ」ゲラゲラ

小町「だって、お兄ちゃんはバカでしょ?」ケラケラ

八幡「なにをっ?! これでも国語学年さん・・・」

小町「あーはいはい」パクパク

八幡「・・・ったく」パクパク

八幡(小町にはホントに感謝してばかりだ。 こんなに出来た妹をもってお兄ちゃんは幸せだよ・・・。)パクパク

八幡(まあ、出来た妹になれたのはある意味、俺のお陰でもあるわけで・・・。 つまり、小町に助けられた場合、遠回しに俺自身のお陰でもあるわけだな)ニヤニヤ

小町(・・・お兄ちゃん、その考え方も表情も小町的にポイント低いよ)ジトー

八幡(俺の脳内コメントがだだ漏れなのは間違っている!)シクシク

【七章 終わり】



72:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/18(水) 10:37:25.16 ID:VBGbk+mIO

【八章】


八幡(こうして、それぞれとのデートが始まった)

八幡(ルールとして、毎週土曜日にローテーションで一人一度ずつデートをする。 その際、俺と肉体関係を持たないように注意する、なので、誘惑する等は禁止行為とした)

八幡(デートする順番は女性3人で相談して決めてもらい、雪ノ下→由比ヶ浜→陽乃さんになった)

八幡(で、今日は雪ノ下とのデートの日だ)

~昨日 奉仕部にて~

雪乃「八幡。 明日のデートの事なのだけれど、10時頃に私の家に来てもらえないかしら?」ニコリ

八幡「おう。 10時に雪ノ下のマンションだな」

雪乃「・・・ええ。 待ってるわ」ニコニコ



73:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/18(水) 10:39:04.69 ID:VBGbk+mIO

~雪ノ下 雪乃 篇~

翌日(土曜日)
雪ノ下雪乃の住むマンション エントランス

ピンポーン
雪乃『・・・はい』

八幡「うす。 俺だけど・・・」

雪乃『新手のオレオレ詐欺かしら?』

八幡「おい、そんなに俺を犯罪者にしたいか?」

雪乃『面会には行ってあげるわ。 安心して獄中生活を送ってきなさい。 詐欺が谷君』

八幡「面会には来てくれるのな・・・。 雪ノ下、とりあえず開けてくれないか?」

雪乃『雪乃』

八幡「は?」

雪乃『姉さんだけ、名前呼びをするのは不公平ではないかしら? 私の事を名前で呼んでくれたなら開けてあげる』

八幡「いや、別に呼び方くらい・・・」

雪乃『私の事を名前で呼ばないのであれば、私が呼ぶわ。 ・・・警察を』

八幡「いや、ちょっと待て、それはおかしいだろ!?」ビクッ



74:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/18(水) 10:40:21.93 ID:VBGbk+mIO

雪乃『あら? 何かおかしい所があったかしら?』

八幡「今日、俺はお前に呼ばれて家を尋ねただけだろ?」

雪乃『あら、では私に呼ばれたという証拠は?』

八幡「証拠って言っても、昨日部活中に口頭で言われただけだし、うんなもんはねーな」

雪乃『では、ここで警察を呼び、ストーカーが家の前まで来てます。 と伝えたらどうなるかしら?』

八幡「・・・確実に捕まるわな」

雪乃『でしょう? さ、早く私の名前を呼んだ方が良いのではないかしら?』

八幡(さっきから、やられっぱなしだしな・・・。 少しばかり、反撃してみるか)ニヤリ

八幡「そうか、じゃあ今日はもう帰るわー」シラー



75:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/18(水) 10:41:06.10 ID:VBGbk+mIO

雪乃『えっ?!』

八幡「じゃあまた学校でな」

雪乃『ま、待ちなさい八幡!』

八幡「・・・」

雪乃『・・・え? 八幡?』

八幡「・・・」

雪乃『・・・どうせそこにいるのでしょ? カメラの死角に入った所で貴方の腐った目の気配は隠せないのだけれど?』

八幡「・・・」

雪乃『・・・八幡?』

八幡(かなり焦ってるな)プークク

雪乃『・・・っ!』ガチャ

八幡「・・・あれ? 切られちまったか?」

ウィーン

雪乃「八幡!」ダキッ

八幡「うぉっ?!」

雪乃「ホントに帰ってしまったかと思ったじゃない・・・」ウルウル

八幡「お、おう・・・すまん」

雪乃「許さないわ・・・」グスン

八幡「ちょっとした仕返しのつもりだったんだが・・・」オロオロ



76:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/18(水) 10:42:28.56 ID:VBGbk+mIO

管理人「あの・・・」

八幡「・・・っ?!」ビクッ

管理人「すいません。 エントランスは公共の場所になりますので・・・」

八幡「あ、すいません・・・」

雪乃「い、行きましょう! 八幡!///」ギュ

~雪乃の住んでいる部屋~

八幡(で、雪ノ下の家に入ってソファーに座ったのは良いが・・・)チラ

八幡「・・・」

雪乃「・・・」

八幡(空気が重たい! さっきのが恥ずかしくて、お互いに少し混乱してるようだ)

八幡「・・・あー、で、今日はどうするんだ?」

雪乃「・・・いろいろ考えてみたのだけれど、今日は私の家でゆっくりしてくれれば良いわ」ニコリ

八幡「そうか」

雪乃「別に八幡とどこかに出掛けても良いのだけれど、日曜日はどこも人で溢れているでしょう?」ニコニコ

雪乃「だから、今日は二人きりでのんびり過ごしてくれれば良い」ギュ

八幡「・・・そうか」

雪乃「こうして、貴方がそばにいてくれるだけで私は幸せよ///」ギュ-

八幡「・・・・・・そうか///」プイ



77:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/18(水) 10:43:51.97 ID:VBGbk+mIO

雪乃「八幡」

八幡「なんだ?」キョトン

雪乃「結局、私の事は名前で呼んではくれないのかしら?」ウルウル

八幡「・・・雪乃」

雪乃「・・・!///」キラキラ

八幡「まぁ、雪乃も俺のこと八幡って呼んでるからな///」プイ

雪乃「ふふっ・・・。 そうだわ、今、紅茶とお菓子を用意するから、少し待っていてもらえるかしら?」ニコニコ

八幡「おう」

・・・・・・

雪乃「おまたせ」カチャ

八幡「わざわざありがとな」

雪乃「貴方はお客様だもの。 お茶くらい出すのが当たり前だと思うのだけど? それに奉仕部でもやっている事だから」ニコニコ



78:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/18(水) 10:45:34.08 ID:VBGbk+mIO

八幡「でもな・・・」

雪乃「それより八幡、このクッキー、私が焼いたものなのだけど良かったら味の感想を聞かせてもらえないかしら?///」ウワメヅカイ

八幡「雪ノし・・・。 雪乃が作ったものなら、まず間違いなく旨いと思うぞ?」キョトン

雪乃「・・・八幡の為に焼いたものだから、食べてほしいの」ウルウル

八幡「あ、そういう事か。 じゃあ・・・」スッ

雪乃「待って!」ガシ

八幡「え、なに?」オロオロ

雪乃「・・・はい、あ、あーん///」テレテレ

八幡「んな?!///」

雪乃「・・・八幡///」ウルウル

八幡「・・・あーん///」パク

雪乃「!///」キラキラ

八幡「雪乃、これすげぇ旨い・・・。 これ、金取れるレベルだな」シミジミ

雪乃「ありがとう。 でもお金をとりたい訳じゃないわ。 出来ることなら、貴方からの愛情が欲しいわね///」ニコニコ

八幡「あ、その、なんだ・・・」

雪乃「・・・ごめんなさい。 困らせるつもりはなかったの。 でも、私の本心だから」ニコリ

八幡「・・・おう」

雪乃「さ、紅茶が冷めてしまうわ。 いただきましょう?」ギュ-



79:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/18(水) 10:46:40.68 ID:VBGbk+mIO

八幡(その後は雪乃と少し話をした。 俺が思っている以上に雪乃は俺のことを大切に思ってくれているんだと分かった)

八幡(『私には至らない点がまだまだあるけれど、これ以上、八幡が傷付いてしまうことがないようにしたい。私に貴方を支えさせて欲しい。』)

八幡(雪乃が話の中で言ってくれた言葉だ。 すごく嬉しかった。 貴方はもう一人じゃないんだよ。 そう言ってもらえたようで涙が出そうになった)

八幡(こんなに俺のことを好きでいてくれる女の子を悲しませるような事はしたくないな)

雪乃「・・・八幡、そろそろ昼食にしようと思うの」

八幡「おう、そうだな」

雪乃「だから、その、私も名残惜しいのだけれど、手を放してもらえないかしら?///」テレテレ

八幡「あ、わりぃ!」パッ

雪乃「あ・・・」シュン

八幡「あー、雪乃。 一緒に作っても良いか?」

雪乃「別に私は構わないけれど、八幡はお客・・・」

八幡「俺がやりたいんだ。 手伝わせてくれ」

雪乃「そう。 じゃあ、お願いするわ」ニコ

タンタンタンタン グツグツ
タベルー (ツクルー) ツクルー (タベルー) タベルー (ツクルー) フタリ ドゥビドゥバ!



80:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/18(水) 10:47:43.53 ID:VBGbk+mIO

八幡 雪乃「「いただきます」」

八幡「雪乃の作った和風ハンバーグ、旨いな。 手際も物凄く良かったし、俺、邪魔だったかもな」

雪乃「そんなことないわ。 八幡が一緒に作ってくれて、私は嬉しかったもの」ニコニコ

八幡「そうか。 なら良いんだが」

八幡(その幸せそうな笑顔、やめてくれませんかね。 惚れ直しちゃうから)

雪乃「八幡は今日、何時頃に帰るのかしら?」シュン

八幡「特に決めてないな」モグモグ

雪乃「・・・そう」

八幡「・・・どうかしたか?」

雪乃「・・・八幡、もう一度ルールの確認がしたいのだけれど構わないかしら?」

八幡「おう。 構わないぞ?」



81:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/18(水) 10:48:39.68 ID:VBGbk+mIO

雪乃「まず、私達がそれぞれ八幡とデートする内容を考え、毎週土曜日に実行する。 そのデートの際に、八幡を誘惑するような行動は禁止。 もちろん、その・・・不埒な関係を持つことも禁止。 で合っていたかしら?」キョトン

八幡「おう。 間違ってないぞ」

雪乃「一つ質問なのだけれど、誘惑する行動や、ふ、不埒な関係とはどの程度からルールに抵触するのかしら?」

八幡「あー。 その辺は俺のさじ加減っつーか。 雪乃が大丈夫だと思う所はどの辺までだ?」

雪乃「そうね。 ・・・ハグや手を握る、そういった“下劣な感情のない身体的接触”はしても平気だと思うわ」

八幡「その認識で良いんじゃないか?」

雪乃「そう。 それともう一つ確認しておきたいのだけれど?」

八幡「・・・なんだ?」キョトン

雪乃「デートは土曜日に実行する。 このルールを決めたのは八幡? それとも小町さん?」ジー

八幡「小町だが?」

雪乃「理由は何か言っていたかしら?」

八幡「例えば遠出して帰ってくる時に電車がトラブルで動かなくなる、なんてあるかもしれないだろ? そういう時に日曜日だと学校に行けなくなる可能性がでるから。 だとさ」

雪乃「つまり、始まりは土曜日に決められているけれど、終わりの指定は事実上、月曜日の学校に参加できる時間までという事ね?」ウーム

八幡「・・・まあ、屁理屈だけどな」

雪乃「・・・八幡、なら夕食も一緒にどうかしら?」ニコニコ



82:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/18(水) 10:49:40.00 ID:VBGbk+mIO

八幡「は?」キョトン

雪乃「いえ、素直に言うと夕食も貴方と一緒に摂りたいの///」テレテレ

八幡「お、おう。 俺は別に構わないぞ?///」

雪乃「ありがとう、八幡♪」ニコリ

八幡「・・・///」プイ

雪乃「さ、少し冷めてしまったけれどお昼を食べてしまいましょ?」ニコニコ



88:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/18(水) 22:38:16.61 ID:VBGbk+mIO

・・・・・

雪乃「ねぇ八幡」ギュ

八幡「・・・どした?」

雪乃「夕食は何か食べたいものあるかしら?」ニコニコ

八幡「あー、そうだな・・・。 なんでもいいぞ?」

雪乃「なんでもいいは、困るわ」プクー

八幡「特に好き嫌いないからな。 雪乃の得意料理とかでいいぞ」

雪乃「得意料理・・・ね。 それなら、買い物に出てもいいかしら?」キョトン

八幡「一緒に行くぞ? 荷物くらいは持つ」

雪乃「ありがとう、八幡♪ じゃあ、行きましょう」ニコニコ



89:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/18(水) 22:39:01.67 ID:VBGbk+mIO

~近くのスーパーにて~

八幡「で、何を買うんだ?」

雪乃「野菜を少しと、魚、牛肉ね」ニコニコ ギュ-

雪乃「あと・・・ね」ニヤリ

八幡「あ、なんか言ったか?」

雪乃「いいえ、なんでもないわ」ニコリ

八幡「じゃあ、一緒に回るか?」

雪乃「そうしたいのは山々なのだけれど、この時間になると肉類のタイムサービスが始まる事があるの・・・」シュン

八幡「そうか・・・。 じゃあ、牛肉は見てくる。 牛コマで大丈夫か?」

雪乃「ええ、お願いするわ・・・。 私は野菜を選んでおくから」ニコリ パッ

八幡「おう、見てくるわ」タタタッ

雪乃「・・・」スタスタ



90:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/18(水) 22:39:50.26 ID:VBGbk+mIO

・・・・・

八幡「・・・マジかよ」ドンビキ

ギャーギャー ワーワー

八幡「ベン・トーじゃねーんだからよ・・・」

八幡(なんなの、この主婦たちの圧力・・・)

八幡「・・・はぁ、とりあえず牛コマだけは取らなければ」

八幡(ステルスヒッキー、発動!)

・・・・・

八幡「・・・酷い目にあった」ゲッソリ

雪乃「・・・あら、早かったわね」ハァハァ

八幡「おう。 雪乃、息上がってるがなんかあったのか?」キョトン

雪乃「・・・気のせいよ」ニコリ

八幡「そうか、ならいいが・・・」

雪乃「では、会計をしに行きましょう」ギュ-

八幡「おう」



91:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/18(水) 22:40:38.86 ID:VBGbk+mIO

八幡「で、雪乃。 さっきまでなかったと思うんだが。 そのビニール袋はなんだ?」

雪乃「・・・っ」ギクッ

八幡「なんか、聞かれたら都合が悪かったか?」キョトン

雪乃「・・・その、生理用品よ///」プイ

八幡「・・・悪かった///」ポリポリ

雪乃「いえ、私も最初から他に買うものがあると言っておけば良かったと反省しているわ」ギュ-

~雪乃の住んでいる部屋~

八幡「まだ夕食には早いな・・・」

雪乃「そうね、もう少しゆっくりしていましょう?」ニコニコ ギュ-

八幡「そうだな」

雪乃「・・・八幡は今日、私といて楽しかったかしら?」ウルウル

八幡「なかなかに楽しかったよ」

八幡「いつも見ることが出来ない雪乃の姿や雪乃の手料理を食べたり出来て、役得だった///」テレテレ

雪乃「そう。 なら良かったわ」ニコリ

八幡「雪乃はどうだった?」

雪乃「楽しかったわ。 それ以上に幸せだった」ニコリ

雪乃「今日という日が終わらなければいいと思うほどに、貴方と過ごした時間は充実したものだったわ」ニコニコ ギュ-

八幡「・・・そうか///」プイ

雪乃「ウフフ・・・。 照れている八幡も可愛いと思うわ」ニコニコ



92:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/18(水) 22:42:50.98 ID:VBGbk+mIO

八幡(そんな風に会話を楽しみながら夕食までの時間を楽しんだ)

八幡(夕食も二人で作ったの〔ほぼ立っているだけに等しかった〕だが、かなり美味しかった。 和食で統一されていたのだが、すべてが料亭で出てくるようなレベルだった)

八幡「あ、小町に連絡するのを忘れてた・・・」

雪乃「私の方から連絡をしておいたわ」ニコリ

八幡「あ、サンキュー」



93:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/18(水) 22:43:46.87 ID:VBGbk+mIO

雪乃「それから、今日は泊まっていって」ニコリ



八幡「・・・は?」キョトン

雪乃「小町さんの許可は頂いているの」スッ

八幡「・・・え?」



94:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/18(水) 22:44:41.18 ID:VBGbk+mIO

比企谷 小町

件名:了解しました♪ヽ(´▽`)/

本文
夕飯の件、了解です(*´∇`*)

お泊まりの件は、構いませんが
ルールに違反しないように!o(`^´*)

いやぁ~まさか雪乃さんが
こんなに大胆な行動に出るなんて・・・

でわでわ、ごゆっくり~(*´ω`*)



95:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/18(水) 22:45:19.40 ID:VBGbk+mIO

八幡「マジかよ・・・」

雪乃「もちろん、強制ではないわ」シュン

雪乃「貴方に内緒で小町さんの許可を貰っていたことを含めて謝罪させてもらうわ。 ごめんなさい」ペコリ

八幡「まぁ、それはいいんだけどよ・・・」

八幡「雪乃は、俺が泊まることに抵抗はないのか?」

雪乃「抵抗がないわけではないわ。 でも、貴方と一緒にいたいの」ダキッ

八幡「雪乃・・・」

雪乃「八幡、今夜は一緒にいて・・・」ウルウル ギュ-

八幡「・・・あぁ。 雪乃がそう望むなら」ギュ



96:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/18(水) 22:46:03.99 ID:VBGbk+mIO

・・・・・

八幡「でも、考えてみたら着替えがねえんだけど?」

雪乃「今着ている服は今のうちに洗濯してしまいましょう。 それと着替えなのだけれど、さっき、スーパーでパジャマと下着は買っておいたわ」ニコニコ

八幡「・・・いつの間に?」

雪乃「私の生理用品が入った袋に一緒に入っていたのよ」フフン

八幡「・・・マジかよ」

雪乃「さ、お風呂の用意は出来ているから入ってもらえるかしら?」ニコリ

八幡「・・・雪乃が先の方が良くないか?」

雪乃「私には食器を洗ったり、やることがあるし。 それに八幡はお客様だもの。 先に入って」ニコリ

八幡「・・・雪乃は嫌じゃないか? 俺が入った後の湯船に浸かるんだぞ?」

八幡(・・・小町ですら嫌がるからな。 なんなら、俺の入った後、新しく湯を張り直すまである)

雪乃「別に気にしないわ。 それとも、八幡には女の子の入った後のお湯に興奮する性癖でもあるのかしら?」ニコニコ

八幡「ば、おまえな!///」

雪乃「それなら、私からお風呂に入ってあげるのも吝かではないわ」ニヤリ

八幡「・・・わかった。 先にいただくよ」



102:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/19(木) 08:29:29.57 ID:BX1JaxKpO

カポーン
チャプチャプ

八幡「ふぅ・・・」

八幡(流され流され、こんなことになっちまったが・・・。この状況は雪乃が風呂に突撃してくるパターンだよな?)ドキドキ

八幡(ま、雪乃に限ってルールを破るとは思えないが)

雪乃『八幡?』

八幡「うおっ?!」ビクッ

雪乃『パジャマと下着、タオルはここに置いておくわね?』

八幡「おう。 サンキューな」

雪乃『さっきまで着ていた洋服は洗濯して、乾燥機にかけておくわね』

八幡「わざわざ悪いな」

雪乃『構わないわ。 私の我が儘で泊まってもらうのだもの』フフ



103:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/19(木) 08:31:23.93 ID:BX1JaxKpO

ちょびっと番外編~雪乃side~

・・・・・
洗濯機前にて。

雪乃「八幡が着ていたシャツ・・・///」

雪乃「・・・」キョロキョロ

雪乃「・・・」ジー

雪乃「・・・///」プルプル

雪乃「・・・やっぱりダメね///」

ポイッ ピッ ウィーン ウィーン

・・・・・


ちょびっと番外編~雪乃side~ 終了



104:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/19(木) 08:32:07.25 ID:BX1JaxKpO

八幡「あがったぞ」フキフキ

雪乃「・・・そう。 それじゃ、私も入ってくるわ。 覗いてはダメよ?」フフ

八幡「・・・覗かねえよ///」プイ

雪乃「信用してるわ」クスクス

・・・・・

シャー・・・ キュ
チャプン・・・

・・・・・

雪乃「ホントに覗かなかったのね」ウフフ

八幡「当たり前だろ///」

雪乃「少しだけ期待していたのだけれど?」ニヤリ

八幡「・・・知るかよ///」プイ



105:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/19(木) 08:32:45.63 ID:BX1JaxKpO

雪乃「ふふ・・・。 八幡はアイス、いる?」

八幡「あー、貰おうかな」

雪乃「バニラとチョコ、ストロベリーがあるのだけれど何がいいかしら?」キョトン

八幡「じゃあバニラで」

雪乃「はい、どうぞ」ニコリ

八幡「おう」

雪乃「八幡、バニラを一口貰えるかしら?」ニコニコ

八幡「ああ、いいぞ? ほら・・・」スッ

雪乃「あーん・・・」

八幡「え?」



106:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/19(木) 08:33:33.08 ID:BX1JaxKpO

雪乃「・・・早くしてほしいのだけれど」プクー

雪乃「あーん・・・///」

八幡「あ、あーん・・・」

雪乃「・・・ありがとう。 とっても美味しかったわ、八幡のバニラ」ニコニコ

八幡「・・・おう///」プイ

八幡(なんなの、八幡のバニラって! 恥ずかしいからやめてくれます?)

雪乃「八幡、はい。 あーん」スッ

八幡「え?」

雪乃「お返しよ♪」ニコニコ

八幡「いや、別に俺は・・・」

雪乃「八幡・・・」シュン

八幡「・・・あーん///」

八幡(くそ、反則過ぎるだろ)

雪乃「・・・!」パァー

雪乃「あーん♪」

八幡「ん」パク



107:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/19(木) 08:34:12.48 ID:BX1JaxKpO

雪乃「どうかしら、私のストロベリーは?」ニヨニヨ

八幡(なんだよ、雪乃のストロベリーって?! さっきから雪乃のセリフが意味深な気がするんだが? 気のせいか、気のせいだな、気のせいだと言ってくださいお願いします)

八幡「・・・ああ、旨かったぞ」

雪乃「そう、良かったわ///」ニコニコ

八幡(そんなこんなでアイスを食べながら雪乃と就寝前の会話を楽しんだ)



108:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/19(木) 08:35:05.43 ID:BX1JaxKpO

雪乃「八幡・・・」ギュ

八幡「どした?」

雪乃「呼んでみただけよ」ウフフ

八幡「そうか///」プイ

雪乃「私、とても幸せよ」ニコリ

八幡「そりゃ、良かった」

雪乃「八幡、そろそろ寝ましょうか」ニコニコ

八幡「そうだな、それじゃ俺はこのソファで寝るから・・・」

雪乃「何を言っているのかしら?」キョトン

八幡「ん? 布団でも用意してくれんの?」キョトン



109:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/19(木) 08:35:48.67 ID:BX1JaxKpO

雪乃「私と一緒にベッドで寝れば良いじゃない///」

八幡(キマシタワー! ・・・じゃなくて)

八幡「おま! なに言って・・・!」アワアワ

雪乃「別にいいじゃない、同じベッドで寝たって」

八幡「いや、一応俺も男だぞ? お前を襲うかも知れないんだぞ?」オロオロ

雪乃「貴方にそんな度胸があるとは思えないのだけれど?」

八幡「確かに度胸はないが・・・。 じゃなくてだな、我慢出来なくなることもあるかもしれないだろ?」

雪乃「私は貴方になら、襲われても構わないわ」ニコリ



110:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/19(木) 08:36:37.50 ID:BX1JaxKpO

八幡「・・・っ! そうだ! ルールに抵触するぞ?」

雪乃「どのルールに抵触するのかしら?」ニヤリ

八幡「誘惑の禁止だろ、そりゃ」

雪乃「いつ、誰が、誰を誘惑したのかしら?」キョトン

八幡「今、雪乃が、俺を誘惑してるじゃねーか!」

雪乃「八幡、私は貴方を誘惑したつもりはないのだけれど?」

八幡「は?」

雪乃「明日の朝、目が覚めた時。 貴方が隣に居てくれたら私は嬉しいと思っただけよ」ニコニコ

八幡「・・・っ!」

雪乃「それに、八幡の温もりを感じながら眠れる機会なんて、滅多にないじゃない。 今後、そういう機会に恵まれるかも分からないのだから、今日くらいは・・・」シュン

雪乃「いえ、今日だけは・・・お願い」キュ

八幡「・・・同じベッドで寝るだけだからな」

雪乃「ありがとう、八幡!」パァー



111:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/19(木) 08:39:45.58 ID:BX1JaxKpO

~寝室~

八幡(寝れる気がしない・・・)

雪乃「・・・八幡」ギュ

八幡「どした?」プイ

雪乃「こっちを向いてほしいのだけれど///」

八幡「いや、恥ずかしいから・・・///」

雪乃「八幡・・・」プクー ギュ

八幡「・・・わかったから少し離れてくれ」クルッ

雪乃「八幡・・・///」テレテレ

八幡(近い近い近い近い! 良い匂い・・・)カァ・・・



112:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/19(木) 08:40:34.13 ID:BX1JaxKpO

雪乃「今日はありがとう///」

八幡「おう///」

雪乃「八幡、おやすみなさい」ニコニコ

八幡「おやすみ」

八幡(寝れねぇ・・・)

雪乃「zzz・・・」スースー

八幡(雪乃の寝顔・・・。 長く艶やかな髪、整った顔立ち、規則正しい寝息・・・)ジー

雪乃「zzz・・・ん・・・」スースー モゾモゾ ギュ

八幡(っ!!? ちょっと待てぇ!)ドキドキ

八幡(あ、雪乃ってまつ毛長いんだな・・・。 ん? 髪に糸屑付いてるな)スッ

雪乃「・・・ん、はちまん・・・?」ウトウト

八幡「わりぃ、起こしたか?」

雪乃「いいえ・・・。 もっと撫でていて」ギュ-

八幡(糸屑、取っただけなんですけど・・・)

雪乃「はちまん・・・?」ウルウル

八幡「・・・おやすみな、雪乃」ナデナデ

雪乃「ん、おやすみなさい///」ギュ-



113:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/19(木) 08:41:58.70 ID:BX1JaxKpO

・・・・・

チュンチュン・・・

八幡「ん・・・」パチ

八幡(温かい、と思ったら雪乃か)ギュ-

八幡(しっかり抱き合ってるな)カァ・・・モゾッ

雪乃「・・・」パチ・・・

八幡「・・・起きたか?」

雪乃「・・・」コクン ボー

八幡「まだ寝ててもいいぞ?」ナデナデ

雪乃「ふふっ・・・」キュ

八幡(胸に顔をうずめられてしまった。 息が当たってくすぐったいな・・・)ニコニコ



114:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/19(木) 08:42:37.06 ID:BX1JaxKpO

雪乃「はちまん・・・」

八幡「ん?」

雪乃「お早う。 朝からとても幸せよ」ニパー

八幡「お、おう・・・///」ドキドキ

雪乃「・・・ドキドキしてるわね///」

八幡「・・・///」プイ

雪乃「照れなくても良いじゃない? 同じベッドで朝を迎えた仲なのだから」ニヨニヨ

八幡「・・・起きたのなら、離れてくれ」ジトー

雪乃「zzz・・・」スー ギュ-

八幡「おい・・・」

雪乃「・・・もう少し、このままでいたいの///」

八幡「・・・そうか///」



115:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/19(木) 08:44:27.15 ID:BX1JaxKpO

・・・・・

雪乃「・・・そろそろ朝食にしましょうか」ニコニコ

八幡「そうだな」

雪乃「トーストでも構わないかしら?」

八幡「おう」

雪乃「すぐ用意するわね」ニコリ

八幡「手伝うぞ?」

雪乃「そんなにやることはないの。 待っていてくれれば大丈夫よ♪」ニコニコ

ジジジジジッ カチャカチャ チーン!

雪乃「お待たせ。 飲み物はコーヒーと紅茶、どちらが良いかしら?」キョトン

八幡「コーヒーにするかな」

雪乃「そう」ニコニコ



116:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/19(木) 08:45:05.68 ID:BX1JaxKpO

カチャ コポコポ

雪乃「はい、どうぞ」スッ

八幡「あれ、練乳?」

雪乃「確か、八幡の好きなコーヒーは練乳が入っていたと思ったのだけれど?」

八幡「あぁ、わざわざスマンな」チュー・・・

雪乃「あ、あまり入れすぎると糖尿になるわよ?」オロオロ

八幡「甘いのが好きだからな」チュー・・・

雪乃「・・・ちょっと入れすぎではないかしら?」アワアワ

八幡「そうか? じゃあ、こんなもんにしとくわ」

雪乃「さ、冷める前にいただきましょう?」

八幡「だな」

八幡 雪乃「「いただきます」」



117:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/19(木) 08:46:33.81 ID:BX1JaxKpO

・・・・・

八幡「ごっそさん」

雪乃「・・・今日は帰ってしまうのよね」シュン

八幡「さすがに明日は学校あるからな」

雪乃「そうよね・・・」

八幡「雪乃?」キョトン

雪乃「八幡、昨日からありがとう」ペコリ

八幡「急にどうした?」

雪乃「我が儘をたくさん聞いてもらったもの」ニコリ

八幡「そんなことないぞ? 俺も楽しかったしな」

雪乃「それでも、ありがとう」

八幡「こちらこそ、サンキューな」

八幡(その後は雪乃と談笑をして過ごした)



118:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/19(木) 08:48:24.37 ID:BX1JaxKpO

八幡「じゃ、そろそろ帰るわ」

雪乃「・・・そう」

八幡「じゃあ、また明日だな」

雪乃「・・・八幡!」ギュ ポロポロ

八幡「・・・帰れなくなるだろ、雪乃」オロオロ

雪乃「寂しくなるわ」ポロポロ

八幡「そのうち機会があれば、また呼んでくれ」

雪乃「では、来週も待っているわ」ニコリ

八幡「お前、分かってて言ってるだろ」

雪乃「ふふ・・・。 他の人のデートを妨害してはいけない、なんてルールはないもの」ニヨニヨ

八幡「おい・・・」ジトー

雪乃「冗談よ」



119:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/19(木) 08:49:22.00 ID:BX1JaxKpO

八幡「じゃ、今度こそ帰るわ」

雪乃「・・・八幡、渡したいものがあるから、少しこっちを向いてほしいのだけれど?」

八幡「ん、なんだ?」クルッ



チュッ



八幡「っ?!」

雪乃「・・・///」ガッシリ チュー

八幡「っぷは! おま、おま!///」カァ・・・

雪乃「私のファーストキスよ///」

八幡「・・・っ///」プイ

雪乃「・・・これでもう寂しくないわ」ニコリ

八幡「雪乃・・・」

雪乃「さ、小町さんにもよろしくね」

八幡「・・・おう。 雪乃」

雪乃「なにかしら?」キョトン

八幡「あー、その、なんだ・・・///」

雪乃「?」キョトン

八幡「プレゼント、ありがとな///」プイ

雪乃「そう・・・///」カァ・・・

八幡「雪乃の本気さはわかった。 俺も真剣に考えてるから」シンケン

雪乃「えぇ、期待して待っているわ」ニコリ

八幡「おう、じゃ・・・」

雪乃「また、あしたね」フリフリ

ガチャ・・・パタン



120:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/19(木) 08:49:57.16 ID:BX1JaxKpO

・・・・・

八幡「たでーま」

小町「あれ? お兄ちゃん?」キョトン

八幡「おう、お兄ちゃんだぞ?」

小町「早かったね~。まだ、10時過ぎだよ? 今日も夕食、要らないんだと思った」ニヨニヨ

八幡「あんまり長居するのも悪いからな」

小町「まぁまだ結衣さんと陽乃さんも残ってるからね~」

八幡「そうだな・・・」

小町「お兄ちゃん・・・?」

八幡「ん、どした?」

小町「なんか、あったの?」

八幡「・・・どうして、そう思ったんだ?」

小町「だって、帰ってきてからずっと玄関で立ったままだし」ジー

八幡「・・・・・・なんでも、ねぇよ」

八幡(雪乃・・・大丈夫かな?)

こうして雪ノ下雪乃とのデートは幕を降ろした。

【八章 終了】



130:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 12:54:49.62 ID:zFoFQF5bO

【九章】

~由比ヶ浜 結衣 篇~

八幡(雪乃とのデートから一週間。 今日は由比ヶ浜との約束の日。 しかし、由比ヶ浜は体調を崩してしまったようで、昨日は学校も休んでいた)

八幡(今日は予定を変更して、由比ヶ浜の看病に向かうことにしたのだ。 ・・・まぁ、小町に言われたからなんだが)

ピンポーン

結衣「・・・はい?」ゴホゴホ

八幡「・・・うす」

結衣「は、はちまん!?」

八幡「見舞いに来たんだが、今、平気か?」

結衣「いや、うつしちゃったら悪いよぉ・・・」ゴホゴホ

八幡「てか、親どした?」

結衣「どっちもお仕事で・・・」タハハ・・・



131:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 12:56:18.05 ID:zFoFQF5bO

八幡「なんなら、看病もするぞ?」

結衣「あ、ちょっと待って! 着替えてくるから!///」バタン

八幡「お、おう・・・」

・・・・・

結衣「はちまん、いいよ」カチャ

八幡「お邪魔します」

結衣「いま、お茶とか出すね・・・」

八幡「病人なんだから寝てろ。 飲み物とか必要そうな物は買ってきてあるから・・・。 よし、部屋行くぞ」ガサゴソ

結衣「え?! はちまん、あたしの部屋入るの?!///」カァ

八幡「じゃなきゃ看病できないだろ?」

結衣「ちょっと部屋汚いっていうか、見られちゃ恥ずかしい物があるっていうか・・・」エヘヘ・・・

八幡「・・・都合悪いなら、仕方ないから帰るが?」

結衣「・・・大丈夫。 はちまん、せっかく来てくれたし」

結衣「でも、うつらないように気をつけてね? あと、部屋の中見ても引かないでね?」ウルウル



132:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 12:57:30.14 ID:zFoFQF5bO

~由比ヶ浜 結衣の部屋~

八幡「別に散らかってる訳じゃないな?」

結衣「・・・なんか、ハズイからジロジロ見ないでね?///」

八幡「あ、スマン///」

結衣「あ・・・」ペタン

八幡「・・・由比ヶ浜、熱測れ。 体温計は・・・」キョロキョロ

結衣「枕元にあるはず・・・」

八幡「ちょうど良いな。 寝ながら測れる」

結衣「あはは・・・。 ちょっと立てないや」

八幡「ほら、持ち上げるぞ?」ダキッ

結衣「ふぇ?!///」

八幡「暴れないでくれよ? バランス崩すと危ないからな」ヨイショ

結衣「・・・重くない?」

八幡「平気だから、不安がることないぞ」

結衣「・・・うん///」



133:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 12:58:28.87 ID:zFoFQF5bO

八幡「おろすぞ?」ウンショ

結衣「ありがとう///」

八幡「礼は良いから、熱測ってくれ」スッ

ピピピッ

八幡「39度4分かよ・・・」

結衣「・・・はちまん?」ボー

八幡「薬は飲んだのか?」

結衣「うん・・・朝飲んだから次は夜飲むよ」

八幡「なら、ちょっと様子見るか・・・。 冷えピタ買ってきたから使うぞ?」ピトッ

結衣「冷たくて気持ちいい・・・」

八幡「なんか、ほしいものあるか?」

結衣「ううん・・・だいじょうぶ」ニコ

八幡「そっか、なんかあったらすぐ言えよ?」

結衣「えへへ・・・ヒッキーが優しい・・・///」



134:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 12:59:51.14 ID:zFoFQF5bO

八幡「バカ、俺はいつでも優しいだろうが。 俺ほど優しい人間はいないまである」

結衣「そうだね・・・ヒッキーは、色んな人を助けてるもんね・・・」ウトウト

八幡「・・・急に誉めるな///」プイ

結衣「ヒッキーはさ、相手が誰でも気にせず助けるんだよね。 あたしの時もそう。 いつでも自分を犠牲にしてまで助けちゃう・・・」ウトウト

結衣「そんな、ヒッキーが好きだし、助けてもらってありがたいって思ってるよ」ニコリ

結衣「でもね、全部一人でやっちゃうのは、なんかイヤ。 もっとあたしをあたしたちを頼って?」ウルウル

結衣「あたし、バカだからヒッキーみたくひねくれた解決方法も思い付かないかも知れないけど・・・。 寂しいよ・・・」ポロポロ

結衣「ヒッキーが遠くに行っちゃうみたいでイヤだよぉ・・・」ポロポロ

八幡「・・・そうか」ナデナデ

結衣「ヒッキー・・・! ヒッキー・・・!」ポロポロ



135:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 13:01:10.01 ID:zFoFQF5bO

・・・・・

結衣「zzz・・・」スースー

八幡「泣き疲れたのか?」ナデナデ

八幡(由比ヶ浜は、こんなにも俺の事をよく見てくれていたのか)

八幡「ありがとな」ポンポン

結衣「zzz・・・」ウ・・・ン

八幡「さて、由比ヶ浜が寝てる間に昼食の材料でも買ってくるか」

八幡(親がいるならすぐ帰ろうと思ったんだが・・・。 意外と重症だしな、もう少し看病した方が良いよな?)

結衣「あ、ヒッキー?」

八幡「・・・起こしちまったか?」

結衣「・・・帰っちゃうの?」ウルウル

八幡「いや、その様子じゃ昼御飯も作れそうにないだろ? 材料買ってこようと思ったんだが・・・」

結衣「冷蔵庫にいろいろあるから、使っていいよ・・・。 だから、どこにもいかないでよ、ヒッキー・・・」ポロポロ

八幡「わかったよ」ポンポン

結衣「ありがとう・・・」ポロポロ

八幡「そういえば、呼び方戻ってるな」ナデナデ

結衣「あ・・・」

八幡「そっちの方が由比ヶ浜っぽくて、いいな・・・」ナデナデ

結衣「・・・そっかな?」

八幡「おう。 由比ヶ浜しかヒッキーって呼ばないからな。 ある意味、特別な呼び方だと言えるだろ?」スッ

結衣「特別・・・。 そっか///」



136:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 13:02:28.80 ID:zFoFQF5bO

八幡「しばらくここにいるから、もう少し寝とけ」

結衣「うん・・・。 ヒッキー、ゴメンね?」ポロポロ

八幡「なんでお前が謝るんだよ?」

結衣「デート出来なくなっちゃったし、看病までしてもらっちゃうし・・・。 もう、ダメだなぁ、って・・・」ポロポロ

八幡「デートなら、またやり直せばいいだろ?」ナデナデ

結衣「でも・・・」ポロポロ

八幡「それに、看病なんて特殊なイベントを発生させる辺りさすがだと思うぞ?」

八幡(さすゆい、さすゆい。 流行らないか、流行らないな)

結衣「ヒッキーがなにいってるかわかんないや」タハハ

八幡「つまりだな、看病する事なんて家族以外だとまずやらないからな。 だから印象深いし、なにより、病人の特権を使えるだろ?」

結衣「病人の特権・・・?」キョトン

八幡「甘える事ができる」

結衣「・・・じゃあ、あたしもヒッキーに甘えていいの?」

八幡「聞くだけ聞いてやる。 行動に移すかは内容次第だな」

結衣「あたしのこと、今だけでもいいから名前で呼んで欲しいかな・・・なんて」チラッチラッ

八幡「・・・わかったよ、結衣///」

結衣「ヒッキー・・・///」



137:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 13:04:56.90 ID:zFoFQF5bO

八幡「まだ、11時か・・・。 やることもないし、どうするかな?」

結衣「ねぇ、ヒッキー・・・」

八幡「どした?」

結衣「看病ってさ、デートになるかなぁ?」

八幡「・・・普通はならないんじゃないか?」

結衣「そっか・・・」ニコニコ

八幡「・・・なんだ?」キョトン

結衣「ヒッキー、マスクある?」

八幡「一応買ってきたけど?」

結衣「じゃあ、ヒッキーが着けて」ニコニコ

八幡「・・・着けたぞ?」

結衣「じゃあ、一緒に寝よう?///」テレテレ

八幡「・・・熱上がったんじゃね? 大丈夫か?」



138:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 13:07:02.29 ID:zFoFQF5bO

結衣「大丈夫。 だから、ヒッキー・・・お願い。 側に来てよ・・・」ウルウル

八幡「う・・・」

結衣「ヒッキー・・・」ポロポロ

八幡「はぁ・・・」スッ ゴロン

結衣「ありがとう・・・///」ギュ

八幡(背中に結衣のアレが・・・!///)

八幡(なんという、存在感・・・。 結衣、恐ろしい子・・・!!)

結衣「ヒッキー、大好き・・・///」テレテレ

八幡「・・・おう///」

結衣「ヒッキー、スゴくドキドキしてるね///」

八幡「・・・おう///」

結衣「ヒッキー、こっち向いて欲しいな・・・///」

八幡「・・・」クルッ

八幡(近い近い! ・・・結衣って、こんなに儚げだったか? 潤んだ瞳、火照った頬、少し汗ばんだ肌・・・。 くっ、静まれ! 静まるんだ、小八幡! 大八幡になったらこの世の終わりだぞ!)

八幡(こういう時は萎えるものを思い出せ・・・!なにか、なにか無いのか・・・?!)

結衣「・・・ヒッキー?」キョトン

八幡(思い・・・出した! 材木座ァ!!)

材木座《おう! 材木座・・・クラッシャー!! うっふーん》

小八幡《・・・》チーン

結衣「ヒッキー、どうしたの?」

八幡「・・・いや、なんでもないぞ」



139:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 13:08:24.58 ID:zFoFQF5bO

結衣「ヒッキー、腕枕して欲しいな・・・」

八幡「ほら・・・」スッ

結衣「ありがとう///」ポスッ

八幡「・・・氷枕の方が良くないか?」

結衣「こっちの方が、いい」ギュ

結衣「ヒッキー・・・おやすみ」

八幡「おやすみ・・・」

八幡(結衣の体温が直に伝わってくる。 かなり温かい。 熱があるのだから当然だが)

八幡(・・・腕枕してるし、動けないからな。 寝るか。 寝れるかわからないが)



140:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 13:09:29.64 ID:zFoFQF5bO

・・・・・

ピカッ・・・

八幡「ん・・・?」モゾ

ピシャーン!!

八幡「うおっ?!」

結衣「・・・ヒッキー?」ボー

八幡「あ、結衣起きたか?」

結衣「スゴく幸せな夢、見てた気がする・・・」

八幡「そうか」ナデナデ

ザァー・・・ゴロゴロ・・・

結衣「うわ、すごい雨・・・」

八幡「俺も雷で起きたくらいだからな」

結衣「すぐやめばいいけど・・・」

八幡「結衣、昼御飯食べた方が良いぞ」

八幡(結構な時間、寝てしまったようだ。 時間を確認してみると13時20分と表示されていた)

結衣「食欲、ないんだけどなぁ・・・」

八幡「食べれるなら、少しでも食べた方が・・・」

結衣「うん・・・。 じゃあ、食べる」

八幡「台所、借りる」

結衣「あるものは勝手に使っちゃって良いから」



141:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 13:11:25.43 ID:zFoFQF5bO

~由比ヶ浜家 台所~

キャンキャン!

八幡(材料はあらかた揃ってるな・・・。 ん? 炊飯器にお米が残ってるし・・・雑炊とかにするか)

キャンキャン!

八幡「・・・」カチャカチャ

八幡「・・・」タンタンタンッ

結衣「・・・///」ジー

八幡「・・・」グツグツ

結衣「・・・///」ジー

八幡「・・・」チラッ

結衣「・・・!///」

八幡「・・・」クルッ

八幡「・・・!?」バッ

結衣「・・・えへへ///」

八幡「・・・まだ寝てろよ」

結衣「薬、きいてきたみたいで熱下がってきたの///」

八幡「何度だったんだ?」

結衣「はい!」スッ

38度7分

八幡「こんなん誤差だろ! 今すぐベッドに戻れ!」

クゥーンクゥーン・・・

・・・・・



146:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 21:59:21.09 ID:zFoFQF5bO

八幡「ほらよ、雑炊だ」

結衣「わー! ありがと、ヒッキー!」

八幡「食べられそうか?」

結衣「がんばるっ! あーん」

八幡「おい。 頑張るんじゃなかったのかよ」ジトー

結衣「え? 普通、ふーふーして食べさせてくれるんじゃないの?」

八幡「元気なんだろ? 自分で食えよ」

結衣「え・・・。 あー、なんか身体だるいかもー!」

八幡「・・・」ジトー

結衣「う・・・。 わかったよぉ・・・」ウルウル

八幡「はぁ・・・、ふーふー。 ほらよ」スッ

結衣「あ。 あーん///」パク

結衣「美味しいよ、ヒッキー!」パァ!

八幡「なら良かった」ホレ アーン

結衣「ありがと♪」アーン

・・・・・



147:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 22:00:23.72 ID:zFoFQF5bO

結衣「ごちそうさま♪」

八幡「おう。 食器、片してくる」

キャンキャン!

八幡「お、サブローいたのか」ナデナデ

ヘッヘッヘッヘッ!

八幡「サブローは元気だなぁ・・・」

結衣「サブローじゃないし! サブレだしっ!」プクー

八幡「・・・お前は寝てろよ」ハァ


午後6時40分

八幡「で、どうしてこうなった・・・」

ピカッ! ゴロゴロッ! ザァー!

八幡「帰れない・・・」

prrrr・・・

八幡「結衣、電話だぞ?」

結衣「ほっといていいよ~」

タダイマ ルスニシテイマス ピートイウオトノアトニ メッセージヲ ドウゾ ピー

結衣母「あ、結衣? パパとママ、駅で偶然会ったんだけど、電車が止まっちゃって帰れそうにないの。 一人じゃ寂しいだろうけど、ごめんなさいね? サブレがいるから大丈夫よね? 何かあったら連絡してちょうだい」

結衣「ヒッキー!」ガバッ

八幡「いきなりどうした?」

結衣「今日、泊まっていきなよ!」ニコニコ

八幡「いや、いいよ・・・」

結衣「ヒッキー・・・」ウルウル

八幡「う・・・ダメだ」キッパリ



148:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 22:01:03.37 ID:zFoFQF5bO

結衣「病人の特権・・・」

八幡「は?」

結衣「甘えていいってヒッキー言ったもん!」

八幡「確かに言ったがな・・・」

結衣「夜中に急に悪化してもいいんだ? 一人寂しく過ごせばいいんだ?」ウルウル

八幡「・・・わかったよ」

結衣「やった!」ニコニコ

八幡「その前に小町に確認してみるから」

結衣「うん!」

prrrr・・・ガチャ

小町『もしもし、お兄ちゃん?』

八幡「おう、小町か?」

小町『そだよー。 どうしたの?』

八幡「結衣・・・ヶ浜の熱が予想より高くてな。 両親もいないみたいなんだ。 で、泊まって看病してくれないか、と提案されたんだが、構わないか?」

小町『別にいいんじゃない? むしろ、この悪天候の中、帰ってくるなんて言われる方が心配だよ? 今の小町的にポイント高い!』

八幡「あーはいはい、高い高い。 じゃ、今日は由比ヶ浜のところにお世話になるから」

小町『ほーい。 じゃーね』ガチャ

小町「お兄ちゃん、毎週お泊まりですな♪」ニヨニヨ



149:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 22:01:40.37 ID:zFoFQF5bO

八幡「じゃ、結衣はベッドに戻れ」

結衣「うん、でもお風呂入りたいかも」

八幡「風邪、悪化するかもしれないから控えた方が良いな」

結衣「でも、汗で気持ち悪い・・・///」

八幡「・・・タオルで拭く位なら」

結衣「じゃあ、お願いできる?///」

八幡「・・・それも、病人の特権か?」ジトー

結衣「いや・・・ううん。 ヒッキーに看病してほしいんだもん! お願い///」テレテレ

八幡「じゃあ、準備してくるから部屋に戻っててくれ」

結衣「うん、わかった///」

・・・・・

八幡「ほら、持ってきたから終わったら呼んでくれ」

結衣「ヒッキー、拭いてくれないの?」ウルウル

八幡「さすがにそれは断る」

八幡(また大八幡になりそうになっちゃうだろうが!)

結衣「背中だけで良いから・・・///」

八幡(こうなったら、さっさと拭いて終わらせる!)キリッ

八幡「・・・背中だけだからな?」



150:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 22:02:36.22 ID:zFoFQF5bO

結衣「ヒッキーありがと♪」クルッ ヌギ

八幡(・・・綺麗だ)

八幡「・・・綺麗だ」

結衣「ヒッキーのえっち!///」

八幡「・・・ユッイーのビッチ!///」

結衣「ビッチじゃないしっ!」

八幡「はいはい。 ・・・拭くぞ」サワッ

結衣「ひゃ・・・」ビクン

八幡(そういうのやめてくれませんかね、可愛いから)

結衣「・・・優しくしてね?///」

八幡(やめてくれってば!)

八幡「おう」

八幡(綺麗な肌、柔らかそうな曲線を描くうなじ、肩、しっかりとくびれた腰・・・)

八幡(ヤバい!ヤバい! この状況はマズイ!)

フキフキ・・・

結衣「ん・・・、あっ・・・///」

八幡(このビッチは理性《コクピット》を狙うのか・・・。 スルー能力ならこちらにもあるぞぉ! ・・・むしろ、俺がスルーされるまである)

八幡「終わったぞ。 サブレの所行ってくるから、終わったら呼んでくれ」

結衣「あ・・・もう、終わりなの?///」ポー

八幡「背中は拭き終わったからな」

結衣「そうだよね・・・」

八幡「おう、じゃあ出てるから」ガチャ バタン



151:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 22:04:00.75 ID:zFoFQF5bO

八幡「・・・・・・サブレぇ!!」ピューン

キャンキャン!

八幡「サブレ! 俺、頑張ったよ!」コチョコチョ

クーン ペロペロ

八幡「反則だよな!? あんなの、反則だよな!?」ナデナデ

キャン!

八幡「・・・なあ、サブレ」

キョトン

八幡「俺、間違ってないよな? ちゃんと、正しい行動をとれてるよな?」

キャン! ペロペロ

八幡「・・・そうだよな、間違ってないよな!」

ダキッ

結衣「ヒッキー、一人でなにいってるの?///」ギュ

八幡「びっくりするから、いきなり抱きつかないでくれ・・・。 それに一人じゃない。 サブレがいる」

キャンキャン!

結衣「そっか///」

八幡「・・・部屋戻るか。 拭き終わったんだろ?」

結衣「・・・まだ、終わってない///」

八幡「・・・は?」

結衣「・・・ヒッキー言ったよね。 『看病はデートにならない』って///」

八幡(なに、この状況?!)

結衣「・・・だから、ルールもなにもないでしょ? こっち向いて欲しいな///」スッ

八幡「お前、なにいって・・・?!」クルッ バッ!

八幡「上着ろ! 熱上がるぞ!」シッシッ

結衣「ヒッキー・・・、好き」ギュ

八幡「おま!?」

結衣「ヒッキー、大好き・・・。 ヒッキーの近くにいたいの。 側に置いてよ・・・」ポロポロ

結衣「ヒッキーの為ならお料理もがんばる。 いっぱい勉強する。 ヒッキーの理想の彼女になるから・・・。 だから・・・」ポロポロ

結衣「あたしを、ヒッキー色に染めてよ・・・。 ヒッキー色に染まりたいよ・・・」ポロポロ

八幡「・・・ゆ、結衣?」オロオロ

結衣「ヒッキー・・・」スー・・・

八幡(え、なんで顔近付けて来るんですかね? マスクつけてるから、大丈夫だが。 ・・・大丈夫じゃねえな)



152:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 22:04:59.05 ID:zFoFQF5bO

結衣「・・・」ガクッ

八幡「おい、大丈夫か?!」ピタッ

八幡「熱いな・・・。 明らかに熱上がっただろ」

八幡(緊急事態だ。 冷静になれ。 弱ってる女の子に欲情とか、外道だ。 紳士として、それは許されない)ヨイショ

八幡「ベッドまで運べたけど・・・、上着どこやったんだ?」キョロキョロ

八幡「ねえな・・・。 仕方ない、俺の着てる上着を着せとこう」ジー ヌギヌギ ファサ・・・

八幡「許せよ、結衣・・・」

キセキセ プルンッ

八幡(おぅふ・・・///)

キセキセ タユンッ

八幡(これが乳トン先生が・・・なんてやってる場合じゃねえな)

ジー

八幡(上着は着せたし、熱測らせよう)

八幡「結衣・・・?」ユサユサ

結衣「・・・」ハァハァ

八幡「熱、測るからな?」スッ

39度8分

八幡「とりあえず、氷枕と冷えピタ替えて・・・」テキパキ

八幡「服の上からでいいや、脇の下と股に氷嚢挟んで・・・」サッサッ

八幡「薬は夕食後だって言ってたな。 飯食わせなきゃか・・・。 とりあえず作ってこなきゃ」ダッ



153:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 22:05:53.46 ID:zFoFQF5bO

グツグツ

八幡「よし、これでいいだろ」

八幡「結衣、起きれるか?」ユサユサ

結衣「ん・・・」ノソッ・・・

八幡「うどん、茹でてきたから食べてくれ」

結衣「あり、がとヒッキー」ニコ

八幡「ふーふー・・・あーん」スッ

結衣「あーん・・・」モグモグ

八幡「ほれ」アーン

結衣「ん」アーン



154:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 22:06:40.85 ID:zFoFQF5bO

八幡「喉渇いてないか?」

結衣「少し・・・」

八幡「たしか・・・」ガサゴソ

八幡「ほい、ポカリ」スッ

結衣「ヒッキー、開けてくれる?」ウルウル

八幡「あ、悪い」カチカチッ

結衣「んく・・・んく・・・」プハ

八幡「まだ、食べれそうか?」

結衣「無理そうかも」

八幡「じゃあ、薬飲め」

結衣「うん」コクン

八幡「少し寝てろ。 食器片し終わったら戻ってくるから」ナデナデ

結衣「・・・うん」ポロポロ ニコリ

八幡(その後、朝5時まで看病を続けた甲斐あってか、熱も37度6分まで下がり、顔色も良くなった)

結衣「zzz・・・」

八幡「じゃあ、結衣。 結衣の親が帰ってくる前に帰るよ」ナデナデ

キャンキャン!

八幡「サブレ、しー!」

クーン・・・

結衣「・・・ヒッキー?」ゴシゴシ

八幡「・・・サブレー?」

プイ

八幡「おい」

結衣「ヒッキー、帰っちゃうの?」

八幡「・・・おう。 もう少ししたら結衣の親が帰ってくるだろうからな」

結衣「そうだよね・・・」

八幡「じゃあ、玄関の鍵だけお願いできるか?」

結衣「うん・・・」ノソッ

八幡「じゃ、また学校でな」

結衣「待ってヒッキー!」

八幡「ん?」クルッ

ダキッ

結衣「ヒッキー、ありがとね? 寝ないで看病してくれたんでしょ?」

八幡「ある意味、ものすごく印象に残る1日だったよ」

結衣「ホントなら、チューしたいけど・・・。 うつしちゃ悪いから・・・」

ちゅ・・・

結衣「おでこで我慢するね」ニコリ

八幡「・・・///」

結衣「また、明日ね」フリフリ

八幡「・・・おう」



155:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/20(金) 22:07:12.43 ID:zFoFQF5bO

・・・・・

八幡「たでーま」ソローリ

ナァー

八幡「お出迎えか?」ナデナデ

フンス スタスタ

八幡「冷たいやつ・・・」ハァ

八幡(風呂入ってから寝るか・・・)

シャー キュ

八幡(・・・おでこに、まだ結衣の体温が残ってる気がする///)フキフキ

八幡(結衣、明日は学校これるといいな・・・)ゴロン

八幡(いつもの天真爛漫な結衣とデートしてやりたいし・・・。 また、機会をつくってやらなきゃ・・・)zzz

ガチャ・・・

小町「お疲れ様、お兄ちゃん」ニコニコ ナデナデ



【九章 終了】



162:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 22:03:35.06 ID:BaCL2IB8O

【十章】
~雪ノ下 陽乃 篇~

朝6時半

八幡(結衣の看病から一週間。 今回は陽乃さんとのデートをする日だ)ガサゴソ

八幡(陽乃さんは、ちょっと遠出になるからと、事前に一泊する為の準備をするように連絡をしてきた。 今は荷物の確認中だ)ガサゴソ

八幡「忘れ物、ないな」

八幡(陽乃さんが迎えに来るのが7時。 もうそろそろ来てもおかしくない)

ブー! ブー! ピッ

八幡「もしもし?」

陽乃『八幡、ひゃっはろー』

八幡「陽乃さん、おはようございます」

陽乃『もう着くから出てきてもらえるかな?』

八幡「わかりました」

陽乃『じゃ、またあとでね♪』ピッ



163:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 22:04:18.18 ID:BaCL2IB8O

八幡「よし、行くか」

小町「・・・お兄ちゃん、もう行くの?」ゴシゴシ

八幡「おう」ヨイショ

小町「気を付けてね? お兄ちゃんが無事に帰ってきてくれればお土産は要らないから。 ・・・今の小町的にポイント高い!」キラッ

八幡「はいはい、高い高い。 じゃ、行ってくるわ」ガチャ

小町「てきとーだなぁ・・・。 いってらっしゃい」

ブロロロロ キキッ

陽乃「八幡、ひゃっはろー」

八幡「うす」

陽乃「それじゃ、今日はヨロシクね♪」ニコ

八幡「こちらこそ、よろしくお願いします」ペコリ

陽乃「とりあえず乗ってくれるかな?」

八幡「あ、はい」ガチャ バタン



164:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 22:05:04.22 ID:BaCL2IB8O

陽乃「さ、出して。 八幡、今日はこれから電車の旅になるからね♪」ニコニコ

八幡「え? このまま車じゃないんですか?」

陽乃「せっかくのデートだからね♪ 運転手がいたら二人きりになれないでしょ?」ニコリ ギュ

八幡「・・・そうですね///」プイ

八幡(近い近い! 陽乃さんって、いつもいい匂いだな・・・)

陽乃「お? 照れたか? 照れちゃったのか? 可愛いなぁ、八幡は♪」ナデナデ



165:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 22:07:05.24 ID:BaCL2IB8O

八幡(・・・少しくらい反撃してみるか)

八幡「いや、陽乃さんのほうが可愛いです。 てか、綺麗です///」プイ

陽乃「へぇー、ありがと♪ でも、お姉さん、そんな社交辞令みたいな言葉はあまり嬉しくないなぁ~」ニヨニヨ

八幡(よし、かかった! ・・・一世一代の大勝負! 勝てば官軍、負けてもトラウマが一つ増えるだけだ)

陽乃「・・・八幡?」キョトン

八幡「陽乃さん・・・」スッ

陽乃「は、八幡? ・・・ずいぶん積極的に近付くね?///」オロオロ

八幡「は、陽乃さんの魅力は俺の言葉じゃ言い表せないので、今から行動で示そうと思います」テヲギュ

陽乃「は、ちまん・・・?///」ウルウル

(手の甲に)ちゅ・・・

八幡(どうだ!?)

陽乃「八幡・・・///」

(陽乃、八幡がキスした所を)ちゅ♪

八幡「んな?!///」

陽乃「これで、間接キスだね♪」ニコニコ

八幡「・・・///」プイ

八幡(陽乃さんには、勝てなかったよ・・・)

陽乃(お姉さんに勝とうなんて、百年早いんだから♪)



166:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 22:08:08.27 ID:BaCL2IB8O

八幡(脳内にまで侵食! ペインブロック不能!)トオイメ

運転手「もうすぐ駅に着きます」

陽乃「わかったわ。 八幡、行くよ♪」ニコリ



167:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 22:08:46.56 ID:BaCL2IB8O

~電車内~

陽乃「今日は温泉入りに行くよ♪」

八幡「温泉ですか・・・」

陽乃「八幡と温泉入りたかったからね♪」ニコ

八幡「なんか、陽乃さんらしくないチョイスですね?」

陽乃「そう? 私、結構温泉とか好きだよ?」ニコニコ

八幡「そうすか・・・」

陽乃「せっかく八幡がデートしてくれるんだし良いでしょ?」ニコニコ

八幡「まぁ、別にいいですけど・・・」



168:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 22:09:26.15 ID:BaCL2IB8O

~某 温泉地~

八幡「・・・やっと着いた」

陽乃「さ、ホテルにチェックインしちゃお♪」ニコニコ

八幡「そうっすね、そうしましょう」

陽乃「部屋についたら、早速温泉に入るからね♪」ニヤリ

~ホテル 受付~

ホテルマン「予約された雪ノ下様ですね。 ご案内致します」

八幡(・・・なんか、豪勢なホテルだな)キョロキョロ

陽乃「八幡、行くよ?」ニコニコ

ホテルマン「こちらになります」

八幡「すげぇ・・・」

陽乃「だねー」ニコニコ

ホテルマン「それでは、失礼致します。 何かありましたらフロントまでご連絡ください」

陽乃「はーい」



169:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 22:10:50.73 ID:BaCL2IB8O

八幡「・・・」ボー

陽乃「八幡、大丈夫?」

八幡「・・・うす」

陽乃「じゃあ、温泉行こっか」ニコニコ

八幡「あ、はい。温泉はどこにあるんですかね?」

陽乃「ふふふ。 実は・・・ここです!」ガラガラ

八幡「・・・部屋に露天風呂が付いてるとか、どんだけだよ」

陽乃「だから、八幡。 一緒に入るよ♪」ニコリ

八幡「・・・は?」



170:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 22:11:49.85 ID:BaCL2IB8O

陽乃「一緒に入るよ♪」ニコニコ




八幡「・・・いや、それはダメでしょ?」

陽乃「なんでかな?」ニヤニヤ

八幡「ルールに抵触します」

陽乃「誘惑禁止ってやつ?」ニヤニヤ

八幡「わかってるなら、自重してくださいよ・・・」

陽乃「私は誘惑してるつもりはないよ?」ニヤニヤ

八幡「陽乃さんにはなくても、俺から見たらあるんです」キッパリ

陽乃「それは、八幡にやましい気持ちがあるからじゃない?」ニヤニヤ

八幡「な?!///」カァ

陽乃「私は構わないよ?///」ニコリ

八幡「えぇ?!///」

陽乃「ふふっ。 さ、一緒に入るよ♪」ニコリ

八幡「いや、でも・・・///」オロオロ



171:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 22:12:22.53 ID:BaCL2IB8O

陽乃「八幡・・・」ギュ

八幡(・・・近い近い近い! 相変わらずいい匂い)

八幡「・・・陽乃さん?」

陽乃「八幡、私だって緊張してるのわかる?///」バクバク

八幡「・・・はい///」ドキドキ

陽乃「なら、逃げないでほしいな///」ギュ

八幡「・・・わかり、ました///」

陽乃「じゃあ、八幡。 先に入っててくれるかな?///」ニコリ



172:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 22:13:42.81 ID:BaCL2IB8O

~露天風呂~

カポーン

八幡(・・・陽乃さんでも、緊張するんだな)

八幡(それもそうか。 緊張しない人間なんていないだろ)

ガラガラ

八幡(・・・それにしても温泉っていいもんだな。 すごく温まる)

チャプ・・・

八幡(こりゃ、陽乃さんに感謝だな・・・♪)

キュ・・・

八幡「ふぇ?!」

陽乃「ふふふ、お待たせ///」ニコニコ

八幡(タオル一枚しか身に付けていない陽乃さんは、とても扇情的でありつつも美しく。 ものすごく印象的ながら、触れてしまったら壊れてしまいそうなほど儚げで。 本当にキレイだ・・・)

八幡「・・・本当にキレイだ」

陽乃「・・・そんなに見つめられたら恥ずかしいな///」

八幡「! すいません!」クルッ



173:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 22:14:52.69 ID:BaCL2IB8O

陽乃「八幡・・・」ギュ

八幡(陽乃さん、鼓動が凄い・・・)

陽乃「・・・こっちむいてよ///」

八幡「・・・はい///」

陽乃「ふふっ、やっぱり恥ずかしいね///」ニコリ

八幡「・・・そうですね///」プイ

陽乃「・・・八幡、そっぽ向かないでよ」プクー

八幡「目のやり場に困るんですよ・・・///」

八幡(陽乃さんがキレイすぎて、大八幡がいつ現れてもおかしくないんですから)

陽乃「八幡。 私を見て・・・」

八幡「は、るのさん・・・?」

陽乃「・・・」ギュ・・・

陽乃「私をこんな気持ちにするなんて、八幡はホントに悪い子だよね・・・」

八幡「陽乃さん?」



174:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 22:16:05.61 ID:BaCL2IB8O

陽乃「私ね、今まで、欲しい物は全部私の物にしてきたの。 でもね、八幡は違う」

八幡「・・・」

陽乃「私を八幡の物にしてほしい。 八幡の側に置いて欲しい。 八幡に選んで欲しい。 八幡に愛されたい」

陽乃「八幡の側なら、私は私に戻れるの」ニコリ

陽乃「今まで忘れていた、どうやっても戻れなかった自分自身に戻れるの。 最初は嫌だった。 強い自分を弱くする八幡を認めたくなかった」ウルウル

八幡「・・・はい」

陽乃「でもね、そのうちに八幡に惹かれる雪乃ちゃんとガハマちゃんを見て、『どうして気楽に、自然な気持ちで八幡と繋がれるんだろう』って考えてる私がいることに気付いたんだ」ポロポロ

陽乃「それでね、そんな自分に気付いたら・・・。 もう、自分を止められなかった・・・!」グスン

陽乃「八幡は、弱い私でも受け止めてくれるって気付いたから・・・。私は・・・」ヒック

陽乃「私は、八幡に私を選んで欲しいって。 雪乃ちゃん達じゃなく、雪ノ下陽乃を愛して欲しいって気持ちを抑えられなかった」ポロポロ

陽乃「八幡さえいれば、どんなことでも頑張れるって思うの。 だから・・・っ」ポロポロ

ナデナデ

陽乃「・・・はち、まん?」グスン



175:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 22:16:51.69 ID:BaCL2IB8O

八幡「とりあえず、泣き止んでください。 陽乃さんは、どんな表情も魅力的ですけど、俺は陽乃さんの笑顔が大好きですから///」プイ

陽乃「・・・うんっ!///」ニコッ

・・・・・

陽乃「はー、久しぶりに泣いた泣いた!」アハハ

八幡「泣いてる陽乃さんも可愛かったですよ?」ニヤニヤ

陽乃「もー! あんまりお姉さんをいじめないでほしいなー」プクー

八幡「くくっ・・・。 はい、気を付けます」ニコニコ

陽乃「八幡。 私はいつまでも待ってるから♪」ニコッ

八幡「なるべく早めに結論出しますよ」

陽乃「・・・ん。 期待してる///」

八幡「・・・はい///」

陽乃「・・・私、先にあがるね?」バシャ・・・ ガラガラ

八幡「・・・ふぅ」

八幡(俺の中で、答えは出た・・・。 後は伝えるだけだ。 今回はみんな、真正面からぶつかって来てくれたんだ。 だから、俺も正々堂々と答えを伝える)キリッ

八幡「・・・出るか」パシャ・・・ ガラガラ



182:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 10:33:46.21 ID:Hbou3tpMO

バサァ キュ

八幡(浴衣とかテンションあがるよな♪)ニコニコ

陽乃「おかえり♪」

八幡(ヤバい。 浴衣姿の陽乃さん、可愛い・・・。 いつもの凛とした雰囲気が丸くなって、少し幼さが出たのかな? 可愛い・・・)

八幡「可愛い・・・」ポー

陽乃「ふふっ、ありがと♪」

八幡「・・・っす///」プイ

陽乃「八幡、飲み物ほしくない? 夕食までまだまだあるし、お菓子とかも買いにいこうよ?」ニコニコ

八幡「そうですね、行きましょう」ニコニコ



183:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 10:34:20.61 ID:Hbou3tpMO

~売店~

陽乃「あ、お土産も買っちゃおっか。 明日は朝一で帰る予定だし」

八幡「朝一ですか・・・」

陽乃「うん。 私は月曜日の講義が午後からだからゆっくりしても平気だけど。 八幡は普通に学校でしょ?」ニコッ

八幡「・・・ですね」

陽乃「だから、帰れなきゃ大変だから朝一で帰ろうと思って♪」ニコニコ

八幡(もっと陽乃さんとゆっくりしたかったな・・・)

陽乃「・・・どうしたの?」

八幡「・・・陽乃さん、また来ましょうね///」プイ

陽乃「・・・え? え、八幡、それって・・・///」

八幡「・・・あ、この饅頭、小町に買ってくか」

陽乃「・・・八幡の意地悪」プクー



184:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 10:34:59.28 ID:Hbou3tpMO

八幡「え、なんだって?」キョトン

八幡(秘技・難聴! これをされたら『・・・っ! 何でもない!』と言わざるを得ないという・・・。 小鷹、使わせてもらう)

陽乃「・・・何でもない。 って言って欲しいのかな? でも、だめ」ニコニコ ギュ・・・

陽乃「意地悪するなら、こうしちゃうんだから♪」ペロッ

八幡「ひっ?!」ビクン

八幡(耳、舐められた・・・。 くすぐったい)

陽乃「・・・さ、早く買って、部屋に戻ろ?」ニコッ

八幡「はい・・・」



185:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 10:35:44.25 ID:Hbou3tpMO

・・・・・

陽乃「じゃあ、順番が逆になっちゃったけど・・・このデートに乾杯!」

八幡「・・・乾杯」

陽乃「いやぁ、やっと私の番になったんだね♪」ニコニコ

八幡「そうですね」

陽乃「待ち遠しかったよ、ホントに」

八幡「そうですか?」

陽乃「八幡は、毎週デートしてたから、そんなことないかもねー。 でも、私は今か今かと首を長くして待ってたよ♪」ニコッ

八幡「・・・っ///」プイ

陽乃「八幡、こっちむいて」プクー

八幡「・・・なんか、恥ずかしいんで///」

陽乃「ふーん・・・。 お願い聞いてくれないなら、こうするもんね♪」ニヤリ

スッ カタン

八幡「・・・飲み物取られるくらい、平気ですけどね」

陽乃「・・・」

スッ ギュ バタン

八幡「・・・陽乃さん、押し倒さないでくださいよ。 ・・・ビックリしたじゃないですか」ドキドキ

陽乃「・・・さっきの続き、しちゃおうかなって♪」ニヤニヤ



186:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 10:36:30.13 ID:Hbou3tpMO

八幡(あ、コレ、マズイ・・・。 あ、手も足も動かねえ!)ジタバタ

陽乃「ふふっ・・・いただきます♪」

ペロッ

八幡「・・・くふっ」

カプ

八幡「あ・・・」

ツー
八幡「はる・・・くっ、の、さん///」

陽乃「なぁに、八幡?」ニヤニヤ

八幡「もう、やめてください・・・///」

陽乃「えー、八幡が意地悪してきたから仕返ししてるだけだもん♪」ニヨニヨ

八幡「意地悪なんて・・・」

陽乃「したでしょ? 私のこと、見てくれないし。 売店でもいじめてきたし」

八幡「あれは、様式美と言いますか・・・」

陽乃「ふふっ、まあ冗談は終わりにして・・・」

ギュ

陽乃「少し、このままで良いかな?」

八幡「・・・はい///」



187:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 10:37:18.86 ID:Hbou3tpMO

・・・・・

八幡(夕食を食べて少しゆっくりした後、陽乃さんは疲れていたのか、そのまま寝てしまった)

カポーン

八幡(俺はというと、温泉に浸かってのんびりしている)

八幡(やっぱり温泉はいいな・・・)

八幡「温かい・・・」チャプ・・・

八幡(陽乃さんには、本当に感謝だな・・・)

八幡「陽乃さん、か・・・」

八幡(俺は陽乃さんを大切にしたい。 ただ、贅沢な事を言うなら雪乃も結衣も失いたくない)

八幡(結衣も不安だが、雪乃と友達にはなれないだろうか・・・)

八幡(彼女には、友達になろうとして2回提案し、2回とも断られている。 結衣も自分をふった相手と友達として付き合えるんだろうか?)ハァ・・・

八幡「・・・まぁ、自分で決断した結果だもんな」



188:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 10:38:15.84 ID:Hbou3tpMO

陽乃「・・・八幡?」ガラガラ

八幡「あ、起きたんですね。 陽乃さん、温泉入ります? なら、上がりますけど」

陽乃「・・・さっきも入ったんだし、一緒に入ろうよ///」パサ・・・ チャプン

八幡「・・・///」プイ

八幡(やっぱり、陽乃さんってキレイだな・・・)チラ

陽乃「やっぱり、温泉っていいね♪」

八幡「そうですね・・・」

陽乃「でも、今回は八幡と一緒に来れたから。 心から温かいよ///」ニコッ

八幡「・・・俺もです///」



189:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 10:39:03.52 ID:Hbou3tpMO

八幡(その後、長めに温泉に入ってから陽乃さんと同じ布団で寝ることになった。 ・・・陽乃さんに押し切られたからだから! 俺からじゃないから!)

陽乃「八幡。 私、幸せ・・・」ウトウト

八幡「・・・はい///」

陽乃「この幸せが一生続けばいいのに・・・」ギュ

八幡「陽乃さん・・・」

陽乃「おやすみ、八幡・・・」ニコッ

八幡(翌朝、陽乃さんに起こされ、最後に二人で朝風呂に入り、電車を乗り継ぎ、昼過ぎに千葉に帰ってきた)

~車内~

ブロロロッ

陽乃「デート、お疲れ様♪」

八幡「そんなことないです。 楽しかったですよ。 ありがとうございました」ペコリ

陽乃「八幡が楽しんでくれたなら良かった♪」



190:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 10:39:48.51 ID:Hbou3tpMO

八幡「・・・陽乃さん。 来週の土曜日、時間ありますか?」

陽乃「大丈夫だと思うけど?」キョトン

八幡「雪乃と結衣も呼んで、俺の出した結論を聞いてもらおうかと思うんです」

陽乃「・・・もう、結論出しちゃったんだ?」

八幡「はい」

陽乃「・・・わかった。 じゃあ、正式に決まったら連絡して」ニコッ

八幡「はい。 また、連絡します」

キキッ

陽乃「じゃあ、またね♪」

八幡「ありがとうございました。 また・・・」

・・・・・

八幡「たでーま」

小町「おかえり、お兄ちゃん♪」

八幡「おう」

小町「どうだったの?」ニヨニヨ

八幡「楽しかったよ。 はい、お土産」スッ

ガタン・・・

小町「たのし・・・かった?」

八幡「おい、お土産落とすなよ・・・」

小町「・・・もう、結果出たの?」

八幡「ああ」

小町「そっか、頑張ってね♪」ニコリ

八幡「ありがとう、小町。 ホントに助けられちまったな」ナデナデ

小町「ううん。 ホントに感謝してるなら、早くお義姉ちゃん連れてきてね♪」ニヨニヨ

八幡「おう」

八幡(曖昧な関係を、終わりにする。 そして、本物の関係を築こう・・・)

八幡(そう、決心したのだった)

【十章 終了】



198:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 21:24:40.97 ID:Hbou3tpMO

【最終章】

~比企谷家 八幡の部屋~

八幡(陽乃さんとの温泉デートから、一週間)

雪乃「・・・」

結衣「・・・」

陽乃「・・・」

小町「それでは! 小町も気になるお兄ちゃんの彼女は誰だ!? 大発表会を始めたいと思います!」ニヤニヤ



199:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 21:25:18.78 ID:Hbou3tpMO

八幡「・・・おい」ジトー

小町「ん? どうしたの、お兄ちゃん?」

八幡「小町は出てなさい」

小町「えー?」

八幡「とにかく出てくれ・・・」ペコリ

小町「・・・わかったよ」

ガチャ バタン



200:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 21:25:59.03 ID:Hbou3tpMO

八幡「・・・今日は来てくれてありがとう。 今まで待たせてゴメン。 皆と一回ずつデート・・・結衣は看病だったけど、行動を共にして、俺が誰と一緒にいたいかを考えたんだ」

八幡「雪乃」

雪乃「・・・はい」

八幡「雪乃には、手作りの料理をご馳走になったりして嬉しかった。 今までの雪乃とは違って、常に俺を大切にしてくれてる事がわかって幸せだと思った」

八幡「結衣」

結衣「・・・うん」

八幡「結衣はデートじゃなく、看病になったけど・・・。 普段とは違う結衣が見れて新鮮だった。 それに、俺の行動が結衣に寂しい思いをさせてたって分かった。 ゴメンな」

八幡「陽乃さん」

陽乃「・・・」ニコリ

八幡「陽乃さんとは温泉に行ってきたけど、陽乃さんの本心・・・てか、ストレートな気持ちを知れた。 驚いたけど、嬉しかった」



201:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 21:29:30.57 ID:Hbou3tpMO

八幡「みんな、凄く魅力的で・・・。なんで俺なんかに惹かれてるのか分からないくらい凄い人達で・・・。 それでも、俺と一緒にいたいって言ってくれたから・・・。 真正面から気持ちを伝えてくれたから・・・」

八幡「俺も正々堂々と、自分の気持ちを伝えようと思う」

雪乃「・・・はい」

結衣「・・・そっか」

陽乃「・・・うん」

八幡「雪乃。 結衣。 ・・・ごめん。 二人の気持ちには応えられない」

雪乃「・・・そう」ポロポロ

結衣「・・・っ」ポロポロ

八幡「二人の気持ちは本当に嬉しかったし、感謝もしてる。 好きだけど、それ以上に好きな人がいるって気付いたんだ。 だから、ゴメン」

雪乃「・・・っ」ポロポロ

結衣「・・・ヒッキー」ポロポロ



202:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 21:30:26.96 ID:Hbou3tpMO

八幡「陽乃さん。 こんな俺でよければ・・・これからも側にいてください」ペコリ

陽乃「・・・私で良かったの?」ポロポロ

八幡「はい」

陽乃「私、二人よりも八幡を知らないよ?」ポロポロ

八幡「これから、知ってください。 俺にも陽乃さんの事、教えてください」

陽乃「私、我が儘だよ?」ポロポロ

八幡「そんなところも、受け止めてみせます」

陽乃「私、結構嫉妬深いよ?」グスン

八幡「嫉妬なんてさせないくらい愛情を注ぎます」

陽乃「私、わた・・・」

ギュ

八幡「今の陽乃さんも、過去の陽乃さんも、未来の陽乃さんも・・・。 すべて愛してみせますから。 だから、僕には本当の笑顔を見せてください」ニコッ

陽乃「はち、まん・・・っ!」ギュ



203:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 21:33:01.03 ID:Hbou3tpMO

雪乃「私達の事を忘れないで欲しいのだけれど?」グスン

結衣「・・・ヒッキー」ウルウル

八幡「あ、悪い・・・///」

結衣「うぅ・・・。 あたしもヒッキーにアレ言って貰いたかったな・・・」ジトー

雪乃「奇遇ね、由比ヶ浜さん。 私も心を込めて愛を囁いて欲しいわ」ニコリ

陽乃「・・・八幡は私の彼氏だから、ダメ」ギュ

八幡「陽乃さん・・・」

雪乃「ねぇ八幡。 ソロレート婚って知ってる?」ニコッ

陽乃「雪乃ちゃん?!」

雪乃「八幡、言ったでしょ? 私はあなたを諦めない。 誰か別の人を選んでも、振り向かせればいい。 だから、今はダメでもいい。 義兄でもいい。 最後に私を選んでくれれば構わないわ」ニコリ

結衣「・・・あたしも! 今はヒッキーしか考えられない! 別のいい人が見つかるまではヒッキーを好きでいるからね?」ニコッ

陽乃「・・・八幡。 私、浮気は許さないよ?」プクー

八幡「・・・え? 俺が悪いの?」


~ドア越し~

小町「やっぱり、お兄ちゃんの青春ラブコメは間違っている、だね♪」

ハチマン! ヒッキー! ハチマン!

【最終章 終了】



215:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 23:29:05.58 ID:Hbou3tpMO

~番外篇~
あの子は太陽のkomachi angel !!

八幡「あっちぃ・・・」デローン

ミーンミン・・・

八幡(梅雨が終わってから、急に暑くなったな・・・)

ガチャ

八幡「たでーま・・・」

小町「あ、おかえりお兄ちゃん!」

八幡「なんか、元気だな?」

小町「お兄ちゃんにお願いがあります!」

八幡「・・・なんだ?」



216:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 23:29:56.51 ID:Hbou3tpMO

小町「小町と一緒にプールに行きましょう!」ビシィ!

八幡(プールか・・・。 移動は嫌だが、泳げば涼しくなるだろうし、何より、小町ほど可愛い女の子なら、ナンパも怖い・・・)

八幡「・・・おう、良いぞ?」

小町「じゃあ、今週の日曜日ね♪」ニコニコ

~日曜日~

プールサイド 更衣室前

八幡「やっぱ、人多いな・・・」

小町「お兄ちゃん、お待たせ~♪」

八幡(小町はこの日の為に買ったおニューの水着を着ていた。 フリフリの付いた黄色いビキニは、小町にとても良く似合っていて・・・。 直視することが憚られた)

小町「どうかな、お兄ちゃん?」ニコニコ

八幡「あー、世界一可愛いよ」

小町「・・・適当だなぁ」ジトー

八幡(素っ気なく返さなきゃ、本心を隠さなきゃ、気持ち悪いお兄ちゃんになっちまうからな。 許せ小町。 また今度だ)



217:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 23:30:36.90 ID:Hbou3tpMO

八幡「じゃ、行くか。 どっから行く?」

小町「小町、二人乗りのウォータースライダー行きたい!」

~ウォータースライダー~

係員「彼女さんが前の方が良いですよ」ニコッ

小町「! だってさ、は・ち・ま・んっ」ニヤニヤ

八幡「・・・おい小町。 言いたいことはあるが、とりあえず滑るぞ」ジトー

シャー

八幡(これ、意外と早いぞ?!)

小町「キャー! 早い早い!」アハハ

バッシャーン・・・

小町「いやぁ、楽しかった!」ニコニコ

八幡「・・・そだな」

小町「じゃ、次行こっか八幡♪」

八幡「小町・・・」ジトー

小町「今日はお兄ちゃんではなく、小町の彼氏として行動してもらいます!」ニヨニヨ

八幡「はぁ・・・。 とりあえず、遊ぶぞ」

小町「おー!」ニコニコ



218:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 23:31:13.48 ID:Hbou3tpMO

八幡(たくさん遊んだせいか、お昼前にお腹がすいた俺達はプールサイドに用意されているフードコートで食事をすることにした)

八幡「お、この席あいてるな・・・」

小町「ラッキー♪」

八幡「小町は何が良い? 買ってくるぞ?」

小町「あ、じゃあカレーとメロンソーダ!」ニコニコ

八幡「あいよ」

・・・・・

店員「いらっしゃいませ」ニコッ

八幡「カレーと焼きそば、メロンソーダにコーラください」

店員「かしこまりました。 すぐお出ししますね」

店員「お待たせいたしました」スッ

八幡「・・・っす」ヒョイ

店員「ありがとうございました」

・・・・・



219:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 23:32:03.76 ID:Hbou3tpMO

八幡(あれ? 小町、誰かと話してるな)

チャラ男1「ねー、イーじゃんよ? 俺達と一緒に回ろうぜぇ?」ニヤニヤ

チャラ男2「そうだよ、暇だろ?」ニヤニヤ

小町「いや、彼氏と来てるので・・・」

チャラ男1「じゃあ、彼氏なんてほっとこうよ」ギュ

小町「嫌!」

八幡「小町!」

チャラ男2「あ? なに、コイツが彼氏?」プッ

チャラ男1「こんなやつより俺達の方が良くね?」ギャハハ

八幡「・・・女の子が嫌がってるのに、無理矢理連れていこうとする奴らよりはまともだよ」キッ

チャラ男1「は、なめてんの?」イラッ

八幡「そっちこそ、さっさと離せよ?」

チャラ男2「生意気じゃね?」

八幡「小町、コイツら話通じないから行こう」ギュ

小町「う、うん!」ダッ

チャラ男1「おい、待てよ」

八幡「はぁ・・・小町、これ持っててくれ」スッ

小町「八幡・・・」

八幡「しつこい男は嫌われるぞ?」

チャラ男2「てめえ!」ガン!

八幡「っ!」

小町「八幡っ!」

キャー! ケンカダ! カカリインヲ!

チャラ男1「口だけ野郎かよ!」ゲシッ!

八幡「ぐっ・・・」

チャラ男1「は! ダセエ野郎だぜ! 口だけ達者でも何も出来ねえクズだ!」ギャハハ

警備員「おい! お前たち、こっちに来い!」ガシッ

チャラ男1「おい! 離せよジジイ!」ジタバタ

チャラ男2「ふざけてんじゃねえよ!」ジタバタ



221:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 23:32:49.20 ID:Hbou3tpMO

警備員「大丈夫ですか?」

小町「八幡、大丈夫?!」

八幡「平気・・・」ヨロッ

警備員「とりあえず、医務室行きましょう?」

~医務室~

八幡「ご迷惑おかけしました」ペコリ

警備員「いえ、貴方は悪くないですよ。 まぁ、彼女さんを守るためでしたから。 でも、煽ってしまうのは危険ですから」キッパリ

八幡「・・・すいません」

ガガッ ハイ ワカリマシタ

警備員「すいません、今警察の方が来たようなので、一緒に来ていただけますか?」

八幡「・・・はい」

コチラデス ガチャ

警官「やぁ、大丈夫だったかい?」ニコリ

八幡「はい」

警官「なんでも、彼女をナンパから守るために殴られたそうだね」

小町「あの・・・」

八幡「はい、すいません」

警官「いや、手を出してしまった方が悪い。 傷害罪で連れてくから君の連絡先を教えて貰っても?」

八幡「・・・どうぞ」スッ

警官「ありがとう。 特にないとは思うが、何かあったら連絡させてもらうよ」



222:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 23:34:10.49 ID:Hbou3tpMO

ガチャ・・・バタン

小町「・・・ゴメンね、お兄ちゃん」

八幡「謝らなくていい。 ・・・カレー、
冷めちまったな」

小町「うん・・・」

八幡「小町」ギュ

小町「お、お兄ちゃん?!///」

八幡「良かった・・・」ギュー

小町「・・・うん///」ダキッ

八幡「今日は、帰ろう」

小町「うん///」

~比企谷家~
八幡の部屋

カチャ・・・

小町「お兄ちゃん?」

八幡「zzz」クー

小町「お兄ちゃん、今日はほんとにありがとう・・・」ニコッ

小町「これは、お礼だよ・・・」

ちゅ・・・

小町「・・・おやすみ///」

カチャ・・・

八幡「・・・」パチッ

八幡「・・・怪我の分を差し引いても、お釣りが出るな///」

八幡(俺の妹は世界一可愛い・・・)

八幡「あの子は太陽の小町、angel・・・♪」

~番外編~ 終了



227:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 18:15:36.65 ID:7n+ctNmvO

~IF篇~
雪ノ下 雪乃の場合 スノースマイル

~雪乃の部屋~

ガチャ

雪乃(行ってしまったのね・・・)

雪乃「・・・」スッ

雪乃(彼の唇の感触が、私の唇にまだはっきりと残っている・・・)ポー

雪乃(私を選んで・・・。 八幡)ポロポロ



228:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 18:16:31.24 ID:7n+ctNmvO

八幡(雪乃の唇、優しくて甘い香りがしたな・・・)

八幡(雪乃とデートしてみて、俺達は似ていると感じてしまった。 一人は好きだが独りは嫌いで・・・。 それでいて偽物の、上辺だけの付き合いは、独りでいることよりも、もっと嫌い)

八幡(雪乃と二人なら、寂しくない。 お互いに支えあって生きていける。 そんな気がする)

八幡「雪乃・・・」



229:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 18:17:05.74 ID:7n+ctNmvO

~翌日(月曜日)~
奉仕部 部室

ガラガラッ

八幡「・・・うす」

雪乃「こんにちは、八幡」ニコッ

八幡「・・・由比ヶ浜はいないのか?」

雪乃「今日は来ないそうよ?」ペラッ

八幡「そうか。 ・・・雪乃」

雪乃「なにかしら?」ペラッ



230:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 18:18:00.80 ID:7n+ctNmvO

八幡「俺、お前の家に一緒に住んでも良いか?」

バサッ・・・

八幡「・・・雪乃?」キョトン

雪乃「それは、つまり・・・同棲させてほしいということかしら?」ヒョイ

八幡「ああ」

雪乃「・・・それは、告白の答えとして受け取って構わないのかしら?」キョトン

八幡「ああ、そうだ」



231:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 18:18:34.06 ID:7n+ctNmvO

雪乃「私は構わないわ。 けれど、貴方は由比ヶ浜さんと、姉さん、二人とデートに行く予定があるはずよ?」

雪乃「その予定を遂行する前に、結論を出す事は、約束を破ることになるわ」

八幡「・・・」

雪乃「だから、八幡。 ちゃんと、二人とデートしなさい。 それから結論を出して。 ・・・その時、また私を選んでくれるのであれば私と一緒に暮らしましょう?」ニコッ

八幡「そうだな・・・。 スマン。 ありがとな」ペコリ

雪乃「ふふっ。 私も、貴方に選んでもらえる可能性が高いと分かって、少し安心したことも事実だから、お互い様かしら」ニコニコ

八幡「・・・///」プイ

雪乃「八幡がうちで暮らす日を楽しみに待っているわ」ニコニコ

八幡「・・・おう///」プイ



232:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 18:19:10.47 ID:7n+ctNmvO

~2週間後~

八幡「・・・俺は雪乃と付き合いたい」

陽乃「あは・・・フラれちゃった」ポロポロ

結衣「・・・おめでとう、ゆきのん」グスン

八幡「陽乃さん。 結衣。 二人の事が嫌いな訳じゃないんだ。 ただ、俺が雪乃と一緒にいたくて・・・。 だから、これからも俺と雪乃を支えてほしい」ペコリ

雪乃「私からもお願いするわ」ペコリ

陽乃「・・・うん。 雪乃ちゃんと八幡の為だもの。」ニコッ

陽乃「・・・・・・それに、八幡を取っちゃえば良いんだし」ボソッ

八幡「・・・陽乃さん、聞こえてますからね?」ジトー

結衣「もちろんだよ! ゆきのんは、あたしの親友だもん!」ニコッ

雪乃「ありがとう、由比ヶ浜さん・・・」ウルウル



233:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 18:19:45.45 ID:7n+ctNmvO

~雪乃の部屋~

八幡(それから数日後、俺は雪乃と一緒に生活を始めることになった・・・)

八幡「おはよう、雪乃」ナデナデ

雪乃「おはよう・・・」ボー

八幡「トースト焼いてあるから食べてくれ。 二度寝して学校サボるわけにはいかないだろ?」

雪乃「・・・」コクン

雪乃「あ、八幡・・・。 お目覚めの・・・」

ちゅ・・・

八幡「・・・?! 急にやるなよ、びっくりするだろ?///」プイ

雪乃「ふふっ、朝食食べてくるわ」

八幡(今は、毎日が充実してる。 雪乃と一緒に暮らして、心からそう思える)



234:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 18:20:26.67 ID:7n+ctNmvO

八幡「・・・今日は、どの本を勧めてみるかな?」

八幡(最近始めた放課後デートでは、書店に行き、自分の読んだ作品の中でも面白かったものや、好きな作者を互いに紹介しあう、なんてものをやっている)

雪乃「・・・そういえば八幡。 この間勧めてもらった作品・・・確か、Anotherだったかしら?」

八幡「おう」

雪乃「少し怖かったけれど、面白かったわ」ニコッ

八幡「・・・そうか///」

八幡(こうやって、雪乃と共有できる話題が少しずつ増えて・・・)

八幡「あれな、実はアニメもあるんだぜ?」

八幡(今まで知らなかったお互いを知って・・・)

雪乃「・・・アニメだと、かなり衝撃的な映像にならないかしら?」

八幡(話をすることが少なかった俺達が、楽しく会話する・・・)

八幡「気になるなら観てみるか?」

八幡(すごく幸せな時間・・・)

雪乃「・・・八幡が隣にいてくれるのなら、観てあげても良いわ///」キュ・・・

八幡「・・・おう///」プイ

八幡(会話する時間も、何も話さずに二人で本を読む時間も、料理する時も、寝るときも・・・)

雪乃「八幡、行きましょう?」ニコリ

八幡(俺は雪乃と過ごせれば幸せだ)

八幡「おう」

八幡(だから、この幸せが終わらないように、大切にしよう・・・)

雪乃「八幡は、何か読みたいジャンルがあるかしら?」キョトン

八幡「いや、特にはないな」

八幡(雪乃の幸せそうな笑顔を、守っていこう・・・)

雪乃「そう。 では、純文学にしましょう」

八幡「・・・別に構わないけどよ」ジトー

八幡(この、触れたら溶けてしまいそうな雪乃の笑顔が無くならないように・・・)

雪乃「ふふっ、ちゃんとオススメを放課後までに考えておくわ」ニコッ

八幡「サンキューな、雪乃」

八幡(雪乃篇、終わ・・・)

雪乃(こんな所で終わらせるつもりはないのだけれど?)プクー

~IF篇~
雪ノ下 雪乃の場合 終了?



235:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 18:23:39.42 ID:7n+ctNmvO

~IF篇~
由比ヶ浜 結衣の場合
結衣の部屋 朝7時頃

八幡(失敗した・・・!)

コンコン

結衣 父『結衣、大丈夫か?』

結衣「大丈夫だよ、パパ」

八幡(看病してたら寝落ちしてた・・・。 鍵の開く音で起きたわけだが、こりゃ、帰れないな)

結衣 父『熱は下がったのか?』

結衣「今は7度5分くらい」

結衣 父『何かあったらすぐ言いなさい? パパもママも下にいるからな?』

結衣「はーい」



236:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 18:24:20.28 ID:7n+ctNmvO

八幡「・・・行ったか?」スッ

結衣「パパ、あたしの部屋には入ってこないから平気だよ」ニコニコ

八幡「それはラッキーだったが・・・」

コンコン

八幡「!」

結衣「ヒッキー! ここに入って!」

八幡「おう!」バサッ

結衣 母「結衣、平気?」ガチャ

結衣「平気平気!」アハハ モゾ

結衣 母「・・・? ずいぶんと布団が膨らんでない?」



237:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 18:24:59.96 ID:7n+ctNmvO

結衣「あー、寒くて毛布引っ張り出したんだー」ダラダラ

八幡(ヤバい! こんなところ見られたら、社会的に抹殺される・・・)

結衣 母「そう・・・。 あ、それより結衣! あなた料理の腕、上がったの?」

結衣「え? なんで?」キョトン

結衣 母「だって、冷蔵庫の中身が減ってると思ったら鍋の中に雑炊の残りが入ってて・・・」

八幡(やっちまった! ちゃんと全部片付けたと思ったんだが・・・!)ダラダラ

結衣 母「食べてみたら、時間が経っちゃっててお米がふやけてたけど、味付けは美味しかったのよ」ニコニコ

結衣「あー、ぼーっとしてたから普通にレシピ通り作ったの・・・かな?」ダラダラ

結衣 母「ふーん・・・」



238:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 18:26:31.95 ID:7n+ctNmvO

結衣「な、なに?」ダラダラ

結衣 母「ねぇ結衣。 パパもママも、結衣が高校に入ってから髪の毛を染めたり、派手なお友達と遊び始めたりしても怒らなかったでしょ?」

結衣「・・・うん」

結衣 母「それはね、結衣を信用してるからなのよ?」

結衣「・・・」

結衣 母「でも、親に・・・私達に嘘をつく必要があるような関係は、私は本物の友人関係だと思わないわ」

結衣「・・・はい」

結衣 母「今度、雑炊を作ってくれた子を連れてきなさい。 ・・・なんなら、今すぐでも構わないのよ?」ニコニコ チラッ

結衣「・・・うん。 今度学校で会ったら伝えとくね」

ガチャ バタン



239:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 18:27:19.48 ID:7n+ctNmvO

八幡「・・・悪い、結衣」バサッ

結衣「い、いいよいいよ! ヒッキーは看病してくれてただけじゃん!」アワアワ

八幡「いや、俺がしっかり後片付けしてれば、怒られる必要なかっただろ?」

結衣「あぅ・・・」

八幡「それに、結果として母娘の会話を盗み聞きしちまった・・・。 スマン」ペコリ

結衣「・・・別に、いいよ。 気にしないで」アハハ



240:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 18:28:00.45 ID:7n+ctNmvO

バンッ!

結衣 母「やっぱり!」

八幡「うぇ?!」ビクッ

結衣「ママ?!」ビクッ

結衣 母「やっぱり隠れてたのね♪ ・・・男の子かぁ」ニヨニヨ

八幡「あ、あの・・・」オロオロ

結衣 母「おはよう♪ 娘がお世話になってます。 結衣の母です」ペコリ

八幡「あ、比企谷です。 こちらこそ結衣さんにはお世話になりっぱなしで・・・」ペコリ

結衣 母「・・・で、比企谷くんは、結衣の彼氏なの?」ニヨニヨ

八幡「ぶっ?!」

結衣「ママ!」プクー

結衣 母「別に隠すような事じゃないでしょ?」ニコリ

八幡「・・・あの、俺と結衣さんはそういう関係ではなくて、部活が同じ・・・友人です」



241:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 18:29:07.01 ID:7n+ctNmvO

結衣 母「あら? じゃあ、あなたがヒッキー?」キョトン

グルン

八幡「・・・おい」ジトー

結衣「・・・」プイ

結衣 母「この子がヒッキーか・・・。 結衣から君の話は良く聞いてるわ♪」

八幡「はぁ・・・」

結衣 母「結衣ったら、ボランティア部? に入ってからあなたの話しかしないのよ?」ニヨニヨ

キャンキャン!

結衣 母「あら、サブレ。 どうしたの?」キョトン

キャンキャン! ピューン ドン

八幡「おぶっ!」

ペロペロペロペロペロペロペロペロ!

八幡「やめろ、サブレ!」

結衣 母「・・・もしかして、入学式の日にサブレを助けてくれた総武高生って、ヒッキーくん?」

結衣「・・・うん、そうだよ」コクン

結衣 母「あらあら!」ニコニコ



242:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 18:29:45.41 ID:7n+ctNmvO

結衣「・・・ママぁ?」

結衣 母「あら、そろそろヒッキーくんも帰らないとね。 パパにバレないように静かにね?」ニコッ

結衣「じゃあ、私も・・・」

結衣 母「結衣は寝てなさい」

結衣「でも・・・」

結衣 母「結衣まで見送りに来たらパパが気付いちゃうわ」

結衣「・・・はい」



243:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 18:30:19.90 ID:7n+ctNmvO

・・・・・

結衣 母「ありがとね、ヒッキーくん」ニコニコ

八幡「いえ、ご迷惑おかけしました」ペコリ

結衣 母「結衣ね、部活を始めてから良く笑うようになったわ」ニコニコ

結衣 母「それまでは、なんとなくだけれど疲れてるような感じだったの。 でも、今はそんな感じもなくて・・・」ニコリ

結衣 母「あなたのお陰なんでしょうね♪」

八幡「・・・そんなこと、ないです」

結衣 母「ふふっ。 結衣って、意外と寂しがりだから、ヒッキーくんさえ良ければ末永く結衣の側にいてほしいわ」ニヨニヨ

八幡「え?!」

結衣 母「だって、結衣はヒッキーくんが大好きなんですもの。 私も気に入ったし、是非息子に・・・」ニコニコ

八幡「あ、あはは・・・」

結衣 母「じゃ、気をつけて帰ってね♪」

八幡「はい、ありがとうございました」

ガチャ



244:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 18:30:53.26 ID:7n+ctNmvO

結衣 父「おはよう」ニコリ

八幡(ヲワタ・・・)

結衣 母「あら、パパ?」

結衣 父「結衣が惚れた男の子が気になってね」ニコッ

結衣 父「ヒッキーくん、だったかな?」

八幡「比企谷八幡です」ペコリ

結衣 父「ヒッキーくん、これからも結衣を頼む」ペコリ

八幡「は?! え?! ちょっ!」アワアワ

結衣 父「あの娘は周りに流されやすい。 でも、最近になって流されずに自分を持って行動出来るようになった。 理由を聞けば部活を始めたからだ、と言うんだが・・・」

結衣 父「結衣は、より女の子らしくなったような気がしていてね。 恋でもしたかなと思っていたんだよ」ニコッ

結衣 父「恋が実るか実らないかは、私にはわからない。 でも、これからも結衣をよろしく頼む」ニコリ

八幡「・・・はい」

結衣 父「今度は交際報告の時に来なさい」ニヤニヤ

八幡「・・・あはは、じゃあ、そろそろ失礼しますね」ソソクサ・・・



245:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 18:31:29.20 ID:7n+ctNmvO

~比企谷家~
八幡の部屋

八幡(結衣の両親、すごく優しい人たちだったな。 あれだけ温かい人に育てられたら、結衣も優しく育つよな)

八幡(結衣の優しさには、いつも助けられてきたし、俺が結衣の事を好きな理由の一つだしな・・・)

八幡(そろそろ、結衣に貰った優しさを返してやりたい。 結衣を幸せにしてやりたい)

八幡(あ、これが愛しいって事なんだな・・・)



246:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 18:32:12.61 ID:7n+ctNmvO

・・・・・

八幡「結衣、俺と付き合ってほしい」

結衣「うそ・・・?」ポロポロ

八幡「お前に貰った優しさを、俺なりの愛情で返させてくれ///」

結衣「うん!」ギュ

八幡(これは幸せなメビウスの輪。 結衣の優しさを俺が愛情で返して、また結衣に優しさを貰って・・・。 そんな、終わりのない関係)

八幡(これからも結衣を愛し続けていこう・・・)

結衣「ヒッキー!」

八幡「・・・どした?」

結衣「あたし、幸せだよ♪」

ちゅ♪

八幡(俺も幸せだよ・・・)








結衣(・・・あれ? これで終わり?)

結衣(こんな中途半端に終わらせるとか、マジでキモい! まだ、終わらせないんだからっ!)

~IF篇~
由比ヶ浜 結衣の場合 終了?



254:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 10:42:43.18 ID:FU/O/Rf+O

八幡×戸塚

~放課後~
教室にて

戸塚「はちまーん♪」

八幡「お、どうした?」ニコッ

戸塚「今日、部活お休みになったんだけど・・・、相談したいこともあるから良かったら遊びに行かない?」ウルウル

八幡「行こう! 今すぐ行こう!」

八幡(あとで由比ヶ浜にメール入れとくか)



255:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 10:43:32.08 ID:FU/O/Rf+O

~ゲームセンター~

戸塚「うわー! ねぇ、はちまんっ! これ可愛いよね!」キャピキャピ

八幡「おう、戸塚の方が可愛いぞ」ニコッ

戸塚「あ・・・。 も、もう! からかわないでよっ」プクー

八幡(膨れっ面も、とつかわいいまである)

八幡「スマンスマン」ナデナデ

戸塚「もう・・・。 次はもっと怒っちゃうからね?」プクー

八幡「・・・おう///」

戸塚(落ち着け。 このままだと海老名さん辺りがキマシタワー! ってなるパターンだ。 戸塚とは健全に・・・)

戸塚「・・・はちまん?」キュ・・・

八幡(袖口、そっと摘まむとかあざとい。 でも、戸塚だから許す)



256:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 10:44:29.27 ID:FU/O/Rf+O

八幡「あ、悪い。 ちょっと考え事しちまった」

戸塚「そっか。 体調悪いのかなって心配しちゃったよ」ニコリ

八幡「・・・彩加、結婚しよう」キリッ

戸塚「えぇ?! ・・・はーちーまーん?」

八幡「・・・悪い。 からかった訳じゃないんだ」ポリポリ

戸塚「あれ? それって、本気ってこと?」キョトン




8幡「あぁ! 戸塚となら俺は一線どころか世界線まで越えられるぞ!」


と塚「・・・ぼくも。 はちまんとなら、いいよ?」

8幡(エンダァァァァァァ!)

8幡「戸塚・・・」ギュ

と塚「・・・はちまん、彩加って呼んでほしいな///」

8幡「・・・彩加」

と塚「嬉しいよ、はちまん!」ギュ



257:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 10:46:23.40 ID:FU/O/Rf+O

チュンチュン ジリリリリ・・・

八幡「・・・朝か」ムクッ

八幡(まさか、あんな夢を見てしまうとは・・・。 俺の戸塚に対する愛ゆえに成せる技だな)

八幡「いやぁ、今日は良い一日になりそうだなぁ・・・」ウーン チラッ

戸塚「zzz・・・」スピー

八幡「・・・」ヒキッ

八幡(え? ・・・これが朝チュンってやつか。 朝チュン・・・)

八幡「・・・思い、出したっ!」

八幡(いや、思い出せねえよ。 なに? 前世の記憶とか思い出して最強になっちゃうの? 戸塚とのイチャラブルート綴っちゃうの?)



258:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 10:48:00.47 ID:FU/O/Rf+O

戸塚「うん・・・、はちまん・・・?」ゴシゴシ

八幡「おう、おはよう戸塚」

戸塚「おはよう、はちまんっ」ニコッ

八幡(この笑顔、守りたい!)

戸塚「はちまんが隣に居たから、スゴく良く眠れたよ♪」ギュ

八幡(・・・あ、思い出した。 スマン、take2お願いします)

八幡(思い・・・出したぁぁ!!)



259:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 10:48:40.14 ID:FU/O/Rf+O

~回想~

戸塚「あれ? それって、本気ってこと?」キョトン

八幡「いや、可愛いなって思ったら、つい口から出てしまったというか・・・///」プイ

戸塚「はちまーん!」ポコポコ

八幡「スマンスマン! お詫びに後で何か奢るから・・・」

戸塚「もー! 許す!」ニコッ

八幡「とつかわいい・・・」

戸塚「はちまんっ!」

・・・・・

戸塚「んー! 久しぶりに遊んだー!」ノビー

八幡「楽しかったな、戸塚!」

戸塚「・・・あのね、はちまん。 相談なんだけど・・・」

八幡「なんだ? 俺に出来ることなら、やってやるぞ?」ニコッ

戸塚「ぼくと、寝てほしいんだ・・・///」

八幡「・・・・・・え?」



260:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 10:49:26.75 ID:FU/O/Rf+O

八幡(大天使戸塚が・・・堕天使になられた! まぁ、可愛いんだが。 とつかわいい。 さいかわいい)

戸塚「あのね、最近よく怖い夢を見ちゃってね・・・。 よく、寝れなくて」シュン

戸塚「いろいろ試してみたんだけど、あんまり効果なくて・・・。 インターネットでどうすればいいか調べたら・・・」

戸塚「誰かと一緒に寝ると、安心感でよく寝れるみたいなんだ・・・」ウルウル

八幡「俺でいいのか?」

戸塚「うん! はちまんとなら、安心出来そうなんだ!」ニコッ

八幡「なら、今からうちに来るか?」

戸塚「着替えとか必要だし、一回家に帰ってから行くよ♪」

八幡「そうか。 ・・・戸塚、ホントなら病院に行くべきだと思うぞ?」

戸塚「うん。 でも、お薬苦手で・・・」エヘヘ

八幡「っ!/// ・・・そうか」プイ

戸塚「だから、最後までダメだったら病院に行くから・・・、協力してほしいな」ウルウル

八幡「わかった。 戸塚の為だしな。 じゃあ、荷物まとまったら連絡くれ。 それまで、部屋の中片しとくから」

戸塚「うん! また後でね♪」フリフリ

~回想 終了~



261:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 10:52:39.43 ID:FU/O/Rf+O

八幡(で、10時頃に連絡があって、うちに連れてきてから小町と少し話して、二人で寝たんだったな)

戸塚「はちまんのお陰でよく眠れたよ♪」ギュ

八幡「・・・そうか///」

戸塚「ありがとう、はちまんっ!」ニコニコ



268:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 19:31:28.52 ID:FU/O/Rf+O

~学校~

結衣「ヒッキー!」プンスカ

八幡「うす。 どした?」

結衣「昨日、なんで部活来なかったの?!」ガルル

八幡「あ、連絡忘れてた。 戸塚の相談にのってたんだ」

結衣「え? さいちゃん、どうしたの?」

八幡「あー、男同士の話だ。 あまり聞かないでくれ」

結衣「うー・・・。 そっかぁ。 じゃあ、もう聞かないでおくね?」

八幡「助かる」



269:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 19:32:16.21 ID:FU/O/Rf+O

姫菜「♂同士の話? とつ×はち?! それとも、はち×とつ?!」ヌッ

八幡「うぉ?!」ビクッ

姫菜「私はヒキタニくんは、ヘタレ受けだと思うからとつ×はちだと思うな♪」

姫菜「今まで隠してきたヒキタニくんへの想いを、顔に似合わない欲望の化身に込めて、少し無理矢理に・・・襲うっ!」

~姫菜 妄想(ミニ)~

戸塚『はちまん、ぼくもう我慢出来ないよ・・・』ヌギ・・・

八幡『ひ・・・っ。 いや戸塚、やっぱり男同士はマズイだろ? よく考えてくれ、な?』

戸塚『はちまんは、ぼくのこと、嫌い?』ウルウル

八幡『そんなことはない・・・』

戸塚『なら、いいよね・・・』ジリジリ

八幡『え、ちょ・・・・・・・・・アーーーーッ!』

~姫菜 妄想(ミニ) 終了~

姫菜「ぶふぁー♪」ブッ

三浦「姫菜、擬態しろし・・・」フキフキ

結衣「あ、あはは・・・」

八幡(本人の目の前で、本人の妄想するのやめてくれ・・・)ゲッソリ



270:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 19:33:24.26 ID:FU/O/Rf+O

~放課後~
奉仕部 部室

ガラガラ
八幡「・・・うす」

雪乃「あら、部外者は立ち入り禁止よ?」

八幡「いや、一応、俺も部員だから」ガタッ

雪乃「・・・部活を欠席する連絡も寄越さない非常識な人間は部員にいないわ。 ・・・あ、ごめんなさい。 あなたは元々人間ではなかったわね、ゾンビが谷君」

八幡「いや、それについては悪いと思ってる。 ゾンビだって、元々は人間だろ? なら、俺も元々は人間って事になるだろ。 ・・・いや、ゾンビじゃないんだけどよ、今も、昔も」



271:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 19:34:02.26 ID:FU/O/Rf+O

雪乃「あら、誰が人間のゾンビだなんて言ったのかしら?」キョトン

八幡「おい、じゃあ俺は何のゾンビなんだよ? ・・・ゾンビじゃないけど」

雪乃「さあ? 自分が何だったのか位、自分で考えてみたら?」

八幡「もう、ゾンビなのは変わらないんだな・・・」ハァ

雪乃「ふふっ。 ・・・ところで、戸塚君の相談とは、奉仕部で解決出来るものなのかしら?」

八幡「あ? ・・・由比ヶ浜から聞いたのか。 いや、俺個人への依頼だから奉仕部では解決できないな」ガサゴソ

八幡(今日もうちに来るらしいしな)

雪乃「・・・そう。 まだ、戸塚君の悩みは解決出来ていないのね?」ペラッ

八幡「なに? お前エスパーなの? 相手の考えてる事、まるっとお見通しなの?」

雪乃「はぁ・・・。 あなたが言ったのよ? 『奉仕部では解決できない』と。 解決済みなら、『もう解決したから気にしなくていい』などと言うのではないかしら」

八幡「・・・なるほど」



272:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 19:34:34.37 ID:FU/O/Rf+O

雪乃「比企谷君。 一つ聞いてもいいかしら?」

八幡「なんだ?」ペラッ

雪乃「戸塚君の依頼とは、何だったのかしら?」

八幡「スマンが、クライアントの許可なく相談内容は明かせない」ペラッ

雪乃「そう・・・。 あなた、意外と口が堅いのね」クスッ

八幡「そうだな。 俺ほど口が堅いヤツは見たことないな」

八幡(なんなら、友達がいないから話す相手も、話してくれる相手もいないまである。 情報社会において個人情報が漏れないから、ぼっち最強)

雪乃「・・・情報社会と言うなら、情報が入ってこない比企谷君は最弱とも言えないかしら?」

八幡「・・・やっぱりエスパーだろ?」



273:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 19:35:15.39 ID:FU/O/Rf+O

ガラガラ

結衣「やっはろー!」

雪乃「由比ヶ浜さん、こんにちは」ニコッ

結衣「ゆきのん、遅くなってごめんね?」

雪乃「いえ、構わないわ。 あなたには部活以外にも交友関係があるのだから、どちらも大切でしょう?」

八幡(今、あなたには、っていった! つまり雪ノ下もぼっ・・・)

雪乃「・・・」キッ

八幡(・・・)ペラッ

結衣「ゆきのんっ!」ダキッ

雪乃「由比ヶ浜さん、暑苦しいわ・・・」

八幡(ゆっりゆらららら、ゆるゆり♪ ・・・部室に男子もいるんだから、過度なスキンシップはやめてくれませんかね? 見ててきゅんきゅんしちゃうから!)



274:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 19:35:59.11 ID:FU/O/Rf+O

雪乃「今日はここまでにしましょう」パタン

結衣「今日も誰も来なかったね~」ノビー

コンコン ガラガラ

戸塚「失礼します」

結衣「あ、さいちゃん、やっはろー」

戸塚「由比ヶ浜さん、やっはろー」フリフリ

雪乃「戸塚君、奉仕部に依頼かしら?」キョトン

戸塚「ううん。 はちまんを呼びに来たんだ」ニコッ

八幡「・・・部活終わったなら、一旦帰っても良かったんだぞ?」

戸塚「・・・はちまんと一緒に帰りたくて///」

八幡「・・・そ、そうか///」

結衣「むー・・・」ムスッ

雪乃「・・・」イライラ

戸塚「奉仕部、終わってるなら一緒に帰ろ?」ニコッ

八幡「お、おう! じゃ、先帰るわ」ガタッ



275:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 19:36:40.12 ID:FU/O/Rf+O

雪乃「待ちなさい!」
結衣「ちょっと待った!」

八幡「・・・部活、終わりだろ?」キョトン

雪乃「戸塚君、昨日そこのゾンビに依頼をしたのは、本当かしら?」

戸塚「うん。 はちまんに依頼っていうか、お願いしたよ?」

結衣「ヒッキーになんてお願いしたの?」

八幡「・・・おい」

雪乃「あなたは黙ってなさい」キシャー
結衣「ヒッキーには聞いてない」ガルル

八幡「・・・はい」

戸塚「あのね・・・」

戸塚「一緒に寝てもらったの///」ニコッ

雪乃 結衣「「!!??」」

結衣「・・・ヒッキー?」ウ フ フ

雪乃「比企谷君、内容を話したがらなかった理由はそういうことだったのね?」ニ コ リ

八幡「いや、最近寝れないって言うから俺のベッドで一緒に睡眠取っただけだぞ?」

雪乃「そんなことはわかってるわ!」
結衣「え?! そうだったの?!」

全員「・・・・・・・・・・・・・・・・・・え?」

結衣「あ、あはは・・・。 あたし、先帰るっ!」バビューン!

雪乃「・・・こほん。 比企谷君、そこは専門の医療機関を勧めるべきではないかしら? その方が確実でしょう?」

戸塚「あ、ぼくがはちまんにお願いしたの。 はちまんにも病院に行くべきって言われたんだけど・・・」

雪乃「・・・そう。 なら、もう何も言わないわ。 ・・・ちなみに戸塚君」

戸塚「なにかな?」キョトン

雪乃「比企谷君の抱き心地は、どうだったのかしら?///」コショコショ

戸塚「うん! よく眠れたよっ!」 ニコッ コショコショ

雪乃「そ、そう・・・///」チラッ

八幡「・・・?」

雪乃「・・・!! 引き留めてしまって悪かったわ。 鍵を閉めるから、もう帰宅してもらって結構よ///」

八幡「お、おう。 また明日な」

戸塚「またね、雪ノ下さん」フリフリ

雪乃「・・・比企谷君の抱き心地///」ポー

雪乃「・・・はっ! 私も帰りましょう///」



281:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/25(水) 19:32:36.11 ID:U3Qgs/1EO

~比企谷家~

八幡「たでーま」

戸塚「お邪魔します」

小町「あ、戸塚さんいらっしゃい♪」

戸塚「小町ちゃん、やっはろー。 今日もお邪魔しちゃってゴメンね?」

小町「大丈夫ですよ! お兄ちゃんも嬉しそうですし」ニヨニヨ

戸塚「えへへ。 ありがとう」

・・・・・

戸塚「ご馳走さまでした! はちまんって料理上手なんだね!」ニパー

八幡「そんなことないぞ? 戸塚だって、レシピ通り作ればこれくらいは出来るさ」



282:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/25(水) 19:33:20.10 ID:U3Qgs/1EO

小町「・・・お兄ちゃん、戸塚さんが食べるからって、いつも作る時より気合い入れてたくせに」ニヨニヨ

戸塚「そうなの?! ありがとう、はちまんっ!」

八幡「・・・おう///」プイ

八幡(戸塚マジとつかわいい)

小町(はぁ・・・小町はお兄ちゃんが心配になるよ)ジトー

戸塚「はちまんも今度うちに泊まりに来てね♪ 小町も良かったら一緒にね」ニコニコ

八幡「機会があればな」

戸塚「うんっ! 待ってるね♪」ニコッ

ピピー ピピー

小町「あ、お兄ちゃん。 お風呂先に貰っちゃうよ?」

八幡「おう、行ってこい」

戸塚「いってらっしゃい」フリフリ



283:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/25(水) 19:34:01.20 ID:U3Qgs/1EO

八幡「戸塚、次いっていいからな」ニコリ

戸塚「え、はちまんこそ先どうぞ?」ニコッ

八幡「いや、やっぱり客人より先に入るのはどうかなって。 小町が風呂に向かってから思ったんだけどよ・・・」

戸塚「ぼく、気にしないよ?」キョトン

八幡「それでもやっぱり、な」

戸塚「じゃあ、一緒に入る・・・?///」チラッ

八幡「・・・え?」

戸塚「ぼくもはちまんに先に入って欲しいし、はちまんもぼくに先にいってほしい。 なら、一緒に入ったら解決だよね!///」

八幡「あ、おう。 まぁ、そうだな・・・///」

戸塚「じゃあ、一緒に入っちゃお?///」



284:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/25(水) 19:36:20.73 ID:U3Qgs/1EO

カポーン

八幡「・・・」チラッ

戸塚「~♪」ゴシゴシ

八幡(男同士のハズなのに・・・直視出来ねぇ!)

戸塚「はちまん、隣入るね♪」チャプン

八幡「お、おう・・・///」

戸塚「温かいね~」ニコニコ

八幡「そうだな・・・///」

戸塚「はちまんと一緒にお風呂とか、すごく嬉しいなぁ」ニコッ

八幡「そうか・・・///」チラッ



285:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/25(水) 19:36:57.90 ID:U3Qgs/1EO

戸塚「ん? どうしたの、はちまん?」キョトン

八幡(とつかわいい・・・)

八幡「いや、普段あんまり長風呂しないからな。 少しのぼせたのかもしれん///」

戸塚「そうなんだ? 無理しちゃダメだよ?」

八幡「おう」

八幡(その後、戸塚と少し話をしてから風呂を出た)



286:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/25(水) 19:37:36.05 ID:U3Qgs/1EO

八幡「戸塚、なんか飲むか?」

戸塚「あ、じゃあお水がいいな♪」ニコッ

八幡「・・・ほい」コトン

戸塚「ありがとう、はちまん」ゴクゴク

八幡(火照った肌を、唇の端から少し零れた水が伝っていく・・・。 顎から喉へ、喉から鎖骨を通り、胸元へ・・・)

戸塚「・・・///」モジモジ

八幡「あ、ど、どうした戸塚?」

戸塚「はちまん、そんなに見られたら恥ずかしいよ・・・///」

八幡「スマン!」

戸塚「もー・・・///」プクー

八幡「ホントにスマン!」ペコリ

戸塚「次は気を付けてね? ホントに恥ずかしかったんだよ・・・?」

八幡「以後、気を付けます・・・」



287:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/25(水) 19:38:18.44 ID:U3Qgs/1EO

戸塚「そろそろ寝よっか・・・」

八幡「そだな。 明日も学校あるしな」

戸塚「じゃあ、はちまん、おやすみ♪」

八幡「おやすみ」

クークー ギュ

戸塚「はちまん・・・」ギュ

八幡(今日も寝れたみたいだな・・・)ナデナデ

戸塚「zzz・・・」

八幡「俺も寝るか・・・zzz」クルッ

スピー スピー



288:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/25(水) 19:38:56.68 ID:U3Qgs/1EO

モゾモゾ・・・ ギュ

八幡(・・・ん? ・・・戸塚?)パチ・・・

戸塚「ん・・・」ギュ

ちゅー

ガバッ

八幡「?!?!///」

戸塚「zzz」

八幡「・・・・・・マジか///」

コン・・・コン・・・

八幡(ん? 今度はなんだ?)クルッ



姫菜『キーマーシーターワー!!』ダラダラ ポタポタ



八幡「ギャー!! 窓に! 窓に!」ガクッ



289:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/25(水) 19:39:45.07 ID:U3Qgs/1EO

八幡「うわぁ!?」ガバッ

クルッ・・・ シャー

八幡「・・・いない」

八幡(なんだ、夢か・・・)

戸塚「・・・ん。 はちまん?」ウトウト

八幡「悪い、起こしちまったか。 まだ時間あるから寝とけ」

戸塚「うん・・・」スピー

八幡(・・・戸塚とキス、しちまったのか? それとも、夢だったのか?)

八幡(なんとなく、柔らかくて温かいものが当たったような気はする。 だが、ホントにキスしたんだろうか・・・)ジー

戸塚「・・・ん」

八幡(あの、唇が俺の唇に・・・///)

八幡「・・・意識したら負けだな///」ゴロン

八幡(戸塚だって寝てたんだ。 もし、キスしたんだとしても事故なんだからノーカウントだろ)ウトウト

八幡「zzz」スピー



290:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/25(水) 19:42:11.16 ID:U3Qgs/1EO

八幡「zzz・・・」ムニャムニャ



戸塚「・・・」ムク・・・

戸塚「・・・」ジー

戸塚「はちまんの唇、温かくてミント味だったよ・・・///」ドキドキ

to be continue・・・?



297:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 15:04:33.14 ID:9Yef9HCGO

八幡×川崎

~教室~
帰りのホームルーム

平塚「・・・連絡事項は以上だ。 あ、あと最近インフルエンザが流行っているようでな。 気を付けるように。 比企谷は後で職員室に来ること。 解散!」

キリーツ レイ ガヤガヤ

コンコン

八幡「・・・失礼します 」

平塚「お、素直に来たか。 どれ、奥に行くとしよう」ガッチリ

プハー

平塚「比企谷、君に頼みたいことがある。 クラスメイトの川崎の事なんだが・・・」スー

八幡「川崎がどうかしましたか?」

平塚「もう学校に一週間以上来ていない。 一応、弟さんがインフルエンザらしいのだが・・・。 これ以上休まれたら、こちらも便宜を図りにくくなる」プハー

八幡(・・・あれ? そうだったか? 土日の予備校では見掛けてるんだけど?)

八幡「・・・様子を見に行くだけなら、先生が行った方が確実ですよ」



298:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 15:05:07.76 ID:9Yef9HCGO

平塚「それもわかっているが、生憎これから職員室会議でな。 どれくらいになるか読めないのだよ。 君が行って明日から学校に来るように説得してきてもらえないだろうか?」ニコッ

八幡「・・・伝えるだけ、伝えてきます///」プイ

平塚「助かるよ。 ・・・ほら、川崎の分のプリントとマスクだ」スッ

八幡「・・・じゃ、行ってきます。 けど、期待はしないでくださいね?」

平塚「期待はしていないよ」ニコニコ

平塚「だが、君のことは信用している」ニカッ

八幡「・・・失礼しました」



299:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 15:05:42.39 ID:9Yef9HCGO

~川崎家~

ピンポーン

沙希「・・・はい」

八幡「うす」

沙希「・・・誰?」

八幡「俺だ。 比企谷だ」スッ

沙希「! ・・・マスク付けてたから不審者かと思ったよ。 今開ける」

ガチャ

沙希「どうしたの?」

八幡(あ、髪を下ろしてる・・・。 ポニテも良いが、こっちも可愛いな・・・)

八幡「ポニテも良いが、こっちも可愛いな・・・」ボソッ

沙希「あ、アンタ何言ってんの?!///」カァ

八幡「え、あ、スマン!///」



300:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 15:06:26.85 ID:9Yef9HCGO

沙希「・・・で、何しに来たの?」

八幡「あー、平塚先生がな。 様子を見てこいと。 あと、明日からは登校してくれって」ハイ プリント

沙希「明日から・・・」アリガト

沙希「ゴメン、無理」

八幡「なんかあるのか? 弟がインフルらしいって聞いたけど・・・」

沙希「・・・あんたには関係ないよ」

八幡(確かに。 でも、川崎が来なかったら先生に殴られるかもしれん)

八幡「なんか、手伝えるかもしれないだろ?」

沙希「いや、でも・・・」

トテトテ・・・

京華「・・・さーちゃん? あ、はーちゃん、やっはろー」フリフリ

八幡「おう」フリフリ



301:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 15:07:06.02 ID:9Yef9HCGO

沙希「けーちゃん、寝てなきゃダメでしょ?」

八幡「そういうことか・・・」

沙希「・・・うん。 だから、比企谷には何も出来な・・・」



八幡「じゃあ、俺が看病に来れば良いわけだ」



沙希「あんた、なにいってるの?」ジトー

八幡「まぁ、聞け。 川崎はこれ以上休めない。 俺はお前が学校に行かなきゃ殴られる。 しかし、お前は看病で家を離れられない」



302:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 15:07:43.09 ID:9Yef9HCGO

八幡「なら、俺が明日からインフルエンザってことで休む。 川崎はちゃんと登校する。 俺は殴られないし、川崎は学校に行ける。 ギブアンドテイクだろ?」

沙希「そうかもしれないけど・・・」

八幡「なら、構わないだろ? 俺だって専業主夫希望だしな。 看病も炊事洗濯掃除くらい出来るさ」

京華「はーちゃんのごはん?」キラキラ

八幡「おう、何が食べたい?」ニコッ

京華「はんばーぐ!」

八幡「そっかそっか」ナデナデ

八幡「・・・川崎、とりあえず今日の夕飯は俺に作らせてみてくれ。 川崎が安心出来ないなら、さっきの案はなしでいい」キリッ

沙希「・・・わかったよ///」プイ

八幡「じゃ、買い物行ってくるわ」

沙希「あ、あたしも・・・」

八幡「川崎は待ってろ。 ・・・少しくらい休んだ方が良い」

沙希「・・・わかった。 ありがと///」



303:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 15:09:02.06 ID:9Yef9HCGO

ガチャ

八幡「よいしょっと」

沙希「おかえりなさい」

八幡「たでーま」ガサゴソ

沙希「あ、荷物持つよ?」スッ

八幡「いや、川崎だって疲れてるだろ? 今くらい俺に任せろよ」

沙希「いや、悪いって・・・」

八幡「今お前にまで倒れられたらと思うと、俺は心配で仕方ないんだ(先生に殴られるから)」テヲ ギュ

沙希「・・・!?/// わ、わかった・・・///」



304:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 15:10:00.28 ID:9Yef9HCGO

ジーーーィ

京華「さーちゃんとはーちゃん、パパとママみたいだね♪」ニコニコ

沙希「け、けーちゃん!?///」

八幡「たでーま。 今からごはん作るからな。 もう少し待っててな」ナデナデ

京華「うんっ!」

八幡「あ、川崎。 けーちゃんとか、アレルギーないよな?」

沙希「あ、うん・・・平気だよ///」プイ

グツグツ タンタン カチャカチャ

八幡「ほい、出来たぞ」スッ

京華「わー! はんばーぐ!」

沙希「・・・重くない?」

八幡「このハンバーグは豆腐だから、口当たりも胃の負担も軽い・・・はず。 それに、大根おろしとポン酢で和風の味付けだから、あっさりしてるから、食べやすいだろ」

沙希「ちゃんと考えてるんだね」



305:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 15:10:36.16 ID:9Yef9HCGO

大志「・・・あれ? お兄さん?」ポー

八幡「おう。 俺はお前のお兄さんじゃねーぞ? とりあえず、食ってみてくれ」

京華「いただきます!」アーン

沙希「・・・いただきます」モグッ

大志「いただきます」パクッ

京華「おーいしーい♪」

大志「あ、すごく食べやすい」

沙希「美味しい・・・」

八幡「口にあったみたいで佳かったよ。 川崎、これでも不安あるか?」

沙希「・・・いや。でも迷惑になるし・・・」



306:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 15:11:15.51 ID:9Yef9HCGO

八幡「じゃあ、換わりにノート取っといてくれ。 それで手を打とう」

沙希「そんなことで良いの?」

八幡「いや、ぼっちの俺からしたら休んでノート取れないとかかなり危ないから」

八幡(誰もノートを見せてくれないどころか、てか君誰? って、なるまである)

沙希「わかったよ・・・。 じゃあ、明日からよろしく」

八幡「じゃあ、明日7時に来るわ」

沙希「うん・・・待ってる」

八幡「おう」

ガチャ パタン



307:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 15:11:47.78 ID:9Yef9HCGO

八幡「平塚先生に話をしとかなきゃな・・・」

pr ガチャ

平塚『私だ。 どうした、比企谷?』

八幡(出るの早ぇよ、怖いわ!)

八幡「あー、川崎の件でお願いが・・・」

平塚『・・・つまり、君を出席停止にすれば良いのか?』

八幡「はい、頼めますか?」

平塚『川崎もインフルエンザ扱いだしな。 なんとかしておこう』

八幡「ありがとうございます」

平塚『川崎が学校に来るよう、説得を頼んだのは私だ。 ・・・まぁ、斜め下の解決方法だが、それくらいはしてやるさ』

八幡「じゃあ、また何かあれば連絡します」

平塚『ああ、よろしく頼む』

ガチャ ツーツー



313:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/27(金) 19:23:26.58 ID:RWc7Xx2xO

~比企谷家~

八幡「たでーま」

小町「お帰りお兄ちゃん。 遅かったね?」

八幡「ああ、実はな・・・」

小町「へぇー・・・」

八幡「・・・なんだよ?」

小町「ごみいちゃん、いくら学校に行きたくないからって、看病を理由にサボるなんてポイント低いよ?」ジトー

八幡「今回は仕方なかったんだよ。 それに川崎のやつ、結構疲れてるっぽいしな」

小町「人助けの為とはいえ、自己犠牲は嫌だな」ジトー

八幡「・・・以後、気を付けます」

小町「ま、そんな優しいお兄ちゃんが好きなんだけどね♪ 今の小町的にポイント高い!」キャピキャピ

八幡「はいはい・・・」



314:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/27(金) 19:24:03.88 ID:RWc7Xx2xO

~翌日~

八幡「じゃ、行ってくるわ」

小町「マスクした? ・・・うわ、不審者がいる」ビクッ

八幡「おい。 ・・・え、大丈夫だよね?」オロオロ

小町「あーうん。 気を付けてね? お巡りさんに捕まらないように」

八幡「・・・おう」ショボーン

・・・・・

ピンポーン ガチャ

沙希「おはよう」

八幡「うす。 じゃ、看病は任せて学校行ってこい」ヒラヒラ

沙希「待って。 なんかあった時に連絡つくように連絡先交換してよ」ムスッ

八幡「・・・ほらよ」ヒョイ

カチカチ

沙希「・・・オッケー。 じゃ、行ってきます」

八幡「いってらっしゃい。 車に気を付けろよ、さきさき」

沙希「さきさき、言うな! ・・・ありがと///」

バタン

八幡「・・・よし、やるか」



315:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/27(金) 19:24:44.75 ID:RWc7Xx2xO

八幡「・・・けーちゃん、大志、起きてるか?」

京華「zzz」

大志「・・・お兄さん? おはようございます」

八幡「おはよう。 あと、俺はお前のお兄さんじゃない。 朝飯食ったか?」

大志「あ、姉ちゃんが作って置いていきました」

八幡「そうか。 じゃ、ちょっと部屋の空気入れ換えるから窓開けるぞ? 寒かったら言ってくれ」

大志「はい、わかりました」

八幡「お前、熱はどんくらいなんだ?」

大志「さっき測ったら7度8分でした」

八幡「まだ高いか・・・。 とりあえず、飯食って、薬飲んだら楽にしてろ。 なんかあったら、やってやるから」

大志「・・・ありがとうございます?」

八幡「おい、なんで疑問系?」

大志「いや、お兄さんが優しいって違和感のせいっすかね?」

八幡「いや、俺に聞かれても・・・」



316:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/27(金) 19:25:18.88 ID:RWc7Xx2xO

京華「・・・ふぁ。 あ、はーちゃん!」ニパッ

八幡「よ。 起きたなら、熱測ってごはん食べるぞ」

京華「うんっ!」

・・・・・

八幡「とりあえず、やらなきゃいけないことはやったな」

大志「zzz」

京華「zzz」

八幡(薬の副作用からか、二人は朝食を食べてからすぐに寝てしまった)

八幡「・・・暇だし、川崎に許可取ってから寝室以外の掃除でもしてるか」



317:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/27(金) 19:25:46.20 ID:RWc7Xx2xO

件名:無題

本文
京華達、寝ちまったから
適当に掃除とかしといていいか?
なんかやっとくことあればやるぞ?



318:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/27(金) 19:26:14.65 ID:RWc7Xx2xO

八幡「・・・あ、今授業中じゃねーか」

八幡(こりゃ、あと30分は暇してなきゃダメか?)

ブーブー!



319:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/27(金) 19:26:52.97 ID:RWc7Xx2xO

川崎 沙希

件名:無題

本文
暇なら寝室と私の部屋以外の
掃除はしても良い。助かる。
出来たら洗濯もお願い。
昨日まで大志が戻してたから
その汚れ物は漂白してある。



320:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/27(金) 19:28:36.87 ID:RWc7Xx2xO

八幡(授業中じゃねぇのかよ? ま、なんかあったときに、すぐに帰って来れるようにって事なんだろうが・・・)

八幡「了解、っと・・・」

テキパキ

八幡「・・・あとは、洗濯だけだな。 その前に、昼飯の準備しなきゃ」

八幡「けーちゃん、大志。 なんか食べたいものあるか?」

京華「グラタン!」パァ

大志「食べやすいものが良いっす」

八幡「・・・わかった。 ちょっと待ってろ」

八幡(冷蔵庫には、材料あるな・・・)



321:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/27(金) 19:29:23.87 ID:RWc7Xx2xO

八幡「けーちゃん、お待たせ。 熱いから気を付けてな?」

京華「わーい! いただきますっ」フーフー パクッ

八幡「大志。 お前にはこれだ」スッ

大志「おかゆ?」キョトン

八幡「違う、おじやだ」

大志「へぇ・・・」パクッ

京華「おいしー♪」フーフー パクッ

大志「お兄さん、これ旨いっす!」

八幡「すき焼き風の味付けだから、甘くて食べやすいだろ?」ニコッ

大志「はい!」

京華「はーちゃん、おかわり!」

八幡「けーちゃん、食べ過ぎたら気持ち悪くなるぞ?」

京華「おかわり食べるの!」プクー

八幡「・・・じゃあ残ったおじや、少し食べるか?」スッ

京華「あーん・・・。 これ、おいしーね♪」

八幡「これ食べたら薬飲んで、また寝とけよ」

京華「はーい!」

大志「・・・ムムム。 お兄さんがこんなに料理が出来るとなると比企谷さんも料理が上手な男の子の方がすきなんっすかね?」ボソッ

八幡「おい大志コラ」

大志「いやぁ! このおじや、美味しいなぁ!」ダラダラ

八幡「・・・とりあえず食べ終わったら呼んでくれ。 洗濯しなきゃならんから、いってくる」



322:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/27(金) 19:30:02.19 ID:RWc7Xx2xO

八幡「さて、これはネットに入れて・・・」

ヒョイ ヒョイ

八幡「ん? なんだ、こ・・・」

ブラジャー・・・ン

八幡「ぶっ?!///」

八幡(これ、川崎のか・・・?! こんなの、普段から付けてんのかよ!?)

八幡「とりあえず、これは保留だよな・・・?///」ヒョイ

八幡(そうだよ、男物と皆が使う物だけ洗っておこう)

ピッ タタタタタッ

京華「はーちゃん、ごちそーさま!」ニコニコ

八幡「おう。 薬飲んだか?」

京華「うん、ちゃんと飲んだ!」ニコニコ

八幡「よし、じゃあお昼寝の時間だな」ポンポン



326:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/28(土) 20:13:26.11 ID:pdj/oqaeO

八幡(そんなこんなで川崎が帰ってくる時間になった)

ガチャ

沙希「ただいま・・・」

八幡「おう。 おかえり」

沙希「・・・///」プイ

八幡「じゃあ、俺は帰るわ。 一応、二人とも熱下がったけど明日も休ませるだろ? だから、また明日の朝来るわ」

沙希「・・・待ちな」キュ

八幡「どした?」

沙希「今日は、私の作った夕飯食べてきなよ・・・」ギロ

八幡(・・・セリフと眼力があってないんですけど! 怖ぇよ、つうか、怖い)



327:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/28(土) 20:14:01.39 ID:pdj/oqaeO

八幡「あー、妹に聞いてみるわ。 夕飯作ってるかも知れないからな」

Prrrr

小町『もしー? お兄ちゃん、どうしたの?』

八幡「おう、夕飯作ってあるか?」

小町『もうすぐできるけど?』

八幡「そうか、わかった」

小町『? とりあえず、早く帰ってきてね♪』ガチャ



328:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/28(土) 20:14:32.13 ID:pdj/oqaeO

八幡「てな訳だから、今日は帰るわ」

沙希「そっか・・・」シュン

八幡「ゴメンな?」ナデナデ

沙希「・・・///」プイ

八幡「じゃ、また明日」

・・・・・

八幡(翌日もそんな感じで看病を終え、大志と京華の体調も快復。 川崎家での看病は終わりとなった)

八幡(俺はしっかり、一週間休んでから出席停止が開けてから登校を再開。 普段通りの生活に戻った。 だが・・・)



329:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/28(土) 20:15:02.90 ID:pdj/oqaeO

~昼休みの屋上~

沙希「アンタに、恩返ししたいんだけど」

八幡(と、川崎が言い始めたのだ)

八幡「恩なんてないだろ? 俺は二日間看病をして、お前は俺が休んでた一週間のノートを取った。 それでチャラだ」

沙希「じゃあ、別の理由なら構わない訳?」

八幡「・・・俺が納得いくような内容ならな」



330:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/28(土) 20:15:38.70 ID:pdj/oqaeO

沙希「・・・アンタ、文化祭の時に私になんて言ったか覚えてる?」

八幡「・・・は? 文化祭?」

八幡(あ、相模を探してるときか・・・。 なんか言ったか?)

沙希「・・・私、アンタに愛してるって言われたんだけど?///」

八幡「はぁ?! ・・・あ、確かに///」

沙希「あの時はアンタも急いでたみたいだし、そのあと相模の件で悪い話が出てなかなか話せなかったんだけど・・・///」モジモジ

沙希「・・・アンタに愛してるって言われてから、よくアンタを、比企谷八幡を観察するようになって、段々と好きになってった」

沙希「だから、とりあえず一回くらいデートしろ///」

八幡「え、あ、お、おう・・・?///」

八幡(あれ? 俺、告白されたの?)

沙希「じゃあ、今週の日曜、十時に駅前で。 ・・・忘れたり、遅刻したら承知しないよ?」



331:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/28(土) 20:16:05.44 ID:pdj/oqaeO

~日曜 駅前~

八幡「とりあえず、早めに来たんだが・・・」

沙希「早かったね」

八幡(目の前に、メチャメチャ美人が立ってらっしゃるんですが・・・/// スタイル良し、ルックス良し、挙げ句に香水なのか良い匂い・・・)ボー

沙希「・・・なんか、変?」オロオロ

八幡「美人過ぎてなんも言えない・・・」ホレボレ

沙希「バカじゃないの?!///」プイ

八幡「・・・はっ! あ、ゴメン。 えっと、その服、すごくよく似合ってるぞ。 可愛いってか・・・、その、綺麗だ///」プイ

沙希「あ、ありがと・・・///」

八幡「じゃあ、行くか・・・?///」

沙希「そ、そうだね。 じゃあ、手」スッ

八幡「は?」

沙希「私、アンタが私の事を好きになるように、積極的になるって決めたから」ギュ

沙希「だから私の事、ちゃんと見てて///」ニコッ

八幡(可愛い・・・)

八幡「可愛い・・・」

沙希「・・・ばかじゃないの?///」カァ

八幡(そんな感じで俺たちの、デートが始まった・・・)



338:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 18:25:10.91 ID:0C7fYdidO

~ららぽーと~

沙希「今日は洋服を見に行くから」

八幡「おう。 あ、俺、センスないから当てにならんからな?」

沙希「・・・そう」キュ

八幡(川崎の手、柔らかくて温かい・・・)

沙希「アンタの趣味を私に教えてくれれば、それでいいから」ニコッ

八幡「そうか・・・///」

・・・・・

沙希「これとこれなら、どっち?」スッ

八幡(どっちも大人っぽいカジュアルな服だな。 この二種類だったら・・・)

八幡「・・・こっちだな。 でも、その二つより川崎にはこっちの方が似合うと思うけどな」スッ

八幡(白いワンピースに黒いカーディガンを合わせたものだが、ワンピースの裾の所に水色の花が小さく刺繍されていて可愛らしい雰囲気を醸し出していた)

沙希「え?! ・・・これ、ちょっと可愛過ぎない?///」

八幡「そうか? まあ、センスないヤツが選んだもんだしな。 忘れてくれ」



339:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 18:25:46.56 ID:0C7fYdidO

沙希「・・・こういう服、好きなの?」

八幡「あまり派手なヤツよりは、シンプルなものが良いな。 もちろん、似合ってればなんも言わないけど」

沙希「・・・そう。 あ、そろそろお昼にしない?」

八幡「ん、早くねえか? まだ11時位だけど・・・」

沙希「フードコートが混んだら、ゆっくり食べられないから、早めにさ」

八幡「そういうことなら、構わないけど」

・・・・・

八幡「じゃあ、何食いたい?」

沙希「・・・オムライス///」カァ

八幡(オムライスって言いながら照れるなよ、可愛いから!)

八幡「・・・んじゃ、行くか」



340:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 18:26:37.53 ID:0C7fYdidO

店員「いらっしゃいませ」

八幡「普通のオムライス一つと、ビーフシチューオムライス一つ」

店員「二点で1,380円になります」

沙希「あ、これ・・・」

八幡「はい、2,000円で」スッ

店員「620円のお釣りになります。 出来ましたら番号札でお呼び致しますので少々お待ちください」

沙希「・・・私の分、払うよ」

八幡「いや、元々昼飯は出すつもりだったんだ。 気にすんな」

沙希「いや、でも・・・」

八幡「川崎」ジー

沙希「な、何?」ドキッ

八幡「今日はで、デート、なんだろ? なら、飯くらい奢らせてくれ」プイ

沙希「・・・ん、わかった///」

バンゴウフダ サンバン ノオキャクサマ

八幡「出来たみたいだな」

沙希「うん、じゃあ取りに行こ」

八幡「おう」



341:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 18:27:13.98 ID:0C7fYdidO

八幡「いただきます」

沙希「・・・」チラッ

八幡「やっぱり、少し早めにしたから人少なめだな」パクパク

沙希「そうだね。 ・・・ねぇ」

八幡「ん? どした?」

沙希「それ、一口くれない?」

八幡「お、良いぞ?」スッ

沙希「・・・」ギロ

八幡(えー? なんで睨まれてるんですかね?)

沙希「ねぇ、わざとやってるの?」ジトー

八幡「は? よくわからないんだが?」

沙希「・・・はぁ。 もういいよ」パクッ

八幡「そうか」

沙希「はい、お返し」スッ アーン

八幡「え? いや、大丈夫だから・・・」

沙希「ほら、早く!」アーン!

八幡「だから、だいじ・・・」

沙希「・・・」ギロ

八幡「イタダキマス・・・」

八幡「あ、あーん・・・」パクッ

沙希「ん。 最初から素直にそうしとけば良かったんだよ」ニコッ

八幡(普段の凛とした姿も悪くないが、今みたいに笑った顔もギャップもあって可愛いな・・・)



342:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 18:27:52.18 ID:0C7fYdidO

沙希「・・・どうしたの?」

八幡「いや、なんでも」パクッ

八幡(そのあともウィンドウショッピングを楽しんで回った)

・・・・・

沙希「家まで送ってもらって悪いね」

八幡「気にすんな。 俺がしたいからそうしただけだ」

沙希「・・・そう///」

ガチャ

沙希「少しあがっていく?」

八幡「いや、さすがに悪いだろ」

沙希「私は気にしないけど」

八幡「でもな・・・」

大志「あ、姉ちゃんおかえり」ニヤニヤ

京華「おかえりさーちゃん!」ニコニコ

沙希「ただいま」

大志「お兄さん、あがっていきます?」

八幡「いや、いいよ。 それと俺はお前の兄貴じゃねえから。 川崎に迷惑かけたくねえから、帰るわ」



343:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 18:28:35.46 ID:0C7fYdidO

大志「俺、迷惑だなんて思いませんよ?」ニコニコ

八幡「いや、お前じゃねえよ?」

大志「あー! ここには川崎が3人もいるなー! 誰のことだか分からないやー!」

八幡「は? なぁ川崎・・・」

沙希「なに?」

大志「はい!」

京華「はーちゃん、なに?」ニコニコ

八幡「・・・大志、お前の差し金か。 けーちゃんまで巻き込みやがって」

大志「いやいや、なんのことだか・・・」ニヤニヤ

八幡「だが、お前の目論みは外れた!」

大志「な、何を根拠に?!」

八幡「忘れたか? 今、俺はお前の事を大志、と呼んだ。 けーちゃんはけーちゃん、なら、この場で川崎と呼ばれるのは、お前の姉、さきさきしかいない!」

大志「な、なんだってぇ?!」



344:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 18:29:10.08 ID:0C7fYdidO

沙希「・・・で、茶番劇は終わった?」

大志「終わったよ」

八幡「で、何がしたかったのお前?」

大志「いや、姉ちゃんのことを名前でよんでほしいって思ったんですよ」

沙希「なっ?!///」

大志「お兄さん、姉ちゃんは本気なんです。 だから・・・」

八幡「・・・わかってるよ」

大志「お願いします」ペコリ

八幡「頭あげろ大志」

八幡「・・・沙希、また明日学校でな?」

沙希「?! ・・・うん、また明日///」



345:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 18:30:34.62 ID:0C7fYdidO

~比企谷家~

八幡「たでーま」

小町「おかえり、デートどうだった?」ニヤニヤ

八幡「別に」

小町「えー? 教えてよ」ニヨニヨ

八幡「特になんもなかったよ」

小町「ふーん・・・」

八幡「・・・んだよ?」



346:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 18:31:13.70 ID:0C7fYdidO

小町「・・・じゃあ、なんでお兄ちゃん泣きそうなの?」

八幡「は? ・・・え?」ポロポロ

小町「・・・お兄ちゃん」ギュ

小町「今度は大丈夫だから。 沙希さんは本当にお兄ちゃんを大切に想ってくれてるよ」ナデナデ

八幡「・・・っ!」ポロポロ

八幡(俺は怖いんだな。誰かを好きになることが。 付き合えなかったり、付き合った後に別れることになったり。 そういう事が怖いんだ)

八幡「こ、まちっ・・・」ギュ

小町「もし、お兄ちゃんがまた傷付いちゃったら。 その時は、小町がいるから」

八幡「え?」

小町「だから、沙希さんに正直に話してみてよ。 人を好きになることが、誰かを自分の心の中に入れる事が怖いんだって」

八幡「でも・・・」

小町「それでダメになったら、所詮その程度だったんだ。 そう思えばいいじゃん?」

小町「そしたら、小町がお兄ちゃんに一生寄り添って生きてくよ♪ 妹としても、家族としてもね」ニコッ

小町「だから、沙希さんには正面からぶつかってみて」

八幡「・・・分かった。 ありがとな、小町」

小町「お兄ちゃんの為なら、なんでも出来るよ♪ あ、いまの小町的にポイント高い!」

八幡「ああ、そうだな」ギュ



347:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 18:32:21.98 ID:0C7fYdidO

~翌日 放課後の屋上~

八幡「悪いな、呼び出しちまって」

沙希「いや、別に構わないけど?」

八幡「沙希。 今から、俺が言うことはかなりみっともない事なんだが、聞いてくれるか?」

沙希「・・・うん」

八幡「俺は、トラウマから自分の心の中に他人を入れる事が怖い。 誰かを好きになることが怖い。 好きになったやつと離れる事が怖いんだよ」

沙希「・・・」

八幡「誰かを好きになって告白して、受け入れられなかったら? 受け入れられても、続かなかったら? ・・・そう考えたら、俺はもう一歩が踏み出せない」

八幡「だから、本気で考えれば考えるほどに、俺はお前の気持ちが分からない。 分からなくなる。 本気だとして、どこまでの覚悟があるのか、不安になる」

沙希「覚悟、ね・・・」

八幡「だから、もし軽い気持ちが少しでもあるなら。 俺は沙希の気持ちに答えられない」

沙希「覚悟を見せれば、答えてくれんの?」

八幡「・・・ああ」

沙希「・・・わかった。 明日、放課後またここに来て。 私の気持ちが本気だってことを証明してみせるから」

八幡「・・・わかった」

????「・・・」ニヤリ



349:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 18:35:58.36 ID:0C7fYdidO

~さらに翌日 放課後の屋上~

八幡「待たせたな」

沙希「いや、いいよ」

八幡「じゃあ、沙希の覚悟を・・・」

バンッ

相模「うわー何々? 告白でもしちゃうの?」ニヤニヤ

ガヤガヤ エーコクハク? スゲーナ!

八幡「え? これ、なんだよ?」

沙希「・・・さあ?」

相模「ねぇ! 早くしてよ、待ってんだけど?」ニタニタ

八幡「・・・今日はやめておこう。 こんな状況じゃ、後々面倒な事になりかねん」

沙希「別に、私は気にしないし。 ちょうど良いから、やる。 私の覚悟、みせてあげるよ」

ガサゴソ スッ

八幡「・・・マジか」



350:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 18:36:31.88 ID:0C7fYdidO

沙希「八幡、私はマジだよ。 ・・・アンタとなら、結婚したい」

エーケッコン?! ヤバー! ウケルンデスケド!

沙希「アンタらうっさい! 外野は黙ってみてるか、帰りな!」ギロ

シーン

沙希「これ、渡しておくよ。 判子も名前もちゃんと書いてある。 アンタが18になってからすぐにでも出して構わない」

八幡「・・・わかった。 これからもよろしくな、沙希」

ヒューヒュー!

相模「・・・で、川崎さん? いつドッキリだって教えるの?」ニタニタ

八幡「?!」ビクッ

沙希「ドッキリでもなんでもないから。 私は本気で比企谷八幡に告白して、受け入れてもらった。 それだけの話」

相模「うわー、川崎さんってセンス悪いねー。 つまんないから帰ろっと」ニヤニヤ

ガチャ バタン シーン

八幡「・・・ゴメン」

沙希「アンタのせいじゃない。 バカには言わせとけば良い」

八幡「そうだな・・・」

八幡(・・・バカだったのはその時の俺。 この後、沙希に降りかかる災難を予見出来なかったのだから)

to be continue?



354:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 21:14:40.85 ID:0UufnCKpO

~翌日~
教室にて

ガヤガヤ ガラッ シーン

八幡(・・・なんか、教室の様子がおかしいな?)チラッ

スタスタ

沙希「・・・ちょっといい?」

八幡「・・・おう」

・・・・・

沙希「昨日のアレを面白がってるヤツがいる。 もしかしたら、冷やかされたりするかも。 気をつけて」

八幡「俺は平気だけど、沙希は大丈夫か?」

沙希「・・・私は平気」

八幡「無理すんなよ? なんかあったら、言ってくれ」ギュ

沙希「・・・ありがと///」



355:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 21:15:29.55 ID:0UufnCKpO

~数日後~

八幡(沙希が学校を突然休んだ。 理由は分からなかったが、とりあえず放課後に見舞いに来た)

ピンポーン ガチャ

沙希「・・・あ。 来てくれたんだ?」

八幡「そりゃ、彼氏だからな///」

沙希「とりあえず、あがってよ」

・・・・・

八幡「急に休むなんてどうしたんだ?」

沙希「・・・ちょっとね」

八幡「・・・やっぱり、あのときの事でなんかあったか?」

沙希「・・・」

八幡「・・・そうか」ダキッ

沙希「・・・八幡?!///」

八幡「話す気はないんだな。 なら、聞かない。 でも、辛かったら辛いって言ってくれ」ギュ

沙希「・・・うん」ポロポロ

八幡「・・・沙希。 俺はお前に守られてなきゃ生きていけない訳じゃないぞ? 対等な関係なんだ。 ・・・もっと頼ってくれ」ナデナデ

沙希「うん・・・!」ポロポロ



356:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 21:16:44.66 ID:0UufnCKpO

八幡「沙希、顔あげてくれ」

沙希「ん・・・なに?」

ちゅ・・・

沙希「?!///」ビクッ

八幡「あ、離れんなよ・・・」ギュ

沙希「ちょ! どうしたっての?!///」

八幡「しおらしいさきさきが可愛くてつい」テヘペロ

沙希「さきさき言うな!」

八幡「・・・元気出たな」ニコッ

沙希「・・・そうだね」ニコッ

八幡「じゃあ、続きしようか」ニヨニヨ

沙希「・・・ばかじゃないの?///」プイ

八幡「顔真っ赤だな。 可愛い可愛い」ニヨニヨ

沙希「・・・いい加減、怒るよ?」プクー

八幡「悪い悪い」ポリポリ

ギュ

沙希「ん、許す」ニコニコ

八幡「ありがとな」



357:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 21:17:27.14 ID:0UufnCKpO

沙希「・・・私、八幡と話したり、触れ合ってる時間がすごく幸せだよ」

八幡「・・・そうか」テレテレ

沙希「好きだよ」チュ

八幡「・・・おう///」

沙希「八幡、照れちゃって可愛い」ニヤニヤ

八幡「・・・///」プイ

沙希「八幡と一緒に暮らせたら、毎日幸せなのにね・・・」

八幡「高校生じゃ同棲は無理だな。 でも、大学生ならできるだろ。 ・・・沙希さえ良ければ」

沙希「私、アンタに婚姻届出したくらいだよ? 嫌なわけないでしょ?」

八幡「じゃあ、お互いにちゃんと進学しなきゃだな」

沙希「それと、今回みたいな問題も乗り越えなきゃだよ」

八幡「・・・二人でな///」

沙希「・・・二人でね///」

八幡「じゃ、まずは目の前の問題から片付けるか。 で、どうする?」

沙希「シカトする」

八幡「それじゃ今までと変わんないだろ?」

沙希「違うよ。 明日からはアンタと二人だから」

沙希「逆に見せ付けてやればいい」ニヤニヤ

八幡「・・・それは、かなり恥ずかしいのでは?」

沙希「言ったでしょ? 私は、気にしないよって」ニヨニヨ

八幡「・・・マジか」

沙希「それに、反撃する事もできる」ニヤリ

八幡「・・・?」



358:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 21:18:17.22 ID:0UufnCKpO

~翌日~

沙希「お昼一緒に食べよう」ニコッ

八幡「お、おう」

沙希「今日は早く起きれたから、ちょっと手の込んだ物にしたよ」ギュ

八幡「そうか///」

沙希「じゃ、行こ」

~ベストプレイス~

ガヤガヤ

八幡「・・・///」

八幡(落ち着かない・・・///)

沙希「どう?」

八幡「おう、旨いぞ?」ニコッ

沙希「あ、ちょっと・・・」ヒョイ パクッ

八幡「?!?!」

キャー! ヒッキー・・・ ラブラブダネ!

沙希「ごはんつぶ、ついてた」ニコッ

八幡「さ、サンキューな///」

沙希「気にしないでいいよ」ニコッ



359:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 21:19:19.74 ID:0UufnCKpO

八幡「ふぁー・・・っ」

沙希「眠くなったの?」

八幡「あぁ、旨いもん食ったからな」

沙希「そっか。 じゃ、はい」ポンポン

八幡「え?」

マサカ?! エ?!

沙希「枕にしていいよ」ポンポン

八幡「いや、悪いだろ?」

沙希「いいから」ガシッ ポスン

八幡(あ、温かくて良い匂い・・・)

沙希「・・・髪の毛、サラサラだね」ナデナデ

八幡「沙希程じゃない///」

沙希「私はちゃんと手入れしてるからね」

八幡「だろうな。 良い匂いするし、サラサラだし、綺麗だよな」

沙希「褒められて悪い気はしないね///」ニコニコ

スゴイシアワセソウ・・・ ジャマシチャワルイネ オウエンシテアゲヨウヨ

相模「!?」

ヒキタニクンハトモカク、カワサキサンハ、イイヒトダモンネ!



360:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 21:20:09.79 ID:0UufnCKpO

相模「・・・ちょっと!」

沙希「・・・なに?」ギロ

相模「学校でイチャつかないでくれない?」

沙希「別に、アンタには関係ないでしょ」

相模「不愉快なんだけど」

沙希「じゃ、後ろでコソコソ見てないで、さっさと教室帰れば?」

相模「・・・ふーん、そういう事言うんだ?」

沙希「なに? またメールでも回すの?」

相模「・・・なんのことかな?」ビクッ

沙希「私が八幡に告白した次の日、クラスでチェーンメールが回ったんでしょ? 知ってるよ」スクッ

相模「・・・」

沙希「で、それはアンタがやったんだよね」

相模「証拠あんの?」

沙希「気付いてなかったの? チェーンメールに、アンタ、自分の友達の名前入れてたんだよ?」スッ



361:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 21:21:21.30 ID:0UufnCKpO

あのね、今日友達のゆっこが見たらしいんだけど、
屋上で川崎さんが比企谷に告白さたらしいんだ。

しかも、婚姻届とかまで渡してて、マジ受けた!ww

川崎さんってメチャクチャ重いねww

みんなに教えてあげてね!



362:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 21:22:31.78 ID:0UufnCKpO

相模「ウソ・・・?!」カチャカチャ

沙希「・・・何を確認すんの?」

相模「・・・あ」

沙希「やっぱりアンタだったんだ?」

相模「ちが・・・」

沙希「人の恋愛にチャチャ入れて楽しい?」ジリジリ

相模「待って・・・」オロオロ

沙希「人の悪口、陰口たたいて面白い?」ジリジリ

相模「だ、だから・・・」

沙希「アンタのせいで私の幸せな時間が無くなったら、どう責任取ってくれんの?」ジリジリ

相模「だって・・・比企谷に仕返ししたくて」ウルウル

沙希「仕返し? ・・・アンタ、ホントにバカなんだね」

相模「・・・」

沙希「八幡のお陰でクラスから浮かず、最後まで文化祭の委員長でいられたのに仕返し? 甘ったれてんじゃないよ!!」ギロ

相模「ひっ・・・」

沙希「アンタが仕事やらずに雪ノ下に任せきりで、挙げ句、誰かさんの口車に乗せられて委員よりクラス優先して。 他の委員達も流されて、残った奴が仕事増やされて!」

相模「・・・」ポロポロ

沙希「で、最後の仕事からも逃げ出そうとして! ・・・八幡に泥被ってもらってやり遂げたんでしょうが!」

エ・・・ ナニソレ? ウワサトチガウネ?

沙希「アンタが八幡にしなきゃいけないのは感謝のハズでしょ!」

相模「・・・っ」ポロポロ



363:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 21:23:17.80 ID:0UufnCKpO

八幡「沙希、もう良い」ギュ

沙希「でも!」

八幡「もう、良いんだ。 ・・・相模」

相模「!」ビクッ

八幡「ありがとう」

相模「・・・え?」

八幡「お前のお陰で、沙希と一歩を踏み出せた。 文化祭の時に切っ掛けをくれた。 今回は障害を用意してくれた。 ありがとう」ペコリ

沙希「・・・はぁ。 八幡らしいか」ニコ

八幡「・・・んだよ?」

沙希「なんでもないよ」

相模「あ、あの・・・」

沙希「・・・なに?」

相模「ひっ・・・」ビクッ

八幡「・・・沙希?」ジトー

沙希「ふん」

相模「・・・ごめんなさい」

八幡「・・・今回の事も、文化祭の事もお互い水に流そう。 俺もあの時は言い過ぎた。 今回も前回もお前は無駄なことをし過ぎた。 そんだけだ」

相模「・・・」コクン

沙希「・・・次、邪魔したら許さないよ?」ギロ

相模「はい・・・」

トボトボ・・・



364:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 21:24:16.74 ID:0UufnCKpO

八幡「・・・終わったな」

沙希「なんだかんだ、上手くいったね」

八幡「お疲れ様」

沙希「アンタもね」

八幡「・・・そう言えば、沙希。 アレは言い過ぎだろ?」

沙希「・・・なんの事?」

八幡「文化祭の時の事だ」

沙希「・・・」プイ

八幡「あれじゃ、相模の立場がなくなる」

沙希「・・・」ジトー

八幡「・・・なんだよ?」

沙希「誰にでも優しいのはどうなの? って思っただけ」

八幡「優しいのが取り柄だからな」

沙希「ま、他の人にも優しい分、私は愛してもらえると期待してるよ」ニコニコ

八幡「・・・おう///」



365:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 21:26:12.82 ID:0UufnCKpO

沙希「じゃ、教室戻るよ」ギュ

八幡「・・・だな」

沙希「その前に・・・」

れろっ

八幡「?!」

沙希「・・・ずっとケチャップついてたよ」ニヤニヤ

八幡「え、マジかよ・・・」

沙希「ウソ」

ちゅ
沙希「今日、アンタん家行くから」

八幡「・・・はいはい」

八幡(これからも不器用ながら、二人で支え合って生きていきたい。 沙希と二人でなら、これからも幸せな時間を築ける。 そう信じてる)

沙希「・・・私、色々強いから覚悟しといてね」スッ

沙希「今夜は寝かさないから」ニコリ

八幡(キマシタワー! じゃなくて・・・)

八幡「・・・沙希を幸せに出来るよう頑張るよ」

沙希「頑張ってね」ニコリ



366:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 21:27:37.74 ID:0UufnCKpO

八幡(どうかこの幸せが続きますように)


沙希篇 終了



367:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 21:28:55.54 ID:0UufnCKpO

以上で終わりになります!

陽乃篇から大分長くなりましたが
ありがとうございました!



転載元
【俺ガイル】八幡×陽乃
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1426480141/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月31日 06:38
          • ・誤字脱字多
            ・そもそもキャラが全く違う
            ・ぶっちゃけつまらん

            以下、戸塚の可愛さについて語る※欄
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月31日 07:14
          • い ろ は す は ど う し た
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月31日 07:21
          • サイカエルの可愛さを人間が語るなんておこがましいにもほどがあるぞ(戸塚かわいいよ戸塚)
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月31日 09:37
          • よかった
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月31日 09:38
          • 5
            一番最後に本編持ってくるとは素晴らしい。
            さきさきが一番だね(^ω^)
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月31日 12:00
          • 小町とのイチャラブ近親相姦は無いんですか!?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月31日 14:06
          • 平塚先生との甘々新婚生活が無いんだが?
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月31日 14:57
          • 米欄でアピールしても八幡には届きません
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月31日 15:12
          • 修学旅行で海老名さんが告白に答えるifがないとか寂しいなぁ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月31日 16:24
          • こんだけ完成度高いんだからそれぞれ別で出してくれてもいいと思うんだ……
            めぐりんといろはすとあーしさんも頼んます
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月31日 17:04
          • 5 悪くない。むしろ漫画化して欲しいくらいの出来だったと思う。
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月31日 17:39
          • キャラ違うし勢いだけで完成度なんて低くね?
            無駄に長いし
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月31日 18:11
          • 5 姉キャラ好きからしたら最高
            原作読んでないけど良かった

            年上キャラ流行らせ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月31日 18:35
          • ルミルミはよ
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月31日 19:41
          • デート云々辺りからの八幡の対人スキルが高すぎて違和感しかなかったな。

            サキ以外原作からめた感じでもなかったし、他の作品でやったほうが良かったね。

            ただ、イチャラブもハーレムも大好物だから、この流れは大好きですわ。
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月31日 20:31
          • なんだこの八幡
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月31日 21:18
          • 4 平塚ちゃんはどうしたんだよおいおいおい
            まあIFも書いてくれたあたり評価する
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月31日 23:12
          • キャラが違っても原作に近い文章力なら無理のある再構成もアリだと思う
            もっと文章力を上げればキャラ崩壊させても面白い作品になったかもしれない
            次に期待
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月31日 23:14
          • 5 やっぱりさきさきは正妻ですね
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月31日 23:46
          • はちまんの口調や行動原理をうまく書ける人って少ないよなー
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月01日 02:42
          • この八幡気持ち悪くて嫌だ
            それにもう少し文章力上げてほしいかな
            この文こうしたらもっと良くなっただろうになとか考えちゃう
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月01日 11:40
          • よきかなよきかな
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月01日 11:52
          • あーしがいない…
            続きはよ
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月01日 16:52
          • えーと、長い
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月02日 03:50
          • 長すぎ
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月02日 12:48
          • 葉山エンドは?(半ギレ)
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月02日 19:13
          • 面白かったけど、八幡にしては素直過ぎた感。
            まああの原作の斜め上なひねくれっぷりの再現は難しいよなぁ。
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月02日 23:01
          • 俺は一つのカップリングを見に来ていたと思ったら様々なカップリングを見ていた。
            ・・・何が起こtt(ry
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月03日 08:11
          • 2 ・圧倒的文章力不足
            ・圧倒的「///」多様の気持ち悪さ
            ・圧倒的な「コレジャナイ」ゆきのん

            陽乃以外は余計だったとしか思えないんだが
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月03日 08:18
          • 俺ガイルSSは「ぶっ壊れ」か「変態」系でもないと難易度高いんだよなあ。下手に手を出すとこうなる。

            はちまんと雪乃が「誰だお前」すぎて半分オリキャラ状態
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月03日 12:19
          • 第四章の終わりまでは引き込まれてた。
            第五章の始まりからおかしくなった。
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月04日 17:17
          • はるのんにからかわれてる間は良かったんだけどそれ以降に違和感が…番外編なんか誰かとくっついた後に強くてニューゲームしたんじゃないか?ってレベル
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月05日 04:16
          • とりあえず相模、ざまぁ
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月06日 02:15
          • 2 ご愁傷様
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月08日 15:56
          • 美人でボデイラインも程よく面倒見がいい誰かを忘れていないか?
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月19日 22:10
          • アニメしか見てないけどおもしろかった
            川崎ってアニメでスポット当たらんのかな
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月25日 13:25
          • 4 とても良かったです
            単品で書いてもらえていたら尚良かったとおもいます。
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月30日 06:40
          • いきなり比企谷って呼び捨てにしてたとこで吹いた
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月21日 21:47
          • 2 比企我君のボッチフィールドが低すぎて違和感満載で別人にしか見えない。
            姉之下さんに抱きつかれてもあんなにドギマギする奴じゃないだろう
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月07日 00:24
          • うーん
            小町戸塚さきさきもよかったんだけど魔王√の続きも読みたいな
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月07日 07:25
          • おもしろかったです、いろはすと小町とけーちゃんがあれば完璧でした。
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月14日 13:27
          • もう色々言いたいことあるけどこれだけ言わして
            キョトンの使い方が間違いまくってて最高にムカついた
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月27日 10:39
          • 3 >>18
            全部言ってくれた。
            キャラ崩壊が酷い、というのもキャラ崩壊しててもSSは創作だからキャラ崩壊しても可笑しくない。
            が、個人差のある謂わゆるメタい発言が多い。八幡はすぐデレないしな・・・、ただ陽乃さんは良かった。
            本来2にしたろかと思ったけど陽乃さんに免じて3に、

            百点満点中45点とさせていただきまスゥゥゥゥ
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年01月11日 02:35
          • やっぱりはちさきは最強だな!
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月21日 00:22
          • ※9
            八幡「ずっと前から好きでした。付き合って下さい」海老名「......」というSSがある
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月21日 00:32
          • ※9
            八幡「ずっと前から好きでした。付き合って下さい」海老名「......」というSSがある

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ

        ページトップへ

        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ